AK8817VQ

[AK8817VQ]
AK8817VQ
NTSC/PAL Digital Video Encoder
概要
AK8817VQ はデジタルビデオデータをアナログコンポジットビデオ信号に変換するデジタルビデオエンコーダです。ITU-R BT.601 デ
ータまたは 601 レベルのスクエアピクセルに対応した Y,Cb,Cr 信号を NTSC または PAL のコンポジットビデオ信号にエンコードしま
す。インターフェイスは ITU-R BT.656 または HSYNC、VSYNC 同期のスレーブオペレーションモードです。
LPF 及び 75Ωドライバを内蔵しています。ビデオ信号出力はアンプ出力のほかに、DAC から直接出力することも可能です。
また、ビデオ信号に VBID,WSS 信号を重畳することが可能です。I2C バスインターフェイスによってコントロールされます。
特長
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
◇
NTSC-M, PAL-B,D,G,H,I エンコード
コンポジットビデオ出力
入力データ:Y:Cb:Cr 4:2:2
ITU-R BT.656 インターフェイスまたは H/V スレーブオペレーション
Yフィルタリング:x2 オーバーサンプリング
Cフィルタリング:x4 オーバーサンプリング
9 ビット DAC
VBID(CGMS-A)対応
WSS 対応
セットアップ付加機能
Clock:27.00MHz またはスクエアピクセルレートデータ 24.5454MHz(NTSC) 29.50MHz(PAL)
LPF 付き 6dB ゲイン 75Ωドライバアンプ内蔵
I2C バスコントロールインターフェイス
内蔵 75%カラーバー出力(100/0/75/0)
ブラックバースト出力
内部動作電源 (AVDD, DVDD) 2.7V - 3.6V
I/F 電源供給 (PVDD) 1.6V - DVDD
パワーダウン機能
モノリシック CMOS
LQFP48 ピン
動作温度:-40℃∼+105℃
MS1113-J-00
2009/08
-1-
[AK8817VQ]
■ ブロック図
CLKIN
CLKINV
RSTN PDN
SCL
SDA
VREF
CLK
Generator
CGMS
u-p I/F
Register
Timing Controller
D[7:0]
Input Data Control
Synchronization Control
VDI
HDI
IREF
VREF
Generator
SYNC
Generator
Y
Y
LPF Filter
(x 2 Interpolator)
Cb
Cr
Cb/Cr
LPF Filter
(x 2 Interpolator)
SAG
6dB AMP
LPF
9-bit
DAC
U
Cos
SubCarrier
Generator
Color Bar Gen
B.B. Gen
C
Sin
VOUT
DACOUT
Chroma
LPF Filter
(x 2 Interpolator)
TEST
LOGIC
UD[4:0]
V
PVDD PVSS DVDD DVSS
AVDD AVSS
MS1113-J-00
TEST ATPG
2009/08
-2-
[AK8817VQ]
■オーダリングガイド
AK8817VQ
48 ピン LQFP
■ピン配置図
NC
NC
TEST
D1
D0
PVDD
PVSS
VDI
HDI
SDA
SCL
NC
36 35 34 3332 31 30 29 28 2726 25
ATPG
PDN
RSTN
DVSS
DVDD
NC
VOUT
BVSS
SAG
AVSS
DACOUT
NC
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
NC
D2
D3
D4
D5
D6
D7
DVDD
DVSS
CLKIN
CLKINV
NC
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
NC
NC
UD0
UD1
UD2
UD3
UD4
VREF
IREF
AVDD
NC
NC
MS1113-J-00
2009/08
-3-
[AK8817VQ]
■ ピン機能説明
ピン番号
端子名
I/O
1
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
2
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
3
AVDD
P
アナログ電源ピン。
4
IREF
O
IREF ピンです。
12kΩ (+/-1%精度) の抵抗を介してアナロググランドに接地してください。
5
VREF
O
内蔵 VREF 出力ピンです。
PDN=Low で AVSS レベル出力します。
0.1uF 以上のコンデンサにてアナロググランドに接地してください。
6
UD4
O
テスト出力ピンです。通常使用時はオープンとしてください。
7
UD3
O
テスト出力ピンです。通常使用時はオープンとしてください。
8
UD2
O
テスト出力ピンです。通常使用時はオープンとしてください。
9
UD1
O
テスト出力ピンです。通常使用時はオープンとしてください。
10
UD0
O
テスト出力ピンです。通常使用時はオープンとしてください。
11
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
12
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
13
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
14
CLKINV
I
内部クロックを反転します。(内部動作エッジ反転)
PVDD に接続した場合、CLKIN↓でデータを取り込みます。PVSS に接続した場合、
CLKIN↑でデータを取り込みます。
機能概要
15
CLKIN
I
クロック入力ピンです。
データに同期したクロックを入力してください。
601 データ入力時:27.00MHz
スクエアピクセルデータ入力時:24.5454MHz(NTSC) / 29.50MHz(PAL)
16
DVSS
G
デジタルグランドピンです。(デジタルコアグランド)
17
DVDD
P
デジタル電源ピンです。(デジタルコア電源)
18
D7
I
データ映像信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
19
D6
I
データ映像信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
20
D5
I
データ映像信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
21
D4
I
データ映像信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
22
D3
I
データ映像信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
23
D2
I
データ映像信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
24
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
25
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
26
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
27
TEST
I
通常使用時はグランドに接続してください。
28
D1
I
データ映像信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
29
D0
I
データ映像信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
30
PVDD
P
パッド用電源ピンです。
MS1113-J-00
2009/08
-4-
[AK8817VQ]
ピン番号
端子名
I/O
機能概要
31
PVSS
G
PVDD 用グランドピンです。
32
VDI
I
垂直同期信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
33
HDI
I
水平同期信号入力ピンです。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
34
SDA
I/O
35
SCL
I
I2C クロック入力ピンです。PVDD 以下で入力してください。
PDN=L の時、Hi-z 入力可です。
リセットシーケンス時 SCL 入力は受け付けません。
36
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
37
ATPG
I
通常使用時はグランドに接続してください。
38
PDN
I
39
RSTN
I
40
DVSS
G
デジタルグランドピンです。(デジタルコアグランド)
41
DVDD
P
デジタル電源ピンです。(デジタルコア電源)
42
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
43
VOUT
O
ビデオ出力ピンです。
44
BVSS
G
基盤バイアスグランドピンです。アナロググランドに接続してください。
45
SAG
O
サグ補正用入力ピンです。
46
AVSS
G
アナロググランドピンです。
47
DACOUT
O
DAC 出力ピンです。
390Ω(+/-1%精度)の抵抗を介してアナロググランドに接続してください。
48
N.C.
-
通常使用時はオープンとしてください。(テスト時はグランド接続)
I2C データピンです。PVDD でプルアップしてください。
PDN=L の時、Hi-z 入力可です。
リセットシーケンス時 SDA 入力は受け付けません。
パワーダウンピンです。パワーダウン解除後はリセットシーケンスが必要となりま
す。
リセット入力ピンです。デバイスを初期化するためには必ずリセットシーケンスにし
たがって初期化を行ってください。(PDN=L 時は Hi-Z 入力可)
L : リセット
H: 通常動作
アナログ出力ピン状態
MODE
/
端子名
PDN=L
PDN=H、DAC=L
VIDEOAMP=L
PDN=H、DAC=H
VIDEOAMP=L
PDN=H、DAC=H
VIDEOAMP=H
IREF
VREF
DACOUT
VOUT
Hi-Z 出力
Hi-Z 出力
Hi-Z 出力
Hi-Z 出力
出力
出力
Hi-Z 出力
DAC パワーダウン
Hi-Z 出力
VIDEOAMP パワーダウン
出力
出力
出力
VIDEOAMP パワーダウン 注 1)
出力
出力
出力
出力
DAC:Sub Address 0x00 bit7 0:L→DACOFF 1:H→DACON
VIDEOAMP:Sub Address 0x01 bit3,4 00:L→VIDEOAMP_OFF 01,10:H→VIDEOAMP_ON
注 1) VIDEOAMP はパワーダウンされますが、LSI 内部で DACOUT 端子から VOUT 端子(SAG 端子も同様です)まで抵抗
接続されているため、Hi-Z 出力にはなりません。DAC のみ使用する場合は VOUT 及び SAG 端子は OPEN にしてくだ
さい。
MS1113-J-00
2009/08
-5-
[AK8817VQ]
■
電気的特性
(1) 絶対最大定格
項目
最小
最大
単位
備考
電源電圧
DVDD, AVDD, PVDD
−0.3
4.5
V
デジタル入力ピン電圧 (VinP)
−0.3
PVDD + 0.3
V
D[7:0], HDI, VDI, RSTN,
PDN, CLKIN,
CLKINV,SCL, SDA
入力ピン電流 (Iin)
−10
10
mA
電源ピンは除く
保存温度
−40
125
℃
注:電源電圧は、各グランドピン(DVSS=AVSS=PVSS)を 0V(電圧基準)としたときの値です。
全ての電源グランド(AVSS, DVSS, PVSS)は同電位としてください。
(2) 推奨動作条件
項目
最小
標準
最大
単位
条件
AVDD / DVDD
2.7
3.3
3.6
V
注) AVDD=DVDD
インターフェース電源
PVDD
1.6
1.8
DVDD
V
動作温度(Ta)
−40
105
℃
注:電源電圧は、各グランドピン(DVSS= AVSS= PVSS)を 0V (電圧基準)としたときの値です。
全ての電源グランド(AVSS, DVSS, PVSS)は同電位としてください。
(3) DC 特性
<動作電圧:DVDD:2.7∼3.6V、PVDD:1.6∼DVDD、負荷容量: 15pF、温度: −40∼105℃>
項目
記号
最小
デジタル入力 H 電圧(VIH)
VIH
0.7PVDD
0.8PVDD
デジタル入力 L 電圧(VIL)
VIL
デジタル入力リーク電流
I2C (SDA) L 出力
標準
最大
単位
条件
V
2.7V≦PVDD≦DVDD
1.6V≦PVDD<2.7V
0.3PVDD
0.2PVDD
V
2.7V≦PVDD≦DVDD
1.6V≦PVDD<2.7V
IL
±10
uA
VOLC
0.4
V
IOLC = 3mA
注:デジタル入力とは, D[7:0], HDI, VDI, PDN, RSTN, SCL, SDA,CLKIN, CLKINV ピン入力の総称とします。
MS1113-J-00
2009/08
-6-
[AK8817VQ]
(4) アナログ特性
<動作電圧:AVDD=3.3V、温度:25℃>
項目
最小
標準
最大
単位
条件
DAC 分解能
9
DAC 積分直線性誤差
+/- 0.6
+/- 2.0
LSB
DAC 微分直線性誤差
+/- 0.4
+/- 1.0
LSB
1.28
1.38
V
注 1)
5.0
mV
注 2)
7.0
dB
Amp 入力レベル 1Vpp 時
2.0
Vpp
注 3)
51
dB
帯域 100kHz - 5.5MHz 注 4)
54
dB
帯域 100kHz - 5.5MHz 注 4)
dB
100kHz - 5.5MHz
0dB = 100kHz 入力時
dB
27.00MHz
0dB = 100kHz 入力時
|GD3MHz - GD6MHz|
DAC 出力フルスケール電圧
1.18
DAC 出力オフセット電圧
ビデオアンプ出力ゲイン
5.0
ビデオアンプ出力フルスケール電圧
ビデオアンプ THD
45
ビデオアンプ S/N
6.0
LPF リップル
-1
+/- 0.5
LPF 帯域外阻止量
20
30
LPF 群遅延
内蔵基準電圧(VREF)
基準電圧ドリフト
1.17
bit
+1
10
100
ns
1.23
1.30
V
ppm/℃
-50
注 1) 出力負荷 390Ω、IREF ピン抵抗 12 kΩ、 内蔵 VREF を使用した場合の値です
尚、フルスケール出力電流 は Iout=フルスケール出力電圧(typ. 1.28V)/390Ω=typ. 3.28 mA と計算されます。
注 2) テストモードにて DAC に(10 進0)を入力した時の VSS に対する電圧
注 3) VOUT 出力です。出力負荷抵抗:150Ω、出力負荷容量:15pF
内蔵カラーバー出力時
注 4)DAC に 1MHz、1.0Vp-p 相当のコードを入力し、その出力をビデオアンプに入力した時。
出力負荷抵抗:150Ω、出力負荷容量:15pF((5)消費電流項目欄下図参照)。
MS1113-J-00
2009/08
-7-
[AK8817VQ]
(5) 消費電流
<動作電圧:AVDD=DVDD=PVDD=3.3V、温度:25℃>
項目
最小
標準
最大
単位
条件
全消費電流
29
38
mA
注 1)
パワーダウン電流 1
10
30
uA
注 2)
デジタル部動作時電流
15
mA
注 3)
アナログ部動作時電流 1
14
mA
注 4)
アナログ部動作時電流 2
5.5
mA
注 5)
アナログ部動作時電流 3
0.8
mA
注 6)
注 1) 27.00MHz、NTSC モード、内蔵 75%カラーバー出力、Video アンプ出力時
接続指定素子以外の外部出力負荷無し(但し配線容量などの出力付加容量 15pF は含みます。)
AK8817
1uF
AK8817
75Ω
SAG
100uF
75Ω
SAG
47uF
VOUT
15pF
75Ω
15pF
VOUT
15pF
75Ω
15pF
サグ補正未使用状態
サ グ補正使用状態
注 2) 測定条件:パワーダウンシーケンス後の入出力設定は、
PDN ピン=GND レベル、外部接続なし、パワーダウン時 Hi-Z 入力可とした入力ピンは電源電圧の 1/2 レベル、
TEST=ATPG=GND(又はオープン)、電源系は AVDD=DVDD=PVDD、DVSS/AVSS/PVSS は常に 0V(電圧基準)
注 3) 27.00MHz、NTSC モード、内蔵 75%カラーバー出力
注 4) DAC 出力 ON、Video Amp ON、サグ補正 ON 時
注 5) DAC 出力 ON、Video Amp OFF 時
注 6) DAC 出力 OFF、Video Amp OFF 時
MS1113-J-00
2009/08
-8-
[AK8817VQ]
■ AC タイミング
( DVDD = 2.7V∼3.6V、PVDD =1.6 ∼DVDD、-40∼105℃ )
負荷条件:CL=15pF
(1) CLK
外部入力クロック AC タイミング
fCLKI
tCLKIL
PVDD 電圧 の 1/2 レベル
tCLKIH
VIH
CLKIN
VIL
項目
記号
最小
標準
最大
単位
備考
PIXRT=1
NTSC モード時
24.5454
CLKIN
fCLKI
PIXRT=0
NTSC/PAL
MHz
27.00
PIXRT=1
PAL モード時
29.50
CLKIN Duty 比
pCLKID
40
CLK 精度
60
%
100
ppm
tCLKIL,tCLKIH:最小パルス幅 12nS( tr/tf は電源 10%-90%レベルで時間は≦2nS)
(2) ピクセルデータ入力タイミング
VIH レベル
CLKIN
VIL レベル
tDS
tDH
D[7:0]
HDI
VDI
CLKINV = Low
項目
記号
最小
標準
最大
単位
データセットアップタイム
tDS
5
nsec
データホールドタイム
tDH
8
nsec
備考
CLKINV=High の場合は CLKIN の立下りに対して同様の tDS,tDH スペックとします。
MS1113-J-00
2009/08
-9-
[AK8817VQ]
(3) HSYNC パルス幅
pHSW
HSYNC
項目
記号
HSYNC パルス幅
pHSW
最小
標準
15
116
15
128
15
139
最大
単位
備考
NTSC
(24.5454MHz)
CLKs
27.00MHz
PAL
(29.50MHz)
標準値はアナログ VIDEO 規格の HSYNC パルス幅をシステムクロックパルス数で換算したものです。
(4) リセット
(4-1) リセットタイミング
RSTN
pRES
1
2
99
100
CLKIN
項目
記号
最小
RSTN パルス幅
pRES
100
標準
最大
単位
CLKs
MS1113-J-00
2009/08
-10-
[AK8817VQ]
(4-2) パワーダウンシーケンス・リセットシーケンス
PDN 設定前(PDN=↓)100 クロック以上の期間リセットをかけて下さい。
PDN 解除後(PDN=↑)アナログ部基準電圧・電流が安定するまでの期間(≧10mS)リセットをかけて下さい。
(CLKOUT=H)
CLKIN
sRES
hRES
RSTN
VIH
VIL
VIH
PDN
GND
項目
記号
最小
標準
最大
単位
RSTN パルス幅
sRES
100
CLKs
PDN↑から RSTN↑
hRES
10
msec
パワーダウン時は制御系信号を全て VIH/VIL レベルではなく確実に使用する極性の電源電圧またはグランドレベルにし
てください。
(4-3) パワーダウンシーケンス・パワーダウン解除後リセットシーケンス
AVDD/DVDD
PVDD
PDN
RSTN
VREF
VREF 安定後 RSTN 立ち上げ≧10mS(min)
PDN 解除
MS1113-J-00
2009/08
-11-
[AK8817VQ]
(4-4) パワーオンリセット
電源立ち上げ時、アナログ部基準電圧・電流が安定するまでの期間リセットをかけて下さい。
電源の立ち上げは PVDD/AVDD/DVDD 同時立ち上げまたは PVDD を先に立ち上げてから AVDD/DVDD を立ち上げてください。
2.7V
AVDD
DVDD
1.6V
PVDD
0.8PVDD
PDN
RSTN
0.2PVDD
VREF
VREF 安定後 RSTN 立ち上げ≧10mS(min)
項目
RESETN パルス幅
記号
最小
pRES_PON
10
標準
最大
単位
備考
msec
注)リセットにはクロック入力が必要です。
MS1113-J-00
2009/08
-12-
[AK8817VQ]
2
(5) I C バス入出力タイミング
-40∼105℃
(5-1) タイミング1
tBUF
tHD:STA
tR
tSU:STO
tF
VSDAH
SDA
VSDAL
tF
tR
VSDAH
SCL
VSDAL
tSU:STA
tLOW
VSDAH: 0.7PVDD(条件:2.7V≦PVDD≦DVDD)、0.8PVDD(条件:1.6V≦PVDD<2.7V)
VSDAL : 0.3PVDD(条件:2.7V≦PVDD≦DVDD)、0.2PVDD(条件:1.6V≦PVDD<2.7V)
項目
記号
最小
最大
単位
Bus Free Time
tBUF
1.3
usec
Hold Time (Start Condition)
tHD:STA
0.6
usec
Clock Pulse Low Time
tLOW
1.3
usec
Input Signal Rise Time
tR
300
nsec
Input Signal Fall Time
tF
300
nsec
Setup Time(Start Condition)
tSU:STA
0.6
usec
Setup Time(Stop Condition)
tSU:STO
0.6
usec
上記 I2C バスに関するタイミングは I2C バスの規格でありデバイスの制約によるものではありません。
詳細に関しては I2C バス規格を参照してください。
(5-2) タイミング 2
tHD:DAT
VSDAH
VSDAL
SDA
tHIGH
VSDAH
VSDAL
SCL
tSU:DAT
VSDAH: 0.7PVDD(条件:2.7V≦PVDD≦DVDD)、0.8PVDD(条件:1.6V≦PVDD<2.7V)
VSDAL : 0.3PVDD(条件:2.7V≦PVDD≦DVDD)、0.2PVDD(条件:1.6V≦PVDD<2.7V)
項目
記号
最小
Data Setup Time
tSU:DAT
100(注 1)
Data Hold Time
tHD:DAT
0.0
Clock Pulse High Time
tHIGH
0.6
最大
単位
nsec
0.9(注 2)
usec
usec
注 1) I2C バス標準モードで使用する場合 tSU:DAT ≥250nSec を満たす必要があります。
注 2) AK8817VQ を tLOW を延長しないバス上で使用する場合(tLOW=最小規格で使用する場合)、この条件を満足する必
要があります。
MS1113-J-00
2009/08
-13-
[AK8817VQ]
MS1113-J-00
2009/08
-14-
[AK8817VQ]
■ デバイスコントロールインターフェイス
AK8817VQ は I2C バスコントロールインターフェイスによってコントロールされます。
【I2C バス SLAVE Address】
2
I C スレーブアドレスは
0x40
です。
【I2C コントロールシーケンス】
(1) Write シーケンス
1 バイト目に AK8817VQ のライトモードのスレーブアドレスを受信すると、2 バイト目にサブアドレス、3 バイト目以
降にデータを受信します。Write シーケンスには 1 バイトずつ Write するシーケンスと複数バイト連続して Write する
Sequential Write operation があります。
(a) 1 バイト Write シーケンス
Slave
Sub
S
w A
Address
Address
18-bits
bi
8-bits
t
A
Data
A
1bi
t
8-bits
1bi
t
Stp
(b) 複数バイト (m-bytes) Write シーケンス (Sequential Write Operation)
Slave
Sub
S
w A
A
Data(n)
A Data(n+1)
Address
Address(n)
1118-bits
bi
8-bits
8-bits
bi
8-bits
bit
t
t
A
・・・
Data(n+m)
A
8-bits
1bi
t
1bi
t
stp
(2) Read シーケンス
1 バイト目に AK8817VQ のリードモードスレーブアドレスを受信すると、2 バイト目以降はデータの送信を行います。
S
Slave
Address
8-bits
w
A
Sub
Address(n)
A
1
8-bits
1
rS
Slave
Address
8-bits
R
A
Data1
A
Data2
A
Data3
A
1
8-bits
1
8-bits
1
8-bits
1
・・・
Data n
Ā
8-bits
1
stp
上記それぞれの意味は次の通りです。
S, rS : Start Condition
A : Acknowledge (SDA Low )
Ā : Not Acknowledge (SDA High)
stp : Stop Condition
R/W
1 : Read 0 : Write
:マスタデバイスによります。通常はマイコン出力します。
:スレーブデバイスによります。AK8817VQ が出力するものです。
MS1113-J-00
2009/08
-15-
[AK8817VQ]
■ ビデオエンコーダ機能概要
(1)リセット
(1-1)シリアルインターフェイス部リセット(非同期リセット)
RSTN ピンを Low にすることによってリセットされます。
(1-2)シリアル I/F 部以外のブロック
通常動作時は 100 クロック以上の期間 RSTN ピンを Low にすることによってリセットされます。
(1-3)パワーオンリセット時(パワーダウン解除時含む)
パワーオンリセットシーケンスに従ってください。
初期化終了後、内部レジスタは全てデフォルト値にセットされます。(レジスタマップ参照)
また、リセット直後、AK8817VQ のビデオ出力はハイインピーダンス状態になります。
(2)パワーダウン
AK8817VQ のパワーダウンピンを Low にすることによってパワーダウンモードにすることが可能です。
パワーダウンモードへの遷移はパワーダウンシーケンスに従ってください。
パワーダウンからの復帰の場合はパワーダウン解除シーケンスに従ってください。
(3)マスタークロック
マスタークロックとして次のクロックを入力してください。
エンコーダモード時(入力データと同期したクロック入力が必要です。)
ITU-R BT.601 データ入力時
PIXRT-bit = 0
スクエアピクセル入力時
PIXRT-bit = 1
NTSC エンコーダ
27.00MHz
24.5454MHz
PAL エンコーダ
27.00MHz
29.50MHz
(4)ビデオ信号インターフェイス
ビデオ入力信号(データ)は
・HSYNC(HDI)/VSYNC(VDI)にて同期をとるスレーブ動作
・ITU-R BT.656 I/F(EAV デコード)(27.00MHz 動作時のみの対応です。)
のどちらかの方式で同期をとります。
(5)ピクセルデータ
AK8817VQ に入力するデータは YCbCr(4:2:2)データです。
Y:16-235
CbCr: 16-240
のデータを入力してください。
(6)ビデオ信号変換
ビデオ再構成モジュールはマルチプレクスされたデータ(ITU-R BT.601 レベル Y, Cb, Cr)をインターレースの NTSC-M,
PAL-B,D,G,H,I に変換します。ビデオエンコードの設定は「Control 1 Register」で行います。
MS1113-J-00
2009/08
-16-
[AK8817VQ]
(7)輝度信号用フィルタ(Luma Filter)
輝度信号は LPF(ブロック図:x2 Y LPF)を通し出力されます。
10
0
1.0
0.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
7.0
8.0
9.0
10.0 11.0 12.0 13.0
Gain[dB]
-10
-20
-30
-40
-50
frequency[MHz]
(8)色差信号用フィルタ(Chroma Filter)
変調前の入力 Chroma 信号成分(Cb, Cr)は 1.3MHz の帯域制限フィルタ(ブロック図:4:2:2 to 4:4:4 x 2 Interpolator)を通
ります。サブキャリアで変調された Chroma 信号はローバスフィルタ(ブロック図:Chroma LPF x2 Interpolator)を通し出
力されます。それぞれのフィルタ特性を下に示します。
x 2 Interpolator Filter
4:2:2 to 4:4:4 Interpolator Filter
10
0
0.0
10
0
0.5
1.0
1.5
2.0
2.5
3.0
3.5
4.0
4.5
5.0
5.5
6.0
6.5
0.0
1.0
2.0
3.0
4.0
5.0
6.0
7.0
8.0
9.0
10.0 11.0 12.0 13.0
-10
Gain[dB]
Gain[dB]
-10
-20
-20
-30
-30
-40
-40
-50
-50
Frequency[MHz]
frequency[MHz]
(9)カラーバースト信号
カラーバースト信号は、32 ビットのデジタル周波数シンセサイザーによって生成されます。
カラーバースト信号周波数は、NTSC/PAL のモード設定によって決定されます。
規格
Subcarrier Freq
(MHz)
Control 1 Register 設定
VMOD-bit
NTSC-M
3.57954545
0
PAL-B,D,G,H,I
4.43361875
1
バースト信号表
MS1113-J-00
2009/08
-17-
[AK8817VQ]
(10)サブキャリアリセット
サブキャリアをカラーフレームシーケンスでリセットする機能です。
Control 1 Register の SCR-bit によってリセット機能を OFF にすることができます。
初期値はサブキャリアリセットが行われます。
SCR
0
1
2 フレーム(4 フィールド)毎に
サブキャリア位相がリセットされます。
4 フレーム(8 フィールド)毎に
サブキャリア位相がリセットされます。
NTSC
PAL
サブキャリアリセットはされません。
サブキャリアリセットはされません。
(11)セットアップ処理
Control 2 Register の Setup-bit によってビデオ信号にセットアップ処理を施すことが可能です。
セットアップ処理は輝度信号(Y 信号)と色信号(C 信号)に次の処理を行います。
YSetup = Y x 0.925 + 7.5 IRE
CSetup = C x 0.925
YSetup:セットアップ処理後の輝度信号
CSetup:セットアップ処理後の色信号
(12)ビデオ DAC
AK8817VQ の DA コンバータは、9 ビット分解能、クロック周波数 29.50/24.5454MHz または 27.00MHz で動作するカレ
ントドライブ DAC です。この DAC は負荷抵抗 390Ω、VREF 1.23V、IREF ピン抵抗 12kΩの条件でフルスケール 1.28Vp-p
を出力するように設計されています。
VREF ピンは 0.1uF 以上のコンデンサを通じてグランドに接地してください。
DAC 出力は Control 1 Register の DAC-bit 設定にて ON/OFF させ消費電流低減が可能です。出力 OFF 時、その出力はハ
イインピーダンスとなります。
(13)ビデオアンプ
AK8817VQ は 150Ωをドライブ可能なビデオアンプを内蔵しています。このビデオアンプは+6dB のゲインを持ち、LPF
及びサグ補正機能を内蔵しています。サグ補正回路使用時のコンデンサは 47uF + 1uF です。サグ補正回路使用時の推奨
電源電圧は 3.0V 以上です。サグ補正回路を使用しない場合には VOUT ピンと SAG ピンを短絡してください。また、出力
は AC カップリングにて出力してください。
サグ補正回路の動作 On/Off はレジスタにて設定します。
なお、DAC 出力を使用の場合は Video Amp 部はパワーダウン状態になります。SAG、VOUT 端子はオープンにして下さ
い。
AK8817
1uF
AK8817
75Ω
SAG
100uF
75Ω
SAG
VOUT
VOUT
47uF
サグ補正 ON(使用状態)
サグ補正未使用状態
VAMPMD[1:0]
動作
00
Video Amp OFF + サグ補正回路 OFF
01
Video AMP ON + サグ補正回路 ON
推奨電源電圧 3.0V 以上
10
Video Amp ON + サグ補正未使用
SAG と VOUT をショートしてください。
11
Reserved
MS1113-J-00
備考
DAC 出力のみ使用
SAG、VOUT 端子はオープンにして下さい。
2009/08
-18-
[AK8817VQ]
(14)ビデオデータインターフェイスタイミング
データは、CLKIN に入力されるクロックにて取り込まれます。
ビデオエンコーダはクロックをコントローラから受け取ります。(下図参照)
スレーブモード時は HDI/VDI にて同期をとります。
ITU-R BT.656 モード時は HDI/VDI は不要です。
C L K IN
(H D I)
コントロ ーラ
AK8817
(V D I)
D [7 :0 ]
AK8817VQ は次の 2 種類のインターフェイスモードによって入力信号との同期をとります。
・同期信号(HDI/VDI)をもらって同期を取るスレーブ動作によるインターフェイス(HDI/VDI インターフェイス)
・ITU-R BT.656 インターフェイスモード(656 インターフェイス)
インターフェイスモードの設定は
Control 2 Register の[REC656]-bit によって行います。
REC656-bit
動作
0
HDI/VDI スレーブモード
1
ITU-R BT.656 インターフェイスモード
MS1113-J-00
2009/08
-19-
[AK8817VQ]
(a)HDI/VDI インターフェイス
(a-1)タイミング信号(HDI/VDI)とデータ入力の関係
同期タイミング信号 HDI 信号によって水平同期(ライン内ピクセル同期)をとり、
同期タイミング信号 VDI 信号によって垂直同期(フレーム内ライン同期)をとります。
また、ビデオフィールド(ODD フィールドと Even フィールド)の認識は入力される VDI の HDI に対する関係を見ていま
す。
通常動作時、AK8817VQ は取り込み基準となるクロックエッジ(CLK 同期)で HDI、VDI の変化を見ています。HDI が Low
になったと判定した時のピクセルを 0H(0 番目)と認識します。Cb0 のデータ位置は、入力データレート(ITU-R BT.601
またはスクエアピクセルデータ)によって異なります。
Cb0 のデータ
ITU-R BT.601 データ入力時
スクエアピクセル入力時
NTSC エンコーダ
244 番目のデータ
236 番目のデータ
PAL エンコーダ
264 番目のデータ
310 番目のデータ
ビデオフィールドは VDI の HDI に対する関係により認識します。
フィールドの認識は次の通りです。
※AK8817VQ は毎フィールド ODD フィールド(第 1 フィールド)か、そうでないかを判別します。Even フィールド同期
信号は通常入力しません。
1)ODD フィールドの認識タイミングは HDI、VDI に入力されるタイミング信号の関係によって決まります。
HDI に入力する HDI タイミングパルスが立ち下がる 3 クロック前から HDI タイミングパルスが立ち上がる 3 クロック
前の期間に VDI 入力へ VDI 立下りパルスが入力された場合、そのラインを 4 ラインと認識します。
Line4/Line1(NTSC/PAL)
Line5/Line2(NTSC/PAL)
Line6/Line3(NTSC/PAL)
HDI
3CLK
VDI
3CLK
2)水平/垂直同期信号入力が毎回ビデオ規格で期待されるタイミングと数でこない場合(Hレベルのまま)には、
AK8817VQ は直前に入力された同期信号に基づき自走しつづけますが誤動作防止のため規定タイミングで毎回同期信
号を入力する事を推奨します。
3) ODD フィールド同期以外の VD パルス入力は無視します。(ODD フィールドのみで同期を取ります。)
MS1113-J-00
2009/08
-20-
[AK8817VQ]
(a-2)水平同期(ライン内ピクセルデータ同期)
(1)ITU-R BT.601 データ入力時
[1]NTSC
1715
0
244
245
246
247
248
(0x10) (0x80) (0x10) (0x80) (0x10) Cb0
0H
Y0
Cr0
Y1
Cb1
1683 1684
1713
1714
CLKIN
(27.00MHz)
DTI[7:0]
Cr359 Y719 (0x80) (0x10)(0x10)(0x80)
HDI
244T
アクティブビデオ期間
720x2 Clock
*)D[7:0]・HDI と CLKIN が上図例の位相関係にあった場合、CLKINV-pin=High とすれば AK8817VQ は CLKIN↓で入力
データを取り込みます。
*)アクティブビデオ期間以外の入力データは、黒(C/Y=0x80/0x10) 又は Hi-Z 以外で 0x00/0xFF 以外のコードを入力して
ください。
[2]PAL
1727
0
264
265
266
267
268
(0x10) (0x80) (0x10) (0x80) (0x10) Cb0
H0
Y0
Cr0
Y1
Cb1
1702 1703 1704
1725
1726
CLKIN
(27.00MHz)
DTI[7:0]
Cr359 Y719 (0x80) (0x10)(0x10)(0x80)
HDI
264T
アクティブビデオ期間
720x2 Clock
*)D[7:0]・HDI と CLKIN が上図例の位相関係にあった場合、CLKINV-pin=High とすれば AK8817VQ は CLKIN↓でデー
タを取り込みます。
*)アクティブビデオ期間以外の入力データは、黒(C/Y=0x80/0x10)又は Hi-Z 以外で 0x00/0xFF 以外のコードを入力し
てください。
MS1113-J-00
2009/08
-21-
[AK8817VQ]
(2)スクエアピクセルレート入力時
[1]NTSC
1559
0
TBD
236
237
238
239
240
Cb0
Y0
Cr0
Y1
Cb1
1514
1515
1516
CLKIN
(24.5454MHz)
D[7:0]
(0x10) (0x80) (0x10) (0x80) (0x10)
Cr319 Y639 (0x80) (0x10)
H0
HDI
アクティブビデオ期間
640x2 Clock
*)D[7:0]・HDI と CLKIN が上図例の位相関係にあった場合、CLKINV-pin=High とすれば AK8817VQ は CLKIN↓で入力デ
ータを取り込みます。
*)アクティブビデオ期間以外の入力データは、黒(C/Y=0x80/0x10) 又は Hi-Z 以外で 0x00/0xFF 以外のコードを入力して
ください。
[2]PAL
1887
0
TBD
310
311
312
313
314
(0x10) (0x80) (0x10) (0x80) (0x10) Cb0
Y0
Cr0
Y1
Cb1
1844
1845
1846
CLKIN
(29.5MHz)
D[7:0]
Cr383 Y767 (0x80) (0x10)
H0
HDI
アクティブビデオ期間
768x2 Clock
*)D[7:0]・HDI と CLKIN が上図例の位相関係にあった場合、CLKINV-pin=High とすれば AK8817VQ は CLKIN↓でデータ
を取り込みます。
*)アクティブビデオ期間以外の入力データは、黒(C/Y=0x80/0x10)又は Hi-Z 以外で 0x00/0xFF 以外のコードを入力し
てください。
MS1113-J-00
2009/08
-22-
[AK8817VQ]
(a-3)フレーム内 HDI と VDI の関係
[1]NTSC(フレーム)
525Line 480 Active Lines
第 1 フィールド(ODD)
263 ライン
240 ライン
525
1
2
3
4
5
6
7
22
23
261
262
263
264
524
525
1
2
HDI
VDI
*VDI↓は L4 の HDI↓の 3 クロック前から HDI↑の 3 クロック前の期間に入力してください。
VDI↑位置は任意ですが、目安として 3 ライン期間 “L”
第 2 フィールド(EVEN)
262 ライン
240 ライン
263
264
265
266
267
268
269
270
285
286
HDI
VDI
High
*VDI↓は第 1 フィールドのみで、第 2 フィールドには不要です。(第 2 フィールドに入力された VDI は無視されます。)
MS1113-J-00
2009/08
-23-
[AK8817VQ]
[2]PAL(フレーム) 625Line 576 Active Lines
第 1 フィールド(ODD)
313 ライン
288 ライン
625
1
2
3
4
5
22
23
24
310
311
312
313
314
HDI
VDI
*VDI↓は L1の HDI↓の 3 クロック前から HDI↑の 3 クロック前の期間に入力してください。VDI↑位置は任意ですが、目安として 2.5 又は 2 or 3 ライン期間 “L”
なお、23 ラインに入力したデータは映像出力されません。
第 2 フィールド(EVEN)
313 ライン
288 ライン
313
314
315
316
317
318
335
336
337
623
624
625
1
2
HDI
VDI
High
*VDI↓は第1フィールドのみで、第 2 フィールドには不要です。(第 2 フィールドに入力された VDI は無視されます。)
なお、623 ラインに入力されたデータは出力されません。
MS1113-J-00
2009/08
-24-
[AK8817VQ]
(b)ITU-R BT.656 インターフェイス
AK8817VQ は、ITU-R BT.656 エンコードされた信号が入力された場合、その中にある EAV コードをデコードして同期
を取ります。EAV コードはビデオストリームの下図の位置にあります。
なお、スクエアピクセルクロックで動作する場合、このモードはサポートしていません。
EAV
Y/Cb/Cr
Data#
525 system
Data#
625 system
Cb
Y
SAV
Cr
Y
Cb
Y
Cr
Y
Cb
Y
Cr
Y
Cb
Y
Cr
Y
Cb
Y
Cr
Y
Cb
360 720 360 721 361 722 361 723
368 736 368
855 428 856 428 857
0
0
0
1
1
360 720 360 721 361 722 361 723
366 732 366
861 431 862 431 863
0
0
0
1
1
CLKIN
33 / 25T (525 / 625)
243 / 263T (525 / 625)
276/ 288T (525 / 625)
HDI
(b-1)EAV 同期
入力信号にエンコードされている EAV コードをデコードし、そのタイミングに同期をとります。
EAV/SAV コードは次のようなコードです。
8-bit で入力された入力データ中の 0xFF – 0x00 – 0x00 に続くコードが EAV/SAV のコードとなります。
EAV/SAV コードは MSB から次のような意味を持ちます。
Bit Number
WORD
VALUE
0
0xFF
1
0x00
2
0x00
3
0xxx
ここで
F= 0: Field 1
= 1: Field 2
MSB
7
1
0
0
1
6
1
0
0
F
5
1
0
0
V
4
1
0
0
H
3
1
0
0
P3
2
1
0
0
P2
LSB
0
1
0
0
P0
1
1
0
0
P1
V= 0: Filed Blanking (V-Blanking) 以外
= 1: Filed Blanking (V-Blanking)
H= 0: SAV
= 1: EAV
P3, P2, P1, P0:Protection Bit
プロテクションビットと F/V/H の関係は次の表の通りです。
F
V
H
P3
0
0
0
0
0
0
1
1
0
1
0
1
0
1
1
0
1
0
0
0
1
0
1
1
1
1
0
1
1
1
1
0
P2
0
1
0
1
1
0
1
0
NTSC データ入力の場合
Cb
Y
Cr
Y
359 718 359 719
Cb
360
Y
Cr
720 360
EAV
Y
721
・・
Cb
428
PAL データ入力の場合
Cb
Y
Cr
Y
359 718 359 719
Cb
360
Y
Cr
720 360
EAV
Y
721
・・
Cb
431
MS1113-J-00
Y
Cr
856 428
SAV
Y
Cr
862 431
SAV
P1
0
0
1
1
1
1
0
0
Y
857
Y
863
Cb
0
Cb
0
P0
0
1
1
0
1
0
0
1
Y
0
Y
0
Cr
0
Y
1
Cr
0
Y
1
2009/08
-25-
[AK8817VQ]
(b-2)EAV/SAV コードとライン同期
AK8817VQ は、EAV 内の F-bit が 1→0 への遷移で垂直方向の同期(ライン同期)を取ります。
EAV/SAV の F-bit とラインの関係は次の通りです。
F-bit
NTSC
0
Line4 – Line265
Line266 – Line525
1
Line1 – Line3
PAL
Line1– Line312
Line313– Line625
参考までに EAV/SAV の V-bit とラインの関係は次の通りです。
Field
V-bit
NTSC
Start (V=1)
Line1 – Line19
Field 1
End (V=0)
Line20 – Line263
Start (V=1)
Line264 – Line282
Field 2
End (V=0)
Line283 – Line525
Digital
Line-No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
270
271
このタイミングで同期を取る。
F-bit
Digital
Line-No.
PAL
Line624 – Line625 – Line22
Line23 – Line310
Line311 – Line335
Line336 – Line623
263
264
265
266
267
268
269
272
F-bit
NTSC 入力時の EAV によるライン同期
Digital
Line-No.
622
623
624
625
1
3
4
5
6
318
319
このタイミングで同期を取る。
F-bit
Digital
Line-No.
2
310
311
312
313
314
315
316
317
F-bit
PAL 入力時の EAV によるライン同期
MS1113-J-00
2009/08
-26-
[AK8817VQ]
(15)内蔵カラーバー
AK8817VQ はカラーバー信号を出力することが可能です。生成されるカラーバーは 100% Amplitude, 75% Saturation です。
レジスタ設定によってカラーバー信号を出力します。
なお、カラーバー信号を出力する場合、通常動作の外部同期タイミングモードと内部自走モードがあります。内部自走モ
ードの場合は、タイミングは内部で自動的に発生します。すなわち、同期タイミングを外部から入力する必要はありませ
ん。動作モードの設定はモードレジスタにて行います。
なお、BBG-bit が設定されている場合は、BBG-bit が優先されます。(ブラックバーストが出力されます。)
BLACK
BLUE
RED
MAGENTA
GREEN
CYAN
YELLOW
WHITE
100%White
Blanking Level
Synctip Level
Cb
Y
Cr
WHITE
128
235
128
YELLOW
44
162
142
CYAN
156
131
44
GREEN
72
112
58
MAGENTA
184
84
198
RED
100
65
212
コード値は ITU-R BT.601 形式
BLUE
BLACK
212
128
35
16
114
128
(16)ブラックバースト信号生成機能
AK8817VQ はブラックバースト信号を出力することが可能です。(黒出力)
ブラックバースト信号を出力をする場合、通常動作の外部同期タイミングモードと内部自走モードがあります。内部自走
モードの場合、タイミングは内部で自動的に発生します。すなわち、同期タイミングを外部から入力する必要はありませ
ん。【Control 1 Register】の BBG-bit を1にすることにより、輝度信号 16 固定 Cb/Cr 信号 128 固定の出力が入力された
場合と同等の動作を行います。動作モードの設定は Control 1 Register にて行います。
MS1113-J-00
2009/08
-27-
[AK8817VQ]
(17)Video ID
AK8817VQ はアスペクト比判別等を行うための Video ID(EIAJ CPR-1204)のエンコードをサポートしています。これはまた
CGMS としても利用されています。この機能を ON/OFF するためには「Control 1 Register(0x00) 」の VMOD-bit = 0 でか
つ VBID-bit=1 とすることによって設定されます。また設定するデータは「VBID/WSS Data1/2 レジスタ(0x02,0x03 ) 」に
書き込みます。
なお、Video ID 情報は VBI 情報の中では最も優先順位の高い情報となります。
(17-1)VBID Data 更新タイミング
VSYNC
S et C ontro l R egister
u-P D a ta
N EW D AT A
DATA
O LD D A T A
N EW D AT A
(17-2)VBID Data コード割り付け
20bit のデータは WORD0 = 2bit、WORD1 = 4bit、WORD2 = 8bit、CRC = 6bit の構成とする。CRC は AK8817VQ が自
動的に計算して付加します。CRC 多項式 X6+X+1 の初期値は全て1です。
bit1
bit20
DATA
WORD0
2bit
WORD1
4bit
WORD2
8bit
CRC
6bit
(c)VBID 信号波形
Ref.
bit1 bit2 bit3
•••
bit20
70IRE +/- 10IRE
0IRE + 10 IRE
− 5 IRE
2.235usec +/- 50nsec
11.2usec +/- 0.3usec
49.1usec +/- 0.44usec
1H
525/60 System
振幅
70IRE
エンコードライン
20/283
MS1113-J-00
2009/08
-28-
[AK8817VQ]
(18)WSS 機能
AK8817VQ はアスペクト比判別、CGMS-A 等の設定を行うための WSS(ITU-R BT.1119)のエンコードをサポートしていま
す。この機能を ON/OFF するためには「Control 1 Register (0x00)」の VMOD-bit =1 でかつ WSS-bit=1 にすることによって
設定されます。また設定するデータは「VBID/WSS Data 1,2 レジスタ(0x02,0x03) 」に書き込みます。
(18-1)WSS Data 更新タイミング
VSYNC
S et C ontro l R egister
u-P D a ta
N EW D AT A
DATA
O LD D A T A
N EW D AT A
(18-2)WSS 波形
500mV +/- 5%
0H
27.4usec
1.5usec
10.5usec
11.0 +/- 0.25usec
38.4usec
44.5usec
エンコードライン:23 ラインの前半 :(後半はブランク出力とする)
コーディング:bi-phase modulation coding
Clock:5MHz (Ts = 200ns)
エンコードは次の通り
Run-in
Start code
Group 1
Aspect ratio
Group 2
Enhanced
Services
Group 3
Subtitles
Group4 Reserved
29 elements
24 elements
24 elements
24 elements
18 elements
18 elements
Bit numbering
0 1 2 3
LSB
MSB
0 : 000111
1 : 111000
Bit numbering
4 5 6 7
LSB
MSB
0 : 000111
1 : 111000
Bit numbering
8 9 10
LSB
MSB
0 : 000111
1 : 111000
0x1F1C71C7
Bit numbering
11 12 13
LSB
MSB
0 : 000111
1 : 111000
0x1E3C1F
MS1113-J-00
2009/08
-29-
[AK8817VQ]
■ 同期信号波形・バースト波形ジェネレーター
(1)NTSC-J
S y n c r is e t im e
50%
B u r s t H e ig h t
90%
B u rs t
H o r iz o n ta l
r e f e r e n c e p o in t
50%
50%
S ync Le ve l
10%
S yn c
H . r e f . t o B u r s t S ta r t
Measurement
point
Value
Consumer
Quality tolerance
Units
Total line period(derived)
63.556
usec
Sync Level
40
+/- 3
IRE
Sync rise time
10% - 90%
140
Max 250
nsec
Horizontal Sync width
50%
4.7
+/- 0.1
usec
Horizontal reference point to
burst start
50%
19
defined by SC/H
cycles
Burst *
50%
9
+/- 1
cycles
40
+/- 3
IRE
Burst Height **
※Sync width tolerance には Sync rise time の tolerance 分が加算される場合があります。
Burst 期間の測定は、バースト振幅が 50%以上あるサブキャリアの、最初の半サイクルに先立つゼロ・クロス点として定義
される、バースト開始点と同定義による終了点の期間をいいます。
9 cycles +/- 1cycle
19 cycles +/-10°
50%
NTSC 信号
MS1113-J-00
2009/08
-30-
[AK8817VQ]
(2)垂直同期信号タイミング(NTSC)
3H
3H
3H
0 .5 H
525
1
2
3
4
5
3H
6
7
8
3H
9
21
3H
0 .5 H
2 62
263
264
265
266
2 67
26 8
269
270
271
G
272
2 73
285
H
I
I
I
I
40IRE
±3IRE
Equalizing Pulse
Serration Pulse
Equalizing Pulse と Serration Pulse
Symbol
Measurement
point
Value
Recommended
tolerance
units
G
Pre-equalizing pulse width
50%
2.3
+/- 0.1
usec
H
Vertical serration pulse width
50%
4.7
+/- 0.2
usec
G
Post-equalizing pulse width
50%
2.3
+/- 0.1
usec
I
Sync rise time
140
Max 250
nsec
※Pulse width の tolerance には sync rise time の tolerance 分が加算される場合があります。
MS1113-J-00
2009/08
-31-
[AK8817VQ]
(3)PAL-B,D,G,H,I
S y n c r is e t im e
50%
B u r s t H e ig h t
90%
B u rs t
H o r iz o n ta l
r e f e r e n c e p o in t
50%
50%
S yn c L e ve l
10%
H o r iz o n ta l S y n c
H . r e f . t o B u r s t S ta r t
Measurement
point
Value
Consumer Quality
tolerance
Units
Total line period(derived)
64.0
usec
Sync Level
300
+/- 20
mV
Sync rise time
10% - 90%
0.2
Max 0.3
usec
Horizontal Sync width
50%
4.7
+/- 0.2
usec
Horizontal reference point to
burst start
50%
5.6
+/- 0.1
usec
Burst *
50%
10
+/- 1
cycles
300
+/- 30
mV
Burst Height **
※Sync width tolerance には Sync rise time の tolerance 分が加算される場合があります。
MS1113-J-00
2009/08
-32-
[AK8817VQ]
(4)垂直同期信号タイミング及びバーストフェイズ(PAL-B,D,G,H,I)
A
308
620
309
621
308
620
310
622
309
311
623
310
621
622
312
624
311
623
313
625
312
624
314
1
313
625
315
2
314
1
316
3
315
2
317
4
316
3
318
5
317
4
319
320
A
B
6
7
A
B
318
319
A
B
5
B
322
321
322
8
320
6
321
7
8
A : Phase of Burst : nominal Value + 135°
B : Phase of Burst : nominal Value - 135°
実際はバースト周波数とライン周波数は倍数でないため、規格上 135°ちょうどではありません。
位相方向を示している図です。
G
H
I
I
I
I
300mV
±30mV
Equalizing Pulse
Serration Pulse
Equalizing Pulse と Serration Pulse
Symbol
Measurement
point
Value
Recommended
tolerance
Units
G
Pre-equalizing pulse width
50%
2.35
+/- 0.1
usec
H
Vertical serration pulse width
50%
4.7
+/- 0.2
usec
G
Post-equalizing pulse width
50%
2.35
+/- 0.1
usec
I
Sync rise time
200
Max 300
nsec
※Pulse width の tolerance には sync rise time の tolerance 分が加算される場合があります。
MS1113-J-00
2009/08
-33-
[AK8817VQ]
■ レジスタマップ
Address
Register
Default
R/W
Function
0x00
Control 1 Register
0x00
R/W
モード設定レジスタです。
0x01
Control 2 Register
0x00
R/W
モード設定レジスタです。
0x02
VBID/WSS Data 1 Register
0x00
R/W
VBID データの設定を行います。
WSS データの設定を行います。
0x03
VBID/WSS Data 2 Register
0x00
R/W
VBID データの設定を行います。
WSS データの設定を行います。
0x04
Input Control Register
0x00
R/W
標準外入力制御用レジスタです。
0x05
Device ID & Revision ID Register
0x17
R
デバイス ID とリビジョン ID です。
MS1113-J-00
2009/08
-34-
[AK8817VQ]
Control 1 Register (R/W) [Address 0x00]
コントロールレジスタです。
Sub Address 0x00
bit 7
bit 6
DAC
BBG
0
bit 5
CBG
0
0
Control 1 Register Definition
BIT Register Name
bit 0
VMOD
bit 1
bit 4
bit 3
MASMD
WSS
Default Value
0
0
R/W
Video Mode bit
R/W
SCR
Sub-Carrier Reset bit
R/W
bit 2
VBID
VBID Set bit
R/W
bit 3
WSS
WSS Set bit
R/W
bit 4
MASMD
Master Mode bit
R/W
bit 5
CBG
Color Bar Generator bit
R/W
bit 6
BBG
Black Burst Generator
bit
R/W
bit 7
DAC
DAC Set bit
R/W
bit 2
VBID
bit 1
SCR
0
0
Default Value 0x00
bit 0
VMOD
0
Definition
ビデオモードの設定を行います。
0: NTSC
1: PAL
Sub-Carrier の設定を行います。
0: Sub-Carrier のリセットを行います。
1: Sub-Carrier のリセットを行いません。
VBID セットビットです。
0: VBID OFF
1: VBID ON
WSS セットビットです。
0: WSS OFF
1: WSS ON
内蔵カラーバー信号、ブラックバースト信号生成時の同期モー
ドを設定します。
0: 外部の同期タイミングで動作します。
1: 内部自走モードで動作します。(マスターモード)
注)通常データ入力時もマスタモードビットは有効ですが、出力
映像は同期はとれません。
カラーバーの設定を行います。
0: OFF
1: ON
BBG が設定されている場合、BBG が優先されます。
ブラックバースト生成ビットです。
0: OFF
1: ON
DAC の ON/OFF を設定します。
0: DAC OFF
1: DAC ON
MS1113-J-00
2009/08
-35-
[AK8817VQ]
Control 2 Register (R/W) [Address 0x01]
コントロールレジスタです。
Sub Address 0x01
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
0
bit 5
Reserved
0
0
bit 4
bit 3
VAMPMD1
VAMPMD0
Default Value
0
0
Control 2 Register Definition
BIT Register Name
bit 0
PIXRT
bit 1
R/W
Pixel Rate Set bit
R/W
REC656
Rec656 Set bit
R/W
bit 2
SETUP
Setup bit
R/W
bit 3
~
bit 4
VAMPMD0
∼
VAMPMD1
VIdeo Amp Mode Set
bit
R/W
bit 5
~
bit 7
Reserved
Reserved bit
R/W
bit 2
SETUP
0
Default Value 0x00
bit 1
bit 0
REC656
PIXRT
0
0
Definition
ピクセルレートの設定を行います。
0: ITU-R BT.601 データ入力(27.00MHz レート)です。
1: スクエアピクセルデータ入力をします。
NTSC: 24.5454MHz
PAL: 29.50MHz
同期モードの設定を行います。
0: HDI/VDI 入力にて同期を取ります。
1: ITU-R BT.656 データ入力にて同期をとります。
セットアップ設定を行います。
0: セットアップなしです。
1: 7.5IRE セットアップ付きです。
ビデオアンプの動作モードを設定します。
VAMPMD[1:0]
00: Video Amp OFF + サグ補正回路 OFF
01: Video AMP ON + サグ補正回路 ON
10: Video Amp ON + サグ補正未使用
11: Reserved
0 を設定してください。
MS1113-J-00
2009/08
-36-
[AK8817VQ]
VBID/WSS 1 Register (R/W) [Address 0x02]
VBID/WSS 2 Register (R/W) [Address 0x03]
Video ID 及び WSS データの設定を行います。データレジスタは兼用になっています。
NTSC モード時に Control 1 Register の VBID ビットが設定されている場合、VBID データが反映されます。
PAL モード時に Control 1 Register の WSS ビットが設定されている場合、WSS データが反映されます。
Control 1 Register VBID-bit = 1 かつ VMOD-bit = 0 の場合は、次のビットが割り振られます。
Sub Address 0x02
bit 7
bit 6
VBID7
VBID8
0
0
Sub Address 0x03
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
0
0
bit 5
VBID9
0
bit 5
VBID1
0
bit 4
bit 3
VBID10
VBID11
Default Value
0
0
bit 4
bit 3
VBID2
VBID3
Default Value
0
0
bit 2
VBID12
0
bit 2
VBID4
0
default Value 0x00
bit 1
bit 0
VBID13
VBID14
0
0
default Value 0x00
bit 1
bit 0
VBID5
VBID6
0
0
注)Reserved-bit には「0」を Write してください。VBID1•••VIBD14 は「(17) Video ID」の項目中の「VBID Data コード割り
付け」図に記述されている bit1•••bit14 に相当します。bit15•••bit20 までの 6bit の CRC コードは AK8817VQ が自動的に
付加します。なお、データは新しいデータが更新されまるで保持されます。
Control 1 Register WSS-bit = 1 かつ VMOD-bit = 1 の場合は、次のビットが割り振られます。
Sub Address 0x02
bit 7
bit 6
bit 5
bit 4
bit 3
bit 2
G2-7
G2-6
G2-5
G2-4
G1-3
G1-2
Default Value
0
0
0
0
0
0
bit 1
G1-1
Sub Address 0x03
bit 7
bit 6
Reserved
Reserved
default Value 0x00
bit 1
bit 0
G3-9
G3-8
0
0
bit 5
G4-13
0
bit 4
bit 3
G412
G4-11
Default Value
0
0
bit 2
G3-10
0
0
0
default Value 0x00
bit 0
G1-0
0
0
注)WSS データは 0x01、0x02 の順に書き込みます。WSS Data の 2 バイト目(0x02)が書き込まれた時に、AK8817VQ はデ
ータが更新されたと判断し次のビデオライン(Line23)にエンコードします。なお、データは新しいデータが更新されるま
で保持されます。
MS1113-J-00
2009/08
-37-
[AK8817VQ]
Input Control Register (R/W) [Address 0x04]
標準外入力信号制御レジスタ。
Sub Address 0x04
bit 7
bit 6
Reserved
CBCR
0
0
bit 5
VD2
0
同期入力タイミングの調整を行います。
BIT Register Name
HD0
bit 0
~
HDI Input Delay
~
HD2
bit 2
VD0
bit 3
~
VDI Input Delay
~
VD2
bit 5
bit 6
CBCR
bit 7
Reserved
bit 4
VD1
0
bit 3
VD0
0
bit 2
HD2
0
bit 1
HD1
0
default Value 0x00
bit 0
HD0
0
R/W
Definition
R/W
HDI 信号を設定値だけ遅延入力します。
HD[2:0] システムクロックカウント遅延 (+0∼+7CLK 遅延)
R/W
VDI 信号を設定値だけ遅延入力します。
VD[2:0] システムクロックカウント遅延 (+0∼+7CLK 遅延)
Exchange CbCr
R/W
CBCR=1 で Cb,Cr タイミングデータを入れ替えます。
Reserved
R/W
Reserved
MS1113-J-00
2009/08
-38-
[AK8817VQ]
Device ID and Revision ID Register (R) [Address 0x05]
AK8817VQ の Device ID 及び Revision を示します。
AK8817VQ の Device ID は 16 進で 0x17 です。
Revision ID の初版は 0x00 です。
なお、Revision はコントロールソフトウェアの変更を必要とするような場合にのみ変更されます。
Sub Address 0x5
bit 7
bit 6
Rev1
REV0
0
0
bit 5
DEV5
0
Device ID and Revision ID Register Definition
BIT Register Name
DEV0
bit 0
~
Device ID bit
~
DEV2
bit 5
bit 6
~
bit 7
REV0
~
REV2
Revision ID bit
bit 4
DEV4
1
R/W
bit 3
DEV3
0
bit 2
DEV2
1
bit 1
DEV1
1
default Value 0x17
bit 0
DEV0
1
Definition
R
Device ID を示します。
AK8817VQ は 0x17 となります。
R
Revision ID を示します。
Revision ID はソフトウェアの変更が生じる可能性がある場合
にアップデートされます。
0x00 となります。
MS1113-J-00
2009/08
-39-
[AK8817VQ]
■ システム接続例
AK8817VQ
PVDD
HSYNC
VSYNC
D[7:0]
PVDD
SAG
PVSS
HDI
VDI
D[7:0]
1uF
47uF
VOUT
75Ω
CLKIN
Clock
DACOUT
u-P
I2C
SDA
390Ω
SCL
RSTN
PDN
VREF
デジタル 3.0V
0.1uF
DVDD
DVSS
TEST
IREF
ATPG
CLKINV
12kΩ
AVSS
AVDD
アナログ 3.0V
0.1uF
10uF
DVSS AVSS
MS1113-J-00
2009/08
-40-
[AK8817VQ]
■ パッケージ
外形寸法図(48 ピン LQFP)
9.00±0.20
7.00
25
37
24
48
13
7.00
9.00±0.20
36
12
1
0.50
0.10
0゜~ 10゜
M
0.50±0.20
0.10
MS1113-J-00
S
1.60MAX
1.4TYP
1.00
S
0.10±0.07
0.17±0.05
0.19±0.05
2009/08
-41-
[AK8817VQ]
■ マーキング図
AKM
AK8817VQ
XXXXXXX
1
AKM: AKM Logo
AK8817VQ: Marketing Code
XXXXXXX (7 digits): Date Code
MS1113-J-00
2009/08
-42-
[AK8817VQ]
重要な注意事項
●
●
●
●
●
●
本書に記載された製品、および、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更すること
があります。従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社
営業担当、あるいは弊社特約店営業担当にご確認下さい。
本書に掲載された情報・図面の使用に起因した第三者の所有する特許権、工業所有権、その他の権利に
対する侵害につきましては、当社はその責任を負うものではありませんので、ご了承下さい。
本書記載製品が、外国為替および、外国貿易管理法に定める戦略物資(役務を含む)に該当する場合、
輸出する際に同法に基づく輸出許可が必要です。
医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置・機器の故障や動作不良が、
直接または間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極め
て高い信頼性を要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず事前に弊社代表取締役の書面によ
る同意をお取り下さい。
この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ずる損害等の
責任を一切負うものではありませんのでご了承下さい。
お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その使用から損
害等が生じた場合は全てお客様にてご負担または補償して頂きますのでご了承下さい。
MS1113-J-00
2009/08
-43-
Similar pages