AK4353VF

ASAHI KASEI
[AKD4353]
AKD4353
AK4353評価用ボードRev.A
概 要
AKD4353は、DIT内蔵96kHz,24bit D/AコンバータAK4353の評価用ボードです。AKD4353は当社ROM
データを使用した信号源や当社A/Dコンバータの評価用ボードとのインタフェースを装備しており、手
軽に評価可能です。更にディジタルインタフェースにも対応しており、光コネクタを介してディジタル
オーディオ機器とインタフェース可能です。
n オーダリングガイド
AKD4353
---
AK4353評価用ボード
(IBM-AT互換機のプリンタポートとの接続用ケーブル
とコントロールソフトを同梱。)
機 能
• クロック発生回路内蔵
• 2種類のインタフェースを装備
- 当社A/Dコンバータ評価用ボード及び信号発生ボード(AKD43XX)と
10線フラットケーブルによりダイレクトにインタフェース可能
- DIR(CS8414)により光入力可能
• 外部クロック用BNCコネクタ
• シリアルコントロール用10ピンヘッダー
• ミュート回路内蔵
• DIT用光出力
2.7∼5.5V
GND
Opt Out
Opt In
CS8414
(DIR)
DZF
Mute
ROM
or A/D
10pin Header
AK4353
Divider
Rch
MCKO
External
Clock
Lch
MCKI
Clock
Generator
10pin Header
Control
図1. AKD4353ブロック図
* 回路図、パターン図は文末に添付。
<KM061400>
’99/11
-1-
ASAHI KASEI
[AKD4353]
n アナログ出力
J1(AOUTL)とJ2(AOUTR)[email protected]します
(Vout=0.62xAVDD)。
n 操作手順
1) 電源の配線
[AVDD](赤)
= 2.7∼5.5V : AK4353のAVDD
[3V] (オレンジ) = 2.7∼5.5V : AK4353のDVDD
[5V] (赤)
= 3.4∼5.5V : ロジック部の電源
[AGND] (黒) = 0V
: アナロググランド(AK4353のAVSS,DVSSを含む)
[DGND] (黒) = 0V
: ロジック部のグランド
配線は電源の根本から分けて下さい。
2) 評価モード、ジャンパピン、DIPスイッチの設定(以下参照)
3) 電源投入
AK4353は電源投入後、必ず一度 SW1(-PD)を”L”にしてパワーダウンを行って下さい。
PORT2
CTRL
SDA(ACK)
SDA/CDTI
SCL/CCLK
-CS
4) PORT2とPCを接続
PORT2とIBM-AT互換機のプリンタポート(パラレルポート)を同梱の10線フラットケーブルでつ
ないで下さい。その際コネクタの向きに注意して下さい。コネクタの1ピンには印が付いていま
す。PORT2の向きは下図のようになっています。
9
1
10
2
5) ソフトウェアの立ち上げ
同梱のソフトウェア“AKD4353 Control Program”を使用します。
n 評価モード
1) 当社A/Dコンバータ評価用ボード上の10ピンヘッダーを使用<出荷時>
当社A/Dコンバータ評価用ボードをPORT3(ADC/ROM)に接続して評価できます。BNCコネクタ(J4)
からクロックを入れる場合は、JP14(CLK)を”BNC”にし、JP15(XTE)をショートして下さい。
JP6
LRCK
JP7
BICK
JP12
DIR_DATA
JP13
DIR
DIR
DIR
VD
ADC
ADC
GND
<KM061400>
JP15
XTE
JP14
CLK
DIR
BNC
XTL
’99/11
-2-
ASAHI KASEI
[AKD4353]
2) ROMデータによる理想正弦波を使用
当社の信号発生ボード(AKD43XX)をPORT3(ADC/ROM)に接続して評価できます。AKD4353から
PORT3を通してMCLKのみ供給し、LRCK,BICK,SDATAはAKD43XXからAKD4353に供給されま
す。BNCコネクタ(J4)からクロックを入れる場合は、JP14(CLK)を”BNC”にし、JP15(XTE)をショー
トして下さい。
JP7
BICK
JP6
LRCK
JP12
DIR_DATA
JP13
DIR
JP15
XTE
JP14
CLK
DIR
DIR
VD
ADC
ADC
GND
DIR
BNC
XTL
3) DIR(CS8414)を使用
PORT4(TORX174)を使用します。光コネクタ(TORX174)で受信したデータからDIRより
MCKI,BICK,LRCK,SDTIを再生します。CDテストディスクを使用した評価等で使われます。この
場合、AK4353のEXTビットは”1”(外部クロックモード)に設定して下さい。RCAコネクタ(J3)を
使用する場合はJP16(RCA/OPT)を”RCA”に、光コネクタ(PORT4: TORX174)を使用する場合
は”OPT”に設定して下さい。
JP7
BICK
JP6
LRCK
JP12
DIR_DATA
JP13
DIR
JP15
XTE
JP14
CLK
DIR
DIR
VD
ADC
ADC
GND
DIR
BNC
XTL
n クロック(MCLK,BICK,LRCK)の設定
評価モード1を使用する場合、JP9,10,17を以下のように設定して下さい。これらのジャンパは、他の評
価モードでは設定不要です。
MCLK
128fs
JP9
(X_MCLK)
x1
256fs
x1
512fs
x2
1024fs
x4
JP10
(X_LRCK)
x1/128
BICK
JP17
(X_BICK)
x1/4
x1/2
x1
x1/8
x1/4
x1/2
x1/8
x1/4
x1/2
x1/8
x1/4
x1/2
32fs
64fs
128fs
x1/256
32fs
64fs
128fs
x1/256
32fs
64fs
128fs
x1/256
32fs
64fs
128fs
表1. クロックの設定
<KM061400>
出荷時
’99/11
-3-
ASAHI KASEI
[AKD4353]
n DIPスイッチ(SW2)の設定
上方が”ON”(“H”)、下方が”OFF”(“L”)です。
1番から5番まではAK4353、6番から8番まではCS8414の設定です。
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
Pin
CAD1
CAD0
I2C
TTL
TST
M2
M1
M0
ON
OFF<出荷時>
Chip address (2bit)
3線シリアル
I2Cバス
CMOSレベル
TTLレベル
常に“ON”
CS8414のインタフェースフォーマット
(表3参照。)
(注)
表2. DIPスイッチの設定
(注: M2-0は評価モード3の場合のみ設定が必要です。
それ以外の評価モードでは”OFF”にして下さい。)
Mode
0
1
2
3
4
5
Format
M2
M1
M0
JP9 DIF2 DIF1 DIF0
1
0
1
THR
0
0
0
16bit, 後詰め
1
1
0
THR
0
0
1
18bit, 後詰め
0
1
0
20bit, 後詰め
0
1
1
24bit, 後詰め
0
0
0
INV
1
0
0
24bit, 前詰め
I2S
0
1
0
THR
1
0
1
表3. ディジタルインタフェースフォーマットの設定
(注: 1=”ON”, 0=”OFF”.
DIF2-0はシリアルコントロールで設定して下さい。
CS8414は20/24bit後詰めには対応していません。)
n シリアルコントロール
AKD4353はIBM-AT互換機のプリンタポート(パラレルポート)を通してコントロール可能です。同梱
の10線フラットケーブルでPORT2(CTRL)とPCを接続して下さい。
3線シリアルとI2Cバスの2モードがあります。3線シリアルモードの場合はJP4(3-WIRE)をショートして
下さい。
チップアドレスはSW2(MODE)の1番(CAD1)と2番(CAD0)で設定できます。
n その他のジャンパピン設定
[JP1](GND): アナロググランドとディジタルグランド
オープン: 分ける <出荷時>
ショート: 共通 (コネクタ“DGND”はオープンにできます。)
[JP2](5V-3V): AK4353のDVDDとロジック部の電源
オープン: 独立 <出荷時>
ショート: 共通 (コネクタ“3V”はオープンにして下さい。)
<KM061400>
’99/11
-4-
ASAHI KASEI
[AKD4353]
[JP3](DVDD): AK4353のDVDD
3V:
AVDDと独立に設定 <出荷時>
AVDD: AVDDと共通 (コネクタ“3V”はオープンにできます。)
[JP5](DZF): ミュート回路
ON:
使用 (DZF=”H”のときアナログ出力はミュートされます。) <出荷時>
OFF: 不使用
[JP11](SDTI): AK4353のSDTI
DATA: データ入力 <出荷時>
GND: “0”データ入力
n トグルスイッチ(SW1)の動作
上方が“H”、下方が“L”です。
[SW1] (-PD): AK4353のリセット。動作中は”H”側に倒します。
n LEDの表示
[LED1] (VERF): CS8414のVERFピンの出力です。CS8414でエラーが起こると点灯します。
[LED2] (PREM): CS8414が受信したデータのプリエンファシスの有無を示します。
プリエンファシスON時点灯します。
<KM061400>
’99/11
-5-
ASAHI KASEI
[AKD4353]
測定結果
[Measurement condition]
• Measurement unit : ROHDE & SCHWARZ, UPD04
• MCLK
: 256fs
• BICK
: 64fs
• fs
: 44.1kHz, 96kHz
• BW
: 20Hz∼20kHz (fs=44.1kHz), 20Hz∼40kHz (fs=96kHz)
• Bit
: 24bit
• Power Supply : AVDD=DVDD=5V, 3V
• Interface
: DIR (fs=44.1kHz), Serial Multiplex (fs=96kHz)
• Temperature
: Room
fs=44.1kHz
Parameter
S/(N+D)
DR
S/N
fs=96kHz
Parameter
S/(N+D)
DR
S/N
Input signal
1kHz, 0dB
1kHz, -60dB
no signal
Input signal
1kHz, 0dB
1kHz, -60dB
no signal
Measurement filter
20kLPF
20kLPF
20kLPF, A-weighted
20kLPF
20kLPF, A-weighted
5V
97.0dB
99.0dB
102.3dB
99.0dB
102.3dB
3V
93.6dB
94.6dB
97.9dB
94.6dB
97.9dB
Measurement filter
40kLPF
40kLPF
20kLPF, A-weighted
40kLPF
20kLPF, A-weighted
5V
92.5dB
97.0dB
101.5dB
97.0dB
101.5dB
3V
90.8dB
92.6dB
97.1dB
92.6dB
97.1dB
[Measurement condition]
• Measurement unit : Audio Precision, System two, Cascade
• MCLK
: 256fs
• BICK
: 64fs
• fs
: 44.1kHz, 96kHz
• BW
: 10Hz∼20kHz (fs=44.1kHz), 10Hz∼40kHz (fs=96kHz)
• Bit
: 24bit
• Power Supply : AVDD=DVDD=5V, 3V
• Interface
: DIR
• Temperature
: Room
fs=44.1kHz
Parameter
S/(N+D)
DR
S/N
fs=96kHz
Parameter
S/(N+D)
DR
S/N
Input signal
1kHz, 0dB
1kHz, -60dB
no signal
Input signal
1kHz, 0dB
1kHz, -60dB
no signal
Measurement filter
20kLPF
20kLPF
22kLPF, A-weighted
20kLPF
22kLPF, A-weighted
5V
97.4dB
98.8dB
101.6dB
98.6dB
101.8dB
3V
93.8dB
94.3dB
97.3dB
94.3dB
97.3dB
Measurement filter
40kLPF
40kLPF
22kLPF, A-weighted
40kLPF
22kLPF, A-weighted
5V
94.5dB
96.9dB
101.9dB
96.8dB
101.9dB
3V
91.5dB
92.2dB
97.3dB
92.2dB
97.3dB
<KM061400>
’99/11
-6-
ASAHI KASEI
[AKD4353]
n プロット図
[Measurement condition]
• Measurement unit : Audio Precision, System two
• MCLK
: 256fs
• BICK
: 64fs
• fs
: 44.1kHz, 96kHz
• Bit
: 24bit
• Power Supply : AVDD=DVDD=5V
• Interface
: DIR
• Temperature
: Room
[Contents]
1. fs=44.1kHz
Figure 1-1. THD+N vs. Input level
Figure 1-2. THD+N vs. Input frequency
Figure 1-3. Linearity
Figure 1-4. Frequency response
Figure 1-5. Cross-talk
Figure 1-6. FFT (1kHz, 0dBFS)
Figure 1-7. FFT (1kHz, -60dBFS)
Figure 1-8. FFT (noise floor)
Figure 1-9. FFT (out-of-band noise, ∼130kHz)
2. fs=96kHz
Figure 2-1. THD+N vs. Input level
Figure 2-2. THD+N vs. Input frequency
Figure 2-3. Linearity
Figure 2-4. Frequency response
Figure 2-5. FFT (1kHz, 0dBFS)
Figure 2-6. FFT (1kHz, -60dBFS)
Figure 2-7. FFT (noise floor)
<KM061400>
’99/11
-7-
ASAHI KASEI
[AKD4353]
AKM
AK4353 THD+N vs Input Level (AVDD=DVDD=5V, fs=44.1kHz, fin=1kHz)
-90
-91
-92
-93
-94
-95
-96
-97
-98
d
B
r
A
-99
-100
-101
-102
-103
-104
-105
-106
-107
-108
-109
-110
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 1-1. THD+N vs. Input level
AKM
AK4353 THD+N vs fin (AVDD=DVDD=5V, fs=44.1kHz, Input Level=0dBFS)
-80
-81
-82
-83
-84
-85
-86
-87
-88
d
B
r
A
-89
-90
-91
-92
-93
-94
-95
-96
-97
-98
-99
-100
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
Figure 1-2. THD+N vs. Input frequency
<KM061400>
’99/11
-8-
ASAHI KASEI
[AKD4353]
AKM
AK4353 Linearity (AVDD=DVDD=5V, fs=44.1kHz, fin=1kHz)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
d
B
r
-60
A
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 1-3. Linearity
AKM
AK4353 Frequency Response (AVDD=DVDD=5V, fs=44.1kHz, Input Level=0dBFS)
+0.5
+0.45
+0.4
+0.35
+0.3
+0.25
+0.2
+0.15
+0.1
d
B
r
A
+0.05
+0
-0.05
-0.1
-0.15
-0.2
-0.25
-0.3
-0.35
-0.4
-0.45
-0.5
2k
4k
6k
8k
10k
12k
14k
16k
18k
20k
Hz
Figure 1-4. Frequency response
<KM061400>
’99/11
-9-
ASAHI KASEI
[AKD4353]
AKM
AK4353 Cross-talk (AVDD=DVDD=5V, fs=44.1kHz, Input Level=0dBFS)
-100
-101
-102
-103
-104
-105
-106
-107
-108
-109
d
B
-110
-111
-112
-113
-114
-115
-116
-117
-118
-119
-120
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
10k
20k
Hz
Figure 1-5. Cross-talk
AKM
AK4353 FFT (AVDD=DVDD=5V, fs=44.1kHz, fin=1kHz, Input Level=0dBFS)
FFT points=16384, Avg=8, Window=Equirriple
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
Hz
Figure 1-6. FFT (1kHz, 0dBFS)
<KM061400>
’99/11
- 10 -
ASAHI KASEI
[AKD4353]
AKM
AK4353 FFT (AVDD=DVDD=5V, fs=44.1kHz, fin=1kHz, Input Level=-60dBFS)
FFT points=16384, Avg=8, Window=Equirriple
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
5k
10k
20k
Hz
Figure 1-7. FFT (1kHz, -60dBFS)
AKM
AK4353 FFT (AVDD=DVDD=5V, fs=44.1kHz, No signal input)
FFT points=16384, Avg=8, Window=Equirriple
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 1-8. FFT (noise floor)
<KM061400>
’99/11
- 11 -
ASAHI KASEI
AKM
[AKD4353]
AK4353 FFT (Outband noise ~130kHz; AVDD=DVDD=5V, fs=44.1kHz, No signal input)
FFT points=16384, Avg=8, Window=Equirriple
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
600
1k
2k
5k
10k
20k
50k
100k
Hz
Figure 1-9. FFT (out-of-band noise)
<KM061400>
’99/11
- 12 -
ASAHI KASEI
[AKD4353]
AKM
AK4353 THD+N vs Input Level (AVDD=DVDD=5V, fs=96kHz, fin=1kHz)
-90
-91
-92
-93
-94
-95
-96
-97
-98
d
B
r
A
-99
-100
-101
-102
-103
-104
-105
-106
-107
-108
-109
-110
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 2-1. THD+N vs. Input level
AKM
AK4353 THD+N vs fin (AVDD=DVDD=5V, fs=96kHz, Input Level=0dBFS)
-80
-81
-82
-83
-84
-85
-86
-87
-88
d
B
r
A
-89
-90
-91
-92
-93
-94
-95
-96
-97
-98
-99
-100
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
Hz
Figure 2-2. THD+N vs. Input frequency
<KM061400>
’99/11
- 13 -
ASAHI KASEI
[AKD4353]
AKM
AK4353 Linearity (AVDD=DVDD=5V, fs=96kHz, fin=1kHz)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
d
B
r
-60
A
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 1-3. Linearity
AKM
AK4353 Frequency Response (AVDD=DVDD=5V, fs=96kHz, Input Level=0dBFS)
+0.5
+0.45
+0.4
+0.35
+0.3
+0.25
+0.2
+0.15
+0.1
d
B
r
A
+0.05
+0
-0.05
-0.1
-0.15
-0.2
-0.25
-0.3
-0.35
-0.4
-0.45
-0.5
2.5k
5k
7.5k
10k
12.5k
15k
17.5k
20k
22.5k
25k
27.5k
30k
32.5k
35k
37.5k
40k
Hz
Figure 1-4. Frequency response
<KM061400>
’99/11
- 14 -
ASAHI KASEI
[AKD4353]
AKM
AK4353 FFT (AVDD=DVDD=5V, fs=96kHz, fin=1kHz, Input Level=0dBFS)
FFT points=16384, Avg=8, Window=Equirriple
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
20k
40k
Hz
Figure 2-5. FFT (1kHz, 0dBFS)
Upper: Notch OFF, Lower: Notch ON
AKM
AK4353 FFT (AVDD=DVDD=5V, fs=96kHz, fin=1kHz, Input Level=-60dBFS)
FFT points=16384, Avg=8, Window=Equirriple
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
Hz
Figure 2-6. FFT (1kHz, -60dBFS)
<KM061400>
’99/11
- 15 -
ASAHI KASEI
[AKD4353]
AKM
AK4353 FFT (AVDD=DVDD=5V, fs=96kHz, No signal input)
FFT points=16384, Avg=8, Window=Equirriple
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
Hz
Figure 2-7. FFT (noise floor)
<KM061400>
’99/11
- 16 -
ASAHI KASEI
[AKD4353 Control Program]
AKD4353 Control Program ver 2.0 操作マニュアル
1. IBM-AT 互換機と AKD4353 を同梱の 10 線フラットケーブルで接続して下さい。10 ピンヘッダーの向きに注意して
下さい(評価マニュアルを参照して下さい)
。
2. “WINDOWS 95”または“WINDOWS 98”を立ち上げて下さい。
3. “AKD4353 Control Program ver 2.0”のラベルが貼ってあるフロッピーディスクをフロッピーディスクドライブに挿入し
て下さい。
4. “MS-DOS”をスタートメニューから立ち上げて下さい。
5. MS-DOS プロンプトでディレクトリをフロッピーディスクドライブ(例えば a:)に切り替えて下さい。
6. “ak4353”と入力して下さい。
7. 後は表示画面に従って下さい(以下参照)
。
====================== <<操作手順>> =======================
コントロールモード入力(3 線シリアルまたは I2C バス)
チップアドレス入力(2bit)
データ書き込み、レジスタマップ表示、レジスタ初期化等à繰り返し
=========================================================
‘00/2
-1-
ASAHI KASEI
[AKD4353 Control Program]
まず次のように表示されます。
****** AK4353 Control Program ver 2.0 , '00/2 ******
copyright(c) 2000, Asahi Kasei Microsystems co.,ltd.
All rights reserved.
Input control mode
0: 3-wire Serial, 1: I2C Bus
:
0 か 1 を入力して下さい。
続いて次のように表示されます。
Input Chip Address(CAD1,CAD0) (2 figure, binary) =
チップアドレスを 2 進数 2 桁で入力して下さい。
AKD4353 に電源を投入する前に CAD1と CAD0 を設定して下さい。
CAD1と CAD0 を変更した場合、SW1(-PD)を”L”にした後”H”に戻して下さい。
チップアドレスが決まると、次のようなデフォルトのレジスタマップが表示されます(以下、繰り返し)
。
3-wire Serial control mode
CAD1-0=00 -------------------------------------ADDR = 00 : 0B <Control 1> ( 0
0
0
0
DIF2 DIF1 DIF0 RSTN )
ADDR = 01 : 01 <Control 2> ( 0
0
DFS1 DFS0 CKS2 CKS1 CKS0 RSTN )
ADDR = 02 : 94 <Control 3> ( PL3 PL2 PL1 PL0 DEM1 DEM0 ATC SMUTE)
ADDR = 03 : FF <Lch ATT>
( ATT7 ATT6 ATT5 ATT4 ATT3 ATT2 ATT1 ATT0 )
ADDR = 04 : FF <Rch ATT>
( ATT7 ATT6 ATT5 ATT4 ATT3 ATT2 ATT1 ATT0 )
ADDR = 05 : 00 <TX>
( 0
0
0
0
0
0
V
TXE )
ADDR = 06 : 00 <Ch Status 1>( 0
CS29 CS28 CS24 CS3 CS2 CS2 CS1 )
ADDR = 07 : 04 <Ch Status 2>( CS15 CS14 CS13 CS12 CS11 CS10 CS9 CS8 )
Input 1(Write), R(Reset), T(Table), I(Increment), D(Decrement) or S(Stop) :
1) “1”を入力すると AK4353 にデータを書き込むことが出来ます。
You can write data to AK4353
Input Register Address (2 figure, hex) (00-07) =
レジスタアドレスを 16 進数 2 桁で入力して下さい。
するとそのアドレスの現在のデータが表示されます。
ADDR = 00 : 0B <Control 1> ( 0
0
0
0
DIF2 DIF1 DIF0 RSTN )
0
0
0
0
1
0
1
1
Input Register Data
(2 figure, hex) (00-FF) =
このアドレスにデータを書き込むことが出来ます。データを 16 進数 2 桁で入力して下さい。
データシートを参照して下さい。
すると書き込まれたデータが表示されます。
ADDR = 00 : 09 <Control 1> ( 0
0
0
0
DIF2 DIF1 DIF0 RSTN )
0
0
0
0
1
0
0
1
‘00/2
-2-
ASAHI KASEI
[AKD4353 Control Program]
2) “R”か”r”を入力すると、全レジスタを初期化します。
3) “T”か”t”を入力すると、現在のレジスタマップが表示されます。
4) “I”か”i”を入力すると、前回書き込んだアドレス(03Hか 04H の場合のみ)のデータを 1 増やします。この場合ATT
値が 1step 上がります。
5) “D”か”d”を入力すると、前回書き込んだアドレス(03H か 04H の場合のみ)のデータを 1 減らします。この場合
ATT 値が 1step 下がります。
6) “S”か“s”を入力すると、プログラムを終了します。
‘00/2
-3-
5
4
3
2
1
JP1
GND
Analog Ground
JP2
3V
5V-3V
2
DVDD
C5
0.1u
for 74LVC541
C8
0.1u
C9 +
0.1u
DVDD
C11 10u
L3
2
5V
C14
0.1u
1k
C160.1u
MCKO
5V
R5
10k
U3A
L
C20
2
3
74HC14
U3B
4
2
3
4
5
6
7
8
9
MCKI
BICK
SDTI
LRCK
74HC14
1
19
0.1u
SW1
-PD
5
U3C
U2
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
A8
Y1
Y2
Y3
Y4
Y5
Y6
Y7
Y8
G1
G2
74LVC541
18
17
16
15
14
13
12
11
R29
R30
R31
R32
R33
(short)
(short)
(short)
(short)
(short)
1
3
JP3
DVDD
R2
(short)
5.1
U?
1 MCKO
DZF
2 TX
NC
3 DVDD
AVDD
4 DVSS
AVSS
5 MCKI
VCOM
6 BICK
AOUTL
7 SDTI
AOUTR
8 LRCK
CAD0
9
CAD1
10 PDN
CSN
I2C
11 SCL/CCLK TTL
12 SDA/CDTI TST
1
C12
10u
11
74HC14
U3E
10
13
74HC14
U3F
12
13
U4C
1
74LS07
3
5V
A
10
8
6
4
2
PORT2
9 -CS
7 SCK/CCLK
5 SDA/CDTI
3 SDA(ACK)
1
R3
220
AOUTL
R4
27k
C19
10u
C
R6
220
AOUTR
R7
27k
2
1
2
3
4
5
6
7
8
9
1
2
3
4
5
6
7
8
SW2
16
15
14
13
12
11
10
9
CAD1
CAD0
I2C
TTL
TST
M2
M1
M0
DVDD
B
MODE
47k
U4B
4
74LS07
R10
10k
R11
10k
R12
10k
R13
10k
11
U4E
R14
10
DVDD
A
10k
74LS07
U4D
8
9
Title
Size
74LS07
CTRL
A4
Date:
5
C15
10u
74LS07
74HC14
R1551
R1651
JP4
R1751
3-WIRE R1851
U4A
C10
10u
DZF
6
74LS07
U4F
12
AVDD2
C13
0.1u
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
RP1
5
AVDD
1
10u
C17
0.1u
B
9
2
C3
47u
+
AK4353
6
74HC14
U3D
8
1
M0
M1
M2
R1
(short)
for 74HCU04, 74LS07, 74HC14,
74AC74, 74HC4040
C
H
C2
47u
2
4
3
2
1
TOTX174
1
+
3V
PORT1
5
IN
VCC
IF
6 GND
D1
C1
47u
+
6
C7
0.1u
D
L2
+
5
C6
0.1u
AVDD
+
C4
0.1u
L1
+
5V
D
+
Digital Ground
4
3
2
Document Number
AKD4353
Rev
AK4353
A
Monday, November 15, 1999 Sheet
1
1
of
2
2
0.1u
D
3
TR1
RN1202
(10k,10k)
OFF
AVDD2
TR2
RN2202
(10k,10k)
3
2
C21
JP5
DZF
D
1
ON
DZF
1
1
3
1
4
2
5
R19
3
TR3
2SC3327
2
10k
J1
AOUTL
1
1
AOUTL
3
AVDD2
TR5
RN2202
(10k,10k)
1
2
3
2
TR4
RN1202
(10k,10k)
R20
3
TR6
2SC3327
J2
AOUTR
2
10k
AOUTR
JP6
LRCK
X_LRCK
ADC
DIR_LRCK
DIR
X_BICK
ADC
DIR_BICK
DIR
C
C
LRCK
JP7
BICK
1
THR
U7A
1
2
INV
VD
74HCU04
JP12
10k
D
3
CLK
DIR_DATA
JP13
DIR
D
11
CLK
Q 6
74AC74
1
VD
LED1
2
R23
VERF
1k
1
3
MCKI
10u
R25
1k
C28
JP16
RCA/OPT
3
RCA
J3
RCA
R27
75
2
0.01u
X_BICK
x1/128
x1/256
X_LRCK
JP10
X_LRCK
B
13
C30
DIR_LRCK
DIR_BICK
0.1u
U9
C
Cd/F1
Cc/F0
Cb/E2
Ca/E1
C0/E0
VD+
DGND
RXP
RXN
FSYNC
SCK
CS12/FCK
U
VERF
Ce/F2
SDATA
ERF
M1
M0
VA+
AGND
FILT
MCK
M2
M3
SEL
CBL
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
DIR
BNC
XTL
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
8
U7E
9
10
74HCU04
C25
1
1M
U7D
C23 10u
M1
M0
X1
R24
JP14
CLK
JP15
11
XTE
74HCU04
0.1u
C26
C27
(open)
(open)
C29
M2
R26
1k
U7C
47n
6
5
74HCU04
C31
CS8414
A
J4
BNC
R28
51
Title
0.01u
Size
A3
Date:
5
X_BICK
11.2896MHz
2
+
0.1u
2
PREM
1
OPT
TORX174
5
6
7
8
Q 8
74AC74
2
74HCU04
L4
1
LED2
+C22
U5
MCKO
U7B
4
10u
C24
1
2
3
4
x1
x1/2
x1/4
x1/8
74HCU04
1
2
4
3
2
1
9
Q
9
7
6
5
3
2
4
13
12
14
15
1
U7F
1
5
PORT4
6 GND
VCC
GND
5 OUT
10
12
Q1
Q2
RST Q3
Q4
Q5
Q6
Q7
Q8
Q9
Q10
Q11
Q12
74HC4040
12
L5
47u
6
11
CLK
5V
2
R22
1k
5V
A
5
1
B
U8B
Q
PR
2
CL
U8A
3
DATA
R21
13
SDTI
4
2
PR
JP11
SDTI
ADC/ROM 5V
3
GND
U6
10
x1
x2
x4
X_MCLK
3
PORT3
10
9
8
7
6
CL
1
2
3
4
5
JP9
1
GND
MCLK
BICK
LRCK
SDATA
AD/ROM
JP8
BICK_PHASE
2
BICK
4
3
2
Document Number
AKD4353
Rev
Interface
Monday, November 15, 1999 Sheet
1
A
2
of
2
重要な注意事項
• 本書に記載された製品、及び、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更することがあります。
従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営業担当、あるいは弊
社特約店営業担当にご確認下さい。
• 本書に掲載された情報・図面の使用に起因した第三者の所有する特許権、工業所有権、その他の権利に対する
侵害につきましては、当社はその責任を負うものではありませんので、ご了承下さい。
• 本書記載製品が、外国為替及び、外国貿易管理法に定める戦略物資
(役務を含む)に該当する場合、輸出する
際に同法に基づく輸出許可が必要です。
• 医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置
・機器の故障や動作不良が、直接ま
たは間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて高い信頼性を
要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず事前に弊社代表取締役の書面による同意をお取り下さ
い。
• この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ずる損害等の責任を
一切負うものではありませんのでご了承下さい。
• お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その使用から損害等
が生じた場合は全てお客様にてご負担または補償して頂きますのでご了承下さい
。
Similar pages