AP1158ADS

[AP1158ADS]
AP1158ADS
Active Noise Filter IC
1. 概 要
AP1158ADSは、電源ラインに重畳されたリップルノイズを大幅に低減できるアクティブノイズフィルタ
ICです。少ない部品で入出力電圧差の少ないノイズフィルタを構成できます。入出力電圧差は外部抵抗
によって調整可能です。汎用性の高い5端子SOT23-5パッケージを採用しているため、セットの小型化に
貢献します。
2. 特
長
 少ない部品で、入出力電圧差の少ないノイズフィルタの構築が可能
 出力PNPトランジスタ内蔵
 出力電流
150mA
 優れたリップルリジェクション
 広い入力電圧範囲
 消費電流
66dB at 1kHz
1.8V~14V
65μA at Iout=0mA
 出力On/Offコントロール付(High active)
 短絡保護内蔵
 逆バイアス過電流阻止回路内蔵
 外部からの基準電圧入力により低ノイズLDOレギュレータとしても使用可能
 小型パッケ-ジ
SOT23-5
3.
用
途
 オーディオ機器(カーステレオ)
 画像機器(カーナビ)
015006894-J-00
-1-
2015/05
[AP1158ADS]
4. 目
次
概 要 ............................................................................................................................................................... 1
特 長 ............................................................................................................................................................... 1
用 途 ............................................................................................................................................................... 1
目 次 ............................................................................................................................................................... 2
ブロック図 ....................................................................................................................................................... 3
オーダリングガイド ....................................................................................................................................... 3
ピン配置と機能説明 ....................................................................................................................................... 4
■ ピン配置............................................................................................................................................................ 4
■ 機能説明............................................................................................................................................................ 4
8. 絶対最大定格 ................................................................................................................................................... 5
9. 推奨動作条件 ................................................................................................................................................... 5
10. 電気的特性 ....................................................................................................................................................... 6
■ 電気的特性(Ta=Tj=25C) ........................................................................................................................... 6
■ 電気的特性(Ta= -40~85C)....................................................................................................................... 7
11. 動作説明 ........................................................................................................................................................... 8
11.1
DC特性 .................................................................................................................................................. 8
11.2
DC温度特性 ........................................................................................................................................ 10
11.3
Ripple Rejection ............................................................................................................................... 12
11.4
出力ノイズ .......................................................................................................................................... 13
11.5
Transient Response ............................................................................................................................... 14
11.6
出力コンデンサ .................................................................................................................................. 15
11.7
出力トランジスタの能力とVdropの設定 ........................................................................................ 16
11.8
低リップル低ノイズ システム出力 ................................................................................................. 17
11.9
DC-DCコンバータ出力リップルノイズの低減.............................................................................. 18
11.10 モーターノイズの低減 ...................................................................................................................... 18
11.11 電圧 - 電力変換 ................................................................................................................................... 19
11.12 SW切り替えスピード ........................................................................................................................ 19
12. 用語の定義 ..................................................................................................................................................... 20
13. Test Circuit....................................................................................................................................................... 21
14. パッケージ ..................................................................................................................................................... 22
■ 外形寸法図...................................................................................................................................................... 22
15. 改訂履歴 ......................................................................................................................................................... 23
重要な注意事項 ..................................................................................................................................................... 24
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
015006894-J-00
-2-
2015/05
[AP1158ADS]
5. ブロック図
Vin
Vout
FIL
Constant
Current
Source
Cont
GND
6. オーダリングガイド
AP1158ADS
015006894-J-00
-40 ~85℃
SOT23-5
-3-
2015/05
[AP1158ADS]
7. ピン配置と機能説明
VOUT
COnt
■ ピン配置
5
4
1
2
3
VIn
GND
FIL
(Top view)
■ 機能説明
番号
名称
等価回路
説明
1
Vin
-
入力端子
1μF以上の容量をGND端子間に接続し
て下さい。
2
GND
-
GND接地端子
Vin
Vout
フィルター端子
FIL
3
3
出力電圧設定抵抗(Rfil)をVin間に、フィ
ルター容量(Cfil)をGND間に接続しま
す。
FIL
Vcont
4
4
On/Offコントロール端子
Vcont > 1.8V : 出力On
Vcont < 0.4V : 出力Off
300k
Cont
400k
Vin
5
プルダウン抵抗(400kΩ)を内蔵していま
す。
Vout
5
Vout
1μF以上の容量をGND端子間に接続し
て下さい。
FIL
015006894-J-00
出力端子
-4-
2015/05
[AP1158ADS]
8. 絶対最大定格
Parameter
電源電圧
出力端子逆バイアス
FIL端子電圧
コントロール端子電圧
動作時最大接合温度
保存温度範囲
許容消費電力
Symbol
Vin
Vrev
VNP
VCont
Tj
TSTG
min
-0.4
-0.4
-0.4
-0.4
-55
max
16
8
16
16
150
150
Unit
V
V
V
V
C
C
PD
-
500
mW
Condition
Vout-Vin
基板実装時
(Note 1)
Note 1. 25℃以上では 4mW/Cでディレーティングをして下さい。熱抵抗JA= 250C /W。
注意: この値を超えた条件で使用した場合、デバイスを破壊することがあります。また通常の動作は保
証されません。
9. 推奨動作条件
Parameter
動作周囲温度
動作電圧範囲
015006894-J-00
Symbol
min
typ
max
Unit
Ta
VOP
-40
2.1
-
85
14
C
V
-5-
Condition
2015/05
[AP1158ADS]
10. 電気的特性
■ 電気的特性(Ta=Tj=25C)
限界値の記載されている項目は Ta=Tj=25C に対して適用されます。
( Vin=2.5V, Vcont=2V, Rfil=390kΩ, Cin=1μF, Cfil=4.7μF, Cout=1μF, unless otherwise specified.)
Parameter
Symbol
Condition
min
typ
max Unit
Iin
Iout = 0mA
65
100
μA
消費電流
Istandby Vin = 8V, Vcont = 0V
0.1
100
nA
スタンバイ電流
Iout
150
mA
出力電流
IoutMAX Voutが(Vouttyp0.9)時
360
mA
最大出力電流 (Note 2) (Note 5)
LoaReg Iout = 1 ~ 100mA
6
20
mV
ロードレギュレーション
Irev
Vin = 0V, Vcont=0V, Vout=8V
0.1
100
nA
逆バイアス電流
Isink
0.5
0.6
0.72
μA
FIL端子Sink電流
FIL端子電圧 = Vin - 0.3V
誤差アンプ
Verror
Iout = 30mA
20
40
60
mV
入力オフセット電圧
コントロール端子
Icont
Vcont = 2.0V
4.5
8.0
μA
コントロール電流
コントロール電圧
リップルリジェクション
(Note 3)
出力ノイズ(Note 4) (Note 5)
Vcont
R.R.
-
Vout ON state
Vout OFF state
Iout = 30mA
Ripple
Noise=200mVp-p(@1kHz)
at 1kHz
1.8
-
-
V
-
-
0.4
V
55
66
-
dB
-
60
-
nV/
√Hz
Note 2. 最大電流値は許容消費電力に制限されます。
Note 3. リップルリジェクションは、抵抗により設定された入出力電圧差とコンデンサの値, 特性に依
存します。抵抗値のバラツキとコンデンサ容量値のバラツキを考慮して下さい。Rfil, Cfilはセ
ットの要求する条件に合わせ変えてください。上記値は測定上の一例です。
Note 4. リップルノイズがない場合の出力ノイズです。半導体集積回路のため製品自体からもノイズを
発生します。
Note 5. typ値のみの項目は参考値です。
015006894-J-00
-6-
2015/05
[AP1158ADS]
■ 電気的特性(Ta= -40~85C)
限界値の記載されている項目は Ta=Tj= -40~85C に対して適用されます。
(Vin=2.5V, Vcont=2V, Rfil=390kΩ, Cin=1μF, Cfil=4.7μF, Cout=1μF, unless otherwise specified.)
Parameter
Symbol
Condition
min
typ
max Unit
Iin
Iout = 0mA
65
120
μA
消費電流
Istandby Vin = 8V, Vcont = 0V
0.1
500
nA
スタンバイ電流
Iout
150
mA
出力電流
IoutMAX Voutが(Vouttyp0.9)時
360
mA
最大出力電流 (Note 6) (Note 9)
LoaReg Iout = 1 ~ 100mA
6
55
mV
ロードレギュレーション
Irev
Vin = 0V, Vcont=0V, Vout=8V
0.1
2000
nA
逆バイアス電流
Isink
0.4
0.6
0.84
μA
FIL端子Sink電流
FIL端子電圧 = Vin - 0.3V
誤差アンプ入力オフセット電
Verror
Iout = 30mA
-30
40
110
mV
圧
コントロール端子
Icont
Vcont = 2.0V
4.5
10
μA
コントロール電流
コントロール電圧
リップルリジェクション
(Note 7)
出力ノイズ(Note 8) (Note 9)
Vcont
R.R.
-
Vout ON state
Vout OFF state
Iout = 30mA
Ripple
Noise=200mVp-p(@1kHz)
at 1kHz
1.8
-
-
V
-
-
0.4
V
40
66
-
dB
-
60
-
nV/
√Hz
Note 6. 最大電流値は許容消費電力に制限されます。
Note 7. リップルリジェクションは、抵抗により設定された入出力電圧差とコンデンサの値, 特性に依
存します。抵抗値のバラツキとコンデンサ容量値のバラツキを考慮して下さい。Rfil, Cfilはセ
ットの要求する条件に合わせ変えてください。上記値は測定上の一例です。
Note 8. リップルノイズがない場合の出力ノイズです。半導体集積回路のため製品自体からもノイズを
発生します。
Note 9. typ値のみの項目は参考値です。
015006894-J-00
-7-
2015/05
[AP1158ADS]
11.
動作説明
11.1 DC特性
測定条件(指定の無い場合) :
Vin=2.5V, Vcont=2V, Rfil=390kΩ, Cin=1μF, Cfil=4.7μF, Cout=1μF, Iout=5mA
■ 誤差AMPオフセット電圧
1.0
100
0.9
90
0.8
80
0.7
70
Voffset [ mV ]
Isink [ μA ]
■ フィルター端子 Sink電流
0.6
0.5
0.4
0.3
0.2
0.1
60
50
40
30
20
10
0.0
0
0
2
4
6
8 10 12 14 16 18 20
0
2
4
6
Vin [ V ]
Vin [ V ]
■ 入力電流(Iout=0mA)
400
100
380
90
360
80
340
70
320
60
Iin [ μA ]
Vdrop [ mV ]
■ 入出力電圧差
300
280
260
50
40
30
240
20
220
10
200
0
0
2
4
6
8 10 12 14 16 18 20
0
2
4
Vin [ V ]
8 10 12 14 16 18 20
■ 無効電流
30
16
20
14
10
12
0
-10
Ignd
[ m ]
Vdrop(mV)
Vdrop(mV)
6
Vin [ V ]
■ 負荷変動
∆Vdrop [ mV ]
8 10 12 14 16 18 20
-20
-30
-40
-50
10
8
6
4
2
-60
-70
0
0
50
100
150
200
250
300
0
Iout(mA)
Iout [ mA ]
015006894-J-00
50
100
150
200
250
300
Iout [ mA ]
-8-
2015/05
[AP1158ADS]
■ 出力Onポイント
■ コントロール電流
5.0
3.5
3.0
2.5
2.0
1.5
3.0
2.5
2.0
1.5
1.0
Icont [ A ]
3.5
Vout(V)
4.0
Vout [ V ]
60
55
50
45
40
35
30
25
20
15
10
5
0
5.0
4.5
4.0
4.5
1.0
0.5
0.0
0.5
0.0
0.0
0.5
1.0
1.5
2.0
6.0
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
0.0
0
2
4
6
Vcont [ V ]
Vcont [ V ]
■ 逆バイアス電流
1.E-04
1.E-04
1.E-05
1.E-05
1.E-06
1.E-06
1.E-07
1.E-07
Irev [ A ]
Istandby [ A ]
■ スタンバイ電流
1.E-08
1.E-09
1.E-10
1.E-08
1.E-09
1.E-10
1.E-11
1.E-11
0
2
4
6
8 10 12 14 16 18 20
0
2
4
6
Vin [ V ]
■ 最大出力電流 (Vin)
3.0
IoutMAX[mA]
Vout [V]
2.5
2.0
1.5
1.0
0.5
0.0
100
200
300
400
500
450
400
350
300
250
200
150
100
50
0
0
500
Iout[mA]
015006894-J-00
8 10 12 14 16 18 20
Vrev [ V ]
■ 最大出力電流
0
8 10 12 14 16 18 20
5
10
15
20
Vin[V]
-9-
2015/05
[AP1158ADS]
11.2 DC温度特性
測定条件(指定の無い場合): Vin=2.5V, Vcont=2V, Rfil=390kΩ, Cin=1μF, Cfil=4.7μF, Cout=1μF, Iout=5mA
■ 誤差AMPオフセット電圧
1.0
50
0.9
45
0.8
40
0.7
35
Voffset [ mV ]
Isink [ A ]
■フィルター端子 Sink電流
0.6
0.5
0.4
0.3
0.2
0.1
25
20
15
10
5
0.0
0
-40
-20
0
20
40
Ta(ーC)
Ta [ C
60
80
100
-40
-20
0
Ta(ーC)
]
■ 入出力電圧差
20
40
60
80
100
60
80
100
Ta [ C ]
■ 入力電流(Iout=0mA)
300
100
295
90
290
80
285
70
280
60
Icc [ A ]
Vdrop [ mV ]
30
275
270
265
50
40
30
260
20
255
10
250
0
-40
-20
0
20
40
Ta(ーC)
Ta [ C
60
80
100
-40
-20
0
20
40
TaTa(ーC)
[ C ]
]
■ 負荷変動
■ 無効電流
9
-5
8
-10
7
-15
6
Ignd [ m ]
∆Vdrop [ mV ]
10
0
-20
-25
Iout = 200 , 100 , 50 , 30 mA
-30
Iout = 150 , 100 , 50 , 30 mA
5
4
3
-35
2
-40
1
-45
0
-40
-50
-40
-20
0
20
Ta [40C ]60
80
-20
0
20
40
60
80
100
TaTa(ーC)
[ C ]
100
Ta(ーC)
015006894-J-00
- 10 -
2015/05
[AP1158ADS]
■ 出力Onポイント
■ コントロール電流
30
2.0
1.8
25
1.6
Vcont = 2 , 4 , 6 V
20
1.2
Icont [ A ]
Vout [ V ]
1.4
1.0
0.8
0.6
0.4
15
10
5
0.2
0.0
0
-40
-20
0
20
40
60
Ta(ーC)
Ta [ C
]
40
80
80
100
-40
-20
0
20
Ta(ーC) Ta
40
60
80
100
[ C ]
■ 最大出力電流
500
450
IoutMax [ mA ]
400
350
300
250
200
150
100
50
0
-40
-20
0
20
60
100
Ta(ーC)
Ta [ C ]
015006894-J-00
- 11 -
2015/05
[AP1158ADS]
11.3
Ripple Rejection
測定条件(指定の無い場合): Vin=2.5V, Vcont=2V, Ripple Noise=200mVp-p, Rfil=390kΩ, Cin=1μF,
Cfil=4.7μF, Cout=1μF, Iout=30mA
RR [ dB ]
0
Cfil=0.1, 1.0, 4.7μF
-10
-20
Vin
Vout
FIL
Cont
200mVp-p ~ 390kΩ
-30
-40
1μF
xx μF
-50
GND
30mA
2V
-60
-70
-80
-90
-100
10
100
1k
10k
100k
1M
Frequency [ Hz ]
■ RR vs Iout ( Freq = 1kHz )
0
-10
-10
-20
-20
R.R.(dB)
0
-30
-30
RR [ dB ]
RR [ dBR.R.(dB)
]
■ RR vs Ripple Noise ( Freq = 1kHz )
-40
-50
-40
-50
-60
-60
-70
-70
-80
-80
0
200
400
600
800
1000
0
Ripple Noise Level [ mVp-p ]
50
100
150
200
Iout [ mA ]
■ RR vs Vin
0
-10
-20
RR [ dB ]
-30
-40
-50
-60
-70
-80
0
2
4
6
8
10
12
14
16
Vin [ V ]
015006894-J-00
- 12 -
2015/05
[AP1158ADS]
11.4 出力ノイズ
測定条件(特に指定の無い場合): Vin=2.5V, Vcont=2.0V, Rfil=390kΩ, Cin=1μF, Cfil=4.7μF, Cout=1μF,
Iout=30mA
■ Output Noise vs Vin
50
50
40
40
Noise [ uVrms ]
Noise [ uVrms ]
■ Output Noise vs Iout
30
20
10
0
30
20
10
0
0
50
100
150
200
0
Iout [ mA ]
2
4
6
8
10
12
14
16
Vin [ V ]
■ Output Noise Density
Noise [ uV/√Hz ]
1
Cfil=1.0μF
Cfil=0.1μF
0.1
0.01
100
1k
10k
100k
Frequency [ Hz ]
015006894-J-00
- 13 -
2015/05
[AP1158ADS]
11.5 Transient Response
測定条件(指定の無い場合): Vin=2.5V, Vcont=2V, Rfil=390kΩ, Cin=1μF, Cfil=4.7μF, Cout=1μF, Iout=30mA
 コントロール端子による立ち上り
 電源電圧による立ち上り
2.5V
2V
V
c
0V
o
n
Cout=1.0μF t 2.2μF4.7μF
0V
V
i
n
Cfil=1.0μF  2.2μF4.7μF
V
o
u
t
V
o
u
t
1V
1V
10μsec
1sec
 負荷変動による出力電圧変動
30mA
0 or 1 mA
I
o
u
t
0  30 mA 500mV/div
V
o
u 100mV/div
1  30 mA
t
100μse
c
015006894-J-00
- 14 -
2015/05
[AP1158ADS]
11.6
出力コンデンサ
安定した動作を得る為、出力側コンデンサが必要です。これが無いとAP1158ADSは発振します。出力
側コンデンサは、容量値と共に直列等価抵抗(ESR)が安定動作領域の範囲内にあるもの、或いは範囲内
に入るようにして下さい。下記グラフを参照し、最適な特性のコンデンサを選定下さい。出力の容量値
は1μF以上を推奨しますが、 0.22μF以上でESRが6Ω以下のコンデンサ(セラミック or タンタル)も使用で
きます。コンデンサの容量値, ESR値は、メーカーや製品によりバラツキがあります。それに加え、セ
ラミックコンデンサは電圧依存性の大きい物が有り、高電圧ほど容量が減少します。使用電圧範囲で安
定動作する容量値の選択を御願いします。コンデンサは、システム内部で予想される全温度 全電圧 範
囲で、ICが安定動作する最低値以上の定格でなければいけません。
ESR [ Ω ]
ESR [ Ω ]
Cout = 0.22μF
100
100
10
10
1
1
Cout = 1.0μF
安定動作領域
安定動作領域
0.1
0.1
0.01
0.01
0
50
100
150
Iout [ mA ]
200
0
50
100
150
Iout [ mA ]
200
Figure 1. 定動作領域
015006894-J-00
- 15 -
2015/05
[AP1158ADS]
出力トランジスタの能力とVdropの設定
11.7
0
0
50
50
100
100
150
150
Vsat [ mV ]
Vsat [ mV ]
Figure 2はAP1158ADSに内蔵されているパワートランジスタの能力を示しています。AP1158ADSの入出
力間電圧差を300mVに設定した場合、最大250mAの負荷電流を引く事が可能といえます。ただし、これ
はリップルノイズを考慮に入れていない場合の電流値です。リップルノイズを考慮した場合は、負荷電
流値はより小さくなります。Figure 3に示すようなリップルノイズが電源に入った時、負荷電流の最大
が150mAと小さくなります。
200
250
300
350
200
250
300
350
400
400
450
450
500
500
Ripple Noise
0
50
100
150
200
250
300
0
Iout [ mA ]
50
100
150
200
250
300
Iout [ mA ]
Figure 2. (左)内蔵Power-Trの能力、(右)リップルノイズが入った場合
500
20
450
10
400
0
350
-10
∆Vdrop [ mV ]
Vdrop [ mV ]
使用する電流が少ない場合、Rfilを小さくして入出力間電圧差を少なくする事が可能です。RfilとVdrop
の関係はFigure 3の通りです。ただし、入出力間電圧差を少なくすると、図に示すように負荷安定度の
特性が低下します。
300
250
200
150
100
50
-20
-30
390kΩ
-40
-50
300kΩ
-60
200kΩ
-70
0
(Rfil)
510kΩ
100kΩ
-80
0
200k
400k
600k
800k
0
Rfil [ Ω ]
50
100
150
200
250
300
Iout [ mA ]
Figure 3. (左)Vdrop vs Rfil(Iout=5mA)、(右)負荷安定度(Rfil変化)
015006894-J-00
- 16 -
2015/05
[AP1158ADS]
11.8
低リップル低ノイズ システム出力
Input
Output 1
6
5
4
Vin
GND
Vout
AP1158ADS
Vin
AP1152ADS
AP1152ADU
Rfil
390k
Vcont
GND
Np
1
2
3
3.0V
InputのDCレベルによって、リップル
除去効果が変化します。
Cfil
4.7F
Output1とほぼ同等のリップル除去効
果があります。DCレベルはInputの電
圧によって変動します。
リップル除去効果は、InputのDCレベ
ルに依存しません。
1F
GND
FIL
Input-∆V*
Output 2
Vout
Cont
AP1158ADS
Vin
Rfil
390k
Output1より更に低リップル,低ノイズ
出力となります。
1F
GND
FIL
Output1-∆V*
Output 3
Vout
Cont
*∆V = Rfil  0.6μA + Voffset ( Typ:40mV)
Cfil
4.7F
Figure 4.低リップル低ノイズシステム出力
0.2V/div 25μs/div
5mV/div 25μs/div
5mV/div 25μs/div
5mV/div 25μs/div
Input
Output 1
Output 2
Output 3
Figure 5. Input Voltage : 3.55V + Ripple Noise 時の各端子波形
0.2V/div 25μs/div
5mV/div 25μs/div
5mV/div 25μs/div
5mV/div 25μs/div
Input
Output 1
Output 2
Output 3
Figure 6. Input Voltage : 3.35V + Ripple Noise 時の各端子波形
015006894-J-00
- 17 -
2015/05
[AP1158ADS]
11.9
DC-DCコンバータ出力リップルノイズの低減
下図の様に、DC-DCコンバータの後段に接続することによって、DC-DCコンバータのリップルノイズ
を除去する事が出来ます。
L
AP1158ADS
Vin
4.7F
DC-DC
converter
SBD
Rfil
390k
R2
Output2
GND
FIL
10F
Vout
Cont
Cfil
4.7F
R1
Output 1
Figure 7.DC-DCコンバータ出力リップルノイズの低減
50mV/div 250ns/div
50mV/div 250ns/div
Output 1
Output 2
Figure 8.出力リップルノイズ
11.10 モーターノイズの低減
電池電圧からの高い電圧が欲しいがモーターノイズを低減したい場合
リップルの大きい電圧
AP1158ADS
AP1158A
DS
Vin
Rfil
M
リップルの極少ない電圧
出力電圧は電池電圧よりも
ΔVだけ低くなります。
ΔV(Rfil により設定可)
Cfil
Figure 9.モーターノイズの低減
015006894-J-00
- 18 -
2015/05
[AP1158ADS]
11.11
電圧 - 電力変換
AP1158ADS
DAコンバータ
直流電圧出力
DAコンバータ出力と同じ電
圧出力となります。
AP1158A
DS
Vin
C
Figure 10.電圧‐電力変換
11.12 SW切り替えスピード
ICに電源を印加します。この状態で、Cont端子をon/offした方が高速で動作します。この場合にはフィ
ルターの時定数に関係なく高速で切り替わります。
[出力側コンデンサを換えた場合のon/offスピード]
Cfil=4.7μF, Rfil=390kΩ, Vin=2.5V, Iout=10mA
電源を直接 on/off する場合、Cfilの容量をチャージするための時間が掛かります。立ち上がりを早くする
にはCfil容量を小さくする事で、フィルターの時定数を小さくしてください。4.7μFは目安であり絶対条
件では有りません。セットにおけるリップル量 , 周波数に合わせ最適な特性にしてください。尚、抵抗
と並列にダイオードを接続する事でも早くなります。電圧降下分はダイオードのVfの1/2が目安です。
[Cfilへのチャージ時間]
Rfil=390kΩ , Cfil=4.7μFの場合
t=5  Cfil  Rfil = 5  390  103 470  10-6 = 9.25 sec
AP1158ADS
AP1158A
DS
AP1158A
DS
AP1158ADS
Figure 11.SW切り替え回路
2V
Vcont
0V
Vout
V
c
o
Cout=1.0μF  2.2μF4.7μF
n
t
V
o
u
t
1V
10μsec
Figure 12.出力側コンデンサ容量を増やした場合のon/offスピード
015006894-J-00
- 19 -
2015/05
[AP1158ADS]
12. 用語の定義
・FIL端子Sink電流
TYP=0.6μAで電流をSinkしています。この電流と外部抵抗との積 + オフセット電圧が、入出力電圧差
と成ります。最大リップルノイズの振幅値以下の設定にしますと十分な低減効果は得られません。標準
はRfil=390kΩ (Vdrop=274mV)です。 Vdrop = Rfil  0.6μA + Voffset (typ:40mV)
· 入出力電圧差(Vdrop)
Vin - FIL端子間の抵抗にて設定します。使用電圧にゆとりが有る場合、あるいはリップルノイズが大き
い場合にはVdropを大きく設定して下さい。Vdropは使用電圧のミニマムで、且つリップルノイズと使用
電流の最大で設定してください。
· on / offコントロ-ル
AP1158ADSはHigh onです。
Cont端子を GNDレベルにする事で入力電流はpAレベルまで減少します(動作は停止)。もし、負荷電流
が零ならば(即ち、負荷インピーダンスが非常に大きいならば)出力側コンデンサの電荷は、長い間チャ
ージされたままと成ります。この為、on / offの切り替えを負荷側と同時に行えばコンデンサのチャージ
電荷は失われなくなります。on / offコントロ-ルを使用しない時には、この端子をVinへ接続して下さ
い。必要に応じ直列に抵抗を接ぎ、コントロール電流を減らすことも可能です。
コントロール端子には約300kΩの直列抵抗とプルダウン抵抗が接続されています。この為、直列抵抗を
使用した場合に制御電流は減少しますが、on / off の切り替え電圧は高い方へずれます。
この端子にヒステリシスは設定してありません。on - offの中間値はノイズを増幅することが有ります。
High or Lowレベルを確実に入力してください。
· リップル除去比(R.R.)
入力電圧を2.5V , 出力電流を30mAとし、1kHz, 200mVp-pの交流波形を電源電圧に重畳させ、この波形
が出力に現れる電圧と入力電圧との比を測定します。標準測定条件はCin=0.1μF, Cout=1μF, Cfil=4.7μF,
Rfil=390kΩ(Vdrop=274mV)とします。
低周波リップル除去比を向上させるには、Rfilを大きくとる(Vdropを大きくする)こととCfilを大きくす
ることです。
リップルリジェクションは設定された入出力電圧差とコンデンサの値 , 特性に依存します。
抵抗値のバラツキ、コンデンサ容量値のバラツキを考慮して下さい。
Rfil=390kΩ , Cfil= 4.7μFはセットの要求する条件に合わせ変えてください。上記の値は一例です。
· On / Offスピード
電源入力は加えたままCont端子をon / offさせる事で、高速動作します。電源を他のSW機能により立ち
上げた場合では、フィルターの時定数の為非常に遅くなります。標準接続定数は目安です。フィルター
の時定数を小さく(Cfilを小さく)する事で早く立ち上がります。Rfilと並列にダイオードを接続すれば立
ち上がりが早くなります。
· 瞬間最大出力電流 (Iout MAX)
入力電圧を(2.5V)とし、この時に得られた出力電圧が負荷電流を流す事により、出力電圧が10%低下し
た時の出力電流です。この測定は、IC温度の影響が無いように、短時間で測定されます。
· 逆バイアス電流 (Irev)
Vin端子, Cont端子をGNDレベルとし、Vout端子に8Vを印加した時にVout端子に流れる電流です。
· 無効電流(Ignd)
負荷電流を流す事によりGND端子に流れる電流。(入力電流-出力電流)で測定されます。
015006894-J-00
- 20 -
2015/05
[AP1158ADS]
13. Test Circuit
1
A
Iin
Rfil
390k
Vin
Vin
2
GND
3
FIL
Vout
5
Cout
1F
Iout V
Vout
A Isink
Cin
1F
Cont
Cfil
4.7F
4
A
Icont
Vcont
Figure 13.Test Circuit
015006894-J-00
- 21 -
2015/05
[AP1158ADS]
14. パッケージ
■
外形寸法図
(Unit: mm)
Mark
Lot No.
5
4
1
1.6 0.1
+0.2
R33
xxx
3
0.4 +
 0.1
0.95
0.95
015006894-J-00
+0.10
0.125 0.05
0 ~0.15
1.1 +
 0.1
 0.2
2.9 +
- 22 -
+0.2
2.8 0.3
0.4 +
 0.2
2015/05
[AP1158ADS]
15. 改訂履歴
Date
(YY/MM/DD)
15/05/26
015006894-J-00
Revision
00
Page
-
Contents
初版
- 23 -
2015/05
[AP1158ADS]
重要な注意事項
0. 本書に記載された弊社製品(以下、「本製品」といいます。)、および、本製品の仕様につ
きましては、本製品改善のために予告なく変更することがあります。従いまして、ご使用を
検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営業担当、あるいは弊社
特約店営業担当にご確認ください。
1. 本書に記載された情報は、本製品の動作例、応用例を説明するものであり、その使用に際し
て弊社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うも
のではありません。お客様の機器設計において当該情報を使用される場合は、お客様の責任
において行って頂くとともに、当該情報の使用に起因してお客様または第三者に生じた損害
に対し、弊社はその責任を負うものではありません。
2. 本製品は、医療機器、航空宇宙用機器、輸送機器、交通信号機器、燃焼機器、原子力制御用
機器、各種安全装置など、その装置・機器の故障や動作不良が、直接または間接を問わず、
生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて高い信頼性を
要求される用途に使用されることを意図しておらず、保証もされていません。そのため、別
途弊社より書面で許諾された場合を除き、これらの用途に本製品を使用しないでください。
万が一、これらの用途に本製品を使用された場合、弊社は、当該使用から生ずる損害等の責
任を一切負うものではありません。
3. 弊社は品質、信頼性の向上に努めておりますが、電子製品は一般に誤作動または故障する場
合があります。本製品をご使用頂く場合は、本製品の誤作動や故障により、生命、身体、財
産等が侵害されることのないよう、お客様の責任において、本製品を搭載されるお客様の製
品に必要な安全設計を行うことをお願いします。
4. 本製品および本書記載の技術情報を、大量破壊兵器の開発等の目的、軍事利用の目的、ある
いはその他軍事用途の目的で使用しないでください。本製品および本書記載の技術情報を輸
出または非居住者に提供する場合は、「外国為替及び外国貿易法」その他の適用ある輸出関
連法令を遵守し、必要な手続を行ってください。本製品および本書記載の技術情報を国内外
の法令および規則により製造、使用、販売を禁止されている機器・システムに使用しないで
ください。
5. 本製品の環境適合性等の詳細につきましては、製品個別に必ず弊社営業担当までお問合せく
ださい。本製品のご使用に際しては、特定の物質の含有・使用を規制するRoHS指令等、適
用される環境関連法令を十分調査のうえ、かかる法令に適合するようにご使用ください。お
客様がかかる法令を遵守しないことにより生じた損害に関して、弊社は一切の責任を負いか
ねます。
6. お客様の転売等によりこの注意事項に反して本製品が使用され、その使用から損害等が生じ
た場合はお客様にて当該損害をご負担または補償して頂きますのでご了承ください。
7. 本書の全部または一部を、弊社の事前の書面による承諾なしに、転載または複製することを
禁じます。
015006894-J-00
- 24 -
2015/05
Similar pages