AK4589VQ

ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
AKD4589-B
AK4589評価ボードRev.2
概 要
AKD4589-BはDIR,DITを内蔵した2ch ADCと8ch DACを持つ1チップ24bit CODEC 、AK4589の評価用
ボードです。当社A/Dコンバータ及びD/Aコンバータの評価用ボードとのインタフェースを装備してお
り、手軽に評価可能です。更にディジタルインタフェースにも対応しており、光コネクタ及びBNCコネ
クタを介してディジタルオーディオ機器とインタフェース可能です。
„ オーダリングガイド
AKD4589-B
--- AK4589評価用ボード
PC(IBM-AT互換機)のプリンタポートとの接続用の10線フラットケーブルとコント
ロールソフトおよびWindows 2000/XP用のドライバを同梱
2
コントロールソフトは、I Cには対応していません。 また、Windows NT上では動
作しません。
Windows 2000/XPでご使用の場合、同梱のドライバのインストールが必要です。
Widows95/98/MEでご使用の場合はドライバのインストールは不要です。
機 能
† クロック発生回路内蔵
† 2種類のインタフェースを装備
-光入出力及びBNC入力が可能
- AC3デコーダとのインタフェースを容易にする10ピンヘッダー
† シリアルコントロール用10ピンヘッダー
-12V +12V
Regulator
GND
LIN
RIN
Input
Buffer
Control Data
10pin Header
LOUT1
ROUT1
LOUT2
BNC In
Output
Buffer
AK4589
Opt In
Opt Out
ROUT2
BNC Out
Through Out
LOUT3
ROUT3
AC3
LOUT4
10pin Header
ROUT4
B, C, U, V
10pin Header
Figure 1. AKD4589-Bブロック図(* 回路図、パターン図は文末に添付。)
<KM076201>
2005/07
-1-
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
評価ボードマニュアル
„ 操作手順
1) 電源の配線(「その他のジャンパ設定」を参照のこと。)
名称
色
電圧
内訳
備考
レギュレータ,
レギュレータ, 入出力バッファ(OPアンプ) 用の電源です。
+12V
赤 +12∼+15V
入出力バッファ(OPアンプ)
必ず接続します。
入出力バッファ(OPアンプ)用の電源です。
-12V
青
入出力バッファ(OPアンプ)
-12∼-15V
必ず接続します。
AGND
0V
黒
アナロググランド
アナログのグランドです。必ず接続します。
デジタルのグランドです。JP1がオープンの場合は必ず接
DGND
0V
黒
デジタルグランド
続します。JP1がショートの場合は、このコネクタをオープン
にすることが可能です。
Table 1. 電源の配線
(注意)配線は電源の根本から分けます。
2) 評価モード、ジャンパピン、DIPスイッチの設定(以下参照)
3) 電源投入
AK4589は、電源投入後必ず一度 リセットを行います。
リセットの方法は、SW1(PDN)を一旦 “L”にしてパワーダウンを行い、その後 “H”にしてパワーダウンの解除を行
います。
<KM076201>
2005/07
-2-
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
„ 評価モード
対応可能な評価モード
(A) AK4589内蔵DIRを使用したDAC部の評価
(B) AK4589内蔵DITを使用したADC部の評価
(A) AK4589内蔵DIRを使用したDAC部の評価
1-1. ディジタル入力(バイフェーズ入力)について
1-1-1. ディジタル入力(バイフェーズ入力)には光コネクタ PORT3(TORX176,RX0)またはBNCコネクタ
J12(RX0)を使用します。
1-1-2. ディジタル入力(バイフェーズ入力)に光コネクタ PORT3(TORX176,RX0)とBNCコネクタ J12(RX0) のど
ちらを使用するかを、JP3(RX0)によって選択します。
RX0に光コネクタPORT3(TORX176,RX0) を使用する場合は、JP3(RX0)をOPT側に設定します。一
方、RX0にBNCコネクタJ12(RX0)を使用する場合は、JP3(RX0)をBNC側に設定します。(下図参照)
JP3
BNC
JP3
OPT
BNC
OPT
or
RX0
RX0
BNC コネクタを使用する場合
光コネクタを使用する場合
Figure 2. JP3(RX0)の設定:ディジタル入力(バイフェーズ入力)の選択
1-1-3. AK4589 (DIR/DIT)部のコントロールレジスタのaddr:00H:CLK & Power Down Controlの
(D5:CM1,D4:CM0)に (0,0)を書き込みます。(CM10=00:マスタークロック動作モード=PLLモード)
このとき、 クロックソースはPLLです。
(Defaultの設定はPLLです。Defaultのままで評価可能です。)
1-1-4.ディップスイッチSW2-2(MASTER)をONに設定します。
このとき動作モードはマスターモードです。
オーディオデータフォーマットは、24bit, Left justifiedです。
( 詳細はデータシート参照)
(Defaultの設定はマスターモードです。Defaultのままで評価可能です。)
1-2. アナログ出力について
1-2-1. アナログ出力にはBNCコネクタ J2(LOUT1), J1(ROUT1), J4(LOUT2), J3(ROUT2), J6(LOUT3),
J5(ROUT3), J8(LOUT4), J7(ROUT4)を使用します。
<KM076201>
2005/07
-3-
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(B) AK4589内蔵DITを使用したADC部の評価
2-1. アナログ入力について
2-1-1. アナログ入力には、BNCコネクタ J10 (LIN), J9 (RIN) を使用します。
2-2. ディジタル出力(バイフェーズ出力)について
2-2-1. ディジタル出力(バイフェーズ出力)には光コネクタ PORT2(TOTX176,TX1)またはBNCコネクタ
J11(TX1)を使用します。
2-2-2. ディジタル出力(バイフェーズ出力)に光コネクタ PORT2(TOTX176,TX1)とBNCコネクタ J11(TX1)のど
ちらを使用するかを、JP2(TX1)によって選択します。
TX1に光コネクタPORT2(TOTX176,TX1)を使用する場合は、JP2(TX1)をOPT側に設定します。一
方、TX1にBNCコネクタJ11(TX1)を使用する場合は、JP2(TX1)をBNC側に設定します。(下図参照)
JP2
BNC
JP2
OPT
BNC
OPT
or
TX1
TX1
BNC コネクタを使用する場合
光コネクタを使用する場合
Figure 3. JP2(TX1)の設定:ディジタル出力(バイフェーズ出力)の選択
2-2-3.AK4589 (DIR/DIT)部のコントロールレジスタのaddr:00H:CLK & Power Down Controlの
(D5:CM1,D4:CM0)に(0,1)を書き込みます。(CM10=01:マスタークロック動作モード=X’tal モード)
このとき、クロックソースはX’tal(X1)です。
2-2-4 ディップスイッチSW2-2(MASTER)をONに設定します。
このとき動作モードはマスターモードです。
オーディオデータフォーマットは、24bit, Left justifiedです。
( 詳細はデータシート参照)
(Defaultの設定はマスターモードです。Defaultのままで評価可能です。)
<KM076201>
2005/07
-4-
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
„ DIPスイッチの設定
[SW2]: AK4589の設定 (SW2のNo.2~6は、ONが1(H), OFFが0(L)です。)
No.
Pin
OFF
ON
Defaultの状態
1
-
-
-
OFF
2
MASTER
スレーブモード
マスターモード
3
XTL1
ON(1,H)
ON(1,H)
4
XTL0
5
CAD1
6
CAD0
サンプリング周波数検出(Table 4,5参照)
ON(1,H)
ADC/DACのチップアドレスの設定
OFF(0,L)
ADC/DACのチップアドレスの設定
ON(1,H)
Table 2. SW2の設定
注) ADC/DACのチップアドレス:CAD1, CAD0は0(L),1(H)固定です。
したがって、設定はOFF(0,L), ON(1,H)固定です。
„ サンプリング周波数検出
AK4589はサンプリング周波数検出法として2種類の方法が選択可能です。XTL1-0 pinにより、X’talの周波数との比較
で周波数を検出してコントロールレジスタのFS0, FS1, FS2, FS3 bitに出力します。比較するX’talの周波数を以下のレジ
スタにより選択できます。XTL1-0 pin =ON(1,H),ON(1,H)の場合には水晶発振回路は停止し、チャネルステータスのサ
ンプリング周波数情報をエンコードしてコントロールレジスタのFS0, FS1, FS2, FS3, PEM bitに出力します。
XTL1
OFF(0,L)
OFF(0,L)
ON(1,H)
ON(1,H)
XTL0
OFF(0,L)
ON(1,H)
OFF(0,L)
ON(1,H)
X’tal Frequency
11.2896MHz
12.288MHz
24.576MHz
Default
(チャネルステータス使用)
Table 3. リファレンス水晶周波数
XTL1,0= “1,1”以外
XTL1,0= “1,1”
Consumer
mode
Professional mode
Clock comparison
(Note 2)
(Note 1)
Byte3
Byte0
Byte4
FS3
FS2
FS1
FS0
Bit3,2,1,0
Bit7,6
Bit6,5,4,3
0
0
0
0
44.1kHz
44.1kHz
0000
01
0000
0
0
0
1
Reserved
Reserved
0001
(Others)
0
0
1
0
48kHz
48kHz
0010
10
0000
0
0
1
1
32kHz
32kHz
0011
11
0000
1
0
0
0
88.2kHz
88.2kHz
(1000)
00
1010
1
0
1
0
96kHz
96kHz
(1010)
00
0010
1
1
0
0
176.4kHz
176.4kHz
(1100)
00
1011
1
1
1
0
192kHz
192kHz
(1110)
00
0011
Note 1: 少なくとも±3%の範囲については上Table 4の通り判別されます。中間の周波数については、近い周波数帯
のどちらかの値を示します。32kHz∼192kHzの範囲から大きくはずれた場合にはFS3-0 bit = “0001 になりま
す。
Note 2: 民生モードではByte3 Bit3-0はFS3-0 bitにコピーされます。
Register output
fs
Table 4. サンプリング周波数情報
<KM076201>
2005/07
-5-
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
„ その他のジャンパ設定
[JP1] (GND): アナロググランドとディジタルグランド
オープン: 分離。
ショート : 共通。コネクタ “DGND”はオープンに出来ます。<出荷時>
„ トグルスイッチの動作
[SW1](PDN): AK4589のリセット。
電源投入後、必ず一度 SW1(PDN)を “L”にしてパワーダウンを行い、その後SW1(PDN)を “H”にします。
AK4589の動作中はSW1(PDN)を常に “H”にしておきます。
„ LEDの表示
AK4589のINT0ピンとINT1ピンの各ピン出力が “H”のとき点灯します。
[LE1] (INT0): AK4589のINT0ピン出力
[LE2] (INT1): AK4589のINT1ピン出力
„ シリアルコントロール
AK4589 はPC( IBM-AT互換機)からプリンタポート(パラレルポート)を通してコントロール可能です。
PCのプリンタポート(パラレルポート) とAKD4589-BのPORT1 (up-I/F)とを同梱の10線フラットケーブルで接続し
ます。このとき、10ピンコネクターと10ピンヘッダーの向きに注意します。
1
10
CSN
SCL / CCLK
Connect
PC
AKD4589-B
SDA / CDTI
SDA(ACK) / CDTO
RED
10 wire flat cable
10 pin Connector
5
PORT1
uP-I/F
6
10 pin Header
Figure 4. 10線フラットケーブルの接続
PORT5
„ AC3デコーダとのインタフェース
10
PORT5 (ADC/DAC)を使ってAC3デコーダとインタフェース可能です。
4本のシリアルデータがPORT5を介してAC3デコーダから入力
されます。PORT5のピン配置はFigure 5.のようになっています。
9
MCKO
GND
BICK
GND
LRCK
SDTI1
SDTO
SDTI2
SDTI3
1
SDTI4
2
ADC/DAC
Figure 5. PORT5のピン配置
<KM076201>
2005/07
-6-
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
„ B,U,C,V出力,V入力
B,U,C,V出力, V入力は、PORT4(BUCV)を使って行います。
PORT4のピン配置はFigure 6.のようになっています。
10
PORT4
BUCV
9
GND
BOUT
GND
COUT
GND
UOUT
GND
VOUT
GND
2
VIN
1
Figure 6. PORT4のピン配置
„ アナログ入力
AKD4589-Bでは、アナログ入力にBNCコネクタJ10(LIN),J9(RIN)を使用します。アナログ入力はシングルエンド
[email protected][email protected][email protected][email protected]たもの
をAK4589のアナログ入力とする関係上、評価用ボードの入力レンジは、AK4589のデバイス単体のときの2倍の
[email protected]レンジはVREFHに比例します(3.1=0.62x VREFH)。
本ボード上ではVREFHはAVDDに接続されています。)
„ アナログ入力回路
3.1Vpp
Op-amp circuit
AK4589
330
22u
6.2Vpp
+
-
RIN 33
LIN 32
NJM4580
330
Signal
Same circuit
Figure 7. アナログ入力回路
1) ゲイン
入力回路のゲインは
330/(330+330) = -6.02dB
従って、ボードへの入力フルスケールは、
+0.80dBV(=3.1Vpp)+6.02dB
= +6.82dBV = 6.20Vpp = 2.19Vrms
となります。
2) オペアンプ回路のS/N (理論値: 帯域20k+A)
ボード上には非反転アンプを実装しています。オペアンプ回路の出力ノイズは、
-126.01dBV = -132.54dB (0dB=+6.53dBV)
ADC単体のS/Nは
101.6dB (実測値)
従って、オペアンプ回路とADC単体の合計のS/Nは
101.60dB (実測値: 101.6dB)
となります。
<KM076201>
2005/07
-7-
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
„ アナログ出力
AKD4589-Bでは、アナログ出力にBNCコネクタJ2(LOUT1), J1(ROUT1), J4(LOUT2), J3(ROUT2), J6(LOUT3),
J5(ROUT3) , J8(LOUT4),J7(ROUT4)を使用します。アナログ出力はシングルエンドで、各チャネルの出力レンジ
は±[email protected][email protected]で、各チャネルの出力レンジは
±[email protected][email protected]と
きの約1.41倍の±[email protected]レンジはVREFHに比例します
(2.7=0.54 x VREFH)。本ボード上ではVREFHはAVDDに接続されています。)
„ アナログ出力回路
+15
3.3n
+
180
AOUTL- +
3.9n
10k
330
7
3
2 +
4
-15
10u
0.1u
6
NJM4580
+
10u
1.0n
1.2k
680
620
620
3.3n
+
100u
180
7
3
+
2 4
330
3.9n
680
2
- 4
3 + 7
100
6
Lch
1.0n NJM4580
10u
0.1u
6
NJM4580
1.2k
10k
AOUTL+ +
+10u
0.1u
560
0.1u
560
100u
0.1u
+
+
10u
10u
0.1u
Figure 8. アナログ出力回路
AKD4589-Bでは、AK4589の差動出力を非反転バッファ(2次LPF, fc=182k, Q=0.637, G=+3.9dB)を通して出力する差
動出力回路とその出力を加算するLPF(1次LPF, fc=284k, G=-0.84dB)を実装しています。オペアンプには低雑音高耐
圧のNJM4580を使用しています。BNCコネクタから±3.82Vpp([email protected]=5.0V)で出力されます。
なお当社では、回路例の使用によるトラブルについてはその一切の責任を負いません。
あらかじめご了承ください。
<KM076201>
2005/07
-8-
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
AKD4589 (DIR/DIT)部 Control Program 操作マニュアル
„ 評価ボードとコントロールソフトの設定
(注意) コントロールソフトは、I2Cには対応していません。また、Windows NT上では動作しません。
Windows 2000/XPでご使用の場合は、同梱のドライバのインストールが必要です。
Widows95/98/MEでご使用の場合はドライバのインストールは不要です。
なお、ドライバのインストール方法については、
AKMデバイス・コントロール・ソフトウェア・ドライバー・インストール・マニュアル
を参照して下さい。
1. AKD4589-Bを前項参照の上、適宜、設定します。
2. PCのプリンタポート(パラレルポート) とAKD4589-BのPORT1 (up-I/F)とを同梱の10線フラットケーブルで接続しま
す。このとき、10ピンコネクターと10ピンヘッダーの向きに注意します。
3. “AKD4589-B Control Program ver 2.0”のラベルが貼ってあるCD-ROMをCD-ROMドライブに挿入します。
4. CD-ROMドライブにアクセスして、 “akd4589-b_dir_dit_2.exe” をダブルクリックし、コントロールプログラムを立ち
上げます。
5. 後は下記を参照してAK4589 (DIR/DIT)部の評価を行います。
„ 操作手順
下記の手順を守って下さい。
1. 上記に従って、コントロールプログラムを立ち上げます。
2. Write defaultボタンをクリックします
3. 後は適宜、ダイアログを立ち上げ、データを入力してAK4589 (DIR/DIT)部の評価を行います。
„ 各ボタンの説明
1. [Write default] : 全てのレジスタに初期設定のデータを書き込みます。
初期設定のデータは全てのレジスタのレジスタマップに表示されます。赤字は “H”または “1”を
表し、青字は “L”または “0”を表します。ブランク部分はデータシートで定義されていない部分
です。
2. [All Read] :
全てのレジスタのデータの読み出しを行います。
読み出されたデータは全てのレジスタのレジスタマップに表示されます。赤字は “H”または “1”
を表し、青字は “L”または “0”を表します。ブランク部分はデータシートで定義されていない部
分です。
3. [Function1] :
キーボード操作による書き込みダイアログ を立ち上げます。
4. [Write] :
全てのレジスタについて、各レジスタごとに存在します。
該当するレジスタの マウス操作によるデータ書き込みダイアログ を立ち上げます。
該当するレジスタの各ビットのチェックボックスにマウスでチェックをいれるかまたははずすことに
よって、各ビットごとに”ON”/”OFF”の設定ができます。
各ビットごとの”ON”/”OFF”の設定後、入力した値をレジスタに書き込む場合は “OK”ボタンを、
書き込まない場合は Cancel ボタンを押します。
<KM076201>
2005/07
-9-
ASAHI KASEI
5. [Read] :
[AKD4589-B]
いくつかのレジスタについて、各レジスタごとに存在します。
該当するレジスタのデータの読み出しを行います。
読み出されたデータは該当するレジスタのレジスタマップに表示されます。赤字は H または
1 を表し、青字は L または 0 を表します。ブランク部分はデータシートで定義されていな
い部分です。
„ 各ダイアログの説明
1. [Function1ダイアログ] : キーボード操作によるデータ書き込みダイアログ
・Address入力ボックス:
データを書き込むレジスタのアドレスを16進数2桁で入力します。
・Data入力ボックス:
そのレジスタに書き込むデータを16進数2桁で入力します。
・ 入力した値をレジスタに書き込む場合は “OK”ボタンを、書き込まない場合は “Cancel”
ボタンを押します。
2. [Writeダイアログ] :
マウス操作によるデータ書き込みダイアログ
・各レジスタに対応したダイアログがあります。
・各レジスタに対応したWriteボタンをクリックし、ダイアログを立ちあげます。チェックボックスを
チェック(9点がチェックした印です)すると、データは “H”または “1”になり、チェックしなければデータは “L”ま
たは “0”になります。
・入力した値をレジスタに書き込む場合は OK ボタンを、書き込まない場合は Cancel ボタンを押します。
„ データの表示
入力されたデータはレジスタマップに表示されます。赤字は “H”または “1”を表し、青字は “L”または “0”を表します。
ブランク部分はデータシートで定義されていない部分です。
„ 操作上の注意
Function1ダイアログを立ち上げたら、必ず全てのボックスにデータを入力して下さい。データシートで許されていない
データやアドレスを入力した場合、または、データの入力が途中の場合で “OK”ボタンをクリックした場合は、警告ダイ
アログが表示されますので、再度、ダイアログを立ち上げて、データを入力し直して下さい。 “Cancel”ボタンをクリックし
た場合及び、チェックボックスの場合はこの限りではありません。
<KM076201>
2005/07
- 10 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
AKD4589 (ADC/DAC)部 Control Program 操作マニュアル
„ 評価ボードとコントロールソフトの設定
(注意) コントロールソフトは、I2Cには対応していません。また、Windows NT上では動作しません。
Windows 2000/XPでご使用の場合は、同梱のドライバのインストールが必要です。
Widows95/98/MEでご使用の場合はドライバのインストールは不要です。
なお、ドライバのインストール方法については、
AKMデバイス・コントロール・ソフトウェア・ドライバー・インストール・マニュアル
を参照して下さい。
1. AKD4589-Bを前項参照の上、適宜、設定します。
2. PCのプリンタポート(パラレルポート) とAKD4589-BのPORT1 (up-I/F)とを同梱の10線フラットケーブルで接続しま
す。このとき、10ピンコネクターと10ピンヘッダーの向きに注意します。
3. “AKD4589-B Control Program ver 2.0”のラベルが貼ってあるCD-ROMディスクをCD-ROMディスクドライブに挿
入します。
4. CD-ROMドライブにアクセスして、“akd4589-b_adc_dac_2.exe”をダブルクリックし、コントロールプログラムを立ち
上げます。
5.後は下記を参照してAK4589 (ADC/DAC)部の評価を行います。
注) ADC/DACのチップアドレス:CAD1, CAD0は0,1固定です。(CAD1-0=01)
„ 操作手順
下記の手順を守って下さい。
1.上記に従って、コントロールプログラムを立ち上げます。
2. Write defaultボタンをクリックします。
3. 後は適宜、ダイアログを立ち上げ、データを入力してAK4589 (ADC/DAC)部の評価を行います。
„ 各ボタンの説明
1. [Write default] : 全てのレジスタに初期設定のデータを書き込みます。
初期設定のデータは全てのレジスタのレジスタマップに表示されます。赤字は “H”または “1”
を表し、青字は “L”または “0”を表します。ブランク部分はデータシートで定義されていない
部分です。
2. [Function1] :
キーボード操作による書き込みダイアログ を立ち上げます。
3. [Function2] :
キーボード操作による書き込みダイアログ を立ち上げます。
4. [Write] :
全てのレジスタについて、各レジスタごとに存在します。
該当するレジスタの マウス操作によるデータ書き込みダイアログ を立ち上げます。
該当するレジスタの各ビットのチェックボックスにマウスでチェックをいれるかまたははずすこと
によって、各ビットごとに”ON”/”OFF”の設定ができます。
各ビットごとの”ON”/”OFF”の設定後、入力した値をレジスタに書き込む場合は “OK”ボタン
を、書き込まない場合は “Cancel”ボタンを押します。
<KM076201>
2005/07
- 11 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
„ 各ダイアログの説明
1. [Function1ダイアログ] : キーボード操作によるデータ書き込みダイアログ
・Address入力ボックス:
データを書き込むレジスタのアドレスを16進数2桁で入力します。
・Data入力ボックス:
そのレジスタに書き込むデータを16進数2桁で入力します。
・ 入力した値をレジスタに書き込む場合は “OK”ボタンを、書き込まない場合は “Cancel”
ボタンを押します。
2. [Function2ダイアログ] : ATT評価用のダイアログ
・アドレス02H, 03H, 04H, 05H, 06H, 07H, 0BH, 0CHに対応するダイアログです。
・Address入力ボックス:データを書き込むレジスタのアドレスを16進数2桁で入力します。
・Start Data入力ボックス: そのレジスタに書き込む最初のデータ(開始データ)を16進数2桁で入力します。
・End Data入力ボックス:
そのレジスタに書き込む最後のデータ(終了データ)を16進数2桁で入力します。
・Interval入力ボックス:レジスタにデータを書き込む時間間隔を10進数で入力します。単位はmsです。
・Step入力ボックス: レジスタに書き込まれるデータとデータとの間の間隔(データの段差)を10進数で入力しま
す。
・Mode Selectチェックボックス: データがEnd Dataまで達した後、更にStart Dataに向かって戻っていくか、それと
も、データがEnd Dataまで達した時点で終了するか、データフローのモードを
選択します。
9点でチェックするかしないかでデータフローのモードを設定します。
・9点でチェックした場合:
データがEnd Dataまで達した後、更にStart Dataに向かって戻っていきます。
・9点でチェックしない場合: データがEnd Dataまで達した時点で終了します。
[9点でチェックした場合の実行例]
Start Data = 00, End Data = 09
データフロー: 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 09 08 07 06 05 04 03 02 01 00
[9点でチェックしない場合の実行例]
Start Data = 00, End Data = 09
データフロー: 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09
・入力した値をレジスタに書き込む場合は OK ボタンを、書き込まない場合は Cancel ボタンを押します。
3. [Writeダイアログ] :
マウス操作によるデータ書き込みダイアログ
・各レジスタに対応したダイアログがあります。
・各レジスタに対応したWriteボタンをクリックし、ダイアログを立ちあげます。チェックボックスを
チェック(9点がチェックした印です)すると、データは “H”または “1”になり、チェックしなければデータは “L”ま
たは “0”になります。
・入力した値をレジスタに書き込む場合は “OK”ボタンを、書き込まない場合は “Cancel”ボタンを押します。
„ データの表示
入力されたデータはレジスタマップに表示されます。赤字は “H”または “1”を表し、青字は “L”または “0”を表します。
ブランク部分はデータシートで定義されていない部分です。
„ 操作上の注意
Function1, Function2ダイアログを立ち上げたら、必ず全てのボックスにデータを入力して下さい。データシートで許さ
れていないデータやアドレスを入力した場合、または、データの入力が途中の場合で “OK”ボタンをクリックした場合
は、警告ダイアログが表示されますので、再度、ダイアログを立ち上げて、データを入力し直して下さい。 “Cancel”ボタ
ンをクリックした場合及び、チェックボックスの場合はこの限りではありません。
<KM076201>
2005/07
- 12 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
測定結果
1) ADC部
[測定条件]
• 測定器
• MCLK
• BICK
• fs
• 帯域
• ビット数
• 電源電圧
• インターフェイス
• 温度
: Audio Precision System two Cascade (AP2)
: 256fs (fs=48kHz), 256fs(fs=96kHz)
: 64fs
: 48kHz, 96kHz
: 20Hz∼20kHz (fs=48kHz), 20Hz∼40kHz (fs=96kHz)
: 24bit
: AVDD=PVDD=DVDD=5V, TVDD=3.3V
: 内蔵DIT (fs=48kHz, 96kHz)
: 室温
fs=48kHz
Parameter
S/(N+D)
DR
DR
S/N
S/N
Input signal
1kHz, -0.5dB
1kHz, -60dB
1kHz, -60dB
No signal
No signal
Measurement filter
20kLPF
20kLPF
20kLPF, A-weighted
20kLPF
20kLPF, A-weighted
Results
94.4 dB
98.5 dB
101.2 dB
98.8 dB
101.6 dB
fs=96kHz
Parameter
S/(N+D)
DR
DR
S/N
S/N
Input signal
1kHz, -0.5dB
1kHz, -60dB
1kHz, -60dB
No signal
No signal
Measurement filter
fs/2
fs/2
20kLPF, A-weighted
fs/2
20kLPF, A-weighted
Results
92.1 dB
97.6 dB
104.4 dB
97.6 dB
104.8 dB
<KM076201>
2005/07
- 13 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
2) DAC部
[測定条件]
• 測定器
• MCLK
• BICK
• fs
• 帯域
• ビット数
• 電源電圧
• インターフェイス
• 温度
fs=48kHz
Parameter
S/(N+D)
DR
DR
: Audio Precision System two Cascade (AP2)
: 256fs (fs=48kHz, 96kHz), 128fs (fs=192kHz)
: 64fs
: 48kHz, 96kHz, 192kHz
: 20Hz∼20kHz (fs=48kHz), 20Hz∼40kHz (fs=96kHz), 20Hz∼40kHz (fs=192kHz)
: 24bit
: AVDD=PVDD=DVDD=5V, TVDD=3.3V
: 内蔵DIR (fs=48kHz, 96kHz,192KHz)
: 室温
Input signal
1kHz, 0dB
1kHz, -60dB
1kHz, -60dB
Measurement filter
20kLPF
20kLPF
22kLPF, A-weighted
Results
98.7 dB
110.0 dB
112.5 dB
“0” data
“0” data
20kLPF
22kLPF, A-weighted
110.0 dB
112.8 dB
fs=96kHz
Parameter
Input signal
Measurement filter
Results
S/(N+D)
DR
DR
S/N
S/N
1kHz, 0dB
1kHz, -60dB
1kHz, -60dB
“0” data
“0” data
40kLPF
40kLPF
22kLPF, A-weighted
40kLPF
22kLPF, A-weighted
97.8 dB
106.8 dB
112.2 dB
106.8 dB
112.5 dB
fs=192kHz
Parameter
Input signal
Measurement filter
Results
S/(N+D)
DR
DR
S/N
S/N
1kHz, 0dB
1kHz, -60dB
1kHz, -60dB
“0” data
“0” data
40kLPF
40kLPF
22kLPF, A-weighted
40kLPF
22kLPF, A-weighted
96.4 dB
106.8 dB
112.2 dB
107.0 dB
112.5 dB
S/N
S/N
<KM076201>
2005/07
- 14 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
„ プロット図
1) ADC部
[測定条件]
• 測定器
: Audio Precision System two Cascade(AP2)
• MCLK
: 256fs(fs=48kHz), 256fs(fs=96kHz)
• BICK
: 64fs
• fs
: 48kHz, 96kHz
• 帯域
: 20Hz∼20kHz (fs=48kHz), 40Hz∼40kHz (fs=96kHz)
• ビット数
: 24bit
• 電源電圧
: AVDD=PVDD=DVDD=5V, TVDD=3.3V
• インタフェース : 内蔵DIT (fs=48kHz, 96kHz)
• 温度
: 室温
fs=48kHz
Figure 7. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level=0dBFS)
Figure 8. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level=-60dBFS)
Figure 9. FFT (noise floor)
Figure 10. THD+N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
Figure 11. THD+N vs Input Frequency (Input Level=0dBFS)
Figure 12. Linearity (Input Frequency =1kHz)
Figure 13. Frequency Response (Input Level=0dBFS)
Figure 14. Cross-talk (Input Level=0dBFS)
fs=96kHz
Figure 15. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level=0dBFS)
Figure 16. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level=-60dBFS)
Figure 17. FFT (noise floor)
Figure 18. THD+N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
Figure 19. THD+N vs Input Frequency (Input Level=0dBFS)
Figure 20. Linearity (Input Frequency =1kHz)
Figure 21. Frequency Response (Input Level=0dBFS)
Figure 22. Cross-talk (Input Level=0dBFS)
FFT point=16384, Avg=8, Window=Equirriple
<KM076201>
2005/07
- 15 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
2)DAC部
[測定条件]
• 測定器
: Audio Precision System two Cascade(AP2)
• MCLK
: 256fs(fs=48kHz), 256fs(fs=96kHz), 128fs(fs=192kHz)
• BICK
: 64fs
• fs
: 48kHz, 96kHz, 192kHz
• 帯域
: 20Hz∼20kHz (fs=48kHz), 40Hz∼40kHz (fs=96kHz), 40Hz∼80kHz (fs=192kHz)
• ビット数
: 24bit
• 電源電圧
: AVDD=PVDD=DVDD=5V, TVDD=3.3V
• インタフェース : 内蔵DIR (fs=48kHz, 96kHz, 192kHz)
• 温度
: 室温
fs=48kHz
Figure 23. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level=0dBFS)
Figure 24. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level=-60dBFS)
Figure 25. FFT (noise floor)
Figure 26. FFT (out-of-band noise)
Figure 27. THD+N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
Figure 28. THD+N vs Input Frequency (Input Level=0dBFS)
Figure 29. Linearity (Input Frequency =1kHz)
Figure 30. Frequency Response (Input Level=0dBFS)
Figure 31. Cross-talk (Input Level=0dBFS)
fs=96kHz
Figure 32. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level= 0dBFS)
Figure 33. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level=-60dBFS)
Figure 34. FFT (noise floor)
Figure 35. FFT (out-of-band noise)
Figure 36. THD+N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
Figure 37. THD+N vs Input Frequency (Input Level=0dBFS)
Figure 38. Linearity (Input Frequency =1kHz)
Figure 39. Frequency Response (Input Level=0dBFS)
Figure 40. Cross-talk (Input Level=0dBFS)
fs=192kHz
Figure 41. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level=0dBFS)
Figure 42. FFT (Input Frequency =1kHz, Input Level=-60dBFS)
Figure 43. FFT (noise floor)
Figure 44. FFT (out-of-band noise)
Figure 45. THD+N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
Figure 46. THD+N vs Input Frequency (Input Level=0dBFS)
Figure 47. Linearity (Input Frequency =1kHz)
Figure 48. Frequency Response (Input Level=0dBFS)
Figure 49. Cross-talk (Input Level=0dBFS)
FFT point=16384, Avg=8, Window=Equirriple
<KM076201>
2005/07
- 16 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
1.ADC部
(ADC fs=48kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
5k
10k
20k
Hz
Figure 8. FFT(Input Frequency =1kHz,Input Level=-0.5dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 9. FFT(Input Frequency =1kHz,Input Level=-60dBFS)
<KM076201>
2005/07
- 17 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(ADC fs=48kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
Figure 10. FFT(noise floor)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
F
S
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBr
Figure 11. THD + N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
<KM076201>
2005/07
- 18 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(ADC fs=48kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
F
S
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
Figure 12. THD + N vs Input Frequency (Input Level=-0.5dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
T
T
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBr
Figure 13. Linearity (Input Frequency =1kHz)
<KM076201>
2005/07
- 19 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(ADC fs=48kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-0.05
-0.1
-0.15
-0.2
-0.25
-0.3
-0.35
-0.4
d
B
F
S
-0.45
-0.5
-0.55
-0.6
-0.65
-0.7
-0.75
-0.8
-0.85
-0.9
-0.95
-1
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
10k
20k
Hz
Figure 14. Frequency Response(including input RC filter) (Input Level=-0.5dBFS)
AKM
Red=Rch->Lch,Blue=Lch->Rch
-80
T
-85
-90
-95
-100
-105
-110
d
B
-115
-120
-125
-130
-135
-140
-145
-150
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
Hz
Figure 15. Crosstalk ([email protected] = Rch, [email protected] = Lch)
<KM076201>
2005/07
- 20 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(ADC fs=96kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
-70
d
B
F
S
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
-170
-180
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
10k
20k
40k
Hz
Figure 16. FFT(Input Frequency =1kHz,Input Level=-0.5dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
-70
d
B
F
S
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
-170
-180
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
Hz
Figure 17. FFT(Input Frequency =1kHz,Input Level=-60dBFS)
<KM076201>
2005/07
- 21 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(ADC fs=96kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
-70
d
B
F
S
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
-170
-180
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
Hz
Figure 18. FFT(Noise floor)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
F
S
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBr
Figure 19. THD + N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
<KM076201>
2005/07
- 22 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(ADC fs=96kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
F
S
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
Hz
Figure 20. THD + N vs Input Frequency (Input Level=-0.5dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
T
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBr
Figure 21. Linearity (Input Frequency =1kHz)
<KM076201>
2005/07
- 23 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(ADC fs=96kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-0.05
-0.1
-0.15
-0.2
-0.25
-0.3
-0.35
-0.4
d
B
F
S
-0.45
-0.5
-0.55
-0.6
-0.65
-0.7
-0.75
-0.8
-0.85
-0.9
-0.95
-1
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
20k
40k
Hz
Figure 22. Frequency Response(including input RC filter) (Input Level=-0.5dBFS)
AKM
Red=Rch->Lch,Blue=Lch->Rch
-80
-85
-90
-95
-100
-105
-110
d
B
-115
-120
-125
-130
-135
-140
-145
-150
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
Hz
Figure 23. Crosstalk (Upper = Rch, Lower = Lch)
<KM076201>
2005/07
- 24 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
2.DAC部
(DAC fs=48kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
5k
10k
20k
Hz
Figure 24. FFT(Input Frequency =1kHz, Input Level=0dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 25. FFT(Input Frequency =1kHz, Input Level=-60dBFS)
<KM076201>
2005/07
- 25 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=48kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
A
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
Figure 26. FFT(noise floor)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
50k
100k
Hz
Figure 27. FFT(out-of-band noise)
<KM076201>
2005/07
- 26 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=48kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
r
A
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 28. THD+N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
r
A
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
Figure 29. THD+N vs Input Frequency (Input Level=0dBFS)
<KM076201>
2005/07
- 27 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=48kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
d
B
r
-60
A
-80
-70
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 30. Linearity (Input Frequency =1kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0.5
+0.45
+0.4
+0.35
+0.3
+0.25
+0.2
+0.15
+0.1
d
B
r
A
+0.05
+0
-0.05
-0.1
-0.15
-0.2
-0.25
-0.3
-0.35
-0.4
-0.45
-0.5
2k
4k
6k
8k
10k
12k
14k
16k
18k
20k
Hz
Figure 31. Frequency Response (Input Level=0dBFS)
<KM076201>
2005/07
- 28 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=48kHz)
AKM
Red=Rch->Lch,Blue=Lch->Rch
-90
-92
-94
-96
-98
-100
-102
-104
-106
-108
d
B
-110
-112
-114
-116
-118
-120
-122
-124
-126
-128
-130
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
Figure 32. Cross-talk (Input Level=0dBFS)
<KM076201>
2005/07
- 29 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=96kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
A
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
10k
20k
40k
Hz
Figure 33. FFT(Input Frequency =1kHz, Input Level=0dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
Hz
Figure 34. FFT(Input Frequency =1kHz, Input Level=0dBFS,Notch-on)
<KM076201>
2005/07
- 30 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=96kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
A
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
10k
20k
40k
Hz
Figure 35. FFT(Input Frequency =1kHz, Input Level=-60dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
Hz
Figure 36. FFT(noise floor)
<KM076201>
2005/07
- 31 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=96kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
A
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
50k
100k
Hz
Figure 37. FFT(out band noise)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
r
A
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 38. THD+N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
<KM076201>
2005/07
- 32 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=96kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
r
A
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
Hz
Figure 39. THD+N vs fin (Input Level=0dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
T
-10
-20
-30
-40
-50
d
B
r
-60
A
-80
-70
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 40. Linearity (Input Frequency =1kHz)
<KM076201>
2005/07
- 33 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=96kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0.5
+0.45
+0.4
+0.35
+0.3
+0.25
+0.2
+0.15
+0.1
d
B
r
A
+0.05
+0
-0.05
-0.1
-0.15
-0.2
-0.25
-0.3
-0.35
-0.4
-0.45
-0.5
2.5k
5k
7.5k
10k
12.5k
15k
17.5k
20k
22.5k
25k
27.5k
30k
32.5k
35k
37.5k
40k
Hz
Figure 41. Frequency Response (Input Level=0dBFS)
AKM
Red=Rch->Lch,Blue=Lch->Rch
-85
-87.5
-90
-92.5
-95
-97.5
-100
-102.5
-105
d
B
-107.5
-110
-112.5
-115
-117.5
-120
-122.5
-125
-127.5
-130
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
Hz
Figure 42. Cross-talk (Input Level=0dBFS)
<KM076201>
2005/07
- 34 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=192kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
A
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
50k
80k
20k
50k
80k
Hz
Figure 43. FFT(Input Frequency =1kHz, Input Level=0dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
Hz
Figure 44. FFT(Input Frequency =1kHz, Input Level=0dBFS,Notch-on)
<KM076201>
2005/07
- 35 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=192kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
A
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
50k
80k
20k
50k
80k
Hz
Figure 45. FFT(Input Frequency =1kHz, Input Level=-60dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
-70
A
-90
-80
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
Hz
Figure 46. FFT(noise floor)
<KM076201>
2005/07
- 36 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=192kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
r
A
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
50k
100k
Hz
Figure 47. FFT(outband noise)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
r
A
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 48. THD+N vs Input Level (Input Frequency =1kHz)
<KM076201>
2005/07
- 37 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=192kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
d
B
r
A
-98
-100
-102
-104
-106
-108
-110
-112
-114
-116
-118
-120
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
50k
80k
Hz
Figure 49. THD+N vs Input Frequency (Input Level=0dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0
T
-10
-20
-30
-40
-50
d
B
r
-60
A
-80
-70
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBFS
Figure 50. Linearity (f Input Frequency =1kHz)
<KM076201>
2005/07
- 38 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
(DAC fs=192kHz)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
+0.5
+0.4
+0.3
+0.2
+0.1
+0
-0.1
d
B
r
-0.2
-0.3
A
-0.4
-0.5
-0.6
-0.7
-0.8
-0.9
-1
5k
10k
15k
20k
25k
30k
35k
40k
45k
50k
55k
60k
65k
70k
75k
80k
50k
80k
Hz
Figure 51. Frequency Response (Input Level=0dBFS)
AKM
Red=Lch,Blue=Rch
-70
-75
-80
-85
-90
-95
d
B
-100
-105
-110
-115
-120
-125
-130
40
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
Figure 52. Cross-talk (Input Level=0dBFS)
<KM076201>
2005/07
- 39 -
ASAHI KASEI
[AKD4589-B]
改定履歴
Date
(YY/MM/DD)
04/12/03
05/07/22
Manual
Revision
KM076200
KM076201
Board
Reason
Contents
Revision
0
初版
2
ボードRevision変更 ボードRevision変更: Rev.0ÆRev.1
Rev.1ÆRev.2
回路図変更
回路図変更:
コントロール・ソフト
コンデンサ:容量値変更:
Revision変更
C23, C41, C59, C77, C95, C113, C131, C149:
470p Æ open
C400, C401, C402, C403, C404, C405, C406, C407:
open Æ 470p
C200, C203, C206, C209, C214, C217, C220, C223,
C228, C231, C234, C237, C242, C245, C248, C251:
open Æ 100p
C170:47u Æ 470u
C408:open Æ 0.1u
抵抗:抵抗値変更:
R187,R190:short Æ 10
コントロール・ソフトRevision変更: Rev.1ÆRev.2
重要な注意事項
• 本書に記載された製品、及び、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更するこ
とがあります。従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであること
を弊社営業担当、あるいは弊社特約店営業担当にご確認下さい。
• 本書に掲載された情報・図面の使用に起因した第三者の所有する特許権、工業所有権、その他の権
利に対する侵害につきましては、当社はその責任を負うものではありませんので、ご了承下さい。
• 本書記載製品が、外国為替及び、外国貿易管理法に定める戦略物資(役務を含む)に該当する場合、
輸出する際に同法に基づく輸出許可が必要です。
• 医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置・機器の故障や動作不良
が、直接または間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるよ
うな極めて高い信頼性を要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず事前に弊社代表取締
役の書面による同意をお取り下さい。
• この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ずる損害
等の責任を一切負うものではありませんのでご了承下さい。
• お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その使用か
ら損害等が生じた場合は全てお客様にてご負担または補償して頂きますのでご了承下さい。
<KM076201>
2005/07
- 40 -
1
PVDD
2
CAD0
VIN
TX1
CAD1
3
MCLK
4
INT0
5
C1
+
10u
C2
0.1u
D
D
R1
R2
R3
100_C
0_C
0_C
61
RX2
62
NC
63
RX3
64
PVSS
R
65
66
PVDD
68
67
RX4
RX5
TEST2
70
69
CAD0
RX6
71
72
CAD1
73
RX7
74
I2C
75
76
VIN
77
78
60
BOUT
RX1
59
3
TVDD
NC
58
4
DVDD
RX0
57
5
DVSS
AVSS
56
XTO
6
XTO
AVDD
55
XTI
7
XTI
VREFH
54
TVDD
+
DVDD
+
C3
10u
INT1
2
79
TEST1
BOUT
1
DAUX2
100_C
MCLK
R5
TX0
INT1
TX1
INT0
80
R4
12k
C4
0.1u
C5
C6
10u
0.1u
RX0
C
C
C10
R8
8
TEST3
9
MCKO2
2.2u
C7 +
0.1u
C8
RIN
10u
C9
VCOM
53
22u
RIN
52
+
0.1u
+ C11
+
AVDD
NC_C
MCLK
U1
MCKO1
R6
330_C
LIN
R11 100_C
10
R7
330_C
C12
R10
22u
330_C
R9
330_C
LIN
51
ROUT1+
50
ROUT1+
ROUT1-
R12 100_C
11
COUT
AK4589
COUT
R13 100_C
UOUT
12
UOUT
ROUT1-
49
13
VOUT
LOUT1+
48
LOUT1+
14
SDTO2
LOUT1-
47
LOUT1-
ROUT2+
46
ROUT2+
ROUT2-
45
ROUT2LOUT2+
R14 100_C
VOUT
R16 100_C
DIR_DAC
B
R15
0_C
BICK2
R17 100_C
15
BICK2
B
R18 100_C
16
LRCK2
LRCK2
R20 100_C
10pin_ADC
SDTO
In case of 10pin_DAC, open JP10
R19
NC_C
17
SDTO1
LOUT2+
44
18
BICK1
LOUT2-
43
LOUT2-
19
LRCK1
ROUT3+
42
ROUT3+
ROUT3-
41
ROUT3-
R21 100_C
LOUT3+
40
LOUT339
ROUT4+
38
LOUT4+
LOUT4-
ROUT437
36
35
DZF1
34
DZF2
MASTER
A
33
PDN
32
31
XTL0
30
XTL1
29
SDTI1
28
SDTI2
27
SDTI3
26
SDTI4
25
CSN
DAUX1
24
23
21
CDTI/SDA
CDTO
CCLK/SCL
CDTO
22
20
A
TST1
5
4
LOUT3+
LOUT3-
ROUT4+
ROUT4-
LOUT4+
LOUT4-
MASTER
PDN
XTL0
XTL1
SDTI1
SDTI2
SDTI3
SDTI4
Title
CSN
CDTI/SDA
CCLK/SCL
TST2
Size
A3
Date:
3
2
AKD4589-B
Document Number
Rev
AK4589
Friday, July 22, 2005
Sheet
1
2
1
of
7
5
4
3
C14
0.1u
D
R27
C202
C20
C21
0.1u
10u
R28
R29
620
(open)
1.2k
(short)
C24
560
1.0n
C212
(open)
(open)
C22
2
R31
1
3
R32
620
(short)
R34
ROUT1-
100u
R35
R36
330
180
8
C29
C203
100p
5 +
P12V
4
R39
R38
680
C205
(open)
C
1.2k
P12V
C34
0.1u
100u
330
8
R40
R41
180
C206
100p
N12V
1
2 4
R43
3.9n
10k
N12V
R44
680
B
C41
(open)
C35
10u
NJM4580
U3A
3 +
C37
R42
+
C401
470p
C207
(open)
R47
C208
C39
C38
0.1u
10u
+
+
3.3n
C36
R45
R46
620
(open)
1.2k
(short)
C42
560
6
R50
(short)
R52
+
C47
R53
8
3.3n
R54
C209
100u
330
180
100p
10k
P12V
4
N12V
R57
R56
680
C211
(open)
A
1.2k
Title
5
C45
(open)
7
3.9n
C210
(open)
A
LOUT1
100
(open)
1.0n
6 -
C48
R55
NJM4580
U3B
5 +
BNC
R48
R51
C46
560
C43
(short)
8
620
J2
NJM4580
U4B
7
5
P12V
C44
B
1.0n
C213
(open)
(open)
C40
R49
LOUT1-
10u
0.1u
C33
LOUT1+
C32
+
C31
N12V
C
C204
(open)
(open)
7
3.9n
10k
C27
(open)
1.0n
6 -
C30
R37
100
R33
C28
560
NJM4580
U2B
BNC
R30
ROUT1
(short)
4
+
3.3n
C25
8
P12V
C26
J1
NJM4580
U4A
+
C201
(open)
680
+
C400
470p
10u
N12V
R26
C23
(open)
0.1u
R25
3.9n
10k
4
R24
4
D
1
2 -
+
+
8
C200
100p
C19
C18
-
180
N12V
C17
+
330
3 +
-
100u
10u
NJM4580
U2A
+
ROUT1+
R23
C15
+
+
3.3n
R22
1
P12V
C13
C16
2
4
3
2
AKD4589-B
Size
A3
Document Number
Date:
Friday, July 22, 2005
Rev
AOUT1
Sheet
1
2
2
of
7
5
4
3
C50
0.1u
8
4
C215
(open)
C402
470p
R65
C216
680
C56
C57
0.1u
10u
R63
R64
620
(open)
1.2k
D
560
(short)
C60
1.0n
C226
(open)
(open)
C58
2
R67
R68
620
(short)
R70
+
C65
R71
100u
330
8
3.3n
R72
180
C217
100p
(open)
P12V
4
N12V
R74
R75
C63
(open)
C67
C
C218
(open)
R69
1.0n
7
3.9n
10k
100
6 -
C66
R73
BNC
R66
ROUT2
(short)
C64
560
NJM4580
U5B
5 +
C61
8
P12V
C62
J3
NJM4580
U7A
1
3
ROUT2-
10u
N12V
R62
C59
(open)
0.1u
R61
3.9n
10k
C54
+
+
R60
D
1
2 -
C55
4
180
N12V
C53
+
330
3 +
-
100u
C214
100p
C51
10u
NJM4580
U5A
+
ROUT2+
R59
+
+
3.3n
R58
1
P12V
C49
C52
2
C219
+
C68
10u
0.1u
680
C
(open)
1.2k
P12V
C69
C70
0.1u
LOUT2+
100u
R77
330
180
8
R76
C220
100p
3 +
10u
N12V
1
2 4
C73
R78
C71
NJM4580
U6A
R79
3.9n
10k
N12V
R80
680
C75
C74
0.1u
10u
+
+
3.3n
C72
+
R81
R82
560
(short)
C76
B
B
620
(open)
1.2k
C78
1.0n
C227
(open)
(open)
6
R85
7
5
C80
620
R86
(short)
R88
+
LOUT2-
C83
R89
100u
330
8
3.3n
R90
180
C223
100p
10k
NJM4580
U6B
5 +
(short)
BNC
R84
LOUT2
100
R87
C82
(open)
1.0n
C81
(open)
7
P12V
6 4
C84
R91
560
C79
8
P12V
J4
NJM4580
U7B
+
C222
4
R83
+
C221
(open)
C403
470p
-
C77
(open)
3.9n
N12V
C224
(open)
R92
680
C225
(open)
R93
1.2k
A
A
Title
Size
A3
Date:
5
4
3
2
AK4589-B
Document Number
Rev
2
AOUT2
Friday, July 22, 2005
Sheet
1
3
of
7
5
4
3
C86
0.1u
8
C228
100p
C91
C229
(open)
R101
680
C230
C92
C93
D
0.1u
10u
R99
R100
620
(open)
1.2k
(short)
560
C94
1.0n
C96
C240
(open)
(open)
2
R103
1
3
ROUT3-
R107
8
C101
R108
NJM4580
U8B
5 +
100u
330
R109
180
C231
100p
R111
C233
(open)
P12V
8
10u
N12V
1
4
C109
10k
C107
2 R115
3.9n
N12V
R116
680
C110
C111
0.1u
10u
+
+
R114
+
NJM4580
U9A
3 +
C234
100p
10u
C
0.1u
180
C104
1.2k
3.3n
330
+
0.1u
C106
100u
C99
(open)
680
C105
LOUT3+
(open)
N12V
C232
(open)
R105
P12V
R110
R113
1.0n
C103
3.9n
R112
C100
560
100
7
C
C108
R106
BNC
R102
ROUT3
(short)
6 -
C102
10k
620
(short)
4
+
3.3n
R104
C97
8
P12V
C98
J5
NJM4580
U10A
+
C404
470p
10u
N12V
R98
C95
(open)
0.1u
R97
3.9n
4
10k
1
2 4
R96
D
180
C90
+
330
N12V
C89
-
+
NJM4580
U8A
3 +
100u
10u
+
ROUT3+
R95
C87
+
+
3.3n
R94
1
P12V
C85
C88
2
R117
R118
560C112
(short)
B
B
C236
620
(open)
1.2k
1.0n
C114
C241
(open)
(open)
6
R121
7
5
C116
LOUT3-
R125
8
C119
R126
100u
330
R127
10k
180
C237
100p
R124
C118
560
1.0n
LOUT3
100
R123
(open)
C117
(open)
7
P12V
6 -
C120
3.9n
N12V
C238
(open)
A
NJM4580
U9B
5 +
R122
(short)
BNC
R120
4
+
3.3n
620
(short)
C115
8
P12V
J6
NJM4580
U10B
+
R119
4
C235
(open)
+
C405
470p
-
C113
(open)
R129
R128
680
C239
(open)
1.2k
A
Title
Size
A3
Date:
5
4
3
2
Document Number
AK4589-B
Rev
2
AOUT3
Friday, July 22, 2005
Sheet
1
4
of
7
5
4
3
C122
0.1u
8
3 +
2 4
D
C127
R133
N12V
R134
C406
470p
C128
C129
0.1u
10u
R135
R137
C243
(open)
1.2k
C244
620
(open)
R136
560
(short)
C130
1.0n
C132
C254
(open)
(open)
2
R139
1
3
C134
R140
620
(short)
R142
R143
8
C137
R144
NJM4580
U11B
5 +
100u
330
R145
C245
100p
P12V
C139
N12V
R147
R146
680
C247
(open)
0.1u
8
180
R151
3.9n
N12V
R152
B
C149
(open)
N12V
1
2 -
C145
10k
C143
10u
4
R150
C248
100p
C407
470p
C249
(open)
R155
C250
680
C146
C147
0.1u
10u
+
+
330
+
NJM4580
U12A
3 +
100u
R153
620
(open)
1.2k
R154
560C148
(short)
C255
(open)
6
R161
R162
NJM4580
U12B
5 +
100u
330
R163
10k
A
8
C155
180
C251
100p
620
(short)
R160
C154
560
1.0n
C151
LOUT4
(short)
100
R159
(open)
C153
(open)
7
P12V
6 -
C156
3.9n
N12V
C252
(open)
R165
R164
680
C253
(open)
A
1.2k
Title
Size
A3
Date:
5
BNC
R156
4
+
3.3n
R158
8
P12V
J8
NJM4580
U13B
7
5
C152
B
1.0n
C150
(open)
R157
LOUT4-
C
P12V
3.3n
LOUT4+
10u
1.2k
C142
R149
C140
+
0.1u
C141
R148
C135
(open)
7
3.9n
C246
(open)
C144
(open)
6 -
C138
10k
C
180
R141
1.0n
4
ROUT4-
100
C136
560
BNC
R138
ROUT4
(short)
4
+
3.3n
C133
8
P12V
J7
NJM4580
U13A
+
C131
(open)
680
+
3.9n
4
10k
10u
+
R132
C242
100p
C126
0.1u
-
180
C125
+
330
N12V
1
-
100u
D
10u
NJM4580
U11A
+
ROUT4+
R131
C123
+
+
+
3.3n
R130
1
P12V
C121
C124
2
4
3
2
Document Number
AK4589-B
Friday, July 22, 2005
Rev
AOUT4
2
Sheet
1
5
of
7
5
4
3
2
1
JP1
C157
U15
74HCT541
470
10k
R168
470
10k
R170
470
PORT1
2
3
4
5
6
7
8
9
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
A8
1
19
G1
G2
A1-10PA-2.54DSA
D
1
2
3
4
5
CSN
SCL/CCLK
SDA/CDTI
SDA(ACK)/CDTO
10
9
8
7
6
R172
Y1
Y2
Y3
Y4
Y5
Y6
Y7
Y8
18
17
16
15
14
13
12
11
XTI
2
R171
10k
GND
R173
100
R174
100
CCLK/SCL
R175
100
CDTI/SDA
CSN
Digital Ground
5p
Analog Ground
X1
C161
XTO
1
R169
R167
5p
12.288MHz
CDTO
D
P12V
+
C303
C302
10u
0.1u
NJM4580
U14A
51
RIN
RIN
1
BNC
+
3
-
2
+
5
-
6
RIN
R176
560
4
uP-I/F
J9
8
VD
R166
ADN12V
C301
R177
+
10k
U16A
1
H
2
L
3
74HC14
SW1
C162
ATE1D-2M3
0.1u
R178
U16B
PDN
4
C300
0.1u
10u
PDN
100_C
74HC14
P12V
NJM4580
U14B
PDN
LIN
LIN
7
BNC
LIN
R179
C
560
4
C
J10
8
VD
D1
1S1588
LE1
INT0
U16C
R181
6
VD
1k_C
PR4553K
LE2
INT1
5
U16D
R182
8
1k_C
PR4553K
9
PORT2
TOTX176
INT1
74HC14
SW2
DSS106
MASTER
XTL1
XTL0
CAD1
CAD0
ADN12V
INT0
74HC14
1
2
3
4
5
6
5
6
6
VD
IN
VCC
IF
GND
4
3
2
1
J11
VD
C163
TX1
TX1
0.1u
T1
DA02
BNC
OPT
JP2
R180
1k
TX1
12
11
10
9
8
7
MODE1
BNC
R183
TX1
RP1
6
5
4
3
2
1
B
5
R184
MASTER
XTL1
XTL0
CAD1
CAD0
1:1
47k
240
B
150
PORT3
TORX176
U16E
11
6
6
5
5
GND
VCC
GND
OUT
L1
4
3
2
1
VD
RX0
10
10u
C164
C165
+
0.1u
10u
R185
OPT
74HC14
U16F
13
470
VD
C158
+
47u
C159
C160
0.1u
0.1u
RX0
RX0
for 74HCT541, 74HC14
J12
12
74HC14
JP3
BNC
C166
BNC
RX0
R186
0.1u
75
A
A
Title
5
4
3
2
AKD4589-B
Size
A3
Document Number
Date:
Friday, July 22, 2005
Rev
2
INPUT
Sheet
1
6
of
7
5
4
3
2
1
+12V
T2
NJM78M05FA
R187
3
OUT
+
D
C170
C169
470u
0.1u
IN
1
P12V
10
2
10u
GND
L2
VD
C408
C167
0.1u
+
0.1u
C168
47u
D
R188
DVDD
7.5
R189
PVDD
5.1
AVDD
ADN12V
-12V
T3
LP2950A
C
C175
0.1u
3
DVDD
2
C174
47u
IN
C176 +
C177
0.1u
47u
N12V
C173
+
+
OUT
GND
R190
1
TVDD
47u
PORT4
10
9
8
7
6
10
0.1u
C
WIRE1
A1-10PA-2.54DSA
1
2
3
4
5
C172
BOUT
COUT
UOUT
VOUT
R191
VIN
(short)
BOUT
COUT
UOUT
VOUT
VIN
100_C
BCUV
WIRE2
R192
(short)
10k_C
B
B
PORT5
A1-10PA-2.54DSA
MCKO
BICK
LRCK
SDTO
SDTI4
MCLK
BICK2
LRCK2
1
2
3
4
5
10
9
8
7
6
GND
GND
SDTI1
SDTI2
SDTI3
ADC/DAC
DSP
R193
0_C
A
SDTI1
SDTI2
SDTI3
SDTI4
DSP
R194
0_C
DSP
R195
0_C
DSP
R196
0_C
SDTO
A
Title
5
4
3
2
AKD4589-B
Size
A3
Document Number
Date:
Friday, July 22, 2005
Power Supply
Sheet
1
Rev
2
7
of
7
Similar pages