AK9750

[AK9750]
AK9750
IR Sensor IC with I2C I/F
1. 概 要
AK9750は、4つの量子型赤外線センサと特性補正用LSIを内蔵した超低消費電力の小型・薄型の赤外線
センサです。4つの赤外線センサ出力は16ビットの分解能でデジタル出力されます。各センサのオフセ
ットと感度ばらつきは出荷時に補正されており、システムでの調整は不要です。視野角制限機能及び光
学フィルタを内蔵しており、人感センサ等の用途に最適です。
2.

4素子搭載 量子型赤外線センサ

高分解能16-bitデジタル出力

温度計内蔵:

割り込み通知機能:
特 長
-10 ~ 60ºCの範囲をI2Cバスに出力可能
測定データが読出し可能になった時、及びセンサの出力差が設定された閾値を超えた場合、INT
pinがアクティブとなるように設定可能。

スイッチモード(スタンドアローンモード)搭載:
システムの調整工程においてセンサ出力差閾値を内蔵EEPROMに書き込むことで本閾値を超
えた時に判定結果がINT pinに出力されます。I2Cバスでの制御が不要なので、ホストMCUの無
いシステムに最適です。

低電圧動作:
VDD:
1.71 ~ 3.63V
DVDD: 1.65V ~ VDD

低消費電流:
Max. 100 µA (連続測定モード0 設定時)
Max. 1µA (パワーダウンモード時)

小型・薄型パッケージ:
10-pin SON
視野角制御機能、光学フィルタ付き
015002891-J-01
2015/10
-1-
[AK9750]
3.
目 次
概 要.................................................................................................................................................. 1
特 長.................................................................................................................................................. 1
目 次.................................................................................................................................................. 2
ブロック図と機能説明 ........................................................................................................................ 3
4.1. ブロック図 ................................................................................................................................... 3
4.2. ブロック機能説明 ........................................................................................................................ 3
5. ピン配置と機能説明 ............................................................................................................................ 4
5.1. ピン配置 ....................................................................................................................................... 4
5.2. ピン機能説明 ............................................................................................................................... 4
6. IRセンサの配置図 ............................................................................................................................... 5
6.1. IRセンサの配置 ............................................................................................................................ 5
6.2. 各IRセンサの観測エリア ............................................................................................................. 5
7. 絶対最大定格 ....................................................................................................................................... 6
8. 推奨動作条件 ....................................................................................................................................... 6
9. 電源条件 .............................................................................................................................................. 7
10.
電気的特性....................................................................................................................................... 8
10.1.
アナログ回路特性 .................................................................................................................... 8
10.2.
デジタル回路特性 .................................................................................................................... 9
11.
機能説明 ........................................................................................................................................ 12
11.1.
電源状態 ................................................................................................................................. 12
11.2.
リセット機能 .......................................................................................................................... 12
11.3.
動作モード ............................................................................................................................. 13
11.4.
各動作モードの説明 ............................................................................................................... 16
11.5.
測定データの読み出し ........................................................................................................... 18
12.
シリアルインターフェイス ........................................................................................................... 22
12.1.
データ転送 ............................................................................................................................. 22
13.
メモリマップ ................................................................................................................................. 28
14.
レジスタ機能説明 .......................................................................................................................... 30
15.
EEPROM機能説明......................................................................................................................... 38
16.
初回データ確定時間 ...................................................................................................................... 39
17.
データサンプリング周期 ............................................................................................................... 39
18.
センサ出力 (参考値) ..................................................................................................................... 40
19.
分光感度 (参考値) ......................................................................................................................... 40
20.
視野角 (参考値) ............................................................................................................................. 41
21.
外部接続回路例 ............................................................................................................................. 42
22.
パッケージ..................................................................................................................................... 43
22.1.
外形寸法図 ............................................................................................................................. 43
22.2.
ランドパターン ...................................................................................................................... 44
22.3.
マーキング ............................................................................................................................. 45
23.
オーダリングガイド ...................................................................................................................... 46
24.
改訂履歴 ........................................................................................................................................ 46
重要な注意事項 ........................................................................................................................................ 47
1.
2.
3.
4.
015002891-J-01
2015/10
-2-
[AK9750]
4.
ブロック図と機能説明
4.1. ブロック図
Figure 4.1. AK9750 Block Diagram
4.2. ブロック機能説明
Block Name
4 x IR
MUX
TIA
AMP
Temperature Sensor
ADC
I2C Interface
EEPROM
OSC
POR
Table 4.1. ブロック機能説明
Function
4つのIRセンサ素子
マトリックススイッチ
IRセンサからの出力電流を電圧へ変換します。
可変ゲインアンプです。電圧に変換されたセンサ信号のゲイン調整を行います。
センサの温度を測定します。
IRセンサの各出力及び内蔵温度計の出力をA/D変換します。
外部のCPUとデータのやり取りを行います。
I2CバスインターフェイスはSCL pinとSDA pinの2つのピンを使います。
標準モードと高速モードの二つのモードをサポートしています。DVDD pinに
1.65Vを印加することで低電圧仕様をサポートします。
EEPROM
発振回路
パワーオンリセット回路
015002891-J-01
2015/10
-3-
[AK9750]
5. ピン配置と機能説明
5.1. ピン配置
VDD
1
10
VSS
CAD0
2
9
TEST
CAD1
3
8
DVDD
INT
4
7
SCL
PDN
5
6
SDA
Top View
Figure 5.1. ピン配置
5.2. ピン機能説明
Table 5.1 ピン機能説明
Pin
No.
1
Pin Name
I/O
Function
VDD
-
2
CAD0
I
3
CAD1
I
4
INT
O
5
PDN
I
6
SDA
I/O
7
SCL
I
入力のインターフェイス回路を除く回路全体の電源入力端子です。
スレーブアドレス0入力ピンです。VDDまたはVSSに接続してください。
同一バス上に同一アドレスのデバイスが複数存在しないように設定して
ください。
スレーブアドレス1入力ピンです。VDDまたはVSSに接続してください。
同一バス上に同一アドレスのデバイスが複数存在しないように設定して
ください。
割り込みピンです。
機能の設定は、割込み要因設定レジスタ(INTEN)で行います。
測定値読み出し準備完了時、又は上下のIRセンサの出力差か左右のセン
サの出力差が上限設定閾値以上になった場合、或いは下限設定閾値以下
になった場合、出力がアクティブになります。
INT pinは、抵抗でDVDD電位にプルアップし、他のオープンドレイン、
或いは、オープンコレクタ出力のデバイスとワイアードオア接続して使
用します。
パワーダウンピンです。PDN= “H”でAK9750はアクティブになります。
本端子はプルダウンもプルアップもされておりません。必ず、 “H”か “L”
の電圧レベルに接続してください。
SDA pinは双方向にシリアルデータ転送をする端子です。信号入力端子
と、N型トランジスタオープンドレイン出力端子から構成されています。
SDAピンは、抵抗でDVDD位にプルアップし、他のオープンドレイン、
或いは、オープンコレクタ出力のデバイスとワイアードオア接続して使
用します。
SCL pinはシリアルクロック入力端子です。SCLクロック入力信号の立ち
上がり、立ち下がりエッジで信号処理を行いますので、立ち上がり時間・
立ち下がり時間には十分注意を払い、仕様を守ってください。(tR, tFの
条件を満たすようにして下さい。)
SDA pinは、抵抗でDVDD電位にプルアップし、他のオープンドレイン、
或いは、オープンコレクタ出力のデバイスとワイアードオア接続して使
用します。
015002891-J-01
2015/10
-4-
[AK9750]
Pin
No.
8
9
10
Pin Name
I/Oへ
DVDD
TEST
VSS
I
-
Function
入力のインターフェイス回路用の電源入力端子です。
TEST pinです。GNDに接続してください。
GND pinです。GNDに接続してください。
6.
IRセンサの配置図
6.1. IRセンサの配置
AK9750が備えている4つのIRセンサは、Figure 6.1の様に配置されています。
IR sensor 1, 2, 3, 4の測定データをそれぞれ、IR 1, 2, 3, 4とします。
本データシート内では、IR sensor 1が配置されている方を上側、IR sensor 2が配置されている方を右側、
IR Sensor 3が配置されている方を下側、IR Sensor 4が配置されている方を左側と定義します。
Figure 6.1. IRセンサの配置
6.2. 各IRセンサの観測エリア
光学フィルタ付き視野角制限体によって各IRセンサは、Figure 6.2に示すエリアをそれぞれ観測します。
Area 1 (2, 3, 4)は、IR Sensor 1(2, 3, 4)が観測するエリアをそれぞれ示しています。各センサは対角方向
のエリアをそれぞれ検出します。
Figure 6.2. 各IRセンサの観測エリア
015002891-J-01
2015/10
-5-
[AK9750]
7.
(VSS=0V)
Parameter
電源電圧
入力電流
絶対最大定格
Symbol
V+
Iin
Min.
-0.6
-10
Max.
4.6
10
Unit
V
mA
Vin
-0.6
4.6
V
Tst
保存温度範囲
Note:
* 1. 入力電圧Vinは、(V+) + (0.6V)を超えない様、ご注意ください。
-30
85
ºC
Max.
3.63
3.63
VDD
85
Unit
V
V
V
ºC
入力電圧
(* 1)
VDD pin, DVDD pin
All pins
CAD0 pin, CAD1 pin, INT pin,
PDN pin, TEST pin, SCL pin,
SDA pin
注意: この値を超えた条件で使用した場合、デバイスを破壊することがあります。
また通常の動作は保証されません。
8. 推奨動作条件
(VSS=0V)
Parameter
電源電圧
(* 2)
通常動作時
EEPROM書き込み時
Symbol
VDD
EVDD
DVDD
Ta
Min.
1.71
3.00
1.65
-30
Typ.
3.3
3.3
3.3
25
デジタル電源電圧
動作温度範囲
Notes:
* 2. 必ず VDD ≧ DVDD の関係を満たすように使用してください。条件を満たさない場合、異常動作
の原因となる可能性があります。
* 3. 結露の無い環境でお使いください。
015002891-J-01
2015/10
-6-
[AK9750]
9. 電源条件
(特に記載の無い場合、VDD=1.71 ~ 3.63V, DVDD= 1.65V ~ VDD, Ta= -30 ~ 85ºC)
Parameter
Symbol Min. Typ. Max. Unit
VDD, DVDD, 及びPDN
VDD pin,
電源立ち上げ時間
PSUP
50
ms
が0.2Vから動作電圧にな
DVDD pin
(* 4, * 5)
るまでの時間
PSUP後、スタンバイモ
POR完了時間
VDD pin
PORT
3000
µs
(* 4, * 5)
ードになるまでの時間
PORが再始動する為の
VDD pin,
電源切断時電圧
SDV
0.2
V
DVDD pin
(* 5, * 6)
電源切断時の電圧
VDD pin,
電源投入インターパル PORが再始動する為の
PSINT 3000
µs
(* 4, * 5, * 6) SDV以下の電圧保持時間 DVDD pin
Notes:
* 4. 設計参考値であり、量産検査されません。
* 5. パワーオンリセット回路は、VDD電圧の立ち上がりを検出して内部回路をリセットし、レジスタを
初期値にします。リセット後、スタンバイモードになります。
* 6. 電源が降下→上昇する時に確実にPORが再始動するための条件です。本条件が満たされない場合、
リセット動作が正常に行われない時があります。
PORT: 3000µs
Stand-by Mode
Stand-by Mode
VDD/DVDD/PDN
SDV: 0.2V
0V
PSUP: 50ms
PSINT: 3000µs
Figure 9.1. 電源条件
015002891-J-01
2015/10
-7-
[AK9750]
10. 電気的特性
10.1. アナログ回路特性
(特に記載の無い場合、VDD= 1.71 ~ 3.63V, DVDD= 1.65V ~ VDD, Ta= -30 ~ 85ºC)
Parameter
Symbol
Min.
Typ.
16
IRデータ出力ビット数
無入力時IR出力コード
IR出力コード
4素子の相対感度ずれ
内蔵温度センサ出力ビット数
内蔵温度センサ測定範囲
内蔵温度センサ精度 (* 7)
視野角
平均消費電流
デジタルフィルタ
カットオフ周波数
4つのIRセンサの出力電流がゼロ
の場合。
・設計参考値です。
・量産検査されません。
・対象物温度Ttgt= 50ºC
・周囲温度 Ta= 23ºC ±3ºC
・二の補数形式
Ta= 23ºC ±3ºC
Max.
Unit
bit
-36
0
36
Code
2940H
2A1CH
2AF8H
Code
3.5
%
bit
-10
60
ºC
B980H
4380H
Code
-5.5
5.5
ºC
±66
deg(º)
SIDD
1
µA
IDD0
10
µA
IDD1
100
µA
IDD2
60
µA
IDD3
38
µA
IDD4
25
µA
9.7
Hz
-3.5
10
・内部温度に対しリニアな出力コ
ード
(Noise分除く)
・二の補数形式
Ta= 35ºC
上下(or 左右)を観測する2つの
IRセンサが観測している範囲
・設計参考値です。
・量産検査されません。
パワーダウンモード時
PDN= “L”
スタンバイモード時
PDN= “H”, EMODE[2:0] = “000”
連続測定モード0
PDN= “H”, EMODE[2:0] = “100”
連続測定モード1
PDN= “H”, EMODE[2:0] = “101”
連続測定モード2
PDN= “H”, EMODE[2:0] = “110”
連続測定モード3
PDN= “H”, EMODE[2:0] = “111”
レジスタにより、
n
Typ. Fc=8.8/2 (n=0 ~ 5)
の6段階で設定可能
FOV
Fc
±48
0.2
±55
Note:
* 7. 内蔵温度センサの出力精度は以下の式に従います。
Ta= 35ºCの時、内蔵温度センサ出力= (VDD-1.71) × 1.45+33.5±4.0 [ºC]
015002891-J-01
2015/10
-8-
[AK9750]
10.2. デジタル回路特性
10.2.1. EEPROM特性
(特に記載のない場合、VDD= 1.71 ~ 3.63V, DVDD= 1.65V ~ VDD, Ta= -30 ~ 85ºC)
Parameter
Symbol
Min.
Typ.
Retention Time
@Ta= 85ºC
Ehold
10
Endurance
1000
Note:
* 8. EEPROM書き込み時は、VDD(EVDD)= 3.0V以上にしてください。
Max.
Unit
years
times
10.2.2. DC特性
(特に記載のない場合、VDD= 1.71 ~ 3.63V, DVDD= 1.65V ~ VDD, Ta= -30 ~ 85ºC)
Parameter
Symbol
Min.
Typ.
Max.
PDN pin
VIH1
80%DVDD
高レベル入力電圧1
PDN pin
VIL1
20%DVDD
低レベル入力電圧1
SCL pin,
VIH2
70%DVDD
高レベル入力電圧2
SDA pin
SCL pin,
VIL2
-0.5
30%DVDD
低レベル入力電圧2
SDA pin
CAD1 pin,
VIH3
80%VDD
高レベル入力電圧3
CAD0 pin
CAD1 pin,
VIL3
20%VDD
低レベル入力電圧3
CAD0 pin
DVDD
DVDD pin
VIH4
80%VDD
高レベル入力電圧4
Monitor
DVDD pin
VIL4
0.2
低レベル入力電圧4
Function
ヒステリシス
入力電圧
(* 9)
低レベル出力電圧1
低レベル出力電圧2
DVDD ≥ 2V
DVDD < 2V
IOL= 3mA
DVDD ≥ 2V
IOL= 3mA
DVDD < 2V
SCL pin,
SDA pin
SDA pin,
INT pin
SDA pin,
INT pin
VHS
5%DVDD
10%DVDD
Unit
V
V
V
V
V
V
V
V
V
V
VOL1
0.4
V
VOL2
20%DVDD
V
Note:
* 9. 設計参考値であり、量産検査されません。
015002891-J-01
2015/10
-9-
[AK9750]
10.2.3. AC特性(1): 標準モード (100kHz動作モード)
(特に記載のない場合、VDD= 1.71 ~ 3.63V, DVDD= 1.65V ~ VDD, Ta= -30 ~ 85ºC)
Parameter
Symbol
Min.
Typ.
fSCL
SCL周波数
次命令入力までのSDAバス解放時間
スタートコンディションホールド時間
クロック “L”時間
クロック “H”時間
スタートコンディション
セットアップ時間
データインホールド時間
データインセットアップ時間
立ち上がり時間 (* 10)
立ち下がり時間 (* 10)
4.7
µs
tHD:STA
4.0
µs
tLOW
tHIGH
4.7
4.0
µs
µs
tSU:STA
4.7
µs
tHD:DAT
tSU:DAT
0
250
µs
ns
tR
1.0
µs
tF
0.3
µs
tSU:STO
4.0
µs
tWR
10
ms
10.2.4. AC特性(2): 高速モード (400kHz動作モード)
(特に記載のない場合、VDD= 1.71 ~ 3.63V, DVDD= 1.65V ~ VDD, Ta= -30 ~ 85ºC)
Parameter
Symbol
Min.
Typ.
fSCL
SCL周波数
次命令入力までのSDAバス解放時間
スタートコンディションホールド時間
クロック “L”時間
クロック “H”時間
スタートコンディション
セットアップ時間
データインホールド時間
データインセットアップ時間
立ち上がり時間 (* 11)
立ち下がり時間 (* 11)
Max.
400
Unit
kHz
fBUF
1.3
µs
tHD:STA
0.6
µs
tLOW
tHIGH
1.3
0.6
µs
µs
tSU:STA
0.6
µs
tHD:DAT
tSU:DAT
0
100
µs
ns
SDA pin,
SCL pin
SDA pin,
SCL pin
ストップコンディション
セットアップ時間
EEPROM 書き込み時間
Note:
* 11. 設計参考値であり、量産検査されません。
Unit
kHz
fBUF
SDA pin,
SCL pin
SDA pin,
SCL pin
ストップコンディション
セットアップ時間
EEPROM 書き込み時間
Note:
* 10. 設計参考値であり、量産検査されません。
Max.
100
tR
0.3
µs
tF
0.3
µs
tSU:STO
0.6
µs
tWR
10
ms
015002891-J-01
2015/10
- 10 -
[AK9750]
tHIGH
tF
tR
tLOW
SCL
tSU:STA
tHD:DAT
tHD:STA
tSU:DAT
tSU:STO
SDA IN
tDH
tBUF
SDA OUT
Figure 10.1. バスタイミング
SCL
SDA
8th bit
STOP
ACK
WORDn
START
tWR ≧ 10ms
Figure 10.2. EEPROM書き込み時間
015002891-J-01
2015/10
- 11 -
[AK9750]
11. 機能説明
11.1. 電源状態
VDD= OFF(0V) かつ DVDD= OFF(0V) の状態から、VDD pin とDVDD pin とPDN pinがONすると、
POR 回路によりパワーオンリセット(POR) が働き、全てレジスタが初期化され、スタンバイモードへ
移行します。ただし、状態2は、DVDD > VDD に設定しないでください。
状態
1
2
3
4
5
6
VDD pin
OFF(0V)
OFF(0V)
1.71 ~ 3.63V
1.71 ~ 3.63V
1.71 ~ 3.63V
1.71 ~ 3.63V
Table 11.1. 電源の状態と各機能の状態の関係
DVDD pin
PDN pin
I2C
INI pin
アナログ回路
OFF(0V)
“L”
Disable Unfixed
Power Down
1.65 ~ 3.63V
“H” or “L” Disable Unfixed
Power Down
OFF(0V)
“L”
Disable Unfixed
Power Down
OFF(0V)
“H”
Disable Unfixed
Power Down
1.65V ~ VDD
“L”
Disable
“H”
Power Down
1.65V ~ VDD
“H”
Enable
“H”
POR回路のみ動作
IDD
Unknown
Unknown
Unknown
Unknown
< 1µA
< 10µA
11.2. リセット機能
電源が投入状態は、常にDVDD ≤ VDDと成るように設定してください。
パワーオンリセット(POR) は、VDD が立ち上がり時に動作有効となるレベル (約1.4V: 設計参考値)に
達するまで働きます。POR 解除後は全てのレジスタは初期値に設定されており、スタンバイモードに
なります。
AK9750 には5 種類のリセット機能があります。
(1) パワーオンリセット(POR)
VDD の立ち上りを検出すると、POR 回路が動作し、AK9750 はリセットされます。
PDN pin= “L” で電源を立ち上げた場合は、POR 回路がパワーダウン状態のため、POR は掛かり
ません。
(2) ハードウェアリセット
PDN pin= “L” になるとAK9750 は、リセットされます。
(3) ソフトウェアリセット(レジスタ制御)
SRST ビットを設定するとAK9750 は、リセットされます。
(4) DVDD 監視リセット
DVDDがOFF(0.2V以下) になるとAK9750 は、リセットされます。
(5) VDD= 0V になるとAK9750 は、リセットされます。
AK9750 が、リセットされると全てのレジスタは、初期化されます。
015002891-J-01
2015/10
- 12 -
[AK9750]
11.3. 動作モード
11.3.1. 通常モード/スイッチモード
AK9750 には、大きく分けて通常モードとスイッチモードの2つのモードがあります。
通常モードは、I2C インターフェイスを用いて制御を行うモードです。4つのIR センサの出力及び内蔵
温度計の出力をデジタルデータで読み出す事ができます。INT出力も使用可能です。
スイッチモードは、I2Cインターフェイスを用いずにINT出力のみを使用するモードです。上下を観測す
るIRセンサの出力の差(IR1 - IR3)、若しくは、左右を観測するIRセンサの出力の差(IR2 - IR4)が、予め
EEPROMに設定された上限または、下限の閾値を観測するセンサの出力の差が超えた場合にINT出力が
アクティブになり、EEPROMに設定された範囲内にある場合はINT出力が非アクティブになります。INT
出力のチャタリングを防ぐ為に、閾値に対するヒステリシスをEEPROMにて設定可能です。高い確度を
必要としない離着席検知で十分な場合は、このモードを使用できます。
AK9750の通常モード/スイッチモードの切り換えは、CAD1ピン、CAD0ピンによって制御されます。
CAD1= CAD0= “H”に設定すると、スイッチモードになります。
I2Cインターフェイスを用いてAK9750を制御し、デジタル信号を出力させる場合(通常モード)では
CAAD1= CAD0= “H”以外に設定してください。CAD1= CAD0= “H”に設定した場合、正常に動作しませ
ん。
I2Cインターフェイスを用いずに、INT出力のみを使用する場合(スイッチモード)では、CAD1= “H”,
CAD0= “H”に設定してください。その際、SCL/SDA pinは、必ず “H”に固定し、I2Cインターフェイスの
アクセスを行わないようにしてください。
CAD1
0
0
1
1
Table 11.2. CAD0/CAD1 pin 設定とスレーブアドレスの関係
CAD0
I2C出力
スレーブアドレス
モード
0
Enable
64H
通常モード
1
Enable
65H
通常モード
0
Enable
66H
通常モード
1
Disable
(67H)
スイッチモード
015002891-J-01
2015/10
- 13 -
[AK9750]
11.3.2. 通常モード
通常モードには、8つのモードがあります。
<通常モード(CAD0= “L” or CAD1= “L”)>
(1) パワーダウンモード
(2) スタンバイモード
(3) 単発測定モード
(4) 連続測定モード0
(5) 連続測定モード1
(6) 連続測定モード2
(7) 連続測定モード3
(8) EEPROMアクセスモード
パワーダウンモード 内部回路を停止して、消費電流を抑えます。
PDN= “H”
EMODE[2:0]= “010”
EMODE[2:0]= “000”
自動的に遷移
EMODE[2:0]= “100”
EMODE[2:0]=“000”
EMODE[2:0]= “101”
EMODE[2:0]= “000”
スタンバイ
モード
EMODE[2:0]= “110”
EMODE[2:0]= “000”
EMODE[2:0]= “111”
EMODE[2:0]= “000”
EEPMODE= “1” and
EMODE[2:0]= “001”
EMODE[2:0]= “000”
PDN= “L”
単発測定モード:
一回測定を行い、データをレジスタに格納します。デ
ータを読み出し後、スタンバイモードに自動的に遷移
します。
連側測定モード 0:
測定を自動的に繰り返します。
連側測定モード 1:
測定を自動的に繰り返します。
測定時間:待機時間=1:1 で動作します。データ更新
時間が連続測定モード 0 の 8 倍になります。
連側測定モード 2:
測定を自動的に繰り返します。
測定時間:待機時間=1: 3 で動作します。データ更新時
間が連続測定モード 1 の 2 倍になります。
連側測定モード 3:
測定を自動的に繰り返します。
測定時間:待機時間=1: 7 で動作します。データ更新時
間が連続測定モード 2 の 2 倍になります。
EEPROM アクセスモード:
EEPROM の読み出し/書き込みに必要な回路を ON し
ます。このモードでのみ EEPROM にアクセスできま
す。
Figure 11.1. 通常モードの各モード
015002891-J-01
2015/10
- 14 -
[AK9750]
電源を投入し、PDN pin= “H”とするとAK9750は、スタンバイモードに入ります。EMODE [2:0]に規定
の値が設定されると、AK9750は、特定の動作モードへ遷移し、動作を開始します。EMODE [2:0]の設
定を書き換える場合は、必ず一度スタンバイモードを経由してください。
11.3.3. スイッチモード
スイッチモードには、2つのモードがあります。
<スイッチモード(CAD0= “H” and CAD1= “H”)>
(1) パワーダウンモード
(2) 測定モード
パワーダウンモード 内部回路を停止して、消費電流を抑えます。
PDN= “H”
PDN= “L”
測定モード:
測定を自動的に繰り返し行います。内蔵する EEPROM に設定された条件で測定を行います。
お客様の調整工程において、EEPROM に測定条件を設定する必要があります。
Figure 11.2. スイッチモードでの各モード
015002891-J-01
2015/10
- 15 -
[AK9750]
11.4. 各動作モードの説明
11.4.1. パワーダウンモード(PDN pin= “L”)
PDN pin= “L”とする事で全ての内部回路がOFFになります。
このモードでは、AK9750の全ての機能が停止します。
11.4.2. スタンバイモード(EMODE [2:0]= “000”)
POR 回路以外の内部回路がパワーダウン状態になります。スタンバイモードでは、全てのレジスタに
アクセスする事ができます。読み出し/書き込みレジスタに設定された値は、保持されており、ソフトリ
セットでリセットされます。ただし、EEPROM にアクセスする事はできません。EEPROM データの
読み出し/書き込みは、EEPROM アクセスモードで行ってください。
スタンバイモードでのデータレジスタ(ST1 to ST2) へのアクセスは行わないでください。各動作モード
に遷移した場合に誤動作の原因となります。
11.4.3. EEPROMアクセスモード(EMODE [2:0]= “001” and EEPMODE= “1”)
スタンバイモード(EMODE [2:0]= “000”) からEMODE [2:0]= “001”かつEEPMODE= “1” に設定する事で
EEPROM モードになります。EEPROM データの読み出し/ 書き込みを行う場合は、EEPROM モード
で行ってください。EEPROM アクセスモードで、EKEY [7:0]= “A5H” に設定するとEEPROM へ書き
込みが可能となります。EEPROM モードでは、IR センサデータおよび、内蔵温度計データの測定は行
いません。
11.4.4. 単発測定モード(EMODE[2:0]= “010”)
単発測定モード(EMODE [2:0]= “010”) に設定すると、測定を開始し信号処理が完了すると、測定データ
(IR1, IR2, IR3, IR4, TMPに対応するデータ) をレジスタに保存します。この時IC 内部のアナログ回路
(POR以外) は、自動的にパワーダウンします。ST1 to ST2 のデータを読み出すとスタンバイモードに
遷移します。この時EMODE [2:0] の値は、自動的に “000” になります。
レジスタ書換え
EMODE[2:0]
000
ST2 まで読み出し レジスタ書換え
001
アナログ回路
パワーダウン
010
パワーON
000
010
パワーダウン
パワーON
4.5ms
デジタル演算
パワーダウン
測定
待機
測定時間
アナログ安定時間
000
4.5ms
測定
待機
010
待機
測定時間
(EFC[2:0]で設定)
アナログ安定時間
Figure 11.3. 単発測定モード
015002891-J-01
2015/10
- 16 -
[AK9750]
11.4.5. 連続測定モード0(EMODE [2:0]= “100”)
連続測定モード(EMODE [2:0]= “100”) に設定すると、デジタルフィルタFc 設定(EFC [2:0]) に応じた周
期で測定を行います。測定が終了する度に測定データレジスタ(IR1, IR2, IR3, IR4, TMP)を更新します。
このモードは、スタンバイモード(EMODE [1:0]= “000”)を設定する事で終了します。測定中にモードレ
ジスタの書き換えが行われた場合は、測定を中断します。レジスタには、直前の測定結果が保持された
ままとなります。
本モード使用時は、レジスタWrite 命令を実行しないでください。測定データが正しく得られない場合
があります。
レジスタ書換え
レジスタ書換え
EMODE[2:0]
000
100
アナログ回路
パワーダウン
000
パワーON
パワーダウン
4.5ms
デジタル演算
待機
測定
測定
測定
測定
測定
待機
測定時間
測定中に命令が入った
場合は測定中断
(EFC[2:0]で設定)
アナログ安定時間
レジスタには直前の結果を保持
Figure 11.4. 連続測定モード0
11.4.6. Continuous Mode 1, 2, 3 (EMODE [2:0]= “101”, “110”, “111”
連続測定モード1, 2, 3(WMODE [2:0]= “101”, “110”, “111”) は、選択した測定モード(EMODE [2:0]) と、
デジタルフィルタFc 設定(EFC [2:0]) に応じた周期で、測定と待機を繰り返し動作します。待機時間の
長さは選択した測定モードで変わります。測定が終了する度に、測定データレジスタ(IR1, IR2, IR3, IR4,
TMP) を更新します。測定モードはスタンバイモードを設定(ENODE [2:0]= “000”) する事で終了しま
す。測定中にモードレジスタの書き換えが行われた場合は、測定を中断します。レジスタには、直前の
測定結果が保持されたままとなります。本モード使用時は、レジスタWrite 命令を実行しないでくださ
い。測定データが正しく得られない場合があります。
レジスタ書換え
レジスタ書換え
EMODE[2:0]
000
アナログ回路
パワーダウン
000
101 or 110 or 111
パワーON
パワーダウン
パワーON
パワーON
パワーダウン
4.5ms
4.5ms
パワーダウン
4.5ms
デジタル演算
測定
待機
アナログ安定時間
測定時間
(EFC[2:0]で設定)
測定
待機
待機時間
測定時間
待機
測定
待機時間
アナログ安定時間
待機
測定中断
レジスタは直前の
測定結果を保持
アナログ安定時間
Figure 11.5. 連続測定モード1, 2, 3
015002891-J-01
2015/10
- 17 -
[AK9750]
11.5. 測定データの読み出し
測定データが内部バッファに格納され読み出し準備ができると、ST1レジスタのDRDY ビットが “1”に
変化します。この状態を「データレディ」と呼びます。割込み要因設定レジスタの設定によって、DRDY
ビットが “1”になった時にINT出力がアクティブになるように設定する事ができます。
以下に読み出し手順について、単発測定モードを例にして説明します。
尚、連続測定モード0, 1, 2, 3に対しても同様の動作となります。
11.5.1. 正常な読み出し手順
(1) ST1レジスタを読む
DRDY: データレディであるかどうかを示しています。 “0”の場合は、データレディではなく、
“1”の場合はデータレディです。DRDY が “1”の時に測定データを読み出す事を推奨します。
DOR: 読み出そうとしているデータより前に測定データの読み飛ばしが合ったかどうかをしめし
ています。 “0”の場合は前回読み出した測定データとの間に読み飛ばした測定データが無い
事、 “1”の場合は読み飛ばした測定データが有る事を示します。
(2) 測定データを読む
測定データレジスタ(IR1, IR2, IR3, IR4, TMR) の内、何れか一つまたは、ST2 レジスタを読み始め
ると、本IC は、データ読み出しを開始したと判断します。データ読み出しを開始するとDRDYビッ
トとDOR ビットは、 “0”となります。
(3) ST2レジスタを読む(必須)
ST2レジスタを読む事により、データの読み出しが終了したと判断します。データの読み出し中は
測定データレジスタの内容が保護されますので、データの更新が行われません。ST2レジスタを読
む事により測定データレジスタのデータ保護が解除されます。測定データレジスタアクセス後は必
ずST2レジスタを読み出してください。
(N-1)番目 N 番目
PD
測定
内部バッファ
データ(N-1)
(N+1)番目
測定
PD
データ(N)
測定データレジスタ
データ(N-1)
PD
データ(N+1)
データ(N)
データ(N+1)
DRDY
読み出されるデータ
ST1
データ(N)
ST2
ST1
データ(N+1)
ST2
Figure 11.6. 正常な読み出し手順
015002891-J-01
2015/10
- 18 -
[AK9750]
11.5.2. 測定期間中のデータ読み出し
AK9750 が、測定している間(測定期間)、測定データレジスタ(IR1, IR2, IR3, IR4, TMP) は前のデータ
を保持しています。よって、測定期間中にデータを読み出す事ができます。測定期間中にデータの読み
出しを行った場合、保持されていた前のデータが読み出されます。
(N-1)番目 N 番目
PD
測定
内部バッファ
データ(N-1)
(N+1)番目
測定
PD
データ(N)
測定データレジスタ
データ(N-1)
PD
データ(N+1)
データ(N)
データ(N)
DRDY
読み出されるデータ
ST1
データ(N)
ST1 データ(N)
ST2
ST2
Figure 11.7. 測定期間中のデータ読み出し
11.5.3. データの読み飛ばし
N 回目の測定が終わってからN+1 回目の測定が終わるまでに測定データが読み出されなかった場合、
DRDY は、測定データが読み出されるまで保持されます。この時、N 回目のデータは、読み飛ばされ
ているため、DORビットが “1” となります。
(N-1)番 N 番目
測定
目PD
内部バッファ
データ(N-1)
PD
(N+1)番
目 測定
データ(N)
PD
データ(N+1)
測定データレジスタ
データ(N-1)
データ(N+1)
DRDY
DOR
ST1 データ(N+1) ST2
読み出されるデータ
Figure 11.8. データの読み飛ばし
015002891-J-01
2015/10
- 19 -
[AK9750]
また、N 回目の測定が終わってから読出しを開始し、N+1 回目の測定が終わっても読み出しを終了し
なかった場合には、データが正常に読み出されるように測定データレジスタを保護します。この時、N+1
回目のデータは、読み飛ばされている為、DOR ビットが “1”となります。
(N-1)番目 N 番目
PD
測定
内部バッファ
データ(N-1)
(N+1)番目
測定
PD
データ(N)
測定データレジスタ
データ(N-1)
PD
(N+2)番目
測定
データ(N+1)
PD
データ(N+2)
データ(N+2)
データ(N)
読出し中の為、
データレジスタが保護される
データが更新されていない為
データレディにならない
DRDY
(N+1)番目のデータはスキップされる
DOR
読み出されるデータ
ST1
データ(N)
ST2
ST1 データ(N+2)
Figure 11.9.次の測定が始まる前にデータが読み終わらなかった場合
上記(Figure 11.9)どちらの場合もDOR ビットは次にデータ読み出しを開始するタイミングで、DRDY
ビットが “1” である時に、 “0” となります。
11.5.4. 終了動作
連続測定モードを終了する場合は、スタンバイモード(EMODE [2:0]= “000”)を設定してください。
11.5.5. データ読み出し手順例
AK9750のデータ読み出し手順の例を以下に示します。
本例では、下記の設定としています。
・連続測定モード0
 常時測定。
・デジタルフィルタカットオフ周波数 Fc=0.6Hz
・割り込み設定 イネーブル
 データレディ完了後、INT出力アクティブ。
HOST CPUはそれを受けて読み出し動作を実行。
015002891-J-01
2015/10
- 20 -
[AK9750]
Power On
Wait Time 3.0 msec
Register Write
(1) Soft Reset
Address : 1DH
Data
: 01H
(2) Mode and Fc setting
Address : 1CH
Data
: 0CH
(3) Interrupt Source setting
Address : 1BH
Data
: 01H
INT出力アクティブ
Register Read
(4) INT Status
Address : 04H
(5) Status1
Address : 05H
(6) A/D Converted data of IR1
Address : 06H, 07H
(7) A/D Converted data of IR2
Address : 08H, 09H
(8) A/D Converted data of IR3
Address : 0AH, 0BH
(9) A/D Converted data of IR4
Address : 0CH, 0DH
(10) A/D Converted data of
Integrated Temperature Sensor
Address : 0EH, 0FH
(11) Status2
Address : 10H
015002891-J-01
2015/10
- 21 -
[AK9750]
12. シリアルインターフェイス
AK9750 のI2C バスインターフェイスは、標準モード(最大100kHz) および、高速モード(最大400kHz)
をサポートしています。
12.1. データ転送
AK9750 にバス経由でアクセスするには、最初にスタートコンディションを入力する必要があります。
次に、デバイスアドレスを含む1 バイトのスレーブアドレスを送信します。この時、AK9750 は、自身
のスレーブアドレスと比較します。これらのアドレスが一致した場合、AK9750 は、アクノリッジを生
成し、読み出しまたは、書き込み命令を実行します。命令終了時には、ストップコンディションを入力
してください。
12.1.1. データの変更
SDAラインのデータは、SCLラインのクロックが “L”区間に行ってください。SCLラインのクロック信
号が “H”のとき、SDAラインの状態は、一定でなければなりません。(SDAラインのデータを変更できる
のはSCLラインのクロック信号が “L”のときに限られています。)
SCLラインが “H”の間、SDAラインのデータの状態は、スタートコンディションまたは、ストップコン
ディションが入力された時のみ変更されます。
SCL
SDA
データライン一定 データ変更可
Figure 12.1. データの変更
12.1.2. スタート/ストップ コンディション
SCLラインが “H”の時、SDAラインを “H”から “L”にする場合、スタートコンディションが生成されま
す。全ての命令は、スタートコンディションから始まります。
SCLラインが “H”の時、SDAラインを “L”から “H”にする場合、ストップコンディションが生成されま
す。全ての命令は、ストップコンディションにて終了します。
SCL
SDA
Start Condition
Stop Condition
Figure 12.2. スタート / ストップ コンディション
015002891-J-01
2015/10
- 22 -
[AK9750]
12.1.3. アクノリッジ
データを送信するICは、1バイトのデータを送信し終わるとSDAラインを開放します( “H”の状態)。
データを受信したICは、次のクロックで、SDAラインを “L”にします。この動作をアクノリッジと云い
ます。アクノリッジによって、データの転送が正常に行われたかどうか確認する事ができます。
AK9750は、スタートコンディションとスレーブアドレスを受信した後にアクノリッジを生成します。
WRITE命令を実行する時には、バイト受け取り毎にアクノリッジを生成します。
READ命令を実行する時には、アクノリッジの生成に続いて指定のアドレスに格納されているデータを
送出します。次に、SDAラインを開放したのち、SDAラインをモニタします。もし、マスタICがストッ
プコンディションの代わりにアクノリッジを生成した場合、AK9750は、次のアドレスに格納されてい
る8ビットデータを送出します。アクノリッジが生成されない場合、データの送出を終了します。
アクノリッジの為の
クロックパルス
マスタから
の SCL
1
8
9
送信側の
データ出力
非アクノリッジ
受信側の
データ出力
スタート
コンディション
アクノリッジ
Figure 12.3. アクノリッジ
015002891-J-01
2015/10
- 23 -
[AK9750]
12.1.4. スレーブアドレス
AK9750のスレーブアドレス下記2-bitは、CAD0/1 pinをVDDまたは、VSSに接続する事で設定します。
スレーブアドレスは、次のリストから選択する事ができます。CAD0/1 pin がVSSに接続されている時、
対応するスレーブアドレスは、 “1”です。CAD1= CAD0= “H”は、スイッチモード専用の為、I2Cインタ
ーフェイスを用いる場合には設定しないでください。
Table 12.1. CAD0/1 pin 設定とスレーブアドレス
CAD1 pin CAD0 pin
スレーブアドレス
0
0
64H
0
1
65H
1
0
66H
1
1
スイッチモード
スタートコンディションに続いてスレーブアドレスを含んだ最初の1バイトが送出されると、スレーブ
アドレスで指定されているバス上の通信すべきICが選択されます。
スレーブアドレスが送出されると、そのアドレスに一致するデバイスアドレスを持つICは、アクノリッ
ジを送出したのち、命令を実行します。最初の1バイトの8番目のビット(Least Significant Bit – LSB)が
R/Wビットです。
R/Wビットを “1”に設定すると、READ命令が実行されます。R/Wビットを “0”に設定すると、WRITE
命令が実行されます。
MSB
LSB
1
1
0
0
1
CAD1
CAD0
R/W
Figure 12.4. スレーブアドレス
015002891-J-01
2015/10
- 24 -
[AK9750]
12.1.5. WRITE命令
R/Wビットを “0”に設定すると、AK9750は、書き込み動作を行います。
書き込み動作に於いて、AK9750は、スタートコンディションし最初の1バイト(スレーブアドレス)を受
信した後、アクノリッジを生成し、続いて2バイト目を受信します。2バイト目は、MSBファーストの構
成で内部コントロールレジスタのアドレスを指定します。
MSB
A7
LSB
A6
A5
A4
A3
A2
A1
A0
Figure 12.5. レジスタアドレス
2バイト目(レジスタアドレス)を受信し終わると、AK9750は、アクノリッジを生成し、続いて3バイト目
の受信をします。
3バイト目以降は、コントロールデータをTableします。コントロールデータは、8ビットからなり、MSB
ファーストの構成です。AK9750は、各バイトを受け取る毎にアクノリッジを生成します。データ転送
は、常に、マスタによって生成されたストップコンディションによって終了します。
MSB
D7
LSB
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
Figure 12.6. コントロールデータ
DATA(n+1)
P
ACK
DATA(n+x)
ACK
DATA(n)
ACK
ACK
Register
Address(n)
ACK
SDA S Slave
Address
Stop
R/W= 0
ACK
Start
AK9750は、複数のバイトのデータを一度書き込む事ができます。
第3バイト(コントロールデータ)受信後、AK9750は、アクノリッジを生成し、次のデータを受信します。
データを1バイト送信後、ストップコンディションを送らず、更にデータが送信された場合、LSI内部の
アドレスカウンタが自動的にインクリメントされ、データは、次のアドレスに書き込まれます。アドレ
スは、11Hから1CHに対応しており、1CHまでカウントされた場合、次は11Hに戻ります。
Figure 12.7. 書き込み動作
015002891-J-01
2015/10
- 25 -
[AK9750]
12.1.6. READ命令
R/Wビットを “1”に設定すると、AK9750は、READ動作を行います。
AK9750が、指定アドレスのデータを送出したのち、マスタICが、ストップコンディションの代わりに
アクノリッジを生成した場合、その次のアドレスを読み出す事ができます。
AK9750は、カレントアドレス読出しと、ランダム読み出しをサポートしています。
アドレス05H ~ 10Hは、自動インクリメント機能に対応しています。
アドレス10Hを読み出すと、次のアドレスは、05H番地に戻ります。
(1) カレントアドレス読み出し
AK9750は、LSIチップ内にアドレスカウンタを持っています。カレントアドレスを読み出す動作では、
このカウンタで指定されるアドレスのデータを読み出します。
内部アドレスカウンタは、最後にアクセスしたアドレスの次のアドレスを保持しています。
例えば、READ命令の為に最後にアクセスしたアドレスが “n”のとき、カレントアドレスの読み出し命
令を行うと、アドレス “n+1”のデータが読み出されます。
カレントアドレス読み出し動作に於いて、AK9750は、READ命令(R/Wビット= “1”)に対するスレーブア
ドレスを受信したのちアクノリッジを生成します。続いて、AK9750は、内部アドレスカウンタで指定
されるデータの転送を次のクロックで開始し、内部アドレスカウンタを1だけインクリメントします。
AK9750が1バイトのデータを送出した後、アクノリッジの代わりにストップコンディションを生成した
場合、読み出し動作は、終了します。
Stop
DATA(n+2)
P
ACK
DATA(n+x)
ACK
DATA(n+1)
ACK
DATA(n)
ACK
S Slave
Address
ACK
SDA
ACK
Start
R/W= “1”
Figure 12.8. カレントアドレス読み出し
(2) ランダム読み出し
ランダム読み出し動作によって、任意のアドレスのデータを読み出す事ができます。
ランダム読み出しでは、READ命令(R/Wビット= “1”)に対するスレーブアドレスを送出する前に、ダミ
ーとしてWRITE命令を実行する必要があります。ランダム読み出し動作では、スタートコンディション
を最初に生成し、続いてWRITE命令の為のスレーブアドレスと読み出しアドレスを続けて送出します。
このアドレス送出の応答としてAK9750がアクノリッジを生成したのち、スタートコンディションと
READ命令(R/Wビット= "1")のためのスレーブアドレスを再度生成します。AK9750はこのスレーブ
アドレス送出に対する応答としてアクノリッジを生成します。これにつづいて、AK9750は指定された
アドレスのデータを送出し、内部アドレスカウンタを1だけインクリメントします。
データ送出後に、マスタICがアクノリッジの代わりにストップコンディションを生成した場合、読み出
し動作は、終了します。
Stop
DATA(n+x)
DATA(n+1)
DATA(n)
P
ACK
Slave
Address
ACK
S
ACK
ACK
Register
Address(n)
ACK
SDA S Slave
Address
R/W= “1”
ACK
Start
Start
R/W= “0”
Figure 12.9. ランダム読み出し
015002891-J-01
2015/10
- 26 -
[AK9750]
12.1.7. EEPROM 書き込みタイミング
EEPROMへの書き込みは、下記のタイミングにて実施します。
SCL
8th bit
ACK
STOP
WORD n
tWR ≥ 10ms
Stop
DATA
P
tWR ≥
10ms
Stop
P
ACK
Data
S
ACK
ACK
ACK
ACK
ACK
ACK
ACK
Start
R/W= “0”
EEPROM
Address
EKEY
Register
Address
Slave
P S Address
DATA
ACK
Start
EMODE
Register
Address
Slave
S Address
R/W= “0”
Stop
Start
R/W= “0”
Slave
SDA S Address
START
Start
SDA
Figure 12.10. EEPROM書き込みタイミング
EEPROMへの書き込みは、Figure 12.10 に示すシーケンスで行ってください。
EEPROMへの書き込みは、EMODE [2:0]= “001”, EEPMODE= “1” and EKEY [7:0]= “A5H”に設定した後
に可能になります。
書き込みは、tWRの区間で行われます。tWRはMin. 10msの時間を確保するようにしてください。
EEPROMへの書き込みは、レジスタへの書き込みとは異なり、複数のバイトにデータを一度に書き込む
事はできません。必ず1バイトずつ書き込んでください。
一方、EEPROMの読み出しは、連続して行う事が可能です。
015002891-J-01
2015/10
- 27 -
[AK9750]
13. メモリマップ
Table 13.1. レジスタマップ
Name
アドレス
ソフトリセット
R/W
WIA1
WIA2
INFO1
INFO2
INTST
ST1
IR1L
IR1H
IR2L
IR2H
IR3L
IR3H
IR4L
IR4H
TMPL
TMPH
ST2
ETH13H
ETH13H
ETH13L
ETH13L
ETH24H
ETH24H
ETH24L
ETH24L
EHYS13
EHYS24
EINTEN
00H
01H
02H
03H
04H
05H
06H
07H
08H
09H
0AH
0BH
0CH
0DH
0EH
0FH
10H
11H
12H
13H
14H
15H
16H
17H
18H
19H
1AH
1BH
Disable
Disable
Disable
Disable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Disable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
Enable
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
ECNTL1
1CH
Enable
R/W
データ
内容
カンパニーコード
デバイスID
インフォメーション
インフォメーション
割り込みステータス
ステータス1
IR1 A/D変換データ(Low)
IR1 A/D変換データ(High)
IR2 A/D変換データ(Low)
IR2 A/D変換データ(High)
IR3 A/D変換データ(Low)
IR3 A/D変換データ(High)
IR4 A/D変換データ(Low)
IR4 A/D変換データ(High)
内蔵温度センサデータ(Low)
内蔵温度センサデータ(High)
ステータス2(ダミー)
IR1 – IR3 上限閾値 (Low)
IR1 – IR3 上限閾値 (High)
IR1 – IR3 下限閾値 (Low)
IR1 – IR3 下限閾値 (High)
IR2 – IR4 上限閾値 (Low)
IR2 – IR4 上限閾値 (High)
IR2 – IR4 下限閾値 (Low)
IR2 – IR4 下限閾値 (High)
IR1 – IR3 閾値判定ヒステリシス設定
IR2 – IR4 閾値判定ヒステリシス設定
割り込み要因設定
モード設定
Fc設定
ソフトリセット
bit
8
8
8
8
3
2
8
8
8
8
8
8
8
8
8
8
6
6
6
6
6
6
6
6
5
5
5
7
CNTL2
1DH
Enable
R/W
3
Note:
* 12. スイッチモード(CAD= “1” and CAD= “1”)を選択している場合、レジストアドレス11H ~ 1CHまで
は、EEPROMアドレス51H ~ 5CHに設定された値がコピーされます。
015002891-J-01
2015/10
- 28 -
[AK9750]
Table 13.2. EEPROMマップ
Name
Address
R/W
EKEY
ETH13H
ETH13H
ETH13L
ETH13L
ETH24H
ETH24H
ETH24L
ETH24L
EHYS13
EHYS24
EINTEN
50H
51H
52H
53H
54H
55H
56H
57H
58H
59H
5AH
5BH
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
ECNTL1
5CH
R/W
データ
内容
EEPROMアクセスキー (* 13)
IR1 – IR3 上限閾値 (Low)
IR1 – IR3 上限閾値 (High)
IR1 – IR3 下限閾値 (Low)
IR1 – IR3 下限閾値 (High)
IR2 – IR4 上限閾値 (Low)
IR2 – IR4 上限閾値 (High)
IR2 – IR4 下限閾値 (Low)
IR2 – IR4 下限閾値 (High)
IR1 – IR3 閾値判定ヒステリシス設定
IR2 – IR4 閾値判定ヒステリシス設定
割り込み要因設定
モード設定
Fc設定
bit
8
6
6
6
6
6
6
6
6
5
5
5
7
Note:
* 13. EKEYは、レジスタです。EEPROMアクセスモード(EMODE [2:0] bits= “001” and EEPMODE bit=
“1”)選択時に、EKEY[7:0] bits= “A5H”と設定する事でEEPROMに書き込み可能となります。
015002891-J-01
2015/10
- 29 -
[AK9750]
14. レジスタ機能説明
Address
00H
01H
02H
03H
04H
05H
06H
07H
08H
09H
0AH
0BH
0CH
0DH
0EH
0FH
10H
11H
12H
13H
14H
15H
16H
17H
18H
19H
1AH
1BH
1CH
1DH
Table 14.1. レジスタ詳細マップ
D6
D5
D4
D3
1
0
0
1
0
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
IR13H
IR13L
1
1
1
1
IR1_6
IR1_5
IR1_4
IR1_3
IR1_14
IR1_13
IR1_12
IR1_11
IR2_6
IR2_5
IR2_4
IR2_3
IR2_14
IR2_13
IR2_12
IR2_11
IR3_6
IR3_5
IR3_4
IR3_3
IR3_14
IR3_13
IR3_12
IR3_11
IR4_6
IR4_5
IR4_4
IR4_3
IR4_14
IR4_13
IR4_12
IR4_11
TMP_6
TMP_5
TMP_4
TMP_3
TMP_14 TMP_13 TMP_12 TMP_11
1
1
1
1
Name
WIA1
WIA2
INFO1
INFO2
INTST
ST1
IR1L
IR1H
IR2L
IR2H
IR3L
IR3H
IR4L
IR4H
TMPL
TMPH
ST2
D7
0
0
0
0
1
1
IR1_7
IR1_15
IR2_7
IR2_15
IR3_7
IR3_15
IR4_7
IR4_15
TMP_7
TMP_15
1
ETH13H
ETH13H
ETH13L
ETH13L
ETH24H
ETH24H
ETH24L
ETH24L
EHYS13
EHYS24
EINTEN
ECNTL1
ETH13H_4
ETH13H_3
ETH13H_2
ETH13H_1
0
ETH13H_11
ETH13H_10
ETH13H_9
ETH13L_4
0
ETH13L_3
ETH13L_2
ETH13L_11
ETH13L_10
CNTL2
ETH13H_0
D2
0
0
0
0
IR24H
1
IR1_2
IR1_10
IR2_2
IR2_10
IR3_2
IR3_10
IR4_2
IR4_10
TMP_2
TMP_10
1
0
D1
0
1
0
0
IR24L
DOR
IR1_1
IR1_9
IR2_1
IR2_9
IR3_1
IR3_9
IR4_1
IR4_9
TMP_1
TMP_9
1
0
D0
0
1
0
0
DR
DRDY
IR1_0
IR1_8
IR2_0
IR2_8
IR3_0
IR3_8
IR4_0
IR4_8
TMP_0
TMP_8
1
0
ETH13H_8
ETH13H_7
ETH13H_6
ETH13H_5
ETH13L_1
ETH13L_9
ETH13L_0
ETH13L_8
0
ETH13L_7
0
ETH13L_6
0
ETH13L_5
ETH24H_4
ETH24H_3
ETH24H_2
ETH24H_1
ETH24H_0
0
0
0
0
ETH24H_11
ETH24H_10
ETH24H_9
ETH24H_8
ETH24H_7
ETH24H_6
ETH24H_5
ETH24L_4
ETH24L_3
ETH24L_2
0
ETH24L_10
ETH24L_0
ETH24L_8
0
ETH24L_11
ETH24L_1
ETH24L_9
0
0
1
1
1
1
1
ETH24L_7
ETH24L_6
ETH24L_5
1
1
1
1
1
0
EFC_2
1
EHYS13_4
EHYS13_3
EHYS13_2
EHYS13_1
EHYS13_0
EHYS24_4
EHYS24_3
EHYS24_2
EHYS24_1
EHYS24_0
IR13HI
EFC_1
1
IR13LI
EFC_0
1
IR24HI
IR24LI
DRI
EMODE_2
EMODE_1
EMODE_0
1
1
SRST
D3
1
D2
0
D1
0
D0
0
D2
0
D1
1
D0
1
EEPMODE
1
[機能説明]
1). WIA1: カンパニーコード (読み出し専用レジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
00H
WIA1
0
1
0
0
WIA1[7:0] 当社(AKM)のカンパニーコードです。1バイトの固定値です。
2). WIA2: デバイスID (読み出し専用レジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
01H
WIA2
0
0
0
D4
1
D3
0
WIA2[7:0] 当社(AKM)のデバイスIDです。1バイトの固定値です。
015002891-J-01
2015/10
- 30 -
[AK9750]
3). INFO1: インフォメーション1 (読み出し専用レジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
02H
INFO1
0
0
0
0
D3
0
D2
0
D1
0
D0
1
D3
0
D2
0
D1
0
D0
0
D3
IR13L
0
D2
IR24H
0
D1
IR24L
0
D0
DR
0
NIFO1[7:0] 当社(AKM)専用のデバイス情報です。
4). INFO2: インフォメーション2 (読み出し専用レジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
03H
INFO2
0
0
0
0
NIFO2[7:0] 拡張用です。
5). INTST: 割り込みステータス (読み出し専用レジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
04H
INTST
IR13H
Reset
1
1
1
0
割り込み要因レジスタ(EINTEN)の対応ビットをイネーブルにすると、INT出力を使ってHOST CPUへ割
り込みを掛ける事が可能になります。割り込み発生時には、割りこみステータスレジスタを読み出す事
によって、どの割り込み要因によって割り込みが発生したのかを確認する事ができます。
割り込みステータスレジスタを読み出すと、INT pinが非アクティブになります。
また、上下または、左右のIRセンサ出力の差の値(IR1 - IR3/IR2 - IR4)が、 “上限閾値 – ヒステリシス”
の値を下回る場合、若しくは “下限閾値 – ヒステリシス”の値を上回る場合は、このレジスタは、リセ
ットされます。その他のリセット条件は、ソフトリセットかECNTL1レジスタへの書き込みアクセスで
す。
IR13H / IR24H: 上下の出力差(IR1 - IR3) / 左右の出力差(IR2 - IR4)の上限閾値オーバー
“0”: 上下の出力差(IR1 - IR3) / 左右の出力差(IR2 - IR4)が上限閾値未満の時
“1”: 上下の出力差(IR1- IR3) / 左右の出力差(IR2 - IR4)が上限閾値以上の時
割り込み要因レジスタ(EINTEN)のIR13HI / IR24HIを “1”に設定した場合、IR13H / IR24Hは上下の出力
差(IR1 - IR3)/左右の出力差(IR2 - IR4)が設定された上限閾値ETH13H / ETH24H以上になると “1”を出力
します。それ以外の場合 “0”を出力します。
IR13L / IR24L: 上下の出力差(IR1 - IR3) / 左右の出力差(IR2 - IR4)の下限閾値オーバー
“0”: 上下の出力差(IR1 - IR3) / 左右の出力差(IR2 - IR4)が下限閾値以上の時
“1”: 上下の出力差(IR1 - IR3) / 左右の出力差(IR2 - IR4)が下限閾値以下の時
割り込み要因レジスタ(EINTEN)のIR13LI / IR24LIを “1”に設定した場合、IR13L / IR24Lは上下の出力差
(IR1 - IR3)/左右の出力差(IR2 – IR4)が設定された上限閾値ETH13L / ETH24L以上になると “1”を出力
します。それ以外の場合 “0”を出力します。
DR: データレディ
“0”: 通常状態
“1”: データレディ
DRビットは、割りこみ要因レジスタ(EINTEN)のDRIを “1” に設定した場合、データの準備ができた時
にDR= “1” になります。
015002891-J-01
2015/10
- 31 -
[AK9750]
6). ST1: ステータス1 (読み出し専用レジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
05H
ST1
DOR
DRDY
Reset
1
1
1
1
1
1
0
0
DOR: データオーバーラン
“0”: 通常状態
“1”: データオーバーラン
DORビットは、読み飛ばしたデータブロックがあった場合は、 “1” に変化します。ST2 レジスタ及び
測定データレジスタ(IR1L to TMPH) のいずれか一つを読み出すと “0” となります。
DRDY: データレディ
“0”: 通常状態
“1”: データレディ
DRDYビットは、データの準備ができた時に “1” に変化します。ST2 レジスタおよび、測定データレジ
スタ(IR1L to TMPH) のいずれか一つを読み出すと “0” となります。
7). IRxL, IRxH: IRセンサの測定データ(x= 1, 2, 3, 4) (読み出し専用レジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
D3
D2
06,08,0A,0CH
07,09,0B,0DH
Reset
IRxL
IRxH
IRxL_7
IRxH_15
0
IRxL_6
IRxH_14
0
IRxL_5
IRxH_13
0
IRxL_4
IRxH_12
0
IRxL_3
IRxH_11
0
IRxL_2
IRxH_10
0
D1
D0
IRxL_1
IRxH_9
0
IRxL_0
IRxH_8
0
IRセンサの測定データ
IRxL[7:0]: 出力データの下位8ビット
IRxH[15:8]: 出力データの上位8ビット
16-bitの測定データは二の補数形式で保存されます。
Table 14.2. IRセンサの測定データ
IRセンサの測定データ[15:0]
Unit
IRセンサの出力電流
Hex
Decimal
二の補数
0111 1111 1111 1111
7FFF
32767
14286.4
⁞
⁞
⁞
⁞
0101 1001 1001 1000
5998
22936
10000.1
⁞
⁞
⁞
⁞
0100 0000 1000 0010
4082
16514
7000.1
⁞
⁞
⁞
⁞
0000 1000 1111 0110
08F6
2294
1000.2
⁞
⁞
⁞
⁞
0000 0000 0010 0000
0020
32
14.0
⁞
⁞
⁞
⁞
0000 0000 0000 0000
0000
0
0
pA
⁞
⁞
⁞
⁞
1111 1111 1110 0000
FFE0
-31
13.5
⁞
⁞
⁞
⁞
1111 0111 0000 1001
F709
-2294
-1000.2
⁞
⁞
⁞
⁞
1011 1111 0111 1101
BF7D
-16514
-7200.1
⁞
⁞
⁞
⁞
1010 0110 0110 0111
9667
-22936
-10000.1
⁞
⁞
⁞
⁞
1000 0000 0000 0000
8000
-32768
-14286.8
Note:
* 14. Fc=1.1kHz設定の場合で、15.8pA以下の電流は、ノイズに埋もれ測定困難となります。
015002891-J-01
2015/10
- 32 -
[AK9750]
8). TMPL, TMPH, 内蔵温度センサの測定 (読み出し専用レジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
D3
0EH
0FH
TMPL
TMPH
Reset
TMPL_7
TMPH_15
0
TMPL_6
TMPH_14
0
TMPL_5
TMPH_13
0
TMPL_4
TMPH_12
0
TMPL_3
TMPH_11
0
D2
D1
D0
TMPL_2
TMPH_10
0
TMPL_1
TMPH_9
0
TMPL_0
TMPH_8
0
Note:
* 15. TMPL_0 ~ TMPL_5は、“0” 固定です。
内蔵温度センサの測定データ
TMPL [7:0] 出力データの下位8ビットです。
TMPH [15:8] 出力データの上位8ビットです。
16-bitの測定データは、二の補数形式で保存されます。
Table 14.3. 内蔵温度センサの測定データ
内蔵温度センサの測定データ [15:0]
温度
Hex
Decimal
二の補数
0100 0011 1000 0000
4380
17792
60
⁞
⁞
⁞
⁞
0000 0001 0000 0000
0100
256
26.75+0.5
⁞
⁞
⁞
⁞
0000 0000 0100 0000
0040
64
26.75+0.125
0000 0000 0000 0000
0000
0
26.75
1111 1111 1100 0000
FFC0
-64
26.75-0.125
⁞
⁞
⁞
⁞
1111 1111 0000 0000
FF00
-256
26.75-0.5
⁞
⁞
⁞
⁞
1011 1001 1000 0000
B980
-18048
-10
Unit
ºC
内蔵温度センサの分解能
Table 14.4. 内蔵温度センサの分解能
EFC[2:0] Setting
EFC= All Setting
Resolution
10-bit (0.125ºC)
9). ST2: ステータス2 (読み出し専用レジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
D3
D2
10H
ST2
Reset
1
1
1
1
1
1
Note:
* 16. ST2レジスタを読み出さない場合、IR測定データは、更新されません。
D1
D0
1
1
ST2レジスタは、測定データ出力の為のダミーデータです。ST2レジスタ読み出し後、AD変換の内部バ
ッファから測定データレジスタへの転送が許可になります
015002891-J-01
2015/10
- 33 -
[AK9750]
10). ETH13H, ETH24H, ETH13L, ETH24L: 上下/左右の出力差(IR1 - IR3 / IR2 - IR4)の閾値設定
(書き込み/読み出しレジスタ)
Address
11H
12H
13H
14H
15H
16H
17H
18H
Name
ETH13H
ETH13H
ETH13L
ETH13L
ETH24H
ETH24H
ETH24L
ETH24L
Reset
D7
D6
D5
D4
D3
ETH13H_4
ETH13H_3
ETH13H_11
ETH13L_3
ETH13L_11
ETH24H_3
ETH24H_11
ETH24L_3
ETH24L_11
0
ETH13H_2
ETH13H_10
ETH13L_2
ETH13L_10
ETH24H_2
ETH24H_10
ETH24L_2
ETH24L_10
0
ETH13H_1
ETH13H_9
ETH13L_1
ETH13L_9
ETH24H_1
ETH24H_9
ETH24L_1
ETH24L_9
0
ETH13H_0
ETH13H_8
ETH13L_0
ETH13L_8
ETH24H_0
ETH24H_8
ETH24L_0
ETH24L_8
0
0
ETH13L_4
0
ETH24H_4
0
ETH24L_4
0
0
D2
0
D1
0
D0
0
ETH13H_7
0
ETH13L_7
0
ETH24H_7
0
ETH24L_7
0
ETH13H_6
0
ETH13L_6
0
ETH24H_6
0
ETH24L_6
0
ETH13H_5
0
ETH13L_5
0
ETH24H_5
0
ETH24L_5
0
上下/左右の出力差(IR1 - IR3 / IR2 - IR4)の閾値設定
ETH13H[11:0], ETH24H[11:0]: 上下/左右の出力差(IR1 - IR3 / IR2 - IR4)の上限閾値 12-bit
ETH13L[11:0], ETH24L[11:0]: 上下/左右の出力差(IR1- IR3 / IR2 - IR4)の下限閾値 12-bit
上下/左右の出力差(IR1 - IR3 / IR2 - IR4)の閾値設定用のレジスタです。
閾値の設定範囲は、Table 14.5の様に成ります。
Table 14.5. 上下/左右の出力差(IR1 - IR3 / IR2 - IR4)の閾値設定
閾値 [11:0]
出力電流の差
Hex
Decimal
二の補数
0111 1111 1111
7FF
2047
7139.32
⁞
⁞
⁞
⁞
0000 0000 0001
001
1
3.4877
0000 0000 0000
000
0
0
1111 1111 1111
FFF
-3.4877
⁞
⁞
⁞
⁞
1000 0000 0000
800
-2048
-7142.81
Unit
pA
出力電流と閾値の間には以下の関係があります。
出力電流の差 = 3.4877 × 閾値[11:0] (Decimal) pA
必ず、ETH13H > ETH13L, ETH24H > ETH24Lの関係になるように閾値を設定してください。
上記以外に設定した場合、正しく閾値判定が行われません。
015002891-J-01
2015/10
- 34 -
[AK9750]
11). EHTS13, EHYS24: 閾値のヒステリシスの設定(書き込み/読み出しレジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
D3
D2
19H
1AH
EHYS13
EHYS24
Reset
1
1
1
EHYS13_4
EHYS24_4
0
EHYS13_3
EHYS24_3
0
EHYS13_2
EHYS24_2
0
D1
D0
EHYS13_1
EHYS24_1
0
EHYS13_0
EHYS24_0
0
閾値のヒステリシス設定
EHYS13,EHYS24: 閾値のヒステリシス 5-bit
上下/左右の出力差(IR1 - IR3 / IR2 - IR4)の閾値のヒステリシスを設定するレジスタです。
Binary
11111
11110
⁞
00001
00000
Table 14.6. 閾値のヒステリシス設定
ヒステリシス [4:0]
出力電流の差
Hex
Decimal
1F
31
108.12
1E
30
104.63
⁞
⁞
⁞
01
1
3.4877
00
0
0
Unit
pA
閾値とヒステリシスの関係は、Figure 14.1 の様に成ります。
INT Output
“H” Level
EHYS13
or
EHYS24
EHYS13
or
EHYS24
“L” Level
The Differential Output
(IR1 - IR3 / IR2 - IR4)
Figure 14.1. 閾値とヒステリシスの関係
015002891-J-01
2015/10
- 35 -
[AK9750]
12). EINTEN: 割り込み要因(書き込み/割り込みレジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
1BH
EINTEN
Reset
1
1
0
IR13HI
0
D3
D2
D1
D0
IR13LI
0
IR24HI
0
IR24LI
0
DRI
0
INT出力を使って以下の要因でHOST CPU側へ割り込みを発生させる事ができます。INT出力はイネーブ
ルにされた割り込み要因のうちのいずれか一つでも条件を満たした場合にアクティブに成ります。
HOST CPU側で、どの割り込み要因で割り込みが発生したかを確認する為には割り込みステータス
INTSTを読み出してください。DRIと閾値判定設定(IR13HI, IR13LI, IR24HI, IR24LIのいずれか)が同時に
設定された場合は、閾値判定の出力が優先されます。
IR13HI / IR24HI: 閾値上限割り込み設定
“0”: 割り込み設定ディセーブル
“1”: 割り込み設定イネーブル
上下/左右の出力差(IR1 - IR3 / IR2 - IR4)の値が、 “上限閾値未満の値”から “上限閾値以上の値”に変化し
た場合、若しくは “上限閾値以上の値”から “上限閾値-ヒステリシスの値未満の値”に変化した場合に割
り込みを発生させるかどうかを設定します。割り込みを発生させる場合は “1” を設定して下さい。
IR13LI / IR24LI: 閾値下限割り込み設定
“0”: 割り込み設定ディセーブル
“1”: 割り込み設定イネーブル
上下/左右の出力差(IR1 - IR3 / IR2 - IR4)の値が、 “下限閾値より大きい値”から “下限閾値以下の値”に変
化した場合、若しくは “下限閾値以下の値”から “下限閾値+ヒステリシスの値より大きな値”に変化した
場合に割り込みを発生させるかどうかを設定します。割り込みを発生させるかどうかを設定します。発
生させる場合は “1” を設定してください。
DRI: データレディ割り込み設定
“0”: 割り込み設定ディセーブル
“1”: 割り込み設定イネーブル
データレディが完了した場合、割り込みを発生させるかを設定します。割り込みを発生させる場合は、
“1” を設定してください。
015002891-J-01
2015/10
- 36 -
[AK9750]
13). ECNTL1: モード設定/デジタルフィルタカットオフ周波数(Fc)設定(書き込み / 読み込みレジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
D0
1CH
EINTEN
Reset
EEPMODE
0
1
EFC_2
0
EFC_1
0
EFC_0
0
EMODE_2
0
EMODE_1
0
EMODE_0
0
EEPMODE設定
“0”: 通常モード
“1”: EEPROMアクセスモード(同時にEMODE= “001”を設定する必要があります)
EFC [2:0]: Fc設定
“000”: Fc= 0.3Hz
“001”: Fc= 0.6Hz
“010”: Fc= 1.1Hz
“011”: Fc= 2.2Hz
“100”: Fc= 4.4Hz
“101”: Fc= 8.8Hz
“11x”: 使用禁止
出力段のフィルタはsinc 関数構成です。ゲイン特性が-3dB の周波数をここではFc と定義しています。
EMODE [2:0]: モード設定
“000”: スタンバイモード
“001”: EEPROMアクセスモード(EEPMODE bitも同じく “1”に設定してください)
“010”: 単発測定モード
“011”: 使用禁止
“100”: 連続測定モード0 (常時測定)
“101”: 連続測定モード1 (1:1の割合で測定と待機を繰り返し動作)
“110”: 連続測定モード2 (1:3の割合で測定と待機を繰り返し動作)
“111”: 連続測定モード3 (1:7の割合で測定と待機を繰り返し動作)
14). CNTL2: ソフトリセット(書き込み/読み出しレジスタ)
Address
Name
1DH
CNTL2
Reset
D7
D6
D5
D4
D3
D2
D1
1
1
1
1
1
1
1
D0
SRST
0
SRST: ソフトリセット
“0”: 通常状態
“1”: リセット状態
“1”を書き込むと、全てのレジスタがリセットされます。SRSTは、リセット後自動的に “0”に戻ります。
015002891-J-01
2015/10
- 37 -
[AK9750]
15. EEPROM機能説明
Address
50H
51H
52H
53H
54H
55H
56H
57H
58H
59H
5AH
5BH
5CH
5DH
5EH
5FH
60H
Table 15.1. EEPROM詳細マップ
D6
D5
D4
D3
Name
D7
EKEY
EKEY_7
EKEY_6
ETH13H
1
1
ETH13H
1
1
ETH13L
1
1
EKEY_5
D2
D1
D0
EKEY_4
EKEY_3
EKEY_2
EKEY_1
EKEY_0
ETH13H_5
ETH13H_4
ETH13H_3
ETH13H_2
ETH13H_1
ETH13H_0
ETH13H_11
ETH13H_10
ETH13H_9
ETH13H_8
ETH13H_7
ETH13H_6
ETH13L_5
ETH13L_4
ETH13L_3
ETH13L_2
ETH13L_1
ETH13L_0
ETH13L
1
1
ETH13L_11
ETH13L_10
ETH13L_9
ETH13L_8
ETH13L_7
ETH13L_6
ETH24H
1
1
ETH24H_5
ETH24H_4
ETH24H_3
ETH24H_2
ETH24H_1
ETH24H_0
ETH24H
1
1
ETH24H_11
ETH24H_10
ETH24H_9
ETH24H_8
ETH24H_7
ETH24H_6
ETH24L
1
1
ETH24L_5
ETH24L_4
ETH24L_3
ETH24L_2
ETH24L_1
ETH24L_0
ETH24L
1
1
ETH24L_11
ETH24L_10
ETH24L_9
ETH24L_8
ETH24L_7
ETH24L_6
EHYS13
1
1
1
EHYS13_4
EHYS13_3
EHYS13_2
EHYS13_1
EHYS13_0
EHYS24
1
1
1
EHYS24_4
EHYS24_3
EHYS24_2
EHYS24_1
EHYS24_0
EINTEN
1
1
0
IR13HI
IR13LI
IR24HI
IR24LI
DRI
ECNTL1
1
1
EFC_2
EFC_1
EFC_0
EMODE_2
EMODE_1
EMODE_0
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
AKEY_7
AKEY_6
AKEY_5
AKEY_4
AKEY_3
AKEY_2
AKEY_1
AKEY_0
AKEY
[機能説明]
1). EKEY: EEPROM WRITE ENABLE設定 (書き込み/読み出しレジスタ)
Address
Name
D7
D6
D5
D4
D3
50H
EKEY
EKEY_7
EKEY_6
EKEY_5
EKEY_4
EKEY_3
D2
D1
D0
EKEY_2
EKEY_1
EKEY_0
EEPROM WRITE ENABLEレジスタです。本アドレスに、A5Hを書き込む事でEEPROMへのWRITEが
可能となります。
アドレス51H ~ 5CHについては、レジスタのアドレス11H ~ 1CHに対応しますのでレジスタ機能詳細を
参照してください。
また、アドレス51H, 53H, 55H, 57Hに関しましては、値を書き込むビットの場所が11H, 13H, 15H, 17H
と異なりますのでご注意ください。
015002891-J-01
2015/10
- 38 -
[AK9750]
16. 初回データ確定時間
初回データ確定時間は、レジスタ書き込み完了後から初回のデータが確定するまでの時間です。動作モ
ード設定、デジタルフィルタ設定に依存します。
また、初回データ確定時間は、OSC周波数に依存しますので、Min./Max.は、Typ.より±10%の値となり
ます。
<各モードの初回データ確定時間(Typ.)>
Table 16.1. 各モードの初回データ確定時間 (Typ.)
EFC [2:0]
EFC= “0H” EFC= “1H” EFC= “2H” EFC= “3H” EFC= “4H”
2.309
1.157
0.581
0.293
0.149
2.309
1.157
0.581
0.293
0.149
2.309
1.157
0.581
0.293
0.149
2.309
1.157
0.581
0.293
0.149
2.309
1.157
0.581
0.293
0.149
Unit
EMODE [2:0]
EFC= “5H”
0.077
単発測定モード
0.077
連続測定モード0
0.077
sec
連続測定モード1
0.077
連続測定モード2
0.077
連続測定モード3
Note:
* 17. スイッチモード時の初回データ確定時間は、パワーオンリセットが終了してから、測定結果がINT
出力に反映されるまでの時間です。上記の値より最大0.02sec遅くなります。
17. データサンプリング周期
データ更新時間は、初回のデータが確定してから周期的にデータを更新する時間です。動作モード設定、
デジタルフィルタ設定に依存します。
また、データ更新時間は、OSC周波数に依存しますので、Min./Max.は、Typ.より±10%の値となります。
<各モードでのIRセンサ出力データ更新時間 (Typ.)>
EMODE [2:0]
連続測定モード0
連続測定モード1
連続測定モード2
連続測定モード3
Table 17.1. IRデータのデータサンプリング周期 (Typ.)
EFC [2:0]
EFC= “0H” EFC= “1H” EFC= “2H” EFC= “3H” EFC= “4H”
0.576
0.288
0.144
0.072
0.036
4.608
2.304
1.152
0.576
0.288
9.216
4.608
2.304
1.152
0.576
18.432
9.216
4.608
2.304
1.152
EFC= “5H”
0.018
0.144
0.288
0.576
Unit
sec
<各モードでの内蔵温度センサの出力データ更新時間>
内蔵温度計の測定周期は、EMODE [2:0]の設定によって以下の様に変わります。
内蔵温度計の更新周期は、デジタルフィルタ設定に依存しません。
Table 17.2. 内蔵温度センサのデータサンプリング周期 (Typ.)
EMODE [2:0]
Unit
サンプリング周期
0.576
連続測定モード0
4.608
連続測定モード1
sec
9.216
連続測定モード2
18.432
連続測定モード3
015002891-J-01
2015/10
- 39 -
[AK9750]
18. センサ出力 (参考値)
Ts: センサ温度
Ttgt: 対象物温度
Figure 18.1. IRセンサ出力
19. 分光感度 (参考値)
Figure 19.1. 分光感度
<測定条件>
センサ温度 Ts= 25ºC (298K)
015002891-J-01
2015/10
- 40 -
[AK9750]
20. 視野角 (参考値)
Parameter
Symbol
Min.
Typ.
Max.
Unit
FOV
±48
±55
±66
deg(º)
視野角
(* 18)
Note:
* 18. 上下( or 左右)を観測する2つのIRセンサが観測している範囲です。設計参考値であり、量産検査
されません。
Figure 20.1. 視野角 (Typ.)
<測定条件>
周囲温度:
Ta=25℃
黒体炉:
Φ12.7mm Tb= 500K
黒体炉からAK9750までの距離: 140mm
Figure 20.2. 黒体炉との関係
015002891-J-01
2015/10
- 41 -
[AK9750]
21. 外部接続回路例
DVDD
DVDD
DVDD DVDD DVDD
VDD1
330Ω
Power for I/F
SCL
DVDD
1.0µF
VDD
1.0µF
VSS
I2C I/F
SDA
AKM
INT
AK9750
CAD0
TEST
CAD1
INT INPUT
Slave Address Select:
CAD0 and CAD1 must be
connected to VDD or VSS.
Digital
Output
GND
PDN
VSS
HOST
MCU
VSS VSS
VSS
Figure 21.1.外部接続回路例
015002891-J-01
2015/10
- 42 -
[AK9750]
22. パッケージ
22.1. 外形寸法図
10-pin SON (Unit mm)
指定外寸法公差: ±0.1mm
1
015002891-J-01
2015/10
- 43 -
[AK9750]
22.2. ランドパターン
015002891-J-01
2015/10
- 44 -
[AK9750]
22.3. マーキング
5C11
1
Lot
Day
Month
Year
Year
Mark
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
Year
2020
2021
2022
2023
2024
2015
2016
2017
2018
2019
Mark
C
D
E
F
G
H
J
K
L
M
N
P
Month
Month
January
February
March
April
May
June
July
August
September
October
November
December
Day
Mark
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
A
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
N
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
015002891-J-01
Lot
Day
1st
2nd
3rd
4th
5th
6th
7th
8th
9th
10th
11th
12th
13th
14th
15th
16th
17th
18th
19th
20th
21th
22th
23th
24th
25th
26th
27th
28th
29th
30th
31th
Mark
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
A
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
M
N
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
Lot
1 Lot
2 Lot
3 Lot
4 Lot
5 Lot
6 Lot
7 Lot
8 Lot
9 Lot
10 Lot
11 Lot
12 Lot
13 Lot
14 Lot
15 Lot
16 Lot
17 Lot
18 Lot
19 Lot
20 Lot
21 Lot
22 Lot
23 Lot
24 Lot
25 Lot
26 Lot
27 Lot
28 Lot
29 Lot
30 Lot
31 Lot
32 Lot
33 Lot
2015/10
- 45 -
[AK9750]
23. オーダリングガイド
AK9750
-30 ~ 85ºC
10-pin SON
24. 改訂履歴
Date (Y/M/D)
15/03/02
15/10/07
Revision
00
01
Reason
初版登録
Page
-
削除
13
追加
追加
修正
20,21
34
41
Contents
AKM提供のソフトウェアが通常モードを使用す
る記述を削除。
データ読み出し手順例、及びフロー図を追加。
閾値設定の表に数式追加。
黒体炉温度の単位の誤記訂正。(Tb=500℃→500K)
015002891-J-01
2015/10
- 46 -
[AK9750]
重要な注意事項
0. 本書に記載された弊社製品(以下、
「本製品」といいます。)、および、本製品の仕様につきま
しては、本製品改善のために予告なく変更することがあります。従いまして、ご使用を検討
の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営業担当、あるいは弊社特約
店営業担当にご確認ください。
1. 本書に記載された情報は、本製品の動作例、応用例を説明するものであり、その使用に際し
て弊社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うも
のではありません。お客様の機器設計において当該情報を使用される場合は、お客様の責任
において行って頂くとともに、当該情報の使用に起因してお客様または第三者に生じた損害
に対し、弊社はその責任を負うものではありません。
2. 本製品は、医療機器、航空宇宙用機器、輸送機器、交通信号機器、燃焼機器、原子力制御用
機器、各種安全装置など、その装置・機器の故障や動作不良が、直接または間接を問わず、
生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて高い信頼性を
要求される用途に使用されることを意図しておらず、保証もされていません。そのため、別
途弊社より書面で許諾された場合を除き、これらの用途に本製品を使用しないでください。
万が一、これらの用途に本製品を使用された場合、弊社は、当該使用から生ずる損害等の責
任を一切負うものではありません。
3. 弊社は品質、信頼性の向上に努めておりますが、電子製品は一般に誤作動または故障する場
合があります。本製品をご使用頂く場合は、本製品の誤作動や故障により、生命、身体、財
産等が侵害されることのないよう、お客様の責任において、本製品を搭載されるお客様の製
品に必要な安全設計を行うことをお願いします。
4. 本製品および本書記載の技術情報を、大量破壊兵器の開発等の目的、軍事利用の目的、ある
いはその他軍事用途の目的で使用しないでください。本製品および本書記載の技術情報を輸
出または非居住者に提供する場合は、「外国為替および外国貿易法」その他の適用ある輸出
関連法令を遵守し、必要な手続を行ってください。本製品および本書記載の技術情報を国内
外の法令および規則により製造、使用、販売を禁止されている機器・システムに使用しない
でください。
5. 本製品の環境適合性等の詳細につきましては、製品個別に必ず弊社営業担当までお問合せく
ださい。本製品のご使用に際しては、特定の物質の含有・使用を規制するRoHS指令等、適
用される環境関連法令を十分調査のうえ、かかる法令に適合するようにご使用ください。お
客様がかかる法令を遵守しないことにより生じた損害に関して、弊社は一切の責任を負いか
ねます。
6. お客様の転売等によりこの注意事項に反して本製品が使用され、その使用から損害等が生じ
た場合はお客様にて当該損害をご負担または補償して頂きますのでご了承ください。
7. 本書の全部または一部を、弊社の事前の書面による承諾なしに、転載または複製することを
禁じます。
015002891-J-01
2015/10
- 47 -
Similar pages