Component - 8-Bit Current DAC (IDAC8) V1.80 Datasheet (Japanese).pdf

®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
1.80
特長
 3 つのレンジ: 2040µA、255µA、31.875µA
 電流吸い込みまたは吐き出し動作の選択可能
 ソフトウェアまたはクロック駆動出力ストローブ
 CPU、DMA、UDB をデータソースに
概要
IDAC8 コンポーネントは 8 ビット電流出力デジタルアナログコンバータです。出力は、3 つのレンジにて電流の吸
い込みまたは吐き出し動作をします。IDAC8 は、ハードウェア、ソフトウェア、その両方の組合せによって制御され
ます。
入出力の接続
ここでは、IDAC8 のさまざまな入出力接続について説明します。I/O 項目のアスタリスク (*) はその I/O が、説明
に挙げられた条件において、回路シンボルに表示されない場合があることを示します。
Iout – アナログ
Iout 端子 (シンボル右側の端子) は DAC の電流源に接続されます。デバイスのアナログ対応ピンに配線するこ
とができます。最大の電流レンジ (2040µA) が選択されると出力は、直結低抵抗配線を提供する特定のピンに
のみ配線する必要があります。これらのポートピンは、P0[6]、P0[7]、P3[0]、 P3[1] です。
Cypress Semiconductor Corporation • 198 Champion Court • San Jose、CA 95134-1709 • 408-943-2600
Document Number: 001-80307 Rev. **
Revised June 4, 2012
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
data[7:0] – 入力 *
この 8 ビット幅のデータ信号は、IDAC8 を DAC バスに直接接続します。DAC バスは、UDB ベースのコンポー
ネントやコントロールレジスタで駆動するか、GPIO ピンに直接配線することができます。Data_Source パラメー
タを DAC Bus に設定してこの入力を有効にします。一方、CPU or DMA オプションを選択する場合は、バス
接続が回路図シンボルから見えなくなります。
ハードウェアが CPU の介入なしに適切な値を設定できる場合は、data[7:0] 入力を使用します。このオプション
を使用する場合は、Strobe Mode を有効にする必要があります。
多くの用途ではこの入力は必要とされませんが、代わりに CPU または DMA がデータレジスタに直接値を書き込
みます。ファームウェアでは、IDAC_SetValue() 関数を使用するか、値を直接 IDAC8_1_Data レジスタに書き
込みます (インスタンス名が"IDAC8_1"の場合)。
en – 入力 *
en 入力は UDB コントロール入力ピンです。このピンをロジック 1 (オン) に接続すると、電流が出力端子に流れ
ます。ロジック 0 (オフ) に接続すると出力端子の電流を停止します。Hardware Enable チェックボックスが選択
される場合はこのピンが表示され、ロジック 1 またはロジック 0 のいずれかに接続する必要があります。
strobe – 入力 *
ストローブ入力はオプションの信号入力で、Strobe Mode パラメータで選択されます。Strobe Mode が
External に設定されると、 ピンが表示され、有効なデジタルソースに接続する必要があります。このモードでは、
データは IDAC8 レジスタから DAC に、ストローブ信号の次の立ち上がりエッジで転送されます。
パラメータが Register Write に設定されると、ピンがシンボルから消えて、データ レジスタの書き込みを直ぐに
DAC へ転送します。
オーディオや定期的なサンプリングの場合は、データを DAC に転送するのに使用した同じクロックを、割り込み発
生に利用することもできます。この場合、クロックの各立ち上がりエッジでデータを DAC へ転送し、DAC レジスタ
にロードされた次の値を取得するための割り込みを発生します。
Ipolarity – 入力 *
ipolarity 入力は UDB コントロール入力ピンです。電流の方向を、負荷に対して吐き出しまたは吸い込みのい
ずれかに決定します。このピンがロジック 0 (吐き出し) に接続される場合は、VSS または VDDA から 1.0V 以下の
電圧に接続された負荷に DAC 出力は電流を流します。 ピンがロジック 1 (吸い込み) に接続される場合、VDD
または VSS から 1.0V 以上の電圧に接続された負荷から電流を吸い込みます。
Page 2 of 23
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
コンポーネントパラメータ
IDAC8 コンポーネントを回路図の上にドラッグし、ダブルクリックして Configure ダイアログを開きます。
IDAC8 コンポーネントには次のパラメータがあります。
Polarity
Polarity パラメータでは、IDAC8 が負荷に対して電流の吐き出しまたは吸い込みのいずれの動作をするか選
択します。Positive (Source) 設定を選択する場合は、VSS または VDDA から 1.0V 以下の電圧に接続され
た負荷に DAC 出力は電流を流します。Negative (Sink) 設定の場合、VDD または VSS から 1.0V 以上の電
圧に接続された負荷から電流を吸い込みます。選択された極性に従って、シンボルは電流の方向を示します。
Hardware Controlled 設定は、UDB コントロールから電流の方向を Source または Sink に制御するとき
に使います。ロジック 0 入力(吐き出し) は、Source として電流方向を指定します。ロジック 1 入力(吸い込み)
Document Number: 001-80307 Rev. **
Page 3 of 23
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
は、Sink として指定します。Hardware Controlled が選択される場合は、"ipolarity"ピンが入力として表示
されます。
Range
3 つの電流レンジから初期設定を指定します。レンジは、IDAC8_SetRange() 関数により実行中に変更する
ことができます。最大の電流レンジ 0 – 2040 uA を選択する場合、出力を低抵抗配線を提供する特定のピン
に配線する必要があります。これらのピンは、P0[6]、P0[7]、P3[0]、P3[1] になります。
レンジ
最小値
最大値
1LSBの大きさ
0 – 31.875 uA
0.0µA
31.875µA
0.125µA
0 – 255 uA
0.0µA
255µA
1µA
0 – 2040 uA
0.0µA
2040µA
8µA
Value
これは、IDAC8_Start() コマンドが実行された後 IDAC8 が供給する初期値です。IDAC_SetValue() 関数ま
たは DAC レジスタへの直接書き込みにより、いつでも初期値を上書きできます。有効な値は 0 から FF です。
uA フィールド は、マイクロアンペア単位で IDAC8 出力電流を表します。8 bit Hex は、IDAC8 入力データ値
を 16 進数形式で表しています。
Data Source
DAC レジスタに書き込むデータソースを選択します。CPU (ファームウェア) または DMA がデータを IDAC8 へ書
き込む場合は、CPU or DMA (Data Bus)を選択します。UDB または UDB ベースコンポーネントから直接
データを書き込ませる場合は、DAC Bus を選択します。DAC Bus が選択されると、入力が IDAC8 シンボル
に表示されます。DAC バスは 1 つしかないため、複数の IDAC が独立したハードウェア (UDB) データソースを持
つことはできません。Data Source が DAC Bus として設定されると、Configure ダイアログは Strobe Mode
を External に自動的に設定し、変更できないようにオプションを無効にします。
注 PSoC 5 シリコンの場合、DAC に新しい値を書き込むと、DAC 出力が不定値になることがあります。所望
の値を出力するには、同じ値で DAC に 2 回書き込むかストローブします。最初の書き込みが不定出力になる
場合があるので、2 回の書き込みの間隔は最小にしてください。これは、CPU、DMA、ストローブによる書き込み
の場合に適用されます。API IDAC8_SetValue() は与えられた値を 2 回書き込んで、CPU 書き込みでのこの
問題を軽減します。
Speed
このパラメータには、Low Speed と High Speed の設定があります。低速モードではセトリング時間が長くなり
ますが動作電流は少なくなります。高速モードではセトリング時間は短くなりますが、引き換えに動作電流が多く
なります。
Page 4 of 23
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
Strobe Mode
データが IDAC8 データレジスタに書き込まれたら、データを即座に DAC に書き込むかどうか選択します。
Register Write オプションを選択する場合にこのモードを選択します。External オプションを選択すると、UDB
のクロックまたは信号が、DAC レジスタから実際の DAC へデータを書き込む時間を制御します。
Hardware Enable
出力端子で電流をオンまたはオフに切り換える UDB コントロールを提供します。入力としてのロジック 1 (オン) は、
出力端子から電流が流れることを指定します。入力としてのロジック 0 (オフ) は、出力端子から電流が流れない
ことを指定します。Hardware Enable チェックボックスを選択すると、"en"ピンが入力として表示されます。
リソース
デジタルブロック
API メモリ(バイト)
アナログブロック
データパス
マクロセル
ステータス
レジスタ
コントロール
レジスタ
Counter7
フラッシュ
RAM
ピン(外部入出
力ごと)
1 VIDAC 固定ブ
ロック
該当せず
該当せず
該当せず
該当せず
該当せず
417
3
1
IDAC8 は 1 つの vIDAC8 アナログブロックを使用します。
アプリケーションプログラミングインタフェース
アプリケーションプログラミングインターフェース (API) ルーチンにより、ソフトウェアを使用してコンポーネントを設定で
きます。次の表は、各関数へのインターフェースとその説明を示しています。続くセクションでは、各関数について
詳しく説明します。
初期設定では、PSoC Creator は、ユーザの回路図に最初に配置されたコンポーネントのインスタンス名として
"IDAC8_1"を割り当てます。インスタンスの名称は、識別子の文法ルールに従って固有の名前に変更できます。
インスタンス名は、すべてのグローバル関数名、変数名、定数名の接頭辞になります。便宜上、次の表では
"IDAC8"というインスタンス名を使用します。
関数
説明
IDAC8_Start()
IDAC8 を Configure ダイアログの設定に従って初期化します。IDAC8 を有効にし
て電源を入れます。
IDAC8_Stop()
IDAC8 を無効にして、最小電力状態に設定します。
IDAC8_SetSpeed()
DAC 速度を設定します。
IDAC8_SetPolarity()
出力モードを電流の吸い込みまたは吐き出しに設定します。
Document Number: 001-80307 Rev. **
Page 5 of 23
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
関数
説明
IDAC8_SetRange()
IDAC8 にレンジを設定します。
IDAC8_SetValue()
与えれたレンジの 0 から 255 までの値を設定します。
IDAC8_Sleep()
動作を停止し、ユーザ設定を保存します。
IDAC8_WakeUp()
ユーザ設定を復元し、有効にします。
IDAC8_Init()
初期化をするか、初期設定の IDAC8 設定を復元します。
IDAC8_Enable()
IDAC8 を有効にします。
IDAC8_SaveConfig()
現在の設定を保存します。
IDAC8_RestoreConfig()
設定を復元します。
グローバル変数
変数
IDAC8_initVar
説明
IDAC8 の初期化が済んでいるかを示します。変数は、0 に初期化され、最初に IDAC8_Start() が呼び出され
ると 1 にセットされます。これにより、IDAC8_Start() ルーチンを最初に呼び出した後で、再初期化を行うことなく、
コンポーネントを再起動できます。
コンポーネントが初期化する必要がある場合は、IDAC8_Init() 関数を IDAC8_Start() または
IDAC8_Enable() 関数の前に呼び出します。
void IDAC8_Start(void)
機能:
これは、コンポーネントの動作を開始する際に推奨される方法です。IDAC8_Start() は initVar 変数を設
定し、IDAC8_Init() 関数を呼び出し、IDAC8_Enable() 関数を呼び出します。IDAC8 を有効にして、指
定の電力レベルに電源を入れます。電力レベル 0 は、Stop 関数の実行と同じです。
パラメータ:
なし
返り値:
なし
注意事項:
initVar 変数がすでにセットされている場合、この関数は IDAC8_Enable() 関数を呼び出すだけです。
void IDAC8_Stop(void)
機能:
IDAC8 を最小電力状態にして、出力を無効にします。
パラメータ:
なし
返り値:
なし
注意事項:
なし
Page 6 of 23
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
void IDAC8_SetSpeed(uint8 speed)
機能:
DAC 速度を設定します。
パラメータ:
uint8 speed: DAC 速度を設定します。有効なパラメータは以下の表を参照してください。
パラメータ
説明
IDAC8_LOWSPEED
低速 (電力小)
IDAC8_HIGHSPEED
高速 (電力大)
返り値:
なし
注意事項:
なし
void IDAC8_SetPolarity(uint8 polarity)
機能:
出力極性を吸い込みまたは吐き出しに設定します。Polarity パラメータが Sink または Source に設定され
ている場合にのみ、この関数は有効です。
パラメータ:
uint8 polarity: 吸い込み電流源か吐き出し電流源の機能を選択します。以下の表を参照してください。
パラメータ
説明
IDAC8_SOURCE
モードを吐き出し電流源として設定します。
IDAC8_SINK
モードを吸い込み電流源として設定します。
返り値:
なし
注意事項:
なし
void IDAC8_SetRange(uint8 range)
機能:
IDAC8 にレンジを設定します。
パラメータ:
uint8 range: IDAC8 にレンジを設定します。レンジは以下の表を参照してください。
パラメータ
説明
IDAC8_RANGE_32uA
レンジを 31.875µA に設定します
IDAC8_RANGE_255uA
レンジを 255µA に設定します
IDAC8_RANGE_2mA
レンジを 2.040mA に設定します
返り値:
なし
注意事項:
なし
Document Number: 001-80307 Rev. **
Page 7 of 23
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
void IDAC8_SetValue(uint8 value)
機能:
IDAC8 出力の値を設定します。有効な値は 0 ~ 255 までです。
パラメータ:
uint8 value: 0 ~ 255 の値。0 は最小値 で、255 はフルスケールの値です。フルスケールの値は、レンジに
よって異なります。レンジは IDAC8_SetRange() API で選択されます。
返り値:
なし
注意事項:
PSoC 3 ES2、PSoC 3 Production、PSoC 5 では、IDAC8 の電源を有効にした後で
IDAC8_SetValue() 関数を呼び出します。
void IDAC8_Sleep(void)
機能:
これは、コンポーネントのスリープを準備するのに推奨される API です。IDAC8_Sleep() API は、現在のコ
ンポーネントの状態を保存します。次に、IDAC8_Stop() 関数を呼び出し、IDAC8_SaveConfig() を呼び
出してハードウェア設定を保存します。
CyPmSleep() および CyPmHibernate()関数を呼び出す前に、IDAC8_Sleep() 関数を呼び出します。
電源管理関数については、PSoC Creator System Reference Guide を参照してください。
パラメータ:
なし
返り値:
なし
注意事項:
なし
void IDAC8_Wakeup(void)
機能:
これは、コンポーネントを IDAC8_Sleep() が呼び出されたときの状態に復元するための推奨 API です。
IDAC8_Wakeup() 関数は、設定を復元するために IDAC8_RestoreConfig() 関数を呼び出します。
IDAC8_Sleep() 関数が呼び出される前にコンポーネントが有効であった場合、IDAC8_Wakeup() 関数
もコンポーネントを再度有効にします。
パラメータ:
なし
返り値:
なし
注意事項:
あらかじめ IDAC8_Sleep() または IDAC8_SaveConfig() 関数を呼び出すことなく IDAC8_Wakeup()
関数を呼び出すと、予期しない動作をする可能性があります。
Page 8 of 23
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
void IDAC8_Init(void)
機能:
Configure ダイアログの設定に従って、コンポーネントを初期化または復元します。IDAC8_Start() API が
IDAC8_Init() 関数を呼び出すので、この関数を呼び出す必要はありません。これはコンポーネントの動作を
開始する際に推奨される方法です。
パラメータ:
なし
返り値:
なし
注意事項:
全レジスタは、Configure ダイアログの設定に従って、値が設定されます。これによって、コンポーネントが再
初期化されます。既にレジスタにある value 値とは別の value 値を設定したい場合は、IDAC8_Init() 関
数呼び出しには、IDAC8_SetValue() を呼び出す必要があります。
void IDAC8_Enable(void)
機能:
ハードウェアの使用を開始し、コンポーネントの動作を開始します。IDAC8_Start() API が
IDAC8_Enable() 関数を呼び出すので、この関数を呼び出す必要はありません。これはコンポーネントの動
作を開始する際に推奨される方法です。
パラメータ:
なし
返り値:
なし
注意事項:
なし
void IDAC8_SaveConfig(void)
機能:
この関数は、コンポーネントの設定と保持されないレジスタを保存します。この関数は、Configure ダイアログ
で定義されている、または該当する API で変更される、現在のコンポーネントパラメータも保存します。この
関数は、IDAC8_Sleep() 関数に呼び出されます。
パラメータ:
なし
返り値:
なし
注意事項:
なし
void IDAC8_RestoreConfig(void)
機能:
この関数は、コンポーネントの設定と保持されないレジスタを復元します。また、この関数はコンポーネントの
パラメータ値を IDAC8_Sleep() 関数を呼び出す前の状態に復元します。
パラメータ:
なし
返り値:
なし
注意事項:
IDAC8_Sleep() または IDAC8_SaveConfig() 関数を呼び出す前に、この関数を呼び出した場合、予
期しない挙動を示すことがあります。
Document Number: 001-80307 Rev. **
Page 9 of 23
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
ファームウェアソースコードのサンプル
PSoC Creator は、Find Example Project ダイアログに、回路図およびサンプルコードを含む多くのサンプルプ
ロジェクトを提供しています。コンポーネント特有のサンプルを見るには、Component Catalog または回路図に
置いたコンポーネントインスタンスからダイアログを開きます。一般的なサンプルについては、Start Page または
File メニューからダイアログを開きます。必要に応じてダイアログにある Filter Options を使用し、選択できるプ
ロジェクトのリストを絞り込みます。
詳しくは、PSoC Creator ヘルプの Find Example Project を参照してください。
機能の詳細
IDAC8 の機能は PSoC vidac ブロックを使用して実装されます。このブロックは、電圧または電流出力の 8 ビッ
トデジタルアナログ変換の能力があります。IDAC8 からの出力はシングルエンドです。図 1 はそのブロック図です。
図 1. ブロック図
VDDA
VCC(Regulated)
Calibration Mirror
Reference
Current Source
DAC Value Mirror
1x, 2x ... 255x (8 bit)
ISOURCE Range
1/8x, 1x, 8x
Scaler
IOUT
ISINK Range
1/8x, 1x, 8x
IDAC8 を吸い込み電流源または吐き出し電流源として使用できます。IDAC8 はカレントミラー回路により構築
されています。基準電流源から IDAC8 ミラー回路に電流がコピーされます。キャリブレーションカレントミラーと
Value カレントミラーは、8 ビットの較正と 8 ビット IDAC8 の Value の管理をします。次に電流はスケーラに送ら
れ、IDAC8 の Value に応じた電流を生成します。IDAC8 Value は、IDAC8 データレジスタから取得するか、
UDB の 8 本のバスラインから取得することができます。IDAC8 は最高 8Msps で変換でき、正弦波を生成しま
す。
2 つのカレントミラーは、吸い込み電流源か吐き出し電流源を提供します。IDAC8 は以下の 3 つのレンジのい
ずれかで動作するよう設定することができます。


0 ~ 2.040mA、8μA/ビット
0 ~ 255μA、1μA/ビット
Page 10 of 23
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート

8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
0 ~ 31.875μA、0.125μA/ビット
各レンジには、M/256 の 255 の等間隔のステップがあります。ここに M は 2.040mA、255μA、31.875μA です。
1.0V の最小ヘッドルーム要件が満たされる限り、出力は任意の抵抗または固定電圧に供給できます。つまり、
吐き出し電流の最大電圧は VDDA – 1.0V で、吸い込み電流の最小電圧は VSSA + 1.0V になります。
入力コードに応じて出力を変化させるために IDAC8 がストローブされます。バス書き込みストローブ、アナログク
ロック ストローブ、または任意の UDB 信号ストローブから IDAC8 のストローブソースを選択することができます。
DMA
IDAC8 コンポーネントに DMA 要求信号の実装は必要ありません。IDAC8 コンポーネントへのデータレートは外
部から制御されます。DMA ウィザードは以下のように DMA 動作を設定するのに使用することができます。
DMA ウィザードの DMA ソース/
デスティネーションの名前
DMA Req
Signal
方向
Destination 該当せず
IDAC8_Data_PTR
DMA Req
Type
説明
該当せず
DAC 値 0 ~ 255 を格納します
レジスタ
API が、ほとんどの用途に必要とされる機能を提供しています。次のレジスタリファレンスに上級者向けの簡単な
説明を記します。IDAC8 レジスタは API を使用せず、データを直接 DAC に書き込むために使用することができ
ます。これは CPU または DMA のいずれかを利用する際に便利なことがあります。
IDAC8_CR0
ビット
7
6
値



5
予約済み
4
3
mode
2
range[1:0]
1
0
hs
予約済み
mode: DAC を電圧モードまたは電流モードのいずれかに設定します
range[1:0]: DAC レンジ設定
hs: データ速度を設定します
IDAC8_CR1
ビット
値

7
6
予約済み
5
4
3
2
1
0
mx_data
reset_udb_e
n
mx_idir
idirbit
Mx_ioff
ioffbit
mx_data: データソースを選択します
Document Number: 001-80307 Rev. **
Page 11 of 23
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)





reset_udb_en: DAC リセットイネーブル
mx_idir: DAC 電流の方向コントロールのマルチプレクサ選択
idirbit: DAC 電流の方向のレジスタソース
mx_off: DAC 電流のオフコントロールのマルチプレクサ選択
ioffbit: DAC 電流オフのレジスタソース
IDAC8_DATA
ビット
7
6
5
値

4
3
2
1
0
Data[7:0]
Data[7:0]: DAC データレジスタ
PSoC 3 DC/ AC 電気的特性
特記なき場合: 標準は、25℃, VDDA = 5.0V、ヘッドルーム = 1.0V 以上。仕様は 0 ~ 31.875µA、0 ~
255µA、0 ~ 2.04mA のすべての範囲に適用。
IDAC8 DC 特性
記号
項目
条件
単位
Min
Typ
Max
–
–
8
ビット
レンジ = 2.040mA、コード = 255、
VDDA  2.7V、RLOAD = 600 
–
2.040
–
mA
レンジ = 2.040mA、High モード、
コード = 255、VDDA  2.7V、
RLOAD = 300 
–
2.040
–
mA
レンジ = 255µA、コード = 255、
RLOAD = 600 
–
255
–
µA
レンジ = 31.875µA、コード = 255、RLOAD
= 600 
–
31.875
–
µA
単調増加性
–
–
あり
Ezs
ゼロスケール誤差
–
0
±1
Eg
利得誤差
レンジ = 2.04mA、25°C
–
–
±2.5
%
レンジ = 255µA, 25°C
–
–
±2.5
%
分解能
IOUT
Page 12 of 23
コード = 255 の出力電流
LSB
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
記号
TC_Eg
INL
DNL
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
項目
利得誤差の温度係数
積分非直線性
微分非直線性
条件
単位
Min
Typ
Max
レンジ = 31.875µA, 25°C
–
–
±3.5
%
レンジ = 2.04mA
–
–
0.04
%/°C
レンジ = 255µA
–
–
0.04
%/°C
レンジ = 31.875µA
–
–
0.05
%/°C
吸い込みモード、レンジ = 255µA、
コード 8 ~ 255、RLOAD = 2.4k、
CLOAD = 15pF
–
±0.9
±1
LSB
吐き出しモード、レンジ = 255µA、
コード 8 ~ 255、RLOAD = 2.4k、
CLOAD = 15pF
–
±1.2
±1.5
LSB
吸い込みモード、レンジ = 255µA、
RLOAD = 2.4k、CLOAD = 15pF
–
±0.3
±1
LSB
吐き出しモード、レンジ = 255µA、
RLOAD = 2.4k、CLOAD = 15pF
–
±0.3
±1
LSB
1
–
–
V
1.0%
–
µA
Vcompliance
電圧降下、吐き出しまたは吸
い込みモード
最大電流での電圧ヘッドルーム、RLOAD か
ら VDDA 、RLOAD から VSSA 、VDDA から
VDIFF
Idev
電圧依存電流偏差
吐き出しモード、VOUT = 0.0V
吸い込みモード、VOUT = VDD
IDD
動作電流、
コード = 0
低速モード、吐き出しモード、
レンジ = 31.875µA
–
44
100
µA
低速モード、吐き出しモード、
レンジ = 255µA,
–
33
100
µA
低速モード、吐き出しモード、
レンジ = 2.04mA
–
33
100
µA
低速モード、吸い込みモード、
レンジ = 31.875µA
–
36
100
µA
低速モード、吸い込みモード、
レンジ = 255µA
–
33
100
µA
低速モード、吸い込みモード、
レンジ = 2.04mA
–
33
100
µA
高速モード、吐き出しモード、
レンジ = 31.875µA
–
310
500
µA
高速モード、吐き出しモード、
レンジ = 255µA
–
305
500
µA
Document Number: 001-80307 Rev. **
–
Page 13 of 23
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
記号
項目
条件
単位
Min
Typ
Max
高速モード、吐き出しモード、
レンジ = 2.04mA
–
305
500
µA
高速モード、吸い込みモード、
レンジ = 31.875µA
–
310
500
µA
高速モード、吸い込みモード、
レンジ = 255µA
–
300
500
µA
高速モード、吸い込みモード、
レンジ = 2.04mA
–
300
500
µA
図
0.5
0.5
0.25
0.25
Bits
INL-DAC コード、レンジ = 255µA、吸い込みモード
Bits
INL-DAC コード、レンジ = 255µA、吐き出しモード
0
0
-0.25
-0.25
-0.5
-0.5
-0.75
-0.75
-1
-1
-1.25
255 uA INL Source
-1.5
-1.25
256uA INL SNK
-1.5
0
32
64
96
128
160
192
Code
224
256
INL-DAC コード、レンジ = 2.040mA、吐き出しモード
0
64
96
128
160
Code
192
224
256
INL-DAC コード、レンジ = 2.040mA、吸い込みモード
0.5
0.25
0.25
Bits
0.5
Bits
32
0
0
-0.25
-0.25
-0.5
-0.5
-0.75
-0.75
-1
-1
-1.25
-1.25
2mA INL Source
-1.5
2mA INL Sink
-1.5
0
32
Page 14 of 23
64
96
128
160
Code
192
224
256
0
32
64
96
128
160
Code
192
224
256
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
DNL-DAC コード、レンジ = 31.875µA、吐き出しモード
DNL-DAC コード、レンジ = 31.875µA、吸い込みモード
0.15
0.15
0.1
0.1
0.05
0.05
Bits
0.2
Bits
0.2
0
0
-0.05
-0.05
-0.1
-0.1
-0.15
-0.15
-0.2
0
32
64
96
128
160
Code
23uA DNL
Source
192 224
256
DNL-DAC コード、レンジ = 255µA、吐き出しモード
Series1
-0.2
0
0.15
0.1
0.1
0.05
0.05
Bits
0.15
Bits
0.2
0
-0.05
-0.1
-0.1
0
32
64
96
128 160
Code
255uA DNL
Source
192 224 256
DNL-DAC コード、レンジ = 2.04mA、吐き出しモード
192
224
256
255uA DNL Sink
-0.2
0
32
64
96
128
160
Code
192
224
256
DNL-DAC コード、レンジ = 2.04mA、吸い込みモード
0.15
0.15
0.1
0.1
0.05
0.05
Bits
0.2
Bits
128 160
Code
-0.15
0.2
0
0
-0.05
-0.05
-0.1
-0.1
-0.15
96
0
-0.05
-0.2
64
DNL-DAC コード、レンジ = 255µA、吸い込みモード
0.2
-0.15
32
-0.15
2mA DNL Source
-0.2
2mA DNL Sink
-0.2
0
32
64
96
128 160
Code
Document Number: 001-80307 Rev. **
192
224
256
0
32
64
96
128 160
Code
192
224
256
Page 15 of 23
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
IDAC INL-温度、レンジ = 255µA、高速モード
IDAC DNL-温度、レンジ = 255µA、高速モード
0.5
2.0
1.8
0.4
1.6
Source
mode
Sink mode
DNL, LSB
INL, LSB
1.4
1.2
1.0
0.8
Sink mode
0.3
Source
mode
0.2
0.6
0.1
0.4
0.2
0.0
0.0
-40
-20
0
20
40
60
-40
80
-20
0
Temperature, °C
3.0
3.0
2.5
2.5
2.0
2.0
1.5
1.0
0.5
0.0
Fast mode
-0.5
80
1.5
1.0
0.5
Fast mode
0.0
-0.5
-1.0
-1.0
-40
-20
0
20
40
60
80
-40
-20
0
20
Temperature, °C
40
60
80
Temperature, °C
IDAC 動作電流-温度、レンジ = 255µA、コード = 0、吐き出
しモード
IDAC 動作電流-温度、レンジ = 255µA、コード = 0、吸い込
みモード
400
400
350
350
Fast mode
Operating Current, µA
Operating Current, µA
60
IDAC フルスケール誤差-温度、レンジ = 255µA、吸い込み
モード
Full Scale Error, %
Full Scale Error, %
IDAC フルスケール誤差-温度、レンジ = 255µA、吐き出し
モード
20
40
Temperature, °C
300
250
200
150
100
Slow mode
50
Fast mode
300
250
200
150
100
Slow mode
50
0
0
-40
-20
0
20
40
Temperature, °C
Page 16 of 23
60
80
-40
-20
0
20
40
60
80
Temperature, °C
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
公称値からの電流偏差(FSR の %)-Vout 、Vdd = 5.5V、T =
25°C
% of FSR
0.0
-0.2
-0.4
-0.6
-0.8
-1.0
-1.2
Range 32uA, Code 255
Range 32uA, Code 128
Range 255uA, Code 255
Range 255uA, Code 128
Range 2.04mA, Code 255
Range 2.04mA, Code 128
-1.4
-1.6
-1.8
-2.0
0.0
1.0
2.0
3.0
4.0 Vout 5.0
IDAC8 AC 特性
記号
項目
条件
単位
Min
Typ
Max
–
–
8
IDAC レンジ設定を問わず(IOUT)、フルスケール
遷移、600  負荷、
CL = 15pF、高速モード
–
–
125
ns
IDAC レンジ設定を問わず(IOUT)、フルスケール
遷移、600  負荷、
CL = 15pF、高速モード
–
–
1000
ns
高速モード、吐き出しモード、レンジ =
2040µA、コード = 255、VDDA = 5V、10kHz
–
2.7
–
nA/rtHz
In255 µA
高速モード、吐き出しモード、レンジ = 255µA、
コード = 255、VDDA = 5V、10kHz
–
340
–
pA/rtHz
In32 µA
高速モード、吐き出しモード、レンジ =
31.875µA、コード = 255、VDDA = 5V、10kHz
–
40
–
pA/rtHz
FDAC
更新レート
TSETTLE
0.5LSBまでのセトリング タイ
ム
In2040 µA
雑音電流
Document Number: 001-80307 Rev. **
Msps
Page 17 of 23
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
図
ノイズ-周波数、2040µA
ノイズ-周波数、255µA
100000
Scale = 2040 µA, Code = 255
Scale = 2040 µA, Code = 64
100000
10000
10000
pA/rtHz
pA/rtHz
1000
1000
Scale = 255 µA, Code = 255
Scale = 255 µA, Code = 64
100
100
Current Noise proportional to Scale * Code
10
0.01
0.1
1
kHz 10
100
1000
Current Noise proportional to Scale * Code
10
0.01
0.1
1 kHz 10
100
1000
ノイズ-周波数、32µA
100000
Scale = 32 µA, Code = 255
Scale = 32 µA, Code = 64
10000
pA/rtHz
1000
Current Noise proportional to Scale * Code
100
10
0.01
Page 18 of 23
0.1
1
kHz 10
100
1000
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
PSoC 5 DC/ AC 電気的特性
特記なき場合: 標準は、25°C, VDDA = 5.0V、ヘッドルーム = 1.0V 以上。仕様は 0 ~ 31.875µA、0 ~
255µA、0 ~ 2.04mA のすべての範囲に適用。
記号
項目
条件
単位
Min
Typ
Max
–
–
8
ビット
レンジ = 2.040mA、コード = 255、
RLOAD = 600 
–
2.040
–
mA
レンジ = 255µA、コード = 255、
RLOAD = 600 
–
255
–
µA
レンジ = 31.875µA、コード = 255、RLOAD
= 600 
–
31.875
–
µA
単調増加性
–
–
あり
Ezs
ゼロスケール誤差
–
0
±2.5
Eg
利得誤差
–
–
±5
TC_Eg
利得誤差の温度係数
レンジ = 2.04mA
–
–
0.04
%/°C
レンジ = 255µA
–
–
0.04
%/°C
レンジ = 31.875µA
–
–
0.05
%/°C
分解能
IOUT
コード = 255 の出力電流
LSB
%
INL
積分非直線性
レンジ = 255µA、
コード 8 ~ 255、RLOAD = 600、
CLOAD = 15pF
–
–
±3
LSB
DNL
微分非直線性
レンジ = 255µA、
RLOAD = 600、CLOAD = 15pF
–
–
±1.6
LSB
Vcompliance
電圧降下、吐き出しまたは吸
い込みモード
最大電流での電圧ヘッドルーム、VDDA へ
RLOAD、または VSSA へ RLOAD、VDDA から
VDIFF
1
–
–
V
IDD
動作電流、
コード = 0
低速モード、吐き出しモード、
レンジ = 31.875µA
–
44
100
µA
低速モード、吐き出しモード、
レンジ = 255µA,
–
33
100
µA
低速モード、吐き出しモード、
レンジ = 2.04mA
–
33
100
µA
低速モード、吸い込みモード、
レンジ = 31.875µA
–
36
100
µA
低速モード、吸い込みモード、
レンジ = 255µA
–
33
100
µA
Document Number: 001-80307 Rev. **
Page 19 of 23
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
記号
項目
条件
単位
Min
Typ
Max
低速モード、吸い込みモード、
レンジ = 2.04mA
–
33
100
µA
高速モード、吐き出しモード、
レンジ = 31.875µA
–
310
500
µA
高速モード、吐き出しモード、
レンジ = 255µA
–
305
500
µA
高速モード、吐き出しモード、
レンジ = 2.04mA
–
305
500
µA
高速モード、吸い込みモード、
レンジ = 31.875µA
–
310
500
µA
高速モード、吸い込みモード、
レンジ = 255µA
–
300
500
µA
高速モード、吸い込みモード、
レンジ = 2.04mA
–
300
500
µA
図
INL-DAC コード、レンジ = 255µA、吸い込みモード
1
1
0.5
0.5
INL, LSB
INL, LSB
INL-DAC コード、レンジ = 255µA、吐き出しモード
0
-0.5
0
-0.5
-1
-1
0
32
64
96
128
160
Code, 8-bit
Page 20 of 23
192
224
256
0
32
64
96
128
160
192
224
256
Code, 8-bit
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
DNL-DAC コード、レンジ = 255µA、吐き出しモード
DNL-DAC コード、レンジ = 255µA、吸い込みモード
0.5
0.5
DNL, LSB
1
DNL, LSB
1
0
0
-0.5
-0.5
-1
-1
0
32
64
96
128
160
192
224
0
256
32
64
96
160
192
224
256
Code, 8-bit
Code, 8-bit
IDAC INL-温度、レンジ = 255µA、高速モード
IDAC DNL-温度、レンジ = 255µA、高速モード
1
0.2
Source
Mode
Sink Mode
0.5
Sink Mode
DNL, LSB
INL, LSB
128
0
Source
Mode
0.1
-0.5
-1
-40
-20
0
20
40
Temperature, °C
60
80
-40
IDAC フルスケール誤差-温度、レンジ = 255µA、吐き出し
モード
2
2
1.5
1.5
1
1
0.5
0
-0.5
-1
-1.5
-20
0
20
40
Temperature, °C
60
80
IDAC フルスケール誤差-温度、レンジ = 255µA、吸い込み
モード
Full Scale Error, %
Full Scale Error, %
0
0.5
0
-0.5
-1
-1.5
-2
-40
-20
0
20
40
Temperature, °C
Document Number: 001-80307 Rev. **
60
80
-2
-40
-20
0
20
40
Temperature, °C
60
80
Page 21 of 23
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
IDAC 動作電流-温度、レンジ = 255µA、コード = 0、吐き出
しモード
IDAC 動作電流-温度、レンジ = 255µA、コード = 0、吸い
込みモード
400
400
350
Fast Mode
Operating Current, µA
Operating Current, µA
350
300
250
200
150
100
Slow Mode
50
Fast Mode
300
250
200
150
100
Slow Mode
50
0
0
-40
-20
0
20
40
Temperature, °C
60
80
-40
-20
0
20
40
Temperature, °C
60
80
IDAC8 AC 特性
記号
項目
条件
Typ
Max
–
–
5.5
Msps
ns
FDAC
更新レート
TSETTLE
0.5LSBまでのセトリング タ
イム
レンジ = 31.875µA または 255µA、フルスケール遷
移、高速モード、600Ω 15pF 負荷
–
–
180
In255 µA
雑音電流
高速モード、吐き出しモード、レンジ = 255µA、
コード = 255、VDDA = 5V、10kHz
–
340
–
Page 22 of 23
単位
Min
pA/sqrtHz
Document Number: 001-80307 Rev. **
®
PSoC Creator™ コンポーネントデータシート
8 ビット電流 DA コンバータ(IDAC8)
コンポーネントの変更
ここでは、過去のバージョンからコンポーネントに加えられた主な変更を示します。
変更の説明
1.80
変更の理由 / 影響
Updated IDAC8 カスタマイザ GUI を更新。 UDB コントロールで電流方向 (ソースまたはシンク) と電流フロー (オン
ハードウェア制御とハードウェア イネーブル オプ またはオフの切り替え) を制御できるようになりました。
ションを追加。
PSoC 5 DC と AC 電気的特性の仕様を
データシートに追加。
データシートのマイナーな編集と更新
1.70
1.60
PSoC 5 対応に IDAC8_Stop() API を変
更
PSoC 5 と併用する場合、コンポーネントの停止時に独立したアナロ
グ信号への影響を防御するため。
IDAC8 マスタマイザ GUI の更新

uA フィールドに浮動小数点の入力を可能にするため。

データ ソースが DAC Bus として選択される場合、ストローブ
モードを外部に強制するため。

IDAC8 GUI を VDAC8 GUI に準拠させるため。
GUI 設定エディタを追加
以前の設定ウィンドウは、使用しやすい十分な情報がありませんでし
た。
データシートに特性データを追加
データシートのマイナーな編集と更新
1.50
Sleep/Wakeup (スリープ/ウェイクアップ) と
Init/Enable (初期化/イネーブル) API を追
加。
低消費電力モードをサポートし、ほとんどのコンポーネントの初期化と
有効化の制御を分離する共通インターフェースを提供するため。
コンポーネントに DMA 能力ファイルを追加し
ました。
このファイルにより、PSoC Creator の DMA ウィザード ツールで
IDAC8 がサポートされるようになります。
Copyright © 2005-2012 Cypress Semiconductor Corporation 本文書に記載される情報は、予告なく変更される場合があります。Cypress Semiconductor Corporationは、サイプレス製品に組み込まれた回路以
外のいかなる回路を使用することに対しても一切の責任を負いません。特許又はその他の権限下で、ライセンスを譲渡又は暗示することもありません。サイプレス製品は、サイプレスとの書面による合意に基づくものでない限り、
医療、生命維持、救命、重要な管理、又は安全の用途のために仕様することを保証するものではなく、また使用することを意図したものでもありません。さらにサイプレスは、誤動作や故障によって使用者に重大な傷害をもた
らすことを合理的に予想される、生命維持システムの重要なコンポーネンツとしてサイプレス製品を使用することを許可していません。生命維持システムの用途にサイプレス製品を供することは、製造者がそのような使用におけ
るあらゆるリスクを負うことを意味し、その結果サイプレスはあらゆる責任を免除されることを意味します。
PSoC Designer™及びProgrammable System-on-Chip™は、Cypress Semiconductor Corp.の商標、PSoC®は同社の登録商標です。本文書で言及するその他全ての商標又は登録商標は各社の所有物です。
全てのソースコード(ソフトウェア及び/又はファームウェア)はCypress Semiconductor Corporation (以下「サイプレス」)が所有し、全世界(米国及びその他の国)の特許権保護、米国の著作権法並びに国際協定の条項に
より保護され、かつそれらに従います。サイプレスが本書面によるライセンシーに付与するライセンスは、個人的、非独占的かつ譲渡不能のライセンスであって、適用される契約で指定されたサイプレスの集積回路と併用される
ライセンシーの製品のみをサポートするカスタムソフトウェア及び/又はカスタムファームウェアを作成する目的に限って、サイプレスのソースコードの派生著作物を複製、使用、変更、そして作成するためのライセンス、並びにサイプ
レスのソースコード及び派生著作物をコンパイルするためのライセンスです。上記で指定された場合を除き、サイプレスの書面による明示的な許可なくして本ソースコードを複製、変更、変換、コンパイル、又は表示することは
全て禁止されます。
免責条項:サイプレスは、明示的又は黙示的を問わず、本資料に関するいかなる種類の保証も行いません。これには、商品性又は特定目的への適合性の黙示的な保証が含まれますが、これに限定されません。サイプレス
は、本文書に記載される資料に対して今後予告なく変更を加える権利を留保します。サイプレスは、本文書に記載されるいかなる製品又は回路を適用又は使用したことによって生ずるいかなる責任も負いません。サイプレス
は、誤動作や故障によって使用者に重大な傷害をもたらすことが合理的に予想される生命維持システムの重要なコンポーネンツとしてサイプレス製品を使用することを許可していません。生命維持システムの用途にサイプレス
製品を供することは、製造者がそのような使用におけるあらゆるリスクを負うことを意味し、その結果サイプレスはあらゆる責任を免除されることを意味します。
ソフトウェアの使用は、適用されるサイプレスソフトウェアライセンス契約によって制限され、かつ制約される場合があります。
Document Number: 001-80307 Rev. **
Page 23 of 23
Similar pages