3V動作LPF内蔵ビデオアンプ

3V動作LPF内蔵ビデオアンプ
NJM2576のサンプル配布開始
業界初0.3Vp-p入力に対応した3V動作ビデオアンプ
新日本無線では、DSC(デジタルスチルカメラ)、DVC(デジタルビデオカメラ)などに最適な3V動作
LPF内蔵ビデオアンプ、NJM2576の開発を完了しサンプル配布を可能としました。
NJM2576は、動作電源電圧が2.8~5.5Vと3V系電源電圧で動作が可能な、LPF(ローパス・フィルタ)
および75Ωドライバを内蔵した16.5dBゲインの1回路入りビデオアンプです。
デジタルカメラ市場では、高画質化要求の他、小型・軽量化、長動作時間化要求が強く、使用される
電子部品の低電圧化が進んでおります。NJM2576はこのような市場要求に応え、2.8Vからの動作を可
能にし、さらに1Vp-p → 0.5Vp-p → 0.3Vp-pへと小振幅化が進む映像信号のDAC出力に対応するた
め、業界で初めて16.5dBアンプを搭載した3V動作ビデオアンプです。
16.5dBアンプを搭載したことにより、0.3Vp-p映像信号を2.0Vp-p映像信号に変換でき、さらに入力段
クランプ回路、LPF、75Ωドライバ回路が1チップになっており、DAC出力のコンポジットビデオ信号を
TVモニタなどの映像機器へ直結できます。
また、パワーセーブ回路を兼ねたミュート回路も内蔵しているため、機器の低消費電流設計に適し
ております。NJM2567は小型パッケージのTVSP8(2.9×4.0×1.0mm)への搭載と合わせて、小型、低
電圧動作、低消費電流化要求の強い、デジタルスチルカメラ、デジタルビデオカメラなどのポータブル
機器の映像出力アンプに最適です。
(2002年6月19日)
<開発製品>
製品名
NJM2576
機
能
3V動作LPF内蔵ビデオアンプ
用
途
DSC(デジタルスチルカメラ)
DVC(デジタルビデオカメラ)
外 形
TVSP8
<製品の機能および特徴の概要>
· 動作電源電圧
2.8~5.5V
· コンポジットビデオ信号入力 0.3V p-p
· 消費電流
8.0mAtyp. Vcc = 3.0V時
· パワーセーブ時消費電流 70µAtyp. Vcc = 3.0V時
· 75W 2系統ドライブ可能
· バイポーラ構造
· 外形
TVSP8
<生産予定/サンプル価格>
弊社では、NJM2576のサンプル配布を2002年6月より開始し、生産は2002年8月より月産10万個で
立ち上げる予定です。サンプル価格は@\150です。
Similar pages