3章 機能の説明 PDF [466KB]

Quality is our message
3章
機能の説明
第
目
次
ページ
1. 機能一覧表.......................................................................................................3-2
2. 機能の説明.......................................................................................................3-4
3. 真理値表 ......................................................................................................... 3-11
4. IPM ブロック図 ..............................................................................................3-13
5. タイミングチャート .......................................................................................3-21
3-1
第 3 章
1
機能の説明
機能一覧表
IPM に内蔵する機能を、表 3-1~表 3-3 に示します。
表 3-1 IPM 内蔵機能(R-IPM)
600V
素子数
6 in 1
7 in 1
上下アーム共通
Dr UV TjOH
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
内蔵機能
上アーム
OC ALM
-
-
-
-
-
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
下アーム
OC
ALM
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
6MBP15RA120
6MBP25RA120
6MBP50RA120
6MBP75RA120
6MBP100RA120
6MBP150RA120
7MBP25RA120
7MBP50RA120
7MBP75RA120
7MBP100RA120
7MBP150RA120
6MBP25RJ120
6MBP50RJ120
上下アーム共通
Dr UV TjOH
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
内蔵機能
上アーム
OC ALM
-
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
○
○
○
下アーム
OC
ALM
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
6MBP75RJ120
7MBP25RJ120
7MBP50RJ120
7MBP75RJ120
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
形式
6MBP15RH060
6MBP20RH060
6MBP30RH060
6MBP50RA060
6MBP75RA060
6MBP100RA060
6MBP150RA060
6MBP200RA060
6MBP300RA060
7MBP50RA060
7MBP75RA060
7MBP100RA060
7MBP150RA060
7MBP200RA060
7MBP300RA060
パッケージ
TcOH
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
P617
P617
P617
P610
P610
P611
P611
P612
P612
P610
P610
P611
P611
P612
P612
1200V
素子数
6 in 1
7 in 1
6 in 1
7 in 1
形式
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
パッケージ
TcOH
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
P619
P610
P611
P611
P612
P612
P610
P611
P611
P612
P612
P621
P621
○
○
○
○
P621
P621
P621
P621
Dr: IGBT 駆動回路、UV: 制御電源不足電圧保護、TjOH: 素子過熱保護、OC: 過電流保護、ALM: アラーム出力、TcOH: ケース過熱保護
3-2
第 3 章
機能の説明
表 3-2 IPM 内蔵機能(R-IPM3)
600V
素子数
6 in 1
7 in 1
6 in 1
7 in 1
形式
6MBP20RTA060
6MBP50RTB060
6MBP75RTB060
6MBP100RTB060
6MBP150RTB060
7MBP50RTB060
7MBP75RTB060
7MBP100RTB060
7MBP150RTB060
6MBP50RTJ060
6MBP75RTJ060
6MBP100RTJ060
6MBP150RTJ060
7MBP50RTJ060
7MBP75RTJ060
7MBP100RTJ060
7MBP150RTJ060
上下アーム共通
Dr UV TjOH
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
内蔵機能
上アーム
OC ALM
-
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
下アーム
OC
ALM
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
パッケージ
TcOH
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
Dr: IGBT 駆動回路、UV: 制御電源不足電圧保護、TjOH: 素子過熱保護、OC: 過電流保護、ALM: アラーム出力、TcOH: ケース過熱保護
3-3
P619
P610
P610
P611
P611
P610
P610
P611
P611
P621
P621
P621
P621
P621
P621
P621
P621
第 3 章
機能の説明
表 3-3 IPM 内蔵機能(Econo IPM)
600V
素子数
6 in 1
7 in 1
形式
6MBP50TEA060
6MBP75TEA060
6MBP100TEA060
6MBP150TEA060
7MBP50TEA060
7MBP75TEA060
7MBP100TEA060
7MBP150TEA060
上下アーム共通
Dr UV TjOH
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
内蔵機能
上アーム
OC ALM
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
下アーム
OC
ALM
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
TcOH
-
-
-
-
-
-
-
-
上下アーム共通
Dr UV TjOH
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
内蔵機能
上アーム
OC ALM
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
下アーム
OC
ALM
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
TcOH
-
-
-
-
-
-
パッケージ
P622
P622
P622
P622
P622
P622
P622
P622
1200V
素子数
6 in 1
7 in 1
形式
6MBP25TEA120
6MBP50TEA120
6MBP75TEA120
7MBP25TEA120
7MBP50TEA120
7MBP75TEA120
パッケージ
P622
P622
P622
P622
P622
P622
Dr: IGBT 駆動回路、UV: 制御電源不足電圧保護、TjOH: 素子過熱保護、OC: 過電流保護、ALM: アラーム出力、TcOH: ケース過熱保護
2
2.1
機能の説明
三相インバータ用 IGBT、FWD
図 3-1 に示すように、三相インバータ用 IGBT 及び FWD を内蔵し、IPM 内部で三相ブリッジ回路を
構成しています。P、N 端子に主電源を、U、V、W 端子に三相出力線を接続すれば主配線は完成します。
サージ電圧を抑えるために、スナバ回路を接続して使用ください。
2.2
ブレーキ用 IGBT、FWD
図 3-1 に示すように、ブレーキに使用される IGBT 及び FWD を内蔵し、IGBT のコレクタ電極が B
端子として外部に出力されています。ブレーキ抵抗を P-B 端子間に接続して、ブレーキ IGBT を制御す
ることで、減速時の回生エネルギを消費し、P-N 端子間の電圧上昇を抑えることができます。
3-4
第 3 章
機能の説明
P-side
PWM input
IPM
Pre-Driver
Pre-Driver
Pre-Driver
P
B
U
V
W
N
Pre-Driver
Brake
input
図 3-1
2.3
N-side
PWM input
Alarm
output
3 相インバータ適用例(7MBP150RTB060 の場合)
IGBT ドライブ機能
図 3-2 にプリドライバのブロック図を示します。IPM は IGBT のドライブ機能を内蔵しているので、
フォトカプラ出力を IPM に接続すれば、ゲート抵抗値を設計することなく、IGBT を駆動することがで
きます。本ドライブ機能の特長を次に紹介します。
・独立したゲート抵抗制御
単一のゲート抵抗 Rg を用いず、ターンオン/ターンオフ専用の Rg を内蔵しています。これにより、
ターンオンとターンオフの dv/dt を独立にコントロールできるため、素子の特性を十分に発揮すること
ができます(Turn on/Normal Shutdown)。
・ソフト遮断
過電流などの異常時にゲート電圧を緩やかに低下させ、サージ電圧で素子が破壊することを防止します
(Soft Shutdown)。
・誤オン防止
オフ時に IGBT のゲート電極を低インピーダンスでエミッタ接地する回路を設けているため、ノイズ
等で VGE が上昇して誤ってオンすることを防止します(Off Hold)。
3-5
第 3 章
機能の説明
・逆バイアス電源は不要
IPM はドライブ回路と IGBT 間の配線が短いので、配線インピーダンスが小さく、逆バイアス無しで
駆動することができます。
・アラームラッチ
アラームは約 2ms のラッチ期間を持っており、ラッチ期間にオン信号を入力しても IGBT は動作しま
せん。さらに、下アーム側はブレーキを含め各相 ALM 間相互接続しているため、下アーム側が保護動
作すると下アーム全 IGBT がラッチ期間停止します。
3-6
第 3 章
機能の説明
VinU
(same circuit as X-phase)
VccU
GNDU
VinV
(same circuit as X-phase)
VccV
GNDV
VinW
(same circuit as X-phase)
VccW
GNDW
Vcc
Vcc
in
VinX
Turn on
U
IGBT
8V
Gate Voltage
gate
Off Hold
Vcc
Normal Shutdown
alarm
Soft Shutdown
N
Vcc
①
TjH
Q
TjOH
OC
UV
S
Filter
1ms
20℃
R
②
Filter
Delay
5us
2ms
Vcc
③
VH
Filter
0.5V
5us
GND
Pre-driver for X-phase IGBT
Note: Delay time and hysteresis are typical value.
VinY
(same circuit as X-phase)
VinZ
(same circuit as X-phase)
VinDB
(same circuit as X-phase)
Tc overheating protection circuit
Vcc
Vcc
ALM
Vcc
④
RALM
Q
S
TcH
Filter
20℃
1ms
TcOH
R
GND
Delay
2ms
図 3-2
IPM 機能ブロック図(代表例:7MBP150RTB060)
3-7
第 3 章
2.4
機能の説明
過電流保護機能 (OC)
検出方式として、センス IGBT 方式とシャント抵抗方式の 2 通りを採用しています。
①センス IGBT 方式
採用機種:
P610/P611/P612/P621/P622
・IGBT チップに内蔵する電流センス IGBT に流れるセンス電流を制御回路に取り込むことで、IGBT に
流れる主電流を検出します。センス電流は主電流に比べて非常に小さく、シャント抵抗方式に比べて検
出ロスを小さくできます。
・過電流保護 Ioc レベルを約 5μs(tdoc)期間連続して超えると、IGBT をソフト遮断します。検出フィル
タを設けているため、瞬間的な過電流やノイズによる誤動作を防止できます。
・約 2ms 後に Ioc を下回り、入力信号がオフなら、アラームは解除されます。
②シャント抵抗方式
採用機種:
P617/P619
・過電流保護は直流 N 母線ラインに接続した電流検出用シャント抵抗 R1 の両端電圧を検出して行いま
す。過電流検出レベル Ioc を約 5μs(tdoc)期間連続して超えると、IGBT をソフト遮断します。検出フ
ィルタを設けているため、瞬間的な過電流やノイズによる誤動作を防止できます。
・約 2ms 後に Ioc を下回り、入力信号がオフなら、アラームは解除されます。
2.5
短絡保護機能 (SC)
・OC 保護機能にはすべて SC 保護機能が連動し、負荷短絡やアーム短絡時のピーク電流を抑制します。
2.6
制御電源電圧低下保護機能 (UV)
・UV 保護機能は制御電源電圧(Vcc)が、約 5μs 期間連続して VUV を下回ると、IGBT をソフト遮断し
ます。
・ヒステリシスVHを設けてあるので、約 2ms 経過後に Vcc が VUV+VH 以上に復帰して、入力信号が
オフなら、アラームは解除されます。
2.7
ケース温度過熱保護機能(TcOH)
・TcOH 保護機能は、パワーチップ(IGBT、FWD)と同一のセラミック基板上に設けられた温度検出素子
により絶縁基板温度を検出し、検出温度が保護レベル TcOH を約 1ms 以上連続して超えると、IGBT
をソフト遮断します。
・ヒステリシス TcH を設けてあるので、約 2ms 経過後に Tc が TcOH-TcH を下回ると、アラームは解除
されます。
・TcOH 検出位置を図 3-3~図 3-6 に示します。
3-8
第 3 章
図 3-3
TcOH 検出位置(P610)
図 3-4
TcOH 検出位置(P611)
3-9
機能の説明
第 3 章
図 3-5
TcOH 検出位置(P612)
図 3-6
TcOH 検出位置(P621)
3-10
機能の説明
第 3 章
2.8
機能の説明
チップ温度過熱保護機能 (TjOH)
・TjOH 保護機能は、全 IGBT チップに設けられた温度検出素子により IGBT チップ温度を検出し、検出
温度が保護レベル(TjOH)を約 1ms 以上連続して超えると、IGBT をソフト遮断します。
・ヒステリシス TjH を設けてあるので、約 2ms 経過後に Tj が TjOH-TjH を下回り、かつ入力信号がオ
フならアラームは解除されます。
2.9
アラーム出力機能 (ALM)
・保護機能が働くと、アラーム出力端子は各基準電位 GND に対し導通します。オープンコレクタ出力で、
フォトカプラを直接駆動できる能力があり、直列に 1.5kΩの抵抗を内蔵しています。
・保護機能が働くと、アラーム信号を約 2ms 期間(tALM)持続して出力します。アラーム要因が解消され、
tALM 以上経過し、かつ入力信号がオフならアラームは解除されます。要因が TcOH の場合は、入力
信号に無関係で解除されます。
・下アーム側各ドライブ回路のアラーム端子は相互接続されているため、何れかの IGBT がアラームを
出力すると、ブレーキを含む下アーム側全 IGBT が停止します。
3
真理値表
故障発生時の真理値表を、表 3-4~表 3-7 に示します。
表 3-4 真理値表(P617、P619)
Cause of
fault
High side
U-phase
High side
V-phase
High side
W-phase
Low side
UV
TjOH
UV
TjOH
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
IGBT
U-phase
V-phase
W-phase
Low side
Alarm output
Low side
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
OFF
High
High
High
High
High
High
Low
Low
Low
* Depend on input logic
3-11
第 3 章
機能の説明
表 3-5 真理値表(P610、P611、P612)
Cause of
fault
OC
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
TcOH
High side
U-phase
High side
V-phase
High side
W-phase
Low side
Alarm output
Low side
High
High
High
High
High
High
High
High
High
Low
Low
Low
Low
IGBT
U-phase
OFF
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
V-phase
*
*
*
OFF
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
W-phase
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
OFF
*
*
*
*
Low side
*
*
*
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
OFF
OFF
* Depend on input logic
表 3-6 真理値表(P621)
Cause of
fault
High side
U-phase
High side
V-phase
High side
W-phase
Low side
IGBT
Alarm output
U-phase
V-phase
W-phase
Low side
ALMU
ALMV
ALMW
ALM
OFF
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
OFF
OFF
Low
Low
Low
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
Low
Low
Low
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
Low
Low
Low
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
Low
Low
Low
Low
U-phase
V-phase
IGBT
W-phase
Low side
ALMU
OFF
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
OFF
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
OFF
Low
Low
Low
High
High
High
High
High
High
High
High
High
OC
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
TcOH
* Depend on input logic
表 3-7 真理値表(P622)
Cause of
fault
High side
U-phase
High side
V-phase
High side
W-phase
Low side
OC
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
OC
UV
TjOH
*
*
*
*
*
*
OFF
OFF
OFF
*
*
*
* Depend on input logic
3-12
Alarm output
ALMV
ALMW
High
High
High
Low
Low
Low
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
High
Low
Low
Low
High
High
High
ALM
High
High
High
High
High
High
High
High
High
Low
Low
Low
第 3 章
4
機能の説明
IPM ブロック図
IPM ブロック図を、図 3-7~図 3-14 に示します。
P
VccU
VinU
GNDU
Pre-Driver1
8V
U
VccV
VinV
V
GNDV
VccW
VinW
W
GNDW
Vcc
VinX
VinY
Pre-Driver2
VinZ
ALM
N1
R1
GND
図 3-7
IPM ブロック図(P617)
3-13
N2
第 3 章
機能の説明
P
VccU
VinU
Pre-Driver1
8V
GNDU
U
VccV
VinV
V
GNDV
VccW
VinW
W
GNDW
Vcc
VinX
VinY
Pre-Driver2
VinZ
ALM
1.5k
N1
R1
GND
図 3-8
IPM ブロック図 (P619)
3-14
N2
第 3 章
機能の説明
P
VccU
VinU
Pre-Driver
8V
GNDU
U
VccV
VinV
V
GNDV
VccW
VinW
W
GNDW
Vcc
VinX
GND
VinY
VinZ
B
VinDB
N
Tc Over Heating
Protection Circuit
ALM
1.5k
図 3-9
IPM ブロック図(P610、P611、P612
3-15
ブレーキ内蔵)
第 3 章
機能の説明
P
VccU
VinU
Pre-Driver
8V
GNDU
U
VccV
VinV
V
GNDV
VccW
VinW
W
GNDW
Vcc
VinX
GND
VinY
VinZ
N
VinDB
B
NC
ALM
1.5k
図 3-10
NC
Tc Over Heating
Protection Circuit
IPM ブロック図(P610、P611、P612
3-16
ブレーキなし)
第 3 章
機能の説明
P
VccU
VinU
ALMU
Pre-Driver
1.5k
8V
GNDU
U
VccV
VinV
ALMV
1.5k
V
GNDV
VccW
VinW
ALMW
1.5k
W
GNDW
Vcc
VinX
GND
VinY
VinZ
B
VinDB
N
Tc Over Heating
Protection Circuit
ALM
1.5k
図 3-11
IPM ブロック図(P621 ブレーキ内蔵)
3-17
第 3 章
機能の説明
P
VccU
VinU
ALMU
Pre-Driver
1.5k
8V
GNDU
U
VccV
VinV
ALMV
1.5k
V
GNDV
VccW
VinW
ALMW
1.5k
W
GNDW
Vcc
VinX
GND
VinY
VinZ
N
B
VinDB
NC
NC
Tc Over Heating
Protection Circuit
ALM
1.5k
図 3-12
IPM ブロック図(P621 ブレーキなし)
3-18
第 3 章
機能の説明
P
VccU
VinU
ALMU
Pre-Driver
1.5k
8V
GNDU
U
VccV
VinV
ALMV
1.5k
V
GNDV
VccW
VinW
ALMW
1.5k
W
GNDW
Vcc
VinX
GND
VinY
VinZ
B
VinDB
ALM
1.5k
N
図 3-13
IPM ブロック図(P622 ブレーキ内蔵)
3-19
第 3 章
機能の説明
P
VccU
VinU
ALMU
Pre-Driver
1.5k
8V
GNDU
U
VccV
VinV
ALMV
1.5k
V
GNDV
VccW
VinW
ALMW
1.5k
W
GNDW
Vcc
VinX
GND
VinY
VinZ
N
B
VinDB
NC
NC
ALM
1.5k
図 3-14
IPM ブロック図(P622 ブレーキなし)
3-20
第 3 章
5
機能の説明
タイミングチャート
保護機能のタイミングチャートを、図 3-15~図 3-21 に示します。
②
①
図 3-15
③
⑤
④
タイミングチャート
⑥
⑦
⑧
UV (1)
図 3-2 ③参照
① Vcc 投入時は VUV+VH 以下でアラームを出力する。
② Vcc が VUV 以下に低下した期間が 5μs 以下では保護は動作しない。(Vin オフ時)
③ Vin がオフ時は Vcc が VUV 以下になって約 5μs 後にアラームを出力し IGBT はオフを維持する。
④ Vcc が tALM 経過前に VUV+VH まで復帰すると、Vin オフ時には tALM 経過時に UV は復帰し、
同時にアラームも復帰する。
⑤ Vcc が VUV 以下に低下した期間が 5μs 以下では保護は動作しない。(Vin オン時)
⑥ Vin がオン時は Vcc が VUV 以下になって約 5μs 後にアラームを出力し IGBT はソフト遮断する。
⑦ Vcc が tALM 経過前に VUV+VH まで復帰すると、Vin オフ時には tALM 経過時に UV は復帰し、
同時にアラームも復帰する。
⑧ Vcc 遮断時は VUV 以下でアラームを出力する。
3-21
第 3 章
①
図 3-16
③
②
タイミングチャート
機能の説明
④
UV (2)
図 3-2 ③参照
① Vcc 投入時は VUV+VH 以下でアラームを出力する。(Vin がオフになるまで)
② Vcc が tALM 経過以後に VUV+VH まで復帰すると、Vin がオフ時には VUV+VH 復帰と同時に
UV とアラームは復帰する。
③ Vcc が tALM 経過前に VUV+VH まで復帰しても、Vin がオン時には tALM 経過時に UV 復帰しな
い。Vin オフと同時に UV とアラームは復帰する。
④ Vcc 遮断時に Vin オンの場合には、VUV 以下でアラームを出力し IGBT をソフト遮断する。
3-22
第 3 章
①
②
③
図 3-17
④
タイミングチャート
⑤
機能の説明
⑥
OC
図 3-2 ②参照
① Ic が Ioc を上回った時から tdoc 経過後にアラームを出力し IGBT をソフト遮断する。
② tALM 経過時に Vin がオフの時は OC とアラームは同時に復帰する。
③ Ic が Ioc を上回った時から tdoc 経過後にアラームを出力し IGBT をソフト遮断する。
④ tALM 経過時に Vin がオンの時は OC は復帰しない。オフ信号入力時に OC とアラームは同時に復
帰する。
⑤ Ic が Ioc を上回った後、tdoc 経過前に Vin がオフになると保護動作せず、IGBT は通常の遮断をす
る。
⑥ Ic が Ioc を上回った後、tdoc 経過前に Vin がオフになると保護動作せず、IGBT は通常の遮断をす
る。
3-23
第 3 章
①
②
③
図 3-18
④
⑤
タイミングチャート
機能の説明
⑥
SC
図 3-2 ②参照
① Ic が流れ始めた後に負荷短絡が発生し Isc を超えると瞬時に Ic ピークを抑制する。tdoc 経過後に
アラームを出力し IGBT をソフト遮断する。
② tALM 経過時に Vin がオフの時は OC とアラームは同時に復帰する。
③ Ic が流れ始めると同時に負荷短絡が発生し Isc を越えると瞬時に Ic ピークを抑制する。tdoc 経過
後にアラームを出力し IGBT をソフト遮断する。
④
tALM 経過時に Vin がオンの時は OC は復帰しない。オフ信号入力時に OC とアラームは同時に
復帰する。
⑤
Ic が流れ始めた後に負荷短絡が発生し Isc を超えると瞬時に Ic ピークを抑制する。その後、tdoc
経過前に Vin がオフになると保護動作せず、IGBT は通常の遮断をする。
⑥ Ic が流れ始めると同時に負荷短絡が発生し Isc を越えると瞬時に Ic ピークを抑制する。その後、
tdoc 経過前に Vin がオフになると保護動作せず、IGBT は通常の遮断をする。
3-24
第 3 章
①
②
図 3-19
③
タイミングチャート
③
機能の説明
④
TcOH
図 3-2 ④参照
① ケース温度 Tc が約 1ms の期間継続して TcOH を超えるとアラームを出力し、Vin がオンの場合は
下アーム側全 IGBT がソフト遮断する。
② tALM 経過前に TcOH-TcH 以下に復帰すると tALM 経過時にアラームが復帰する。
③ Tc が約 1ms の期間継続して TcOH を超えるとアラームを出力する。(Vin オフ時)
④ tALM 経過時に TcOH-TcH 以下に復帰していない場合はアラームは復帰しない。tALM 経過後に
TcOH-TcH 以下に復帰するとアラームが復帰する。
3-25
第 3 章
①
図 3-20
②
③
タイミングチャート
③
機能の説明
④
TjOH (1)
図 3-2 ①参照
① IGBT チップ温度 Tj が約 1ms の期間継続して TjOH を超えるとアラームを出力し、IGBT をソフ
ト遮断する。
② tALM 経過前に TjOH-TjH 以下に復帰すると tALM 経過時 Vin がオフの場合は OH とアラームは
同時に復帰する。
③ Tj が約 1ms の期間継続して TjOH を超えるとアラームを出力し Vin がオフの場合は、オフを保持
する。
④ tALM 経過後に TjOH-TjH 以下に復帰する場合、Vin がオフの時は OH とアラームは同時に復帰す
る。
3-26
第 3 章
①
図 3-21
③
②
タイミングチャート
機能の説明
TjOH (2)
図 3-2 ①参照
① Tj が TjOH を越えて約 1ms 以内に TjOH 以下に下がると、Vin がオン・オフいずれでも OH は動作
しない。
② Tj が TjOH を越えて約 1ms 以内に TjOH 以下に下がると、Vin がオン・オフいずれでも OH は動作
しない。
③ Tj が TjOH を越えた後、約 3μs 以上の期間 TjOH 以下に下がると、1ms の検出タイマはリセット
されます。
3-27
ご 注 意
1.
このカタログの内容(製品の仕様、特性、データ、材料、構造など)は2004 年 7月現在のものです。
この内容は製品の仕様変更のため、または他の理由により事前の予告なく変更されることがあります。このカタログに記載されてい
る製品を使用される場合には、その製品の最新版の仕様書を入手して、データを確認してください。
2. 本カタログに記載してある応用例は、富士電機の半導体製品を使用した代表的な応用例を説明するものであり、本カタログによって
工業所有権、その他権利の実施に対する保証または実施権の許諾を行うものではありません。
3. 富士電機デバイステクノロジー(株)は絶えず製品の品質と信頼性の向上に努めています。しかし、半導体製品はある確率で故障する
可能性があります。
富士電機の半導体製品の故障が、結果として人身事故,火災等による財産に対する損害や、社会的な損害を起こさぬように冗長設計、
延焼防止設計、誤動作防止設計など安全確保のための手段を講じてください。
4. 本カタログに記載している製品は、
普通の信頼度が要求される下記のような電子機器や電気機器に使用されることを意図して造られ
ています。
・コンピュータ ・OA 機器 ・通信機器(端末) ・計測機器 ・工作機械
・オーディオビジュアル機器 ・家庭用電気製品 ・パーソナル機器 ・産業用ロボット など 5. 本カタログに記載の製品を、下記のような特に高い信頼度を持つ必要がある機器に使用をご予定のお客様は、事前に富士電機デバイ
ステクノロジー(株)へ必ず連絡の上、了解を得てください。このカタログの製品をこれらの機器に使用するには、そこに組み込まれ
た富士電機の半導体製品が故障しても、機器が誤動作しないように、バックアップ・システムなど、安全維持のための適切な手段を
講じることが必要です。
・輸送機器(車載、舶用など)
・幹線用通信機器
・交通信号機器
・ガス漏れ検知及び遮断機
・防災/防犯装置
・安全確保のための各種装置
6. 極めて高い信頼性を要求される下記のような機器には、本カタログに記載の製品を使用しないでください。
・宇宙機器
・航空機搭載用機器
・原子力制御機器
・海底中継機器
・医療機器
7. 本カタログの一部または全部の転載複製については、文書による当社の承諾が必要です。
8. このカタログの内容にご不明の点がありましたら、製品を使用する前に富士電機デバイステクノロジー(株)または、その販売店へ質
問してください。
本注意書きの指示に従わないために生じたいかなる損害も富士電機デバイステクノロジー(株)とその販売店は責任を負うものではあ
りません。
Similar pages