AK8125AE

AK8125AE
AK8125AE
EMI対策用スペクトラムス拡散IC
AK8125AEは、EMI対策用クロックジェネレータICです。 発振周波数または入力信号を変調することで不
要輻射のピーク値を減衰することができます。
特
□
□
□
□
□
□
電源電圧
低消費電流
入力周波数範囲
発振回路
出力周波数範囲
変調度
センター・スプレッド
ダウン・スプレッド
□ 出力負荷
□ 逓倍
□ ジッタ
長
:
:
:
:
:
:
:
:
3.0V ~ 3.6V
6.5mA typ. (49.92MHz入力時)
6.1~49.92MHz
6.1~36MHz
6.1~99.84MHz
:
:
:
15pF max.
1逓倍、2逓倍、4逓倍
300ps max (Cycle to Cycle peak 24.96MHz以上)
600ps max (ロングターム、SSオフ時)
10ピンTMSOP ( 鉛フリー,ハロゲンフリー)
□ パッケージ
:
■用途 HDTV,STB,MFPなど
±0.125%,±0.25%,±0.75%,±1.5%
-0.25%,-0.5%,-1.5%,-3.0%
2011/03
MS1099-J-03
- 1 -
AK8125AE
1.
ブロック図
VDD
XIN
Crystal OSC
PLL
CLKOUT
XOUT
SS_SEL1
Control
SS_SEL0
Logic
OUTMPX
F_SEL0
Vref
F_SEL1
VSS
MS1099-J-03
2011/03
- 2 -
AK8125AE
2.
端子説明
2-1)端子配置図
10:XOUT
1:XIN
2:F_SEL0
9:F_SEL1
3:VDD
8:VSS
4:SS_SEL0
7:SS_SEL1
5:OUTMPX
6:CLKOUT
2-2)端子機能説明
端子番号
端子名
説明
(端子タイプ)
1
XIN
(AI)
2
F_SEL0
(DI)
3
VDD
(PWR)
4
SS_SEL0
(DI)
5
OUTMPX
(DI)
6
CLKOUT
(DO)
7
SS_SEL1
(DI)
8
VSS
(PWR)
9
F_SEL1
(DI)
10
XOUT
(AO)
水晶振動子接続端子/外部入力
入力周波数設定端子0
Low, Mid, Highの3レベル入力端子です。
150 kΩで内部プルアップ及びプルダウンされています。
電源端子
動作モード・変調度設定端子0
Low, Mid, Highの3レベル入力端子です。
150 kΩで内部プルアップ及びプルダウンされています。
出力周波数逓倍設定端子
Low, Mid, Highの3レベル入力端子です。
150 kΩで内部プルアップ及びプルダウンされています。
出力周波数99.84MHz以下となる逓倍設定で使用してください。
クロック出力端子
動作モード・変調度設定端子1
Low, Mid, Highの3レベル入力端子です。
150 kΩで内部プルアップ及びプルダウンされています。
グランド端子
入力周波数設定端子1
Low, Mid, Highの3レベル入力端子です。
150 kΩで内部プルアップ及びプルダウンされています。
水晶振動子接続端子
外部入力時には開放にしてください。
AI :アナログ入力
AO:アナログ出力
DI :デジタル入力
DO:デジタル出力
PWR:電源
MS1099-J-03
2011/03
- 3 -
AK8125AE
2-3)機能選択
表2.3.1 動作モード及び変調度設定
SS_SEL1
SS_SEL0
動作モード
変調度
L
L
ダウン・スプレッド
-0.25%
L
M
ダウン・スプレッド
-0.5%
L
H
ダウン・スプレッド
-1.5%
M
L
ダウン・スプレッド
-3.0%
M
M
スプレッドオフ
-
M
H
センター・スプレッド
±0.125%
H
L
センター・スプレッド
±0.25%
H
M
センター・スプレッド
±0.75%
H
H
センター・スプレッド
±1.5%
表2.3.2 動作周波数設定
F_SEL1 F_SEL0
入力周波数範囲
出力周波数範囲
出力周波数範囲
出力周波数範囲
(OUTMPX=”L”設定時)
(OUTMPX=”M”設定時)
(OUTMPX=”H”設定時)
L
L
6.1 - 8.32MHz
6.1 - 8.32MHz
12.2 – 16.64MHz
24.4 – 33.28MHz
L
M
7.80 - 10.40MHz
7.80 - 10.40MHz
15.60 - 20.80MHz
31.20 – 41.60MHz
L
H
9.36 - 12.48MHz
9.36 - 12.48MHz
18.72 – 24.96MHz
37.44 – 49.92MHz
M
L
12.48 - 16.64MHz
12.48 - 16.64MHz
24.96 – 33.28MHz
49.92 – 66.56MHz
M
M
15.60 - 20.80MHz
15.60 - 20.80MHz
31.20 – 41.60MHz
62.40 – 83.20MHz
M
H
18.72 - 24.96MHz
18.72 - 24.96MHz
37.44 – 49.92MHz
74.88 – 99.84MHz
H
L
24.96 - 33.28MHz
24.96 - 33.28MHz
49.92 – 66.56MHz
-
H
M
31.20 - 41.60MHz
31.20 - 41.60MHz
62.40 – 83.20MHz
-
H
H
37.44 - 49.92MHz
37.44 - 49.92MHz
74.88 – 99.84MHz
-
MS1099-J-03
2011/03
- 4 -
AK8125AE
3.
電気的特性
3-1)絶対最大定格
項
目
記号
MIN
MAX
単位
電源電圧
VDD
-0.3
4.6
V
グランド・レベル
VSS
0
0
V
入力端子電圧
VIN
VSS-0.3
VDD+0.3
V
入力電流
IIN
-10
10
mA
保存温度
Tstg
-55
130
℃
備考
3-2)動作条件
項
目
記号
MIN
動作温度
Ta
-20
電源電圧
VDD
3.0
出力端子 負荷容量
Cpl
TYP
MAX
単位
85
℃
3.6
V
15
pF
3.3
備考
* VDD-VSS 端子間に 0.1μF 程度のコンデンサを挿入してください。
3-3)消費電流
項
VDD=3.0~3.6V, Ta=-20℃~85℃
目
消費電流
記号
MIN
IDD
TYP
MAX
単位
6.5
10.0
mA
備考
*1
*1 入力 49.92MHz (F_SEL[1:0]=”H/H”設定)
センタースプレッド±1.5% (SS_SEL[1:0]=”H/H”設定)
出力逓倍=2 (OUTMPX=”M”設定)、 CLKOUT 出力端子 無負荷時
3-4)DC特性
項目
High レベル入力電圧
Mid レベル入力電圧
Low レベル入力電圧
入力リーク電流
High レベル出力電圧
Low レベル出力電圧
VDD=3.0~3.6V,Ta=-20~85℃
端子
MIN
TYP
MAX
0.85VDD
F_SEL1,F_SEL0
0.35VDD 0.50VDD 0.65VDD
SS_SEL1,SS_SEL0
0.15VDD
OUTMPX
-40
+40
CLKOUT
0.8VDD
0.2VDD
MS1099-J-03
単位
V
μA
V
備考
IOH=-6mA
IOL=+6mA
2011/03
- 5 -
AK8125AE
3-5)AC特性
項目
水晶発振器周波数
外部クロック入力
デューティーサイクル
外部クロック入力振幅
出力ロック時間
セトリング時間
出力 CLK
デューティーサイクル
出力 CLK
立ち上がり時間
出力 CLK
立ち下がり時間
ロングタームジッタ
(peak-peak)
VDD=3.0~3.6V,Ta=-20~85℃
端子
XIN
XOUT
XIN
MIN
6.1
XIN
CLKOUT
CLKOUT
CLKOUT
1
TYP
MAX
36
単位
MHz
70
%
1
1
50
5
2
55
Vpp
ms
ms
%
CLKOUT
1.5
3.0
ns
0.2VDD→0.8VDD
CLKOUT
1.5
3.0
ns
0.8VDD→0.2VDD
ps
SS_SEL[1:0]=MM
1000 サイクル
Cpl=15pF
Cpl=15pF
30
45
CLKOUT
600
備考
基本波
*1
*2
CLKOUT
サイクル-サイクルジッタ
ps
表 3.5.1 参照
(peak)
(*1) 電源が VDD 電圧に達した後、出力が所定の周波数の±0.1%に安定するまでの時間。
(*2) SS_SEL[1:0]を変更後、出力が所定の周波数の±0.1%に安定するまでの時間。
表 3.5.1 サイクルーサイクルジッタ(Peak, Typ./Max.)
出力周波数
変調度
SS オフ
ダウン -0.25%,-0.5%
センタ ±0.125%,±0.25%
6.1MHz≦fout≦9.36MHz
9.36MHz<fout≦15.6MHz
100ps/300ps 150ps/450ps
15.6MHz<fout≦24.96MHz
24.96MHz<fout≦98.98MHz
1.
ダウン -1.5%,-3.0%
センタ ±0.75%,±1.5%
700ps/1000ps
400ps/700ps
200ps/500ps
Cycle to cycle jitter: The variation in cycle time of a single between adjacent cycles, over a random sample
of adjacent cycle pairs.
1/2VDD
CLKOUT
tcycle
tcycle
n
n+1
CCJ = | tcyclen - tcyclen+1 | : where tcycle n and tcyclen+1 are any two adjacent cycles measured on controlled
edges.
MS1099-J-03
2011/03
- 6 -
AK8125AE
2. Long term jitter: 1000Cycles after oscilloscope trigger.
LTJ
CLKOUT
Vref
1000 cycles
MS1099-J-03
2011/03
- 7 -
AK8125AE
3-6)周波数特性
VDD=3.0~3.6V,Ta=-20~85℃
項目
入力周波数範囲
変調周波数
出力逓倍
周波数変調度
ダウンスプレッド時
平均周波数ず
れ(*3)
端子
XIN
CKOUT
CKOUT
CKOUT
CKOUT
MIN
6.10
7.80
9.36
12.48
15.60
18.72
24.96
31.20
37.44
-
TYP
1
2
4
-0.25
-0.5
-1.5
-3.0
OFF
±0.125
±0.25
±0.75
±1.5
-0.18
-0.36
-0.90
-1.68
-0.19
-0.38
-0.91
-1.68
-0.20
-0.36
-0.92
-1.68
MAX
8.32
10.40
12.48
16.64
20.80
24.96
33.28
41.60
49.92
-
単位
MHz
備考
F_SEL[1:0]=LL
F_SEL[1:0]=LM
F_SEL[1:0]=LH
F_SEL[1:0]=ML
F_SEL[1:0]=MM
F_SEL[1:0]=MH
F_SEL[1:0]=HL
F_SEL[1:0]=HM
F_SEL[1:0]=HH
kHz
倍
(*1)
OUTMPX=L
OUTMPX=M
OUTMPX=H, (*2)
%
SS_SEL[1:0]=LL
SS_SEL[1:0]=LM
SS_SEL[1:0]=LH
SS_SEL[1:0]=ML
SS_SEL[1:0]=MM
SS_SEL[1:0]=MH
SS_SEL[1:0]=HL
SS_SEL[1:0]=HM
SS_SEL[1:0]=HH
%
SS_SEL[1:0]=LL, F_SEL0=L
SS_SEL[1:0]=LM, F_SEL0=L
SS_SEL[1:0]=LH, F_SEL0=L
SS_SEL[1:0]=ML, F_SEL0=L
SS_SEL[1:0]=LL, F_SEL0=M
SS_SEL[1:0]=LM, F_SEL0=M
SS_SEL[1:0]=LH, F_SEL0=M
SS_SEL[1:0]=ML, F_SEL0=M
SS_SEL[1:0]=LL, F_SEL0=H
SS_SEL[1:0]=LM, F_SEL0=H
SS_SEL[1:0]=LH, F_SEL0=H
SS_SEL[1:0]=ML, F_SEL0=H
(*1)変調周波数は入力周波数に依存します。
変調周波数 = 40.0kHz X 入力周波数(発振周波数)/ Max入力周波数MHz
例)10.0MHz入力時: 40kHz x 10.0MHz / 10.4MHz = 38.46kHz
(*2)4 倍設定は、出力周波数が 99.84MHz 以下となる設定でご使用ください。
(*3)ダウンスプレッド時平均周波数は、|変調度|/2(%)より低くなります。
MS1099-J-03
2011/03
- 8 -
AK8125AE
4.
パッケージ外形寸法図(TMSOP-10:単位mm)
0 ~ 10°
2.9 ± 0.2
1
0.55 ± 0.2
4.0 ± 0.2
6
2.8 ± 0.2
10
5
+0.1
0.127 -0.05
+0.1
0.1 -0.05
1.0 MAX
0.5
0.2 ± 0.1
5.
マーキング図
a. 1ピン表示
丸印
b. ロゴ
AKM
c. マーケティングコード
125AE
d. 日付コード
XXX(3 桁)
6
10
AKM
125AE
xxx
1
5
MS1099-J-03
2011/03
- 9 -
AK8125AE
重要な注意事項
● 本書に記載された製品、および、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更す
ることがあります。従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであ
ることを弊社営業担当、あるいは弊社特約店営業担当にご確認ください。
● 本書に記載された周辺回路、応用回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報は、半導体製
品の動作例、応用例を説明するものです。お客様の機器設計において本書に記載された周辺回路、
応用回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報を使用される場合は、お客様の責任におい
て行ってください。本書に記載された周辺回路、応用回路、ソフトウェアおよびこれらに関連す
る情報の使用に起因してお客様または第三者に生じた損害に対し、弊社はその責任を負うもので
はありません。また、当該使用に起因する、工業所有権その他の第三者の所有する権利に対する
侵害につきましても同様です。
● 本書記載製品が、外国為替および、外国貿易管理法に定める戦略物資(役務を含む)に該当する
場合、輸出する際に同法に基づく輸出許可が必要です。
● 医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置・機器の故障や動作不
良が、直接または間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想され
るような極めて高い信頼性を要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず事前に弊社代
表取締役の書面による同意をお取りください。
● この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ずる損
害等の責任を一切負うものではありませんのでご了承ください。
● お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その使用
から損害等が生じた場合は全てお客様にてご負担または補償して頂きますのでご了承下さい。
MS1099-J-03
2011/03
- 10 -
Similar pages