170 KB

本ドキュメントはCypress (サイプレス) 製品に関する情報が記載されております。
富士通マイクロエレクトロニクス
DS04–13508–2a
DATA SHEET
汎用リニア IC 汎用コンバータ
CMOS
ディジタルチューニング用 D/A コンバータ
(24ch.8bit,OP アンプ内蔵)
MB88345
■ 概 要
MB88345 は , 8 bit の D/A コンバータを 24 組内蔵しています。
24 組のアナログ出力には OP アンプを内蔵し , 大電流駆動が可能です。
データはシリアル入力のため , 3 本の制御線で済み , かつカスケード接続ができます。
電子ボリューム , 調節用半固定抵抗の置換え等への応用が可能です。
■ 特 長
・ 超低消費電力(1.1 mW/ch:typ)
・ 小型パッケージ(QFP-32)
・ R − 2R 方式の 8 bit D/A コンバータを 24 Ch 内蔵
・ アナログ出力アンプ内蔵(シンク電流最大 1.0 mA・ソース電流最大 1.0 mA)
・ アナログ出力範囲は 0 ∼ VCC まで可能
・ MCU インタフェースおよび OP アンプ用の電源・GND と , D/A コンバータ用の電源・GND を分離
・ 3 V 系 MCU から直接コントロール可能(入力電圧“H”= 0.5 VCC, 入力電圧“L”= 0.2 VCC)
・ シリアルデータ入力 , 最大 2.5 MHz まで動作可能
・ CMOS プロセス
■ パッケージ
プラスチック・QFP, 32 ピン
(FPT-32P-M21)
Copyright©2000-2008 FUJITSU MICROELECTRONICS LIMITED All rights reserved
2000.2
MB88345
■ 端子配列図
AO21
AO20
AO19
AO18
CLK
AO22
24
25
AO23
LD
AO24
DO
( TOP VIEW )
23
22
21
20
19
18
17
16
GND
28
13
VCC
VSS
29
12
VDD
AO1
30
11
AO14
AO2
31
10
AO13
AO3
32
9
AO12
1
2
3
4
5
6
7
8
AO11
AO15
AO10
14
AO9
27
AO8
DI
AO7
AO16
AO6
15
AO5
26
AO4
AO17
( FPT-32P-M21 )
■ 端子機能説明
端子番号
端子記号
I/O
機 能 説 明
27
DI *
I
シリアルデータ入力端子です。データ長が 14 ビットのシリアルデータを入力します。
24
DO
O
14 ビットシフトレジスタの MSB のビットデータが出力されます。
26
CLK *
I
シフトクロック入力端子です。シフトクロックの立上りで , DI 端子からの入力信号が
14 ビットシフトレジスタに入力されます。
25
LD *
I
LD 端子に High レベルが入力されると , シフトレジスタの値が , デコーダおよび D/A
出力用レジスタにロードされます。
30 ∼ 32
1 ∼ 11
14 ∼ 23
AO1 ∼ AO3
AO4 ∼ AO14
AO15 ∼ AO24
O
OP アンプ付 8 ビット D/A 出力です。
13
VCC
―
MCU インタフェース , OP アンプの電源端子
28
GND
―
MCU インタフェース , OP アンプの GND 端子
12
VDD
―
D/A コンバータの電源端子
29
VSS
―
D/A コンバータの GND 端子
* : DI・CLK・LD の 3 端子は , 非転送時 , “Low”レベル固定としてください。
2
MB88345
■ ブロックダイヤグラム
14 ビット シフトレジスタ
DI
CLK
D0
D1
D2
D3
D4
D5
D6
D7
D8
D9
DO
D10 D11 D12 D13
チャネルデコーダ
8
24
…
1
1
…………
24
…
…
2
8 ビット
レジスタ
LD
24
8 ビット
レジスタ
· · · · · ·
…
…
8 ビット R-2R
D/A コンバータ
8 ビット R-2R
D/A コンバータ
8 ビット
レジスタ
…
· · · · · ·
8 ビット R-2R
D/A コンバータ
VCC
VDD
GND
VSS
+
−
+
−
AO1
· · · · · ·
AO2
· · · · · · · · · · · · ·
+
−
AO24
3
MB88345
■ データ構成
MB88345 はチップコントロール用に 14 ビットシフトレジスタを持ちます。
14 ビットシフトレジスタへは , 次に示すような構成のデータをセットする必要があります。
(注意)データ構成は , D/A 出力用に 8 ビット , チャネル選択用として 6 ビットの計 14 ビット構成となります。
Last
LSB
First
MSB
D0
D1
D2
D3
D4
D5
D6
D7
D8
D9
D/A 出力設定値
D10
D11
D12
D13
チャネル選択用
・D/A コンバータ制御信号
入力データ信号
D/A コンバータ出力電圧
D0
D1
D2
D3
D4
D5
D6
D7
0
0
0
0
0
0
0
0
≒ VSS
1
0
0
0
0
0
0
0
≒ VREF / 255 × 1 + VSS
∼
∼
∼
∼
∼
∼
∼
∼
∼
0
1
1
1
1
1
1
1
≒ VREF / 255 × 254 + VSS
1
1
1
1
1
1
1
1
≒ VDD
VREF = VDD − VSS
・チャネル選択信号
入力データ信号
チャネル選択結果
D8
D9
D10
D11
D12
D13
×
0
0
0
0
0
Don′t Care
×
0
0
0
0
1
AO1 選択
×
0
0
0
1
0
AO2 選択
∼
∼
∼
∼
∼
1
0
1
1
1
AO23 選択
×
1
1
0
0
0
AO24 選択
×
1
1
0
0
1
×
1
1
0
1
0
∼
∼
∼
∼
∼
∼
×
1
1
1
1
0
×
1
1
1
1
1
×:Don′t Care
4
~
∼
×
Don′t Care
MB88345
■ タイミングチャート
MSB
DI
D13
LSB
D12
D11
D10
………………
D2
D1
D0
CLK
………………
LD
D/A 出力
■ アナログ出力電圧範囲
R-2R ラダー出力
VDD
OP アンプ出力
VCC
VAOH (VCC)
D/A 出力範囲
(リニア領域)
VAOL (GND)
VSS
GND
VCC = VDD
GND = VSS
5
MB88345
■ 絶対最大定格
定 格 値
項 目
記 号
VCC
電源電圧
VDD
単位
条 件
GND を基準にした場合
Ta = +25 ℃
最 小
最 大
−0.3
+7.0
V
−0.3 *
+7.0 *
V
−0.3
VCC + 0.3
V
入力電圧
VIN
出力電圧
VOUT
−0.3
VCC + 0.3
V
消費電力
PD
―
250
mW
動作温度
Ta
−20
+85
°C
保存温度
Tstg
−55
+150
°C
―
* : VCC ≧ VDD
<注意事項> 絶対最大定格を超えるストレス ( 電圧 , 電流 , 温度など ) の印加は , 半導体デバイスを破壊する可能性があ
ります。したがって , 定格を一項目でも超えることのないようご注意ください。
■ 推奨動作条件
項 目
記 号
条 件
規 格 値
単位
5 V ± 10%
V
0
V
2.0 ∼ VCC
V
VSS
GND ∼ VCC − 2.0
V
アナログ出力ソース電流
IAL
最大 1.0
mA
アナログ出力シンク電流
IAH
最大 1.0
mA
発振限界出力容量
COL
最大 1.0
µF
ディジタル・データ設定範囲
―
# 00 ∼# FF
―
動作温度
Ta
−20 ∼ +85
°C
VCC
電源電圧 1
―
GND
VDD
電源電圧 2
VDD − VSS ≧ 2.0 V
―
<注意事項> 推奨動作条件は , 半導体デバイスの正常な動作を保証する条件です。電気的特性の規格値は , すべてこの条
件の範囲内で保証されます。常に推奨動作条件下で使用してください。この条件を超えて使用すると , 信頼
性に悪影響を及ぼすことがあります。
データシートに記載されていない項目 , 使用条件 , 論理の組合せでの使用は , 保証していません。記載され
ている以外の条件での使用をお考えの場合は , 必ず事前に当社営業担当部門までご相談ください。
6
MB88345
■ 電気的特性
1. 直流特性
(1)ディジタル部
(VDD, VCC = + 5 V ± 10%(VCC ≧ VDD), GND, VSS = 0 V, Ta = − 20°C ∼ +85°C)
規 格 値
項 目
記 号
電源電圧
VCC
電源電流
ICC
入力リーク電流
IILK
端子名
VIL
“H”レベル入力電圧
VIH
“L”レベル出力電圧
VOL
CLK
DI
LD
標 準
最 大
4.5
5.0
5.5
V
―
2.4
5.4
mA
−10
―
10
µA
―
―
0.2 VCC
V
0.5 VCC
―
―
V
―
―
0.4
V
VCC − 0.4
―
―
V
CLK = 1 MHz 動作時
(無負荷時)
VIN = 0 ∼ VCC
―
IOL = 2.5 mA
DO
“H”レベル出力電圧
単 位
最 小
―
VCC
“L”レベル入力電圧
条 件
VOH
(2)アナログ部 1
IOH = − 400 µA
(VDD, VCC = +5 V ± 10%(VCC ≧ VDD), GND, VSS = 0 V, Ta = −20°C ∼ +85°C)
規 格 値
項 目
消費電流
記 号
端子名
条 件
単 位
最 小
標 準
最 大
―
3.0
4.5
mA
2.0
―
VCC
V
GND
―
VCC − 2.0
V
―
8
―
bit
―
8
―
bit
−1.5
―
1.5
LSB
−1.0
―
1.0
LSB
無負荷
IDD
VDD
VDD
VDD − VSS ≧ 2.0 V
アナログ電圧
VSS
分解能
Res
単調性増加
Rem
非直線性誤差
LE
微分直線性誤差
D LE
VSS
―
AO1 ∼ 無負荷
AO24
VDD ≦ VCC − 0.1 V
VSS ≧ 0.1 V
非直線性誤差:
“00”時の出力電圧と , “FF”時の出力電圧
を結ぶ理想直線に対する , 入出力曲線の誤差
アナログ出力
理想曲線
VAOH
微分直線性誤差:ディジタル値を 1 ビット増加させたときの
理想の増加量に対する誤差
非直線性誤差
(注意)VAOH と VDD, VAOL と VSS は , 必ずしも一致しません。
VAOL
ディジタル設定
#00
#FF
7
MB88345
(3)アナログ部2
(VDD, VCC = +5 V ± 10%(VCC ≧ VDD), GND, VSS = 0 V, Ta = −20°C ∼ +85°C)
規 格 値
項 目
出力最小電圧 1
出力最小電圧 2
出力最小電圧 3
出力最小電圧 4
出力最小電圧 5
記 号
端子名
出力最大電圧 2
出力最大電圧 3
出力最大電圧 4
出力最大電圧 5
8
単 位
最 小
標 準
最 大
VAOL1
VDD = VCC
VSS = GND = 0 V
IAL = 0 µA
ディジタル・データ = # 00
VSS
―
VSS + 0.1
V
VAOL2
VDD = VCC = 5.0 V
VSS = GND = 0 V
IAL = 500 µA
ディジタル・データ = # 00
VSS − 0.2
VSS
VSS + 0.2
V
VAOL3
VDD = VCC = 5.0 V
VSS = GND = 0 V
IAH = 500 µA
ディジタル・データ = # 00
VSS
―
VSS + 0.2
V
VAOL4
VDD = VCC = 5.0 V
VSS = GND = 0 V
IAL = 1.0 mA
ディジタル・データ = # 00
VSS − 0.3
VSS
VSS + 0.3
V
VAOL5
VDD = VCC = 5.0 V
VSS = GND = 0 V
IAH = 1.0 mA
ディジタル・データ = # 00
VSS
―
VSS + 0.3
V
VAOH1
VDD = VCC
VSS = GND = 0 V
IAL = 0 µA
ディジタル・データ = # FF
VDD − 0.1
―
VDD
V
VAOH2
VDD = VCC = 5.0 V
VSS = GND = 0 V
IAL = 500 µA
ディジタル・データ = # FF
VDD − 0.2
―
VDD
V
VAOH3
VDD = VCC = 5.0 V
VSS = GND = 0 V
IAH = 500 µA
ディジタル・データ = # FF
VDD − 0.2
VDD
VDD + 0.2
V
VAOH4
VDD = VCC = 5.0 V
VSS = GND = 0 V
IAL = 1.0 mA
ディジタル・データ = # FF
VDD − 0.3
―
VDD
V
VAOH5
VDD = VCC = 5.0 V
VSS = GND = 0 V
IAH = 1.0 mA
ディジタル・データ = # FF
VDD − 0.3
VDD
VDD + 0.3
V
AO 1 ∼
AO 24
出力最大電圧 1
条 件
MB88345
2. 交流特性
(VDD, VCC = + 5 V ± 10%(VCC ≧ VDD), GND, VSS = 0 V, Ta = −20°C ∼ +85°C)
規 格 値
項 目
記 号
条 件
単 位
最 小
標 準
最 大
“L”レベルクロックパルス幅
t CKL
200
―
―
ns
“H”レベルクロックパルス幅
tCKH
200
―
―
ns
tCr
tCf
―
―
200
ns
30
―
―
ns
クロック立上り時間
クロック立下り時間
データセットアップ時間
tDCH
データホールド時間
tCHD
60
―
―
ns
ロードセットアップ時間
tCHL
200
―
―
ns
ロードホールド時間
tLDC
100
―
―
ns
“H”レベルロードパルス幅
tLDH
100
―
―
ns
データ出力ディレイ時間
tDO
負荷条件(1)参照
―
―
150
ns
D/A 出力セットリング時間
tLDD
負荷条件(2)参照
―
―
100
µs
―
・負荷条件
(1)
測定点
CL = 20 pF ∼ 100 pF
測定点
(2)
RAL = 10 kΩ
CAL = 50 pF
9
MB88345
・入出力タイミング
tCr
tCKH
tCf
CLK
tCKL
DI
tLDC
tLDH
tDCH
tCHD
LD
tCHL
tLDD
0.9VCC
0.1VCC
D/A 出力
tDO
tDO
DO 出力
( 注意 ) ディジタル入力の判定レベルは VCC の 50%・20%, ディジタル出力の判定レベルは VCC の 80%・
20%, アナログ出力の判定レベルは VCC の 90%・10%とします。
10
MB88345
■ VAO − IAO 特性例
Ta = +25°C
5.0 V
パターン入力
ア
ナ
ロ
グ
出
力
レ
ベ
ル
( mV )
5,000
4,980
4,960
4,940
4,920
4,900
4,880
4,860
4,840
4,820
4,800
ソース電流
シンク電流
VCC
AO1
∼
VDD
DI
CLK
LD
VSS
MB88345
5.0 V
AO24
GND
V
# FF 設定
1.0
0.8
0.6
0.4
0.2
0.0
0.2
ア
ナ
ロ
グ
出
力
レ
ベ
ル
( mV )
2,600
2,580
2,560
2,540
2,520
2,500
2,480
2,460
2,440
2,420
2,400
( mV )
200
180
160
140
120
100
80
60
40
20
0
0.6
0.8
1.0
( mA )
1.0
( mA )
1.0
( mA )
# 80 設定
1.0
0.8
0.6
0.4
0.2
0.0
0.2
シンク電流
ア
ナ
ロ
グ
出
力
レ
ベ
ル
0.4
ソース電流
シンク電流
0.4
0.6
0.8
ソース電流
# 00 設定
1.0
0.8
0.6
0.4
0.2
0.0
0.2
シンク電流
0.4
0.6
0.8
ソース電流
■ オーダ型格
型 格
MB88345PF
パッケージ
備 考
プラスチック・QFP, 32 ピン
(FPT-32P-M21 )
11
MB88345
■ 外形寸法図
プラスチック・QFP, 32 ピン
(FPT-32P-M21)
9.00±0.20(.354±.008)SQ
24
17
7.00±0.10(.276±.004)SQ
+0.20
1.50 –0.10
+.008
.059 –.004
25
16
5.60
(.220)
REF
8.00
(.315)
NOM
1 PIN INDEX
32
9
1
0.80(.0315)TYP
8
0.30±0.10
(.012±.004)
0.10(.004)
C
12
1994 FUJITSU LIMITED F32032S-1C-2
"A"
0.16(.006)
M
+0.05
0.127 –0.02
Details of "A" part
+.002
.005 –.001
0.10±0.10
(.004±.004)
0
10°
0.50±0.20
(.020±.008)
単位:mm (inches)
MB88345
MEMO
13
MB88345
MEMO
14
MB88345
MEMO
15
富士通マイクロエレクトロニクス株式会社
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿 2-7-1 新宿第一生命ビル
http://jp.fujitsu.com/fml/
お問い合わせ先
富士通エレクトロニクス株式会社
〒 163-0731 東京都新宿区西新宿 2-7-1 新宿第一生命ビル
http://jp.fujitsu.com/fei/
電子デバイス製品に関するお問い合わせは , こちらまで ,
0120-198-610
受付時間 : 平日 9 時~ 17 時 ( 土・日・祝日 , 年末年始を除きます )
携帯電話・PHS からもお問い合わせができます。
※電話番号はお間違えのないよう , お確かめのうえおかけください。
本資料の記載内容は , 予告なしに変更することがありますので , ご用命の際は営業部門にご確認ください。
本資料に記載された動作概要や応用回路例は , 半導体デバイスの標準的な動作や使い方を示したもので , 実際に使用する機器での動作を保証するも
のではありません。従いまして , これらを使用するにあたってはお客様の責任において機器の設計を行ってください。これらの使用に起因する損害な
どについては , 当社はその責任を負いません。
本資料に記載された動作概要・回路図を含む技術情報は , 当社もしくは第三者の特許権 , 著作権等の知的財産権やその他の権利の使用権または実施
権の許諾を意味するものではありません。また , これらの使用について , 第三者の知的財産権やその他の権利の実施ができることの保証を行うもので
はありません。したがって , これらの使用に起因する第三者の知的財産権やその他の権利の侵害について , 当社はその責任を負いません。
本資料に記載された製品は , 通常の産業用 , 一般事務用 , パーソナル用 , 家庭用などの一般的用途に使用されることを意図して設計・製造されてい
ます。極めて高度な安全性が要求され , 仮に当該安全性が確保されない場合 , 社会的に重大な影響を与えかつ直接生命・身体に対する重大な危険性を
伴う用途(原子力施設における核反応制御 , 航空機自動飛行制御 , 航空交通管制 , 大量輸送システムにおける運行制御 , 生命維持のための医療機器 , 兵
器システムにおけるミサイル発射制御をいう), ならびに極めて高い信頼性が要求される用途(海底中継器 , 宇宙衛星をいう)に使用されるよう設計・
製造されたものではありません。したがって , これらの用途にご使用をお考えのお客様は , 必ず事前に営業部門までご相談ください。ご相談なく使用
されたことにより発生した損害などについては , 責任を負いかねますのでご了承ください。
半導体デバイスはある確率で故障が発生します。当社半導体デバイスが故障しても , 結果的に人身事故 , 火災事故 , 社会的な損害を生じさせないよ
う , お客様は , 装置の冗長設計 , 延焼対策設計 , 過電流防止対策設計 , 誤動作防止設計などの安全設計をお願いします。
本資料に記載された製品を輸出または提供する場合は , 外国為替及び外国貿易法および米国輸出管理関連法規等の規制をご確認の上 , 必要な手続き
をおとりください。
本書に記載されている社名および製品名などの固有名詞は , 各社の商標または登録商標です。
編集 販売戦略部
Similar pages