データシート

[AK7754]
AK7754
Stereo CODEC + MIC/HP-AMP
AK7754
(DSP)
DSP
I/F
1536step (48kHz
Audio DSP
)
96kbit
RAM
DSP
SRC
48pin QFN
□ DSP
RAM
DSP
:
: 24-bit (24bit
)
: 13.6 ns (1536step/fs fs=48kHz; 9216step/fs fs=8kHz)
: 20 x 16 → 36-bit
: 20 / 20 → 20-bit
- ALU: 40bit
(overflow margin 4bit) 24bit
RAM: 2048 x 36-bit
RAM: 2048 x 16-bit
RAM: 1024 x 24-bit (24bit
)
32 x 12-bit
RAM1: 3072 x 24bit
RAM2: 2048 x 12bit
: fs = 8.0kHz ~ 48kHz
:1536fs
PLL
32fs, 48fs, 64fs, 128fs, 256fs, 384fs
□ Two Digital Interfaces (I/F 1, I/F 2)
□
(4ch)
24bit/
(6ch)
24bit/
- Short / Long Frame
-24 bit linear, 8 bit A-law, 8 bit µ-law
24bitADC:
: fs = 8kHz ~ 48kHz
- ADC
S/(N+D): 82dB ,DR, S/N: 89dB
-3
(
,
(24dB
- DC
HPF
□
24, 20, 16bit
24, 20, 16bit
I2S
I2S
)
(0dB, 9dB~27dB, 3dBstep)
-103dB,0.5dB Step, Mute)
I/F
MS1138-J-02-PB
2012/05
-1-
[AK7754]
□
24bitDAC
-
: fs = 8kHz ~ 48kHz
(12dB -115dB,0.5dB Step, Mute)
(tc=50/15μs, fs=32kHz, 44.1kHz, 48kHz)
□
- S/(N+D): 91dB ,DR, S/N: 96dB
(+0 ~ -28dB,2.0dB Step, Mute)
□
:27mW/ch @16
-HP-Amp
S/(N+D):70dB, S/N:89dB
(+0 ~ -50dB,1.0/2.0/4.0dB Step, Mute)
ON/OFF
□ SRC
-2ch x 1
-
:8KHz ~ 96KHz
:8KHz ~ 48KHz
□
-
□
□ μP
□
□
□
(0dB~-21dB, 3dB step)
I2C
(400KHz Fast-Mode)
:
AVDD: 3.0V ~ 3.6V (typ.3.3V)
1 DVDD: 3.0V ~ 3.6V (typ.3.3V)
2 DVDD18: 1.7V ~ 1.9V (typ.1.8V)
HP-Amp
HVDD: 3.0V ~ 3.6V (typ.3.3V)
:
-20°C~85°C
48pin QFN (0.5mm pitch)
MS1138-J-02-PB
2012/05
-2-
[AK7754]
■
VCOM
MPRF
PMMP
MPWR
pull down
PMPSL
1
0
IN1L/IN1P
IN2L/IN1N
HVDD
Open Drain
PMMICL
IN1L/IN1P
IN2L
PMPSR
0
1
IN1N
PMLOL
AVDD
DVDD
DVDD1
VSS
OUTL/OUTP
PMADL/R
IN3L
IN3L/DMCLK
0
1
PMLINL
PMDAL/
AINL
OUTR/OUTN
IN3R
IN3R/DMDAT
PMLINR
1
0
PMLOR
AINR
PMHPL
IN1R/IN2P
IN2R/IN2N
IN1R/IN2P
IN2R
PMMICR
HPL
IN2N
DMCLK
DMDAT
LRCKO
BICKO
CLKO
HVCOM
LRCKOE
PMHP
BICKOE
HPR
CLKOE
MLRCLK0
MBITCLK0
MCLK0
MDSPCLK0
XTO
XTI
LFLT
INITRSTN
TEST1
BICK1/JX1
LRCK1/JX0
DIN3
SELJX2
1
0
1
0
SELJX
1
0
JX2E
DOUT3
JX2
JX1E
GP0
JX1
JX0E
3
2
1
0
SELDAI[1:0]
SELDOM[1:0]
3
2
1
0
RDY
SO
JX0
MICIF
SRC
SELSON
1
0
RDY/SDOUTM
SO/RDY
TEST2
CAD1
SCL
CAD0
SDA
SRCBICK
SRCLRCK
BICK2/JX1
LRCK2/JX0
DSP
WDT
WDTEN
LOCKE
SRCLFLT
SDIN2/JX2
SELMN
OUTME
0
1
SRCI
UNLOCK
SRCO
PMSRC
0
1
DIN2
GP1
SELDI2
DOUT2
SELDO2[1:0]
3
OUT2E
2
1
0
STO
SDOUT2
SELDO1[1:0]
IRPT
DIN1
SDIN1/JX2
DOUT1
3
2
1
0
OUT1E
SDOUT1
PMDSP
Figure 1. 全体ブロック図
MS1138-J-02-PB
2012/05
-3-
[AK7754]
■ DSP
CP0,CP1
DLP0,DLP1
DP0,DP1
DLRAM
DRAM
512w×24-Bit
512w×24-Bit
CRAM
2048w×16-Bit
OFREG
32w×12-Bit
3072w x 24-Bit
2048w x 12-Bit
CBUS(16-Bit)
DBUS(24-Bit)
MPX16
Micon I/F
MPX20
X
Control
PRAM
DEC
Y
Serial I/F
2048w × 36-Bit
Multiply
16×20 → 36-Bit
PC
Stack : 5level(max)
TMP 12×24-Bit
24-Bit
36-Bit
PTMP(LIFO) 6×24-Bit
MUL
DBUS
SHIFT
40-Bit
40-Bit
A
B
ALU
40-Bit
Overflow Margin: 4-Bit
2×24-Bit
DIN3 (ADC)
2×24,20,16-Bit
DIN2 (SRC)
2×24,20,16-Bit
DIN1
40-Bit
DR0 ∼ 3
40-Bit
Over Flow Data
Generator
Division 20÷20→20
2×24,20,16-Bit
DOUT3 (DAC)
2×24,20,16-Bit
DOUT2
2×24,20,16-Bit
DOUT1
Peak Detector
MS1138-J-02-PB
2012/05
-4-
[AK7754]
■
-20 ∼ +85°C
評価ボード
AK7754EN
AKD7754
48pin QFN (0.5mm pitch)
42
43
44
45
46
47
48
TEST2
20
19
18
17
16
15
SDIN2/JX2
SDOUT2
14
13
SDOUT1
CLKO
MS1138-J-02-PB
INITRSTN
STO
26
25
LRCKO
XTO
XTI
DVDD
LFLT
TEST1
11
12
Top View
1
2
3
4
IN 2R/IN2N
IN2L/IN1N
IN3R /DMDAT
IN3L/DMCLK
AK7754EN
BICKO
41
9
10
MPRF
MPWR
IN1R/IN2P
IN1L/IN1P
BICK1/JX1
LRCK1/JX0
39
40
SDIN1/JX2
VSS4
VCOM
RDY/SDOUTM
RDY
SDA
SCL
CAD0
CAD1
LRCK2/JX0
BICK2/JX1
24
23
22
21
VSS1
DVDD18
37
38
5
6
7
8
OUTL/OUTP
AVDD
28
27
VSS2
DVDD
VSS3
SRCLFLT
HPR
HVDD
HVCOM
36
35
34
33
32
31
30
29
OUTR/OUTN
HPL
■
2012/05
-5-
[AK7754]
/
No.
ピン名称
I/O
1
LFLT
O
2
TEST1
I
O
3
XTO
I
4
XTI
5
6
7
DVDD
VSS1
DVDD18
JX2
8
SDIN1
JX1
9
BICK1
JX0
10
LRCK1
11 BICKO
12 LRCKO
13 CLKO
14 SDOUT1
15 SDOUT2
16
17
JX2
SDIN2
JX1
BICK2
I
I
I
I
I
O
O
O
O
O
I
I
I
I
機
能
分 類
PLL用C,R接続端子
VSS4pinとの間に抵抗とコンデンサを接続してください。
アナログ出力
イニシャルリセット時の出力は “L”です。
テスト1ピン VSS1に接続して下さい (プルダウン抵抗付)
テスト
発振回路接続ピン
水晶振動子を使用する場合、水晶振動子をXTI pinとXTO pinに接続し
ます。外部クロックを使用する場合はオープンにしてください。
イニシャルリセット時の出力はHi-Zです。
システム
発振回路入力ピン/Master Clock input
クロック
CKM[2:0] bits =4h,5h,6h,7hの時使用します
水晶振動子を使用する場合は、水晶振動子をXTI PinとXTO Pinに接続
します。水晶振動子を使用しない場合は、外部クロックをXTI Pinに
入力します。
CKM[2:0] bits = 0h,1h,2hの時は”L”を入力してください。
ディジタル部電源ピン
3.0V~3.6V
電源
グランドピン 0V
ディジタル部電源ピン 1.7V~1.9V
外部条件ジャンプ2ピン(JX2E bit = “1”)
外部条件
シリアルデータ入力1ピン
データI/F
外部条件ジャンプ1ピン(JX1E bit = “1”)
外部条件
シリアルビットクロック入力1ピン
データI/F
外部条件ジャンプ0ピン(JX0E bit = “1”)
外部条件
LRチャネル選択入力1ピン
データI/F
シリアルビットクロック出力ピン(BICKOE bit = “1”)
システム
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
クロック出力
LRチャネル選択出力ピン(LRCKOE bit = “1”)
システム
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
クロック出力
クロック出力(CLKOE bit = “1”)
システム出力
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
シリアルデータ出力1ピン
データI/F
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
シリアルデータ出力2ピン
データI/F
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
外部条件ジャンプ2ピン(JX2E bit = “1”)
外部条件
シリアルデータ入力ピン
データI/F
外部条件ジャンプ1ピン(JX1E bit = “1”)
外部条件
シリアルビットクロック入出力ピン
データI/F
SRC入力用ビットクロックとして使用します。
MS1138-J-02-PB
2012/05
-6-
[AK7754]
No.
ピン名称
JX0
18
LRCK2
19 CAD1
20 CAD0
21 SCL
22 SDA
23 RDY
RDY
24
SDOUTM
25 STO
26 INITRSTN
27 TEST2
28 DVDD
29 VSS2
30 SRCLFLT
31 VSS3
32 HVCOM
33 HVDD
34 HPR
35 HPL
OUTR
36
OUTN
OUTL
37
OUTP
38 AVDD
I/O
機
能
I 外部条件ジャンプ0ピン(JX0E bit = “1”)
I LRチャネル選択入出力ピン
SRC用入力用チャンネル選択として使用します。
2
I I Cバスアドレス1ピン
I I2Cバスアドレス0ピン
I I2Cバスインタフェース
I2Cバスクロック
I/O
イニシャルリセット時の出力は”Hi-Z”です
O マイコンインタフェース用データ書き込みレディピンRDY Pin
マイコンインタフェース用データ書き込みレディピン RDYpin
O
(SELM bit= “0”)
シリアルデータモニタ用セレクタ出力ピン
(SELM bit= “1”)
O
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
ステータス出力ピン
O
イニシャルリセット時の出力は“H”です。
イニシャルリセットピン(初期化用)
I
電源立ち上げ時は”L”にしてください。
I テスト2ピン
DVDDに接続して下さい
- ディジタル部電源ピン
3.0V~3.6V
- グランドピン 0V
SRC PLL用C接続ピン
O C=1µFをVSS2との間に接続します。
イニシャルリセット時出力は“L”です。
- グランドピン 0V
ヘッドフォン部コモン電圧出力ピン
1μFのコンデンサをVSS3との間に接続します。
O
外部回路には使用しないで下さい。
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
- ヘッドフォン電源ピン 3.0V~3.6V
O ヘッドフォンRch出力ピン
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
O ヘッドフォンLch出力ピン
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
O DAC Rch アナログ出力ピン
(LODIF bit = “0”)
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
O ライン反転出力ピン
(LODIF bit = “1”)
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
O DAC Lch アナログ出力ピン
(LODIF bit = “0”)
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
O DAC 非反転差動アナログ出力ピン
(LODIF bit = “1”)
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
- アナログ部電源ピン 3.0V~3.6V
MS1138-J-02-PB
分 類
外部条件
データI/F
I2C
マイコンIF
マイコンIF
ステータス
リセット
テスト
ディジタル電源
ディジタル電源
アナログ出力
アナログ電源
ヘッドフォン
アナログ電源
アナログ出力
アナログ出力
アナログ出力
アナログ出力
アナログ電源
2012/05
-7-
[AK7754]
No.
ピン名称
39 VSS4
40 VCOM
41 MPRF
42 MPWR
IN1R
IN2P
IN1L
44
IN1P
IN2R
45
IN2N
IN2L
46
IN1N
IN3R
47
DMDAT
43
IN3L
48
DMCLK
I/O
機
能
- グランドピン 0V
アナログ部コモン電圧出力ピン
0.1μFと2.2μFのコンデンサを対VSS4で接続します。
O
外部回路には使用しないで下さい。
イニシャルリセット時の出力は“L”です。
マイクパワー電源 リップルフィルタピン
O MPRFピンとVSS4の間に1µFのコンデンサを接続してください。
イニシャルリセット時の出力は“H”です。
O マイク用電源供給ピン
イニシャルリセット時の出力は“Hi-Z”です。
I Rchシングルエンド入力1ピン
(MDIFR bit = “0”)
I マイク非反転差動入力2ピン
(MDIFR bit = “1”)
I Lchシングルエンド入力1ピン
(MDIFL bit = “0”)
I マイク非反転差動入力1 ピン
(MDIFL bit = “1”)
I Rchシングルエンド入力2ピン
(MDIFR bit = “0”)
I マイク反転差動入力2ピン
(MDIFR bit = “1”)
I Lchシングルエンド入力2ピン
(MDIFL bit = “0”)
I マイク反転差動入力1ピン
(MDIFL bit = “1”)
I Rch シングルエンド入力3ピン
(DMIC bit = “0”)
I
I
O
Digital Microphone data input pin
(DMIC bit = “1”)
Lch シングルエンド入力3ピン
(DMIC bit = “0”)
Digital Microphone Clock pin
(DMIC bit = “1”)
分 類
アナログ電源
アナログ出力
アナログ出力
アナログ出力
アナログ入力
アナログ入力
アナログ入力
アナログ入力
アナログ入力
ディジタル
マイク
アナログ入力
ディジタル
マイク
Note: ディジタル入力ピンは、オープンにしないで下さい。
■
使用しない入出力ピンは下記の設定を行い、適切に処理して下さい。
Classification
Analog
Digital
Pin Name
IN1L/IN1P,IN1R/IN2P,IN2L/IN1N,IN2R/IN2N,IN3L,IN3R
CLKO, BICKO, LRCKO, SDOUT1-2, SDOUTM, STO,
SOUTM/RDY,XTO
SDIN1, SDIN2, BICK1, BICK2, LRCK1, LRCK2, XTI
MS1138-J-02-PB
Setting
オープン
オープン
VSS1に接続
2012/05
-8-
[AK7754]
(VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V: Note 1)
min
max
Unit
項 目
記号
電源電圧 (AVDD=DVDD)
AVDD
-0.3
4.3
V
Analog
HVDD
-0.3
4.3
V
Analog
DVDD
-0.3
4.3
V
Digital
DVDD18
-0.3
2.5
V
Digital
-0.3
0.3
V
ΔGND
Difference(VSS1~4)
IIN
±10
mA
入力電流(除:電源ピン)
-
VINA
-0.3
(AVDD+0.3) or 4.3
V
アナログ入力電圧 (Note 2)
VIND1
-0.3
(DVDD+0.3) or 4.3
V
ディジタル入力電圧 (Note 3)
Ta
-20
85
動作周囲温度
℃
Tstg
-65
150
保存温度
℃
Note 1. すべての電圧はグランドに対する値です。VSS1, VSS2,VSS3,VSS4 は同電位にして下さい。
Note 2. IN1L/IN1P, IN2L/IN1N, IN3L, IN1R/IN2P, IN2R/IN2N, IN3R pins. max 値は、 (AVDD+0.3)V または 4.3V
のどちらか低いほうです。
Note 3. ディジタル入力電圧の max 値は、 (DVDD+0.3)V または 4.3V のどちらか低いほうです。
注意: この値を超えた条件で使用した場合、デバイスを破壊することがあります。また、通常の動作は
保証されません。
(VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V: Note 1)
項 目
電源電圧
Analog
Analog
Digital
Digital
HVDD-AVDD
HVDD-DVDD
AVDD-DVDD
記号
min
typ
max
Unit
AVDD
HVDD
DVDD
DVDD18
3.0
3.0
3.0
1.7
-0.3
-0.3
-0.3
3.3
3.3
3.3
1.8
0
0
0
3.6
3.6
3.6
1.9
+0.3
+0.3
+0.3
V
V
V
V
V
V
V
ΔVDD1
ΔVDD2
ΔVDD3
Note 4. AVDD HVDD, DVDD, DVDD18 の立ち上げ順は気にする必要はありません。ただし、必ず全ての電源
(AVDD, HVDD, DVDD, DVDD18)を立ち上げてから使用してください。
Note 5. I2C BUS の周辺デバイスが電源 ON の状態で AK7754 のみ電源 OFF にしないで下さい。また、SDA, SCL
のプルアップ先は DVDD を超えないようにして下さい。(SDA, SCL pin にも DVDD に対してダイオ
ードが存在します。)
注意: 本データシートに記載されている条件以外のご使用に関しては、当社では責任負いかねますので
十分ご注意下さい。
MS1138-J-02-PB
2012/05
-9-
[AK7754]
(CODEC)
■ ADC
(特記なき場合はTa=25ºC; AVDD=DVDD= HVDD=3.3V, DVDD18=1.8V;VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V
BICK1=64fs; 信号周波数1kHz; 測定周波数=20Hz~20kHz, fs=48kHz, PMSRC =PMHPL=PMHPR bits=“0”, CKM
mode 6 (CKM[2:0]=6h))
Parameter
min
typ
max
Units
MIC/LINEIN Amplifier: IN1L,IN1R,IN2L,IN2R,IN3L,IN3R pins
Input Resistance
22.5
30
37.5
kΩ
Gain
Min (MGNL/R2-0, LINL/R2-0 bits = “0H”)
0
dB
Max (MGNL/R2-0, LINL/R2-0 bits = “7H”)
+27
dB
Bypass Amplifier: IN1L,IN1R,IN2L,IN2R,IN3L,IN3R pins (MGNL/R2-0 = 0h, LINL/R2-0 = 0h)
Gain
Max (BPGL/R2-0 bit = “0H”)
0
dB
Min (BPGL/R2-0 bit = “7H”)
-21
dB
MIC Power Supply: MPWR pin
Output Voltage (Note 6)
2.18
2.3
2.4
V
Output Current
4
mA
24
Bits
ステレオ 分解能
ADC部
ダイナミック特性
IN1L/IN1R, IN2L/IN2R, IN3L/IN3R pins → stereo ADC → SDOUT1/2/M (VOLADL/R=30h(0dB設定)
(Note 12)
70
77
dB
S/(N+D) (-1dBFS)
74
82
(Note 13)
(Note 12)
74
82
dB
ダイナミックレンジ(A-weight)
81
89
(Note 13)
(Note 12)
74
82
dB
S/N
(A-weight)
81
89
(Note 13)
チャネル間アイソレーション
(Note 13)
90
105
dB
(f=1kHz) (Note 7)
DC精度
0.0
0.3
dB
チャネル間ゲインミスマッチ
アナログ入力
(Note 12)
±0.098
Vpp
Input
差動入力時
Voltage
(Note
13)
±1.0
±1.1
±1.2
(Note 8, Note 10)
(Note 12)
0.196
Vpp
Input
シングルエンド入力時
Voltage
(Note 13)
2.0
2.2
2.4
(Note 9, Note 11)
Note 6. 出力電圧は、AVDD に比例します。Vout=0.76 x AVDD (typ.)
Note 7. -1dBFS の信号を入力した場合の、IN1-3L、IN1-3R pins の Lch-Rch 間のアイソレーションです。
Note 8. 入力電圧は、AVDDに比例します。Vin=±0.030 x AVDD (typ.)@MGNL2-0=MGNR2-0 bits = “5h”(+21dB),
Vin=±0.33 x AVDD (typ.) @MGNL2-0=MGNR2-0 bits = “0h”(+0dB)
Note 9. 入力電圧は、AVDDに比例します。Vin=0.059 x AVDD (typ.)@MGNL2-0=MGNR2-0 bits = “5h”(+21dB),
Vin=0.67 x AVDD (typ.) @MGNL2-0=MGNR2-0 bits = “0h”(+0dB)
Note 10. 対象となる入力ピンは、IN1P, IN1N, IN2P, IN2N です。
Note 11. 対象となる入力ピンは、IN1L, IN1R, IN2L, IN2R, IN3L, IN3R です。
Note 12. MGNL2-0=MGNR2-0 bits = “5h” (+21dB)
Note 13. MGNL2-0=MGNR2-0 bits = “0h” (+0dB)
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 10 -
[AK7754]
■ DAC
(特記なき場合はTa=25ºC; AVDD=DVDD=HVDD=3.3V, DVDD18=1.8V; VSS1=VSS2= SS3=VSS4=0V;
BICK1=64fs; 信号周波数1kHz; 測定周波数=20Hz~20kHz, fs=48kHz, PMSRC=PMHPL=PMHPR bits = “0”, CKM
mode 6 (CKM[2:0]=6h)
パラメータ
min
Typ
max
Unit
24
Bits
ステレオ 分解能
DAC部
ダイナミック特性 Stereo DAC→OUTL/R pins VOLDAL/R=18h(0dB設定) LODIF=“0”
S/(N+D)
(0dBFS)
ダイナミックレンジ(A-weight)
S/N
(A-weight)
チャネル間アイソレーション (f=1kHz) (Note 14)
DC精度
チャネル間ゲインミスマッチ
アナログボリューム特性
Gain量
80
88
88
90
91
96
96
110
0.0
dB
dB
dB
dB
0.5
dB
Min
0.0
dB
Max
ステップ幅:
アナログ出力
28.0
2.0
dB
dB
出力電圧 (Note 15)
Single-End
Differential
2.06
±2.06
10
2.17
±2.17
2.28
±2.28
負荷抵抗
30
負荷容量
Note 14. DAC の Lch-Rch 間のアイソレーションです。
Note 15. フルスケール出力電圧です。出力電圧は AVDD に比例します。Vout=0.67 x AVDD (typ.)
MS1138-J-02-PB
Vpp
Vpp
kΩ
pF
2012/05
- 11 -
[AK7754]
(HP-Amp)
(特記なき場合はTa=25ºC; AVDD = HVDD = DVDD=3.3V; DVDD18=1.8V; VSS1=VSS2= SS3=VSS4=0V;
信号周波数1kHz; 測定周波数=20Hz~[email protected]; PMSRC bit=“0”), RL =16Ω; Circuit External Capacitance:
C1=C2= OPEN, CKM mode 6
Parameter
min
typ
max
Units
アナログボリューム特性
Gain量
最大 (HPGL,HPGR[4:0] bits= “1Fh”)
+0
dB
最小 (HPGL,HPGR[4:0] bits= “01h”)
-50
dB
ステップ幅:
0.1
1
dB
+0dB ∼ -16dB
-16dB ∼ -38dB
0.1
2
dB
-38dB ∼ -50dB
4
dB
Headphone-Amp 特性: DAC → HPL/HPR pins, RL=16Ω (Note 16)
Output Voltage
1.68
1.87
2.06
Vpp
S/(N+D)
(-3dBFS)
60
70
dB
S/N
(A-weighted)
83
89
dB
Inter channel Isolation
60
75
dB
Inter channel Gain Mismatch
0.0
1.0
dB
Load Resistance
(RL, Figure 2)
16
Ω
Load Capacitance
(C1, Figure 2)
30
pF
Load Capacitance
(C2, Figure 2)
300
pF
Note 16. SRC 動作時は、非同期回路が動作するために、特性が悪くなる可能性があります。
Measurement
Point
HP-Amp
HPL pin
HPR pin
47μF
-
+
+
C1
0.22μF
C2
RL
10Ω
Figure 2. ヘッドフォンアンプ出力回路
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 12 -
[AK7754]
SRC
(特記なき場合はTa=25°C; AVDD= HVDD= DVDD=3.3V; DVDD18=1.8V; VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V;
信号周波数1kHz; 測定周波数= 20Hz~FSO/2)
Parameter
Symbol
min
typ
max
Units
Resolution
24
Bits
Input Sample Rate
FSI
8
96
kHz
Output Sample Rate
FSO
8
48
kHz
THD+N
(Input= 1kHz, 0dBFS)
FSO/FSI=44.1kHz/48kHz
-111
dB
FSO/FSI=44.1kHz/96kHz
-104
dB
FSO/FSI=48kHz/44.1kHz
-111
dB
FSO/FSI=48kHz/96kHz
-111
dB
FSO/FSI=48kHz/8kHz
-111
-103
dB
FSO/FSI=16kHz/48kHz
-111
dB
FSO/FSI=16kHz/44.1kHz
-104
dB
FSO/FSI=8kHz/48kHz
-111
dB
FSO/FSI=8kHz/44.1kHz
-78
dB
Dynamic Range (Input= 1kHz, -60dBFS)
FSO/FSI=44.1kHz/48kHz
112
dB
FSO/FSI=44.1kHz/96kHz
112
dB
FSO/FSI=48kHz/44.1kHz
112
dB
FSO/FSI=48kHz/96kHz
112
dB
FSO/FSI=48kHz/8kHz
108
112
dB
FSO/FSI=16kHz/48kHz
112
dB
FSO/FSI=16kHz/44.1kHz
112
dB
FSO/FSI=8kHz/48kHz
112
dB
FSO/FSI=8kHz/44.1kHz
112
dB
Dynamic Range (Input= 1kHz, -60dBFS, A-weighted)
FSO/FSI=44.1kHz/48kHz
115
dB
Ratio between Input and Output Sample Rate
FSO/FSI
0.167
6
-
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 13 -
[AK7754]
DC
(Ta=-20ºC ~ 85ºC; AVDD= HVDD= 3.0 ~ 3.6V; DVDD18=1.8V; VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V)
min
typ
max
パラメータ
記号
VIH1
80%DVDD
ハイレベル入力電圧
(Note 17)
VIL1
20%DVDD
ローレベル入力電圧
(Note 17)
VIH2
70%DVDD
SCL, SDA ハイレベル入力電圧
VIL2
30%DVDD
SCL, SDA ローレベル入力電圧
VIH3
65%DVDD
DMDAT ハイレベル入力電圧
VIL3
35%DVDD
DMDAT ローレベル入力電圧
VOH1
DVDD-0.4
ハイレベル出力電圧 Iout=-100μA(Note 18)
VOL1
0.4
ローレベル出力電圧 Iout=100μA (Note 18)
VOL2
0.4
SDA ローレベル出力電圧Iout=3mA
Iin
±10
入力リーク電流
(Note 19)
Iid
22
入力リーク電流 TEST1/2 pin
(Note 20)
Iix
26
入力リーク電流 XTI pin
Unit
V
V
V
V
V
V
V
V
V
μA
μA
μA
Note 17. SCL, SDA pin を除きます。
Note 18. SDA pin を除きます。DMCLK pin を含みます。
Note 19. XTI, TEST1, TEST2 pin を除きます。
Note 20. TEST1 pin はプルダウン (Typ150kΩ)されています。
Ta=25ºC; AVDD=DVDD=HVDD=3.3V; DVDD18=1.8V; VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V, fin=1 KHz, 24 bit,
fs=48kHz, BICK1=64fs (CKM mode = 4、BITFS mode=0), CODEC(Full-duplex mode, no output loads) and DSP
running with programmed that connects DSP DIN3 with DOUT1 and DIN1 with DOUT3.
Parameter
min
typ
max
Units
Power Supplies: (Note 21)
Power-Up (IRSTN pin = “H”) CODEC + DSP + LineOut + HP
All Circuit Power-up
AVDD+DVDD
21
mA
AVDD=DVDD=HVDD=3.3V,
HVDD
4.8
mA
DVDD18=1.8V
DVDD18
29
mA
Power Consumption
137
mW
AVDD+DVDD
22
38
mA
AVDD=DVDD=HVDD=3.6V,
HVDD
5.0
7.5
mA
DVDD18=1.9V
DVDD18
31
70
mA
Reset (IRSTN pin = “L”), Reset condition (Note 22)
AVDD+DVDD+HVDD
1
10
μA
DVDD18
3
200
μA
Note 21. DVDD18 の値は使用周波数および DSP プログラム内容によって変化します。
Note 22. 全てのディジタル入力ピンはそれぞれ(Logic High /Low)に固定して下さい。
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 14 -
[AK7754]
■ ADC
1. fs=8kHz
(Ta=-20ºC ~85ºC, AVDD= HVDD= DVDD=3.0~3.6V, DVDD18=1.7~1.9V, VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V; fs=8
kHz; Note 23)
パラメータ
記号
min
typ
max
Units
PB
0
3.15
kHz
通過域
(±0.1dB)
(Note 24)
3.63
kHz
(-1.0dB)
3.83
kHz
(-3.0dB)
SB
4.66
kHz
阻止域
PR
±0.1
dB
通過域リップル
(Note 24)
SA
68
dB
阻止域減衰量
(Note 25, Note 26)
0
群遅延歪
△GD
μs
GD
16
Ts
群遅延
(Ts=1/fs)
Note 23. 各振幅特性の周波数は fs(サンプリングレート)に比例します。
Note 24. 通過域は fs=8kHz のとき、DC から 3.15kHz です。
Note 25. 阻止域は fs=8kHz のとき、4.66kHz から 507.34kHz です。
Note 26. fs=8kHz のときアナログ変調器は 512kHz でアナログ入力をサンプリングします。
2. fs=48kHz
(Ta=-20ºC ~85ºC, AVDD= HVDD= DVDD=3.0~3.6V, DVDD18=1.7~1.9V, VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V; fs=48
kHz; Note 27)
パラメータ
記号
min
typ
max
Unit
PB
0
18.9
kHz
通過域
(±0.1dB)
(Note 28)
20.0
kHz
(-0.2dB)
23.0
kHz
(-3.0dB)
SB
28.0
kHz
阻止域
PR
±0.04
dB
通過域リップル
(Note 28)
SA
68
dB
阻止域減衰量
(Note 29, Note 30)
0
群遅延歪
△GD
μs
GD
16
Ts
群遅延
(Ts=1/fs)
Note 27. 各振幅特性の周波数は fs(サンプリングレート)に比例します。
Note 28. 通過域は fs=48kHz のとき、DC から 18.9kHz です。
Note 29. 阻止域は fs=48kHz のとき、28kHz から 3.0455MHz です。
Note 30. fs=48kHz のときアナログ変調器は 3.072MHz でアナログ入力をサンプリングします。
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 15 -
[AK7754]
■ DAC
1. fs= 8kHz
(Ta=-20℃~85℃, AVDD=HVDD=DVDD=3.0~3.6V, DVDD18=1.7~1.9V; VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V;
fs=48kHz; DEM1-0 bits= “0”, fs=8kHz; Note 27)
パラメータ
記号
min
typ
max
Unit
PB
0
3.62
kHz
通過域
(±0.05dB) (Note 31)
4
kHz
(-6.0dB)
SB
4.37
kHz
阻止域
(Note 31)
PR
dB
通過域リップル
±0.01
SA
64
dB
阻止域減衰量
GD
24
Ts
群遅延
(Ts=1/fs) (Note 32)
ディジタルフィルタ+アナログフィルタ
dB
振幅特性
20Hz~3.5kHz
±0.5
2. fs= 48kHz
(Ta=-20℃~85℃, AVDD=HVDD=DVDD=3.0~3.6V, DVDD18=1.7~1.9V; VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V;
fs=48kHz; DEM1-0 bits= “0”, fs=48kHz; Note 27)
min
typ
max
Unit
パラメータ
記号
ディジタルフィルタ
PB
0
21.7
kHz
通過値
(±0.05dB)
(Note 31)
24.0
kHz
-
(-6.0dB)
SB
26.2
kHz
阻止域
(Note 31)
PR
±0.01
dB
通過域リップル
SA
64
dB
阻止域減衰量
GD
24
Ts
群遅延
(Ts=1/fs)
(Note 32)
-
ディジタルフィルタ+アナログフィルタ
±0.5
dB
振幅特性
0~20.0kHz
Note 31. 通過域、阻止域の周波数は fs に比例し、PB=0.4535fs(@±0.05dB), SB=0.5465fs です。
Note 32. ディジタルフィルタによる演算遅延で、データが入力レジスタにセットされてからアナログ信号が
出力されるまでの時間です。
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 16 -
[AK7754]
■
(Ta= -20 ºC ~ 85 ºC, AVDD=HVDD=DVDD=3.0 ~ 3.6V, DVDD18=1.7 ~1.9V, VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V,
CL=20pF)
min
typ
max
パラメータ
記号
XTI
CKM[2:0]bits=4h-7h
a)水晶振動子使用時
CKM[2:0]bits=6h
fXTI
11.2896
12.288
CKM[2:0]bits=7h
fXTI
16.9344
18.432
b)外部クロック使用時
40
50
60
デューティ比
CKM[2:0]bits=4h,6h
fXTI
11.0
11.2896
12.288
12.4
CKM[2:0]bits=5h,7h
fXTI
16.5
16.9344
18.432
18.6
fs
8
48
LRCK1周波数 @SCKSEL bit=0 (Note 33)
@SCKSEL bit=0 (Note 34)
tBCLKH
64
ハイレベル幅
tBCLKL
64
ローレベル幅
0.23
3.072
3.1
周波数
fBCLK
fs
8
48
LRCK2周波数 @SCKSEL bit=1
(Note 35)
BICK2周波数 @SCKSEL bit=1
(Note 36)
tBCLKH
64
ハイレベル幅
tBCLKL
64
ローレベル幅
0.23
3.072
3.1
fBCLK
周波数
Note 33. LRCK1 に入力されるクロックが、サンプリングレート(fs)となります。
Note 34. BICK1 を MCLK 生成基準クロックとして使用する場合は、LRCK1 と同期させて下さい。
Note 35. LRCK2 に入力されるクロックがサンプリングレート(fs)となります。
Note 36. BICK2 を MCLK 生成基準クロックとして使用する場合は、LRCK2 と同期させて下さい。
Unit
MHz
MHz
%
MHz
MHz
kHz
BICK1周波数
■ SRC
(Ta= -20 ºC ~ 85 ºC, AVDD=HVDD=DVDD=3.0 ~ 3.6V, DVDD18=1.7 ~ 1.9V, VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V,
@SCKSEL bit =“0”)
Parameter
Symbol
min
typ
max
Unit
fs
8
96
kHz
LRCK2周波数
BICK2周波数
周波数
ハイレベル幅
ローレベル幅
0.23
32
32
fBCLK
tBCLKH
tBCLKL
MS1138-J-02-PB
3.072
6.2
MHz
ns
ns
2012/05
- 17 -
ns
ns
MHz
KHz
ns
ns
MHz
[AK7754]
■
(Ta= -20 ºC ~ 85 ºC, AVDD=HVDD=DVDD=3.0 ~ 3.6V; DVDD18=1.7 ~ 1.9V; VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V)
min
typ
max
Unit
パラメータ
記号
INITRSTN
(Note 37) tRST
600
ns
Note 37. 電源投入時は“L”にしてください。
■
1) SDIN1/2, SDOUT1/2/M
(Ta= -20ºC ~ 85ºC, AVDD=HVDD=DVDD=3.0~3.6V, DVDD18=1.7~1.9V, VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V,
CL=20pF)
min
typ
max
Unit
パラメータ
記号
DSP部入力SDIN1,2 (SCKSEL bit= “1”)
tBLRD
20
ns
BICK1 “↑”からLRCK1への遅延時間
SCKSEL bit= “0” (Note 38)
tLRBD
20
ns
LRCK1からBICK1 “↑”への遅延時間
SCKSEL bit= “0”(Note 39)
tBLRD
20
ns
BICK2 “↑”からLRCK2への遅延時間
SCKSEL bit= “1”(Note 38)
tLRBD
20
ns
LRCK2からBICK2 “↑”への遅延時間
SCKSEL bit= “1” (Note 39)
tBSIDS
80
ns
シリアルデータ入力 ラッチセットアップ時間
tBSIDH
80
ns
シリアルデータ入力 ラッチホールド時間
SRC部入力SDIN2 (SCKSEL bit= “1”)
tBLRD
20
ns
BICK2 “↑”からLRCK2への遅延時間 (Note 39)
tLRBD
20
ns
LRCK2からBICK2“↑”への遅延時間 (Note 39)
tBSIDS
40
ns
シリアルデータ入力 ラッチセットアップ時間
tBSIDH
40
ns
シリアルデータ入力 ラッチホールド時間
出力 SDOUT1, SDOUT 2, SDOUTM
tLRD
80
ns
LRCK1からシリアルデータ出力遅延時間 (Note 40)
tBSOD
80
ns
BICK1 “↓”からシリアルデータ出力遅延時間 (Note 41)
tLRD
80
ns
LRCKOからシリアルデータ出力遅延時間
(Note 40)
tBSOD
80
ns
BICKOからシリアルデータ出力遅延時間
(Note 42)
SDINn →SDOUTn (n=1,2)
(Note 43)
tIOD
60
ns
SDIN1/2からSDOUT1/2出力遅延時間
Note 38. この規格値は、LRCK1 のエッジと BICK1 のエッジが重ならないように規定しています。
Note 39 この規格値は、LRCK2 のエッジと BICK2 のエッジが重ならないように規定しています。
Note 40. I2S を除きます。
Note 41. BICK1 の極性を反転させた場合は、BICK1 の “↑”からになります。
Note 42. BICK2 の極性を反転させた場合は、BICK2 の “↑”からになります。
Note 43. SDIN1 → SDOUT1: SELDO1[1:0] bits= “1h”, OUT1E bit= “1”
SDIN2 → SDOUT2: SELDO2[1:0] bits= “1h”, OUT2E bit= “1”
の場合です。
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 18 -
[AK7754]
■
(DMIC)
(Ta= -20℃~85℃, AVDD=HVDD=DVDD=3.0 ~ 3.6V, DVDD18=1.7 ~ 1.9V, VSS1=VSS2=VSS=VSS4=0V,
CL=100pF)
Parameter
Symbol
min
typ
max
Unit
DMDAT
DMDAT Setup Time
tDMDS
50
ns
DMDAT Hold Time
tDMDH
0
ns
DMCLK
Frequency
fDMCK
0.5
64fs
3.1
MHz
Duty Cycle
dDMCK
40
50
60
%
Rise Time
tDMCKR
10
ns
Fall Time
tDMCKF
10
ns
Note 44. クロック周波数は、CKM[1:0]bits または、DFS[1:0]bits で選択されたサンプリングレート(fs)で決まり
ます。
■ I2C BUS
(Ta= -20ºC ~ 85ºC; AVDD=HVDD=DVDD=3.0 ~ 3.6V, DVDD18=1.7 ~ 1.9V, VSS1=VSS2=VSS3=VSS4=0V;
CL=20pF)
Parameter
Symbol
min
typ
max
Unit
2
I C Timing
SCL clock frequency
fSCL
400
KHz
Bus Free Time Between Transmissions
tBUF
1.3
μs
Start Condition Hold Time (prior to first Clock
tHD:STA
0.6
μs
pulse)
Clock Low Time
tLOW
1.3
μs
Clock High Time
tHIGH
0.6
μs
Setup Time for Repeated Start Condition
tSU:STA
0.6
μs
SDA Hold Time from SCL Falling
tHD:DAT
0
0.9
μs
SDA Setup Time from SCL Rising
tSU:DAT
0.1
μs
Rise Time of Both SDA and SCL Lines
tR
0.3
μs
Fall Time of Both SDA and SCL Lines
tF
0.3
μs
Setup Time for Stop Condition
tSU:STO
0.6
μs
Pulse Width of Spike Noise Suppressed
tSP
0
50
ns
by Input Filter
Capacitive load on bus
Cb
400
pF
Note 45. I2C-bus は NXP B.V.の商標です。
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 19 -
[AK7754]
■
1/fXTI
1/fXTI
tXTI=1/fXTI
XTI
VIH1
VIL1
1/fs
ts=1/fs
1/fs
LRCK1
VIH1
LRCK2
VIL1
1/fBCLK
1/fBCLK
tBCLK=1/fBCLK
VIH1
BICK1
BICK2
VIL1
tBCLKH
tBCLKL
Figure 3. システムクロック
INITRSTN
tRST
VIL1
Figure 4. リセット
Note 46. 電源立ち上げ、電源立ち下げ時は INITRSTN pin = “L”にしてください。
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 20 -
[AK7754]
■
VIH1
VIL1
LRCK1/2
tBLRD
tLRBD
VIH1
VIL1
BICK1/2
tBSIDS
tBSIDH
VIH1
VIL1
SDIN1/2
Figure 5. オーディオインタフェース(DSP 部スレーブモード入力インタフェース)
VIH1
VIL1
LRCK2
tBLRD
tLRBD
VIH1
VIL1
BICK2
tBSIDS
tBSIDH
VIH1
VIL1
SDIN2
Figure 6. オーディオインタフェース(SRC 部入力インタフェース)
VIH1
VIL1
LRCK1/2
tLRD
VIH1
VIL1
BICK1/2
tLRD
tBSOD
SDOUT1/2/M
tBSOD
50%DVDD
Figure 7. オーディオインタフェース(スレーブモード出力インタフェース)
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 21 -
[AK7754]
50%DVDD
LRCKO
tMBL
tMBL
50%DVDD
BICKO
tBSIDS
tBSIDH
VIH1
VIL1
Figure 8. オーディオインタフェース(マスターモード入力インタフェース)
50%DVDD
LRCKO
tLRD
50%DVDD
BICKO
tLRD
tBSOD
tBSOD
50%DVDD
SDOUT1/2/M
Figure 9. オーディオインタフェース(マスターモード出力インタフェース)
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 22 -
[AK7754]
■
tDMCK
65%DVDD
DMCLK
50%DVDD
35%DVDD
tDMCKL
tDMCKR
tSFall
fDMCK = 1/tDMCK
dDMCK = 100 x tDMKL / tDMCK
Figure 10. DMCLK Clock Timing
DMCLK
50%DVDD
tDMD
S
tDMDH
VIH3
DMDAT
VIL3
Figure 11. Audio Interface Timing, DCLKP bit = “1”)
DMCLK
50%DVDD
tDMDS
tDMDH
VIH3
DMDAT
VIL3
Figure 12. Audio Interface Timing, DCLKP bit = “0”)
I2Cバスインタフェース
VIH2
SDA
VIL2
tBUF
tLOW
tR
tHIGH
tF
tSP
VIH2
SCL
VIL2
tHD:STA
Stop
tHD:DAT
tSU:DAT
Start
tSU:STA
tSU:STO
Start
Stop
Figure 13. I2C バスインタフェース
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 23 -
[AK7754]
48pin QFN (Unit: mm)
7.00±0.10
0.40±0.10
B
5.1
6.75±0.10
7.00±0.10
6.75±0.10
0.23+0.07
-0.05
0.10
A
M
0.50
AB
C0.60MAX
5.1
C
0.85+0.15
-0.05
0.08
0.02+0.03
-0.02
0.20
C
Note: パッケージ裏側中央の露出パッドは (Exposed Pad) は、オープン又はグランドに接続して下さい。
コーナのサポートリードは露出パッド固定の為のもので電気的には露出パッドと接続されています。
■
パッケージ材質: エポキシ系樹脂、ハロゲン(臭素、塩素)フリー
リードフレーム材質:
銅
リードフレーム処理:
半田(無鉛)メッキ
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 24 -
[AK7754]
マーキング
AKM
AK7754EN
XXXXXXX
48
1
XXXXXXX: Date code identifier (7 digits)
改訂履歴
Date (Y/M/D)
10/06/01
12/03/23
Revision
00
01
Reason
初版
誤記訂正
Page
Contents
8
12/05/18
02
記述追加
24
ピン/機能
IN2P (No. 43): マイク反転差動入力2ピン
→マイク非反転差動入力2ピン
IN2N (No. 45): マイク非反転差動入力2ピン
→マイク反転差動入力2ピン
パッケージ
パッケージ図を変更
説明文を追加
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 25 -
[AK7754]
重要な注意事項
z
z
z
z
z
z
本書に記載された製品、および、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更すること
があります。従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社
営業担当、あるいは弊社特約店営業担当にご確認ください。
本書に記載された周辺回路、応用回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報は、半導体製品の動
作例、応用例を説明するものです。お客様の機器設計において本書に記載された周辺回路、応用回路、
ソフトウェアおよびこれらに関連する情報を使用される場合は、お客様の責任において行ってください。
本書に記載された周辺回路、応用回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報の使用に起因してお
客様または第三者に生じた損害に対し、弊社はその責任を負うものではありません。また、当該使用に
起因する、工業所有権その他の第三者の所有する権利に対する侵害につきましても同様です。
本書記載製品が、外国為替および、外国貿易管理法に定める戦略物資(役務を含む)に該当する場合、
輸出する際に同法に基づく輸出許可が必要です。
医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置・機器の故障や動作不良が、
直接または間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極め
て高い信頼性を要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず事前に弊社代表取締役の書面によ
る同意をお取りください。
この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ずる損害等の
責任を一切負うものではありませんのでご了承ください。
お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その使用から損
害等が生じた場合は全てお客様にてご負担または補償して頂きますのでご了承下さい。
MS1138-J-02-PB
2012/05
- 26 -