2009年度の業績ハイライト

2009 年度(2010 年3月期)
の業績ハイライト
■ 売上高・営業利益・営業利益率
売上高は、引き続き景気後退や円高の影響を受け、画像&ソリューション分野をはじめ、すべての事業分野で減収。全体では前期比 3.6%減少の 20,163 億円。国内売
上高は前期比 6.6%減少の 8,765 億円、海外売上高は前期比 1.2% 減少の 11,397 億円。営業利益は、構造改革活動による経費削減や、継続的な製造原価の低減活
動などによる成果はありましたが、売上高減少や円高による影響により、前期比 11.5%減少し659 億円。
(%)
8
6
4
2
0
営業利益率
7.8
8.4
3.6
3.3
米州
5,576億円
(27.7%)
A
C 営業利益
B 海外
(左軸) ●
(右軸)
(左軸) ●
●日本
営業利益
20,163 11,397
20,916 11,533
10,000
1,815
1,485
15,000
22,199 12,039
(億円)
20,000
1,743
19,092 9,430
20,689 10,666
売上高
(億円)
2,000
1,500
1,000
B
745
9,383
659
8,765
A
0
10,160
10,022
9,662
5,000
2009年
3月期
2010年
3月期
500
C
2006年
3月期
2007年
3月期
2008年
3月期
0
■ 総資産・純資産・株主資本当期純利益率
(ROE)
総資産は、現金及び預金残高を通常水準に戻したほか、たな卸資産の圧縮など
により前期末比1,295億円減少し、23,839億円。有利子負債は、
フリーキャッシュ
フローと現金及び預金の圧縮などにより前期末比947億円減少し、6,844億円。
純資産は、前期末比4億円減少の10,238億円。ROEは前期の0.6%から2.9%
へ上昇。
(%)
12
10.6
株主資本当期純利益率
(ROE)
11.0
9.9
■ 一株当たり当期純利益・配当金
(%)
年間配当金については、前期と同額の 1 株当たり33 円 00 銭を継続。
連結配当性向
20
15
18.1
365.9
22.6
10
33.0
38.41
2010年
3月末
2009年
3月期
2010年
3月期
B
2006年
3月期
30
15
9.02
2009年
3月末
A
45
33.0
9,733
2008年
3月末
0
33.0
100
B 一株当たり配当金
●
(右軸) (円)
146.04
9,753
2007年
3月末
85.9
18.3
28.0
23,839
25,134
10,801
A
22,143
5,000
画像ソリューション
15,161億円
(75.2%)
( )
内は売上高構成比
50
10,709
9,602
10,000
0
22,434
20,411
15,000
2.9
画像&ソリューション
17,902億円
(88.8%)
2010年
3月期
ネットワーク
システムソリューション
2,740億円
(13.6%)
150
B 株主資本
●
25,000
20,000
産業
1,016億円
(5.0%)
24.0
A 総資産
(億円) ●
● 分野別売上高
その他
1,244億円
(6.2%)
153.10
0.6
その他
1,234億円
(6.1%)
132.33
0
日本
8,765億円
(43.5%)
2010年
3月期
欧州
4,585億円
(22.7%)
A 基本的一株当たり当期純利益
(左軸)
(円) ●
8
4
● 地域別売上高
海外
11,397億円
(56.5%)
8.2
2007年
3月期
2008年
3月期
0
B
2006年
3月末
詳細は『アニュアルレポート2010』
をご覧ください。
リコーグループ社会的責任経営報告書 2010
Similar pages