AK8813VQ

[AK8813 ]
ASAHI KASEI
AK8813
NTSC/PAL Digital Video Encoder
概要
AK8813 は Digital TV/STB 用途に開発されたデジタルビデオエンコーダです。 ITU-R BT.601 準拠の Y,Cb,Cr 信号を
NTSC または PAL のコンポジットビデオ及び Y/C(S-ビデオ)信号にエンコードします。
また Closed Captioning, VBID(CGMS)、WSS エンコード機能を持っており、I2C バスによってコントロールされます。
特長
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
NTSC-M, PAL-B,D,G,H,I,M,N エンコード
コンポジット、S-ビデオ同時出力
ITU-R. BT.656 4:2:2 8-ビットパラレル入力 (EAV デコード)
マスター/スレーブ オペレーション
Yフィルタリング:x2オーバーサンプリング
Cフィルタリング:x4オーバーサンプリング
単一 27MHz クロック動作(クロックは SYSINV ピン設定により極性の選択可能)
3 チャネル 10 ビット DAC
I2C バス(400kHz)
クローズドキャプション (NTSC:ライン 21,284-SMPTE PAL:ライン 21,334-CCIR)
VBID, CGMS (EIAJ CPR-1204)
WSS エンコード機能
内蔵カラーバー出力
2.8V - 3.6V モノリシック CMOS 単一電源
パワーダウン機能
48 ピン LQFP(AK8813VQ)
SELA
SCL SDA CLKNV CLK HSYNC VSYNC /PD /RESET
VREFOUT VREFIN
2
u-P I/F (I C)
&
Register
Timing Generator
CGMS-A
WSS
VREF
Generator
IREF
Sync-Form
Generator
Luma Filter
Input Formatter
EAV Decode
Data[7:0]
Y
Delay
(x 2 Interpolator)
4:2:2 to 4:4:4
(x 2 Interpolator)
Chroma
LPF Filter
(x 2 Interpolator)
Sub-Carrier
Generator
Y
10-bit
DAC
Composite
10-bit
DAC
C
AVDD AVSS
DVDD DVSS
MS0243-J-03
C
Delay
10-bit
DAC
1
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■オーダリングガイド
AK8813VQ 48 ピン LQFP
■ピン配置図
LQFP48 ピンパッケージ (AK8813VQ)
AVSS
AVDD
VREFOUT
VREFIN
IREF
DVSS
DVDD
UD0
UD1
UD2
UD3
UD4
UD5
37
36 35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25
24
CVBS
UD6
38
23
AVSS
UD7
39
22
C
DVSS
40
21
AVDD
SYSCLK
41
20
Y
DVDD
42
19
AVSS
UD8
43
18
/RESET
DVDD
44
17
PD
FID/VSYNC
45
16
SDA
HSYNC
46
15
SCL
DVSS
47
14
SELA
SYSINV
48
13
TEST
7
D7
D6
D5
D4
DVDD
DVSS
8
9 10 11 12
2
TEST
6
D0
5
D1
4
D2
3
D3
2
UD9
MS0243-J-03
1
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■ ピン機能説明
LQFP48 ピンパッケージ
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12-13
端子名
UD9
D7
D6
D5
D4
DVDD
DVSS
D3
D2
D1
D0
TEST
I/O
I/O
I
I
ビデオデータ入力ピンです。
P
G
デジタル電源ピンです。
デジタルグランドピンです。
I
ビデオデータ入力ピンです。
I
I
ビデオデータ入力ピンです。(LSB)
テストピンです。グランドに接続してください。
I2C スレーブアドレスの設定用ピンです。
L : 0x40
H : 0x42
シリアル I/F クロック
シリアル I/F データ
パワーダウンピンです。パワーダウン解除後はリセットシーケンスが必要となります。
L : 通常動作
H : パワーダウン
リセット入力ピンです。電源投入時には初期化が必要です。デバイスを初期化するため
には必ずリセットシーケンスにしたがって初期化を行ってください。
L : リセット
H:通常動作
アナロググランドピンです。
輝度信号出力ピンです。
220Ω(誤差 1%以下)の抵抗を介してアナロググランドに接続してください。
アナログ電源ピンです。
10uF の電解コンデンサと 0.1uF のセラミックコンデンサを AVSS との間に並列接続す
ることを推奨します。
C 信号出力ピンです。
220Ω(誤差 1%以下)の抵抗を介してアナロググランドに接続してください。
アナロググランドピンです。
コンポジットビデオ信号出力ピンです。
220Ω(誤差 1%以下)の抵抗を介してアナロググランドに接続してください。
アナロググランドピンです。
アナログ電源ピンです。
10uF の電解コンデンサと 0.1uF のセラミックコンデンサを AVSS との間に並列接続す
ることを推奨します。
内蔵リファレンス電圧出力ピンです。(Typ.:1.235V)
10uF の電解コンデンサと 0.1uF のセラミックコンデンサを AVSS との間に並列接続す
ることを推奨します。
リファレンス電圧入力ピンです。
DAC フルスケール電流を調整します。
通常 6.8kΩ(誤差 1%以下)の抵抗を介してアナロググランドに接続してください。
14
SELA
I
15
16
SCL
SDA
I
I/O
17
PD
I
18
/RESET
I
19
AVSS
G
20
Y
O
21
AVDD
P
22
C
O
23
AVSS
G
24
CVBS
O
25
AVSS
G
26
AVDD
P
27
VREFOUT
O
28
VREFIN
I
29
IREF
O
MS0243-J-03
機能概要
テスト用ピンです。NC とします。
ビデオデータ入力ピンです。(MSB)
3
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
30
31
32-39
40
41
42
43
44
DVSS
DVDD
UD0 – UD7
DVSS
SYSCLK
DVDD
UD8
DVDD
G
P
I/O
G
I
P
45
FID/VSYNC
I/O
46
HSYNC
I/O
47
DVSS
G
48
SYSINV
I
P
デジタルグランドピンです。
デジタル電源ピンです。
テスト用ピンです。NC とします。
デジタルグランドピンです。
27MHz クロック入力ピンです。
デジタル電源ピンです。
テスト用ピンです。NC としてください。
デジタル電源ピンです。
FID/VSYNC はレジスタにて一方が選択されます。
656 デコードモード及びマスターモード時: 出力ピン
スレーブモード時:入力ピン
となります。
656 デコードモード時及びマスターモード時: 出力ピン
スレーブモード時:入力ピン
となります。
デジタルグランドピンです。
データの取り込み極性を決めます。
L : 立ち上がりエッジでデータを取り込みます。
H : 立ち下がりエッジでデータを取り込みます。
注1) スレーブモード時FID/VSYNC,HSYNCを使用しない場合はHレベルに設定してください。
(例:100KΩ程度でVDDにプルアップ固定する。)
注2) 本LSIは初期化が必要です。初期化前のI/Oは不定となります。(パワーダウン時はHi-Z)
また、初期化後はスレーブで入力待ちになります。その後I/O切り替えはレジスタ設定によるソフトウエア
設定のみなのでマスターでご使用になる場合は初期化後なるべく早くマスターモードに設定してください。
MS0243-J-03
4
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■
電気的特性
(1) 絶対最大定格
項目
最小
最大
単位
-0.3
4.6
V
-0.3
VDD+0.3
V
-
+/- 10
mA
アナログレファレンス電流 (IRef)
-
0.21
mA
アナログ出力電流
-
6.5
mA
1.25
W
125
℃
電源電圧 (VDD)
DVDD, AVDD
入力ピン電圧
入力ピン電流
(VDD)
(Iin)
許容損失(@ 25℃) 注 1)
-40
保存温度
注 1)本値は実装状態・測定条件によって変化します。LQFP48 パッケージで自然対流、両面基板(PCB 厚:1.6mm)
を想定した場合の参考値です。熱設計にあたっては実装・実使用条件を考慮して余裕をもって最適化を図って
ください。
注 2)上記値は各グランドピン(DVSS, AVSS)を0V(電圧基準)とした時です。
(2) 推奨動作条件
項目
最小
標準
最大
単位
電源電圧 (VDD)
2.8
3.3
3.6
V
動作温度
-40
85
℃
MS0243-J-03
5
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(3) DC 特性
項目
デジタル入力 H 電圧
デジタル入力 L 電圧
デジタル入力リーク電流
記号
VIH
VIL
IL
デジタル出力 H 電圧
VOH
デジタル出力 L 電圧
I2C 入力H電圧
I2C(SDA,SCL)
I2C 入力L電圧
I2C(SDA,SCL)
I2C(SDA)L 出力
VOL
VIH
最小
0.7DVDD
標準
<動作電圧:2.8~3.6V 温度 : -40~85℃>
最大
単位 条件
V
注 1)
0.3DVDD
V
注 1)
uA
±10
注 1)
2.4/2.2 注
3)
0.4
V
IOH=-1mA 注 2)
V
IOL= 2mA
注 2)
V
0.7DVDD
VIL
0.3DVDD
V
VOL
0.4
V
IOL=3mA
注 1)D[9:0],FID/VSYNC, HSYNC, SYSCLK, RESET ピン
注 2)FID/VSYNC, HSYNC ピン
注 3)DVDD=2.8V~3.0V の場合 2.2V とします。
注) TEST1 及び TEST2 はグランドに接続。 SELA, SISINV ピンは使用する極性(グランドまたは VDD)に設定する
(4) アナログ特性
項目
分解能
積分直線性誤差
微分直線性誤差
出力フルスケール電圧
出力オフセット電圧
DAC 間アンバランス
DAC 間アイソレーション
内蔵基準電圧
基準電圧ドリフト
<動作電圧:AVDD=3.3V, 室温, 出力負荷 220Ω, IREF ピン抵抗 6.8kΩ時>
最小
標準
最大
単位
条件
bit
10
LSB
±0.6
±2
LSB
±0.4
±1
V
注 1)
1.21
1.28
1.35
mV
注 2)
5.0
%
±1
±5
注 3)
dB
入力:1MHz 0dB 時
50
V
1.17
1.235
1.30
-50
ppm/℃
注 1) 出力負荷 220Ω、IREF ピン抵抗 6.8 kΩ、 外部 VREF(1.235V)を使用した場合の値です
尚、フルスケール出力電流 は Iout=フルスケール出力電圧(typ. 1.28V)/220Ω=typ. 5.82 mA と計算されます。
注 2) DAC に(10 進0)を入力した時の VSS に対する電圧
注 3) DAC に1V相当のコード(10 進 800)を入力した時のバラツキ
(5) 消費電流
項目
DAC 部電流 1
DAC 部電流 2
パワーダウン電流
全消費電流
<動作電圧:AVDD=DVDD=3.3V, 温度-40℃~85℃>
標準
最大
単位
条件
mA
注 1)
24
uA
注 2)
10
uA
注 3)
10
100
mA
注 4)
50
65
最小
注 1) 3ch の DAC が動作している場合
注 2) 全 DAC 出力モード OFF でクロック停止状態
注 3) 規定のパワーダウンシーケンス後外部信号静止状態で測定した場合(AVDD=DVDD の単一電源レベルであること)
注 4) NTSC モード内蔵カラーバー出力 ・3ch DAC 全て ON ・スレーブモード時。(接続指定素子以外の外部出力負荷無し)
(6) AC 特性
項目
デジタル出力許容負荷容量
MS0243-J-03
記号
最小
15
標準
6
最大
30
単位
pF
条件
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■ AC タイミング
(2.8 ~3.6V -40~85℃)
(1) CLK
fCLK
tCLKL
VIH,VIL の 1/2 レベル
tCLKH
VIH
CLK
VIL
項目
SYSCLK
記号
最小
fCLK
標準
最大
27
単位
備考
MHz
SYSCLK パルス幅 H
tCLKH
15
nsec
SYSCLK パルス幅 L
tCLKL
15
nsec
(2) ピクセルデータ入力タイミング
(2-1) SYSINV = Low の場合
VIH
VIL
CLK
tDS
tDH
D7:D0
(2-2) SYSINV = High の場合
VIH
VIL
CLK
tDS
tDH
D7:D0
項目
記号
最小
データセットアップタイム
tDS
5
nsec
データホールドタイム
tDH
8
nsec
MS0243-J-03
7
標準
最大
単位
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(3) 同期信号 ( FID/VSYNC, HSYNC )
(3-1) SYSINV = Low の場合
(3-1-1) 同期信号入力タイミング
VIH
VIL
SYSCLK
tDH
tDS
FID/VSYNC, HSYNC
項目
記号
最小
標準
最大
単位
データセットアップタイム
tDS
5
nsec
データホールドタイム
tDH
8
nsec
(3-1-2) 同期信号出力タイミング
VIH
SYSCLK
tDEL
VIH
FID/VSYNC, HSYNC
項目
SYSCLK からの遅れ
MS0243-J-03
VIL
記号
最小
tDEL
8
標準
最大
単位
27
nsec
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(3-2) SYSINV = High の場合
(3-2-1) 同期信号入力タイミング
VIH
SYSCLK
VIL
tDH
tDS
FID/VSYNC, HSYNC
項目
記号
最小
標準
最大
単位
データセットアップタイム
tDS
5
nsec
データホールドタイム
tDH
8
nsec
(3-2-2) 同期信号出力タイミング
SYSCLK
VIL
tDEL
VIH
FID/VSYNC, HSYNC
項目
SYSCLK からの遅れ
MS0243-J-03
VIL
記号
最小
tDEL
9
標準
最大
単位
27
nsec
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(4) リセットタイミング( イニシャライズ )
VIL
/RESET
1
pRES
2
10
SYSCLK
出力→Hi-Z
HSYNC,VSYNC,SDA
初期化入力モード
初期化前 I/O 不定
項目
/RESET パルス幅
記号
最小
pRES
10
標準
最大
単位
SYSCLK
(4) パワーダウンシーケンス( 全動作停止モード設定シーケンス )
VDD
/RESET
VSS
VDD
STOP
pSTOP
1
2
100
101
SYSCLK
項目
/RESET パルス幅
記号
最小
pSTOP
100
標準
最大
単位
SYSCLK
1) パワーダウン時は制御系信号をすべて ViH/ViL レベルではなく確実に通常使用極性の電源電圧またはグランドレベルにします。
(D[7:0],HSYNC,VSUNC、SYSCLK,RESET_N 入力については PD 時に PAD 初段で入力を内部で遮断しています。SCL,SDA は内部的は
Hi レベル固定としています。またデジタル出力は Hi-Z となります。)
2)パワーダウン開始前に上記クロック同期リセットを入れる事(内部ノード確定のため)。解除時は必ずリセットシーケンスを入れる事。
3)パワーダウンは本方式によるものだけです。
MS0243-J-03
10
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(5)
I2C バス入出力タイミング(SCL 400kHz サイクルモード)
(5-1) タイミング1
tBUF
tHD:STA
tR
tSU:STO
tF
SDA
tF
tR
SCL
tSU:STA
tLOW
項目
記号
最小
tBUF
1.3
μsec
tHD:STA
0.6
μsec
Clock Pulse Low Time
tLOW
1.3
μsec
Input Signal Rise Time
tR
300
nsec
Input Signal Fall Time
tF
300
nsec
Bus Free Time
Hold Time (Start Condition)
Setup Time(Start Condition)
Setup Time(Stop Condition)
2
最大
単位
tSU:STA
0.6
μsec
tSU:STO
0.6
μsec
2
上記 I C バスに関するタイミングは I C バスの規格でありデバイスの制約によるものではありません。
2
詳細に関しては I C バス規格を参照してください。
(5-2) タイミング 2
tHD:DAT
SDA
tHIGH
SCL
tSU:DAT
項目
記号
最小
Data Setup Time
tSU:DAT
100(注 1)
Data Hold Time
tHD:DAT
0.0
tHIGH
0.6
Clock Pulse High Time
最大
単位
nsec
0.9(注 2)
usec
usec
2
注 1:I C バス標準モードで使用する場合 tSU:DAT ≥250nSec を満たす必要があります。
注 2:AK8813 を tLOW を延長しないバス上で使用する場合(tLOW=最小規格で使用する場合)、この条件を満足する
必要があります。
2
注 3:I C インターフェイスリセットは AK8813 のリセットシーケンスにより実施されますので、必ず 27MH システムクロック
を入れたリセットシーケンスを行ってください。但し、SDA 入出力ピンは PD ピンが H レベルの間はクロックに関係なく
出力停止状態(バス開放状態)になります。
MS0243-J-03
11
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■ 機能概要
(1) リセット
SYSCLK ピンにマスタークロックが入力された状態でリセットピン[ /RESET ] を”L”にすると AK8813 はリセット状態に
なります。リセットピン[ /RESET ] を「L」 にすると最初の SYSCLK の立ち上がりでデバイスの初期化が開始されます。
初期化が完了するには最低 10 クロック必要です。
初期化終了後、内部レジスタは全てデフォルト値にセットされます。(レジスタマップ参照)。
また、リセット直後、AK8813 のビデオ出力はハイインピーダンス状態になります。
AK8813 はパワーオン後必ずリセット処理を行ってください。
(2) マスタークロック
[ SYSCLK ] ピンに 27MHz クロックを供給します。ビデオ入力データ(ITU-R BT.656)の取りこみタイミングは次の通り
です。
SYSINV = L のとき SYSCLK 立ち上がりエッジで取りこみます。
SYSINV = H のとき SYSCLK 立ち下がりエッジで取りこみます。
(3) ビデオ信号インターフェース
ビデオの入力信号(データ)は次の 3 種類のモードで受け取ることが出来ます。
入力インターフェイスモード設定は「 Interface Mode レジスタ(00H) 」 にて行います。
(3-1) ITU-R BT.656 入力の場合
データ列に含まれる EAV をデコードして内部同期を行います。
この場合 FID ( ODD: L , EVEN: H )/VSYNC のいずれかと、HSYNC を出力します。
「Interface Mode レジスタ(00H) 」の CCIR ビットを「1」に設定してください。
(3-2) ITU-R BT.656 like 4:2:2YCbCr 入力の場合(SAV/EAV を含まないデータ形式の場合)
EAV が含まれない時は、MSTER, SLAVE の2種類のモードでデータを取りこみます。
「 Interface Mode レジスタ(00H) 」の CCIR ビットは必ず「0」に設定してください。
(3-2-1) Master Mode
Master Mode の設定の場合、AK8812 は内部ピクセルカウンタをセットし、そのカウンタ値に基づき FID/VSYNC、
HSYNC を出力します。入力データの取りこみは「 (13) ビデオインターフェイスタイミング (13-1) マスターモード
及び ITU-R BT.656 入力モード」の項目で規定されている所定の位置から、ピクセルカウンタ値に従って行われます。
「 Interface Mode レジスタ(00H) 」の CCIR ビットは必ず「0」に MAS ビットを「1」に設定してください。
(3-2-2) Slave Mode
外部より FID/VSYNC、HSYNC を供給します。
入力データの取りこみは「 (13) ビデオインターフェイスタイミング (13-2)スレーブモード 」の項目で規定されて
いる所定の位置から、ピクセルカウンタ値に従って行います。
「 Interface Mode レジスタ(00H) 」の CCIR ビットは必ず「0」に MAS ビットを「0」に設定してください。
(4) ビデオ信号変換
ビデオ再構成モジュールはマルチプレクスされたデータ(ITU-R BT.601 Y, Cb, Cr)をインターレースの NTSC-M, PAL-M,
PAL-B,D,G,H,I,N、その他フォーマット(NTSC-4.43、PAL60) に変換します。 生成されるビデオ再構成のモードはフレーム
ライン数・カラーエンコード方式・カラーバースト周波数の組み合わせによって決まります。 設定は 「 Video Process 1 レ
ジスタ(01H)」 で行います。 各フォーマットとカラーバーストサブキャリア周波数の関係は 「 (7) カラーバースト信号」
の項目を参照してください。
またカラーサブキャリアの周波数および位相はレジスタにより各々微調整可能です。 また、サブキャリアは「Video Process
1 レジスタ」の SCR ビットによりフリーランニング、リセットモードの選択が可能です。SCR ビットによりサブキャリアを
リセットモードに設定した場合、生成されるサブキャリアは 4field(NTSC)、8field(PAL)毎に自動的に初期位相(phase 設定値)
に再セット(レジスタ参照)されます。 フリーランニングモードの場合はサブキャリアの初期位相へのリセットは行われま
せん。
MS0243-J-03
12
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(5) 輝度信号用フィルタ ( Luma Filter )
輝度信号は LPF(ブロック図 x2 Luma Filter) を通し出力されます。
アパーチャ補正フィルタを含んだ輝度信号用ローパスフィルタの特性を下図に示します。
Luma Filter
10
0
0.0
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
7.0
8.0
9.0
10.0
11.0
12.0
13.0
12.0
13.0
Gain [dB]
-10
-20
-30
-40
-50
-60
Frequency [MHz]
Luma Filter
3.0
2.0
1.0
Gain [dB]
0.0
0.0
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
7.0
8.0
9.0
10.0
11.0
-1.0
-2.0
-3.0
-4.0
-5.0
Frequency [MHz]
MS0243-J-03
13
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(6) 色差信号用フィルタ ( Chroma Filter )
変調前の入力 Chroma 信号成分(Cb,Cr)は 1.3MHz の帯域制限フィルタ(ブロック図 4:2:2 to 4:4:4 x 2 Interpolator)
を通ります。サブキャリアで変調された Chroma 信号はローバスフィルタ (ブロック図 Chroma LPF) を通し出力されま
す。 それぞれのフィルタ特性を下に示します。
4:2:2 to 4:4:4 Interpolator Filter
0.0
0.5
1.0
1.5
2.0
周波数[MHz]
2.5 3.0 3.5
4.0
4.5
5.0
5.5
6.0
6.5
10
0
振幅[dB]
-10
-20
-30
-40
-50
-60
-70
x 2 Interpolator Filter
0.0
1.0
2.0
3.0
4.0
周波数[MHz]
5.0 6.0 7.0 8.0
9.0
10.0 11.0 12.0 13.0
10
0
振幅[dB]
-10
-20
-30
-40
-50
-60
-70
MS0243-J-03
14
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(7) カラーバースト信号
バースト信号は 32 ビットのデジタル周波数シンセサイザーにより生成されます。 カラーバーストサブキャリア周波数は
「Video Process 1 レジスタ(0x01)」VM0-VM1 ビットにて設定されます。
規格
Subcarrier Freq
(MHz)
3.57954545
Video Process 1
[VM1,VM0]
[0,0]
PAL-M
3.57561188
[0,1]
PAL-B,D,G,H,I
4.43361875
[1,1]
PAL-N(Arg)
3.5820558
[1,0]
PAL-N(non-Arg)
4.43361875
[1,1]
PAL60
4.43361875
[1,1]
NTSC-4.43
4.43361875
[1,1]
NTSC-M
バースト信号表
なお、サブキャリア周波数 3.57561188MHz は PAL-M モードの時のみサポートされます。
バースト周波数及び初期位相分解能は以下の通りです。
設定周波数分解能
0.8046Hz
SCH 位相分解能
360/256 度
(8) ビデオ DAC
AK8813 は 10 ビット分解能、クロック周波数 27MHz で動作するカレントドライブ DAC を 3 系統持ちます。 この DAC は
負荷抵抗 220Ω ・ VREFIN 1.235V ・ IREF ピン抵抗 6.8kΩの条件でフルスケール 1.28V0-p を出力するように設計されて
います。 ここで IREF ピン抵抗とは [IREF] ピンとグランド間の抵抗のことを言います。DAC 出力は IREF ピン抵抗を調整
することにより所定の出力範囲(1.17V~1.33V)に調整可能です。
DAC のリファレンス電圧として内蔵 VRef 電圧を使用する場合、 [VREF OUT] ピンと [VREF IN] ピンを接続します。
[VREFOUT ] ピンは 0.1uF 以上のコンデンサを通じてグランドに接地してください。
DAC 出力はレジスタ設定により個別に ON/OFF させ消費電流低減が可能です。出力 OFF 時、その出力はハイ・インピー
ダンスとなります。 3 チャネル全てが OFF になると内蔵 VREF も OFF となります。 その場合、いずれかの DAC を ON す
れば内蔵 VREF も自動的に立ち上がります。 このVREF 立ち上がりには数 msec 要します。
内蔵リファレンス電圧の代わりに、高精度の外部リファレンス電圧を [VREFIN] ピンに供給することにより出力電圧精度
を高めることが可能です。 この場合でも使わない VREFOUT ピンは 0.1uF 以上のコンデンサを通じてグランドに
接地してください。
MS0243-J-03
15
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(9) Closed Caption
AK8813 は Closed Captioning 及び Extended Data のエンコード機能を持っています。これらの機能の ON/OFF は「Video
Process 2 レジスタ (02H)」の設定に従います。 各データは 2 バイトの連続したレジスタ「Closed Caption R(16H, 17H)」
領域を持ちます。データは 16H, 17H の順に書き込み 17H にデータが書き込まれたことにより、データが更新されたものと
します。データが更新されるとその後にやってくる所定のラインにエンコードされます。データの更新がなされない場合は
ASCII NULL コードを出力します。また各ビットは Odd Parity + 7bit US ASCII を想定しており、Parity はホスト側が用意し
ます。
* PAL エンコード時にも NTSC と同様のタイミング、様式で出力します。
*クローズドキャプションデータがエンコードされるラインは下記の通りです。
525/60 System (SMPTE)
625/50 System (ITU-R)
Closed Caption
21 Line default
22 Line default
Extended Data
284 Line default
335 Line default
240+/- 48nsec
10.5 +/- 0.25usec
12.91 usec
240+/- 48nsec
Two 7-bit + PARITY ASCII
Characters Data
D0-D6
PARITY
D0-D6
PARITY
START
50 +/- 2 IRE
40IRE
10.003 +/- 0.25usec
27.382 usec
33.764 usec
61 usec
MS0243-J-03
16
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(10) Video ID
AK8813 はアスペクト比判別等を行うための Video ID (EIAJ CPR-1204)のエンコードをサポートしています。これはまた
CGMS としても利用されています。この機能を ON/OFF するためには「Video Process 2 レジスタ(02H) 」の VBID ビットに
よって、また設定するデータは「Video ID Data レジスタ(1AH,1BH) 」にて設定します。
なお、Video ID 情報は VBI 情報の中では最も優先順位の高い情報となります。(マクロビジョンと同時出力となった場合、
このラインに重畳される情報は VBI 情報のみとなります。)
VBID Data 更新タイミング
VSYNC
S et C ontro l R egister
2
I C SDA
N EW D AT A
DATA
O LD D A T A
N EW D AT A
VBID Data コード割り付け
20bit のデータは WORD0 = 2bit、WORD1 = 4bit、WORD2 = 8bit、CRC = 6bit の構成とする。 CRC は AK8812 が自動
6
的に計算して付加します。CRC 多項式 X +X+1 の初期値は全て1です。
bit1
bit20
DATA
WORD0
2bit
WORD1
4bit
WORD2
8bit
CRC
6bit
VBID 信号波形
Ref.
bit1 bit2 bit3
•••
bit20
70IRE +/- 10IRE
0IRE + 10 IRE
− 5 IRE
2.235usec +/- 50nsec
11.2usec +/- 0.3usec
11.2usec +/- 0.3usec
1H
振幅
エンコードライン
MS0243-J-03
525/60 System
70IRE
20/283
17
625/50 System
490mV
20/383
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(11) WSS 機能
AK8813 はアスペクト比判別等を行うための WSS(ITU-R.Bt.1119)のエンコードをサポートしています。この機能を ON/OFF
するためには「Video Process 2 レジスタ(02H) 」の WSS ビットによって、また設定するデータは「WSS Data レジスタ
(1xx,1xx) 」にて設定します。
WSS Data 更新タイミング
VSYNC
S et C ontro l R egister
2
I C SDA
N EW D AT A
DATA
O LD D A T A
N EW D AT A
WSS 波形
500mV +/- 5%
0H
27.4usec
1.5usec
10.5usec
11.0 +/- 0.25usec
38.4usec
44.5usec
エンコードライン:23 ラインの前半
コーディング:bi-phase modulation coding
Clock :5MHz (Ts = 200ns)
エンコードは次の通り
Run-in
Start code
29 elements
24 elements
Group 1
Aspect ratio
24 elements
Bit numbering
0
1
2
LSB
0 : 000111
1 : 111000
0x1F1C71C7
MS0243-J-03
Group 2
Enhanced Services
24 elements
Bit numbering
3
4
MSB
5
6
LSB
0 : 000111
1 : 111000
7
MSB
Group 3
Subtitles
18 elements
Bit numbering
8
9
10
LSB
MSB
0 : 000111
1 : 111000
Group4 Reserved
18 elements
Bit numbering
11
12
13
LSB
MSB
0 : 000111
1 : 111000
0x1E3C1F
18
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(12) ビデオデータインターフェースタイミング
(12-1) マスターモード及び ITU-R BT.656 入力モード
AK8813 はマスターモード動作時、及び、ITU-R BT.656 デコードモード動作時に HSYNC と FID or VSYNC( レジスタ設
定(「Interface Mode レジスタ(00H)」)で選択 )を出力します。
ITU-R BT.656 エンコードされた信号の場合、その中にある EAV をデコードして同期信号とします。 AK8813 は EAV の
先頭から 32/24 ( NTSC/PAL ) 番目の SYSCLK 立ち上がりタイミングで HSYNC を出力します。(AC 特性 同期信号を出
力タイミング]参照)
マスターモード動作時、外部デバイスは AK8813 の出力する HSYNC の立下りが SYSCLK で 33/25(525/625)番目のデータ
に対応していると認識し 276(288) SYSCLK から Cb データの出力が開始されるようにデータをセットします。
HSYNC と同時に出力される FID/VSYNC はビデオ・フィールド認識、実線のタイミングで出力が変化します。
EAV
Y/Cb/Cr
Data#
525 system
Data#
625 system
Cb
Y
Cr
Y
Cb
Y
Cr
Y
Cb
Y
Cr
Y
Cb
Y
SAV
Cr
Y
Cb
Y
Cr
Y
Cb
360 720 360 721 361 722 361 723
368 736 368
855 428 856 428 857
0
0
0
1
1
360 720 360 721 361 722 361 723
366 732 366
861 431 862 431 863
0
0
0
1
1
SYSCLK
33 / 25T (525 / 625)
243 / 263T (525 / 625)
276/ 288T (525 / 625)
HSYNC
Analog OUT
MS0243-J-03
19
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(12-2) スレーブモード
AK8813 はスレーブモード動作時に HSYNC と FID or VSYNC(レジスタ設定で選択)を入力します。
スレーブモード動作時、AK8812 は SYSCLK の立ち上がりタイミングで HSYNC の変化を見ています。(AC 特性 同期
信号を入力タイミング]参照)HSYNC が Low になった直後の SYSCLK の立ち上がりタイミングをビデオストリームの 32(24)
番目と認識し、276(288)番目のデータを Cb データとして取り込みます。
ビデオフィールドは FID/VSYNC が HSYNC に対する関係により認識します(下図 ビデオフィールド認識参照)。 図に示
す様に、その関係には±1/4H の余裕を持っています。
244T / 264T (525/625)
27MHz
Data
Cb0
Y0
Cr0
Y1
Cb1
Y2
Cr1
HSYNC
フィールドの認識は次のタイミングで決まります。
1/2 H
1/2 H
HSYNC
1/4 H 1/4 H
第1フィールド開始
VSYNC/FIELD
1/4 H1/4 H
第2フィールド開始
VSYNC/FIELD
フィールドの認識
MS0243-J-03
20
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
ラインと VSYNC/FID 入力の関係は次の通りです。
525 システム
Digital
Line-No.
525
1
2
3
263
264
265
623
624
4
5
6
7
8
9
10
11
HSYNC
VSYNC
FID
Digital
Line-No.
262
266
267
268
269
270
271
272
273
274
HSYNC
VSYNC
FID
625 システム
Digital
Line-No.
622
625
1
2
3
4
5
6
7
8
HSYNC
VSYNC
FID
Digital
Line-No.
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
HSYNC
VSYNC
FID
MS0243-J-03
21
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(13) 内蔵カラーバー
AK8813 はカラーバー信号を出力することが可能です。生成されるカラーバーは 100% Amplitude, 100% Saturation です。
【Video Process 1 Register】の CBG-bit を1にすることによりカラーバー信号を出力します。この場合、セットアップビ
ットがオンの場合、セットアップ処理を行い、セットアップビットがオフの場合はセットアップ処理は行いません。
なお、カラーバー信号を出力する場合、タイミングは内部で自動的に発生します。すなわち、同期タイミングを外部から
入力する必要はありません。
また、BBG-bit が設定されている場合、AK8813 は黒出力を行いカラーバー出力は行われません。
BLACK
BLUE
RED
MAGENTA
GREEN
CYAN
YELLOW
WHITE
Luminance
100%White
Blanking Level
Synctip Level
Chrominance
WHITE
YELLOW
CYAN
Cb
128
16
166
Y
235
210
170
Cr
128
146
16
注)各色の遷移は ITU-R.Rec.801 に準じます。
GREEN
54
145
34
MAGENT
A
202
106
222
コード値は ITU-R BT.601 形式
RED
BLUE
BLACK
90
81
240
240
41
110
128
16
128
(14) ブラックバースト信号生成機能
AK8813 にはブラックバースト信号を出力することが可能です。(黒出力)
【Video Process 1 Register】の BBG-bit を1にすることにより輝度信号 16 固定 Pb/Pr 信号 128 固定の出力が入力された
場合と同等の動作を行います。この場合、セットアップビットがオンの場合、セットアップ処理を行い、セットアップビッ
トがオフの場合はセットアップ処理は行いません。CBG-bit が設定されている場合、CBG-bit は無視されます。
MS0243-J-03
22
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■ 同期信号波形・バースト波形
(1-1) NTSC / NTSC-4.43 / PAL-M( Video Process 1 Register [VM3:VM2]-bit = 00 / 01 の場合)(SMPTE-170M )
H o r iz o n ta l B la n k in g r is e t im e
90%
50%
50%
B u r s t E n v e lo p e
r is e tim e
90%
S y n c r is e t im e
10%
10%
B u r s t H e ig h t
90%
B u rs t
H o r iz o n ta l
r e f e r e n c e p o in t
50%
50%
S yn c L e ve l
10%
S yn c
H . r e f . t o B u r s t S ta r t
H b la n k in g s ta r t
to H -re fe re n c e
H r e f e r e n c e t o B la n k in g E n d
measurement
point
Total line period(derived)
Sync Level
Horizontal Blanking rise time
Sync rise time
Burst envelope rise time
H-Blanking start to H-reference
Horizontal Sync
Horizontal reference point to
burst start
H reference to H-blanking end
Burst *
Burst Height **
value
Recommended
tolerance
units
10% - 90%
10% - 90%
10% - 90%
50%
50%
63.556
40
140
140
300
1.5
4.7
+/- 1
+/- 20
+/- 20
+200 -100
+/- 0.1
+/- 0.1
usec
IRE
nsec
nsec
nsec
usec
usec
50%
19
defined by SC/H
cycles
50%
50%
9.2
9
40
+ 0.2 –0.1
+/- 1
+/- 1
usec
cycles
IRE
* Burst 期間の測定はバースト振幅が 50%以上あるサブキャリアの、最初の半サイクルに先立つゼロ・クロス点として定義さ
れるバースト開始点と同定義による終了点の期間をいいます。
また、NTSC4.43 の場合、Burst 期間は 10cycles となります。
** PAL-M の Burst Height は 306mV となります。
19 cycles +/-10°
9 cycles
50%
NTSC 信号
MS0243-J-03
23
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(1-2-1) 垂直同期信号タイミング(NTSC/NTSC4.43)
3H
B
A
1
3H
E
0 .5 H
2
3
3H
F
D
4
5
C
6
7
8
9
19
1 9 + 1 /- 2 L in e
(レ ジ ス タ に て 設 定 )
3H
3H
3H
0 .5 H
263
264
265
Symbol
A
B
C
D
E
F
266
Duration
429T
858T
31T
429T
858T
63T
267
268
269
270
271
Measurement point
Reference
50%
13.5MHz Clock
G
I
272
273
283
H
I
I
Equalizing Pulse
I
286mV
Serration Pulse
Equalizing Pulse と Serration Pulse
Symbol
Measurement
point
Value
Field Period (derived)
16.6833
Frame period (derived)
33.3667
Vertical blanking start before first
50%
1.5
equalizing pulse
Vertical blanking
19* lines + 1.5
(63.556usec x 20lines + 1.5usec)
usec
Pre-equalizing duration
3
G
Pre-equalizing pulse width
50%
2.3
Vertical sync duration
3
H
Vertical serration pulse width
50%
4.7
Post-equalizing duration
3
G
Post-equalizing pulse width
50%
2.3
I
Sync rise time
140
* 20Line が V-Blank というものもあります。この値はレジスタにて設定可能です。
MS0243-J-03
24
Recommended
tolerance
units
msec
msec
+/- 0.1
usec
0
+/- 0.1
lines
usec
lines
usec
lines
usec
lines
usec
nsec
+/- 0.1
+/- 0.1
+/- 0.1
+/- 20
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(1-2-2) 垂直同期信号タイミング及びバーストフェイズ(PAL-M)
A
519
257
520
258
521
259
522
523
260
524
261
525
262
1
263
2
264
3
265
4
266
5
267
6
268
7
269
8
9
A
B
270
271
A
519
257
520
258
521
259
522
260
523
524
261
525
262
263
1
2
264
3
265
4
266
5
267
6
268
269
10
272
B
7
8
A
B
270
B
9
271
10
272
A : Phase of Burst : nominal Value + 135°
B : Phase of Burst : nominal Value - 135°
MS0243-J-03
25
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(2-1) PAL-B,D,G,H,I,N / PAL-60 ( Video Process 1 Register [VM3:VM2]-bit = 11 の場合)
H o r iz o n ta l B la n k in g r is e t im e
90%
50%
50%
B u r s t E n v e lo p e
r is e tim e
90%
S y n c r is e t im e
10%
10%
B u r s t H e ig h t
90%
B u rs t
H o r iz o n ta l
r e f e r e n c e p o in t
50%
50%
S yn c L e ve l
10%
H o r iz o n ta l S y n c
H . r e f . t o B u r s t S ta r t
H b la n k in g s ta r t
to H -re fe re n c e
H r e f e r e n c e t o B la n k in g E n d
measurement
point
Total line period(derived)
Sync Level
Horizontal Blanking rise time
Sync rise time
Burst envelope rise time
H-Blanking start to H-reference
Horizontal Sync
Horizontal reference point to
burst start
H reference to H-blanking end
Burst *
Burst Height **
MS0243-J-03
value
Recommended
tolerance
units
64.0
300
0.3
0.2
+/- 0.1
+/- 0.1
1.5
4.7
+/- 0.3
+/- 0.2
50%
19
defined by SC/H
cycles
50%
50%
10.5
10
300
+/- 1
usec
cycles
mV
10% - 90%
10% - 90%
10% - 90%
50%
50%
26
usec
mV
usec
usec
nsec
usec
usec
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
(2-2) 垂直同期信号タイミング及びバーストフェイズ
PAL-B,D,G,H,I,N / PAL-60 ( Video Process 1 Register [VM3:VM2]-bit = 11 の場合)
A
308
620
309
621
308
620
309
621
310
622
311
623
310
622
312
624
311
623
313
625
312
624
314
1
313
625
315
2
314
1
316
3
315
2
317
4
316
3
318
5
317
4
5
319
320
A
B
6
7
A
B
318
319
A
B
6
B
322
321
322
8
320
7
321
8
A : Phase of Burst : nominal Value + 135°
B : Phase of Burst : nominal Value - 135°
MS0243-J-03
27
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■ デバイスコントロールインターフェイス
2
AK8813 は I C バスコントロールインターフェイスによってコントロールされます。
【I2C バス SLAVE Address】
2
I C スレーブアドレスは SELA ピンの設定により 0x40 または 0x42 のいずれかを選択することができます。
SLAVE Address
0x40
0x42
SELA 状態
プルダウン「Low」
プルアップ「High」
【I2C コントロールシーケンス】
(1) Write シーケンス
1 バイト目に AK8813 のライトモードのスレーブアドレスを受信すると、2 バイト目にサブアドレス、3 バイト目以降にデ
ータを受信します。Write シーケンスには 1 バイトずつ Write するシーケンスと複数バイト連続して Write する Sequential
Write operation があります。
(a) 1 バイト Write シーケンス
Slave
Address
S
w
Sub
Address
A
1-
8-bits
A
1-
8-bits
bit
bit
Data
A
Stp
1-
8-bits
bit
(b) 複数バイト (m-bytes) Write シーケンス (Sequential Write Operation)
Slave
Address
S
w
A
Sub
Address(n)
1-
8-bits
bit
A
1-
8-bits
bit
Data(n)
A
Data(n+1)
1-
8-bits
bit
8-bits
・・・
A
Data(n+m)
1-
8-bits
bit
A
stp
1bit
(2) Read シーケンス
1 バイト目に AK8813 のリードモードのスレーブアドレスを受信すると、2 バイト目以降はデータの送信を行います。
S
Slave
Address
8-bits
w
A
Sub
Address(n)
A
1
8-bits
1
rS
Slave
Address
8-bits
R
A
Data1
A
Data2
A
Data3
A
1
8-bits
1
8-bits
1
8-bits
1
・・・
Data n
Ā
8-bits
1
stp
上記それぞれの意味は次の通りです。
S, rS :
A:
Ā:
stp :
R/W
Start Condition
Acknowledge (SDA Low )
Not Acknowledge (SDA High)
Stop Condition
1 : Read 0 : Write
:マスタデバイスによります。通常はマイコン出力します。
:スレーブデバイスによります。AK8813 が出力するものです。
MS0243-J-03
28
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■ レジスタマップ
Sub
Register
Address
0x00
Interface Mode Register
0x01
Video Process 1 Register
Default
R/W
0x00
0x00
R/W
R/W
Function
0x02
Video Process 2 Register
0x00
R/W
0x03
0x04
0x05
0x06
0x07
0x08
0x09
Video Process 3 Register
Reserved Register
DAC Mode Register
Sub Carrier Frequency Register
Sub Carrier Phase Resister
WSS Data 1 Register
WSS Data 2 Register
0x00
0xAA
0x00
0x00
0x00
0x00
0x00
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
Video I/F の設定を行います。
表示する規格などの設定を行います。
Closed Caption / Extended Data / VBID の設定を
します。
Chroma / Luma の遅延の微調整を行います。
リザーブレジスタです。
3ch DAC の On/Off を設定します。
サブキャリア周波数の微調整を行います。
サブキャリア位相の調整を行います。
WSS データ書き込みレジスタです。
WSS データ書き込みレジスタです。
0x16
0x17
0x18
0x19
0x1A
0x1B
Closed Caption 1 Register
Closed Caption 2 Register
Closed Caption Extended 1 Register
Closed Caption Extended 2 Register
Video ID 1 Register
Video ID 2 Register
0x00
0x00
0x00
0x00
0x00
0x00
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
R/W
Closed Caption データ書き込みレジスタです。
Closed Caption データ書き込みレジスタです。
Extended Data 書き込みレジスタです。
Extended Data 書き込みレジスタです。
Video ID Data 書き込みレジスタです。
Video ID Data 書き込みレジスタです。
0x24
0x25
0x26
Status Register
Device ID Register
Device Revision Register
R
R
R
ステータスレジスタです。
デバイス ID レジスタです。
デバイスのリビジョンレジスタです。
MS0243-J-03
29
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Interface Mode Register (R/W) [Address 0x00]
AK8813 のモードを設定するためのレジスタです。
Sub Address 0x00
bit 7
bit 6
BLN4
BLN3
1
bit 5
BLN2
0
1
Interface Mode Register Definition
BIT Register Name
bit 4
bit 3
BLN1
BLN0
Default Value
0
0
R/W
bit 0
REC656
REC656 I/F mode bit
R/W
bit 1
MAS
MASter mode Set bit
R/W
bit 2
FID
Field ID Set bit
R/W
bit 3
~
bit 7
BLN0
~
BLN4
Blanking Line No bit
R/W
MS0243-J-03
bit 2
FID
bit 1
MAS
1
0
Default Value 0xa4
bit 0
REC656
0
Definition
ITU-R. Bt656 の EAV に同期を取る場合に設定してください。
なお、Rec656 にて同期をとる場合には MAS-bit を 0 に設定し
てください。
0 : EAV をデコードしません。
1 : EAV をデコードしそのタイミングに同期をとります。
入力信号との同期をマスターモードに設定します。
0 : Slave Mode (656 同期の場合は 0 に設定してください。)
1 : Master Mode (REC656 は 0 に設定してください。)
タイミング信号を選択します。
0 : VSYNC を選択します。
1 : FID を選択します。
Line Blanking No.を設定します。
30
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Video Process 1 Register (R/W) [Address 0x01]
出力する信号を設定するためのレジスタです。
Sub Address 0x01
bit 7
bit 6
BBG
CBG
0
bit 5
SETUP
0
1
Video Process 1 Register Definition
BIT Register Name
bit 4
bit 3
SCR
VM3
Default Value
1
0
R/W
bit 0
~
bit 3
VM0
~
VM3
Video Mode 0 Register
~
Video Mode 3 Register
R/W
bit 4
SCR
Sub Carrier Reset bit
R/W
bit 5
SETUP
Setup bit
R/W
bit 6
CBG
Color Bar Generator bit
R/W
bit 7
BBG
Black Burst Generator
R/W
bit 2
VM2
bit 1
VM1
0
0
Default Value 0x30
bit 0
VM0
0
Definition
[VM1:VM0]-bit
00 : 3.57954545 MHz
01 : 3.57561188 MHz
10 : 3.5820558 MHz
11 : 4.43361875 MHz
[VM3:VM2]-bit
00 : 525/60
01 : 525/60 PAL (PAL-M etc.)
10 : Reserved
11 : 625/50 PAL (PAL-B,D,G,H,I,N)
カラーシーケンス毎のサブキャリアのリセットの有無を
設定します。
0 : サブキャリアのリセットはしません。
1 : サブキャリアのリセットを行います。
NTSC : 2 フレームに 1 回リセットを行います。
PAL : 4 フレームに 1 回リセットを行います。
セットアップ設定ビットです。
0 : セットアップなし。
1 : 7.5%のセットアップを付加します。
なお、セットアップが ON の場合でも、ブランキングライン出
力中セットアップ(ペデスタル)は乗りません。
内蔵カラーバー設定ビットです。
0 : 入力データをエンコードします。
1 : 内蔵カラーバーを出力します。
BBG が設定されている場合、BBG が優先します。
Black Burst 信号を出力します。
0 : 入力データをエンコードします。
1 : ブラックバースト信号を出力します。
CBG が設定されている場合には BBG が優先します。
なお、各規格に対する VM3-VM0 の設定は次の通りとなります。
NTSC
PAL-B,D,G,H,I
PAL-M
PAL-60
NTSC-4.43
MS0243-J-03
VM3:VM0
0000
1111
0101
0111
0011
31
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Video Process 2 Register (R/W) [Address 0x02]
出力する信号を設定するためのレジスタです。
Sub Address 0x02
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
0
bit 5
Reserved
0
0
bit 4
bit 3
Reserved
WSS
Default Value
0
0
Video Process 2 Register Definition
BIT Register Name
R/W
bit 0
VBID
Video ID bit
R/W
bit 1
CC21
Closed Caption bit
R/W
bit 2
CC284
Closed
Caption
Extended Data bit
R/W
bit 3
WSS
WSS set bit
R/W
bit 4
~
bit 7
Reserved
Reserved bit
R/W
MS0243-J-03
bit 2
CC284
bit 1
CC21
0
0
default Value 0x00
bit 0
VBID
0
Definition
Video ID を設定します。
0 : Video ID off
1 : Video ID on
Closed Caption データをエンコードします。
0 : Closed caption off
1 : Closed Caption on
Closed Caption Extended Data をエンコードします。
0 : Extended Data off
1 : Extended data on
WSS 信号をエンコードします。
0 : WSS off
1 : WSS on
Reserved
32
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Video Process 3 Register (R/W) [Address 0x03]
出力する信号の YC ディレイ値を調整します。
Sub Address 0x03
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
0
0
bit 5
SYD2
0
Video Process 3 Register Definition
BIT Register Name
bit 4
bit 3
SYD1
SYD0
Default Value
0
0
R/W
bit 0
~
bit 2
CYD0
~
CYD2
Composite Y Delay bit
R/W
bit 3
~
bit 5
SYD0
~
SYD2
S-video Y Delay bit
R/W
bit 6
~
bit 7
Reserved
Reserved bit
R/W
MS0243-J-03
bit 2
CYD2
bit 1
CYD1
0
0
default Value 0x00
bit 0
CYD0
0
Definition
コンポジットビデオ出力の YC ディレイ値を設定します。
Y 成分はそれぞれ C 信号に対して独立に+/- 3 システムクロッ
ク(27Hz)分前後にずらすことが可能です。
[CYD2:CYD0]-bit
101 : Y 成分は C 成分に対して 3clock 早く出力されます。
110 : Y 成分は C 成分に対して 2clock 早く出力されます。
111 : Y 成分は C 成分に対して 1clock 早く出力されます。
000 : Y 成分と C 成分に Delay はありません。
001 : Y 成分は C 成分に対して 1clock 遅れて出力されます。
010 : Y 成分は C 成分に対して 2clock 遅れて出力されます。
011 : Y 成分は C 成分に対して 3clock 遅れて出力されます。
[SYD2:SYD0]-bit
101 : Y 成分は C 成分に対して 3clock 早く出力されます。
110 : Y 成分は C 成分に対して 2clock 早く出力されます。
111 : Y 成分は C 成分に対して 1clock 早く出力されます。
000 : Y 成分と C 成分に Delay はありません。
001 : Y 成分は C 成分に対して 1clock 遅れて出力されます。
010 : Y 成分は C 成分に対して 2clock 遅れて出力されます。
011 : Y 成分は C 成分に対して 3clock 遅れて出力されます。
Reserved
33
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Reserved Register (R/W) [Address 0x04]
リザーブレジスタです。
Sub Address 0x04
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
1
0
Reserved
BIT Register Name
bit 0
~
Reserved
bit 7
MS0243-J-03
bit 5
Reserved
1
Reserved bit
bit 4
bit 3
Reserved
Reserved
Default Value
0
1
R/W
Definition
R/W
Reserved
34
bit 2
Reserved
0
default Value 0xAA
bit 1
bit 0
Reserved
Reserved
1
0
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
DAC Mode Register (R/W) [Address 0x05]
出力 DAC の On/Off を設定します。
Sub Address 0x05
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
0
0
bit 5
Reserved
0
DAC Mode Register Definition
BIT Register Name
bit 4
bit 3
Reserved
Reserved
Default Value
0
0
R/W
bit 0
OUTY
YDAC Out bit
R/W
bit 1
OUTC
CDAC Out bit
R/W
bit 2
OUTCP
CPDAC Out bit
R/W
bit 3
~
bit 7
Reserved
Reserved bit
R/W
bit 2
OUTCP
bit 1
OUTC
0
0
default Value 0x00
bit 0
OUTY
0
Definition
S-Video の Y 信号出力用 DAC の On/Off を設定します。
0 : DAC off
1 : DAC on
S-Video の C 信号出力用の DAC の On/Off を設定します。
0 : DAC Off
1 : DAC on
コンポジット信号出力用の DAC の On/Off を設定します。
0 : DAC off
1 : DAC on
Reserved
なお、DAC を 3ch とも Off にした場合には、内蔵 Vref 出力も Off になります。
MS0243-J-03
35
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Sub Carrier Frequency Control Register (R/W) [Address 0x06]
サブキャリア周波数を設定します。
Sub Address 0x06
bit 7
bit 6
SUBF7
SUBF6
0
0
bit 5
SUBF5
0
bit 4
bit 3
SUBF4
SUBF3
Default Value
0
0
bit 2
SUBF2
bit 1
SUBF1
0
0
default Value 0x00
bit 0
SUBF0
Sub Carrier Frequency Control Register Definition
BIT Register Name
R/W
SUBF0
bit 0
Sub Carrier Frequency
R/W
~
~
control bit
SUBF7
bit 7
Definition
サブキャリアの微調整を行います。周波数の調整は
+127~-128
調整ステップ : 0.8Hz となります。
MS0243-J-03
36
0
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Sub Carrier Phase Control Register (R/W) [Address 0x07]
サブキャリアフェイズを設定します。
Sub Address 0x07
bit 7
bit 6
SUBP7
SUBP6
0
0
bit 5
SUBP5
0
bit 4
bit 3
SUBP4
SUBP3
Default Value
0
0
Sub Carrier Frequency Control Register Definition
BIT Register Name
R/W
bit 0
~
bit 7
SUBP0
~
SUBP7
MS0243-J-03
Sub Carrier Phase
control bit
R/W
bit 2
SUBP2
bit 1
SUBP1
0
0
default Value 0x00
bit 0
SUBP0
0
Definition
サブキャリアの位相の初期値を設定します。
調整ステップ : 360/255[deg]となります。
初期値ではサブキャリア位相は-180 度となります。
設定値に対して逆時計回りに位相は回ります。
37
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
WSS Data 1 Register (R/W) [Address 0x08]
WSS Data 2 Register (R/W) [Address 0x09]
WSS データの設定を行います。
Sub Address 0x08
bit 7
bit 6
G2-7
G2-6
0
0
Sub Address 0x09
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
0
0
bit 5
G2-5
0
bit 5
G4-13
0
default Value 0x00
bit 1
bit 0
G1-1
G1-0
bit 4
bit 3
G2-4
G1-3
Default Value
0
0
bit 2
G1-2
0
0
bit 4
bit 3
G412
G4-11
Default Value
0
0
bit 2
G3-10
bit 1
G3-9
0
0
0
default Value 0x00
bit 0
G3-8
0
注) WSS データは 0x08、0x09 の順に書き込みます。WSS Data の 2 バイト目(0x09)が書き込まれた時に、AK8813 はデー
タが更新されたと判断し次のビデオライン(Line23)にエンコードします。なお、データは新しいデータが更新されまで保持
されます。
MS0243-J-03
38
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Closed Caption Data 1 Register (R/W) [Address 0x16]
Closed Caption Data 2 Register (R/W) [Address 0x17]
Closed Caption データの設定を行います。
Sub Address 0x16
bit 7
bit 6
CC7
CC6
0
0
Sub Address 0x17
bit 7
bit 6
CC15
CC14
0
0
bit 5
CC5
0
bit 5
CC13
0
default Value 0x00
bit 1
bit 0
CC1
CC0
bit 4
bit 3
CC4
CC3
Default Value
0
0
bit 2
CC2
0
0
bit 4
bit 3
CC12
CC11
Default Value
0
0
bit 2
CC10
bit 1
CC9
0
0
0
default Value 0x00
bit 0
CC8
0
注) Closed Caption は 0x16、0x17 の順に書き込みます。Closed Caption Data の 2 バイト目(0x17)が書き込まれた時に、
AK8813 はデータが更新されたと判断し次のビデオ・ラインにエンコードします。データが更新されていないラインでは
NULL が自動的に出力されます。ホスト側が各々のバイトデータのパリティビットを付けるものとしています。
MS0243-J-03
39
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Closed Caption Extended Data 1 Register (R/W) [Address 0x18]
Closed Caption Extended Data 2 Register (R/W) [Address 0x19]
Closed Caption データの設定を行います。
Sub Address 0x18
bit 7
bit 6
EXT7
EXT6
0
0
Sub Address 0x19
bit 7
bit 6
EXT15
EXT14
0
0
bit 5
EXT6
0
bit 5
EXT13
0
default Value 0x00
bit 1
bit 0
EXT2
EXT1
bit 4
bit 3
EXT5
EXT4
Default Value
0
0
bit 2
EXT3
0
0
bit 4
bit 3
EXT12
EXT11
Default Value
0
0
bit 2
EXT10
bit 1
EXT9
0
0
0
default Value 0x00
bit 0
EXT8
0
注) Closed Caption Extended Data は 0x18、0x19 の順に書き込みます。Closed Caption Extended Data の 2 バイト目(0x19)
が書き込まれた時に、AK8813 はデータが更新されたと判断し次のビデオ・ラインにエンコードします。データが更新され
ていないラインでは NULL が自動的に出力されます。ホスト側が各々のバイトデータのパリティビットを付けるものとして
います。
MS0243-J-03
40
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Video ID 1 Register (R/W) [Address 0x1A]
Video ID 2 Register (R/W) [Address 0x1B]
Video ID データの設定を行います。
Sub Address 0x1A
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
0
0
Sub Address 0x1B
bit 7
bit 6
VBID7
VBID8
0
0
bit 5
VBID1
0
bit 5
VBID9
0
bit 4
bit 3
VBID2
VBID3
Default Value
0
0
bit 2
VBID4
bit 4
bit 3
VBID10
VBID11
Default Value
0
0
bit 2
VBID12
0
0
default Value 0x00
bit 1
bit 0
VBID5
VBID6
0
0
default Value 0x00
bit 1
bit 0
VBID13
VBID14
0
0
注) Reserved-bit には「0」を Write してください。VBID1•••VIBD14 は「(11) Video ID」の項目中の「VBID Data コード割
り付け」図に記述されている bit1•••bit14 に相当します。bit15•••bit20 までの 6bit の CRC コードは AK8813 が自動的に付加
します。 なお、データは新しいデータが更新されまで保持されます。
MS0243-J-03
41
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Status Register (R) [Address 0x24]
AK8813 のステータスを示します。
Sub Address 0x24
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
bit 5
EN284
Status Register Definition
BIT Register Name
STS0
bit 0
~
Status bit
~
STS2
bit 2
bit 4
EN21
R/W
R
bit 3
SYNC
SYNC bit
R
bit 4
EN21
Encode 21 bit
R
bit 5
EN284
Encode 284 bit
R
bit 6
~
bit 7
Reserved
Reserved bit
R
MS0243-J-03
bit 3
SYNC
bit 2
STS2
bit 1
STS1
bit 0
STS0
Definition
現在処理中のフィールドを示します。
スレーブ同期モード・Rec656 同期モード時の同期状態を示し
ます。
0 : 同期がとれていません。
1 : 入力信号に同期がとれています。
Closed Caption Data の更新タイミングを示します。
EN21 が1の場合、AK8813 はデータ入力待ちとなっています。
このビットは 2 バイト目(0x17)にデータが書き込まれた後に 0
になります。
Closed Caption Extended Data の更新タイミングを示します。
EN284 が 1 の場合、AK8813 はデータ入力待ちとなっています。
このビットは 2 バイト目(0x19)にデータが書き込まれた後に 0
になります。
Reserved bit
42
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Device ID Register (R) [Address 0x25]
AK8813 の Device ID を示します。
Sub Address 0x25
bit 7
bit 6
DEV7
DEV6
0
0
bit 5
DEV5
0
Device ID Register Definition
BIT Register Name
DEV0
bit 0
~
Device ID bit
~
DEV2
bit 7
MS0243-J-03
bit 4
DEV4
1
R/W
R
bit 3
DEV3
0
bit 2
DEV2
0
bit 1
DEV1
1
default Value 0x13
bit 0
DEV0
1
Definition
Device ID を示します。
AK8813 は 0x13 となります。
43
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
Revision ID Register (R) [Address 0x26]
AK8813 の Revision ID を示します。
Sub Address 0x26
bit 7
bit 6
REV7
REV6
0
0
bit 5
REV5
0
Revision ID Register Definition
BIT Register Name
REV0
bit 0
~
Revision ID bit
~
REV2
bit 7
MS0243-J-03
bit 4
REV4
0
R/W
R
bit 3
REV3
0
bit 2
REV2
0
bit 1
REV1
0
default Value 0x00
bit 0
REV0
0
Definition
Revision ID を示します。Revision ID はソフトウェアの変更が
生じる可能性がある場合にアップデートされます。
0x00 となります。
44
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■ システム接続例
Amp + LPF
COMPOSITE D0 - D7
MPEG
Y C
SYSCLK
-
220Ω
75Ω
Decoder
VREFOUT
FID/ VSYNC
HSYNC
VREFIN
I C Bus
0.1u
AK8813
SDA
2
SCL
デジタル 3.3V
10uF
IREF
DVDD
DVSS
0.1u
AVSS
0.1u
AVDD
6.8kΩ
アナログ 3.3V
10uF
デジタルグランド
MS0243-J-03
10uF
45
アナロググランド
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■ パッケージ
外形寸法図
48 ピン LQFP
1.60 Max
9.0 ± 0.2
1.4 TYP
7.0
9.0 ± 0.2
0.10 ± 0.07
48
1
0.5
0.19 ± 0.05
0.17 ± 0.05
0.10
M
0°∼10°
units = mm
0.5 ± 0.2
0.10
Package & Lead frame material
MS0243-J-03
Package molding compound:
Epoxy
Lead frame material:
Cu
Lead frame surface treatment:
Solder plate
46
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
■ マーキング図
LQFP48 ピン パッケージ
AK8813VQ
1 ) AKM : AKM Logo
2) AK8813VQ : Marketing Code
3) XXXXXXX (7 digits) : Date Code
4) ○ : Pin #1 indication
MS0243-J-03
47
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
重要な注意事項
●
本書に記載された製品、および、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更すること
があります。従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営
業担当、あるいは弊社特約店営業担当にご確認下さい。
●
本書に掲載された情報・図面の使用に起因した第三者の所有する特許権、工業所有権、その他の権利に
対する侵害につきましては、当社はその責任を負うものではありませんので、ご了承下さい。
●
本書記載製品が、外国為替および、外国貿易管理法に定める戦略物資(役務を含む)に該当する場合、
輸出する際に同法に基づく輸出許可が必要です。
●
医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置・機器の故障や動作不良が、
直接または間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて
高い信頼性を要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず事前に弊社代表取締役の書面による同
意をお取り下さい。
●
この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ずる損害等の
責任を一切負うものではありませんのでご了承下さい。
●
お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その使用から損
害等が生じた場合は全てお客様にてご負担または補償して頂きますのでご了承下さい。
MS0243-J-03
48
2007/8
[AK8813 ]
ASAHI KASEI
変更履歴
推奨動作温度範囲の仕様変更
変更前
p.5
項目
最小
標準
最大
単位
電源電圧 (VDD)
2.8
3.3
3.6
V
動作温度
-20
85
℃
p.6
(3) DC 特性
<動作電圧:2.8~3.6V
(5) 消費電流
温度 : -20~85℃>
<動作電圧:AVDD=DVDD=3.3V, 温度-20℃~85℃>
p.7
■ AC タイミング (2.8 ~3.6V -20~85℃)
変更後
項目
最小
標準
最大
単位
電源電圧 (VDD)
2.8
3.3
3.6
V
動作温度
-40
85
℃
(3) DC 特性
<動作電圧:2.8~3.6V
(5) 消費電流
■ AC タイミング
MS0243-J-03
温度 : -40~85℃>
<動作電圧:AVDD=DVDD=3.3V, 温度-40℃~85℃>
(2.8 ~3.6V -40~85℃)
49
2007/8
Similar pages