2000年3月期 決算説明会資料 (PDF:333KB)

2000年3月期 決算説明
∼参考資料∼
この資料の中で将来の見通しに関する数値すなわち2001年3月期の業績見通し
につきましては、ヤマハ及びヤマハグループ各社の現時点での入手可能な情報に基
づいており、この中には、リスクや不確定な要因も含まれております。
従いまして、実際の業績は、事業を取り巻く経済環境、需要動向、米ドル、ユー
ロを中心とする為替動向等により、これらの業績見通しと大きく異なる可能性があ
ります。
2000年6月13日
連結範囲
■ 連結対象会社
グループ会社総数
国
内
31 社
( 子会社 52社)
海
外
41
( 〃 53 )
72
( 〃 105 )
3
( 関連会社 17 )
計
75
子会社+
( 122 )
計
持分法適用
合
関連会社
■ 重要性基準
売
上
高
95.4 %
純
利
益
98.9
産
96.7
資
MEMO
-1-
連結業績
売上高
営業利益
経常利益
税前利益
当期利益
98/3期
6,089
241
190
190
134
99/3期
5,637
▲1
▲36
▲65
▲158
00/3期
5,278
80
85
▲476
▲407
(億円)
01/3期(予想)
5,200
190
170
170
120
98/3期
4,172
100
114
114
50
99/3期
3,919
▲122
▲125
▲136
▲137
00/3期
3,691
▲56
▲73
▲471
▲368
01/3期(予想)
3,300
60
80
90
70
【単体業績】
売上高
営業利益
経常利益
税前利益
当期利益
MEMO
-2-
黒字化施策
2000/3期は、黒字化に向け、「選択と集中」の観点から、事業の再編、人的施策等のリストラ、
財務体質強化策を実施した。
■ 事業再編
・薄膜磁気ヘッド事業撤退
・天竜半導体工場売却
・FA事業のグループ会社移管
■ 人的施策
・特別早期退職優遇制度
・各種ベネフィット見直し
■ 年金対応
・退職年金過去勤務費用の一括償却
■ 資産売却
・遊休不動産売却
・保有株式売却
■ 赤字グループ会社再建
・人的施策の実施
・増資による財務体質強化
MEMO
-3-
(億円)
事業セグメント別売上高
薄膜磁気ヘッド
(億円)
7,000
その他
その他事業
7,000
欧米
6,089
楽器・音響
北米
5,637
6,000
6,089 (過去最高)
6,000
地域セグメント別売上高
5,278
5,637
800
国内
697
5,278
436
5,200
5,000
796
278
5,000
(5,289)
5,200
625
(5,201)
2,405
(39.5%)
505
825
(5,000)
4,000
912
962
4,000
2,412
(42.8%)
734
960
550
2,199
(41.7%)
780
海外
2,150
(41.3%
)
820
3,000
3,000
2,000
2,000
3,958
4,080
3,870
3,900
3,684
3,225
3,079
3,050
99/3期
00/3期
01/3期(予想)
1,000
1,000
0
0
98/3期
99/3期
00/3期
98/3期
01/3期(予想)
MEMO
-4-
営業利益・経常利益
当期利益
営業利益
(億円)
経常利益
(億円)
300
200
134
250
200
241
120
100
190
190
0
98/3期
170
150
99/3期
00/3期
▲ 100
100
80
▲ 200
85
50
▲ 158
▲ 300
▲1
▲ 400
0
98/3期
99/3期
00/3期
01/3期(予想)
▲ 407
▲ 36
▲ 500
-50
MEMO
-5-
01/3期(予想)
2000/3期 対前年利益変化要因
(億円)
(主な増益要因)
■ 営業利益
・半導体損益改善
(+81億円) ・人件費減少
・磁気ヘッド償却費減少
(主な減益要因)
+94
+126
+52
■ 経常利益
・有価証券売却益
(+121億円) ・持分法投資損益
+32
+8
■ 税引前利益
・固定資産処分益
(▲411億円)
+127
為替換算レート
[ 期中平均レート ]
99/3
00/3
US$ 130.23
114.02
EUR 144.19※ 119.03
[ 期末日レート ]
99/3
00/3
120.55
106.15
129.29
102.14
・為替影響
▲191
(売上影響 ▲330)
・早期退職制度による退職金増
・退職年金過去勤務費用償却
・磁気ヘッド事業撤退費用
※ 99/3期のEUR期中平均レートは、
DM、FF等の期中平均レートを
対EUR固定レートで換算、加重
平均して求めたレート。
-6-
▲198
▲295
▲174
2001/3期 対前年利益変化要因
(億円)
(主な増益要因)
■ 営業利益
・磁気ヘッド事業撤退
(+110億円) ・半導体損益改善
・子会社損益改善
(主な減益要因)
+132
+41
+38
・為替影響
▲126
(YLT、リゾート・メタニクス 等)
■ 経常利益
(+85億円)
・有価証券売却益減 他
・持分法投資損益
■ 税引前利益
・特別退職金減
(+646億円) ・退職年金過去勤務費用減
・磁気ヘッド事業撤退損減
+213
+295
+174
為替換算レート
[ 期中平均レート ]
00/3
01/3
US$ 114.02
100.0
EUR 119.03
105.0
[ 期末日レート ]
00/3
01/3
106.15
100.0
102.14
105.0
-7-
・固定資産売却益減
▲13
▲12
▲121
■事業セグメント別営業利益
楽器・音響
リビング
電子機器・金属
レクリエーション
その他
消去・全社
計
98/3期
198
4
54
▲18
7
▲4
241
99/3期
307
▲25
▲284
▲12
15
▲2
▲1
00/3期
271
▲10
▲181
▲8
2
6
80
(億円)
01/3期(予想)
161
14
4
▲2
13
−
190
99/3期
▲141
78
44
30
▲12
▲1
00/3期
▲51
59
29
18
25
80
(億円)
01/3期(予想)
84
51
27
22
6
190
■地 域 セグメント別 営 業 利 益
国 内
北 米
欧 州
アジア 他
消去・全社
計
98/3期
110
68
41
37
▲15
241
MEMO
-8-
比較貸借対照表
科 目
(流動資産)
現預金
売上債権
棚卸資産
繰延税金資産
その他
(固定資産)
有形固定資産
無形固定資産
投資有価証券
繰延税金資産
その他投資等
(為替換算調整勘定)
資産合計
※1
※2
※3
※4
2000/3末 1999/3末
(2,060)
(2,129)
338
180
735
876
774
911
123
89
161
増減
(▲69)
+158
▲141
▲137
+123
▲72
(2,925)
1,681
10
354
321
559
(2,832)
1,965
11
282
574
(+93)
▲284
▲1
+72
+321
▲15
(446)
(367)
(+79)
5,431
5,328
製品減▲66、仕掛品減▲74(磁気ヘッド▲52、半導体▲13)
税効果会計適用による繰延税金資産
ヤマハ未収法人税▲37
取得+185、償却▲286、売却・処分▲183
※1
科 目
(流動負債)
仕入債務
借入金
その他
2000/3末 1999/3末
(1,783)
(1,894)
523
500
542
561
718
833
(億円)
増減
(▲111)
+23
▲19
▲115
※5
※2
※3
※4
※2
(固定負債)
借入金・転社
長期未払金
退職給与引当金
その他
(1,397)
340
424
186
447
(1,244)
412
380
452
(+153)
▲72
+424
▲194
▲5
(少数株主持分)
(33)
(42)
(▲9)
(2,218)
285
269
83
1,580
5,431
(2,148)
285
269
1,594
5,328
(+70)
+83
▲14
+103
(資本計)
資本金
資本準備金
再評価差額金
連結剰余金
+103
負債・資本合計
※5
※6
※7
※8
-9-
未払費用、未払金▲45、従業員預り金▲19、未払法人税▲18
退職年金過去勤務費用、及び退職給与引当金年金移行分
退職給与引当金年金移行分を長期未払金へ振替
土地時価評価による再評価差額金
※6
※7
※8
主要製品売上台数
ピアノ
(千台)
120
海外
100
103
36
35
30
海外
海外
国内
140
5
136
129
120
30
5
80
65
25
100
20
80
68
60
94
31
15
40
20
クラビノーバ
160
40
国内
99
(千台)
エレクトーン
(千台)
92
60
25
34
35
10
40
5
20
0
0
00/3期
01/3期(予想)
37
42
0
00/3期
01/3期(予想)
MEMO
- 10 -
00/3期
01/3期(予想)
国内
.
研究開発費
設備投資
グループ会社
減価償却費
371
225
228
210
210
00/3期
01/3期(予想)
207
400
200
364
354
350
185
350
98
300
343
92
300
286
250
150
250
185
200
150
単体
(億円)
単体
(億円)
400
250
グループ会社
194
175
273
251
101
200
100
170
150
110
100
100
50
84
50
50
65
0
0
98/3期
99/3期
00/3期
190
0
01/3期(予想)
98/3期
MEMO
- 11 -
99/3期
海外生産高比率(=海外生産高/連結生産高×100)
実質借入金残高
(%)
30
(億円)
1400
25
25
1200
20
20
1,317
1,281
243
243
1,042
984
18
1000
243
15
15
800
420
421
243
転換社債
リゾート預託金
長短借入金
600
415
10
416
400
618
5
653
200
0
384
325
0
98/3期
99/3期
00/3期
01/3期(予想)
98/3期
MEMO
- 12 -
99/3期
00/3期
01/3期(予想)
期末要員数
海外
国内
ヤマハ
(人)
23,533
23,389
23,700
25,000
20,000
8,386
10,400
9,796
15,000
9370
8084
10,000
5,000
7850
15,147
13,593
13,300
99/3期
00/3期
01/3期(予想)
0
MEMO
- 13 -
その他
単体売上高
AV・IT
教室収入等
(億円/%)
4,500
楽器
4,172
3,919
4,000
3,500
3,691
3,300
766
(19.5)
1,311
(31.4)
662
(17.9)
424
(12.8)
3,000
2,500
2,000
1,500
1,000
917
(23.4)
704
(16.9)
楽器関連
51.7%
366
(8.8)
57.0%
915
(24.8)
358
(9.1)
57.3%
818
(24.8)
349
(9.5)
62.4%
1,791
(42.9)
1,878
(47.9)
1,765
(47.8)
1,708
(51.8)
98/3期
99/3期
00/3期
01/3期(予想)
500
0
MEMO
- 14 -
350
(10.6)
2001/3期 重要課題・重点施策
■ 連単黒字回復
・黒字化へのリストラ施策は前期でほぼ完了
・中核事業としての楽器・音響収益力強化
■ 成長への取組み
・メディア総合戦略の推進
・既存事業の競争/成長戦略強化
■製造力強化
・商品開発のスピードアップと確実な立上げ
・コストダウンの徹底、強化
・海外生産の早期軌道乗せ
・品質向上施策強化
■財務体質強化
・時価会計対応
・キャッシュフロー重視の経営
■グループ会社の収益力強化
・リビング事業黒字化
・レクリエーション事業収益改善
■環境対応
・全事業所ISO14001認証取得 … 2001年1月
・環境会計検討
- 15 -
Similar pages