ARC0000CJ13

ジャイロセンサ /EWTS9P
民生用ジャイロセンサ
2軸一体SMDタイプ
Type: EWTS9P□□□□
本センサは,SMD タイプの 2 軸一体民生用のジャイロセンサです。
構成は,圧電薄膜を表面に直接形成した MEMS シリコン音叉 2 つ
とベアチップ IC 等を 1 つのセラミックパッケージで組み込んだ,超
小形のジャイロセンサです。
現行品の置換えのアナログ出力タイプに加え,デジタル出力タイプ
として出力を提供しており,DSC や DVC の手振れ補正用途に適し
たジャイロセンサです。
特
長
2軸一体SMDタイプ
小形,低背 4.6 mm×3.8 mm×0.9 mm (T)
アナログ/デジタル両出力対応
RoHS指令対応
主な用途
DSC,DVCの手振れ補正用途
定
格
2.7 ~ 3.3 V
電源電圧範囲
3V
定格電圧
絶対最大定格
4.4 V
保存温度範囲
–40 °C ~ +85 °C
使用温度範囲
–10 °C ~ +75 °C
使用湿度範囲
35 ~ 85 %RH
電気的特性
形式
EWTS9P シリーズ(アナログ出力)
EWTS9P シリーズ(デジタル出力)
±300 °/s
±300 °/s
8 mA max.
9 mA max.
1 mA max.
1 mA max.
0 点出力 : Outa/b
0.95±0.1 V
32768±4000 LSB
基準電圧 : Vref
0.95±0.05 V
–
出力電圧範囲
0.05 ∼ 1.85 V
11500 ~ 54000 LSB
検出角速度範囲
消費電流
スリープモード消費電流
感度
感度温度特性
(1)
–1
–1
2 mV/ (° ·s )±5 %
50 LSB/ (° ·s )±5 %
±4 %
±4 %
(1) スリープモード消費電流は SL 端子を H としたときの待機モードの消費電流。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02
Jul. 2015
ジャイロセンサ /EWTS9P
形状寸法 (mm)
EWTS9Pシリーズ
f0.25±0.1
1.0 max. (上下認識マーク)
Y-軸
CCW CW
端子番号認識マーク
16-f0.58±0.1
11
12
1
9
16
13
2
8
15
14
3
6
5
4
A
CCW
7
A矢視図
0.87±0.1
3.8±0.3
弊社品番 5∼7桁目
製造番号
弊社内部用
日付け(01∼31)
月(1∼9, X, Y, Z)
西暦末尾
3.42±0.1
X軸
10
1.14±0.1
4.6±0.3
CW
1.14±0.1
Z軸
2.61±0.1
出力
検知軸
出力 A
Y軸回り
出力 B
X軸回り
端子番号
記号
機能
アナログ出力仕様
1
Vcc
アナログ電源
3 V±0.3 V
3 V±0.3 V
2
GND1
接地
GND·0 V接続
GND·0 V接続
3
V1
内部用基準電圧
GNDと0.1 µF構成
アナログGNDとコンデンサ0.1 µF構成
4
GND2
接地
GND·0 V接続
GND·0 V接続
5
Vref/COSR
増幅用基準電圧/発振機用コンデンサ
外部増幅回路と接続
アナログGND·0 V接続
6
GND3
接地
GND·0 V接続
GND·0 V接続
7
Vdd
デジタルインターフェイス電源
3 V±0.3 V
3V –1.2 V
デジタル出力仕様
+0.6 V
8
CSB
チップセレクト
(デジタル用)
NC or Vdd
チップセレクト入力端子
9
SCLK
シリアルクロック
(デジタル用)
NC or Vdd
シリアルロック入力端子
10
MISO/OUT A
シリアルデータ出力用端子
(デジタル用)
/ 出力 A
(アナログ用)
出力 A
シリアルデータ出力端子
11
MOSI/OUT B
シリアルデータ出力用端子
(デジタル用)
/ 出力 B
(アナログ用)
出力 B
シリアルデータ入力端子
12
SL
スリープ制御端子
(アナログ用)
Sleep mode : 2.5 V以上
( ~ Vcc+0.3)
Normal mode : Open or 0.5 V以下
NC
13
OUT MODE
アナログ・デジタル出力モード選択
アナログモード時 : 2.6 V以上
デジタルモード時 : 0.4 V以下
14
Vreg A
アナログレギュレータ出力
アナログGNDとコンデンサ0.1 µF接続
アナログGNDとコンデンサ0.1 µF接続
15
NC
内部調整用端子
(プルダウン抵抗付き)
GND·0 V接続
GND·0 V接続
16
Vreg D
デジタルレギュレータ出力
アナログGNDとコンデンサ0.1 µF接続
デジタルGNDとコンデンサ0.1 µF接続
5
3
4
8
層(3)
ベース
1
7
6
層(2)
2
センサ構成図
層(1)
端子構成図
番号
名称
員数
材料
名称
材料
1
ベース
1
90アルミナ
層(1)
金メッキ(0.2∼0.6um)
2
IC
1
シリコン
層(2)
ニッケルメッキ(1∼10um)
3
音叉
2
圧電体シリコン
層(3)
タングステンパターン
4
金 ワイヤ
12
金
5
キャップ
1
90アルミナ
6
アンダーフィル
-
エポキシ樹脂
7
音叉接着剤
-
エポキシ樹脂
8
キャップ接着剤
-
エポキシ樹脂
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02
Jul. 2015
ジャイロセンサ /EWTS9P
安全上のご注意(民生用ジャイロセンサ/EWTS9P□)
1. はんだ付け
1) はんだペースト厚み ( 推奨 ) :0.10 mm ∼ 0.15 mm
2) フラックス
:非腐食性のロジン系にて,その溶剤は化学作用の少ないアルコール系を使用してく
ださい。
3) 予備加熱
:基板表面温度 180 ℃以下,120 秒以内で管理してください。
4) リフローはんだ付け
:基板表面のピーク温度は 260 ℃以下,ピーク時間 10 秒以内で管理してください。
5) 雰囲気温度
:雰囲気温度は,300 ℃以下で管理してください。
6) リフローはんだ付け回数
:2 回までを限度としてください。
7) 手はんだ
:手はんだ付けや手直しは,行わないでください。
2. 洗浄
本センサは気密構造になっていませんので,フラックス洗浄は行わないでください。
また,セット組立工程において、オイル等を付着させないようご配慮願います。センサ内部に侵入し、センサ動作を阻
害する場合があります。
3. ハンドリング
1) センサの性能に影響を与える恐れがありますので,落下等の強い衝撃を与えないでください。
2) 静電気について
CMOS IC を使用している為,静電気破壊の可能性がありますので,静電気対策をお願い致します。
3) 本センサは,下記の環境及び条件で保管されますと,性能やはんだ付け性等に影響を与える恐れがありますので,下
記条件での保管はしないでください。
① 湿度 85 %RH 以上あるいは保存温度範囲外の環境
② 直射日光の当たる場所
③ 腐食性ガスの雰囲気中 (Cl2, H2S, NH3, NOX, SO2 等 )
④ 製品納入後,3 ヶ月以上にわたる長期保管
また,荷重応力を加えないよう梱包状態のままで保管してください。
4. 回路構成上の注意事項
1) Vdd 端子近傍にチップコンデンサ (0.01 µF ∼ 0.1 µF) を Vdd-GND 間に配置してください。
2) 端子 OUTa, OUTb の負荷 Load of terminal OUTa and OUTb.
負荷抵抗(OUTa, OUTb と GND 間)
: 100 k Ω以上もしくは無負荷
負荷容量(OUTa,OUTb と 1 k Ωを介して GND 間)
: 0.01 µF 以下
3) センサの出力信号を A/D コンバータで処理する場合,電源 (3 V) は共有してご使用ください。
4) 誤結線
誤結線は故障の原因となりますので,一度誤結線したセンサは使用しないでください。
5. 部品配置に関する注意
1) 熱の発生する部品の近くにセンサを配置しないでください。本センサは周囲温度に対する温度ドリフトを若干持って
いますので,センサの出力特性が十分得られなくなる場合があります。
2) 同一基板上に本センサを 2 個以上実装しないでください。センサ内部の音叉振動が実装基板を介してお互いに干渉し,
性能の劣化を発生する場合があります。
6. 外部振動に対する注意
センサの実装されるプリント基板が、振動により共振しないように,次の事項に注意願います。
1) プリント基板は剛性の高いガラスエポキシ系を推奨します。また,センサはプリント基板取り付け位置の近傍に配置
願います。
2) 外部振動により,センサに直接他の部品が接触する可能性のないように部品配置を考慮願います。
3) 基板分割時の衝撃やルータ加工の衝撃により,振動子(音叉)が破損する場合がありますので,十分に確認してくだ
さい。
4) 本センサは振動子(音叉)を使用しています。その振動周波数と同様の振動(41 kHz ∼ 46 kHz)が加わると,誤
動作の原因となりますので,DC/DC コンバータ等の周波数や配置には十分に配慮願います。
5) プリント基板を固定するビスなどの緩みに注意願います。
6) ユニットにセンサが取付けられた状態で,振動試験,特性を十分確認願います。また,センサ取付位置が,プリント
基板の取付(ビス止め)位置より大きく離れている場合,又はビスに緩みがありますと,振動の問題に加え温度変化
の環境下で,センサの出力特性が十分得られなくなることがありますので,セットとして十分確認ください。。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02
Jul. 2015
ジャイロセンサ /EWTS9P
7. 回路基板パターンニング
以下に推奨パターンを示します。(mm)
2.61±0.1
1.14±0.1
部品面
3.42±0.1
0.87±0.1
f 0.68
(レジスト)
f 0.58
(銅箔)
センサ実装ランド詳細
16-センサ実装ランド
8. 本センサのご使用にあたって順守いただく事項
1) 本センサは,デジタルスチルカメラやデジタルビデオカメラ等の民生用途に設計されたものです。
2) 本センサご使用に際しては,貴社製品に本センサを組み込んだ状態で,必ずご確認,ご評価を実施願います。
3) 本センサをデジタルスチルカメラやデジタルビデオカメラの手ブレ補正用途以外の目的に使用される場合は,本セン
サの欠陥の有無に関わらず,弊社としましては,本センサ使用による経済的損失,身体的損傷あるいは財産損害等い
かなる損失・損害の責任も負いかねます。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
02
Jul. 2015
Similar pages