AWA0000CJ4

“ZNR®”サージアブソーバ(E タイプ)
“ZNR®”サージアブソーバ
Eタイプ
“ZNR”サージアブソーバEタイプは,開閉サージ
及び誘導雷サージなどの瞬間的な過電圧から電子機
器,半導体などを保護するのに適した製品です。
特
長
コンパクトな形状で大きなサージ電流耐量
分電盤などに直接取り付け可能
急しゅんなサージに対しても動作遅れのない優れた応答性
確実な保護効果を得ることができる,低い制限電圧
RoHS指令対応
主な用途
半導体素子の保護
鉄道信号装置の保護
放送中継所機器の保護
通信,計測,制御装置の保護
配電線自動制御装置の保護
リレー,電磁バルブなどのサージ吸収
水道施設などの雷サージ対策
低圧配電盤,制御盤の保護
関連規格
(UL及びCSA認定品については別途お問い合わせください。)
UL1449, File No.E321499(規格名:Surge Protective Devices)
CSA C22.2 No.1 class 2221 01 File No.LR-92226(規格名:Accessories and Parts for Electronic Products)
type designationは品番では登録されていません。
type designationについては、別途お問い合わせください。
注) ご使用前に必ず当社の納入仕様書をお求め願い,それに基づいてご使用していただきますようお願いします。
■ 取り扱い上の注意事項,最少包装数量は関連情報をご参照ください。
品番構成
1
2
3
4
E
R
Z
C
5
品目記号
6
エレメントサイズ
7
8
E
K
タイプ
許容差
9
10
11
公称バリスタ電圧
12
設計番号
形状寸法
24
ISO
M4
4.3
単位 (mm)
品番
W
H
L
ERZC20EK□□□□
48±1 42±1 39±1
12
ERZC32EK□□□□
60±1 55±1 51±1
H
5
L
W
ZNR
品番
製造番号
14
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02 Dec. 2014
“ZNR®”サージアブソーバ(E タイプ)
20シリーズ
定格・性能
使用温度範囲 : ‒40∼85 ℃
保存温度範囲 : ‒40∼110 ℃
品 番
ERZC20EK201
ERZC20EK241
ERZC20EK271
ERZC20EK361
ERZC20EK391
ERZC20EK431
ERZC20EK471
ERZC20EK511
ERZC20EK621
ERZC20EK681
ERZC20EK751
ERZC20EK781
ERZC20EK821
ERZC20EK911
ERZC20EK102
ERZC20EK112
最大許容回路電圧
最大
制限電圧
最大平均
パルス電力
V1 mA (V)
ACrms (V) DC (V)
200 (185~ 225)
130
170
240 (216~ 264)
150
200
270 (247~ 303)
175
225
360 (324~ 396)
230
300
390 (351~ 429)
250
320
430 (387~ 473)
275
350
470 (423~ 517)
300
385
510 (459~ 561)
320
415
620 (558~ 682)
385
505
680 (612~ 748)
420
560
750 (675~ 825)
460
615
780 (702~ 858)
485
640
820 (738~ 902)
510
670
910 (819~1001)
550
745
1000 (900~1100)
625
825
1100 (990~1210)
680
895
V100 A (V)
340
395
455
595
650
710
775
845
1025
1120
1240
1290
1355
1500
1650
1815
(W)
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
0.8
最大許容回路電圧
最大
制限電圧
最大平均
パルス電力
V1 mA (V)
ACrms (V) DC (V)
200 (185~ 225)
130
170
240 (216~ 264)
150
200
270 (247~ 303)
175
225
360 (324~ 396)
230
300
390 (351~ 429)
250
320
430 (387~ 473)
275
350
470 (423~ 517)
300
385
510 (459~ 561)
320
415
620 (558~ 682)
385
505
680 (612~ 748)
420
560
750 (675~ 825)
460
615
780 (702~ 858)
485
640
820 (738~ 902)
510
670
910 (819~1001)
550
745
1000 (900~1100)
625
825
1100 (990~1210)
680
895
V200 A (V)
340
395
455
595
650
710
775
845
1025
1120
1240
1290
1355
1500
1650
1815
(W)
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
1.2
バリスタ電圧
エネルギー サージ電流耐量
静電容量
(8/20 μs)
耐量
(参考値)
(2 ms)
1回
2回
(J)
(A)
(A) at 1 kHz (pF)
80
8000
5000
2300
95
8000
5000
1500
100
8000
5000
1400
120
8000
5000
1300
130
8000
5000
1200
140
8000
5000
1000
150
8000
5000
950
150
8000
5000
930
160
8000
5000
900
175
8000
5000
850
190
8000
5000
800
200
8000
5000
800
215
8000
5000
700
240
8000
5000
700
245
8000
5000
400
250
8000
5000
350
32シリーズ
定格・性能
使用温度範囲 : ‒40∼85 ℃
保存温度範囲 : ‒40∼110 ℃
品 番
ERZC32EK201
ERZC32EK241
ERZC32EK271
ERZC32EK361
ERZC32EK391
ERZC32EK431
ERZC32EK471
ERZC32EK511
ERZC32EK621
ERZC32EK681
ERZC32EK751
ERZC32EK781
ERZC32EK821
ERZC32EK911
ERZC32EK102
ERZC32EK112
バリスタ電圧
エネルギー サージ電流耐量
静電容量
(8/20 μs)
耐量
(参考値)
(2 ms)
1回
2回
(J)
(A)
(A) at 1 kHz (pF)
210
25000 20000
5500
240
25000 20000
5000
255
25000 20000
4200
325
25000 20000
3500
350
25000 20000
3000
400
25000 20000
2500
405
25000 20000
2500
405
25000 20000
2400
415
25000 20000
2200
450
25000 20000
2100
500
25000 20000
2000
520
25000 20000
1900
545
25000 20000
1800
600
25000 20000
1700
620
25000 20000
1000
640
25000 20000
800
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02 Dec. 2014
“ZNR®”サージアブソーバ(E タイプ)
特
性
例
電圧電流特性曲線
(ERZC20EK201 ~ ERZC20EK511)
2000
1000
900
800
700
600
電圧 (V)
500
400
300
200
100
90
80
70
60
最大制限電圧
最大もれ電流
ERZC20EK511
ERZC20EK471
ERZC20EK431
ERZC20EK391
ERZC20EK361
ERZC20EK271
ERZC20EK241
91
EK3
C20
431
ERZ
K
E
C20
71
ERZ
EK4
C20
ERZ
11
EK5
C20
ERZ
ERZC20EK201
1
61
K27
EK3 C20E
C20 ERZ
ERZ
41
EK2
C20
01
ERZ 20EK2
C
ERZ
50
測定電流波形
10–6 to 10–3 A: 直流
10–1 to 104 A: 8/20 μs
40
30
10-6
(ERZC20EK621 ~ ERZC20EK112)
4000
10-5
10-4
10-3
10-2
10-1
100
電流 (A)
最大もれ電流
101
102
103
104
最大制限電圧
ERZC20EK112
ERZC20EK102
ERZC20EK911
ERZC20EK821
ERZC20EK781
ERZC20EK751
ERZC20EK681
3000
電圧 (V)
2000
1000
900
800
700
600
500
ERZC20EK621
21
EK8
C20
81
ERZ 0EK7
C2
51
ERZ 0EK7
C2
81
6
ERZ
K
E
C20
ERZ
112
K
E
C20 K102
ERZ
E
20
ZC
11
ER
K9
0E
2
ZC
R
E
Z
ER
621
0EK
C2
400
300
200
10-6
105
測定電流波形
10–6 to 10–3 A: 直流
10–1 to 104 A: 8/20 μs
10-5
10-4
10-3
10-2
10-1
100
電流 (A)
101
102
103
104
105
サージ寿命特性(サージ電流・サージ波尾長とサージ印加回数の関係)
20 シリーズ
20 シリーズ
10000
8000
6000
(ERZC20EK361 ~ ERZC20EK681)
10000
8000
6000
2回: 5分間隔
∼10回: 2分間隔
∼106回:10秒間隔
4000
2000
200
100
80
60
40
20
1000
800
600
400
1回
2回
10
回
サージ電流 (A)
サージ電流 (A)
1000
800
600
400
10 2
回
10 3
回
10 4
回
10 5
回
回
200
100
80
60
40
20
10 6
(ERZC20EK751 ~ ERZC20EK112)
10000
8000
6000
2回: 5分間隔
∼10回: 2分間隔
∼106回:10秒間隔
4000
2000
20 シリーズ
2000
1回
1000
800
600
400
2回
10
回
10 2
回
10 3
回
10 4
回
10 5
10 6
回
回
200
100
80
60
40
20
10
8
6
4
10
8
6
4
10
8
6
4
2
2
2
1
1
20
100
1000
サージ波尾長 (μs)
10000
20
2回: 5分間隔
∼10回: 2分間隔
∼106回:10秒間隔
4000
サージ電流 (A)
(ERZC20EK201 ~ ERZC20EK271)
100
1000
サージ波尾長 (μs)
10000
1
20
1回
2回
10
回
10 2
10 3
回
回
10 4
10 5
回
回
10 6
回
100
1000
サージ波尾長 (μs)
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
10000
02 Dec. 2014
“ZNR®”サージアブソーバ(E タイプ)
特
性
例
電圧電流特性曲線
(ERZC32EK201 ~ ERZC32EK511)
最大もれ電流
2000
1000
900
800
700
600
ERZC32EK511
ERZC32EK471
ERZC32EK431
ERZC32EK391
ERZC32EK361
ERZC32EK271
ERZC32EK241
ERZC32EK201
71
K4
32E 31
4
ZC
ER 32EK
391
ZC
ER 32EK
ZC
ER
11
K5
32E
ZC
ER
500
電圧 (V)
最大制限電圧
400
300
1
36
EK
32 71
ZC K2
ER C32E
Z
41
ER
K2
2E
C3 201
Z
ER 32EK
ZC
ER
200
100
90
80
70
60
50
測定電流波形
40
10–6 to 10–3 A: 直流
10–1 to 104 A: 8/20 μs
30
10-6
(ERZC32EK621 ~ ERZC32EK112)
10-5
10-4
10-3
10-2
10-1
100
電流 (A)
最大もれ電流
4000
101
102
103
104
ERZC32EK112
ERZC32EK102
ERZC32EK911
ERZC32EK821
ERZC32EK781
ERZC32EK751
ERZC32EK681
ERZC32EK621
最大制限電圧
3000
電圧 (V)
2000
105
2
11
EK 2
32 10
ZC 2EK 11
R
E C3 K9
Z
E
ER C32
Z
ER
81
K7
2E 51
C3 EK7 1
Z
ER C32 K68
Z
E
ER C32
Z
1
82
ER
EK
32
ZC
R
E
1000
900
800
700
600
500
400
1
62
EK
32
C
RZ
E
300
測定電流波形
10–6 to 10–3 A: 直流
10–1 to 104 A: 8/20 μs
200
10-6
10-5
10-4
10-3
10-2
10-1
100
電流 (A)
101
103
102
104
105
サージ寿命特性(サージ電流・サージ波尾長とサージ印加回数の関係)
(ERZC32EK201 ~ ERZC32EK271)
2回: 5分間隔
∼10回: 2分間隔
∼106回:10秒間隔
20000
10000
8000
6000
400
1回
4000
10
2000
回
10 2
回
10 3
200
40
20
10000
8000
6000
2回
回
100
80
60
20000
10 4
回
10 5
回
1000
800
600
400
200
100
80
60
40
10 6
回
20
(ERZC32EK751 ~ ERZC32EK112)
10000
8000
6000
1回
2回
4000
10
1000
800
600
回
10 2
回
10 3
回
10 4
回
10 5
回
10 6
回
400
200
100
80
60
4
4
2
10000
10 4
回
10 6
2
100
1000
サージ波尾長 (μs)
回
回
10 3
20
4
20
回
10 2
10 5
10
8
6
10000
10
40
10
8
6
100
1000
サージ波尾長 (μs)
1回
2000
10
8
6
20
2回: 5分間隔
∼10回: 2分間隔
∼106回:10秒間隔
20000
回
1000
800
600
2回: 5分間隔
∼10回: 2分間隔
∼106回:10秒間隔
32 シリーズ
2
サージ電流 (A)
2000
(ERZC32EK361 ~ ERZC32EK681)
サージ電流 (A)
4000
32 シリーズ
サージ電流 (A)
32 シリーズ
2
20
回
回
100
1000
サージ波尾長 (μs)
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
10000
02 Dec. 2014
“ZNR®”サージアブソーバ(E タイプ)
規格(タイプ E)
項 目
試 験 方 法
規 格 値
電
気
的
性
能
標準試験状態
電気特性の測定は下記の条件下で行う。
温度:5 ∼ 35 ℃,相対湿度:85 % 以下
バリスタ電圧
定格に規定する電流 CmA を ZNR に流したときの ZNR 両端の端
定格に規定する値を
子間電圧を VC 又は VCmA と表し,バリスタ電圧と称する。測定にあ
満足すること。
たっては発熱の影響をさけるためできるだけ速やかに行う。
最大許容回路電圧
連続して印加できる商用周波正弦波電圧実効値の最大値又は,直流 定格に規定する値を
電圧最大値。
満足すること。
制限電圧
定格に規定する 8/20 µs の標準波形インパルス電流を流したとき 定格に規定する値を
の端子間電圧波高値。
満足すること。
最大平均パルス電力
85 ± 2 ℃中にて,商用周波の交流電力を 1000 時間連続印加し 定格に規定する値を
たときバリスタ電圧の変化率が± 10 % 以内の最大電力。
満足すること。
エネルギー耐量
2 ms の矩形波を 1 回印加したとき,バリスタ電圧の変化率が± 定格に規定する値を
10 % 以内の最大エネルギー。
満足すること。
2回
サージ
電流耐量
1回
バリスタ電圧
温度係数
インパルス寿命
8/20 µs の標準波形インパルス電流を,5 分間隔で 2 回 ZNR に
流したときのバリスタ電圧の変化率が± 10 % 以内の最大電流値。
8/20 µs の標準波形インパルス電流を,1 回 ZNR に流したとき
のバリスタ電圧の変化率が± 10 % 以内の最大電流値。
Vc at 70 °C - Vc at 20 °C
1
×
× 100(%/°C)
Vc at 20°C
50
常温常湿において下表のインパルス電流(8/20 µs)を 10 秒間
隔で 104 回印加し,1 時間以上 2 時間以内放置し,
特性を測定する。
20 シリーズ 200 A
32 シリーズ 300 A
̶̶
定格に規定する値を
満足すること。
0 ∼ ‒0.05 %/℃以内
ΔV1mA/V1mA <±10 %
機械的性能
絶縁耐圧
端子部と下部取付部分に商用周波で AC2500 V を 1 分間印加する。 せん絡しないこと。
端子引張り強度
本体を下部取付部分で固定し,端子の軸方向に 49 N(5 kgf)の引 外観に異常のないこ
張力を加え 10 秒間保持した後,外観の異常の有無を目視で調べる。 と。
耐振性
本体は下部取付部分で,しっかりと振動板に取り付け振動周波数が
10 ヘルツ→ 55 ヘルツ→ 10 ヘルツの範囲で,一様に変化しながら約 外観に異常のないこ
1 分間で往復するような振幅 0.75 mm(全振幅 1.5 mm)の単弦調和 と。
振動を,垂直 3 方向に,各 2 時間行い外観の異常の有無を目視で調べる。
下記のサイクルを 5 回くり返した後,常温常湿に 1 時間以上 2 時間
以内放置し,外観の異常の有無を目視で調べ,また特性を測定する。
耐
候
的
性
能
温度サイクル
順序
1
2
3
4
温度(℃)
–25–30
常温
85+30
常温
時間(分)
30+30
3 以内
30+30
3 以内
外観に異常のないこ
と。
ΔV1mA/V1mA <±5 %
高温保存
110 ± 3 ℃中に 500 時間 , 無負荷放置した後,常温常湿中に取
ΔV1mA/V1mA <±5 %
り出し 1 時間以上 2 時間以内放置して特性を測定する。
高温負荷
85 ± 5 ℃中にて , 最大許容回路電圧を 500 時間連続印加した後,
ΔV1mA/V1mA <±10 %
常温常湿中に 1 時間以上 2 時間以内放置し,特性を測定する。
耐湿性
40 ± 2 ℃ , 90 ∼ 95 %RH 中に 1000 時間無負荷で放置した後,
ΔV1mA/V1mA <±5 %
常温常湿中に取り出し,
1 時間以上 2 時間以内放置して特性を測定する。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02 Dec. 2014
Similar pages