AK6512CAM

ASAHI KASEI
[AK6512CA]
AK6512CA
SPI バス対応 64Kbit EEPROM
特
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
長
電気的書換え可能な、不揮発性メモリ
単一電源動作(動作電源電圧:1.8V~5.5V)
64Kbit 8192 ワード×8 ビット構成
インタフェース:SPI バス(0, 0),(1, 1)に対応
高速動作(10MHz:VCC=4.5V~5.5V)
低消費電力
待機時
0.8 µA
max.
書き換え回数:100 万回/アドレス
データ保持 :10 年
優れた機能
32 バイトのページ・ライト可能
ブロック毎のライトプロテクト機能
自動 消去/書き込みサイクル(5ms max.)
ハードウェア、ソフトウェアによる誤書き込み防止機能
小容量のデータ記憶に最適
低コストで実装効率の優れた 8 ピンパッケージ(SSOP, SONW)
SO
DATA
REGISTER
SI
INSTRUCTION
REGISTER
INSTRUCTION
DECODE,
CONTROL
AND
CLOCK
GENERATION
R/W AMPS
AND
AUTO ERASE
ADD.
BUFFERS
DECODER
EEPROM
64Kbit
8192 ×8
CS
VPP SW
SCK
HOLD
VREF
VPP
GENERATOR
STATUS REGISTER
WP
ブロック図
DAP03J-00
2005/01
- 1 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
機
能
概
要
AK6512CA は 8192 ワード×8 ビット構成の、64K ビット不揮発性メモリです。それぞれのワードご
とに独立に、読み出し、書き込みの操作ができます。
AK6512CA は、単一電源(1.8V~5.5V)で動作し、書き込み動作に必要な高電圧は、デバイス内部
で発生させています。
AK6512CA のシリアルインタフェースは、CS ピン、SCK ピン、SI ピン、SO ピンによって制御され
ます。データの入出力はシリアルクロック SCK に同期しており、クロックの立ち上がりエッジでデー
タは取り込まれ、クロックの立ち下がりエッジでデータは出力されます。
命令には READ(読み出し)、WRITE(書き込み)、WREN(書き込み許可)、WRDI(書き込み
禁止)、RDSR(ステータス・レジスタ読み出し)、WRSR(ステータス・レジスタ書き込み)の 6 種
類があり、それぞれ 8 ビット単位で構成されるオペコード、アドレス、及びデータによって構成され
ます。各命令は CS ピンを"H"から"L"にすることにより受け付けられます。
又、AK6512CA は、16Kbit/Block 毎の書き込み禁止ブロック設定機能、WP ピンによる誤書き込み防止
機能、HOLD ピンによるデータ転送中断機能、などを備えています。
■ ピン配置
AK6512CAM
CS
SO
WP
GND
1
2
3
4
8
7
6
5
AK6512CAL
VCC
HOLD
SCK
SI
CS
SO
WP
GND
8pin SSOP
SCK
8
7
6
5
HOLD
SCK
SI
機能
チップセレクト入力
シリアルクロック入力
SI
シリアルデータ入力
SO
シリアルデータ出力
WP
ライトプロテクト入力
HOLD
VCC
8pin SONW
ピン名称
CS
1
2
3
4
ホールド入力
VCC
電源
GND
グランド
■ 製品の種類
製品名
AK6512CAM
AK6512CAL
電源電圧
1.8V~5.5V
1.8V~5.5V
動作温度範囲
-40℃~+85℃
-40℃~+85℃
DAP03J-00
パッケージ
8 ピン SSOP
8 ピン SONW
2005/01
- 2 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
■ データ転送について
クロックを出力するICは"マスター"と呼ばれ、クロックを受け取るICは"スレーブ"と呼ばれま
す。AK6512CA はスレーブとして動作し、SI ピンからデータが取り込まれ、SO ピンからデータを出
力します。データは MSB ファーストで転送されます。
CS ピンが"H"から"L"になると、AK6512CA はクロック(SCK)の立ち上がりエッジで SI ピンから
データを取り込みます。CS ピンが"H"の時、SI ピンのデータは取り込まれず、SO ピンは Hi-Z です。
命令は 8 ビット単位で構成され、オペコード、アドレス、データで構成されます。無効なオペコー
ドが入力された場合、AK6512CA はそのオペコードを無視し、その後のデータを取り込みません。こ
の時、SO ピンは Hi-Z であり、次の命令を入力する場合には、一度、CS ピンを"H"にした後、新たに
命令を入力して下さい。
■ 命令中断機能
AK6512CA は、HOLD ピンを備えており、データ転送を中断させることができます。
SCK="L"で HOLD ピンが"H"から"L"になるとデータ転送は中断され、SCK="L"で HOLD ピンが
"L"から"H"になるとデータ転送は再開されます。中断中、SCK ラインにクロックを入力することが可
能です。
■ WP ピンによる誤書き込み防止機能
AK6512CA はステータスレジスタを備えており、ステータスレジスタ中の WPEN ビットが"1"の場
合には WP 機能は有効になります。WPEN ビットが"1"で WP ピン="L"の場合、ステータスレジスタへ
の書き込み命令は実行されません。CS ピン="L"でステータスレジスタへの書き込み命令を入力してい
る間に WP ピンが"L"になった場合、ステータスレジスタへの書き込み動作は実行されません。又、内
部プログラミング動作中に WP ピンが"L"になった場合には、この内部プログラミング動作は影響を受
けず、ステータスレジスタへの書き込み動作は実行されます。
WPEN ビットが"0"の場合には WP ピン機能は無効になります。この機能により、WP ピン="L"に固
定されるシステムでも、ステータスレジスタへの書き込みを実行することが可能です。
又、WP ピンが"H"の時、読み出し動作、書き込み動作は通常通り実行することができます。
DAP03J-00
2005/01
- 3 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
ピ
ン
機
能
○ CS(チップセレクト入力)
CS ピンが"H"から"L"になると、AK6512CA はクロック(SCK)の立ち上がりエッジで
SI ピンからデータを取り込みます。CS ピンが"H"の時、SI ピンのデータは取り込まれず、
SO ピンは Hi-Z です。
○ SCK(シリアルクロック入力)
データの入出力はシリアルクロック SCK に同期しており、クロックの立ち上がりエッジ
でデータは取り込まれ、クロックの立ち下がりエッジでデータは出力されます。
○ SI(シリアルデータ入力)
オペコード、アドレス、書き込むデータが入力されます。
○ SO(シリアルデータ出力)
EEPROM メモリアレイのデータ、ステータスレジスタのデータが出力されます。
○ WP(ライトプロテクト入力)
ステータスレジスタへの書き込みを制御するピンです。
ステータスレジスタ中の WPEN ビットが"0"の場合には WP ピン機能は無効になります。
この場合、ステータスレジスタの WEN ビットが"1"であれば、WP ピンの状態に関わらず、
ステータスレジスタへの書き込み命令は実行されます。
WPEN ビットが"1"の場合には WP 機能は有効になります。WPEN ビット="1"で、
WP ピン="L"の場合、ステータスレジスタへの書き込み命令は実行されません。
WPEN ビット="1"の場合でも WP ピン="H"で、WEN ビットが"1"であれば、ステータスレ
ジスタへの書き込み命令は実行されます。
尚、命令を入力している期間、WP ピンは固定して下さい。
○ HOLD(ホールド入力)
HOLD ピンにより、データ転送を中断させることができます。
SCK="L"で HOLD ピンが"H"から"L"になるとデータ転送は中断され、SCK="L"で
HOLD ピンが"L"から"H"になるとデータ転送は再開されます。中断中、SCK ラインにクロ
ックを入力することが可能です。
DAP03J-00
2005/01
- 4 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
命
令
説
明
AK6512CA の命令一覧を表 1 に示します。CS ピンが"H"から"L"に変化すると命令入力は可能になり、
命令は MSB ファーストで入力します。
命令
オペコード
アドレス
データ
内
容
READ
0000 ×011
×××A12-A8
A7-A0
D7-D0 (out)
EEPROM メモリ読み出し
WRITE
0000 ×010
×××A12-A8
A7-A0
D7-D0 (in)
EEPROM メモリ書き込み
WREN
0000 ×110
書き込み許可命令
WRDI
0000 ×100
書き込み禁止命令
RDSR
0000 ×101
Bit7-Bit0 (out)
ステータスレジスタ読み出し
WRSR
0000 ×001
Bit7-Bit0 (in)
ステータスレジスタ書き込み
×:ドント・ケア
表 1.命令一覧表
WREN (WRITE ENABLE)/WRDI (WRITE DISABLE)
AK6512CA は書き込み禁止状態と書き込み許可状態の 2 つの状態を持っています。書き込み禁止状
態では書き込み命令は実行されず、書き込み命令入力の前には WREN 命令を入力しなければ書き込み
命令は実行されません。電源立ち上げ時、AK6512CA は書き込み禁止状態で立ち上がります。
WRDI 命令の入力後は全ての書き込み命令は実行されません。
CS
SCK
SI
0
0
1
0
2
0
3
4
×
0
5
1
6
1
7
0
Hi-Z
SO
×=ドント・ケア
WREN 命令
CS
SCK
SI
SO
0
0
1
0
2
0
3
0
4
×
5
1
6
0
7
0
Hi-Z
×=ドント・ケア
WRDI 命令
DAP03J-00
2005/01
- 5 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
RDSR (READ STATUS REGISTER)
RDSR命令により、ステータスレジスタの内容を読み出すことができます。
ステータスレジスタは、RDYビット、WENビット、BP0/BP1ビット、WPENビットを備えており、
RDSR命令によりREADY/BUSY状態、書き込み許可/禁止状態、書き込み禁止ブロックを確認すること
ができます。
又、これらのビットはWRSR命令により設定することができます。
CS
SCK
0
SI
0
1
0
2
0
3
4
×
0
5
1
Hi-Z
SO
6
0
7
8
9
10
11
12
13
14
1
Bit7 Bit6 Bit5 Bit4 Bit3 Bit2 Bit1 Bit0
×=ドント・ケア
RDSR命令
Bit7
Bit6
Bit5
Bit4
Bit3
Bit2
Bit1
Bit0
WPEN
×
×
×
BP1
BP0
WEN
RDY
ビット
内
容
WPEN
WP ピン機能設定ビット(EEPROM ビット)
表 3 をご参照下さい。
BP0 / BP1
EEPROM メモリの書き込み禁止ブロックの設定ビット(EEPROM ビット)
表 4 をご参照下さい。
WEN
書き込み許可/禁止状態確認ビット(読み出しのみ可能)
本ビットはプロテクト状態に関わらず、WREN/WRDI 命令により設定さ
れます。
WEN=0:書き込み禁止状態
WEN=1:書き込み許可状態
RDY
READY/BUSY 状態確認ビット(読み出しのみ可能)
RDY=0:READY 状態
RDY=1:BUSY 状態
表 2.ステータスレジスタ構成
DAP03J-00
2005/01
- 6 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
WRSR (WRITE STATUS REGISTER)
WRSR 命令により EEPROM メモリアレイの書き込み禁止ブロックを設定することができます。
AK6512CA のメモリアレイは 4 つのブロックに分割されています。書き込み禁止ブロックはメモリア
レイの 1/4、1/2、メモリアレイ全体の中から選択することができます。書き込み禁止に設定された
ブロックには書き込みはできず、読み出しのみ可能です。ステータスレジスタと書き込み禁止ブロッ
クの関係を表 4 に示します。
ステータスレジスタ中の BP0 ビット、BP1 ビット、WPEN ビットの 3 ビットは EEPROM ビットで
構成され、これらの特性(WREN、tE/W、RDSR)は EEPROM メモリアレイの特性と同じです。
WRSR 命令により WPEN(WRITE PROTECT ENABLE)ビットを設定し、WP ピン機能の設定をす
ることもできます。WP ピン="L"で WPEN ビットが"1"の時、BP0/BP1 ビット、WPEN ビットを含むス
テータスレジスタとメモリアレイの書き込み禁止ブロックへの書き込み命令は実行されません。
この時、書き込みは、書き込み禁止されていないメモリアレイ・ブロックへの書き込みのみ可能です。
WP ピン="H"、又は WPEN ビットが"0"の時、WP ピンの機能は無効になり、ステータスレジスタへ
の書き込み命令は実行されます。
また、WRSR 命令入力前には WREN 命令を入力する必要があり、書き込み動作終了後、AK6512CA は
自動的に書き込み禁止状態になります。
CS
SCK
SI
0
0
1
0
2
0
3
4
×
0
5
0
6
7
0
8
9
10
11
12
13
14
15
1 Bit7 Bit6 Bit5 Bit4 Bit3 Bit2 Bit1 Bit0
Hi-Z
SO
×=ドント・ケア
WRSR 命令
WPEN
ビット
WP
ピン
WEN
ビット
書き込み禁止
ブロック
通常
ブロック
ステータス
レジスタ
0
×
0
WRITE 不可
WRITE 不可
WRITE 不可
0
×
1
WRITE 不可
WRITE 可
WRITE 可
1
Low
0
WRITE 不可
WRITE 不可
WRITE 不可
1
Low
1
WRITE 不可
WRITE 可
WRITE 不可
×
High
0
WRITE 不可
WRITE 不可
WRITE 不可
×
High
1
WRITE 不可
WRITE 可
WRITE 可
表 3. WPEN機 能
ステータス
レジスタ
BP1
BP0
0
0
0
1
1
0
1
1
書き込み禁止ブロック
なし
1800h-1FFFh
1000h-1FFFh
0000h-1FFFh
表 4.書き込み禁止ブロックの設定
DAP03J-00
2005/01
- 7 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
WRITE (WRITE SEQUENCE)
WRITE 命令により EEPROM メモリアレイへの書き込みを実行することができます。
WRITE 命令は CS ピンを"H"から"L"にした後、オペコード、書き込むアドレス、データを SI ピンか
ら入力します。命令入力後、CS ピンを"L"から"H"にすると、内部プログラミングサイクルが始まりま
す。尚、命令終了時の CS ピンの立ち上げは、最終データビット(D0)を取り込んだ後、次の SCK ク
ロックの立ち上がりエッジが入力される前に立ち上げて下さい。これ以外のタイミングで CS が立ち
上がった場合には WRITE 命令は実行されません。
書き込みに必要な時間は自動プログラミング時間に示されていますが、RDSR 命令によりステータ
スレジスタの RDY ビット(Bit0)を確認することにより、より速い書き込みサイクルを実行することが
できます。RDY=1 は、内部プログラミングサイクル中を示し、RDY=0 は、内部プログラミングサイ
クル終了を示します。内部プログラミングサイクル中に RDSR 命令を実行した場合、"FF"が出力され
ます。尚、内部プログラミングサイクル中は RDSR 命令以外の命令は受け付けられません。
AK6512CA は 32 バイトまでのデータを一度に書き込むことができるページライト機能を備えてい
ます。書き込むデータを送った後、さらにデータを送ると、データは 32 バイトまでのデータを格納す
ることができる内部レジスタに格納されます。書き込みデータ入力後に CS ピンが"L"から"H"になる
と、内部レジスタに格納されたデータが EEPROM に書き込まれます。
ページライトは下位 5 ビットのアドレスに対して有効であり、上位アドレスビットは変化しません。
例えば、"X XXXX XXX1 1111"への書き込み後、次に書き込まれるアドレスは"X XXXX XXX0 0000"
です。
32 バイト以上のデータが入力された場合、アドレスカウンタはロールオーバーし、以前に書き込ま
れたデータに上書きされます。例えば、34 バイトのデータを送ると 33 バイト目のデータは 1 バイト
目に送られたデータに、34 バイト目のデータは 2 バイト目のデータに、上書きされます。
WRITE 命令入力前には WREN 命令を入力する必要があり、書き込み動作終了後、AK6512CA は自
動的に書き込み禁止状態になります。書き込み禁止状態にて書き込み命令が入力された場合には、書
き込み命令は無視され、CS が"H"になった時、AK6512CA は待機状態に戻ります。次の CS の立ち下
がりから、新たに命令を入力することが可能です。
尚、書き込み禁止ブロック内のアドレスには書き込むことはできません。
CS
SCK
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
22
23
24
25
30
31
データ(n)
SI
0
0
0
0
×
0
1
0
×
×
× A12 A11 A10
A1
A0 D7 D6
D1 D0
Hi-Z
SO
CS
SCK
32
33
34
35
36
37
38
39
40
データ(n+1)
SI
SO
データ(n+31)
D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0 D7
D0 D7 D6 D5 D4 D3 D2 D1 D0
Hi-Z
×=ドント・ケア
WRITE 命令
DAP03J-00
2005/01
- 8 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
READ (READ SEQUENCE)
READ 命令により EEPROM メモリアレイのデータを読み出すことができます。
READ 命令は CS ピンを"H"から"L"にした後、オペコード、アドレスを入力します。その後、指定
したアドレスのデータ(D7-D0)が SO ピンから出力されます。
1 バイトのデータ読み出し後、さらにクロックが入力されると、次のアドレスのデータが出力され
ます。最上位アドレスのデータを読み出した後、さらにクロックを加えた場合には最下位アドレスの
データが読み出されます。
尚、アドレス最終ビット(A0)取り込み後の SI ピン上のデータは無視されます。
CS
SCK
SI
SO
0
0
1
0
2
0
3
0
4
×
5
0
6
1
7
1
8
×
9
×
10
11
12
13
× A12 A11 A10
Hi-Z
22
A1
23
24
25
29
30
A0
D7 D6
D2 D1 D0
×=ドント・ケア
READ 命令
DAP03J-00
2005/01
- 9 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
絶
項 目
電源電圧
入力電圧
保存温度
記 号
VCC
VIO
Tst
最
大
定
条 件
対 GND
対 GND
推
項 目
電源電圧
動作周囲温度
対
記 号
VCC
Ta
奨
格
定 格 値
-0.6~+6.5
-0.6~VCC+0.6
-65~+150
動
作
Min.
1.8
-40
DAP03J-00
条
単 位
V
V
℃
件
Max.
5.5
+85
単 位
V
℃
2005/01
- 10 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
電
気
的
特
性
(1)DC特性
(特に記載のない限り
項
目
WRITE 動作時
電源電流
-40℃≦Ta≦85℃、1.8V≦VCC≦5.5V)
記号
ICC1
ICC2
ICC3
ICC4
ICC5
ICC6
ICCS
VIH1
VIH2
VIL1
VIL2
条
件
VCC=5.5V,fSCK=10.0MHz, *1
VCC=2.5V,fSCK=5.0MHz, *1
VCC=1.8V,fSCK=2.0MHz, *1
VCC=5.5V,fSCK=10.0MHz, *1
VCC=2.5V,fSCK=5.0MHz, *1
VCC=1.8V,fSCK=2.0MHz, *1
VCC=5.5V
*2
2.5V≦VCC≦5.5V
1.8V≦VCC<2.5V
2.5V≦VCC≦5.5V
1.8V≦VCC<2.5V
VOH1
4.5V≦VCC≦5.5V
IOH=-2mA
VCC-0.5
V
VOH2
2.5V≦VCC<4.5V
IOH=-0.4mA
VCC-0.2
V
VOH3
1.8V≦VCC<2.5V
IOH=-0.1mA
VCC-0.2
V
VOL1
4.5V≦VCC≦5.5V
IOL=3.0mA
0.4
V
VOL2
2.5V≦VCC<4.5V
IOL=1.6mA
0.4
V
VOL3
2.5V≦VCC<4.5V
IOL=1.0mA
0.2
V
VOL4
1.8V≦VCC<2.5V
IOL=1.0mA
0.2
V
入力リーク電流
CS,SCK,DI ピン
WP,HOLDピン
ILI
VCC=5.5V,VIN=VCC/GND
±1.0
µA
出力リーク電流
SOピン
ILO
VCC=5.5V,
VOUT=VCC/GND
±1.0
µA
READ 動作時
電源電流
待機時電源電流
ハイレベル入力電圧
ローレベル入力電圧
ハイレベル出力電圧
ローレベル出力電圧
Min.
0.7×VCC
0.8×VCC
-0.3
-0.3
Max.
2.5
2.0
1.5
2.0
0.4
0.2
0.8
VCC+0.5
VCC+0.5
0.3×VCC
0.2×VCC
単位
mA
mA
mA
mA
mA
mA
µA
V
V
V
V
*1:VIN=VIH / VIL、SO=オープン
*2:CS=VCC、VIN=VCC / GND、WP、 HOLD= VCC、SO=オープン
(2)端子容量
(Ta=25℃、fSCK=1MHz、VCC=5.0V)
項
目
記 号
条
件
Min.
Max.
単位
出力ピン容量
SOピン
CO
VO=0V
8.0
pF
入力ピン容量
CS,SCK,SIピン
CIN
VIN=0V
6.0
pF
(注)このパラメータは全数測定されたものではなく、サンプル値です。
DAP03J-00
2005/01
- 11 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
(3)AC特性 1
(特に記載のない限り
項
SCK 周波数
目
CS 立ち下がり前の
SCKセットアップ時間
SCK 立ち上がり前の
CSセットアップ時間
SCK パルス幅
SCK 立ち上がり時間
SCK 立ち下がり時間
データセットアップ時間
*3
*3
データホールド時間
データ立ち上がり時間
データ立ち下がり時間
SO ピン出力遅延時間
*3
*3
SO ピン ハイインピーダンス時間
SO ピン 出力ホールド時間
SCK 立ち上がり後の
CSホールド時間
CS 立ち上げ後の
SCKホールド時間
CS ハイレベル最小時間
記 号
fSCK1
fSCK2
fSCK3
tSKSH1
tSKSH2
tSKSH3
tCSS1
tCSS2
tCSS3
tSKW1
tSKW2
tSKW3
tRC
tFC
tDIS1
tDIS2
tDIS3
tDIH1
tDIH2
tDIH3
tRD
tFD
tPD1
tPD2
tPD3
tOZ1
tOZ2
tOZ3
tOHD
tCSH1
tCSH2
tCSH3
tSKH1
tSKH2
tSKH3
tCS1
tCS2
tCS3
-40℃≦Ta≦85℃、1.8V≦VCC≦5.5V)
条 件
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
Min.
Max.
10.0
5.0
2.0
20
50
50
40
80
200
40
80
200
2
2
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
15
20
50
15
30
60
2
2
25
60
100
40
100
200
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
0
40
80
200
20
50
50
40
100
200
単位
MHz
MHz
MHz
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
µs
µs
ns
ns
ns
ns
ns
ns
µs
µs
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
*3:このパラメータは全数測定されたものではなく、サンプル値です。
DAP03J-00
2005/01
- 12 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
(4)AC特性 2
(特に記載のない限り
項
目
HOLD 立ち下げ前の
SCK "L"セットアップ時間
HOLD 立ち下げ後の
SCK "L"ホールド時間
HOLD 立ち上げ前の
SCK "L"セットアップ時間
HOLD 立ち上げ後の
SCK "L"ホールド時間
HOLD からの
ハイインピーダンス時間
HOLD 解除からの
出力遅延時間
自動プログラミング時間
書き換え回数
*4
*5
記 号
tHFS1
tHFS2
tHFS3
tHFH1
tHFH2
tHFH3
tHRS1
tHRS2
tHRS3
tHRH1
tHRH2
tHRH3
tHOZ1
tHOZ2
tHOZ3
tHPD1
tHPD2
tHPD3
tWR
-40℃≦Ta≦85℃、1.8V≦VCC≦5.5V)
条 件
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
4.5V≦VCC≦5.5V
2.5V≦VCC<4.5V
1.8V≦VCC<2.5V
5.5V, 25℃, Page Write
Min.
15
30
90
15
30
90
15
30
90
15
30
90
Max.
25
100
150
25
50
100
5
1,000,000
単位
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ms
回/アドレス
tWR は、WRITE 命令入力終了時の CS の立ち上がりから、EEPROM 内部の書き
込み動作が終了するまでの時間です。
AK6512CA の規定された自動プログラミング時間をソフトウェア遅延ループに
よってつくることもできますが、RDSR 命令によりステータスレジスタの RDY ビ
ットを確認することにより、より速い書き込みサイクルを実行することもできま
す。
*5: このパラメータは全数測定されるものではありません。
*4:
■ AC 測定条件
出力負荷回路
CL=100pF
DAP03J-00
2005/01
- 13 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
タ
tCS
イ
ミ
ン
グ
波
形
tCSS
CS
tSKSH
tSKW
tSKW
tRC
tFC
SCK
tDIS
SI
0
tDIH
tFD
0
tRD
0
Hi-Z
SO
命令入力時タイミング
"H"
CS
"L"
tSKW
tSKW
SCK
tDIS
SI
tDIH
A1
A0
tPD
SO
Hi-Z
tOHD
D7
tPD
D6
READ時データ出力タイミング
DAP03J-00
2005/01
- 14 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
tCS
tCSS
CS
tCSH
tSKH
tSKSH
SCK
SI
0
tOHD
tPD
SO
tOZ
D1
D0
Hi-Z
READ時データ出力終了時タイミング
CS
tCSH
tSKH
SCK
SI
SO
D2
D1
D0
Hi-Z
WRITE時データ入力終了タイミング
DAP03J-00
2005/01
- 15 -
ASAHI KASEI
[AK6512CA]
"H"
CS
"L"
tHFS
tHRS
tHFH
tHRH
SCK
tDIS
SI
n+1
tHOZ
SO
Dn+1
n
n-1
Dn
Dn-1
tHPD
Hi-Z
Dn
HOLD
HOLDタイミング
DAP03J-00
2005/01
- 16 -
重要な注意事項
• 本書に記載された製品、及び、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更
することがあります。従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のも
のであることを弊社営業担当、あるいは弊社特約店営業担当にご確認下さい。
• 本書に掲載された情報・図面の使用に起因した第三者の所有する特許権、工業所有権、その
他の権利に対する侵害につきましては、当社はその責任を負うものではありませんので、ご
了承下さい。
• 本書記載製品が、外国為替及び、外国貿易管理法に定める戦略物資(役務を含む)に該当する
場合、輸出する際に同法に基づく輸出許可が必要です。
• 医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置・機器の故障や動
作不良が、直接または間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常
予想されるような極めて高い信頼性を要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず
事前に弊社代表取締役の書面による同意をお取り下さい。
• この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ず
る損害等の責任を一切負うものではありませんのでご了承下さい。
• お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その
使 用 か ら 損 害 等 が 生 じ た 場 合 は 全 て お 客 様 に て ご 負 担 ま た は 補 償 し て 頂 き ま す の で ご了 承
下さい。
Similar pages