CLM301_installationGuide.pdf

コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements
Composer, Rational Quality Manager3.0.1
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
導入ガイド
-1-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
目次
1
はじめに ................................................................................................................................. 6
2
作業の流れ ............................................................................................................................. 9
3
関連情報 ................................................................................................................................. 9
4
用語、略語 ........................................................................................................................... 10
5
インストール........................................................................................................................ 11
5.1
モジュールのダウンロード .....................................................................................................11
5.1.1
Jazz.net へのユーザー登録..............................................................................................11
5.1.2
ダウンロード ...................................................................................................................11
5.1.3
zip ファイルの解凍 ......................................................................................................... 13
5.2
インストール.......................................................................................................................... 14
5.2.1
IBM Installation Manager の起動 .................................................................................... 14
5.2.2
インストール・リポジトリーの追加 .............................................................................. 14
5.2.3
インストールするパッケージの選択 .............................................................................. 16
5.2.4
使用許諾契約への同意.................................................................................................... 17
5.2.5
共有リソース・ディレクトリーの作成 .......................................................................... 17
5.2.6
パッケージ・グループの作成 ......................................................................................... 18
5.2.7
言語の選択...................................................................................................................... 18
5.2.8
インストールするフィーチャーの選択 .......................................................................... 19
5.2.9
コンテキスト・ルートの選択 ......................................................................................... 19
5.2.10
要約画面の確認とインストール ..................................................................................... 20
5.2.11
インストールの完了 ....................................................................................................... 20
5.3
起動確認 ................................................................................................................................. 21
5.3.1
6
起動前の確認 .................................................................................................................. 21
セットアップ........................................................................................................................ 23
6.1
JTS サーバーおよびアプリケーションの起動 ....................................................................... 23
6.2
セットアップ.......................................................................................................................... 23
6.2.1
セットアップ画面へのログイン ..................................................................................... 23
6.2.2
パブリック URI の構成 ................................................................................................... 26
6.2.3
Jazz Team Server 領域のデータベースの構成............................................................... 27
6.2.4
メール通知の使用可否の選択 ......................................................................................... 27
6.2.5
アプリケーションの登録 ................................................................................................ 28
6.2.6
ユーザー・レジストリーのセットアップ....................................................................... 29
6.2.7
Jazz Team Server 領域のデータウェアハウスの構成.................................................... 32
6.2.8
QM 領域のデータベース構成 ......................................................................................... 34
6.2.9
QM 領域のデータウェアハウス構成............................................................................... 34
6.2.10
QM 領域のファイナライズ ............................................................................................. 35
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-2-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
7
8
6.2.11
CCM 領域のデータベースの構成 ................................................................................... 36
6.2.12
CCM 領域のデータウェアハウスの構成 ........................................................................ 36
6.2.13
CCM 領域のファイナライズ処理 ................................................................................... 36
6.2.14
RM 領域のファイナライズ処理 ...................................................................................... 36
6.2.15
ライフサイクル・プロジェクト管理アプリケーションのファイナライズ処理............. 37
6.2.16
セットアップの完了 ....................................................................................................... 38
サンプル・プロジェクトの作成........................................................................................... 39
7.1
ライフサイクル・プロジェクト管理ページにログイン......................................................... 39
7.2
サンプル・プロジェクトの作成............................................................................................. 39
7.3
作成されたプロジェクトの確認............................................................................................. 41
(補足)Hints & Tips............................................................................................................ 44
8.1
Setup 画面が表示されないときは.......................................................................................... 44
8.2
サンプル・プロジェクトの作成ボタンが押せないときは ..................................................... 46
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-3-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
改訂履歴
日付
バージョン
内容
2011/7/6
第1版
初版
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-4-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
・ この資料に含まれる情報は可能な限り正確を期しておりますが、日本アイ・ビー・エム株式会社
ならびに日本アイ・ビー・エム システムズ・エンジニアリング株式会社の正式なレビューを受
けておりません。当資料をもって製品の仕様を保証するものではない事をご了承ください。
・ 当ガイドは 2011 年 7 月時点の最新バージョンである Rational solution for Collaborative Lifecycle
Management および Rational Team Concert 3.0.1、Rational Quality Manager 3.0.1、Rational
Requirement Composer 3.0.1、を前提に記述しております。資料の内容には正確を期するよう注
意しておりますが、製品の新しいリリース、PTF などによって動作、仕様が変わる可能性 があ
るためご注意下さい。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-5-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
1 はじめに
当ガイドは、Rational solution for Collaborative Lifecycle Management (以降、CLM と記述) および
Rational Team Concert (以降 RTC)v3.0.1、Rational Requirements Composer(以降、RRC) v3.0.1、
Rational Quality Manager(以降、RQM)v3.0.1 を新規に導入するための手順をまとめた資料です。
コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント(CLM)を構成するのは、以下の 3 製品の最新バー
ジョンをはじめとする IBM Rational 製品です。
Rational Team Concert (RTC) v3.0.1
Rational Requirements Composer(以降、RRC)v3.0.1
Rational Quality Manager(以降、RQM) v3.0.1
従来これらの 3 製品は別製品として個別に導入およびセットアップを行っていましたが、バージョン
3.0.1 より、製品間でサーバーを共有した導入が可能となりました。言い換えると、これらの 3 製品を
自由に組み合わせた導入が可能になりました。
(例として、1 台のサーバーに全製品を導入する、もし
くは、複数台に分散させる、単体で利用する、等。)
・ 前提となる検証環境
当ガイド作成時の環境は以下です。
OS
Windows Server 2008 R2 SP1 64bit
メモリー
4GB
使用ブラウザー
Internet Explorer 8
導入対象
Rational Collaborative Lifecycle Management v.3.0.1
Installation Manager のバージョン
v.1.4.3
※システム要件については、https://jazz.net/library/article/632 を確認して下さい。
・ 導入対象のコンポーネント
CLM 3.0.1 では「変更と構成管理(以降、CCM)
」、
「要求管理(以降、RM)」
、
「品質管理(以降、
QM)」コンポーネントを導入することが可能です。当ガイドにおける導入対象コンポーネント
は CCM、RM、QM のすべてを対象とします。
利用したリポジトリーファイルは以下の通りです。
* JTS-CCM-QM-RM-repo-3.0.1.zip(JTS、CCM、RM、QM コンポーネントおよび評価ライ
センスキー)
* agent.installer.win32.win32.x86_1.4.3000.20110303_1846.zip(Installation Manager)
・ 前提と制約
新規導入するケースでの手順を説明します。(以前のバージョンの Rational Team Concert を導
入している場合の手順については扱いません。
)
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-6-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
インストールの方法としてはオンライン(インターネットに接続し jazz.net 上に公開されたリ
ポジトリーファイルを利用する)と、オフライン(ローカル環境にダウンロードしたリポジト
リーファイルを利用する)がありますが、この手順ではオフラインインストールにおける手順
を説明します。
【参考】コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント(CLM)実現のための統合ソリューション
http://www-06.ibm.com/software/jp/rational/announce/lifecycle/
・ 当ガイドにおけるシナリオ構成
当ガイドは、Interactive installation guide 上の、下記シナリオを基に構成されています。
※Interactive installation guide (対話型インストール・ガイド)
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/clmhelp/v3r0m1/topic/com.ibm.jazz.install.doc/topics/ro
admap_form.html
1
項目
選択項目
導入対象のアプリケーション
Jazz Team Server
(Choose one or more applications that you want to
Change and Configuration Management
install)
Requirements Management
Quality management
2
トポロジー
Evaluation topology
(Choose a possible installation topology)
3
オペレーティング・システム
Windows®
(Choose the operating system for your application
server)
4
5
アプリケーション・サーバー
Apache TomcatBundled and part of the
(Choose your application server)
default installation.
LDAP 連携
(連携なし)
(Choose whether or not you are using LDAP)
6
データベース・サーバー
Derby
(Choose your database server)
7
Rational Reporting for Development Inteligence の導
No(導入しない)
入
( Do you want to install Rational Reporting for
Development Intelligence?)
当ガイドにおいてインストール時に設定するアカウント情報は以下です。
1
アカウント種別
設定値
Jazz Team Server 管理アカウント
ユーザー名:jtsadmin
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-7-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
E メール・アドレス:[email protected]
Client Access License:Rational Team Concert –
Developer, Rational Quality Manager – Quality
Professional, Rational Requirements Composer Analyst
2
データ収集ジョブ実行アカウント
ユーザー名:dw_user
※JTS、CM、QM、RM 領域において共通
E メール・アドレス:[email protected]
Client Access License:Rational Team Concert –
Developer, Rational Quality Manager – Quality
Professional, Rational Requirements Composer Analyst
3
「変更管理と構成管理」アプリケーション用
ユーザー名:ccm_user
の機能ユーザー
※自動で作成されます。
4
「品質管理」アプリケーション用の機能ユー
ユーザー名:qm_user
ザー
※自動で作成されます。
5
「要求管理」アプリケーション用の機能ユー
ユーザー名:rm_user
ザー
※自動で作成されます。
6
「ライフサイクル・プロジェクト管理」アプ
ユーザー名:lpa_user
リケーション用の機能ユーザー
※自動で作成されます。
※上記に加えてサンプル・プロジェクト作成時には、サンプル・プロジェクト用のアカウントが自動
で作成されます。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-8-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
2 作業の流れ
モジュールのダウンロード
(ガイド5.1節)
当ガイドでは左図の流れでオフラインインストールとセッ
トアップを実施します。
既に Installation Manager が導入されている場合は、②の手
Installation Managerの導入
順は不要です。
なお、Installation Manager の導入については当ガイドでは
CLM3.0.1の導入
(ガイド5.2節)
取り扱いません。Installation Manager の導入については以
下のガイドを参考にしてください。
CLM3.0.1のセットアップ
(ガイド6章)
* 参考
サンプル・プロジェクトの作成
(ガイド7章)
developer Works「IBM Installation Manager 利用ガイド」
http://www.ibm.com/developerworks/jp/rational/library/c
ommon/install/im_usageguide/
3 関連情報
導入およびセットアップの際には以下の資料を参考にしてください。
システム要件については公開された最新時情報を確認してください。
・ コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント実現のための統合ソリューション
http://www-06.ibm.com/software/jp/rational/announce/lifecycle/
・ Rational Team Concert 3.0.1 導入ガイド
https://www.ibm.com/developerworks/wikis/pages/viewpage.action?pageId=157614444
・ コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント (CLM) 構成製品 [Rational Team Concert
3.0.1、Rational Requirements Composer 3.0.1、Rational Quality Manager3.0.1 編] 導入ガイド
http://www.ibm.com/developerworks/jp/rational/library/clm/clm/InstallationGuide/
・ コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント (CLM) 3.0.1 製品のダウンロードサイト
https://jazz.net/downloads/rational-team-concert/releases/3.0.1
・ コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント (CLM) 3.0.1 製品の システム要件
https://jazz.net/library/article/632
・
コラボレーティブ・ライフサイクル・マネージメント (CLM) 3.0.1 製品の サイジングガイド
https://jazz.net/library/article/641
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-9-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
4 用語、略語
用語・略語
概要
1
CLM
Collaborative Lifecycle Management
2
RTC
Rational Team Concert
3
CCM
Change and Configuration Management(変更管理と構成管理)
4
RRC
Rational Requirements Composer
5
RM
Requirement Management(要求管理)
6
RQM
Rational Quality Manager
7
QM
Quality Management(品質管理)
8
JTS
Jazz Team Server
9
IM
IBM Installation Manager
10
RRDI
Rational Reporting for Development Intelligence
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-10-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
5 インストール
5.1
モジュールのダウンロード
5.1.1 Jazz.net へのユーザー登録
CLM3.0.1 やその他の Rational 製品を Jazz.net からダウンロードするためには、Jazz.net へ
のログインが必要となります。Jazz.net のアカウントを持っていない場合には、ブラウザー
で http://jazz.net/にアクセスし、トップページ画面右上の「Register now!」をクリックします。
「Create a Jazz.net Account」のページに必要事項を記入して、Jazz.net のアカウントを入手
してください。(無料)
5.1.2 ダウンロード
Jazz.net にログインし、Rational Team Concert 3.0.1 All Downloads ページにアクセスします。
https://jazz.net/downloads/rational-team-concert/releases/3.0.1?p=allDownloads
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-11-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
以下のモジュールをダウンロードします
—
Jazz Team Server and CCM, QM and RM Applications with Trial licenses for Rational
Team Concert, Rational Quality Manager and Rational Requirements Composer
「Installation Manager Repositories」項目にある「Jazz Team Server and CCM, QM and RM
Applications with Trial licenses for Rational Team Concert, Rational Quality Manager and
Rational Requirements Composer」の ZIP ファイルの「All(1406.24MB)」をクリックします。
*CLM3.0.1 のインストールには、IBM Installation Manager V1.4.3 以降が必要です。イン
ストールしていない場合は以下のガイドを参考に Installation Manager の導入を行って
ください。
—
developer Works 「IBM Installation Manager 利用ガイド」
https://www.ibm.com/developerworks/jp/rational/library/common/install/im_usageguide/
—
Install Manager v1.4.3 は上図の波線のリンクからダウンロード可能です
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-12-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
ライセンス確認画面が表示されます。内容を確認して「I Accept」をクリックすると、ダウン
ロードが始まります。
5.1.3 zip ファイルの解凍
ダウンロード完了後、任意の場所に zip ファイルを解凍してください。解凍すると以下のよう
なフォルダ構造になります。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-13-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
5.2
インストール
5.2.1 IBM Installation Manager の起動
IBM Installation Manager(以降、IM)を起動します。
5.2.2 インストール・リポジトリーの追加
「ファイル」>「設定」を選択します。
「リポジトリーの追加」をクリックします。
設定画面で、
「リポジトリー」→「リポジトリーの追加」をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-14-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
「リポジトリーの追加」画面で、右側の「参照」をクリックし、4.1.4 で解凍した JTS-CCMQM-RM-repo-3.0.1 フォルダ中の repository.config ファイルを指定し、「OK」をクリックしま
す。「設定」画面に戻ります。
「設定」画面にロケーションが反映されたことを確認し、「OK」をクリックします。IM トッ
プページに戻ります。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-15-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
「インストール」をクリックします。
5.2.3 インストールするパッケージの選択
「パッケージのインストール」画面で、
「Jazz Team Server と CCM、QM、および RM アプ
リケーション」と「Rational Team Concert、Rational Quality Manager、および Rational
Requirements Composer の必須ベース・ライセンス」をチェックし、「次へ」をクリックし
ます。
※ CCM、QM、RM のいずれかが既にインストールされている場合は、ライセンスのチェッ
クを外してください。
※ 以前のバージョンの JTS がインストールされている場合、警告画面が表示されます。
「続
ける」をクリックし、以降のページで新しいパッケージ・グループにインストールして
ください。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-16-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
5.2.4 使用許諾契約への同意
「パッケージのインストール」画面で、内容を確認し、「使用条件の条項に同意します(A)」
にチェックし、「次へ」をクリックします。
5.2.5 共有リソース・ディレクトリーの作成
IM から製品をインストールする場合、初回のみ共有リソース・ディレクトリーを作成します。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-17-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
※ WebSphere Application Server を使って CLM3.0.1 を構築する場合、または将来的に
WebSphere Application Server を導入する可能性がある場合には、ファイルパスにスペー
スを含むフォルダを共有フォルダに指定することは推奨されていません。
5.2.6 パッケージ・グループの作成
「新規パッケージ・グループの作成(C)」をチェックし、インストール・ディレクトリーを指
定します。Windows の場合、デフォルトは C:¥Program Files¥IBM¥JazzTeamServer です。
※ 仮想化されたフォルダにインストールした場合、JazzTeamServer を起動する際に管理者
権限が必要になります。
※ ディレクトリー名にスペースが入っていると、コマンドライン処理で不便な場合がある
ため、通常はスペースを含めず C:¥IBM などに変更することを推奨します。
5.2.7 言語の選択
「日本語」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-18-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
5.2.8 インストールするフィーチャーの選択
「Jazz Team Server と CCM、QM、および RM アプリケーション 3.0.1」と「Rational
Requirements Composer の必須ベース・ライセンス・キー」を選択し、
「次へ」をクリック
します。
5.2.9 コンテキスト・ルートの選択
「デフォルトの 3.x アプリケーション・コンテキスト・ルートを使用」をチェックし、
「次へ」
をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-19-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
5.2.10 要約画面の確認とインストール
インストールする内容を確認し、
「インストール」をクリックします。
5.2.11 インストールの完了
下記画面の「パッケージがインストールされました。
」と表示されることを確認してください。
右側ペイン上の「どのプログラムを開始しますか?」は、
「新規インストールまたはアップグ
レード・インストール用サーバーを構成するための資料」をチェックし「終了」をクリック
した場合、サーバー構成のガイドページ(Information Center)が開きます。ガイドを閲覧す
る必要がない場合には「なし」をチェックして「終了」をクリックしてください。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-20-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
5.3
起動確認
5.3.1 起動前の確認
Tomcat が<JazzInstallDir>/server/tomcat にインストールされていることを確認します。
以下の.war ファイルが、Tomcat ディレクトリーの webapps にあることを確認してください。
(<JazzInstallDir>は 4.2.7 節で設定したインストールフォルダです。)
- jts.war
- admin.war
- ccm.war
- qm.war
- rm.war
- clmhelp.war
- converter.war(Windows および Linux の場合のみ)
起動と停止については、Windows のスタートメニューから実行する手順および、Tomcat コ
マンドを実行する手順の 2 つの方法があります。
1) Windows のスタートメニューからの起動および停止
Windows のスタートメニューから、
「すべてのプログラム」>「Jazz Team Server」>「Jazz
Team Server および CLM アプリケーションの開始」をクリックし、起動します。
Tomcat が起動し、以下のように「Server startup in ×××ms」と表示されたら起動完了です。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-21-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
停止の際は、
Windows のスタートメニューから、
「すべてのプログラム」
>「Jazz Team Server」
>「Jazz Team Server および CLM アプリケーションの停止」をクリックしてください。サ
ーバーが停止すると自動的にコマンドプロンプトが終了します。
※ 手順 4.2.6 で仮想化されたフォルダを選択してインストールした場合、サーバーの開始/
停止には管理者権限が必要になります。
2) Tomcat コマンドでの起動および停止
JazzInstallDir/server ディレクトリーにある、server.startup.bat を実行してください。
停止の際は、server.shutdown.bat を実行してください。
(<JazzInstallDir>は 4.2.7 節で設定し
たインストールフォルダです)
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-22-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6 セットアップ
6.1
JTS サーバーおよびアプリケーションの起動
4.3 に従い、JTS サーバーおよびアプリケーションを起動してください。
6.2
セットアップ
6.2.1 セットアップ画面へのログイン
Web ブラウザーで、下記のアドレスにアクセスします。コンテキスト・ルートは手順 4.2.10
で設定した JTS のコンテキスト・ルートを使います。(ここでは/jts)
https://localhost:9443/<JTS のコンテキスト・ルート>/setup
(デフォルトでは https://localhost:9443/jts/setup)
JTS へのログイン・ページで、初期設定の管理者ユーザーでログインします。すべて大文字
で入力してください。
ユーザーID:ADMIN
パスワード:ADMIN
※ URL にアクセスして下記ログオン・ページが表示されない場合は、当ガイド巻末「Setup
画面が表示されないときは」に記載された手順を実施してください。
※ セキュリティ証明書に関する警告が表示された場合は、当ガイド巻末「8.1Setup 画面が
表示されないときは」、
「ケース 1. Web サイトのセキュリティ証明書に関する警告が表示
される」に記載された手順を実施してください。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-23-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-24-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
ログイン後はセットアップの概要画面が表示されます。「次へ」をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-25-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6.2.2 パブリック URI の構成
パブリック URI ルートを指定します。
デフォルトは https://[完全修飾ホスト名]:9443/jts です。
「パブリック URI は、一度設定すると変更できないことを了解しています。」にチェックしま
す。
「テスト接続」をクリックし、
「構成のテストが成功しました」と表示されたら「次へ」をク
リックします。
※ アプリケーション構成後、パブリック URI を変更することはできません。
※ [完全修飾ホスト名]は、DNS に登録されているホスト名でなければなりません。例えば、
clm.example.com です。localhost や IP アドレスの使用はお勧めできません。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-26-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6.2.3 Jazz Team Server 領域のデータベースの構成
Jazz Team Server のデータベース接続のための情報を入力します。Derby を使用する場合は、
デフォルトで「次へ」をクリックしてください。
6.2.4 メール通知の使用可否の選択
今回は、E メール通知は使用しません。E メール通知機能は「使用不可」を選択し、「次へ」
をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-27-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6.2.5 アプリケーションの登録
Jazz Team Server とインストールしたアプリケーションが検出されます。検出され接続まで
には、時間を要する場合があります。登録するアプリケーションが表示されたら、
「アプリケ
ーションの登録」をクリックします。
「登録完了」と表示されたら、「次へ」をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-28-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6.2.6 ユーザー・レジストリーのセットアップ
ユーザー・レジストリーのタイプを選択します。今回は、
「Tomcat ユーザー・データベース」
を選択します。
Jazz Team Server にアクセスする管理者用アカウントを作成します。任意のユーザーID、名
前、パスワード、E メール・アドレスを入力してください。
(当ガイドでは「jtsadmin」とし
ます。
)
「デフォルトの ADMIN ユーザーを使用不可に設定」にチェックをします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-29-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
作成した管理者用アカウントに対し、クライアント・アクセス・ライセンス・タイプを設定
します。Rational Team Concert – Developer の「評価版のアクティブ化」をクリックします。
「クライアント・アクセス使用許諾契約書」
(別ウィンドウ)が開きます。ライセンスの使用
許諾に同意し、「終了」をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-30-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
使用許諾に同意しアクティブ化したライセンスは選択可能になります。有効化したライセン
ス(ここでは「Rational Team Concert - Developer」
)にチェックし、
「次へ」をクリックしま
す。
同様にして、
「Rational Quality Manager – Quality Professional」、「Rational Requirements
Composer - Analyst」のクライアント・アクセス・ライセンス・タイプをアクティブ化して、
それぞれをチェックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-31-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
—
製品ライセンスの組み合わせによっては、下記のような警告が表示されることがありま
す。この警告が表示された場合にはライセンスの組み合わせを変更し、権限の重複を解
消してください。
6.2.7 Jazz Team Server 領域のデータウェアハウスの構成
Jazz Team Server のデータウェアハウスを構成します。今回は Derby を選択し、デフォルト
の設定のままとします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-32-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
データ収集ジョブを実行するユーザーアカウントを設定します。フォームの各項目に入力し
てください。(ジョブ実行ユーザーは一般ユーザーとは別に専用のアカウントを指定します。
当シナリオでは、「dw_user」とします。
)
※ データ収集を実行するアカウントと 5.2.6 項で設定した管理者アカウントは別のアカウ
ントであることが推奨されています。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-33-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6.2.8 QM 領域のデータベース構成
Rational Quality Management の品質管理で用いるデータベースの構成を行います、今回は
Derby を選択し、デフォルトの設定のままとしますので「次へ」をクリックしてください。
6.2.9 QM 領域のデータウェアハウス構成
QM で用いるデータウェアハウスの構成を行います。今回は Derby を選択し、デフォルトの
設定のままとします。5.2.7 項を同様にして、データ収集ジョブを実行するアカウントを登録
してください。
*5.2.6 項で設定した管理者アカウントとは別のアカウントを使うことが推奨されています。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-34-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6.2.10 QM 領域のファイナライズ
QM の設定をサーバー構成に適用します。
「アプリケーションのファイナライズのセットアッ
プ」ボタンをクリックします。
「ファイナライズ処理が完了しました。
」と表示されたら「次
へ」ボタンをクリックしてください。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-35-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6.2.11 CCM 領域のデータベースの構成
CCM で用いるデータベースを構成します。今回は Derby を選択し、デフォルトの設定のまま
とします。5.2.8 項と同様に「次へ」ボタンをクリックしてください。
6.2.12 CCM 領域のデータウェアハウスの構成
CCM で用いるデータウェアハウスの構成を行います。今回は Derby を選択し、デフォルト
の設定のままとします。5.2.7 項を同様にして、データ収集ジョブを実行するアカウントを登
録してください。
*5.2.6 項で設定した管理者アカウントとは別のアカウントを使うことが推奨されています。
6.2.13 CCM 領域のファイナライズ処理
CCM の設定をサーバー構成に適用します。5.2.10 項と同様に「アプリケーションのファイナ
ライズのセットアップ」をクリックします。「ファイナライズ処理が完了しました。」と表示
されたら、「次へ」ボタンをクリックしてください。
6.2.14 RM 領域のファイナライズ処理
RM の設定をサーバー構成に適用します。5.2.10 項と同様に「アプリケーションのファイナラ
イズのセットアップ」をクリックします。「ファイナライズ処理が完了しました。」と表示さ
れたら、
「次へ」ボタンをクリックしてください。
(
「索引の再ビルド」ボタンは実行しません。
)
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-36-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6.2.15 ライフサイクル・プロジェクト管理アプリケーションのファイナライズ処理
ポップアップ画面が表示され自動的に次にすすみます。ポップアップ画面を無効化した場合
には「Authorize」をクリックしてください。
※ ブラウザーでポップアップをブロックしている場合、ポップアップを許可するように設
定を行ってください。
参考:Internet Explorer 8 でポップアップをブロックしている場合に表示される画面
→情報バーをクリックし、「ポップアップを一時的に許可する」を選択してください
参考:FireFox 3.6 でポップアップをブロックしている場合に表示される画面
→「設定」をクリックし、「このサイト(xxx)によるポップアップを許可する」をクリ
ックしてください。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-37-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
6.2.16 セットアップの完了
セットアップの要約が表示されます。「セットアップが正常に完了しました。」と表示されて
いることを確認し、「終了」をクリックしてセットアップを終了してください。
(「2.ライフサ
イクル・プロジェクトの作成」をクリックした場合は、6 章の手順に進んでください。
)
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-38-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
7 サンプル・プロジェクトの作成
7.1
ライフサイクル・プロジェクト管理ページにログイン
※ 5.2.12 項で「ライフサイクル・プロジェクトの作成」を選択した場合、この手順は不要
です。
※ 5.2.12 項で「終了」を押した場合は、
「サーバー管理」のページが開いた状態になります。
サンプル・プロジェクトを作成する場合には、ライフサイクル・プロジェクト管理の「Jazz
Team Server – ライフサイクル・プロジェクト管理」をクリックし、6.2 節に進んでくだ
さい。
※ サンプル・プロジェクトは実働サーバー上でなく、テストサーバーかローカルホスト上
に作成することを強くお勧めします。
※ サンプル・プロジェクトとして、CCM アプリケーションを全てセットアップするために
は、サンプル・プロジェクトを作成するユーザーに以下の Client Access License を割り
当てる必要があります。
—
Rational Team Concert – Developer
—
Rational Requirements Composer – Analyst
—
Rational Quality Manager - Quality Professional
(参考)Installing the Money that Matters sample
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/clmhelp/v3r0m1/index.jsp?topic=/com.ibm.j
azz.install.doc/topics/t_install_sample_project.html
Web ブラウザーで以下のアドレスにアクセスし、Jazz Team Server の管理者ユーザーとしてログ
インします。
(当シナリオでは jtsadmin です。)
https://[完全修飾ホスト名]:9443/admin/web
(完全修飾ホスト名は 5.2.2 項で設定したものと同じものを使用してください)
7.2
サンプル・プロジェクトの作成
サンプル・タブをクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-39-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
サンプルをインストールするアプリケーションで/ccm、/rm、/qm を選択します。
「作成」をクリックします。
※ 「作成」ボタンがグレーアウトしクリックできない場合は、当ガイド巻末「エラー! 参
照元が見つかりません。」に記載された手順を実施してください。
確認画面が表示されるので、「サンプルを実稼働環境に・・・」にチェックを入れ、
「作成」をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-40-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
7.3
作成されたプロジェクトの確認
「サンプルが正常に作成されました。」と表示されていることを確認します。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-41-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
「JKE Banking プロジェクトの探索」をクリックすると、サンプル・プロジェクト内のコンテン
ツが作成されていることが確認できます。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-42-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
いずれかの「プロジェクトの管理」をクリックすると、サンプル・プロジェクトの定義情報(プ
ロジェクト構成)が作成されていることが確認できます。
(登録されたユーザー、アクセス権、等
の情報が確認できます。)
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-43-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
8 (補足)Hints & Tips
問題が発生した場合の対応について補足します。ここで扱うケースは以下の通りです。
—
Setup 画面が表示されないときは
—
サンプル・プロジェクトの作成ボタンが押せないときは
8.1 Setup 画面が表示されないときは
ここでは Setup 画面が表示されない場合の対応について説明します。扱うケースは、以下の 3 ケース
です。
—
ケース 1. Web サイトのセキュリティ証明書に関する警告が表示される
—
ケース 2. Javascript が使えない状態になっている
—
ケース 3. セキュリティ強化の構成によってブロックされる
ケース 1. Web サイトのセキュリティ証明書に関する警告が表示される
→「このサイトの閲覧を続行する(推奨されません)
」をクリックしてください
ケース 2. Javascript が使えない状態になっている
→Javascript の使用を許可するようにブラウザーを設定します
Internet Explorer 8 をご使用の場合の Javascript の使用を許可する手順
1) ブラウザーのツールバーの「ツール」>「インターネットオプション」を選択しま
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-44-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
す。
2) 「セキュリティ」タブの「このゾーンのセキュリティレベル」項目の「レベルのカ
スタマイズ」を選択します
3) 「設定」項目の「スクリプト」>「アクティブ スクリプト」の「有効にする」にチ
ェックします
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-45-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
4) 「OK」ボタンをクリックして設定を保存し、ブラウザーを再起動します。
ケース 3. セキュリティ強化の構成によってブロックされる
→追加ボタンをクリックして信頼済みのサイトのゾーンに登録してください。
8.2 サンプル・プロジェクトの作成ボタンが押せないときは
以下の図のように、作成ボタンが押せない場合には、クライアント・アクセス・ライセンスがユーザ
ーに割り当てられていないことが考えられます。以降の手順ではユーザーにクライアント・アクセス・
ライセンスを割り当てる手順について解説します。なお、この操作は管理者権限を持つユーザーで実
行する必要があります(当ガイドのシナリオでは jtsadmin)
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-46-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
1) 画面左上のホームアイコンをクリックして、「Jazz Team Server ホーム」をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-47-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
2) 「Jazz Team Server – サーバー管理」をクリックします
3)「ライセンスキーの交付」項目の「ライセンスキーの管理」をクリックします
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-48-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
4) クライアント・アクセス・ライセンスが有効になっているかを確認します。
「クライアント・ア
クセス・ライセンス・タイプ」項目の中から、次のクライアント・アクセス・ライセンスの「状況」
が「認証済み」になっていることを確認してください。
—
製品:
「Rational Quality Manager」、バージョン:
「3.0.1」、タイプ:
「Quality Professional」
—
製品:
「Rational Requirements Composer」、バージョン「3.0.1」
、タイプ:「Analyst」
—
製品:
「Rational Team Concert」、バージョン「3.0.1」、タイプ「Developer」
すべての製品のクライアント・アクセス・ライセンスが「認証済み」になっている場合は手順 6
に進んでください。クライアント・アクセス・ライセンスが「認証済み」になっていない場合は、
そのライセンスの「評価版のアクティブ化」をクリックします。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-49-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
5)「評価版のアクティブ化」をクリックすると、別ウィンドウで使用許諾契約書が表示されます。
内容を確認して、「使用条件の条項に同意します」を選択して「終了」ボタンをクリックしてく
ださい。
6) 対象のクライアント・アクセス・ライセンスの状況が「認証済み」になったことを確認します。
必要なほかのライセンスが「認証済み」になっていない場合には、同様にして「評価版のアクティ
ブ化」を行ってください。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
-50-
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
7) 必要なすべてのクライアント・アクセス・ライセンスを「認証済み」になったことを確認して、
ホーム画面に戻ります。画面左上のホームボタンをクリックして、
「Jazz Team Server ホーム」を
クリックしてください。
‘8) 「ユーザー管理」項目の「Jazz Team Server – ユーザー管理」をクリックしてください。
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
51
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
9) 「アクティブユーザー」項目の中から、管理者権限を持つユーザーを選択します。
(当ガイドの
シナリオでは jtsadmin)
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
52
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
10) ユーザーにクライアント・アクセス・ライセンスを割り当てます。画面右側の「クライアント・
アクセス・ライセンス」項目の以下のクライアント・アクセス・ライセンスをチェックして、画面
右上の「保存」ボタンをクリックします。
—
Rational Quality Manager-Quality Professional
—
Rational Requirement Composer-Analyst
—
Rational Team Concert-Developer
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
53
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
11) 「保存」ボタンをクリックしたら、ホームボタンをクリックして「ライフサイクル・プロジェ
クト管理」をクリックします。
12) サンプル・タブを押すと、サンプル・プロジェクトを作成できるようになります。
(以降のサンプル・プロジェクトの作成については、当ガイドの 6.2 節を参照してください)
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
54
コラボレーティブ・ライフサイクル・ソリューション(CLM)製品
Rational Team Concert, Rational Requirements Composer, Rational Quality Manager3.0.1 導入ガイド
© Copyright IBM Japan Systems Engineering Co.,Ltd. 2011.
55
Similar pages