8071 Series Instruction Manual

DIV.04
SPEC NUMBER : 205-03-216
KYOCERA Connector Products Corporation
取扱説明書
INSTRUCTION MANUAL
Series
8071,8072
2.0mm Pitch Multi Line Module Connector
A
O
DCN-417
EDN-575
04/10 '14
04/26 '05
M.Yoshida
M.Yoshida
Y.Shiroyama
T.Mori
N.Hayashi
NO
EDN/DCN
DATE
PREPARED
CHECK
APPROVED
106-03-003
KYOCERA Connector Products Corporation
目 次
TABLE OF CONTENTS
1. 概要 ··················································································· 2
2. 対象製品 ··············································································· 2
3. 取り扱い上の注意 ········································································ 2
3.1 許容嵌合ずれ量について ······························································· 2
3.2 部品実装禁止エリアについて ···························································· 3
3.3 プレスフィット時の推奨圧入力について ···················································· 3
3.4 許容浮き量について ··································································· 3
3.5 リペアについて ······································································· 4
SERIES 8071,8072 INSTRUCTION MANUAL
106-03-004
SPEC No. : 205-03-216
PAGE 1/4
KYOCERA Connector Products Corporation
1. 概要
8071,8072 シリーズコネクタの取り扱い上の注意点について記載します。
2. 対象製品
○プラグコネクタ
P/N : 17
17
17
17
8071
8071
8071
8071
154
175
077
077
XXX
XXX
XXX
XXX
○リセコネクタ
P/N : 27
27
27
27
8071
8071
8071
8071
110
125
055
055
012
010
012
012
XXX
XXX
XXX
XXX D
XXX S
XXX
XXX
XXX D
(A タイプ)
(B タイプ)
(C タイプ)
(CR タイプ)
17 8072 XXX XXX XXX X
(A タイプ)
(B タイプ)
(C タイプ)
(CR タイプ)
27 8072 XXX XXX XXX X
3. 取り扱い上の注意
3.1 許容嵌合ずれ量について
嵌合時におけるコネクタの許容嵌合ずれ量は、下記のとおりです。
※ A,AB Type 使用時
横方向許容嵌合ずれ量 (Series 8071)
縦方向許容嵌合ずれ量 (Series 8071)
SERIES 8071,8072 INSTRUCTION MANUAL
106-03-004
横方向許容嵌合ずれ量 (Series 8072)
縦方向許容嵌合ずれ量 (Series 8072)
SPEC No. : 205-03-216
PAGE 2/4
KYOCERA Connector Products Corporation
3.2 部品実装禁止エリアについて
リセコネクタのプレスフィット時 に、基 板 内 に内 部 応 力 が発 生 し、実 装 済 みの部 品 で半 田 クラックが
発 生 する恐 れがあるため、下 図 の斜 線 部 には部 品 を実 装 しないようにしてください。
3.3 プレスフィット時の推奨圧入力について
プラグコネクタおよびリセコネクタのプレスフィット時 の推 奨 圧 入 力 は下 記 のとおりとなっています。
インシュレータに潰 れ,破 損 等 が発 生 する恐 れがあるため、推 奨 圧 入 力 以 上 の荷 重 は加 えないで
ください。 また、推奨圧入力以上の荷重を加える場合は、必ず下死点ストッパーを設置してください。
RA 単体での圧入時には、倒れ防止の囲い形状をご検討下さい。
55P
(77P)
110P
(154P)
125P
(175P)
プラグ
550kgf
1100kgf
1250kgf
リセ
300kgf
600kgf
680kgf
3.4 許容浮き量について
プレスフィット時におけるコネクタの許容浮き量は、プラグ・リセともに、基板から 0.2mm までとします。
Series
8071
Series
8072
SERIES 8071,8072 INSTRUCTION MANUAL
106-03-004
SPEC No. : 205-03-216
PAGE 3/4
KYOCERA Connector Products Corporation
3.5 リペアについて
基 板 のリペアは 2 回 までにしてください。 なお、基 板 から取 り外 したコネクタは再 び使 用 することは
できません。 新品のコネクタと交換のうえ、再度圧入を行ってください。
SERIES 8071,8072 INSTRUCTION MANUAL
106-03-004
SPEC No. : 205-03-216
PAGE 4/4
Similar pages