2回路入りローノイズ 入出力フルスイングオペアンプ

2回路入り ローノイズ入出力フルスイングオペアンプ
NJM2737のサンプル配布開始
1.8V動作オペアンプでは初の入力換算雑音電圧 5nV/√Hzを実現した
フルスイング入出力オペアンプ
今回新日本無線では、低雑音入出力フルスイングオペアンプ(2回路入り)、NJM2737の開発を完了しサ
ンプル配布が可能となりましたのでお知らせいたします。
NJM2737は、1.8~6.0Vの電源電圧で動作し入出力のフルスイングが可能なため、低電圧で広いダイナミ
ックレンジが要求されるシステムに対応可能です。最大の特徴として、入力換算雑音電圧を5nV/√Hz
(typ.)と従来型オーディオ用ローノイズオペアンプと同等に低く設計しています。かつ、音声信号のフルス
イングに充分なスルーレートを確保したため小型で低消費なオーディオセットの実現が可能です。
パッケージは、DIP8/DMP8/SSOP8/TVSP8の4種類で、ノートパソコン、ポータブルオーディオなどバッテ
リー駆動の小型携帯機器に最適です。
(2003年10月27日)
<開発製品一覧>
製品名
NJM2737
機
能
応
用
PCオーディオ,
携帯計測器,
小型携帯オーディオ
2回路入り低雑音
入出力フルスイングオペアンプ
外 形
DIP8,
DMP8,
SSOP8,
TVSP8
<製品の機能および特徴の概要>
· 単電源動作
· 動作電源電圧
· 入力フルスイング
1.8 ~ 6.0V
VICM=0 ~ 5.0V at V+ = 5V
· 出力フルスイング
VOH ≥ 4.9V/VOL ≤ 0.15V at V+ = 5V, RL=20kΩ
· 出力ドライブ能力
VOH ≥ 4.75V/VOL ≤ 0.25V at V+ = 5V, RL=2kΩ
· 入力オフセット電圧 · スルーレート
· 利得帯域幅積
· 低入力換算雑音電圧 · バイポーラ構造
· 外形
5mV max.
0.7V/µs typ.
3.5MHz typ.
5nV/√Hz
DIP8/DMP8/SSOP8/TVSP8
<生産予定/サンプル価格>
弊社では、NJM2737のサンプル配布を2003年10月より、量産を2003年11月より開始し、生産は月産50万
個で立ち上げる予定です。なお、サンプル価格は下記の通りです。
製品名
NJM2737
機
能
2回路入り低雑音
入出力フルスイングオペアンプ
サンプル価格
@\100-
Similar pages