Automotive PSoC 4 PSoC 4000 Family Datasheet (Japanese).pdf

車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
プ ロ グ ラ マ ブル シ ス テムオ ン チ ッ プ (PSoC®)
概要
PSoC® 4 は、 ARM® Cortex™-M0 CPU を内蔵 し たプ ロ グ ラ マ ブル組み込みシ ス テム コ ン ト ロー ラ ー フ ァ ミ リ 用の拡張可能で、 再
コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン可能な AEC-Q100 準拠のプ ラ ッ ト フ ォ ーム アーキテ ク チ ャ です。 これは、 プ ログ ラ ム可能かつ再設定可
能なアナログ ブ ロ ッ ク と デジ タ ル ブ ロ ッ ク を柔軟な自動配線で組み合わせて形成 さ れます。 PSoC 4000 製品フ ァ ミ リ は、 PSoC 4
プ ラ ッ ト フ ォ ーム アーキテ ク チ ャ の最小 メ ンバーです。 それは、 標準的な通信 と タ イ ミ ン グ ペ リ フ ェ ラ ルを備えたマ イ ク ロ コ ン
ト ロー ラ ー、 ク ラ ス最高の性能を備えた静電容量式 タ ッ チセ ン シ ングシ ス テム (CapSense)、 および汎用アナログの組み合せです。
新 し いア プ リ ケーシ ョ ンや設計ニーズの面では、PSoC 4000 製品は PSoC 4 プ ラ ッ ト フ ォ ームの メ ンバー と の完全な上位互換性が
あ り ます。
特長
32 ビ ッ ト MCU サブ シ ス テム
最大 20 のプ ロ グ ラ ム可能な GPIO ピ ン
■
16MHz ARM Cortex-M0 CPU
■
読み出 し 加速装置を備えた 16KB ま での フ ラ ッ シ ュ
■
最大 2KB ま での SRAM
プ ロ グ ラ ム可能な アナ ロ グ
■
汎用又は静電容量セ ン シ ング ア プ リ ケーシ ョ ン用の 2 個の電
流 DAC (IDAC)
■
内部 リ フ ァ レ ン スのある 1 個の低消費電力 コ ンパレー タ
低消費電力 1.71V ~ 5.5V の動作
■
割 り 込み と I2C ア ド レ ス検出によ るウ ェ イ ク ア ッ プ機能を備
えたデ ィ ープ ス リ ープ モー ド
静電容量セ ン シ ン グ
■
サイ プ レ ス容量シグマデル タ (CSD) は、 ク ラ ス最高の信号対
ノ イ ズ比 (SNR) および耐水性を提供
■
サイ プ レ スが提供する ソ フ ト ウ ェ ア コ ンポーネ ン ト は、 静電
容量セ ン シ ングの設計を簡易化
■
ハー ド ウ ェ ア自動チ ュ ーニ ング (SmartSense™)
24 ピ ン QFN と 16 ピ ン SOIC パ ッ ケージ
■
ポー ト 0、 1、 および 2 上の GPIO ピ ンは CapSense にな り 得
る、 または他の機能を備えている
■
駆動モー ド 、 駆動力、 およびスルーレー ト はプ ログ ラ ム可能
温度範囲
■
A グレー ド : –40°C ~ +85°C
■
S グレー ド : –40°C ~ +105°C
■
車載電子部品評議会 (AEC) Q100 認定
PSoC Creator の設計環境
■
統合開発環境 (IDE) が回路図デザイ ンのエ ン ト リ と ビル ド を
提供 ( アナログおよびデジ タ ル自動配線も 備えている )
■
すべての機能固定かつプ ロ グ ラ ム可能なペ リ フ ェ ラ ル向けの
ア プ リ ケーシ ョ ン プ ロ グ ラ ミ ン グ イ ン タ ー フ ェ ース (API) コ
ンポーネ ン ト
業界標準のツールの互換性
■
シ リ アル通信
■
■
回路図のエ ン ト リ 後、 開発を ARM ベースの業界標準の開発
ツールで行 う こ と が可能
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド 中にア ド レ ス マ ッ チ ング を行い、
一致にな る と ウ ェ イ ク ア ッ プ を生成する能力を備えたマルチ
マス タ I2C ブ ロ ッ ク
タ イ ミ ン グお よびパルス幅の変調
■
1 個の 16 ビ ッ ト タ イ マー/カ ウン タ ー/パルス幅変調器
(TCPWM) ブ ロ ッ ク
■
中央揃え、 エ ッ ジ、 および擬似ラ ン ダムモー ド
■
モー タ ー ド ラ イ ブやその他の信頼性の高いデジ タ ル ロ ジ ッ
ク ア プ リ ケーシ ョ ン用の Kill 信号の コ ンパレー タ ベースの ト
リ ガー
Cypress Semiconductor Corporation
文書番号 : 001-96389 Rev. **
•
198 Champion Court
•
San Jose, CA 95134-1709
•
408-943-2600
改訂日 2015 年 4 月 9 日
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
目次
機能の説明 .......................................................................... 4
CPU および メ モ リ サブ シ ス テム ................................ 4
シ ス テム リ ソ ース ....................................................... 4
アナログ ブ ロ ッ ク ....................................................... 5
機能固定デジ タ ル ........................................................ 5
GPIO ........................................................................... 5
特殊機能ペ リ フ ェ ラル ................................................ 5
ピ ン配置 ............................................................................. 6
電源 .................................................................................... 8
非安定化外部電源 ........................................................ 8
安定化外部電源 ........................................................... 8
開発サポー ト ...................................................................... 9
ド キ ュ メ ン ト ............................................................... 9
オ ン ラ イ ン .................................................................. 9
ツール .......................................................................... 9
電気的仕様 ........................................................................ 10
絶対最大定格 ............................................................. 10
デバイ ス レ ベルの仕様 ............................................. 11
アナログ ペ リ フ ェ ラル ............................................. 14
文書番号 : 001-96389 Rev. **
デジ タ ル ペ リ フ ェ ラル ............................................. 16
メ モ リ ........................................................................ 18
シ ス テム リ ソ ース ..................................................... 18
注文情報 ........................................................................... 21
型番の命名規則 ......................................................... 21
パ ッ ケージ ........................................................................ 23
パ ッ ケージ図 ............................................................. 24
略語 .................................................................................. 26
本書の表記法 .................................................................... 28
測定単位 .................................................................... 28
改訂履歴 ........................................................................... 29
セールス、 ソ リ ュ ーシ ョ ンおよび法律情報 ..................... 30
ワール ド ワ イ ド な販売 と 設計サポー ト ..................... 30
製品 ........................................................................... 30
PSoC® ソ リ ュ ーシ ョ ン ............................................ 30
サイ プ レ ス開発者コ ミ ュ ニ テ ィ ................................ 30
テ ク ニ カル サポー ト ................................................. 30
ページ 2/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
図 1. ブ ロ ッ ク図
CPU Subsystem
MUL
NVIC, IRQMX
System Resources
Lite
Power
Sleep Control
WIC
POR
REF
PWRSYS
Flash
16 KB
SRAM
2 KB
Read Accelerator
SRAM Controller
ROM
4 KB
ROM Controller
System Interconnect (Single/Multi Layer AHB)
Peripherals
PCLK
Peripheral Interconnect (MMIO)
Reset
Reset Control
XRES
Test
DFT Logic
DFT Analog
IOSS GPIO (4x ports)
Clock
Clock Control
WDT
IMO
ILO
CapSense
AHB- Lite
SPCIF
Cortex
M0
16 MHz
1x TCPWM
32-bit
SWD/TC
1x SCB-I2C
PSoC 4000
High Speed I/O Matrix
Power Modes
Active/ Sleep
Deep Sleep
20 x GPIOs
I/O Subsystem
PSoC 4000 デバイ スは、ハー ド ウ ェ ア と フ ァ ームウ ェ アの両方
のプ ログ ラ ム、 テ ス ト 、 デバ ッ グ処理、 配線の幅広い範囲をサ
ポー ト し ます。
■
デバ ッ グ機能を無効にで き る
■
堅牢な フ ラ ッ シ ュ保護
ARM シ リ アル ワ イヤー デバ ッ グ (SWD) イ ン タ ー フ ェ ースは、
デバイ スのプ ログ ラ ミ ング と デバ ッ グ機能をすべてサポー ト し
ています。
■
お客様独自の機能がプ ログ ラ マ ブル オン チ ッ プ ブ ロ ッ ク で
実装する こ と を可能にする
完全なデバ ッ グ オン チ ッ プ (DoC) の機能によ り 、 標準の量産
デバイ ス を使用 し た最終シ ス テムで完全なデバイ スのデバ ッ グ
処理が可能に な り ま す。 専用の イ ン タ ー フ ェ ー ス、 デバ ッ グ
ポ ッ ド 、 シ ミ ュ レー タ 、 あるいはエ ミ ュ レー タ は不要です。 デ
バ ッ グを完全にサポー ト する ために必要な も のは、 プ ログ ラ ミ
ング用の標準的接続だけです。
PSoC Creator IDE は、 PSoC 4000 デバイ ス用の完全に統合 さ
れた プ ロ グ ラ ミ ン グお よ びデバ ッ グのサポー ト を提供 し ます。
SWD イ ン タ ー フ ェ ースは、 業界標準のサー ド パーテ ィ 製ツー
ル と 完全互換です。PSoC 4000 フ ァ ミ リ ーは、マルチチ ッ プ ア
プ リ ケーシ ョ ン ソ リ ュ ーシ ョ ン ま たはマ イ ク ロ コ ン ト ロ ー
ラ ーに適用不可能な セキ ュ リ テ ィ レ ベルを提供 し ます。 こ の
フ ァ ミ リ ーは次の利点を持 っ ています。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
デバ ッ グ回路は、 デ フ ォル ト で有効に さ れ、 フ ァ ームウ ェ ア で
のみ無効にする こ と がで き る有効に さ れていない場合、 再度有
効にする唯一の方法は、 デバイ ス全体を消去 し フ ラ ッ シ ュ保護
も ク リ ア し てデバ ッ グ処理を有効にする新 し い フ ァ ームウ ェ ア
でデバイ ス を プ ログ ラ ム し 直す こ と です。
さ ら に、 悪意を持っ てデバイ ス を再プ ログ ラ ムする こ と に起因
する フ ィ ッ シ ング攻撃、またはフ ラ ッ シ ュ プ ロ グ ラ ミ ン グ シー
ケ ン ス を開始 し て割 り 込む こ と で セキ ュ リ テ ィ シ ス テム を打
倒 し よ う と い う 意図が懸念 さ れる ア プ リ ケーシ ョ ン に対 し て、
すべてのデバ イ ス イ ン タ ー フ ェ ース を恒久的に無効にす る こ
と が可能です。 デバイ スのセキ ュ リ テ ィ が最大に有効 と な っ て
いる場合、 すべてのプ ログ ラ ミ ング、 デバ ッ グ、 およびテ ス ト
イ ン タ ー フ ェ ースは無効に さ れます。 そのため、 PSoC 4000 の
デバイ ス セキ ュ リ テ ィ 機能が有効に さ れた ら、 その故障解析機
能だけが制限 さ れます。 こ れは PSoC 4000 でユーザーが行え
る ト レー ド オ フ です。
ページ 3/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
機能の説明
CPU お よび メ モ リ サブ シ ス テム
CPU
PSoC 4000 の Cortex-M0 CPU は、 広範な ク ロ ッ ク ゲーテ ィ ン
グを備えた低消費電力動作用に最適化 さ れた 32 ビ ッ ト MCU サ
ブ シ ス テムの一部です。 ほ と んどの命令の長 さ は 16 ビ ッ ト で
あ り 、CPU が Thumb-2 命令セ ッ ト のサブ セ ッ ト を実行 し ます。
こ れ に よ り、 バ イ ナ リ コ ー ド は 完 全 上 位 互 換 に な り、
Cortex-M3、 M4 等の高性能プ ロ セ ッ サに使用で き ま す。 こ れ
は、 8 つの割 り 込み入力を備えたネス ト 型ベ ク タ 割 り 込みコ ン
ト ロー ラ ー (NVIC) ブ ロ ッ ク と ウ ェ イ ク ア ッ プ割 り 込み コ ン ト
ロー ラ ー (WIC) を含みます。 WIC は、 デ ィ ープ ス リ ープ モー
ド から プ ロ セ ッ サを ウ ェ イ ク する こ と がで き ます。こ れによ り 、
チ ッ プがデ ィ ープ ス リ ープ モー ド にな っ てい る時に メ イ ン プ
ロ セ ッ サへの電源を切る こ と がで き ます。
また、 CPU は、 JTAG の 2 線式のデバ ッ グ イ ン タ ー フ ェ ース
(SWD イ ン タ ー フ ェ ース ) も あ り ます。 PSoC 4000 に使用する
デバ ッ グ コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ンは 4 個のブ レー ク ポ イ ン ト (
ア ド レ ス ) コ ンパレー タ と 2 個のウ ォ ッ チポ イ ン ト ( デー タ ) の
コ ンパレー タ を持っ ています。
フ ラ ッ シュ
PSoC 4000 デバ イ スは、 平均ア ク セ ス時間を改善する ために
CPU に緊密に接続 さ れた、 フ ラ ッ シ ュ ア ク セ ラ レー タ 付きの
フ ラ ッ シ ュ モ ジ ュ ール を持 っ てい ます。 低消費電力の フ ラ ッ
シ ュ ブ ロ ッ ク は 16MHz でゼロ ウ ェ イ ト ス テー ト (WS) ア ク セ
ス時間 を 達成す る よ う に設計 さ れま す。 フ ラ ッ シ ュ ア ク セ ラ
レー タ は、平均 し て、単一サイ クル SRAM ア ク セス性能の 85%
を達成 し ます。
SRAM
16MHz で実行可能なゼロ ウ ェ イ ト ス テー ト ( 待ち状態な し )
のア ク セス を備えた 2KB SRAM が提供 さ れます。
SROM
ブ ー ト お よ び コ ン フ ィ ギ ュ レ ーシ ョ ン ルーチ ン を含んでい る
監視 ROM が提供 さ れます。
シ ス テム リ ソ ース
電源シ ス テム
電力シ ス テムは、 8 ページの電源セ ク シ ョ ンに詳 し く 説明 さ れ
ます。 これは、 電圧レ ベルがそれぞれのモー ド の必要に応 じ る
こ と を 保証 し 、 電圧 レ ベルが適切な機能の必要に応 じ る ま で
モー ド エ ン ト リ を遅延 さ せる ( 例えば、 パワーオ ン リ セ ッ ト
(POR) 時 )、 または リ セ ッ ト を生成 し ます ( 例えば、 電圧低下
検出時 )。 PSoC 4000 は、 1.8 V±5% ( 外部安定化 ) または 1.8V
~ 5.5V ( 内部安定化 ) の外部電源電圧で動作 し 、 3 つの異な る
電力モー ド があ り 、 これ らのモー ド 間の遷移が電源シ ス テムに
よ り 管理 さ れます。 PSoC 4000 は、 ア ク テ ィ ブ、 ス リ ープ低消
費電力、およびデ ィ ープ ス リ ープ低消費電力モー ド を提供 し ま
す。
ア ク テ ィ ブ モー ド では、 すべてのサブ シ ス テムは動作で き ま
す。 ス リ ープ モー ド では、 CPU サブ シ ス テム (CPU、 フ ラ ッ
シ ュ、 SRAM) はク ロ ッ ク がゲー ト オ フ にな り ますが、 すべて
のペ リ フ ェ ラ ル と 割 り 込みはウ ェ イ ク ア ッ プ イ ベ ン ト の時に
瞬時ウ ェ イ ク ア ッ プ機能によ り ア ク テ ィ ブにな り ます。 デ ィ ー
プ ス リ ープ モー ド では、高速 ク ロ ッ ク および対応する回路がオ
フ に さ れます。 このモー ド か らの復帰は 35µs かか り ます。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ク ロ ッ ク シ ス テム
PSoC 4000 ク ロ ッ ク シ ス テムは、 ク ロ ッ ク を必要 と するすべ
てのサブ シ ス テムに ク ロ ッ ク を供給 し 、 グ リ ッ チな し に異な る
ク ロ ッ ク ソ ース間で切 り 替え る こ と を担当 し ま す。 ま た、 ク
ロ ッ ク シ ス テムは メ タ ス テーブル状態が発生 し ない よ う に保
証 し ます。
PSoC 4000 のク ロ ッ ク シ ス テムは、 内蔵主発振器 (IMO)、 内蔵
低周波数発振器 (ILO)、 お よ び外部 ク ロ ッ ク 用の予備ピ ンか ら
構成 さ れます。
図 2. PSoC 4000 MCU のク ロ ッ キング アーキテ ク チ ャ
IMO
Divide By
2,4,8
FCPU
External Clock
(connects to GPIO pin P
0 .4)
FCPU信号は、アナログ と デジ タ ル ペ リ フ ェ ラル用に同期ク ロ ッ
ク を生成する ために分周する こ と がで き ます。 PSoC 4000 は、
4 個のク ロ ッ ク分周器を備えてお り 、それぞれが 16 ビ ッ ト に分
周で き ます。 16 ビ ッ ト 分周機能は、 微周波数値を柔軟に生成す
る こ と を可能に し 、PSoC Creator で完全にサポー ト さ れていま
す。
IMO ク ロ ッ ク ソ ース
IMO は、PSoC 4000 の内部ク ロ ッ ク 供給の主な ソ ースです。 こ
れはテ ス ト 段階中に、 指定 さ れた精度を得る ために ト リ ム さ れ
ます。 IMO のデ フ ォル ト 周波数は 24 MHz で、 4 MHz のス テ ッ
プ で 24 から 48 MHz に調整で き ます。 サイ プ レ スが提供する
校正設定では、 IMO の許容誤差は ±2%(24MHz、 32MHz) です。
ILO ク ロ ッ ク ソ ース
ILO は、 超低消費電力の 40kHz 発振器であ り 、 デ ィ ープ ス リ ー
プ モー ド でウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー (WDT) と ペ リ フ ェ ラルの
動作用に ク ロ ッ ク を生成する ために主に使用 さ れます。 ILO 制
御のカ ウン タ ーは、精度を改善する ために IMO で校正する こ と
がで き ます。 サイ プ レ スは、 校正を実行する ソ フ ト ウ ェ ア コ ン
ポーネ ン ト を提供 し ています。
ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー
ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マーは、ILO を ク ロ ッ ク ソ ース と し て動作
する ク ロ ッ ク ブ ロ ッ ク に実装 さ れます。 こ れによ り 、 ウ ォ ッ チ
ド ッ グがデ ィ ープ ス リ ープ モー ド で も 動作で き、 設定 さ れた
タ イムアウ ト が発生する前にウ ォ ッ チ ド ッ グが処理 さ れなかっ
た場合に リ セ ッ ト が生成 さ れます。 ウ ォ ッ チ ド ッ グ リ セ ッ ト
は、 フ ァ ー ム ウ ェ ア が読み出 し 可能 な リ セ ッ ト 原因 (Reset
Cause) レ ジス タ に記録 さ れます。
リセッ ト
PSoC 4000 は、 ソ フ ト ウ ェ ア リ セ ッ ト を含む様々な ソ ースか
ら リ セ ッ ト で き ます。 リ セ ッ ト イ ベン ト は非同期であ り 、 チ ッ
プ を既存の状態に復帰する こ と を保証 し ます。 リ セ ッ ト の原因
は、 リ セ ッ ト 中にス テ ィ ッ キーであ り 、 ソ フ ト ウ ェ アが リ セ ッ
ト を原因を判断で き る よ う にする レ ジ ス タ に記録 さ れます。 24
ピ ン パ ッ ケージ では、XRES ピ ンは外部 リ セ ッ ト 用に予約 さ れ
ます。 16 ピ ン パ ッ ケージ では、 内部 POR が提供 さ れます。
XRES ピ ンには、 常に有効にな っ ている内部プルア ッ プ抵抗が
あ り ます。
電圧 リ フ ァ レ ン ス
PSoC 4000 リ フ ァ レ ン ス シ ス テムは、 すべての必要 と な る リ
フ ァ レ ン ス を生成 し ます。 1.2V 電圧 リ フ ァ レ ン スは、 コ ンパ
レー タ 用に提供 さ れます。 IDAC は、 ±5% 電圧 リ フ ァ レ ン スに
参照 し ます。
ページ 4/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
アナ ロ グ ブ ロ ッ ク
PSoC 4000 は、以下の点では、I2C 仕様に完全に準拠 し ません。
低消費電力 コ ンパレー タ
■
PSoC 4000 は、内蔵電圧 リ フ ァ レ ン ス を使用する低消費電力コ
ンパレー タ を備えています。 最大 16 ピ ンのいずれかを コ ンパ
レー タ 入力 と し て使用で き、 コ ンパレー タ 出力を ピ ンに引き出
せます。 選択 さ れた コ ンパレー タ 入力を コ ンパレー タ の負の入
力に接続 し 、 その正の入力を常に 1.2V 電圧 リ フ ァ レ ン スに接
続 し ています。
電流 DAC
GPIO
PSoC 4000 は、最大 20 GPIO を持 っ ています。GPIO ブ ロ ッ ク
は、 以下のも のを実装 し ます。
■
8 種類の駆動モー ド
❐ アナログ入力モー ド ( 入力 と 出力バ ッ フ ァ が無効 )
❐ 入力のみ
❐ 弱プルア ッ プ、 強プルダウン
❐ 強プルア ッ プ、 弱プルダウン
❐ オープ ン ド レ イ ン、 強プルダウン
❐ オープ ン ド レ イ ン、 強プルア ッ プ
❐ 強プルア ッ プ、 強プルダウン
❐ 弱プルア ッ プ、 弱プルダウン
■
入力閾値セ レ ク ト (CMOS あるいは LVTTL)
■
駆動能力モー ド 以外に、 入力 と 出力バ ッ フ ァ のイ ネーブル/
デ ィ セーブルの個別制御
■
EMI を改善する ために、dV/dt 関連の ノ イ ズ制御用の選択可能
なスルー レー ト
PSoC 4000 は、 チ ッ プ上の最大 16 ピ ンのいずれかを駆動で き
る 2 個の IDAC を備えています。 こ れ らの IDAC は、 プ ログ ラ
ム可能な電流範囲を持 っ ています。
アナログ多重化バス
PSoC 4000 は、中央か ら独立 し てチ ッ プの周辺を回る 2 個のバ
ス を備えています。 これ らのバス (amux バス と 呼ばれている )
は、 チ ッ プの内部 リ ソ ース (IDAC、 コ ンパレー タ ) がポー ト 0、
1、 2 のいずれかのピ ンに接続で き る よ う にする、 フ ァ ームウ ェ
アでプ ログ ラ ム可能なアナログ ス イ ッ チに接続 さ れています。
機能固定デジ タ ル
タ イ マー/カ ウン タ ー/ PWM (TCPWM) ブ ロ ッ ク
TCPWM ブ ロ ッ ク は、ユーザーがプ ログ ラ ム可能な周期長の 16
ビ ッ ト カ ウン タ ーから な り ます。 キ ャ プ チ ャ レ ジ ス タ は、 I/O
イ ベン ト な どのイ ベン ト の時に カ ウン ト 値を記録 し ます。 周期
レ ジ ス タ は、 カ ウン タ ーのカ ウン ト が周期レ ジ ス タ のカ ウン ト
に等 し く な る時に カ ウン ト を停止、 または自動的に リ ロー ド し
ます。 比較レ ジ ス タ は、 PWM デ ュ ーテ ィ 比出力 と し て使用 さ
れる比較値信号を生成 し ます。 ブ ロ ッ クは、 真出力 と 相補出力
( それら 間のオ フ セ ッ ト がプ ログ ラ ム可能 ) も提供 し てお り 、こ
れ ら を プ ロ グ ラ ム可能 な デ ッ ド バ ン ド コ ン プ リ メ ン タ リ ー
PWM 出力 と し て使用する こ と がで き ます。 また、 出力を事前
に決定 さ れた状態に移行 さ せるキル̣ (Kill) 入力 も あ り ます。 例
えば、 モー タ 駆動シ ス テムでは、 過電流状態が示 さ れ、 FET を
駆動 し ている PWM を ソ フ ト ウ ェ ア介入な し に直ちに止める必
要がある時、 キル入力が使用 さ れます。
シ リ アル通信ブ ロ ッ ク (SCB)
PSoC 4000 は、 マルチマス タ ー I2C イ ン タ ー フ ェ ース を実装す
る シ リ アル通信ブ ロ ッ ク を備えています。
I2
2
C モー ド : ハー ド ウ ェ ア I C ブ ロ ッ ク は、完全なマルチマス タ
と ス レ ーブ イ ン タ ー フ ェ ース ( マルチ マ ス タ のアービ ト レ ー
シ ョ ンがで き る ) を実装 し ます。こ のブ ロ ッ クは、最大 400kbps
( 高速モー ド ) で動作可能で、 CPU 用の割 り 込みオーバヘ ッ ド
と レ イ テ ン シ を削減する ための フ レキシ ブルなバ ッ フ ァ リ ング
オ プ シ ョ ンがあ り ます。 ま た、 PSoC 4000 の メ モ リ で メ ール
ボ ッ ク ス ア ド レ ス範囲を作っ て、 メ モ リ ア レ イへの読み出 し
と 書き込みの I2C 通信を効果的に削減する EZI2C に も 対応 し て
います。 また、 ブ ロ ッ クは送受信用に深 さ 8 の FIFO に も 対応
し ています。 こ れは、 CPU がデー タ を読み出す一定の時間を増
加する こ と で、 時間通 り に CPU が読み出すデー タ がない こ と
に起因 し た ク ロ ッ ク ス ト レ ッ チの必要性を大幅に低減す る こ
と がで き ます。
I2C ペ リ フ ェ ラ ルは、 NXP I2C バス仕様 と ユーザ マ ニ ュ アル
(UM10204) で定義 さ れた通 り に、 I2C 標準モー ド と 高速モー ド
デバイ ス と 互換性があ り ます。 I2C バス I/O は、 オープ ン ド レ
イ ン モー ド にある GPIO を使用 し て実装 さ れます。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
GPIO セルは過電圧耐性がないため、I2C シ ス テムの残 り の部
分から 独立 し てホ ッ ト スワプするか、 電源を投入する こ と が
で き ません。
ピ ンは、 8 ビ ッ ト 幅のポー ト と 呼ばれる論理エ ン テ ィ テ ィ に構
成 さ れます ( ポー ト 2 と ポー ト 3 は、 よ り 少ないビ ッ ト 幅です
)。 電源投入 と リ セ ッ ト の時、 入力への電流を止めない、 および
/または電源投入時に過電流を発生 さ せないために、 ブ ロ ッ ク
は無効状態に移行 さ せます。 高速 I/O マ ト リ ッ ク ス と し て知ら
れてい る多重化ネ ッ ト ワー ク は、 I/O ピ ン に接続で き る複数の
信号間を多重化するのに使用 さ れます。
デー タ 出力 と ピ ン ス テー ト レ ジ ス タ は、 それぞれピ ン上で駆
動 さ れる値 と それら のピ ンのス テー ト を格納 し ます。
各 I/O ピ ンは有効にな っ た場合に割 り 込みを生成で き、 各 I/O
ポー ト はそれに対応する割 り 込み要求 (IRQ) と 割 り 込みサービ
ス ルーチ ン (ISR) ベ ク タ があ り ます (PSoC 4000 では、 ベ ク
タ 数は 4 です)。
特殊機能ペ リ フ ェ ラル
CapSense
CapSense は PSoC 4000 で、 アナログ ス イ ッ チに接続 し たア
ナログ マルチ プ レ ク サ バス を介 し て最大 16 ピ ンに接続で き る
CSD ブ ロ ッ ク によ り サポー ト さ れます。 従っ て、 CapSense 機
能はソ フ ト ウ ェ ア で制御 さ れて、 シ ス テム内のいかな る使用可
能な ピ ンかピ ン グルー プ に も 提供す る こ と がで き ます。 ユー
ザ ー の便宜の た め に、 PSoC
Creator コ ン ポ ー ネ ン ト は
CapSense ブ ロ ッ ク に提供 さ れています。
シール ド 電圧は、 耐水機能を提供する ために他のマルチ プ レ ク
サ バス上で駆動する こ と がで き ます。 耐水性は、 シール ド 電極
を検知電極 と 同位相で駆動 し て、 シール ド 容量が検知 さ れた入
力を減衰 さ せる こ と を防ぐ こ と で、 備え ら れています。 近接検
知も 実装する こ と がで き ます。
CapSense ブ ロ ッ クは、 2 個の IDAC を備えています。 こ れら
は、 CapSense を使用 し ない ( 両方の IDAC と も使用可能 ) 場
合、 または CapSense が耐水性を備えずに使用する ( ど ち ら か
一方の IDAC が使用可能 ) 場合、 一般用途に使用する こ と がで
き ます。
ページ 5/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
ピ ン配置
以下は、 PSoC 4000 のピ ン リ ス ト です。 すべてのポー ト ピ ンは GPIO に対応 し ています。 ポー ト 0、 1、 2 は、 CSD CapSense と
アナログ マルチ プ レ クサ バスの接続に対応 し ています。
表 1. PSoC 4000 のピ ン説明
24-QFN
16-SOIC
ピン
1
名称
P0.0/TRIN0
ピン
名称
2
P0.1/TRIN1/
CMPO_0
3
3
P0.2/TRIN2
4
P0.2/TRIN2
4
P0.3/TRIN3
5
P0.4/TRIN4/
CMPO_0/EXT_CLK
5
P0.4/TRIN4/CMPO_0
/EXT_CLK
6
VCCD
6
VCCD
7
VDD
7
VDD
8
VSS
8
VSS
9
P0.5
9
P0.5
10
P0.6
10
P0.6
11
P0.7
TCPWM 信号
代替機能
TRIN0: ト リ ガーの入力 0
P0.1/TRIN1/CMPO_0 TRIN1: ト リ ガーの入力 1
CMPO_0: 検知コ ンパレー タ の出力
TRIN2: ト リ ガーの入力 2
TRIN3: ト リ ガーの入力 3
TRIN4: ト リ ガー入力 4
CMPO_0: 検知コ ンパレー タ の出力、
外部ク ロ ッ ク 、 CMOD コ ンデンサ
12
P1.0
13
P1.1/OUT0
11
P1.1/OUT0
14
P1.2/SCL/
SWD_CLK
12
P1.2/SCL/
SWD_CLK
I2C SCL、 SWD ク ロ ッ ク
15
P1.3/SDA/
SWD_IO
13
P1.3/SDA/
SWD_IO
I2C デー タ 、 SWD デー タ
16
P1.4/UND0
UND0: ア ン ダー フ ロー時
の出力
17
P1.5/OVF0
18
P1.6/OVF0/UND0
/nOUT0/CMPO_0
14
P1.6/OVF0/UND0
/nOUT0/CMPO_0
OVF0: オーバー フ ロー時
の出力
nOUT0:
OUT0 (OUT ではない )
の補完信号
19
P1.7/MATCH/EXT_C
LK
15
P1.7/MATCH/EXT_C
LK
20
P2.0
16
P2.0
21
P3.0/SDA/
SWD_IO
1
P3.0/SDA/
SWD_IO
I2C デー タ 、 SWD IO
22
P3.1/SCL/
SWD_CLK
2
P3.1/SCL/
SWD_CLK
I2C ク ロ ッ ク 、 SWD ク ロ ッ ク
23
P3.2
24
XRES
文書番号 : 001-96389 Rev. **
OUT0: PWM の出力 0
MATCH: マ ッ チ信号用の
出力
CMPO_0: 電源投入時の検知コ ンパ
レー タ の出力、 内部 リ セ ッ ト 機能
( 電源投入時にグ ラ ン ド への負荷が存
在 し てはな ら ない )
外部ク ロ ッ ク
OUT0: PWM の出力 0
XRES: 外部 リ セ ッ ト
ページ 6/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
ピ ン機能の説明は以下の通 り です。
VDD: アナログ と デジ タ ル セ ク シ ョ ン用の電源供給。
VSS: グ ラ ン ド ピ ン。
VCCD: 安定化デジ タ ル電源 (1.8V±5%)。
ピ ン 0、 1、 2 に属するすべてのピ ンは CSD 検知ピ ン と し て使用する こ と がで き、 すべてのシール ド ピ ンは、 AMUXBUS A か B に
接続するか、 または フ ァ ームウ ェ ア で駆動で き る GPIO ピ ン と し て使用する こ と がで き ます。
ポー ト 3 のピ ンは、 上記の代替機能以外に、 GPIO と し て も使用可能です。
24 ピ ン QFN、 16 ピ ン SOIC のパ ッ ケージが提供 さ れています。
P3.1
P3.0
P2.0
23
22
21
20
1
P0.1
2
24 QFN
Top
View
5
VCCD
6
7
8
9
10
11
P0.7
P0.4
P0.6
4
P0.5
P0.3
VSS
3
VDD
P0.2
P1.7
P3.2
24
P0.0
19
18
P1.6
17
P1.5
16
P1.4
15
P1.3
14
P1.2
13
12
P1.1
P1.0
XRES
図 3. 24 ピ ン QFN のピ ン配置
図 4. 16 ピ ン SOIC のピ ン配置
P3.0
1
16
P2.0
P3.1
2
15
P1.7
P0.1
3
14
P1.6
P0.2
4
13
P1.3
16-SOIC
Top View
文書番号 : 001-96389 Rev. **
P0.4
5
12
P1.2
VCCD
6
11
P1.1
VDD
7
10
P0.6
VSS
8
9
P0.5
ページ 7/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
電源
安定化外部電源
以下の電源シ ス テム図 ( 図 5 と 図 6) は、 PSoC 4000 用に実装
さ れた電源ピ ン セ ッ ト を示 し ます。 シ ス テムには、 デジ タ ル回
路用のア ク テ ィ ブ モー ド にある レギ ュ レー タ があ り ます。 アナ
ログ レギ ュ レー タ はあ り ません。 アナログ回路は VDD 入力か
ら 直接電源供給 さ れます。 デ ィ ープ ス リ ープ モー ド 用の個別
のレギ ュ レー タ があ り ます。電源電圧範囲は 1.8 V±5% ( 外部安
定化 ) または 1.8V ~ 5.5V ( 外部非安定化 ; 内部安定化 ) であ
り 、 すべての機能 と 回路が この範囲にわた っ て動作 し ます。
PSoC 4000 フ ァ ミ リ は、非安定化外部電源 と 安定化外部電源 と
い う 2 種類の電源供給動作に対応 し ています。
非安定化外部電源
こ のモー ド では、 PSoC 4000 は、 1.71V ~ 1.89V の外部電源か
ら 電源供給 さ れます。 こ の範囲は、 電源 リ ッ プルを含む必要が
あ る こ と に注意 し て く だ さ い。 こ のモー ド で、 VDD と VCCD ピ
ンは互いに短絡 さ れ、 バイパス さ れます。 内部レギ ュ レー タ は
フ ァ ームウ ェ ア で無効に さ れます。
以下は、 バイパス方式の例です。
図 6. 24 ピ ン QFN のバイパス方式例 - 安定化外部電源
Power supply connections when 1.71  VDD  1.89 V
1.71 V to 1.89 V
このモー ド では、 PSoC 4000 は、 1.8V ~ 5.5V の任意の外部電
源から電源供給 さ れます。 この範囲は、 バ ッ テ リ 駆動動作用に
も設計 さ れています。 例えば、 チ ッ プは、 3.5V から 始ま っ てか
ら 1.8V に低減するバ ッ テ リ シ ス テムから 電源供給 さ れます。
このモー ド では、PSoC 4000 の内部レギ ュ レー タ は内部ロ ジ ッ
ク に電源を供給 し 、PSoC 4000 の VCCD 出力は外部 コ ンデンサ
(0.1µF ; X5R セ ラ ミ ッ ク または これよ り 良質の もの ) を介 し て
グ ラ ン ド にバイパス さ れる必要があ り ます。
バイパス コ ンデンサは、 VDDD か ら グ ラ ン ド に接続する必要が
あ り ます。 この周波数範囲でのシ ス テムの標準的な実践 と し て
は、互いに平行に配置 さ れた 1µF レ ン ジの コ ンデンサ と それよ
り 小 さ い コ ンデンサ ( 例えば、 0.1µF) を使用 し ます。 こ れら が
単に経験則であ り 、 重要なア プ リ ケーシ ョ ンに対 し ては、 最適
なバイパス を得る ために、設計の際には PCB レ イ アウ ト 、 リ ー
ド イ ン ダ ク タ ン ス、 寄生バイパス コ ンデンサを シ ミ ュ レ ー ト
する必要があ り ます。
以下は、バイパス方式の例です (VDDIO は 16QFN パ ッ ケージ で
使用可能です )。
VDD
PSoC 4000
VCCD
1 F
0.1 F
VSS
図 5. 24 ピ ン QFN のバイパス方式例 - 非安定化外部電源
Power supply connections when 1.8  V DD  5. 5 V
1.8 V to 5.5 V
VDD
1F
PSoC 4000
0. 1 F
VCCD
0. 1 F
VSS
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 8/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
開発サポー ト
PSoC 4000 フ ァ ミ リ には、ユーザーの開発プ ロ セス を支援する
豊富な ド キ ュ メ ン ト 、開発ツールおよびオン ラ イ ン リ ソ ースが
用意 さ れています。
詳細については、 www.cypress.com/go/psoc4 を ご覧 く だ さ い。
ド キュ メ ン ト
ド キ ュ メ ン ト 一式が PSoC 4000 フ ァ ミ リ をサポー ト し 、 ユー
ザーは、疑問点に対する答え を素早 く 見つける こ と がで き ます。
重要な ド キ ュ メ ン ト の幾つかが、 本節に リ ス ト ア ッ プ さ れてい
ます。
ソ フ ト ウ ェ ア ユーザー ガ イ ド : PSoC Creator の使用に関する
段階を追 っ た手引 き 書。 ソ フ ト ウ ェ ア ユーザー ガ イ ド には、
PSoC Creator によ る ビル ド プ ロ セスの詳細、 PSoC Creator を
用いた ソ ース制御の使い方、 その他が記載 さ れています。
コ ンポーネ ン ト デー タ シー ト : PSoC の柔軟性によ っ て、 デバ
イ スが量産に入 っ てか ら長い期間の後で も 新 し いペ リ フ ェ ラル
( コ ンポーネ ン ト ) を作成する こ と がで き ます。コ ンポーネ ン ト
デー タ シー ト には、ある特定の コ ンポーネ ン ト の選択および使
用に必要な情報が、機能説明、API ド キ ュ メ ン ト 、サン プル コ ー
ド 、 AC/DC 仕様を含んで全て記載 さ れています。
テ ク ニ カル リ フ ァ レ ン ス マニ ュ アル : テ ク ニ カル リ フ ァ レ ン
ス マニ ュ アル (TRM) には、 すべての PSoC レ ジ ス タ の詳細な
説明な ど、 PSoC デバイ ス を使用する際に必要な技術的詳細が
すべて記載 さ れています。TRM は、www.cypress.com/psoc4 の
「 ド キ ュ メ ン ト 」 セ ク シ ョ ンにあ り ます。
オン ラ イ ン
印刷 さ れた資料のほかに、 サイ プ レ ス PSoC フ ォ ー ラ ムによ っ
て 24 時間 365 日、 世界中の他の PSoC ユーザーや PSoC の専
門家 と 連絡を と る こ と がで き ます。
ツール
業界標準のコ ア、 プ ログ ラ ミ ングおよびデバ ッ ギング イ ン タ ー
フ ェ ース を備えた PSoC 4000 フ ァ ミ リ は、 開発ツール エ コ シ
ス テムの一部です。 革新的で使いやすい PSoC Creator IDE、 サ
ポー ト さ れるサー ド パー テ ィ の コ ンパ イ ラ、 プ ロ グ ラ マ、 デ
バ ッ ガ、 および開発キ ッ ト の最新情報については、 サイ プ レ ス
のウ ェ ブサイ ト www.cypress.com/go/psoccreator を ご覧 く だ さ
い。
ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト : PSoCア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト には、
PSoC の特定のア プ リ ケーシ ョ ンについて詳細な説明が記載 さ
れています。 例 と し て、 ブ ラ シ レ ス DC モー タ ーの制御やオ ン
チ ッ プ フ ィ ル タ リ ン グがあ り ます。 ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト
には、 多 く の場合、 ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト の ド キ ュ メ ン ト に
加えてサン プル プ ロ ジ ェ ク ト が含まれています。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 9/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
電気的仕様
絶対最大定格
表 2. 絶対最大定格 [1]
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
SID1
VDDD_ABS
VSS を基準 と し たデジ タ ル電源
–0.5
–
6
V
SID2
VCCD_ABS
VSS を基準 と し た直接デジ タ ル コ ア電
圧入力
–0.5
–
1.95
V
SID3
VGPIO_ABS
GPIO 電圧
–0.5
–
VDD+0.5
V
SID4
IGPIO_ABS
GPIO 毎の最大電流
–25
–
25
mA
SID5
IGPIO_injection
GPIO 注入電流であ り 、 VIH>VDDD の
場合は最大にな り 、 VIL<VSS の場合は
最小にな る
–0.5
–
0.5
mA
BID44
ESD_HBM
静電気放電 ( 人体モデル )
2200
–
–
V
BID45
ESD_CDM
静電気放電 ( デバイ ス帯電モデル )
500
–
–
V
BID46
LU
ラ ッ チア ッ プ時のピ ン電流
–140
–
140
mA
詳細/条件
ピ ン毎の
注入 さ れた電流
注
1. 表 1 に記載 さ れてい る絶対最大条件を超えて使用する と 、 デバイ スに恒久的なダ メ ージ を与え る可能性があ り ます。 長期間にわた っ て絶対最大条件下に置 く と 、
デバイ スの信頼性に影響を与え る可能性があ り ます。 最高保存温度は、 JEDEC 規格 JESD22-A103、 高温保存寿命に準拠 し た 150°C です。 絶対最大条件以内で使
用 し ている場合で も 、 標準的な動作条件を超え る と 、 デバイ スが仕様に従 っ て動作 し ない可能性があ り ます。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 10/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
デバイ ス レ ベルの仕様
仕様は、 特に注記 し た場合を除いて、 –40°C  TA  85°C (A グレー ド のデバイ スの場合 )、 と –40°C  TA  105°C (S グ レー ド のデ
バイ スの場合 ) において有効です。 仕様は、 特に注記 し た場合を除いて、 1.71V ~ 5.5V において有効です。
表 3. DC 仕様
標準値が 25°C で、 VDD=3.3V 時に測定 さ れる
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max [2]
単位
–
5.5
V
レギ ュ レー タ が
有効
内部的に安定化
さ れない電源
詳細/条件
SID53
VDD
電源供給入力電圧
1.8
SID255
VDD
電源供給入力電圧 (VCCD=VDD)
1.71
–
1.89
V
SID54
VDDIO
VDDIO ド メ イ ンの電源
1.71
–
VDD
V
SID55
CEFC
外部レギ ュ レー タ 電圧バイパス
–
0.1
–
µF
X5R セ ラ ミ ッ ク
または こ れよ り
良質のも の
SID56
CEXC
電源供給バイパス コ ンデンサ
–
1
–
µF
X5R セ ラ ミ ッ ク
または こ れよ り
良質のも の
ア ク テ ィ ブ モー ド 、 VDD = 1.8V ~ 5.5V
SID9
IDD5
フ ラ ッ シ ュか ら実行 ; CPU 速度が
6MHz
–
2.0
2.85
mA
SID12
IDD8
フ ラ ッ シ ュか ら実行 ; CPU 速度が
12MHz
–
3.2
3.75
mA
SID16
IDD11
フ ラ ッ シ ュか ら実行 ; CPU 速度が
16MHz
–
4.0
4.5
mA
ス リ ープ モー ド 、 VDDD = 1.71V ~ 5.5V
SID25
IDD20
I2C がウ ェ イ ク ア ッ プ、 WDT が有効。
CPU 速度が 6MHz
–
1.1
–
mA
SID25A
IDD20A
I2C がウ ェ イ ク ア ッ プ、 WDT が有効。
CPU 速度が 12MHz
–
1.4
–
mA
–
2.5
8.2
µA
–
2.5
12
µA
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド 、 VDD=1.8V ~ 3.6V ( レギ ュ レー タ が有効にな る )
SID31
IDD26
I2C がウ ェ イ ク ア ッ プ し 、 WDT が有効
にな る
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド 、 VDD=3.6V ~ 5.5V ( レギ ュ レー タ が有効にな る )
SID34
IDD29
I2C がウ ェ イ ク ア ッ プ し 、 WDT が有効
にな る
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド 、 VDD=VCCD= 1.71V ~ 1.89V ( レギ ュ レー タ がバイパス さ れる )
SID37
IDD32
I2C がウ ェ イ ク ア ッ プ し 、 WDT が有効
にな る
–
2.5
9.2
µA
IDD_XR
XRES がアサー ト さ れている時の供給
電流
–
2
5
mA
XRES 電流
SID307
注
2. よ り 高い温度 (105°C) での値に応 じ る最大値
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 11/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
表 4. AC 仕様
仕様 ID#
SID48
パラ メ ー タ ー
FCPU
SID49[3]
TSLEEP
TDEEPSLEEP
[3]
SID50
説明
Min
Typ
Max
DC
–
16
単位
MHz
ス リ ープ モー ド から の復帰時間
–
0
–
µs
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド から の復帰時間
–
35
–
µs
CPU の周波数
詳細/条件
1.71  VDD  5.5
GPIO
表 5. GPIO の DC 仕様
仕様 ID#
SID57
Min
Typ
Max
0.7×VDDD
–
–
SID58
パラ メ ー タ ー
説明
VIH[4]
入力 HIGH ス レ ッ シ ョ ル ド 電圧
VIL
入力 LOW ス レ ッ シ ョ ル ド 電圧
–
–
SID241
VIH[4]
LVTTL 入力、 VDDD < 2.7V
0.7×VDDD
–
SID242
VIL
–
–
0.3×VDDD
V
VIH[4]
LVTTL 入力、 VDDD < 2.7V
SID243
LVTTL 入力、 VDDD 2.7V
2.0
–
–
V
SID244
VIL
LVTTL 入力、 VDDD 2.7V
–
–
0.8
V
SID59
VOH
出力 HIGH 電圧
VDDD–0.6
–
–
V
VDDD=3V の時、
IOH=4mA
SID60
VOH
出力 HIGH 電圧
VDDD–0.5
–
–
V
VDDD=1.8V の
時、 IOH=1mA
SID61
VOL
出力 LOW 電圧
–
–
0.6
V
VDDD=1.8V の
時、 IOL=4 mA
SID62
VOL
出力 LOW 電圧
–
–
0.6
V
VDDD=3V の時、
IOL=10mA
SID62A
VOL
出力 LOW 電圧
–
–
0.4
V
VDDD=3V の時、
IOL=3mA
SID63
RPULLUP
プルア ッ プ抵抗
3.5
5.6
8.5
k
SID64
RPULLDOWN
プルダウン抵抗
3.5
5.6
8.5
k
SID65
IIL
入力 リ ー ク電流 ( 絶対値 )
–
–
2
nA
SID66
CIN
入力容量
–
3
7
pF
SID67[5]
VHYSTTL
入力 ヒ ス テ リ シ ス LVTTL
15
40
–
mV
VDDD  2.7V
SID68[5]
VHYSCMOS
入力 ヒ ス テ リ シ ス CMOS
0.05×VDDD
–
–
mV
VDD < 4.5V
SID68A[5]
VHYSCMOS5V5 入力 ヒ ス テ リ シ ス CMOS
IDIODE
保護ダ イ オー ド か ら VDD/VSS への電流
200
–
–
mV
VDD > 4.5V
–
–
100
µA
–
–
85
mA
SID69[5]
SID69A[5]
ITOT_GPIO
チ ッ プの最大合計 ソ ースまたはシ ン ク
電流
単位
V
CMOS 入力
詳細/条件
0.3×VDDD
V
CMOS 入力
–
V
25°C、
VDDD=3.0V
注
3. 特性評価で保証 さ れています。
4. VIH は VDDD + 0.2V を超え てはな り ません。
5. 特性評価で保証 さ れています。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 12/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
表 6. GPIO の AC 仕様
( 特性上保証 )
仕様 ID#
SID70
SID71
SID72
SID73
SID74
パラ メ ー タ ー
説明
TRISEF
高速ス ト ロ ング (Strong) モー ド での立
ち上が り 時間
TFALLF
高速ス ト ロ ング (Strong) モー ド での立
ち下が り 時間
TRISES
低速ス ト ロ ング (Strong) モー ド での立
ち上が り 時間
TFALLS
低速ス ト ロ ング (Strong) モー ド での立
ち下が り 時間
FGPIOUT1
GPIO の FOUT ; 3.3V  VDDD  5.5V。
高速ス ト ロ ング (Strong) モー ド 。
Min
Typ
Max
2
–
12
単位
ns
詳細/条件
2
–
12
ns
VDDD=3.3V、
負荷 =25pF
10
–
60
–
VDDD=3.3V、
負荷 =25pF
10
–
60
–
VDDD=3.3V、
負荷 =25pF
–
–
16
MHz
パーセ ン ト = 90/10、
負荷 = 25pF、
デ ュ ーテ ィ 比 = 60/40
VDDD=3.3V、
負荷 =25pF
SID75
FGPIOUT2
GPIO の FOUT ; 1.71V  VDDD  3.3V。
高速ス ト ロ ング (Strong) モー ド 。
–
–
16
MHz
パーセ ン ト = 90/10、
負荷 = 25pF、
デ ュ ーテ ィ 比 = 60/40
SID76
FGPIOUT3
GPIO の FOUT ; 3.3V  VDDD  5.5V。
低速ス ト ロ ング (Strong) モー ド 。
–
–
7
MHz
パーセ ン ト = 90/10、
負荷 = 25pF、
デ ュ ーテ ィ 比 = 60/40
SID245
FGPIOUT4
GPIO の FOUT ; 1.71V  VDDD  3.3V。
低速ス ト ロ ング (Strong) モー ド 。
–
–
3.5
MHz
SID246
FGPIOIN
GPIO の入力動作の周波数 ;
1.71V  VDDD  5.5V
–
–
16
MHz
パーセ ン ト = 90/10、
負荷 = 25pF、
デ ュ ーテ ィ 比 = 60/40
90/10% VIO
Min
Typ
Max
0.7×VD
–
–
–
–
3.5
5.6
XRES
表 7. XRES の DC 仕様
仕様 ID#
SID77
パラ メ ー タ ー
VIH
説明
入力 HIGH ス レ ッ シ ョ ル ド 電圧
単位
V
CMOS 入力
SID78
VIL
入力 LOW ス レ ッ シ ョ ル ド 電圧
SID79
RPULLUP
プルア ッ プ抵抗
SID80
CIN
入力容量
–
3
7
pF
SID81[6]
VHYSXRES
入力 ヒ ス テ リ シ ス電圧
–
05*VDD
–
mV
詳細/条件
0.3×VDDD
V
CMOS 入力
8.5
k
DD
VDD>4.5V の時の標
準 ヒ ス テ リ シ ス電
圧が 200mV
表 8. XRES の AC 仕様
仕様 ID#
SID83[6]
BID#194[6]
パラ メ ー タ ー
TRESETWIDTH
説明
リ セ ッ ト パルス幅
TRESETWAKE
リ セ ッ ト 解除時から のウ ェ イ ク ア ッ プ
時間
Min
5
Typ
–
Max
–
単位
µs
–
–
3
ms
詳細/条件
注
6. 特性評価で保証 さ れています。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 13/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
アナ ロ グ ペ リ フ ェ ラ ル
コ ンパレー タ
表 9. コ ンパレー タ DC 仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
Min
Typ
Max
単位
高帯域幅モー ド でのブ ロ ッ ク電流
–
–
110
µA
ICMP2
低消費電力モー ド でのブ ロ ッ ク電流
–
–
85
µA
SID332[6]
VOFFSET1
高帯域幅モー ド でのオ フ セ ッ ト 電圧
–
10
30
mV
SID333[6]
VOFFSET2
低消費電力モー ド でのオ フ セ ッ ト 電圧
–
10
30
V
SID334[6]
ZCMP
コ ンパレー タ の DC 入力イ ン ピーダ ン ス
35
–
–
MΩ
SID338[6]
VINP_COMP
コ ンパレー タ 入力範囲
0
–
3.6
V
最大入力電圧は、
3.6V と VDD の内の
ど ち ら かの低い電
圧です。
詳細/条件
[6]
ICMP1
[6]
SID331
SID330
説明
詳細/条件
表 10. コ ンパレー タ の AC 仕様 ( 特性上保証 )
仕様 ID#
SID336[6]
SID337[6]
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
TCOMP1
オーバー ラ イ ド 電圧が 50mV の高帯域
幅モー ド での応答時間
–
–
90
ns
TCOMP2
オーバー ド ラ イ ブ電圧が 50mV の低消
費電力モー ド での応答時間
–
–
110
ns
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 14/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
CSD
表 11. CSD および IDAC ブ ロ ッ ク仕様
仕様 ID#
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
詳細/条件
10MHz で動作する時の DC 電源の
許可 さ れる最大 リ ッ プル
–
–
±50
mV
VDD>2V ( リ ッ プルあ り )、
TA=25°C、 感度 =0.1pF
SYS.PER#16 VDD_RIPPLE_1.8
10MHz で動作する時の DC 電源の
許可 さ れる最大 リ ッ プル
–
–
±25
mV
VDD>1.75V ( リ ッ プルあ
り )、 TA=25°C、 寄生容量
(CP) <20 pF、 感度 ≥0.4pF
SID.CSD#15
VREF
CSD および コ ンパレー タ 用の基準
電圧
1.1
1.2
1.3
V
SID.CSD#16
IDAC1IDD
IDAC1 (8 ビ ッ ト ) ブ ロ ッ ク 電流
–
–
1125
µA
SID.CSD#17
IDAC2IDD
IDAC2 (7 ビ ッ ト ) ブ ロ ッ ク 電流
–
–
1125
µA
SID308
VCSD
動作電圧の範囲
1.71
–
5.5
V
SID308A
VCOMPIDAC
IDAC の電圧 コ ン プ ラ イ ア ン ス範囲
0.8
–
VDD–0.8
V
SID309
IDAC1DNL
8 ビ ッ ト 分解能用の DNL
–1
–
1
LSB
SID310
IDAC1INL
8 ビ ッ ト 分解能用の INL
–3
–
3
LSB
SID311
IDAC2DNL
7 ビ ッ ト 分解能用の DNL
–1
–
1
LSB
SID312
IDAC2INL
7 ビ ッ ト 分解能用の INL
–3
–
3
LSB
SID313
SNR
信号対 ノ イ ズ比特性上保証
5
–
–
比率
SID314
IDAC1CRT1
高域での IDAC1 (8 ビ ッ ト ) の出力
電流
–
612
–
µA
SID314A
IDAC1CRT2
低域での IDAC1 (8 ビ ッ ト ) の出力
電流
–
306
–
µA
SID315
IDAC2CRT1
高域での IDAC2 (7 ビ ッ ト ) の出力
電流
–
304.8
–
µA
SID315A
IDAC2CRT2
低域での IDAC2 (7 ビ ッ ト ) の出力
電流
–
152.4
–
µA
SID320
IDACOFFSET
すべてのゼロ入力
–
–
±1
LSB
SID321
IDACGAIN
フ ルスケール エ ラ ーから オ フ セ ッ
ト エ ラ ー を差 し 引いた後の値
–
–
±10
%
SID322
IDACMISMATCH
IDAC 同士間の ミ ス マ ッ チ
–
–
7
LSB
SID323
IDACSET8
8 ビ ッ ト IDAC の 0.5 LSB ま での
整定時間
–
–
10
µs
フ ルスケール遷移。
外部負荷無 し 。
SID324
IDACSET7
7 ビ ッ ト IDAC の 0.5 LSB ま での
整定時間
–
–
10
µs
フ ルスケール遷移。
外部負荷無 し
SID325
CMOD
モ ジ ュ レー タ の外部 コ ンデンサ
–
2.2
–
nF
5V 定格、 X7R または NP0
コ ンデンサ
CSD および IDAC 仕様
SYS.PER#3
VDD_RIPPLE
文書番号 : 001-96389 Rev. **
1.8V ±5% または 1.8V ~
5.5V
静電容量範囲が 9pF ~
35pF で、 感度 =0.1pF
ページ 15/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
デジ タ ル ペ リ フ ェ ラ ル
タ イ マー カ ウン タ ー パルス幅変調器 (TCPWM)
表 12. TCPWM 仕様
仕様 ID
SID.TCPWM.1
パラ メ ー タ ー
説明
ITCPWM1
3MHz でのブ ロ ッ ク 消費電流
SID.TCPWM.2 ITCPWM2
8MHz でのブ ロ ッ ク 消費電流
SID.TCPWM.2A ITCPWM3
16MHz でのブ ロ ッ ク 消費電流
Min
–
Typ
–
Max
45
単位
μA
詳細/条件
すべてのモー ド (TCPWM)
–
–
145
μA
すべてのモー ド (TCPWM)
–
–
160
μA
すべてのモー ド (TCPWM)
–
–
Fc
MHz
Fc max = CLK_SYS。最大値 =
16MHz
入力 ト リ ガーのパルス幅
2/Fc
–
–
ns
出力 ト リ ガーのパルス幅
2/Fc
–
–
ns
SID.TCPWM.5A TCRES
SID.TCPWM.5B PWMRES
カ ウン タ ーの分解能
PWM 分解能
1/Fc
–
–
ns
すべての ト リ ガー イ ベ ン ト [7]
オーバー フ ロー、 ア ン ダー フ
ローおよび CC ( カ ウン タ ー =
比較値 ) ト リ ガー出力の
最小幅
逐次カ ウン ト 間の最小時間
1/Fc
–
–
ns
PWM 出力の最小パルス幅
SID.TCPWM.5C QRES
直交位相入力分解能
1/Fc
–
–
ns
直角位相入力同士間の
最小パルス幅
SID.TCPWM.3
TCPWMFREQ
動作周波数
SID.TCPWM.4
TPWMENEXT
SID.TCPWM.5
TPWMEXT
注
7. 特性評価で保証 さ れています。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 16/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
I2C
表 13. 固定 I2C の DC 仕様 [8]
仕様 ID
SID149
パラ メ ー タ ー
II2C1
SID150
II2C2
SID152
II2C4
説明
Min
Typ
100kHz 時のブ ロ ッ ク 消費電流
–
–
25
単位
µA
400kHz 時のブ ロ ッ ク 消費電流
–
–
135
µA
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド で有効に さ れ
る I2C
–
–
2.5
µA
説明
Min
–
Typ
–
Max
400
単位
Kbps
Max
詳細/条件
表 14. 固定 I2C の AC 仕様 [8]
仕様 ID
SID153
パラ メ ー タ ー
FI2C1
ビ ッ ト レー ト
詳細/条件
注
8. 特性評価で保証 さ れています。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 17/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
メモリ
表 15. フ ラ ッ シ ュの DC 仕様
仕様 ID
SID173
パラ メ ー タ ー
VPE
説明
単位
V
詳細/条件
Min
Typ
Max
1.71
–
5.5
Min
Typ
Max
–
–
20
単位
ms
–
–
13
ms
–
–
7
ms
SID178
行消去時間
TROWPROGRAM[9] 消去後の行プ ログ ラ ム時間
TBULKERASE[9]
バル ク消去時間 (16KB)
–
–
15
ms
SID180[10]
TDEVPROG[9]
デバイ スへのプ ログ ラ ム合計時間
–
–
7.5
秒
SID181[10]
FEND
–
–
サイ クル
SID182[10]
FRET
10
万回
[11]
フ ラ ッ シ ュのデー タ 保存期間。 TA 55°C、 20
プ ロ グ ラ ム/消去サイ クル =10 万回
[12]
フ ラ ッ シ ュのデー タ 保存期間。 TA 85°C、 10
プ ロ グ ラ ム ( 書き込み ) /消去サイ クル
=1 万
–
–
年
–
–
年
消去およびプ ログ ラ ム電圧
表 16. フ ラ ッ シ ュの AC 仕様
仕様 ID
SID174
TROWWRITE[9]
SID175
TROWERASE[9]
SID176
パラ メ ー タ ー
SID182A[10]
説明
行 ( ブ ロ ッ ク ) 書き込み時間
( 消去+書き込み )
フ ラ ッ シ ュへのア ク セス可能回数
詳細/条件
行 ( ブロ ッ ク )
= 128 バイ ト
シ ス テム リ ソ ース
パワーオ ン リ セ ッ ト (POR)
表 17. パワーオ ン リ セ ッ ト /パワーオン リ セ ッ ト (PRES)
仕様 ID
パラ メ ー タ ー
説明
SID.CLK#6 SR_POWER_UP 電源電圧スルー レー ト
SID185[10] VRISEIPOR
立ち上が り ト リ ッ プ電圧
SID186[10]
VFALLIPOR
立ち下が り ト リ ッ プ電圧
Min
Typ
1
–
67
単位
V/ms
0.80
–
1.5
V
0.70
–
1.4
V
Min
Typ
Max
Max
詳細/条件
電源投入時
表 18. VCCD の電圧低下検出 (BOD)
仕様 ID
SID190[10]
パラ メ ー タ ー
説明
VFALLPPOR
ア ク テ ィ ブ モー ド と ス リ ープ
モー ド での BOD ト リ ッ プ電圧
1.48
–
1.62
単位
V
SID192[10]
VFALLDPSLP
デ ィ ープ ス リ ープ モー ド での
BOD ト リ ッ プ電圧
1.11
–
1.5
V
詳細/条件
注
9. フ ラ ッ シ ュ メ モ リ へ書き込むには最大 20 ミ リ 秒かか り ます。 こ の間、 デバイ ス を リ セ ッ ト し ないで く だ さ い。 デバイ ス を リ セ ッ ト する と 、 フ ラ ッ シ ュ メ モ リ の
動作は中断 さ れ、 正常に完了 し た こ と を保証 さ れません。 リ セ ッ ト ソ ースは XRES ピ ン、 ソ フ ト ウ ェ ア リ セ ッ ト 、 CPU のロ ッ ク ア ッ プ状態 と 特権違反、 不適切
な電源レ ベル、 ウ ォ ッ チ ド ッ グ を含みます。 こ れ ら が誤 っ て活性化 さ れない こ と を確認 し て く だ さ い。
10. 特性評価で保証 さ れています。
11. サイ プ レ スは、 –40°C ~ +105°C の周囲温度範囲にわた っ て個々のカ ス タ マの温度プ ロ フ ァ イルに応 じ て保持 ラ イ フ タ イ ムを計算する ための保持期間計算器を提
供 し ています。 customercare@cypress.com ま でお問い合わせ く だ さ い。
12. サイ プ レ スは、 –40°C ~ +105°C の周囲温度範囲にわた っ て個々のカ ス タ マの温度プ ロ フ ァ イルに応 じ て保持 ラ イ フ タ イ ムを計算する ための保持期間計算器を提
供 し ています。 customercare@cypress.com ま でお問い合わせ く だ さ い。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 18/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
SWD イ ン タ ー フ ェ ース
表 19. SWD イ ン タ ー フ ェ ース仕様
仕様 ID
SID213
パラ メ ー タ ー
F_SWDCLK1
説明
3.3V  VDD  5.5V
Min
Typ
Max
–
–
14
単位
MHz
SID214
F_SWDCLK2
1.71V VDD  3.3V
–
–
7
MHz
SID215[13]
T_SWDI_SETUP T=1/f SWDCLK
0.25*T
–
–
ns
SID216[13]
T_SWDI_HOLD
0.25*T
–
–
ns
SID217[13]
T_SWDO_VALID T=1/f SWDCLK
–
–
0.5*T
ns
SID217A[13] T_SWDO_HOLD T=1/f SWDCLK
1
–
–
ns
Min
Typ
Max
48MHz での IMO 動作電流
–
–
250
単位
µA
24MHz での IMO 動作電流
–
–
180
µA
T=1/f SWDCLK
詳細/条件
SWDCLK≤1/3 CPU
ク ロ ッ ク周波数
SWDCLK≤1/3 CPU
ク ロ ッ ク周波数
内部主発振子
表 20. IMO の DC 仕様
( 設計保証 )
仕様 ID
SID218
パラ メ ー タ ー
IIMO1
SID219
IIMO2
説明
詳細/条件
表 21. IMO の AC 仕様
仕様 ID
SID223
パラ メ ー タ ー
説明
Min
Typ
Max
単位
%
FIMOTOL1
24MHz、 32MHz での周波数
変動 ( ト リ ム さ れる )
–
–
±2
SID223A
FIMOTOLVCCD
周波数変動 ( ト リ ム さ れる )
–
–
±4
%
SID226
TSTARTIMO
IMO 起動時間
–
–
7
µs
SID228
TJITRMSIMO2
24MHz での RMS ジ ッ タ
–
145
–
ps
詳細/条件
2V  VDD  5.5V、 お よび
–25°C  TA  85°C (A グ
レー ド のデバイ スの場合 )
または –25°C  TA  105°C
(S グレー ド のデバイ スの
場合 )
すべて
内部低速発振子
表 22. ILO の DC 仕様
( 設計保証 )
仕様 ID
パラ メ ー タ ー
SID231[13] IILO1
SID233[13] IILOLEAK
説明
Min
Typ
Max
ILO 動作電流
–
0.3
1.05
単位
µA
ILO リ ー ク電流
–
2
15
nA
Min
Typ
Max
ILO 起動時間
–
–
2
単位
ms
ILO のデ ュ ーテ ィ サイ ク ル
40
50
60
%
ILO 周波数範囲
20
40
80
kHz
詳細/条件
表 23. ILO の AC 仕様
仕様 ID
パラ メ ー タ ー
SID234[13] TSTARTILO1
SID236[13] TILODUTY
SID237
FILOTRIM1
説明
詳細/条件
注
13. 特性評価で保証 さ れています。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 19/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
表 24. 外部 ク ロ ッ ク仕様
仕様 ID
パラ メ ー タ ー
SID305[14] ExtClkFreq
SID306[14] ExtClkDuty
説明
Min
Typ
Max
外部 ク ロ ッ ク入力周波数
0
–
16
単位
MHz
デ ュ ーテ ィ 比 ; VDD/2 で測定
45
–
55
%
詳細/条件
表 25. ブ ロ ッ ク仕様
仕様 ID
SID262[14]
パラ メ ー タ ー
TCLKSWITCH
説明
シ ス テム ク ロ ッ ク ソ ースの
切 り 替え時間
Min
Typ
Max
単位
3
–
4
周期
詳細/条件
注
14. 特性評価で保証 さ れています。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 20/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
注文情報
PSoC 4000 の型番 と 特長は下表の通 り です。
CapSense
7 ビ ッ ト IDAC
8 ビ ッ ト IDAC
コ ンパレー タ
TCPWM ブ ロ ッ ク
SCB (I2C)
16-SOIC
24QFN
–40°C ~ +85°C
–40 to +105 °C
動作温度
SRAM (KB)
パ ッ ケージ
フ ラ ッ シ ュ (KB)
特長
CPU の最大速度 (MHz)
型番
CY8C4014SXA-421
16
16
2
✔
1
1
1
1
1
✔
–
✔
–
CY8C4014LQA-422
16
16
2
✔
1
1
1
1
1
–
✔
✔
–
CY8C4014SXS-421
16
16
2
✔
1
1
1
1
1
✔
–
–
✔
CY8C4014LQS-422
16
16
2
✔
1
1
1
1
1
–
✔
–
✔
型番の命名規則
PSoC 4 デバイ スは、 下表に示す型番の命名規則に従っ ています。 フ ィ ール ド は、 特に記述がない限 り 、 すべて 1 文字の英数字
(0 ~ 9、 A ~ Z) です。
部品番号は、 CY8C4ABCDEF-XYZ の形式であ り 、 フ ィ ール ド は以下のよ う に定義 さ れています。
Examples
CY 8C
4 A B C D E F
-
x x x
Cypress Prefix
4 : PSoC 4
0 : 4000 Family
1 : 16 MHz
4 : 16 KB
LQ : SSOP
A: AEC-Q100, - 40 °C to +85 °C
S: AEC-Q100, -40 °C to +105 °C
Architecture
Family Group within Architecture
Speed Grade
Flash Capacity
Package Code
Temperature Range
Peripheral Set
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 21/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
フ ィ ール ド 値は、 下表に一覧表示 さ れています。
フ ィ ール ド
説明
値
意味
CY8C
サイ プ レ スの接頭辞
4
アーキテ ク チ ャ
4
PSoC 4
A
ファ ミ リ
0
B
CPU 速度
1
4000 フ ァ ミ リ
16MHz
4
48MHz
C
フ ラ ッ シ ュ容量
3
8KB
4
16KB
5
32KB
DE
パ ッ ケージ コ ー ド
6
64KB
7
128KB
SX
SOIC
LQ
QFN
F
温度範囲
A/S
車載用
XYZ
属性 コ ー ド
000-999
特定のフ ァ ミ リ に設定 さ れる
属性コ ー ド
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 22/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
パ ッ ケージ
表 26. パ ッ ケージの一覧
仕様 ID#
BID#26
パ ッ ケージ
説明
24 ピ ン QFN
4 x 4 x 0.6mm 構成の 24 ピ ン QFN パ ッ ケージ ( ピ ッ チが 0.5mm)
BID#40
16 ピ ン SOIC
16 ピ ン (150Mil) SOIC
表 27. パ ッ ケージの特性
パラ メ ー タ ー
説明
TA
動作周囲温度
TA
動作周囲温度
TJ
TJ
TJA
パ ッ ケージ JA (24 ピ ン QFN)
TJA
パ ッ ケージ JA (16 ピ ン SOIC)
条件
Min
Typ
A グ レー ド のデバイ スの場合
–40
25.00
85
単位
°C
S グ レー ド のデバイ スの場合
–40
25.00
105
°C
動作接合部温度
A グ レー ド のデバイ スの場合
–40
–
100
°C
動作接合部温度
S グ レー ド のデバイ スの場合
–40
–
120
°C
–
38.01
–
°C/W
–
142.14
–
°C/W
Max
表 28. はんだ リ フ ロー ピー ク温度
パ ッ ケージ
すべて
最高ピー ク温度
260°C
ピー ク温度での最長時間
30 秒
表 29. パ ッ ケージの湿度感度レ ベル (MSL)、 IPC/JEDEC J-STD-020
パ ッ ケージ
MSL
すべて
MSL 3
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 23/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
パ ッ ケージ図
図 7. 24 ピ ン QFN EPAD (Sawn) パ ッ ケージ図
001-13937 *E
機械的、 熱的、 および電気的に最適な性能を得る ために、 QFN パ ッ ケージ中央のパ ッ ド を必ずグ ラ ン ド (VSS) に接続 し て く だ さ
い。 グ ラ ン ド に接続 し ない と 、 パ ッ ド は電気的に開放 さ れ、 どの信号に も 接続 さ れていない状態にな り ます。
注
15. QFN パ ッ ケージ図の寸法の単位は ミ リ メ ー ト ルです。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 24/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
図 8. 16 ピ ン (150mil) SOIC パ ッ ケージ図
51-85068 *E
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 25/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
略語
表 30. 本書で使用する略語 ( 続き )
略語
表 30. 本書で使用する略語
略語
説明
abus
アナロ グ ロー カル バス
ADC
アナロ グ - デジ タ ル変換器
AG
アナロ グ グローバル
AHB
AMBA ( ア ド バン ス ト マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ ー
バス アーキテ ク チ ャ ) 高性能バス (ARM デー タ
転送バスの一種 )
説明
EPSR
実行プ ログ ラ ム ス テー タ ス レ ジ ス タ
ESD
静電気放電
ETM
埋め込み ト レース マ ク ロ セル
FIR
有限イ ンパルス応答 (IIR も 参照 )
FPB
フ ラ ッ シ ュ パ ッ チおよびブ レー ク ポ イ ン ト
FS
フルス ピー ド
ALU
GPIO
汎用入出力 (PSoC ピ ンに も 適用 )
算術論理装置
AMUXBUS
HVI
高電圧割 り 込み (LVI、 LVD も参照 )
アナロ グ マルチ プ レ ク サ バス
API
IC
集積回路
ア プ リ ケーシ ョ ン プ ログ ラ ミ ング イ ン タ ー
フ ェ ース
IDAC
電流 DAC (DAC、 VDAC も参照 )
APSR
ア プ リ ケーシ ョ ン プ ログ ラ ム ス テー タ ス レ ジ
スタ
IDE
統合開発環境
ARM®
ATM
I2C、
IIC
または 統合回路間 ( 通信プ ロ ト コルの一種 )
高度な RISC マ シ ン
(CPU アーキテ ク チ ャ の一種 )
IIR
無限イ ンパルス応答 (FIR も 参照 )
自動サン プ モー ド
ILO
内部低速発振子 (IMO も参照 )
BW
帯域幅
IMO
内部主発振子 (ILO も参照 )
CAN
コ ン ト ロー ラ ー エ リ ア ネ ッ ト ワー ク
( 通信プ ロ ト コ ルの一種 )
INL
積分非直線性 (DNL も参照 )
CMRR
I/O
入出力 (GPIO、 DIO、 SIO、 USBIO も 参照 )
同相除去比
CPU
IPOR
初期パワーオ ン リ セ ッ ト
中央演算処理装置
CRC
IPSR
割 り 込みプ ログ ラ ム ス テー タ ス レ ジ ス タ
巡回冗長検査
( エ ラ ー チ ェ ッ ク プ ロ ト コ ルの一種 )
IRQ
割 り 込み要求
DAC
デジ タ ル - アナロ グ変換器
(IDAC、 VDAC も 参照 )
ITM
機器 ト レース マ ク ロ セル
LCD
液晶デ ィ ス プ レ イ
LIN
ロー カル イ ン タ ー コ ネ ク ト ネ ッ ト ワー ク
( 通信プ ロ ト コ ルの一種 )
DFB
デジ タ ル フ ィ ル タ ー ブ ロ ッ ク
DIO
デジ タ ル入出力、 デジ タ ル機能のみを持つ
GPIO、 アナログな し 。 GPIO を参照
LR
リ ン ク レ ジス タ
DMIPS
ド ラ イ ス ト ーン 100 万命令毎秒
LUT
ル ッ ク ア ッ プ テーブル
DMA
ダ イ レ ク ト メ モ リ ア ク セス (TD も参照 )
LVD
低電圧検出 (LVI も参照 )
DNL
微分非直線性 (INL も参照 )
LVI
低電圧割 り 込み (HVI も参照 )
DNU
未使用
LVTTL
低電圧 ト ラ ン ジ ス タ - ト ラ ン ジ ス タ ロ ジ ッ ク
DR
ポー ト 書き込みデー タ レ ジス タ
MAC
乗算蓄積
DSI
デジ タ ル シ ス テム イ ン タ ー コ ネ ク ト
MCU
マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ ー ユニ ッ ト
DWT
デー タ ウ ォ ッ チポ イ ン ト と ト レース
MISO
マス タ ー入力ス レーブ出力
ECC
未接続
エ ラ ー訂正 コ ー ド
NC
ECO
外部水晶発振子
NMI
マス ク不可能な割 り 込み
EEPROM
電気的消去書き込み可能な読み出 し 専用 メ モ リ
NRZ
非ゼロ復帰
EMI
電磁干渉
NVIC
ネス ト 型ベ ク タ 割 り 込み コ ン ト ロー ラ ー
EMIF
外部 メ モ リ イ ン タ ー フ ェ ース
NVL
不揮発性ラ ッ チ (WOL も 参照 )
EOC
変換の終了
opamp
演算増幅器
EOF
フ レームの終了
PAL
プ ログ ラ マ ブル ア レ イ ロ ジ ッ ク (PLD も参照 )
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 26/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
表 30. 本書で使用する略語 ( 続き )
表 30. 本書で使用する略語 ( 続き )
略語
説明
略語
説明
SWD
シ リ アル ワ イ ヤ デバ ッ グ
( テ ス ト プ ロ ト コルの一種 )
SWV
シ ングルワ イヤー ビ ュ ーア
TD
ト ラ ンザク シ ョ ン デ ィ ス ク リ プ タ
(DMA も 参照 )
物理レ イ ヤ
THD
全高調波歪み
ポー ト 割 り 込み制御ユニ ッ ト
PLA
TIA
ト ラ ン ス イ ン ピーダ ン ス ア ン プ
プ ロ グ ラ マ ブル ロ ジ ッ ク ア レ イ
PLD
TRM
技術 リ フ ァ レ ン ス マニ ュ アル
プ ロ グ ラ マ ブル ロ ジ ッ ク デバイ ス
(PAL も 参照 )
TTL
ト ラ ンジス タ - ト ラ ンジス タ ロジ ッ ク
PLL
位相同期回路
TX
送信
PMDD
パ ッ ケージ材質宣言デー タ シー ト
UART
POR
汎用非同期 ト ラ ン ス ミ ッ タ レ シーバ ( 通信プ ロ
ト コルの一種 )
パワーオン リ セ ッ ト
PRES
UDB
ユニバーサル デジ タ ル ブ ロ ッ ク
高精度パワーオン リ セ ッ ト
PRS
USB
汎用シ リ アル バス
疑似乱数列
PS
USBIO
ポー ト 読み出 し デー タ レ ジス タ
USB 入出力 (USB ポー ト への接続に使用 さ れる
PSoC ピ ン )
PSoC®
Programmable System-on-Chip™
VDAC
電圧 DAC (DAC、 IDAC も参照 )
PSRR
電源電圧変動除去比
WDT
ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー
PWM
パルス幅変調器
WOL
書き込みワン ス ラ ッ チ (NVL も参照 )
RAM
ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー リ セ ッ ト
PC
プ ロ グ ラ ム カ ウン タ ー
PCB
プ リ ン ト 回路基板
PGA
プ ロ グ ラ マ ブル ゲ イ ン ア ン プ
PHUB
ペ リ フ ェ ラル ハブ
PHY
PICU
ラ ン ダム ア ク セス メ モ リ
WRES
RISC
縮小命令セ ッ ト コ ン ピ ュ ーテ ィ ング
XRES
外部 リ セ ッ ト I/O ピ ン
RMS
二乗平均平方根
XTAL
水晶
RTC
リ アル タ イ ム ク ロ ッ ク
RTL
レ ジ ス タ 転送言語
RTR
リ モー ト 送信要求
RX
受信
SAR
逐次比較レ ジ ス タ
SC/CT
ス イ ッ チ ト キ ャ パシ タ /連続時間
SCL
I2C シ リ アル ク ロ ッ ク
SDA
I2C シ リ アル デー タ
S/H
サン プル/ホール ド
SINAD
信号対 ノ イ ズおよび歪み比
SIO
特殊入出力 ( 高度機能を備えた GPIO)。
GPIO を参照
SOC
変換の開始
SOF
フ レームの開始
SPI
シ リ アル ペ リ フ ェ ラル イ ン タ ー フ ェ ース
( 通信プ ロ ト コ ルの一種 )
SR
スルー レー ト
SRAM
ス タ テ ィ ッ ク ラ ン ダム ア ク セス メ モ リ
SRES
ソフ トウェア リセッ ト
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 27/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
本書の表記法
測定単位
表 31. 測定単位
記号
測定単位
°C
摂氏温度
dB
デシベル
fF
フ ェムト フ ァ ラ ッ ド
Hz
ヘルツ
KB
1024 バイ ト
kbps
キロ ビ ッ ト 毎秒
Khr
キロ時間
kHz
キロヘルツ
k
キロ オーム
ksps
キロサン プル毎秒
LSB
最下位ビ ッ ト
Mbps
メ ガ ビ ッ ト 毎秒
MHz
メ ガヘルツ
M
メ ガオーム
Msps
メ ガサン プル毎秒
µA
マ イ ク ロ ア ンペア
µF
マイ クロフ ァ ラ ッ ド
µH
マ イ ク ロヘン リ ー
µs
マ イ ク ロ秒
µV
マ イ ク ロボル ト
µW
マ イ ク ロワ ッ ト
mA
ミ リ ア ンペア
ms
ミ リ秒
mV
ミ リ ボル ト
nA
ナ ノ ア ンペア
ns
ナノ秒
nV
ナ ノ ボル ト

オーム
pF
ピコファラ ッ ド
ppm
100 万分の 1
ps
ピ コ秒
s
秒
sps
サン プル数毎秒
sqrtHz
ヘルツの平方根
V
ボル ト
文書番号 : 001-96389 Rev. **
ページ 28/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
改訂履歴
文書名 : 車載用 PSoC 4000 フ ァ ミ リ デー タ シー ト - プ ログ ラ マ ブル シス テムオン チ ッ プ (PSoC®)
文書番号 : 001-96389
版
**
ECN 番号
4669784
変更者
HZEN
文書番号 : 001-96389 Rev. **
発行日
変更内容
04/09/2015 こ れは英語版 001-92145 Rev. *C を翻訳 し た日本語版 001-96389 Rev. ** です。
ページ 29/30
車載用 PSoC® 4: PSoC 4000
フ ァ ミ リ デー タ シー ト
セールス、 ソ リ ュ ーシ ョ ンおよび法律情報
ワール ド ワ イ ド な販売 と 設計サポー ト
サイ プ レ スは、 事業所、 ソ リ ュ ーシ ョ ン セ ン タ ー、 メ ー カ ー代理店、 お よび販売代理店の世界的なネ ッ ト ワー ク を保持 し ていま
す。 お客様の最寄 り のオ フ ィ スについては、 サイ プ レ スのロ ケーシ ョ ン ページ を ご覧 く だ さ い。
PSoC® ソ リ ュ ーシ ョ ン
製品
車載用
ク ロ ッ ク&バ ッ フ ァ
イ ン タ ー フ ェ ース
照明&電力制御
メモリ
PSoC
タ ッ チ セ ン シ ング
USB コ ン ト ロー ラ ー
ワ イヤレ ス/ RF
psoc.cypress.com/solutions
cypress.com/go/automotive
PSoC 1 | PSoC 3 | PSoC 4 | PSoC 5LP
cypress.com/go/clocks
cypress.com/go/interface
サイ プ レ ス開発者 コ ミ ュ ニ テ ィ
cypress.com/go/powerpsoc
cypress.com/go/plc
コ ミ ュ ニ テ ィ | フ ォ ー ラ ム | ブ ログ | ビデオ | ト レーニ ン グ
テ ク ニ カル サポー ト
cypress.com/go/memory
cypress.com/go/psoc
cypress.com/go/support
cypress.com/go/touch
cypress.com/go/USB
cypress.com/go/wireless
© Cypress Semiconductor Corporation, 2014-2015. 本文書に記載 さ れる情報は予告な く 変更 さ れる場合があ り ます。 Cypress Semiconductor Corporation ( サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ) は、 サイ
プ レ ス製品に組み込まれた回路以外のいかな る回路を使用する こ と に対 し て一切の責任を負いません。 サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社は、 特許またはその他の権利に基づ く ラ イ セ ン ス を譲渡する こ
と も、 または含意する こ と も あ り ません。 サイ プ レ ス製品は、 サイ プ レ ス と の書面によ る合意に基づ く ものでない限 り 、 医療、 生命維持、 救命、 重要な管理、 または安全の用途のために使用する
こ と を保証する も のではな く 、 また使用する こ と を意図 し た もので も あ り ません。 さ ら にサイ プ レ スは、 誤動作や誤 り によ っ て使用者に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維持
シ ス テムの重要な コ ンポーネ ン ト と し てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけるあ ら ゆ
る リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
すべてのソ ース コ ー ド ( ソ フ ト ウ ェ アおよび/またはフ ァ ームウ ェ ア ) はサイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ( 以下 「サイ プ レ ス」 ) が所有 し 、 全世界の特許権保護 ( 米国およびその他の国 )、 米国の著
作権法な ら びに国際協定の条項に よ り 保護 さ れ、 かつそれら に従います。 サイ プ レ スが本書面に よ り ラ イ セ ン シーに付与する ラ イ セ ン スは、 個人的、 非独占的かつ譲渡不能の ラ イ セ ン ス であ り 、
適用 さ れる契約で指定 さ れたサイ プ レ スの集積回路 と 併用 さ れる ラ イ セ ン シーの製品のみをサポー ト する カ ス タ ム ソ フ ト ウ ェ アおよび/またはカ ス タ ム フ ァ ームウ ェ ア を作成する目的に限 っ て、
サイ プ レ スの ソ ース コ ー ド の派生著作物を コ ピー、 使用、 変更そ し て作成する ためのラ イ セ ン ス、 な ら びにサイ プ レ スの ソ ース コ ー ド および派生著作物を コ ンパイルする ための ラ イ セ ン スです。
上記で指定 さ れた場合を除き、 サイ プ レ スの書面によ る明示的な許可な く し て本 ソ ース コ ー ド を複製、 変更、 変換、 コ ンパイル、 または表示する こ と はすべて禁止 し ます。
免責条項 : サイ プ レ スは、 明示的または黙示的を問わず、 本資料に関するいかな る種類の保証 も行いません。 こ れには、 商品性または特定目的への適合性の黙示的な保証が含まれますが、 こ れに
限定 さ れません。 サイ プ レ スは、 本文書に記載 さ れる資料に対 し て今後予告な く 変更を加え る権利を留保 し ます。 サイ プ レ スは、 本文書に記載 さ れるいかな る製品または回路を適用または使用 し
た こ と によ っ て生ずるいかな る責任も負いません。 サイ プ レ スは、 誤動作や故障によ っ て使用者に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維持シ ス テムの重要な コ ンポーネ ン ト と し
てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけるあ ら ゆる リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結
果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
ソ フ ト ウ ェ アの使用は、 適用 さ れるサイ プ レ ス ソ フ ト ウ ェ ア ラ イ セ ン ス契約によ っ て制限 さ れ、 かつ制約 さ れる場合があ り ます。
文書番号 : 001-96389 Rev. **
改訂日 2015 年 4 月 9 日
本書で言及する全ての製品名お よび会社名は、 それぞれの所有者の商標である場合があ り ます。
ページ 30/30