AGI0000CJ1

昇圧コイル
昇圧コイル
Series : チップ
Type : 3KN
ELT3KN
圧電ブザー,EL用高インダクタンス,チップ形昇圧コイル
工業所有権:特許3(出願中)
特
長
小形・薄形
高インダクタンス
RoHS指令対応
主な用途
圧電ブザー, ELバックライトの昇圧回路用(時計, 電子体温計, 携帯電子機器)
HAC用インダクタ(スマートフォン, 携帯電話)
品番構成
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
E
L
T
3
K
N
0
0
4
C
品目記号
外形寸法
構造
企画番号
包装仕様
B
f180リール
C
f370リール
基準包装数量
1,000 pcs. or 5,000 pcs./1リール
形状寸法 (mm)
1.1±0.2
5
0.25±0.05
0.18±0.05
1.65±0.20
0.125±0.050
0.18±0.05
(3.3)
5.5±0.2
3
4
H
1
(3.3)
1.1±0.2
5.5±0.2
2
0.8±0.1
0.10±0.05
4.5±0.2
3.3±0.1
2.
73
±0
0.8±0.1
1.4 max.
0.18±0.05
1
(3.1)
4.5±0.2
.1
0
6
0.10±0.05
5
1.4±0.2
4
3.3±0.1
D
2
3
5
3.1±0.2
2.5±0.1
1.2±0.1
2
4
1.2±0.1
4
1.1±0.1
3.3±0.2
1.2±0.1
1
3
5.5±0.2
3.3±0.2
1.2±0.1
3.3±0.1
0.6±0.1
0.85±0.10
5.5±0.2
B
(3.1)
5
0.6±0.1
0.85±0.10
4
2
2.0±0.2
0.18±0.05
1.5±0.1
1.2±0.1
0.2
(3.1)
5
3
1±
3
3.3±0.1
1
2
2
4
E
3.1±0.2
1.2±0.1
1
f3.
3.3±0.2
1.2±0.1
1
3.3±0.1
C
0.6±0.1
0.85±0.10
3.3±0.1
3.3±0.2
1.2±0.1
A
0.6±0.1
0.85±0.10
3KNタイプ
5
部品名: ① コア ② 端子 ③ リング ④ コイル ⑤ 端子板 ⑥ 接着剤
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
03
Oct. 2014
昇圧コイル
製
品
例
品 番
インダクタンス
(mH)
ELT3KN004◻
14.00
ELT3KN007◻
20.00
ELT3KN113◻
1.00
ELT3KN126◻
1.50
ELT3KN142◻
0.82
ELT3KN019◻
14.00
ELT3KN109◻
3.80
ELT3KN114◻
2.50
許容差 (%)
±40
直流抵抗
(Ω)
125
170
許容差 (%)
±10
34
49
±15
±40
125
±10
115
±20
24
83
±15
1.7
15.0
ELT3KN028◻
50.00
±35
250
ELT3KN032◻
25.00
±40
185
ELT3KN101◻
10.00
285
ELT3KN104◻
1.00
35
30.0
ELT3KN118◻
2.50
64
20.0
ELT3KN121◻
1.00
22.5
40.0
ELT3KN122◻
2.00
44
20.0
ELT3KN123◻
1.00
25
30.0
ELT3KN124◻
4.00
85
15.0
ELT3KN127◻
0.47
14
ELT3KN128◻
0.56
15
ELT3KN129◻
0.68
17
34.0
ELT3KN130◻
2.30
51
23.0
ELT3KN131◻
2.00
44
20.0
ELT3KN020◻
30.00
ELT3KN111◻
7.50
ELT3KN125◻
4.00
ELT3KN041◻
14.00
±10
±40
±10
±15
±10
±15
1.9
10.0
1.4
ブラスリング
45.0
2.5
85
15.0
125
1.7
ELT3KN042◻
20.00
ELT3KN043◻
12.00
117
1.7
ELT3KN139◻
0.68
19
40.0
ELT3KN140◻
0.82
22
ELT3KN135◻
1.10
32
ELT3KN136◻
2.00
55
ELT3KN137◻
4.00
117
ELT3KN149◻
0.33
ELT3KN151◻
0.56
17
ELT3KN152◻
0.47
14
ELT3KN155◻
1.10
38
ELT3KN162◻
4.00
117
±10
15.0
ELT3KN163◻
1.10
32
±15
30.0
±10
C
50.0
10.0
±15
パーマロイリング
D
1.4
11
ブラスリング
パーマロイリング
30.0
30.0
E
20.0
±10
ブラスリング
パーマロイリング
1.4
150
±10
B
1.9
177
175
パーマロイリング
15.0
30.00
±30
ブラスリング
30.0
35.00
235
A
29.0
ELT3KN014◻
±10
150
磁気構成
パーマロイリング
1.4
ELT3KN018◻
±40
形状寸法
1.7
25.0
±10
±10
直流電流
(mA) max.
ブラスリング
15.0
60.0
±15
50.0
50.0
25.0
H
リングレス
E
ブラスリング
□ 部には包装形態が入ります。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
03
Oct. 2014
昇圧コイル
包装方法(テーピング)
基準包装数量
エンボスキャリア形テープ形状寸法(mm)
1,000 pcs.
C
5,000 pcs.
エンボスキャリア
テーピング
部品装着くぼみ角穴
E
B
通り丸穴
fD0
t1
A
F
テーピングの種類
W
ELT3KN
B
包装形態
リール形状寸法(mm)
T
E
引出し方向
品 番
A
B
W
F
E
P1
ELT3KN
3.7
6.4
12.0
5.5
1.75
8.0
品 番
P2
P3
fD0
t1
t2
ELT3KN
2.0
4.0
1.5
0.3
2.6
B
C
P1 P2 P3
部品を装着した場合
t2
D
W
A
リーダ部空部仕様
t
リール引出し部
200 min.
包装形態
A
B
C
D
E
W
t
T
B
180
60
13
21
2
13
1.1 15.2
C
370
60
13
21
2
14
2.0
50 min.
(空部分)
リール巻取り部
50 min.
18
(空部分)
使用回路例
Vo
+3.0 V
+1.5 V
V2
V1
SC
Vo
Vi
Vi
Vi
V1
V2
Load
SC
Vi
ブザー用
E. L./DC-DC用
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02
Oct. 2014
昇圧コイル
はんだ付け条件
リフローはんだ付け条件
温度(°C)
T3
T2
T1
t2
t1
0
時間
鉛フリーはんだ 推奨温度プロファイル
プリヒート
タイプ
ELT3KN
はんだ付け
T1 [°C]
t1 [s]
T2 [°C]
t2 [s]
150 ~ 170
60 ∼ 120
230 °C
30 max.
ピーク温度
T3
リフロー
T3 限界
245 °C, 10 s 260 °C, 10 s
回数
2 回 max.
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02
Oct. 2014
昇圧コイル
安全上のご注意
(昇圧コイルの共通注意事項)
・当製品をご使用の際には,用途の如何にかかわらず,事前に納入仕様書の取交しをお願いします。本カタログに記載
の設計・仕様については予告なく変更する場合があります。
・本カタログの記載内容を逸脱して当製品をご使用しないでください。
・本カタログは部品単体での品質・性能を示すものです。ご使用に際しては,必ず貴社製品に実装された状態で
ご評価,ご確認ください。
・輸送機器(列車,自動車,船舶等)
,信号機器,医療機器,航空宇宙機器,電熱用品,燃焼・ガス機器,回転機器,防
災・防犯機器等の機器において,当製品の不具合により人命その他の重大な損害発生が予測される場合は,以下のよ
うなシステムによりフェールセーフ設計を行い,安全性の確保をお願いします。
✽ 保護回路,保護装置を設けたシステム
✽ 冗長回路等を設けて単一故障では不安全とならないシステム
使用上の注意事項
1. 使用範囲・使用環境
① 当製品は,一般電子機器(AV,家電,事務機器,情報・通信機器等)用に設計・製造されたものです。
② 当製品は,下記の特殊環境での使用を考慮した設計はしておりませんので,必ず事前に品質・性能への影響について
十分調査確認いただいた上でご使用の可否をご判断ください。
・水,油,薬液,有機溶剤等の液体中
・直射日光,屋外暴露,塵埃中
・潮風,Cl2,H2S,NH3,SO2,NO2 等の腐食性ガスの多い場所
・当製品が結露するような環境
2. 取り扱い
① 磁石及び磁気を帯びたものを近づけないでください。磁気の影響により特性が変化する場合があります。
② 落下及び衝突などによる,過度の機械的衝撃を与えないでください。破損する場合があります。
3. 補修はんだ付け(はんだゴテ)
① コテ先温度 350 °C 以下のはんだゴテで,電極 1 箇所に対し 3 秒以内で修正をし,その後徐冷してください。両端子
が基板から浮きのないよう又,端子を過熱の状態で押さえ込まないでください。
押さえ込み禁止
② コイル配線部を鋭利なもので保持しないでください。
コイル配線部
③ コテ先を製品本体に当てないでください。
4. 実装面
マウント材での吸脱着時,製品に 4.9 N 以上の衝撃を与えないでください。又,上図コイル配線部は端子が露出して
おりますのでコイル直下部及びコイル配線部周辺へ電気的ショートの可能性のある回路配線は行わないでください。
5. 洗浄
超音波洗浄を使用する場合は,ご使用装置での確認をお願い致します。
6. 保存方法
保存方法は,常温(‒5 ∼ 35 ℃)・常湿(85 %RH 以下)で,直射日光や有毒ガスが当たらず,結露を生じないよう
に保存してください。
<包装表示>
包装表示には,品番・数量・原産地などについて表示しております。
なお,原産地の表示は,原則として英文とします。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02
Oct. 2014
Similar pages