CY8C21345, CY8C22345, CY8C22545 PSoC Programmable System-on-Chip Datasheet (Japanese).pdf

CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
®
PSoC
プ ログ ラ マ ブル シ ス テムオ ン チ ッ プ
特長
■
2 個の IDAC で最大 640µA のソ ース電流をサポー ト し 、外部
抵抗が不要
❐ CapSense 専用の 2 種類のク ロ ッ ク リ ソ ース :
• CSD_CLK: SYSCLK から 1/2/4/8/16/32/128/256 で分周
• CNT_CLK: CSD_CLK から 1/2/4/8 で分周
❐ CapSense スキ ャ ン専用の 16 ビ ッ ト の タ イ マー と カ ウン
ター
❐ デ ュ アル CSD チ ャ ネルの同時スキ ャ ン をサポー ト
❐
強力なハーバー ド アーキテ ク チ ャ プ ロ セ ッ サ :
最大 24MHz の ク ロ ッ ク で動作する M8C プ ロ セ ッ サ
❐ 8x8 乗算、 32 ビ ッ ト 加算器
❐ 高速で低消費電力
❐ 動作電圧 : 3.0V ~ 5.25V
❐ 産業用途向け温度範囲 : -40°C ~ +85°C
❐
■
高性能ペ リ フ ェ ラル (PSoC® ブ ロ ッ ク )
6 個の タ イ プ 「E」 アナログ PSoC ブ ロ ッ クの特長 :
• シ ングルまたはデ ュ アルの 8 ビ ッ ト ADC
• コ ンパレー タ ( 最大 4 個 )
❐ 最大 8 個のデジ タ ル PSoC ブ ロ ッ ク の特長 :
• 8 ~ 32 ビ ッ ト タ イ マーおよび カ ウン タ ー、 8 ビ ッ ト と
16 ビ ッ ト のパルス幅変調器 (PWM)
• タ イ マーおよび PWM でワン シ ョ ッ ト モー ド と マルチ
シ ョ ッ ト モー ド に対応
• 1 個のデジ タ ル ブ ロ ッ ク でデ ッ ド バン ド PWM を実現
• シ フ ト レ ジ ス タ 、 CRC、 および PRS のモ ジ ュ ール
• 全二重 UART
• 複数の SPI マス タ ーまたはス レーブ、 可変長デー タ のサ
ポー ト : 8 ~ 16 ビ ッ ト
• すべての GPIO ピ ンに接続可能
❐ ブ ロ ッ クの組み合わせで構成する複雑な周辺回路
❐ FSK 検出のためのシ フ ト 機能に対応
❐ 高性能な同期機能をサポー ト 。 デジ タ ル ブ ロ ッ ク または外
部信号で アナログ モ ジ ュ ール演算を同期
■
❐
■
組み込み制御用に最適化 さ れたサン プルおよびホール ド 付き
高速 10 ビ ッ ト SAR ADC
■
プ ログ ラ ム可能な高精度ク ロ ッ ク 供給 :
[1] の精度を発揮する
❐ 産業用温度範囲にわた っ て ±5%
24/48MHz の内部発振器
❐ オプ シ ョ ンの 32kHz 水晶発振器 と PLL によ る高精度な
24MHz ク ロ ッ ク
❐ オプ シ ョ ンの最大 24MHz の外部発振器に対応
❐ ウ ォ ッ チ ド ッ グおよびス リ ープ用に内部 と 外部の発振器を
利用可能
プ ログ ラ マ ブルな ピ ン コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン :
すべてのGPIO で 25mAの吸い込み電流 と 10mAの吐き出 し
電流に対応
❐ すべての GPIO で プルア ッ プ、 プルダウン、 HIGH-Z、 ス ト
ロ ン グ、 オープ ン ド レ イ ンの各駆動モー ド に対応
❐ GPIO 上で最大 38 個のアナログ入力を実現
❐ すべての GPIO で コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン可能な割 り 込み
❐
■
その他のシ ス テム リ ソ ース :
400kHz ク ロ ッ クの I2C によ る ス レーブ、 マス タ ーおよび
マルチマス タ ー
❐ ハー ド ウ ェ ア ア ド レ ス指定機能に対応
❐ ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー と ス リ ープ タ イ マー
❐ ユーザー側で コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン可能な低電圧検出
❐ 内蔵の監視回路
❐ 高精度なオン チ ッ プ リ フ ァ レ ン ス電圧
❐ デジ タ ル ペ リ フ ェ ラルロ ジ ッ ク によ るRTC機能のサポー ト
❐
ト ッ プ レ ベルののブ ロ ッ ク図
P o rt 4
G lo b a l D ig ita l In te r c o n n e c t
SRAM
1K
SROM
■
P o rt 2
P o rt 1
P o rt 0
A n a lo g
D r iv e rs
G lo b a l A n a lo g In te rc o n n e c t
F la s h 1 6 K
C P U C o r e (M 8 C )
In te rru p t
C o n tr o lle r
S le e p a n d
W a tc h d o g
M u ltip le C lo c k S o u rc e s
(In c lu d e s IM O , IL O , P L L , a n d E C O )
ANALOG SYSTEM
D IG IT A L S Y S T E M
D ig ita l B lo c k A rr a y
DBC DBC
柔軟性のある オン チ ッ プ メ モ リ :
❐ 50,000 回の消去 と 書き込みが可能な最大 16KB のフ ラ ッ
シ ュ プ ログ ラ ム メ モ リ 領域
❐ 最大 1KB の SRAM デー タ 領域
❐ イ ン シス テム シ リ アル プ ログ ラ ミ ング (ISSP) に対応
❐ フ ラ ッ シ ュ メ モ リ の部分的な書き換えに対応
❐ 柔軟性のある保護モー ド
❐ フ ラ ッ シ ュ メ モ リ によ る EEPROM のエ ミ ュ レーシ ョ ン
DCC
A n a lo g
R ef
A n a lo g In p u t
M u x in g ( L ,R )
DCC
=
ROW 1
DBC DBC
DCC
A n a lo g B lo c k A r r a y
DCC
ROW 2
System Bus
■
P o rt 3
P S o C C o re
CapSense
D ig ita l R e s o u r c e
D ig ita l
C lo c k s
最適化 さ れた CapSense® リ ソ ース :
MACs
CTE
CTE
SCE
SCE
CTE
CTE
1 0 - b it S A R
ADC
I2C
P O R and LVD
S y s te m R e s e ts
In te r n a l
V o lta g e
R e f.
SYSTEM RESOURCES
エ ラ ッ タ : シ リ コ ン チ ッ プ エ ラ ッ タ に関する情報については、 35 ページの 「エ ラ ッ タ 」 を ご参照 く だ さ い。 詳細には、 ト リ ガー条件、 影響 さ れたデバイ ス、 お よび
提案する回避策が含まれています。
注
1. エ ラ ッ タ : デバイ スが 0°C ~ 70°C の温度範囲内で動作する時、周波数の誤差は ±2.5% に低下 さ れますが、極度の温度 (0°C よ り 低い温度や 70°C よ り 高い温度 ) で動
作する時、 周波数の誤差は ±2.5% ~ ±5% です。 詳細については、 35 ページの 「エ ラ ッ タ 」 を ご参照 く だ さ い。
Cypress Semiconductor Corporation
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
•
198 Champion Court
•
San Jose, CA 95134-1709
•
408-943-2600
改訂日 2015 年 09 月 25 日
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
目次
PSoC 機能の概要 ............................................................... 3
PSoC コ ア ................................................................... 3
デジ タ ル シス テム ....................................................... 3
アナログ シス テム ....................................................... 4
追加シ ス テム リ ソ ース ............................................... 4
PSoC デバイ スの特性 ................................................. 5
は じ めに ............................................................................. 5
ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト ............................................ 5
開発キ ッ ト .................................................................. 5
ト レーニ ング ............................................................... 5
CYPros コ ンサル タ ン ト .............................................. 5
ソ リ ュ ーシ ョ ン ラ イ ブ ラ リ ........................................ 5
テ ク ニ カル サポー ト ................................................... 5
開発ツール .......................................................................... 6
PSoC Designer ソ フ ト ウ ェ ア サブ シ ス テム .............. 6
PSoC Designer を使用 し た設計 ....................................... 7
ユーザー モ ジ ュ ールの選択 ........................................ 7
ユーザー モ ジ ュ ールの設定 ........................................ 7
構成 と 接続 .................................................................. 7
生成、 検証、 およびデバ ッ グ ...................................... 7
ピ ン配置 ............................................................................. 8
CY8C22345、 CY8C21345 28 ピ ン SOIC ................... 8
CY8C22545 44 ピ ン TQFP ......................................... 9
レ ジ ス タ ........................................................................... 10
レ ジ ス タ の表記法 ...................................................... 10
レ ジ ス タ マ ッ ピ ン グ テーブル .................................. 10
電気的仕様 ........................................................................ 13
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
絶対最大定格 ............................................................. 14
動作温度 .................................................................... 14
DC 電気的特性 .......................................................... 15
AC 電気的特性 .......................................................... 21
パ ッ ケージ情報 ................................................................ 27
熱イ ン ピーダ ン ス ...................................................... 28
はんだ リ フ ローの仕様 .............................................. 28
注文情報 ........................................................................... 28
注文コ ー ド の定義 ...................................................... 28
略語 .................................................................................. 29
参考資料 ........................................................................... 29
本書の表記法 .................................................................... 30
測定単位 .................................................................... 30
数値の表記 ........................................................................ 30
用語集 ............................................................................... 30
エ ラ ッ タ ........................................................................... 35
影響を受ける部品番号 .............................................. 35
CY8C21x45、 CY8C22x45 認定状態 ......................... 35
エ ラ ッ タ のま と め ...................................................... 35
改訂履歴 ........................................................................... 37
セールス、 ソ リ ュ ーシ ョ ン、 および法律情報 ................. 38
ワール ド ワ イ ド な販売 と 設計サポー ト ..................... 38
製品 ........................................................................... 38
PSoC® ソ リ ュ ーシ ョ ン ............................................ 38
サイ プ レ ス開発者コ ミ ュ ニ テ ィ ................................ 38
テ ク ニ カル サポー ト ................................................. 38
ページ 2/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
PSoC 機能の概要
PSoC フ ァ ミ リ は、数多 く のオン チ ッ プ コ ン ト ロー ラ ー デバイ
スで構成 さ れています。これ らのデバイ スは、従来の MCU ベー
スのシ ス テム部品を複数使用 し た構成を、 低 コ ス ト で プ ログ ラ
マ ブルな シ ングル チ ッ プ デバイ スで置き換え る こ と を目的 と
し ています。 PSoC デバイ スは、 コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン可能
なアナログ ロ ジ ッ ク と デジ タ ル ロ ジ ッ クのブ ロ ッ ク を備え、こ
れらのブ ロ ッ ク間の相互接続はプ ログ ラ ム可能です。 こ のアー
キテ ク チ ャ によ っ て、 個々の用途の要件に合わせた周辺回路構
成の カ ス タ マ イ ズが可能 と な り ます。 さ ら に、 高速 CPU、 フ
ラ ッ シ ュ プ ログ ラ ム メ モ リ 、 SRAM デー タ メ モ リ 、 構成可能
な I/O が、 便利な ピ ン配列およびパ ッ ケージ で提供 さ れていま
す。
デジ タ ル シ ス テム
デジ タ ル シ ス テムは 8 個のデジ タ ル PSoC ブ ロ ッ ク で構成 さ れ
ます。 各ブ ロ ッ クは 8 ビ ッ ト の リ ソ ースであ り 、 単独で使用で
き るほか、他のブ ロ ッ ク と 組み合わせ、ユーザー モ ジ ュ ール リ
フ ァ レ ン ス と い う 8 ビ ッ ト 、 16 ビ ッ ト 、 24 ビ ッ ト 、 および 32
ビ ッ ト の周辺回路を構成する こ と も で き ます。
図 1. デジ タ ル シ ス テムのブ ロ ッ ク図
Port 3
Port 4
Port 0
To System Bus
Digital Clocks
From Core
図 1 に示すよ う に、 PSoC アーキテ ク チ ャは 4 つの主要な領域
(PSoC コ ア、 デジ タ ル シ ス テム、 アナ ロ グ シ ス テム、 シ ス テ
ム リ ソ ース ) で構成 さ れます。 コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン可能な
グローバル バスによ り 、 すべてのデバイ ス リ ソ ース を組み合
わせて カ ス タ ム シ ス テムを構築で き ます。 PSoC フ ァ ミ リ は、
グローバル デジ タ ル と グローバル アナ ロ グにて相互接続可能
な最大 5 個の I/O ポー ト を備えています。こ れら のポー ト から、
8 個のデジ タ ル ブ ロ ッ ク および 6 個のアナログ ブ ロ ッ ク にア ク
セスで き ます。
Port 1
Port 2
To Analog
System
DIGITAL SYSTEM
Row 0
DBC00
DBC01
DCC02
4
DCC03
4
Row Output
Configuration
Row Input
Configuration
Digital PSoC Block Array
8
8
8
PSoC コ ア
Row 1
DBC00
DBC01
DCC02
DCC03
Row Output
Configuration
Row Input
Configuration
8
PSoC コ アは、 充実 し た機能セ ッ ト を持つ高性能なエ ン ジ ン で
す。 こ の コ ア は、 CPU、 メ モ リ 、 ク ロ ッ ク、 お よ び コ ン フ ィ
ギ ュ レーシ ョ ン可能な汎用 I/O (GPIO) を備えています。
M8C CPU コ アは最高 24MHz で動作する高性能プ ロ セ ッ サで、
4 MIPS の性能を持つ 8 ビ ッ ト ハーバー ド アーキテ ク チ ャ マ イ
ク ロ プ ロ セ ッ サを提供 し ます。 この CPU では、 21 のベ ク タ を
持つ割 り 込み コ ン ト ロー ラ ーを使用 し て、 リ アル タ イム組み込
みイ ベン ト のプ ログ ラ ミ ングを簡素化 し ています。
プ ログ ラ ムの実行は、組み込まれたス リ ープ タ イ マー と ウ ォ ッ
チ ド ッ グ タ イ マー (WDT) を使用 し て タ イ ミ ングが管理 さ れ、
保護 さ れます。
メ モ リ は、 プ ログ ラ ム領域用の 16KB フ ラ ッ シ ュ、 デー タ 領域
用の 1 K バイ ト SRAM、 お よび フ ラ ッ シ ュ を使用 し て エ ミ ュ
レー ト する最大 2KB の EEPROM で構成 さ れています。 プ ログ
ラ ム フ ラ ッ シ ュ には 64 バイ ト のブ ロ ッ ク に対 し て 4 段階の保
護レ ベルが用意 さ れているので、 これを使用 し て ソ フ ト ウ ェ ア
の IP 保護を カ ス タ マ イ ズで き ます。
PSoC デバイ スは、 24MHz の IMO ( 内部主発振器 ) な どの柔軟
な内部 ク ロ ッ ク発生器を装備 し ています。 こ の 24MHz の IMO
は、 周波数を 48MHz に倍増 し て、 デジ タ ル シ ス テムで使用す
る こ と も で き ます。 ス リ ープ タ イ マー と WDT 用に低消費電力
の 32kHz ILO ( 内部低速発振器 ) が用意 さ れています。 水晶精
度を必要 と する場合は、 ECO (32.768kHz の外部水晶発振器 )
を リ アル タ イム ク ロ ッ ク (RTC) と し て使用で き るほか、 必要
に応 じ 、PLL を使用 し て水晶精度の 24 MHz シス テム ク ロ ッ ク
を生成で き ます。これ らのク ロ ッ ク を、プ ログ ラ マ ブルな ク ロ ッ
ク分周器 ( シ ス テム リ ソ ースの一部 ) と 組み合わせて使用すれ
ば、 ほぼあ ら ゆる タ イ ミ ン グ要件を PSoC デバイ スに組み込む
こ と がで き る柔軟性が得 られます。
PSoC の GPIO は、 デバイ スの CPU、 デジ タ ル リ ソ ース、 およ
びアナログ リ ソ ースに接続 し ています。各ピ ンの駆動モー ド は
8 つ の オ プ シ ョ ン か ら 選択 で き る た め、 外部 と の イ ン タ ー
フ ェ ース を非常に柔軟に設定で き ます。 また、 各ピ ンは、 HIGH
レ ベル、 LOW レ ベル、 お よび前回読み出 し 時か ら の変化に基
づいてシ ス テム割 り 込みを生成する こ と も で き ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
GIE[7:0]
GIO[7:0]
Global Digital
Interconnect
GOE[7:0]
GOO[7:0]
デジ タ ル周辺回路の構成には次のよ う な も のがあ り ます。
■
PWM (8 ビ ッ ト お よび 16 ビ ッ ト )
■
デ ッ ド バン ド PWM (8 ビ ッ ト および 16 ビ ッ ト )
■
カ ウン タ ー (8 ~ 32 ビ ッ ト )
■
タ イ マー (8 ~ 32 ビ ッ ト )
■
選択可能なパ リ テ ィ を持つ UART 8 ビ ッ ト ( 最大 2 個 )
■
SPI マス タ ーおよび SPI ス レーブ ( 最大 2 個 )
■
シ フ ト レ ジ ス タ (1 ~ 32 ビ ッ ト )
■
I2C ス レーブ と I2C マス タ ー (1 個がシ ス テム リ ソ ース と し て
使用可能 )
■
巡回冗長検査回路 (CRC) /ジ ェ ネ レー タ (8 ~ 32 ビ ッ ト )
■
IrDA ( 最大 2 個 )
■
擬似ラ ン ダム シーケ ン ス (PRS) ジ ェ ネ レー タ (8 ~ 32 ビ ッ ト )
任意のピ ン に任意の信号を送る こ と がで き る グ ロ ーバル バス
を通 じ て、 どの GPIO に も デジ タ ル ブ ロ ッ ク を接続で き ます。
また、 バス を使用する こ と で信号の多重化や論理演算も 可能で
す。 こ のよ う な柔軟な コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ンによ り 、 固定 さ
れた周辺コ ン ト ロー ラ ーに伴 う 制約を受けずに設計で き ます。
デジ タ ル ブ ロ ッ クは一列につ き 4 個で構成 さ れ、ブ ロ ッ ク の数
は PSoC デバイ ス フ ァ ミ リ ご と に異な り ます。 こ れによ り 、 用
途に応 じ て最適なシ ス テム リ ソ ース を選択で き ます。 5 ページ
の表 1 に フ ァ ミ リ リ ソ ース を示 し ます。
ページ 3/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
アナ ロ グ シ ス テム
追加シ ス テム リ ソ ース
アナログ シ ス テムは、 10 ビ ッ ト SAR ADC と 6 個のコ ン フ ィ
ギ ュ レーシ ョ ン可能な ブ ロ ッ ク で構成 さ れています。
シ ス テム リ ソ ースは、 シ ス テムの構築に効果的な追加機能を提
供 し ます。一部のシス テム リ ソ ースについてはすでに説明 し ま
し た。 こ の他の追加 リ ソ ー ス と し て、 MAC、 低電圧検出、 パ
ワーオ ン リ セ ッ ト な どがあ り ます。 各シ ス テム リ ソ ースの利
点は、 以下の と お り です。
プ ログ ラ マ ブルな 10 ビ ッ ト SAR ADC は、 最大 200ksps で動
作可能な最適化 さ れた ADC で、 ± 1.5 LSB の微分非直線性 と
±2.5 LSB の積分非直線性を発揮 し ます (VDD 3.0V および Vref
 3.0V の場合 )。ア ン チ エ イ リ ア ス処理のため、ADC 入力チ ャ ネ
ルには外部 フ ィ ル タ が必要です。 これによ っ て、 不要帯域の信
号がフ ィ ル タ 処理 さ れて、 入力信号帯域に混入する こ と があ り
ません。
再 コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン可能な アナロ グ リ ソ ースによ っ て、
複雑なアナログ信号系を構築で き ます。 アナログ周辺回路には
高い柔軟性があ り 、 用途の具体的な要件に合わせて カ ス タ マ イ
ズで き ます。 一般的な PSoC アナログ機能 と し て、 以下の機能
があ り ます ( ほ と んどはユーザー モ ジ ュ ール と し て実現可能で
す)。
■
アナログ - デジ タ ル コ ンバー タ ( シ ングルまたはデ ュ アル、分
解能 8 ビ ッ ト )
■
ピ ン信号間の コ ンパレー タ
■
バン ド ギ ャ ッ プ電圧 (1.3V) または5 ビ ッ ト DAC 出力を リ フ ァ
レ ン ス と し て利用で き る シ ングルエ ン ド コ ンパレー タ
■
1.3V リ フ ァ レ ン ス電圧 ( シ ス テム リ ソ ース と し て可能 )
アナログ ブ ロ ッ ク は、 CT-E ( 連続時間 ) ブ ロ ッ ク と SC-E ( ス
イ ッ チ ド コ ンデンサ ) ブ ロ ッ クの 4 個のブ ロ ッ ク の コ ラ ムで編
成 さ れています。 これ らのデバイ スは、 制限 さ れた機能の タ イ
プ 「E」 アナログ ブ ロ ッ ク を備えています。
■
デジ タ ル ク ロ ッ ク 分周器は、 各種用途向けに カ ス タ マ イ ズ可
能な 3 つの ク ロ ッ ク周波数を提供 し ます。 こ のク ロ ッ ク は、
デジ タ ル と アナロ グの両方のシ ス テムで使用で き ます。 デジ
タ ルPSoCブ ロ ッ ク を ク ロ ッ ク 分周器 と し て使用する こ と で、
さ ら に別のク ロ ッ ク を生成で き ます。
■
CSD に最適化 さ れた追加のデジ タ ル リ ソ ースおよび ク ロ ッ
ク。
■
デジ タ ル ペ リ フ ェ ラル ロ ジ ッ ク によ る RTC 機能のサポー ト 。
■
積和演算器 (MAC) は、 32 ビ ッ ト 加算器が付加 さ れた高速 8
ビ ッ ト 乗算器を提供 し 、 一般的な数学演算やデジ タ ル フ ィ ル
タ 処理を支援 し ます。
■
I2C モ ジ ュ ールは、100kHz と 400kHz によ る 2 線式の通信をサ
ポー ト し ます。 ス レ ーブ、 マ ス タ ー、 お よびマルチ マス タ ー
のいずれのモー ド に も対応で き ます。
■
低電圧検出 (LVD) 割 り 込みは、 電圧レ ベルの低下を通知する
信号を ア プ リ ケーシ ョ ンに送信 し ます。 同時に、 高度な POR
( パワーオ ン リ セ ッ ト ) 回路を使用する こ と でシ ス テム監視
が不要にな り ます。
■
1.3Vの内部 リ フ ァ レ ン ス電圧は、ADCやDAC な どのアナログ
シス テムに リ フ ァ レ ン ス電圧を提供 し ます。
図 2. アナログ シス テムのブ ロ ッ ク図
Array Input Configuration
ACI0[1:0]
ACI1[1:0]
ACI1[1:0]
ACI1[1:0]
ACE00
ACE01
ACE10
ACE11
ASE10
ASE11
Block Array
AmuxL
AmuxR
P0[0:7]
ACI2[3:0]
10 bit SAR ADC
Analog Reference
Interface to
Digital System
AGND
Reference
Generators
Bandgap
M8C Interface (Address Bus, Data Bus, Etc.)
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 4/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
PSoC デバイ スの特性
PSoC デバイ スの特性に応 じ て、 デジ タ ル シ ス テム と アナ ロ グ シス テムは 16 個、 8 個、 または 4 個のデジ タ ル ブ ロ ッ ク と 12 個、
6 個、 または 3 個のアナログ ブ ロ ッ ク を持つ こ と がで き ます。 次の表に特定の PSoC デバイ ス グループ で使用可能な リ ソ ース を
示 し ます。
表 1. PSoC デバイ スの特性
PSoC 部品番号
デジ タ ル
I/O 数
CY8C29x66[2]
最大 64
CY8C28xxx
最大 44
CY8C27x43
CY8C24x94[2]
デジ タ ル デジ タ ル アナ ロ グ
行数
ブ ロ ッ ク数 入力数
4
16
最大 12
アナ ロ グ
出力数
4
アナ ロ グ
カ ラ ム数
4
アナ ロ グ
ブロ ッ ク数
12
SRAM
サイ ズ
2K
フ ラ ッ シュ メ モリ
サイ ズ
32K
最大 6
4
最大 12 + 4[3]
12
1K
16K
256
16K
最大 12
8
最大 44
最大 44
最大 3
2
最大 12
最大 4
4
最大 56
1
4
最大 48
2
2
6
1K
16K
CY8C24x23A[2]
最大 24
1
4
最大 12
2
2
6
256
4K
CY8C23x33
最大 26
1
4
最大 12
2
2
4
256
8K
CY8C22x45[2]
最大 38
2
8
最大 38
0
4
6[3]
1K
16K
CY8C21x45[2]
最大 24
1
4
最大 24
0
4
6[3]
512
8K
[3]
[2]
最大 28
1
4
最大 28
0
2
4
512
8K
CY8C21x23
最大 16
1
4
最大 8
0
2
4[3]
256
4K
CY8C20x34[2]
最大 28
0
0
最大 28
0
0
3[3、 4]
512
8K
0
3[3、 4]
最大 2K
最大 32K
CY8C21x34
CY8C20xx6
最大 36
0
0
最大 36
0
は じ めに
詳細情報や プ ロ グ ラ ミ ン グの詳細に つ い て は、 CY8C22x45、
CY8C21345: PSoC®Programmable System-on-Chip™ テ ク ニ
カル リ フ ァ レ ン ス マニ ュ アルを ご参照 く だ さ い。
注文、 パ ッ ケージ、 お よ び電気的仕様の最新情報については、
ウ ェ ブサイ ト で最新の PSoC デバイ ス デー タ シー ト を ご参照 く
だ さ い。
ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト
サイ プ レ スのア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト は、 PSoC を使用 し た さ
ま ざ ま な デザ イ ン を 目指す う え で 優れ た ガ イ ド に な り ま す。
PSoC 1 ア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト フ ァ イ ン ダ を使用 し て、特定の
ア プ リ ケーシ ョ ンおよび/または フ ァ ミ リ 用のア プ リ ケーシ ョ
ン ノ ー ト またはサン プル プ ロ ジ ェ ク ト を検索 し て く だ さ い。
開発キ ッ ト
PSoC 1 キ ッ ト は、 サイ プ レ スのオ ン ラ イ ン ス ト ア で入手で き
ます。また、各地域や世界規模でArrow、Avnet、Digi-Key、Farnell、
Future Electronics、 Newark な どの販売代理店網が広がっ てい
るので、 こ ち らから お求めいただ く こ と も で き ます。 サイ プ レ
スのウ ェ ブサイ ト か ら入手で き るキ ッ ト セ レ ク タ ガ イ ド は、各
PSoC 1 フ ァ ミ リ の使用可能な開発キ ッ ト 、 プ ログ ラ ムおよび
デバ ッ グ キ ッ ト の一覧を提供 し ます。
ト レ ーニ ン グ
PSoC の無料技術 ト レ ーニ ン グ ( オ ンデマ ン ド 、 ウ ェ ビ ナー、
ワー ク シ ョ ッ プ ) は、オン ラ イ ン で www.cypress.com で受講で
き ます。 こ の ト レーニ ングでは、 各種の ト ピ ッ クやスキル レ ベ
ルを カバー し てお り 、 お客様の設計を支援 し ます。
CYPros コ ンサル タ ン ト
認定 さ れた PSoC コ ンサル タ ン ト が、 技術支援か ら 完成 し た
PSoC 設計ま でのあ ら ゆる ニーズに対応 し ます。 PSoC コ ンサ
ル タ ン ト にお問い合わせにな るには、 またはコ ンサル タ ン ト に
な るには、 CYPros コ ンサル タ ン ト ウ ェ ブサイ ト を ご覧 く だ さ
い。
ソ リ ュ ーシ ョ ン ラ イ ブ ラ リ
ソ リ ュ ーシ ョ ン を重視 し た設計の ラ イ ブ ラ リ を ご覧 く だ さ い。
ラ イ ブ ラ リ には、 設計を素早 く 完成する上で役立つ、 フ ァ ーム
ウ ェ ア お よ びハー ド ウ ェ ア設計 フ ァ イ ル を 含む様々な ア プ リ
ケーシ ョ ン設計が用意 さ れています。
テ ク ニ カル サポー ト
テ ク ニ カ ル サポー ト – 検索可能な知識ベー スの記事 と 技術
フ ォ ー ラ ム も オン ラ イ ン で ご利用になれます。 解決策が見つか
ら ない場合は、 テ ク ニ カル サポー ト (1-800-541-4736) ま で ご
連絡 く だ さ い。
注:
2. こ のグループ で使用可能な車載用認定済みのデバイ スです。
3. 制約 さ れたアナ ロ グ機能です。
4. 2 個のアナ ロ グ ブ ロ ッ ク および 1 個の CapSense® ブ ロ ッ ク です。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 5/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
開発ツール
画期的な統合設計環境 (IDE) である PSoC Designer™ を使 う
と 、 ユーザーが必要 と する ア プ リ ケーシ ョ ン要件を満たすよ う
PSoC を カ ス タ マ イ ズ す る こ と が 可 能 に な り ま す。 PSoC
Designer ソ フ ト ウ ェ アは、 シ ス テム設計や市場投入ま での時間
を早めるお手伝いを いた し ます。ユーザー モ ジ ュ ール と 呼ばれ
る予め用意 さ れたアナログ周辺回路やデジ タ ル周辺回路のラ イ
ブ ラ リ を、 ド ラ ッ グ& ド ロ ッ プによ る設計環境内で利用 し て独
自のア プ リ ケーシ ョ ン を開発で き ます。 また、 動的に生成 さ れ
る ア プ リ ケーシ ョ ン プ ロ グ ラ ミ ン グ イ ン タ フ ェ ース (API) の
コ ー ド ラ イ ブ ラ リ を活用 し ながら、 設計を カ ス タ マ イ ズする こ
と も可能です。 そ し て、 設計のデバ ッ グおよびテ ス ト は、 回路
内エ ミ ュ レ ーシ ョ ンや標準 ソ フ ト ウ ェ ア デバ ッ グ機能な ど を
備えた統合デバ ッ グ環境で行います。 PSoC Designerには以下
が含まれます。
ます。 こ れによ り 、 ア プ リ ケーシ ョ ンが 100 パーセ ン ト 以上の
PSoC リ ソ ース を利用する こ と がで き ます。
コ ー ド 生成ツール
コ ー ド 生成ツールは、PSoC Designer のイ ン タ ー フ ェ ース内で
途切れる こ と な く 動作 し 、様々なデバ ッ ギング ツールで テ ス ト
済みです。 C、 ア セ ン ブ リ 、 ま たは両方の組み合わせで設計を
開発で き ます。
アセ ン ブ ラ : アセ ン ブ ラ では、アセ ン ブ リ コ ー ド を C コ ー ド と
シームレ スに組み合わせる こ と がで き ます。 リ ン ク ラ イ ブ ラ リ
では、 自動的に絶対ア ド レ ス指定を使用で き るほか、 相対モー
ド で コ ンパ イ ル さ れた上で他の ソ フ ト ウ ェ ア モ ジ ュ ール と リ
ン ク し 、 絶対ア ド レ ス指定を取得する こ と も で き ます。
C 言語コ ンパイ ラ : PSoC デバイ スのフ ァ ミ リ をサポー ト する
C 言語コ ンパイ ラ を利用で き ます。 こ れら の製品を使用する こ
と で、 PSoC デバイ スのフ ァ ミ リ 用に完全な C プ ログ ラ ムを作
成で き ます。 こ れら の最適化 C コ ンパイ ラは、 PSoC のアーキ
テ ク チ ャ に合わせて設定 し た C 言語の全ての機能を提供 し ま
す。 こ れら のコ ンパイ ラ には、ポー ト と バスの動作、標準のキー
パ ッ ド と デ ィ ス プ レ イのサポー ト 、 および拡張計算機能を提供
する組み込みラ イ ブ ラ リ が付属 し ています。
■
デバイ ス、ユーザー モ ジ ュ ール コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ンおよ
びダ イ ナ ミ ッ ク 再 コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン向けのア プ リ ケー
シ ョ ン エ デ ィ タ グ ラ フ ィ カ ル ユーザー イ ン タ フ ェ ー ス
(GUI)
■
広範なユーザー モ ジ ュ ール カ タ ロ グ
■
統合ソ ース コ ー ド エデ ィ タ (C お よびアセ ン ブ リ 言語 )
デバ ッ ガ
■
サイ ズや使用期限のない無料の C コ ンパイ ラ
■
ビル ト イ ン デバ ッ ガ
■
イ ンサーキ ッ ト エ ミ ュ レー タ
PSoC Designer はハー ド ウ ェ アによ る イ ンサーキ ッ ト エ ミ ュ
レーシ ョ ン機能を提供するデバ ッ グ環境を備えている ため、 実
シ ス テムで プ ロ グ ラ ムを テ ス ト で き、 同時に PSoC デバイ スの
内部状態を見ら れます。 デバ ッ ガ コ マ ン ド を使用 し て、 デー タ
メ モ リ の読み込み と プ ログ ラ ム、 読み込み と 書き込み、 および
I/O レ ジス タ の読み込み と 書き込みが可能です。 また、 CPU レ
ジ ス タ の読み取 り と 書き込み、ブ レー ク ポ イ ン ト の設定 と 消去、
プ ログ ラ ムの実行、 停止、 およびス テ ッ プ制御が可能です。 ま
た、調査対象のレ ジス タ と メ モ リ 位置の ト レース バ ッ フ ァ をデ
バ ッ ガで作成する こ と も で き ます。
通信イ ン タ ー フ ェ ースの組み込みサポー ト 機能は以下の通 り
です。
2
❐ ハー ド ウ ェ アおよび ソ フ ト ウ ェ ア I C ス レーブ と マス タ ー
❐ フルス ピー ド USB 2.0
❐ 最大 4 個の全二重汎用非同期レ シーバ/ ト ラ ン ス ミ ッ タ
(UART) 、 SPI マス タ ーおよび SPI ス レーブ、 およびワ イヤ
レス
PSoC Designer は、 PSoC 1 デバイ スの全 ラ イ ブ ラ リ をサポー
ト し てお り 、 Windows XP、 Windows Vista、 Windows 7 上で動
作 し ます。
■
PSoC Designer ソ フ ト ウ ェ ア サブ シ ス テム
設計エ ン ト リ
チ ッ プ レ ベル ビ ュ ーでは、 まず目的の基本デバイ ス を選択 し ま
す。 次に、 PSoC ブ ロ ッ ク を使用する アナログおよびデジ タ ル
の各種オ ンボー ド コ ンポーネ ン ト ( ユーザー モ ジ ュ ール ) を選
択 し ます。 ユーザー モ ジ ュ ールの例 と し て、 ADC、 DAC、 ア ン
プ、 フ ィ ル タ な どがあ り ます。 選択 し たア プ リ ケーシ ョ ン向け
にユーザー モ ジ ュ ールを設定 し 、 他のユーザー モ ジ ュ ールや
適切な ピ ンに接続 し ます。 その後、 プ ロ ジ ェ ク ト を生成 し ます。
それによ り 、 ア プ リ ケーシ ョ ンのプ ログ ラ ミ ングに使用で き る
API と ラ イ ブ ラ リ がプ ロ ジ ェ ク ト に事前設定 さ れます。
また このツールを使用する と 、 複数の構成 と 動的再設定を容易
に開発で き ます。 動的再設定によ り 、 実行時に構成を変更で き
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
オン ラ イ ン ヘルプ シス テム
ユーザーは、 オ ン ラ イ ン ヘルプ シ ス テムを使用 し て、 コ ン テ
キス ト 依存型のオン ラ イ ン ヘルプ を表示で き ます。機能のサブ
シ ス テム毎に固有のコ ン テキス ト 依存ヘルプがあ り 、 操作手順
のヘルプやク イ ッ ク リ フ ァ レ ン ス と し て使用で き ます。 ま た、
こ のヘルプ シ ス テムは設計者を支援す る ためのチ ュ ー ト リ ア
ル、 FAQ と オン ラ イ ン サポー ト フ ォ ー ラ ムへの リ ン ク を提供
し ています。
イ ンサーキ ッ ト エ ミ ュ レー タ
コ ス ト の低 く 、 機能性の高い イ ン サー キ ッ ト エ ミ ュ レ ー タ
(ICE) が開発作業をサポー ト する ために用意 さ れています。 こ
のハー ド ウ ェ アは単独のデバイ ス を プ ログ ラ ムで き ます。
こ のエ ミ ュ レー タ は、USB ポー ト を介 し て PC に接続する 1 つ
の基本ユニ ッ ト で構成 さ れています。 こ の基本ユニ ッ ト は汎用
型で、 全ての PSoC デバイ スで動作 し ます。 各デバイ ス フ ァ ミ
リ のエ ミ ュ レーシ ョ ン ポ ッ ド は、 それぞれ別々に用意 さ れてい
ます。 エ ミ ュ レーシ ョ ン ポ ッ ド は、 デバ ッ グ対象のボー ド 上の
PSoC デバイ ス と 入れ替わ り 、 フルス ピー ド (24 MHz) で動作
で き ます。
ページ 6/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
PSoC Designer を使用 し た設計
PSoC デバイ スの開発プ ロ セスは、 従来の固定機能マ イ ク ロ プ
ロ セ ッ サの開発プ ロ セ ス と は異な り ま す。 コ ン フ ィ ギ ュ レ ー
シ ョ ン可能な アナ ロ グお よびデジ タ ル ハー ド ウ ェ ア ブ ロ ッ ク
に よ り 、 PSoC アーキテ ク チ ャ に独自の柔軟性が も た ら さ れ、
開発時の仕様変更の管理や在庫費用の低減に役立ち ます。 こ れ
らの コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン可能な リ ソ ースは PSoC ブ ロ ッ ク
と 呼ばれ、 ユーザーが選択可能な さ ま ざ ま な機能を実装で き ま
す。 PSoC 開発プ ロ セスは次の 4 つのス テ ッ プにま と める こ と
がで き ます。
1. ユーザー モ ジ ュ ールの選択
2. ユーザー モ ジ ュ ールの設定
3. 構成 と 接続
4. 生成、 検証およびデバ ッ グ
ユーザー モ ジ ュ ールの選択
PSoC Designer は、 あ らか じ め構築 さ れ、 テ ス ト 済みのハー ド
ウ ェ ア周辺 コ ンポーネ ン ト ( ユーザー モ ジ ュ ール と 呼ばれる )
のラ イ ブ ラ リ を備えています。 ユーザー モ ジ ュ ールによ り 、 ア
ナログ と デジ タ ル両方の周辺デバイ スの選択 と 実装を簡素化で
き ます。
ユーザー モ ジ ュ ールの設定
選択 し た各ユーザー モ ジ ュ ールによ っ て、選択 し た機能を実装
する基本的な レ ジ ス タ 設定が確立 さ れます。 また、 コ ンポーネ
ン ト の適格な設定を特定のア プ リ ケーシ ョ ンに合わせる よ う に
するパ ラ メ ー タ と プ ロパテ ィ も提供 さ れます。 た と えば、 PWM
ユーザー モ ジ ュ ールは、 1 つまたはそれ以上のデジ タ ル PSoC
ブ ロ ッ ク で構成 さ れます。分解能 8 ビ ッ ト ご と にデジ タ ル PSoC
ブ ロ ッ ク を 1 つ使用 し ます。 ユーザー モ ジ ュ ール パラ メ ー タ
では、 パルス幅 と デ ュ ーテ ィ 比を設定で き ます。 選択 し たア プ
リ ケーシ ョ ンに対応する よ う にパラ メ ー タ と プ ロパテ ィ を設定
し ます。 値は直接入力する こ と も 、 ド ロ ッ プダウン メ ニ ュ ーか
ら 選択す る こ と も で き ます。 すべてのユーザー モ ジ ュ ールは
デー タ シー ト と し て文書化 さ れてお り 、PSoC Designer または
サイ プ レ スのウ ェ ブサイ ト で直接確認で き ます。 こ れら のユー
ザー モ ジ ュ ール デー タ シー ト には、 ユーザー モ ジ ュ ールの内
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
部動作に関する説明 と 性能仕様が記載 さ れています。 また、 各
デー タ シー ト にはユーザー モ ジ ュ ールの各パ ラ メ ー タ の使用
方法や、 設計を適切に実装する ために必要なその他の情報も ま
と め ら れています。
構成 と 接続
各ユーザー モ ジ ュ ールを他のモ ジ ュ ールおよび I/O ピ ンに相互
接続する こ と によ っ て、 チ ッ プ レ ベルで信号チ ェ ーン を作成す
る こ と がで き ます。すべてのオン チ ッ プ リ ソ ース を完全に制御
で き る よ う に、選択、 コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン、およびルーテ ィ
ングを行います。
生成、 検証、 お よびデバ ッ グ
ハー ド ウ ェ アの コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ンのテ ス ト 、 またはプ ロ
ジ ェ ク ト の コ ー ド 開発への移行の準備がで き た ら、 「 コ ン フ ィ
ギ ュ レーシ ョ ン フ ァ イルを生成する」 手順を実行 し ます。 こ の
ス テ ッ プ で PSoC Designer によ っ て生成 さ れる ソ ース コ ー ド
は、 仕様に合わせてデバイ ス を自動的に設定 し 、 シ ス テム用に
ソ フ ト ウ ェ ア を提供 し ます。 こ れ ら の生成 さ れた コ ー ド では、
動作中に発生す るハー ド ウ ェ ア イ ベ ン ト の制御やそれに対す
る応答を実現す る高レ ベル関数を伴 う ア プ リ ケーシ ョ ン プ ロ
グ ラ ミ ング イ ン タ ー フ ェ ース (API) 、 および必要に応 じ て書き
換えて使用で き る割 り 込みサービ ス ルーチ ンが得られます。
高い完成度のコ ー ド 開発環境によ り 、C またはアセ ン ブ リ 言語、
またはその両方を使用 し たア プ リ ケーシ ョ ンの開発 と カ ス タ マ
イ ズが可能です。
開発プ ロ セスの最後のス テ ッ プはPSoC Designerのデバ ッ ガ内
で進めます ( 接続のア イ コ ン を ク リ ッ ク し てア ク セス し ます )。
PSoC Designerによ っ てHEX イ メ ージがICEにダウン ロー ド さ
れ、 フ ルス ピー ド で実行 さ れます。 PSoC Designerのデバ ッ グ
機能は、 何倍も 高価なデバ ッ グ シ ス テムの機能に匹敵 し ます。
デバ ッ グ イ ン タ ー フ ェ ースは、 シ ングル ス テ ッ プ実行、 ブ レー
ク ポ イ ン ト ま での実行、 変数値の追跡な どの従来から の機能の
他、 大容量の ト レース バ ッ フ ァ を備えてお り 、複雑な ブ レー ク
ポ イ ン ト イ ベン ト を定義で き ます。 こ のイ ベン ト の例 と し て、
ア ド レ ス と デー タ バス値の監視、 メ モ リ 位置の監視、 外部信号
の監視な どがあ り ます。
ページ 7/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
ピ ン配置
PSoC デバイ スの フ ァ ミ リ は様々なパ ッ ケージ で提供 し ています。 各パ ッ ケージについて次の表に示 し ます。 すべてのポー ト ピ ン
( 「P」 と い う ラ ベルが付いた も の ) は、 デジ タ ル I/O の機能を備えています。 ただ し 、 Vss、 Vdd および XRES はデジ タ ル I/O の機
能を備えていません。
CY8C22345、 CY8C21345 28 ピ ン SOIC
表 2. ピ ン機能
タ イプ
ピン
ピ ン名
番号 デジ タ ル アナ ロ グ
1
I/O
I、 MR
P0[7]
MR 向けの集積 コ ンデンサ
2
I/O
I、 ML
P0[5]
ML 向けの集積 コ ンデンサ
3
I/O
I、 ML
P0[3]
4
I/O
I、 ML
P0[1]
5
I/O
P2[7]
比較カ ラ ム 0 へ信号を送る ピ ン
6
I/O
I、 ML
ML
P2[5]
オプ シ ョ ン ADC の外部 Vref
7
I/O
ML
P2[3]
8
I/O
ML
P2[1]
電源
9
Vss
グ ラ ン ド 接続 [5]
10
I/O
ML
P1[7]
I2C シ リ アル ク ロ ッ ク (SCL)
11
I/O
ML
P1[5]
I2C シ リ アル デー タ (SDA)
12
I/O
ML
P1[3]
13
I/O
ML
P1[1]
電源
14
Vss
15
I/O
MR
P1[0]
16
I/O
MR
P1[2]
17
I/O
MR
P1[4]
18
I/O
MR
P1[6]
入力
Vdd
P0[6], MR, AI
P0[4], MR, AI
P0[2], MR, AI
P0[0], MR, AI
P2[6], MR, AI
P2[4], MR
P2[2], MR
P2[0], MR
XRES
P1[6], MR
P1[4], MR, EXTCLK
P1[2], MR
P1[0], MR, I2C SDATA
オプ シ ョ ンの外部ク ロ ッ ク入力 (EXT-CLK)
I/O
MR
I/O
MR
P2[2]
22
I/O
MR
P2[4]
23
I/O
I、 MR
P2[6]
24
I/O
I、 MR
P0[0]
25
I/O
I、 MR
P0[2]
26
I/O
I、 MR
P0[4]
27
I/O
I、 MR
P0[6]
Vdd
SOIC
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
I2C シ リ アル ク ロ ッ ク (SCL) 、
ISSP-SDATA[6]
21
電源
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
グ ラ ン ド 接続 [5]
20
28
AI, MR, P0[7]
AI, ML, P0[5]
AI, ML, P0[3]
AI, ML, P0[1]
AI, ML, P2[7]
ADC_Ext_Vref, ML, P2[5]
ML, P2[3]
ML, P2[1]
Vss
I2C SCL, ML, P1[7]
I2C SDA, ML, P1[5]
ML, P1[3]
I2C SCL, ML, P1[1]
Vss
I2C シ リ アル ク ロ ッ ク (SCL) 、
ISSP-SCLK[6]
XRES 内部抵抗がプルダウン さ れている、 ア ク
テ ィ ブ HIGH の外部 リ セ ッ ト ピ ン
P2[0]
19
図 3. ピ ン図
説明
比較カ ラ ム 1 へ信号を送る ピ ン
電源電圧
凡例 : A= アナ ログ、 I= 入力、 O= 出力、 M= アナ ログ マルチ プ レ クサバス入力、 MR= 右側のアナ ログ マルチ プ レ クサ バス入力、 ML= 左側のアナ
ログ マルチ プ レ クサ バス入力。
注:
5. すべての VSS ピ ン を 1 つの共通グ ラ ン ド 面に接続する必要があ り ます。
6. ISSP が使用 さ れない場合、 ピ ン P1[0] および P1[1] は POR または XRES イ ベン ト に異な っ た応答を し ます。 POR ま たは XRES イ ベン ト の後、 ど ち ら のピ ン
も 、 HIGH-Z ド ラ イ ブ モー ド に達する前に抵抗ゼロ ド ラ イ ブ モー ド に入 っ て、 グ ラ ン ド ま で電圧が低下 し ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 8/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
CY8C22545 44 ピ ン TQFP
表 3. ピ ンの機能 [7]
ピ ン名
I/O
ML
P2[1]
電源
4
Vdd
5
I/O
ML
P4[5]
6
I/O
ML
P4[3]
7
I/O
ML
P4[1]
電源
8
Vss
電源電圧
グ ラ ン ド 接続
9
I/O
ML
P3[7]
10
I/O
ML
P3[5]
11
I/O
ML
P3[3]
12
I/O
ML
P3[1]
13
I/O
ML
P1[7]
I2C シ リ アル ク ロ ッ ク (SCL)
14
I/O
ML
P1[5]
I2C シ リ アル デー タ (SDA)
15
I/O
ML
P1[3]
16
I/O
ML
P1[1]
電源
17
Vss
水晶発振器 (XTALin)、 I2C SCL、 ISSP SCLK[6]
グ ラ ン ド 接続
18
I/O
MR
P1[0]
水晶発振器 (XTALout)、 I2C SDA、 ISSP SDATA[6]
19
20
I/O
I/O
MR
MR
P1[2]
P1[4]
オ プ シ ョ ンの外部 ク ロ ッ ク 入力 (EXTCLK)
21
I/O
MR
P1[6]
22
I/O
MR
P3[0]
23
I/O
MR
P3[2]
24
I/O
MR
P3[4]
25
I/O
MR
P3[6]
入力
27
I/O
MR
XRES 内部抵抗がプルダウ ン さ れてい る、 ア ク テ ィ ブ HIGH の
外部 リ セ ッ ト ピ ン
P4[0]
28
I/O
MR
P4[2]
29
I/O
MR
P4[4]
26
電源
30
Vss
31
I/O
MR
P2[0]
32
I/O
MR
P2[2]
33
I/O
MR
P2[4]
34
I/O
I、 MR
P2[6]
35
I/O
I、 MR
P0[0]
36
I/O
I、 MR
P0[2]
37
I/O
I、 MR
P0[4]
38
I/O
I、 MR
P0[6]
電源
39
ADC_Ext_Vref, ML, P2[5]
ML, P2[3]
ML, P2[1]
Vdd
ML, P4[5]
ML, P4[3]
ML, P4[1]
Vss
ML, P3[7]
ML, P3[5]
ML, P3[3]
1
2
3
4
5
TQFP
6
7
8
9
10
11
33
32
31
30
29
28
27
26
25
24
23
P2[4], MR
P2[2], MR
P2[0], MR
Vss
P4[4], MR
P4[2], MR
P4[0], MR
XRES
P3[6], MR
P3[4], MR
P3[2], MR
MR, P1[6]
MR, P3[0]
3
オ プ シ ョ ン ADC の外部 Vref
39
38
37
36
35
34
P2[3]
Vss
XTALout, MR, P1[0]
MR, P1[2]
EXTCLK, MR, P1[4]
P2[5]
ML
41
40
ML
I/O
P2[7], ML, AI
P0[1], ML, AI
P0[3], ML, AI
P0[5], ML, AI
P0[7], MR, AI
Vdd
P0[6], MR, AI
P0[4], MR, AI
P0[2], MR, AI
P0[0], MR, AI
P2[6], MR, AI
I/O
2
44
43
42
1
図 4. ピ ン図
説明
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
アナ ロ グ
ML, P3[1]
タ イプ
デジ タ ル
I2C SCL, ML, P1[7]
2C SDA, ML, P1[5]
ML, P1[3]
XTALin, ML, P1[1]
ピ ン番号
グ ラ ン ド 接続
比較カ ラ ム 1 へ信号を送る ピ ン
Vdd
電源電圧
40
I/O
I、 MR
P0[7]
MR 向けの集積 コ ンデンサ
41
I/O
I、 ML
P0[5]
ML 向けの集積 コ ンデンサ
42
I/O
I、 ML
P0[3]
43
I/O
I、 ML
P0[1]
44
I/O
I、 ML
P2[7]
比較カ ラ ム 0 へ信号を送る ピ ン
凡例 : A= アナ ロ グ、 I= 入力、 O= 出力、 M= アナ ロ グ マルチ プ レ ク サバス入力、 MR= 右側のアナ ロ グ マルチ プ レ ク サ バス入力、 ML= 左側のアナ ロ グ マルチ プ レ ク サ
バス入力。
注:
7. すべての VSS ピ ン を 1 つの共通グ ラ ン ド 面に接続する必要があ り ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 9/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
レジス タ
本節では、 マ ッ ピ ング テーブルによ り こ の PSoC デバイ ス フ ァ ミ リ のレ ジス タ を示 し ます。 レ ジ ス タ の詳細な情報については、
PSoC プ ロ グ ラ マ ブル シ ス テムオ ン チ ッ プのテ ク ニ カル リ フ ァ レ ン ス マニ ュ アルを ご参照 く だ さ い。
レ ジ ス タ の表記法
レ ジ ス タ マ ッ ピ ン グ テーブル
表 4. 略号
PSoC デバイ スには、全部で 512 バイ ト のレ ジス タ ア ド レ ス空
間があ り ます。 こ のレ ジ ス タ 空間は I/O 空間 と も 呼ばれ、 2 つ
の部分で構成 さ れています。 フ ラ グ レ ジ ス タ 内の XIO ビ ッ ト
は、 ユーザーが現時点で どのバン ク にア ク セス し ているかを示
し ます。 XIO ビ ッ ト がセ ッ ト さ れた場合、 ユーザーが 「拡張」
ア ド レ ス空間または 「 コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン」 レ ジ ス タ にア
ク セスする と みな さ れます。
表記法
RW
読み出 し および書き込みレ ジ ス タ またはビ ッ ト
説明
R
読み出 し レ ジ ス タ またはビ ッ ト
W
書き込みレ ジ ス タ またはビ ッ ト
L
論理レ ジ ス タ またはビ ッ ト
C
ク リ ア可能な レ ジ ス タ またはビ ッ ト
#
ア ク セスはビ ッ ト 固有
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
注 : 次のレ ジ ス タ マ ッ ピ ング テーブルでは、空白のフ ィ ール ド
は予約 さ れている ため、 ア ク セス し てはな り ません。
ページ 10/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
表 5. レ ジ ス タ マ ッ プ バン ク 0 テーブル : ユーザー空間
アクセ
ア ク セス
ア ド レス
ア ド レス
名称
(0、 16 進 )
(0、 16 進 )
ス
PRT0DR
00
RW
40
#
PRT0IE
01
RW
41
W
PRT0GS
02
RW
42
RW
PRT0DM2
03
RW
43
#
PRT1DR
04
RW
44
#
PRT1IE
05
RW
45
W
PRT1GS
06
RW
46
RW
PRT1DM2
07
RW
47
#
PRT2DR
08
RW
48
#
PRT2IE
09
RW
49
W
PRT2GS
0A
RW
4A
RW
PRT2DM2
0B
RW
4B
#
PRT3DR
0C
RW
4C
#
PRT3IE
0D
RW
4D
W
PRT3GS
0E
RW
4E
RW
PRT3DM2
0F
RW
4F
#
PRT4DR
10
RW
CSD0_DR0_L 50
R
PRT4IE
11
RW
CSD0_DR1_L 51
W
PRT4GS
12
RW
CSD0_CNT_L 52
R
PRT4DM2
13
RW
CSD0_CR0
53
#
14
RW
CSD0_DR0_H 54
R
15
RW
CSD0_DR1_H 55
W
16
RW
CSD0_CNT_H 56
R
17
RW
CSD0_CR1
57
RW
18
RW
CSD1_DR0_L 58
R
19
RW
CSD1_DR1_L 59
W
1A
RW
CSD1_CNT_L 5A
R
1B
RW
CSD1_CR0
5B
#
1C
RW
CSD1_DR0_H 5C
R
1D
RW
CSD1_DR1_H 5D
W
1E
RW
CSD1_CNT_H 5E
R
1F
RW
CSD_CR1
5F
RW
DBC00DR0 20
#
AMX_IN
60
RW
DBC00DR1 21
W
AMUX_CFG
61
RW
DBC00DR2 22
RW
PWM_CR
62
RW
DBC00CR0 23
#
ARF_CR
63
RW
DBC01DR0 24
#
CMP_CR0
64
#
DBC01DR1 25
W
ASY_CR
65
#
DBC01DR2 26
RW
CMP_CR1
66
RW
DBC01CR0 27
#
67
RW
DCC02DR0 28
#
ADC0_CR
68
#
DCC02DR1 29
W
ADC1_CR
69
#
DCC02DR2 2A
RW
SADC_DH
6A
RW
DCC02CR0 2B
#
SADC_DL
6B
RW
DCC03DR0 2C
#
TMP_DR0
6C
RW
DCC03DR1 2D
W
TMP_DR1
6D
RW
DCC03DR2 2E
RW
TMP_DR2
6E
RW
DCC03CR0 2F
#
TMP_DR3
6F
RW
DBC10DR0 30
#
70
RW
DBC10DR1 31
W
71
RW
DBC10DR2 32
RW
ACB00CR1*
72*
RW
DBC10CR0 33
#
ACB00CR2*
73*
RW
DBC11DR0 34
#
74
RW
DBC11DR1 35
W
75
RW
DBC11DR2 36
RW
ACB01CR1*
76*
RW
DBC11CR0 37
#
ACB01CR2*
77*
RW
DCC12DR0 38
#
78
RW
DCC12DR1 39
W
79
RW
DCC12DR2 3A
RW
7A
RW
DCC12CR0 3B
#
7B
RW
DCC13DR0 3C
#
7C
RW
DCC13DR1 3D
W
7D
RW
陰 と な っ てい る フ ィ ール ド は予約 さ れている ため、 ア ク セ ス し てはな り ません。
名称
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ア ド レス
(0、 16 進 )
ASC10CR0*
80*
81
82
83
ASD11CR0*
84*
85
86
87
88
89
8A
8B
8C
8D
8E
8F
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
9A
9B
9C
9D
9E
9F
A0
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
A8
A9
AA
AB
AC
AD
AE
AF
RDI0RI
B0
RDI0SYN
B1
RDI0IS
B2
RDI0LT0
B3
RDI0LT1
B4
RDI0RO0
B5
RDI0RO1
B6
RDI0DSM
B7
RDI1RI
B8
RDI1SYN
B9
RDI1IS
BA
RDI1LT0
BB
RDI1LT1
BC
RDI1RO0
BD
# ア ク セスはビ ッ ト 固有です。
名称
ア ド レス
(0、 16 進 )
RW
C0
RW
C1
RW
C2
RW
C3
RW
C4
RW
C5
RW
C6
RW
C7
RW
PWMVREF0
C8
RW
PWMVREF1
C9
RW
IDAC_MODE
CA
RW
PWM_SRC
CB
RW
TS_CR0
CC
RW
TS_CMPH
CD
RW
TS_CMPL
CE
RW
TS_CR1
CF
RW
CUR PP
D0
RW
STK_PP
D1
RW
PRV PP
D2
RW
IDX_PP
D3
RW
MVR_PP
D4
RW
MVW_PP
D5
RW
I2C0_CFG
D6
RW
I2C0_SCR
D7
RW
I2C0_DR
D8
RW
I2C0_MSCR
D9
RW
INT_CLR0
DA
RW
INT_CLR1
DB
RW
INT_CLR2
DC
RW
INT_CLR3
DD
RW
INT_MSK3
DE
RW
INT_MSK2
DF
INT_MSK0
E0
INT_MSK1
E1
INT_VC
E2
RES_WDT
E3
DEC_DH
E4
DEC_DL
E5
DEC _CR0*
E6
DEC_CR1*
E7
W
MUL0_X
E8
W
MUL0_Y
E9
R
MUL0_DH
EA
R
MUL0_DL
EB
RW
ACC0_DR1
EC
RW
ACC0_DR0
ED
RW
ACC0_DR3
EE
RW
ACC0_DR2
EF
RW
CPU A
F0
RW
CPU_T1
F1
RW
CPU_T2
F2
RW
CPU_X
F3
RW
CPU PCL
F4
RW
CPU_PCH
F5
RW
CPU_SP
F6
RW
CPU_F
F7
RW
CPU_TST0
F8
RW
CPU_TST1
F9
RW
CPU_TST2
FA
RW
CPU TST3
FB
RW
DAC1_D
FC
RW
DAC0_D
FD
* は異な る意味を持 っ ています。
ア ク セス
名称
ア ク セス
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
#
#
RW
#
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
#
RW
#
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RC
W
RW
RW
RW
RW
W
W
R
R
RW
RW
RW
RW
#
#
#
#
#
#
#
I
RW
RW
RW
#
RW
RW
ページ 11/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
表 5. レ ジ ス タ マ ッ プ バン ク 0 テーブル : ユーザー空間 ( 続き )
アクセ
ア ク セス
ア ド レス
ア ド レス
名称
名称
(0、 16 進 )
(0、 16 進 )
ス
DCC13DR2 3E
RW
7E
RW
RDI1RO1
DCC13CR0 3F
#
7F
RW
RDI1DSM
陰 と な っ てい る フ ィ ール ド は予約 さ れている ため、 ア ク セ ス し てはな り ません。 # ア ク セスはビ ッ
名称
ア ド レス
(0、 16 進 )
BE
BF
ト 固有です。
ア ド レス
(0、 16 進 )
RW
CPU_SCR1
FE
RW
CPU_SCR0
FF
* は異な る意味を持 っ ています。
ア ク セス
名称
ア ク セス
#
#
表 6. レ ジ ス タ マ ッ プ バン ク 1 テーブル : コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン空間
DBC00FN
DBC00IN
DBC00OU
DBC00CR1
DBC01FN
DBC01IN
DBC01OU
DBC01CR1
DCC02FN
DCC02IN
DCC02OU
ア ド レス
(1、 16 進 )
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0A
0B
0C
0D
0E
0F
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
1A
1B
1C
1D
1E
1F
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
2A
DBC02CR1
2B
名前
PRT0DM0
PRT0DM1
PRT0IC0
PRT0IC1
PRT1DM0
PRT1DM1
PRT1IC0
PRT1IC1
PRT2DM0
PRT2DM1
PRT2IC0
PRT2IC1
PRT3DM0
PRT3DM1
PRT3IC0
PRT3IC1
PRT4DM0
PRT4DM1
PRT4IC0
PRT4IC1
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
ア ド レス
(1、 16 進 )
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
4A
4B
4C
4D
4E
4F
CMP0CR1
50
CMP0CR2
51
52
VDAC50CR0
53
CMP1CR1
54
CMP1CR2
55
56
VDAC51CR0
57
CSCMPCR0
58
CSCMPGOEN 59
CSLUTCR0
5A
CMPCOLMUX 5B
CMPPWMCR 5C
CMPFLTCR
5D
CMPCLK1
5E
CMPCLK0
5F
CLK_CR0
60
CLK_CR1
61
ABF_CR0
62
AMD_CR0
63
CMP_GO_EN 64
CMP_GO_EN1 65
AMD_CR1
66
ALT_CR0
67
ALT_CR1
68
CLK_CR2
69
6A
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
#
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
CLK_CR3
RW
ア ク セス
名前
6B
ア ク セス
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
DCC03FN
2C
RW
TMP_DR0
6C
RW
DCC03IN
2D
RW
TMP_DR1
6D
RW
DCC03OU
2E
RW
TMP_DR2
6E
RW
DBC03CR1
2F
RW
TMP_DR3
6F
RW
DBC10FN
30
RW
70
RW
DBC10IN
31
RW
71
RW
DBC10OU
32
RW
ACB00CR1*
72
RW
DBC10CR1
33
RW
ACB00CR2*
73
RW
DBC11FN
34
RW
74
RW
DBC11IN
35
RW
75
RW
DBC11OU
36
RW
ACB01CR1*
76*
RW
陰 と な っ てい る フ ィ ール ド は予約 さ れている ため、 ア ク セ ス し てはな り ません。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ア ド レス
(1、 16 進 )
ASC10CR0*
80*
81
82
83
ASD11CR0*
84*
85
86
87
88
89
8A
8B
8C
8D
8E
8F
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
9A
9B
9C
9D
9E
9F
GDI_O_IN_CR A0
GDI_E_IN_CR A1
GDI_O_OU_CR A2
GDI_E_OU_CR A3
RTC_H
A4
RTC_M
A5
RTC_S
A6
RTC_CR
A7
SADC_CR0
A8
SADC_CR1
A9
SADC_CR2
AA
SADAB
C_CR3TRIM
SADC_CR4
AC
I2C0_AD
AD
AE
AF
RDI0RI
B0
RDI0SYN
B1
RDI0IS
B2
RDI0LT0
B3
RDI0LT1
B4
RDI0RO0
B5
RDI0RO1
B6
# ア ク セスはビ ッ ト 固有です。
名前
ア ク セス
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
MUX_CR0
MUX_CR1
MUX_CR2
MUX_CR3
DAC_CR1#
OSC_GO_EN
OSC_CR4
OSC_CR3
OSC_CR0
OSC_CR1
OSC_CR2
VLT_CR
VLT_CMP
ADC0_TR*
ADC1_TR*
V2BG_TR
IMO_TR
ILO_TR
BDG_TR
ア ド レス
(1、 16 進 )
C0
C1
C2
C3
C4
C5
C6
C7
C8
C9
CA
CB
CC
CD
CE
CF
D0
D1
D2
D3
D4
D5
D6
D7
D8
D9
DA
DB
DC
DD
DE
DF
E0
E1
E2
E3
E4
E5
E6
E7
E8
E9
EA
ECO_TR
EB
名前
GDI_O_IN
GDI_E_IN
GDI_O_OU
GDI_E_OU
RW
MUX_CR4
EC
RW
MUX_CR5
ED
RW
MUX_CR6
EE
RW
MUX_CR7
EF
RW
CPU A
F0
RW
CPU_T1
F1
RW
CPU_T2
F2
RW
CPU_X
F3
RW
CPU_PCL
F4
RW
CPU_PCH
F5
RW
CPU_SP
F6
* は異な る意味を持 っ ています。
ア ク セス
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
#
RW
RW
RW
#
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
RW
R
RW
RW
RW
W
W
RW
W
RW
RW
RW
RW
#
#
#
#
#
#
#
ページ 12/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
表 6. レ ジ ス タ マ ッ プ バン ク 1 テーブル : コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン空間 ( 続き )
ア ド レス
ア ド レス
名前
名前
ア ク セス
(1、 16 進 ) ア ク セ ス
(1、 16 進 )
DBC11CR1
37
RW
ACB01CR2*
77*
RW
DCC12FN
38
RW
78
RW
DCC12IN
39
RW
79
RW
DCC12OU
3A
RW
7A
RW
DBC12CR1
3B
RW
7B
RW
DCC13FN
3C
RW
7C
RW
DCC13IN
3D
RW
7D
RW
DCC13OU
3E
RW
7E
RW
DBC13CR1
3F
RW
7F
RW
陰 と な っ てい る フ ィ ール ド は予約 さ れている ため、 ア ク セ ス し てはな り ません。
ア ド レス
名前
(1、 16 進 )
RDI0DSM
B7
RDI1RI
B8
RDI1SYN
B9
RDI1IS
BA
RDI1LT0
BB
RDI1LT1
BC
RDI1RO0
BD
RDI1RO1
BE
RDI1DSM
BF
# ア ク セスはビ ッ ト 固有です。
ア ド レス
ア ク セス
名前
(1、 16 進 )
RW
CPU_F
F7
RW
FLS_PR0
F8
RW
FLS TR
F9
RW
FLS_PR1
FA
RW
FB
RW
FAC_CR0
FC
RW
DAC_CR0#
FD
RW
CPU_SCR1
FE
RW
CPU_SCR0
FF
* は異な る意味を持 っ ています。
ア ク セス
I
RW
W
RW
SW
RW
#
#
電気的仕様
本節では、 こ の PSoC デバ イ ス フ ァ ミ リ の DC お よ び AC 電気的仕様につい て説明 し ま す。 最新の電気的仕様につい ては、
http://www.cypress.com にア ク セス し 、 最新のデー タ シー ト を確認 し て く だ さ い。
特記 さ れていない限 り 、 仕様は –40°C  TA  85°C および TJ  100°C で有効です。 12MHz よ り 高い周波数で動作するデバイ スの
仕様は –40°C  TA  70°C および TJ  82°C で有効です。
図 5. 電圧 と 動作周波数の関係
5.25
Vdd Voltage
lid n g
Va rati n
e io
Op Reg
4.75
3.00
93 kHz
12 MHz
24 MHz
CPU Frequency
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 13/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
絶対最大定格
最大定格を超え る と 、 デバイ スの寿命が短 く な る可能性があ り ます。 ユーザー ガ イ ド ラ イ ンはテ ス ト さ れていません。
表 7. 絶対最大定格
記号
TSTG
説明
保管温度
TBAKETEMP ベーキン グ温度
Min
Typ
Max
単位
–55
–
+100
°C
–
125
°C
パ ッ ケージの
ラ ベルを ご参
照 く ださい
–40
–
パ ッ ケージの
ラ ベルを ご参
照 く ださい
72
時間
–
+85
°C
–0.5
–
+6.0
V
TBAKETIME
ベーキン グ時間
TA
通電時の周囲温度
Vdd
Vss を基準に し た Vdd の電源電圧
VIO
DC 入力電圧
Vss - 0.5
–
Vdd + 0.5
V
VIOz
ト ラ イ ス テー ト ピ ンへの印加 DC 電圧
Vss - 0.5
–
Vdd + 0.5
V
IMIO
ポー ト ピ ンへの最大電流
–25
–
+50
mA
ESD
静電放電電圧
2000
–
–
V
LU
ラ ッ チア ッ プ電流
–
–
200
mA
注
保管温度が高 く な る と 、
デー タ 保持期間が短 く な る
人体モデルでの ESD
動作温度
表 8. 動作温度
記号
説明
Min
Typ
Max
単位
TA
周囲温度
–40
–
+85
°C
TJ
接合部温度
–40
–
+100
°C
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
注
周囲温度に対する接合部
の温度上昇はパ ッ ケージ
によ り 異な る。28 ページ
の表 30 を ご参照 く だ さ
い。 こ の要件を満たす よ
う に、 消費電力を制限す
る必要がある
ページ 14/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
DC 電気的特性
チ ッ プ レ ベルの DC 仕様
表 9 に、 次の電圧 と 温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C  TA  85°C、 または
3.0V ~ 3.6V および –40°C  TA  85°C。 特記 さ れていない限 り 、 Typ パラ メ ー タ ーは 25°C で 5V および 3.3V の時に適用 さ れ、 単
に設計の参考用の情報です。
表 9. チ ッ プ レ ベルの DC 仕様
記号
Min
Typ
Max
単位
電源電圧
3.0
–
5.25
V
電源電流
–
7
12
mA
条件 : Vdd = 5.0V、
25°C、 CPU = 3MHz、 48MHz = デ ィ ス
エーブル VC1 = 1.5MHz
VC2 = 93.75kHz
VC3 = 93.75kHz
IDD3
電源電流
–
4
7
mA
条件 : Vdd = 3.3V
TA = 25 °C、 CPU = 3MHz
48MHz = デ ィ ス エーブル
VC1 = 1.5MHz、 VC2 = 93.75kHz
VC3 = 93.75kHz
ISB
POR、 LVD、 ス リ ープ タ イ マー、 WDT の
ス リ ープ ( モー ド ) 電流 [8]
–
3
6.5
A
条件 : 内部低速発振器有 り 、 Vdd = 3.3V
–40°C<= TA <= 55°C
ISBH
高温での POR、 LVD、 ス リ ープ タ イ マー、
WDT のス リ ープ ( モー ド ) 電流 [8]
–
4
25
A
条件 : 内部低速発振器有 り 、 Vdd = 3.3V
55°C < TA <= 85°C
ISBXTL
POR、 LVD、 ス リ ープ タ イ マー、 WDT お
よび外部水晶発信子のス リ ープ ( モー ド )
電流 [8]
–
4
7.5
A
条件 : 適切にロー ド さ れた、 最大
1W、 32.768kHz の水晶
Vdd = 3.3V、 –40°C<= TA <= 55°C
–
5
26
A
条件 : 適切にロー ド さ れた、 最大 1W、
32.768kHz の水晶
Vdd = 3.3V、 55°C< TA <= 85°C
1.275
1.3
1.325
V
適切な Vdd 設定で ト リ ム
Vdd
IDD
説明
ISBXTLH 高温での POR、 LVD、 ス リ ープ タ イ マー、
WDT および外部水晶のス リ ープ ( モー ド )
電流 [8]
VREF
リ フ ァ レ ン ス電圧 ( バン ド ギ ャ ッ プ )
注
19 ページの表 17 を ご参照 く だ さ い
注:
8. ス タ ンバイ電流は信頼性のあ る シ ス テム動作に必要なすべての機能 (POR、 LVD、 WDT、 ス リ ープ時間 ) を備え ています。 こ れは、 同 じ 機能が有効 さ れたデバイ
ス と 比較する必要があ り ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 15/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
GPIO の DC 仕様
表 10 に、 次の電圧 と 温度範囲で保証 さ れてい る Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C  TA  85°C、 または
3.0V ~ 3.6V および –40°C  TA  85°C。 特記 さ れていない限 り 、 Typ パラ メ ー タ ーは 25°C で 5V および 3.3V の時に適用 さ れ、 単
に設計の参考用の情報です。
表 10. GPIO の DC 仕様 [9]
Min
Typ
Max
単位
RPU
記号
プルア ッ プ抵抗
説明
4
5.6
8
k
注
RPD
プルダウン抵抗
4
5.6
8
k
VOH
出力 HIGH レ ベル
Vdd – 1.0
–
–
V
IOH = 10mA、 Vdd = 4.75 ~ 5.25V ( 合計
で 8 つの負荷があ り 、 その内、 4 つは偶
数ポー ト ピ ン ( 例えば、 P0[2]、 P1[4]) に
あ り 、 4 つは奇数ポー ト ピ ン ( 例えば、
P0[3]、P1[5]) にある )。 IOH バジ ェ ッ ト の
最大合成値は 80mA
VOL
出力 LOW レ ベル
–
–
0.75
V
IOL = 25mA、 Vdd = 4.75 ~ 5.25V ( 合計
で 8 つの負荷があ り 、 その内、 4 つは偶
数ポー ト ピ ン ( 例えば、 P0[2]、 P1[4]) に
あ り 、 4 つは奇数ポー ト ピ ン ( 例えば、
P0[3]、 P1[5]) にある )。 IOL バジ ェ ッ ト の
最大合成値は 150mA
IOH
HIGH レ ベル ソ ース電流
10
–
–
mA
VOH = Vdd – 1.0V ; VOH の注に記載 さ れ
ている総電流の制限を ご参照 く だ さ い
IOL
LOW レ ベル シ ン ク電流
25
–
–
mA
VOL = 0.75V ; VOL の注に記載 さ れてい
る総電流の制限を ご参照 く だ さ い
VIL
入力 LOW レ ベル
–
–
0.8
V
Vdd = 3.0V ~ 5.25V
VIH
入力 HIGH レ ベル
2.1
–
V
Vdd = 3.0V ~ 5.25V
VH
入力 ヒ ス テ リ シ ス
–
60
–
mV
IIL
入力 リ ー ク 電流 ( 絶対値 )
–
1
–
nA
総 リ ー ク電流 1A 以下
CIN
入力 と し て使用 さ れる ピ ンの容量負荷
–
3.5
10
pF
パ ッ ケージ と ピ ンによ っ て異な る。
温度 = 25°C
COUT
出力 と し て使用 さ れる ピ ンの容量負荷
–
3.5
10
pF
パ ッ ケージ と ピ ンによ っ て異な る。
温度 = 25°C
注:
9. GPIO の DC 仕様は XRES ピ ン に も 適用 さ れます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 16/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
オペア ン プの DC 仕様
下表に、 次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは 3.0V ~ 3.6V および –40°C  TA  85°C。 Typ パラ メ ー タ ーは 25°C で 5V お よび 3.3V の時に適用 さ れ、 単に設計の参考用の
情報です。
表 11. 5V のオペア ン プの DC 仕様
記号
Min
Typ
Max
単位
入力オ フ セ ッ ト 電圧 ( 絶対値 )
–
2.5
15
mV
TCVOSOA 平均入力オ フ セ ッ ト 電圧 ド リ フ ト
IEBOA[10] 入力 リ ー ク電流 ( ポー ト 0 アナログ ピ ン )
CINOA
入力容量 ( ポー ト 0 アナログ ピ ン )
–
10
–
V/°C
–
200
–
pA
総 リ ー ク 電流 1A 以下
–
4.5
9.5
pF
パ ッ ケージ と ピ ンによ っ て異な る。
温度 = 25°C
0.0
–
Vdd - 1
V
Min
Typ
Max
単位
入力オ フ セ ッ ト 電圧 ( 絶対値 )
–
2.5
15
mV
TCVOSOA 平均入力オ フ セ ッ ト 電圧 ド リ フ ト
IEBOA[10] 入力 リ ー ク電流 ( ポー ト 0 アナログ ピ ン )
CINOA
入力容量 ( ポー ト 0 アナログ ピ ン )
–
10
–
V/°C
–
200
–
pA
総 リ ー ク 電流 1A 以下
–
4.5
9.5
pF
パ ッ ケージ と ピ ンによ っ て異な る。
温度 = 25°C
0
–
Vdd - 1
V
VOSOA
VCMOA
説明
同相電圧範囲
注
表 12. 3.3V のオペア ン プの DC 仕様
記号
VOSOA
VCMOA
説明
同相電圧範囲
注
IDAC の DC 仕様
下表に、 車載 A グレー ド および E グ レー ド デバイ スで保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます。 特記 さ れていない限 り 、 表
のすべての仕様は次の電圧および温度範囲の A グ レー ド デバイ スに適用 さ れます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C ~ 85°C、 または
3.0V ~ 3.6V および –40°C ~ 85°C。 特記 さ れていない限 り 、 表のすべての仕様は次の電圧および温度範囲の E グ レー ド デバイ ス
に も適用 さ れます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C ~ 85°C。 特記 さ れていない限 り 、 Typ パラ メ ー タ ーは 25°C で 5V および 3.3V の
時に適用 さ れ、 単に設計の参考用の情報です。
表 13. IDAC の DC 仕様
記号
Min
Typ
Max
単位
–
75.4
218
nA/ ビ ッ ト
IDAC ゲ イ ンは 1x 電流ゲ イ ン
–
335
693
nA/ ビ ッ ト
IDAC ゲ イ ンは 4x 電流ゲ イ ン
–
1160
2410
nA/ ビ ッ ト
IDAC ゲ イ ンは 16x 電流ゲ イ ン
–
2340
5700
無
–
–
nA/ ビ ッ ト
–
IDAC ゲ イ ンは 32x 電流ゲ イ ン
単調増加性
IDACGAIN_VAR –40°C ~ 85°C の温度範囲
における IDAC ゲ イ ン変動
–
3.22
–
nA
1x 電流ゲ イ ン
–
18.1
–
nA
4x 電流ゲ イ ン
–
59.9
–
nA
16x 電流ゲ イ ン
–
120
–
nA
32x 電流ゲ イ ン
–
19.2
–
µA
1x 電流ゲ イ ン
–
85.4
–
µA
4x 電流ゲ イ ン
–
295
–
µA
16x 電流ゲ イ ン
–
596
–
µA
32x 電流ゲ イ ン
IDACGAIN
IIDAC
説明
IDAC ゲ イ ン
(0xFF) の最大 コ ー ド での
IDAC 電流
注
(0x10) のス テ ッ プ間隔で IDAC ゲ イ ン
は非単調性
注:
10. 一般的な動作: ポー ト 0 ピ ン 0のIEBOA は25°Cで 1nA未満で、 温度の全範囲にわた り 50nA です。 200nAの最小の リ ー ク でポー ト 0、 ピ ン 1~7 を使用 し ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 17/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
低消費電力 コ ンパレー タ の DC 仕様
表 14 に、 次の電圧および温度範囲で保証 さ れてい る Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは3.0V~3.6Vおよび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 14. 低消費電力 コ ンパレー タ の DC 仕様
説明
Min
Typ
Max
単位
VREFLPC
記号
低消費電力 コ ンパレー タ (LPC) リ フ ァ レ ン ス
電圧範囲
0.2
–
Vdd – 1
V
VOSLPC
LPC 電圧オ フ セ ッ ト
–
2.5
30
mV
注
SAR10 ADC の DC 仕様
表 15 に、 次の電圧お よび温度範囲で保証 さ れてい る Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは3.0V~3.6Vお よび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 15. SAR10 ADC の DC 仕様
説明
Min
Typ
Max
単位
注
Vadcvref
記号
ADC リ フ ァ レ ン ス電圧 と し て設定 さ れた
場合のピ ン P2[5] における リ フ ァ レ ン ス
電圧
3.0
–
5.25
V
VREF が ADC 内部でバ ッ フ ァ リ ング
さ れてい る場合は、 P2[5] におけ る
電圧レ ベル (ADC リ フ ァ レ ン ス電圧
と し て設定 さ れている場合 ) を、 常
に Vdd ピ ンのチ ッ プ電源電圧レ ベル
よ り も 300mV 以上低い電圧に維持
する必要がある (Vadcvref < Vdd)
Iadcvref
P2[5] が ADC VREF と し て設定 さ れてい る
時の電流
–
–
0.5
mA
内部電圧 リ フ ァ レ ン ス バ ッ フ ァ を
デ ィ スエーブルにする
10 ビ ッ ト 分解能 積分非直線性
での INL
–2.5
–
2.5
LSB
VDD  3.0V と Vref  3.0V の時
–5.0
–
5.0
LSB
VDD < 3.0V または Vref < 3.0V の時
10 ビ ッ ト 分解能 微分非直線性
での DNL
–1.5
–
1.5
LSB
VDD  3.0V と Vref  3.0V の時
–4.0
–
4.0
LSB
VDD < 3.0V または Vref < 3.0V の時
–
–
150
ksps 10 ビ ッ ト 分解能
SPS
[11]
1 秒あた り のサン プル数
注:
11. エ ラ ッ タ : ADC が フ リ ー ラ ン ニ ン グ モー ド で動作する時、一定の入力電圧に対 し て ADC の出力は最大 7 LSB のバ リ エーシ ョ ンがあ り ます。 こ れは、平均法を使用
するか、 または フ リ ー ラ ン ニ ン グ モー ド を デー タ の読み出 し 前に無効に し て、 デー タ の読み出 し 後に有効にする こ と で解決で き ます。 詳細については、 35 ペー
ジの 「エ ラ ッ タ 」 を ご参照 く だ さ い。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 18/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
アナログ マルチ プ レ クサ バスの DC 仕様
表 16 に、 次の電圧および温度範囲で保証 さ れてい る Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは3.0V~3.6Vおよび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 16. アナログ マルチ プ レ クサ バスの DC 仕様
記号
RSW
Rgnd
説明
Min
Typ
Max
単位
共通のアナログ バスに接続 さ れたス イ ッ チの抵抗
–
–
400

GND に対する初期化ス イ ッ チの抵抗
–
–
800

注
Vdd 3.00
POR と LVD の DC 仕様
表 17 に、 次の電圧および温度範囲で保証 さ れてい る Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは3.0V~3.6Vお よび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 17. POR および LVD の DC 仕様
記号
説明
VPPOR1
VPPOR2
PPOR ト リ ッ プの Vdd 値
PORLEV[1:0] = 01b
PORLEV[1:0] = 10b
VLVD2
VLVD3
VLVD4
VLVD5
VLVD6
VLVD7
LVD ト リ ッ プの Vdd 値
VM[2:0] = 010b
VM[2:0] = 011b
VM[2:0] = 100b
VM[2:0] = 101b
VM[2:0] = 110b
VM[2:0] = 111b
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
Min
Typ
Max
単位
注
–
2.82
4.55
2.95
4.70
V
V
起動時に Vdd は 3.0V 以上でな
ければな ら ない。 XRES ピ ンか
ら リ セ ッ ト す る か、 ウ ォ ッ チ
ド ッ グから リ セ ッ ト
2.95
3.06
4.37
4.50
4.62
4.71
3.02
3.13
4.48
4.64
4.73
4.81
3.09
3.20
4.55
4.75
4.83
4.95
V
V
V
V
V
V
ページ 19/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
プ ログ ラ ミ ングの DC 仕様
表 18 に、 次の電圧および温度範囲で保証 さ れてい る Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは3.0V~3.6Vお よび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 18. プ ログ ラ ミ ングの DC 仕様
記号
説明
単位
注
V こ の仕様は、 外部プ ロ グ ラ マ
Min
Typ
Max
プ ログ ラ ミ ングおよび消去時 VDD
4.5
5.0
5.5
VDDLV
検証時の低 VDD
3.0
3.1
3.2
V
こ の仕様は、 外部プ ロ グ ラ マ
ツールの機能要件に適用
VDDHV
検証時の高 VDD
5.1
5.2
5.3
V
こ の仕様は、 外部プ ロ グ ラ マ
ツールの機能要件に適用
VDDIWRITE
フ ラ ッ シ ュ メ モ リ 書き込み動作の電源電圧
3.0
–
5.25
V
内部 フ ラ ッ シ ュ 書き込みを実
行 し てい る時に、 こ の仕様が
こ のデバイ スに適用
IDDP
プ ログ ラ ミ ングまたは検証時の電源電流
–
5
25
mA
VILP
プ ログ ラ ミ ングまたは検証時の入力 LOW 電圧
–
–
0.8
V
VIHP
プ ログ ラ ミ ングまたは検証時の入力 HIGH 電圧
2.2
–
–
V
IILP
プ ログ ラ ミ ングまたは検証中に VILP を P1[0]
または P1[1] に印加する時の入力電流
–
–
IIHP
プ ログ ラ ミ ングまたは検証中に VIHP を P1[0]
または P1[1] に印加する時の入力電流
–
–
VOLV
プ ログ ラ ミ ングまたは検証時の出力 LOW 電圧
–
–
VDDP
ツールの機能要件に適用
プ ログ ラ ミ ングまたは検証時の出力 HIGH 電圧 Vdd - 1.0
50,000
フ ラ ッ シ ュ ENPB フ ラ ッ シ ュ ア ク セス可能回数
( ブ ロ ッ ク あた り )[13]
1,800,000
フ ラ ッ シ ュ ENT フ ラ ッ シ ュ ア ク セス可能回数 ( 合計 )[12]
10
フ ラ ッ シ ュ DR
フ ラ ッ シ ュ デー タ 保持期間
VOHV
mA 内部プルダウン抵抗を駆動
する電流
1.5
mA 内部プルダウン抵抗を駆動
する電流
Vss + 0.75 V
0.2
–
Vdd
V
–
–
–
ブ ロ ッ ク あた り の消去/書き
込みの回数
–
–
–
消去/書き込み回数
–
–
年
I2C の DC 仕様
表 19 に、 次の電圧および温度範囲で保証 さ れてい る Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは3.0V~3.6Vおよび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 19. I2C の DC 仕様
パラ メ ー タ
VILI2C[14]
Min
Typ
Max
入力 LOW レ ベル
説明
–
–
0.3 × VDD
単位
V
注
3.0V  VDD 3.6V
–
–
0.25 × VDD
V
4.75V  VDD 5.25V
VIHI2C[14]
入力 HIGH レ ベル
0.7 × VDD
–
–
V
3.0V VDD 5.25 V
注:
12. 最大 36 x 50,000 のブ ロ ッ ク ア ク セス可能回数 ( サイ ク ル ) が許可 さ れます。 それぞれ最大 50,000 サイ ク ルの 36x1 ブ ロ ッ ク 、 それぞれ最大 25,000 サイ ク ルの 36x2 ブ ロ ッ
ク 、 ま たはそれぞれ最大 12,500 サイ ク ルの 36x4 ブ ロ ッ ク に対する操作を比較検討する こ と がで き ます ( 合計サイ ク ル数は 36x50,000 に制限 さ れ、 どのブ ロ ッ ク も 50,000
サイ クルを超え る こ と はあ り ません )。
産業用 フ ル レ ン ジの場合、 ユーザーは温度セ ンサー ユーザー モ ジ ュ ール (FlashTemp) を使用 し 、 書き込みの前に結果を温度引数に入力する必要があ り ます。 詳細について
は、 http://www.cypress.com のア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト セ ク シ ョ ンか ら 、 フ ラ ッ シ ュ API のア プ リ ケーシ ョ ン ノ ー ト AN2015 を ご参照 く だ さ い。
13. ブ ロ ッ ク あた り の 50,000 サイ ク ル フ ラ ッ シ ュ ア ク セス可能回数は、 フ ラ ッ シ ュが 1 つの電圧範囲内で動作 し ている場合にのみ保証 さ れます。 電圧範囲は、 3.0V ~ 3.6V お
よび 4.75V ~ 5.25V です。
14. すべての GPIO は、 GPIO の DC 仕様セ ク シ ョ ンに記載 さ れてい る GPIO VIL および VIH の DC 仕様を満た し ます。 I2C GPIO ピ ン も 上記の仕様を満た し ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 20/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
AC 電気的特性
チ ッ プ レ ベルの AC 仕様
下表に、 次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25 V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは3.0V~3.6Vおよび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 20. 5V および 3.3V のチ ッ プ レ ベルの AC 仕様
記号
説明
Min
Min (%) Typ
Max
Max (%) 単位
注
FIMO24 [15]
24 MHz での内部主発振器周波数
22.8
–
24
25.2 [16、 17、 18]
–
FIMO6
6 MHz での内部主発振器周波数
5.5
8
6
6.5 [16、 17、 18]
8
FCPU1
CPU 周波数 (5V 公称 )
0.089
–
24
24.6 [16、 17]
–
FCPU2
FBLK5
CPU 周波数 (3.3V 公称 )
デジ タ ル PSoC ブ ロ ッ ク 周波数
0
(5V 公称 )
デジ タ ル PSoC ブ ロ ッ ク 周波数
(3.3V 公称 )
内部低速発振器周波数
内部低速発振器の非 ト リ ム時周波
数
0.089
0
–
–
12
48
12.3 [17、 18]
49.2 [16、 17、 19]
–
–
MHz 工場出荷時の ト リ ム値 を 使用 し て、
5V または 3.3V 動作向けに ト リ ミ ン
グ。13 ページの図 5 を ご参照 く だ さ
い。 SLIMO モー ド = 0 < 85
MHz 工場出荷時の ト リ ム値 を 使用 し て、
5V または 3.3V 動作向けに ト リ ミ ン
グ。13 ページの図 5 を ご参照 く だ さ
い。 SLIMO モー ド = 0 < 85
MHz SLIMO モー ド = 0 の時、 24MHz の
値のみがある
MHz SLIMO モー ド = 0
MHz 23 ページの表 24 を ご参照 く だ さ い
0
–
24
24.6 [17、 19]
–
MHz
15
5
–
–
32
–
85
100
–
–
kHz
kHz
FBLK33
F32K1
F32KU
CPU が動作を開始する ま で、 ILO は
工場出荷時の ト リ ム値で調整 さ れな
い。テ ク ニ カル リ フ ァ レ ン ス マニ ュ
アルのシ ス テ ム リ セ ッ ト の節 を ご
参照 く だ さ い
こ の仕様はデバイ スの完全な リ セ ッ
ト を達成するのに必要な最小パルス
幅に言及。 パルス幅が こ の値よ り 短
い場合、 チ ッ プの動作は未定義にな
る可能性があ る
TXRES
外部 リ セ ッ ト パルス幅
10
–
–
–
–
µs
DC24M
DCILO
FMAX
24MHz デ ュ ーテ ィ 比
内部低速発振器デ ュ ーテ ィ 比
ロ ウ入力またはロウ出力上の信号
の最大周波数
電源電圧スルー レー ト
POR の終了か ら CPU コ ー ド 実行
ま での時間
24MHz IMO サイ ク ル間ジ ッ タ
(RMS)
40
20
–
–
–
–
50
50
–
60
80
12.3
–
–
–
%
%
MHz
–
–
–
–
–
–
250
100
–
–
V/ms 電源投入時の Vdd スルー レー ト
ms
–
–
200
700
–
ps
24MHz IMO 長期 N サイ クル間ジ ッ
タ (RMS)
24MHz IMO 周期ジ ッ タ (RMS)
24MHz IMO サイ ク ル間ジ ッ タ
(RMS)
–
–
300
900
–
ps
–
–
–
–
100
200
400
800
–
–
ps
ps
24MHz IMO 長期 N サイ クル間ジ ッ
タ (RMS)
24MHz IMO 周期ジ ッ タ (RMS)
–
–
300
1200
–
ps
–
–
100
700
–
ps
SRPOWERUP
TPOWERUP
tjit_IMO[20]
tjit_PLL [20]
N = 32
N = 32
注:
15. エ ラ ッ タ : デバイ スが 0°C ~ 70°C の温度範囲内で動作する時、周波数の許容誤差は ±2.5% に低下 さ れますが、極度の温度 (0°C よ り 低い温度や 70°C よ り 高い温度 )
で動作する時、 周波数の誤差は ±2.5% ~ ±5% です。 詳細については、 35 ページの 「エ ラ ッ タ 」 を ご参照 く だ さ い。
16. 4.75V < Vdd < 5.25V の場合にのみ有効です。
17. Vdd 範囲で適切に ト リ ム さ れた内部主発振器か ら 派生 し た精度です。
18. 3.0V < Vdd < 3.6V。
19. ユーザー モ ジ ュ ールの最大周波数については、 個々のユーザー モ ジ ュ ールのデー タ シー ト を ご参照 く だ さ い。
20. 詳細については、 サイ プ レ スのジ ッ タ 仕様 「Understanding Datasheet Jitter Specifications for Cypress Timing Products」 を ご参照 く だ さ い。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 21/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
GPIO の AC 仕様
表 21 に、次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25 V および –40°C  TA  85°C、ま
たは3.0V~3.6Vおよび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 21. 5V および 3.3V での GPIO の AC 仕様
Min
Typ
Max
単位
FGPIO
記号
GPIO 動作周波数
説明
0
–
12
MHz
注
TRiseF
立ち上が り 時間、 通常ス ト ロ ング モー ド 、
Cload = 50pF
3
–
18
ns
Vdd = 4.5V ~ 5.25V、 10% ~ 90%
TFallF
立ち下が り 時間、 通常ス ト ロ ング モー ド 、
Cload = 50pF
2
–
18
ns
Vdd = 4.5V ~ 5.25V、 10% ~ 90%
TRiseS
立ち上が り 時間、 低速ス ト ロ ング モー ド 、
Cload = 50pF
7
27
–
ns
Vdd = 3V ~ 5.25V、 10% ~ 90%
TFallS
立ち下が り 時間、 低速ス ト ロ ング モー ド 、
Cload = 50pF
7
22
–
ns
Vdd = 3V ~ 5.25V、 10% ~ 90%
通常ス ト ロ ング モー ド
図 6. GPIO タ イ ミ ング図
90%
GPIO
Pin
Output
Voltage
10%
TRiseF
TRiseS
TFallF
TFallS
オペア ン プの AC 仕様
表 22 に、次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25 V および –40°C  TA  85°C、ま
たは3.0V~3.6Vおよび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 22. オペア ン プの AC 仕様
記号
TCOMP
説明
Min
Typ
コ ンパレー タ モー ド の応答時間、50mV
Max
単位
100
ns
注
Vdd  3.0V
低消費電力 コ ンパレー タ の AC 仕様
表 23 に、次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25 V および –40°C  TA  85°C、ま
たは 3.0V ~ 3.6V および –40°C  TA  85°C。 Typ パラ メ ー タ ーは 25°C で 5V の時に適用 さ れ、 単に設計の参考用の情報です。
表 23. 低消費電力 コ ンパレー タ の DC 仕様
記号
TRLPC
説明
LPC 応答時間
Min
Typ
Max
単位
注
–
–
50
s
 50mV を超え る と 、VREFLPC 内で設定 さ れ
た コ ンパ レ ー タ リ フ ァ レ ン スはオーバ ド ラ
イ ブ状態にな る
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 22/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
デジ タ ル ブ ロ ッ クの AC 仕様
下表に、 次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25 V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは3.0V~3.6Vお よび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 24. デジ タ ル ブ ロ ッ クの AC 仕様
機能
すべての機能
タ イ マー
カ ウン タ ー
デ ッ ド バン ド
説明
ブ ロ ッ ク入力 ク ロ ッ ク周波数
Vdd  4.75V
Vdd < 4.75V
入力 ク ロ ッ ク周波数
キ ャ プ チ ャ な し 、 Vdd  4.75V
キ ャ プ チ ャ な し 、 Vdd < 4.75V
キャ プチ ャあ り
キ ャ プ チ ャ パルス幅
入力 ク ロ ッ ク周波数
イ ネーブル入力な し 、 Vdd  4.75V
イ ネーブル入力な し 、 Vdd < 4.75V
イ ネーブル入力あ り
イ ネーブル入力パルス幅
キル パルス幅
非同期 リ ス タ ー ト モー ド
同期 リ ス タ ー ト モー ド
デ ィ セーブル モー ド
入力 ク ロ ッ ク周波数
Vdd  4.75V
Vdd < 4.75V
Min
Typ
Max
単位
注
–
–
–
–
50.4[21]
25.2[21]
MHz
MHz
–
–
–
50[22]
–
–
–
–
50.4[21]
25.2[21]
25.2[21]
–
MHz
MHz
MHz
ns
–
–
–
50[22]
–
–
–
–
50.4[21]
25.2[21]
25.2[21]
–
MHz
MHz
MHz
ns
20
50[22]
50[22]
–
–
–
–
–
–
ns
ns
ns
–
–
–
–
50.4[21]
25.2[21]
MHz
MHz
–
–
–
50.4[21]
25.2[21]
25.2[21]
MHz
MHz
MHz
MHz SPI シ リ アル ク ロ ッ ク (SCLK) 周波
数は入力ク ロ ッ ク周波数を 2 で割っ
た値に等 し く な る
MHz 入力ク ロ ッ クは、SPIS モー ド の SPI
SCLK
CRCPRS
(PRS モー ド )
入力 ク ロ ッ ク周波数
Vdd  4.75V
Vdd < 4.75V
CRCPRS
(CRC モー ド )
SPIM
入力 ク ロ ッ ク周波数
–
–
–
入力 ク ロ ッ ク周波数
–
–
8.4[21]
SPIS
入力 ク ロ ッ ク (SCLK) 周波数
–
–
4.2[21]
50[22]
–
–
–
–
–
–
–
–
50.4[21]
25.2[21]
25.2[21]
ボーレー ト は、入力ク ロ ッ ク周波数
MHz を 8 で割っ た値に等 し く な る
MHz
MHz
–
–
–
–
–
–
50.4[21]
25.2[21]
25.2[21]
ボーレー ト は、入力ク ロ ッ ク周波数
MHz を 8 で割っ た値に等 し く な る
MHz
MHz
送信間の SS_ ネゲー ト の幅
ト ラ ン ス ミ ッ タ 入力 ク ロ ッ ク周波数
Vdd  4.75V、 2 ス ト ッ プ ビ ッ ト
Vdd  4.75V、 1 ス ト ッ プ ビ ッ ト
Vdd < 4.75V
レ シーバ
入力 ク ロ ッ ク周波数
Vdd  4.75V、 2 ス ト ッ プ ビ ッ ト
Vdd  4.75V、 1 ス ト ッ プ ビ ッ ト
Vdd < 4.75V
ns
注:
21. VDD 範囲で適切に ト リ ム さ れた IMO に よ る精度です。
22. 50ns の最小入力パルス幅は、 24MHz (42ns 公称期間 ) で動作 し ている入力シ ン ク ロ ナ イザに基づいています。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 23/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
外部ク ロ ッ クの AC 仕様
下表に、 次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25 V および –40°C  TA  85°C、 ま
たは3.0V~3.6Vおよび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 25. 5V での外部 ク ロ ッ クの AC 仕様
Min
Typ
Max
単位
FOSCEXT
記号
周波数
説明
0.093
–
24.6
MHz
–
HIGH 期間
20.6
–
5300
ns
–
LOW 期間
20.6
–
–
ns
–
電源投入か ら切 り 替えま での時間
150
–
–
s
注
表 26. 3.3V での外部 ク ロ ッ クの AC 仕様
Min
Typ
Max
単位
FOSCEXT
記号
1 によ る分周の CPU ク ロ ッ クの周波数
説明
0.093
–
12.3
FOSCEXT
2 以上によ る分周の CPU ク ロ ッ クの周波数
0.186
–
24.6
–
1 によ る分周の CPU ク ロ ッ ク での HIGH 周期
41.7
–
5300
MHz 最大 CPU 周波数は 3.3V で
12MHz。 CPU ク ロ ッ ク 分周器
が 1 にセ ッ ト さ れる と 、外部ク
ロ ッ ク は最大周波数 と デ ュ ー
テ ィ サ イ ク ルの要件 を満たす
必要がある
MHz 外 部 ク ロ ッ ク の 周 波 数 が
12MHz を超えた場合、 CPU の
ク ロ ッ ク分周器は 2 以上に設定
す る 必 要 が あ る。 こ の 場 合、
CPU ク ロ ッ ク 分周器は、 50%
のデ ュ ー テ ィ サ イ ク ルの要件
が満た さ れる こ と を保証
ns
注
–
1 によ る分周の CPU ク ロ ッ ク での LOW 周期
41.7
–
–
ns
–
電源投入か ら切 り 替えま での時間
150
–
–
s
SAR10 ADC の AC 仕様
表 27 に、次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25 V および –40°C  TA  85°C、ま
たは3.0V~3.6Vお よび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vおよび3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 27. SAR10 ADC の AC 仕様
Min
Typ
Max
単位
Freq3
記号
入力 ク ロ ッ ク周波数 3V
説明
–
–
2.7
MHz
Freq5
入力 ク ロ ッ ク周波数 5V
–
–
2.7
MHz
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
注
ページ 24/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
プ ログ ラ ミ ングの AC 仕様
表 28 に、次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25 V および –40°C  TA  85°C、ま
たは3.0V~3.6Vお よび–40°C  TA  85°C。Typパラ メ ー タ ーは25°Cで5Vまたは3.3Vの時に適用 さ れ、単に設計の参考用の情報です。
表 28. プ ログ ラ ミ ングの AC 仕様
Min
Typ
Max
単位
TRSCLK
記号
SCLK の立ち上が り 時間
説明
1
–
20
ns
TFSCLK
SCLK の立ち下が り 時間
1
–
20
ns
TSSCLK
デー タ セ ッ ト ア ッ プから SCLK の立ち下が り エ ッ
ジ ま での時間
40
–
–
ns
THSCLK
SCLK の立ち下が り エ ッ ジか ら デー タ 保持ま での
時間
40
–
–
ns
FSCLK
SCLK の周波数
0
–
8
MHz
FSCLK3
SCLK3 の周波数
0
–
6
MHz VDD<3.6V
TERASEB
フ ラ ッ シ ュ消去時間 ( ブ ロ ッ ク )
–
10
–
ms
TWRITE
フ ラ ッ シ ュ ブ ロ ッ ク書き込み時間
–
40
–
ms
TDSCLK
SCLK の立ち下が り エ ッ ジか ら デー タ 出力ま での
遅延
–
–
55
ns
3.6 < Vdd ; 負荷 = 30pF
TDSCLK3
SCLK の立ち下が り エ ッ ジか ら デー タ 出力ま での
遅延
–
–
65
ns
3.0 Vdd 3.6 ; 負荷 = 30pF
TERASEALL
フ ラ ッ シ ュ消去時間 ( バルク )
–
40
–
ns
TPROGRAM_HOT
フ ラ ッ シ ュ ブ ロ ッ ク 消去 + フ ラ ッ シ ュ ブ ロ ッ ク書
き込み時間
–
–
100
ms
TPROGRAM_COLD フ ラ ッ シ ュ ブ ロ ッ ク 消去 + フ ラ ッ シ ュ ブ ロ ッ ク書
き込み時間
–
–
200
ms
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
注
ページ 25/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
I2C の AC 仕様
表 29 に、次の電圧および温度範囲で保証 さ れている Max と Min の仕様を示 し ます : 4.75V ~ 5.25 V および –40°C  TA  85°C、ま
たは 3.0V ~ 3.6V および –40°C  TA  85°C。 Typ パラ メ ー タ ーは 25°C で 5V、 3.3V または 2.7V の時に適用 さ れ、 単に設計の参
考用の情報です。
表 29. Vdd 3.0V 時の I2C の SDA および SCL ピ ンの AC 特性
記号
標準モー ド
Min
Max
説明
FSCLI2C
SCL ク ロ ッ ク 周波数
THDSTAI2C
フ ァ ース ト モー ド
Min
Max
単位
0
100
0
400
kHz
ホール ド 時間 ( 繰 り 返 し ) の START 条件。 こ の時間
が経過 し た後、 最初の ク ロ ッ ク パルスが生成
4.0
–
0.6
–
s
TLOWI2C
SCL ク ロ ッ ク の LOW 期間
4.7
–
1.3
–
s
THIGHI2C
SCL ク ロ ッ ク の HIGH 期間
4.0
–
0.6
–
s
TSUSTAI2C
START 条件が繰 り 返すためのセ ッ ト ア ッ プ時間
4.7
–
0.6
–
s
THDDATI2C
デー タ ホール ド 時間
0
–
0
–
s
–
ns
–
s
TSUDATI2C
デー タ セ ッ ト ア ッ プ時間
250
–
100[23]
TSUSTOI2C
STOP 条件のセ ッ ト ア ッ プ時間
4.0
–
0.6
TBUFI2C
STOP 条件 と START 条件 と の間のバス フ リ ー時間
4.7
–
1.3
–
s
TSPI2C
スパイ クのパルス幅が入力 フ ィ ル タ によ っ て抑制 さ
れる時間
–
–
0
50
ns
注
図 7. フ ァ ース ト モー ド と 標準モー ド の I2C バスの タ イ ミ ングの定義
I2C_SDA
TSUDATI2C
THDSTAI2C
TSPI2C
THDDATI2CTSUSTAI2C
TBUFI2C
I2C_SCL
THIGHI2C TLOWI2C
S
START条件
TSUSTOI2C
Sr
START条件が繰り返す
P
S
STOP条件
注:
23. フ ァ ース ト モー ド I2C バス デバイ スは標準モー ド I2C バス シ ス テムで も 使用で き ますが、 要件 TSUDATI2C 250ns を満た さ なければな り ません。 SCL 信号の
LOW 期間をデバイ スで延ば さ なければ、 この要件を自動的に満たす こ と がで き ます。 SCL 信号の LOW 期間を デバイ ス で延ば し た場合、 SDA ラ イ ン を解放す
る時点よ り trmax + TSUDATI2C=1000+250=1250ns の時間以上前の時点で、 標準モー ド I2C バス仕様に従 っ て次のデー タ ビ ッ ト を SDA ラ イ ン に出力する必要が
あ り ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 26/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
パ ッ ケージ情報
図 8. 28 ピ ン SOIC (0.713 × 0.300 × 0.0932 イ ン チ ) パ ッ ケージ図、 51-85026
51-85026 *H
図 9. 44 ピ ン TQFP (10 × 10 × 1.4mm) A44S パ ッ ケージ図、 51-85064
51-85064 *F
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 27/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
熱イ ン ピーダ ン ス
はんだ リ フ ローの仕様
表 30. パ ッ ケージ別の熱イ ン ピーダ ン ス
表 31 には、 超えてはな ら ないはんだ リ フ ロー温度限界値を表
し ます。
28 ピ ン SOIC
標準 JA [25]
68°C/W
44 ピ ン TQFP
61°C/W
パ ッ ケージ
表 31. はんだ リ フ ローの仕様
パ ッ ケージ
28 ピ ン SOIC
最高ピー ク 温度 (TC) TC–5°C 以上の最大時間
260°C
30 秒
44 ピ ン TQFP
30 秒
260°C
注文情報
下表に、 この PSoC デバイ ス フ ァ ミ リ の主なパ ッ ケージの機能 と 注文 コ ー ド を示 し ます。
アナログ ブ ロ ッ ク
(3 個のブ ロ ッ クのコ ラ ム )
デジ タ ル I/O ピ ン
アナログ入力
アナログ出力
XRES ピ ン
SOIC
SOIC ( テープおよび リ ール )
SOIC
SOIC ( テープおよび リ ール )
TQFP
TQFP ( テープおよび リ ール )
デジ タ ル ブ ロ ッ ク
(4 個のブ ロ ッ クのロー )
ピン
ピン
ピン
ピン
ピン
ピン
温度範囲
28
28
28
28
44
44
注文 コ ー ド
RAM ( バイ ト )
パ ッ ケージ
フ ラ ッ シ ュ (K バイ ト )
表 32. PSoC デバイ ス フ ァ ミ リ の主な機能 と 注文情報
CY8C21345-24SXI
CY8C21345-24SXIT
CY8C22345-24SXI
CY8C22345-24SXIT
CY8C22545-24AXI
CY8C22545-24AXIT
8
8
16
16
16
16
512B
512B
1K
1K
1K
1K
–40°C ~ +85°C
–40°C ~ +85°C
–40°C ~ +85°C
–40°C ~ +85°C
–40°C ~ +85°C
–40°C ~ +85°C
4
4
8
8
8
8
6
6
6
6
6
6
24
24
24
24
38
38
24[24]
24[24]
24[24]
24[24]
38[24]
38[24]
0
0
0
0
0
0
あり
あり
あり
あり
あり
あり
注文 コ ー ド の定義
CY 8 C 2x xxx-SPxx
パ ッ ケージ タ イ プ :
PX = PDIP 鉛フ リ ー
SX = SOIC 鉛フ リ ー
PVX = SSOP 鉛フ リ ー
LFX/LTX = QFN 鉛フ リ ー
AX = TQFP 鉛フ リ ー
熱定格 :
C = 民生用
I = 工業機器向け
E = 拡張
CPU 速度 : 24MHz
製品番号
フ ァ ミ リ コ ー ド : (21、 22)
テ ク ノ ロ ジー コ ー ド : C = CMOS
マーケテ ィ ング コ ー ド : 8=PSoC
会社 ID: CY= サイ プ レ ス
注:
24. 10 の直接入力。
25. TJ = TA+ 消費電力 x JA
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 28/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
略語
表 33 に、 本書で使用する略号を示 し ます。
表 33. 本デー タ シー ト で使用 さ れている略語
略語
説明
略語
AC
alternating current ( 交流電流 )
ADC
analog-to-digital converter ( アナログ デジ タ ル変換器 ) MCU
application programming interface ( ア プ リ ケーシ ョ ン MIPS
プ ロ グ ラ ミ ン グ イ ン タ ー フ ェ ース )
complementary metal oxide semiconductor
PCB
( 相補型金属酸化膜半導体 )
PGA
central processing unit ( 中央演算処理装置 )
API
CMOS
CPU
MAC
説明
multiply-accumulate ( 乗算蓄積 )
microcontroller unit ( マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ ー ユニ ッ ト )
million instructions per second ( 毎秒 100 万の命令 )
printed circuit board ( プ リ ン ト 回路基板 )
programmable gain amplifier
( プ ログ ラ マ ブル ゲ イ ン ア ン プ )
cyclic redundancy check ( 巡回冗長検査 )
CapSense Sigma Delta
(CapSense シグマ デル タ 方式 )
PLL
phase-locked loop ( 位相同期回路 )
POR
power on reset ( パワーオン リ セ ッ ト )
DAC
continuous time ( 連続時間 )
digital-to-analog converter
( デジ タ ル - アナログ変換器 )
PRS
DC
direct current ( 直流 )
DNL
differential nonlinearity ( 微分非直線性 )
CRC
CSD
CT
PPOR precision power on reset ( 高精度パワー オン リ セ ッ ト )
pseudo random sequence ( 疑似乱数列 )
PSoC® Programmable System-on-Chip
( プ ログ ラ マ ブル シ ス テムオ ン チ ッ プ )
PWM pulse width modulator ( パルス幅変調器 )
QFN
external crystal oscillator ( 外部水晶発振器 )
EEPROM electrically erasable programmable read-only memory RTC
( 電気的消去書き込み可能な読み出 し 専用 メ モ リ )
FSK
SAR
frequency-shift keying ( 周波数シ フ ト キー イ ング )
ECO
quad flat no leads ( カ ッ ド フ ラ ッ ト ノ ー リ ー ド )
real time clock ( リ アル タ イ ム ク ロ ッ ク )
successive approximation ( 逐次比較 )
GPIO
general purpose I/O ( 汎用 I/O)
SC
I/O
input/output ( 入力/出力 )
SLIMO slow IMO ( 低速 IMO)
SOIC small-outline integrated circuit ( 小型外形集積回路 )
ICE
in-circuit emulator ( イ ンサーキ ッ ト エ ミ ュ レー タ )
IDE
integrated development environment ( 統合開発環境 ) SPI™
IDAC
current DAC ( 電流 DAC)
ILO
internal LOW speed oscillator ( 内部低速発振器 )
IMO
internal main oscillator ( 内部主発振器 )
switched capacitor ( ス イ ッ チ ド キ ャパシ タ )
serial peripheral interface
( シ リ アル ペ リ フ ェ ラル イ ン タ ー フ ェ ース )
SRAM static random access memory
( ス タ テ ィ ッ ク ラ ン ダム ア ク セス メ モ リ )
SROM supervisory read-only memory
( 監視用読み出 し 専用 メ モ リ )
SSOP shrink small-outline package
( シ ュ リ ン ク スモール アウ ト ラ イ ン パ ッ ケージ )
TQFP thin quad flat pack ( 薄型ク ワ ッ ド フ ラ ッ ト パ ッ ク )
USB universal serial bus ( 汎用 シ リ アル バス )
INL
integral nonlinearity ( 積分非直線性 )
IrDA
infrared data association ( 赤外線デー タ 協会 )
ISSP
in-system serial programming
( イ ン シ ス テム シ リ アル プ ログ ラ ミ ング )
UART
LPC
LOW power comparator ( 低消費電力 コ ンパレー タ )
WDT
watchdog timer ( ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー )
LSB
least-significant bit ( 最下位ビ ッ ト )
XRES
external reset ( 外部 リ セ ッ ト )
LVD
low voltage detect ( 低電圧検出 )
universal asynchronous receiver / transmitter
( 汎用非同期レ シーバ/ ト ラ ン ス ミ ッ タ )
参考資料
CY8C22x45 および CY8C21345 PSoC® Programmable System-on-Chip™ テ ク ニ カル リ フ ァ レ ン スマニ ュ アル (TRM) (001-48461)
設計支援 – PSoC® フ ラ ッ シ ュ読み書き – AN2015 (001-40459)
「 Understanding Datasheet Jitter Specifications for Cypress Timing Products」
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 29/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
本書の表記法
測定単位
表 34 に測定単位を示 し ています。
表 34. 測定単位
記号
kB
C
kHz
k
LSB
測定単位
1024 バイ ト
記号
mV
測定単位
ミ リ ボル ト
摂氏温度
nA
ナ ノ ア ンペア
キロヘルツ
ns
ナノ秒
キロオーム
W
オーム
最下位ビ ッ ト
%
パーセ ン ト
メ ガヘルツ
pF
ピコファラ ッ ド
マ イ ク ロ ア ンペア
ps
ピ コ秒
µs
マ イ ク ロ秒
sps
1 秒あた り のサン プル数
µV
マ イ ク ロボル ト
pA
ピ コ ア ンペア
ボル ト
MHz
µA
mA
ミ リ ア ンペア
V
mm
ミ リ メートル
µW
マイ ク ロワ ッ ト
ms
ミ リ秒
W
ワッ ト
数値の表記
16 進数はすべて大文字で表記 し 、 小文字の 「h」 を付記 し ています ( 例 : 「14h」、 「3Ah」 ) 。 C のコ ーデ ィ ング規則に基づき、 接
頭語 「0x」 を使用 し て 16 進数を表現 し てい る場合 も あ り ます。 2 進数には小文字の 「b」 を付記 し ています ( 例 : 「01010100b」、
「01000011b」 ) 。 「h」 または 「b」 が付いていない数は 10 進数です。
用語集
ア ク テ ィ ブ HIGH
1. アサー ト 状態を論理値 「1」 と する ロ ジ ッ ク 信号です。
2. 2 つの状態の う ち、 高い電圧側を論理値 「1」 状態 と する ロ ジ ッ ク 信号です。
アナログ ブ ロ ッ ク
基本的な プ ログ ラ ム可能なオペア ン プ回路です。こ れらは SC ( ス イ ッ チ ド コ ンデンサ ) および CT ( 連
続時間 ) ブ ロ ッ ク です。 こ れらのブ ロ ッ クは相互接続 し て、 ADC、 DAC、 多極フ ィ ル タ 、 ゲ イ ン ス テー
ジ な ど を提供する こ と がで き ます。
アナログ - デジ タ ル変換
器 (ADC)
アナロ グ信号を対応する振幅のデジ タ ル信号に変更するデバイ スです。 一般的に、 ADC は電圧をデジ
タ ル数値に変換 し ます。 デジ タ ルーアナログ変換器 (DAC) は ADC の逆の動作を行います。
API ( ア プ リ ケーシ ョ ン
コ ン ピ ュ ー タ ア プ リ ケーシ ョ ン と 低レ ベルのサービ ス と 機能間のイ ン タ ー フ ェ ース ( 例えば、ユーザー
プ ログ ラ ミ ング イ ン タ ー モ ジ ュ ール、 ラ イ ブ ラ リ ) を構成する一連のソ フ ト ウ ェ ア ルーチ ン です。 API は、 ソ フ ト ウ ェ ア ア プ
フ ェ ース )
リ ケーシ ョ ン を作成する プ ログ ラ マ向けのビルデ ィ ング ブ ロ ッ ク と し て機能 し ます。
非同期
どの ク ロ ッ ク 信号に も 関係な く 動作 し 、 認識 さ れるデー タ の信号です。
バン ド ギ ャ ッ プ リ フ ァ レ ( 理想的に ) VT の正の温度係数に VBE の負の温度係数を一致 さ せ、 ゼロ温度係数 リ フ ァ レ ン ス を生成
ンス
する、 安定 し た参照電圧の設計です。
帯域幅
1. ヘルツ を単位 と し て計測 さ れる メ ッ セージ または情報処理シ ス テムの周波数範囲です。
2. ア ン プ ( または減衰器 ) に実質的なゲ イ ン ( またはロ ス ) がある スペ ク ト ル領域の幅です。 こ れは
時々よ り 具体的に、 例えば、 最大値の 1/2 にな る点の幅 と し て表 し ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 30/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
用語集 ( 続き )
バイ ア ス
1. リ フ ァ レ ン ス値から の意図的な偏差の値です。
2. リ フ ァ レ ン ス値から 逸脱する一連の値の平均値での総和です。
3. デバイ ス を動作 さ せる レ フ ァ レ ン ス レ ベルを確立する ために、 デバイ スに適用 さ れる電気的、 機械
的、 磁気的、 または他の力 ( フ ィ ール ド ) です。
ブロ ッ ク
1. 発振器な どの単一機能を実行する機能単位です。
2. デジ タ ル PSoC ブ ロ ッ クやアナログ PSoC ブ ロ ッ ク のよ う に、 い く つかの機能のいずれかを実行す
る ために設定する こ と がで き る機能単位です。
バッ フ ァ
1. 1 つのデバイ スか ら他のデバイ スへデー タ を転送する際に、速度差を補 う ために使用 さ れるデー タ 用
のス ト レ ージ領域です。 通常、 そ こ へデー タ が読み込まれる、 ま たはそ こ か ら デー タ が書き込まれ
る、 IO 操作のために予約 さ れた領域を指 し ます。
2. 多 く の場合、 デー タ が外部デバ イ スに送信 さ れるか、 ま たは外部デバ イ スか ら 受信 さ れる前に、 そ
のデー タ を格納する ために と っ ておかれる メ モ リ 部分です。
3. シ ス テムの出力イ ン ピーダ ン ス を下げる ために使用 さ れる ア ン プ です。
バス
1. ネ ッ ト の名前付き接続です。 バス で一緒にネ ッ ト をバン ド ルする こ と に よ り 、 同様のルーテ ィ ン グ
パ タ ーン を持つネ ッ ト をルーテ ィ ング さ せる こ と が容易 と な り ます。
2. 一般的な機能を実行 し 、 同様のデー タ を運ぶシグナルの集合です。 一般的にベ ク ト ル表記で表 さ れ
ます。 例えば、 ア ド レ ス [7:0] です。
3. 関連するデバイ スのグループの共通接続 と し て機能する 1 つまたは複数の導体です。
クロッ ク
一定の周波数およびデ ュ ーテ ィ 比で周期信号を生成するデバイ スです。 ク ロ ッ ク は時々異な る ロ ジ ッ ク
ブ ロ ッ ク を同期する ために使用 さ れます。
コ ンパレー タ
2 つの入力レ ベルが同時に所定の振幅要件を満たすたびに、 出力電圧または電流を生成する電子回路で
す。
コ ンパイ ラ
C のよ う な高レ ベルの言語を機械言語に翻訳する プ ログ ラ ムです。
コ ン フ ィ ギ ュ レーシ ョ ン
空間
PSoC デバイ スでは、 CPU_F レ ジス タ で XIO ビ ッ ト が 「1」 にセ ッ ト さ れている際にア ク セス さ れる レ
ジ ス タ 空間です。
水晶発振器
周波数が圧電効果を も つ水晶に よ っ て制御 さ れる発振器です。 一般的に、 圧電性水晶は他の回路 コ ン
ポーネ ン ト よ り 周囲温度に敏感ではあ り ません。
巡回冗長検査回路 (CRC) 一般的に線形フ ィ ー ド バ ッ ク シ フ ト レ ジ ス タ を使用 し て行われるデー タ 通信で、 エ ラ ーを検出する た
めに使用 さ れる計算です。 同様の計算はデー タ 圧縮な ど他の さ ま ざ ま な目的に使用で き ます。
デー タ バス
メ モ リ 位置から 中央演算処理装置へ、 またはその逆で、 情報を伝え る ために コ ン ピ ュ ー タ によ っ て使用
さ れる一式の双方向信号です。 よ り 一般的には、 デジ タ ル機能間でデー タ を伝え る ために使用 さ れる信
号一式です。
デバ ッ ガ
ユーザーが開発中のシ ス テムの動作を分析する こ と を可能にするハー ド ウ ェ アお よび ソ フ ト ウ ェ ア シ
ス テムです。 通常、 デバ ッ ガによ り 、 開発者はフ ァ ームウ ェ ア を一段階ずつ手順を追っ て実行する、 ブ
レー ク ポ イ ン ト を設定する、 および メ モ リ を分析する こ と がで き ます。
デ ッ ド バン ド
2 つまたは複数の信号のいずれも ア ク テ ィ ブ状態や遷移中でない期間です。
デジ タ ル ブ ロ ッ ク
カ ウン タ ー、 タ イ マー、 シ リ アル レ シーバ、 シ リ アル ト ラ ン ス ミ ッ タ 、 CRC ジ ェ ネ レー タ 、 擬似乱数
ジ ェ ネ レー タ 、 または SPI と し て機能する こ と がで き る 8 ビ ッ ト のロ ジ ッ ク ブ ロ ッ ク です。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 31/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
用語集 ( 続き )
デジ タ ル - アナログ変換
器 (DAC)
デ ジ タ ル信号 を 対応す る 振幅のア ナ ロ グ信号に変更す る デバ イ ス です。 ア ナ ロ グ - デ ジ タ ル変換器
(ADC) は DAC の逆の動作を行います。
デ ュ ーテ ィ 比
HIGH 時間 と LOW 時間のク ロ ッ ク 周期の関係です。 パーセ ン ト で表 さ れます。
エ ミ ュ レー タ
第 2 のシ ス テムが第 1 のシス テムのよ う に動作する よ う に、 1 つのシ ス テムの機能を別のシ ス テムに複
製 し ます ( エ ミ ュ レーシ ョ ン を提供 し ます ) 。
外部 リ セ ッ ト (XRES)
PSoC デバイ スに駆動 さ れる ア ク テ ィ ブ HIGH 信号です。 こ れは、 CPU およびブ ロ ッ ク のすべての動
作を停止 さ せて、 事前定義 さ れた状態に戻 さ せます。
フ ラ ッシュ
EPROM のプ ログ ラ ミ ング可能性およびデー タ ス ト レージ、および イ ン シ ス テム消去性をユーザーに提
供する、 電気的にプ ログ ラ ム及び消去可能な不揮発性の技術です。 不揮発性は電源がオ フ にな っ ている
時にデー タ が保持 さ れる こ と を意味 し ます。
フ ラ ッ シュ ブロ ッ ク
一度にプ ログ ラ ムで き る フ ラ ッ シ ュ ROM の最小容量、 および保護で き る最小領域です。 1 つのフ ラ ッ
シ ュ ブ ロ ッ クは 64 バイ ト を保持 し ます。
周波数
周期関数の単位時間当た り のサイ ク ルまたはイ ベン ト 数です。
ゲイ ン
それぞれ入力電流、 電圧、 または電力 と 出力電流、 電圧、 または電力 と の比率です。 ゲ イ ンは通常 dB
で表 さ れます。
I2C
Philips Semiconductors 社 ( 現 NXP Semiconductors 社 ) の 2 線式シ リ アル コ ン ピ ュ ー タ バスです。I2C
は内部統合回路です。組み込みシ ス テムの低速周辺機器を接続する ために使用 さ れます。オ リ ジナル シ
ス テムはバ ッ テ リ 制御イ ン タ ー フ ェ ース と し て 1980 年代初頭に作成 さ れま し た。 その後制御電子回路
を ビル ド する ための単純な内部バス シ ス テム と し て使用 さ れます。I2C は 2 つの双方向のピ ン ( ク ロ ッ
ク およびデー タ ) のみを使用 し ます。 双方 と も +5V で動作 し 、 抵抗で HIGH にプルア ッ プ さ れます。 バ
スは標準モー ド で毎秒 100 キロ ビ ッ ト 、 フ ァ ース ト モー ド で毎秒 400 キロ ビ ッ ト で動作 し ます。
ICE
ユーザーがソ フ ト ウ ェ ア環境 (PSoC Designer) でデバ ッ グ装置の活動を見ながら、ハー ド ウ ェ ア環境で
プ ロ ジ ェ ク ト を テ ス ト する こ と を可能にする イ ンサーキ ッ ト エ ミ ュ レー タ です。
入力/出力 (I/O)
シ ス テムへデー タ を導入 し た り 、 シ ス テムから デー タ を抽出するデバイ スです。
割 り 込み
コ ン ピ ュ ー タ プ ロ グ ラ ムの実行な ど、 そのプ ロ セスの外部のイ ベ ン ト に よ っ て引き起 こ さ れる、 プ ロ
セス を再開する こ と がで き る よ う な方法で行っ たプ ロ セスの一時停止です。
割 り 込みサービ ス ルーチ M8C がハー ド ウ ェ ア割 り 込みを受信 し た時に通常の コ ー ド の実行から転向 さ せら れる コ ー ド のブ ロ ッ
ン (ISR)
ク です。 多 く の割 り 込みソ ースは、 それぞれ独自の優先順位および個別の ISR コ ー ド ブ ロ ッ ク で存在
し ている可能性があ り ます。 各 ISR コ ー ド ブ ロ ッ ク は、 RETI 命令で終了 し 、 通常のプ ログ ラ ム実行を
離れたポ イ ン ト にデバイ ス を リ タ ーン し ます。
ジッ タ
1. 理想的な位置から の移行の タ イ ミ ング誤配置です。 シ リ アル デー タ ス ト リ ームで発生する破損の典
型的 フ ォ ームです。
2. 連続パルス間の間隔、 連続サイ クルの振幅、 または連続サイ ク ルの周波数あるいはフ ェ ーズな ど、 1
つまたは複数の信号特性の急激および不要な変動です。
低電圧検出 (LVD)
Vdd を感知 し 、 Vdd が選択 さ れた閾値を下回る と シ ス テムへの割 り 込みを生成する回路です。
M8C
8 ビ ッ ト ハーバー ド アーキテ ク チ ャ マ イ ク ロ プ ロ セ ッ サです。 マ イ ク ロ プ ロ セ ッ サは、 フ ラ ッ シ ュ、
SRAM およびレ ジ ス タ 空間へイ ン タ ー フ ェ ースで接続する こ と で PSoC の内部のすべての動作を調整
し ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 32/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
用語集 ( 続き )
マス タ ー デバイ ス
2 つのデバイ ス間のデー タ 交換の タ イ ミ ングを制御するデバイ スです。 または、 デバイ スがカ スケー ド
接続 さ れてい る場合、 マ ス タ ー デバイ スは、 カ スケー ド 接続 さ れたデバイ ス と 外部イ ン タ ー フ ェ ース
間のデー タ 交換の タ イ ミ ン グ を制御する も のです。 制御 さ れるデバイ スはス レ ーブ デバイ ス と 呼ばれ
ます。
マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ ー
主に制御シ ス テムおよび製品のために設計 さ れた集積回路チ ッ プ です。マ イ ク ロ コ ン ト ロー ラ ーはCPU
以外、 通常、 メ モ リ 、 タ イ ミ ング回路、 および IO 回路を内蔵 し ています。 こ の理由は、 最小量のチ ッ
プ を使用 し て コ ン ト ロー ラ ーの実現を可能にする ためです。 こ のよ う に し て、 最大の可能性の小型化を
達成 し ます。 こ れに よ り 、 コ ン ト ロ ー ラ ーのボ リ ュ ームお よ び コ ス ト を削減 し ます。 マ イ ク ロ コ ン ト
ロー ラ ーは通常、 マ イ ク ロ プ ロ セ ッ サの演算処理のよ う な汎用演算処理には使用 さ れません。
混合信号
アナログ と デジ タ ルの技術および コ ンポーネ ン ト の両方を含む回路への リ フ ァ レ ン スです。
変調器
キ ャ リ ア上の信号を課すデバイ スです。
ノ イズ
1. 信号に影響を与え る、 およびその信号によ っ て運ばれた情報を歪める可能性がある妨害です。
2. 電圧、 電流、 またはデー タ な ど、 実体の 1 つまたは複数の特性のラ ン ダムなばら つ き です。
発振器
ク ロ ッ ク 周波数を生成する ために使用 さ れる回路です。 水晶制御のも のも あ り ます。
パリ テ ィ
送信デー タ を テ ス ト する テ ク ニ ッ ク です。 通常 、 2 進桁がデー タ に追加 さ れて、 この 2 進デー タ のすべ
ての桁数の合計が常に偶数 ( 偶数パ リ テ ィ ) または常に奇数 ( 奇数パ リ テ ィ ) と な り ます。
フ ェ ーズロ ッ ク ループ
(PLL)
リ フ ァ レ ン ス信号に対 し て一定の位相角を維持する よ う に発振器を制御する電子回路です。
ピ ン配置
ピ ン番号割 り 当て : PSoC デバイ スの論理入力お よび出力 と それらのプ リ ン ト 回路基板 (PCB) パ ッ ケー
ジ内の物理的な カ ウン タ ーパー ト と の関係です。 ピ ン配置は回路図 と PCB 設計 ( 両方 と も コ ン ピ ュ ー
タ 生成フ ァ イル ) 間の リ ン ク と し てのピ ン番号を含み、 ピ ン名も 含む場合があ り ます。
ポー ト
ピ ンのグループ です。 通常 8 個あ り ます。
パワーオン リ セ ッ ト
(POR)
電圧が事前設定レ ベル以下の際、 PSoC デバ イ ス を強制的に リ セ ッ ト さ せる回路です。 こ れはハー ド
ウ ェ ア リ セ ッ ト の一種です。
PSoC®
Cypress Semiconductor 社の PSoC® は登録商標で、 Programmable System-on-Chip™ はサイ プ レ スの
商標です。
PSoC Designer™
サイ プ レ スの Programmable System-on-Chip 技術のソ フ ト ウ ェ ア です。
パルス幅変調器 (PWM)
適用 さ れた測定量の関数 と し て変動するデ ュ ーテ ィ 比のかた ち での出力です。
RAM
ラ ン ダム ア ク セス メ モ リ (random access memory) の頭字語です。 デー タ を読み出す こ と がで き、 新
し いデー タ を書き込む こ と がで き るデー タ ス ト レージ デバイ スです。
レジス タ
ビ ッ ト やバイ ト な ど、 特定の容量を持つス ト レージ デバイ スです。
リセッ ト
シ ス テムを既知の状態に戻す手段です。 ハー ド ウ ェ ア リ セ ッ ト および ソ フ ト ウ ェ ア リ セ ッ ト を ご参照
く だ さ い。
ROM
読み出 し 専用 メ モ リ (read only memory) の頭字語です。 デー タ を読み出す こ と はで き るが、新 し いデー
タ を書き込む こ と はで き ないデー タ ス ト レージ デバイ スです。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 33/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
用語集 ( 続き )
シ リ アル
1. すべてのイ ベン ト が相次いで発生する プ ロ セスに関係 し ます。
2. 単一のデバイ ス またはチ ャ ネルにある 2 つまたは複数の関連する ア ク テ ィ ビ テ ィ の逐次的または連
続的発生に係 り ます。
セ ト リ ング時間
入力がある値から 別の値に変更 さ れた後に、 出力信号または値が安定化するのに必要な時間です。
シ フ ト レジス タ
シ リ アル デー タ ス ト リ ームを出力する ために、 左または右にワー ド を連続 し て シ フ ト する メ モ リ ス ト
レージ デバイ スです。
ス レーブ デバイ ス
他のデバイ スに、 2 つのデバイ ス間のデー タ 交換の タ イ ミ ン グを制御 さ せるデバイ スです。 または、 デ
バイ スが幅で カ スケー ド 接続 さ れている場合、 ス レーブ デバイ スは、 他のデバイ スに カ スケー ド 接続
さ れたデバイ ス と 外部イ ン タ ー フ ェ ース間のデー タ 交換の タ イ ミ ング を制御 さ せる も のです。制御する
デバイ スは、 マス タ ー デバイ ス と 呼ばれます。
SRAM
ス タ テ ィ ッ ク ラ ン ダム ア ク セス メ モ リ (static random access memory) の頭字語です。 ユーザーが高
速でデー タ を格納お よび取得する こ と を可能にする メ モ リ 装置です。 「ス タ テ ィ ッ ク」 と い う 用語が使
用 さ れる理由は、 値は、 SRAM セルにロー ド さ れた後に、 明示的に変更 さ れるか、 またはデバイ スの電
源が切 ら れる ま で変わら ないま まのためです。
SROM
監視用読み出 し 専用 メ モ リ (supervisory read only memory) の頭字語です。 SROM は、 デバイ ス を起動
し 、 回路を校正 し 、 フ ラ ッ シ ュ 動作を実行する ために使用 さ れる コ ー ド を保持 し ます。 SROM の機能
は、 フ ラ ッ シ ュ メ モ リ から操作する普通のユーザー コ ー ド で ア ク セスする こ と がで き ます。
スト ップ ビッ ト
受信側のデバ イ スが次の文字ま たはブ ロ ッ ク を受信す るのを準備する文字ま たはブ ロ ッ ク の後に続 く
信号です。
同期
1. ク ロ ッ ク 信号の次のア ク テ ィ ブ エ ッ ジ ま で動作 し た り 、 受け取ら れる こ と のないデー タ を持つ信号
です。
2. 動作がク ロ ッ ク 信号によ っ て同期 さ れる シ ス テムです。
ト ラ イ ス テー ト
出力が 0、 1、 および Z ( ハイ イ ン ピーダ ン ス ) と い う 3 つの状態を採用で き る関数です。 関数は Z の
状態ではどんな値 も 駆動せず、 多 く の点で、 回路の残 り の部分から 切断状態 と し て考え る こ と がで き、
他の出力が同 じ ネ ッ ト を駆動する こ と がで き ます。
UART
UART ま たはユニバーサル非同期レ シーバ ト ラ ン ス ミ ッ タ は、 デー タ のパ ラ レル ビ ッ ト と シ リ アル
ビ ッ ト 間の変換を行います。
ユーザー モ ジ ュ ール
低レ ベルのアナロ グおよびデジ タ ル PSoC ブ ロ ッ ク を管理および設定する、事前構築 さ れたテ ス ト 済み
のハー ド ウ ェ ア/フ ァ ームウ ェ アの周辺機能です。 ユーザー モ ジ ュ ールは周辺機能に高レ ベルの API (
ア プ リ ケーシ ョ ン プ ロ グ ラ ミ ン グ イ ン タ ー フ ェ ース ) も提供 し ます。
ユーザー空間
レ ジ ス タ マ ッ プのバン ク 0 空間です。 このバン クのレ ジ ス タ は、 初期化中にだけではな く 、 通常のプ
ログ ラ ム実行中に も 変更 さ れる可能性が高いです。バン ク 1 のレ ジ ス タ はプ ログ ラ ムの初期化フ ェ ーズ
でのみ変更 さ れる可能性が最も 高いです。
VDD
「電圧 ド レ イ ン」 を意味するパワーネ ッ ト の名前です。最も正の電源供給信号です。通常 5V または 3.3V
です。
VSS
「電圧 ソ ース」 を意味するパワーネ ッ ト の名前です。 最も 負電源供給信号です。
ウ ォ ッ チ ド ッ グ タ イ マー 定期的にサービ ス し な く てはな ら ない タ イ マーです。 サービ ス さ れない場合、 CPU は一定時間経過後
に リ セ ッ ト さ れます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 34/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
エラ ッ タ
本節では、 PSoC デバイ スの CY8C21x45、 CY8C22x45 フ ァ ミ リ のエ ラ ッ タ について説明 し ます。 詳細は、 エ ラ ッ タ の ト リ ガー状
況、 影響の範囲、 可能な回避手段、 シ リ コ ン リ ビ ジ ョ ンの適用可能性を含みます。
何かご質問がご ざいま し た ら、 最寄 り のサイ プ レ スの販売代理店にお問い合わせ く だ さ い。
影響を受ける部品番号
製品番号
デバイ スの特性
CY8C21345
全バ リ ア ン ト
CY8C22345
全バ リ ア ン ト
CY8C22545
全バ リ ア ン ト
CY8C21x45、 CY8C22x45 認定状態
製品の状態 : 量産中
エ ラ ッ タ のま と め
下表は、 この PSoC デバイ ス フ ァ ミ リ に適用可能なエ ラ ッ タ を定義 し ます。
項目
製品番号
シ リ コ ン バージ ョ ン
問題の修正状況
すべての CY8C21x45、
CY8C22x45 デバイ スが影響 さ れる
すべて
シ リ コ ンの修正は計画 さ れてい
ない。 回避方法を使用
2. 極度の温度での内蔵主発振器 (IMO) すべての CY8C21x45、
の許容誤差
CY8C22x45 デバイ スが影響 さ れる
すべて
シ リ コ ンの修正は計画 さ れてい
ない。 回避方法を使用
1. フ リ ー ラ ン ニ ング モー ド でデー タ
を ノ ン ス ト ッ プ で読み出す こ と は
SAR10ADC での疑似 コ ー ド の 7
LSB バ リ エーシ ョ ン を引き起 こ す
1. フ リ ー ラ ン ニ ング モー ド でデー タ を ノ ン ス ト ッ プ で読み出す こ と は SAR10ADC での疑似 コ ー ド の 7 LSB バ リ エーシ ョ ン を引
き起 こ す
■
問題の定義
フ リ ー ラ ン ニ ング モー ド では、 SAR10 ADC のデジ タ ル出力の最大 7 LSB のバ リ エーシ ョ ンが発生する可能性があ り ます。
■
影響を受けるパラ メ ー タ
コ ー ド バ リ エーシ ョ ン こ れは特定のパラ メ ー タ ではあ り ません。
これは、 正確な コ ー ド に加えて、 一定の入力電圧に対 し て、 ADC によ っ て生成 さ れる固有の出力コ ー ド の数 と 定義 さ れています。
例えば、 入力電圧が 2.000V で、 期待 さ れる コ ー ド 190hex で、 ADC が 191hex、 190hex、 および 192hex と い う 3 つの コ ー ド を生
成する場合、 コ ー ド バ リ エーシ ョ ンは 2 LSB です。
■
ト リ ガー条件 (S)
SAR10 ADC はフ リ ー ラ ン ニ ング モー ド で設定 さ れています。 ADC がフ リ ー ラ ン ニ ング モー ド で動作する時、 一定の入力電圧に
対 し て ADC の出力は最大 7 LSB のバ リ エーシ ョ ンがあ り ます。 こ れは、 平均法を使用するか、 またはフ リ ー ラ ン ニ ング モー ド を
デー タ の読み出 し 前に無効に し て、 デー タ の読み出 し 後に有効にする こ と で解決で き ます。
■
影響の範囲
不正確な出力が出る可能性があ り ます。
■
回避方法
以下の回避方法のいずれか、 または両方を使用する こ と で、 こ の問題を防止で き ます。 追加支援のために、 サイ プ レ スの担当者に
連絡 し ます。
❐ 平均法を使用 し ます。 すなわち、 複数のサン プル入力を取得 し て、 デジ タ ル平均化フ ィ ル タ を使用 し ます。
❐ フ リ ー ラ ン ニ ン グ モー ド をデー タ の読み出 し 前に無効に し て、 デー タ の読み出 し 後に有効に し ます。
■
問題の修正状況
シ リ コ ン修正は計画 さ れていません。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 35/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
2. 極度の温度での内蔵主発振器 (IMO) の許容誤差
■
問題の定義
非同期デジ タ ル通信イ ン タ ー フ ェ ースは 0°C ~ 70°C の温度範囲外で動作する時、 エ ラ ー と な る可能性があ り ます。 こ の問題は 0
~ 70°C の温度範囲内での最終製品の使用に影響 し ません。
■
影響を受けるパラ メ ー タ ー
IMO 周波数の許容誤差。 0°C よ り 低い温度、 +70°C よ り 高い温度、 やデー タ シー ト で規定 さ れた高い温度範囲および低い温度範
囲内で動作する時に、 最悪の偏差は ±5% です。
■
ト リ ガー 条件 (S)
0°C ~ +70°C の温度範囲外で動作する時、 非同期 Rx/Tx ク ロ ッ ク ソ ース IMO 周波数の誤差はデー タ シー ト で規定 さ れた ± 2.5%
の制限を超え る可能性があ り ます。
■
影響の範囲
この問題は UART、 IrDA および FSK の実装に影響を与え る可能性があ り ます。
■
回避方法
非同期デジ タ ル通信イ ン タ ー フ ェ ースの少な く と も 一端で水晶安定化ク ロ ッ ク ソ ース を実装 し ます。
■
問題解決状況
この問題の原因 と 解決法が特定 さ れま し た。 シ リ コ ン での欠陥を修正する シ リ コ ン修正は計画 さ れていません。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
ページ 36/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
改訂履歴
文書名 : CY8C21345/CY8C22345/CY8C22545、 PSoC® プ ログ ラ マ ブル シ ス テムオ ン チ ッ プ
文書番号 : 001-94448
版
**
ECN 番号
4536587
変更者
HZEN
発行日
10/15/2014
これは英語版 001-43084 Rev. *T から を翻訳 し た日本語版 001-94448 Rev. ** です。
*A
4928460
HZEN
09/25/2015
これは英語版 001-43084 Rev. *V から を翻訳 し た日本語版 001-94448 Rev. *A です。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
変更内容
ページ 37/38
CY8C21345
CY8C22345
CY8C22545
セールス、 ソ リ ュ ーシ ョ ン、 および法律情報
ワール ド ワ イ ド な販売 と 設計サポー ト
サイ プ レ スは、 事業所、 ソ リ ュ ーシ ョ ン セ ン タ ー、 メ ー カ ー代理店、 お よび販売代理店の世界的なネ ッ ト ワー ク を保持 し ていま
す。 お客様の最寄 り のオ フ ィ スについては、 サイ プ レ スのロ ケーシ ョ ン ページ を ご覧 く だ さ い。
PSoC® ソ リ ュ ーシ ョ ン
製品
車載用
ク ロ ッ ク&バ ッ フ ァ
イ ン タ ー フ ェ ース
照明&電力制御
メモリ
PSoC
タ ッ チ セ ン シ ング
USB コ ン ト ロー ラ ー
ワ イヤレ ス/ RF
cypress.com/go/automotive
cypress.com/go/clocks
cypress.com/go/interface
cypress.com/go/powerpsoc
cypress.com/go/plc
cypress.com/go/memory
cypress.com/go/psoc
psoc.cypress.com/solutions
PSoC 1 | PSoC 3 | PSoC 4 | PSoC 5LP
サイ プ レ ス開発者 コ ミ ュ ニ テ ィ
コ ミ ュ ニ テ ィ | フ ォ ー ラ ム | ブ ログ | ビデオ | ト レーニ ン グ
テ ク ニ カル サポー ト
cypress.com/go/support
cypress.com/go/touch
cypress.com/go/USB
cypress.com/go/wireless
© Cypress Semiconductor Corporation, 2008-2015. 本文書に記載 さ れる情報は、 予告な く 変更 さ れる場合があ り ます。 Cypress Semiconductor Corporation ( サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ) は、 サ
イ プ レ ス製品に組み込まれた回路以外のいかな る回路を使用する こ と に対 し て一切の責任を負いません。 サイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社は、 特許またはその他の権利に基づ く ラ イ セ ン ス を譲渡する
こ と も、 または含意する こ と も あ り ません。 サイ プ レ ス製品は、 サイ プ レ ス と の書面によ る合意に基づ く ものでない限 り 、 医療、 生命維持、 救命、 重要な管理、 または安全の用途のために使用す
る こ と を保証する ものではな く 、 また使用する こ と を意図 し た もので も あ り ません。 さ ら にサイ プ レ スは、 誤動作や故障によ っ て使用者に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維
持シ ス テムの重要な コ ンポーネ ン ト と し てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけるあ ら
ゆる リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
全ての ソ ース コ ー ド ( ソ フ ト ウ ェ アおよび/またはフ ァ ームウ ェ ア ) はサイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社 ( 以下 「サイ プ レ ス」 ) が所有 し 、 全世界の特許権保護 ( 米国およびその他の国 )、 米国の著作
権法な ら びに国際協定の条項によ り 保護 さ れ、 かつそれら に従います。 サ イ プ レ スが本書面によ り ラ イ セ ン シーに付与する ラ イ セ ン スは、 個人的、 非独占的かつ譲渡不能のラ イ セ ン スであ り 、 適
用 さ れる契約で指定 さ れたサイ プ レ ス の集積回路 と 併用 さ れる ラ イ セ ン シーの製品のみをサポー ト する カ ス タ ム ソ フ ト ウ ェ アお よび/またはカ ス タ ム フ ァ ームウ ェ ア を作成する目的に限 っ て、
サイ プ レ スの ソ ース コ ー ド の派生著作物を コ ピー、 使用、 変更そ し て作成する ための ラ イ セ ン ス、 な ら びにサイ プ レ スの ソ ース コ ー ド および派生著作物を コ ンパイルする ための ラ イ セ ン スです。
上記で指定 さ れた場合を除き、 サイ プ レ スの書面によ る明示的な許可な く し て本 ソ ース コ ー ド を複製、 変更、 変換、 コ ンパイル、 または表示する こ と は全て禁止 し ます。
免責条項 : サイ プ レ スは、 明示的または黙示的を問わず、 本資料に関するいかな る種類の保証 も行いません。 こ れには、 商品性または特定目的への適合性の黙示的な保証が含まれますが、 こ れに
限定 さ れません。 サイ プ レ スは、 本文書に記載 さ れる資料に対 し て今後予告な く 変更を加え る権利を留保 し ます。 サイ プ レ スは、 本文書に記載 さ れるいかな る製品または回路を適用または使用 し
た こ と によ っ て生ずるいかな る責任も負いません。 サイ プ レ スは、 誤動作や故障によ っ て使用者に重大な傷害を も た ら す こ と が合理的に予想 さ れる生命維持シ ス テムの重要な コ ンポーネ ン ト と し
てサイ プ レ ス製品を使用する こ と を許可 し ていません。 生命維持シ ス テムの用途にサイ プ レ ス製品を供する こ と は、 製造者がそのよ う な使用におけるあ ら ゆる リ ス ク を負 う こ と を意味 し 、 その結
果サイ プ レ スはあ ら ゆる責任を免除 さ れる こ と を意味 し ます。
ソ フ ト ウ ェ アの使用は、 適用 さ れるサイ プ レ ス ソ フ ト ウ ェ ア ラ イ セ ン ス契約によ っ て制限 さ れ、 かつ制約 さ れる場合があ り ます。
文書番号 : 001-94448 Rev. *A
改訂日 2015 年 09 月 25 日
ページ 38/38
PSoC Designer™ および Programmable System-on-Chip™ はサイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社の商標であ り 、 PSoC® と CapSense® はサイ プ レ ス セ ミ コ ン ダ ク タ 社の登録商標です。
I2C コ ンポーネ ン ト をサイ プ レ ス またはサブ ラ イ セ ン ス を持つ関連業者から購入する と 、 Philips I2C の特許権の下で ラ イ セ ン スが付与 さ れます。 こ のラ イ セ ン スによ り 、 シ ス テムが Philips の指定
する I2C の標準仕様を満たす限 り 、 I2C シス テムで これらの コ ンポーネ ン ト を使用で き ます。 2006 年 10 月 1 日以降、 Philips Semiconductors 社は新社名 NXP Semiconductors を使用 し ています。
本書で言及するすべての製品名および会社名は、 それぞれの所有者の商標である場合があ り ます。
Similar pages
CY8C23433, CY8C23533 PSoC® Programmable System-on-Chip™ Datasheet(Japanese).pdf
PSoC 4 PSoC 4000S Family Datasheet (Japanese).pdf
PSoC 4 PSOC 4100S Family Datasheet (Japanese).pdf
PSoC 4 PSoC 4000 Family Datasheet Programmable System-on-Chip (PSoC) Datasheet (Japanese).pdf
CY8C28xxx PSoC Programmable System-on-Chip Datasheet (Japanese).pdf
CY8C29466, CY8C29566, CY8C29666, CY8C29866 PSoC Programmable System-on-Chip Datasheet (Japanese).pdf
PSoC 4 PSoC 4200M Family Datasheet (Japanese).pdf
PSoC 4 PSoC 4200 Family Datasheet (Japanese).pdf
Automotive PSoC 4 PSoC 4000 Family Datasheet (Japanese).pdf
CY8C21345, CY8C22345, CY8C22545 PSoC Programmable System-on-Chip Datasheet (Chinese).pdf
CY8C20XX6A/S 1.8 V Programmable CapSense® Controller with SmartSense™ Auto-tuning 1-33 Buttons, 0-6 Sliders Datasheet (Japanese).pdf
CY8C29466, CY8C29566, CY8C29666, CY8C29866 PSoC Programmable System-on-Chip Datasheet (Chinese).pdf
CY8C27143, CY8C27243, CY8C27443, CY8C27543, CY8C27643 PSoC Programmable System-on-Chip Datasheet (Chinese).pdf
CY8C24094, CY8C24794, CY8C24894, CY8C24994:PSoC® Programmable System-on-Chip™ Datasheet (Chinese).pdf
CY8CLED0xD01 CY8CLED0xD02 CY8CLED0xG01 PowerPSoC Intelligent LED Driver Datasheet (Japanese).pdf
CY8C20XX6A/S 1.8 V Programmable CapSense Controller with SmartSense Auto-tuning 1-33 Buttons, 0-6 Sliders Datasheet (Chinese).pdf
CY8CLED0xD01 CY8CLED0xD02 CY8CLED0xG01 PowerPSoC Intelligent LED Driver Datasheet (Chinese).pdf
EZ-Color Controller