2014年度上期(2015年3月期 第2四半期)決算説明資料

2014年度上期(2015年3月期
第2四半期)決算説明資料
日本電波工業株式会社
【注意事項】
当プレゼンテーション中、当社の現在の計画、概算、戦略、判断などの記載、また、その他の既に確定した
事実でない記載は、将来の業績についての見通しに関するものです。これらの見通しは、現在入手可能な情報
による当社経営者の判断に基づくものです。実際の業績は、さまざまな重要なリスク要因や不確実な要素に
より、見通しの中で説明されている業績から大きく異なる可能性もあり、これらの見通しに過度に依存され
ないようお願いいたします。また、新たな情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、当社が見通しを
常に見直すとも限りません。リスクや不確実な要素には、為替変動、製品に対する需要変動、開発・生産能力、
関係会社の業績、及びその他のリスクや不確定要素を含みます。
1
2014年度上期決算説明
1.2014年度上期実績と通期予想
2. 成長分野と当社取組み
2
決算サマリー(対前年同期比)
(単位:百万円)
売
上
高
営 業 利 益
税 引 前 利 益
当 期 利 益
当期包括利益
2013年度
2014年度
対前年
上期実績
上期実績
同期比
25,572
24,426
▲ 1,146
312
366
54
198
263
65
173
36
▲ 137
657
936
279
<売上高>
車載・固定通信向けは前年同期を上回りましたが、移動体通信・AV/OA・
光学向けは前年同期を下回り、トータルで減少しました。
<利益>
計画以上の数量を販売しましたが、移動体通信向け発振器の市場縮小・
単価下落、及びデジタルカメラ向け光学製品市場の縮小で、予定していた
利益の達成に至りませんでしたが、関係会社における余剰資産の処分による
売却益の効果もあり、営業利益は微増しました。
3
四半期業績推移
2014/2Q(7-9月)は、1Q(4-6月)比で光学以外の用途の売上高が増加
しました。また、利益は、車載・固定通信・AV/OA向けで増加、移動体通信
向けで赤字縮小、及び関係会社の余剰資産の処分による売却益により黒字転換
しました。
売上高(百万円)
利益(百万円)
13,321
13,075
13,213
12,675
12,840
12,251
12,652
11,989
12,056
11,751
営業利益
税引前利益
676
636
311
470
398
385
400
196
156
65
▲ 37
▲ 149
1Q
2Q
3Q
2012年度
4Q
1Q
2Q
3Q
2013年度
4Q
1Q
2Q
2014年度
1Q
2Q
3Q
2012年度
4Q
1Q
▲ 158
▲ 202
▲ 424 ▲ 482
2Q
3Q
4Q
1Q
2Q
▲ 137
2013年度 ▲ 163 2014年度
▲ 309
▲ 372
4
主要用途別売上高(移動体通信、光学)
移動体通信:2014年度2Qは、中国ローカルメーカー及び大手スマートフォン
メーカー向けを中心に改善しましたが、発振器の減少により
2013年度2Q比では減少
光学
:デジタルカメラ市場縮小の影響を受け、減少傾向
移動体通信
(百万円)
5,000
5,000
その他
振動子
発振器
4,000
4,000
3,000
3,000
2,000
2,000
1,000
1,000
0
0
1Q
2Q
3Q
2012年度
4Q
1Q
2Q
3Q
2013年度
光学
(百万円)
4Q
1Q
2Q
2014年度
1Q
2Q
3Q
2012年度
4Q
1Q
2Q
3Q
2013年度
4Q
1Q
2Q
2014年度
5
主要用途別売上高(車載、固定通信、AV/OA)
車載
:世界的な自動車向け需要増に伴い、堅調に推移
固定通信 :携帯電話基地局(LTE)向けを中心に堅調に推移
AV/OA :Tablet向け等を中心に回復傾向
(百万円)
5,000
固定通信
(百万円)
車載
5,000
5,000
4,000
4,000
4,000
3,000
3,000
3,000
2,000
2,000
2,000
1,000
1,000
1,000
0
0
1Q
2Q
3Q
2012年度
4Q
1Q
2Q
3Q
2013年度
4Q
1Q
2Q
2014年度
AV/OA
(百万円)
0
1Q
2Q
3Q
2012年度
4Q
1Q 2Q 3Q 4Q 1Q
2013年度
2Q
2014年度
1Q
2Q
3Q
2012年度
4Q
1Q
2Q
3Q
2013年度
4Q
1Q
2Q
2014年度
6
キャッシュ・フロー
(単位:百万円)
税引前当期利益
2013年度
2014年度
上期実績
上期実績
198
263
1,912
1,844
▲ 1,045
▲ 1,017
1,065
1,090
▲ 1,230
▲ 1,152
110
230
Ⅱ. 投資活動によるキャッシュ・フロー
▲ 1,120
▲ 922
フリーキャッシュ・フロー
▲ 55
168
借入金の増減額
▲ 108
▲ 4,528
配当金の支払
▲ 196
▲ 195
Ⅲ. 財務活動によるキャッシュ・フロー
▲ 541
▲ 4,724
現金及び現金同等物の増減額
▲ 596
▲ 4,556
11,812
17,727
196
285
11,412
13,456
減価償却費
運転資金の増減等
Ⅰ. 営業活動によるキャッシュ・フロー
有形固定資産の取得
その他
現金及び現金同等物の期首残高
為替変動による影響
現金及び現金同等物の期末残高
2014年度上期キャッシュ・フロ-
フリー
CF
①+②
1,090
営業
CF①
168
投資
CF②
▲ 922
財務
CF
▲ 4,724
7
2014年度上期実績と通期予想
<上期>
不採算の要因であった移動体向けのTCXO、光学製品の収益改善に注力し、
2Qから改善効果が表れ、本業全体として黒字転換しましたが、
予定していた利益の達成には至らず、その他の営業収益により営業利益を
確保しました。
<下期>
不採算事業の改善効果に合わせ、車載、固定通信等を中心に、収益の改善に
取り組みます。
(単位:百万円)
上期
当初予想
売上高
下期
通期
当初予想
実績
24,800
24,426
26,200
51,000
営業利益
370
366
1,130
1,500
税引前利益
270
263
1,030
1,300
当期利益
240
36
960
1,200
8
売上構造の変化
2014年度については、2012年度、2013年度と売上高はほぼ横ばいですが、
不採算製品であったTCXOと光学製品の縮小により、収益改善を図ります。
売上高と構成比
50,623
百万円
50,774
百万円
51,000
百万円
主要製品
73%
13%
82%
88%
光学
TCXO
14%
9%
9%
6%
6%
2012年度
2013年度
2014年度予想
(移動体)
9
TCXO市場への対応
移動体通信向け水晶製品は、スマートフォンの成長により需要は拡大傾向。
しかし、TCXOについては、大幅な価格低下と温度センサ付水晶振動子への
移行が続き需要は縮小。
TCXO戦略:市場に合わせて構造を変革することにより収益確保
生産
生産キャパを縮小
需要が増えている温度センサ付
水晶振動子等に転用し有効活用
販売
ターゲットを絞って販売
中国ローカルスマートフォンの
需要に適正価格で当面は対応
移動体通信以外の用途(車載、
固定通信等)への拡販
収益改善を進めると共に、伸びている市場へ移行
10
光学市場への対応
光学製品市場の縮小に原価改善が追い付かず不採算が続いており、
黒字化が急務。
2012年度
2013年度
2014年度
上期
2014年度
下期
採算悪化要因:
カメラの高画質化で品質水準が高まり歩留りが悪化
設計改善の加速及び生産工程の最適化
デジカメ市場の大幅減産
生産拠点の集約
市場のさらなる縮小
原価改善を進めると共に、不採算製品の
一部撤退を行い、付加価値の高い製品群の
受注に絞り、赤字解消へ
11
設備投資/研究開発費
【設備投資】2014年度の投資は、当初計画通り22億円を予定
【研究開発費】2014年度の開発費は、当初計画通り21億円予定
研究開発費(百万円)
設備投資・減価償却費(百万円)
設備投資
減価償却費
5,699
2,760
3,040
2,686
当初計画50億円
に対し7億円前倒し
3,937
3,247
研究開発費
3,425
3,923
2,631
2,420
5.3%
3,600
2,579
対売上高比率
2,221
5.1%
4.4%
4.4%
2011年度
2012年度
2013年度
4.1%
2,200
上期実績
投資 1,152
償却 1,844
2010年度
2,100
2014年度
予想
上期実績
1,028
2010年度
2011年度
2012年度
2013年度
2014年度
予想
12
2014年度上期決算説明
1. 2014年度上期実績と通期予想
2. 成長分野と当社取組み
13
水晶製品に関連する成長分野
社会環境(通信の進展・国際情勢の変化)
高度な防衛能力と
抑止力が必要に
宇宙・防衛
大容量通信に対応し、
快適につながる通信環境の
整備が急務
基地局・光通信・
公共システム
次世代交通システム
現在の事業分野
固定通信
車載
AV/OA
移動体通信
超音波機器
車両内の厳しい設置環境下で
はさらなる広温度範囲、耐衝
撃、耐振動が求められる
スマートデバイス、M2M
など無線通信(携帯電話
通信、GPS/GNSS、
WiFi)の拡大
医療機器・検査機器・
各種センサ
周波数のControl
はもとより
Selectionもます
ます重要となる
安心安全な生活を
求めたセンシング
ニーズが急増
生活環境(安心・安全・健康・快適)
14
水晶製品に関連する成長分野
社会環境(通信の進展・国際情勢の変化)
高度な防衛能力と
抑止力が必要に
宇宙・防衛
大容量通信に対応し、
快適につながる通信環境の
整備が急務
基地局・光通信・
公共システム
次世代交通システム
現在の事業分野
固定通信
車載
AV/OA
移動体通信
超音波機器
車両内の厳しい設置環境下で
はさらなる広温度範囲、耐衝
撃、耐振動が求められる
スマートデバイス、M2M
など無線通信(携帯電話
通信、GPS/GNSS、
WiFi)の拡大
医療機器・検査機器・
各種センサ
周波数のControl
はもとより
Selectionもます
ます重要となる
安心安全快適な
生活を求めたセンシ
ングニーズが急増
生活環境(安心・安全・健康・快適)
15
基地局・光通信(品揃えの拡充)
通信の高速化・大容量化・不感地対策に伴い、基地局が多様化しており、
これらすべてに対応する高精度発振器の品揃えを拡充
■LTE基地局 ⇒
マスタークロック用/マクロセル用 高精度OCXO
■フェムトセル基地局 ⇒ 小型・低消費電流・広温度範囲 TCXO
マスタークロック用
マクロセル用
フェムトセル用
OCXO
OCXO
小型TCXO
2014年度
新製品
開発中
(詳細 次ページ)
精度
超高精度
±0.03ppb
高精度
±3ppb
±500ppb
温度範囲
-40℃~+85℃
-40℃~+85℃
広温度範囲 -40℃ ~ +105℃
消費電流
320mA(安定時)
364mA(安定時)
低消費電流 6mA
37x28 mm
20x20 mm
小型 7x5mm
サイズ
16
基地局・光通信(新製品)
携帯電話・スマートフォンの基地局は、大きなエリアをカバーするマクロセルタイプの
隙間を埋めるスモールセルタイプ(フェムトセル等)が今後更に増加。
スモールセルで求められる「小型、軽量、低消費電流、広温度範囲」ニーズに対応。
百万台
基地局サイズ別設置台数推移
(ABI Research)
2014年度新製品
【NT7050BB】
フェムトセル基地局用
小型TCXO(7×5mmサイズ)
周波数温度特性:Max.±500ppb
消費電流:Max.6mA
動作上限温度:+85℃⇒+105℃へ
スモールセル基地局の設計はシンプル化されており、
搭載部品は外気温の高低の変化をダイレクトに受ける。
そこで、特に高温環境下で安定した性能を維持する
水晶発振器が求められる。
※Small:フェムト・ピコ・マイクロの合計
17
水晶製品に関連する成長分野
社会環境(通信の進展・国際情勢の変化)
高度な防衛能力と
抑止力が必要に
宇宙・防衛
大容量通信に対応し、
快適につながる通信環境の
整備が急務
基地局・光通信・
公共システム
次世代交通システム
現在の事業分野
固定通信
車載
AV/OA
移動体通信
超音波機器
車両内の厳しい設置環境下で
はさらなる広温度範囲、耐衝
撃、耐振動が求められる
スマートデバイス、M2M
など無線通信(携帯電話
通信、GPS/GNSS、
WiFi)の拡大
医療機器・検査機器・
各種センサ
周波数のControl
はもとより
Selectionもます
ます重要となる
安心安全快適な
生活を求めたセンシ
ングニーズが急増
生活環境(安心・安全・健康・快適)
18
医療機器・各種センサ等
2014年9月開発品
小型・軽量、高精細画像
3Dプローブ
<センシング技術>
1969年~
超音波機器
2004年度~
用途の拡大(腹部用、経腟・経直腸用、
乳腺・甲状腺用、3D画像用)
QCMシステム 水晶物理
(NAPiCOS) センサ
ミリ波ガン
ダイオード バイオセンサ
GM管式
空間線量計
各種センサ
水晶ツインセンサ
<複合化技術>
2004年度~
地上デジタル用
製造ライン・
研究開発計測用
放送事業・公共事業用
シンセサイザ
国内シェア100%
機器、モジュールの事業展開を加速
安心安全快適な生活を求めたセンシングニーズの増加に対応する、
高付加価値ONLY1商品の開発と拡販
高周波化
19
最後に ~持続的成長に向けて~
収益性の確保
2015年度
・高付加価値市場へシフト
・量産系市場への差別化商品投入
2016年度
安定した成長軌道へ
・最高品質の追求
・売上の約半分を高付加価値品に
・成長に向けた新分野への投資
持続的成長の実現
2014年度
2014年度下期は、執行役員制度のもと、
不採算製品における一層の収益改善及び
持続的成長に向けて新市場・新製品に経営資源を集中し、
スピードを上げて取り組んでまいります 。
20
今後ともご支援のほど宜しく
お願い致します。
IRに関する問い合わせ先
日本電波工業株式会社 財務部
Mail: irmaster@ndk.com
21