AK5355VT

ASAHI KASEI
[AKD5355]
AKD5355
AK5355評価用ボードRev.A
概
要
AKD5355は、ポータブルオーディオ機器用16ビットA/Dコンバータ、AK5355の評価用ボードです。
AKD5355はアナログ入力回路とディジタルインタフェーストランスミッタを内蔵しています。更に、当
社D/Aコンバータ評価用ボードとダイレクトにインタフェース可能です。
„ オーダリングガイド
AKD5355
---
AK5355評価用ボード
機
能
• 2種類のインタフェースを装備
- 当社D/Aコンバータ評価用ボードと10ピンヘッダーによりダイレクトにインタフェース
- DIT(AK4103)により、光出力可能
• 外部クロック用BNCコネクタ
VA GND VD
LIN
AK4103
(DIT)
AK5355
RIN
Clock
Generator
Opt Out
D/A Data
10pin Header
図1. AKD5355ブロック図
* 回路図、パターン図は文末に添付。
<KM066403>
’06/01
-1-
ASAHI KASEI
[AKD5355]
„ 操作手順
1) 電源の配線
[VA]
[VD]
[VCC]
[AGND]
[DGND]
= 2.1 ∼ 3.6V (typ. 3.0V, VAピン)
= 2.1 ∼ VA (typ. 3.0V, VDピン)
= 5.0V (ディジタル部ロジック電源)
= 0V
= 0V
(オレンジ)
(オレンジ)
(赤)
(黒)
(黒)
配線は電源の根本から分けて下さい。VDはVAと同じ電圧にして下さい。
2) 評価モード、ジャンパピン、DIPスイッチの設定(以下参照)
3) 電源投入
電源投入後、必ず一度リセットを行って下さい。
リセットの方法はSW1,3(トグルスイッチ)を一度“L”側に倒して、
AK5355, AK4103のパワーダウンを行ってから“H”側に戻してパワーダウンを解除して下さい。
„ 評価モード
対応可能な評価モード
(1) DIT(光コネクタ)を使用したA/D部の評価
(2) マスタクロックを含む全インタフェース信号を外部から供給
(3) ボード上のDIT(AK4103)を使用した384fsの評価
(1) DIT(光コネクタ)を使用したA/D部の評価 <出荷時>
PORT1を使用します。光コネクタ(TOTX176)からA/D変換データを送信できます。当社D/Aコンバー
タ評価用ボードやディジタルアンプ等と接続できます。PORT2には何も接続しないで下さい。DIT
(AK4103)はSW3を“H”側に倒すと動作します。外部クロックをBNCから入力する場合は、JP4 (CLK)
を“EXT”にしてJP3 (XTE)をショートして下さい。
JP4
CLK
XTL
EXT
JP6
BICK
256-64fs
256-32fs
512-64fs
512-32fs
JP7
LRCK
256fs
JP3
XTE
512fs
(2) マスタクロックを含む全インタフェース信号を外部から供給
AK5355に必要な信号を全て外部からPORT2を通して供給する場合には以下の設定にして下さい。当
社D/Aコンバータ評価用ボードをPORT2を使用して接続できます。
JP4
CLK
XTL
EXT
JP6
BICK
256-64fs
256-32fs
512-64fs
512-32fs
JP7
LRCK
256fs
<KM066403>
JP3
XTE
512fs
’06/01
-2-
ASAHI KASEI
[AKD5355]
(3) ボード上のDIT(AK4103)を使用した384fsの評価
PORT1を使用します。DIT (AK4103)をマスターモードにして、AK4103にMCLKを供給し、BICK, LRCK
をAK5355に供給します。外部クロックをBNCから入力する場合は、JP4 (CLK)を“EXT”にしてJP3
(XTE)をショートして下さい。(DIPスイッチの設定はTable 1 ∼ 3を参照してください。Table 2の設定は
マスターモードを選択して下さい。)
JP4
CLK
XTL
JP6
BICK
EXT
256-64fs
256-32fs
512-64fs
512-32fs
JP7
LRCK
256fs
JP3
XTE
512fs
„ ジャンパ設定
① JP1 (VD) : VDの選択
VA:
VAコネクタから10Ωを介して入力します。
VD:
VDコネクタから入力します。
② JP2 (GND) : AGNDとDGNDのショート
OPEN:
AGNDとDGNDを別々にします。
SHORT: AGNDとDGNDをショートします。
„ DIPスイッチ
[SW2]: AK5355とAK4103のモード設定(詳細はデータシートを参照して下さい。)
No.
Pin
出荷時
1
SEL
L
2
5355_DIF
L
3
4
5
6
4103_DIF1
OFF
OFF
ON
ON
Mode
H: Input Gain +15dB
L: Input Gain +0dB
H:I2S
L:16bit前詰め
4103_DIF1
L
Table 2参照
4103_DIF0
L
CKS1
L
Table 3参照
CKS0
H
Table 1. AK5355とAK4103のモード設定
4103_DIF0
Mode
クロックモード
OFF
24bit, Left justified
スレーブモード
ON
24bit, I2S
OFF
24bit, Left justified
マスターモード
ON
24bit, I2S
Table 2. DITのフォーマット設定
<KM066403>
’06/01
-3-
ASAHI KASEI
[AKD5355]
CKS1
CKS0
MCLK
0
0
未使用
0
1
256fs
1
0
384fs
1
1
512fs
Table 3. システムクロックの設定
„ トグルスイッチの動作
上方が“H”、下方が“L”です。
[SW1] (PDN): AK5355のパワーダウン。動作中は“H”側に倒します。
電源投入後、必ず一度“L”を入力して下さい。
[SW3] (DIT): AK4103のパワーダウン。動作中は“H”側に倒します。
電源投入後、必ず一度“L”を入力して下さい。
„ 入力回路について
J1
LIN
C1
10u
+
LIN
R1
560
J2
RIN
C2
10u
+
RIN
R3
560
図2. LIN/RIN入力回路
∗ 当社では回路例の使用によるトラブルについて一切の責任は負いません。
<KM066403>
’06/01
-4-
ASAHI KASEI
[AKD5355]
測定結果
[Measurement condition]
• Measurement unit
• MCLK
• BCLK
• fs
• Bit
• Power Supply
• Interface
• Temperature
: Audio Precision, System Two, Cascade
: 256fs
: 64fs
: 44.1kHz
: 16bit
: VA=VD=3.0V
: DIT (AK4103)
: Room
•Gain=0dB (SEL= L”)
S/(N+D)
DR
(-60dB)
S/N
(-0.5dB)
LIN
85.1[dB]
89.4[dB]
91.8[dB]
89.4[dB]
91.9[dB]
RIN
85.3[dB]
89.4[dB]
91.9[dB]
89.4[dB]
91.9[dB]
LIN
81.7[dB]
81.2[dB]
84.3[dB]
81.5[dB]
84.4[dB]
RIN
81.3[dB]
81.5[dB]
84.3[dB]
81.7[dB]
84.3[dB]
Filter
20kHzLPF
20kHzLPF
20kHzLPF+A-Weighted
20kHzLPF
20kHzLPF+A-Weighted
•Gain=+15dB (SEL= H”)
S/(N+D)
DR
(-60dB)
S/N
(-0.5dB)
<KM066403>
Filter
20kHzLPF
20kHzLPF
20kHzLPF+A-Weighted
20kHzLPF
20kHzLPF+A-Weighted
’06/01
-5-
ASAHI KASEI
[AKD5355]
[プロット]
[Gain = 0dB]
AKM
AK5355 THD + N vs Am plitude (fin=1kHz, G ain=0dB)
-70
-72
-74
-76
-78
-80
-82
d
B
F
S
-84
-86
-88
-90
-92
-94
-96
-98
-100
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dB r
la s t.at2c
Figure 1. THD+N vs. Input Level
AKM
AK5355 THD + N vs Input Frequency (Input Level=-0.5dB, Gain=+15dB)
-60
-62
-64
-66
-68
-70
-72
d
B
F
S
-74
-76
-78
-80
-82
-84
-86
-88
-90
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
la s t.at2c
Figure 2. THD+N vs. Input Frequency
<KM066403>
’06/01
-6-
ASAHI KASEI
[AKD5355]
AKM
AK5355 Linearity (fin=1kHz, G ain=0dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dB r
la s t.at2c
Figure 3. Linearity
AKM
AK5355 Frequency Response (Input Level-0.5dB, Gain=0dB)
+0
-0.1
-0.2
-0.3
-0.4
-0.5
-0.6
-0.7
-0.8
d
B
F
S
-0.9
-1
-1.1
-1.2
-1.3
-1.4
-1.5
-1.6
-1.7
-1.8
-1.9
-2
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
la s t.at2c
Figure 4. Frequency Response
<KM066403>
’06/01
-7-
ASAHI KASEI
[AKD5355]
AKM
AK5355 Crosstalk (Gain=0dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
5k
10k
20k
Hz
la s t.at2c
Figure 5. Crosstalk
AKM
AK5355 FFT (Input Level=-0.5dB, fiin=1kHz, G ain=0dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
la s t.at2c
Figure 6. FFT Plot
<KM066403>
’06/01
-8-
ASAHI KASEI
[AKD5355]
AKM
AK5355 FFT (Input Level=-60dB, fiin=1kHz, Gain=0dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
5k
10k
20k
Hz
la s t.at2c
Figure 7. FFT Plot
AKM
AK5355 FFT (noise floor, G ain=0dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
la s t.at2c
Figure 8. FFT Plot
<KM066403>
’06/01
-9-
ASAHI KASEI
[AKD5355]
[Gain = +15dB]
AKM
AK5355 THD + N vs Am plitude (fin=1kHz, G ain=+15dB)
-60
-62
-64
-66
-68
-70
-72
d
B
F
S
-74
-76
-78
-80
-82
-84
-86
-88
-90
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dB r
la s t.at2c
Figure 9. THD+N vs. Input Level
AKM
AK5355 THD + N vs Input Frequency (Input Level=-0.5dB, Gain=+15dB)
-60
-62
-64
-66
-68
-70
-72
d
B
F
S
-74
-76
-78
-80
-82
-84
-86
-88
-90
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
la s t.at2c
Figure 10. THD+N vs. Input Frequency
<KM066403>
’06/01
- 10 -
ASAHI KASEI
[AKD5355]
AKM
AK5355 Linearity (Gain=+15dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dB r
la s t.at2c
Figure 11. Linearity
AKM
AK5355 Frequency Response (G ain=+15dB)
+0
-0.1
-0.2
-0.3
-0.4
-0.5
-0.6
-0.7
-0.8
d
B
F
S
-0.9
-1
-1.1
-1.2
-1.3
-1.4
-1.5
-1.6
-1.7
-1.8
-1.9
-2
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
la s t.at2c
Figure 12. Frequency Response
<KM066403>
’06/01
- 11 -
ASAHI KASEI
[AKD5355]
AKM
AK5355 Crosstalk (G ain=+15dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
5k
10k
20k
Hz
la s t.at2c
Figure 13. Crosstalk
AKM
AK5355 FFT (Input Level-0.5dB,fin=1kHz, G ain=+15dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
la s t.at2c
Figure 14. FFT Plot
<KM066403>
’06/01
- 12 -
ASAHI KASEI
[AKD5355]
AKM
AK5355 FFT (Input Level=-60dB,fin=1kHz, Gain=+15dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
5k
10k
20k
Hz
la s t.at2c
Figure 15. FFT Plot
AKM
AK5355 FFT (noise floor, G ain=+15dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
la s t.at2c
Figure 16. FFT Plot
<KM066403>
’06/01
- 13 -
ASAHI KASEI
[AKD5355]
重要な注意事項
• 本書に記載された製品、及び、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更するこ
とがあります。従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであること
を弊社営業担当、あるいは弊社特約店営業担当にご確認下さい。
• 本書に掲載された情報・図面の使用に起因した第三者の所有する特許権、工業所有権、その他の権
利に対する侵害につきましては、当社はその責任を負うものではありませんので、ご了承下さい。
• 本書記載製品が、外国為替及び、外国貿易管理法に定める戦略物資(役務を含む)に該当する場合、
輸出する際に同法に基づく輸出許可が必要です。
• 医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置・機器の故障や動作不良
が、直接または間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるよ
うな極めて高い信頼性を要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず事前に弊社代表取締
役の書面による同意をお取り下さい。
• この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ずる損害
等の責任を一切負うものではありませんのでご了承下さい。
• お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その使用か
ら損害等が生じた場合は全てお客様にてご負担または補償して頂きますのでご了承下さい。
<KM066403>
’06/01
- 14 -
A
B
J1
LIN
C
E
+5V
C1
10u
LIN
+
E
D
E
1
2
R1
560
D1
1S1588
R2
10k
U3A
74HC14
1
3
4
PDN
1
C2
10u
2
H
3
J2
RIN
L
U3B
74HC14
SW1
PDN
C3
0.1u
2
+
RIN
R3
560
D
D
U2
CN1
C4
C5
2.2u
0.1u
+
RIN
U1
CN2
1
1
VCOM
2
2
RIN
TST1
16
NC
15
R8
LIN
3
3
LIN
DIF
R9
4
VA
+
L1
1
C8
47u
C6
10u
+
2
4
VSS
5
VA
PDN
13
BCLK
12
C7
0.1u
5
Y8
A8
9
16
12
Y7
A7
8
15
13
Y6
A6
7
SEL
14
14
Y5
A5
6
5355_DIF
13
15
Y4
A4
5
PDN
12
16
Y3
A3
4
BCLK
11
17
Y2
A2
3
MCLK
18
Y1
A1
2
LRCK
10
GND
DIR
19
20
VCC
G1
1
51
14
C
11
C
51
R10 51
(short)
R11 51
6
6
VA
C9
10u
+
VD
MCLK
11
C10
0.1u
R13 51
7
7
SEL
LRCK
10
10
8
8
NC
SDTO
9
9
C11
47u
+
R12
10
JP1
VD
1
VD
B
AK5355
SDTO
C12
0.1u
2
B
L2
10u
74LVC541
R14 51
VD
for SN74LVC07A
L3
1
C17
0.1u
2
10u
DGND
JP2
GND
AGND
A
A
Title
Size
A3
Date:
A
B
C
D
AKD5355
Document Number
Rev
AK5355
Wednesday, January 25, 2006
Sheet
E
A
1
of
2
A
B
C
D
E
+5V
E
E
PORT1
5
6
+5V
5
6
IN
VCC
IF
GND
4
3
2
1
R15
1k
D2
1S1588
1
R16
10k
U3C
74HC14
1
L
3
5
H
+5V
0.1u
SW2
U3D
74HC14
9
SEL
5355_DIF
4103_DIF1
4103_DIF0
CKS1
CKS0
8
C14
0.1u
1
2
3
4
5
6
12
11
10
9
8
7
MODE
U4
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
2
SW3
DIT
6
C13
D
+5V
V1
TRANS
RESETN
MCLK
SDTI
BICK
LRCK
FS0/CSN
FS1/CDTI
FS2/CCLK
FS3/CDTO
C1
U1
DIF2
DIF1
DIF0
TXP
TXN
DVSS
DVDD
CKS1
CKS0
BLS
ANS
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
RP1
6
5
4
3
2
1
4103_DIF1
4103_DIF0
C15
0.1u
C16
SEL
5355_DIF
4103_DIF1
4103_DIF0
CKS1
CKS0
+
2
TOTX176
10u
D
47k
CKS1
+5V
AK4103
U3E
10
U3F
11
74HC14
12
13
CKS0
74HC14
for 74HCU04, 74HC14, 74HC4040
C
MCLK
BCLK
LRCK
SDTO
ROM
PORT2
1
2
3
4
5
C19
0.1u
R17
1k
10
9
8
7
6
C20
0.1u
+5V
2
C
+ C18
47u
C21
0.1u
+5V
X1
11.2896MHz
Serial out
R18
U5A
SN74LVC07A
+5V
10k
B
L4
10u
1
+5V
2
1
R19
1M
SDTO
MCLK
JP4
CLK
JP6
BICK
U7
9
256fs-64fs
7
256fs-32fs/512fs-64fs 6
512fs-32fs
5
BCLK
JP7
256fs
LRCK
512fs
LRCK
3
2
4
13
12
14
15
1
Q1
Q2
Q3
Q4
Q5
Q6
Q7
Q8
Q9
Q10
Q11
Q12
CLK
10
RST
11
U6B
74HCU04
U6A
74HCU04
4
2
3
C22
10p
XTL
JP3
XTE
1
B
C23
10p
EXT
U6C
74HCU04
6
J3
EXT
5
R20
51
74HC4040
A
A
Title
Size
A3
Date:
A
B
C
D
AKD5355
Document Number
Rev
Interface
Wednesday, January 25, 2006
Sheet
E
A
2
of
2
Similar pages