CY7C65642 HX2VL Very Low Power USB 2.0 TetraHub Controller Datasheet (Japanese).pdf

CY7C65642
HX2VL – 超低消費電力
USB 2.0 TetraHub™ コ ン ト ロー ラ ー
HX2VL – 超低消費電力 USB 2.0 TetraHub™ コ ン ト ロー ラ ー
特長
駆動レ ベル600μWの12MHz +/-500ppm外部水晶振動子 (内
蔵 PLL 用 ) 入力ク ロ ッ ク で、 オプ シ ョ ン と し て 27/48MHz
振動子ク ロ ッ ク入力
❐ ESD 回復用の電源障害検知機能を搭載
ダウン ス ト リ ーム ポー ト 管理
❐ 個別 と ギ ャ ン グ モー ド の電源管理をサポー ト
❐ 過電流検出
❐ ダウン ス ト リ ーム ポー ト ご と に 2 つのポー ト ス テー タ ス イ
ン ジケー タ
❐ EMI 対策用のスルー レー ト 制御
コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ンの多様性
❐ VID と PID は外部 EEPROM によ り コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン
可能
❐ ポ ー ト 数、 取 り 外 し 可 能 / 取 り 外 し 不 可 ポ ー ト は、
EEPROM および I/O ピ ン設定によ り コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ
ン可能
❐ ギ ャ ン グ/個別モー ド の電源切 り 替え、 リ フ ァ レ ン ス
ク
ロ ッ ク ソ ースお よ び電源切 り 替え イ ネーブル ピ ンの極性
は I/O ピ ン で コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン可能
❐ コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ンはマス ク ROM を通 し
て も利用可能
省スペースの 48 ピ ン TQFP (7 × 7mm) および 28 ピ ン QFN (5 ×
5mm) パ ッ ケージが利用可能
温度範囲 0°C ~ +70°C をサポー ト
❐
最小限の部品表 (BOM) で低 コ ス ト 設計を実現 し た高性能、低
消費電力 USB 2.0 ハブ。
■ USB 2.0 ハブ コ ン ト ロー ラ ー
❐ USB 2.0 仕様に準拠
❐ 最大 4 つのダウン ス ト リ ーム ポー ト をサポー ト
❐ ダウン ス ト リ ーム ポー ト は FS、 LS と 下位互換性あ り
❐ 各ダウン ス ト リ ーム ポー ト ご と に配置 さ れ最高性能を実現
する マルチ プル ト ラ ンザク シ ョ ン ト ラ ン ス レー タ (TT)
■ 超低消費電力
❐ バス給電 と 自己給電モー ド をサポー ト
❐ バス給電 と 自己給電を自動切 り 替え
❐ 2K ROM および 64 バイ ト RAM を備えた単一 MCU
❐ 最小の消費電力
■ 高度に統合 し た ソ リ ュ ーシ ョ ン で BOM コ ス ト 削減
❐ 内部レギ ュ レー タ - 単一電源電圧 5V のみが必要
❐ 外部レギ ュ レー タ で 3.3V 接続を提供
❐ ア ッ プ ス ト リ ーム プルア ッ プ抵抗を内蔵
❐ すべてのダウン ス ト リ ーム ポー ト 用のプルダウン抵抗を内
蔵
❐ ア ッ プ ス ト リ ーム/ダウン ス ト リ ーム終端抵抗を内蔵
❐ ポー ト ス テー タ ス イ ン ジケー タ コ ン ト ロー ラ ーを内蔵
■
■
■
■
■
ブ ロ ッ ク図
D+
12/27/48
MHz
OSC-in
OR 12
MHz
Crystal
I2C /
SPI
MCU
D-
RAM
USB 2.0 PHY
Serial
Interface
Engine
PLL
ROM
HS USB
Control Logic
USB Upstream Port
5 V i/p (for internal
regulator)
NC (for external regulator)
Transaction Translator x 4
1.8 V
Hub Repeater
Regulator
3.3 V
3.3 V i/p (with ext. reg. & 28-QFN
NC (with ext. reg. & 48-TQFP)
3.3 V o/p (for int. reg.)
Routing Logic
USB Downstream Port 3
USB Downstream Port 4
USB 2.0
PHY
USB 2.0
PHY
USB 2.0
PHY
Cypress Semiconductor Corporation
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
•
D+ D-
198 Champion Court
LED
•
D+ D-
Port
Control
O V R # [4]
LED
Port
Control
O V R # [3]
D+ D-
O V R # [2]
LED
Port
Control
P W R # [2]
O V R # [1]
P W R # [1]
D+ D-
Port
Control
P W R # [4]
USB Downstream Port 2
USB 2.0
PHY
P W R # [3]
USB Downstream Port 1
LED
San Jose, CA 95134-1709
•
408-943-2600
改訂日 2015 年 7 月 29 日
CY7C65642
詳細情報
サイ プ レ スは、 www.cypress.com に大量のデー タ を掲載 し てお り 、 ユーザーがデザイ ンに適切な HX2VL デバイ ス を選択 し 、 デバ
イ ス を デ ザ イ ン に 迅 速 で 効 果 的 に 統合 す る 手 助 け を し て い ま す。 リ ソ ー ス の 包 括 的 な 一 覧 に つ い て は、 製 品 一 覧 ペ ー ジ
http://www.cypress.com/?id=2411 を参照 し て く だ さ い。
■
■
■
概要 : USB ポー ト フ ォ リ オ、 USB ロー ド マ ッ プ
USB 2.0 ハブ コ ン ト ロー ラ ー セ レ ク タ ー : HX2LP、 HX2VL
ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト : サイ プ レ スは、 基本レ ベルか ら高
度な レ ベルま での様々な ト ピ ッ ク に触れる大量の USB ア プ
リ ケーシ ョ ン ノ ー ト を提供 し ています。 以下は HX2VL 入門
用の推奨ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト です。
❐ AN15454 - Bus-Powered USB Hub Design Using EZ-USB
HX2LP™/HX2VL
❐ AN72332 - Guidelines on System Design using Cypress’s
USB 2.0 Hub (HX2VL)
❐ AN69235 - Migrating from HX2/HX2LP to HX2VL
■
リ フ ァ レ ン ス デザイ ン :
CY4608M: Multi-TT HX2VL Very Low-Power 4-Port Hub
Development Kit
❐ CY4607M: Multi-TT HX2VL Very Low-Power 4-Port Hub
Development Kit
❐
■
モデル : HX2VL (CY7C65632/34/42) - IBIS
HX2VL 開発キ ッ ト
HX2VL 開発キ ッ ト 基板は、 HX2VL デバイ スの特長を説明する ツールです。 完全設計の段階に入る前の最初の設計段階では、 こ の
基板によ り 、 開発者がチ ッ プの特長 と 制限を十分把握で き る よ う にな り ます。 開発キ ッ ト は、 基板ハー ド ウ ェ ア、 PC ア プ リ ケー
シ ョ ン ソ フ ト ウ ェ アにかかわる補助 ド キ ュ メ ン ト 、 および EEPROM コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン デー タ (.iic) フ ァ イルを含みます。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 2/25
CY7C65642
目次
は じ めに ............................................................................. 4
HX2VL アーキテ ク チ ャ ...................................................... 4
USB シ リ アル イ ン タ ー フ ェ ース エ ン ジ ン ................ 4
HS USB 制御ロ ジ ッ ク ................................................ 4
ハブ リ ピー タ .............................................................. 4
MCU ............................................................................ 4
ト ラ ンザ ク シ ョ ン ト ラ ン ス レー タ ............................. 4
ポー ト 制御 .................................................................. 4
ア プ リ ケーシ ョ ン ............................................................... 4
機能の概要.......................................................................... 5
シ ス テムの初期化........................................................ 5
エニ ュ メ レーシ ョ ン .................................................... 5
マルチ プル ト ラ ンザ ク シ ョ ン
ト ラ ン ス レー タ のサポー ト ......................................... 5
ア ッ プ ス ト リ ーム ポー ト ............................................ 5
ダウン ス ト リ ーム ポー ト ............................................ 5
電源切 り 替え ............................................................... 5
過電流検出 .................................................................. 5
ポー ト イ ン ジケー タ ................................................... 5
電源レギ ュ レー タ ........................................................ 6
外部レギ ュ レー タ 使用の場合 ...................................... 6
内蔵レギ ュ レー タ 使用の場合 ...................................... 6
ピ ン配置 ............................................................................. 7
ピ ン機能 ............................................................................. 9
ピ ン機能 ........................................................................... 12
EEPROM コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン .............. 14
ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン ....................... 15
パワーオ ン リ セ ッ ト ................................................. 15
ギ ャ ング/個別電源切 り 替えモー ド ......................... 15
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
電源切 り 替え イ ネーブル ピ ンの極性 ........................ 15
ポー ト 番号コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン ......................... 15
取 り 外 し 不可ポー ト のコ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン ....... 15
リ フ ァ レ ン ス ク ロ ッ ク コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン ..... 15
絶対最大定格 .................................................................... 16
動作条件 ........................................................................... 16
電気的特性 ........................................................................ 17
DC 特性 ..................................................................... 17
AC 電気的特性 .......................................................... 18
熱抵抗 ............................................................................... 18
注文情報 ........................................................................... 19
注文コ ー ド の定義 ...................................................... 19
パ ッ ケージ図 .................................................................... 20
略語 .................................................................................. 22
本書の表記法 .................................................................... 22
測定単位 .................................................................... 22
付録 : HX2VL、 CY7C65642
製品フ ァ ミ リ のシ リ コ ン エ ラ ッ タ .................................. 23
影響を受ける部品番号 .............................................. 23
HX2VL 認定状態 ........................................................ 23
HX2VL エ ラ ッ タ のま と め ......................................... 23
改訂履歴 ........................................................................... 24
セールス、 ソ リ ュ ーシ ョ ン、 および法律情報 ................. 25
ワール ド ワ イ ド 販売 と 設計サポー ト ......................... 25
製品 ........................................................................... 25
PSoC® ソ リ ュ ーシ ョ ン ............................................ 25
サイ プ レ ス開発者コ ミ ュ ニ テ ィ ................................ 25
テ ク ニ カル サポー ト ................................................. 25
ページ 3/25
CY7C65642
は じ めに
HX2VL は、 サイ プ レ スの超低消費電力で高性能な USB 2.0 ハ
ブ コ ン ト ロー ラ ーの次世代 フ ァ ミ リ です。 HX2VL は、 ア ッ プ
ス ト リ ームおよびダウン ス ト リ ーム ト ラ ン シーバ、 USB シ リ
アル イ ン タ ー フ ェ ース エ ン ジ ン (SIE)、 USB ハブ コ ン ト ロー
ル と リ ピー タ ロ ジ ッ ク、および ト ラ ンザ ク シ ョ ン ト ラ ン ス レー
タ (TT) ロ ジ ッ ク を内蔵 し ています。 さ ら に、 電圧レギ ュ レー
タ やプルア ッ プ / プルダウン抵抗な どの外付け部品も 内蔵 し て
お り 、 USB ハブ シ ス テムの実装に必要な部品点数 (BOM) を全
体的に削減で き ます。
CY7C65642 は HX2VL ポー ト フ ォ リ オの一部で、 4 つのダウン
ス ト リ ーム ポー ト があ り 、 それぞれに専用の独立 し た TT を備
えています。このデバイ スは、4 つま でのダウン ス ト リ ーム ポー
ト を必要 と する超低消費電力で高性能なア プ リ ケーシ ョ ンに対
応 し ます。 CY7C65642 は、 48 ピ ン TQFP パ ッ ケージ と 28 ピ
ン QFN パ ッ ケージ オプ シ ョ ン で利用可能です。
すべてのデバ イ ス オ プ シ ョ ンは、 サ イ プ レ スの世界一流の リ
フ ァ レ ン ス デザイ ン キ ッ ト に よ り サポー ト さ れています。 こ
のキ ッ ト には、 ボー ド の回路図、 BOM、 ガ ーバー フ ァ イ ル、
Orcad フ ァ イル、 およびあ ら ゆる設計資料が含まれています。
HX2VL アーキテ ク チ ャ
1 ページの 「ブ ロ ッ ク図」 は HX2VL TetraHub™ アーキテ ク チ ャ
を示 し ています。
USB シ リ アル イ ン タ ー フ ェ ース エ ン ジ ン
SIE によ り 、HX2VL は USB ホス ト と 通信する こ と がで き ます。
SIE はハブ制御ブ ロ ッ ク から 独立 し て以下の USB 動作を処理 し
ます。
■
ビ ッ ト ス タ ッ フ ィ ングおよびア ン ス タ ッ フ ィ ング
■
チ ェ ッ ク サムの生成 と 確認
■
ト ー ク ン タ イ プの識別
■
ア ド レ スのチ ェ ッ ク
HS USB 制御ロ ジ ッ ク
「ハブ制御」 ブ ロ ッ クはエニ ュ メ レーシ ョ ン、 一時停止、 および
再開を処理 し ます。ホス ト がハブへア ク セスする ために、ス テー
タ ス と コ ン ト ロール信号を生成 し ます。 また、 ハブ を ホス ト に
同期 さ せる フ レーム タ イ マー も内蔵 し ています。MCUのフ ァ ー
ムウ ェ アへのイ ン タ ー フ ェ ース と し て機能する ス テー タ ス/制
御レ ジ ス タ を備えています。
ハブ リ ピー タ
ハブ リ ピー タ は、同 じ ス ピー ド で動作 し ている ア ッ プ ス ト リ ー
ム と ダウン ス ト リ ーム側のポー ト の接続を管理 し ます。 フ ルス
ピー ド と ハイ ス ピー ド の接続をサポー ト し ます。 USB 2.0 仕様
に従っ て、 ハブ リ ピー タ は以下の機能を備えています :
■
パケ ッ ト 境界での接続を設定/解除
■
適切な リ モー ト ウ ェ イ ク ア ッ プ処理を含む 「一時停止」 状態
への出入 り のエ ン ト リ ーを順に処理
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
MCU
HX2VL は、 2K ROM および 64 バイ ト RAM を備えた MCU を
搭載 し ています。 MCU は 12MHz ク ロ ッ ク で動作 し 、 ホス ト か
ら の USB コ マ ン ド をデ コ ー ド し 、 ホス ト に応答 し ます。 また
MCU は、 GPIO 設定を処理 し て さ ら な る柔軟性を提供 し 、 拡張
コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン を持つ EEPROM から の読
み取 り を制御 し ます。
ト ラ ンザ ク シ ョ ン ト ラ ン ス レ ー タ
ト ラ ンザク シ ョ ン ト ラ ン ス レー タ (TT) はある速度から 別の速
度へデー タ を変換 し ます。 ハブがハイ ス ピー ド で動作 ( ア ッ プ
ス ト リ ーム ポー ト がハイ ス ピー ド のホス ト コ ン ト ロー ラ ーに
接続 ) し ているが、 フ ルス ピー ド またはロース ピー ド のデバイ
スが取 り 付け ら れている場合、TT は、 ハイ ス ピー ド のス プ リ ッ
ト ト ラ ンザ ク シ ョ ン を フ ルス ピ ー ド ま たはロ ース ピ ー ド の ト
ラ ンザク シ ョ ンに変換 し ます。ダウン ス ト リ ーム ポー ト に取 り
付けているデバイ スの動作速度に応 じ て、ルーテ ィ ング ロ ジ ッ
ク はポー ト を TT に接続するか、 あるいはハブ リ ピー タ に接続
するかを決めます。 ア ッ プ ス ト リ ーム ホス ト と ダウン ス ト リ ー
ム デバイ スが異な る速度で機能 し ている場合、 デー タ は TT を
経由 し ます。 その他すべての場合において、 デー タ は リ ピー タ
を通 し て転送 さ れます。例えば、フ ルス ピー ド またはロース ピー
ド のデバ イ スがハ イ ス ピ ー ド のホ ス ト ア ッ プ ス ト リ ームにハ
ブ を介 し て接続 さ れる場合、 デー タ 転送ルー ト には TT が含ま
れます。 ハイ ス ピー ド のデバイ スがハブ を通っ てハイ ス ピー ド
のホス ト のア ッ プ ス ト リ ームに接続 さ れる場合は、 デー タ 転送
ルー ト には リ ピー タ が含まれます。 ハブがフ ルス ピー ド のホス
ト コ ン ト ロー ラ ー ア ッ プ ス ト リ ームに接続 さ れる場合、 ハイ
ス ピー ド のペ リ フ ェ ラルはその性能を完全に発揮する こ と はで
き ません。こ れら のデバイ スはフ ルス ピー ド でのみ動作 し ます。
こ のハブに接続 し た フ ルス ピー ド およびロース ピー ド のデバイ
スは、 通常の速度で動作 し ます。
ポー ト 制御
ダウン ス ト リ ーム 「ポー ト 制御」 ブ ロ ッ ク は、 接続/切断、 過
電流検出、 並びに電源供給有無 と LED 制御を処理 し ます。 ま
た、 ダウ ン ス ト リ ーム ト ラ ン シーバーの制御信号 も 生成 し ま
す。
ア プ リ ケーシ ョ ン
HX2VL デバイ ス フ ァ ミ リ の代表的なア プ リ ケーシ ョ ン :
■
ド ッ キング ス テーシ ョ ン
■
ス タ ン ド ア ロ ン ハブ
■
モニ タ ー ハブ
■
多機能プ リ ン タ ー
■
デジ タ ル テ レ ビ
■
高機能ポー ト レ プ リ ケー タ
■
キーボー ド ハブ
■
ゲーム コ ン ソ ール
ページ 4/25
CY7C65642
機能の概要
サイ プ レ ス CY7C65642 USB 2.0 ハブは、USB 用の低消費電力
のハブ ソ リ ュ ーシ ョ ン であ り 、 ダウン ス ト リ ーム ポー ト 間で
TT のマルチ プ レ ク シ ングな し に最高の転送効率を実現 し ます。
CY7C65642 USB 2.0 ハブは、フ ル ス ピー ド 動作のために 1.5kΩ
ア ッ プ ス ト リ ーム プルア ッ プ抵抗を備え、すべてのダウン ス ト
リ ームに 15kΩ プルダウン抵抗 と ア ッ プ ス ト リ ームおよびダウ
ン ス ト リ ーム D+ と D– ピ ン上に直列終端抵抗を内蔵 し ていま
す。 こ のよ う に、 USB 2.0 仕様に組込み式サポー ト を提供 し て、
シ ス テム費用を最適化する こ と がで き ます。
ダウン ス ト リ ーム D+ と D– プルダウン抵抗は CY7C65642 の
各ポー ト に内蔵 さ れています。 ハブが設定 さ れる前に、 ポー ト
はシ ングル エ ン ド ゼロ ( 両方の D+ と D- ピ ンが LOW である
(SE0)) に駆動 さ れ、 無電源状態に設定 さ れます。 ハブが設定 さ
れる と 、 ポー ト は駆動せず、 ホス ト は各ポー ト に SetPortPower
コ マ ン ド を送信する こ と でポー ト に電源を供給 し ます。 ポー ト
が電源供給 さ れる と 、 接続または切断のイ ベン ト はすべてハブ
が検知 し ます。 ポー ト 状態の変化はすべて、 ス テー タ ス チ ェ ン
ジ エ ン ド ポ イ ン ト ( エ ン ド ポ イ ン ト 1) を通 し てハブから ホス
ト に 通 知 さ れ ま す。 デ バ イ ス を 接 続 し た ポ ー ト に 対 し て
SetPortReset 要求を受信する と 、 ハブは以下を実行 し ます :
シ ス テムの初期化
■
該当するポー ト で USB リ セ ッ ト を実行
電源投入時に、 CY7C65642 は、 マス ク ROM 内のデ フ ォル ト
設定、 または外付け EEPROM か ら コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン情
報を読み込む こ と によ り エニ ュ メ レーシ ョ ン さ れます。 最も 基
本的な レ ベルでは、 この EEPROM はお客様のア プ リ ケーシ ョ
ン向けにベン ダー ID (VID) と 製品 ID (PID) を持 っ ています。 さ
ら に専用化 し たア プ リ ケーシ ョ ン では、 その他の コ ン フ ィ ギ ュ
レーシ ョ ン オプ シ ョ ン を指定する こ と がで き ます。詳細につい
ては、 14 ページの 「EEPROM コ ン フ ィ ギ ュ レ ーシ ョ ン オプ
シ ョ ン」 を参照 し て く だ さ い。 CY7C65642 は、 EEPROM の内
容をデ ィ ス ク リ プ タ と し て ロー ド する前にチ ェ ッ ク サムを確認
し ます。
■
ポー ト を有効状態に設定
■
ポー ト が有効にな っ た後にバブル検知を有効化
エニ ュ メ レーシ ョ ン
CY7C65642 は D+ にある プルア ッ プ抵抗を有効に し 、 ア ッ プ
ス ト リ ーム ハブに対 し てその存在を示 し ます。 その後は、 USB
バ ス リ セ ッ ト が 予測 さ れ ま す。 USB バ ス リ セ ッ ト 後 に、
CY7C65642 はア ド レ ス指定 さ れず、未設定状態にな り ます ( コ
ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン値は 「0」 に設定 )。 エニ ュ メ レーシ ョ ン
過程では、 ホス ト はハブのア ド レ ス と コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン
を設定 し ます。 ハブの設定が完了する と 、 ハブの全機能を利用
する こ と が可能にな り ます。
マルチプル ト ラ ンザク シ ョ ン ト ラ ン ス レー タ のサポー ト
TetraHub がハイ ス ピー ド のシ ス テムで設定 さ れる と 、シ ングル
TT モー ド にな り ます。 その後、 ホス ト は SetInterface コ マ ン ド
を送信 し 、 ハブ を マルチ プル TT モー ド に設定で き ます。 マル
チ プル TT モー ド では、 各 フ ルス ピー ド ポー ト が独立 し て処理
さ れる ため、 完全な 12Mbps 帯域を利用する こ と がで き ます。
シ ングル TT モー ド では、 ホス ト か ら フルス ピー ド またはロー
ス ピー ド ポー ト に向けた通信はすべて、それら すべてのポー ト
に転送 さ れます。 これは、 12Mbps 帯域をすべてのフ ルス ピー
ド と ロース ピー ド ポー ト が共有する こ と を意味 し ます。
ア ッ プ ス ト リ ーム ポー ト
ア ッ プ ス ト リ ーム ポー ト には ト ラ ン ス ミ ッ タ ー と レ シーバー
ス テー ト マ シ ンが含まれています。 ト ラ ン ス ミ ッ タ ー と レ シー
バーは、 現在のハブ設定に応 じ てハイ ス ピー ド かフ ルス ピー ド
で動作 し ます。 ト ラ ン ス ミ ッ タ ー ス テー ト マ シ ンはア ッ プ ス
ト リ ーム側ポー ト を監視 し 、同時にハブ リ ピー タ はア ッ プ ス ト
リ ーム側に接続 し ます。 このス テー ト マシ ンは、 こ のハブのダ
ウン ス ト リ ーム側ポー ト に発生 し たバブルや切断イ ベン ト が伝
播 し て、 このハブ を無効に さ せた り 、 接続 さ れているハブから
切断 さ れた り する こ と を防ぎ ます。
ダウ ン ス ト リ ーム ポー ト
CY7C65642 は、最大 4 つのダウン ス ト リ ーム ポー ト に対応 し 、
EEPROM 設定ではそれぞれのポー ト が 「使用可能」 か 「取 り
外 し 可能」 と マー ク さ れます。14 ページの 「EEPROM コ ン フ ィ
ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 を参照 し て く だ さ い。 さ ら に、 ピ
ン ス ト ラ ッ ピ ングによ っ て設定する こ と も可能です。 15 ペー
ジの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 を参照 し て
く だ さ い。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
バブルは、 EOF2 後のポー ト での非ア イ ド ル状態から 成っ てい
ます。 有効にな っ たポー ト でバブルが検知 さ れる と 、 そのポー
ト は無効にな り ます。 ホス ト か ら の ClearPortEnable 要求 も 、
指定 し たポー ト を無効に し ます。
ダウン ス ト リ ーム ポー ト は、 SetPortSuspend 要求で、 ホス ト
によ っ て個別に一時停止 さ れる こ と がで き ます。 ハブが一時停
止 さ れていない場合、 ポー ト での リ モー ト ウ ェ イ ク ア ッ プ イ
ベン ト は、 ハブ ス テー タ ス チ ェ ン ジ エ ン ド ポ イ ン ト のポー ト
変更通知によ り ホス ト に反映 さ れます。 ハブが一時停止 し た場
合、 こ のポー ト での リ モー ト ウ ェ イ ク ア ッ プ イ ベ ン ト がホス
ト に転送 さ れます。 ホス ト は ClearPortSuspend コ マ ン ド を送
信する こ と によ り 、 ポー ト を再開する こ と がで き ます。
電源切 り 替え
CY7C65642 は、 外部ポー ト 電源ス イ ッ チ用のイ ン タ ー フ ェ ー
ス信号を持っ ています。ギ ャ ング と 個別 ( ポー ト ご と ) コ ン フ ィ
ギ ュ レ ーシ ョ ンの両方がピ ン ス ト ラ ッ ピ ン グに よ っ てサポー
ト さ れています。 15 ページの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン
オプ シ ョ ン」 を ご覧 く だ さ い。
エ ニ ュ メ レ ー シ ョ ン の 後、 ホ ス ト は 各 ポ ー ト に 対 し て
SetPortPower 要求を送信す る こ と で そのポー ト に電源を供給
し ます。 電源切 り 替え と 過電流の検出は、 外部電源切 り 替えの
デ バ イ ス に 接続 さ れ た そ れ ぞ れの制御信号 (PWR#[n] と
OVR#[n]) によ っ て管理 さ れています。両方のHIGH/LOW イ ネー
ブル電源ス イ ッ チがサポー ト さ れ、 極性が GPIO 設定を介 し て
設定 さ れています。 15 ページの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ
ン オプ シ ョ ン」 を ご覧 く だ さ い。
過電流検出
CY7C65642 シ リ ーズの OVR#[n] ピ ンは、 それぞれの外部電源
ス イ ッ チのポー ト 過電流表示 ( 出力 ) 信号に接続 し ています。過
電流状態を検出 し た後、 ハブは過電流状態を ホ ス ト に通知 し 、
外部電源デバイ スへの PWR#[n] 出力を無効に し ます。OVR#[n]
のセ ッ ト ア ッ プ時間は 20ns です。 過電流検出から PWR#[n] の
デアサー ト ま では 3 ~ 4ms かか り ます。
ポー ト イ ン ジケー タ
USB 2.0 ポー ト イ ン ジケー タ は、 CY7C65642 に よ っ て も 直接
サポー ト さ れています。仕様に従っ て、ハブの各ダウン ス ト リ ー
ム ポー ト は任意的にス テー タ ス イ ン ジケー タ をサポー ト し て
い ます。 ダウ ン ス ト リ ーム側ポー ト の イ ン ジ ケー タ の存在は、
ハブ レ ベルのデ ィ ス ク リ プ タ の HubCharacteristics フ ィ ール ド
のビ ッ ト 7 によ っ て指定 さ れます。 デ フ ォル ト の CY7C65642
デ ィ ス ク リ プ タ は、ポー ト イ ン ジケー タ がサポー ト さ れている
こ と を指定 し ます。 CY7C65642 ポー ト イ ン ジケー タ には、 自
動 と 手動の 2 つの動作モー ド があ り ます。
ページ 5/25
CY7C65642
電源投入時に、 CY7C65642 のデ フ ォル ト モー ド は自動モー ド
で、 ポ ー ト イ ン ジ ケ ー タ の 色 ( 緑、 ア ン バ ー、 オ フ ) は
CY7C65642 ポー ト の機能ス テー タ ス を示 し ます。 デバイ スが
一時停止する と 、 LED はオ フ にな り ます。
5 V to 3.3 V Regulator
5 V to 3.3 V Regulator
NC
NC
Port Status
Indicator
LED
VCC
VREG
NC
VREG
CY7C65642
48 Pin
VCC_A
電源レギ ュ レ ー タ
CY7C65642 は、 内部 コ ア ロ ジ ッ ク お よ び USB 物理 レ イ ヤ
(PHY) の通常動作に 3.3V の ソ ース電源を必要 と し ます。 内蔵
の低 ド ロ ッ プ電源レギ ュ レー タ は、 USB ケーブル (Vbus) から
の 5V 電源入力を 3.3V ソ ース電源に変換 し ます。 3.3V 電源出
力は、 入力電圧が 4V ~ 5.5V の範囲内にある場合、 内部電圧 リ
フ ァ レ ン ス回路によ っ て保証 さ れています。 レギ ュ レー タ の最
大電流負荷は 150mA です。 こ れによ り 、 CY7C65642 の通常消
費電力 (100mA 未満 ) に許容差を提供 し ます。 内蔵レギ ュ レー
タ の静止電流は 28μA です。
VCC
CY7C65642
28 Pin
VCC_D
VCC_A
VCC_D
External Regulation Scheme
内蔵レギ ュ レ ー タ 使用の場合
内蔵レギ ュ レー タ を選択 し た場合、VCC ピ ンは 48 ピ ン と 28 ピ
ン パ ッ ケージの双方で 5V に接続する必要があ り ます。 内蔵 さ
れた レ ギ ュ レ ー タ に よ り チ ッ プの内部使用のために 3.3V と
1.8V を生成 し ます。 また、 3.3V 出力は VREG ピ ンから 出て、
外部で VCC_A と VCC_D に接続する必要があ り ます。
外部レギ ュ レ ー タ 使用の場合
CY7C65642 は、 外部レ ギ ュ レ ー タ 使用 と 内蔵レギ ュ レ ー タ 使
用の双方をサポー ト し ています。 外部レギ ュ レー タ を選択 し た
場合、 48 ピ ン パ ッ ケージ では、 VCC と VREG は接続せずに開
放のま まに し ます。 外部レギ ュ レー タ 出力 3.3V は VCC_A と
VCC_D ピ ン に接続する必要があ り ます。 こ の接続は基板上の
チ ッ プの外側で行われます。 28 ピ ン パ ッ ケージ では、 外部レ
ギ ュ レー タ か らの 3.3V 出力は、VREG、VCC_A、お よび VCC_D
に接続する必要があ り ます。 VCC ピ ンは接続せずに、 開放のま
まに し ます。 チ ッ プの内部使用のために、 外部 3.3V 入力から
1.8V がチ ッ プ内部で生成 さ れます。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
3.3 V
VREG
5 V
VCC
CY7C65642
48 Pin
VCC_A
3.3 V
VREG
5 V
VCC
CY7C65642
28 Pin
VCC_D
VCC_A
VCC_D
Internal Regulation Scheme
ページ 6/25
CY7C65642
ピ ン配置
図 1. 48 ピ ン TQFP (7 × 7 × 1.4mm) ピ ン配置
OVR#[1]
PWR#[2]
OVR#[2]
GANG
VCC_D
SELFPWR
43
42
41
40
39
38
37
44
45
PWR#[1]
/
I2C_SDA
SEL27
GREEN[1] /
SPI_SK /
47
46
VCC
48
FIXED_PORT
1
AMBER[1] /
SPI_CS
VREG
VCC_A
1
36
AMBER[2] / SPI_MOSI /
PWR_PIN_POL
GND
2
35
GREEN[2] /
SPI_MISO /
FIXED_PORT2
D-
3
34
VCC_D
D+
4
33
AMBER[3] /
SET_PORT_NUM2
DD-[1]
5
32
GREEN[3] /
FIXED_PORT3
DD+[1]
5
31
PWR#[3]
VCC_A
7
30
OVR#[3]
GND
8
29
PWR#[4]
DD-[2]
9
28
OVR#[4]
DD+[2]
10
27
TEST / I2C_SCL
RREF
11
26
RESET#
VCC_A
12
25
SEL48
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
GND
XIN
XOUT
VCC_A
DD-[3]
DD+[3]
VCC_A
GND
DD-[4]
DD+[4]
GREEN[4] /
FIXED_PORT
4
AMBER[4] /
SET_PORT_NUM1
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
CY7C65642
48-pin TQFP
ページ 7/25
CY7C65642
ピ ン配置 ( 続き )
図 2. 28 ピ ン QFN (5 × 5 × 0.8mm) ピ ン配置
VREG
VCC
PWR#/
I2C_SDA
OVR # [1]
O VR # [2]
GANG
SELFPWR
28
27
26
25
24
23
22
1
21
VC C_ D
D+
2
20
O V R # [3]
D D - [1]
3
19
O V R # [4]
D D + [1]
4
18
TEST/I2C_SCL
V C C_ A
5
17
RESET#
DD
- [2]
6
CY7C65642
16
D D + [4]
DD
+ [2]
7
28-pin QFN
15
DD
-
D -
9
10
11
12
13
14
RREF
V C C_ A
XIN
XOUT
DD
D D + [3]
V C C_ A
- [3]
8
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
- [4]
ページ 8/25
CY7C65642
ピ ン機能
48 ピ ン TQFP パ ッ ケージ
ピ ン名
ピ ン番号
電源お よび ク ロ ッ ク
VCC_A
1
VCC_A
7
VCC_A
12
VCC_A
16
VCC_A
19
VCC_D
34
VCC_D
38
VCC
47
タ イ プ [1]
説明
P
P
P
P
P
P
P
P
VCC_A。 チ ッ プへの 3.3V アナログ電源
VCC_A。 チ ッ プへの 3.3V アナログ電源
VCC_A。 チ ッ プへの 3.3V アナログ電源
VCC_A。 チ ッ プへの 3.3V アナログ電源
VCC_A。 チ ッ プへの 3.3V アナログ電源
VCC_D。 チ ッ プへの 3.3V デジ タ ル電源
VCC_D。 チ ッ プへの 3.3V デジ タ ル電源
VCC。 内部レギ ュ レー タ への 5V 入力 ; 外部レギ ュ レー タ を使用する場合は未接続
VREG。 内部レギ ュ レー タ 使用時には 5V から 3.3V レギ ュ レー タ 出力 ; 外部レギ ュ
レー タ 使用時には未接続
GND。 で き る限 り 短いパスでグ ラ ン ド に接続
GND。 で き る限 り 短いパスでグ ラ ン ド に接続
GND。 で き る限 り 短いパスでグ ラ ン ド に接続
GND。 で き る限 り 短いパスでグ ラ ン ド に接続
VREG
48
P
GND
GND
GND
GND
XIN
XOUT
SEL48 / SEL27
2
8
13
20
14
15
25 / 44
P
P
P
P
I
O
I
RESET#
26
I
SELFPWR
37
I
GANG
39
I/O
RREF
11
I/O
シ ス テム イ ン タ ー フ ェ ース
Test
27
I2C_SCL
I(RDN)
I/O(RDN)
ア ッ プ ス ト リ ーム ポー ト
D–
3
D+
4
I/O/Z
I/O/Z
12MHz 水晶ク ロ ッ ク入力、 または 12/27/48MHz ク ロ ッ ク入力
12MHz 水晶振動子出力 ( 外部ク ロ ッ ク を使用する場合、 未接続 )
ク ロ ッ ク ソ ースの選択入力。
00: 予約済み
01: 48MHz OSC 入力
10: 27MHz OSC 入力
11: 12MHz 水晶振動子または OSC 入力
ア ク テ ィ ブ LOW リ セ ッ ト 。 外部 リ セ ッ ト 入力、 デ フ ォル ト で 10k HIGH にプル
ア ッ プ ;RESET = LOW の場合、 チ ッ プ全体を初期状態に リ セ ッ ト
自己給電。 自己給電/バス給電選択用の入力。 0 の場合はバス給電、 1 の場合は自
己給電
ギ ャ ン グ。 デ フ ォル ト はパワーオ ン リ セ ッ ト 後の入力モー ド 。
ギ ャ ン グ モー ド : 入力が 1 の場合、 出力は通常動作では 0、 一時停止では 1
個別モー ド : 入力が 0 の場合、 出力は通常動作では 1、 一時停止では 0
詳細は、 15 ページの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 のギ ャ ング/個
別電源切 り 替えモー ド を ご覧 く だ さ い
649 の抵抗を RREF と グ ラ ン ド の間に接続する こ と が必要
テス ト 。 0 の場合は通常動作、 1 の場合はチ ッ プがテ ス ト モー ド に入る
I2C_SCL。 I2C ク ロ ッ ク ピ ン と し て使用 し 、 I2C EEPROM にア ク セス可能
ア ッ プ ス ト リ ーム D– 信号
ア ッ プ ス ト リ ーム D+ 信号
注
1. ピ ン タ イ プ : I = 入力、 O = 出力、 P = 電源 / グ ラ ン ド 、 Z = ハイ イ ン ピーダ ン ス、 RDN = パ ッ ド 内部プルダウ ン抵抗、 RUP = パ ッ ド 内部プルア ッ プ抵抗。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 9/25
CY7C65642
ピ ン機能 ( 続き )
48 ピ ン TQFP パ ッ ケージ
ピ ン名
ピ ン番号
ダウン ス ト リ ーム ポー ト 1
DD–[1]
5
DD+[1]
AMBER[1]
SPI_CS
GREEN[1] [2]
SPI_SK
FIXED_PORT1
6
46
OVR#[1]
42
43
PWR#[1]
I2C_SDA
45
ダウン ス ト リ ーム ポー ト 2
DD–[2]
9
DD+[2]
10
AMBER[2]
36
SPI_MOSI
PWR_PIN_POL
タ イ プ [1]
説明
I/O/Z
ダウン ス ト リ ーム D– 信号
ダウン ス ト リ ーム D+ 信号
LED。 ア ンバーの LED 用の ド ラ イバー出力。 ポー ト イ ン ジケー タ サポー ト
SPI_CS。 チ ッ プ選択 と し て使用 し 、 外部 SPI EEPROM にア ク セス可能
LED。 緑の LED 用の ド ラ イバー出力。 ポー ト イ ン ジケー タ サポー ト 。
SPI_SK。 SPI ク ロ ッ ク と し て使用 し 、 外部 SPI EEPROM にア ク セス可能。
FIXED_PORT1。 POR では、 ポー ト 1 を取 り 外 し 不可ポー ト と し て設定する ため
に使用。 15 ページの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 を参照
I/O/Z
O(RDN)
O(RDN)
O(RDN)
O(RDN)
I(RDN)
I(RUP)
O/Z
I/O
過電流条件検出入力。 ア ク テ ィ ブ LOW 過電流条件検出入力。
I/O/Z
I/O/Z
O(RDN)
O(RDN)
I(RDN)
ダウン ス ト リ ーム D– 信号
ダウン ス ト リ ーム D+ 信号
LED。 ア ンバーの LED 用の ド ラ イバー出力。 ポー ト イ ン ジケー タ サポー ト
SPI_MOSI。 デー タ 出力 と し て使用 し 、 外部 SPI EEPROM にア ク セス可能。
PWR_PIN_POL。 電源切 り 替え イ ネーブル ピ ンの極性設定に使用。 15 ページの
「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 を参照
LED。 緑の LED 用の ド ラ イバー出力。 ポー ト イ ン ジケー タ サポー ト
SPI_MISO。 デー タ 入力 と し て使用 し 、 外部 SPI EEPROM にア ク セス可能。
FIXED_PORT2。 POR では、 ポー ト 2 を取 り 外 し 不可ポー ト と し て設定する ため
に使用。 15 ページの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 を参照
過電流条件検出入力。 ア ク テ ィ ブ LOW 過電流条件検出入力
電源切 り 替え ド ラ イバー出力。 デ フ ォル ト はア ク テ ィ ブ LOW
GREEN[2] [2]
SPI_MISO
FIXED_PORT2
35
O(RDN)
I(RDN)
I(RDN)
OVR#[2]
PWR#[2]
40
41
I(RUP)
O/Z
ダウン ス ト リ ーム ポー ト 3
DD–[3]
17
DD+[3]
18
AMBER[3]
33
SET_PORT_NUM2
I/O/Z
I/O/Z
O(RDN)
I(RDN)
GREEN[3]
FIXED_PORT3
32
O(RDN)
I(RDN)
OVR#[3]
PWR#[3]
30
31
I(RUP)
O/Z
電源切 り 替え ド ラ イバー出力。 デ フ ォル ト はア ク テ ィ ブ LOW
I2C_SDA。 I2C デー タ ピ ン と し て使用 し 、 I2C EEPROM に接続する こ と が可能
ダウン ス ト リ ーム D– 信号
ダウン ス ト リ ーム D+ 信号
LED。 ア ンバーの LED 用の ド ラ イバー出力。 ポー ト イ ン ジケー タ サポー ト 。
SET_PORT_NUM2。 SET_PORT_NUM1 と 共に、 ポ ー ト 番号の設定に使用。 15
ページの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 を参照
LED。 緑の LED 用の ド ラ イバー出力。 ポー ト イ ン ジケー タ サポー ト 。
FIXED_PORT3。 POR では、 ポー ト 3 を取 り 外 し 不可ポー ト と し て設定する ため
に使用。 15 ページの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 を参照
過電流条件検出入力。 ア ク テ ィ ブ LOW 過電流条件検出入力
電源切 り 替え ド ラ イバー出力。 デ フ ォル ト はア ク テ ィ ブ LOW
注
2. ピ ン ス ト ラ ッ ピ ン グ GREEN[1] お よび GREEN[2] に よ り 、 HX2VL の通常の機能に影響を及ぼす可能性があ る専用機能を有効に し ます。 ピ ン ス ト ラ ッ ピ ン グに
よ っ てポー ト #1 と #2 を取 り 外 し 不可ポー ト に コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン し てはいけません。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 10/25
CY7C65642
ピ ン機能 ( 続き )
48 ピ ン TQFP パ ッ ケージ
ピ ン名
ピ ン番号
ダウン ス ト リ ーム ポー ト 4
DD–[4]
21
タ イ プ [1]
説明
I/O/Z
ダウン ス ト リ ーム D– 信号
ダウン ス ト リ ーム D+ 信号
LED。 ア ンバーの LED 用の ド ラ イバー出力。 ポー ト イ ン ジケー タ サポー ト 。
SET_PORT_NUM1。SET_PORT_NUM2 と 共に、ポー ト 番号の設定に使用。 15 ペー
ジの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 を参照
LED。 緑の LED 用の ド ラ イバー出力。 ポー ト イ ン ジケー タ サポー ト 。
FIXED_PORT4。 POR では、 ポー ト 4 を取 り 外 し 不可ポー ト と し て設定する ため
に使用。 15 ページの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 を参照
過電流条件検出入力。 ア ク テ ィ ブ LOW 過電流条件検出入力
電源切 り 替え ド ラ イバー出力。 デ フ ォル ト はア ク テ ィ ブ LOW
DD+[4]
AMBER[4]
SET_PORT_NUM1
22
24
I/O/Z
O(RDN)
I(RDN)
GREEN[4]
FIXED_PORT4
23
O(RDN)
I(RDN)
OVR#[4]
28
I(RUP)
PWR#[4]
29
O/Z
注 : ピ ンが論理 HIGH にス ト ラ ッ プ さ れてい る場合、 論理 HIGH に対応する よ う に設計 さ れて独立 し た回路を除き、 LED イ ン ジ
ケー タ と し て動作する こ れら のピ ンの代替機能は利用で き ません。 60ms のパワー オン リ セ ッ ト (POR) 後に、 こ れらのピ ンが出
力 と し て再 コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン さ れる ため、 接続が切断 さ れます。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 11/25
CY7C65642
ピ ン機能
28 ピ ン QFN パ ッ ケージ
ピ ン名
ピ ン番号
電源お よび ク ロ ッ ク
VCC_A
5
VCC_A
9
VCC_A
14
VCC_D
21
VCC
27
VREG
28
タ イ プ [3]
説明
P
P
P
P
P
P
VCC_A。 チ ッ プへの 3.3V アナログ電源
VCC_A。 チ ッ プへの 3.3V アナログ電源
VCC_A。 チ ッ プへの 3.3V アナログ電源
VCC_D。 チ ッ プへの 3.3V デジ タ ル電源
VCC。 内部レギ ュ レー タ への 5V 入力 ; 外部レギ ュ レー タ を使用する場合は未接続
VCC。 内部レギ ュ レー タ 使用時には 5V から 3.3V レギ ュ レー タ 出力、 外部レギ ュ
レー タ を使用する場合には 3.3V レギ ュ レー タ 入力
12MHz 水晶ク ロ ッ ク入力、 または 12MHz ク ロ ッ ク 入力
XIN
XOUT
RESET#
10
11
17
I
O
I
SELFPWR
22
I
GANG
23
I/O
RREF
8
I/O
シ ス テム イ ン タ ー フ ェ ース
Test
18
I2C_SCL
PWR# [4]
I2C_SDA
26
O(RDN)
I/O(RDN)
I/O
12MHz 水晶振動子出力 ( 外部ク ロ ッ ク を使用する場合、 未接続 )
ア ク テ ィ ブ LOW リ セ ッ ト 。 外部 リ セ ッ ト 入力、 デ フ ォル ト で 10k HIGH にプル
アップ ;
RESET = LOW の場合、 チ ッ プ全体を初期状態に リ セ ッ ト
自己給電。 自己給電/バス給電選択用の入力。 0 の場合はバス給電、 1 の場合は自
己給電
ギ ャ ン グデ フ ォル ト はパワーオ ン リ セ ッ ト 後の入力モー ド 。
ギ ャ ン グ モー ド : 入力が 1 の場合、 出力は通常動作では 0、 一時停止では 1
個別モー ド : 入力が 0 の場合、 出力は通常動作では 1、 一時停止では 0
詳細は、 15 ページの 「ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン」 のギ ャ ング/個
別電源切 り 替えモー ド を ご覧 く だ さ い。
649 抵抗を RREF と グ ラ ン ド の間に接続する こ と が必要
テス ト 。 0 の場合は通常動作、 1 の場合はチ ッ プがテ ス ト モー ド に入る
I2C_SCL。 I2C ク ロ ッ ク ピ ン
電源切 り 替え ド ラ イバー出力。 デ フ ォル ト はア ク テ ィ ブ LOW
I2C_SDA。 I2C デー タ ピ ン
注
3. ピ ン タ イ プ : I = 入力、 O = 出力、 P = 電源 / グ ラ ン ド 、 Z = ハイ イ ン ピーダ ン ス、 RDN = パ ッ ド 内部プルダウ ン抵抗、 RUP = パ ッ ド 内部プルア ッ プ抵抗。
4. PWR#/I2C_SDA は、 PWR# ま たは I2C_SDA のど ち ら か と し て使用で き ますが、 両機能 と し ては使用で き ません。 EEPROM が接続 さ れてい る場合、 ピ ンは
I2C_SDA と し て機能 し 、 (48 ピ ン TQFP パ ッ ケージ と 違 っ て ) PWR# モー ド には切 り 替わ り ません。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 12/25
CY7C65642
ピ ン機能 ( 続き )
28 ピ ン QFN パ ッ ケージ
ピ ン名
ピ ン番号
ア ッ プ ス ト リ ーム ポー ト
D–
1
タ イ プ [3]
I/O/Z
説明
2
I/O/Z
ア ッ プ ス ト リ ーム D– 信号
ア ッ プ ス ト リ ーム D+ 信号
ダウン ス ト リ ーム ポー ト 1
DD–[1]
3
DD+[1]
4
OVR#[1]
25
I/O/Z
I/O/Z
I(RUP)
ダウン ス ト リ ーム D– 信号
ダウン ス ト リ ーム D+ 信号
過電流条件検出入力。 ア ク テ ィ ブ LOW 過電流条件検出入力。
ダウン ス ト リ ーム ポー ト 2
DD–[2]
6
DD+[2]
7
OVR#[2]
24
I/O/Z
I/O/Z
I(RUP)
ダウン ス ト リ ーム D– 信号
ダウン ス ト リ ーム D+ 信号
過電流条件検出入力。 ア ク テ ィ ブ LOW 過電流条件検出入力。
ダウン ス ト リ ーム ポー ト 3
DD–[3]
12
DD+[3]
13
OVR#[3]
20
I/O/Z
I/O/Z
I(RUP)
ダウン ス ト リ ーム D– 信号
ダウン ス ト リ ーム D+ 信号
過電流条件検出入力。 ア ク テ ィ ブ LOW 過電流条件検出入力。
ダウン ス ト リ ーム ポー ト 4
DD–[4]
15
DD+[4]
16
OVR#[4]
19
GND
PAD
I/O/Z
I/O/Z
I(RUP)
P
ダウン ス ト リ ーム D– 信号
ダウン ス ト リ ーム D+ 信号
過電流条件検出入力。 ア ク テ ィ ブ LOW 過電流条件検出入力。
チ ッ プ用のグ ラ ン ド ピ ン。 こ れはチ ッ プの下にある、はんだ付け可能な エ ク スポー
ズ ド パ ッ ド 。 21 ページの図 4 を参照 し て く だ さ い
D+
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 13/25
CY7C65642
EEPROM コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン
CY7C65642 を使用する シ ス テムでは、 デ フ ォル ト のデ ィ ス ク
リ プ タ を使 っ てハブ を設定するオプ シ ョ ンがあ り ます。 そ う で
ない場合、 デバイ スが固有の VID と PID を設定する ために、 外
付け EEPROM を使用す る必要があ り ます。 CY7C65642 は、
93C46 のよ う な SPI ( マ イ ク ロワ イヤ ) EEPROM、または 24C02
のよ う な I2C EEPROM と 通信可能です。 EEPROM 接続の例を
以下に示 し ます :
S P I E E P R O M C o n n e c tio n
A M B E R [1 ]
CS
VCC
G R E E N [1 ]
SK
NC1
A M B E R [2 ]
DI
NC2
G R E E N [2 ]
DO
GND
VDD
AT 93C 46
I2 C E E P R O M C o n n e c tio n
A0
VDD
VCC
A1
WP
A2
SCL
TEST
GND
SDA
P W R # [1 ]
AT24C02
注 : 28 ピ ン QFN パ ッ ケージは、 ATMEL/24C02N_SU27 D、
MICROCHIP/4LC028 SN0509、 SEIKO/S24CS02AVH9 な どの
I2C EEPROM のみをサポー ト し ます。 48 ピ ン TQFP パ ッ ケー
ジには、I2C と SPI EEPROM の両方の接続オプ シ ョ ンが含まれ
ています。 こ の場合、 ユーザーは、 EEPROM と 通信する時に、
SPI 接続または I2C 接続のいずれかを使用する こ と がで き ます。
48 ピ ン
パ ッ ケ ー ジ は、 上 記 の フ ァ ミ リ に 加 え て、
ATMEL/AT93C46DN-SH-T をサポー ト し ています。 HX2VL は
SPI EEPROM か ら 読 み 出 し の み が で き ま す。 こ の た め、
EEPROM のフ ィ ール ド プ ログ ラ ミ ングは I2C EEPROM に し か
サポー ト さ れていません。 デ フ ォル ト の VID と PID は 0x04B4
と 0x6572 です。
CY7C65642 は、パワーオン リ セ ッ ト の後にチ ェ ッ ク サムを確
認 し 、 有効の場合は EEPROM か ら コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン を
読み込みます。 この コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ンの上書き を防ぐ た
めに、 SPI EEPROM が存在する場合、 AMBER[1] を無効に し ま
す。
バイ ト
00h
01h
02h
03h
04h
05h
06h
07h
08h
09h ~ 0Fh
値
VID_LSB
VID_MSB
PID_LSB
PID_MSB
ChkSum
予約済み (FEh)
取 り 外 し 可能ポー ト
ポー ト 番号
最大出力
予約済み (FFh)
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
バイ ト
10h
11h ~ 3Fh
40h
41h ~ 6Fh
70h
71h ~ 80h
値
ベン ダ文字列長 さ
ベン ダ文字列 (ASCII コ ー ド )
製品文字列長 さ
製品文字列 (ASCII コ ー ド )
シ リ アル番号長 さ
シ リ アル番号文字列
バイ ト 0: VID (LSB)
ベン ダ ID の最下位バイ ト
バイ ト 1: VID (MSB)
ベン ダ ID の最上位バイ ト
バイ ト 2: PID (LSB)
製品 ID の最下位バイ ト
バイ ト 3: PID (MSB)
製品 ID の最上位バイ ト
バイ ト 4: ChkSum
CY7C65642 は、ChkSum が VID_LSB + VID_MSB + PID_LSB
+ PID_MSB +1 に等 し く ない場合、 EEPROM 設定を無視 し
ます。
バイ ト 5: 予約済み
FEh に設定
バイ ト 6: RemovablePorts
RemovablePorts[4:1] は、 該当する ダウン ス ト リ ーム ポー ト
に接続 さ れたデバイ スが取 り 外 し 可能 (0 に設定 ) かまたは
取 り 外 し 不可 (1 に設定 ) かを示すビ ッ ト です。 ビ ッ ト 1 は
ポー ト 1、ビ ッ ト 2 はポー ト 2、… な どのよ う に対応 し ます。
デ フ ォル ト 値は 0 です ( 取 り 外 し 可能 )。 こ れら のビ ッ ト 値
は、HubDescriptor:DeviceRemovable フ ィ ール ド で適切に報
告 さ れます。
ビ ッ ト 0、 5、 6、 7 は 0 に設定 さ れます。
バイ ト 7: ポー ト 番号
ポー ト 番号は、 ダウン ス ト リ ーム ポー ト の番号を示 し ます。
値は 1 ~ 4 である必要があ り ます。 デ フ ォル ト 値は 4 です。
バイ ト 8: 最大出力
こ の値は、 コ ン フ ィ ギ ュ レ ー シ ョ ン デ ィ ス ク リ プ タ の
bMax-Power フ ィ ール ド で報告 さ れ、 ハブのア ッ プ ス ト リ ー
ム側から 要求 さ れる 2mA 単位で イ ン ク リ メ ン ト する電流で
す。 許容範囲は 00h (0mA) ~ FAh(500mA) です。 デ フ ォル
ト 値は 32h (100mA) です。
バイ ト 9 ~ 15: 予約済み
FFh に設定 ( ただ し 、 11 は FEh に設定 )
バイ ト 16: ベン ダ文字列長 さ
ベン ダ文字列の長 さ
バイ ト 17 ~ 63: ベン ダ文字列
ベン ダ文字列の値 (ASCII コ ー ド ) 。
バイ ト 64: 製品文字列長 さ
製品文字列の長 さ
バイ ト 65 ~ 111: 製品文字列
製品文字列の値 (ASCII コ ー ド )
バイ ト 112: シ リ アル番号長 さ
シ リ アル番号の長 さ
バイ ト 113 以降 : シ リ アル番号文字列
シ リ アル番号文字列 (ASCII コ ー ド ) 。
ページ 14/25
CY7C65642
ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン オプ シ ョ ン
表 1. 48 ピ ン と 28 ピ ン パ ッ ケージ で対応する機能
パワーオ ン リ セ ッ ト
パワーオ ン リ セ ッ ト は外部 リ セ ッ ト ま たは内部回路に よ り ト
リ ガ ー さ れ ま す。 内部 リ セ ッ ト は、 チ ッ プ 内部の コ ア 電源
(3.3V± 10%) に対 し て電源が不安定な状態にな っ た場合に開始
さ れます。 内部 リ セ ッ ト は、 電源がパワーグ ッ ド 電圧 (2.5V ~
2.8V) に達 し た後に、2.7µs ± 1.2% で解除 さ れます。外部 リ セ ッ
ト ピ ンは、図で示すよ う にア ッ プ ス ト リ ーム側の VBUS で電圧
レ ベル (5V) を連続的に検知 し ます。 USB の差 し 込み/抜き出
し 、 または電圧降下イ ベン ト が生 じ た場合、 外部 リ セ ッ ト は ト
リ ガー さ れます。 この リ セ ッ ト ト リ ガーは、 抵抗 R1 と R2 を
使用 し て設定で き ます。 サイ プ レ スは、 外部 リ セ ッ ト 回路に適
用 さ れる リ セ ッ ト 時間は、 内部 リ セ ッ ト 時間よ り も 長 く する よ
う 推奨 し ています。
PCB
VBUS
(External 5V)
Ext. VBUS power-good
detection circuit input
(Pin"RESET#")
EXT
Global
Reset#
INT
R2
Int. 3.3V power-good
detection circuit input
(USB PHY reset)
ギ ャ ン グ/個別電源切 り 替え モー ド
単一のピ ン を使用 し 、 個別/ギ ャ ング モー ド を設定 し 、 一時停
止フ ラ グを出力 し ます。 これによ り 、 ピ ン数を減ら す こ と がで
き ます。 個別ま たはギ ャ ン グ モー ド は、 パワーオ ン リ セ ッ ト
後の 20µs 以内に決定 さ れます。 そのセ ッ ト ア ッ プ時間は 1ns
です。 リ セ ッ ト し てか ら 50 ~ 60ms 後に、 こ のピ ンは出力モー
ド に変更 し ます。 CY7C65642 は完全に一時停止 さ れる と 、 一
時停止 フ ラ グを出力 し ます。 個別モー ド では 100K よ り も 大き
な プルダウン抵抗が必要で、 ギ ャ ング モー ド では 100K よ り も
大き な プルア ッ プ抵抗が必要です。下図は一時停止の LED イ ン
ジケー タ の回路図を示 し ます。 LED の極性に従 う 必要があ り ま
す。 そ う し ない と 、 一時停止時の電流は仕様限度 (2.5mA) を超
えて し まいます。
VDD (3.3V)
VDD (3.3V)
PCB
Silicon
GANG MODE
100K
SUSPEND OUT
100K
INDIVIDUAL MODE
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
28 ピ ン
ポー ト 番号 コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン
有
無
取 り 外 し 不可ポー ト コ ン フ ィ ギ ュ レー
ション
有
無
リ フ ァ レンス ク ロ ッ ク コ ン フ ィ ギュ
レーシ ョ ン
有
無
電源切 り 替え イ ネーブル極性
有
無
LED イ ン ジケー タ
有
無
ピ ンの極性は、 PWR_PIN_POL ピ ン を 1 にス ト ラ ッ ピ ング
する こ と でア ク テ ィ ブ HIGH に、 PWR_PIN_POL ピ ン を 0
にス ト ラ ッ ピ ングする こ と でア ク テ ィ ブ LOW に設定 さ れま
す。 従 っ て、 両方の電源切 り 替え に対応 し ま す。 こ の機能
は、 28 ピ ン QFN パ ッ ケージではサポー ト さ れていません。
ポー ト 番号 コ ン フ ィ ギ ュ レ ーシ ョ ン
上記の EEPROM コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ンに加えて、2、3 ま
たは 4 つのポー ト を備え るハブの コ ン フ ィ ギ ュ レ ーシ ョ ン
も、 下表 で 示 す よ う に
SET_PORT_NUM1
と
SET_PORT_NUM2 のピ ン ス ト ラ ッ ピ ングを使用 し ます。ピ
ン ス ト ラ ッ ピ ン グ オプ シ ョ ンは 28 ピ ン QFN パ ッ ケージ で
はサポー ト さ れていません。
SET_PORT_
NUM2
SET_PORT
_NUM1
1
1
1 ( ポー ト 1)
1
0
2 ( ポー ト 1/2)
0
1
3 ( ポー ト 1/2/3)
0
0
4 ( すべてのポー ト )
ポー ト 数
取 り 外 し 不可ポー ト の コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン
組み込みシ ス テムにおいて、 パワー オ ン リ セ ッ ト の前に、 該
当する FIXED_PORT# ピ ン 1 ~ 4 を HIGH にス ト ラ ッ ピ ングす
る こ と によ り 、 シ ス テム内部で常に接続する ダウン ス ト リ ーム
ポー ト を取 り 外 し 不可ポー ト ( 常時接続 ) と し て設定する こ と
がで き ます。 POR 時に、 ピ ンが HIGH にプルア ッ プ さ れた場
合、 該当するポー ト は取 り 外 し 不可ポー ト に設定 さ れます。 こ
れは 28 ピ ン QFN パ ッ ケージ ではサポー ト さ れていません。
リ フ ァ レ ン ス ク ロ ッ ク コ ン フ ィ ギ ュ レ ーシ ョ ン
GANG/SUSPEND
SUSPEND
INDICATOR
48 ピ ン
電源切 り 替え イ ネーブル ピ ンの極性
Silicon
R1
対応 機能
0 : INDIVIDUAL MODE
1: GANG MODE
こ のハブは、 オプ シ ョ ン で 27MHz か 48MHz ク ロ ッ ク ソ ース
を利用する こ と がで き ます。 27/48MHz ク ロ ッ ク が基板上に存
在する場合、 それを使用 し ます。外部振動子を除去する こ と で、
BOM コ ス ト を さ ら に削減する こ と がで き ます。 以下に示すよ
う に GPIO ピ ンのコ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ンによ り こ れを実行で
き ます。 こ れは 28 ピ ン QFN パ ッ ケージ ではサポー ト さ れてい
ません。
ク ロ ッ ク ソ ース
SEL48
SEL27
0
1
48MHz 振動子入力
1
0
27MHz 振動子入力
1
1
12MHz 水晶振動子または 12MHz 振動
子入力
ページ 15/25
CY7C65642
絶対最大定格
動作条件
最大定格を超え る と 、 デバイ スの寿命が短 く な る可能性があ り
ます。 これ らのユーザー ガ イ ド ラ イ ンは試験 さ れていません。
周囲温度 .......................................................... 0°C ~ +70°C
保存温度 ..................................................... –60°C ~ +100°C
周囲温度 .......................................................... 0°C ~ +70°C
グ ラ ン ド 電位への 5V 電源電圧 ..................... –0.5V ~ +6.0V
グ ラ ン ド 電位への 3.3V 電源電圧 .................. –0.5V ~ +3.6V
オープ ン ド レ イ ン入力ピ ン での電圧
(OVR#1-4、 SELFPWR、 RESET#) .............. –0.5V ~ +5.5V
デジ タ ル I/O の 3.3V 入力電圧 ...................... –0.5V ~ +3.6V
周囲最大接合部温度 ...................................... 0°C ~ +125°C
グ ラ ン ド 電位への 5V 電源電圧 .................. 4.75V ~ +5.25V
グ ラ ン ド 電位への 3.3V 電源電圧 ................. 3.15V ~ +3.6V
USB 信号ピ ンの入力電圧 ............................... 0.5V ~ +3.6V
オープ ン ド レ イ ン入力ピ ン での電圧 ........... –0.5V ~ +5.0V
温度特性 48 ピ ン TQFP.......................................... 78.7°C/W
温度特性 28 ピ ン QFN............................................ 33.3°C/W
FOSC ( 振動子または水晶周波数 ) .............. 12MHz ± 0.05%
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 16/25
CY7C65642
電気的特性
DC 特性
Max
パラ メ ー タ ー
PD
VIH
VIL
Il
VOH
VOL
RDN
RUP
CIN
ISUSP
ICC
説明
電力損失
入力 HIGH 電圧
入力 LOW 電圧
入力 リ ー ク電流
出力 HIGH 電圧
出力 LOW 電圧
パ ッ ド 内部プルダウン抵抗
パ ッ ド 内部プルア ッ プ抵抗
入力ピ ン静電容量
一時停止時の電流
供給電流
4 つのア ク テ ィ ブ ポー ト
3 つのア ク テ ィ ブ ポー ト [5]
2 つのア ク テ ィ ブ ポー ト
1 つのア ク テ ィ ブ ポー ト
ア ク テ ィ ブ ポー ト な し [6]
条件
単位
–
–
–
–
外部
内部
レギ ュ レー タ レギ ュ レー タ
432
–
0.8
+10
–5
0
+5
A
2.4
–
–
–
–
0.4
V
V
29
80
–
59
108
–
135
140
20
K
K
pF
Min
Typ
–
2
–
–10
ハイ ス ピー ド モー ド
(0 < VIN < VCC)
IOH = 8mA
IOL = 8mA
–
–
USB 信号を除 く
–
–
フ ル ス ピー ド /ロー ス
ピー ド (0 < VIN < VCC)
フ ル ス ピー ド /ロー ス
ピー ド モー ド
ハイ ス ピー ド モー ド
–
フル スピー ド ホス ト 、
フ ル ス ピー ド デバイ ス
ハイ スピー ド ホス ト 、
ハイ ス ピー ド デバイ ス
ハイ スピー ド ホス ト 、
フ ル ス ピー ド デバイ ス
フル スピー ド ホス ト 、
フ ル ス ピー ド デバイ ス
ハイ スピー ド ホス ト 、
ハイ ス ピー ド デバイ ス
ハイ スピー ド ホス ト 、
フ ル ス ピー ド デバイ ス
フル スピー ド ホス ト 、
フ ル ス ピー ド デバイ ス
ハイ スピー ド ホス ト 、
ハイ ス ピー ド デバイ ス
ハイ スピー ド ホス ト 、
フ ル ス ピー ド デバイ ス
フル スピー ド ホス ト 、
フ ル ス ピー ド デバイ ス
ハイ スピー ド ホス ト 、
ハイ ス ピー ド デバイ ス
ハイ スピー ド ホス ト 、
フ ル ス ピー ド デバイ ス
フ ル ス ピー ド ホス ト
ハイ ス ピー ド ホス ト
5
mW
V
V
A
4
4.5
–
0.786
1.043
1.3
mA
pF
–
88.7
103.9
105.4
mA
–
81.9
88.2
89.3
mA
–
88.2
101.2
102.3
mA
–
79.1
91.6
93
mA
–
72.9
78.5
78.6
mA
–
75.9
88.7
88.8
mA
–
68.1
78.4
78.6
mA
–
61.9
67.6
69.6
mA
–
64.9
75.4
76.1
mA
–
57.1
66.3
66.7
mA
–
51.9
57.6
59.3
mA
–
54.7
61.1
62.5
mA
–
–
42.8
44.2
48.9
49.1
50.3
50.6
mA
mA
注
5. 電流の測定は、 エ ニ ュ メ レーシ ョ ン さ れた外付けデバイ スに よ り 実行 さ れます。
6. 外付けデバイ スがあ り ません。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 17/25
CY7C65642
AC 電気的特性
USB ト ラ ン シーバーは、 ロー ス ピー ド 、 フ ル ス ピー ド 、 ハイ ス ピー ド モー ド で USB 2.0 認証を取得 し ています。
ア ッ プ ス ト リ ーム USB ト ラ ン シーバー と 4 つすべてのダウン ス ト リ ーム ト ラ ン シーバーは、 いずれも USB-IF USB 2.0 電気認可
試験に合格 し ています。
48 ピ ン TQFP パ ッ ケージは、 I2C または SPI のいずれかを使用 し て、 EEPROM への通信をサポー ト する こ と がで き ます。 28 ピ
ン QFN パ ッ ケージは、 EEPROM への I2C 通信のみをサポー ト し ています。
EEPROM と の こ れ ら 2 つのイ ン タ ー フ ェ ースの AC 特性は、 下表にて ま と めています。
SPI EEPROM イ ン タ ー フ ェ ースの AC 特性
パラ メ ー タ ー
パラ メ ー タ ー
Min
Typ
Max
単位
µs
tCSS
CS セ ッ ト ア ッ プ時間
3.0
–
–
tCSH
CS ホール ド 時間
3.0
–
–
tSKH
SK HIGH 時間
1.0
–
–
tSKL
SK LOW 時間
2.2
–
–
tDIS
DI セ ッ ト ア ッ プ時間
1.8
–
–
tDIH
DI ホール ド 時間
2.4
–
–
tPD1
「1」 ま での出力遅延時間
–
–
1.8
tPD0
「0」 ま での出力遅延時間
–
–
1.8
I2C EEPROM イ ン タ ー フ ェ ースの AC 特性
1.8V ~ 5.5V
パラ メ ー タ ー
2.5V ~ 5.5V
パラ メ ー タ ー
単位
Min
Max
Min
Max
fSCL
SCL ク ロ ッ ク周波数
0.0
100
0.0
400
kHz
tLOW
ク ロ ッ ク LOW 期間
4.7
–
1.2
–
μs
tHIGH
ク ロ ッ ク HIGH 期間
4.0
–
0.6
–
μs
tSU ; STA
START 条件セ ッ ト ア ッ プ時間
4.7
–
0.6
–
μs
tSU ; STO
STOP 条件セ ッ ト ア ッ プ時間
4.7
–
0.6
–
μs
tHD ; STA
START 条件ホール ド 時間
4.0
–
0.6
–
μs
tHD:STO
STOP 条件ホール ド 時間
4.0
–
0.6
–
μs
tSU ; DAT
デー タ 入力セ ッ ト ア ッ プ時間
200.0
–
100.0
–
ns
tHD ; DAT
デー タ 入力ホール ド 時間
0
–
0
–
ns
tDH
デー タ 出力ホール ド 時間
100
–
50
–
ns
tAA
ク ロ ッ クか ら出力ま で
0.1
4.5
0.1
–
μs
書き込みサイ クル時間
–
10
–
5
ns
tWR
熱抵抗
パラ メ ー タ ー
説明
JA
熱抵抗 ( 接合部か ら周囲へ )
JC
熱抵抗 ( 接合部か ら ケースへ )
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
48 ピ ン TQFP
パ ッ ケージ
78.7
28 ピ ン QFN
パ ッ ケージ
33.3
°C/W
35.3
18.4
°C/W
単位
ページ 18/25
CY7C65642
注文情報
注文 コ ー ド
パ ッ ケージ タ イ プ
CY7C65642-48AXC
48 ピ ン TQFP バルク
CY7C65642-48AXCT
48 ピ ン TQFP テープ& リ ール
CY7C65642-28LTXC
28 ピ ン QFN バルク
注文 コ ー ド の定義
CY 7
C 65642 - XX
A
X
C
X
X = 空白または T
空白 = チ ュ ーブ ; T = テープ& リ ール
温度範囲 :
C = 商業用
鉛フ リ ー
パ ッ ケージ タ イ プ : XX = A または LT
A = TQFP ; LT = QFN
ピ ン数 : XX = 48 または 28
部品 ID
テ ク ノ ロ ジー コ ー ド : C = CMOS
マーケテ ィ ング コ ー ド
会社 ID: CY = サイ プ レ ス
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 19/25
CY7C65642
パ ッ ケージ図
CY7C65642 は以下のパ ッ ケージで提供可能です。
図 3. 48 ピ ン TQFP (7 × 7 × 1.4mm) A48 パ ッ ケージ図、 51-85135
51-85135 *C
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 20/25
CY7C65642
パ ッ ケージ図 ( 続き )
CY7C65642 は以下のパ ッ ケージで提供可能です。
図 4. 28 ピ ン QFN (5 × 5 × 0.8mm)、 LT28A (3.5 × 3.5 E-Pad)、 Sawn パ ッ ケージ図、 001-64621
001-64621 *A
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 21/25
CY7C65642
略語
本書の表記法
略語
説明
AC
Alternating Current ( 交流電流 )
ASCII
American standard code for information
interchange ( 情報交換用米国標準 コ ー ド )
EEPROM
Electrically Erasable Programmable Read Only
Memory ( 電気的消去プ ログ ラ ム可能な読み出 し
専用 メ モ リ )
EMI
Electromagnetic Interference ( 電磁妨害 )
ESD
Electrostatic Discharge ( 静電放電 )
GPIO
General Purpose Input/Output ( 汎用入出力 )
I/O
Input/Output ( 入力/出力 )
LED
Light Emitting Diode ( 発光ダ イ オー ド )
LSB
Least Significant Bit ( 最下位ビ ッ ト )
MSB
Most significant bit ( 最上位ビ ッ ト )
PCB
Printed Circuit Board ( プ リ ン ト 回路基板 )
PLL
Phase-Locked Loop ( 位相同期回路 )
POR
power on reset (パワーオン リ セ ッ ト )
PSoC®
Programmable System-on-Chip™
( プ ログ ラ マ ブル シ ス テムオ ン チ ッ プ ™)
QFN
Quad Flat No leads
( ク ア ッ ド フ ラ ッ ト ( リ ー ド な し ) パ ッ ケージ )
RAM
Random Access Memory
( ラ ン ダム ア ク セス メ モ リ )
ROM
Read Only Memory ( 読み取 り 専用 メ モ リ )
SIE
Serial Interface Engine
( シ リ アル イ ン タ ー フ ェ ース エ ン ジ ン )
TQFP
Thin Quad Flat Pack
( 薄型 ク ア ッ ド フ ラ ッ ト パ ッ ケージ )
TT
Transaction Translator
( ト ラ ンザ ク シ ョ ン ト ラ ン ス レー タ )
USB
universal serial bus
( ユニバーサル シ リ アル バス )
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
測定単位
記号
測定単位
°C
摂氏温度
kHz
キロヘルツ
k
キロ オーム
MHz
メ ガヘルツ
A
マ イ ク ロ ア ンペア
s
マ イ ク ロ秒
W
マ イ ク ロワ ッ ト
mA
ミ リ ア ンペア
mm
ミ リ メートル
ms
ミ リ秒
mW
ミ リワッ ト
ns
ナノ秒

オーム
%
パーセ ン ト
pF
ピコファラ ッ ド
ppm
100 万分の 1
V
ボル ト
W
ワッ ト
ページ 22/25
CY7C65642
付録 : HX2VL、 CY7C65642 製品フ ァ ミ リ のシ リ コ ン エ ラ ッ タ
本節では、 HX2VL、 CY7C65642 のエ ラ ッ タ について説明 し ます。 詳細情報は、 エ ラ ッ タ の ト リ ガー条件、 影響の範囲、 可能な回
避方法、 シ リ コ ン チ ッ プの リ ビ ジ ョ ンの適用可能性な ど を含んでいます。
何かご質問がご ざいま し た ら、 最寄 り のサイ プ レ スの販売代理店ま でお問い合わせ く だ さ い。
影響を受ける部品番号
製品番号
デバイ スの特性
CY7C65642
USB 2.0 マルチ プル TT ハブ
HX2VL 認定状態
製品の状態 : 量産中
HX2VL エ ラ ッ タ のま と め
これは HX2VL エ ラ ッ タ の初版です。 現時点ま では、 HX2VL に関する既知の問題は何も あ り ません。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 23/25
CY7C65642
改訂履歴
文書名 : CY7C65642、 HX2VL – 超低消費電力 USB 2.0 TetraHub™ コ ン ト ロー ラ ー
文書番号 : 001-79912
ECN
版
変更者
発行日
変更内容
**
3630384
YYOS
05/30/2012
こ れは英語版 001-65659 Rev. *C を翻訳 し た日本語版 001-79912 Rev. ** です。
*A
4850627
HZEN
07/29/2015
こ れは英語版 001-65659 Rev. *F を翻訳 し た日本語版 001-79912 Rev. *A です。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
ページ 24/25
CY7C65642
セールス、 ソ リ ュ ーシ ョ ン、 および法律情報
ワール ド ワ イ ド 販売 と 設計サポー ト
サイ プ レ スは、 事業所、 ソ リ ュ ーシ ョ ン セ ン タ ー、 メ ー カ ー代理店および販売代理店の世界的なネ ッ ト ワー ク を持っ ています。
お客様の最寄 り のオ フ ィ スについては、 サイ プ レ スのロ ケーシ ョ ン ページ を ご覧 く だ さ い。
PSoC® ソ リ ュ ーシ ョ ン
製品
車載用
クロ ッ ク & バッ フ ァ
イ ン タ ー フ ェ ース
照明 & 電力制御
メモリ
PSoC
タ ッ チ セ ン シ ング
USB コ ン ト ロー ラ ー
ワ イヤレ ス/ RF
psoc.cypress.com/solutions
cypress.com/go/automotive
PSoC 1 | PSoC 3 | PSoC 4 | PSoC 5LP
cypress.com/go/clocks
cypress.com/go/interface
サイ プ レ ス開発者 コ ミ ュ ニ テ ィ
cypress.com/go/powerpsoc
コ ミ ュ ニ テ ィ | フ ォ ー ラ ム | ブ ログ | ビデオ | ト レーニ ン グ
cypress.com/go/memory
cypress.com/go/psoc
テ ク ニ カル サポー ト
cypress.com/go/support
cypress.com/go/touch
cypress.com/go/USB
cypress.com/go/wireless
© Cypress Semiconductor Corporation, 2011-2015. 本文書に記載 さ れる情報は予告な く 変更 さ れる場合があ り ます。 Cypress Semiconductor Corporation ( サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ) は、 サイ
プ レ ス製品に組み込まれた回路以外のいかな る回路を使用する こ と に対 し て一切の責任を負いません。 サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社は、 特許またはその他の権利に基づ く ラ イ セ ン ス を譲渡する こ
と も、 または含意する こ と も あ り ません。 サイ プ レ ス製品は、 サイ プ レ ス と の書面によ る合意に基づ く ものでない限 り 、 医療、 生命維持、 救命、 重要な管理、 または安全の用途のために使用する
こ と を保証する も のではな く 、 また使用する こ と を意図 し た もので も あ り ません。 さ ら にサイ プ レ スは、 誤作動や故障によ っ て使用者に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維持
シ ス テムの重要な コ ンポーネ ン ト と し てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけるあ ら ゆ
る リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
すべてのソ ース コ ー ド ( ソ フ ト ウ ェ アおよび/またはフ ァ ームウ ェ ア ) はサイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ( 以下 「サイ プ レ ス」 ) が所有 し 、 全世界の特許権保護 ( 米国およびその他の国 )、 米国の著
作権法な ら びに国際協定の条項に よ り 保護 さ れ、 かつそれら に従います。 サイ プ レ スが本書面に よ り ラ イ セ ン シーに付与する ラ イ セ ン スは、 個人的、 非独占的かつ譲渡不能の ラ イ セ ン ス であ り 、
適用 さ れる契約で指定 さ れたサイ プ レ スの集積回路 と 併用 さ れる ラ イ セ ン シーの製品のみをサポー ト する カ ス タ ム ソ フ ト ウ ェ アおよび/またはカ ス タ ム フ ァ ームウ ェ ア を作成する目的に限 っ て、
サイ プ レ スの ソ ース コ ー ド の派生著作物を コ ピー、 使用、 変更そ し て作成する ためのラ イ セ ン ス、 な ら びにサイ プ レ スの ソ ース コ ー ド および派生著作物を コ ンパイルする ための ラ イ セ ン スです。
上記で指定 さ れた場合を除き、 サイ プ レ スの書面によ る明示的な許可な く し て本 ソ ース コ ー ド を複製、 変更、 変換、 コ ンパイル、 または表示する こ と はすべて禁止 し ます。
免責条項 : サイ プ レ スは、 明示的または黙示的を問わず、 本資料に関するいかな る種類の保証 も行いません。 こ れには、 商品性または特定目的への適合性の黙示的な保証が含まれますが、 こ れに
限定 さ れません。 サイ プ レ スは、 本文書に記載 さ れる資料に対 し て今後予告な く 変更を加え る権利を留保 し ます。 サイ プ レ スは、 本文書に記載 さ れるいかな る製品または回路を適用または使用 し
た こ と によ っ て生ずるいかな る責任も負いません。 サイ プ レ スは、 誤作動や故障によ っ て使用者に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維持シ ス テムの重要な コ ンポーネ ン ト と し
てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけるあ ら ゆる リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結
果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
ソ フ ト ウ ェ アの使用は、 適用 さ れるサイ プ レ ス ソ フ ト ウ ェ ア ラ イ セ ン ス契約によ っ て制限 さ れ、 かつ制約 さ れる場合があ り ます。
文書番号 : 001-79912 Rev. *A
改訂日 2015 年 7 月 29 日
本書で言及する全ての製品名お よび会社名は、 それぞれの所有者の商標である場合があ り ます。
ページ 25/25
Similar pages