ADD8000CJ2

照度センサ(AMS3)
照度センサ
リードタイプ
カドミフリーで人間の視感度に近い感度特性を実現
特
長
光学フィルター内蔵により、人間の視感度に近い感度特性
周囲の明るさに比例したリニアな光電流出力
環境に優しいシリコンチップを採用
RoHS指令対応
主な用途
照明器具の自動点灯(住宅用、防犯灯など)
家電機器の昼夜省エネ運転
掛け時計の明るさ検知(電波時計)
品
種
箱入数 :〈リードタイプ〉テーピング包装 内箱
袋詰め包装 内箱
2,000 個、外箱 2,000 個
500 個、外箱 1,000 個
ご注文品番(テーピング包装)
タイプ(形状)
光電流
リードタイプ
260 μA✽
テーピング包装
袋詰め包装
AMS302T
AMS302
✽ Ev=100 lx(Ev: 照度。光源は、蛍光灯を用いる)
定
格
絶対最大定格(測定条件 周囲温度:25 ℃)
記号
絶対最大定格
逆電圧
VR
−0.5 V.DC ~ 8 V.DC
−
光電流
IL
5 mA
−
項目
備考
許容損失
P
40 mW
−
動作温度
Topr
−30 °C ~ 85 °C
低温においては氷結、結露しないこと
保存温度
Tstg
−40 °C ~ 100 °C
低温においては氷結、結露しないこと
記号
AMS302
備考
推奨動作条件
項目
逆電圧
最小
最大
VR
1.5 V.DC
−
6 V.DC
−
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
00 Aug. 2015
照度センサ(AMS3)
電気的・光学的特性(測定条件 周囲温度:25 ℃)
項目
記号
AMS302
測定条件
lp
580 nm
−
−
ピーク感度波長
9.1 μA
最小
光電流 1
IL1
平均
16.9 μA
最大
182 μA
最小
光電流 2
260 μA
平均
IL3
500 μA
VR=5 V.DC, Ev=100 lx ✽2
VR=5 V.DC, Ev=0 lx
338 μA
最大
最大
ID
0.3 μA
上昇時間
平均
tr
8.5 ms
下降時間
平均
tf
8.5 ms
暗電流
スイッチング時間
VR=5 V.DC, Ev=100 lx ✽2
IL2
平均
光電流 3
VR=5 V.DC, Ev=5 lx ✽1
13 μA
Vcc=5.0 V.DC, V0=2.5 V.DC, RL=5 kΩ
注)✽1 光源は蛍光灯を用いる。Ev= 照度。
✽2 光源は CIE 標準 A 光源を用いる。
(スイッチング時間の測定方法)
カソード
IF
AMS✽✽✽
白色LED
アノード
IF
VR
V CC
AMS302 : 2.5 V.DC
90 %
VO
10 %
RL
VO
tr
tf
参考データ
1. 許容損失 - 周囲温度特性
2. 相対感度 - 波長特性
3. 暗電流 - 周囲温度特性
逆電圧:5 V.DC(AMS302)
周囲温度:25 ℃
50
1.0
AMS302
45
逆電圧:5 V.DC(AMS302)
10
AMS302
人間の視感度
0.9
1
0.6
暗電流
相対感度
許容損失
0.8
40
(mW) 25
0.5
(μA)
20
0.4
15
0.3
10
0.2
5
0.1
0.7
35
30
0
0
20
40
60
80
0.1
0.01
0
300 400 500 600 700
100
AMS302
0.001
800 900 1000 1100
0.0001
20
40
60
波長 (nm)
周囲温度 (°C)
5. 相対光電流 - 周囲温度特性
4. 光電流 - 照度特性
光源:蛍光灯
逆電圧:5 V.DC(AMS302)
周囲温度:25 ℃
光源:蛍光灯、照度:100 lx
周囲温度:25 ℃
1.4
1.2
1.0
相対光電流
相対光電流
1000
光電流
1.2
100
(μA)
100
6. 相対光電流 - 逆電圧特性
光源:蛍光灯、照度 :100 lx
逆電圧:5 V.DC(AMS302)
10000
80
周囲温度 (°C)
0.8
0.6
1.0
10
AMS302
1
0.4
AMS302
0.8
AMS302
0.2
0.1
1
10
100
照度 (lx)
1000
10000
0.6
−40 −20
0
0
20
40
60
周囲温度 (°C)
80 100
0
1
2
3
4
5
6
7
8
逆電圧 (V)
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
00 Aug. 2015
照度センサ(AMS3)
7. スイッチング時間 - 負荷抵抗特性
光源:白色 LED
電源電圧:2.5 V.DC(AMS302)
負荷抵抗間電圧:2.5 V.DC(AMS302)
周囲温度:25 ℃
100
スイッチング時間
10
(ms)
1
AMS302 tr
AMS302 tf
0.1
0.1
1
10
100
1000
負荷抵抗 (kΩ)
寸
法
図
マークの商品は Web サイト(http://industrial.panasonic.com/jp/)より CAD データのダウンロードができます。
(0.17)
外形寸法図
1アノード:−
2カソード:+
□受光部
f5
.0
(1.0)
1.0
9.1
Max.1.5
4.3±0.2
2
+
(1.0)
電流
増幅
.2
.8
f5
1
−
±0
Max. 1.0
34±3
1アノード
2カソード
1
(2.5)
2
一般公差:± 0.5
2-□0.5
(2.54)
単位:mm 設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
00 Aug. 2015
照度センサ(AMS3)
使用上のご注意
■ 絶対最大定格を超えるストレス印加について
各端子の電圧、電流値が絶対最大定格を超えた場合、過電圧、
過電流により内部素子の劣化が起こります。著しい場合には、
配線の 溶断やシリコン P/N 接合部の破壊に至ることもあり
ます。
したがって、ご採用にあたっては、最大定格値は瞬時といえ
ども 超えることのないように設計してください。
■ 静電気放電による劣化、破壊について
一般に静電破壊とよばれる現象で、各種の要因にて発生する
静電気が本製品の各端子に接触時放電し、素子内部を破壊さ
せる現象です。
ご採用にあたって以下の注意事項にご留意いただき、製品の
包装 開封後は、静電気対策を実施してください。
1) 本製品を取り扱う作業者は、制電性衣服を着用し 500
kΩ ∼ 1 MΩ 程度の保護抵抗を介し、人体アースを取っ
てください。
2) 作業台上に導電性のある金属板を張り、測定器、治具等
はアースを取ってください。
3) はんだごての使用に際しては、リーク電流の少ないもの
を使用するかはんだごての先端をアースしてください。
(低電圧用のはんだごてのご使用をおすすめします。)
4) 組立に使用する設備類もアースを取ってください。
5) プリント実装基板や機器の梱包には、発泡スチロール、
ビニール等帯電性のある高分子材料は避けてください。
6) 本製品の保存および運搬は静電気の発生しにくい環境(例
えば湿度 45 ∼ 60 %)にし、導電性包装材にて保護く
ださい。
■ 電源投入時は、内部回路安定のためセンサに流れる電流が
変化しますのでご注意ください。
■ 実装時の注意事項
1) 同一基板上に多種多様なパッケージが混在している場合、
リード部の温度上昇がパッケージサイズに大きく依存し
ますので、本製品の端子はんだ付け部の温度が前述の推
奨条件以下となる温度条件を設定の上、実機にて事前確
認をお願いいたします。
2) 上記推奨条件を超える実装条件の場合、使用樹脂の強度
低下や、各構成材料の熱膨張係数の不整合が大幅に増大
し、パッケージのクラックやボンディングワイヤーの破
断等が起こる場合がありますのでその使用可否について
弊社までお問い合わせください。
■ 洗浄について
はんだフラックスなどの洗浄は、アサヒクリン AK-225 によ
る浸漬洗浄をおすすめします。
やむを得ず、超音波洗浄を行われる場合は下記条件内とし、
事前に不具合発生のないことをご確認の上、ご採用頂きます
様お願いいたします。
・ 周波数
: 27 ∼ 29 kHz
・ 超音波出力 : 0.25 W/cm2 以下 ✽
・ 洗浄時間 : 20 秒以下
・ 使用溶剤 : アサヒクリン AK-255
・ その他
: プリント配線基板や素子が超音波振動子と直
接接触しないよう溶液中の浮遊した状態で
行ってください。
注)✽ 超音波洗浄槽の単位面積(底面積)に対する超音波出
力を表わします。
■ 輸送について
輸送中に極度の振動を与えますと、リードが変形したり、本
体が破損したりするおそれがありますので、外装箱および内
装箱は、丁寧に扱ってください。
■ 保管方法て
本製品は透明樹脂パッケージであり、湿度に敏感であるため
防湿包装をしておりますが、保管の際には以下の点にご注意
ください。
1) 防湿包装パック開封後は、すみやかにご使用ください。
(1 週間以内、30 ℃ /60 %RH 以下)
2) 防湿包装パック開封後、長期保管される場合は、シリカ
ゲルを入れた防湿袋等での防湿包装を推奨します。
(3 ヶ月を目安としてください。
)
3) 保管環境が極端に悪い場合、はんだ付性の低下、外観不良、
特性劣化を生じるおそれがありますのでご注意ください。
保管場所については、以下の条件を推奨いたします。
・温 度 : 0 ∼ 30℃
・湿 度 : 60%RH 以下(ただし、氷結、結露はお避
けください。)
・雰囲気 : 亜硫酸ガスなどの有害物質の発生がなく、
ほこりが少ないこと。
※ 吸湿した状態ではんだ実装時の熱ストレスを加える
と、水分が気化、膨張し、パッケージ内部の応力が
増大し、パッケージ表面に膨れやクラック等が起こ
る場合がありますので、次項のはんだ付け条件と合
わせてご注意願います。
■ 蒸気、ホコリ、腐食ガスなどの多い所、有機溶剤の付着す
る場所での使用は避けてください。
■ リードタイプのリードフォーミングおよび切断
1) リードフォーミングははんだ付け前に常温にて行ってく
ださい。
2) リードのフォーミングおよび切断は、リード付け根より
3mm 以上離してください。
3) リードのフォーミングおよび切断は、リード付け根を固
定して行ってください。
4) リード付け根にストレスが残る取り付けは避けてくださ
い。
■ はんだ付け推奨条件
〈リードタイプ〉
1) 推奨条件
(1) DWS 法(フロー)
T2
T1=120 ℃
T2=260 ℃以内
t1=120 秒以内
t2+t3=6 秒以内
T1
t1
t2
t3
(2) はんだごて法
コテ先温度:350 ∼ 400 ℃
はんだごて:30 ∼ 60 W
はんだ時間:3 秒以内
2) はんだ付け箇所は、リード付け根より3mm 以上離して
ください。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
00 Aug. 2015
照度センサ(AMS3)
照度センサNaPiCaの包装形態は以下のようになります。
1)リードタイプテーピング包装
該当商品
テープ形状および寸法
アノード側
カソード側
P
H
W1
W0
W
L
照度センサ
NaPiCa
リードタイプ
AMS302T
Δh
Δp
W2
P2
F
D0
P0
注)テープはつづら折り状になります。
項目
送り穴ピッチ
製品間ピッチ
製品距離
製品底面距離
リード線間隔
製品倒れ
製品傾き
テープ幅
押さえテープ幅
送り穴位置
押さえテープ距離
送り穴径
テープ厚さ
不良品切断位置
記号
寸法
P0
P
P2
H
F
Δh
Δp
W
W0
W1
W2
D0
t
L
12.7±0.3
12.7±1.0
6.35±1.3
20.5±1.0
2.54±0.5
0±1.0
0±1.0
18.0+1.0
−0.5
13.0±0.3
9.0+0.75
−0.50
0 ~ 0.5
3.8±0.2
0.5±0.2
Max:11.0
備考
押さえテープ厚さ含む
単位:mm
照度センサ NaPiCa の用語説明
用語
逆電圧
光電流
許容損失
動作温度
保存温度
ピーク感度波長
暗電流
上昇時間
下降時間
記号
VR
IL
P
Topr
Tstg
lp
ID
tr
tf
説明
カソード - アノード間の印加電圧
光を照射したとき、カソードーアノード間に流れる電流
カソードーアノード間で許容しうる電力損失
規定の許容損失条件のもとで、正常に動作しうる使用可能な周囲温度範囲
電圧を印加せず放置保存しうる周囲温度範囲
感度が最大となる照射光の波長
暗状態において逆電圧を印加したとき、カソード - アノード間に流れる電流
光を照射したとき、出力波形が 10 % から 90 % まで上昇するのに要する時間
光を遮断したとき、出力波形が 90 % から 10 % まで下降するのに要する時間
安全に関するご注意
ケガや事故防止のため、以下のことを必ずお守りください。
・ 仕様範囲を越えて使用した場合、異常発熱、発煙、発火などの恐れがありますので絶対に避けてください。
・ 端子の接続につきましては、仕様図などでピン配置をご確認の上、正しく接続してください。誤った接続をされますと、予期せぬ
誤動作、異常発熱、発煙、発火などの恐れがありますので、ご注意ください。
・ 安全上、特に重要な用途には、保護回路、保護装置などによる安全などの適切な措置を実施願います。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
00 Aug. 2015
機器用センサ
ご注文・ご使用に際してのお願い
本資料に記載された製品および仕様は、製品の改良などで変更(仕様変更、製造中止を含む)することがありますので、
記載の製品の量産
設計検討やご注文に際しては、本資料に記載された情報が最新のものであることを、当社窓口までお問い合わせのう
え、ご確認ください
ますようお願いします。
【安全に関するご注意】
当社は品質、信頼性の向上に努めていますが、一般に電気部品・機器はある確率で故障が発生します。また、
使用環境、使用条件によって耐久性が異なります。ご使用にあたっては、必ず実使用条件にて実機確認を実施
していただくか、お問い合わせください。性能が劣化した状態で引き続き使用されますと、絶縁劣化により、
異常発熱、発煙、発火のおそれがあります。製品の故障もしくは寿命により、結果として人身事故、火災事故、
社会的な損害などを生じさせないよう冗長設計、延焼対策設計、誤動作防止設計などの安全設計や定期的な保
守の実施をお願いします。
当社は製品の用途に応じて品質水準を「標準水準」、「特別水準」およびお客様に品質保証プログラムを指定頂く
「特定水準」に分類しております。各品質水準は、以下に示す用途に製品が使われることを意図しております。
標準水準:コンピュータ、OA 機器、通信機器、AV 機器、家電、工作機械、パーソナル機器、産業用ロボット
特別水準:輸送機器(自動車、列車、船舶等)
、交通用信号機器、防犯・防災装置、電力機器、各種安全装置、
生命維持を直接の目的としない医療機器
特定水準:航空機器、航空宇宙機器、海底中継機器、原子力制御システム、生命維持のための医療機器・装
置またはシステム
当社製品を下記の条件にて使用をご検討の場合は、必ず事前に当社窓口へご相談いただき、仕様書の取り交わしをお
願いします。
(1) 上記の「特別水準」、「特定水準」の用途でご使用される場合。
(2)「標準水準」であっても本資料に記載された仕様や環境・条件の範囲を超えて使用される可能性のある場合、
また記載のない条件や環境での使用をご検討の場合。
【受入検査】
ご購入品または納入品につきましては、速やかに受入検査を行っていただくとともに、本製品の受入検査前または検
査中の扱いにつきましては、管理保全に十分なご配慮をお願いします。
【保証期間】
本製品の保証期間は、別途に両者間で定めのない限りは、ご購入後あるいは貴社のご指定場所への納入後1年間とさ
せていただきます。
【保証範囲】
万一、保証期間中に本製品に当社側の責による故障や瑕疵が明らかになった場合、当社は代替品または必要な交換部品
の提供、または瑕疵部分の交換、修理を、本製品のご購入あるいは納入場所で、無償で速やかに行わせていただきます。
ただし、故障や瑕疵が次の項目に該当する場合は、この保証の対象範囲から除かせていただくものとします。
(1) 貴社側にて指示された仕様、規格、取扱い方法などに起因する場合。
(2) ご購入後あるいは納入後に行われた当社側が係わっていない構造、性能、仕様などの改変が原因の場合。
(3) ご購入後あるいは契約時に実用化されていた技術では予見することが不可能な現象に起因する場合。
(4) カタログや仕様書に記載されている条件・環境の範囲を逸脱して使用された場合。
(5) 本製品を貴社の機器に組み込んで使用される際、貴社の機器が業界の通念上備えられている機能、構造などを
持っていれば回避できた損害の場合。
(6) 天災や不可抗力に起因する場合。
また、ここでいう保証は、ご購入または納入された本製品単体の保証に限るもので、本製品の故障や瑕疵から誘発さ
れる損害は除かせていただくものとします。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
00 Aug. 2015
Similar pages