ADA4084-2: 30 V、低ノイズ、レールtoレールI/O低消費電力オペアンプ (Rev. A) PDF

日本語参考資料
最新版英語データシートはこちら
30 V、低ノイズ、レールtoレールI/O
低消費電力オペアンプ
ADA4084-2
データシート
レール to レール入力/出力
低消費電力: 625 µA (typ)
ゲイン帯域幅積: AV =100 (typ)で 15.9 MHz
ユニティ・ゲイン・クロスオーバー: 9.9 MHz (typ)
−3 dB クローズ・ループ帯域幅: ±15 V で 13.9 MHz (typ)
低オフセット電圧: 最大 100 μV (SOIC)
ユニティ・ゲイン安定
高スルーレート: 4.6 V/μs (typ)
低ノイズ: 1 kHz で 3.9 nV/√Hz (typ)
ADA4084-2
OUT A
1
8
V+
–IN A
2
7
OUT B
+IN A
3
6
–IN B
V–
4
5
+IN B
TOP VIEW
(Not to Scale)
08237-001
ピン配置
特長
図 1. 8 ピン MSOP (RM)
8 ピン SOIC (R)
アプリケーション
バッテリ駆動の計装機器
電源の制御と保護
通信
DAC 出力アンプ
ADC 入力バッファ
概要
ADA4084-2 は、レール to レールの入力と出力を持つ、単電源、
10 MHz 帯域幅のデュアル・アンプです。このデバイスは、3 V
~30 V (または ±1.5 V~±15 V)での動作を保証しています。
これらのアンプは、AC 性能と高精度 DC 性能を必要とする単電
源アプリケーションに適しています。ADA4084-2 は、広い帯域
幅、低ノイズ、高精度の組み合わせを持つため、フィルタや計
装機器などの多様なアプリケーションで使うことができます。
これらのアンプのアプリケーションとしては、ポータブル通信
機器、電源の制御/保護、さらに広い出力範囲を持つトランスジ
ューサのアンプまたはバッファとしての使用などがあります。
レール to レール入力のアンプを必要とするセンサーとしては、
ホール効果、圧電、抵抗などのトランスジューサがあります。
入力と出力でレール to レールの振幅が可能であるため、単電源
システムでマルチステージ・フィルタの構築が可能になるので、
高い信号対ノイズ比を維持することができます。
ADA4084-2 の仕様は、拡張工業温度範囲(-40°C~+125°C)で規定
されています。デュアルの ADA4084-2 は、8 ピンの SOIC また
は MSOP 表面実装パッケージを採用しています。
Rev. A
ADA4084-2 は、アナログ・デバイセズの高電圧低ノイズ・オペ
アンプのシリーズに属しており、このシリーズの拡張は続いて
います(表 1 参照)。
低入力電圧ノイズ・アンプの広範囲なセレクション・テーブル
は、http://www.analog.com/jp から提供する AN-940 アプリケーシ
ョン・ノート「最適ノイズ性能を得るための低ノイズ・アンプ
選択の手引き」に記載してあります。
表 1.低ノイズ・オペアンプ
Voltage Noise
1.1 nV/Hz
1.8 nV/Hz
2.8 nV/Hz RRO1
2.8 nV/Hz
3.2 nV/Hz
3.9 nV/Hz RRIO2
1
2
Single
AD8597
ADA4004-1
AD8675
AD8671
OP27/OP37
Dual
AD8599
ADA4004-2
AD8676
AD8672
Quad
ADA4004-4
AD8674
ADA4084-2
レール to レール出力。
レール to レール入力/出力。
アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に
関して、あるいは利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、
アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様
は、予告なく変更される場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。
※日本語版資料は REVISION が古い場合があります。最新の内容については、英語版をご参照ください。
©2011–2012 Analog Devices, Inc. All rights reserved.
本
社/〒105-6891 東京都港区海岸 1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワービル
電話 03(5402)8200
大阪営業所/〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原 3-5-36 新大阪トラストタワー
電話 06(6350)6868
ADA4084-2
データシート
目次
特長..............................................................................................................1
±5 V 特性..............................................................................................11
アプリケーション ....................................................................................1
±15 V 特性 ...........................................................................................15
概要..............................................................................................................1
同等な電圧のグラフと可変電圧のグラフ ...................................19
ピン配置 .....................................................................................................1
アプリケーション情報..........................................................................20
改訂履歴 .....................................................................................................2
機能説明...............................................................................................20
仕様..............................................................................................................3
入力保護...............................................................................................21
電気的特性.............................................................................................3
出力位相の反転 ..................................................................................21
絶対最大定格.............................................................................................6
単電源アプリケーションでの低ノイズ回路のデザイン..........21
熱抵抗 .....................................................................................................6
コンパレータ動作..............................................................................22
ESD の注意 ............................................................................................6
外形寸法 ...................................................................................................23
代表的な性能特性 ....................................................................................7
オーダー・ガイド..............................................................................23
±1.5 V 特性.............................................................................................7
改訂履歴
2/12—Rev. 0 to Rev. A
Changes to Data Sheet Title....................................................................... 1
Changes to Voltage Range in General Description .................................. 1
Changes to Supply Current/Amplifier Parameter, Table 2 ..................... 3
Changes to Common-Mode Rejection Ratio Parameter, Table 3................ 4
Changes to Common-Mode Rejection Ratio Parameter, Table 4................ 5
Changes to Figure 2 .................................................................................... 6
Changes to Figure 24 ................................................................................ 10
Changes to Figure 32 ................................................................................ 12
Changes to Figure 47 ................................................................................ 14
Changes to Figure 55 ................................................................................ 16
Changes to Figure 62 ................................................................................ 17
Changes to Figure 73 ................................................................................ 20
10/11—Revision 0: Initial Version
Rev. A
- 2/23 -
ADA4084-2
データシート
仕様
電気的特性
特に指定がない限り、VSY = 3 V、VCM =1.5 V、TA = 25°C。
表 2.
Parameter
INPUT CHARACTERISTICS
Offset Voltage1
Symbol
Test Conditions/Comments
VOS
Offset Voltage Drift
Offset Voltage Matching
Input Bias Current
ΔVOS/ΔT
SOIC package
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
MSOP package
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
Channel A vs. Channel B, TA = 25°C
Min
Typ
0.5
IB
140
–40°C ≤ TA ≤ +125°C
Input Offset Current
IOS
–40°C ≤ TA ≤ +125°C
Input Voltage Range
Common-Mode Rejection Ratio
CMRR
Large Signal Voltage Gain
AVO
VCM = 0 V to 3 V
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 2 kΩ, 0.5 V ≤ VO ≤ 2.5 V
RL = 2 kΩ, −40°C ≤ TA ≤ +125°C
0
64
60
100
97
Input Impedance, Differential
Input Impedance, Common-Mode
OUTPUT CHARACTERISTICS
Output Voltage High
VOH
VOL
Short-Circuit Current
ISC
Supply Current/Amplifier
PSRR
ISY
RL = 10 kΩ to VCM
–40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 2 kΩ to VCM
–40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 10 kΩ to VCM
–40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 2 kΩ to VCM
–40°C ≤ TA ≤ +125°C
2.85
2.8
2.8
2.7
μV
μV
μV
μV
µV/°C
μV
nA
nA
nA
nA
V
dB
dB
dB
dB
kΩ||pF
MΩ||pF
80
104
2.95
2.9
10
VSY = ±1.25 V to ±1.75 V
–40°C ≤ TA ≤ +125°C
IO = 0 mA
–40°C ≤ TA ≤ +125°C
100
90
2.0
SR
GBP
UGC
ΦM
−3 dB
RL = 2 kΩ
VIN = 5 mV p-p, RL = 10 kΩ, AV = 100
VIN = 5 mV p-p, RL = 10 kΩ, AV = 1
NOISE PERFORMANCE
Voltage Noise
Voltage Noise Density
Current Noise Density
en p-p
en
in
20
40
50
75
110
565
650
950
V
V
V
V
mV
mV
mV
mV
mA
dB
dB
µA
µA
AV = 1, VIN = 5 mV p-p
2.6
15.4
8.08
86
12.3
V/µs
MHz
MHz
Degrees
MHz
0.1 Hz to 10 Hz
f = 1 kHz
f = 1 kHz
0.14
3.9
0.55
μV p-p
nV/√Hz
pA/√Hz
オフセット電圧にハンダ熱抵抗は含まれません。
Rev. A
100
200
130
250
1.75
150
300
450
25
50
3
−17/+10
DYNAMIC PERFORMANCE
Slew Rate
Gain Bandwidth Product
Unity-Gain Crossover
Phase Margin
−3 dB Closed-Loop Bandwidth
1
Unit
100||1.1
80||2.9
Output Voltage Low
POWER SUPPLY
Power Supply Rejection Ratio
Max
- 3/23 -
ADA4084-2
データシート
特に指定がない限り、VSY = ±5.0 V、VCM = 0 V、TA = 25°C。
表 3.
Parameter
INPUT CHARACTERISTICS
Offset Voltage1
Symbol
Conditions
VOS
Offset Voltage Drift
Offset Voltage Matching
Input Bias Current
ΔVOS/ΔT
SOIC package
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
MSOP package
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
Channel A vs. Channel B, TA = 25°C
Min
Typ
0.5
IB
140
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
Input Offset Current
IOS
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
Input Voltage Range
Common-Mode Rejection Ratio
CMRR
Large Signal Voltage Gain
AVO
VCM = ±4 V
VCM = ±5 V, −40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 2 kΩ, −4 V ≤ VO ≤ 4 V
RL = 2 kΩ, −40°C ≤ TA ≤ +125°C
−5
106
76
108
103
Input Impedance, Differential
Input Impedance, Common-Mode
OUTPUT CHARACTERISTICS
Output Voltage High
Output Voltage Low
Short Circuit Current
POWER SUPPLY
Power Supply Rejection Ratio
Supply Current/Amplifier
VOH
VOL
RL = 10 kΩ to VCM
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 2 kΩ to VCM
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 10 kΩ to VCM
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 2 kΩ to VCM
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
4.9
4.8
4.8
4.7
100
250
130
250
1.75
150
300
450
25
50
+5
μV
μV
μV
μV
μV/°C
μV
nA
nA
nA
nA
V
dB
dB
dB
dB
kΩ||pF
MΩ||pF
124
112
PSRR
ISY
4.95
4.85
−4.95
−4.95
−4.9
−4.8
−4.8
−4.7
−24/+17
ISC
VSY = ±2 V to ±18 V
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
IO = 0 mA
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
110
105
2.4
SR
GBP
UGC
ΦM
−3 dB
RL = 2 kΩ to VCM
VIN = 5 mV p-p, RL = 10 kΩ, AV = 100
VIN = 5 mV p-p, RL = 10 kΩ, AV = 1
NOISE PERFORMANCE
Voltage Noise
Voltage Noise Density
Current Noise Density
en p-p
en
in
0.1 Hz to 10 Hz
f = 1 kHz
AV = 1, VIN = 5 mV p-p
オフセット電圧にハンダ熱抵抗は含まれません。
Rev. A
Unit
100||1.1
200||2.5
DYNAMIC PERFORMANCE
Slew Rate
Gain Bandwidth Product
Unity-Gain Crossover
Phase Margin
−3 dB Closed-Loop Bandwidth
1
Max
- 4/23 -
120
595
700
1000
V
V
V
V
V
V
V
V
mA
dB
dB
µA
µA
3.7
15.9
9.6
85
13.9
V/µs
MHz
MHz
Degrees
MHz
0.14
3.9
0.55
µV p-p
nV/√Hz
pA/√Hz
ADA4084-2
データシート
特に指定がない限り、VSY = ±15.0 V、VCM = 0 V、TA = 25°C。
表 4.
Parameter
INPUT CHARACTERISTICS
Offset Voltage1
Symbol
Conditions
Min
VOS
SOIC package
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
MSOP package
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
Offset Voltage Drift
Offset Voltage Matching
Input Bias Current
ΔVOS/ΔT
Typ
0.5
Channel A vs. Channel B, TA = 25°C
IB
140
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
Input Offset Current
IOS
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
Input Voltage Range
Common-Mode Rejection Ratio
CMRR
Large Signal Voltage Gain
AVO
VCM = ±14 V
VCM = ±15 V, −40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 2 kΩ, −13.5 V ≤ VO ≤ +13.5 V
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
−15
106
85
110
105
Input Impedance, Differential
Input Impedance, Common-Mode
OUTPUT CHARACTERISTICS
Output Voltage High
Output Voltage Low
Short Circuit Current
POWER SUPPLY
Power Supply Rejection Ratio
Supply Current/Amplifier
VOH
VOL
RL = 10 kΩ to VCM
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 2 kΩ to VCM
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 10 kΩ to VCM
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
RL = 2 kΩ to VCM
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
14.8
14.8
14.5
14.3
100
200
130
250
1.75
150
300
450
25
50
+15
μV
μV
μV
μV
μV/°C
μV
nA
nA
nA
nA
V
dB
dB
dB
dB
kΩ||pF
MΩ||pF
124
117
PSRR
ISY
NOISE PERFORMANCE
Voltage Noise
Voltage Noise Density
Current Noise Density
en p-p
en
in
14.9
14.6
−14.95
−14.9
ISC
SR
GBP
UGC
ΦM
−3 dB
−14.9
−14.8
−14.8
−14.7
±30
VSY = ±2 V to ±18 V
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
IO = 0 mA
−40°C ≤ TA ≤ +125°C
110
105
RL = 2 kΩ
VIN = 5 mV p-p, RL = 10 kΩ, AV = 100
VIN = 5 mV p-p, RL = 10 kΩ, AV = 1
2.4
AV = 1, VIN = 5 mV p-p
0.1 Hz to 10 Hz
f = 1 kHz
オフセット電圧にハンダ熱抵抗は含まれません。
Rev. A
Unit
100||1.1
200||2.5
DYNAMIC PERFORMANCE
Slew Rate
Gain Bandwidth Product
Unity-Gain Crossover
Phase Margin
−3 dB Closed-Loop Bandwidth
1
Max
- 5/23 -
120
625
750
1050
V
V
V
V
V
V
V
V
mA
dB
dB
µA
µA
4.6
15.9
9.9
86
13.9
V/µs
MHz
MHz
Degrees
MHz
0.1
3.9
0.55
µV p-p
nV/√Hz
pA/√Hz
ADA4084-2
データシート
絶対最大定格
表 5.
Parameter
Supply Voltage
Input Voltage
Differential Input Voltage1
Output Short-Circuit Duration to GND
Storage Temperature Range
Operating Temperature Range
Junction Temperature Range
Lead Temperature (Soldering 60 sec)
1
熱抵抗
Rating
±18 V
V− ≤ VIN ≤ V+
±0.6 V
Indefinite
−65°C to +150°C
−40°C to +125°C
−65°C to +150°C
300°C
θJA は、4 層の JEDEC 標準プリント回路ボード(PCB)にハンダ付
けしたデバイスに対して自然空冷で規定します。
表 6.熱抵抗
θJA
121
142
Package Type
8-Lead SOIC
8-Lead MSOP
0.6 V を超える入力差動電圧に対しては、入力電流を 5 mA 以下に制限して
入力デバイスの性能低下または破壊を防止する必要があります。
θJC
43
45
ESD の注意
ESD(静電放電)の影響を受けやすいデバイスで
す。電荷を帯びたデバイスや回路ボードは、検知さ
れないまま放電することがあります。本製品は当社
独自の特許技術である ESD 保護回路を内蔵してはい
ますが、デバイスが高エネルギーの静電放電を被っ
た場合、損傷を生じる可能性があります。したがっ
て、性能劣化や機能低下を防止するため、ESD に対
する適切な予防措置を講じることをお勧めします。
上記の絶対最大定格を超えるストレスを加えるとデバイスに恒
久的な損傷を与えることがあります。この規定はストレス定格
の規定のみを目的とするものであり、この仕様の動作のセクシ
ョンに記載する規定値以上でのデバイス動作を定めたものでは
ありません。デバイスを長時間絶対最大定格状態に置くとデバ
イスの信頼性に影響を与えます。
VCC
R4
R3
R6
Q24
D2
Q1
Q23
D1
Q2
MIRROR
D100
Q4
D101
FOLDED
CASCADE
Q3
VOUT
R7 C2
Q13
D5
VBIAS
D4
R5
Q18
C1
R2
Q21
D20
図 2.簡略化した回路図
Rev. A
- 6/23 -
VEE
08237-002
Q19
R1
Unit
°C/W
°C/W
ADA4084-2
データシート
代表的な性能特性
特に指定のない限り、TA = 25 °C。
±1.5 V 特性
500
120
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
RL = ∞
400
80
60
40
300
200
100
0
–100
–200
–300
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
RL = ∞
20
–400
–500
–75
–50
–25
0
50
25
75
100
VOS (µV)
08237-003
0
–100
0
COMMON-MODE VOLTAGE (V)
図 6.同相モード電圧対入力オフセット電圧
図 3.入力オフセット電圧分布、SOIC
–50
50
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
RL = ∞
45
40
IB+
–100
35
INPUT BIAS (nA)
30
25
20
15
–150
IB–
–200
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
VCM = 0V
RL = ∞
10
5
–75
–50
–25
0
25
50
75
100
VOS (µV)
–250
–40
08237-004
0
–100
–25
–10
5
20
35
50
65
80
95
110
125
TEMPERATURE (°C)
08237-007
NUMBER OF AMPLIFIERS
0.25 0.50 0.75 1.00 1.25 1.50 1.75 2.00 2.25 2.50 2.75 3.00
08237-006
INPUT OFFSET VOLTAGE (µV)
NUMBER OF AMPLIFIERS
100
図 7.入力バイアス電流の温度特性
図 4.入力オフセット電圧分布、MSOP
600
60
400
INPUT BIAS (nA)
40
30
TA = +125°C
0
TA = +85°C
–200
TA = +25°C
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
RL = ∞
–40° ≤ TA ≤ +125°C
0
0
0.2
0.4
0.6
0.8
1.0
1.2
1.4
TCVOS (µV/°C)
1.6
1.8
–400
TA = –40°C
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
2.0
–600
–1.5
–1.0
–0.5
0
0.5
1.0
VCM (V)
図 5.TCVOS 分布、SOIC
図 8.VCM および温度対入力バイアス電流
- 7/23 -
1.5
08237-008
10
Rev. A
200
20
08237-005
NUMBER OF AMPLIFIERS
50
ADA4084-2
データシート
60
1000
40
AV = +100
30
GAIN (dB)
100
VDO (mV)
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
50
20
AV = +10
10
(V+) –VOH
0
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
0.01
0.1
1
–10
–20
10
08237-009
1
0.001
10
LOAD CURRENT (mA)
AV = +1
100
1k
10k
100k
1M
10M
100M
FREQUENCY (Hz)
図 9.ソース電流対ドロップアウト電圧
08237-012
10
図 12.クローズド・ループ・ゲインの周波数特性
1000
1000
AV = +10
100
ZOUT (Ω)
10
10
1
0.1
1
10
LOAD CURRENT (mA)
0.01
10
140
225
120
180
100
60
135
40
90
20
45
0
0
1
10
100
1k
10k
100k
1M
10M
100M
–90
100k
FREQUENCY (kHz)
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
80
60
PSRR–
20
–45
–20
10k
40
PSRR+
0
–20
10
08237-011
GAIN (dB)
80
270
PSRR (dB)
100
1k
図 13.出力インピーダンスの周波数特性
PHASE (Degrees)
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
RL = 10kΩ
100
FREQUENCY (Hz)
図 10.シンク電流対ドロップアウト電圧
120
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
08237-013
0.01
0.10
08237-010
1
0.001
100
1k
10k
100k
1M
FREQUENCY (Hz)
図 11.オープン・ループ・ゲインおよび位相の周波数特性
Rev. A
AV = +1
VOL – (V–)
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
–40
0.1
AV = +100
図 14.PSRR の周波数特性
- 8/23 -
10M
100M
08237-014
VDO (mV)
100
ADA4084-2
データシート
2
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
100
INPUT
0
90
0.06
0.04
–2
VOLTAGE (V)
CMRR (dB)
0.08
80
70
60
0.02
–4
OUTPUT
–6
VOLTAGE (V)
120
110
0
50
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
–8
30
1k
100
10k
100k
1M
10M
–10
–1
08237-015
20
10
100M
FREQUENCY (Hz)
–0.04
0
4
5
6
7
8
9
10
0.5
0
–0.5
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
RL = 2kΩ
CL = 100pF
–1.5
0
2
4
6
8
10
12
14
16
18
TIME (µs)
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
1
08237-016
–1.0
4
1
10
100
1k
10k
FREQUENCY (Hz)
図 16.大信号過渡応答
100k
08237-019
VOLTAGE NOISE DENSITY (nV/√Hz)
1.0
図 19.電圧ノイズ密度
80
60
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
VIN = 100mV p-p
RL = 2kΩ
TA = 25°C
60
50
OVERSHOOT (%)
40
20
0
–20
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
RL = 2kΩ
CL = 100pF
–60
–80
0
2
4
6
8
10
40
30
20
OS–
10
12
TIME (µs)
14
16
18
0
08237-017
–40
OS+
1
10
100
CAPACITANCE (pF)
図 17.小信号過渡応答
図 20.容量対オーバーシュート
- 9/23 -
1000
08237-020
VOLTAGE (V)
3
2
図 18.セトリング・タイム
1.5
VOLTAGE (mV)
1
TIME (µs)
図 15.CMRR の周波数特性
Rev. A
–0.02
08237-018
40
ADA4084-2
データシート
80
0.01
60
THD + N (%)
20
0
–20
0.001
ADA4084-2
RL = 2kΩ
VIN = 0.4VRMS
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
500kHz FILTER
–40
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
–80
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
TIME (Seconds)
0.0001
10
08237-021
–60
100
図 21.電圧ノイズ、0.1 Hz~10 Hz
10k
100k
図 24.THD + N の周波数特性
0
2.0
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
VIN = 1V p-p
–20
–40
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
1.5
1.0
VOLTAGE (V)
–60
–80
–100
0.5
OUTPUT
0
–0.5
–1.0
–140
–1.5
–160
100
1k
10k
100k
FREQUENCY (Hz)
–2.0
0
THD + N (%)
0.1
0.01
0.1
1
08237-023
ADA4084-2
VSY = ±1.5V
TA = 25°C
f = 1kHz
AMPLITUDE (VRMS)
図 23.振幅対 THD + N
Rev. A
300
400
500
600
700
図 25.位相反転なし
1
0.01
200
TIME (µs)
図 22.チャンネル・セパレーション
0.001
0.001
100
- 10/23 -
800
900
1000
08237-025
INPUT
–120
08237-022
CHANNEL SEPARATION (dB)
1k
FREQUENCY (Hz)
08237-024
VOLTAGE NOISE (nV)
40
ADA4084-2
データシート
±5 V 特性
600
120
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
RL = ∞
500
400
80
60
40
300
200
100
0
–100
–200
–300
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
RL = ∞
–400
20
–500
–75
–50
–25
0
25
50
75
100
VOS (µV)
–600
–5
08237-026
0
–100
–3
–2
–1
0
1
2
3
4
5
COMMON-MODE VOLTAGE (V)
図 29.同相モード電圧対入力オフセット電圧
図 26.入力オフセット電圧分布、SOIC
–50
60
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
RL = ∞
–100
40
30
IB+
–150
IB–
20
–200
ADA4084-2
VSY = ±5V
VCM = 0V
RL = ∞
10
–75
–50
–25
0
25
50
75
100
VOS (µV)
–250
–40
08237-027
0
–100
–25
–10
5
20
35
50
65
80
95
110
125
TEMPERATURE (°C)
08237-030
INPUT BIAS (nA)
50
NUMBER OF AMPLIFIERS
–4
08237-029
INPUT OFFSET VOLTAGE (µV)
NUMBER OF AMPLIFIERS
100
図 30.入力バイアス電流の温度特性
図 27.入力オフセット電圧分布、 MSOP
800
45
600
40
400
30
25
20
TA = +85°C
TA = +125°C
0
–200
TA = +25°C
15
–400
ADA4084-2
VSY = ±5V
RL = ∞
–40° ≤ TA ≤ +125°C
10
5
0
0.2
0.4
0.6
0.8
1.0
1.2
1.4
TCVOS (µV/°C)
1.6
1.8
2.0
–800
–5
TA = –40°C
ADA4084-2
VSY = ±5V
–600
0
–4
–3
–2
–1
0
1
2
3
4
VCM (V)
図 31.VCM および温度対入力バイアス電流
図 28.TCVOS の分布
Rev. A
200
- 11/23 -
5
08237-031
INPUT BIAS (nA)
35
08237-028
NUMBER OF AMPLIFIERS
50
ADA4084-2
データシート
60
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
1000
50
40
30
100
GAIN (dB)
VDO (mV)
AV = +100
20
AV = +10
10
(V+) –VOH
0
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
0.01
0.1
1
–10
–20
10
08237-032
1
0.001
AV = +1
10
LOAD CURRENT (mA)
100
1k
10k
100k
1M
10M
100M
FREQUENCY (Hz)
図 32.ソース電流対ドロップアウト電圧
08237-035
10
図 35.クローズド・ループ・ゲインの周波数特性
1000
1000
100
ZOUT (Ω)
10
10
AV = +1
AV = +100
1
VOL – (V–)
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
0.01
0.1
1
08237-033
1
0.001
0.10
10
LOAD CURRENT (mA)
0.01
10
100
80
1k
10k
100k
1M
10M
100M
図 36.出力インピーダンスの周波数特性
270
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
RL = 10kΩ
100
FREQUENCY (Hz)
図 33.シンク電流対ドロップアウト電圧
120
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
08237-036
VDO (mV)
100
AV = +10
140
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
225
120
180
40
90
20
45
0
0
PSRR (dB)
135
PHASE (Degrees)
GAIN (dB)
100
60
80
60
PSRR–
40
20
PSRR+
–45
–20
10
100
1k
10k
FREQUENCY (kHz)
–20
10
100
1k
10k
100k
1M
FREQUENCY (Hz)
図 34.オープン・ループ・ゲインおよび位相の周波数特性
Rev. A
図 37.PSRR の周波数特性
- 12/23 -
10M
100M
08237-037
1
–90
100k
08237-034
0
–40
0.1
ADA4084-2
データシート
120
10
0.16
5
0.12
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
110
100
INPUT
70
60
50
0.04
–5
OUTPUT
0
–10
–15
–0.04
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
40
–20
30
1k
100
10k
100k
1M
100M
10M
–25
–2
08237-038
20
10
FREQUENCY (Hz)
VOLTAGE (V)
80
–0.08
–0.12
0
4
2
6
8
10
12
14
16
08237-041
VOLTAGE (V)
CMRR (dB)
0.08
0
90
18
TIME (µs)
図 41.セトリング・タイム
図 38.CMRR の周波数特性
10
5
3
1
0
–1
–2
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
RL = 2kΩ
CL = 100pF
–3
–4
–5
0
2
4
6
8
10
12
14
16
18
TIME (µs)
4
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
1
08237-039
1
1k
10k
100k
図 42.電圧ノイズ密度
80
60
ADA4084-2
VSY = ±5V
VIN = 100mV p-p
RL = 2kΩ
TA = 25°C
60
50
OVERSHOOT (%)
40
20
0
–20
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
RL = 2kΩ
CL = 100pF
–40
–60
–80
0
1
2
3
4
5
OS+
40
30
20
OS–
10
6
7
TIME (µs)
8
9
10
0
08237-040
VOLTAGE (mV)
100
FREQUENCY (Hz)
図 39.大信号過渡応答
1
10
100
1000
CAPACITANCE (pF)
図 40.小信号過渡応答
Rev. A
10
図 43.負荷容量対オーバーシュート
- 13/23 -
08237-043
VOLTAGE (V)
2
08237-042
VOLTAGE NOISE DENSITY (nV/√Hz)
4
ADA4084-2
データシート
80
1
60
0.1
THD + N (%)
20
0
–20
–40
0.01
0.001
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
–80
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
TIME (Seconds)
0.0001
10
08237-044
–60
100
図 44.電圧ノイズ、0.1 Hz~10 Hz
10k
100k
図 47.THD + N の周波数特性
0
6
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
VIN = 5V p-p
–20
–40
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
4
2
–60
VOLTAGE (V)
–80
–100
0
OUTPUT
–2
INPUT
–120
–4
–140
1k
10k
100k
FREQUENCY (Hz)
–6
08237-045
–160
100
0
THD + N (%)
0.1
0.01
0.1
AMPLITUDE (VRMS)
1
08237-046
ADA4084-2
VSY = ±5V
TA = 25°C
f = 1kHz
0.01
図 46.振幅対 THD + N
Rev. A
300
400
500
600
700
図 48.位相反転なし
1
0.0001
0.001
200
TIME (µs)
図 45.チャンネル・セパレーション
0.001
100
- 14/23 -
800
900
1000
08237-048
CHANNEL SEPARATION (dB)
1k
FREQUENCY (Hz)
08237-047
VOLTAGE NOISE (nV)
40
ADA4084-2
RL = 2kΩ
VIN = 2.0VRMS
VSY = ±5V
TA = 25°C
500kHz FILTER
ADA4084-2
データシート
±15 V 特性
600
100
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
RL = ∞
400
70
60
50
40
30
20
300
200
100
0
–100
–200
–300
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
RL = ∞
–400
10
–500
–75
–50
–25
0
25
50
75
100
VOS (µV)
–600
–15
08237-049
0
–100
–10
0
–5
5
10
15
COMMON-MODE VOLTAGE (V)
図 49.入力オフセット電圧分布、SOIC
08237-052
NUMBER OF AMPLIFIERS
80
INPUT OFFSET VOLTAGE (µV)
90
500
図 52.同相モード電圧対入力オフセット電圧
60
50
IB+
–100
40
30
20
–150
IB–
–200
ADA4084-2
VSY = ±15V
VCM = 0V
RL = ∞
0
–100
–75
–50
–25
0
25
50
75
100
VOS (µV)
08237-050
10
–250
–40
5
20
35
50
65
80
95
110
125
図 53.入力バイアス電流の温度特性
60
1200
50
800
30
20
ADA4084-2
VSY = ±15V
RL = ∞
–40° ≤ TA ≤ +125°C
10
0.2
0.4
0.6
0.8
1.0
1.2
1.4
TCVOS (µV/°C)
1.6
1.8
TA = +125°C
TA = +85°C
0
TA = +25°C
–400
–800
0
0
400
2.0
–1200
–15
TA = –40°C
ADA4084-2
VSY = ±15V
–10
–5
0
5
10
VCM (V)
図 51.TCVOS の分布
図 54.VCM および温度対入力バイアス電流
- 15/23 -
15
08237-054
INPUT BIAS (nA)
40
08237-051
NUMBER OF AMPLIFIERS
–10
TEMPERATURE (°C)
図 50.入力オフセット電圧分布、MSOP
Rev. A
–25
08237-053
INPUT BIAS (nA)
NUMBER OF AMPLIFIERS
–50
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
RL = ∞
ADA4084-2
データシート
60
10000
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
50
40
1000
AV = +100
GAIN (dB)
VDO (mV)
30
100
20
AV = +10
10
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
1
0.001
0.01
0.1
1
0
AV = +1
–10
–20
10
08237-055
10
10
LOAD CURRENT (mA)
100
1k
10k
100k
1M
10M
100M
FREQUENCY (Hz)
図 55.ソース電流対ドロップアウト電圧
08237-058
(V+) –VOH
図 58.クローズド・ループ・ゲインの周波数特性
1000
10000
100
AV = +10
ZOUT (Ω)
100
0.01
0.1
1
1
AV = +1
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
0.1
08237-056
1
0.001
AV = +100
10
LOAD CURRENT (mA)
0.01
10
180
135
40
90
20
45
0
0
–40
100
10k
100k
1M
10M
–90
100M
FREQUENCY (Hz)
100M
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
80
60
PSRR–
20
PSRR+
0
–20
10
100
1k
10k
100k
1M
FREQUENCY (Hz)
図 57.オープン・ループ・ゲインおよび位相の周波数特性
Rev. A
10M
40
–45
1k
1M
100
PSRR (dB)
60
–20
100k
120
08237-057
GAIN (dB)
80
10k
140
225
PHASE (Degrees)
100
1k
図 59.出力インピーダンスの周波数特性
270
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
RL = 10kΩ
100
FREQUENCY (Hz)
図 56.シンク電流対ドロップアウト電圧
120
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
08237-059
VOL – (V–)
10
10
図 60.PSRR の周波数特性
- 16/23 -
10M
100M
08237-060
VDO (mV)
1000
ADA4084-2
データシート
10
120
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
INPUT
0.10
0
VOLTAGE (V)
90
80
70
60
50
0.05
–5
OUTPUT
0
–10
–15
–0.05
40
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
–20
30
1k
100
10k
100k
1M
100M
10M
–25
–2
08237-061
20
10
FREQUENCY (Hz)
–0.15
0
8
10
12
14
16
18
10
5
0
–5
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
RL = 2kΩ
CL = 100pF
–15
0
4
8
12
16
20
24
28
32
36
TIME (µs)
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
1
08237-062
–10
4
1
70
60
60
40
ADA4084-2
VSY = ±15V
VIN = 100mV p-p
RL = 2kΩ
TA = 25°C
OVERSHOOT (%)
50
20
0
–20
3
4
5
6
7
TIME (µs)
8
9
10
OS+
30
OS–
0
08237-063
2
100k
10
–80
1
10k
40
20
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
RL = 2kΩ
CL = 100pF
0
1k
図 65.電圧ノイズ密度
80
–60
100
FREQUENCY (Hz)
図 62.大信号過渡応答
–40
10
08237-065
VOLTAGE NOISE DENSITY (nV/√Hz)
10
VOLTAGE (V)
6
図 64.セトリング・タイム
15
VOLTAGE (mV)
4
2
TIME (µs)
図 61.CMRR の周波数特性
1
10
100
1000
CAPACITANCE (pF)
図 66.負荷容量対オーバーシュート
図 63.小信号過渡応答
Rev. A
–0.10
- 17/23 -
08237-066
CMRR (dB)
0.15
5
VOLTAGE (V)
100
0.20
08237-064
110
ADA4084-2
データシート
1
60
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
500kHz FILTER
40
VOLTAGE NOISE (nV)
0.1
THD + N (%)
20
0
0.01
–20
0.001
0
2
4
6
8
10
TIME (Seconds)
0.0001
10
08237-067
–60
100
10k
100k
FREQUENCY (Hz)
図 67.電圧ノイズ、0.1 Hz~10 Hz
図 70.THD + N の周波数特性
0
20
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
VIN = 10V p-p
–20
–40
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
15
10
–60
VOLTAGE (V)
–80
–100
–120
OUTPUT
–5
INPUT
–15
–160
1k
10k
100k
FREQUENCY (Hz)
–20
08237-068
–180
100
0
0.1
0.01
0.001
0.1
1
AMPLITUDE (VRMS)
10
08237-069
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
f = 1kHz
0.01
200
300
400
500
600
700
図 71.位相反転なし
1
0.0001
0.001
100
TIME (µs)
図 68.チャンネル・セパレーション
THD + N (%)
0
–10
–140
図 69.振幅対 THD + N
Rev. A
5
- 18/23 -
800
900
1000
08237-071
CHANNEL SEPARATION (dB)
1k
08237-070
ADA4084-2
VSY = ±15V
TA = 25°C
–40
ADA4084-2
データシート
同等な電圧のグラフと可変電圧のグラフ
1000
900
+125°C
+85°C
700
+25°C
600
–40°C
500
400
300
200
ADA4084-2
TA = 25°C
RL = ∞
100
0
0
4
8
12
16
20
24
VSY (V)
28
32
36
08237-072
ISY/AMPLIFIER (µA)
800
図 72.電源電圧対電源電流
Rev. A
- 19/23 -
ADA4084-2
データシート
アプリケーション情報
機能説明
ADA4084-2 は高精度、単電源のレール to レール・オペアンプで
す。ADA4084-2 はポータブル計装機器を対象に、高精度特性、
広帯域幅、低ノイズの組み合わせを提供するため、AC 性能と
高精度 DC 性能を必要とする単電源アプリケーションに対する
最適な選択肢になっています。ADA4084-2 が適するその他の低
電源電圧アプリケーションとしては、アクティブ・フィルタ、
オーディオ・マイクロフォン・プリアンプ、電源制御、通信な
どがあります。これらのすべての特性とレール to レール入力/出
力動作を組み合わせるため、新しい回路デザイン技術が使用され
ています。
レール to レール出力を実現するため、ADA4084-2 の出力ステー
ジ・デザインでは電流のソースとシンクに独自の回路を採用して
います。図 74 に、この回路を示します。出力ステージは、2 段
目ゲイン・ステージから電圧駆動されます。出力ステージを通
過する信号パスは反転しています。すなわち、正入力信号に対
して Q13 が Q19 へベース駆動電流を供給して電流(シンク)を流し
ます。負入力信号に対しては、Q18 → ミラー → Q24 の信号パ
スが Q23 にベース駆動電流を供給して電流(ソース) を流します。
両トランジスタは、サチレーションするまで出力電流を供給し
ます。
VCC
R6
R4
R3
D2
Q1
Q24
MIRROR
D1
Q2
Q23
D100
VOUT
Q4
D101
Q3
R7 C2
Q13
VBIAS
D5
D4
R5
Q18
C1
Q21
R2
D20
08237-073
R1
VEE
08237-074
Q19
図 74.ADA4084-2 の等価出力回路
図 73.ADA4084-2 の等価入力回路
例として、図 73 に ADA4084-2 入力ステージの簡略化した等価
回路を示します。これは、PNP 差動対 Q1 と Q2、および NPN
差動対 Q3 と Q4 から構成されており、同時に動作します。ダイ
オード D100 とダイオード D101 は、ADA4084-2 への差動入力電
圧をクランプするため、エミッタ―ベース間ジャンクションの
ツェナー・ブレークダウンから入力トランジスタを保護します。
入力ステージの電圧ゲインは、入力のレール to レール動作のた
めに低く維持されています。2 対の差動出力電圧は、改良型二
重化カスケード接続ゲイン・ステージである ADA4084-2 の 2 段
目ステージに接続されています。これは 2 段目ゲイン・ステー
ジ内でもあり、ここで 2 対の差動出力電圧がシングルエンド出
力信号電圧へ変換されて、出力ステージの駆動に使用されます。
したがって、出力トランジスタのサチレーション電圧によって
ADA4084-2 の最大出力電圧振幅が制限されます。出力短絡電流
制限値は、2 段目ゲイン・ステージから Q13 のベースへ流れる
最大信号電流により決定されます。また、出力ステージも電圧
ゲインを持っています。これは共通エミッタ・アンプの使用に
より実現されているため、出力ステージの電圧ゲイン(したがっ
てデバイスのオープン・ループ・ゲイン )は ADA4084-2 出力の
合計負荷抵抗に依存します。
入力ステージでの重要な問題は、入力同相モード電圧範囲での
入力バイアス電流の動作です。ADA4084-2 の入力バイアス電流
は、Q1 と Q4 および Q2 と Q3 のベース電流の和になります。こ
のデザイン手法の結果として、ADA4084-2 の入力バイアス電流
は異なる振幅だけでなく、異なる極性も持っています。この影
響は、図 7、図 8、図 30、図 31、図 53、図 54 から知ることが
できます。したがって、ADA4084-2 入力に接続される実効ソー
ス・インピーダンスが一致していることが、最適な DC 性能と
AC 性能にとって重要です。
Rev. A
- 20/23 -
ADA4084-2
データシート
入力保護
出力位相の反転
すべての半導体デバイスと同様に、デバイスに加えられる入力
電圧がいずれかの電源電圧を超えることがある場合、デバイスの
入力過電圧 I/V 特性を考慮する必要があります。 過電圧が発生
すると、加えられた電圧の大きさと故障電流の大きさに応じて、
アンプが損傷を受けることがあります。
単電源動作のオペアンプ・デザインによっては、有効同相モード
範囲を超えて入力を駆動すると、出力電圧位相反転を示す場合
があります。 一般に、単電源バイポーラ・オペアンプでは、負
電源により同相モード範囲の下限が決定されます。これらのデバ
イスでは、アノードをグラウンドへ接続し、かつカソードを入
力へ接続した外付けクランプ・ダイオードにより、入力信号が
デバイス負電源(すなわち GND)を超えるのを防止して、出力電
圧で位相変化が生ずる条件が発生しないようにします。JFET 入
力アンプでも位相反転が生じるため、この場合にはこれを防止
するため直列入力抵抗が必要です。
この入力電流は、5 mA 以下に制限する場合、本来デバイスに損
傷を与えるものではありません。故障状態により 5 mA 以上流
れる場合には、熱ノイズが増えてしまいますが、外付け直列抵
抗を追加する必要があります。 図 75 に、過電圧保護アンプの
代表的な非反転構成を示します。ここで、直列抵抗 RS は次式を
使って選択します。
RS =
VIN ( MAX ) − VSUPPLY
5 mA
例えば、 1 kΩ の抵抗では電源の上下 5 V までの入力信号に対し
て ADA4084-2 を保護します。
室温での 1 kΩ 抵抗の熱ノイズは 4 nV/√Hz であり、この値は
ADA4084-2 の電圧ノイズより大きいことに注意してください。
両入力を使用する他の構成では、直列抵抗を使用して各入力を
誤用から保護する必要があります。ここでも、最適な DC 性能
と AC 性能を保証するため、ソース・インピーダンス・レベル
を一致させることが推奨されます。
R2
1/2
R1
VIN
VOUT
08237-075
ADA4084-2
図 75.直列入力抵抗により過電圧電流を安全な値に制限
ADA4084-2 には、電源電圧を超える入力電圧を加えないかぎり、
入力電圧範囲に制約はありません。デバイス出力での位相反転は
ありませんが、入力保護ダイオードに大きな電流が流れます。
このため、電源電圧を超える入力電圧が生ずる可能性が高いア
プリケーション対しては、入力保護 のセクションで推奨した技
術を使う必要があります。
単電源アプリケーションでの低ノイズ回路のデ
ザイン
単電源アプリケーションでは、 ADA4084-2 のようなデバイスの
レール to レール動作を使用することにより、アプリケーション
のダイナミックレンジを広げます。図 76 に示すオペアンプ・ノ
イズ・モデル回路構成では、ソース抵抗レベル RS に対する合計
等価入力ノイズ電圧は、次式で表されます。
enT = 2 [(enR ) 2 + (i nOA ×
V
Hz
ここで、
RS = 2R、実効または等価な回路ソース抵抗。
(enR)2 はソース抵抗の熱電圧ノイズ電力 (4kTR)。
k はボルツマン定数で 1.38 × 10–23 J/K。
T は回路の周囲温度(K)で 273.15 + TA (°C)。
(inOA)2 はオペアンプの等価入力ノイズ電流スペクトル電力 (1 Hz
帯域幅)。
(enOA)2 はオペアンプの等価入力ノイズ電圧スペクトル電力 (1 Hz
帯域幅)。
エミッタ―ベース間ジャンクションのツェナー・ブレークダウン
を生じさせる大きな差動電圧から Q1-Q2 と Q3-Q4 を保護するた
め、D100 と D101 を 2 つの入力の間に接続します。これには、
コンパレータとしての動作が含まれます。詳細については、
http://www.analog.com/jp から提供する MT-035 チュートリアル
「Op Amp Inputs, Outputs, Single-Supply, and Rail-to-Rail Issues」、
MT-083 チュートリアル「Comparators」、MT-084 チュートリア
ル「Using Op Amps As Comparators」、AN-849 アプリケーショ
ン・ノート「オペアンプのコンパレータとしての使用」(和文
Rev.0 / 最新版は英文をご覧ください)を参照してください。
Rev. A
RS)2 ] + (enOA )2 、単位は
- 21/23 -
R
enR
NOISELESS
R
NOISELESS
enOA
inOA
enR
inOA
IDEAL
NOISELESS
OP AMP
RS = 2R
08237-076
入力同相モード電圧がいずれかの電源ピンをダイオード電圧降
下だけ上回ると、ダイオード D1、D2、D4、D5 が導通します。
この電圧は温度により変化し、範囲は 0.3 V~0.8 V になります。
図 73 の簡略化した等価回路に示すように、ADA4084-2 は内部電
流制限抵抗を持っていないため、故障電流は急速に損傷レベル
まで増加します。
図 76.回路の総合等価入力ノイズ電圧とノイズ係数を求めるた
めに使用するオペアンプ・ノイズ回路モデル
ADA4084-2
データシート
デザインの一助として、図 77 に ADA4084-2 の総合等価入力ノ
イズと抵抗の総合熱ノイズとの比較を示します。1 kΩ 以下のソ
ース抵抗では、ADA4084-2 の等価入力ノイズ電圧が支配的であ
ることに注意してください。
100
EQUIVALENT THERMAL NOISE (nV/ Hz)
FREQUENCY = 1kHz
TA = 25°C
ADA4084-2 TOTAL
EQUIVALENT NOISE
10
1
100
08237-077
RESISTOR THERMAL
NOISE ONLY
1k
10k
コンパレータ動作
オペアンプはコンパレータとかなり異なりますが、デュアルま
たはクワッドのオペアンプの未使用部分をコンパレータとして
使用することがありますが、これはレール to レール出力のオペ
アンプの場合推奨できません。レール to レール出力のオペアン
プの場合、一般に出力ステージはバイポーラ・トランジスタま
たは MOSFET トランジスタに対して比例電流ミラーになってい
ます。デバイスをオープン・ループで動作させる場合、2 ステ
ージ目は電流駆動を比例ミラーまで増やしてループを閉じようと
しますが、これを閉じることができないため、電源電流が増え
ます。オペアンプをコンパレータとして構成すると、電源電流
は非常に大きくなることがあります (図 76 参照)。未使用セクシ
ョンを電圧フォロワとして構成し、入力電圧範囲内で非反転入
力を電圧に接続することが推奨されます。ADA4084-2 では、オ
ペアンプをオープン・ループで動作させる際に余分な電源電流
を大幅に削減する 2 段目ステージと出力ステージの独自なデザ
インを採用しています。
100k
800
TOTAL SOURCE RESISTANCE, RS (Ω)
COMPARATOR
OUTPUT LOW
700
ノイズ係数は、一般に 50 Ω システムの RF とマイクロ波の回路
解析で使用されています。これは、入力と出力のインピーダン
スが大きく変化するオペアンプ回路では有効な方法ではありま
せん。ノイズ係数の詳細については、http://www.analog.com/jp
から提供する MT-052 チュートリアル「Op Amp Noise Figure:
Don’t be Mislead」を参照してください。
回路の SNR を大きくするためにアプリケーションの信号レベル
を大きくする方法は、低電圧の単電源アプリケーションでは採
用できません。
したがって、単電源アプリケーションで最適な回路 SNR を実現
するためには、等価入力ノイズ電圧が小さく、かつ総合回路ノ
イズを小さくすることに矛盾しない小さいソース抵抗レベルを
持つオペアンプを選択することが推奨されます。
Rev. A
- 22/23 -
600
BUFFER
COMPARATOR
OUTPUT HIGH
500
400
300
200
ADA4084-2
TA = 25°C
RL = ∞
100
0
0
4
8
12
16
20
24
VSY (V)
図 78.電源電圧対電源電流
28
32
36
08237-078
回路の SNR は最終解析でクリティカル・パラメータであるため、
回路のノイズをノイズ係数 NF で表すことがあります。ノイズ
係数は、回路入力の信号対ノイズ比に対する回路出力の信号対
ノイズ比の比として定義されます。
SUPPLY CURRENT (µA)
図 77.総合ソース抵抗対 ADA4084-2 の等価熱ノイズ
ADA4084-2
データシート
外形寸法
3.20
3.00
2.80
8
3.20
3.00
2.80
5.15
4.90
4.65
5
1
4
PIN 1
IDENTIFIER
0.65 BSC
0.95
0.85
0.75
15° MAX
1.10 MAX
6°
0°
0.40
0.25
0.80
0.55
0.40
0.23
0.09
10-07-2009-B
0.15
0.05
COPLANARITY
0.10
COMPLIANT TO JEDEC STANDARDS MO-187-AA
図 79.8 ピン・ミニ・スモール・アウトライン・パッケージ[MSOP]
(RM-8)
寸法: mm
5.00 (0.1968)
4.80 (0.1890)
1
5
4
1.27 (0.0500)
BSC
0.25 (0.0098)
0.10 (0.0040)
COPLANARITY
0.10
SEATING
PLANE
6.20 (0.2441)
5.80 (0.2284)
1.75 (0.0688)
1.35 (0.0532)
0.51 (0.0201)
0.31 (0.0122)
0.50 (0.0196)
0.25 (0.0099)
45°
8°
0°
0.25 (0.0098)
0.17 (0.0067)
1.27 (0.0500)
0.40 (0.0157)
COMPLIANT TO JEDEC STANDARDS MS-012-AA
CONTROLLING DIMENSIONS ARE IN MILLIMETERS; INCH DIMENSIONS
(IN PARENTHESES) ARE ROUNDED-OFF MILLIMETER EQUIVALENTS FOR
REFERENCE ONLY AND ARE NOT APPROPRIATE FOR USE IN DESIGN.
012407-A
8
4.00 (0.1574)
3.80 (0.1497)
図 80.8 ピン標準スモール・アウトライン・パッケージ[SOIC_N]
ナロー・ボディ
(R-8)
寸法: mm (インチ)
オーダー・ガイド
Model1
ADA4084-2ARMZ
ADA4084-2ARMZ-R7
ADA4084-2ARMZ-RL
ADA4084-2ARZ
ADA4084-2ARZ-R7
ADA4084-2ARZ-RL
1
Temperature Range
−40°C to +125°C
−40°C to +125°C
−40°C to +125°C
−40°C to +125°C
−40°C to +125°C
−40°C to +125°C
Package Description
8-Lead Mini Small Outline Package [MSOP]
8-Lead Mini Small Outline Package [MSOP]
8-Lead Mini Small Outline Package [MSOP]
8-Lead Standard Small Outline Package [SOIC_N]
8-Lead Standard Small Outline Package [SOIC_N]
8-Lead Standard Small Outline Package [SOIC_N]
Z = RoHS 準拠製品
Rev. A
- 23/23 -
Package Option
RM-8
RM-8
RM-8
R-8
R-8
R-8
Branding
A2Q
A2Q
A2Q
Similar pages