CYBL10X6X Programmable Radio-on-Chip With Bluetooth Low Energy (PRoC BLE) Datasheet (Japanese).pdf

暫定版
CYBL10X6X フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
Bluetooth Low Energy 対応のプ ログ ラ
マ ブル ラ ジオオ ン チ ッ プ (PRoC BLE)
概要
PRoC BLE は CapSense®、 12 ビ ッ ト の ADC、 4 個の タ イ マー/カ ウン タ ー/パルス幅変調器 (TCPWM)、 36 個の GPIO、 2 個の
シ リ アル通信ブ ロ ッ ク (SCB) 、LCD お よび I2S を備えた 32 ビ ッ ト の 48MHz ARM® Cortex®-M0 BLE ソ リ ュ ーシ ョ ン です。PRoC BLE
は Bluetooth® 4.1 と 互換性のある ロ イ ヤルテ ィ フ リ ー BLE ス タ ッ ク を内蔵 し てお り 、 HID、 リ モ コ ン、 玩具、 ビー コ ンおよび無線
充電器に対応 し た完全にプ ロ グ ラ ム可能で柔軟な ソ リ ュ ーシ ョ ン を提供 し ます。 こ れら のア プ リ ケーシ ョ ン に加え て、 PRoC BLE
は任意のシ ス テムに BLE 接続を追加する簡単で低 コ ス ト な方法も 提供 し ます。
特長
Bluetooth® の優れた接続性
■
Bluetooth 4.1 のシ ングルモー ド デバイ ス
■ 集積バラ ン を備えた 2.4GHz の BLE 無線通信お よびベースバ
ンド
■ TX 出力電力 : –18dBm ~ +3dBm
■ 受信信号強度 (RSSI): 1dB 分解能
■ RX 感度 : –89dBm
■ TX 電流 : 15.6mA (0dBm 時 )
■ RX 電流 : 16.4mA
■
■
■
■
ク ロ ッ ク、 リ セ ッ ト および電源
■
■
ARM Cortex-M0 CPU コ ア
最大動作周波数 48MHz、 シ ン グル サイ ク ルの 32 ビ ッ ト 乗算
機能付き 32 ビ ッ ト プ ロ セ ッ サ (0.9DMIPS/MHz)
■ 128KB のフ ラ ッ シ ュ メ モ リ
■ 16KB の SRAM メ モ リ
■ フ ラ ッ シ ュ メ モ リ を使用 し てエ ミ ュ レー ト し た EEPROM
■ 専用の内部低速振動子 (ILO) を備えたウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ
マー
■
超低消費電力
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド 時 : 1.3µA でウ ォ ッ チ水晶振動子
(WCO) が有効
■ ハイバネー ト モー ド 時 : 150nA で SRAM 保持が有効
■ ス ト ッ プ モー ド 時 : 60nA で GPIO ウ ェ イ ク ア ッ プが有効
■
2 本指のジ ェ スチ ャ ーに対応 し た CapSense® タ ッ チ セ
ンシング
ボ タ ン、ス ラ イ ダーおよび タ ッ チパ ッ ド 用に最大 36 個の静電
容量セ ンサー
■ 2 本指のジ ェ スチ ャ ー : ス ク ロール、 慣性ス ク ロール、 ピ ン
チ、 ス ト レ ッ チおよびエ ッ ジ スワ イ プ
■ サイ プ レ スの静電容量シグマ - デル タ (CSD) は ク ラ ス最高の
SNR (>5:1) と 耐水性を提供
■ ハー ド ウ ェ アによ る自動チ ュ ーニ ングのアルゴ リ ズム
(SmartSense™)
■
■
■
内部 リ フ ァ レ ン ス電圧、 サン プル&ホール ド (S/H) および
チ ャ ネル シーケ ンサーを備えた 12 ビ ッ ト 、 1Msps の SAR
ADC
■
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド での実行時に最大 128 個のセグ メ ン
ト に対応 し た超低消費電力 LCD セグ メ ン ト 駆動
Cypress Semiconductor Corporation
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
•
広範囲な電源電圧範囲 : 1.9V ~ 5.5V
3MHz ~ 48MHz の内部 メ イ ン振動子 (IMO) ( 精度 : 2%)
負荷容量無 し の 24MHz の外部ク ロ ッ ク振動子 (ECO)
32kHz の WCO
プ ロ グ ラ マ ブル GPIO
■
■
オープ ン ド レ イ ン HIGH/LOW、 プルア ッ プ/プルダウン、
HI-Z、 またはス ト ロ ング (Strong) 出力 と し て 36 の GPIO を
設定可能
柔軟な ピ ン配線によ り 、 任意の GPIO ピ ンが CapSense、
LCD またはアナログ ピ ン と し て対応可能
プ ロ グ ラ ミ ン グおよびデバ ッ グ
■
■
2 ピ ン SWD
イ ン シ ス テム フ ラ ッ シ ュ プ ロ グ ラ ミ ン グをサポー ト
温度お よびパ ッ ケージ
■
■
動作温度範囲 : –40°C ~ +85°C
56 ピ ン QFN (7mm × 7mm) および 68 ボール WLCSP
(3.52mm × 3.91mm) パ ッ ケージで出荷
PSoC® Creator™ の設計環境
■
■
BLE のア プ リ ケーシ ョ ン を設定、 開発、 プ ログ ラ ム、 試験す
るのに使い易い IDE
デザイ ン を Keil、 IAR または Eclipse にエ ク スポー ト 可能
Bluetooth Low Energy プ ロ ト コ ル ス タ ッ ク
■
ペ リ フ ェ ラル
■
I2C ( マス タ ー/ス レーブ ) 、SPI ( マス タ ー/ス レーブ ) または
UART をサポー ト する 2 個のシ リ アル通信ブ ロ ッ ク (SCB)
4 個の専用 16 ビ ッ ト TCPWM
❐ 追加で4個の8 ビ ッ ト PWM または2個の16 ビ ッ ト PWM を装
備
1.8V ~ 4.5V の範囲で プ ログ ラ ム可能な低電圧検出 (LVD)
I2S マス タ ー イ ン タ ー フ ェ ース
■
198 Champion Court
Bluetooth Low Energy プ ロ ト コ ル ス タ ッ クは一般ア ク セス プ
ロ フ ァ イル (GAP) セ ン ト ラル、 ペ リ フ ェ ラル、 オブザーバー
またはブ ロー ド キ ャ ス タ ーの役割に対応
❐ 動作中にセ ン ト ラルの役割 と ペ リ フ ェ ラルの役割を切 り 替
える
相互運用に対応 し た標準 Bluetooth Low Energy プ ロ フ ァ イル
およびサービ ス
❐ 特定のユースケース用のカ ス タ ム プ ロ フ ァ イルおよびサー
ビス
•
San Jose, CA 95134-1709
•
408-943-2600
改訂日 2015 年 1 月 28 日
暫定版
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
目次
ブ ロ ッ ク お よび機能 ........................................................... 3
CPU サブ シス テム ...................................................... 4
BLE サブ シス テム ....................................................... 4
シ ス テム リ ソ ース サブ シ ス テム ................................ 4
ペ リ フ ェ ラル ブ ロ ッ ク ............................................... 5
ピ ン配置 ............................................................................. 8
電源 .................................................................................. 13
低消費電力モー ド ...................................................... 13
開発サポー ト .................................................................... 15
ド キ ュ メ ン ト ............................................................. 15
オ ン ラ イ ン ................................................................ 15
ツール ........................................................................ 15
キ ッ ト ........................................................................ 15
電気的仕様 ........................................................................ 16
絶対最大定格 ............................................................. 16
BLE サブ シス テム ..................................................... 16
デバイ ス レ ベルの仕様 ............................................. 19
アナログ ペ リ フ ェ ラル ............................................. 24
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
デジ タ ル ペ リ フ ェ ラル ............................................. 26
メ モ リ ........................................................................ 29
シ ス テム リ ソ ース ..................................................... 29
注文情報 ........................................................................... 33
型番の命名規則 ......................................................... 33
パ ッ ケージ ........................................................................ 35
略語 .................................................................................. 37
本書の表記法 .................................................................... 39
測定単位 .................................................................... 39
変更履歴 ........................................................................... 40
セールス、 ソ リ ュ ーシ ョ ンおよび法律情報 ..................... 41
ワール ド ワ イ ド な販売 と 設計サポー ト ..................... 41
製品 ........................................................................... 41
PSoC® ソ リ ュ ーシ ョ ン ............................................ 41
サイ プ レ ス開発者コ ミ ュ ニ テ ィ ................................ 41
テ ク ニ カル サポー ト ................................................. 41
ページ 2/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
ブ ロ ッ ク および機能
CYBL10X6X のブ ロ ッ ク 図は、 図 1 に示 し ます。 主なサブ シ ス テムは 5 つある : CPU サブ シス テム、 BLE サブ シ ス テム、 シ ス テム
リ ソ ース、 ペ リ フ ェ ラル ブ ロ ッ ク および I/O サブ シス テム。
図 1. ブ ロ ッ ク図
PRoC BLE フ ァ ミ リ は、 ハー ド ウ ェ ア と フ ァ ームウ ェ アの両方
のプ ログ ラ ミ ング、 テ ス ト 、 デバ ッ グ処理、 および ト レースの
幅広いサポー ト を備え ています。 完全なデバ ッ グ オ ン チ ッ プ
(DoC) 機能によ り 、 標準の量産デバイ ス を使用 し た最終シ ス テ
ムでデバイ スの完全なデバ ッ グ処理が可能にな り ます。 専用の
イ ン タ ー フ ェ ース、 デバ ッ ギング ポ ッ ド 、 シ ミ ュ レー タ 、 ある
いはエ ミ ュ レー タ は不要です。 デバ ッ グに完全に対応する ため
に必要な ものは、 通常のプ ログ ラ ミ ングに使 う 接続だけです。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
PSoC Creator IDE は、PRoC BLE デバイ ス用の完全に統合 さ れ
たプ ログ ラ ミ ング と デバ ッ グのサポー ト を提供 し ます。SWD イ
ン タ ー フ ェ ースは、 業界標準のサー ド パーテ ィ 製ツール と 完全
互換性があ り ます。 また、 PRoC BLE は SWD イ ン タ ー フ ェ ー
スのデ ィ スエーブルをサポー ト し 、 堅牢な フ ラ ッ シ ュ保護機能
を備えています。
ページ 3/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
CPU サブ シ ス テム
CPU
CYBL10X6X デバイ スはエネルギー効率の良い ARM Cortex-M0
32 ビ ッ ト プ ロ セ ッ サに基づいてお り 、 低消費電力、 高性能、 お
よび 16 ビ ッ ト の Thumb 命令の使用によ り 縮小 さ れた コ ー ド サ
イ ズを提供 し ます。 Cortex-M0 はシ ングル サイ クルの 32 ビ ッ
ト 乗算を含むシ ングル サイ ク ルの 32 ビ ッ ト 算術および論理演
算を実行で き る。 し たが っ て、 性能を向上 さ せ られます。 32 個
の割 り 込み ラ イ ン を備えた緊密統合のネス ト 型ベ ク タ 割 り 込み
コ ン ト ロー ラ ー (NVIC) を内蔵する こ と によ り 、 Cortex-M0 は
低レ イ テ ン シ と 確定的な割 り 込み応答を実現で き ます。
また、CPU は 2 線式の JTAG である 2 ピ ンのシ リ アル ワ イヤー
デバ ッ グ (SWD) イ ン タ ー フ ェ ース も 備え ています。 デバ ッ グ
回路はデ フ ォル ト で有効に さ れてお り 、 フ ァ ームウ ェ ア でのみ
無効にする こ と がで き ます。 無効に し た場合、 それら を再び有
効にする唯一の方法は、 デバイ ス全体を消去 し 、 フ ラ ッ シ ュ保
護を解除 し 、 デバ ッ グ処理を有効にする新 し い フ ァ ームウ ェ ア
でデバイ ス を再プ ログ ラ ムする こ と です。 さ ら に、 デバ ッ グ ピ
ン を GPIO ピ ン と し て も使用で き ます。 デバイ スは効果的なデ
バ ッ グに対応 し た 4 つのブ レー ク ポ イ ン ト と 2 つのウ ォ ッ チポ
イ ン ト を持っ ています。
フ ラ ッ シュ
デバイ スは、 フ ラ ッ シ ュ モ ジ ュ ールか らの平均ア ク セス時間を
改善する ために CPU に密結合 さ れた、フ ラ ッ シ ュ ア ク セ ラ レー
タ を備えた 128KB フ ラ ッ シ ュ メ モ リ を持 っ ています。 フ ラ ッ
シ ュ モ ジ ュ ールは、 48MHz で 1 ウ ェ イ ト ス テー ト (WS) ア ク
セス時間、24 MHz で 0 WS ア ク セス時間に対応 し ています。 フ
ラ ッ シ ュ ア ク セ ラ レー タ はシ ングル サイ ク ル SRAM のア ク セ
ス性能の平均 85% を達成 し ます。 必要に応 じ て、 EEPROM 動
作を エ ミ ュ レ ー ト す る ために フ ラ ッ シ ュ モ ジ ュ ールの一部を
使用する こ と がで き ます。
フ ラ ッ シ ュ消去 と プ ログ ラ ミ ング処理 ( 最大消去 と プ ログ ラ ミ
ング時間が行当た り に 20ms) では、 内蔵の主発振器 (IMO) を
48MHz に設定 し ます。 こ れは、エ ミ ュ レー ト EEPROM に も 適
用で き ます。他の IMO 周波数で動作するペ リ フ ェ ラルが影響を
受ける ため、 シ ス テム設計の際には この問題に注意する必要が
あ り ます。 フ ラ ッ シ ュのプ ログ ラ ミ ング中にペ リ フ ェ ラルに変
更が生 じ る こ と な く 動作を継続 し た場合、 IMO を 48MHz に設
定 し 、 こ の周波数から 分周 し てペ リ フ ェ ラル ク ロ ッ ク を派生 し
ます。
SRAM
低消費電力 16KB SRAM メ モ リ はハイバネー ト モー ド で も その
内容を保持 し ます。
ROM
8KB 監視 ROM は、 フ ラ ッ シ ュ プ ログ ラ ミ ング用に実行可能な
関数の ラ イ ブ ラ リ を含んでいます。 これ ら の関数は監視呼び出
し (SVC) によ り ア ク セス さ れ、 フ ラ ッ シ ュ メ モ リ のイ ン シ ス
テム プ ログ ラ ミ ング を可能に し ます。
テ ス ト モー ド (DTM) は、標準 Bluetooth テ ス タ を使用 し て無線
性能を テ ス ト する ために含まれて ます。
物理層は、モデムおよび 2.4GHz ISM バン ド を介 し て 1Mbps で
BLE パケ ッ ト を送受信する RF ト ラ ン シーバーから 成 り ます。
送信方向では、 こ のブ ロ ッ クは GFSK 変調を行っ た後、 BLE パ
ケ ッ ト のデジ タ ル ベースバン ド 信号を無線周波数に変換 し て
から ア ン テナから 送信 し ます。 受信方向では、 こ のブ ロ ッ ク は
GFSK復調を行っ た後、ア ン テナからのRF信号をデジ タ ル ビ ッ
ト ス ト リ ームに変換 し ます。
RF ト ラ ン シーバーは、 パイ マ ッ チ ネ ッ ト ワー ク を介 し て 50Ω
のア ン テナ端子を駆動する シ ングルエ ン ド RF ポー ト ピ ン を提
供する集積バラ ン を備えています。 出力電力は、 消費電流を異
な る ア プ リ ケーシ ョ ン用に最適化する ために–18dBm~+3dBm
で プ ログ ラ ム可能です。
Bluetooth Low Energy プ ロ ト コ ル ス タ ッ ク は BLE サブ シ ス テ
ムを使用 し 、 以下の特長を持っ ています。
■ リ ン ク層 (LL)
❐ マス タ ー と ス レーブの役割
❐ 128 ビ ッ ト AES エ ン ジ ン
❐ 暗号化
❐ 低デ ュ ーテ ィ 比通知 (Bluetooth 4.1 の機能 )
❐ LE Ping (Bluetooth 4.1 の機能 )
■ 論理 リ ン ク制御 と 適応プ ロ ト コ ル (L2CAP)、 属性プ ロ フ ァ イ
ル (ATT)、 セキ ュ リ テ ィ マネージ ャ (SM) プ ロ ト コ ルを持つ
Bluetooth Low Energy 4.1 シ ン グルモー ド プ ロ ト コ ル ス タ ッ
ク
■ マス タ ー と ス レーブの役割
■ 一般属性プ ロ フ ァ イル (GATT)、 一般ア ク セス プ ロ フ ァ イル
(GAP)、 および L2CAP への API ア ク セス
■ L2CAP 接続向けチ ャ ネル (Bluetooth 4.1 の機能 )
■ GAP 機能
❐ ブ ロー ド キ ャ ス タ ー、 オブザーバー、 ペ リ フ ェ ラル、 セ ン
ト ラルの役割
❐ セキ ュ リ テ ィ モー ド 1: レ ベル 1、 2、 3
❐ セキ ュ リ テ ィ モー ド 2: レ ベル 1、 2
❐ ユーザー定義の通知デー タ
❐ 複数の接続に対応
■ GATT 機能
❐ GATT ク ラ イ ア ン ト と サーバー
❐ GATT サブ プ ロ シージ ャ に対応
❐ 32 ビ ッ ト ユニバーサル ユニー ク 識別子 (UUID) (Bluetooth
4.1 の機能 )
■ セキ ュ リ テ ィ マネージ ャ (SM)
❐ ペア リ ング方法 : Just Works、 Passkey Entry、 Out of Band
❐ 認証済みの中間者攻撃 (MITM) 保護 と デー タ 署名 (data
signing)
■ SIG が採用 し たすべての BLE プ ロ フ ァ イル
シ ス テム リ ソ ース サブ シ ス テム
BLE サブ シ ス テム
電源
BLE サブ シ ス テムは リ ン ク 層エ ン ジ ン と 物理層か ら 成 り ます。
リ ン ク層エ ン ジ ンはマス タ ー と ス レーブ両方の役割に対応 し て
います。 リ ン ク層エ ン ジ ンは、 消費電力を削減する ためのハー
ド ウ ェ ア内の暗号化な ど タ イ ム ク リ テ ィ カルな機能を実行 し 、
プ ロ セ ッ サ介入 と 最小限に し 、 高性能を実現 し ます。 ホス ト コ
ン ト ロール イ ン タ ー フ ェ ース (HCI) や リ ン ク 制御な どの重要な
プ ロ ト コル要素は フ ァ ームウ ェ アに実装 さ れます。 ダ イ レ ク ト
電源ブ ロ ッ ク は、 異な る ブ ロ ッ ク に必要な電圧レ ベルを供給す
る内部 LDO を含んでいます。電力シ ス テムは POR、BOD、LVD
回路も 含んでいます。 POR 回路は、 電源が適切な レ ベルで安定
化 さ れ、 ク ロ ッ ク が使用で き る よ う に な る ま で デバ イ ス を リ
セ ッ ト 状態に維持 し ます。 BOD 回路は、 電源電圧が低すぎてデ
バ イ スが正常に動作で き ない時にデバ イ ス を リ セ ッ ト し ます。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 4/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
LVD 回路は、 電源電圧がユーザーが選択で き る レ ベル以下に低
下する と 、 割 り 込みを生成 し ます。
外部水晶振動子 (ECO)
外部ア ク テ ィ ブ LOW リ セ ッ ト ピ ン (XRES) はデバイ ス を リ
セ ッ ト するのに使用で き ます。 XRES ピ ンは内部プルア ッ プ抵
抗に接続 し てお り 、 ほ と んどのア プ リ ケーシ ョ ン で追加のプル
ア ッ プ抵抗を必要 と し ません。 電力シ ス テムは、 13 ページの
「電源」 の節で詳 し く 説明 さ れます。
ECO は、 Bluetooth 4.1 仕様で指定 さ れた ±50ppm ク ロ ッ ク 精
度要件を満たすために BLE サブ シ ス テムのア ク テ ィ ブ ク ロ ッ
ク と し て使用 さ れます。 ECO は、 実際のク ロ ッ ク 周波数を測定
する こ と で水晶ク ロ ッ ク 周波数を調整する ための調整可能な負
荷コ ンデンサを備えています。 高精度 ECO ク ロ ッ ク を シ ス テ
ム ク ロ ッ ク と し て使用する こ と も で き ます。
ク ロ ッ ク制御
ウ ォ ッ チ水晶振動子 (WCO)
PRoC BLE の ク ロ ッ ク シ ス テムは、すべてのサブ シ ス テムに ク
ロ ッ ク を供給 し 、グ リ ッ チ を発生 さ せずに異な る ク ロ ッ ク ソ ー
ス間で切 り 替え る こ と を担当 し ます。 PRoC BLE のク ロ ッ ク 制
御は IMO と 内部低速振動子 (ILO) を含んでいます。 24MHz 外
部水晶振動子 (ECO) と 32kHz WCO を使用 し ます。 また、 ピ ン
から外部 ク ロ ッ ク を供給する こ と があ り ます。
WCO は、Bluetooth 4.1 仕様で指定 さ れた ±500ppm ク ロ ッ ク 精
度要件を満たすために BLE サブ シ ス テムのス リ ープ ク ロ ッ ク
と し て使用 さ れます。 ス リ ープ ク ロ ッ ク は正確な ス リ ープ タ
イ ミ ン グ を 提供 し 、 指定 さ れた通知 と 接続間隔でのウ ェ イ ク
ア ッ プ を可能に し ます。WCO および フ ァ ームウ ェ アによ り 、正
確な リ アル タ イム ク ロ ッ ク (32.768KHz 水晶振動子の精度範囲
以内 ) は実現で き ます。
デバイ スは、 16 分周出力を持 っ ている 12 個の分周器を備えて
います。 その中の 2 個は追加の分数分周能力を持っ ています。
HFCLK 信号は図 2 のよ う に分周 さ れ、 異な るペ リ フ ェ ラル用
の シ ス テ ム ク ロ ッ ク (SYSCLK) と ペ リ フ ェ ラ ル ク ロ ッ ク
(PERx_CLK) を生成 し ます。 バス、 レ ジ ス タ 、 プ ロ セ ッ サを駆
動する シ ス テム ク ロ ッ ク (SYSCLK) は、シ ス テム内のあ ら ゆる
HFCLK か ら分周 し た ク ロ ッ ク よ り 大き く なければな り ません。
ECO と WCO は BLE サブ シ ス テム内にあ り 、 ク ロ ッ ク 出力は
シ ス テム リ ソ ースへ駆動 さ れています。
内部主振動子 (IMO)
IMO は一次シ ス テム ク ロ ッ ク ソ ースであ り 、 1MHz のス テ ッ
プ で 3 MHz ~ 48 MHz の間で調整で き ます。IMO の精度は ±2%
です。
内部低速振動子 (ILO)
ILO は非常に低消費電力の 32KHz 振動子であ り 、 デ ィ ープ ス
リ ープ モー ド でペ リ フ ェ ラ ルの動作用に ク ロ ッ ク を生成す る
ために主に使用 さ れます。 ILO 制御のカ ウン タ ーは、 精度を改
善する ために IMO に校正する こ と がで き ます。 サイ プ レ スは、
校正を実行す る ソ フ ト ウ ェ ア コ ン ポーネ ン ト を提供 し てい ま
す。
図 2. ク ロ ッ ク制御
BLE
Subsystem
HFCLK
ECO
Prescaler
Divider
/2 n (n=0..3)
Divider 0
(/16)
SYSCLK
電圧 リ フ ァ レ ン ス
精度 1% の内部バン ド ギ ャ ッ プ リ フ ァ レ ン ス回路は 12 ビ ッ ト
SAR ADC 用の電圧 リ フ ァ レ ン ス を提供 し ます。 SNR と 絶対精
度を改善する ために、REF ピ ン を使っ て内部バン ド ギ ャ ッ プ リ
フ ァ レ ン ス をバイパスする、 または SAR 用に外部 リ フ ァ レ ン
ス を使用する こ と がで き ます。
ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー (WDT)
ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マーは、ILO を ク ロ ッ ク ソ ース と し て動作
す る シ ス テム リ ソ ース サブ シ ス テムに実装 さ れています。 こ
れによ り 、ウ ォ ッ チ ド ッ グがデ ィ ープ ス リ ープ モー ド で も 動作
で き、 タ イムアウ ト が発生する前にウ ォ ッ チ ド ッ グが処理 さ れ
なか っ た場合に リ セ ッ ト が生成 さ れます。 ウ ォ ッ チ ド ッ グ リ
セ ッ ト は 「Reset Cause」 ( リ セ ッ ト 原因 ) レ ジ ス タ に記録 さ れ
ます。
ペ リ フ ェ ラル ブロ ッ ク
12 ビ ッ ト SAR ADC
こ のデバイ スの ADC は、 サン プル ホール ド (S/H) 回路を内蔵
し た 12 ビ ッ ト の 1Msps SAR ADC です。 ADC は内部電圧 リ
フ ァ レ ン ス または外部電圧 リ フ ァ レ ン スで動作で き ます。
SAR ADC の前には SARMUX があ り ます。 こ れは、 外部ピ ンお
よび内部信号 ( アナロ グ マルチ プ レ クサ バス と 温度セ ンサー出
力 ) を SAR ADC の 8 本の内部チ ャ ネルへシーケ ンサ コ ン ト
ロー ラ ー (SARSEQ) は、SARMUX と SAR ADC を制御 し 、CPU
介入無 し ですべての有効にな っ たチ ャ ネルに対 し て自動スキ ャ
ン を行い、 出力デー タ の平均化な どの前処理 タ ス ク を実行 し ま
す。 サイ プ レ スが提供 し た ソ フ ト ウ ェ ア ド ラ イバー ( コ ンポー
ネ ン ト ) は ADC ペ リ フ ェ ラルを制御する ために使用 さ れます。
図 3. SAR ADC のシ ス テム図
PER0_CLK
Control
Configure
Registers
IMO
Divider 9
(/16)
P3.0 – P3.7
EXTCLK
Fractional
Divider 0
(/16.5)
WCO
Fractional
Divider 1
(/16.5)
ILO
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
SARSEQ
AHB, DSI
VPLUS
SARMUX
SARADC
Data
Sequencer
V MINUS
PER15_CLK
SARREF
LFCLK
Analog Mux
Bus A/B
Vrefs
Ref-bypass
ページ 5/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
ダ イ オー ド ベースの内蔵温度セ ンサーはダ イ の温度 を測定す
る ために使用 さ れます。 温度セ ンサーは、 校正 と 線形化を含む
サイ プ レ スが提供 し た ソ フ ト ウ ェ ア を使用 し て読み出 し をデジ
タ ル化 し 温度値を生成する ADC に接続 さ れます。
4x タ イ マー/カ ウン タ ー/ PWM (TCPWM)
16 ビ ッ ト TCPWM モ ジ ュ ールは、 PWM 出力を生成 し た り 、 入
力信号のエ ッ ジの タ イ ミ ングを取 り 込んだ り 、 タ イ マ機能を実
行 し た り する ために使用 さ れます。 また TCPWM は、 ア ッ プ、
ダウン、 ア ッ プ/ダウン カ ウン ト モー ド に対応する 16 ビ ッ ト
カ ウン タ ー と し て も使用で き ます。
すべてのハー ド ウ ェ ア入力信号の立ち上が り エ ッ ジ、 立ち下が
り エ ッ ジ、 立ち上が り エ ッ ジ と 立ち下が り エ ッ ジの組み合わせ
の検出、 またはパススルーは、 カ ウン タ ー イ ベン ト を発生 さ せ
る ために使用で き ます。 ア ン ダー フ ロー、 オーバー フ ロー、 カ
ウン タ ー/比較値の一致イ ベン ト を示す 3 本の駆動 さ れた出力
信号があ り ます。 最大 4 個の TCPWM があ り ます。
4x PWM
これらの PWM は TCPWM に加えた ものです。 PWM ペ リ フ ェ
ラルは 8 ビ ッ ト または 16 ビ ッ ト 分解能に設定で き ます。 PWM
は、 ハー ド ウ ェ ア内の単一または連続 タ イ ミ ング と 制御信号を
生成する ために比較出力を提供 し ます。 また、 CPU 介入を最小
限に し て複雑な リ アル タ イ ム イ ベ ン ト を正確に発生 さ せる簡
単な方法 も提供 し ます。 最大 4 個の 8 ビ ッ ト PWM または最大
2 個の 16 ビ ッ ト PWM があ り ます。
シ リ アル通信ブ ロ ッ ク (SCB0/SCB1)
SCB は I2C、 UART、 または SPI イ ン タ ー フ ェ ースに設定で き
ます。 こ れは、 CPU 介入を減少 さ せる ために送信 と 受信バ ッ
フ ァ 用に 8 バイ ト FIFO に対応 し ています。 最大 2 個の SCB
(SCB0、 SCB1) があ り ます。
I2C モー ド : I2C ペ リ フ ェ ラルは、NXP I2C バス仕様 と ユーザー
マ ニ ュ アル (UM10204) で定義 さ れた通 り に I2C 標準モー ド 、
フ ァ ース ト モー ド 、 フ ァ ース ト モー ド プ ラ スのデバイ ス と 互
換性があ り ます。 I2C バス I/O は、 オープ ン ド レ イ ン モー ド に
ある GPIO を使 っ て実装 さ れます。
ハー ド ウ ェ ア I2C ブ ロ ッ クは完全なマルチマス タ ー と ス レーブ
イ ン タ ー フ ェ ース を実装 し ま す ( マルチ マ ス タ ーのア ー ビ ト
レーシ ョ ンが可能 )。 こ のブ ロ ッ クは、 最大 1Mbps ( フ ァ ース
ト モー ド プ ラ ス ) で動作で き、 CPU 用の割 り 込みオーバヘ ッ
ド と レ イ テ ン シ を削減す る ためにバ ッ フ ァ リ ン グ オ プ シ ョ ン
を柔軟に選択で き ます。 I2C 機能はサイ プ レ スが提供 し た ソ フ
ト ウ ェ ア コ ンポーネ ン ト (EzI2C) を使 っ て実行 さ れます。 こ れ
は、 PRoC BLE の メ モ リ で メ ールボ ッ ク ス範囲を作っ て メ モ リ
ア レ イへの読み書きの I2C 通信を効果的に削減 し ます。 更に、
ブ ロ ッ クは送受信用に 8 バイ ト FIFO に も対応 し ています。 こ
れは、 CPU がデー タ を読み出す一定の時間を増加する こ と で、
時間通 り に CPU が読み出すデー タ がな い こ と に起因 し た ク
ロ ッ ク ス ト レ ッ チの必要性を大幅に低減 し ます。
SCB0 を使用 し た場合、 I2C のシ リ アル デー タ (SDA) と シ リ ア
ル ク ロ ッ ク (SCL) は、P0.4 と P0.5 または P1.4 と P1.5 または
P3.0 と P3.1 に接続 し ます。
SCB1 を使用 し た場合、 SDA と SCL は、 P0.0 と P0.1 または
P3.4 と P3.5 または P5.0 と P5.1 に接続 し ます。
I2C の コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ンは以下の通 り です。
2
■ I C がア ク テ ィ ブ時の通信中にホ ッ ト スワ ッ プ機能が使用 さ
れる場合を除いて、 SCB1 は、 GPIO ピ ン P5.0 と P5.1 に配
線 さ れた場合、 標準モー ド (100kHz)、 フ ァ ース ト モー ド
(400kHz)、 および フ ァ ース ト モー ド プ ラ ス (1MHz) の I2 信
号方式仕様に完全に準拠 し ています。
■ P5.0 と P5.1 に配線 さ れない場合、 SCB1 は標準 モー ド
(100kHz) にのみ準拠 し ています。
■ SCB0 は、 標準モー ド (100kHz) にのみ準拠 し ています。
UART モー ド : こ れは最大 1Mbps で動作する フル機能の UART
です。 車載向けシ ングル ワ イヤー イ ン タ ー フ ェ ース (LIN)、 赤
外線イ ン タ ー フ ェ ース (IrDA)、 SmartCard (ISO7816) プ ロ ト コ
ルに対応 し ています。 また、 共通の RX と TX ラ イ ン を介 し て
接続 し たペ リ フ ェ ラルのア ド レ ス指定を可能にする 9 ビ ッ ト マ
ルチ プ ロ セ ッ サ モー ド に対応 し ています。 UART ハー ド ウ ェ ア
フ ロ ー制御に対応 し て お り 、 デー タ を 失 う リ ス ク を 冒 さ ずに
UART を 介 し て 低速 と 高速デバ イ ス を 互い に通信 さ せ ま す。
UART の GPIO へのあ り 得る接続は、11 ページの表 4 を参照 し
て く だ さ い。
SPI モー ド : SPI モー ド は Motorola® SPI、 Texas Instruments®
セキ ュ ア シ ン プル ペア リ ング (SSP) (SPI コ デ ッ ク の同期化用
の開始パルス を本質的に追加 )、 National Microwire ( 半二重の
SPI) に完全に対応 し ています。 SPI 機能は、 デー タ 交換を メ モ
リ 内のア レ イへの読み書き ま で簡略化する、 サイ プ レ スが提供
し た ソ フ ト ウ ェ ア コ ン ポーネ ン ト (EzSPI) に よ り 実行 さ れま
す。 SPI の GPIO へのあ り 得る接続は、 11 ページの表 4 を参照
し て く だ さ い。
IC 間サウン ド バス (I2S)
IC 間サウン ド バス (I2S) は、 デジ タ ル音響機器間を接続する た
めに使用する シ リ アル バス イ ン タ ー フ ェ ース規格です。 こ の
仕様は Philips® セ ミ コ ン ダ ク タ によ っ て提供 さ れています (I2S
バス仕様 ; 1986 年 2 月、 1996 年 6 月 5 日改定 )。
I2S はマス タ ー モー ド でのみ動作 し 、独立 し たデー タ バイ ト ス
ト リ ームを持つ ト ラ ン ス ミ ッ タ (TX) と レ シーバ (RX) に対応 し
ています。 バイ ト ス ト リ ームは、 先に最上位バイ ト でパ ッ ク さ
れています。 各サン プル ( 左または右チ ャ ネル用のサン プル )
に使用するバイ ト 数は、 サン プルを保持する ための最小バイ ト
数です。
LCD
LCD コ ン ト ロー ラ ーは、 最大 4 コ モ ン信号 と 最大 32 セグ メ ン
ト 信号を駆動で き ます。 フ ル デジ タ ル方法を使用 し て LCD セ
グ メ ン ト を駆動 し 、 超低消費電力を実現 し ます。 2 つの方法は、
デジ タ ル相関 と PWM と 呼ばれています。
デジ タ ル相関方法は、 最高 RMS 電圧を生成 し てセグ メ ン ト を
点灯 さ せる、 または RMS 信号を 0 に維持する ために コ モ ン と
セグ メ ン ト の周波数 と レ ベルを変調する こ と です。 こ の方法は
STN デ ィ ス プ レ イ に適 し ていますが、( よ り 安い ) TN デ ィ ス プ
レ イ に対 し てはコ ン ト ラ ス ト が減少する こ と があ り ます。
PWM 方式は、 所望の LCD 電圧を生成する ために PWM 信号に
よ り パネルを駆動 し パネルの静電容量を効果的に使用 し て変調
さ れたパルス幅を提供する こ と です。 こ の方法は消費電力を増
加 し ますが、 TN デ ィ ス プ レ イ を駆動する際には良い結果を出
し ます。
LCD 動作はデ ィ ープ ス リ ープ モー ド 中にデ ィ ス プ レ イ用の小
さ いバ ッ フ ァ (4 ビ ッ ト ;ポー ト 毎に 1 つの 32 ビ ッ ト レ ジ ス タ
) を リ フ レ ッ シ ュ する こ と でサポー ト さ れます。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 6/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
CapSense
I/O サブ シス テム
CapSense は、アナロ グ マルチ プ レ ク サ バス を介 し ていかな る
GPIO に も 接続で き る シグマ - デル タ (CSD) ブ ロ ッ ク によ り あ
ら ゆる GPIO でサポー ト さ れています。 いかな る GPIO ピ ン も
アナログ ス イ ッ チ を介 し てアナログ マルチ プ レ ク サ バスに接
続で き ます。 従っ て、 CapSense 機能は ソ フ ト ウ ェ ア で制御 さ
れて、 シ ス テム内のいかな る使用可能な ピ ンやピ ン グループに
も 提供す る こ と がで き ます。 ユーザーの便宜のために、 PSoC
Creator 内の ソ フ ト ウ ェ ア コ ンポーネ ン ト が CapSense ブ ロ ッ
ク に用意 さ れています。 シール ド 電圧は、 耐液機能を実現する
ために他のマルチ プ レ ク サ バス上で駆動する こ と がで き ます。
シール ド 電極を検知電極 と 同位相で駆動する こ と で、 シール ド
静電容量が検知 さ れた入力を減衰 さ せる こ と を防ぎ ます。
GPIO ブ ロ ッ ク を含む I/O サブ シ ス テムは以下のも のを実装 し
ます :
■ 8 つの ド ラ イ ブ能力モー ド :
❐ アナログ入力モー ド ( 入力 と 出力バ ッ フ ァ が無効 )
❐ 入力のみ
❐ 弱プルア ッ プ、 強プルダウン
❐ 弱プルア ッ プ、 弱プルダウン
❐ 強プルア ッ プ、 弱プルダウン
❐ 強プルア ッ プ、 強プルダウン
❐ オープ ン ド レ イ ン、 強プルダウン
❐ オープ ン ド レ イ ン、 強プルア ッ プ
■ ポー ト ピ ン : 36
■ 入力閾値セ レ ク ト (CMOS または LVTTL)
■ ド ラ イ ブ能力モー ド 以外に、 入力 と 出力バ ッ フ ァ の個別制御
( イ ネーブル/デ ィ スエーブル )
■ 前のス テー ト を ラ ッ チする ためのホール ド モー ド ( デ ィ ープ
ス リ ープ モー ド と ハイバネー ト モー ド で I/O ス テー ト を維
持する ため )
■ EMI を改善する ための dV/dt 用の選択可能なスルー レー ト
■ GPIO ピ ン P5.0 と P5.1 は過電圧耐性を提供
■ GPIO ピ ン (P5.0 と P5.1 を含む ) は、ホ ッ ト スワ ッ プや、シ ス
テムの残 り の部分から独立 し て電源投入が可能
ジ ェ ス チ ャ ーに対応 し た CapSense ト ラ ッ ク パ ッ ド / タ ッ チ
パ ッ ド は以下の特長を持 っ ています :
■ 1 本指 と 2 本指 タ ッ チのア プ リ ケーシ ョ ンに対応
■ 最大 35 個の X/Y セ ンサー 入力
■ ジ ェ スチ ャ ー検出ラ イ ブ ラ リ を含む :
❐ 1 本指 タ ッ チ : ト レース、 パン、 ク リ ッ ク、 ダブルク リ ッ ク
❐ 2 本指 タ ッ チ : パン、 ク リ ッ ク 、 ズーム
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 7/41
暫定版
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
ピ ン配置
表 1 は、 CYBL10X6X デバイ スのピ ン リ ス ト を示 し ます。
表 1. CYBL10X6X ピ ン リ ス ト (QFN パ ッ ケージ )
ピン
1
ピ ン名
VDDD
タ イプ
2
XTAL32O/P6.0
クロッ ク
32.768kHz 水晶
3
XTAL32I/P6.1
クロッ ク
32.768kHz 水晶または外部ク ロ ッ ク入力
4
XRES
5
P4.0
リセッ ト
GPIO
ポー ト 4 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
6
P4.1
GPIO
ポー ト 4 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
7
P5.0
GPIO
ポー ト 5 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
8
P5.1
GPIO
9
VSSD
グラ ン ド
10
VDDR
電源
11
GANT1
グラ ン ド
12
ANT
ア ン テナ
ア ン テナ ピ ン
13
GANT2
グラ ン ド
ア ン テナ シール ド グ ラ ン ド
14
VDDR
電源
1.9V ~ 5.5V の無線ブ ロ ッ ク の電源
15
VDDR
電源
1.9V ~ 5.5V の無線ブ ロ ッ ク の電源
16
XTAL24I
クロッ ク
24MHz 水晶または外部ク ロ ッ ク 入力
17
XTAL24O
クロッ ク
24MHz 水晶
18
VDDR
P0.0
電源
GPIO
1.9V ~ 5.5V の無線ブ ロ ッ ク の電源
19
20
P0.1
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
21
P0.2
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 2、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
22
P0.3
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 3、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
23
VDDD
1.71V ~ 5.5V のデジ タ ル ブ ロ ッ ク の電源
24
P0.4
電源
GPIO
25
P0.5
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 5、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
26
P0.6
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 6、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
27
P0.7
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 7、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
28
P1.0
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
29
P1.1
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
30
P1.2
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 2、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
31
P1.3
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 3、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
32
P1.4
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 4、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
33
P1.5
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 5、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
34
P1.6
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 6、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
35
P1.7
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 7、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
36
VDDA
P2.0
電源
GPIO
1.71V ~ 5.5V のアナログ ブ ロ ッ ク の電源
37
38
P2.1
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
39
P2.2
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 2、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
40
P2.3
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 3、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
電源
説明
1.71V ~ 5.5V のデジ タ ル ブ ロ ッ ク の電源
リ セ ッ ト 、 ア ク テ ィ ブ LOW
ポー ト 5 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
デジ タ ル ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
1.9V ~ 5.5V の無線ブ ロ ッ ク の電源
ア ン テナ シール ド グ ラ ン ド
ポー ト 0 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
ポー ト 0 ピ ン 4、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
ポー ト 2 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
ページ 8/41
暫定版
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
表 1. CYBL10X6X ピ ン リ ス ト (QFN パ ッ ケージ ) ( 続き )
ピン
41
ピ ン名
P2.4
タ イプ
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 4、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
説明
42
P2.5
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 5、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
43
P2.6
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 6、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
44
P2.7
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 7、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
45
VREF
REF
1.024V の リ フ ァ レ ン ス電圧
46
VDDA
P3.0
電源
GPIO
1.71V ~ 5.5V のアナログ電源
47
48
P3.1
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
49
P3.2
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 2、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
50
P3.3
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 3、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
51
P3.4
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 4、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
52
P3.5
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 5、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
53
P3.6
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 6、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
54
P3.7
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 7、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
55
VSSA
グラ ン ド
56
VCCD
電源
57
EPAD
グラ ン ド
ポー ト 3 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
アナログ ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
安定化 1.8V 電源電圧 ; 1µF コ ンデンサに接続
QFN パ ッ ケージ用のグ ラ ン ド パ ド ル
表 2 は、 CYBL10X6X デバイ ス (WLCSP パ ッ ケージ ) のピ ン リ ス ト を示 し ます。
表 2. CYBL10X6X ピ ン リ ス ト (WLCSP パ ッ ケージ )
ピン
A1
ピ ン名
VREF
タ イプ
REF
説明
A2
VSSA
グラ ン ド
A3
P3.3
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 3、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
A4
P3.7
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 7、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
A5
VSSD
グラ ン ド
デジ タ ル ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
A6
VSSA
グラ ン ド
アナログ ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
A7
VCCD
電源
安定化 さ れた 1.8V 電源電圧、 1µF コ ンデンサに接続
1.024V の リ フ ァ レ ン ス電圧
アナログ ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
A8
VDDD
電源
1.71V ~ 5.5V のデジ タ ル ブ ロ ッ クの電源
B1
P2.3
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 3、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
B2
VSSA
グラ ン ド
B3
P2.7
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 7、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
B4
P3.4
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 4、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
B5
P3.5
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 5、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
B6
P3.6
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 6、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
B7
XTAL32I/P6.1
クロッ ク
32.768kHz 水晶または外部ク ロ ッ ク入力
32.768kHz 水晶
アナログ ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
B8
XTAL32O/P6.0
クロッ ク
C1
VSSA
グラ ン ド
C2
P2.2
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 2、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
C3
P2.6
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 6、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
C4
P3.0
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
アナログ ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
ページ 9/41
暫定版
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
表 2. CYBL10X6X ピ ン リ ス ト (WLCSP パ ッ ケージ ) ( 続き )
ピン
C5
ピ ン名
P3.1
タ イプ
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
説明
C6
P3.2
GPIO
ポー ト 3 ピ ン 2、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
C7
XRES
リセッ ト
C8
P4.0
GPIO
ポー ト 4 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
D1
P1.7
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 7、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
D2
VDDA
電源
1.71V ~ 5.5V のアナログ ブ ロ ッ クの電源
D3
P2.0
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
D4
P2.1
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
D5
P2.5
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 5、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
D6
VSSD
グラ ン ド
D7
P4.1
GPIO
ポー ト 4 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
D8
P5.0
GPIO
ポー ト 5 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
E1
P1.2
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 2、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
E2
P1.3
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 3、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
E3
P1.4
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 4、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
E4
P1.5
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 5、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
E5
P1.6
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 6、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
E6
P2.4
GPIO
ポー ト 2 ピ ン 4、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
E7
P5.1
GPIO
E8
VSSD
グラ ン ド
デジ タ ル ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
F1
VSSD
グラ ン ド
デジ タ ル ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
リ セ ッ ト 、 ア ク テ ィ ブ LOW
デジ タ ル ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
ポー ト 5 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
F2
P0.7
GPIO
F3
P0.3
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 3、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
F4
P1.0
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
F5
P1.1
GPIO
ポー ト 1 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
F6
VSSR
グラ ン ド
F7
VSSR
グラ ン ド
F8
VDDR
電源
1.9V ~ 5.5V の無線ブ ロ ッ クの電源
G1
P0.6
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 6、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
1.71V ~ 5.5V のデジ タ ル ブ ロ ッ クの電源
ポー ト 0 ピ ン 7、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
無線ブ ロ ッ ク のグ ラ ン ド
無線ブ ロ ッ ク のグ ラ ン ド
G2
VDDD
電源
G3
P0.2
GPIO
G4
VSSD
グラ ン ド
デジ タ ル ブ ロ ッ クのグ ラ ン ド
G5
VSSR
グラ ン ド
無線ブ ロ ッ ク のグ ラ ン ド
G6
VSSR
グラ ン ド
無線ブ ロ ッ ク のグ ラ ン ド
G7
GANT
グラ ン ド
ア ン テナ シール ド グ ラ ン ド
G8
VSSR
グラ ン ド
無線ブ ロ ッ ク のグ ラ ン ド
H1
P0.5
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 5、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
H2
P0.1
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 1、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
H3
XTAL24O
クロッ ク
24MHz 水晶
H4
XTAL24I
クロッ ク
24MHz 水晶または外部ク ロ ッ ク入力
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ポー ト 0 ピ ン 2、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
ページ 10/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 2. CYBL10X6X ピ ン リ ス ト (WLCSP パ ッ ケージ ) ( 続き )
ピン
H5
ピ ン名
VSSR
グラ ン ド
タ イプ
無線ブ ロ ッ ク のグ ラ ン ド
説明
H6
VSSR
グラ ン ド
無線ブ ロ ッ ク のグ ラ ン ド
H7
ANT
ア ン テナ
J1
P0.4
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 4、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
J2
P0.0
GPIO
ポー ト 0 ピ ン 0、 アナログ/デジ タ ル/ lcd / csd
ア ン テナ ピ ン
J3
VDDR
電源
1.9V ~ 5.5V の無線ブ ロ ッ クの電源
J6
VDDR
電源
1.9V ~ 5.5V の無線ブ ロ ッ クの電源
J7
未接続
-
I/O サブ シ ス テムは、 デバイ ス内の リ ソ ースへ GPIO を配線する高速ス イ ッ チのグループ である高速 I/O マ ト リ ッ ク ス (HSIOM) か
ら成 り ます。 リ ソ ースは CapSense、 TCPWM、 I2C、 SPI、 UART、 お よび LCD です。 HSIOM_PORT_SELx は GPIO の配線を制
御する 32 ビ ッ ト 幅レ ジス タ です。 各レ ジス タ は 1 つのポー ト を制御 し 、 4 つの専用ビ ッ ト はポー ト 内の各 GPIO に割 り 当て ら れま
す。 これによ り 、 GPIO 配線は、 表 3 に示すよ う に 16 ま での異な るオプ シ ョ ンから 選択で き ます。
表 3. HSIOM ポー ト 設定
値
説明
0
フ ァ ームウ ェ アで制御 さ れる GPIO
1
予約済み
2
予約済み
3
予約済み
4
ピ ンは CSD 検知ピ ン
5
ピ ンは CSD シール ド ピ ン
6
ピ ンが AMUXA に接続
7
ピ ンが AMUXB に接続
8
ピ ン固有のア ク テ ィ ブ機能 #0
9
ピ ン固有のア ク テ ィ ブ機能 #1
10
ピ ン固有のア ク テ ィ ブ機能 #2
11
予約済み
12
ピ ンは LCD コ モ ン ピ ン
13
ピ ンは LCD セグ メ ン ト ピ ン
14
ピ ン固有のデ ィ ープ ス リ ープ機能 #0
15
ピ ン固有のデ ィ ープ ス リ ープ機能 #1
表 4 では、 異な る GPIO ピ ンのペ リ フ ェ ラル機能のオプ シ ョ ン を示 し ます。
表 4. ポー ト ピ ン接続
デジ タ ル (HSIOM_PORT_SELx.SELy) ( 「x」 はポー ト 番号を、 「y」 はピ ン番号を意味 )
名
アナ ログ
0
8
9
10
GPIO
ア ク テ ィ ブ #2
P0.0
GPIO
ア ク テ ィ ブ #0
TCPWM0_P[3]
ア ク テ ィ ブ #1
SCB1_UART_RX[1]
P0.1
GPIO
TCPWM0_N[3]
SCB1_UART_TX[1]
P0.3
GPIO
TCPWM1_N[3]
SCB1_UART_CTS[1]
P0.4
GPIO
TCPWM1_P[0]
SCB0_UART_RX[1]
P0.5
GPIO
TCPWM1_N[0]
SCB0_UART_TX[1]
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
14
15
デ ィ ープ ス リ ープ #0 デ ィ ープ ス リ ープ #1
SCB1_I2C_SDA[1] SCB1_SPI_MOSI[1]
SCB1_I2C_SCL[1]
SCB1_SPI_MISO[1]
SCB1_SPI_SCLK[1]
EXT_CLK[0]/
ECO_OUT[0]
SCB0_I2C_SDA[1]
SCB0_SPI_MOSI[1]
SCB0_I2C_SCL[1]
SCB0_SPI_MISO[1]
ページ 11/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 4. ポー ト ピ ン接続 ( 続き )
デジ タ ル (HSIOM_PORT_SELx.SELy) ( 「x」 はポー ト 番号を、 「y」 はピ ン番号を意味 )
名
アナ ログ
0
8
9
10
GPIO
ア ク テ ィ ブ #2
14
15
P0.6
GPIO
ア ク テ ィ ブ #0
TCPWM2_P[0]
ア ク テ ィ ブ #1
SCB0_UART_RTS[1]
デ ィ ープ ス リ ープ #0 デ ィ ープ ス リ ープ #1
SWDIO[0]
SCB0_SPI_SS0[1]
P0.7
GPIO
TCPWM2_N[0]
SCB0_UART_CTS[1]
P1.0
GPIO
TCPWM0_P[1]
WCO_OUT[2]
P1.1
GPIO
TCPWM0_N[1]
SCB1_SPI_SS1
P1.2
GPIO
TCPWM1_P[1]
SCB1_SPI_SS2
P1.3
GPIO
TCPWM1_N[1]
SCB1_SPI_SS3
P1.4
GPIO
TCPWM2_P[1]
SCB0_UART_RX[0]
SCB0_I2C_SDA[0]
SCB0_SPI_MOSI[1]
P1.5
GPIO
TCPWM2_N[1]
SCB0_UART_TX[0]
SCB0_I2C_SCL[0]
SCB0_SPI_MISO[1]
P1.6
GPIO
TCPWM3_P[1]
SCB0_UART_RTS[0]
SCB0_SPI_SS0[1]
P1.7
GPIO
TCPWM3_N[1]
SCB0_UART_CTS[0]
SCB0_SPI_SCLK[1]
P2.0
GPIO
SCB0_SPI_SS1
P2.1
GPIO
SCB0_SPI_SS2
P2.2
GPIO
P2.3
GPIO
P2.4
GPIO
P2.5
GPIO
P2.6
GPIO
P2.7
GPIO
P3.0
SARMUX_0 GPIO
TCPWM0_P[2]
SCB0_UART_RX[2]
SCB0_I2C_SDA[2]
P3.1
SARMUX_1 GPIO
TCPWM0_N[2]
SCB0_UART_TX[2]
SCB0_I2C_SCL[2]
P3.2
SARMUX_2 GPIO
TCPWM1_P[2]
SCB0_UART_RTS[2]
P3.3
SARMUX_3 GPIO
TCPWM1_N[2]
SCB0_UART_CTS[2]
P3.4
SARMUX_4 GPIO
TCPWM2_P[2]
SCB1_UART_RX[2]
SCB1_I2C_SDA[2]
P3.5
SARMUX_5 GPIO
TCPWM2_N[2]
SCB1_UART_TX[2]
SCB1_I2C_SCL[2]
P3.6
SARMUX_6 GPIO
TCPWM3_P[2]
SCB1_UART_RTS[2]
P3.7
SARMUX_7 GPIO
TCPWM3_N[2]
SCB1_UART_CTS[2]
WCO_OUT[0]
SWDCLK[0]
WAKEUP
SCB0_SPI_SCLK[1]
SCB0_SPI_SS3
WCO_OUT[1]
EXT_CLK[1]/
ECO_OUT[1]
P4.0
CMOD
GPIO
TCPWM0_P[0]
SCB1_UART_RTS[0]
SCB1_SPI_MOSI[0]
P4.1
CTANK
GPIO
TCPWM0_N[0]
SCB1_UART_CTS[0]
SCB1_SPI_MISO[0]
P5.0
GPIO
TCPWM3_P[0]
SCB1_UART_RX[0]
EXTPA_EN
SCB1_I2C_SDA[0]
SCB1_SPI_SS0[0]
P5.1
GPIO
TCPWM3_N[0]
SCB1_UART_TX[0]
EXT_CLK[2]/
ECO_OUT[2]
SCB1_I2C_SCL[0]
SCB1_SPI_SCLK[0]
P6.0_XTAL32O
GPIO
P6.1_XTAL32I
GPIO
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 12/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
電源
PRoC BLE は、 デジ タ ル ブ ロ ッ クの電源 (VDDD)、 アナログ ブ
ロ ッ クの電源 (VDDA)、 無線ブ ロ ッ クの電源 (VDDR) ピ ンに直接
接続する こ と で電圧範囲 1.9V ~ 5.5V のバ ッ テ リ から 電源供給
する こ と がで き ます。デバイ スの内部 LDO は電源電圧を ブ ロ ッ
ク毎に必要な電圧レ ベルに調整 し ます。 デバイ スは ノ イ ズ分離
のために、 デジ タ ル回路用に 1 個のレギ ュ レー タ および無線回
路用に個別のレギ ュ レー タ を備えています。 アナログ回路はア
ナ ロ グ電源 (VDDA) 入力か ら 直接電源供給 さ れます。 デバイ ス
は、 消費電力を最小限にする ためにデ ィ ープ ス リ ープ と ハイバ
ネー ト モー ド 用に個別のレギ ュ レー タ を使用 し ています。無線
ブ ロ ッ クは 1.9 V 以下で動作を停止 し ますが、 シ ス テムの残 り
の部分は RF な し で 1.71 V ま での低い電圧で機能 し 続けます。
バイパス コ ンデンサは VDDx (x=A、 D、 または R) から グ ラ ン
ド に接続する必要があ り ます。 この周波数範囲でのシ ス テムの
標準的な実践 と し ては、互いに平行に配置 さ れた 1µF レ ン ジの
コ ンデンサ と それよ り 小 さ い コ ンデンサ ( 例えば、 0.1µF) を使
用 し ます。 これ らが単に経験則であ り 、 重要なア プ リ ケーシ ョ
ン に対 し ては、 最適なバ イ パス を 得 る ために、 設計の際には
PCB レ イ アウ ト 、 リ ー ド イ ン ダ ク タ ン ス、 寄生バイパス コ ン
デンサを シ ミ ュ レー ト する必要があ り ます。
電源供給
バイパス コ ンデンサ
VDDD
各ピ ンに 0.1µF のセ ラ ミ ッ ク コ ンデン
サ と 1µF ~ 10µF バルク コ ンデンサ
VDDA
各ピ ンに 0.1µF のセ ラ ミ ッ ク コ ンデン
サ と 1µF ~ 10µF バルク コ ンデンサ
VDDR
各ピ ンに 0.1µF のセ ラ ミ ッ ク コ ンデン
サ と 1µF ~ 10µF バルク コ ンデンサ
VCCD
VCCD ピ ン に 1µF のセ ラ ミ ッ ク コ ンデ
ンサ
VREF ( 任意 )
内部バン ド ギ ャ ッ プに接続可能な 1µF ~
10µF のコ ンデンサ
低消費電力モー ド
PRoC BLE PRoC BLE は 5 つの電力モー ド に対応 し ています。
シ ス テ ム状態の詳細につい ては、 表 5 を 参照 し て く だ さ い。
PRoC BLE デバ イ スはス ト ッ プ モー ド で最小の電流を消費 し
ます。 デバイ スのス ト ッ プ モー ド から の復帰は、 XRES または
WAKEUP ピ ン を介 し て シ ス テム リ セ ッ ト と 共に行われます。
ハイバネー ト モー ド では SRAM デー タ を保持 し 、 デ ィ ープ ス
リ ープ モー ド ではシ ス テム全体の状態を維持す る こ と がで き
ます。 表 5 には、 異な る電力モー ド と ア ク テ ィ ブ なペ リ フ ェ ラ
ルを示 し ます。
表 5. パワー モー ド シ ス テム ス テー タ ス
消費
電流
コー ド
実行
使用可能な
デジ タ ル
ペ リ フ ェ ラル
使用可能な
アナログ
ペ リ フ ェ ラル
使用可能な
クロッ ク
ソ ース
ウェ イクアップ
ソ ース
850μA +
260μA/MHz[1]
有
すべて
すべて
すべて
–
1.1mA (3MHz 時 )
無
すべて
すべて
すべて
任意の割 り 込み
ソ ース
0
デ ィ ープ ス リ ープ
1.3μA
無
WDT、 LCD、
I2C/SPI、
リ ン ク層
POR、 BOD
WCO、
ILO
25μs
ハイバネー ト
150nA
無
無
POR、 BOD
無
GPIO、 WDT、
I2C/SPI
リ ン ク層
GPIO
スト ップ
60nA
無
無
無
無
ウェ イクアップ
ピ ン、
XRES
2ms
電力モー ド
アクテ ィ ブ
ス リ ープ
ウェ イク
アップ
時間
–
2ms
注
1. CPU サブ シ ス テムの場合。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 13/41
暫定版
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
図 4 には、 56-QFN パ ッ ケージの標準的な シス テム ア プ リ ケーシ ョ ンの接続図を示 し ます。
図 4. PRoC BLE ア プ リ ケーシ ョ ン図
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 14/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
開発サポー ト
CYBL10X6X フ ァ ミ リ には、 ユーザーの開発プ ロ セス を支援す
る豊富な ド キ ュ メ ン ト 、 開発ツールおよびオ ン ラ イ ン リ ソ ー
スが用意 さ れています。 詳細については、
www.cypress.com/procble を ご覧 く だ さ い。
ド キュ メ ン ト
ド キ ュ メ ン ト 一式が CYBL10X6X フ ァ ミ リ を支援 し 、 ユーザー
は、 疑問点に対する答え を素早 く 見つける こ と がで き ます。 重
要な ド キ ュ メ ン ト の幾つかが、 本節に リ ス ト ア ッ プ さ れていま
す。
コ ンポーネ ン ト デー タ シー ト : PSoC Creator の コ ンポーネ ン
ト は、API を使用 し てハー ド ウ ェ アの抽象化を実現 し 、ペ リ フ ェ
ラ ルの動作を設定お よ び制御 し ま す。 コ ン ポーネ ン ト デー タ
シー ト では、 コ ンポーネ ン ト の機能、 その使用方法 と 動作の詳
細、 API の説明 と 電気的仕様について説明 し ています。 こ れは
開発中に使用 さ れる主要な ド キ ュ メ ン ト です。 コ ンポーネ ン ト
はデバイ ス上のペ リ フ ェ ラル ( タ イ マー、 I2C、 UART な ど ) ま
たは高レ ベルシ ス テム機能 (BLE コ ンポーネ ン ト な ど ) と な り
ます。
ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト : ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト は様々なデ
バイ ス機能の使用方法を理解する手助けを し ます。 シ ス テム設
計の様々な課題への対応策に関する案内 も 提供 し ます。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
テ ク ニ カル リ フ ァ レ ン ス マニ ュ アル (TRM): TRM はすべての
ペ リ フ ェ ラル機能を詳 し く 説明 し 、 レ ジス タ レ ベルの説明も 述
べます。 こ の ド キ ュ メ ン ト は、 アーキテ ク チ ャ TRM と レ ジ ス
タ TRM の 2 部分に分け られています。
オン ラ イ ン
印刷 さ れた ド キ ュ メ ン ト のほかに、 ユーザーは、 サ イ プ レ ス
フ ォ ー ラ ムによ っ て 24 時間 365 日、 世界中の他のユーザーや
専門家 と 連絡を と る こ と がで き ます。
ツール
業界標準のコ ア、 プ ログ ラ ミ ングおよびデバ ッ ギング イ ン タ ー
フ ェ ース を備えた CYBL10X6X フ ァ ミ リ は、開発ツール エ コ シ
ス テムの一部です。
革新的で使いやすい PSoC Creator IDE、 サポー ト さ れるサー
ド パーテ ィ のコ ンパイ ラ、 プ ログ ラ マお よびデバ ッ ガの最新
情報については、 サイ プ レ スのウ ェ ブサイ ト
www.cypress.com/go/psoccreator を ご覧 く だ さ い。
キッ ト
サ イ プ レ スは、 市場投入ま での時間 を 短縮す る ためにキ ッ ト
ポ ー ト フ ォ リ オ を 提 供 し て い ま す。 詳 細 に つ い て は、
www.cypress.com/procble を ご覧 く だ さ い。
ページ 15/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
電気的仕様
長時間にわた っ て絶対最大条件下に置 く と 、 デバイ スの信頼性
に影響する可能性があ り ます。
本節では、 電気的仕様の詳細を説明 し ます。 CYBL10X6X デバ
イ スの絶対最大定格は下表に示 さ れています。 絶対最大条件を
超えて使用する と 、 デバイ スに恒久的なダ メ ージ を与え る可能
性があ り ます。
最大保管温度は JEDEC 標準「JESD22-A103、High Temperature
Storage Life」 に準拠 し た 150 ℃です。 絶対最大条件以下で使
用 し ている場合で も 、 標準的な動作条件を超え る と 、 デバイ ス
が仕様に従っ て動作 し ない可能性があ り ます。
絶対最大定格
表 6. 絶対最大定格
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
SID1
VDDD_ABS
VSS を基準に し たアナログ ブ ロ ッ
ク、 デジ タ ル ブ ロ ッ ク または無線
ブ ロ ッ クの電源 (VSSD = VSSA)
–0.5
–
6
V
絶対最大値
SID2
VCCD_ABS
VSSD を基準に し た直接デジ タ ル
コ ア電圧入力
–0.5
–
1.95
V
絶対最大値
絶対最大値
SID3
VGPIO_ABS
GPIO 電圧
–0.5
–
VDD +0.5
V
SID4
IGPIO_ABS
GPIO 毎の最大電流
–25
–
25
mA
絶対最大値
SID5
IGPIO_injection
GPIO 注入電流であ り 、 VIH > VDDD
の場合は最大にな り 、 VIL < VSS の
場合は最小にな る
–0.5
–
0.5
mA
絶対最大値、 ピ ン毎
の注入 さ れた電流
BID57
ESD_HBM
静電気放電 ( 人体モデル )
2200[2]
–
–
V
BID58
ESD_CDM
静電気放電 ( デバイ ス帯電モデル )
500
–
–
V
BID61
LU
ラ ッ チア ッ プ時のピ ン電流
–200
–
200
mA
BLE サブ シ ス テム
表 7. BLE サブ シス テム
仕様 ID#
Min
Typ
Max
単位
ト ラ ン ス ミ ッ タ がア イ ド ル時の
RX 感度
–
–89
–
dBm
パラ メ ー タ ー
RF レ シーバーの仕様
SID340
RXS、 IDLE
説明
詳細/
条件
SID340A
RXS、 IDLE
ト ラ ン ス ミ ッ タ がア イ ド ル時の
RX 感度 ( バ ラ ン損失を除 く )
–
–91
–
dBm
設計シ ミ ュ レーシ ョ
ン で保証
SID341
RXS、 DIRTY
ト ラ ン ス ミ ッ タ がダーテ ィ 時の
RX 感度
–
–87
–70
dBm
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/01/C)
SID342
RXS、
HIGHGAIN
ハイ ゲ イ ン モー ド での、 ト ラ ン ス
ミ ッ タ がア イ ド ル時の RX 感度
–
–91
–
dBm
SID343
PRXMAX
最大入力電力
–10
–1
–
dBm
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/06/C)
SID344
CI1
同一チ ャ ネル干渉、
使用 し たい信号が –67dBm にあ
り 、 干渉信号が FRX にある
–
9
21
dB
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/03/C)
SID345
CI2
隣接チ ャ ネル干渉、
希望信号が –67dBm にあ り 、 干渉
信号が FRX ±1MHz にある
–
3
15
dB
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/03/C)
注
2. こ れは、 RF ピ ン (ANT、 XTALI、 XTALO) に適用 さ れません。 RF ピ ン (ANT、 XTALI、 XTALO) は 500V HBM レ ベル用に試験 さ れています。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 16/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 7. BLE サブ シス テム ( 続き )
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
SID346
CI3
隣接チ ャ ネル干渉
使用 し たい信号が –67dBm にあ
り 、干渉信号が FRX ±2MHz にある
–
–29
–
dB
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/03/C)
SID347
CI4
隣接チ ャ ネル干渉
使用 し たい信号が –67dBm にあ
り 、 干渉信号が ≥FRX ±3MHz にあ
る
–
–39
–
dB
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/03/C)
SID348
CI5
隣接チ ャ ネル干渉、
希望信号が –67dBm にあ り 、 干渉
信号がイ メ ージ周波数 (FIMAGE) に
ある
–
–20
–
dB
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/03/C)
SID349
CI3
隣接チ ャ ネル干渉、
希望信号が –67dBm にあ り 、 干渉
信号がイ メ ージ周波数 (FIMAGE ±
1 MHz) にある
–
–30
–
dB
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/03/C)
SID350
OBB1
帯域外ブ ロ ッ ク 、
希望信号が –67dBm にあ り 、 干渉
信号が F = 30MHz ~ 2000MHz に
ある
–30
–27
–
dBm
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/04/C)
SID351
OBB2
帯域外ブ ロ ッ ク 、
使用 し たい信号が –67dBm にあ
り 、 干渉信号が F = 2,003MHz ~
2,399MHz にある
–35
–27
–
dBm
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/04/C)
SID352
OBB3
帯域外ブ ロ ッ ク 、
使用 し たい信号が –67dBm にあ
り 、 干渉信号が F = 2,484MHz ~
2,997MHz にある
–35
–27
–
dBm
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/04/C)
SID353
OBB4
帯域外ブ ロ ッ ク 、
使用 し たい信号が –67dBm にあ
り 、 干渉信号が F = 3,000MHz ~
12,750MHz にある
–30
–27
–
dBm
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/04/C)
SID354
IMD
相互変調性能
希望信号が –64dBm にあ り 、
1Mbps の BLE ; 3 番目、 4 番目 と
5 番目のオ フ セ ッ ト チ ャ ネル
–50
–
–
dBm
RF-PHY 仕様
(RCV-LE/CA/05/C)
SID355
RXSE1
受信機ス プ リ ア ス発射
30MHz ~ 1.0GHz
–
–
-57
dBm
100kHz 測定帯域幅
ETSI EN300 328
V1.8.1
SID356
RXSE2
受信機ス プ リ ア ス発射
1.0GHz ~ 12.75GHz
–
–
-47
dBm
1MHz 測定帯域幅
ETSI EN300 328
V1.8.1
RF ト ラ ン ス ミ ッ タ の仕様
SID357
TXP、 ACC
RF 電源精度
–
–
±4
dB
SID358
TXP、 RANGE
RF 電源制御範囲
–
20
–
dB
SID359
TXP、 0dBm
出力電源、 0dB ゲ イ ン設定 (PA7)
–4
0
3
dBm
SID360
TXP、 MAX
出力電源、 最大電源設定 (PA10)
–1
3
6
dBm
SID361
TXP、 MIN
出力電源、 最小電源設定 (PA1)
–
–18
–
dBm
SID362
F2AVG
10101010 パ タ ーン用の平均周波
数偏差
185
–
–
kHz
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
RF-PHY 仕様
(TRM-LE/CA/05/C)
ページ 17/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 7. BLE サブ シス テム ( 続き )
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
kHz
詳細/
条件
SID363
F1AVG
11110000 パ タ ーン用の平均周波数
偏差
225
250
275
SID364
EO
ア イ オープ ニ ング =
∆F2AVG/∆F1AVG
0.8
–
–
SID365
FTX、 ACC
周波数の精度
–150
–
150
kHz
RF-PHY 仕様
(TRM-LE/CA/06/C)
SID366
FTX、 MAXDR
最大周波数 ド リ フ ト
–50
–
50
kHz
RF-PHY 仕様
(TRM-LE/CA/06/C)
SID367
FTX、 INITDR
初期周波数 ド リ フ ト
–20
–
20
kHz
RF-PHY 仕様
(TRM-LE/CA/06/C)
SID368
FTX、 DR
最大 ド リ フ ト 率
–20
–
20
kHz/
50µs
RF-PHY 仕様
(TRM-LE/CA/06/C)
SID369
IBSE1
2MHz オ フ セ ッ ト 時の帯域内ス プ
リ ア ス放射
–
–
–20
dBm
RF-PHY 仕様
(TRM-LE/CA/03/C)
SID370
IBSE2
3MHz 以上のオ フ セ ッ ト 時の帯域
内ス プ リ ア ス放射
–
–
–30
dBm
RF-PHY 仕様
(TRM-LE/CA/03/C)
SID371
TXSE1
ト ラ ン ス ミ ッ タ ス プ リ ア ス放射
( 平均 )、 < 1.0GHz
–
–
–55.5
dBm
FCC-15.247
SID372
TXSE2
ト ラ ン ス ミ ッ タ ス プ リ ア ス放射
( 平均 )、 > 1.0GHz
–
–
-41.5
dBm
FCC-15.247
RF-PHY 仕様
(TRM-LE/CA/05/C)
RF-PHY 仕様
(TRM-LE/CA/05/C)
RF 電流の仕様
SID373
IRX
通常モー ド での受信電流
–
18.7
–
mA
SID373A
IRX_RF
通常モー ド での受信電流
–
16.4
–
mA
SID374
IRX、 HIGHGAIN ハイ ゲ イ ン モー ド での受信電流
–
21.5
–
mA
SID375
ITX、 3dBm
3dBm 設定での TX 電流 (PA10)
–
20
–
mA
SID376
ITX、 0dBm
0dBm 設定での TX 電流 (PA7)
–
16.5
–
mA
SID376A
ITX_RF、 0dBm
0dBm 設定での TX 電流 (PA7)
–
15.6
–
mA
VDDR での測定
SID376B
ITX_RF、 0dBm
0dBm 設定での TX 電流 ( バラ ン損
失を除 く )
–
14.2
–
mA
設計シ ミ ュ レーシ ョ
ン で保証
SID377
ITX、 -3dBm
–3dBm 設定での TX 電流 (PA4)
–
15.5
–
mA
SID378
ITX、 -6dBm
–6dBm 設定での TX 電流 (PA3)
–
14.5
–
mA
SID379
ITX、 -12dBm
–12dBm 設定での TX 電流 (PA2)
–
13.2
–
mA
SID380
ITX、 -18dBm
–18dBm 設定での TX 電流 (PA1)
–
12.5
–
mA
SID380A
Iavg_1sec、
0dBm
BLE 接続間隔が 1 秒時の平均電流
–
18.9
–
µA
TXP: 0dBm ; ±20ppm
のマス タ ー/ス レー
ブ ク ロ ッ クの精度。
空の PDU 交換の場合
SID380B
Iavg_4sec, 0dBm BLE 接続間隔が 4 秒時の平均電流
–
6.25
–
µA
TXP: 0dBm ; ±20ppm
のマス タ ー/ス レー
ブ ク ロ ッ クの精度。
空の PDU 交換の場合
VDDR での測定
一般の RF の仕様
SID381
FREQ
RF 動作周波数
2400
–
2482
MHz
SID382
CHBW
チ ャ ネル間隔
–
2
–
MHz
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 18/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 7. BLE サブ シス テム ( 続き )
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
SID383
DR
オン エア デー タ レー ト
–
1000
–
kbps
SID384
IDLE2TX
BLE 無線ア イ ド ルから BLE 無線
TX への遷移時間
–
120
140
µs
SID385
IDLE2RX
BLE 無線ア イ ド ルから BLE 無線
RX への遷移時間
–
75
120
µs
SID386
RSSI、 ACC
RSSI 精度
–
±5
–
dB
SID387
RSSI、 RES
RSSI 分解能
–
1
–
dB
SID388
RSSI、 PER
RSSI サン プ リ ング周期
–
6
–
µs
詳細/
条件
RSSI 仕様
デバイ ス レ ベルの仕様
特記 さ れていない限 り 、 すべての仕様は、 –40°C  TA  85°C および TJ  100°C の条件で有効です。 仕様は、 特に注記 し た場合を
除いて、 1.71V ~ 5.5V において有効です。
表 8. DC 仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
SID6
VDD
電源供給入力電圧
(VDDA = VDDD = VDD)
1.8
–
5.5
V
レギ ュ レー タ が有効に
さ れる
SID7
VDD
安定化 さ れない電源供給入力電圧
(VDDA = VDDD = VDD)
1.71
1.8
1.89
V
内部的に安定化 さ れな
い電源
SID8
VDDR
無線ブ ロ ッ ク の電源電圧
( 無線機能が有効 )
1.9
–
5.5
V
SID8A
VDDR
無線ブ ロ ッ ク の電源電圧
( 無線機能が無効 )
1.71
–
5.5
V
SID9
VCCD
デジ タ ル レギ ュ レー タ 出力電圧
( コ ア ロジ ッ ク用 )
–
1.8
–
V
SID10
CVCCD
デジ タ ル レギ ュ レー タ 出力バイパ
ス コ ンデンサ
1
1.3
1.6
µF
X5R セ ラ ミ ッ ク また
はこ れよ り 良質のもの
ア ク テ ィ ブ モー ド 、 VDD = 1.71V ~ 5.5V
SID13
IDD3
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
3MHz
–
1.7
–
mA
T = 25°C、
VDD = 3.3V
SID14
IDD4
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
3MHz
–
–
–
mA
T = –40°C ~ 85°C
SID15
IDD5
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
6MHz
–
2.5
–
mA
T = 25°C、
VDD = 3.3V
SID16
IDD6
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
6MHz
–
–
–
mA
T = –40°C ~ 85°C
SID17
IDD7
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
12MHz
–
4
–
mA
T = 25°C、
VDD = 3.3V
SID18
IDD8
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
12MHz
–
–
–
mA
T = –40°C ~ 85°C
SID19
IDD9
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
24MHz
–
7.1
–
mA
T = 25°C、
VDD = 3.3 V
SID20
IDD10
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
24MHz
–
–
–
mA
T = –40°C ~ 85°C
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 19/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 8. DC 仕様 ( 続き )
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
SID21
IDD11
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
48MHz
–
13.4
–
mA
T = 25°C、
VDD = 3.3V
SID22
IDD12
フ ラ ッ シ ュから 実行 ; CPU 速度が
48MHz
–
–
–
mA
T = –40°C ~ 85°C
ス リ ープ モー ド 、 VDD = 1.8V ~ 5.5V
SID23
IDD13
IMO が有効
–
–
–
mA
T = 25°C、
VDD = 3.3V、 SYSCLK
= 3MHz
ス リ ープ モー ド 、 VDD と VDDR = 1.9V ~ 5.5V
SID24
IDD14
ECO が有効
–
–
–
mA
T = 25°C、
VDD = 3.3V、 SYSCLK
= 3MHz
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド 、 VDD = 1.8V ~ 3.6V
SID25
IDD15
WCO が有効の WDT
–
1.3
–
µA
T = 25°C、
VDD = 3.3V
SID26
WCO が有効の WDT
–
–
–
µA
T = –40°C ~ 85°C
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド 、 VDD = 3.6V ~ 5.5V
SID27
IDD17
WCO が有効の WDT
–
–
–
µA
T = 25°C、
VDD = 5V
SID28
–
–
–
µA
T = –40°C ~ 85°C
–
–
µA
T = 25°C
–
–
–
µA
T = –40°C ~ 85°C
ハイバネー ト モー ド 、 VDD = 1.8V ~ 3.6V
SID37
IDD27
GPIO と リ セ ッ ト がア ク テ ィ ブ
–
150
–
nA
T = 25°C、
VDD = 3.3V
SID38
GPIO と リ セ ッ ト がア ク テ ィ ブ
–
–
–
nA
T = –40°C ~ 85°C
ハイバネー ト モー ド 、 VDD = 3.6V ~ 5.5V
SID39
IDD29
GPIO と リ セ ッ ト がア ク テ ィ ブ
–
–
–
nA
T = 25°C、
VDD = 5V
SID40
–
–
–
nA
T = –40°C ~ 85°C
ハイバネー ト モー ド 、 VDD = 1.71V ~ 1.89V ( レギ ュ レー タ がバイパス )
SID41
IDD31
–
GPIO と リ セ ッ ト がア ク テ ィ ブ
SID42
IDD32
–
GPIO と リ セ ッ ト がア ク テ ィ ブ
–
–
nA
T = 25°C
–
–
nA
T = –40°C ~ 85°C
IDD16
IDD18
WCO が有効の WDT
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド 、 VDD = 1.71V ~ 1.89V ( レギ ュ レー タ がバイパス )
SID29
IDD19
–
WCO が有効の WDT
SID30
IDD20
IDD28
IDD30
WCO が有効の WDT
GPIO と リ セ ッ ト がア ク テ ィ ブ
ス ト ッ プ モー ド 、 VDD = 1.8V ~ 3.6V
SID43
IDD33
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDD)
–
20
–
nA
T = 25°C、
VDD = 3.3V
SID44
IDD34
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDDR)
–
40
–-
nA
T = 25°C、
VDDR = 3.3V
SID45
IDD35
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDD)
–
–
–
nA
T = –40°C ~ 85°C
SID46
IDD36
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDDR)
–
–
–
nA
T = –40°C ~ 85°C、
VDDR = 1.9V ~ 3.6V
–
–
–
nA
T = 25°C、
VDD = 5V
ス ト ッ プ モー ド 、 VDD = 3.6V ~ 5.5V
SID47
IDD37
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDD)
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 20/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 8. DC 仕様 ( 続き )
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
SID48
IDD38
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDDR)
–
–
–
nA
T = 25°C、
VDDR = 5V
SID49
IDD39
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDD)
–
–
–
nA
T = –40°C ~ 85°C
SID50
IDD40
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDDR)
–
–
–
nA
T = –40°C ~ 85°C
–
–
–
nA
T = 25°C
–
–
–
nA
T = –40°C ~ 85°C
ス ト ッ プ モー ド 、 VDD = 1.71V ~ 1.89V ( レギ ュ レー タ がバイパス )
SID51
IDD41
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDD)
SID52
IDD42
ス ト ッ プ モー ド 電流 (VDD)
表 9. AC 仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
詳細/
条件
1.71V VDD 5.5V
Min
Typ
Max
単位
DC
–
48
MHz
0
–
µs
特性上保証
–
25
µs
24MHz の IMO。 特性
上保証
SID53
FCPU
SID54
TSLEEP
ス リ ープ モー ド か らの復帰時間
–
SID55
TDEEPSLEEP
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド からの復帰
時間
–
SID56
THIBERNATE
ハイバネー ト モー ド からの復帰時間
–
–
2
ms
特性上保証
SID57
TSTOP
ス ト ッ プ モー ド か らの復帰時間
–
–
2
ms
特性上保証
Min
Typ
CPU の周波数
GPIO
表 10. GPIO の DC 仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Max
単位
詳細/
条件
SID58
VIH
入力電圧の HIGH レ ベル閾値
0.7 × VDD
–
–
V
CMOS 入力
SID59
VIL
入力電圧の LOW レ ベル閾値
–
–
0.3 × VDD
V
CMOS 入力
SID60
VIH
LVTTL 入力、 VDD < 2.7V
0.7 × VDD
–
-
V
SID61
VIL
LVTTL 入力、 VDD < 2.7V
–
–
0.3 × VDD
V
SID62
VIH
LVTTL 入力、 VDD >= 2.7V
2.0
–
-
V
SID63
VIL
LVTTL 入力、 VDD >= 2.7V
–
–
0.8
V
SID64
VOH
出力電圧 HIGH レ ベル
VDD –0.6
–
–
V
VDD= 3.3V の時、
IOH = 4mA
SID65
VOH
出力電圧 HIGH レ ベル
VDD –0.5
–
–
V
VDD= 1.8V の時、
IOH = 1mA
SID66
VOL
出力電圧 LOW レ ベル
–
–
0.6
V
VDD= 3.3V の時、
IOL = 8mA
SID67
VOL
出力電圧 LOW レ ベル
–
–
0.6
V
VDD= 1.8V の時、
IOL = 4mA
SID68
VOL
出力電圧 LOW レ ベル
–
–
0.4
V
VDD=3.3V の時、
IOL = 3mA
SID69
RPULLUP
プルア ッ プ抵抗
3.5
5.6
8.5
kΩ
SID70
RPULLDOWN
プルダウン抵抗
3.5
5.6
8.5
kΩ
SID71
IIL
入力 リ ー ク 電流 ( 絶対値 )
–
–
2
nA
SID72
IIL_CTBM
CTBm 入力ピ ン上の入力 リ ー ク電流
–
–
4
nA
25°C、
VDD = 3.3V
注
3. VIH は VDD + 0.2V を超え てはいけません。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 21/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 10. GPIO の DC 仕様 ( 続き )
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
7
単位
SID73
CIN
入力容量
–
–
SID74
VHYSTTL
入力 ヒ ス テ リ シ ス LVTTL
25
40
SID75
VHYSCMOS
入力 ヒ ス テ リ シ ス CMOS
0.05 ×
VDD
–
–
mV
SID76
IDIODE
保護ダ イ オー ド から VDD/VSS へ流れ
る電流
–
–
100
µA
SID77
ITOT_GPIO
チ ッ プの最大合計ソ ース またはシ ン
ク電流
–
–
200
mA
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
pF
mV
VDD > 2.7V
表 11. GPIO の AC 仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
詳細/
条件
SID78
TRISEF
高速 Strong モー ド での立ち上が り 時
間
2
–
12
ns
VDDD = 3.3V、
CLOAD = 25pF
SID79
TFALLF
高速 Strong モー ド での立ち下が り 時
間
2
–
12
ns
VDDD = 3.3V、
CLOAD = 25pF
SID80
TRISES
低速 Strong モー ド での立ち上が り 時
間
10
–
60
ns
VDDD = 3.3V、
CLOAD = 25pF
SID81
TFALLS
低速 Strong モー ド での立ち下が り 時
間
10
–
60
ns
VDDD = 3.3V、
CLOAD = 25pF
SID82
FGPIOUT1
GPIO の Fout ; 3.3V ≤ VDD ≤ 5.5V。
高速 Strong モー ド
–
–
33
MHz
パーセ ン ト = 90/10、
負荷 = 25pF、 デ ュ ー
テ ィ 比 = 60/40
SID83
FGPIOUT2
GPIO の Fout ; 1.7V ≤ VDD ≤ 3.3V。
高速 Strong モー ド
–
–
16.7
MHz
パーセ ン ト =90/10、
負荷 =25pF、 デ ュ ー
テ ィ 比 =60/40
SID84
FGPIOUT3
GPIO の Fout ; 3.3V ≤ VDD ≤ 5.5V。
低速 Strong モー ド
–
–
7
MHz
パーセ ン ト =90/10、
負荷 =25pF、 デ ュ ー
テ ィ 比 =60/40
SID85
FGPIOUT4
GPIO の Fout ; 1.7V ≤ VDD ≤ 3.3V。
低速 Strong モー ド
–
–
3.5
MHz
SID86
FGPIOIN
GPIO の入力動作の周波数。
1.71V ≤ VDD ≤ 5.5V
–
–
48
MHz
パーセ ン ト =90/10、
負荷 =25pF、 デ ュ ー
テ ィ 比 =60/40
90/10% VIO
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
10
µA
25°C、 VDD = 0V、
VIH = 3.0V
0.4
V
IOL=20mA、
VDD>2.9V
表 12. OVT GPIO の DC 仕様 (P5_0 と P5_1 のみ )
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
SID71A
IIL
入力 リ ー ク電流 ( 絶対値 ) 。
VIH > VDD
SID66A
VOL
出力電圧 LOW レ ベル
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
–
–
ページ 22/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 13. OVT GPIO の AC 仕様 (P5_0 と P5_1 のみ )
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
SID78A
TRISE_OVFS
高速 Strong モー ド での出力立ち上が り
時間
1.5
–
12
ns
25pF 負荷、 0%
~ 90%、 VDD =
3.3V
SID79A
TFALL_OVFS
高速 Strong モー ド での出力立ち下が り
時間
1.5
–
12
ns
25pF 負荷、 0%
~ 90%、 VDD =
3.3V
SID80A
TRISESS
低速 Strong モー ド での出力立ち上が り
時間
10
–
60
ns
25pF 負荷、 10%
~ 90%、
VDD = 3.3 V
SID81A
TFALLSS
低速 Strong モー ド での出力立ち下が り
時間
10
–
60
ns
25pF 負荷、 10%
~ 90%、
VDD = 3.3 V
SID82A
FGPIOUT1
GPIO FOUT ; 3.3V≤VDD≤5.5V
高速 Strong モー ド
–
–
24
MHz
パーセ ン ト
=90/10、 負荷
=25pF、 デ ュ ー
テ ィ 比 =60/40
SID83A
FGPIOUT2
GPIO FOUT ; 1.71V≤VDD≤3.3V
高速 Strong モー ド
–
–
16
MHz
パーセ ン ト
=90/10、 負荷
=25pF、 デ ュ ー
テ ィ 比 =60/40
Min
Typ
Max
単位
0.7×VDD
–
–
V
CMOS 入力
–
–
0.3×VDDD
V
CMOS 入力
3.5
5.6
8.5
kΩ
XRES
表 14. XRES の DC 仕様
仕様 ID#
SID87
パラ メ ー タ ー
VIH
説明
入力電圧の HIGH レ ベル閾値
詳細/
条件
D
SID88
VIL
入力電圧の LOW レ ベル閾値
SID89
RPULLUP
プルア ッ プ抵抗
SID90
CIN
入力容量
–
3
–
pF
SID91
VHYSXRES
入力電圧 ヒ ス テ リ シ ス
–
100
–
mV
SID92
IDIODE
保護ダ イ オー ド か ら VDD/VSS へ流れる
電流
–
–
100
µA
説明
Min
Typ
Max
単位
1
–
–
µs
表 15. XRES の AC 仕様
仕様 ID#
SID93
パラ メ ー タ ー
TRESETWIDTH
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
リ セ ッ ト パルス幅
詳細/
条件
ページ 23/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
アナ ロ グ ペ リ フ ェ ラ ル
温度セ ンサー
表 16. 温度セ ンサーの仕様
仕様 ID#
SID155
パラ メ ー タ ー
TSENSACC
説明
Min
Typ
Max
–5
±1
5
温度セ ンサーの精度
単位
°C
詳細/条件
–40°C ~ +85°C
SAR ADC
表 17. SAR ADC の DC 仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
ビッ ト
詳細/条件
SID156
A_RES
分解能
–
–
12
SID157
A_CHNIS_S
チ ャ ネルの数-シ ングル エ ン ド
–
–
8
8 個のフルス ピー ド
チ ャ ネル
SID158
A-CHNKS_D
チ ャ ネルの数-差動
–
–
4
差動チ ャ ネルの入力は
隣接する I/O を使用
SID159
A-MONO
単調性
–
–
–
有
SID160
A_GAINERR
ゲ イ ン誤差
–
–
±0.1
%
SID161
A_OFFSET
入力オ フ セ ッ ト 電圧
–
–
2
mV
SID162
A_ISAR
消費電流
–
–
1
mA
SID163
A_VINS
入力電圧範囲 – シ ングル エ ン ド
VSS
–
VDDA
V
SID164
A_VIND
入力電圧範囲 – 差動
VSS
–
VDDA
V
SID165
A_INRES
入力抵抗
–
–
2.2
kΩ
SID166
A_INCAP
入力容量
–
–
10
pF
SID312
VREFSAR
SAR 用の ト リ ム さ れた内部 リ フ ァ レ
ン ス電圧
–1
–
1
%
外部 リ フ ァ レ ン ス有 り
1V の VREF で測定
Vbg (1.024V) の割合
表 18. SAR ADC の AC 仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
SID167
A_PSRR
電源電圧変動除去比
70
–
–
dB
SID168
A_CMRR
同相信号除去比
66
–
–
dB
詳細/
条件
1V で測定
SID169
A_SAMP
サン プ リ ング速度
–
–
1
Msps
SID313
Fsarintref
外部 リ フ ァ レ ン ス バイパス電圧無 し の
SAR 動作速度
–
–
100
Ksps
SID170
A_SNR
信号対 ノ イ ズ比 (SNR)
65
–
–
dB
SID171
A_BW
エ イ リ ア シ ング無 し の入力帯域幅
–
–
A_SAMP/
2
kHz
SID172
A_INL
積分非直線性 (INL) 。 VDD = 1.71V ~
5.5V、 1Msps
–1.7
–
2
LSB
VREF = 1V ~ VDD
SID173
A_INL
積分非直線性。 VDDD = 1.71V ~ 3.6V、
1Msps
–1.5
–
1.7
LSB
VREF = 1.71V ~
VDD
SID174
A_INL
積分非直線性。 VDD = 1.71V ~ 5.5V、
500Ksps
–1.5
–
1.7
LSB
VREF = 1V ~ VDD
SID175
A_DNL
微分非直線性 (DNL) 。 VDD = 1.71 ~
5.5V、 1Msps
–1
–
2.2
LSB
VREF = 1V ~ VDD
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
12 ビ ッ ト 分解能
FIN = 10kHz
ページ 24/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 18. SAR ADC の AC 仕様 ( 続き )
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
SID176
A_DNL
微分非直線性。 VDD = 1.71V ~ 3.6V、
1Msps
–1
–
2
LSB
VREF = 1.71V ~
VDD
SID177
A_DNL
微分非直線性。 VDD = 1.71V ~ 5.5V、
500Ksps
–1
–
2.2
LSB
VREF = 1V ~ VDD
SID178
A_THD
全高調波歪み
–
–
–65
dB
Min
Typ
Max
単位
1.71
–
5.5
V
FIN = 10kHz
CSD
表 19. CSD ブ ロ ッ ク仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
SID179
VCSD
動作電圧の範囲
SID180
IDAC1
8 ビ ッ ト 分解能用の DNL
–1
–
1
LSB
SID181
IDAC1
8 ビ ッ ト 分解能用の INL
–3
–
3
LSB
SID182
IDAC2
7 ビ ッ ト 分解能用の DNL
–1
–
1
LSB
SID183
IDAC2
7 ビ ッ ト 分解能用の INL
–3
–
3
LSB
SID184
SNR
信号対 ノ イ ズ比
5
–
–
比率
SID185
IDAC1_CRT1 高出力での IDAC1 (8 ビ ッ ト ) の出力電流
–
612
–
µA
SID186
IDAC1_CRT2 低出力での IDAC1 (8 ビ ッ ト ) の出力電流
–
306
–
µA
SID187
IDAC2_CRT1 高出力での IDAC2 (7 ビ ッ ト ) の出力電流
–
305
–
µA
SID188
IDAC2_CRT2 低出力での IDAC2 (7 ビ ッ ト ) の出力電流
–
153
–
µA
説明
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
詳細/
条件
静電容量範囲が 9pF
~ 35pF で、 感度
=0.1pF。 無線がス
キ ャ ン中に機能 し な
い
ページ 25/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
デジ タ ル ペ リ フ ェ ラ ル
4x TCPWM
表 20. タ イ マーの DC 仕様
仕様 ID
SID189
SID190
パラ メ ー タ ー
説明
ITIM1
3 MHz でのブ ロ ッ ク 消費電流
ITIM2
12 MHz でのブ ロ ッ ク消費電流
SID191
ITIM3
48 MHz でのブ ロ ッ ク消費電流
Min
–
Typ
–
Max
42
単位
µA
詳細/条件
16 ビ ッ ト タ イ マー
–
–
130
µA
16 ビ ッ ト タ イ マー
–
–
535
µA
16 ビ ッ ト タ イ マー
表 21. タ イ マーの AC 仕様
Min
FCLK
Typ
–
Max
48
単位
MHz
SID193
パラ メ ー タ ー
説明
TTIMFREQ
動作周波数
TCAPWINT
キ ャ プ チ ャ パルス幅 ( 内部 )
2 × TCLK
–
–
ns
SID194
TCAPWEXT
キ ャ プ チ ャ パルス幅 ( 外部 )
2 × TCLK
–
–
ns
SID195
TTIMRES
タ イ マー分解能
TCLK
–
–
ns
SID196
TTENWIDINT
イ ネーブル パルス幅 ( 内部 )
2 × TCLK
–
–
ns
SID197
TTENWIDEXT
イ ネーブル パルス幅 ( 外部 )
2 × TCLK
–
–
ns
SID198
TTIMRESWINT
リ セ ッ ト パルス幅 ( 内部 )
2 × TCLK
–
–
ns
SID199
TTIMRESEXT
リ セ ッ ト パルス幅 ( 外部 )
2 × TCLK
–
–
ns
Min
–
Typ
–
Max
42
単位
µA
詳細/条件
16 ビ ッ ト のカ ウン タ ー
–
–
130
µA
16 ビ ッ ト のカ ウン タ ー
–
–
535
µA
16 ビ ッ ト のカ ウン タ ー
仕様 ID
SID192
詳細/条件
カ ウン タ ー
表 22. カ ウン タ ーの DC 仕様
仕様 ID
SID200
SID201
パラ メ ー タ ー
説明
ICTR1
3 MHz でのブ ロ ッ ク 消費電流
ICTR2
12 MHz でのブ ロ ッ ク消費電流
SID202
ICTR3
48 MHz でのブ ロ ッ ク消費電流
表 23. カ ウン タ ーの AC 仕様
Min
FCLK
Typ
–
Max
48
単位
MHz
SID204
パラ メ ー タ ー
説明
TCTRFREQ
動作周波数
TCTRPWINT
キ ャ プ チ ャ パルス幅 ( 内部 )
2 × TCLK
–
–
ns
SID205
TCTRPWEXT
2 × TCLK
–
–
ns
SID206
TCTRES
カ ウン タ ーの分解能
TCLK
–
–
ns
SID207
TCENWIDINT
イ ネーブル パルス幅 ( 内部 )
2 × TCLK
–
–
ns
SID208
TCENWIDEXT
イ ネーブル パルス幅 ( 外部 )
2 × TCLK
–
–
ns
SID209
TCTRRESWINT リ セ ッ ト パルス幅 ( 内部 )
TCTRRESWEXT リ セ ッ ト パルス幅 ( 外部 )
2 × TCLK
–
–
ns
2 × TCLK
–
–
ns
仕様 ID
SID203
SID210
キ ャ プ チ ャ パルス幅 ( 外部 )
詳細/条件
パルス幅変調 (PWM)
表 24. PWM の DC 仕様
Min
Typ
Max
3MHz でのブ ロ ッ ク 消費電流
–
–
42
単位
µA
16 ビ ッ ト PWM
IPWM2
12MHz でのブ ロ ッ ク 消費電流
–
–
130
µA
16 ビ ッ ト PWM
IPWM3
48MHz でのブ ロ ッ ク 消費電流
–
–
535
µA
16 ビ ッ ト PWM
仕様 ID
SID211
IPWM1
SID212
SID213
パラ メ ー タ ー
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
説明
詳細/条件
ページ 26/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 25. PWM の AC 仕様
仕様 ID
SID214
Min
Typ
Max
FCLK
–
48
単位
MHz
2 × TCLK
–
–
ns
パルス幅 ( 外部 )
2 × TCLK
–
–
ns
キル パルス幅 ( 内部 )
2 × TCLK
–
–
ns
キル パルス幅 ( 外部 )
2 × TCLK
–
–
ns
イ ネーブル パルス幅 ( 内部 )
2 × TCLK
–
–
ns
イ ネーブル パルス幅 ( 外部 )
2 × TCLK
–
–
ns
リ セ ッ ト パルス幅 ( 内部 )
2 × TCLK
–
–
ns
リ セ ッ ト パルス幅 ( 外部 )
2 × TCLK
–
–
ns
Min
Typ
Max
SID215
パラ メ ー タ ー
説明
TPWMFREQ
動作周波数
TPWMPWINT
パルス幅 ( 内部 )
SID216
TPWMEXT
SID217
TPWMKILLINT
SID218
TPWMKILLEXT
SID219
TPWMEINT
SID220
TPWMENEXT
SID221
TPWMRESWINT
SID222
TPWMRESWEXT
詳細/条件
I2C
表 26. I2C の DC 仕様
仕様 ID
SID223
II2C1
100kHz でのブ ロ ッ ク消費電流
–
–
50
単位
µA
SID224
II2C2
400kHz でのブ ロ ッ ク消費電流
–
–
155
µA
SID225
II2C3
1Mbps でのブ ロ ッ ク 消費電流
–
–
390
µA
SID226
II2C4
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド で有効に さ れ
る I2C
–
–
1.4
µA
説明
Min
–
Typ
–
Max
1
単位
Mbps
Min
–
Typ
17.5
Max
–
単位
µA
パラ メ ー タ ー
説明
詳細/条件
表 27. 固定 I2C の AC 仕様
仕様 ID
SID227
パラ メ ー タ ー
FI2C1
ビ ッ ト レー ト
詳細/条件
LCD ダ イ レ ク ト ド ラ イ ブ
表 28. LCD 直接駆動の DC 仕様
仕様 ID
SID228
パラ メ ー タ ー
ILCDLOW
説明
低消費電力モー ド での動作電流
SID229
CLCDCAP
セグ メ ン ト / コ モ ン ド ラ イバー当た り
の LCD 静電容量
長時間セグ メ ン ト オ フ セ ッ ト
–
500
5000
pF
–
20
–
mV
2
–
mA
SID230
LCDOFFSET
SID231
ILCDOP1
LCD シ ス テム動作電流。
Vbias = 5V
–
SID232
ILCDOP2
LCD シ ス テム動作電流。
Vbias = 3.3V
–
2
–
mA
Min
10
Typ
50
Max
150
単位
Hz
詳細/条件
50Hz での 16×4 の小
さ いセグ メ ン ト デ ィ
スプ レ イ
32×4 セグ メ ン ト 、
50Hz、 25°C
32×4 セグ メ ン ト 、
50Hz、 25°C
表 29. LCD 直接駆動の AC 仕様
仕様 ID
SID233
パラ メ ー タ ー
FLCD
説明
LCD フ レーム レー ト
詳細/条件
表 30. 固定 UART の DC 仕様
仕様 ID
SID234
パラ メ ー タ ー
IUART1
SID235
IUART2
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
Min
Typ
Max
100kbps でのブ ロ ッ ク 消費電流
–
–
55
単位
µA
1000kbps でのブ ロ ッ ク消費電流
–
–
312
µA
説明
詳細/条件
ページ 27/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 31. 固定 UART の AC 仕様
仕様 ID
SID236
パラ メ ー タ ー
FUART
説明
ビ ッ ト レー ト
Min
Typ
Max
–
–
1
Min
Typ
Max
単位
Mbps
詳細/条件
詳細/条件
SPI の仕様
表 32. 固定 SPI の DC 仕様
仕様 ID
SID237
ISPI1
1Mbps でのブ ロ ッ ク消費電流
–
–
360
単位
µA
SID238
ISPI2
4Mbps でのブ ロ ッ ク消費電流
–
–
560
µA
SID239
ISPI3
8Mbps でのブ ロ ッ ク消費電流
–
–
600
µA
Min
Typ
Max
–
8
単位
MHz
詳細/条件
–
パラ メ ー タ ー
説明
表 33. 固定 SPI の AC 仕様
仕様 ID
SID240
パラ メ ー タ ー
FSPI
説明
SPI 動作周波数 ( マス タ ー ; 6 倍の
オーバー サン プ リ ング )
表 34. 固定 SPI マス タ ー モー ド の AC 仕様
仕様 ID
SID241
パラ メ ー タ ー
TDMO
SID242
TDSI
SID243
THMO
説明
Min
Typ
Max
SCLK 駆動エ ッ ジ後の MOSI 有効期間
–
18
単位
ns
詳細/条件
–
SCLK キ ャ プ チ ャ エ ッ ジ前の MISO
有効時間 フル ク ロ ッ ク で、 MISO の
遅いサン プ リ ングは使用
20
–
–
ns
フル ク ロ ッ ク 、
MISO の遅いサン プ
リ ング
前の MOSI デー タ ホール ド 時間
0
–
–
ns
ス レーブ キ ャ プ
チ ャ エ ッ ジ を参照
表 35. 固定 SPI ス レーブ モー ド の AC 仕様
Min
Typ
Max
SCLK キ ャ プ チ ャ エ ッ ジ前の MOSI
有効時間
40
–
–
単位
ns
TDSO
SCLK 駆動エ ッ ジ後の MISO 有効期
間
–
–
42 + 3 × TSCB
ns
SID246
TDSO_ext
外部 ク ロ ッ ク モー ド での SCLK 駆動
エ ッ ジ後の MISO 有効期間 VDD <
3.0V
–
–
50
ns
SID247
THSO
前の MISO デー タ ホール ド 時間
0
–
–
ns
SID248
TSSELSCK
SSEL が有効にな る時から 最初の
SCK 有効エ ッ ジ ま での時間
100
–
–
ns
仕様 ID
SID244
パラ メ ー タ ー
TDMI
SID245
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
説明
ページ 28/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
メモリ
表 36. フ ラ ッ シ ュの DC 仕様
Min
Typ
Max
1.71
–
5.5
32MHz ~ 48MHz でのウ ェ イ ト
ス テー ト の数
2
–
–
フ ラ ッ シ ュから の CPU
実行
TWS32
16MHz ~ 32MHz でのウ ェ イ ト
ス テー ト の数
1
–
–
フ ラ ッ シ ュから の CPU
実行
TWS16
0MHz ~ 16MHz でのウ ェ イ ト
ス テー ト の数
0
–
–
フ ラ ッ シ ュから の CPU
実行
説明
Min
Typ
Max
行 ( ブ ロ ッ ク ) 書き込み時間 ( 消
去+書き込み )
–
–
20
単位
ms
行消去時間
–
–
13
ms
仕様 ID
SID249
パラ メ ー タ ー
VPE
SID309
TWS48
SID310
SID311
説明
消去およびプ ログ ラ ム電圧
単位
V
詳細/条件
表 37. フ ラ ッ シ ュの AC 仕様
仕様 ID
SID250
パラ メ ー タ ー
TROWWRITE[4]
SID251
TROWERASE[4]
[4]
SID252
TROWPROGRAM
消去後の行プ ログ ラ ム時間
–
–
7
ms
SID253
TBULKERASE[4]
バルク 消去時間 (128KB)
–
–
35
ms
SID254
TDEVPROG[4]
デバイ スへのプ ログ ラ ム合計時
間
–
–
25
秒
SID255
FEND
フ ラ ッ シ ュへのア ク セス可能回
数
10 万
–
–
サイ クル
SID256
FRET
フ ラ ッ シ ュのデー タ 保存期間。
TA  55°C、 プ ログ ラ ム/消去サ
イ ク ル =10 万
20
–
–
年
SID257
FRET2
フ ラ ッ シ ュのデー タ 保存期間。
TA  85°C、 プ ログ ラ ム/消去サ
イ ク ル =1 万
10
–
–
年
説明
Min
Typ
Max
詳細/条件
行 ( ブロ ッ ク )
=128 バイ ト
シ ス テム リ ソ ース
パワー オン リ セ ッ ト (POR)
表 38. POR の DC 仕様
仕様 ID
SID258
VRISEIPOR
立ち上が り ト リ ッ プ電圧
0.80
–
1.45
単位
V
SID259
VFALLIPOR
立ち下が り ト リ ッ プ電圧
0.75
–
1.40
V
SID260
VIPORHYST
ヒ ス テ リ シス
15
–
200
mV
説明
Min
Typ
Max
ア ク テ ィ ブ モー ド およびス リ ー
プ モー ド での高精度パワーオン
リ セ ッ ト (PPOR) 応答時間
–
–
1
単位
µs
パラ メ ー タ ー
詳細/条件
表 39. POR の AC 仕様
仕様 ID
SID264
パラ メ ー タ ー
TPPOR_TR
詳細/条件
注
4. フ ラ ッ シ ュ メ モ リ に書き込むには最大 20ms かか り ます。 こ の時、 デバイ ス を リ セ ッ ト し ないで く だ さ い。 そ う し ない と 、 フ ラ ッ シ ュ メ モ リ の動作は中断 さ
れ、 正常に完了 し た こ と を保証 さ れません。 リ セ ッ ト ソ ースは XRES ピ ン、 ソ フ ト ウ ェ ア リ セ ッ ト 、 CPU のロ ッ ク ア ッ プ状態 と 特権違反、 不適切な電源レ ベ
ル、 ウ ォ ッ チ ド ッ グ を含みます。 こ れ ら が誤 っ て ア ク テ ィ ブに さ れない こ と を確認 し て く だ さ い。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 29/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 40. 電圧低下検出
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
SID261
VFALLPPOR
ア ク テ ィ ブ モー ド と ス リ ープ モー ド で
の BOD ト リ ッ プ電圧
1.64
–
–
V
SID262
VFALLDPSLP
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド での BOD ト
リ ッ プ電圧
1.4
–
–
V
Min
Typ
Max
単位
1.1
–
–
V
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
表 41. ハイバネー ト リ セ ッ ト
仕様 ID#
SID263
パラ メ ー タ ー
VHBRTRIP
説明
ハイバネー ト モー ド での BOD ト リ ッ
プ電圧
詳細/
条件
電圧モニ タ (LVD)
表 42. 電圧モニ タ の DC 仕様
仕様 ID
パラ メ ー タ ー
説明
SID265
VLVI1
LVI_A/D_SEL[3:0] = 0000b
1.71
1.75
1.79
V
SID266
VLVI2
LVI_A/D_SEL[3:0] = 0001b
1.76
1.80
1.85
V
SID267
VLVI3
LVI_A/D_SEL[3:0] = 0010b
1.85
1.90
1.95
V
SID268
VLVI4
LVI_A/D_SEL[3:0] = 0011b
1.95
2.00
2.05
V
SID269
VLVI5
LVI_A/D_SEL[3:0] = 0100b
2.05
2.10
2.15
V
SID270
VLVI6
LVI_A/D_SEL[3:0] = 0101b
2.15
2.20
2.26
V
SID271
VLVI7
LVI_A/D_SEL[3:0] = 0110b
2.24
2.30
2.36
V
SID272
VLVI8
LVI_A/D_SEL[3:0] = 0111b
2.34
2.40
2.46
V
SID273
VLVI9
LVI_A/D_SEL[3:0] = 1000b
2.44
2.50
2.56
V
SID274
VLVI10
LVI_A/D_SEL[3:0] = 1001b
2.54
2.60
2.67
V
SID275
VLVI11
LVI_A/D_SEL[3:0] = 1010b
2.63
2.70
2.77
V
SID276
VLVI12
LVI_A/D_SEL[3:0] = 1011b
2.73
2.80
2.87
V
SID277
VLVI13
LVI_A/D_SEL[3:0] = 1100b
2.83
2.90
2.97
V
SID278
VLVI14
LVI_A/D_SEL[3:0] = 1101b
2.93
3.00
3.08
V
SID279
VLVI15
LVI_A/D_SEL[3:0] = 1110b
3.12
3.20
3.28
V
SID280
VLVI16
LVI_A/D_SEL[3:0] = 1111b
4.39
4.50
4.61
V
SID281
LVI_IDD
ブ ロ ッ ク電流
–
–
100
µA
Min
Typ
Max
単位
–
–
1
µs
詳細/
条件
表 43. 電圧モニ タ の AC 仕様
仕様 ID
SID282
パラ メ ー タ ー
TMONTRIP
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
説明
電圧モニ タ ト リ ッ プ時間
詳細/
条件
ページ 30/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
SWD イ ン タ ー フ ェ ース
表 44. SWD イ ン タ ー フ ェ ース仕様
Min
Typ
Max
–
–
14
単位
MHz
–
–
7
MHz
T=1/f SWDCLK
0.25 × T
–
–
ns
T=1/f SWDCLK
0.25 × T
–
–
ns
T=1/f SWDCLK
–
–
0.5 × T
ns
T_SWDO_HOLD T=1/f SWDCLK
1
–
–
ns
仕様 ID
SID283
パラ メ ー タ ー
F_SWDCLK1
3.3V ≤ VDD ≤
SID284
F_SWDCLK2
1.71V ≤VDD≤ 3.3V
SID285
T_SWDI_setup
SID286
T_SWDI_hold
SID287
T_SWDO_valid
SID288
説明
5.5V
詳細/条件
SWDCLK ≤ 1/3 CPU
ク ロ ッ ク 周波数
SWDCLK ≤ 1/3 CPU
ク ロ ッ ク 周波数
内部主振動子
表 45. IMO の DC 仕様
仕様 ID
SID289
Min
Typ
Max
–
–
1000
単位
µA
–
–
325
µA
–
–
225
µA
SID291
パラ メ ー タ ー
説明
IIMO1
48MHz での IMO 動作電流
IIMO2
24MHz での IMO 動作電流
IIMO3
12MHz での IMO 動作電流
SID292
IIMO4
6MHz での IMO 動作電流
–
–
180
µA
SID293
IIMO5
3MHz での IMO 動作電流
–
–
150
µA
Min
Typ
Max
SID290
詳細/条件
表 46. IMO の AC 仕様
仕様 ID
SID296
FIMOTOL3
3MHz か ら 48MHz ま での周波数
変化
–
–
±2
単位
%
SID297
FIMOTOL3
IMO 起動時間
–
12
–
µs
Min
Typ
Max
–
0.3
1.05
単位
µA
Min
Typ
Max
–
2
単位
ms
パラ メ ー タ ー
説明
詳細/条件
API 呼び出 し によ る
校正を使用
内部低速振動子
表 47. ILO の DC 仕様
仕様 ID
SID298
パラ メ ー タ ー
IILO2
説明
32kHz での ILO 動作電流
詳細/条件
表 48. ILO の AC 仕様
仕様 ID
SID299
パラ メ ー タ ー
TSTARTILO1
ILO 起動時間
–
SID300
FILOTRIM1
32kHz の ト リ ム さ れる周波数
15
32
50
kHz
Min
Typ
Max
説明
詳細/条件
表 49. 外部 ク ロ ッ ク仕様
仕様 ID
SID301
パラ メ ー タ ー
ExtClkFreq
外部ク ロ ッ ク入力周波数
0
–
48
単位
MHz
SID302
ExtClkDuty
デ ュ ーテ ィ 比 ; VDD/2 で測定
45
–
55
%
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
説明
詳細/条件
CMOS 入力レ ベルの
み、 TTL 入力はサポー
ト さ れない
CMOS 入力レ ベルの
み、 TTL 入力はサポー
ト さ れない
ページ 31/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 50. ECO 仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
–
24
–
MHz
–50
–
50
ppm
等価直列抵抗
–
–
60
Ω
PD
駆動レ ベル
–
–
100
µW
SID393
TSTART1
起動時間 ( 高速充電がオン )
–
–
850
µs
SID394
TSTART2
起動時間 ( 高速充電がオ フ )
–
–
3
ms
SID395
CL
負荷容量
–
8
–
pF
SID396
C0
シ ャ ン ト 容量
–
1.1
–
pF
SID397
IECO
動作電流
–
1400
–
µA
LDO+BG 電流を含む
Min
Typ
Max
単位
詳細/
条件
SID389
FECO
SID390
FTOL
周波数許容誤差
SID391
ESR
SID392
水晶の周波数
表 51. WCO 仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
SID398
FWCO
水晶の周波数
–
32.768
–
kHz
SID399
FTOL
周波数許容誤差
–
50
–
ppm
SID400
ESR
等価直列抵抗
–
50
–
kΩ
SID401
PD
駆動レ ベル
–
–
1
µW
SID402
TSTART
起動時間
–
–
500
ms
SID403
CL
水晶の負荷容量
6
–
12.5
pF
SID404
C0
水晶のシ ャ ン ト 容量
–
1.35
–
pF
SID405
IWCO1
動作電流 ( 高消費電力モー ド )
–
–
8
µA
SID406
IWCO2
動作電流 ( 低消費電力モー ド )
–
–
1
µA
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 32/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
注文情報
CYBL10X6X の型番 と 特長は下表の通 り です。
型番
CPU の
速度
(MHz)
フラッ
シュ サ
イズ
(KB)
CapSense
SCB
TCPWM
12 ビ ッ ト
SAR
ADC
I2S
PWM
LCD
パ ッ ケージ
CYBL10161-56LQXI
48
128
無
1
2
1Msps
無
無
無
56-QFN
CYBL10162-56LQXI
48
128
無
2
4
1Msps
無
4
無
56-QFN
CYBL10163-56LQXI
48
128
無
2
4
1Msps
有
無
無
56-QFN
CYBL10461-56LQXI
48
128
有
2
4
1Msps
無
無
無
56-QFN
CYBL10462-56LQXI
48
128
有
2
4
1Msps
有
無
無
56-QFN
CYBL10463-56LQXI
48
128
有
2
4
1Msps
無
無
有
56-QFN
CYBL10561-56LQXI
48
128
有
( ジ ェ スチ ャ ー)
2
4
1Msps
無
無
無
56-QFN
CYBL10562-56LQXI
48
128
有
( ジ ェ スチ ャ ー)
2
4
1Msps
有
1
無
56-QFN
CYBL10563-56LQXI
48
128
有
2
4
1Msps
有
1
有
56-QFN
CYBL10563-68FNXI
48
128
有
2
4
1Msps
有
1
有
68-WLCSP
型番の命名規則
型番は、 CYBL10ABC-DEFGHI の形式であ り 、 フ ィ ール ド は以下のよ う に定義 さ れています。
Example
CYBL: PRoC-BLE Family
10: CYBL10XXX
1: Embedded only
4: CapSense
5: Touch
6: 128 KB
3: Part Identifier
56/68: Number of Pins
LQ: QFN
FN: WLCSP
X: With Pb
: Pb-free
I: Industrial
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
CYBL 10 A B C - DE FG
H
I
Cypress Prefix
Sub-family
Product Type
Flash Capacity
Feature Set
Package Pins
Package Code
Pb
Temperature Range
ページ 33/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
フ ィ ール ド 値は下表の通 り です。
フ ィ ール ド
CYBL
10
A
説明
意味
サイ プ レ ス PRoC BLE フ ァ ミ リ
値
CYBL
サブ フ ァ ミ リ
10
CYBL10X6X
製品種類
1
組み込みシ ス テムのみ
CapSense
4
5
B
フ ラ ッ シ ュ容量
C
機能セ ッ ト
DE
パ ッ ケージ ピ ン
6
タ ッチ
128KB
56
70
FG
パ ッ ケージ コ ー ド
H
Pb
LQ
QFN
FN
WLCSP
LT
テープ と リ ール
X
鉛フ リ ー
X 無 し (Pb 有 )
I
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
温度範囲
C
商業用 : 0°C ~ 70°C
I
産業用 : –40°C ~ 85°C
ページ 34/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
パ ッ ケージ
表 52. パ ッ ケージの特性
パラ メ ー タ ー
説明
TA
動作周囲温度
TJ
動作接合部温度
条件
Min
Typ
Max
–40
25
85
単位
°C
–40
–
100
°C
TJA
パ ッ ケージ JA (56 ピ ン QFN)
–
16.9
–
°C/watt
TJC
パ ッ ケージ JC (56 ピ ン QFN)
–
9.7
–
°C/watt
TJA
パ ッ ケージ JA (68 ボール WLCSP)
–
16.6
–
°C/watt
TJC
パ ッ ケージ JC (68 ボール WLCSP)
–
0.19
–
°C/watt
表 53. はんだ リ フ ロー ピー ク温度
最高ピー ク 温度
260°C
ピー ク 温度での最長時間
56 ピ ン QFN
パ ッ ケージ
68 ボール WLCSP
260°C
30 秒
30 秒
表 54. パ ッ ケージの湿度感度レ ベル (MSL)、 IPC/JEDEC J-STD-2
パ ッ ケージ
MSL
56 ピ ン QFN
MSL 3
68 ボール WLCSP
MSL 1
表 55. パ ッ ケージの詳細
仕様 ID
001-58740 Rev. *A
56 ピ ン QFN
説明
7mm × 7mm × 0.6mm
001-92343 Rev. **
68 ボール WLCSP
3.52mm × 3.91mm × 0.55mm
パ ッ ケージ
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 35/41
暫定版
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
図 5. 56 ピ ン QFN 7mm×7mm×0.6mm
001-58740 Rev. *A
デバイ スが正常に動作する ために、 QFN パ ッ ケージの中央パ ッ ド を グ ラ ン ド 電圧 (VSS) に接続する必要があ り ます。
図 6. 68 ボール WLCSP パ ッ ケージ図
SIDE VIEW
TOP VIEW
1
2
3
4
5
6
7
8
A
BOTTOM VIEW
8
7
6
5
4
3
2
1
A
B
B
C
C
D
D
E
E
F
F
G
G
H
H
J
J
NOTES:
1. REFERENCE JEDEC PUBLICATION 95, DESIGN GUIDE 4.18
2. ALL DIMENSIONS ARE IN MILLIMETERS
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
001-92343 Rev. **
ページ 36/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
略語
表 56. 本書で使用する略語 ( 続き )
表 56. 本書で使用する略語
略語
説明
abus
アナロ グ ロー カル バス
ADC
アナロ グ - デジ タ ル変換器
AG
アナロ グ グローバル
AHB
AMBA ( ア ド バン ス ト マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ ー
バス アーキテ ク チ ャ ) 高性能バス
(ARM デー タ 転送バスの一種 )
略語
説明
EPSR
実行プ ログ ラ ム ス テー タ ス レ ジ ス タ
ESD
静電気放電
ETM
埋め込み ト レース マ ク ロ セル
FET
電界効果 ト ラ ン ジ ス タ
FIR
有限イ ンパルス応答 (IIR も 参照 )
FPB
フ ラ ッ シ ュ パ ッ チおよびブ レー ク ポ イ ン ト
ALU
算術論理装置
FS
フルス ピー ド
AMUXBUS
アナロ グ マルチ プ レ ク サ バス
GPIO
汎用入出力 (PSoC ピ ンに も 適用 )
API
ア プ リ ケーシ ョ ン プ ログ ラ ミ ング イ ン タ ー
フ ェ ース
HCI
ホス ト コ ン ト ロー ラ ー イ ン タ ー フ ェ ース
APSR
ア プ リ ケーシ ョ ン プ ログ ラ ム ス テー タ ス レ ジ
スタ
HVI
高電圧割 り 込み (LVI、 LVD も参照 )
IC
集積回路
ARM®
高度な RISC マ シ ン
(CPU アーキテ ク チ ャ の一種 )
IDAC
電流 DAC (DAC、 VDAC も参照 )
IDE
統合開発環境
ATM
自動サン プ モー ド
I2C、
BW
帯域幅
CAN
コ ン ト ロー ラ ー エ リ ア ネ ッ ト ワー ク
( 通信プ ロ ト コ ルの一種 )
I2S
IC 間サウン ド
IIR
無限イ ンパルス応答 (FIR も 参照 )
CMRR
同相除去比
ILO
内部低速発振器 (IMO も参照 )
CPU
中央演算処理装置
IMO
内部 メ イ ン発振器 (ILO も参照 )
CRC
巡回冗長検査
( エ ラ ー チ ェ ッ ク プ ロ ト コ ルの一種 )
INL
積分非直線性 (DNL も参照 )
DAC
デジ タ ル - アナロ グ変換器 (IDAC、 VDAC も参
照)
I/O
入出力 (GPIO、 DIO、 SIO、 USBIO も 参照 )
IPOR
初期パワーオ ン リ セ ッ ト
DFB
デジ タ ル フ ィ ル タ ー ブ ロ ッ ク
IPSR
割 り 込みプ ログ ラ ム ス テー タ ス レ ジ ス タ
DIO
デジ タ ル入出力、 デジ タ ル機能のみを持つ
GPIO、 アナログな し 。 GPIO を参照
IRQ
割 り 込み要求
ITM
機器 ト レース マ ク ロ セル
ド ラ イ ス ト ーン 100 万命令毎秒
LCD
液晶デ ィ ス プ レ イ
DMA
ダ イ レ ク ト メ モ リ ア ク セス (TD も 参照 )
LIN
DNL
微分非直線性 (INL も参照 )
ロー カル イ ン タ ー コ ネ ク ト ネ ッ ト ワー ク
( 通信プ ロ ト コ ルの一種 )
DNU
未使用
LR
リ ン ク レ ジス タ
DR
ポー ト 書き込みデー タ レ ジス タ
LUT
ル ッ ク ア ッ プ テーブル
DSI
デジ タ ル シ ス テム イ ン タ ー コ ネ ク ト
LVD
低電圧検出 (LVI も参照 )
デー タ ウ ォ ッ チポ イ ン ト と ト レース
LVI
低電圧割 り 込み (HVI も参照 )
ECC
エ ラ ー訂正 コ ー ド
LVTTL
低電圧 ト ラ ン ジ ス タ - ト ラ ン ジ ス タ ロ ジ ッ ク
ECO
外部水晶振動子
MAC
乗算蓄積
EEPROM
電気的消去書き込み可能な読み出 し 専用 メ モ リ
MCU
マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ ー ユニ ッ ト
電磁干渉
MISO
マス タ ー入力ス レーブ出力
EMIF
外部 メ モ リ イ ン タ ー フ ェ ース
NC
未接続
EOC
変換の終了
NMI
マス ク不可能な割 り 込み
EOF
フ レームの終了
NRZ
非ゼロ復帰
DMIPS
DWT
EMI
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
IIC
または 統合回路間 ( 通信プ ロ ト コルの一種 )
ページ 37/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
表 56. 本書で使用する略語 ( 続き )
略語
表 56. 本書で使用する略語 ( 続き )
説明
略語
説明
ネス ト 型ベ ク タ 割 り 込み コ ン ト ロー ラ ー
SR
スルー レー ト
不揮発性 ラ ッ チ (WOL も参照 )
SRAM
ス タ テ ィ ッ ク ラ ン ダム ア ク セス メ モ リ
opamp
演算増幅器
SRES
ソフ トウェア リセッ ト
PAL
NVIC
NVL
プ ロ グ ラ マ ブル ア レ イ ロ ジ ッ ク (PLD も参照 )
STN
超ね じ れネマ テ ィ ッ ク
PC
プ ロ グ ラ ム カ ウン タ ー
SWD
PCB
プ リ ン ト 基板
シ リ アル ワ イ ヤー デバ ッ グ
( テ ス ト プ ロ ト コルの一種 )
PGA
プ ロ グ ラ マ ブル ゲ イ ン ア ン プ
SWV
シ ングル ワ イ ヤー ビ ュ ーア
PHUB
ペ リ フ ェ ラル ハブ
TD
PHY
ト ラ ンザク シ ョ ン デ ィ ス ク リ プ タ
(DMA も 参照 )
物理レ イ ヤ
PICU
THD
全高調波歪み
ポー ト 割 り 込み制御ユニ ッ ト
PLA
TIA
ト ラ ン ス イ ン ピーダ ン ス ア ン プ
プ ロ グ ラ マ ブル ロ ジ ッ ク ア レ イ
PLD
TN
ね じ れネマ テ ィ ッ ク
プ ロ グ ラ マ ブル ロ ジ ッ ク デバイ ス
(PAL も 参照 )
TRM
技術 リ フ ァ レ ン ス マニ ュ アル
PLL
位相同期回路
TTL
ト ラ ンジス タ - ト ラ ンジス タ ロジ ッ ク
PMDD
パ ッ ケージ材質宣言デー タ シー ト
TX
送信
POR
パワーオン リ セ ッ ト
UART
PRES
汎用非同期 ト ラ ン ス ミ ッ タ レ シーバ
( 通信プ ロ ト コ ルの一種 )
高精度パワーオン リ セ ッ ト
PRS
USB
汎用シ リ アル バス
疑似乱数列
PS
USBIO
ポー ト 読み出 し デー タ レ ジス タ
USB 入出力
(USB ポー ト への接続に使用 さ れる PSoC ピ ン )
PSoC®
Programmable System-on-Chip™
VDAC
電圧 DAC (DAC、 IDAC も参照 )
PSRR
電源電圧変動除去比
WDT
ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー
PWM
パルス幅変調器
WOL
書き込みワン ス ラ ッ チ (NVL も参照 )
RAM
ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー リ セ ッ ト
ラ ン ダム ア ク セス メ モ リ
WRES
RISC
縮小命令セ ッ ト コ ン ピ ュ ーテ ィ ング
XRES
外部 リ セ ッ ト I/O ピ ン
RMS
実効値
XTAL
水晶
RTC
リ アル タ イ ム ク ロ ッ ク
RTL
レ ジ ス タ 転送言語
RTR
リ モー ト 送信要求
RX
受信
SAR
逐次比較レ ジ ス タ
SC/CT
ス イ ッ チ ト キ ャ パシ タ /連続時間
SCL
I2C シ リ アル ク ロ ッ ク
SDA
I2C シ リ アル デー タ
S/H
サン プル/ホール ド
SINAD
信号対 ノ イ ズおよび歪み比
SIO
特別入出力 ( 高度機能を備えた GPIO)。
GPIO を参照
SOC
変換の開始
SOF
フ レームの開始
SPI
シ リ アル ペ リ フ ェ ラル イ ン タ ー フ ェ ース
( 通信プ ロ ト コ ルの一種 )
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 38/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
本書の表記法
表 57. 測定単位 ( 続き )
測定単位
表 57. 測定単位
記号
記号
測定単位
測定単位
µH
マ イ ク ロヘ ン リ ー
マ イ ク ロ秒
摂氏温度
µs
dB
デシベル
µV
マ イ ク ロボル ト
dBm
デシベル ミ リ ワ ッ ト
µW
マ イ ク ロワ ッ ト
fF
フ ェムト フ ァ ラ ッ ド
mA
ミ リ ア ンペア
ミ リ秒
℃
ヘルツ
ms
KB
1024 バイ ト
mV
ミ リ ボル ト
kbps
キロ ビ ッ ト 毎秒
nA
ナ ノ ア ンペア
Khr
キロ時間
ns
ナノ秒
ナ ノ ボル ト
Hz
キロヘルツ
nV
kΩ
キロ オーム
Ω
オーム
ksps
キロサン プル毎秒
pF
ピコファ ラ ッ ド
LSB
最下位ビ ッ ト
ppm
100 万分の 1
ピ コ秒
kHz
メ ガ ビ ッ ト 毎秒
ps
MHz
メ ガヘルツ
s
秒
MΩ
メ ガオーム
sps
サン プル数毎秒
Msps
メ ガサン プル数毎秒
sqrtHz
ヘルツの平方根
マ イ ク ロ ア ンペア
V
ボル ト
マイ クロフ ァ ラ ッ ド
W
ワッ ト
Mbps
µA
µF
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 39/41
暫定版
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
改訂履歴
文書名 : CYBL10X6X フ ァ ミ リ デー タ シー ト Bluetooth Low Energy 対応のプ ログ ラ マ ブル ラ ジオ オ ン チ ッ プ (PRoC BLE)
文書番号 : 001-93624
版
ECN 番号
変更者
発行日
変更内容
**
4471874
HZEN
08/21/2014 こ れは英語版 001-90478 Rev. *C を翻訳 し た日本語版 001-93624 Rev. ** です。
*A
4641532
MIOU
01/28/2015 こ れは英語版 001-90478 Rev. *G を翻訳 し た日本語版 001-93624 Rev. *A です。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
ページ 40/41
PRoC BLE: CYBL10X6X
フ ァ ミ リ のデー タ シー ト
暫定版
セールス、 ソ リ ュ ーシ ョ ンおよび法律情報
ワール ド ワ イ ド な販売 と 設計サポー ト
サイ プ レ スは、 事業所、 ソ リ ュ ーシ ョ ン セ ン タ ー、 メ ー カ ー代理店および販売代理店の世界的なネ ッ ト ワー ク を保持 し ています。
お客様の最寄 り のオ フ ィ スについては、 サイ プ レ スのロ ケーシ ョ ン ページ を ご覧 く だ さ い。
PSoC® ソ リ ュ ーシ ョ ン
製品
車載用
ク ロ ッ ク&バ ッ フ ァ
イ ン タ ー フ ェ ース
照明&電力制御
メモリ
PSoC
タ ッ チ セ ン シ ング
USB コ ン ト ロー ラ ー
ワ イヤレ ス/ RF
cypress.com/go/automotive
cypress.com/go/clocks
cypress.com/go/interface
cypress.com/go/powerpsoc
cypress.com/go/memory
cypress.com/go/psoc
cypress.com/go/touch
psoc.cypress.com/solutions
PSoC 1 | PSoC 3 | PSoC 4 | PSoC 5LP
サイ プ レ ス開発者 コ ミ ュ ニ テ ィ
コ ミ ュ ニ テ ィ | フ ォ ー ラ ム | ブ ログ | ビデオ | ト レーニ ン グ
テ ク ニ カル サポー ト
cypress.com/go/support
cypress.com/go/USB
cypress.com/go/wireless
© Cypress Semiconductor Corporation, 2013-2015. 本文書に記載 さ れる情報は予告な く 変更 さ れる場合があ り ます。 Cypress Semiconductor Corporation ( サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ) は、 サイ
プ レ ス製品に組み込まれた回路以外のいかな る回路を使用する こ と に対 し て一切の責任を負いません。 サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社は、 特許またはその他の権利に基づ く ラ イ セ ン ス を譲渡する こ
と も、 または含意する こ と も あ り ません。 サイ プ レ ス製品は、 サイ プ レ ス と の書面によ る合意に基づ く ものでない限 り 、 医療、 生命維持、 救命、 重要な管理、 または安全の用途のために使用する
こ と を保証する も のではな く 、 また使用する こ と を意図 し た もので も あ り ません。 さ ら にサイ プ レ スは、 誤動作や誤 り によ っ て使用者に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維持
シ ス テムの重要な コ ンポーネ ン ト と し てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけるあ ら ゆ
る リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
すべてのソ ース コ ー ド ( ソ フ ト ウ ェ アおよび/またはフ ァ ームウ ェ ア ) はサイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ( 以下 「サイ プ レ ス」 ) が所有 し 、 全世界の特許権保護 ( 米国およびその他の国 )、 米国の著
作権法な ら びに国際協定の条項に よ り 保護 さ れ、 かつそれら に従います。 サイ プ レ スが本書面に よ り ラ イ セ ン シーに付与する ラ イ セ ン スは、 個人的、 非独占的かつ譲渡不能の ラ イ セ ン ス であ り 、
適用 さ れる契約で指定 さ れたサイ プ レ スの集積回路 と 併用 さ れる ラ イ セ ン シーの製品のみをサポー ト する カ ス タ ム ソ フ ト ウ ェ アおよび/またはカ ス タ ム フ ァ ームウ ェ ア を作成する目的に限 っ て、
サイ プ レ スの ソ ース コ ー ド の派生著作物を コ ピー、 使用、 変更そ し て作成する ためのラ イ セ ン ス、 な ら びにサイ プ レ スの ソ ース コ ー ド および派生著作物を コ ンパイルする ための ラ イ セ ン スです。
上記で指定 さ れた場合を除き、 サイ プ レ スの書面によ る明示的な許可な く し て本 ソ ース コ ー ド を複製、 変更、 変換、 コ ンパイル、 または表示する こ と はすべて禁止 し ます。
免責条項 : サイ プ レ スは、 明示的または黙示的を問わず、 本資料に関するいかな る種類の保証 も行いません。 こ れには、 商品性または特定目的への適合性の黙示的な保証が含まれますが、 こ れに
限定 さ れません。 サイ プ レ スは、 本文書に記載 さ れる資料に対 し て今後予告な く 変更を加え る権利を留保 し ます。 サイ プ レ スは、 本文書に記載 さ れるいかな る製品または回路を適用または使用 し
た こ と によ っ て生ずるいかな る責任も負いません。 サイ プ レ スは、 誤動作や故障によ っ て使用者に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維持シ ス テムの重要な コ ンポーネ ン ト と し
てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけるあ ら ゆる リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結
果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
ソ フ ト ウ ェ アの使用は、 適用 さ れるサイ プ レ ス ソ フ ト ウ ェ ア ラ イ セ ン ス契約によ っ て制限 さ れ、 かつ制約 さ れる場合があ り ます。
文書番号 : 001-93624 Rev. *A
本書で言及するすべての製品名および会社名は、 それぞれの所有者の商標である場合があ り ます。
改訂日 2015 年 1 月 28 日
ページ 41/41
Similar pages