ESMPRO/ServerManager Ver. 6コマンドラインインタフェースユーザーズガイド(Ver.1.01)

ユーザーズガイド
ESMPRO/ServerManager Ver. 6
コマンドラインインターフェース
1章
コマンドラインインターフェースについて
2章
コマンドライン一覧
Ver.1.01
© NEC Corporation 2015
目次
目次................................................................................................................................................................... 1
商標について ................................................................................................................................................... 4
本書について ................................................................................................................................................... 5
第1章
コマンドラインインターフェースについて............................................................................ 6
1.1
動作環境 ........................................................................................................................................... 7
1.2
実行方法 ........................................................................................................................................... 8
1.2.1
コマンド実行時の注意事項 ............................................................................................... 8
1.3
実行結果 ........................................................................................................................................... 9
1.4
実行例 ............................................................................................................................................... 9
1.5
複数の ESMPRO/ServerManager からのコマンド利用について ................................................ 9
第2章
コマンド一覧 ............................................................................................................................. 10
2.1
グループ管理系コマンド ............................................................................................................. 10
2.1.1
getList .................................................................................................................................. 10
2.1.2
createGroup ......................................................................................................................... 12
2.1.3
deleteGroup ......................................................................................................................... 12
2.1.4
moveGroup .......................................................................................................................... 12
2.1.5
setGroupProperty................................................................................................................. 13
2.1.6
getGroupProperty ................................................................................................................ 13
2.1.7
getGroupStatus .................................................................................................................... 14
2.1.8
groupPowerOn..................................................................................................................... 15
2.1.9
groupPowerOff .................................................................................................................... 16
2.1.10 groupReset........................................................................................................................... 17
2.1.11
groupPowerCycle ................................................................................................................ 18
2.1.12 groupShutdownOs ............................................................................................................... 19
2.1.13 groupSetPowerRestoreDelay............................................................................................... 20
2.1.14 groupGetRemoteKvmLicense ............................................................................................. 21
2.2
コンポーネント管理系コマンド ................................................................................................. 22
2.2.1
getServerList........................................................................................................................ 22
2.2.2
getServerNameByMacAddr ................................................................................................ 23
2.2.3
getServerNameByGuid........................................................................................................ 23
2.2.4
findNewServer..................................................................................................................... 24
2.2.5
findNewServerNetAddr....................................................................................................... 25
2.2.6
createServer ......................................................................................................................... 26
2.2.7
deleteServer ......................................................................................................................... 26
2.2.8
checkConnection ................................................................................................................. 27
2.2.9
setServerProperty................................................................................................................. 27
2.2.10 moveServer.......................................................................................................................... 29
2.2.11
getServerGroup.................................................................................................................... 29
2.2.12 setCurrentPort...................................................................................................................... 30
2.2.13 getServerProperty ................................................................................................................ 30
2.2.14 getServerInfo ....................................................................................................................... 31
2.2.15 getDeviceId.......................................................................................................................... 32
2.2.16 getGuid ................................................................................................................................ 32
2.2.17 getProductName .................................................................................................................. 33
2.2.18 getSoftwareInfo ................................................................................................................... 33
2.2.19 setShutdownPolicy .............................................................................................................. 34
2.2.20 getShutdownPolicy.............................................................................................................. 35
2.2.21 setPowerRestoreDelay......................................................................................................... 35
2.2.22 getPowerRestoreDelay ........................................................................................................ 36
2.2.23 setBmcInfo .......................................................................................................................... 37
1
2.3
2.4
2.5
2.6
2.2.24 getBmcInfo .......................................................................................................................... 45
2.2.25 setAuthKey .......................................................................................................................... 46
2.2.26 setSensorLevel..................................................................................................................... 46
2.2.27 getSensorLevel .................................................................................................................... 50
2.2.28 getAgentExtensionLog ........................................................................................................ 51
2.2.29 testAlert ............................................................................................................................... 52
2.2.30 getTestAlertStatus................................................................................................................ 52
2.2.31 getServerStatus .................................................................................................................... 53
2.2.32 getPowerStatus .................................................................................................................... 54
2.2.33 getStatusLamp ..................................................................................................................... 54
2.2.34 getPanelInfo......................................................................................................................... 54
2.2.35 powerOn .............................................................................................................................. 55
2.2.36 powerOff.............................................................................................................................. 56
2.2.37 reset ..................................................................................................................................... 56
2.2.38 powerCycle.......................................................................................................................... 57
2.2.39 shutdownOs ......................................................................................................................... 58
2.2.40 dumpSwitch......................................................................................................................... 58
2.2.41 clearSel ................................................................................................................................ 59
2.2.42 identifyChassis .................................................................................................................... 59
2.2.43 getIpmiInfo .......................................................................................................................... 60
2.2.44 getSensorList ....................................................................................................................... 60
2.2.45 getSensorStatus.................................................................................................................... 61
2.2.46 getConsoleLog..................................................................................................................... 62
2.2.47 setBmcIpSync...................................................................................................................... 62
2.2.48 getBmcIpSync ..................................................................................................................... 63
2.2.49 getBladeSlotId ..................................................................................................................... 63
2.2.50 deleteBmcUser..................................................................................................................... 64
2.2.51 getBmcUserList ................................................................................................................... 65
2.2.52 setBmcUserInfo ................................................................................................................... 66
2.2.53 getBmcUserInfo................................................................................................................... 67
2.2.54 setPowerRestorePolicy ........................................................................................................ 68
2.2.55 getPowerRestorePolicy........................................................................................................ 68
2.2.56 getSystemFtLamp................................................................................................................ 69
EM カード管理系コマンド .......................................................................................................... 70
2.3.1
getEmCardList..................................................................................................................... 70
2.3.2
getEmActiveState ................................................................................................................ 71
2.3.3
identifyEm ........................................................................................................................... 71
2.3.4
getEmStatusLamp................................................................................................................ 72
筐体管理系コマンド ..................................................................................................................... 73
2.4.1
getBladeEnclosureList......................................................................................................... 73
2.4.2
getChassisSlotState.............................................................................................................. 73
2.4.3
getChassisInfo ..................................................................................................................... 74
2.4.4
setChassisProperty............................................................................................................... 75
2.4.5
getChassisProperty .............................................................................................................. 75
2.4.6
setBladeAutoSetting ............................................................................................................ 76
2.4.7
getBladeAutoSetting............................................................................................................ 77
通信管理系コマンド ..................................................................................................................... 78
2.5.1
connect................................................................................................................................. 78
2.5.2
disconnect ............................................................................................................................ 78
2.5.3
getConnectionStatus ............................................................................................................ 78
環境設定系コマンド ..................................................................................................................... 79
2.6.1
setOption.............................................................................................................................. 79
2.6.2
getOption ............................................................................................................................. 80
2.6.3
getPermitIpAddrList............................................................................................................ 80
2.6.4
isPermitIpAddr .................................................................................................................... 80
2
addPermitIpAddr ................................................................................................................. 81
2.6.5
2.6.6
removePermitIpAddr ........................................................................................................... 81
2.6.7
clearPermitIpAddr ............................................................................................................... 81
2.7
ユーザ管理系コマンド ................................................................................................................. 82
2.7.1
createUser ............................................................................................................................ 82
2.7.2
deleteUser ............................................................................................................................ 82
2.7.3
getUserList .......................................................................................................................... 82
2.7.4
setUserProperty ................................................................................................................... 83
2.7.5
getUserProperty ................................................................................................................... 84
2.8
その他のコマンド ......................................................................................................................... 85
2.8.1
getApplicationLog ............................................................................................................... 85
2.8.2
about .................................................................................................................................... 85
2.8.3
help ...................................................................................................................................... 85
3
商標について
EXPRESSBUILDER と ESMPRO は日本電気株式会社の登録商標です。
Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows Server は米国 Microsoft Corporation の米国およびそ
の他の国における登録商標または商標です。
記載の会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。
サンプルアプリケーションで使用している名称は、すべて架空のものです。実在する品名、団体名、
個人名とは一切関係ありません。
Windows Server 2012 R2 は、Windows Server® 2012 R2 Standard、Windows Server® 2012 R2 Datacenter
の略称です。
Windows Server 2012 は、
Windows Server® 2012 Standard、および Windows Server® 2012 Datacenter の
略称です。
Windows Server® 2008 R2 は、Windows Server® 2008 R2, Standard、Windows Server® 2008 R2,
Enterprise、および Windows Server® 2008 R2, Datacenter の略称です。
Windows Server 2008 は、Windows Server® 2008 Standard、Windows Server® 2008 Enterprise、Windows
Server® 2008 Datacenter、および Windows Server® 2008 Foundation の略称です。
Windows 8.1 は、 Windows® 8.1 Pro 64-bit Edition、Windows® 8.1 Pro 32-bit Edition、Windows® 8.1
Enterprise 64-bit Edition、および Windows® 8.1 Enterprise 32-bit Edition の略称です。
Windows 8 は、 Windows® 8 Pro、および Windows® 8 Enterprise の略称です。
Windows 7 は、 Windows® 7 Professional、および Windows® 7 Ultimate の略称です。
Windows Vista は、Windows Vista® Business、Windows Vista® Enterprise、および Windows Vista®
Ultimate の略称です。
Windows XP は、Windows® XP Professional operating system、および Windows® XP Professional x64
Edition operating system の略称です。

(1)
(2)
(3)
(4)
ご注意
本書の内容の一部または全部を無断転載することは禁止されています。
本書の内容に関しては将来予告なしに変更することがあります。
弊社の許可なく複製・改変などを行うことはできません。
本書は内容について万全を期して作成いたしましたが、万一ご不審な点や誤り、記載もれなど
お気づきのことがありましたら、お買い求めの販売店にご連絡ください。
(5) 運用した結果の影響については(4)項にかかわらず責任を負いかねますのでご了承ください。
4
本書について
本書では、コンポーネント管理ユーティリティ「ESMPRO/ServerManager」のコマンドラインイン
ターフェースを説明しています。
コマンドラインインターフェースをご使用になる前に本書をよくお読みになり、ユーティリティを
正しくお使いになるようお願い申し上げます。
 ご注意
本書での内容は、対象 OS の機能や操作方法およびネットワークの機能や設定方法について十分に
理解されている方を対象に説明しています。対象 OS に関する操作や不明点については、各 OS の
オンラインヘルプなどを参照してください。
本書では、コンポーネント全般について、汎用的に説明しています。コンポーネントの製品別の注
意事項や制限事項は、コンポーネントに添付されているユーザーズガイドまたは以下の URL を参
照してください。
http://www.nec.co.jp/smsa/
本書に掲載されている画面イメージ上に記載されている名称は、すべて架空のものです。実在する
品名、団体名、個人名とは一切関係ありません。また、画面イメージ上の設定値は例であり、IP ア
ドレスなどの設定値についての動作保証を行うものではありません。
 本書中の記号について
本文中では次の 3 種類の記号を使用しています。それぞれの意味を示します。
重要:
チェック:
ヒント:
ソフトウェアや装置を取り扱う上で守らなければならない事柄や特に注意すべき点を
示します。
ソフトウェアや装置を取り扱う上で確認しておく必要がある点を示します。
知っておくと役に立つ情報や、便利なことなどを示します。
 本書中の書体について
本文中で使用している イタリック体 はコマンドのオプションを示します。
 ESMPRO/ServerManager のその他の説明について
本書に記載されていない、ESMPRO/ServerManager のその他の説明については、以下の文書を参照
してください。
・ESMPRO/ServerManager Ver.6
・ESMPRO/ServerManager Ver.6
・ESMPRO/ServerManager Ver.6
・ESMPRO/ServerManager Ver.6
ExpressUpdate 管理編
インストレーションガイド (Windows 編)
インストレーションガイド (Linux 編)
セットアップガイド
コマンドラインインターフェース ユーザーズガイド
5
第1章 コマンドラインインターフェースについて
ESMPRO/ServerManager コマンドラインインターフェースは ESMPRO/ServerManager が動作してい
る装置上からコマンドラインによってコンポーネントの制御を行うことができるコマンドセット
を提供します。
コマンドセットは Web ブラウザを利用して実行できる機能の一部をカバーしています。
チェック:

コマンドセットは、主にコンポーネント上の BMC または ESMPRO/ServerAgent
Extension と 通 信 し て 実 現 す る 機 能 を 実 行 で き ま す 。 コ ン ポ ー ネ ン ト 上 の
ESMPRO/ServerAgent を必要とする機能はサポートしていません。
以下のコマンドがあります。








グループ管理系コマンド
複数のコンポーネントを一括管理するためのグループに関するコマンドです。
コンポーネント管理系コマンド
リモート管理対象のコンポーネントに関するコマンドです。
EM カード管理系コマンド
EM カードに関するコマンドです。
筐体管理系コマンド
リモート管理対象のコンポーネントまたは EM カードを搭載している筐体に関するコマンドで
す。
通信管理系コマンド
ESMPRO/ServerManager の設定を参照したり変更したりします。
環境設定系コマンド
ESMPRO/ServerManager の設定を参照したり変更したりします。
ユーザ管理系コマンド
Web ブラウザ上で ESMPRO/ServerManager を使用するユーザを管理します。
その他のコマンド
その他のコマンドです。
6
1.1
動作環境
ESMPRO/ServerManager コマンドラインインターフェースは、ESMPRO/ServerManager が動作して
いる管理 PC 上でのみ実行可能です。
ESMPRO/ServerManager コマンドラインインターフェースを実行するためには、OS の管理者権限
が必要です。
Windows の場合:Administrator 権限
Linux の場合:root 権限
チェック:

Windows Vista/Windows 7/Windows 8/ Windows 8.1/Windows Server 2008/Windows
Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2 では、コマンドライン
インターフェース実行ファイル(dscli.exe)を含むディレクトリのアクセス許可を取
得する必要があります。ディレクトリのアクセス許可を取得すると、標準ユーザも
CLI を実行可能になります。
ヒント:

ESMPRO/ServerManager の動作環境については「ESMPRO/ServerManager Ver.6 イン
ストレーションガイド」を参照してください。
7
1.2
実行方法
OS のコマンドプロンプトから以下のように入力することで、コマンドの実行を行います。
dscli CommandName [Option, …]
dscli
CommandName
Option
ESMPRO/ServerManager コマンドラインインターフェースのコマンドで
あることを示します。
実行したいコマンド名を入力します。
各コマンドで定められているオプションパラメータを入力します。
1.2.1 コマンド実行時の注意事項
以下にコマンドを入力するときの注意事項を示します。
(1) 特殊文字を入力する場合
オプションに空文字列を入力する場合や、&などの特殊文字を入力する場合は、入力文字列を
ダブルコーテーションで囲ってください。入力例を示します。
例 1:空文字列の入力
dscli setGroupProperty MyGroup GROUP_COMMENT “”
例 2:特殊文字の入力
dscli setServerProperty MyServer CFG_SERIAL_INIT “ATE1Q0V1X4&D2&C1S0=0”
(2) MAC アドレスを入力する場合
コマンドのオプションにある「Server」で指定できる MAC アドレスとは、コンポーネント上
の BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレスです。MAC アドレスを入力する場合は、各
オクテットをコロンで区切った 16 進数で入力してください。入力例を示します。
dscli getServerProperty 00:30:13:16:cd:fe SERVER_IP_1
(3) GUID を入力する場合
GUID を入力する場合は、各セクションをコロンで区切った 16 進数で入力してください。入
力例を示します。
dscli getServerProperty 80c03228:35d8:d711:8001:003013f10072 SERVER_IP_1
チェック:

コマンドの「Server」オプションで MAC アドレスまたは GUID を指定する入力方
法は接続チェック実施後に利用可能になります。
8
1.3
実行結果
すべてのコマンドは終了ステータスを返します。またエラーが発生した場合は、エラーメッセージ
を返します。
すべてのコマンドの終了ステータスは以下の通りとなっています。
0
:正常終了
0以外:異常終了
各コマンドでエラーが発生した場合、終了ステータスとして 0 以外の値が返され、エラーメッセー
ジが表示されます。またメッセージによってはエラー要因メッセージが後に続きます。
ヒント:

シェルスクリプトでコマンドを実行する場合、Windows では「ERRORLEVEL」、
Linux では「$?」で終了ステータスを確認できます。
1.4
実行例
1 台のコンポーネントを LAN 経由で管理するためのコマンド発行手順を示します。
(1) createGroup で グループを作成します。
(2) createServer で コンポーネントを登録します。
(3) checkConnection でコンポーネントの接続チェックを行います。
接続チェックが正常終了すると、ESMPRO/ServerManager でコンポーネントをリモート管理できる
ようになります。
1.5
複数のESMPRO/ServerManagerからのコマンド利用について
1 台のコンポーネントを複数の ESMPRO/ServerManager でリモート管理可能なのと同じく、複数の
Manager サーバからコマンドの発行も可能です。
重要:

注意事項に関しましては「ESMPRO/ServerManager Ver.6 インストレーションガイ
ド」の「複数の ESMPRO/ServerManager の利用について」を参照してください。
9
第2章 コマンド一覧
2.1
グループ管理系コマンド
2.1.1 getList
Syntax:
dscli getList GroupName [/g] [/x]
Description:
指定されたグループ下に登録されているグループとコンポーネントの一覧を表示します。
付加オプションを指定しない場合は、グループ直下のグループとコンポーネントを表示します。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
ルートに存在するグループとコンポーネントについて表示する場合は”root”と指定します。
/g
“/g”オプションを指定すると、グループ名だけを表示します。
/x
“/x”オプションを指定すると、指定されたグループおよびサブグループ下の一覧を表示します。
Output:
コンポーネント・グループが以下の構成の場合の表示例を示します。
10
オプションを指定しなかった場合の表示例を示します。
>dscli getList root
group1 <GROUP>
group2 <GROUP>
component1
group3 <GROUP>
component2
component3
“/g”オプションを指定した場合の表示例を示します。
>dscli getList root /g
group1 <GROUP>
group2 <GROUP>
group3 <GROUP>
“/x”オプションを指定した場合の表示例を示します。
>dscli getList root /x
root
group1 <GROUP>
group11 <GROUP>
component111
component11
group2 <GROUP>
component1
group3 <GROUP>
group31 <GROUP>
component311
component31
component32
group32 <GROUP>
component321
component322
component2
component3
“/g”オプションと“/x”オプションを指定した場合の表示例を示します。
>dscli getList root /g /x
root
group1 <GROUP>
group11 <GROUP>
group2 <GROUP>
group3 <GROUP>
group31 <GROUP>
group32 <GROUP>
11
2.1.2 createGroup
Syntax:
dscli createGroup GroupName [ParentGroupName]
Description:
新しいグループを作成します。
Options:
GroupName
作成するグループの名前を指定します。
最大 63 文字までの名前を入力できます。
ParentGroupName
グループの下にグループを作成する場合、親グループの名前を指定します。
ルートに作成する場合は、このオプションを指定しないか、”root”と指定します。
ヒント:

GroupName に既に登録されているグループの名前は指定できません。
2.1.3 deleteGroup
Syntax:
dscli deleteGroup GroupName
Description:
指定されたグループを削除します。グループに所属するコンポーネント、およびサブグループもす
べて削除します。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
2.1.4 moveGroup
Syntax:
dscli moveGroup GroupName [ParentGroupName]
Description:
グループを移動します。グループに所属するコンポーネント、およびサブグループもすべて移動し
ます。
Options:
GroupName
移動したいグループの名前を指定します。
ParentGroupName
移動先の親グループの名前を指定します。
ルート下に移動する場合は、このオプションを指定しないか、”root”と指定します。
12
2.1.5 setGroupProperty
Syntax:
dscli setGroupProperty GroupName PropertyName Value
Description:
指定されたグループのグループプロパティを設定します。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
PropertyName
設定するプロパティの名前を指定します。一覧を参照してください。
Value
新たに設定する値を指定します。一覧を参照してください。
PropertyName
GROUP_NAME
GROUP_COMMENT
意味
グループ名です。
グループに関する説明です。
Value
63 文字まで
255 文字まで
初期値
(なし)
(なし)
ヒント:

GROUP_NAME に既に登録されているグループ名は指定できません。
2.1.6 getGroupProperty
Syntax:
dscli getGroupProperty GroupName PropertyName
Description:
指定されたグループのグループプロパティを表示します。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
PropertyName
取 得 す るプロ パ テ ィの名 前 を 指定し ま す 。グル ー プ プロパ テ ィ の一覧 に つ いては 2.1.5
setGroupPropertyを参照してください。
Output:
指定されたグループプロパティを表示します。
13
2.1.7 getGroupStatus
Syntax:
dscli getGroupStatus GroupName
Description:
指定されたグループの状態を表示します。グループ下のすべてのコンポーネント状態のうち、もっ
とも悪い状態をグループの状態として表示します。
コンポーネント監視機能で、コンポーネントの状態を確認します。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
Output:
指定されたグループの状態を表示します。状態には以下の種類があります。
ERROR
WARNING
UNKNOWN
DC-OFF
NORMAL
NO_MONITORING
異常
警告
不明、通信エラー
DC-OFF
正常
監視対象外
14
2.1.8 groupPowerOn
Syntax:
dscli groupPowerOn GroupName [/p] [/exs ComponentName1 ComponentName2 ...
ComponentNameN] [/exg GroupName1 GroupName2 ... GroupNameN]
Description:
指定されたグループに所属するすべてのコンポーネントの電源を ON にします。
サブグループ下のコンポーネントも制御します。
重要:

コンポーネントが強制ネットワークブート機能(ブート順位に関わらずネットワー
クからブートする機能)をサポートしていない場合はネットワークブートを実行で
きません。「ESMPRO/ServerManager コンポーネント一覧」でご確認ください。
チェック:

このコマンドは電源ベイ、EM カード、スイッチブレードに対しては実行されませ
ん。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
ルート下のすべてのコンポーネントを制御したい場合、”root”と指定します。
/p
“/p”を指定すると、電源 ON 後、ネットワークブートを行います。
/exs
“/exs”オプションを指定し、その後に続けてコンポーネント名を指定すると、指定されたコン
ポーネントに対してコマンドを発行しません。コンポーネント名は複数指定することができま
す。
/exg
“/exg”オプションを指定し、その後に続けてグループ名を指定すると、指定されたグループ下
のコンポーネントに対してコマンドを発行しません。グループは複数指定することができます。
Output:
エラーが発生した各コンポーネントについてコンポーネント名とエラーメッセージを出力します。
表示例を示します。
Component1
: Connection to the server could not be made. (Timeout)
Component2
: Connection to the server could not be made. (Authentication error)
15
2.1.9 groupPowerOff
Syntax:
dscli groupPowerOff GroupName [/exs ComponentName1 ComponentName2
ComponentNameN] [/exg GroupName1 GroupName2 ... GroupNameN]
...
Description:
指定されたグループに所属するすべてのコンポーネントの電源を強制的に OFF にします。
サブグループ下のコンポーネントも制御します。
重要:

コンポーネント上の OS 状態に関わらずハードウェアで制御を行うため、システム
破壊の可能性があります。コンポーネントの状態を確認の上、実行してください。
チェック:

このコマンドは電源ベイ、EM カード、スイッチブレードに対しては実行されませ
ん。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
ルート下のすべてのコンポーネントを制御したい場合、”root”と指定します。
/exs
“/exs”オプションを指定し、その後に続けてコンポーネント名を指定すると、指定されたコン
ポーネントに対してコマンドを発行しません。コンポーネント名は複数指定することができま
す。
/exg
“/exg”オプションを指定し、その後に続けてグループ名を指定すると、指定されたグループ下
のコンポーネントに対してコマンドを発行しません。グループは複数指定することができます。
Output:
エラーが発生した各コンポーネントについてコンポーネント名とエラーメッセージを出力します。
表示例を示します。
Component1
: Connection to the server could not be made. (Timeout)
Component2
: Connection to the server could not be made. (Authentication error)
16
2.1.10 groupReset
Syntax:
dscli groupReset GroupName [/p] [/exs ComponentName1 ComponentName2 ...
ComponentNameN] [/exg GroupName1 GroupName2 ... GroupNameN]
Description:
指定されたグループに所属するすべてのコンポーネントを強制的にリセットします。
サブグループ下のコンポーネントも制御します。
重要:

コンポーネント上の OS 状態に関わらずハードウェアで制御を行うため、システム
破壊の可能性があります。コンポーネントの状態を確認の上、実行してください。

コンポーネントが強制ネットワークブート機能(ブート順位に関わらずネットワー
クからブートする機能)をサポートしていない場合はネットワークブートを実行で
きません。「ESMPRO/ServerManager コンポーネント一覧」でご確認ください。
チェック:

このコマンドは電源ベイ、EM カード、スイッチブレードに対しては実行されませ
ん。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
ルート下のすべてのコンポーネントを制御したい場合、”root”と指定します。
/p
“/p”を指定すると、リセット後、ネットワークブートを行います。
/exs
“/exs”オプションを指定し、その後に続けてコンポーネント名を指定すると、指定されたコン
ポーネントに対してコマンドを発行しません。コンポーネント名は複数指定することができま
す。
/exg
“/exg”オプションを指定し、その後に続けてグループ名を指定すると、指定されたグループ下
のコンポーネントに対してコマンドを発行しません。グループは複数指定することができます。
Output:
エラーが発生した各コンポーネントについてコンポーネント名とエラーメッセージを出力します。
表示例を示します。
Component1
: Connection to the server could not be made. (Timeout)
Component2
: Connection to the server could not be made. (Authentication error)
17
2.1.11 groupPowerCycle
Syntax:
dscli groupPowerCycle GroupName [/p] [/exs ComponentName1 ComponentName2 ...
ComponentNameN] [/exg GroupName1 GroupName2 ... GroupNameN]
Description:
指定されたグループに所属するすべてのコンポーネントの電源を強制的に OFF にした後、ON にし
ます。サブグループ下のコンポーネントも制御します。
重要:

コンポーネント上の OS 状態に関わらずハードウェアで制御を行うため、システム
破壊の可能性があります。コンポーネントの状態を確認の上、実行してください。

コンポーネントが強制ネットワークブート機能(ブート順位に関わらずネットワー
クからブートする機能)をサポートしていない場合はネットワークブートを実行で
きません。「ESMPRO/ServerManager コンポーネント一覧」でご確認ください。
チェック:

このコマンドは電源ベイ、EM カード、スイッチブレードに対しては実行されませ
ん。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
ルート下のすべてのコンポーネントを制御したい場合、”root”と指定します。
/p
“/p”を指定すると、電源 ON 後、ネットワークブートを行います。
/exs
“/exs”オプションを指定し、その後に続けてコンポーネント名を指定すると、指定されたコン
ポーネントに対してコマンドを発行しません。コンポーネント名は複数指定することができま
す。
/exg
“/exg”オプションを指定し、その後に続けてグループ名を指定すると、指定されたグループ下
のコンポーネントに対してコマンドを発行しません。グループは複数指定することができます。
Output:
エラーが発生した各コンポーネントについてコンポーネント名とエラーメッセージを出力します。
表示例を示します。
Component1
: Connection to the server could not be made. (Timeout)
Component2
: Connection to the server could not be made. (Authentication error)
18
2.1.12 groupShutdownOs
Syntax:
dscli
groupShutdownOs
GroupName
[/force]
[/exs
ComponentName1
ComponentName2 ... ComponentNameN] [/exg GroupName1 GroupName2 ... GroupNameN]
Description:
指定されたグループに所属するすべてのコンポーネント上の OS をシャットダウンします。
サブグループ下のコンポーネントも制御します。
LAN 経由で実行する場合は、コンポーネント上で ESMPRO/ServerAgent Extension のサービスが動作
しているときに実行できます。
“/force”オプションを指定した場合は、接続形態に関わらず、強制シャットダウンを行います。この
とき ESMPRO/ServerAgent Extension とは通信を行いません。
ダイレクト接続またはモデム接続では、”/force”オプション指定時のみ実行できます。
チェック:

このコマンドは電源ベイ、EM カード、スイッチブレードに対しては実行されませ
ん。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
ルート下のすべてのコンポーネントを制御したい場合、”root”と指定します。
/force
“/force”を指定すると、強制シャットダウンを実行します。OS の種類や設定によっては正しく
シャットダウンされない可能性があります。
/exs
“/exs”オプションを指定し、その後に続けてコンポーネント名を指定すると、指定されたコン
ポーネントに対してコマンドを発行しません。コンポーネント名は複数指定することができま
す。
/exg
“/exg”オプションを指定し、その後に続けてグループ名を指定すると、指定されたグループ下
のコンポーネントに対してコマンドを発行しません。グループは複数指定することができます。
Output:
エラーが発生した各コンポーネントについてコンポーネント名とエラーメッセージを出力します。
表示例を示します。
Component1
: Connection to the server could not be made. (Timeout)
Component2
: Connection to the server could not be made. (Authentication error)
19
2.1.13 groupSetPowerRestoreDelay
Syntax:
dscli groupSetPowerRestoreDelay GroupName DelayTime [/x Policy] [/exs
ComponentName1 ComponentName2 ... ComponentNameN] [/exg GroupName1
GroupName2 ... GroupNameN]
Description:
指定されたグループに所属するすべてのコンポーネントについて、コンポーネントが AC ON され
たときの動作を指定する電源オプション設定を変更します。
サブグループ下のコンポーネントも制御します。
電源オプション設定では、
AC-LINK 設定、および、AC-LINK 設定が AC ON 時に連動して電源 ON(DC
ON)する設定になっているときの AC ON から DC ON までの間隔を指定できます。
重要:

コンポーネントが電源オプション設定機能をサポートしていない場合は実行でき
ません。「ESMPRO/ServerManager コンポーネント一覧」でご確認ください。
チェック:

このコマンドは電源ベイ、EM カード、スイッチブレードに対しては実行されませ
ん。

EXPRESSSCOPE エンジン 3 搭載ブレードサーバに対しては、指定された遅延時間
の設定を行いません。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
ルート下のすべてのコンポーネントを制御したい場合、”root”と指定します。
DelayTime
AAA∼600
-1
RANDOM
AC ON から DC ON までの間隔を秒単位で指定します。
※AAA はコンポーネントの設定可能最小値
AC ON から DC ON までの間隔を変更しないときに指定します。
AC ON から DC ON までの間隔をランダムに指定します。
※ランダム設定機能をサポートしているコンポーネントの場合、ランダムを指定で
きます。
/x Policy
AC-LINK を設定します。Policy に設定可能な値は 3 種類です。
STAY_OFF
LAST_STATE
POWER_ON
AC ON 時、DC OFF 状態になります。
DC OFF 中に AC OFF された場合は、AC ON 時、DC OFF 状態になります。
DC ON 中に AC OFF された場合は、AC ON 時、DelayTime オプションで設定され
た時間後に DC ON 状態になります。
AC ON 時、DelayTime オプションで設定された時間後に DC ON 状態になります。
“/exs”
“/exs”オプションを指定し、その後に続けてコンポーネント名を指定すると、指定されたコン
ポーネントに対してコマンドを発行しません。コンポーネント名は複数指定することができま
す。
20
“/exg”
“/exg”オプションを指定し、その後に続けてグループ名を指定すると、指定されたグループ下
のコンポーネントに対してコマンドを発行しません。グループは複数指定することができます。
Output:
エラーが発生した各コンポーネントについてコンポーネント名とエラーメッセージを出力します。
表示例を示します。
Component1
: Connection to the server could not be made. (Timeout)
Component2
: Connection to the server could not be made. (Authentication error)
2.1.14 groupGetRemoteKvmLicense
Syntax:
dscli groupGetRemoteKvmLicense GroupName
Description:
指定されたグループに所属する各コンポーネントについて、リモートマネージメント拡張ライセン
スの登録状況を表示します。
サブグループ下のコンポーネントについても表示します。
Options:
GroupName
グループの名前を指定します。
ルート下のすべてのコンポーネントを表示したい場合、”root”と指定します。
Output:
各コンポーネントについて、リモートマネージメント拡張ライセンスの登録状況を以下のように表
示します。
Installed
Not Installed
Unsupported
-
リモートマネージメント拡張ライセンスが登録されています。
リモートマネージメント拡張ライセンスが登録されていません。
リモートマネージメント拡張ライセンスの対象ではありません。
リモートマネージメント拡張ライセンスの登録状況を取得できませんでした。
表示例を示します。
Component1
: Installed
Component2
: Installed
Component3
: Not Installed
Component4
: Unsupported
Component5
: :
:
21
2.2
コンポーネント管理系コマンド
2.2.1 getServerList
Syntax:
dscli getServerList [/d]
Description:
ESMPRO/ServerManager 上に登録されたコンポーネントの一覧を表示します。
Options:
/d
“/d”を指定すると、コンポーネントの一覧に、コンポーネント名の他 GUID、BMC が使用する
LAN ポートの MAC アドレスを表示します。また、以下の付加情報を表示します。
・ BMC が EXPRESSSCOPE エンジンシリーズ の場合「EXPRESSSCOPE Engine」と表示し
ます。
・ コンポーネント上の BMC がアドバンスドリモートマネージメントカードの場合「ARMC」
と表示します。
・ 管理対象が Switch Blade である場合 「SWB」 と表示します。
Output:
ESMPRO/ServerManager 上に登録されたコンポーネントの一覧を表示します。表示例を示します。
(“/d”オプションを指定しない場合)
Component1
Component2
Component3
:
:
(“/d”オプションを指定した場合)
Component1
GUID 02010202:0000:0000:0000:000000000000
MAC1 00:30:13:f1:00:5a
MAC2 00:30:13:f1:00:5b
EXPRESSSCOPE Engine
Component2
GUID 00301316:cdfe:0180:0010:846e8062d906
MAC1 00:30:13:16:cd:fe
SWB
Component3
GUID 00010203:0405:0607:0809:0a0b0c0d0e0f
MAC1 00:00:4c:9f:13:cb
ARMC
:
:
22
2.2.2 getServerNameByMacAddr
Syntax:
dscli getServerNameByMacAddr MacAddress
Description:
指定された MAC アドレスに対応するコンポーネント名を表示します。
Options:
MacAddress
コンポーネント上の BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレスを指定します。
実行例を示します。
dscli getServerNameByMacAddr 00:30:13:f1:00:5a
Output:
コンポーネント名を表示します。表示例を示します。
Component1
2.2.3 getServerNameByGuid
Syntax:
dscli getServerNameByGuid GUID
Description:
指定された GUID に対応するコンポーネント名を表示します。
Options:
GUID
GUID を指定します。
実行例を示します。
dscli getServerNameByGuid 00301316:cdfe:0180:0010:846e8062d906
Output:
コンポーネント名を表示します。表示例を示します。
Component2
23
2.2.4 findNewServer
Syntax:
dscli findNewServer StartIpAddr EndIpAddr
Description:
ESMPRO/ServerManager 上に登録されていないコンポーネントの BMC をネットワーク上から検索
します。指定された IP アドレス範囲のコンポーネント(BMC)を検索します。
ヒント:

findNewServer 、 findNewServerNetAddr で み つ か っ た コ ン ポ ー ネ ン ト を
ESMPRO/ServerManager に 登 録 す る 場 合 、 createServer を 使 用 し ま す 。 2.2.6
createServerを参照してください。
Options:
StartIpAddr
IP アドレス範囲の開始 IP アドレスを指定します。
EndIpAddr
IP アドレス範囲の終了 IP アドレスを指定します。
Output:
発見したコンポーネントの一覧を表示します。表示例を示します。
Status: SUCCESS
No.1
1st IP Address
2nd IP Address
Current IP Address
IPMI Version
GUID
No.2
1st IP Address
2nd IP Address
Current IP Address
IPMI Version
GUID
:
:
:
:
:
:
:
192.168.14.18
0.0.0.0
192.168.14.18
1.5
84ee20b0:84a1:d511:0080:a0ff94470300
:
:
:
:
:
192.168.14.19
0.0.0.0
192.168.14.19
1.5
00004c79:45c0:0180:0010:f57f80d8cef8
24
2.2.5 findNewServerNetAddr
Syntax:
dscli findNewServerNetAddr NetAddr NetMask
Description:
ESMPRO/ServerManager 上に登録されていないコンポーネントの BMC をネットワーク上から検索
して表示します。指定されたネットワークアドレスによりコンポーネントを検索します。
ヒント:

findNewServer 、 findNewServerNetAddr で み つ か っ た コ ン ポ ー ネ ン ト を
ESMPRO/ServerManager に 登 録 す る 場 合 、 createServer を 使 用 し ま す 。 2.2.6
createServerを参照してください。
Options:
NetAddr
ネットワークアドレスを指定します。
NetMask
ネットワークマスクを指定します。
Output:
発 見 し た コ ン ポ ー ネ ン ト 一 覧 を 表 示 し ま す 。 表 示 内 容 は findNewServer と 同 じ で す 。 2.2.4
findNewServerを参照してください。
25
2.2.6 createServer
Syntax:
dscli createServer ComponentName GroupName AuthKey [IpAddr1] [IpAddr2]
Description:
ESMPRO/ServerManager に新規にコンポーネントを登録します。
Options:
ComponentName
ESMPRO/ServerManager 上でコンポーネントを管理するための名前(コンポーネント名)を指
定します。
最大 63 バイトまでの名前を入力できます。
GroupName
コンポーネントの所属グループを指定します。
AuthKey
コンポーネントの認証キーを指定します。16 文字までの認証キーを指定してください。
コンポーネントの BMC コンフィグレーションで設定した認証キーを入力してください。
IpAddr1
コンポーネントの BMC の IP アドレスを指定します。コンポーネントと LAN 経由で通信しな
い場合、このオプションは省略できます。
IpAddr2
コンポーネントの BMC の予備の IP アドレスを指定します。このオプションは省略できます。
ヒント:

ServerName に既に登録されているコンポーネントの名前は指定できません。

IpAddr1、IpAddr2 に既に登録されている IP アドレスは指定できません。

プロパティのその他の項目は、2.2.9 setServerPropertyで設定してください。
2.2.7 deleteServer
Syntax:
dscli deleteServer Component [/force]
Description:
ESMPRO/ServerManager に登録されたコンポーネントを削除します。
Options:
Server
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/force
ス ケ ジ ュ ー ル 運 転 設 定 済 み の コ ン ポ ー ネ ン ト を 削 除 す る と き は 、 ESMPRO/ServerAgent
Extension か ら ス ケ ジ ュ ー ル を 削 除 し ま す が 、 ス ケ ジ ュ ー ル 削 除 に 失 敗 し た 場 合
(ESMPRO/ServerAgent Extension がアンインストールされている等)は、コンポーネントを削除
できません。このとき、“/force”を指定すると、コンポーネントを強制的に削除します。
26
2.2.8 checkConnection
Syntax:
dscli checkConnection Component [/force]
Description:
コンポーネントの BMC と通信して接続確認を行います。また、リモート管理のために必要な情報
をコンポーネントから収集します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/force
コンポーネントを置き換えた場合は"/force"を指定して接続確認を行ってください。
チェック:

ESMPRO/Server Manager が コ ン ポ ー ネ ン ト の EMSPRO も 管 理 し て い る 場
合、”/force”を指定すると、ESMPRO 通信と BMC 通信で異なるコンポーネントに通
信することがあります。
2.2.9 setServerProperty
Syntax:
dscli setServerProperty Component PropertyName Value
Description:
プロパティを変更します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
PropertyName
設定するプロパティの名前を指定します。一覧を参照してください。
Value
新たに設定する値を指定します。一覧を参照してください。
PropertyName
CONSOLE_LOG_ENABLE
CONSOLE_LOG_SIZE
意味
コンソールログ取得の有効/無効
を示します。コンソールログは、
リモートコンソールの画面データ
をテキスト形式で保存する機能で
す。
コンソールログの最大容量を KB
単位で指定します。
27
Value
0: 無効
1: 有効
初期値
1
4−1000
64
PropertyName
CONSOLE_LOG_KEEP_CONN
ECTION
CONSOLE_LOG_FAULT_MESS
AGE_MONITORING
CONSOLE_LOG_FAULT_MESS
AGE_IDENTIFIER
SERVER_NAME *1
SERVER_AUTHKEY *1
SERVER_CURRENT_PORT_T
YPE
SERVER_IP_1 *1
SERVER_IP_2
SERVER_CURRENT_IP *1
SERVER_SUBNETMASK_1 *1
SERVER_SUBNETMASK_2
SERVER_PHONE_NUMBER
意味
Web ブラウザでリモートコンソー
ルを開いていない時でもコンソー
ルログ取得を行う機能の有効/無
効を示します。
コンソールログに対する障害メッ
セージ監視の有効/無効を示しま
す。障害メッセージ監視は、コン
ソールログに記録される各行の先
頭に障害メッセージ識別子が検出
された場合に、そのコンポーネン
トの障害状態をセットする機能で
す。
障害メッセージ監視のための文字
列(障害メッセージ識別子)を指
定します。
コンポーネントの表示名です。
コンポーネントの BMC と通信す
るための認証キーです。
ESMPRO/ServerManager からコンポ
ーネントへの通信の接続形態を指
定 し ま す 。 EM カ ー ド の 場
合、 LAN 以外は指定できません。
LAN 接続のための BMC IP アドレ
スです。
LAN 接続のための予備の BMC IP
アドレスです
LAN 接続のための現在使用中の
BMC IP アドレスです。
LAN 接続の BMC IP アドレスのサ
ブネットマスクです。
LAN 接続の予備の BMC IP アドレ
スのサブネットマスクです
モデム接続を行うための電話番号
です。
コンポーネントの別名です。
SERVER_ALIAS *1
Value
0: 無効
1: 有効
初期値
0
0: 無効
1: 有効
1
20 文字まで
</BP>
63 バイトまで
16 文字まで
(なし)
(なし)
0: LAN
1: ダイレクト
2: モデム
0
IP アドレス形式
0.0.0.0
IP アドレス形式
0.0.0.0
IP アドレス形式
0.0.0.0
IP アドレス形式
255.255
.255.0
255.255
.255.0
空白
IP アドレス形式
19 文字まで
255 バイトまで
(コンポ
ー ネ ン
ト 名 と
同じ)
*1 EM カードに対しても設定可能なプロパティです。
ヒント:

SERVER_NAME に既に登録されているコンポーネントの名前は指定できません。

SERVER_IP_1、SERVER_IP_2 に既に登録されている IP アドレスは指定できません。

コンポーネントが所属するグループを変更する場合は2.2.10 moveServerを使用して
ください。
28
2.2.10 moveServer
Syntax:
dscli moveServer Component GroupName
Description:
コンポーネントの所属グループを変更します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
GroupName
新しいグループの名前を指定します。
ルート下に移動する場合は、”root”と指定します。
2.2.11 getServerGroup
Syntax:
dscli getServerGroup Component
Description:
コンポーネントが所属するグループ名を表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
コンポーネントが所属するグループ名を表示します。
ルートに存在する場合は”root”と表示します。
29
2.2.12 setCurrentPort
Syntax:
dscli setCurrentPort Component Connection
Description:
コンポーネントとの接続形態を変更します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Connection
コンポーネントと通信を行う接続形態を指定します。
LAN
SERIAL
MODEM
LAN 経由で接続
シリアルポートをダイレクト接続
モデム経由で接続
2.2.13 getServerProperty
Syntax:
dscli getServerProperty Component PropertyName
Description:
コンポーネントの指定されたプロパティを表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
PropertyName
取得するプロパティの名前を指定します。2.2.9 setServerPropertyを参照してください。
Output:
コンポーネントの指定されたプロパティを表示します。
30
2.2.14 getServerInfo
Syntax:
dscli getServerInfo Component
Description:
指定されたコンポーネントについて、主なプロパティの項目を表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
指定されたコンポーネントについて、主なプロパティの項目を表示します。
表示される情報を示します。
項目名
Component Name
Alias
Group
Connection Type
BMC Control
Check Connection
BMC Current IP Address
Failover
BMC LAN1 IP Address
BMC LAN1 Subnet Mask
BMC LAN2 IP Address
BMC LAN2 Subnet Mask
Phone Number
Product Name
Serial Number
GUID
IPMI Version
Remote KVM and
Media License
Chassis Name
Slot Number
Blade Width
意味
コンポーネントの名前です。
コンポーネントの別名です。
コンポーネントが所属するグループ名です。
コンポーネントとの接続形態です。
BMC 管理の状態を示します。
Enable : 管理有効
Disable : 管理無効
Not Registered : 管理未登録
Not Support : 管理対象外 (BMC 未搭載装置)
接続チェックを実施済みの場合は Completed と表示します。
LAN 接続のための現在使用中のコンポーネントの BMC IP アドレスです。
BMC の片方の IP アドレスへの通信がエラーになった場合にもう一方の IP
アドレスに切り替えて通信を続行するフェイルオーバー機能の有効/無効
を示します。
LAN 接続のためのコンポーネントの BMC の IP アドレスです。
LAN 接続のためのコンポーネントの BMC のサブネットマスクです。
LAN 接続のためのコンポーネントの BMC の予備の IP アドレスです。
LAN 接続のためのコンポーネントの BMC の予備の IP アドレスのサブネッ
トマスクです。
コンポーネントの電話番号です。
コンポーネントの製品名です。
コンポーネントの号機番号です。
コンポーネントの個体識別用 ID です。
コンポーネントの IPMI バージョンです。
コンポーネントのリモートマネージメント拡張ライセンスの登録状況です。
この項目はコンポーネントが EXPRESSSCOPE エンジンを搭載している場
合のみ表示されます。
出力内容については、2.1.14groupGetRemoteKvmLicenseの説明を参照して
ください。
コンポーネントが搭載されている筐体名。コンポーネントが CPU ブレード
またはスイッチブレードの場合に表示します。
コンポーネントが搭載されているスロット番号。コンポーネントが CPU ブ
レードまたはスイッチブレードの場合に表示します。
ブレードの幅。スロット枚数で示します。コンポーネントが CPU ブレード
またはスイッチブレードの場合に表示します。
31
Blade Height
Blade Name
ブレードの高さ。スロット枚数で示します。コンポーネントがブレード高の
情報を持っている場合に表示されます。
ブレード名。 コンポーネントがブレード名の情報を持っている場合に表示
されます。
2.2.15 getDeviceId
Syntax:
dscli getDeviceId Component
Description:
コンポーネントのマネージメントコントローラ情報を取得して表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
デバイス ID の表示例を示します。
Device ID
: 20H
Device Rev.
: 1
Fw Rev.
: 00.08
Manufacturer ID : 119
Product ID
: 2c3H
2.2.16 getGuid
Syntax:
dscli getGuid Component
Description:
コンポーネントの GUID を取得して表示します。GUID は個体識別用の ID です。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
GUID を表示します。
32
2.2.17 getProductName
Syntax:
dscli getProductName Component
Description:
コンポーネントの製品名と号機番号を取得して表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
以下の情報を表示します。
ProductName
SerialNumber
コンポーネントの製品名
コンポーネントの号機番号
2.2.18 getSoftwareInfo
Syntax:
dscli getSoftwareInfo Component
Description:
コンポーネント上の Agent 拡張バージョン(ESMPRO/ServerAgent Extension のバージョン)、OS のバ
ージョン、BIOS のバージョンを取得して表示します。このコマンドはコンポーネント上で
ESMPRO/ServerAgent Extension のサービスが動作しているときに LAN 経由で実行できます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
バージョン情報を表示します。表示例を示します。
Agent Extension Version: 2.03.04
BIOS Version
: 6.0.0106
OS Version
: Windows 2003 Server
33
2.2.19 setShutdownPolicy
Syntax:
dscli setShutdownPolicy Component KeyName Value
Description:
コンポーネント上の ESMPRO/ServerAgent Extension のシャットダウン設定を変更します。このコマ
ンドはコンポーネント上で ESMPRO/ServerAgent Extension のサービスが動作しているときに LAN
経由で実行できます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
KeyName
変更するシャットダウン設定項目を示すキー名を指定します。一覧を参照してください。
Value
新たに設定する値を指定します。一覧を参照してください。
KeyName
SCH_ACLINK_STAYON_ENABLE
SCH_AC_LINK
SCH_DC_OFF_ENABLE
SCH_DC_OFF_DELAY
SCH_SHUTDOWN_ENABLE
SCH_SHUTDOWN_WAIT
意味
スケジュール運転による OS シ
ャットダウンを実行する際に
AC-LINK を Always Power On
に設定
AC-LINK 設定値
(setPowerRestoreDelay コマ ン
ドと同じ働きをします)
※表示のみ。設定はできません。
OS シャットダウン後に強制電
源 OFF を実行
(OS シャットダウン後も電源
ON 状態のままとなるコンポー
ネントの場合、有効に設定する
こ と で ESMPRO/ServerAgent
Extension がコンポーネントを
OS シャットダウンする時に電
源も OFF にします。)
SCH_DC_OFF_ENABLE が有効
の場合、OS シャットダウン後の
強制電源 OFF までの時間(分)
スケジュール運転で指定された
休止期間中に電源 ON されたと
きに、自動シャットダウンを実
行
OS シャットダウンコマンド実
行から、実際に OS シャットダ
ウンが開始されるまでの猶予時
間(秒)
※表示のみ。設定はできません。
34
Value
0: 無効,
1: 有効
-
0: 無効
1: 有効
5−60
0: 無効
1: 有効
-
2.2.20 getShutdownPolicy
Syntax:
dscli getShutdownPolicy Component
Description:
コンポーネント上の ESMPRO/ServerAgent Extension のシャットダウン設定を取得して表示します。
このコマンドはコンポーネント上で ESMPRO/ServerAgent Extension のサービスが動作しているとき
に LAN 経由で実行できます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
シャットダウン設定を表示します。詳細は、2.2.19 setShutdownPolicyを参照してください。
表示例を示します。
SCH_ACLINK_STAYON_ENABLE=0
SCH_AC_LINK=1
SCH_DC_OFF_ENABLE=1
SCH_DC_OFF_DELAY=10
SCH_SHUTDOWN_ENABLE=1
SCH_SHUTDOWN_WAIT=60
2.2.21 setPowerRestoreDelay
Syntax:
dscli setPowerRestoreDelay Component DelayTime [/x Policy]
Description:
コンポーネントが AC ON されたときの動作を指定する電源オプション設定を変更します。
電源オプション設定では、
AC-LINK 設定、および、AC-LINK 設定が AC ON 時に連動して電源 ON(DC
ON)する設定になっているときの AC ON から DC ON までの間隔を指定できます。
重要:

コンポーネントが電源オプション設定機能をサポートしていない場合は実行でき
ません。「ESMPRO/ServerManager コンポーネント一覧」でご確認ください。
チェック:

EXPRESSSCOPE エンジン 3 搭載ブレードサーバに対しては、指定された遅延時間
の設定を行いません。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
35
DelayTime
AAA∼BBB
-1
RANDOM
AC ON から DC ON までの間隔を秒単位で指定します。
※AAA はコンポーネントの設定可能最小値
※コンポーネントが EXPERSSSCOPE エンジン 3 を搭載している場合、BBB は 600
※コンポーネントが EXPERSSSCOPE エンジン 3 を搭載していない場合、BBB は
255
AC ON から DC ON までの間隔を変更しないときに指定します。
AC ON から DC ON までの間隔をランダムに指定します。
※ランダム設定機能をサポートしているコンポーネントの場合指定できます。
/x Policy
AC-LINK を設定します。Policy に設定可能な値は 3 種類です。
STAY_OFF
LAST_STATE
POWER_ON
AC ON 時、DC OFF 状態になります。
DC OFF 中に AC OFF された場合は、AC ON 時、DC OFF 状態になります。
DC ON 中に AC OFF された場合は、AC ON 時、DelayTime オプションで設定され
た時間後に DC ON 状態になります。
AC ON 時、DelayTime オプションで設定された時間後に DC ON 状態になります。
2.2.22 getPowerRestoreDelay
Syntax:
dscli getPowerRestoreDelay Component
Description:
コンポーネントが AC ON されたときの動作を指定する電源オプション設定の内容を取得して表示
します。
電源オプション設定の詳細は2.2.21 setPowerRestoreDelayを参照してください。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
電源オプション設定を表示します。表示例を示します。
Policy
Delay Time
Delay Time Range
: LAST_STATE
: RANDOM
: 45 - 600 sec
36
2.2.23 setBmcInfo
Syntax:
dscli setBmcInfo Component KeyName Value [/x ModuleNo]
Description:
コンポーネントの BMC コンフィグレーション情報を変更します。BMC の種類によってサポートし
ているパラメータが異なります。
ヒント:

認証キーおよびモデム経由通報の通報先パスワードを変更する場合は setAuthKey
を使用します。2.2.25 setAuthKeyを参照してください。

CFG_MAIL_ALERT_LEVEL、CFG_SNMP_ALERT_LEVEL のセンサ個別レベルを変
更する場合は setSensorLevel を使用します。2.2.26 setSensorLevel を参照してくだ
さい。

CFG_NETWORK_SHARED_BMC_LAN
、
CFG_NETWORK_BMC_MAC
、
CFG_NETWORK_GUID は 変 更 で き ま せ ん 。 getBmcInfo で 使 用 し ま す 。 2.2.24
getBmcInfo を参照してください。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
KeyName
変更する BMC コンフィグレーション項目を示すキー名を指定します。一覧を参照してくださ
い。
Value
新たに設定する値を指定します。一覧を参照してください。
/x ModuleNo
コンポーネントがフォールト・トレラント・サーバの場合に CPU/IO モジュールの番号(0 ま
たは 1)を指定します。このパラメータはネットワーク設定項目についてのみ有効です。
ModuleNo を指定しない場合はネットワーク設定項目について CPU/IO モジュール 0 の設定を
変更します。
その他の項目は、このパラメータにかかわらず両系の設定を変更します。
コンポーネントが EXPRESSSCOPE エンジン SP3 搭載サーバ(2BMC モデル)の場合に Master
(0)または StandBy(1)を指定します。このパラメータはネットワークパラメータ設定項目
についてのみ有効です。
ModuleNo を指定しない場合はネットワークパラメータ設定項目について Master(0)として
設定変更を行います。
KeyName
CFG_COMPUTER_NAME
CFG_COMMUNITY
CFG_ALERT_ALL
意味
共通:コンピュータ名
共通:コミュニティ名
共通:通報
CFG_POLICY
共通:通報手順
CFG_ALERT_ACKNOWLEDGE
共通:通報応答確認
37
Value
15 文字まで
16 文字まで
0: 無効
1: 有効
1: 1 つの通報先のみ
2: すべての通報先
0: 無効
1: 有効
KeyName
CFG_ALERT_LEVEL
意味
共通:通報レベル
CFG_LAN_CONTROL_LAN1
共通:リモート制御
(LAN1)
共通:リモート制御
(WAN/ダイレクト)
共通:リダイレクショ
ン(LAN)
共通:リダイレクショ
ン(WAN/ダイレクト)
共通:リモート制御
(LAN2)
共通:LAN 通報設定
LAN1/LAN2 優先
共通:LAN 通報設定
LAN/通報先 優先
LAN1:IP アドレスを自
動 的 に 取 得 す る
(DHCP)
LAN1:IP アドレス
CFG_SERIAL_CONTROL
CFG_LAN_REDIRECTION
CFG_SERIAL_REDIRECTION
CFG_LAN_CONTROL_LAN2
CFG_LAN_ALERT_POLICY_LAN
CFG_LAN_ALERT_POLICY_DESTINATION
CFG_DHCP
CFG_LAN_IP_LAN1
CFG_LAN_SUBNET_LAN1
CFG_LAN_GATEWAY_LAN1
CFG_LAN_MANAGE1_ALERT_LAN1
CFG_LAN_MANAGE1_IP_LAN1
CFG_LAN_MANAGE2_ALERT_LAN1
CFG_LAN_MANAGE2_IP_LAN1
CFG_LAN_MANAGE3_ALERT_LAN1
CFG_LAN_MANAGE3_IP_LAN1
CFG_LAN_ALERT_RETRY_COUNT_LAN1
CFG_LAN_ALERT_RETRY_TIMEOUT_LAN1
CFG_DHCP_LAN2
38
LAN1:サブネットマス
ク
LAN1:デフォルトゲー
トウェイ
LAN1:
1 次通報先/管理用
PC(1) 通報
LAN1:
1 次通報先/管理用
PC(1) IP アドレス
LAN1:
2 次通報先/管理用
PC(2) 通報
LAN1:
2 次通報先/管理用
PC(2) IP アドレス
LAN1:
3 次通報先/管理用
PC(3) 通報
LAN1:
3 次通報先/管理用
PC(3) IP アドレス
LAN1:通報リトライ回
数
LAN1:通報タイムアウ
ト
(秒単位)
LAN2:IP アドレスを自
動 的 に 取 得 す る
(DHCP)
Value
0: 通報なし
1 - 6: 通報レベル 1
-6
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
0: LAN1 優先
1: LAN2 優先
0: LAN 優先
1: 通報先優先
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
IP アドレス形式
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
0–7
3 – 30
0: 無効
1: 有効
KeyName
CFG_LAN_IP_LAN2
意味
LAN2:IP アドレス
Value
IP アドレス形式
CFG_LAN_SUBNET_LAN2
LAN2:サブネットマス
ク
LAN2:デフォルトゲー
トウェイ
LAN2:
1 次通報先/管理用
PC(1) 通報
LAN2:
1 次通報先/管理用
PC(1) IP アドレス
LAN2:
2 次通報先/管理用
PC(2) 通報
LAN2:
2 次通報先/管理用
PC(2) IP アドレス
LAN2:
3 次通報先/管理用
PC(3) 通報
LAN2:
3 次通報先/管理用
PC(3) IP アドレス
LAN2:通報リトライ回
数
LAN2:通報タイムアウ
ト
(秒単位)
WAN/ダイレクト:モ
ード
WAN/ダイレクト:
ボーレート
IP アドレス形式
CFG_LAN_GATEWAY_LAN2
CFG_LAN_MANAGE1_ALERT_LAN2
CFG_LAN_MANAGE1_IP_LAN2
CFG_LAN_MANAGE2_ALERT_LAN2
CFG_LAN_MANAGE2_IP_LAN2
CFG_LAN_MANAGE3_ALERT_LAN2
CFG_LAN_MANAGE3_IP_LAN2
CFG_LAN_ALERT_RETRY_COUNT_LAN2
CFG_LAN_ALERT_RETRY_TIMEOUT_LAN2
CFG_SERIAL_MODE
CFG_SERIAL_BAUDRATE
CFG_SERIAL_FLOW_CONTROL
WAN/ダイレクト:
フロー制御
CFG_SERIAL_DIAL_MODE
WAN/ダイレクト:
ダイヤルモード
WAN/ダイレクト:
初期化コマンド
WAN/ダイレクト:
ハングアップコマン
ド
WAN/ダイレクト:
DTR ハングアップ
WAN/ダイレクト:
エスケープコード
WAN/ダイレクト:
通報設定 ダイヤルリ
トライ回数
CFG_SERIAL_INIT
CFG_SERIAL_HANG_UP
CFG_SERIAL_DTR_HANG_UP
CFG_SERIAL_ESCAPE_CODE
CFG_SERIAL_DIAL_RETRY_COUNT
39
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
0-7
3 - 30
1: ダイレクト
2: モデム
1: 9600bps
2: 19.2Kbps
3: 57.6Kbps
4: 115.2Kbps
1: なし
2: RTS/CTS
3: XON/XOFF
1: パルス
2: トーン
48 文字まで
8 文字まで
0: 無効
1: 有効
1 文字
0-7
意味
WAN/ダイレクト:
通報設定 ダイヤル間
隔
(秒単位)
WAN/ダイレクト:
通報設定 通報リトラ
イ回数
WAN/ダイレクト:
通報設定 通報タイム
アウト(秒単位)
WAN/ダイレクト:
通報設定 PPP コンポ
ーネント 1 通報
WAN/ダイレクト:
通報設定 PPP コンポ
ーネント 1 電話番号
WAN/ダイレクト:
通報設定 PPP コンポ
ーネント 1 ユーザ ID
WAN/ダイレクト:
通報設定 PPP コンポ
ーネント 1 ドメイン
WAN/ダイレクト:
通報設定 PPP コンポ
ーネント 2 通報
WAN/ダイレクト:
通報設定 PPP コンポ
ーネント 2 電話番号
WAN/ダイレクト:
通報設定 PPP コンポ
ーネント 2 ユーザ ID
WAN/ダイレクト:
通報設定 PPP コンポ
ーネント 2 ドメイン
WAN/ダイレクト:
通報設定 1 次通報先
WAN/ダイレクト:
通報設定 2 次通報先
WAN/ダイレクト:
通報設定 3 次通報先
ページャ:
1 次通報先 通報
ページャ:
1 次通報先 電話番号
ページャ:
2 次通報先 通報
ページャ:
2 次通報先 電話番号
ページャ:
ページャメッセージ
ページャ:
ガイドメッセージ待
ち時間(2 秒単位)
KeyName
CFG_SERIAL_DIAL_RETRY_INTERVAL
CFG_SERIAL_ALERT_RETRY_COUNT
CFG_SERIAL_ALERT_RETRY_INTERVAL
CFG_SERIAL_ALERT_PPP1
CFG_SERIAL_DIAL_NUMBER_PPP1
CFG_SERIAL_USER_ID_PPP1
CFG_SERIAL_DOMAIN_PPP1
CFG_SERIAL_ALERT_PPP2
CFG_SERIAL_DIAL_NUMBER_PPP2
CFG_SERIAL_USER_ID_PPP2
CFG_SERIAL_DOMAIN_PPP2
CFG_SERIAL_MANAGE1_IP
CFG_SERIAL_MANAGE2_IP
CFG_SERIAL_MANAGE3_IP
CFG_PAGER_MANAGE1_ALERT
CFG_PAGER_MANAGE1_DIAL_NUMBER
CFG_PAGER_MANAGE2_ALERT
CFG_PAGER_MANAGE2_DIAL_NUMBER
CFG_PAGER_MESSAGE
CFG_PAGER_TIMEOUT
40
Value
60 - 240
0-7
3 - 30
0: 無効
1: 有効
19 文字まで
16 文字まで
16 文字まで
0: 無効
1: 有効
19 文字まで
16 文字まで
16 文字まで
IP アドレス形式
IP アドレス形式
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
19 文字まで
0: 無効
1: 有効
19 文字まで
29 文字まで
0 - 30
意味
ネットワーク
プロパティ:
管理用 LAN 設定 管理
用 LAN
ネットワーク
プロパティ:
基本設定 通信タイプ
KeyName
CFG_NETWORK_SHARED_BMC_LAN
CFG_NETWORK_CONNECTION_TYPE
CFG_NETWORK_BMC_MAC
CFG_NETWORK_DHCP
CFG_NETWORK_IP_LAN
CFG_NETWORK_SUBNET_LAN
CFG_NETWORK_GATEWAY_LAN
CFG_NETWORK_DYNAMIC_DNS
CFG_NETWORK_DNS_SERVER
CFG_NETWORK_HOST_NAME
CFG_NETWORK_DOMAIN_NAME
CFG_NETWORK_GUID
CFG_NETWORK_ACCESS_LIMITATION_TY
PE
41
ネットワーク
プロパティ:
BMC MAC アドレス
ネットワーク
プロパティ:
基本設定 DHCP
ネットワーク
プロパティ:
基本設定 IP アドレス
ネットワーク
プロパティ:
基本設定 サブネット
マスク
ネットワーク
プロパティ:
基本設定 デフォルト
ゲートウェイ
ネットワーク
プロパティ:
基本設定 ダイナミッ
ク DNS
ネットワーク
プロパティ:
基本設定 DNS サーバ
ネットワーク
プロパティ:
基本設定 ホスト名
ネットワーク
プロパティ:
基本設定 ドメイン名
ネットワーク
プロパティ:
System GUID
ネットワーク
プロパティ:
アクセス制限設定 制
限タイプ
Value
0:Management
LAN
1:Shared System
LAN
0: Auto Negotiation
1: 100Mbps Full
Duplex
2: 100Mbps Half
Duplex
3:
10Mbps
Full
Duplex
4:
10Mbps
Half
Duplex
5: 1Gbps Full Duplex
6:
1Gbps
Half
Duplex
MAC アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
IP アドレス形式
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
ホスト名とドメイ
ン 名 合 わ せて 255
文字まで
ホスト名とドメイ
ン 名 合 わ せて 255
文字まで
0: 制限なし
1: 許可アドレス
2: 拒否アドレス
KeyName
CFG_NETWORK_ACCESS_ADDRESS
意味
ネットワーク
プロパティ:
アクセス制限設定 IP
アドレス
CFG_NETWORK_HTTP
ネットワーク
サービス:
Web サーバ設定
HTTP
ネットワーク
サービス:
Web サーバ設定
HTTP ポート番号
ネットワーク
サービス:
Web サーバ設定
HTTPS
ネットワーク
サービス:
Web サーバ設定
HTTPS ポート番号
ネットワーク
サービス:
SSH 設定 SSH
ネットワーク
サービス:
SSH 設定 SSH ポート
番号
通報
メール通報:
通報
通報
メール通報:
SMTP サーバ応答待ち
時間
通報
メール通報:
SMTP サーバ設定
サーバ
通報
メール通報:
SMTP サーバ設定
ポート番号
通報
メール通報:
SMTP サーバ設定 認
証
CRAM-MD5
CFG_NETWORK_HTTP_PORT
CFG_NETWORK_HTTPS
CFG_NETWORK_HTTPS_PORT
CFG_NETWORK_SSH
CFG_NETWORK_SSH_PORT
CFG_MAIL_ALERT
CFG_MAIL_ALERT_TIMEOUT
CFG_MAIL_ALERT_SERVER
CFG_MAIL_ALERT_PORT
CFG_MAIL_ALERT_CRAMMD5
42
Value
IP アドレス形式
コ ン マ (,) を 使 用 し
て、IP アドレスを区
切ってください
IP アドレスは、ワイ
ル ド カ ー ド (*) で の
指定が可能です
0: 無効
1: 有効
1 - 65535
0: 無効
1: 有効
1 - 65535
0: 無効
1: 有効
1 - 65535
0: 無効
1: 有効
30 - 600
255 文字まで
1 - 65535
0: 無効
1: 有効
意味
通報
メール通報:
SMTP サーバ設定 認
証
LOGIN
通報
メール通報:
SMTP サーバ設定 認
証
PLAIN
通報
メール通報:
SMTP サーバ設定
ユーザ名
通報
メール通報:
メール設定 宛先 1
メール設定 宛先 1 メ
ールアドレス
通報
メール通報:
メール設定 宛先 2
メール設定 宛先 2 メ
ールアドレス
通報
メール通報:
メール設定 宛先 3
メール設定 宛先 3 メ
ールアドレス
通報
メール通報:
メール設定 差出人
通報
メール通報:
メール設定 返信先
通報
メール通報:
メール設定 件名
通報
メール通報:
通報レベル設定 通報
レベル
KeyName
CFG_MAIL_ALERT_LOGIN
CFG_MAIL_ALERT_PLAIN
CFG_MAIL_ALERT_USER
CFG_MAIL_ALERT_TO1
CFG_MAIL_ALERT_TO2
CFG_MAIL_ALERT_TO3
CFG_MAIL_ALERT_FROM
CFG_MAIL_ALERT_REPLY
CFG_MAIL_ALERT_SUBJECT
CFG_MAIL_ALERT_LEVEL
通報
SNMP 通報:
通報
通報
SNMP 通報:
コンピュータ名
通報
SNMP 通報:
コミュニティ名
CFG_SNMP_ALERT
CFG_SNMP_COMPUTER_NAME
CFG_SNMP_COMMUNITY
43
Value
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
64 文字まで
255 文字まで
無効にする場合は 0
を指定してくださ
い
255 文字まで
無効にする場合は 0
を指定してくださ
い
255 文字まで
無効にする場合は 0
を指定してくださ
い
255 文字まで
255 文字まで
63 文字まで
0:
1:
2:
報
3:
0:
1:
異常
異常、警告
異常、警告、情
個別設定
無効
有効
16 文字まで
16 文字まで
意味
通報
SNMP 通報:
通報応答確認
通報
SNMP 通報:
通報手順
通報
SNMP 通報:
通報リトライ回数
通報
SNMP 通報:
通報タイムアウト
通報
SNMP 通報:
通報先 1 次通報先 通
報
通報
SNMP 通報:
通報先 1 次通報先 IP
アドレス
通報
SNMP 通報:
通報先 2 次通報先 通
報
通報
SNMP 通報:
通報先 2 次通報先 IP
アドレス
通報
SNMP 通報:
通報先 3 次通報先 通
報
通報
SNMP 通報:
通報先 3 次通報先 IP
アドレス
通報
SNMP 通報:
通報レベル設定 通報
レベル
KeyName
CFG_SNMP_ALERT_ACKNOWLEDGE
CFG_SNMP_ALERT_POLICY
CFG_SNMP_ALERT_RETRY_COUNT
CFG_SNMP_ALERT_TIMEOUT
CFG_SNMP_MANAGE1_ALERT
CFG_SNMP_MANAGE1_IP
CFG_SNMP_MANAGE2_ALERT
CFG_SNMP_MANAGE2_IP
CFG_SNMP_MANAGE3_ALERT
CFG_SNMP_MANAGE3_IP
CFG_SNMP_ALERT_LEVEL
CFG_MISCELLANEOUS_SEL
その他:
SEL 設定
SEL 領域 Full 時の動作
CFG_MISCELLANEOUS_PEF
その他:
PEF 設定
Platfrom Event Filter
44
Value
0: 無効
1: 有効
1: 1つの通報先の
み
2: すべての通報先
0–7
3 - 30
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
0: 無効
1: 有効
IP アドレス形式
0: 異常
1: 異常、警告
2: 異常、警告、情
報
3: 個別設定
0: SEL の記録停止
1: SEL の全クリア
2: 古い SEL を上書
き
0: 無効
1: 有効
2.2.24 getBmcInfo
Syntax:
dscli getBmcInfo Component [/x ModuleNo]
Description:
コンポーネントの BMC コンフィグレーション情報を取得します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/x ModuleNo
コンポーネントがフォールト・トレラント・サーバの場合に CPU/IO モジュールの番号(0 ま
たは 1)を指定します。このパラメータはネットワーク設定項目についてのみ有効です。
ModuleNo を指定しない場合はネットワーク設定項目について CPU/IO モジュール 0 の設定を
取得します。
その他の項目は、このパラメータにかかわらず現在プライマリとして動作している CPU/IO モ
ジュールの設定を取得します。
コンポーネントが EXPRESSSCOPE エンジン SP3 搭載サーバ(2BMC モデル)の場合に Master
(0)または StandBy(1)を指定します。このパラメータはネットワークパラメータ設定項目
についてのみ有効です。
ModuleNo を指定しない場合はネットワークパラメータ設定項目について Master(0)の設定
を取得します。
Output:
BMC コンフィグレーション情報を表示します。詳細は、2.2.23 setBmcInfoを参照してください。
表示例を示します。
CFG_COMPUTER_NAME=Component1
CFG_COMMUNITY=public
CFG_ALERT_ALL=1
CFG_POLICY=1
CFG_ALERT_ACKNOWLEDGE=1
CFG_ALERT_LEVEL=4
CFG_LAN_REDIRECTION=1
CFG_LAN_CONTROL_LAN1=1
CFG_SERIAL_REDIRECTION=1
CFG_SERIAL_CONTROL=1
CFG_LAN_IP_LAN1=192.168.14.14
CFG_LAN_SUBNET_LAN1=255.255.255.0
CFG_LAN_GATEWAY_LAN1=192.168.14.1
CFG_LAN_MANAGE1_ALERT_LAN1=0
CFG_LAN_MANAGE1_IP_LAN1=0.0.0.0
CFG_LAN_MANAGE2_ALERT_LAN1=0
CFG_LAN_MANAGE2_IP_LAN1=0.0.0.0
CFG_LAN_MANAGE3_ALERT_LAN1=0
CFG_LAN_MANAGE3_IP_LAN1=0.0.0.0
CFG_LAN_ALERT_RETRY_COUNT_LAN1=3
CFG_LAN_ALERT_RETRY_TIMEOUT_LAN1=6
:
45
2.2.25 setAuthKey
Syntax:
dscli setAuthKey Component OldPassword NewPassword SelectAuthKey
Description:
コンポーネントの BMC コンフィグレーション情報に設定されている認証キーまたはモデム経由通
報先である PPP サーバ、メール通報先である SMTP サーバのパスワードを変更します。BMC の種
類によってサポートしているパラメータが異なります。
ヒント:

認証キーを変更した場合は、このコマンドが正常終了した後、2.2.9 setServerProperty
で ESMPRO/ServerManager 上に登録している認証キーを変更してください。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
OldPassword
現在の認証キーまたはパスワードを入力します。
NewPassword
新しい認証キーまたはパスワードを入力します。
16 文字までの認証キーまたは PPP サーバパスワードを指定してください。
SMTP サーバのパスワードは 20 文字までのパスワードを指定してください。
SelectAuthKey
変更する認証キーまたはパスワードの種類を指定します。
0
1
2
3
認証キー
PPP サーバ 1 パスワード
PPP サーバ 2 パスワード
メール通報 SMTP パスワード
2.2.26 setSensorLevel
Syntax:
dscli setSensorLevel Component Type SensorName Level1 Level2 Level3
Description:
コンポーネントの BMC コンフィグレーション情報に設定されている通報個別センサレベルを変更
します。このコマンドは通報レベルが個別設定の場合に実行できます。
ヒント:

通 報 レ ベ ル を 個 別 設 定 に 変 更 す る 場 合 は setBmcInfo を 使 用 し ま す 。 2.2.23
setBmcInfo を参照してください。
46
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Type
通報タイプを指定します。
SNMP
MAIL
SNMP 通報
メール通報
SensorName
通報レベルを変更するセンサ名を指定します。一覧を参照してください。
Level1
通報レベル(異常)を指定します。以下の数値によって通報レベルの指定を行います。
Level2
通報レベル(警告)を指定します。以下の数値によって通報レベルの指定を行います。
Level3
通報レベル(情報)を指定します。以下の数値によって通報レベルの指定を行います。
0
1
2
3
4
5
6
7
8
SNMP 通報またはメール通報の通報レベルを無効
SNMP 通報またはメール通報宛先 1 の通報レベルを有効
メール通報宛先 2 の通報レベルを有効
メール通報宛先 3 の通報レベルを有効
メール通報宛先 1、宛先 2 の通報レベルを有効
メール通報宛先 1、宛先 3 の通報レベルを有効
メール通報宛先 2、宛先 3 の通報レベルを有効
メール通報宛先 1、宛先 2、宛先 3 の通報レベルを有効
SNMP 通報またはメール通報の全宛先の通報レベルが未対応
ヒント:

指定したセンサで変更不可の通報レベルがある場合、0 を指定してください。

通報レベルに 8 を設定することはできません。
センサ名と指定可能レベルの一覧を参照してください。
○:変更可能、×:変更不可能
意味
温度(閾値監視)
電圧(閾値監視)
ファン(回転数)
冷却装置(閾値監視)
温度(異常監視)
メモリ縮退
モジュール/ボード(未
実装)
SMI Timeout
電圧(異常監視)
冷却装置(異常監視)
低消費電力モード遷
移
SensorName
TEMP_THRESHOLD
VOLT_THRESHOLD
FAN_SENSOR
COOL_DEV_THRESHOLD
TEMP_ABNORMAL
POST_MEM_RESIZE
MODULE_BOARD
SMI_TIMEOUT
VOL_ABNORMAL
COOL_DEV_ABNORMAL
TRANSITION_PW_SAVE
47
Level1
○
○
○
○
○
×
○
Level2
○
○
○
○
×
○
×
Level3
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
×
×
○
×
○
○
○
○
意味
マイクロコントロー
ラ状態
電源ユニット(冗長構
成監視)
筐体イントリュージ
ョン
セキュリティ違反
プロセッサ
電源モジュール
電源ユニット(状態監
視)
メモリ
デバイスベイ
POST
ログ
システムイベント
異常系割り込み
ボタン/スイッチ
チップセット
ケーブル/機器相互接
続
システムブート/リス
タート
ブートエラー
OS ブート
OS 停止/シャットダ
ウン
スロット/コネクタ
ACPI(省電力管理)
ウォッチドッグタイ
マ
装置構成単位の実装
情報
バージョン変更
FRU Hot Swap
システム固定電源状
態
Power Capping
センサ故障
マネージメントエン
ジン
SensorName
MICROCONTROLL_STS
PW_UNIT_REDUN
PHY_SEC
PLATFORM_SEC
PROCESSOR
PW_SUPPLY
PW_UNIT_STS
MEM
DRIVE_SLOT
POST_ERR
EVT_LOG_DISABLED
SYS_EVT
CRITICAL_INT
BUTTON_SWITCH
CHIP_SET
CABLE_INTERRUPT
SYS_BOOT_RESTART_INIT
BOOT_ERR
OS_BOOT
OS_STOP_SHUTDOWN
SLOT_CONNECTOR
ACPI
WATCHDOG_TIMER
ENTITY_PRESENCE_INFO
VERSION_CHANGE
FRU_HOT_SWAP
SYS_SPEC_PW_STATE
PW_CAPPING
SENSOR_FAILURE
MANAGEMENT_ENGINE
Level1
×
Level2
○
Level3
○
○
○
○
×
○ *1
○
×
○
×
○
×
×
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
×
○
×
○
×
×
○
×
○
×
×
×
×
×
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
×
○
×
×
○
×
×
×
○
○
○
○
×
○
○
×
×
○
○
○
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
○
○
○
○
○
○
×
○ *1
×
○
○
*1 管理対象装置によっては、変更できない場合があります。
フォールト・トレラント・サーバの場合は、指定可能なセンサ名と指定可能レベルが異なります。
以下の一覧を参照してください。
意味
温度(閾値監視)
電圧(閾値監視)
ファン(回転数)
プロセッサ
電源モジュール
電源ユニット(状態監
視)
SensorName
TEMP_THRESHOLD
VOLT_THRESHOLD
FAN_SENSOR
PROCESSOR
PW_SUPPLY
PW_UNIT_STS
48
Level1
×
×
×
×
×
×
Level2
○
○
○
○
○
×
Level3
○
○
○
○
○
○
意味
メモリ
POST
ログ
システムイベント
異常系割り込み
ボタン/スイッチ
システムブート/リス
タート
ブートエラー
スロット/コネクタ
ACPI(省電力管理)
ウォッチドッグタイ
マ
センサ故障
HA イベント
SensorName
MEM
POST_ERR
EVT_LOG_DISABLED
SYS_EVT
CRITICAL_INT
BUTTON_SWITCH
SYS_BOOT_RESTART_INIT
BOOT_ERR
SLOT_CONNECTOR
ACPI
WATCHDOG_TIMER
SENSOR_FAILURE
HA_EVENT
Level1
×
×
×
×
○
×
×
Level2
○
○
×
×
×
×
×
Level3
○
○
○
○
○
○
○
×
×
×
×
×
×
×
○
○
○
○
○
×
○
○
○
○
○
EXPRESSSCOPE エンジン SP3 搭載サーバ(2BMC モデル)の場合は、指定可能なセンサ名と指定
可能レベルが異なります。
以下の一覧を参照してください。
意味
温度(閾値監視)
電圧(閾値監視)
ファン(回転数)
メモリ縮退
SMI Timeout
電圧(異常監視)
プロセッサ(異常監視)
モジュール/ボード(異
常状態監視)
モジュール/ボード(無
効状態監視)
スロット/コネクタ(無
効状態監視)
プロセッサ(縮退状態
監視)
モジュール/ボード(縮
退状態監視)
マイクロコントロー
ラ状態
スロット/コネクタ(縮
退状態監視)
FAN ユニット(冗長構
成監視)
メモリ(冗長構成監視)
電源ユニット(冗長構
成監視)
セキュリティ違反
プロセッサ
電源モジュール
電源ユニット(状態監
視)
メモリ
デバイスベイ
SensorName
TEMP_THRESHOLD
VOLT_THRESHOLD
FAN_SENSOR
POST_MEM_RESIZE
SMI_TIMEOUT
VOL_ABNORMAL
PROCESSOR_ABNORMAL
MODULE_BOARD_ABNORMAL
MODULE_BOARD_DISABLED
SLOT_CONNECTOR_DISABLED
PROCESSOR_DEGRADED
MODULE_BOARD_DEGRADED
MICROCONTROLL_STS
SLOT_CONNECTOR_DEGRADED
FAN_REDUN
MEM_REDUN
PW_UNIT_REDUN
PLATFORM_SEC
PROCESSOR
PW_SUPPLY
PW_UNIT_STS
MEM
DRIVE_SLOT
49
Level1
○
○
○
×
○
○
○
○
Level2
○
○
○
○
○
○
○
×
Level3
○
○
○
○
○
○
○
○
×
×
○
○
○
○
×
×
○
×
×
○
○
○
○
○
○
○
○
×
○
○
○
○
○
○
○
×
○
○
○
×
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
○
○
意味
POST
ログ
システムイベント
異常系割り込み
ボタン/スイッチ
チップセット
システムブート/リス
タート
ブートエラー
OS ブート
OS 停止/シャットダウ
ン
スロット/コネクタ
ACPI(省電力管理)
ウォッチドックタイ
マ
装置構成単位の実装
情報
電池/バッテリ
システム固有電源状
態
Power Capping
センサ故障
マネージメントエン
ジン
SensorName
POST_ERR
EVT_LOG_DISABLED
SYS_EVT
CRITICAL_INT
BUTTON_SWITCH
CHIP_SET
SYS_BOOT_RESTART_INIT
BOOT_ERR
OS_BOOT
OS_STOP_SHUTDOWN
SLOT_CONNECTOR
ACPI
WATCHDOG_TIMER
ENTITY_PRESENCE_INFO
BATTERY
SYS_SPEC_PW_STATE
PW_CAPPING
SENSOR_FAILURE
MANAGEMENT_ENGINE
Level1
×
×
○
○
×
○
×
Level2
×
×
×
○
×
○
×
Level3
○
○
○
○
○
○
○
×
×
×
×
○
×
○
○
○
○
×
×
○
×
○
○
○
×
○
○
○
○
○
○
○
○
○
×
○
○
○
○
○
×
○
○
2.2.27 getSensorLevel
Syntax:
dscli getSensorLevel Component Type
Description:
コンポーネントの BMC コンフィグレーション情報の通報レベル設定の通報レベルの個別センサレ
ベルを表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Type
通報タイプを指定します。
SNMP
MAIL
SNMP 通報
メール通報
50
Output:
センサ個別レベル情報を表示します。詳細は、2.2.26 setSensorLevel を参照してください。
表示例を示します。
TEMP_THRESHOLD=111
VOLT_THRESHOLD=000
FAN_SENSOR=000
PLATFORM_SEC=800
PROCESSOR=000
PW_SUPPLY=000
PW_UNIT_STS=000
MEM=000
DRIVE_SLOT=000
EVT_LOG_DISABLED=800
SYS_EVT=080
CRITICAL_INT=000
BUTTON_SWITCH=880
MODULE_BOARD=800
SYS_BOOT_RESTART_INIT=880
BOOT_ERR=880
ACPI=880
SMI_TIMEOUT=800
POST_MEM_RESIZE=800
POST_ERR=800
SLOT_CONNECTOR=080
WATCHDOG_TIMER=080
SENSOR_FAILURE=800
:
2.2.28 getAgentExtensionLog
Syntax:
dscli getAgentExtensionLog Component
Description:
ESMPRO/ServerAgent Extension のアプリケーションログを取得して表示します。このコマンドはコ
ンポーネント上で ESMPRO/ServerAgent Extension のサービスが動作しているときに LAN 経由で実
行できます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
ESMPRO/ServerAgent Extension のアプリケーションログを表示します。
51
2.2.29 testAlert
Syntax:
dscli testAlert Component Target
Description:
コンポーネントに通報テストを実行させます。BMC の種類によってサポートしているパラメータ
が異なります。
通報テストの結果は 2.2.30 getTestAlertStatusで確認してください。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Target
通報先を指定します。以下の数値によって通報先の指定を行います。
LAN1_1 (または 0) : LAN1 1 次通報先
LAN1_2 (または 1) : LAN1 2 次通報先
LAN1_3 (または 2) : LAN1 3 次通報先
LAN2_1 (または 3) : LAN2 1 次通報先
LAN2_2 (または 4) : LAN2 2 次通報先
LAN2_3 (または 5) : LAN2 3 次通報先
PPP1_1 (または 6) : PPP1 1 次通報先
PPP1_2 (または 7) : PPP1 2 次通報先
PPP1_3 (または 8) : PPP1 3 次通報先
PPP2_1 (または 9) : PPP2 1 次通報先
PPP2_2 (または 10) : PPP2 2 次通報先
PPP2_3 (または 11) : PPP2 3 次通報先
Pager1 (または 12) : Pager 1 次通報先
Pager2 (または 13) : Pager 2 次通報先
SNMP1 (または 14) : SNMP 1 次通報先
SNMP2 (または 15) : SNMP 2 次通報先
SNMP3 (または 16) : SNMP 3 次通報先
MAIL1 (または 17) : メール 宛先 1
MAIL2 (または 18) : メール 宛先 2
MAIL3 (または 19) : メール 宛先 3
2.2.30 getTestAlertStatus
Syntax:
dscli getTestAlertStatus Component Target
Description:
通報テストの実行状態を取得して表示します。BMC の種類によってサポートしているパラメータ
が異なります。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
52
Target
状態を取得する通報先を指定します。通報先の指定については 2.2.29 testAlertを参照してくだ
さい。
Output:
通報テストの実行状態を表示します。実行状態には以下の種類があります。
TEST_UNKNOWN
TEST_TESTING
TEST_SUCCESS
TEST_ABORT
TEST_CALL_FAILED
TEST_TIMEOUT
TEST_ERROR
:不明
:通報中
:通報終了(正常終了)
:通報失敗(異常終了)
:通報失敗(ダイヤルアップ失敗)
:通報失敗(タイムアウト)
:通報失敗(その他エラー)
通報中の場合の表示例を示します。
TEST_TESTING
2.2.31 getServerStatus
Syntax:
dscli getServerStatus Component
Description:
指定されたコンポーネントの状態を表示します。
コンポーネント監視機能で、コンポーネントの状態を確認します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
コンポーネントの状態には以下の種類があります。
ERROR
WARNING
UNKNOWN
DC-OFF
NORMAL
NO_MONITORING
異常
警告
不明、通信エラー
DC-OFF
正常
監視対象外
53
2.2.32 getPowerStatus
Syntax:
dscli getPowerStatus Component
Description:
コンポーネントの電源状態を取得して表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
電源状態を表示します。電源状態は以下の 2 種類です。
DC_ON
DC_OFF
パワーオン
パワーオフ
2.2.33 getStatusLamp
Syntax:
dscli getStatusLamp Component
Description:
指定されたコンポーネントの STATUS ランプの状態を取得して表示します。
フォールト・トレラント・サーバの場合、システム FAULT ランプの状態を表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
コンポーネントの STATUS ランプの状態を表示します。STATUS ランプの状態は以下の 7 種類です。
OFF
GREEN_ON
GREEN_BLINK
AMBER_ON
AMBER_BLINK
RED_ON
RED_BLINK
消灯
緑点灯
緑点滅
アンバー点灯
アンバー点滅
赤点灯
赤点滅
2.2.34 getPanelInfo
Syntax:
dscli getPanelInfo Component [/x ModuleNo]
Description:
コンポーネントのフロントパネル情報として、電源状態、STATUS ランプ、LCD、ウォッチドッグ
タイマのシステム監視状態、システム通電累積時間を取得して表示します。
54
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/x ModuleNo
コンポーネントがフォールト・トレラント・サーバの場合に CPU/IO モジュールの番号(0 ま
たは 1)を指定します。ModuleNo を指定しない場合は CPU/IO モジュール 0 の状態を取得し
ます。
Output:
フロントパネル情報を表示します。表示例を示します。
Power Status
: S0_G0
STATUS Lamp
: GREEN_ON
LCD0
: Prepare To Boot
LCD1
:
Watchdog Status
: STARTED
Watchdog Use
: SMS_OS
Watchdog Interval : 10 sec
POH
: 262920 min
:
2.2.35 powerOn
Syntax:
dscli powerOn Component [ /p]
Description:
コンポーネントの電源を ON にします。
また、コンポーネントが POWER スイッチによって回復するスリープ状態にある場合は、このコマ
ンドによりスリープ状態から回復できます。
重要:

コンポーネントが強制ネットワークブート機能(ブート順位に関わらずネットワー
クからブートする機能)をサポートしていない場合はネットワークブートを実行で
きません。「ESMPRO/ServerManager コンポーネント一覧」でご確認ください。

電源ベイの場合、電源制御操作は電源ベイ自体に対しては行われません。電源ベイ
に搭載されているメンテナンスカードの電源制御が行われます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/p
“/p”を指定すると、電源 ON 後、ネットワークブートを行います。
55
2.2.36 powerOff
Syntax:
dscli powerOff Component
Description:
コンポーネントの電源を強制的に OFF にします。
重要:

コンポーネント上の OS 状態に関わらずハードウェアで制御を行うため、システム
破壊の可能性があります。コンポーネントの状態を確認の上、実行してください。

電源ベイの場合、電源制御操作は電源ベイ自体に対しては行われません。電源ベイ
に搭載されているメンテナンスカードの電源制御が行われます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
2.2.37 reset
Syntax:
dscli reset Component [/p]
Description:
コンポーネントを強制的にリセットします。
重要:

コンポーネント上の OS 状態に関わらずハードウェアで制御を行うため、システム
破壊の可能性があります。コンポーネントの状態を確認の上、実行してください。

コンポーネントが強制ネットワークブート機能(ブート順位に関わらずネットワー
クからブートする機能)をサポートしていない場合はネットワークブートを実行で
きません。「ESMPRO/ServerManager コンポーネント一覧」でご確認ください。

電源ベイの場合、電源制御操作は電源ベイ自体に対しては行われません。電源ベイ
に搭載されているメンテナンスカードの電源制御が行われます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/p
“/p”を指定すると、リセット後、ネットワークブートを行います。
56
2.2.38 powerCycle
Syntax:
dscli powerCycle Component [/p]
Description:
コンポーネントの電源を強制的に OFF にした後、ON にします。
重要:

コンポーネント上の OS 状態に関わらずハードウェアで制御を行うため、システム
破壊の可能性があります。コンポーネントの状態を確認の上、実行してください。

コンポーネントが強制ネットワークブート機能(ブート順位に関わらずネットワー
クからブートする機能)をサポートしていない場合はネットワークブートを実行で
きません。「ESMPRO/ServerManager コンポーネント一覧」でご確認ください。

電源ベイの場合、電源制御操作は電源ベイ自体に対しては行われません。電源ベイ
に搭載されているメンテナンスカードの電源制御が行われます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/p
“/p”を指定すると、リセット後、ネットワークブートを行います。
57
2.2.39 shutdownOs
Syntax:
dscli shutdownOs Component [/force]
Description:
コンポーネント上の OS をシャットダウンします。
LAN 経由で実行する場合は、コンポーネント上で ESMPRO/ServerAgent Extension のサービスが動作
し てい るとき に実 行でき ます 。ダイ レク ト接続 また はモデ ム経 由接続 で実 行する 場合 は 、
ESMPRO/ServerAgent に OS シャットダウンを指示します。
“/force”オプションを指定した場合は、接続形態に関わらず、強制シャットダウンを行います。この
とき ESMPRO/ServerAgent Extension または ESMPRO/ServerAgent とは通信を行いません。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/force
“/force”を指定すると、強制シャットダウンを実行します。
OS の種類や設定によっては正しくシャットダウンされない可能性があります。
2.2.40 dumpSwitch
Syntax:
dscli dumpSwitch Component
Description:
コンポーネントの DUMP スイッチを入れます。
重要:

コンポーネント上の OS 状態に関わらずハードウェアで制御を行うため、システム
破壊の可能性があります。コンポーネントの状態を確認の上、実行してください。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
58
2.2.41 clearSel
Syntax:
dscli clearSel Component [/force]
Description:
コンポーネントのシステムイベントログ(SEL)領域をクリアします。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/force
“force”を指定すると、コンポーネント上で ESMPRO/ServerAgent の自動バックアップサービス
が動作している場合も、SEL 領域をクリアします。
2.2.42 identifyChassis
F
Syntax:
dscli identifyChassis Component Period
Description:
コンポーネントの筐体識別ランプを点灯させます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Period
点灯時間を秒単位で指定します。0-255 の範囲で指定してください。
59
2.2.43 getIpmiInfo
Syntax:
dscli getIpmiInfo Component FileName [/x ModuleNo]
Description:
IPMI 情報を取得し、指定されたファイル名で保存します。
今回読み込まない種類の情報について、ESMPRO/ServerManager が以前に読み込んだ情報を保持し
ている場合は、合わせてファイルに保存します。
ヒント:

取得した IPMI 情報保存ファイルは、ESMPRO/ServerManager に Web ブラウザ上で
ログインし、ヘッダメニューの「ツール」より、アップロ−ドして参照できます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
FileName
取得した情報を保存するファイル名(パス名)を指定します。
/x ModuleNo
コンポーネントがフォールト・トレラント・サーバの場合に CPU/IO モジュールの番号(0 ま
たは 1)を指定します。ModuleNo を指定しない場合は CPU/IO モジュール 0 の情報を取得し
ます。
2.2.44 getSensorList
Syntax:
dscli getSensorList Component [/x ModuleNo]
Description:
あらかじめ2.2.43 getIpmiInfoを実行してください。getIpmiInfo コマンドで取得したセンサ情報(SDR)
から、現在の状態を取得可能なセンサの一覧を作成して表示します。一覧の先頭に、各センサの SDR
レコード ID が表示されます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
/x ModuleNo
コンポーネントがフォールト・トレラント・サーバの場合に CPU/IO モジュールの番号(0 ま
たは 1)を指定します。ModuleNo を指定しない場合は CPU/IO モジュール 0 の情報を取得し
ます。
60
Output:
センサの一覧を表示します。表示例を示します。
0001h: Sensor Type=Temperature(Front Panel Temp), Owner=Basbrd Mgmt Ctlr
0002h: Sensor Type=Temperature(Baseboard Temp), Owner=Basbrd Mgmt Ctlr
0003h: Sensor Type=Temperature(Processor 1 Temp), Owner=Basbrd Mgmt Ctlr
0004h: Sensor Type=Temperature(Processor 2 Temp), Owner=Basbrd Mgmt Ctlr
0005h: Sensor Type=Temperature(PwrDstBd Temp), Owner=Basbrd Mgmt Ctlr
:
2.2.45 getSensorStatus
Syntax:
dscli getSensorStatus Component RecordId [/x ModuleNo]
Description:
コンポーネント上の指定されたセンサの状態を取得して表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
RecordId
2.2.44 getSensorListにより表示されたセンサ一覧から、SDR レコード ID を指定します。
/x ModuleNo
コンポーネントがフォールト・トレラント・サーバの場合に CPU/IO モジュールの番号(0 ま
たは 1)を指定します。ModuleNo を指定しない場合は CPU/IO モジュール 0 の状態を取得し
ます。
Output:
センサの状態を表示します。表示例を示します。
Current Value:
30.00 degrees C
Current Status:
Normal
Upper non-recoverable Threshold:
--Upper critical Threshold:
46.00 degrees C (Hysteresis:44.00 degrees C)
Upper non-critical Threshold:
43.00 degrees C (Hysteresis:41.00 degrees C)
Lower non-critical Threshold:
3.00 degrees C (Hysteresis:5.00 degrees C)
Lower critical Threshold:
0.00 degrees C (Hysteresis:2.00 degrees C)
Lower non-recoverable Threshold:
---
61
2.2.46 getConsoleLog
Syntax:
dscli getConsoleLog Component
Description:
コンポーネントのコンソールログを表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
コンソールログを表示します。
2.2.47 setBmcIpSync
Syntax:
dscli setBmcIpSync Component Value
Description:
コンポーネント上の ESMPRO/ServerAgent Extension の BMC IP アドレス同期設定(BMC が標準 LAN
ポートを使用するコンポーネントの場合、OS 上に設定されている IP アドレスと BMC コンフィグ
レーションの IP アドレスを定期的に比較し、異なるときは BMC の IP アドレスを変更する機能)
の有効/無効を変更します。このコマンドはコンポーネント上で ESMPRO/ServerAgent Extension の
サービスが動作しているときに LAN 経由で実行できます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Value
同期設定の有効/無効を指定します。
0
1
無効
有効
ヒント:

BMC が専用 LAN ポート(管理 LAN 用ポート)を使用するコンポーネント上の
ESMPRO/ServerAgent Extension に対してこのコマンドを発行した場合、コマンドは
正常終了しますが、何も設定されません。
62
2.2.48 getBmcIpSync
Syntax:
dscli getBmcIpSync Component
Description:
コンポーネント上の ESMPRO/ServerAgent Extension の BMC IP アドレス同期設定(BMC が標準 LAN
ポートを使用するコンポーネントの場合、OS 上に設定されている IP アドレスと BMC コンフィグ
レーションの IP アドレスを定期的に IP アドレスを比較し、異なるときは BMC の IP アドレスを
変更する機能)の有効/無効を取得して表示します。このコマンドはコンポーネント上で
ESMPRO/ServerAgent Extension のサービスが動作しているときに LAN 経由で実行できます。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
同期設定の有効/無効を表示します。
Enable
Disable
有効
無効
表示例を示します。
Agent Config (BMC IP Sync) : Enable
2.2.49 getBladeSlotId
Syntax:
dscli getBladeSlotId Component
Description:
あらかじめ2.2.43 getIpmiInfoを実行してください。コンポーネントがブレードサーバの場合、ブレ
ードが格納されている筐体(ブレード収納ユニット)を識別するための筐体 ID、および筐体内の実
装位置を示すスロット ID を取得して表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
筐体 ID およびスロット ID を表示します。表示例を示します。
Enclosure ID: 0040000000
Slot ID:
2
63
2.2.50 deleteBmcUser
Syntax:
dscli deleteBmcUser Component UserId
Description:
コンポーネントの BMC コンフィグレーションに設定されているユーザアカウント情報を削除しま
す。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
UserId
BMC を利用するユーザに割り付けられている番号(1∼12)を指定します。
64
2.2.51 getBmcUserList
Syntax:
dscli getBmcUserList Component
Description:
コンポーネントの BMC コンフィグレーションに設定されているユーザアカウント情報の一覧を表
示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
表示例を示します。
No.1
User
User Name
Privilege
No.2
User
User Name
Privilege
No.3
User
User Name
Privilege
: true
: USERNAME1
: Administrator
: true
: USERNAME2
: Operator
: false
: USERNAME3
: User
65
2.2.52 setBmcUserInfo
Syntax:
dscli setBmcUserInfo Component UserId KeyName Value
Description:
BMC コンフィグレーションのユーザアカウント情報を変更します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
UserId
BMC を利用するユーザに割り付けられている番号(1∼12)を指定します。
KeyName
変更するユーザアカウント情報項目を示すキー名を指定します。一覧を参照してください。
Value
新たに設定する値を指定します。一覧を参照してください。
KeyName
USER
USER_NAME
USER_PASSWORD
意味
ユーザ
ユーザアカウント名
パスワード
権限
USER_PRIVILEGE
Value
0: 無効
1: 有効
15 文字まで(*1)
19 文字まで(*2)
0: ユーザ
1: オペレータ
2: アドミニストレータ
(*1) 半角英数字と「-」、「_」のみ使用可能。但し「-」はユーザアカウント名の先頭には使用
できません。
(*2) 「(空白)」
、「 」
、「&」
、「?」
、
「=」を除く ASCII 文字列のみ使用可能。
66
2.2.53 getBmcUserInfo
Syntax:
dscli getBmcUserInfo Component UserId
Description:
BMC コンフィグレーションのユーザアカウント情報を取得して表示します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
UserId
BMC を利用するユーザに割り付けられている番号(1∼12)を指定します。1∼12 のうち、未登
録ユーザ ID が指定された場合、全て空白で表示します。
Output:
表示例を示します。
USER
: true
USER NAME
: USERNAME2
USER_PRIVILEGE : Operator
67
2.2.54 setPowerRestorePolicy
Syntax:
dscli setPowerRestorePolicy Component Policy
Description:
コンポーネントが AC ON されたときの動作を指定する AC-LINK 設定を変更します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Policy
AC-LINK を設定します。Policy に設定可能な値は 3 種類です。
STAY_OFF
LAST_STATE
POWER_ON
AC ON 時、DC OFF 状態になります。
DC OFF 中に AC OFF された場合は、AC ON 時、DC OFF 状態になります。
DC ON 中に AC OFF された場合は、AC ON 時、DelayTime で指定された時間後に
DC ON 状態になります。
AC ON 時、DelayTime で指定された時間後に DC ON 状態になります。
2.2.55 getPowerRestorePolicy
Syntax:
dscli getPowerRestorePolicy Component
Description:
コンポーネントが AC ON されたときの動作を指定する AC-LINK 設定の内容を取得して表示しま
す。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
表示例を示します。
Policy
: STAY_OFF
68
2.2.56 getSystemFtLamp
Syntax:
dscli getSystemFtLamp Component
Description:
コンポーネントがフォールト・トレラント・サーバの場合、システム FT ランプの状態を表示しま
す。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
Output:
システム FT ランプの状態を表示します。システム FT ランプの状態には以下の種類があります。
GREEN_ON
緑点灯(Duplex)
GREEN_BLINK
緑点滅(スプリットモード)
GREEN_OFF
消灯(電源 OFF または片系動作)
69
2.3
EMカード管理系コマンド
以下のコンポーネント管理系コマンドは EM カードに対しても実行できます。但し、オプション名
Component に MAC アドレスを指定することはできません。
getServerNameByGuid
findNewServer
findNewServerNetAddr
createServer
deleteServer
checkConnection
setServerProperty
getServerProperty
getServerInfo
getDeviceId
getGuid
getServerStatus
2.3.1 getEmCardList
Syntax:
dscli getEmCardList [/d]
Description:
ESMPRO/ServerManager 上に登録された EM カードの一覧を表示します。
Options:
/d
“/d”を指定すると、EM カード一覧に、EM カード名の他 GUID を表示します。
Output:
ESMPRO/ServerManager 上に登録された EM カードの一覧を表示します。
(“/d”オプションを指定しない場合)
EM0001
EM0002
(“/d”オプションを指定した場合)
EM0001
GUID 01b21dd2:1dd2:11b2:2fa4:003013630cc5
EM0002
GUID 01b21dd2:1dd2:11b2:49bd:003013630cc0
70
2.3.2 getEmActiveState
Syntax:
dscli getEmActiveState EmCard
Description:
指定された EM カードの、アクティブ/スタンバイの状態を表示します。
Options:
EmCard
EM カードの名前を指定します。
Output:
Active
Standby
アクティブ
スタンバイ
2.3.3 identifyEm
Syntax:
dscli identifyEm EmCard [/x SwmSlotNumber]
Description:
指定された EM カード、または EM カードが管理するスイッチモジュールの筐体識別ランプを 15
秒間点灯させます。EM カードがアクティブな場合のみ実行できます。
Options:
EmCard
EM カードの名前を指定します。
/x SwmSlotNumber
EM カードが管理するスイッチモジュールの筐体識別ランプを点灯させたい場合に、スロット番号
を指定してください。
71
2.3.4 getEmStatusLamp
Syntax:
dscli getEmStatusLamp EmCard [/x SwmSlotNumber]
Description:
指定された EM カード、または EM カードが管理するスイッチモジュールの STATUS ランプの状態
を取得して表示します。
Options:
EmCard
EM カードの名前を指定します。
/x SwmSlotNumber
EM カードが管理するスイッチモジュールの STATUS ランプを取得したい場合に、スイッチモ
ジュールのスロット番号を指定します。スイッチモジュールの STATUS ランプ状態取得は、
EM カードがアクティブな場合のみ実行できます。
Output:
STATUS ランプの状態を表示します。STATUS ランプの状態は以下の通りです。
GREEN_ON
GREEN_BLINK
AMBER_BLINK
RED_BLINK
緑点灯
緑点滅
アンバー点滅
赤点滅
72
2.4
筐体管理系コマンド
2.4.1 getBladeEnclosureList
Syntax:
dscli getBladeEnclosureList
Description:
ESMPRO/ServerManager 上に登録されているコンポーネントまたは EM カードが搭載されているブ
レード収納ユニットの一覧を表示します。
Output:
コンポーネントまたは EM カードが搭載されているブレード収納ユニットの一覧を表示します。
2.4.2 getChassisSlotState
Syntax:
dscli getChassisSlotState ChassisName
Description:
指定された筐体がブレード収納ユニットの場合、各ブレードスロットの実装状態を表示します。E
Mカード、およびスイッチモジュールが搭載されている筐体の場合は、EMカードおよびスイッチ
モジュールの一覧も表示します。
Options:
ChassisName
筐体名を指定します。
Output:
表示内容
スロット番号
実装状態
説明
スロット番号を示します。
搭載されているブレードが 2 枚幅か高さの場合は、複数のスロット番号を
表示します。
コンポーネント ス ロ ッ ト に 実 装 さ れ て い る 、 か つ
名
ESMPRO/ServerManager 上にコンポーネント登録され
ているに場合に表示します。
ブレードの幅 2 の場合は、コンポーネント名に続けて
(Double-wide)と表示します。
ブレードの高さ 2 の場合は、コンポーネント名に続け
て(Full-hight)と表示します。
Installed
スイッチモジュールがスロットに実装されている場
合に表示します。
Not registered
ス ロ ッ ト に 実 装 さ れ て い る 、 か つ
ESMPRO/ServerManager 上にコンポーネント登録され
ていない場合に表示します。
Not installed
スロットに実装されていない場合に表示します。
(空白)
「未登録」と「未実装」を判別できない場合、何も表
示しません。
73
表示例を示します。
CPU Blade:
1: SERVER_0001
2: SERVER_0002
3,4: SERVER_0003 (Double-wide)
5: Not installed
6: Not registered
7: Not installed
8: Not registered
EM Card:
1.EM0001
2.EM0002
Switch Module:
1: Installed
2: Installed
3: Not installed
4: Not installed
5: Not instaleld
6: Not installed
2.4.3 getChassisInfo
Syntax:
dscli getChassisInfo ChassisName
Description:
指定された筐体の情報を表示します。
Options:
ChassisName
筐体の名前を指定します。
Output:
指定された筐体の情報を表示します。
項目名
Chassis Name
Comments
Rack Name
Rack ID
Unit Name
Serial Number
意味
筐体の名前です。
筐体についての説明です。
ラックの名前です。EM カードを搭載している筐体の場合に表示されます。
ラック ID です。EM カードを搭載している筐体の場合に表示されます。
ブレード収納ユニット名です。EM カードを搭載している筐体の場合に表示され
ます。
筐体識別用のシリアル番号です。
74
2.4.4 setChassisProperty
Syntax:
dscli setChassisProperty ChassisName PropertyName Value
Description:
指定された筐体の筐体プロパティを設定します。
Options:
ChassisName
筐体の名前を指定します。
PropertyName
設定するプロパティの名前を指定します。一覧を参照してください。
Value
新たに設定する値を指定します。一覧を参照してください。
PropertyName
CHASSIS_NAME
CHASSIS_COMMENT
意味
筐体の名前です。
筐体についての説明です
Value
32 文字まで
100 文字まで
ヒント:

CHASSIS_NAME に既に登録されている筐体の名前は指定できません。
2.4.5 getChassisProperty
Syntax:
dscli getChassisProperty ChassisName PropertyName
Description:
指定された筐体の筐体プロパティを表示します。
Options:
ChassisName
筐体の名前を指定します。
PropertyName
取得するプロパティの名前を指定します。筐体プロパティの一覧は2.4.4 setChassisPropertyを参
照してください。
Output:
指定された筐体プロパティを表示します。
75
2.4.6 setBladeAutoSetting
Syntax:
dscli setBladeAutoSetting ChassisName SlotNumber PropertyName Value
Description:
このコマンドは EM カードを搭載可能な筐体に対してのみ有効です。
筐体に新しく CPU ブレードが実装されたことを検出したときに、CPU ブレード上の BMC のコンフ
ィグレーションと ESMPRO/ServerManager 上へのコンポーネント登録を自動的に行うための情報を
設定します。
Options:
ChassisName
筐体名を指定します。
SlotNumber
CPU ブレードのスロット番号を指定します。全スロットに共通の値を設定する場合は”all”を指
定します。
PropertyName
設定するプロパティの名前を指定します。一覧を参照してください。
Value
新たに設定する値を指定します。一覧を参照してください。
PropertyName
意味
AUTH_KEY
認証キーを指定します。
16 文字まで
有効に設定すると、新しく挿入された CPU ブレード
0:無効、1:有効
RECONFIGURE_ BMC
Value
だけでなく、既に実装を確認している CPU ブレード
についても、BMC コンフィグレーションを行います。
無効に設定すると、再コンフィグレーションを行いま
せん。
REWRITE_IP_ADDRESS
CPU ブレードの BMC コンフィグレーションが実施
0:無効、1:有効
されていない場合も BMC が DHCP サーバから IP ア
ドレスを取得する機能により IP アドレスだけが設定
されている場合があります。この項目を有効に設定す
ると、BMC コンフィグレーション実施時に、必ず指
定された値に更新します。
DHCP
IP アドレスを BMC が DHCP から自動的に取得しま
0:無効、1:有効
す。
IP_ADDRESS
CPU ブレードに設定する BMC の IP アドレスを指定
IP アドレス形式
します。一括設定の場合は、先頭のスロットから順に、
指定された IP アドレスから連続した IP アドレスを設
定します。
SUBNET_MASK
サブネットマスクを指定します。
IP アドレス形式
DEFAULT_GATEWAY
デフォルトゲートウェイを指定します。
IP アドレス形式
ALERT_RECEIVER_IP_ADDRESS
BMC の 1 次通報先/管理用 PC の IP アドレスを指定し
IP アドレス形式
ます。
76
2.4.7 getBladeAutoSetting
Syntax:
dscli getBladeAutoSetting ChassisName SlotNumber
Description:
このコマンドは EM カードを搭載可能な筐体に対してのみ有効です。
筐体に新しく CPU ブレードが実装されたことを検出したときに、CPU ブレード上の BMC コンフィ
グレーションと ESMPRO/ServerManager 上へのコンポーネント登録を自動的に行うための情報を表
示します。各情報の詳細は2.4.6setBladeAutoSettingを参照してください。
Options:
ChassisName
筐体名を指定します。
SlotNumber
CPU ブレードのスロット番号を指定します。
Output:
情報を表示します。
RECONFIGURE_BMC:Disable
REWRITE_IP_ADDRESS:Disable
DHCP:Enable
ALERT_RECEIVER_IP_ADDRESS:192.168.14.18
77
2.5
通信管理系コマンド
2.5.1 connect
Syntax:
dscli connect Component
Description:
コンポーネントとの接続形態に従って、コンポーネントにダイレクト接続またはモデム経由で接続
します。
Options:
Component
コンポーネントの名前、BMC が使用する LAN ポートの MAC アドレス、または GUID を指定
します。
2.5.2 disconnect
Syntax:
dscli disconnect
Description:
現在接続中の回線を切断します。
2.5.3 getConnectionStatus
Syntax:
dscli getConnectionStatus
Description:
ダイレクト接続またはモデム経由接続の接続状態と接続中のコンポーネント名を表示します。
Output:
接続状態を表示します。接続状態には以下の 8 種類があります。
CONNECTING
CONNECTED
DISCONNECTING
DISCONNECTED
CONNECTION_FAILURE
NO_CARRIER
BUSY
NO_DIALTONE
接続中
接続完了
切断中
切断完了
接続失敗
回線切断
話中音検出
ダイヤルトーン未検出
78
2.6
環境設定系コマンド
2.6.1 setOption
Syntax:
dscli setOption OptionName Value
Description:
ESMPRO/ServerManager の動作を制御する環境設定項目を設定します。
Options:
OptionName
設定するオプションパラメータの名前です。一覧を参照してください。
Value
新たに設定する値を指定します。一覧を参照してください。
OptionName
BMC_RETRY_COUNT
BMC_TIMEOUT
BMC_SOURCE_PORT
CUI_NO_RESPONSE_TIM
EOUT
CUI_SYS_RQ_KEY
HISTORY_LOG_NUMBER_
OF_RECORDS
MODEM_PORT_NUMBER
MONITORING_ENABLE
MONITORING_AUTO_UPD
ATE_INTERVAL
RC_POWER_CONTROL_I
NTERVAL_MILLIS
RMI_PORT
意味
コンポーネント上の BMC との通
信のリトライ回数です。
コンポーネント上の BMC との通
信をリトライする間隔を秒単位で
表します。
BMC との通信に使用する UDP ポ
ート番号です。
リモートコンソール接続が通信の
タイムアウトにより切断されるま
での秒数です。
CUI リモートコンソール接続で使
用する SysRq キーのエイリアスキ
ーです。
アプリケーションログの最大件数
です。
管理コンポーネントにダイレクト
接続するときに使用する Manager
コンポーネントのシリアルポート
番号です。
コンポーネント監視機能の有効/
無効を示します。
Web
ブ ラ ウ ザ 上 で
ESMPRO/ServerManager を 操 作
する際に、コンポーネント状態の
表示を自動更新する機能の、自動
更新間隔を秒単位で表します。
複数コンポーネントの電源制御を
連続して行う際の実行間隔をミリ
秒単位で表します。
RMI 通信に使用する TCP ポート番
号です。
79
Value
0-10
初期値
5
1-15
5
1025-65535
47117
20-1800
60
"": 指定なし
"Q":Ctrl+Alt+Q
"X":Ctrl+Alt+X
2000-10000
“”
2000
1-8
1
0: 無効
1: 有効
1-60
1
5
0-5000
500
1024 - 65535
1099
2.6.2 getOption
Syntax:
dscli getOption OptionName
Description:
ESMPRO/ServerManager の動作を制御する環境設定項目を表示します。
Options:
OptionName
取得するオプションパラメータの名前です。オプションパラメータの一覧については2.6.1
setOption を参照してください。
Output:
指定した環境設定項目の値を表示します。
2.6.3 getPermitIpAddrList
Syntax:
dscli getPermitIpAddrList
Description:
ESMPRO/ServerManager へのログインを許可する IP アドレス範囲の一覧を表示します。
設定された IP アドレス範囲にある Web クライアントだけが ESMPRO/ServerManager にログインで
きます。
Output:
IP アドレス範囲の一覧を表示します。表示例を示します。
No.1: 192.168.0.1 – 192.168.0.254
No.2: 192.168.1.10
No.3: 192.168.2.10
2.6.4 isPermitIpAddr
Syntax:
dscli isPermitIpAddr CheckIpAddr
Description:
指定した Web クライアントの IP アドレスがログインを許可された IP アドレスかどうかを表示しま
す。
Options:
CheckIpAddr
IP アドレスを指定します。
Output:
指定した IP アドレスがログイン許可する IP アドレスかどうかを表示します。
OK
NG
許可する
許可しない
80
2.6.5 addPermitIpAddr
Syntax:
dscli addPermitIpAddr StartIpAddr [EndIpAddr]
Description:
ESMPRO/ServerManager へのログインを許可する IP アドレス範囲を追加します。
設定された IP アドレス範囲にある Web クライアントだけが ESMPRO/ServerManager にログインで
きます。
ヒント:

ESMPRO/ServerManager を起動している Manager コンポーネント上の Web ブラウ
ザからは、アクセス制限に関わらず、ログインできます。
Options:
StartIpAddr
ログインを許可する IP アドレス範囲の開始 IP アドレスを指定します。
EndIpAddr
ログインを許可する IP アドレス範囲の終了 IP アドレスを指定します。このオプションを省略
した場合は StartIpAddr で指定した IP アドレスが単独で追加登録されます。
2.6.6 removePermitIpAddr
Syntax:
dscli removePermitIpAddr StartIpAddr [EndIpAddr]
Description:
ログインを許可する Web クライアントの IP アドレス範囲を削除します。
Options:
StartIpAddr
開始 IP アドレスを指定します。
EndIpAddr
終了 IP アドレスを指定します。
2.6.7 clearPermitIpAddr
Syntax:
dscli clearPermitIpAddr
Description:
ログインを許可する Web クライアントの IP アドレス範囲を全て削除します。
81
2.7
ユーザ管理系コマンド
2.7.1 createUser
Syntax:
dscli createUser UserName Password
Description:
Web ブラウザで ESMPRO/ServerManager を利用するためのユーザを登録します。登録されるユーザ
の権限はオペレータとなります。最大 30 ユーザまで作成することができます。
Options:
UserName
新しいユーザ名を指定します。最大 16 文字までの名前を入力できます。
Password
6∼16 文字までのパスワードを指定します。
ヒント:

UserName に既に登録されているユーザの名前は指定できません。
2.7.2 deleteUser
Syntax:
dscli deleteUser UserName
Description:
Web ブラウザで ESMPRO/ServerManager を利用するためのユーザの登録を削除します。
Options:
UserName
ユーザの名前を指定します。
2.7.3 getUserList
Syntax:
dscli getUserList
Description:
登録されているユーザの名前、ユーザ権限の一覧を表示します。ユーザ権限の種別にはアドミニス
トレータとオペレータがあります。
Output:
表示例を示します。
Admin
Administrator
User1
Operator
User2
Operator
:
:
82
2.7.4 setUserProperty
Syntax:
dscli setUserProperty UserName PropertyName Value
Description:
指定されたユーザのユーザプロパティを設定します。
Options:
UserName
ユーザの名前を指定します。
PropertyName
設定するプロパティの名前を指定します。一覧を参照してください。
実行権限の変更はオペレータ権限のユーザについて有効です。
○:変更可能、×:変更不可能
Value
新たに設定する値を指定します。一覧を参照してください。
PropertyName
USER_NAME
USER_PASSWORD
USER_COMMENT
UL_POWER_ON
UL_POWER_OFF
UL_RESET
UL_POWER_CYCLE
UL_SHUTDOWN
UL_DUMP
UL_SEL_CLEAR
UL_BMC_REMOTE
UL_ CONFIG_CREATE
UL_CONFIG_CHANGE_DEL
ETE
UL_REMOTE_CONSOLE
UL_SCHEDULE
UL_REMOTE_BATCH
意味
ユーザ名です。
ログインパスワードです。
ユーザに関する説明です。
パワーON の実行権限の有効
/無効を示します。
パワーOFF の実行権限の有効
/無効を示します。
リセットの実行権限の有効/
無効を示します。
パワーサイクルの実行権限の
有効/無効を示します。
OS シャットダウンの実行権
限の有効/無効を示します。
DUMP スイッチの実行権限の
有効/無効を示します。
システムイベントログ領域の
クリアの実行権限の有効/無
効を示します。
BMC 設定を変更する実行権
限の有効/無効を示します。
コンポーネント追加の実行権
限の有効/無効を示します。
接続設定の編集、コンポーネ
ント削除の実行権限の有効/
無効を示します。
リモートコンソールの実行権
限の有効/無効を示します。
スケジュール設定の実行権限
の有効/無効を示します
リモートバッチの実行権限の
有効/無効を示します。
83
Value
16 文字まで
6∼16 文字まで
100 文字まで
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
0: 無効
1: 有効
初期値
空白
空白
空白
0
アドミニストレータ
○
○
○
×
オペレータ
○
○
○
○
0
×
○
0
×
○
0
×
○
0
×
○
0
×
○
0
×
○
0:
1:
0:
1:
0:
1:
無効
有効
無効
有効
無効
有効
0
×
○
0
×
○
0
×
○
0:
1:
0:
1:
0:
1:
無効
有効
無効
有効
無効
有効
0
×
○
0
×
○
0
×
○
PropertyName
UL_SET_POWER_RESTOR
E_DELAY
UL_SET_AGENT_SETTING
UL_SET_CONSOLE_LOG
UL_SET_ENVIRONMENT_O
PTION
UL_SET_BLADE_AUTO_SE
TTING
UL_ELECTRIC_POWER_M
ONITORING
UL_SET_SERVER_DOWN_
MONITORING
UL_MODULE_UPDATE_MAI
NTENANCE
意味
電源オプション設定を変更す
る実行権限の有効/無効を示
します。
Agent 設定を変更する実行権
限の有効/無効を示します。
コンソールログ設定を変更す
る実行権限の有効/無効を示
します。
環境設定を変更する実行権限
の有効/無効を示します。
CPU ブレード自動登録設定を
変更する実行権限の有効/無
効を示します。
電力管理の測定開始・中止の
設定を変更する実行権限の有
効/無効を示します。
死活監視設定を変更する実行
権限の有効/無効を示しま
す。
CPU/PCI モジュールのメンテ
ナンス/アップデートを変更
する実行権限の有効/無効を
示します。
Value
0: 無効
1: 有効
初期値
0
アドミニストレータ
×
オペレータ
○
0:
1:
0:
1:
無効
有効
無効
有効
0
×
○
0
×
○
0:
1:
0:
1:
無効
有効
無効
有効
0
×
○
0
×
○
0: 無効
1: 有効
0
×
○
0: 無効
1: 有効
0
×
○
0: 無効
1: 有効
0
×
○
ヒント:

USER_NAME に既に登録されているユーザの名前は指定できません。
2.7.5 getUserProperty
Syntax:
dscli getUserProperty UserName PropertyName
Description:
指定されたユーザのユーザプロパティを表示します。
Options:
UserName
ユーザの名前を指定します。
PropertyName
取 得 す る プ ロ パ テ ィ の 名 前 を 指 定 し ま す 。 ユ ー ザ プ ロ パ テ ィ の 一 覧 に つ い て は 2.7.4
setUserPropertyを参照してください。ただし、
「USER_PASSWORD」は表示できません。
Output:
指定されたユーザプロパティを表示します。
84
2.8
その他のコマンド
2.8.1 getApplicationLog
Syntax:
dscli getApplicationLog [Number]
Description:
最新のアプリケーションログを、Number で指定した件数表示します。
Options:
Number
表示するログの件数を指定します。このオプションを省略した場合は、最新の 10 件を表示し
ます。
Output:
アプリケーションログを表示します。アプリケーションログは 1 行に日付・コンポーネント名・OS
IP アドレス・BMC IP アドレス・ユーザ名・イベント内容の順で表示します。
2.8.2 about
Syntax:
dscli about
Description:
ESMPRO/ServerManager のバージョン情報を表示します。
Output:
ESMPRO/ServerManager のバージョン情報を表示します。
2.8.3 help
Syntax:
dscli help [CommandName]
Description:
ヘルプを表示します。CommandName オプション が指定されていない場合はコマンド一覧を、
CommandName オプション が指定されている場合は指定されたコマンドのヘルプを表示します。
Options:
CommandName
ヘルプを表示したいコマンド名を入力します。
Output:
コマンド一覧または指定されたコマンドのヘルプを表示します。
85
ESMPRO/ServerManager Ver.6
ユーザーズガイド
日 本 電 気 株 式 会 社
東京都港区芝五丁目 7 番 1 号
TEL(03)3454-1111 (大代表)
©NEC Corporation 2015
日本電気株式会社の許可なく複製・改変などを行うことはできません。
86
Similar pages