AK2557

[AK2557]
AK2557
4ch Cathode Common LDD with Digital APC
概 要
1.
AK2557は、MFP・LBP向け4chカソードコモンLD (Laser Diode) ドライバです。
200MHz (Max.)の電流スイッチング機能と、LD電流を設定する電流DAC、LDの発光パワーを一定に保
持するフィードバック方式のデジタルAPC (Auto Power Control) 機能を有しています。APC調整、デジ
タル演算によるバイアス電流の自動設定と光量補正、シェーディング補正の機能を内蔵回路で実現し、
画質向上と共に、外付け部品削減とコスト低減を実現します。複数個のAK2557と、8ビーム以上のマル
チビームLDを組み合せて使用することも出来ます。
2.
特 長
 LDドライバ:
200MHzスイッチング 4ch カソードコモンLDドライバ
 バイアス電流:
9 bit 電流DAC(IDAC_BIAS)
VDD=5.0V / ILD pin=2.2Vで 最大出力電流=45mA (Typ.)
 スイッチング電流:
9 bit 電流DAC(IDAC_SW)
VDD=5.0V / ILD pin=2.2Vで 最大出力電流=90mA (Typ.)
 APC:
フィードバック式デジタルAPC(APC_FB)
 モニタPD電流入力:
4ビームLD対応
8ビーム以上のマルチビームLD対応(カスケード接続)
 APC調整回路内蔵
 バイアス電流自動設定(BIAS_APC)
 光量補正
 シェーディング補正
 LDドライバ出力 過電流検出
 スタートアップ動作
外付けEEPROMデータの読み出しと動作設定
初期APC実行
 電源電圧:
5V ±5% 単一電源動作
 パッケージ:
48 pin QFN(放熱パッド付)
014012887-J-00 (Brief)
2014/11
-1-
[AK2557]
3.
ブロック図
AK2557
DATAP1
R_SW1_I
IDAC
_SW1
Isw1
DATA
(LVDS)
DATAN1
IDAC
_BIAS1
R_BIAS1_I
CH1
ILD1
Ild1
Ibias1
LD1
CH1
P_ENB*
CH4 共通部
デジタル部
SDCLK
P_SEL*
動作モード
設定
PDMON
(パラレルI/F)
PD
Ipd
vpd
PD検出
Comp.
PD
R_APC1_DAC
R_APCx_DAC
Rref
DAC_APC
APC制御
BIAS_APC
I_APCH1_I
I_APCHx_I
P_SH*
P_CH1*
P_CH0*
P_HL*
光量補正
シェーディング
CSI*
vapcref
EEPROM
(MicroWire)
CSO
VREF
内部基準
電圧発生
内蔵発振器
過電流
判定
SKOI
(シリアルI/F)
DOI
パワーオン
リセット
CHx (x
SK
DI
DIO
2, 3, 4)
DATAPx
DATANx
機能設定
CS
R_SWx_I
IDAC
_SWx
Iswx
DATA
(LVDS)
IDAC
_BIASx
R_BIASx_I
DO
ILDx
Ildx
Ibiasx
LDx
パワーダウンプロテクション内蔵
BG_FIX*
CUALM
SET* STRT A2 A1 A0
INT_ST
* : プルダウン抵抗内蔵
Figure 3-1 AK2557 Block Diagram
014012887-J-00 (Brief)
2014/11
-2-
[AK2557]
4.
パッケージ
4.1.
外形寸法図
[Unit mm]
7.00±0.10
0.40±0.10
B
0.23 +0.07
-0.05
0.10
C0
. 60
M
AX
5.1
6.75±0.10
7.00±0.10
6.75±0.10
A
0.50
M
AB
5.1
4.2.
0.85 +0.15
-0.05
C
+0.03
0.08
0.02 -0.02
0.20
C
マーキング
AK2557
YYWWXXX
○を付した角を1ピンとする
AK2557
YYWWXXX (7桁)
西暦下2桁
週通し番号 (1~52)
管理コード
a. 1ピン表示:
b. マーキング:
c. デートコード:
YY:
WW:
XXX:
014012887-J-00 (Brief)
2014/11
-3-
[AK2557]
重要な注意事項
0. 本書に記載された弊社製品(以下、「本製品」といいます。)、および、本製品の仕様につ
きましては、本製品改善のために予告なく変更することがあります。従いまして、ご使用を
検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営業担当、あるいは弊社
特約店営業担当にご確認ください。
1. 本書に記載された情報は、本製品の動作例、応用例を説明するものであり、その使用に際し
て弊社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うも
のではありません。お客様の機器設計において当該情報を使用される場合は、お客様の責任
において行って頂くとともに、当該情報の使用に起因してお客様または第三者に生じた損害
に対し、弊社はその責任を負うものではありません。
2. 本製品は、医療機器、航空宇宙用機器、輸送機器、交通信号機器、燃焼機器、原子力制御用
機器、各種安全装置など、その装置・機器の故障や動作不良が、直接または間接を問わず、
生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて高い信頼性を
要求される用途に使用されることを意図しておらず、保証もされていません。そのため、別
途弊社より書面で許諾された場合を除き、これらの用途に本製品を使用しないでください。
万が一、これらの用途に本製品を使用された場合、弊社は、当該使用から生ずる損害等の責
任を一切負うものではありません。
3. 弊社は品質、信頼性の向上に努めておりますが、電子製品は一般に誤作動または故障する場
合があります。本製品をご使用頂く場合は、本製品の誤作動や故障により、生命、身体、財
産等が侵害されることのないよう、お客様の責任において、本製品を搭載されるお客様の製
品に必要な安全設計を行うことをお願いします。
4. 本製品および本書記載の技術情報を、大量破壊兵器の開発等の目的、軍事利用の目的、ある
いはその他軍事用途の目的で使用しないでください。本製品および本書記載の技術情報を輸
出または非居住者に提供する場合は、「外国為替および外国貿易法」その他の適用ある輸出
関連法令を遵守し、必要な手続を行ってください。本製品および本書記載の技術情報を国内
外の法令および規則により製造、使用、販売を禁止されている機器・システムに使用しない
でください。
5. 本製品の環境適合性等の詳細につきましては、製品個別に必ず弊社営業担当までお問合せく
ださい。本製品のご使用に際しては、特定の物質の含有・使用を規制するRoHS指令等、適
用される環境関連法令を十分調査のうえ、かかる法令に適合するようにご使用ください。お
客様がかかる法令を遵守しないことにより生じた損害に関して、弊社は一切の責任を負いか
ねます。
6. お客様の転売等によりこの注意事項に反して本製品が使用され、その使用から損害等が生じ
た場合はお客様にて当該損害をご負担または補償して頂きますのでご了承ください。
7. 本書の全部または一部を、弊社の事前の書面による承諾なしに、転載または複製することを
禁じます。
014012887-J-00 (Brief)
2014/11
-4-
Similar pages