1.1 MB

IEC60730 Class B 準拠
セルフテストライブラリ
32-BIT MICROCONTROLLER
FM0+ Family
APPLICATION NOTE
MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
Revision 1.0
Issue Date September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
N O T E
対象製品
本操作マニュアルに記載されている内容の対象製品は、下記のとおりです。
シリーズ名
製品型格(パッケージサフィックスを除く)
S6E1A1
S6E1A11B0A/ S6E1A12B0A/ S6E1A11C0A/ S6E1A12C0A
S6E1B8
S6E1B84EH/S6E1B85EH/S6E1B86EH/S6E1B84FH/S6E1B85FH/
S6E1C3
S6E1C31A0/S6E1C32A0/S6E1C31B0/S6E1C32B0/S6E1C31C0/
S6E1B86FH/S6E1B84GH/S6E1B85GH/S6E1B86GH/
S6E1C32C0/S6E1C31D0/S6E1C32D0
※ 詳細は本文中に記載しています。
2
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
N O T E
Table of Contents
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
はじめに ......................................................................................................................................... 7
1.1
この文書について................................................................................................................ 7
1.2
IEC60730 について ............................................................................................................. 7
1.3
FM0+ファミリ MCU について .......................................................................................... 7
1.4
FM0+ IEC60730 STL デモプロジェクト ............................................................................. 9
IEC60730 クラス B の要件 ........................................................................................................... 10
C60730 クラス B STL 概要 .......................................................................................................... 11
IEC60730 クラス B STL API ........................................................................................................ 13
4.1
CPU レジスタテスト ......................................................................................................... 13
4.1.1
テストの説明 .................................................................................................... 13
4.1.2
API の定義 ........................................................................................................ 14
4.2
CPU PC テスト ................................................................................................................. 14
4.2.1
テストの説明 .................................................................................................... 14
4.2.2
API の定義 ........................................................................................................ 15
4.3
割込みテスト ..................................................................................................................... 16
4.3.1
テストの説明 .................................................................................................... 16
4.3.2
API の定義 ........................................................................................................ 17
4.4
クロックテスト ................................................................................................................. 17
4.4.1
テストの説明 .................................................................................................... 17
4.4.2
API の定義 ........................................................................................................ 23
4.5
不揮発性メモリのテスト ................................................................................................... 25
4.5.1
テストの説明 .................................................................................................... 26
4.5.2
API の定義 ........................................................................................................ 30
4.6
揮発性メモリテスト .......................................................................................................... 31
4.6.1
テストの説明 .................................................................................................... 31
4.6.2
API の定義 ........................................................................................................ 32
4.7
IO テスト ......................................................................................................................... 32
4.7.1
テストの説明 .................................................................................................... 32
4.7.2
API の定義 ........................................................................................................ 33
4.8
AD テスト ......................................................................................................................... 34
4.8.1
テストの説明 .................................................................................................... 34
4.8.2
API の定義 ........................................................................................................ 34
サンプルプロジェクト .................................................................................................................. 35
5.1
ユーザ設定 ........................................................................................................................ 35
5.1.1
定義『IEC60730_FLASHTEST_USE_CRC16』 ............................................. 35
5.1.2
定義『IEC60730_CLKTEST_USE_CSV』 ...................................................... 35
5.1.3
利用するボードの定義...................................................................................... 35
5.2
プロジェクトの構造 .......................................................................................................... 35
5.2.1
スタートアップセルフテスト ........................................................................... 35
5.2.2
テストの定期的初期化...................................................................................... 36
5.2.3
定期的なテスト ................................................................................................ 36
5.3
サンプルコード ................................................................................................................. 37
5.3.1
スタートアップファイル .................................................................................. 37
5.3.2
メインファイル ................................................................................................ 38
STL の API の性能 ........................................................................................................................ 44
参照文書 ....................................................................................................................................... 45
付録 .............................................................................................................................................. 46
8.1
フラッシュの CRC コード作成方法 .................................................................................. 46
8.1.1
コマンドラインの起動...................................................................................... 46
8.1.2
コマンドの入力 ................................................................................................ 46
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
3
A P P L I C A T I O N
9.
4
CONFIDENTIAL
N O T E
8.1.3
メッセージウィンドウ表示内容の設定............................................................. 48
8.1.4
リンカ設定ファイルの設定 .............................................................................. 48
8.1.5
CRC コード作成 ............................................................................................... 49
主な変更内容 ................................................................................................................................ 50
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
N O T E
Figures
Figure 3-1
Figure 4-1
Figure 4-2
Figure 4-3
Figure 4-4
Figure 4-5
Figure 4-6
Figure 4-7
Figure 4-8
Figure 4-9
Figure 4-10
Figure 4-11
Figure 4-12
Figure 4-18
Figure 4-19
Figure 4-20
Figure 4-21
Figure 5-1
Figure 5-2
Figure 5-3
Figure 5-4
Figure 5-5
Figure 5-6
FM0+ IEC60730 STL 試験項目 ............................................................................................. 11
テスト 1 レジスタテスト ................................................................................................... 14
PC テストフロー .................................................................................................................. 15
割込みテストブロック図 ...................................................................................................... 16
クロックテストブロック図 .................................................................................................. 18
クロックカウンタのフローチャート .................................................................................... 18
クロックテストのフローチャート ........................................................................................ 19
クロックメインループモニタのフローチャート .................................................................. 19
クロック故障検出のブロック図 ........................................................................................... 20
異常周波数検出のブロック図 ............................................................................................... 21
IEC60730_InitCSV フローチャート ................................................................................... 21
IEC60730_CheckCSVStat フローチャート ........................................................................ 22
通信における CRC テスト.................................................................................................. 25
チェッカーボード法による 1 ワードのテスト .................................................................... 31
IO 機能の構成 ..................................................................................................................... 32
IO 入力/出力テストのフローチャート ................................................................................ 33
AD テストのフローチャート .............................................................................................. 34
プロジェクトの構造 ............................................................................................................. 37
リセットハンドラのサンプルコード .................................................................................... 37
メインファンクションのサンプルコード ............................................................................. 38
デュアルタイマ ISR ............................................................................................................. 42
ウォッチカウンタ ISR .......................................................................................................... 42
リロードタイマ ISR ............................................................................................................. 43
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
5
A P P L I C A T I O N
N O T E
Tables
Table 1-1 FM0+ファミリ 製品リスト .................................................................................................... 8
Table 2-1 FM0+ IEC60730 STL 試験項目 .............................................................................................. 10
Table 4-1 Cotex-M3 レジスタリスト...................................................................................................... 13
Table 5-1 割込みテストの初期値 ........................................................................................................... 36
Table 6-1 STL API の性能 ...................................................................................................................... 44
6
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
1.
N O T E
はじめに
1.1
この文書について
このアプリケーションノートは提供するライブラリ関数の使用法および実装法について説明します。まず,
IEC60730 クラス B の要件を示し, 次にどのようにそれを実現するかを説明します。最後に, テスト関数を実
際のシステムに統合する方法を例示します。
1.2
IEC60730 について
国際電気標準会議(IEC)は各国の電子技術委員会(IEC 国内委員会)により構成された標準化のための国際組織
です。国際標準 IEC60730-1 は住宅用自動制御のための IEC 専門技術委員会により起草されました。2007 年
以降, 一般家電はシステムの安全性を高めるために IEC60730 に準拠しなければならなくなりました。
IEC60730 の付属書 H は, ハードウェアとソフトウェアの双方に実装される電子制御および組込みシステムに
適用されます。マイクロコントローラを使用するシステムは今日の家電の中の典型的な例です。特に
IEC60730 の付属書 H は, マイクロコントローラのテストおよび診断方法を詳細に説明しています。
付属書 H は, ソフトウェアに関連する標準項目をクラス A, B, または C に分類しています。
1.3
■Class A
湿度制御, 照明制御, タイマ等, 機器の安全に関わらないと想定される制御機能。
■Class B
洗濯機用の熱電開閉器またはドアロックのように, 機器にソフトウェア障害以外の障害
が発生した場合の災害防止を意図したコードを含むソフトウェア。
■Class C
密閉式水加熱システム用の熱電開閉器等, 他の保護装置を使用せず災害を防止するこ
とを意図したコードを含むソフトウェア。
FM0+ファミリ
MCU について
FM0+ファミリ MCU は 32 ビット汎用 MCU であり, 業界最先端の ARM Cortex® –M0+ CPU を備え,
信頼性が高く高速で安全な組込みフラッシュ技術を集積しています。本 MCU は 40MHz までの CPU 周波数
で動作可能であり, 広い電圧範囲(2.7-5.5V)で動作するものもあります。3.3V および 5V システム双方に対応
します。
また, 堅牢な一連の周辺機器機能も含まれており, モーター制御タイマ(MFT), ベースタイマ(PWM, PPG,
リロード, PWC タイマとして構成可能), ADC, オンチップメモリ(560K までのフラッシュ, 64K までの SRAM)
およびさまざまな種類の通信インタフェース(USB, I2C, CSIO, LIN)等を備えています。
Table 1-1 に示すように, オンチップメモリの容量はパーツ番号で区別されており, パッケージは LQFP と
QFN があります。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
7
A P P L I C A T I O N
Table 1-1
Product
S6E1A11B0A
S6E1A12B0A
S6E1A11C0A
S6E1A12C0A
S6E1B84EH
S6E1B85EH
S6E1B86EH
S6E1B84FH
S6E1B85FH
S6E1B86FH
S6E1B84GH
S6E1B85GH
S6E1B86GH
S6E1C31A0
S6E1C32A0
S6E1C31B0
S6E1C32B0
S6E1C31C0
S6E1C32C0
S6E1C31D0
S6E1C32D0
8
CONFIDENTIAL
FM0+ファミリ
Flash
MAINFLASH:
56 KB
MAINFLASH:
88 KB
MAINFLASH:
56 KB
MAINFLASH:
88 KB
MAINFLASH:
256 KB + 48 KB
MAINFLASH:
384 KB + 48 KB
MAINFLASH:
512 KB + 48 KB
MAINFLASH:
256 KB + 48 KB
MAINFLASH:
384 KB + 48 KB
MAINFLASH:
512 KB + 48 KB
MAINFLASH:
256 KB + 48 KB
MAINFLASH:
384 KB + 48 KB
MAINFLASH:
512 KB + 48 KB
MAINFLASH:
64 KB
MAINFLASH:
128 KB
MAINFLASH:
64 KB
MAINFLASH:
128 KB
MAINFLASH:
64 KB
MAINFLASH:
128 KB
MAINFLASH:
64 KB
MAINFLASH:
128 KB
N O T E
製品リスト
SRAM
6 KB
6 KB
6 KB
Package
LQFP-32
QFN-32
LQFP-48
QFN-48
6 KB
LQFP-52
32 KB
48 KB
LQFP: FPT-80P-M21
64 KB
32 KB
48 KB
LQFP: FPT-100P-M20
64 KB
32 KB
48 KB
LQFP: FPT-120P-M21
64 KB
12 KB
TBD
16 KB
12 KB
LQFP: FPT-32P-M30
16 KB
12 KB
16 KB
12 KB
16 KB
LQFP:FPT-48P-M49
QFN: LCC-48P-M74
LQFP:FPT-64P-M38
QFN: LCC-64P-M25
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
1.4
N O T E
FM0+ IEC60730 STL デモプロジェクト
このプロジェクトは FM0+ IEC60730 セルフテストライブラリの使用法を説明するためのサンプル
プロジェクトです。これは IAR EWARM Workbench V7.10 および Keil μVision V5.10 IDE 上で開発され、
それぞれ SK-FM0P-48LQFP-9AF160K V1.0.0、SK-FM0-100L-S6E1B8 V10、 および SK-FM064LS6E1C3 V10
スタータキット上で評価されています。
注意:
1.
2.
3.
IAR EWARM Workbench V7.20 と Keil μVision V5.10 より後のバージョンでこの評価用プロジェクト
を開く場合, プロジェクト内の MCU タイプ情報が失われている可能性があります。そのため, 確認
し, 失われていた場合は修正してください。
IAR EWARM Workbench V7.20 より前のバージョンでこの評価用プロジェクトを開く場合, MCU タ
イプ, あらかじめ含まれているファイル(C/C++コンパイラのプリプロセッサテーブル), icf ファイ
ル(デバッグオプションのリンクテーブル), フラッシュローダファイル(デバッガーオプションのダ
ウンテーブル)が失われている可能性があります。そのため, それらの設定を確認し, 失われていた
場合は修正してください。
Keil μVision V5.10 より前のバージョンでこの評価用プロジェクトを開く場合, MCU タイプ, あら
かじめ含まれているファイル(C/C++コンパイラのプリプロセッサテーブル), デバッグ設定(プロ
ジェクト設定のデバッグテーブル)が失われている可能性があります。そのため, それらの設定を確
認し, 失われていた場合は修正してください。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
9
A P P L I C A T I O N
2.
N O T E
IEC60730 クラス B の要件
IEC60730 に定義された仕様においてソフトウェアクラス B またはソフトウェアクラス C に区分される機能
を有する制御は,ソフトウェアに関連する障害/エラーを防止し管理するための対策を, 安全に関するデータ
内およびソフトウェアの安全に関するセグメント内で講じることが求められています。これは, 当該ソフト
ウェアがマイクロコントローラ内外の障害を検出する試験方法を持たなければならないことを意味します。
FM0+ IEC60730 セルフテストライブラリ(STL)は, S6E1A1 / S6E1B8 / S6E1C3 シリーズ MCU に対するソフト
ウェアクラス B 要件(標準に示された IEC60730 要件の大部分を含む)を対象にしています。クラス B コント
ローラについて, 試験すべき要素, 採用すべき手法および実現すべき定義を,付属書 H の表 H.11.12.7 のまとめ
を用いて以下の表に示します。
Table 2-1
コンポーネント
FM0+ IEC60730 STL 試験項目
障害/エラー
STL で使用する手法
定義
STL での有無
1. CPU
1.1 レジスタ
スタックエラー
スタティックメモリテスト
H. 2.19.6
○
1.2 プログラムカウンタ
スタックエラー
プログラムシーケンスの
H.2.18.10.2
○
タイムスロット監視
H.2.18.10.4
○
誤った周波数
周波数監視
H.2.18.10.1
○
4.1. 不揮発性メモリ
全 1 ビット不良
冗長性チェック
H.2.19.3.2
○
4.2. 揮発性メモリ
DC 不良
スタティックメモリテスト
H.2.19.6
○
4.3. アドレス[1]
スタックエラー
冗長性チェック
-
○
5. 内部データパス[2]
スタックエラー
-
-
×
6.1 データ[3]
ハミング距離 3
-
-
×
6.3 タイミング
誤った時刻ポイント
-
-
×
7.1 デジタル I/O
機能エラー
出力照合
H.2.18.12
○
7.2 A/D
機能エラー
入力比較
H.2.18.8
○
論理監視
2. 割込み
割込みせず, または頻繁す
ぎる割込み
3. クロック
4. メモリ
6.外部通信
7. 入出力周辺機器
注意:
1.
アドレス試験は不揮発性および揮発性メモリの試験法により部分的にカバーすることが可能です。たと
えば, 2 個のセルが同じアドレスにマッピングされるエラーは CRC テストで不揮発性メモリをテストす
る際に確認できます。
2.
内部データパスは外部メモリ使用時にのみテストされます。
3.
本 STL では外部通信テストは含まれていません。しかし, 外部通信データは不揮発性メモリテストと同
様の方法でテスト可能です。
10
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
3.
N O T E
C60730 クラス B STL 概要
次の図に示すように, STL には CPU, 割込み, クロック, メモリおよび入出力周辺モジュールが含まれていま
す。この図は STL 内のファイル構造とソフトウェア API を表しています。STL は C およびアセンブリ言語
でコーディングされています。
FM0+ IEC60730 STL は ARM と IAR のコンパイラと互換性を持たせています。そこで, STL はコンパイラの
違いに応じて 2 種類の CPU test.s および RAM test.s ファイルを提供しています。
Figure 3-1
FM0+ IEC60730 STL 試験項目
IEC60730_B_STL
CPU
Test.s
reg_test()
pc_test()
Clock
Test.c
ClkInit()
ClkTestReset()
ClkCnt()
ClkTest()
ClkMonInMainloop()
InitCSV()
CheckCSVStat
Interrupt
Test.c
ROM
Test.c
HardwareCRC16Gen()
HardwareCRC16Test()
SoftwareCRC16Gen()
SoftwareCRC16Test()
IntCntPro()
IntTestInit()
IntTest()
HardwareCRC32Gen()
HardwareCRC32Test()
SoftwareCRC32Gen()
SoftwareCRC32Test()
RAM
Test.s
ram_test()
IO
Test.c
GPIOOutput
Test()
GPIOInput
Test()
ADTest()
AD
Test.c
ADTest()
STL はいくつかの独立した機能モジュールで構成され, それらはアプリケーションの要求に従って 1 回また
は繰り返し実行する必要があります。
1 回だけ実行されるテスト機能はパワーオンセルフテスト(POST)と呼ばれ, システムの初期化時に実行する
必要があります。このテストは常に完結しますが破壊的です(イニシャライズが必要)
。つまり, すべてのテ
スト領域をカバーしますが, データはテストの実行後復元されません。PC, レジスタ, ROM/RAM, IO, AD
テストはすべて POST です。
繰り返し実行されるテスト機能はビルドインセルフテスト(BIST)と呼ばれ, メインループ内または一定間隔
でのタイマ割込みサービスルーチン内で実行されなければなりません。このテストはテストデータを変更せ
ず, プログラム実行中のモニタとして機能します。割込みとクロックは BIST です。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
11
A P P L I C A T I O N
N O T E
注意:
12
CONFIDENTIAL
1.
このライブラリは説明されている通りに使用しなければならず,一部が変更された場合, その部分は
新たに検証されなければなりません。
2.
本ライブラリは, このアプリケーションノートに特に記載されていないものを含めて , すべての
CYPRESS FM0+ Cotex-M0+ MCU に転用可能です。
3.
記述を簡単にするため, ファイルと機能名のプリフィックスは省略してあります。
4.
この STL には, IAR と Keil IDE のために, CPU および RAM テストに用いる 2 種類のアセンブラ
ファイルが用意されています。
5.
クロックとフラッシュテストには 2 種類のテスト方法が使用可能です。
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
4.
N O T E
IEC60730 クラス B STL API
4.1
CPU レジスタテスト
ARM Cotex-M0+には 17 個のコアレジスタがあり, 読み書きが可能です。これらのレジスタをテストする必要
があります。
Table 4-1
Cotex-M0+
レジスタリスト
レジスタ名
テストするビット
R0-R12
[31:0]
R13 (SP_main, SP_process)[1]
[31:4]
R14 (LR)
[31:0]
APSR[2]
[31:27]
PRIMASK[3]
0
注意:
4.1.1
1.
ARM Cotex-M0+カーネルには 2 つのスタックポインタがあります。メインスタックポインタ(MSP)と
プロセススタックポインタ(PSP)です。
ハンドラモードでは MSP, プロセスモードでは MSP または PSP
を使用します。R13 は現在の SP を示します。
2.
APSR の上位 5 ビットのみが有効です。
3.
PRIMASK のビット 0 のみが有効です。
テストの説明
表 H.11.12.7 に示されているように, レジスタは『スタックエラー』のチェックを受けなければなりません。
レジスタテストの実行には単純なチェッカーボード法を使用しますが, これはスタックエラー検出に有効な
方法です。
このテストは, カーネルレジスタにアクセスする必要があるため, システムが特権モードでリセットされる
際にスタートアップファイルで呼び出される必要があります。このテストではレジスタテスト中の割込みが
無効になりません。レジスタテストが割り込まれないように, この関数が呼び出される際はアプリケー
ションで割込みを無効にする必要があります。
レジスタに直接アクセスするために, レジスタテストにはアセンブリ言語が使用されています。このテスト
は非常に重要なので, レジスタテストでエラーが検出された場合は, プログラムが無限ループに入るように
設計されています。
1 個のレジスタをテストするフローチャートを次の図に示します。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
13
A P P L I C A T I O N
Figure 4-1
テスト 1
N O T E
レジスタテスト
開始
パターン逆転
1パターン選択
レジスタにパターンデー
タ書き込み
レジスタに逆転パターン
データ書き込み
レジスタ読み出し
レジスタ読み出し
読み出しデータが書き込み
データと同じか検証
Y
N
読み出しデータが書き込み
データと同じか検証
N
無限ループにジャンプ
4.1.2
Y
リターン
API の定義
名称
iec60730_reg_test
パラメータ
なし
リターン
なし
説明:
この API は, R0-R12 (下位:R0-R7, 上位:R8-R12), 特殊レジスタ(SP, LR, APSR, PRIMASK,)を含むすべてのレジ
スタをチェッカーボード法でテストするものです。この関数はリセットハンドラで呼び出されなければなり
ません。
4.2
CPU PC テスト
4.2.1
テストの説明
表 H.11.12.7 に示されているように, PC は『スタックエラー』のチェックを受けなければなりません。PC テ
ストは 8 個のサブルーチンを使用し, 各サブルーチンから得られる PC 値が事前定義値と同じであるかどうか
を検証します。
このテストはシステムが特権モードでリセットされる際にスタートアップファイルで呼び出される必要があ
ります。このテストではレジスタテスト中の割込みが無効になりません。レジスタテストが割り込まれない
ようにこの関数が呼び出される際の割込みの無効設定は, アプリケーションで行う必要があります。
PC レジスタに直接アクセスするために, PC テストにはアセンブリ言語が使用されています。またこのテスト
は非常に重要なため, PC テストでエラーが検出された場合は, プログラムが無限ループに入るように設計さ
れています。
PC テストフローを以下に示します。
14
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
Figure 4-2
N O T E
PC テストフロー
サブルーチン1
にジャンプ
サブルーチン1
のアドレスを
格納
サブルーチン1
のアドレスを
確認
...
サブルーチン8
にジャンプ
サブルーチン8
のアドレスを
格納
サブルーチン8
のアドレスを
確認
4.2.2
API の定義
名称
iec60730_pc_test
パラメータ
なし
リターン
なし
説明:
この API は, さまざまな領域でサブルーチンにジャンプしてサブルーチンアドレスを獲得し, 得られたアド
レスが正しいかを検証するものです。この関数はリセットハンドラで呼び出されなければなりません。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
15
A P P L I C A T I O N
4.3
N O T E
割込みテスト
4.3.1
テストの説明
クラス B 要件を満たすには, 割込みに対して『間違った回数』のチェックを行う必要があります。このテス
トはシステムに高度に依存するタスクであり, そのため STL は概略処理ができるのみで, ラップアップハン
ドルを提供することしかできません。つまり, いくつかの特定の割込みが定義されている回数発生したこと
(これより少なかったり多かったりしないか)をチェックします。IEC60730_IntTest(割込みテスト関数)が特定
の間隔(タイマまたは線周波数割込みでトリガーされるなど)で呼び出されることを前提としています。監視
するすべての特定の割込みハンドラは IEC60730_IntCnt を呼び出すことにより専用のグローバル変数(Freq)を
デクリメントする必要があります。IEC60730_IntTest はその変数を事前定義の上限および下限と比較して, 制
限を超えている場合は事前設定値に設定してエラーを返します。
例えば, タイマ 0~3 割込みが 10 秒間に 5 回発生するかどうかを測定します。10 秒タイミングがリロードタ
イマから得られるとします。タイマ 0-3 の割込み回数範囲を[3, 7]にセットします。
Figure 4-3
割込みテストブロック図
リロードタイマ割込み
ユーザコード
IEC60730_IntTest()
N
3<freq_init[0]-freq[0]<7?
Y
N
3<freq_init[1]-freq[1]<7?
Y
N
3<freq_init[2]-freq[2]<7?
Y
N
タイマ0
タイマ1
タイマ2
タイマ3
割込み
割込み
割込み
割込み
3<freq_init[3]-freq[3]<7?
IEC60730_
IntITestnit()
Y
IEC60730_
IntTestInit()
freq 初期化
通常リターン
freq 初期化
INT_ERRORを
ユーザコード
IEC60730_
IntCntPro(0)
ユーザコード
IEC60730_
IntCntPro(1)
freq[0]--
ユーザコード
IEC60730_
IntCntPro(2)
freq[1]--
ユーザコード
IEC60730
IntCntPro(3)
freq[2]--
freq[3]--
返す
ユーザコード
ユーザコード
ユーザコード
ユーザコード
ユーザコード
リターン
リターン
リターン
リターン
リターン
割り込み
メインループ
割込みテストとユーザアプリケーションとの依存関係はありません。必要なことはテストしたい割込みに割
込みテスト API を追加するだけです。
16
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
4.3.2
N O T E
API の定義
名称
IEC60730_IntTestInit
pFreq: 回数カウンタへのポインタ
pFreqLower: 下限回数へのポインタ
パラメータ
pFreqUpper: 上限回数へのポインタ
pFreqInitial: 回数初期値へのポインタ
ArraySize: 割込み情報を格納した配列のサイズ
リターン
なし
説明:
この API は割込みテスト用に str_int_test_par_t 構造体を初期化します。ここには定義済の回数範囲と回数の
初期値が含まれています。割込みテスト開始前のシステム初期化時に呼び出される必要があります。
名称
IEC60730_IntCntPro
パラメータ
IntNum: 割込み番号
リターン
なし
説明:
この API は割込み番号で指定される割込みの回数カウンタを減少させます。この関数は特権割込みの中で呼
び出される必要があります。
名称
パラメータ
リターン
IEC60730_IntTest
なし
0: IEC60730_TEST_NORMAL
1: IEC60730_TEST_FUNC_ERROR
説明:
これは割込みテストのメイン API で, 割込みが時間内に処理されるかを検証します。タイマ割込みまたはメ
インループ内で一定間隔に呼び出される必要があります。
4.4
クロックテスト
4.4.1
テストの説明
クラス B 要件を満たすには, CPU クロックに対して『間違った周波数』のチェックを行う必要があります。
これには, クロックテスト用の標準クロックとして 2 個目の独立したクロックが必要です。本ライブラリに
はクロックテスト実行のために 2 つの方法が用意されています。1 番目の方法として, FM0+ MCU にはウォッ
チカウンタが集積されており, これは外部サブクロック(32.768 kHz オシレータ)で駆動可能です。このサブク
ロックを標準クロックとして扱うことができます。2 番目の方法として, FM0+ MCU にはクロック故障検出お
よび異常周波数検出機能を持つクロックスーパバイザ(以後 CSV)が集積されています。CSV はクロックテス
トにも使用できます。
■ウォッチカウンタを使用してクロックテストを行う
このテストはウォッチカウンタを標準クロックとして使用し, タイマ割込みでカウントされるタイムティッ
クで検証することにより CPU クロック周波数が許容範囲内にあるかどうかをテストします。タイマ割込みの
ソースクロックは CPU クロックと同一でなければなりません。CPU クロックがサブクロックで駆動されて
いる場合はテストできません。32.768 kHz の発振器を正確と想定するからです。
次の図に示すように, テスト関数 IEC60730_ClkCnt, IEC60730_ClkTest および IEC60730_ClkMonMainloop が実
装されています。タイマ割込みの発生回数はウォッチカウンタがモニタし, ウォッチカウンタの割込み発生
はメインループでチェックされています。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
17
A P P L I C A T I O N
Figure 4-4
N O T E
クロックテストブロック図
ウォッチカウンタ割込みハ
ウォッチカウンタ
ンドラ
割込みハンドラ
メインループ
タイマ割込みハンドラ
…
…
…
IEC60730_ClkCnt
freq
…
割込み発生フラグ
IEC60730_ClkTest
IEC60730_ClkMonInMainloop
…
…
モニタクロック
従属クロック
API IEC60730_ClkCnt はグローバル変数『freq』をカウントするために使用され, タイマ割込みハンドラ中で
呼び出されます。タイマのソースクロックは CPU クロックと同じでなければなりません。IEC60730_ClkCnt
のフローチャートを以下に示します。
Figure 4-5
クロックカウンタのフローチャート
注意:
1.
最初のカウントサイクルが通常サイクルの 2 倍という FM0+ MCU のウォッチカウンタの制限があるた
め, グローバル変数『freq』は最初のウォッチカウンタ割込みが発生するまでカウントします。そのため,
最初のウォッチカウンタ割込みは無視しなければなりません。
API IEC60730_ClkTest は『freq』が定義されている範囲内にあるかをチェックするもので, ウォッチカウンタ
割込みハンドラの中で呼び出されます。
18
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
Figure 4-6
N O T E
クロックテストのフローチャート
API IEC60730_ClkMonInMainloop IEC60730_ClkMonInMainloop は, ある時間内でのウォッチカウンタ割込み
の発生を保証します。この時間は, 実際のアプリケーションに従ってユーザが設定したしきい値に依存しま
す。IEC60730_ClkMonMainInloop のフローチャートを次の図に示します。
Figure 4-7
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
クロックメインループモニタのフローチャート
19
A P P L I C A T I O N
N O T E
■CSV を使ってクロックテストを行う
CSV には 2 つの機能があります。クロック故障検出(CSV: Clock failure detection by clock Super Visor)と異常周
波数検出(FCS: anomalous Frequency detection by Clock Super visor)です。
クロック故障検出はメインおよびサブクロックをモニタします。指定時間内にモニタクロックの立ち上がり
が検出されないと, この機能は発振器の故障と判断しシステムリセット要求を出力します。メインクロック
は高速 CR クロックを使用してモニタされており, サブクロックは低速 CR クロックを使用してモニタされて
います。メインクロック用高速 CR の 32 クロック以内, またはサブクロック用低速 CR の 32 クロック以内に
立ち上がりが検出されないと, 発振器が故障したと判断されます。Figure 4-8 にクロック故障検出のブロック
図を示します。
Figure 4-8
メインOSC
高速CR
クロック故障検出のブロック図
メインクロック
カウンタ
制御回路
レジスタ
サブOSC
低速CR
CSV_RESET
サブクロック
カウンタ
異常周波数検出はメインクロックをモニタします。高速 CR の分周クロックのエッジと次のエッジとの間の
指定された期間で, この機能はメインクロックを使用して内部カウンタをカウントアップします。このカ
ウント値が設定された範囲外に出ると, この機能はメインクロック周波数が異常だと判断し, 割込みリクエ
ストまたはシステムリセットリクエストを CPU に出力します。Figure 4-9 に異常周波数検出のブロック図を
示します。
20
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
Figure 4-9
N O T E
異常周波数検出のブロック図
メインOSC
分周器
エッジ
検出
周波数
カウンタ
高速CR
制御回路レジスタ
ウィンドウレジスタ
FCS_RESET
FCS_INT
2 つのテスト関数が実装されています。IEC60730_InitCSV と IEC60730_CheckCSVStat です。
API IEC60730_InitCSV はユーザがクロック故障検出および異常周波数検出の禁止/許可を選択できるように
します。これはシステムクロック初期化以前に呼び出されなければなりません。Figure 4-10 はそのフロー
チャートを示します。
Figure 4-10
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
IEC60730_InitCSV フローチャート
21
A P P L I C A T I O N
N O T E
注意:
1.
高速 CR トリミングの初期値は工場出荷時に保存されます。S6E1A1 / S6E1C3 シリーズはアドレス
0x00100004 に、S6E1B8 シリーズは アドレス 0x00102000 に保存されます。
2.
アアドレス 0x00100004 または 0x00102000 の CR トリミング値が壊れている場合は, 標準的な値(0x016B)
がトリミングレジスタ MCR_FTRM に書き込まれます。
3.
メインクロックの期待精度を設定する際には, 高速 CR 周波数も考慮する必要があります。高速 CR 発振
器の精度は 4MHz ±3%と考えてください。たとえば S6E1A1 シリーズの精度は、データシートにあるよ
うに, 25℃で 4MHz ±2%です。したがって 4MHz ±3%はマージンを取った値としています)。ベース上側お
よび下側カウントは次の公式により計算されます。
base lower count (+3.0%で動作) = 1/[(freq/512*) × (1 + 0.03)] × freq = 512/1.03
= 497
base upper count (-3.0%で動作) = 1/[(freq/512*) × (1 - 0.03)] × freq = 512/0.97
= 528
本 STL の API(IEC60730_InitCSV)にて精度 5%を設定した場合は, 以下の値が設定されます。
lower count = 497 × 0.95 = 472
upper count = 528 × 1.05 = 554
4.
CSV 機能を許可後, メインクロック用高速 CR の 32 クロック以内またはサブクロック用低速 CR の 32
クロック以内に立ち上がりエッジが検出されないとリセットがかかります。
5.
FCS 機能と FCS 割込みの許可後, メインクロックの周波数が設定範囲外で検出され, また FCS リセット
が出力されないように設定されていると, FCS 割込みが発生します。
API IEC60730_CheckCSVStat はクロック故障検出または異常周波数検出が発生したかどうかのチェックに使
用します。この API は IEC60730_InitCSV の前に呼び出されなければなりません。Figure 4-11 はそのフロー
チャートを示しています。
Figure 4-11
22
CONFIDENTIAL
IEC60730_CheckCSVStat フローチャート
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
4.4.2
N O T E
API の定義
■ウォッチカウンタを使用してクロックテストを行う場合
名称
IEC60730_ClkCnt
パラメータ
なし
リターン
なし
説明:
この API はクロック周波数のカウントに使用し, タイマ割込みの中で呼び出されなければなりません。
名称
パラメータ
IEC60730_ClkTest
なし
0: IEC60730_TEST_NORMAL
リターン
1: IEC60730_TEST_FUNC_ERROR
説明:
この API は, タイマ割込みでカウントされるタイムティックを検証することにより, CPU クロックの周波数
が許容範囲内にあるかどうかをテストします。これはウォッチカウンタ割込みで呼び出す必要があり, その
割込みは別個の 32.768 kHz クロック(FM0+ MCU のサブクロック)で駆動されています。
名称
パラメータ
IEC60730_ClkMonInMainloop
なし
0: IEC60730_TEST_NORMAL
リターン
1: IEC60730_TEST_FUNC_ERROR
説明:
この API はウォッチカウンタ割込みの発生をモニタするために使用します。メインループ中で呼び出す必要
があります。
名称
IEC60730_ClkTestReset
パラメータ
なし
リターン
なし
説明:
この API を用いて割込みテスト変数をリセットします。
名称
IEC60730_ClkInit
FreqLower:タイマ割込み最小発生周波数を示します
パラメータ
FreqUpper:タイマ割込み最大発生周波数を示します
ClkTestThreshold:閾値を示します
リターン
なし
説明:
この API はクロックテスト開始前のシステム初期化時に呼び出す必要があります。
パラメータ FreqLower と FreqUpper は実際の例に従って設定します。たとえば, 50ms タイマ割込みをモニタ
するためにウォッチカウンタの 1s インターバルを使用する場合は, FreqLower =18, FreqUpper =22 の値をタ
イマクロック周波数の限界として設定します。この周波数の標準値は 20 です。
しきい値を推定することは重要です。しきい値は少なくとも 1s/メインループの実行時間でなければなりま
せん。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
23
A P P L I C A T I O N
N O T E
■CSV を使ってクロックテストを行う場合
名称
IEC60730_CheckCSVStat
パラメータ
pRegRSTStat:リセット要因レジスタからデータを取得します
リターン
なし
説明:
この API はクロック故障検出または異常周波数検出が発生したかどうかのチェックに使用します。パラメー
タ『pRegRSTStat』にはリセット要因レジスタから読み出したデータのアドレスが格納されます。この API は
CSV により起こるリセットを処理するだけです。そうでない場合には正常状態を返します。この API は
IEC60730_InitCSV の前に呼び出されなければなりません。
名称
IEC60730_InitCSV
CSV_MCLKMonEn:0: CSV メインクロックのモニタ禁止 1: CSV メインクロックのモニタ許可
CSV_SCLKMonEn:0: CSV サブクロックのモニタを禁止, 1: CSV サブクロックのモニタを許可
FCS_MONInfo: a fcs_mon_info_t structure
パラメータ
typedef struct fcs_mon_info
{
stl_uint8_t FCSMonEn;
/* 0: disable FCS function, 1: enable FCS function */
stl_uint8_t MCLKFreqAccuracy; /* input the excepted accuracy of main clock, 5->5%*/
} fcs_mon_info_t;
リターン
0: IEC60730_TEST_NORMAL
2: IEC60730_TEST_PARA_ERROR
説明:
この API は CSV のメイン/サブクロック機能を許可/禁止でき, メインクロック周波数の期待精度を入力します。
これはシステムクロック初期化以前に呼び出されなければなりません。
24
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
4.5
N O T E
不揮発性メモリのテスト
FM0+ MCU の不揮発性メモリとはオンチップフラッシュメモリのことです。フラッシュのサイズは Table 1-1
に示すように製品に応じて異なります。
FM0+ MCU はオンチップ CRC(巡回冗長検査)モジュールを集積しています。CRC モジュールはエラー検出シ
ステムです。CRC コードは入力データ文字列を高次多項式と仮定して, それを定義済みの生成多項式で除算し
た後の剰余です。通常, データ文字列は送信時に CRC コードがサフィックスとして付けられ, 受信したデータ
は上と同様に生成多項式で除算されます。受信データが割り切れれば正しく受信できたと判断します。オンチ
ップフラッシュメモリのテストにおいても、CRC を利用し、格納されているデータおよびプログラムに故障が
発生していないことの検査をします。
CRC モジュールは CCITT CRC16 または IEEE-802.3 CRC32 のどちらかを使用でき, その選択は CRCCR:CRC32
ビットで設定します。このモジュールの生成多項式は, これら 2 つのモード用の数値に固定されています。
■
■
CCITT CRC16 生成多項式: 0x1021(0x11021 の最上位ビットを省略)
IEEE-802.3 CRC32 生成多項式: 0x04C11DB7
次の図は, FM0+ MCU が他の装置と通信するときに CRC テストを適用する場合を示しています。
Figure 4-12 通信における CRC テスト
ハードウェアCRCテスト(
FM3 MCU)
ソフトウェアCRCテスト(
その他のMUCまたはPC)
内蔵ハードウェア
CRCジェネレータ
ソフトウェアCRC
演算
RX
D0,D1,D2…DN
D0,D1,D2…DN
CRCコード
生成
CRCコー
ド
D0,D1,D2…DN
CRCコー
ド
D0,D1,D2…DN
ソフトウェアCRC
演算
生成されたCRCコードの
検証
D0,D1,D2…DN
TX
D0,D1,D2…DN
内蔵ハードウェア
CRCジェネレータ
CRCコード
生成
CRCコード
生成されたCRCコードの
検証
D0,D1,D2…DN
D0,D1,D2…DN
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
CRCコー
ド
25
A P P L I C A T I O N
N O T E
テストの説明
4.5.1
クラス B 要件を満たすには, フラッシュテストは『単一ビット不良』のチェックを行う必要があります。こ
のテストは CRC16/32 テストとして実行できます。
フ ラ ッ シ ュ テ ス ト で CRC16 演 算 を 使 用 す る 場 合 は , IEC60730_user.h フ ァ イ ル 中 で 定 義
『FLASH_TEST_USE_CRC16』を有効にします。さもなくば CRC32 演算が実行されます。
このテストは, スタートアップ手続き時に実行してコード領域全体をテストするか, または定期的に呼び出し
てサブブロックをテストすることができます。
フラッシュテストは、プログラム開発時に開発ツールで作成した CRC コードと、テスト時に演算して作成した
CRC コードの比較を行います。開発ツールで CRC コードを作成する方法を 8.1 フラッシュの CRC コード作成
方法に示します。
注意:
1.
CRC は, ハミング距離 3 の検出を行う H.2.19.4.1 を満たす, 外部との通信データのテストに使用すること
ができます。
■ ソフトウェア CRC
> ソフトウェア CRC16 の演算
CRC テーブル参照法を使用します。CRC コードを生成するためにソフトウェア CRC16 演算は 6 つの手順を
実行します。
(1) CRC コードを 0xFFFF で初期化する。
(2) CRC コードを 256 で割って『temp』として保存する。
(3) CRC コードを 8 ビット左シフトする。
(4) CRC コードと、CRC テーブルから取得した値(テーブルインデックスは『temp』と対象データを XOR し
た値を使用)の XOR をとり、CRC コードに格納する。
(5) 対象データを 1 バイト分インクリメントする。
(6) 対象データのバイトサイズ分、(2)~(5)を繰り返す。
ソフトウェア CRC16 生成コードと CRC16 の表を次の図に示します。
Figure 4-13
ソフトウェア CRC16 生成ソースコード
stl_uint16_t IEC60730_SoftwareCRC16Gen(stl_uint8_t *pData, stl_uint32_t Size)
{
stl_uint8_t temp;
stl_uint8_t *p_temp_data = pData;
stl_uint16_t crc = 0xFFFF;
while(Size-- != 0)
{
temp = crc/256;
crc <<=8;
crc ^= CRCTable[temp^*p_temp_data];
p_temp_data++;
}
return crc;
}
26
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
Figure 4-14
N O T E
CRC16 のテーブル
const stl_uint16_t crc_table[256]={
0x0000, 0x1021, 0x2042, 0x3063, 0x4084, 0x50A5, 0x60C6, 0x70E7,
0x8108, 0x9129, 0xA14A, 0xB16B, 0xC18C, 0xD1AD, 0xE1CE, 0xF1EF,
0x1231, 0x0210, 0x3273, 0x2252, 0x52B5, 0x4294, 0x72F7, 0x62D6,
0x9339, 0x8318, 0xB37B, 0xA35A, 0xD3BD, 0xC39C, 0xF3FF, 0xE3DE,
0x2462, 0x3443, 0x0420, 0x1401, 0x64E6, 0x74C7, 0x44A4, 0x5485,
0xA56A, 0xB54B, 0x8528, 0x9509, 0xE5EE, 0xF5CF, 0xC5AC, 0xD58D,
0x3653, 0x2672, 0x1611, 0x0630, 0x76D7, 0x66F6, 0x5695, 0x46B4,
0xB75B, 0xA77A, 0x9719, 0x8738, 0xF7DF, 0xE7FE, 0xD79D, 0xC7BC,
0x48C4, 0x58E5, 0x6886, 0x78A7, 0x0840, 0x1861, 0x2802, 0x3823,
0xC9CC, 0xD9ED, 0xE98E, 0xF9AF, 0x8948, 0x9969, 0xA90A, 0xB92B,
0x5AF5, 0x4AD4, 0x7AB7, 0x6A96, 0x1A71, 0x0A50, 0x3A33, 0x2A12,
0xDBFD, 0xCBDC, 0xFBBF, 0xEB9E, 0x9B79, 0x8B58, 0xBB3B, 0xAB1A,
0x6CA6, 0x7C87, 0x4CE4, 0x5CC5, 0x2C22, 0x3C03, 0x0C60, 0x1C41,
0xEDAE, 0xFD8F, 0xCDEC, 0xDDCD, 0xAD2A, 0xBD0B, 0x8D68, 0x9D49,
0x7E97, 0x6EB6, 0x5ED5, 0x4EF4, 0x3E13, 0x2E32, 0x1E51, 0x0E70,
0xFF9F, 0xEFBE, 0xDFDD, 0xCFFC, 0xBF1B, 0xAF3A, 0x9F59, 0x8F78,
0x9188, 0x81A9, 0xB1CA, 0xA1EB, 0xD10C, 0xC12D, 0xF14E, 0xE16F,
0x1080, 0x00A1, 0x30C2, 0x20E3, 0x5004, 0x4025, 0x7046, 0x6067,
0x83B9, 0x9398, 0xA3FB, 0xB3DA, 0xC33D, 0xD31C, 0xE37F, 0xF35E,
0x02B1, 0x1290, 0x22F3, 0x32D2, 0x4235, 0x5214, 0x6277, 0x7256,
0xB5EA, 0xA5CB, 0x95A8, 0x8589, 0xF56E, 0xE54F, 0xD52C, 0xC50D,
0x34E2, 0x24C3, 0x14A0, 0x0481, 0x7466, 0x6447, 0x5424, 0x4405,
0xA7DB, 0xB7FA, 0x8799, 0x97B8, 0xE75F, 0xF77E, 0xC71D, 0xD73C,
0x26D3, 0x36F2, 0x0691, 0x16B0, 0x6657, 0x7676, 0x4615, 0x5634,
0xD94C, 0xC96D, 0xF90E, 0xE92F, 0x99C8, 0x89E9, 0xB98A, 0xA9AB,
0x5844, 0x4865, 0x7806, 0x6827, 0x18C0, 0x08E1, 0x3882, 0x28A3,
0xCB7D, 0xDB5C, 0xEB3F, 0xFB1E, 0x8BF9, 0x9BD8, 0xABBB, 0xBB9A,
0x4A75, 0x5A54, 0x6A37, 0x7A16, 0x0AF1, 0x1AD0, 0x2AB3, 0x3A92,
0xFD2E, 0xED0F, 0xDD6C, 0xCD4D, 0xBDAA, 0xAD8B, 0x9DE8, 0x8DC9,
0x7C26, 0x6C07, 0x5C64, 0x4C45, 0x3CA2, 0x2C83, 0x1CE0, 0x0CC1,
0xEF1F, 0xFF3E, 0xCF5D, 0xDF7C, 0xAF9B, 0xBFBA, 0x8FD9, 0x9FF8,
0x6E17, 0x7E36, 0x4E55, 0x5E74, 0x2E93, 0x3EB2, 0x0ED1, 0x1EF0
};
>ソフトウェア CRC32 の演算
CRC テーブル参照法を使用します。CRC コードを生成するためにソフトウェア CRC32 演算は 6 つの手順を
実行します。
(1) CRC コードを 0xFFFFFFFF で初期化する。
(2) CRC コードを 24 ビット右シフトして『temp』として保存する。
(3) CRC コードを 8 ビット左シフトした値と、CRC テーブルから取得した値(テーブルインデックスは『temp』
と対象データを XOR した値を使用)の XOR をとり、CRC コードに格納する。
(4) 対象データを 1 バイト分インクリメントする。
(5) 対象データのバイトサイズ分、(2)~(4)を繰り返す。
(6) 最後に CRC コードをビット反転させる。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
27
A P P L I C A T I O N
N O T E
ソフトウェア CRC32 生成コードと CRC32 の表を次の図に示します。
Figure 4-15
ソフトウェア CRC32 生成ソースコード
stl_uint32_t IEC60730_SoftwareCRC32Gen(stl_uint8_t *pData, stl_uint32_t Size)
{
stl_uint8_t temp;
stl_uint8_t *p_temp_data = pData;
stl_uint32_t crc = 0xFFFFFFFF;
while(Size--)
{
temp=( crc >> 24 );
crc = ( crc << 8 ) ^ CRCTable[temp^*p_temp_data];
p_temp_data++;
}
return ~crc;
}
Figure 4-16
CRC32 のテーブル
const stl_uint32_t CRCTable[256]={
0x00000000L, 0x04c11db7L, 0x09823b6eL, 0x0d4326d9L,
0x130476dcL, 0x17c56b6bL, 0x1a864db2L, 0x1e475005L,
0x2608edb8L, 0x22c9f00fL, 0x2f8ad6d6L, 0x2b4bcb61L,
0x350c9b64L, 0x31cd86d3L, 0x3c8ea00aL, 0x384fbdbdL,
0x4c11db70L, 0x48d0c6c7L, 0x4593e01eL, 0x4152fda9L,
0x5f15adacL, 0x5bd4b01bL, 0x569796c2L, 0x52568b75L,
0x6a1936c8L, 0x6ed82b7fL, 0x639b0da6L, 0x675a1011L,
0x791d4014L, 0x7ddc5da3L, 0x709f7b7aL, 0x745e66cdL,
0x9823b6e0L, 0x9ce2ab57L, 0x91a18d8eL, 0x95609039L,
0x8b27c03cL, 0x8fe6dd8bL, 0x82a5fb52L, 0x8664e6e5L,
0xbe2b5b58L, 0xbaea46efL, 0xb7a96036L, 0xb3687d81L,
0xad2f2d84L, 0xa9ee3033L, 0xa4ad16eaL, 0xa06c0b5dL,
0xd4326d90L, 0xd0f37027L, 0xddb056feL, 0xd9714b49L,
0xc7361b4cL, 0xc3f706fbL, 0xceb42022L, 0xca753d95L,
0xf23a8028L, 0xf6fb9d9fL, 0xfbb8bb46L, 0xff79a6f1L,
0xe13ef6f4L, 0xe5ffeb43L, 0xe8bccd9aL, 0xec7dd02dL,
0x34867077L, 0x30476dc0L, 0x3d044b19L, 0x39c556aeL,
0x278206abL, 0x23431b1cL, 0x2e003dc5L, 0x2ac12072L,
0x128e9dcfL, 0x164f8078L, 0x1b0ca6a1L, 0x1fcdbb16L,
0x018aeb13L, 0x054bf6a4L, 0x0808d07dL, 0x0cc9cdcaL,
0x7897ab07L, 0x7c56b6b0L, 0x71159069L, 0x75d48ddeL,
0x6b93dddbL, 0x6f52c06cL, 0x6211e6b5L, 0x66d0fb02L,
0x5e9f46bfL, 0x5a5e5b08L, 0x571d7dd1L, 0x53dc6066L,
0x4d9b3063L, 0x495a2dd4L, 0x44190b0dL, 0x40d816baL,
0xaca5c697L, 0xa864db20L, 0xa527fdf9L, 0xa1e6e04eL,
0xbfa1b04bL, 0xbb60adfcL, 0xb6238b25L, 0xb2e29692L,
0x8aad2b2fL, 0x8e6c3698L, 0x832f1041L, 0x87ee0df6L,
(続く)
28
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
0x99a95df3L,
0xe0b41de7L,
0xf3b06b3bL,
0xc6bcf05fL,
0xd5b88683L,
0x690ce0eeL,
0x7a089632L,
0x4f040d56L,
0x5c007b8aL,
0x251d3b9eL,
0x36194d42L,
0x0315d626L,
0x1011a0faL,
0xf12f560eL,
0xe22b20d2L,
0xd727bbb6L,
0xc423cd6aL,
0xbd3e8d7eL,
0xae3afba2L,
0x9b3660c6L,
0x8832161aL,
0x5d8a9099L,
0x4e8ee645L,
0x7b827d21L,
0x68860bfdL,
0x119b4be9L,
0x029f3d35L,
0x3793a651L,
0x2497d08dL,
0xc5a92679L,
0xd6ad50a5L,
0xe3a1cbc1L,
0xf0a5bd1dL,
0x89b8fd09L,
0x9abc8bd5L,
0xafb010b1L,
0xbcb4666dL,
};
0x9d684044L, 0x902b669dL, 0x94ea7b2aL,
0xe4750050L, 0xe9362689L, 0xedf73b3eL,
0xf771768cL, 0xfa325055L, 0xfef34de2L,
0xc27dede8L, 0xcf3ecb31L, 0xcbffd686L,
0xd1799b34L, 0xdc3abdedL, 0xd8fba05aL,
0x6dcdfd59L, 0x608edb80L, 0x644fc637L,
0x7ec98b85L, 0x738aad5cL, 0x774bb0ebL,
0x4bc510e1L, 0x46863638L, 0x42472b8fL,
0x58c1663dL, 0x558240e4L, 0x51435d53L,
0x21dc2629L, 0x2c9f00f0L, 0x285e1d47L,
0x32d850f5L, 0x3f9b762cL, 0x3b5a6b9bL,
0x07d4cb91L, 0x0a97ed48L, 0x0e56f0ffL,
0x14d0bd4dL, 0x19939b94L, 0x1d528623L,
0xf5ee4bb9L, 0xf8ad6d60L, 0xfc6c70d7L,
0xe6ea3d65L, 0xeba91bbcL, 0xef68060bL,
0xd3e6a601L, 0xdea580d8L, 0xda649d6fL,
0xc0e2d0ddL, 0xcda1f604L, 0xc960ebb3L,
0xb9ff90c9L, 0xb4bcb610L, 0xb07daba7L,
0xaafbe615L, 0xa7b8c0ccL, 0xa379dd7bL,
0x9ff77d71L, 0x92b45ba8L, 0x9675461fL,
0x8cf30badL, 0x81b02d74L, 0x857130c3L,
0x594b8d2eL, 0x5408abf7L, 0x50c9b640L,
0x4a4ffbf2L, 0x470cdd2bL, 0x43cdc09cL,
0x7f436096L, 0x7200464fL, 0x76c15bf8L,
0x6c47164aL, 0x61043093L, 0x65c52d24L,
0x155a565eL, 0x18197087L, 0x1cd86d30L,
0x065e2082L, 0x0b1d065bL, 0x0fdc1becL,
0x3352bbe6L, 0x3e119d3fL, 0x3ad08088L,
0x2056cd3aL, 0x2d15ebe3L, 0x29d4f654L,
0xc1683bceL, 0xcc2b1d17L, 0xc8ea00a0L,
0xd26c4d12L, 0xdf2f6bcbL, 0xdbee767cL,
0xe760d676L, 0xea23f0afL, 0xeee2ed18L,
0xf464a0aaL, 0xf9278673L, 0xfde69bc4L,
0x8d79e0beL, 0x803ac667L, 0x84fbdbd0L,
0x9e7d9662L, 0x933eb0bbL, 0x97ffad0cL,
0xab710d06L, 0xa6322bdfL, 0xa2f33668L,
0xb8757bdaL, 0xb5365d03L, 0xb1f740b4L
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
N O T E
29
A P P L I C A T I O N
N O T E
API の定義
4.5.2
■
CRC16 を用いたフラッシュテストの実装
名称
IEC60730_HardwareCRC16Gen
pData:テストデータのアドレス
パラメータ
Size:データサイズ
リターン
CRC の値
説明:
この API は, 内蔵ハードウェアの CRC モジュールによって CRC16 生成を行います。
CCITT CRC16 生成多項式: 0x1021(0x11021 の最上位ビットを省略)
名称
IEC60730_HardwareCRC16Test
pData:テストデータのアドレス
パラメータ
Size:データサイズ
Crc:期待される CRC コード
0: IEC60730_TEST_NORMAL
リターン
1: IEC60730_TEST_FUNC_ERROR
説明:
この API はハードウェア CRC16 テストを実行します。スタートアップ手続きで呼び出して全コード領域を
テストするか, コード実行中にサブブロックを定期的にテストします。
名称
IEC60730_SoftwareCRC16Gen
pData:テストデータのアドレス
パラメータ
Size:データサイズ
リターン
CRC の値
説明:
この API はソフトウェア CRC 演算により CRC16 生成を実行します。CRC テーブル参照法を使用します。
名称
IEC60730_SoftwareCRC16Test
pData:テストデータのアドレス
パラメータ
Size:データサイズ
Crc:期待される CRC コード
リターン
0: IEC60730_TEST_NORMAL
1: IEC60730_TEST_FUNC_ERROR
説明:
この API はソフトウェア CRC16 テストを実行します。このテストは FM0+ MCU と通信する他のシステムで
も使用可能です。
30
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
■
N O T E
CRC32 を用いたフラッシュテストの実装
名称
IEC60730_SoftwareCRC32Gen
pData:テストデータのアドレス
パラメータ
Size:データサイズ
リターン
CRC の値
説明:
この API はソフトウェア CRC 演算により CRC32 生成を行います。テーブル参照法を使用します。
名称
IEC60730_SoftwareCRC32Test
pData:テストデータのアドレス
パラメータ
Size:データサイズ
Crc:期待される CRC コード
0: IEC60730_TEST_NORMAL
リターン
1: IEC60730_TEST_FUNC_ERROR
説明:
この API はソフトウェア CRC32 テストを実行します。このテストは FM0+ MCU と通信する他のシステムで
も実行可能です。
4.6
揮発性メモリテスト
FM0+ MCU での揮発性メモリテストとは SRAM テストのことです。SRAM サイズは Table 1-1 に示すように
製品に応じて異なります。
4.6.1
テストの説明
クラス B 要件を満たすためには, SRAM テストは『DC 不良』のチェックを行う必要があります。この SRAM
テストの実行には単純なチェッカーボード法を使用します。
このテストはスタートアップ手続き時に実行して SRAM 領域全体をテストできます。また, コード実行中に
サブブロックを定期的にテストすることも可能です。ただし, このテスト終了時にはデータが破壊さること
に注意が必要です。
このテストはすべての RAM 領域が対象なので, このテストでは変数を使用しないことが推奨されています。
そのため, レジスタテストの実装にはアセンブリ言語が使用されています。またこのテストは非常に重要な
ので, RAM テストでエラーが検出されるとプログラムが無限ループに入るように設計されています。
1 ワードのデータをテストする手順を以下に示します。
Figure 4-17 チェッカーボード法による 1 ワードのテスト
開始
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
0x55555555をRA
M領域のアドレス
に書き込み
0xAAAAAAAAをRA
M領域のアドレスに
書き込み
書き込みデータを
検証
書き込み
データを検証
終了
31
A P P L I C A T I O N
N O T E
API の定義
4.6.2
名称
iec60730_ram_test
StartAddr(R0):開始 RAM アドレス
パラメータ
EndAddr(R1):終了 RAM アドレス
リターン.
なし
説明:
この API はチェッカーボード法で SRAM 領域をテストします。すなわち, 『0』と『1』を交互にメモリに
書き込み, 書き込まれたデータを読み出すことで書込みが正しく行われたかを検証します。このテストはス
タック故障と DC 故障を検出できます。
このテストはスタートアップ手続きで呼び出すか, 定期的に呼び出すことが可能です。ただしテスト終了後
にデータは保存されません。
4.7
IO テスト
FM0+ MCU には 8 個までの IO ポート(ポート 0~ポート 8)があり, ポートごとに 16 個のチャネルがあります。
これらのポートは, パッケージに対応した構成となっています。
テストの説明
4.7.1
クラス B の要件を満たすためには, GPIO に対して『機能エラー』のチェックを行う必要があります。
したがって, 入力, 出力機能の双方に対して機能テストが行われます。IO の方向はエラー! 参照元が見つか
りません。に示す IO
レジスタで設定できます。GPIO の詳細な設定に関してはペリフェラルマニュアルを参照してください。
■
■
入力 IO 設定: ADE=0, PFR=0, DDR=0
出力 IO 設定: ADE=0, PFR=0, DDR=1
Table 4-2
IO 機能の構成
I/O ポートの機能
使用可能なメイン機能
使用可能なサブ機能
ADE/
SPSR
PFR
DDR
PCR
-
-
切断
0
有効
1
切断
特殊な端子
アナログ入力
USB
N/A
1
水晶
GPIO 入力端子
GPIO 出力端子
周辺機能出力端子
周辺機能双方向端子
周辺機能入力端子
周辺機能入力端子
0
GPIO 機能入力端子(FB)
周辺機能入力端子(FB)
GPIO 機能入力端子(FB)
周辺機能入力端子(FB)
GPIO 機能入力端子(FB)
周辺機能入力端子(FB)
GPIO 機能入力端子
切断
0
1
-
有効
有効
IO 入力テストは, 選択した IO 入力値の PDIR に保存された値が期待値と同じかどうかをチェックします。
IO 出力テストは, PDOR に保存された出力値が正しいかどうかをチェックします。これらのテストは
32
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
N O T E
スタートアップ手続きの中で機能テストとして実行されなければなりません。
Figure 4-18
4.7.2
IO 入力/出力テストのフローチャート
API の定義
名称
IEC60730_GPIOOutputTest
Port:ポート番号
パラメータ
Bit:ビット番号
Value:出力値
0: IEC60730_TEST_NORMAL
リターン
1: IEC60730_TEST_FUNC_ERROR
2: IEC60730_TEST_PARA_ERROR
説明:
この API は, 出力端子のレベルを設定し, 読み出した値が期待値どおりであるかをチェックすることで,
GPIO 出力テストを実行します。
名称
IEC60730_GPIOInputTest
Port:ポート番号
パラメータ
Bit:ビット番号
Value:期待される端子レベル
0: IEC60730_TEST_NORMAL
リターン
1: IEC60730_TEST_FUNC_ERROR
2: IEC60730_TEST_PARA_ERROR
説明:
この API は, 入力ピンから値を読み取り, その値が期待値どおりであるかをチェックすることで, GPIO 入力
テストを実行します。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
33
A P P L I C A T I O N
4.8
N O T E
AD テスト
FM0+ MCU には 12 ビットの AD モジュールが集積されています。最大 3 ユニットで 16 チャネルです。
4.8.1
テストの説明
クラス B の要件を満たすためには, AD に対して『機能エラー』のチェックを行う必要があります。この
テストは, 選択された AD チャネルから AD 信号を取得し, AD 変換された値が期待範囲内であるかを
チェックします。
スキャンモードを使用し, 複数チャネルを同時にテスト可能です。1 つのチャネルをチェックする AD テスト
のフローチャートを次の図に示します。
Figure 4-19
4.8.2
AD テストのフローチャート
API の定義
名称
IEC60730_ADTest
ADTest_Info: a ad_test_info_t 構造体
typedef struct ad_test_info {
パラメータ
uint8_t ADUnit;
/* unit num, 8/10 bit A/D -> 0/1/2 */
uint8_t *Ch;
/* pointer to AD channel num */
uint8_t ChSize;
/* channel size */
uint16_t *ExpLowerValue;
/* pointer to expected lower value */
uint16_t *ExpUpperValue;
/* pointer to expected upper value */
} ad_test_info_t;
0: IEC60730_TEST_NORMAL
リターン
1: IEC60730_TEST_FUNC_ERROR
2: IEC60730_TEST_PARA_ERROR
説明:
この API は, AD 変換の結果が期待範囲内であるかどうかをチェックする, AD テストが実装されています。
このテストはスタートアップ手続き中に実行されなければなりません。
34
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
5.
N O T E
サンプルプロジェクト
IAR と Keil IDE に 対 応 し た 2 つ の デ モ プ ロ ジ ェ ク ト を 示 し ま す 。 こ の 章 で は 例 と し て
SK-FM0P-48LQFP-9AF160K V1.0.0 を使用した IAR 用のデモプロジェクトを紹介し, IEC60730 STL を実際のシ
ステムにどのように統合するかを説明します。SK-FM0-64L-S6E1C3 V10 および SK-FM0-100L-S6E1B8 V10
を利用する場合、関連する *.icf ファイルと IDE 設定オプションにて定義されているフラッシュローダファ
イルを修正ください。
(board.h ファイルを参照ください。
)
5.1
ユーザ設定
ユーザは最初に IEC60730_user.h ファイル内の定義を設定しなければなりません。
5.1.1
定義『IEC60730_FLASHTEST_USE_CRC16』
フラッシュテストに CRC16 演算を使用する場合は, この定義を有効にします。フラッシュテストに CRC32
演算を使用する場合は, この定義を無効にします。
このデモプログラムでは CRC16 演算を使用します。
5.1.2
定義『IEC60730_CLKTEST_USE_CSV』
クロックテストの実行に CSV を使用する場合は, この定義を有効にします。そうでない場合は, サブクロッ
クで駆動されるウォッチカウンタを標準タイマとしてクロックテストが実行されます。
このデモプログラムでは後者の方法が示されます。
5.1.3
利用するボードの定義
SK-FM0P-48LQFP-9AF160K を 用 い る 場 合 、 “#define
SK_FM0P_48LQFP_9AF160K_V1_0_0 1” を 、
SK-FM0-64L-S6E1C3 V10 を用いる場合、“#define SK_FM0_64L_S6E1C3_V1_0 1”を、
SK-FM0-100L-S6E1B8 V10 を用いる場合、“#define SK_FM0_100L_S6E1B8_V1_0 1”を
有効にしてください。
5.2
プロジェクトの構造
クラス B STL ルーチンは 2 つのメインプロセス, つまりスタートアップと定期的セルフテストに分かれて
います。定期的テストは適用される前にセットアップブロックにより初期化されなければなりません。
5.2.1
スタートアップセルフテスト
PC, レジスタ, SRAM テストはすべてスタートアップセルフテストで, リセットハンドラで呼び出されなけ
ればなりません。 フラッシュ, AD, IO は, プログラムがメインファンクションにジャンプした後, システム
クロックの初期化後にテストできます。
AD テストでは、チャネル 00、03( SK-FM0P-48LQFP-9AF160K V1.0.0)
、またはチャネル 00(ポテンシオ
メータ入力、SK-FM0-64L-S6E1C3 V10 および SK-FM0-100L-S6E1B8 V10)が利用されます。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
35
A P P L I C A T I O N
N O T E
テストの定期的初期化
5.2.2
割込みテストとクロックテストはテスト開始前に初期化されなければなりません。
■
割込みテスト初期化
デュアルタイム割込みをリロードタイマ 0~3 のモニタに使用します。初期化設定パラメータを次の表に
示します。
Table 5-1 割込みテストの初期値
割込み間隔
デュアルタイマ割込み
標準度数
リロードタイマ 0
割込み名称
2.5ms
25ms
10
定義済み範囲
[8,12]
リロードタイマ 1
1ms
25ms
25
[22, 28]
リロードタイマ 2
500μs
25ms
50
[45,55]
リロードタイマ 3
250μs
25ms
100
[95,105]
■ クロックテストの初期化
CPU クロックは HCLK で, このシステムのデュアルタイマのソースクロックは PCLK0 (HCLK/2)に設定され
ています。したがってウォッチカウンタにより, デュアルタイマのソースクロックを CPU クロックの代わり
に間接的にテストすることができます。
ウォッチカウンタの割込み間隔は 0.5s, デュアルタイマの割込み間隔は 25ms になっているので, デュアル
タイマの標準度数は 20 であり許容範囲は 18 から 22 の間に設定されています。メインループの実行に
10 サイクルかかると仮定します。メインループの最小実行時間は 1/16000000 となるので, しきい値を
10000000 に設定します。
5.2.3
定期的なテスト
割込みおよびクロックテストはコード実行中に定期的に実行されなければなりません。
IEC60730_IntTest をデュアルタイマ割込みに統合し, IEC60730_IntCnt をそれぞれのリロードタイマ割込みに
統合します。
IEC60730_ClkTest を ウ ォ ッ チ カ ウ ン タ 割 込 み に , IEC60730_ClkCnt を デ ュ ア ル タ イ マ 割 込 み に ,
IEC60730_ClkMonInMainloop をメインループにそれぞれ統合します。
Figure 5-1 にクラス B ソフトウェアパッケージをこのアプリケーションソフトウェアにどのように統合する
かについての基本原則を示します。
36
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
Figure 5-1
N O T E
プロジェクトの構造
リセット
スタートアップセルフテスト(1)
X
(PC, レジスタ, SRAMテスト)
アプリケーション起動
システムクロック初
リロードタイマ0
リロードタイマ1
リロードタイマ2
リロードタイマ3
ISR
ISR
ISR
ISR
ユーザコード
ユーザコード
ユーザコード
ユーザコード
IEC60730_
IntCnt(0)
IEC60730_
IntCnt(1)
IEC60730_
IntCnt(2)
IEC60730_
IntCnt(3)
ユーザコード
ユーザコード
ユーザコード
ユーザコード
リターン
リターン
リターン
リターン
期化
スタートアップセルフテスト(2)
(CRC, AD, IOテスト)
X
ユーザ周辺機器と機能の初
期化
X
クロックと割込みの初期化
メインループ
ウォッチカウンタ
デュアルタイマ
ISR
ISR
ユーザコード
ユーザコード
IEC60730_
ClkTest()
IEC60730_
IntTest()
ユーザコード
ユーザコード
リターン
リターン
ユーザモジュール1
IEC60730_
ClkMonInMainloop()
X
ユーザモジュール2
…
5.3
サンプルコード
スタートアップファイル
5.3.1
■
リセットハンドラ
Figure 5-2
リセットハンドラのサンプルコード
Reset_Handler
BL
BL
LDR
LDR
BL
iec60730_reg_test ; after reset, test register first
iec60730_pc_test
; test pc
R0, =0x20000000
; set RAM start address
R1, =0x200017FF
; set RAM end address
iec60730_ram_test ; test all D-RAM area
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
37
A P P L I C A T I O N
N O T E
メインファイル
5.3.2
■
メインファンクション
Figure 5-3
メインファンクションのサンプルコード
uint32_t main(void)
{
uint32_t sw_crc;
uint8_t a[10] = {0x00,0x11,0x22,0x33,0x44,0x55,0x66,0x77,0x88,0x99};
/* Use CSV to implement clock test */
#ifdef IEC60730_CLKTEST_USE_CSV
uint16_t reg_rst_str;
fcs_mon_info_t fcs_mon_info = {FCS_MON_DISABLE, 5};
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_CheckCSVStat(&reg_rst_str))
{
while(1);
}
IEC60730_InitCSV(CSV_MCLK_MON_ENABLE, CSV_SCLK_MON_ENABLE, fcs_mon_info);
#endif
SystemInit();
#ifdef IEC60730_FLASHTEST_USE_CRC16
/* use software CRC16 to calculate expected crc first,
then verify if the CRC code calculated by hardware is same with expected crc */
sw_crc = IEC60730_SoftwareCRC16Gen(a, sizeof(a));
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_SoftwareCRC16Test(a, sizeof(a), sw_crc))
{
while(1);
}
#else
/* use software CRC32 to calculate expected crc first,
then verify if the CRC code calculated by hardware is same with expected crc */
sw_crc = IEC60730_SoftwareCRC32Gen(a, sizeof(a));
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_SoftwareCRC32Test(a, sizeof(a), sw_crc))
{
while(1);
}
#endif
/* GPIO output test */
#ifdef SK_FM0P_48LQFP_9AF160K_V1_0_0
/*
* test P61 (control LED)
* Test LED_PORT Output
*/
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_GPIOOutputTest(LED_PORT,LED_PIN,TEST_PIN_LOW))
{
while(1);
}
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_GPIOOutputTest(LED_PORT,LED_PIN,TEST_PIN_HIGH))
{
while(1);
}
#endif
38
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
N O T E
#if (SK_FM0_64L_S6E1C3_V1_0 || SK_FM0_100L_S6E1B8_V1_0)
/* Test LED_R_PORT Output */
if(IEC60730_TEST_NORMAL!=IEC60730_GPIOOutputTest(LED_R_PORT,LED_R_PIN,TEST_PIN_HIGH))
{
while(1);
}
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_GPIOOutputTest(LED_R_PORT,LED_R_PIN,TEST_PIN_LOW))
{
while(1);
}
/* Test LED_G_PORT Output */
if(IEC60730_TEST_NORMAL!=IEC60730_GPIOOutputTest(LED_G_PORT,LED_G_PIN,TEST_PIN_HIGH))
{
while(1);
}
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_GPIOOutputTest(LED_G_PORT,LED_G_PIN,TEST_PIN_LOW))
{
while(1);
}
/* Test LED_B_PORT Output */
if(IEC60730_TEST_NORMAL!=IEC60730_GPIOOutputTest(LED_B_PORT,LED_B_PIN,TEST_PIN_HIGH))
{
while(1);
}
if(IEC60730_TEST_NORMAL!=IEC60730_GPIOOutputTest(LED_B_PORT,LED_B_PIN,TEST_PIN_LOW))
{
while(1);
}
#endif
/* GPIO input test
* test P04
* test P0F
*/
#ifdef SK_FM0P_48LQFP_9AF160K_V1_0_0
/* Test GPIO P04 input */
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_GPIOInputTest(PORT_NUM_0, BIT_NUM_4, TEST_PIN_HIGH))
{
while(1);
}
/* Test GPIO P0F input */
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_GPIOInputTest(PORT_NUM_0, BIT_NUM_F, TEST_PIN_HIGH))
{
while(1);
}
#endif
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
39
A P P L I C A T I O N
N O T E
#ifdef SK_FM0_100L_S6E1B8_V1_0
/* Test GPIO P08 input */
bFM0P_LCDC_LCDCC3_PICTL = 1;
FM0P_GPIO->ADE &= ~(1<<23);
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_GPIOInputTest(PORT_NUM_0, BIT_NUM_8, TEST_PIN_HIGH))
{
while(1);
}
#endif
#ifdef SK_FM0_64L_S6E1C3_V1_0
/* Test GPIO P53 input */
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_GPIOInputTest(PORT_NUM_5, BIT_NUM_3, TEST_PIN_HIGH))
{
while(1);
}
#endif
/* Init LEDs */
LED_Init();
/* Init Buttons */
Button_Init();
#ifdef SK_FM0P_48LQFP_9AF160K_V1_0_0
/* AD test - Check if input is in expected range.
*
Steps - 1.Connect AN00 test pin (P10-NO.25)to VCC
*
- 2.Connect AN03 test pin (P13-NO.28)to GND
*
- This ADTest function will sample the analog value and compare
*
with the set range
*/
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_ADTest(ADC_UNIT0, CH00, 0xFFA, 0x1000))
{
while(1);
}
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_ADTest(ADC_UNIT0, CH03, 0x000, 0x010))
{
while(1);
}
#endif
#if (SK_FM0_64L_S6E1C3_V1_0)
/* AD test - Check if input is in expected range.
*
Steps - <<For SK_FM0_100L_S6E1B8_V1_0 and SK_FM0_64L_S6E1C3_V1_0>>
*
- Rotate pot RP1 to the middle first, setting the target value to 0x800.
*
- Set expected range to 0x700~0x900
*
- This ADTest function will sample the potentio value and compare
*
with the set range
*/
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_ADTest(ADC_UNIT0, CH00, 0x700, 0x900))
{
while(1);
}
40
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
N O T E
#elif (SK_FM0_100L_S6E1B8_V1_0)
/* AD test - Check if input is in expected range.
*
Steps - <<For SK_FM0_100L_S6E1B8_V1_0 and SK_FM0_64L_S6E1C3_V1_0>>
*
- Rotate pot RP1 to the middle first, setting the target value to 0x800.
*
- Set expected range to 0x700~0x900
*
- This ADTest function will sample the potentio value and compare
*
with the set range
*/
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_ADTest(ADC_UNIT0, CH19, 0x700, 0x900))
{
while(1);
}
#endif
/* Interrupt test initialization */
IEC60730_IntTestInit(IntTest_Freq,
¥
IntTest_FreqLower,¥
IntTest_FreqUpper,¥
IntTest_FreqInit, ¥
sizeof(IntTest_Freq)/sizeof(uint32_t));
#ifndef IEC60730_CLKTEST_USE_CSV
/* clock test initialization
* test CPU clock by checking if the 25ms interval time is set for dual timer,
* the occurrence frequency of dual-time is about 20 per 500ms(produced by watch counter)
* 1 cycle time = (1/40MHz). Assume it takes 10 cycles to implement main loop.
*/
IEC60730_ClkInit(18, 22, 10000000);
/* Initialize watch-counter */
WTC_Init();
#endif
/* Initialize dual-timer */
DT_Init();
/* Initialize 4 base-timers */
BT_Init();
/* Main Loop */
while(1)
{
/* Wait for timer tick- LED will keep blinking */
/* Dual-Timer Tmr1Tick-25ms */
if(40 == Tmr1Tick)
{
LED_Twinkle();
Tmr1Tick = 0;
// clear timer tick
}
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
41
A P P L I C A T I O N
N O T E
#ifndef IEC60730_CLKTEST_USE_CSV
/* monitor watch counter interrupt */
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_ClkMonInMainloop())
{
while(1);
}
#endif
}
}
■
デュアルタイマ ISR
Figure 5-4
デュアルタイマ ISR
void DT_QDU_IRQHandler(void)
{
if(1 == FM0P_DTIM->TIMER1RIS&0x01)
{
FM0P_DTIM->TIMER1INTCLR = 1;
#ifndef IEC60730_CLKTEST_USE_CSV
/* count the clock tick
*/
IEC60730_ClkCnt();
#endif
/* Set timer tick for LEDs */
Tmr1Tick++;
/* implement interrupt test */
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_IntTest())
{
while(1);
}
}
}
■
ウォッチカウンタ ISR
Figure 5-5
ウォッチカウンタ ISR
void Wc_IrqHandler(void)
{
if(1 == bFM0P_INTREQ_IRQ24MON_WCINT)
{
/* Clear interrupt flag
*/
FM0P_WC->WCCR &= 0xFE;
/* implement clock test
*/
if(IEC60730_TEST_NORMAL != IEC60730_ClkTest())
{
while(1);
}
}
}
42
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
■
N O T E
リロードタイマ ISR
Figure 5-6
リロードタイマ ISR
(S6E1A1、S6E1B8 の場合)
void BT0_3_FLASH_IRQHandler(void)
{
if(FM0P_BT0_RT->STC&0x01)
{
FM0P_BT0_RT->STC = FM0P_BT0_RT->STC & 0xFE;
IEC60730_IntCntPro(0);
/* count frequency value for interrupt 0 */
}
else if(FM0P_BT1_RT->STC&0x01)
{
FM0P_BT1_RT->STC = FM0P_BT1_RT->STC & 0xFE;
IEC60730_IntCntPro(1);
/* count frequency value for interrupt 1 */
}
else if(FM0P_BT2_RT->STC&0x01)
{
FM0P_BT2_RT->STC = FM0P_BT2_RT->STC & 0xFE;
IEC60730_IntCntPro(2);
/* count frequency value for interrupt 2 */
}
else if(FM0P_BT3_RT->STC&0x01)
{
FM0P_BT3_RT->STC = FM0P_BT3_RT->STC & 0xFE;
IEC60730_IntCntPro(3);
/* count frequency value for interrupt 3 */
}
}
(S6E1C3 の場合)
void BT0_4_IRQHandler(void)
{
FM0P_BT0_RT->STC = FM0P_BT0_RT->STC & 0xFE;
IEC60730_IntCntPro(0);
/* count frequency value for interrupt 0 */
}
void BT1_5_IRQHandler(void)
{
FM0P_BT1_RT->STC = FM0P_BT1_RT->STC & 0xFE;
IEC60730_IntCntPro(1);
/* count frequency value for interrupt 1 */
}
void BT2_6_IRQHandler(void)
{
FM0P_BT2_RT->STC = FM0P_BT2_RT->STC & 0xFE;
IEC60730_IntCntPro(2);
/* count frequency value for interrupt 2 */
}
void BT3_7_IRQHandler(void)
{
FM0P_BT3_RT->STC = FM0P_BT3_RT->STC & 0xFE;
IEC60730_IntCntPro(3);
/* count frequency value for interrupt 3 */
}
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
43
A P P L I C A T I O N
N O T E
STL の API の性能
6.
Table 6-1
STL API の性能
実行時間
API 名称
(サイクル)
使用
使用
スタック
ROM
使用 RAM
(バイト)
(バイト)
(バイト)
(グローバル変数)
iec60730_pc_test
48
0
200
0
iec60730_reg_test
222
0
604
0
8
62
0
4
46
0
4
98
20
IEC60730_IntTestInit
IEC60730_IntCntPro
IEC60730_IntTest
81
(4 割込み)
22
168
(4 割込み)
IEC60730_ClkCnt
14
4
36
0
IEC60730_ClkTest
43
8
84
32
IEC60730_ClkMonInMainloop
43
8
76
0
IEC60730_ClkTestReset
15
0
32
0
IEC60730_InitCSV
62
16
264
0
IEC60730_CheckCSVStat
11
4
80
0
IEC60730_HardwareCRC16Gen
IEC60730_HardwareCRC16Test
IEC60730_SoftwareCRC16Gen
IEC60730_SoftwareCRC16Test
IEC60730_HardwareCRC32Gen
191
(10 バイトデータ)
199
(10 バイトデータ)
169
(10 バイトデータ)
176
(10 バイトデータ)
104
(16 バイトデータ)
66+
16
512
0
(CRC テーブル)
8
22
0
48+
8
1024
0
(CRC テーブル)
8
20
0
0
80
0
IEC60730_HardwareCRC32Test
127
28
288
0
IEC60730_SoftwareCRC32Gen
136
36
320
0
IEC60730_SoftwareCRC32Test
1014
76
876
0
iec60730_ram_test
48
0
200
0
IEC60730_GPIOOutputTest
222
0
604
0
8
62
0
4
46
0
IEC60730_GPIOInputTest
IEC60730_ADTest
81
(4 割込み)
22
注意:
1.
コードの実行サイクルは通常の動作状態でテストします。
2.
この STL の ROM サイズは 5152 バイトです。(フラッシュテストには CRC16, クロックテストには
ウォッチカウンタを使用します)。
3
このファイルは IAR Embedded Workbench IDE V7.10 を用い、コンパイルオプションの
オプションレベルを“Low”にしてコンパイルしています。
44
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
7.
N O T E
参照文書
[1]. IEC 60730-1 Reference Manual Edition3.2, 2007
[2]. ARMv7-M Architecture Application Level Reference Manual, 2008
[3]. Cortex-M0P r0p1 Technical Reference Manual, 2012
[4]. S6E1A1-DS710-00001 (FM0+ Family - S6E1A1 Series Data Sheet)
[5]. S6E1C3_DS710-00005 (FM0+ Family - S6E1C3 Series Data Sheet)
[6]. S6E1B3_DS710-00004 (FM0+ Family - S6E1B3 Series Data Sheet)
[7]. Spansion 32-bit Microcontroller FM0+ Peripheral Manual, 2013
[8]. IAR SYSTEM Technical Note 65473 – IELFTOOL Checksum – Basic actions
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
45
A P P L I C A T I O N
8.
N O T E
付録
8.1
フラッシュの CRC コード作成方法
4.1 不揮発性メモリのテストで使用するデータ/プログラムの CRC コードの生成方法について、IAR Embedded
Workbench の例を以下に説明します。詳細は IAR のマニュアル(テクニカルノート Note 65473 – IELFTOOL
Checksum – Basic actions)を参照してください
8.1.1
コマンドラインの起動
「プロジェクト」→「オプション」→「リンカ」→「追加オプション」タブを選択し、"コマンドライン
オプションの使用"にチェックを入れます。
8.1.2
コマンドの入力
1. --place_holder コマンド
CRC コードを作成して ROM にセクションを生成する為に、"--place_holder"オプションを使用します。
セクションのサイズを 4byte、アライメントを 1 に設定するため下記のコマンドを設定します。
--place_holder __checksum,4,.checksum,1
46
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
N O T E
2. --fill コマンド
CRC コードを作成するためには、対象領域の未使用領域に対して任意の値をフィルする必要があります。
そのために、"--fill"コマンドを使用します。対象領域 0x00000000-0x00003FFF にフィル値 0xFF を設定する
コマンドは以下の設定となります。
--fill 0xFF;0x0000-0x3FFF
対象領域 0x00000000-0x00003FFF、0x5000-0x5FFF、0x6500-0x6FFF にフィル値 0xFF を設定するコマンドは
以下の設定となります。
--fill 0xFF;0x0-0x3FFF;0x5000-0x5FFF;0x6500-0x6FFF
3.--checksum コマンド
使用する CRC のアルゴリズムを設定します。CRC コードを格納するシンボル名を__checksum、サイズを 4byte、
ア ル ゴ リ ズ ム を CRC32 、 計 算 を LSB first 、 CRC コ ー ド を 0xFFFFFFFF で 初 期 化 、 対 象 領 域
0x00000000-0x00003FFF、0x5000-0x5FFF、0x6500-0x6FFF の設定をするコマンドは以下のようになります。
--checksum __checksum:4,crc32:mi,0xffffffff;0x0-0x3FFF;0x5000-0x5FFF;0x6500-0x6FFF
0.,0.,0.を入力した後、"OK"を押してウィンドウを閉じます。
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
47
A P P L I C A T I O N
8.1.3
N O T E
メッセージウィンドウ表示内容の設定
メイク時のメッセージをメッセージウィンドウへ表示するように設定します。
「ツール」→「オプション」→「メッセージ」を選択します。"ビルドメッセージの表示(S):" のコンボ
ボックスで "全て" を選択します。右下の"OK"または"適用"ボタンを押します。
8.1.4
リンカ設定ファイルの設定
生成した CRC コードをフラッシュメモリに格納するため、リンカ設定ファイルに設定を追加します。例えば
製品型格“S6E1A11x0A”を用いるとき、debug モードの場合は” S6E1A11x0A_ram.icf”ファイル、release モー
ドの場合は” S6E1A11x0A.icf”ファイルを修正します。0x8000 番地に CRC コードを格納する場合は以下の設
定を追加します。
define symbol __ICFEDIT_checksum_start__ = 0x00008000;
place at address mem: __ICFEDIT_checksum_start__ { readonly section .checksum };
48
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
8.1.5
N O T E
CRC コード作成
メイク(ビルド) を実行し、CRC コードが作成されたことを確認します。
- 以上 -
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
49
A P P L I C A T I O N
9.
N O T E
主な変更内容
ページ
場所
変更箇所
Revision 1.0
-
50
CONFIDENTIAL
-
Initial release
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
A P P L I C A T I O N
N O T E
MCU-AN-510126-J-10
Cypress  Application Note
FM0+ Family
32-BIT MICROCONTROLLER
IEC60730 Class B 準拠 セルフテストライブラリ
アプリケーションノート
September 2015 Rev. 1.0
Published:
Edited:
Cypress Semiconductor Corp.
コーポレートコミュニケーション部
September 11, 2015, MCU-AN-510126-J-10
CONFIDENTIAL
51
A P P L I C A T I O N
N O T E
免責事項
本資料に記載された製品は、通常の産業用, 一般事務用, パーソナル用, 家庭用などの一般的用途 (ただし、用途の限定はあ
りません) に使用されることを意図して設計・製造されています。(1) 極めて高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が
確保されない場合、社会的に重大な影響を与えかつ直接生命・身体に対する重大な危険性を伴う用途 (原子力施設における
核反応制御, 航空機自動飛行制御, 航空交通管制, 大量輸送システムにおける運行制御, 生命維持のための医療機器, 兵器シ
ステムにおけるミサイル発射制御等をいう) 、ならびに(2) 極めて高い信頼性が要求される用途 (海底中継器, 宇宙衛星等を
いう) に使用されるよう設計・製造されたものではありません。上記の製品の使用法によって惹起されたいかなる請求また
は損害についても、Cypress は、お客様または第三者、あるいはその両方に対して責任を一切負いません。半導体デバイス
はある確率で故障が発生します。当社半導体デバイスが故障しても、結果的に人身事故, 火災事故, 社会的な損害を生じさ
せないよう、お客様において、装置の冗長設計, 延焼対策設計, 過電流防止対策設計, 誤動作防止設計などの安全設計をお願
いします。本資料に記載された製品が、外国為替及び外国貿易法、米国輸出管理関連法規などの規制に基づき規制されてい
る製品または技術に該当する場合には、本製品の輸出に際して、同法に基づく許可が必要となります。
商標および注記
このドキュメントは、断りなく変更される場合があります。本資料には Cypress が開発中の Cypress 製品に関する情報が記
載されている場合があります。Cypress は、それらの製品に対し、予告なしに仕様を変更したり、開発を中止したりする権
利を有します。このドキュメントに含まれる情報は、現状のまま、保証なしに提供されるものであり、その正確性, 完全性,
実施可能性および特定の目的に対する適合性やその市場性および他者の権利を侵害しない事を保証するものでなく、また、
明示, 黙示または法定されているあらゆる保証をするものでもありません。Cypress は、このドキュメントに含まれる情報を
使用することにより発生したいかなる損害に対しても責任を一切負いません。
Copyright © 2015 Cypress Semiconductor Corp. All rights reserved.
商標:Cypress, Cypress ロゴ, Spansion®, Spansion ロゴ (図形マーク), MirrorBit®, MirrorBit® Eclipse™, ORNAND™, Easy
DesignSim™, Traveo™ 及びこれらの組合せは、米国・日本ほか諸外国における Cypress Semiconductor Corp.の商標です。第三
者の社名・製品名等の記載はここでは情報提供を目的として表記したものであり、各権利者の商標もしくは登録商標となっ
ている場合があります。
52
CONFIDENTIAL
MCU-AN-510126-J-10, September 11, 2015
Similar pages