AP4203

[AP4203]
AP4203
100mA 15ch LEDドライバIC
1. 概 要
AP4203は2通りのインターフェイス制御を搭載した、15チャネルLED用ICです。最大100mA駆動可能な
パワーMOSFET内蔵し、設定したLED階調データに従いPWM制御でLEDを発光させることができます。
DRSET設定端子で定電流出力、オープンドレイン出力の選択が可能で、LED列のアノード側に印加する
電圧と共通にすることでシステム内の電源配線が削減できます。共通のマスターデバイスに対して最大
32個をバス接続可能であるため、多くのLEDを発光させることができます。4V以下の誤動作防止策とし
てUVLO機能を持つとともに、過電流保護機能、過熱保護機能を搭載しています。
2. 特











長
電源電圧範囲
8.0V~24.0V、4.5V~5.5V
(4.5V~5.5V使用時はVIN-VDC1間を結線して使用)
使用温度範囲
0C~70C
絶対最大定格
30V(VIN、LEDR4~8、LEDG4~8、LEDB4~8)
インターフェイス制御
– 4線式SCI制御(CSB, SCK, TxD, RxD)(通信クロック最大周波数 5MHz)
– シリアル-F/Fカスケード制御
(通信クロック最大周波数 10MHz)
– 3.3V/5.0V両入力信号対応
(出力は5.0V固定)
LED電流
最大100mA/ch
- 定電流出力
50mA/ch
- オープンドレイン出力
100mA/ch
(但し、全15ch同設定時のLED電流/chは上記値より小さくなります。)
LED階調
8bitのPWM方式 256階調
PWM周期
可変、PWM発生機能内蔵
一斉消灯機能
SCIインターフェイス制御時のみ設定可能
各種保護機能
- UVLO機能
- 過電流保護機能(タイマーラッチ型復帰)
- 過熱保護機能(自動復帰)
パッケージ
48-pin LQFP
用途
装飾メカ駆動用LED搭載機器
015008158-J-00
-1-
2015/06
[AP4203]
3. 目
次
概 要 ............................................................................................................................................................. - 1 特 長 ............................................................................................................................................................. - 1 目 次 ............................................................................................................................................................. - 2 ブロック図 ..................................................................................................................................................... - 3 ■ ブロック図 ................................................................................................................................................... - 3 ■ 機能説明 ....................................................................................................................................................... - 3 5. オーダリングガイド ..................................................................................................................................... - 4 6. ピン配置と機能説明 ..................................................................................................................................... - 4 ■ ピン配置 ....................................................................................................................................................... - 4 ■ 機能説明 ..................................................................................................................................................... - 4 7. 絶対最大定格 ................................................................................................................................................. - 9 8. 推奨動作条件 ................................................................................................................................................. - 9 9. 電気的特性 ................................................................................................................................................... - 10 ■ SCIインターフェイス(ACタイミング) .............................................................................................. - 11 ■ シリアル-F/F制御(ACタイミング) ..................................................................................................... - 12 10.
動作説明 ................................................................................................................................................... - 13 10.1 動作概要 ............................................................................................................................................... - 13 10.2 SCIインターフェイスコマンド説明 ................................................................................................. - 13 10.3 シリアル-F/Fカスケード制御説明..................................................................................................... - 20 10.4 LED電流設定(定電流出力) .............................................................................................................. - 21 10.5 入力電圧範囲(VIN) ........................................................................................................................ - 22 10.6 POR動作説明........................................................................................................................................ - 22 10.7 リセット時の状態説明 ....................................................................................................................... - 23 10.8 保護機能説明 ....................................................................................................................................... - 24 11.
外部接続回路例 ....................................................................................................................................... - 25 12.
パッケージ ............................................................................................................................................... - 26 ■ 外形寸法図 ................................................................................................................................................. - 26 ■ マーキング ................................................................................................................................................. - 26 13.
改訂履歴 ................................................................................................................................................... - 27 重要な注意事項 ............................................................................................................................................... - 28 1.
2.
3.
4.
015008158-J-00
-2-
2015/06
[AP4203]
4. ブロック図
■
ブロック図
A1
A0
A3/CLRB
A2
A4/ENB
5.0V
LEDR4
CSB/LAT
LEDG4
LEDB4
TxD/SI
CONTROL
LOGIC
RxD/SO
UVLO
1.0mF
EN
VIN
1.4MHz
OSC
5.0V
VDC1
PWM
IREF
POR
EN
VDC2
VIN
1.0mF
PWMSET
1.8V
2-bit
DIVIDER
5.0V
15
LEDB5
LEDB7
LEDB8
VDC
THERMAL
SHUTDOWN
DRSET
LEDG5
PWM
GENERATOR 12
8-bit
COUNTER
LDO2
Constant Current
or
Open Drain
LEDR5
PWM
PWM
PWM
GENERATOR
26
GENERATOR 0
GENERATOR 0
LDO1
VREF
1.0mF
120-bit
REGISTER
LOW SIDE
CURRENT
SINK
DRSET
SCI
INTERFACE
PWM[26:12]
SCK/CLK
PGND
TSD
1.0V
SCIFEN
PWM
GND
DRSET
SCIEN
ISET_R ISET_G
RISET_R
RISET_G
ISET_B
RISET_B
Figure 1. Block Diagram
■
機能説明
No. Block Diagram
SCI
1
INTERFACE
CONTROL
2
LOGIC
120-bit
3
REGISTER
PWM
4
GENERATOR
5
1.4MHz OSC
6
2-bit DIVIDER
7
8-bit COUNTER
8
UVLO
9
LDO1
10
LDO2
11
VREF
12
IREF
13
POR
LOW SIDE
14
CURRENT SINK
15
THERMAL
SHUTDOWN
015008158-J-00
Function
SCIでPWM階調データを設定するための各設定データをレジスタに保持します。
シリアルF/F制御ではPWM階調データを取り込み、保持します。
SCIインストラクションを判定し動作モードをコントロールします。
LEDR4~8、LEDG4~8、LEDB4~8 の8bitPWM階調データを保持します。
PWM階調データとカウンタ値を比較し、PWM波形を生成します。
1.4MHzクロックを生成する発振器です。
1.4MHzクロックを256階調CLKに分周します。
PWM周期内の256階調CLKでカウントします。
電圧降下時に不安定動作を防止するためにリセット信号を生成します。
内部電源電圧(5V)を生成する回路です。外部に30mA以内なら電力供給可能です。
内部電源電圧(1.8V)を生成する回路です。外部への電力供給は禁止です。
内部基準電圧を生成する回路です。
内部基準電流を生成する回路です。
電源立ち上げ時にリセット信号を生成します。
定電流出力/オープンドレイン出力の切替え可能なLED出力ドライバです。
LED出力ドライバの過電流を遮断する回路も内蔵します。
内部温度が所定値を超えるとLED端子の電流を遮断し、同時にVDC1,VDC2端子の
出力電圧を0Vにします。
-3-
2015/06
[AP4203]
5. オーダリングガイド
AP4203
0°C~70°C
48-pin LQFP
6. ピン配置と機能説明
37 : NC
38 : NC
39 : NC
40 : NC
41 : NC
42 : NC
43 : NC
44 : NC
45 : NC
46 : A0
47 : A1
ピン配置
48 : A2
■
1 : A3/CLRB
36 : NC
2 : A4/ENB
35 : NC
3 : CSB/LAT
34 : NC
4 : SCK/CLK
33 : LEDB4
5 : TxD/SI
32 : LEDG4
6 : RxD/SO
31 : PGND
(Top View)
7 : DRSET
8 : SCIEN
29 : LEDR4
9 : PWMSET
28 : LEDB5
機能説明
Pin Name
Equivalent circuit
VDC1
1
015008158-J-00
24 : LEDG6
23 : LEDR6
22 : LEDB7
21 : LEDG7
20 : LEDR7
VDC1
A3/CLRB
A4/ENB
Function
ICアドレス入力端子3。(100kΩプルアップ抵抗内蔵)
GND接続、又はOPENにて設定します。
シリアル-F/F用CLRB入力端子。
シフトレジスタのデータクリア端子です。
VDC1
2
19 : LEDB8
25 : LEDB6
18 : LEDG8
12 : GND
17 : LEDR8
26 : LEDR5
16 : ISET_B
11 : VDC1
15 : ISET_G
27 : LEDG5
14 : ISET_R
10 : VDC2
13 : VIN
■
No.
30 : PGND
VDC1
ICアドレス入力端子4。(100kΩプルアップ抵抗内蔵)
GND接続、又はOPENにて設定します。
シリアル-F/F用ENB入力端子。
シフトレジスタデータをPWMデータに反映/否を制御しま
す。
-4-
2015/06
[AP4203]
No.
Pin Name
Equivalent circuit
VDC1
3
CSB/LAT
VDC1
4
SCK/CLK
VDC1
5
TxD/SI
Function
SCI用ストローブ信号入力端子。
CSB端子をハイレベルからロウレベルにすると、各命令が受
け付けられます。コマンド入力中およびデータ入出力中に、
CSB端子は常にロウレベルでなければなりません。コマンド
中にCSB端子がハイレベルになると、その命令は無視されま
す。
シリアル-F/F用LAT信号入力端子。
シフトレジスタのLAT信号を入力します。
SCI用クロック信号入力端子。
書き込みは、SCKの立ち上りエッジでTxD端子から取り込ま
れ、読み出しは、SCKの立ち下りエッジでRxD端子に出力さ
れます。SCK端子にクロックを常時入力する必要はありませ
ん。
シリアル-F/F用CLK信号入力端子。
シフトレジスタのCLK信号になります。
SCI用データ信号入力端子。
コマンド、書き込みデータを入力します。
シリアル-F/F用SI信号入力端子。
シフトレジスタのDATA信号を入力します。
LEDB0発光データを決定するF/Fに入力されます。
VDC1
6
SCI用データ信号出力端子。
読み出しデータを出力します。
データ出力時以外は、Hi-Zを出力します。
シリアル-F/F用SO信号出力端子。
シフトレジスタのDATA信号を出力します。
LEDR8発光データを決定するF/Fより出力されます。
RxD/SO
VDC1
7
ドライバ出力の定電流/オープンドレイン切替え端子。
(100kΩプルアップ抵抗内蔵)
GND接続、又はOPENにて設定します。GND接続すると、オ
ープンドレインドライバとして動作します。
DRSET
VDC1
8
VDC1
VDC1
SCIEN
シリアルインターフェイスイネーブル端子。
(100kΩプルアップ抵抗内蔵)
GND接続、又はOPENにて設定します。GND接続すると、シ
リアルF/F制御として動作し、OPENにするとSCI制御として
動作します。
VDC1
9
PWMSET
015008158-J-00
PWM周期切り替え端子。(100kΩプルダウン抵抗内蔵)
VDC1接続、又はOPENにて設定します。
GND接続(OPEN)時:階調PWM周期=低速546µs(TYP)
VDC1接続時:階調PWM周期=高速364µs(TYP)
-5-
2015/06
[AP4203]
No.
Pin Name
Equivalent circuit
Function
VIN
10
内蔵1.8V出力LDO2の出力端子。
IC外への電流供給は禁止です。
1.0µFのコンデンサをVDC2端子-GND間に接続してください。
VDC2
Internal
circuit
VIN
11
内蔵5V出力LDO1の出力端子。
IC外への電流供給は最大30mAです。
1.0µFのコンデンサをVDC1端子-GND間に接続してください。
VDC1
Internal
circuit
12
13
GND
グランド。
-
IC電源入力端子。
内蔵5V出力及び1.8V出力LDOの入力になります。
1.0µFのコンデンサをVIN端子-GND間に接続してください。
VIN
VDC
VDC1
LEDR4~8電流値設定端子です。
GND間に抵抗を外付けして電流を設定します。
14
ISET_R
15
ISET_G
14番ピンと同じ
16
ISET_B
14番ピンと同じ
17
LEDR8
18
LEDG8
同上
19
LEDB8
同上
20
LEDR7
同上
21
LEDG7
同上
22
LEDB7
同上
015008158-J-00
1.0V
+
-
LEDG4~8電流値設定端子です。
(設定方法は14番ピンと同じ)。
LEDB4~8電流値設定端子です。
(設定方法は14番ピンと同じ)。
LEDカソード接続端子R8。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子G8。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子B8。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子R7。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子G7。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子B7。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
-6-
2015/06
[AP4203]
No.
Pin Name
Equivalent circuit
23
LEDR6
22番ピンと同じ
24
LEDG6
同上
25
LEDB6
同上
26
LEDR5
同上
27
LEDG5
同上
28
LEDB5
同上
29
LEDR4
同上
30
31
PGND
PGND
-
32
LEDG4
29番ピンと同じ
33
LEDB4
同上
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
NC
NC
NC
NC
NC
NC
NC
NC
NC
NC
NC
NC
VDC1
46
ICアドレス入力端子0。(100kΩプルアップ抵抗内蔵)
GND接続、又はOPENにて設定します。
VDC1
ICアドレス入力端子1。(100kΩプルアップ抵抗内蔵)
GND接続、又はOPENにて設定します。
A1
VDC1
48
VDC1
A0
VDC1
47
A2
015008158-J-00
Function
LEDカソード接続端子R6。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子G6。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子B6。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子R5。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子G5。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子B5。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子R4。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LED電流用グランド。
LED電流用グランド。
LEDカソード接続端子G4。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
LEDカソード接続端子B4。定電流/オープンドレイン出力。
内蔵MOSFETを制御しLEDを設定輝度で発光させます。
NCピン
NCピン
NCピン
NCピン
NCピン
NCピン
NCピン
NCピン
NCピン
NCピン
NCピン
NCピン
VDC1
ICアドレス入力端子2。(100kΩプルアップ抵抗内蔵)
GND接続、又はOPENにて設定します。
-7-
2015/06
[AP4203]
Note 1. 未使用端子の端子処理について;AP4203は2通りのPWM階調データ設定インターフェイスのいず
れを選択した場合でも、未使用となります。端子はすべてOPENとして下さい。GND接続等の結線を伴う
端子処理は不要です。番号3~5の端子は未使用になることが無い為、IC内部で端子処理を不要とする回路
を内蔵しておりません。IC電源が印加された状態では常時Hi-Zとならない制御が必要になります。
Note 2. PGND端子とGND端子はIC内部で接続されていません。IC外部で接続するようご対応下さい。
Note 3.
記号は高耐圧のMOSであり、端子耐圧が高いことを意味します。
015008158-J-00
-8-
2015/06
[AP4203]
7. 絶対最大定格
Parameter
Symbol
VIN
VLED
min
-0.3
-0.3
max
+30
+30
Unit
V
V
VIN電圧
LEDR4-8,LEDG4-8,LEDB4-8電圧
CSB/LAT,SCK/CLK,TxD/SI,A0-2,A3/CLRB,A4/ENB,
-0.3
VDC1 + 0.3
V
RxD/SO,DRSET電圧(Note 7)
-0.3
+1.98
V
VDC2電圧
-0.3
+5.5
V
PWMSET,VDC1,ISET_R,ISET_G,ISET_B電圧
PD
1400
mW
許容消費電力(Note 5,Note 6)
TSTG
-40
+150
保存温度範囲
C
Note 4. 電圧は全て、GNDピン(GND, PGND)を基準とした値です。
Note 5. Ta=25C以上では、14mW/Cで減衰します。(100 mm  103 mm t=1.0mm FR-4 両面基板実装時)
Note 6. 熱設計を行う場合には、LED端子以外に内蔵レギュレータ発熱量を含めた熱設計を御願いします。
・定電流出力使用時:
IC消費電力 = LED端子消費電力[LED電流×LED端子電圧×使用LED端子数]
+内蔵レギュレータ消費電力[(VIN-VDC1)×(VDC1出力電流+IC消費電流8.5mA)]
+VDC1×IC消費電流8.5mA
・オープンドレイン出力使用時:
IC消費電力 = LED端子消費電力[LED電流×LED電流×LED端子オン抵抗9.3Ω]×使用LED端子数
+内蔵レギュレータ消費電力[(VIN-VDC1)×(VDC1出力電流+IC消費電流2mA)]
+VDC1×IC消費電流2mA
Note 7. VDC1が5.2Vを超える場合、最大値は5.5Vに制限します。
注意: 絶対最大定格に示す最大値を超えて使用した場合、ICが破壊する事があります。また、通常の動作
は保証されません。
8. 推奨動作条件
Parameter
Symbol
min
typ
max
Unit
入力電圧範囲1
VIN1
8.0
12.0
24.0
V
入力電圧範囲2
VIN2
4.5
5.0
5.5
V
IDC
30
mA
最大LDO1出力電流
VLEDOFF
24.0
V
最大LED端子電圧
Ta
0
70
動作周囲温度
C
Note 8. 入力全圧範囲(VIN端子電圧)は5.5V超~8.0V未満は使用禁止です。
Condition
VIN端子とVDC1端子を
結線しない場合
VIN端子とVDC1端子を
結線する場合
VIN =12V
LED端子Off 設定時
注意:本データシートに記載されている条件以外のご使用に関しては、当社では責任を負いかねますので、
十分ご注意下さい。
015008158-J-00
-9-
2015/06
[AP4203]
9. 電気的特性
(特に指定が無い場合、VIN=12V, GND=PGND=0V, TA=+25C,VIN,VDC1,2端子容量=1.0μF
DRSET=”H”時(定電流)はRISET_R=RISET_G=RISET_B= 33.3kΩ)
Parameter
Symbol
min
typ
max
Unit
Condition
IDD1
-
1.2
2.0
mA
IDD2
-
1.3
2.0
mA
IDD3
-
5.0
8.5
mA
IDD4
-
5.0
8.5
mA
VINリセット電圧
VINRST
-
4.0
4.2
V
VINヒステリシス幅
VINHYS
-
0.2
-
V
VDC1
VDC2
ILEDO
ILEDC
4.75
-
5.0
1.8
-
5.25
100
50
V
V
mA
mA
RLED
-
6
9.3
Ω
1.8
-
消費電流
LDO1出力電圧
LDO2出力電圧
許容LED電流(/1ch)
(全数検査実施対象外)
LED電流遮断MOSFET
オン抵抗
LED端子電圧(全15ch共通)
VLED
V
(Note 10)
0.8
-
V
LED電流精度1
ILEDC1
28.05
30.0
31.95
mA
LED電流精度2
ILEDC2
13.95
15.0
16.05
mA
△ILED
DRSET=”L”(オープンドレイン)
PWM Duty=0%,
DRSET=”L”(オープンドレイン)
PWM Duty=50%
DRSET=”H” (定電流)
PWM Duty=0%
DRSET=”H” (定電流)
PWM Duty=50%,
動作状態からの降下
VINRSTとVINセット電圧
(VINSET)間のヒステリシス
(VINSET>VINRST)
VIN=12V, IDC1=-30mA (Note 9)
VIN=12V, IDC2=-0mA
DRSET=”L”(オープンドレイン)
DRSET=”H” (定電流)
DRSET=”L”(オープンドレイン)
LED電流=+100mA
DRSET=”H” (定電流)
LED電流=+50mA
RISET=20kΩ
DRSET=”H” (定電流)
LED電流=+15mA
RISET=66.7kΩ
DRSET=”H” (定電流)
DRSET=”H” (定電流)
RISET=66.7kΩ
DRSET=”H” (定電流) (Note 11)
-4
4
%
LED端子電圧 = 24V
ILEAK_LED
1.0
μA
全設定値に適用
TPWM
-10
+10
%
全設定値に適用
DPWM
0
100
%
±1
LSB PWMSET=”L”
PWM設定誤差
±1
LSB PWMSET=”H”
V
2.5
5.5
V
入力ハイレベル電圧
IH
VIL
-0.2
0.5
V
入力ロウレベル電圧
IO=-500μA
VOH
3.7
5.3
V
出力ハイレベル電圧
IO=+500μA
VOL
0
0.8
V
出力ロウレベル電圧
CSB,SCK,TxD端子
ILI
-1.0
1.0
μA
入力リーク電流
ILO
-1.0
1.0
μA
出力リーク電流
Note 9. IDC1=-30mAは、内蔵5V出力LDO1(VDC1端子)より30mAをIC外部へ出力した状態を意味します。
Note 10. VLED上限値は、絶対最大定格30V以下でも許容消費電力上、設定できない範囲が存在します。
設定目安は10.8保護機能説明をご参照下さい。
Note 11. △I LED (%)  I LEDxxMAX  I LEDxxMIN 100
I LEDxxMAX  I LEDxxMIN
LEDチャネル間電流精度
LED端子オフリーク電流
PWM周期精度
PWM設定範囲
015008158-J-00
- 10 -
2015/06
[AP4203]
■
SCIインターフェイス(ACタイミング)
Table 1. SCIタイミング
Parameter
Symbol
min
tSCKP
200
SCK周期
tSCKW
60
SCKパルス幅
tCSS
50
CSBセットアップ時間
t
70
CSBホールド時間
CSH
tDIS
50
データセットアップ時間
tDIH
70
データホールド時間
tPD
RxD端子出力遅延時間
tCS
2
CSBハイレベル最小時間
RxD端子ハイインピーダンス
tOZ
出力遅延時間
tCSR
SCK,CSB,TxD立上り時間
tCSF
SCK,CSB,TxD立下り時間
tCS
typ
-
max
80
50
-
Unit
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
ns
μs
Condition
-
250
ns
CL=100pF
-
tSCKWの15%
600
tSCKWの15%
600
ns
ns
ns
ns
tSCKW<4000ns
tSCKW≧4000ns
tSCKW<4000ns
tSCKW≧4000ns
CL=100pF
CL=20pF
tCSS
CSB
tSCKP
tSCKW
tSCKW
SCK
tDIS
tDIH
TxD
RxD
Hi-Z
Figure 2. SCIインターフェイス タイミングチャート1
015008158-J-00
- 11 -
2015/06
[AP4203]
“H”
CSB
tSCKP
“L”
tSCKW
tSCKW
tSCKH
SCK
tDIS
tDIH
TxD
tPD
RxD
tPD
Hi-Z
tCSH
CSB
SCK
TxD
tOZ
RxD
tSCR
tSCF
0.8 VDC
SCK, CSB, TxD
0.2 VDC
Figure 3. SCIインターフェイス タイミングチャート2
■
シリアル-F/F制御(ACタイミング)
Table 2. シリアル-F/F制御タイミング
Parameter
Symbol
min
typ
max
Unit
Condition
t
100
ns
CLK周期
CLP
tCLW
40
ns
CLKパルス幅
tDIS
25
ns
データセットアップ時間
tDIH
40
ns
データホールド時間
tLAW
2
μs
LATパルス幅
上表以外のCLK(SCK), LAT(CSB), SI(TxD), SO(RxD)についてのACタイミング仕様はデータセットアッ
プ時間、データホールド時間を除きSCIインターフェイスと同じ値となります。ただし、SO(RxD)端子
出力遅延時間についてはCL=20pFのときの値を適用します。
tCLP
tCLW tCLW
CLK
tLAW
tLAW
LAT
Figure 4. シリアル-F/F制御
015008158-J-00
- 12 -
タイミングチャート
2015/06
[AP4203]
10. 動作説明
10.1 動作概要
AP4203は2通りのインターフェイス(4線式SCI制御、シリアル-F/F制御)で設定したデータによりLEDの
発光を制御します。階調データ設定方法は、PWM制御階調(8bit)をICレジスタに書き込むSCI制御とシ
フトレジスタに書き込むシリアル-F/F制御があり、DRSET端子設定にて定電流出力、オープンドレイン出
力の選択ができます。LED電流の設定はオープンドレイン出力ではLED端子毎に直列外部抵抗で設定し、
定電流出力ではISET_R, ISET_G, ISET_B 端子に電流設定用抵抗で設定することができます。
SCI制御では、A4~A0端子の短絡/開放で設定するICアドレス、SCIインターフェイス経由で決定する
LED端子アドレスがあります。ICアドレスを持つことで、SCIインターフェイス配線のバス接続を可能
にします。また、SCI制御時、LEDの一斉消灯が対応可能です。PWM周波数は、PWMSET端子で2通り
の周波数を選択することができ、リフレッシュ周期を最適化する場合に有効です。
Table 3. 設定端子説明表
DRSET端子
GND接続 (“L”)
OPEN (“H”)
ドライバ出力
オープンドレイン出力
定電流出力
SCIEN端子
GND接続 (“L”)
OPEN (“H”)
インターフェイス
シリアル-F/F制御
SCI制御
調光PWM周波数[Hz] (同周期[µs]) (typ)
1830Hz (546µs)
2745Hz (364µs)
PWMSET端子
GND 接続 (“L”)
VDC1 接続 (“H”)
10.2 SCIインターフェイスコマンド説明
Table 4.コマンド内訳説明表(初期16-bitの送信部をコマンド部と呼びます。)
命令内容
設定動作
補足
インストラクション 初期4-bitで命令内容を指定
Pin設定と異なる命令は無視する
「A4~A0」
ICのアドレス指定
([H]表示)
「1」= 書き込み
「RW」
「0」= 読み出し
「1」= 全LED端子対象(全RGBセット)
「ALL」
「ch3~ch0」の設定より優先される
「0」= ch3~ch0設定に準拠
PWM出力を停止する場合のみ「1」を設定
「1」= LED階調PWM出力を停止
「RST」
「RW」=「ALL」=「RST」=「1」のみ停
「0」=通常動作の設定値
止される
「ch3~ch0」
ALL=「0」時、対象RGBセットの指定
015008158-J-00
- 13 -
2015/06
[AP4203]
Table 5.LEDラインアドレス
ch3
0
LEDラインアドレス
ch2
ch1
ch0
0
0
0
0
0
0
1
0
0
1
0
0
0
1
1
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
1
1
1
選択ch
(LEDライン)
LEDラインアドレス
ch3
ch2
ch1
ch0
1
0
0
0
選択ch
(LEDライン)
LEDR8, LEDG8, LEDB8
LEDR8~LEDR4
LEDR端子を順番に書込み
LEDG8~LEDG4
LEDG端子を順番に書込み
LEDB8~LEDB4
LEDB端子を順番に書込み
LED*8~LED*4
LEDR,G,B端子へ同色同士、
同じデータを書込み
LED**
全LED端子に同じデータを
書き込み
1
0
0
1
1
0
1
0
1
0
1
1
LEDR4, LEDG4, LEDB4
1
1
0
0
1
LEDR5, LEDG5, LEDB5
1
1
0
1
0
1
LEDR6, LEDG6, LEDB6
LEDR7, LEDG7, LEDB7
1
1
1
1
1
1
0
1
設定禁止
9
RW ALL RST
10 11 12
LEDラインアドレス
13 14 15 16
A0
RW ALL RST ch3 ch2 ch1 ch0
設定禁止
Table 6. コマンド部説明表
命令内容
SCL(発数)
通常命令
非反映命令
ラッチ命令
インストラクション
1
2
3
4
0
0
1
0
0
0
0
1
0
0
0
0
ICアドレス
7
8
5
6
A4
A3
A2
A1
端子
SCK
TxD
入力不要
Note 12. CSB=”L”時(コマンド入力中)のA4~A0端子の設定変更は禁止です。
Note 13.
1. 通常命令は、命令終了後のCSB=”H”時に、命令内で設定した階調PWMデータが、LEDの発光に反映
されます。
2. 非反映命令は、命令終了後のCSB=”H”時に、命令内で設定した階調PWMデータを、LED発光に反映
させません。LED発光は、本命令実行前後での変化はありません。
3. ラッチ命令は、LEDに発光反映させるタイミングを指示する命令です。通常命令同様、命令終了後の
CSB=”H”時に、IC内全階調PWMデータを発光反映させるよう動作します。ラッチ命令は、IC間の発
光反映タイミングを同一にしたい場合を想定した機能です。
4. ラッチ命令実行時に、IC電源投入後、一度もデータ設定が無いLEDは、「消灯」が反映されます。
5. ラッチ命令の場合、インストラクション部(4bit)の入力完了後に、CSBを”H”にすることが可能です。
6. ALL=「0」時、設定する階調PWMデータは1-RGBセット分(=3-LEDライン分)の設定が必要です。
例えばch3~ch0=[0,1,1,1]時は、(R7D7~R7D0)(G7D7~G7D0)(B7D7~B7D0)を同一コマ
ンドでデータ設定することが必須になります。
7. ALL=「0」時、指定するLEDラインアドレスを「設定禁止」で連続2回設定を行うとICの出荷検査テ
スト状態になる場合があります。(回避するには電源再投入が必要になります)
Table 7. ICアドレス表
ICアドレスデータ[A4~A0] 指定したICアドレスに対する命令になります。
00000=アドレス0
01000=アドレス8
10000=アドレス16
11000=アドレス24
00001=アドレス1
01001=アドレス9
10001=アドレス17
11001=アドレス25
00010=アドレス2
01010=アドレス10
10010=アドレス18
11010=アドレス26
00011=アドレス3
01011=アドレス11
10011=アドレス19
11011=アドレス27
00100=アドレス4
01100=アドレス12
10100=アドレス20
11100=アドレス28
00101=アドレス5
01101=アドレス13
10101=アドレス21
11101=アドレス29
00110=アドレス6
01110=アドレス14
10110=アドレス22
11110=アドレス30
00111=アドレス7
01111=アドレス15
10111=アドレス23
11111=アドレス31
Note 14. ICアドレスの設定(GND接続、又はOPEN)はA4~A0端子にてアドレス0~31を設定してください。
015008158-J-00
- 14 -
2015/06
[AP4203]
Table 8. 通常命令の個別事例表
通常命令
SCL(発数)
例1
例2
例3
例4
例5
例6
例7
インストラクション
1
2
3
4
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
5
A4
A4
A4
A4
A4
A4
A4
ICアドレス
6
7
8
A3 A2 A1
A3 A2 A1
A3 A2 A1
A3 A2 A1
A3 A2 A1
A3 A2 A1
A3 A2 A1
9
A0
A0
A0
A0
A0
A0
A0
RW ALL RST LEDラインアドレス
10 11 12 13 14 15 16
1
1
0
- - - -
1
0
0
0
1
0
0
0
1
0
- - - -
0
0
0
0
1
1
0
1
1
1
- - - -
1
0
0
1
0
0
1
1
0
0
1
1
0
0
端子
SCK
TxD
Note 15. 以下記載の「データ」とは、各々の場合に対応するLEDの、階調PWMデータを意味します。ま
た、階調PWMデータでは発光させる比を16進数で設定します。8bitデータの10(H)は16/255を発光させる
ことになります(All-0=00(H)=消灯)。
例1:ICアドレスで指定したICに、LED階調8-bit構成(固定)でデータを書き込みます。「ALL」=1に
従い、全LEDラインにデータを書き込みます。この際、LEDラインアドレスの設定内容は無視され
ますが、4-bit分のCLK入力は必要になります。初期16-bitのコマンド部に続き、8-bit×15LEDライン
=120-bitのデータ入力と、ダミーbit(0詰め)×12LEDライン=96-bit、合計216-bit分のデータが必要
になります。
例2:ICアドレスで指定したICに、LED階調8-bit構成(固定)でデータを書き込みます。「ALL」=0に
従い、指定され3色分のLEDライン(LEDR8、LEDG8、LEDB8)にデータを書き込みます。初期16-bit
のコマンド部に続き、8-bit×3LEDライン=24-bitのデータ入力が必要になります。
例3:ICアドレスで指定したICに、LED階調8-bit構成(固定)でデータを読み出します。「ALL」=1に
従い、全LEDラインのデータを読み出します。この際、LEDラインアドレスの設定内容は無視され
ますが、4-bit分のCLK入力は必要になります。初期16-bitのコマンド部に続き、8-bit×15LEDライン
=120-bitのデータ読み出し用CLK入力が必要になります。
例4:ICアドレスで指定したICに、LED階調8-bit構成(固定)でデータを読み出します。「ALL」=0に
従い、指定された3色分のLEDライン(LEDR6、LEDG6、LEDB6)よりデータを読み出します。こ
の際、初期16-bitのコマンド部に続き、8-bit×3LEDライン=24-bitのデータ読み出し用CLK入力が必要
になります。
例5:本コマンドは「一斉消灯機能」です。
ICアドレスで指定したICに「RW」=「ALL」=「RST」=1に従い、現在の発光状態を消灯させます。
本コマンドは、IC内の全LEDラインを消灯させるコマンドであり、消灯前のLED階調データは継続
記憶したコマンドです。記憶しているLED階調データで再発行させる場合は、「ラッチ命令」実行
にて発光します。本コマンド成立条件は、インストラクションが「通常命令」設定であること、
「RW」
=「ALL」=「RST」=1であること、命令長が16-bit以上(16-bit分以上のCLK入力が必要)であるこ
と、の3条件です。尚、成立条件が非成立にもかかわらず「RST」=1となるコマンドの入力時は、
「RST」=0として動作します。(本コマンドは、LEDをダイナミック駆動、Scan駆動させる際に有
効なコマンドです。)
例6:ICアドレスで指定したICに、LED階調8-bit構成(固定)でデータを書き込みます。
「ALL」=0とLEDライン設定(ch3~ch0)に従い、以下の順で「R」のみのLEDラインにデータを
書き込みます。(R8D7~R8D0)(R7D7~R7D0)・・・・(R4D7~R4D0) [合計8-bit×5LED
ライン=40-bit(Data部bit数)]ダミーbit(0詰め)×4LEDライン=32-bit、合計88-bit分のデータが
必要です。
例7:ICアドレスで指定したICに、LED階調8-bit構成(固定)でデータを書き込みます。
「ALL」=0とLEDライン設定(ch3~ch0)に従い、以下の順で1種類の3色分LEDラインにデータを
書き込みます。(RxD7~RxD0)(GxD7~GxD0)(BxD7~BxD0) [合計8-bit×3LEDライン=
24-bit(Data部bit数)]本LEDライン設定では、書き込んだ1種類の3色分LEDラインデータが全LED
ラインに反映されます。
015008158-J-00
- 15 -
2015/06
[AP4203]
・動作タイミング(概要)
RW=1,ALL=1,RST=0,ch3~ch0=任意 の場合 (RxDはHi-Z出力される)
CSB
1
SCK
2
3
0
TxD
SCK
TxD
R8D7
SCK
B8D7
SCK
129
TxD
B4D7
1
19
R8D6
34
33
TxD
0
18
17
4
130
R8D5
131
R8D4
A4
132
R8D3
A3
133
R8D2
A2
134
B4D2
9
A1
24
R8D1
39
B8D2
B4D3
8
23
38
B8D3
B4D4
7
22
37
B8D4
B4D5
6
21
36
B8D5
B4D6
0
20
35
B8D6
5
A0
25
R8D0
40
B8D0
135
136
11
RW
26
G8D7
41
B8D1
B4D1
10
G8D6
137
B4D0
28
G8D5
43
R7D6
138
0
13
14
ALL RST ch3
27
42
R7D7
12
29
G8D4
44
R7D5
139
ch2
30
G8D3
45
R7D3
140
141
0
16
ch1
31
G8D2
46
R7D4
0
0
15
32
G8D1
47
R7D2
142
0
ch0
G8D0
48
R7D1
143
0
R7D0
144
0
0
CSB
SCK
217
TxD
0
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
230
231
0
232
0
0
RW=1,ALL=0,RST=0,ch3~ch0=1000 の場合 (RxDはHi-Z出力される)
CSB
SCK
1
0
TxD
SCK
TxD
2
17
R8D7
3
0
18
R8D6
4
1
19
R8D5
5
0
20
R8D4
A4
21
R8D3
6
A3
22
R8D2
7
8
A2
23
A1
24
R8D1
R8D0
9
A0
25
G8D7
10
11
12
13
RW ALL RST ch3
26
G8D6
27
G8D5
28
G8D4
29
G8D3
14
ch2
30
G8D2
15
ch1
31
G8D1
16
ch0
32
G8D0
CSB
SCK
TxD
33
B8D7
34
B8D6
35
B8D5
36
B8D4
37
B8D3
38
B8D2
39
40
B8D1
B8D0
階調データ対象LEDライン: R4、G4、B4
データ書き込み順序(MSB-first):
R8D7,R8D6,,,,,R8D1,R8D0,G8D7,G8D6,,,,,G8D1,G8D0,B8D7,B8D6,,,,,B8D1,B8D0
015008158-J-00
- 16 -
2015/06
[AP4203]
RW=0,ALL=1,RST=0,ch3~ch0=任意 の場合
CSB
SCK
1
2
0
TxD
3
0
4
1
5
0
A4
6
A3
7
8
A2
A1
RxD
SCK
9
A0
10
11
12
13
14
15
16
RW ALL RST ch3 ch2 ch1 ch0
Hi-Z
17
18
19
20
21
R8D4
R8D3
35
36
37
B8D5
B8D4
B8D3
22
23
24
25
26
27
28
29
30
G8D4
G8D3
G8D2
44
45
R7D4
R7D3
31
32
TxD
RxD
SCK
R8D7
33
R8D6
34
R8D5
R8D2
38
R8D1
39
R8D0
40
G8D7
41
G8D6
42
G8D5
43
46
G8D1
47
G8D0
48
TxD
RxD
B8D7
B8D6
B8D2
B8D1
B8D0
R7D7
R7D6
R7D5
R7D2
R7D1
R7D0
CSB
SCK
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
TxD
RxD
G4D7
015008158-J-00
G4D6
G4D5
G4D4
G4D3
G4D2
G4D1
G4D0
- 17 -
B4D7
B4D6
B4D5
B4D4
B4D3
B4D2
B4D1
B4D0
2015/06
[AP4203]
RW=0,ALL=0,RST=0,ch3~ch0=0110 の場合
CSB
SCK
1
2
0
TxD
3
0
4
1
5
0
6
A4
A3
7
8
A2
RxD
9
A1
A0
10
11
12
13
RW ALL RST ch3
14
15
ch2
16
ch1
ch0
Hi-Z
SCK
18
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
G6D4
G6D3
G6D2
G6D1
12
13
14
15
TxD
RxD
R6D7
R6D6
R6D5
R6D4
R6D3
R6D2
R6D1
R6D0
33
34
35
36
37
38
39
40
B6D7
B6D6
B6D5
B6D4
B6D3
B6D2
B6D1
G6D7
G6D6
G6D5
G6D0
CSB
SCK
TxD
RxD
B6D0
RW=1,ALL=1,RST=1,ch3~ch0=任意 の場合 (RxDはHi-Z出力される)
CSB
SCK
TxD
015008158-J-00
1
2
0
3
0
4
1
5
0
A4
6
A3
7
8
A2
A1
- 18 -
9
A0
10
RW
11
ALL RST ch3
ch2
ch1
16
ch0
2015/06
[AP4203]
RW=1,ALL=0,RST=0,ch3~ch0=1001 の場合 (RxDはHi-Z出力される)
CSB
1
SCK
2
0
TxD
SCK
0
R8D7
SCK
TxD
R5D7
43
44
R5D3
R5D2
R5D1
R5D0
27
R7D6
49
13
28
R7D5
50
R4D7
12
14
ALL RST ch3
26
R7D7
48
11
RW
25
R8D0
47
10
A0
24
R8D1
46
9
A1
23
R8D2
45
8
A2
22
R8D3
R5D4
7
A3
21
R8D4
R5D5
R5D6
6
A4
20
R8D5
R8D6
5
0
19
42
41
4
1
18
17
TxD
3
51
R4D6
29
R7D4
52
R4D5
ch2
R7D3
ch0
31
R7D2
32
R7D1
54
R4D3
16
ch1
30
53
R4D4
15
R7D0
55
R4D2
56
R4D1
R4D0
CSB
SCK
74
73
TxD
0
75
76
0
0
77
0
78
0
79
0
80
0
81
0
82
0
83
0
84
0
85
0
86
0
87
0
88
0
0
RW=1,ALL=0,RST=0,ch3~ch0=0100~1000 の場合 (RxDはHi-Z出力される)
CSB
SCK
1
0
TxD
SCK
TxD
2
17
R*D7
3
0
18
R*D6
4
1
19
R*D5
5
0
20
R*D4
A4
21
R*D3
6
A3
22
R*D2
7
A2
23
R*D1
8
A1
24
R*D0
9
A0
25
G*D7
10
11
12
13
RW ALL RST ch3
26
G*D6
27
G*D5
28
G*D4
29
G*D3
14
ch2
30
G*D2
15
ch1
31
G*D1
16
ch0
32
G*D0
CSB
SCK
TxD
015008158-J-00
33
B*D7
34
B*D6
35
B*D5
36
B*D4
37
B*D3
38
B*D2
39
B*D1
- 19 -
40
B*D0
2015/06
[AP4203]
10.3 シリアル-F/Fカスケード制御説明
シリアル-F/F制御はLED階調データをシリアルで入力し(8bit×12ch=96bit 0データ詰めをし、その後
8bit×15ch=120bit)、IC内シフトレジスタからPWMデータを設定してLEDを制御します。また、SO端子を
次段のICのSI端子へ接続することで複数ICのシフトレジスタを繋げて制御することが出来ます。
Table 9. シリアル-F/Fカスケード制御
入力
シフトレジスタ
CLRB
CLK
LAT
ENB
L
×
×
×
L
データシフト(Note 16)
SI→96bit分0データ入力→
PWM_B4→
PWM_G4→
PWM_R4→
H
L
H
PWM_B5→
:
:
PWM_7R→
PWM_8B→PWM_8G→
PWM_8R→SO
データシフト(Note 16)
SI→96bit分0データ入力→
PWM_B4→
PWM_G4→
PWM_R4→
H
L
L
PWM_B5→
:
:
PWM_7R→
PWM_8B→PWM_8G→
PWM_8R→SO
H
L
H
シフトせず
ラッチデータ
LED端子
L
off
保持
off
保持
ON at PWM信号 =‘1’
off at PWM信号 =‘0’
転送
off
ON at PWM信号 =‘1’
H
L
L
シフトせず
転送
off at PWM信号 =‘0’
ON at PWM信号 =‘1’
H
×
×
L
-
-
off at PWM信号 =‘0’
Note 16. PWM_Rx、PWM_Gx、PWM_Bx(x=8~4)は各chのPWM階調データ(8bit)のシフトを表します。
(CSI制御同様、MSBより順に入力する設定方法)
例:PWM_B4は“B4D0→B4D1→B4D2→B4D3→B4D4→B4D5→B4D6→B4D7”
(B4D0はLEDB4の階調データのLSB、B4D7はLEDB4の階調データのMSB)
SI
CLK
LAT
ENB
PWM信号(LAT立ち上がりでPWMデータ取り込
み、及び、PWM信号開始)
LED発光制御信号(ENB立ち下がりでLED出力変化)
LAT立ち上がりでSI入力シフトデータを複数chipで同時に取り込み、
chip毎にENB=0のときにLED発光制御信号を出力(ENB=1のときには全chがOFF)
Figure 5. タイミングチャート
015008158-J-00
- 20 -
2015/06
[AP4203]
10.4 LED電流設定(定電流出力)
LED電流は、ISET端子とGND間に外部抵抗RISETを接続することで5mA~50mAの範囲で設定できます。ISET
端子がノイズの影響を受けるとLED電流が不安定になるので、RISETを最短に結線して下さい。ISET_R端
子はLEDR4~8のLED駆動電流、ISET_G端子はLEDG4~8のLED駆動電流、ISET_B端子はLEDB4~8のLED
駆動電流を同時に設定します。以下に、LED電流(ILED)とISET端子接続抵抗(RISET)の近似式、ILEDとRISET
の組合せの表を示します。設定においては実際の基板上で十分確認頂きますようお願いします。
I LED (mA) 
Table 10. ILEDとRISETの組合せ
RISET_R (kΩ)
RISET_G (kΩ)
RISET_B (kΩ)
200.0
166.7
142.9
125.0
111.1
100.0
90.9
83.3
76.9
71.4
66.7
62.5
58.8
55.6
52.6
50.0
47.6
45.5
43.5
41.7
40.0
38.5
37.0
015008158-J-00
1000
RISET (k)
RISET_R (kΩ)
RISET_G (kΩ)
RISET_B (kΩ)
35.7
34.5
33.3
32.3
31.3
30.3
29.4
28.6
27.8
27.0
26.3
25.6
25.0
24.4
23.8
23.3
22.7
22.2
21.7
21.3
20.8
20.4
20.0
ILEDRx (mA)
ILEDGx (mA)
ILEDBx (mA)
5.0
6.0
7.0
8.0
9.0
10.0
11.0
12.0
13.0
14.0
15.0
16.0
17.0
18.0
19.0
20.0
21.0
22.0
23.0
24.0
25.0
26.0
27.0
- 21 -
ILEDRx (mA)
ILEDGx (mA)
ILEDBx (mA)
28.0
29.0
30.0
31.0
32.0
33.0
34.0
35.0
36.0
37.0
38.0
39.0
40.0
41.0
42.0
43.0
44.0
45.0
46.0
47.0
48.0
49.0
50.0
2015/06
[AP4203]
10.5 入力電圧範囲(VIN)
入力電圧範囲は8V~24Vです。VIN端子とVDC1端子をショートすれば入力電圧範囲を4.5V~5.5Vで使用
する事が可能です。入力電圧範囲5.5V~8Vは動作保証外になります。
Table 11. 入力電圧範囲
入力電圧範囲1
入力電圧範囲2
VIN
8V~24V
VIN
4.5V~5.5V
1mF
1mF
VDC
VDC
1mF
10.6 POR動作説明
電源電圧(VIN)に6.0以上の電圧印加後、一定時間t1が経過すると、内部POR回路はリセット状態を解除
します。POR回路リセット解除後、内蔵発振器の発振周波数が確実に安定するまでの一定時間t2の間、イ
ンターフェイスのコマンド入力を禁止とします。Figure 6に電源投入時のPORタイミングを示します。t1
の間は、インターフェイスのコマンドは受け付けませんが、後のt2の期間は、不安定なコマンド受付とな
りますのでご注意ください。
8V~24V
6.0V(VINSET)
VIN
1.8V
VDC2
信号入力
有効
t1
リセット
t2
内蔵POR
リセット解除
Figure 6. 電源投入時のPORタイミングチャート
Table 12. . 電源投入時のPORタイミング
Parameter min
typ
max
Unit
Note
期間中VIN端子電圧>6.0V
またはVIN=VDC1>4.5V、IVDC1=-30mA
VDC1,2端子-GND間のバイパスコンデンサ1.0mF
t2
200
内部電源の安定化時間
ms
Note 17. 上図の通り、VIN=6.0Vになった時点より最大3msec経過後、通常動作可能になります。
「入力電圧範囲2」で使用する場合は、VIN=4.5V時点より3msec経過後に動作可能です。
Note 18. 電源投入時以外でもVINが低下し、内蔵PORがリセットとなった場合の復帰条件も上図の規定の
時間が適用されます。
t1
-
015008158-J-00
-
2800
ms
- 22 -
2015/06
[AP4203]
8V~24V
VINRST
VIN
VDC2RST
1.8V
VDC2
リセット
内蔵POR
リセット解除中
Figure 7. 電源低下時のPORタイミングチャート
Table 13. 電源電圧降下時のPORタイミング
Parameter
min
typ
max
Unit
Note
VINRST
4.0
4.2
V
VINリセット電圧
VDC2RST
1.2
1.5
V
内蔵1.8V出力LDO2リセット電圧(参考値)
Note 19. 電源降下時にリセットがかかる本機能は、不安定動作を防止する為の機能です。従って、
VINRST電圧以下になっても、瞬断的にVINが0V付近まで到達する場合等は、リセットが掛からない場
合があります。実使用時は、本機能が働かないように周辺設計することを推奨します。
Note 20. VIN低下時も可能な限り動作を継続するIC回路構成にしている為、VIN< VINRST時にLEDが一斉消
灯してもLED階調データが維持される場合が有ります(VINが正常電圧に復帰した際に設定発光保持)。
Note 21. VIN電圧(IC端子電圧)がVINRSTのMAX値以上で動作する限り、本ICに設定した動作を継続
することを保証致します(設計保証)。但し、推奨動作VIN電圧以外では、信号入力による通信機能
は動作保証範囲外となります。
10.7 リセット時の状態説明
電源投入直後、および電源電圧降下時のリセットがかかった直後は、IC内のLED階調データは、全てリセ
ット(データ=all”0”)されます。したがって、SCIインターフェイスにて階調データを設定しない限り、
LEDは発光されません。また、本ICには一斉消灯機能(SCIインターフェイス制御時)が用意されており
リセットと類似の動作が実現できます。下表に、リセット種類と種類別のリセット状態をまとめます。
Table 14.リセットの種類と状態
LED発光状態
LED階調データ設定
LED階調データ保持状態
LDO1電圧(5V)出力
015008158-J-00
VIN投入時
VIN降下時
-
保持
- 23 -
リセットの種類
VDC1降下時
VDC2降下時
全消灯
否
保持
リセット
不定
一斉消灯機能
可
保持
正常
2015/06
[AP4203]
10.8 保護機能説明
AP4203はデバイスの破壊を防ぐ為、過電流(LED電流)保護、過熱保護の機能を有しています。この機
能が働くとLED電流を遮断し、保護条件が解除された場合、基本的に自動復帰します。
Table 15.保護機能(数値は全て設計保証)
保護機能
過電流保護
過熱保護
LED電流遮断条件
1 LEDライン当り電流量≧200mA(typ)以上
チップ温度≧140C (typ)
LED電流遮断箇所
対象LEDライン
全15 LEDライン
タイマーラッチ型復帰
LED電流遮断後、約0.3秒(TYP)経過した後に復帰条件
復帰タイプ
自動復帰タイプ
内かを確認します。3回チェック後、過電流であれば
遮断をラッチにより継続します(ラッチ停止)。
ラッチ停止前:対象LEDライン電流量≦150mA(typ)
復帰条件
チップ温度≦120C (typ)
ラッチ停止後:電源端子の再投入。
Note 22. 過電流保護機能はLED電流を流した時点で保護要否を判定し、必要に応じ保護状態に移行しま
す。AP4203がLED電流を流さない場合、LED端子電圧が高くても本保護機能は働きません。尚、本機能
は定電流出力設定時には動作致しません。
Note 23. 過熱保護機能は予備機能という位置付けであり、確実に動作することを保証するものではありま
せん。過熱保護が動作しない範囲で使用するように熱設計することを推奨致します。
Note 24. VDC1,2端子がGNDにショートした場合、VIN電圧が高いため内蔵LDO部の発熱原因で過熱保護が
働く場合や、VDC2端子電圧が低下しPower On Resetが動作する場合があります。尚、VDC1端子からIC外
への電流供給最大値は30mAです。
Note 25. 下表に、IC動作周囲温度Taに対する、VLED電圧とLED電流との設定目安を記載します。
Table 16. VLED電圧とLED電流設定(条件:VIN=12V, IDC1=0mA)
出力設定
IC動作周囲温度
LED端子電圧
DRSET
VLED [V]
Ta [C]
25
55
―
Low (オープンドレイン)
70
5.6
25
3.9
4.2
55
3.1
High (定電流)
4.2
3.2
70
2.5
2.1
015008158-J-00
- 24 -
LED電流
ILED [mA]
ILEDTO=98 [mA]
ILEDTO=81 [mA]
ILEDTO=72 [mA]
ILEDTC=15 [mA]
ILEDTC=20 [mA]
ILEDTC=12 [mA]
ILEDTC=15 [mA]
ILEDTC=8 [mA]
ILEDTC=10 [mA]
ILEDTC=12 [mA]
ILEDTC=14 [mA]
2015/06
[AP4203]
11. 外部接続回路例
12V,18V等の電源ライン
STM電源ライン
12V
R
VIN
VIN
AP4203
×最大32個
AP4203
LED DrvIC
VZ
AP4211
STM DrvIC
×15ch
H8SX
等
4bit
4bit
STM
AP4211
×最大16個
SCI-4線Bus 最大4.0MHz
5.0MHz
Figure 8. 外部接続回路例
Note 26. 最終基板にてAP4203/AP4211のデータを読み出さない場合は、SCI-4線BusのRxDは結線不要
です(3線へ削減可能)。また、RxD端子は出力端子なので、その際の端子処理はOPEN(開放)と
なります。オープンドレインドライバとして使用する場合、外付け電流設定用抵抗を外すことが可
能です。この場合も、ISET_R,G,B端子はOPEN(開放)として下さい。
015008158-J-00
- 25 -
2015/06
[AP4203]
12. パッケージ
■
外形寸法図
・48-pin LQFP (Unit : mm)
■
マーキング
AP4203
(3) XXXXXXX
(2)
(1)
1pin Indication
(2)
Product No.
(3)
Date Code (7digits)
西暦下 2 桁、週コード 2 桁、ウエハ製造元 1 桁、
(1)
ロット 1 桁、組立会社 1 桁
Note 27. 週コード:組立年の最初の木曜日のある週を第1週としたときの該当週 (ISO-8601に準拠)
を01とし以降、第2週を02・・・・第52週を52と捺印します。マーキング寸法図、及びマーキング印字見
本等、詳細なマーキング仕様は、別途弊社営業担当へ御請求下さい。
015008158-J-00
- 26 -
2015/06
[AP4203]
13. 改訂履歴
Date (YY/MM/DD)
15/04/06
015008158-J-00
Revision
00
Page
-
Contents
初版
- 27 -
2015/06
[AP4203]
重要な注意事項
0. 本書に記載された弊社製品(以下、「本製品」といいます。)、および、本製品の仕様につき
ましては、本製品改善のために予告なく変更することがあります。従いまして、ご使用を検討
の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営業担当、あるいは弊社特約店
営業担当にご確認ください。
1. 本書に記載された情報は、本製品の動作例、応用例を説明するものであり、その使用に際して
弊社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うもので
はありません。お客様の機器設計において当該情報を使用される場合は、お客様の責任におい
て行って頂くとともに、当該情報の使用に起因してお客様または第三者に生じた損害に対し、
弊社はその責任を負うものではありません。
2. 本製品は、医療機器、航空宇宙用機器、輸送機器、交通信号機器、燃焼機器、原子力制御用機
器、各種安全装置など、その装置・機器の故障や動作不良が、直接または間接を問わず、生命、
身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて高い信頼性を要求され
る用途に使用されることを意図しておらず、保証もされていません。そのため、別途弊社より
書面で許諾された場合を除き、これらの用途に本製品を使用しないでください。万が一、これ
らの用途に本製品を使用された場合、弊社は、当該使用から生ずる損害等の責任を一切負うも
のではありません。
3. 弊社は品質、信頼性の向上に努めておりますが、電子製品は一般に誤作動または故障する場合
があります。本製品をご使用頂く場合は、本製品の誤作動や故障により、生命、身体、財産等
が侵害されることのないよう、お客様の責任において、本製品を搭載されるお客様の製品に必
要な安全設計を行うことをお願いします。
4. 本製品および本書記載の技術情報を、大量破壊兵器の開発等の目的、軍事利用の目的、あるい
はその他軍事用途の目的で使用しないでください。本製品および本書記載の技術情報を輸出ま
たは非居住者に提供する場合は、「外国為替及び外国貿易法」その他の適用ある輸出関連法令
を遵守し、必要な手続を行ってください。本製品および本書記載の技術情報を国内外の法令お
よび規則により製造、使用、販売を禁止されている機器・システムに使用しないでください。
5. 本製品の環境適合性等の詳細につきましては、製品個別に必ず弊社営業担当までお問合せくだ
さい。本製品のご使用に際しては、特定の物質の含有・使用を規制するRoHS指令等、適用され
る環境関連法令を十分調査のうえ、かかる法令に適合するようにご使用ください。お客様がか
かる法令を遵守しないことにより生じた損害に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。
6. お客様の転売等によりこの注意事項に反して本製品が使用され、その使用から損害等が生じた
場合はお客様にて当該損害をご負担または補償して頂きますのでご了承ください。
7. 本書の全部または一部を、弊社の事前の書面による承諾なしに、転載または複製することを禁
じます。
015008158-J-00
- 28 -
2015/06
Similar pages