AFA0000CJ1

温度ヒューズ
温度ヒューズ
EYP Nシリーズ
Fシリーズ
Eシリーズ
Hシリーズ
MPシリーズ
MUシリーズ
特
長
小形・絶縁形 …… 小形・絶縁形で熱応答性が優れています。小さなスペースにも直接取付けることができます。
高信頼性 ………… 経時変化が小さく異常時には動作して復帰しません。
堅牢な構造 ……… 独自のツバ加工リードを使用し,機械的強度が良好で取付けが簡単にできます。(アキシャルリードタイプのみ)
薄 形 …………… 厚み0.8 mm以下(MP シリーズ),スポット溶接対応 (MP, MU シリーズ)
ハロゲンフリー(薄形タイプMP, MUシリーズのみ)…当カタログ記載品番の薄形タイプは,不純物以外
のハロゲンは含有していません。
RoHS指令対応
取得安全規格と File No.
電気用品安全法(日本) :JET認証
UL, C-UL (アメリカ) :E60271
CSA
(カナダ) :1□□□□□□(LR67163)
VDE
(ドイツ) :481106-1171-□□□□
BEAB
(イギリス) :C□□□□
CCC
(中国)
:20020102050042□□
詳細は定格をご参照ください。
主な用途
トランス,ソレノイド,換気扇,扇風機,小型モータ,ヘアードライヤー,電気カミソリ,アダプタ,
ガス機器,蛍光灯,ヒータ使用機器,IC,電池,他の過熱保護用
構
造
図
アキシャルリードタイプ (N, F ,E シリーズ)
塗装部(エポキシ樹脂)
セラミックケース
ラジアルリードタイプ (H シリーズ)
可溶合金
(Pb・Cdフリー)
可溶合金
(Pb・Cdフリー)
特殊樹脂
(フラックス)
特殊樹脂
(フラックス)
セラミックケース
ツバ加工リード線
(錫めっき銅線)
塗装部(エポキシ樹脂)
リード線
(錫めっき銅線)
薄形タイプ (MP, MU シリーズ)
※ 薄形タイプはスポット溶接対応品であり,はんだ付けはできません。
特殊樹脂(フラックス)
絶縁フィルム
可溶合金(Pb・Cdフリー)
端子(Ni)
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
04
Jan. 2015
温度ヒューズ
定
格
N シリーズ
品 番
公称動作
タイプ No. 温度 : Tf ✽1
(°C)
動作
温度 ✽2
(°C)
EYP2BN082
N082
86
82±2
EYP2BN099
N099
102
98−3
EYP2BN109
N109
114
110±3
EYP2BN110
N110
115
110−2
EYP2BN127
N127
134
129±4
EYP2BN134
N134
139
135±3
EYP2BN143
N143
145
141±2
+4
+3
電気定格
AC/
DC
最高使用 最高保持 最高温度
温度 ✽3 温度 : Th✽4 限界 : Tm✽5
Volt. Amp.
(°C)
(°C)
(°C)
(V)
(A)
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
2
3
4
2
3
4
2
3
5
2
3
5
2
3
4
2
3
6
2
3
6
60
52
45
65
60
55
80
76
65
80
76
65
90
75
65
100
85
60
110
105
80
60
56
50
75
70
65
90
86
74
90
86
74
100
90
80
110
100
70
120
115
90
200
200
200
200
200
200
200
安全規格取得
PS
E
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
UL CSA VDE BEAB CCC
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
備考: (1) ロングリードタイプは品番の末尾に“L”が付きます。
(2) 取得安全規格は 2010 年 6 月時点のものです。
安全規格ファイル No.UL:E60271, CSA:1687496(LR67163), VDE:481106-1171-0001, BEAB:C1144, CCC:2011010205464841
F シリーズ
品 番
公称動作
タイプ No. 温度 : Tf ✽1
(°C)
動作
温度 ✽2
(°C)
EYP1BF101
F101
102
EYP1BF115
F115
115
110 –2
EYP1BF134
F134
134
129 –3
EYP1BF138
F138
139
135±3
EYP1BF145
F145
145
141±2
98±3
+3
+4
電気定格
AC/
DC
最高使用 最高保持 最高温度
温度 ✽3 温度 : Th✽4 限界 : Tm✽5
Volt. Amp.
(°C)
(°C)
(°C)
(V)
(A)
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
1
2
3.5
1
2
4
1
2
4
1
2
5
1
2
5
65
60
55
80
76
70
90
85
65
100
90
65
110
110
80
75
70
65
90
90
80
105
100
80
110
105
70
125
125
95
200
200
200
200
200
安全規格取得
PS
E
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
UL
C-UL CSA VDE BEAB CCC
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
備考: (1) ロングリードタイプは品番の末尾に“L”が付きます。
(2) 取得安全規格は 2010 年 6 月時点のものです。
安全規格ファイル No.UL/C-UL:E60271, CSA:1709436(LR67163), VDE:481106-1171-0003, BEAB:C1133, CCC:2011010205464842
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
04
Jan. 2015
温度ヒューズ
定
格
E シリーズ
品 番
公称動作
タイプ No. 温度 : Tf ✽1
(°C)
動作
温度 ✽2
(°C)
EYP05BE101
E101
102
98±3
EYP05BE115
E115
115
110±2
EYP05BE134
E134
134
129 –3
EYP05BE138
E138
139
135±3
EYP05BE145
E145
145
141±2
+4
電気定格
AC/
DC
最高使用 最高保持 最高温度
温度 ✽3 温度 : Th✽4 限界 : Tm✽5
Volt. Amp.
(°C)
(°C)
(°C)
(V)
(A)
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
0.5
1.5
3
0.5
1.5
3
0.5
1.5
3
0.5
1.5
4
0.5
1.5
5
65
60
55
80
76
70
90
85
70
100
95
65
110
105
80
75
70
65
95
93
84
105
100
85
115
110
80
125
125
95
200
200
200
200
200
安全規格取得
PS
E
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
UL
BEAB CCC
C-UL CSA VDE
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
備考: (1) ロングリードタイプは品番の末尾に“L”が付きます。
(2) 取得安全規格は 2010 年 6 月時点のものです。
安全規格ファイル No.UL/C-UL:E60271, CSA:1709439(LR67163), VDE:481106-1171-0002, BEAB:C1139, CCC:2011010205464843
H シリーズ
品 番
公称動作
タイプ No. 温度 : Tf ✽1
(°C)
動作
温度 ✽2
(°C)
EYP2BH101
H101
102
98±3
EYP2BH115
H115
115
110±2
EYP2BH134
H134
134
129 –3
EYP2BH138
H138
139
135±3
EYP2BH145
H145
145
141±2
+4
電気定格
AC/
DC
最高使用 最高保持 最高温度
温度 ✽3 温度 : Th✽4 限界 : Tm✽5
Volt. Amp.
(°C)
(°C)
(°C)
(V)
(A)
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
AC
AC
DC
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
250
125
50
2
3
3.5
2
3
3.5
2
3
3.5
2
3
3.5
2
3
4.5
65
60
55
80
76
74
90
70
65
100
80
75
110
100
85
75
70
65
90
86
84
95
85
80
105
95
90
125
115
100
200
200
200
200
200
安全規格取得
PS
E
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
UL
C-UL CSA VDE BEAB CCC
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
○
—
—
備考: (1) 取得安全規格は 2010 年 6 月時点のものです。
安全規格ファイル No.UL/C-UL:E60271, CSA:1709435(LR67163), VDE:481106-1171-0004, BEAB:C1140, CCC:2011010205464844
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
04
Jan. 2015
温度ヒューズ
定
格
MP シリーズ
品 番
EYP2MP092AFT
EYP2MP098AFT
公称動作
温度 : Tf ✽1
(°C)
92
98
動作
温度 ✽2
(°C)
88
94
電気定格
AC/
DC
Volt.
(V)
Amp.
(A)
DC
DC
32
32
2
2
+3
–4
+3.0
–2.5
最高使用
温度 ✽3
(°C)
最高保持
温度 : Th✽4
(°C)
最高温度
限界 : Tm✽5
(°C)
55
60
60
65
135
135
最高使用
温度 ✽3
(°C)
最高保持
温度 : Th✽4
(°C)
最高温度
限界 : Tm✽5
(°C)
55
55
135
安全規格
取得
UL
○
○
備考: (1) 取得安全規格は 2010 年 6 月時点のものです。
安全規格ファイル No.UL:E60271
MU シリーズ
品 番
EYP4MU092GFD
公称動作
温度 : Tf ✽1
(°C)
動作
温度 ✽2
(°C)
92
+3
–4
89
電気定格
AC/
DC
Volt.
(V)
Amp.
(A)
DC
32
4
安全規格
取得
UL
○
備考: (1) 取得安全規格は 2010 年 6 月時点のものです。
安全規格ファイル No.UL:E60271
✽1 公称動作温度(Tf)
温度ヒューズに検知電流を流し,規定の昇温方法で動作(溶断)する
温度。 動作範囲
電気用品安全法 :± 7 ℃
0
UL, CSA, VDE, BEAB, CCC:‒10 ℃
✽2 動作温度
温度ヒューズに,0.1 A 以下の電流を通電し,1 分間に 1 ℃上昇す
るエアーオーブンの中で動作する温度。
✽3 最高使用温度
温度ヒューズに定格電流を 1000 時間連続通電できる最高温度。
詳しくは納入仕様書に規定します。
✽4 最高保持温度 (Th)
温度ヒューズに定格電流を 168 時間連続通電しても動作しない温度。
✽5 最高温度限界 (Tm)
温度ヒューズに力を加えない状態で,動作した温度ヒューズが損傷し
たり再導通することなく 10 分間耐えられる温度。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
04
Jan. 2015
温度ヒューズ
形状寸法
ラジアルリードタイプ
fd
fD
アキシャルリードタイプ
B
L
fd
fD1
l
L
C
A
l
寸法 (mm)
L
fD
fD1
fd
k
N シリーズ 9.0±1.0 2.5±0.2 3 max. 38±3 (✽78±3) 0.60±0.05
+0.20
F シリーズ 6.0±1.0 1.85 –0.15 2.2 max. 38±3 (✽68±3) 0.53±0.02
E シリーズ 5.0±0.5 1.5±0.1 1.8 max. 38±3 (✽68±3) 0.53±0.02
A
H シリーズ 5.0±0.5
B
4.0±0.5
寸法 (mm)
C
L
2.2±0.3
55±3
fd
0.53±0.02
(✽)ロングリ−ドタイプ(品番末尾に“L”が付きます )
薄形タイプ
EYP2MP□□□AFT
EYP4MU□□□GFD
A
A
E
G
D
N
(H)
(G)
C
J
EYP2MP□□□AFT
EYP4MU□□□GFD
表
B
A
24.5±0.5
26.5±0.5
B
2.7±0.2
4.5±0.4
C
0.64±0.15
1.00±0.15
D
寸法 (mm)
E
2.3±0.2
3.0±0.2
B
(H)
C
J
D
4.2±0.5
10.5±0.5
E
G
7.9±0.5
(8.0)
(H)
(12.4)
(8.0)
J
0.10±0.02
0.15±0.02
N
–
1.8±0.5
示
すくなくとも下記項目を製品に表示する。
・N, F, E, Hシリーズ :タイプNo., デートコード, トレードマーク, <PS>Eマーク,JET,公称動作温度,定格電流
・MP, MUシリーズ :タイプNo., デートコード, トレードマーク
包装方法
品 番
EYP2BN□□□
標準数量
包装形態
2,000 pcs./Box
質 量 (mg/ 個 )
340
EYP2BN□□□L
2,000 pcs./Box
510
EYP1BF□□□
3,000 pcs./Box
220
EYP1BF□□□L
4,000 pcs./Box
330
EYP05BE□□□
4,000 pcs./Box
EYP05BE□□□L
5,000 pcs./Box
320
EYP2BH□□□
1,500 pcs./Box
350
EYP2MP□□□AFT
2,000 pcs./Box
54
EYP4MU□□□GFD
1,000 pcs./Box
130
バルク
210
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
04
Jan. 2015
温度ヒューズ
安全上のご注意
以下の内容は,製品個別の注意事項ですが,本カタログにヒューズの共通注意事項を示しておりますので,その内容も十
分ご確認の上ご検討ください。
設計上の注意事項
1. 温度ヒューズには温度定格,電気定格を規定していますので,それぞれの定格を参照し,その範囲内で設計してご使用
ください。
1) 周囲温度は個別納入仕様書で規定した最高使用温度以下でご使用ください。
最高使用温度以上で連続使用しますと早切れ,遅切れの原因となります。
・動作温度に近い温度で連続使用しますと,使用中に温度ヒューズが動作することがあります。
・最高使用温度以上で長時間連続使用しますと,温度ヒューズが劣化して,機器の異常時に規定温度で動作しないこ
と最あります。
2) 最高保持温度とは定格電流を連続 168 時間通電しても温度ヒューズが動作しない最高温度です。この最高保持温度
では 168 時間を越えて使用できません。
3) 温度ヒューズが動作した後,機器のオーバーシュートは最高限界温度を越えないよう設計してください。
4) 定格電圧又は定格電流以上を通電すると自己発熱が大きくなり早切れの原因となるだけでなく,動作時に大きな
アークが発生し,外観の異常(本体のクラック,ワレ,変形)や絶縁劣化の原因となることがありますので定格
電圧,定格電流以内でご使用ください。
・機器の異常時,定格電圧,定格電流の両方或いはどちらかを越えた状態で温度ヒューズを動作させますと安全に回
路を遮断できないことがありますので,機種ごとに異常時の試験を繰り返し行ない,安全に回路を遮断できるか
どうか貴社にて十分ご確認ください。
5) 過度の温度変化が繰り返される環境(室外など)でご使用された場合,可溶合金が変形し,温度ヒューズが動作す
る場合がありますので,使用環境を調査の上ご使用ください。
6) 過渡的な過負荷が加わる場合は,機種ごとにワースト条件を想定して確認試験を繰り返し行なった上,ご使用の
可否を決めてください。
7) 温度ヒューズは電流ヒューズとして使用することはできません。
2. 温度ヒューズの機能を確実に発揮するためには機器に合った品種を選定することが必要です。選定にあたっては貴社
にて貴社製品の機種ごとに確認試験を行なって決めてください。
1) 機器の通常使用状態では温度ヒューズが動作することなく,機器が異常状態になった時のみ温度ヒューズが動作
するよう貴社の最終製品にて繰り返し確認試験をして決めてください。
2) 温度ヒューズの熱応答性をよくするために,温度ヒューズ本体とリード線 ( 端子線 ) をできるだけ熱源に近づけ,均
一に加熱されるよう取り付け場所を選んでください。
温度ヒューズ本体とリード線 ( 端子線 ) に伝わる温度に大きな差が生じた場合,不完全な動作となり,アークの発生
や絶縁劣化の原因となることがあります。
3. 温度ヒューズを取り付けた後,激しい振動,機械的ストレスが加わらないようにしてください。温度ヒューズの可溶
合金やリード線の断線及び温度ヒューズ本体を破壊させる原因になることがあります。
4. 薄形タイプ(MP, MU シリーズ)においては,以下の点についてご注意ください。
1) 温度ヒューズを機器に取り付けた後,温度ヒューズ本体及び端子ともに動かないように固定してください。
もし,温度ヒューズの本体あるいは端子のどちらか固定されない場合は,取扱い時のストレス及び輸送中の振動,衝撃
により可溶合金や端子の断線及び本体破損の原因になることがあります。
また,温度ヒューズの片側の端子だけを機器に固定した状態で輸送しないでください。輸送中の振動,衝撃により可溶
合金や端子の断線及び本体破損の原因になることがあります。
2) 温度ヒューズの本体と端子はねじれのない状態で直線的に取り付けてください。本体と端子がねじれた状態で使用しま
すと可溶合金や端子の断線の原因にもなります。
また,温度ヒューズを取り付けた後に,温度ヒューズの本体及び端子に引張り,曲げ,押し,ねじれの応力が加わらな
いようにしてください。このような応力が加わりますと可溶合金や端子の断線又は本体破損の原因になります。
5. 温度ヒューズを樹脂で固定する場合は,
温度ヒューズ本体の塗装部及びリード線 ( 端子線 ) を腐食させない樹脂を選んで
ください。また,
温度ヒューズ全体を樹脂で固定する場合は,樹脂の性質 ( 膨張 , 収縮 , 硬化温度等 ) が温度ヒューズに影
響を与えないか,温度ヒューズが正常に動作するか貴社の最終製品にて繰り返し確認試験をして条件を決めてください。
6. 温度ヒューズを取り付けた機器をワニスや溶剤等に浸漬し乾燥等の処理を行う場合は , 使用するワニスや溶剤が温度
ヒューズ本体の塗装部を侵したりクラック等の損傷を与えないか繰り返し確認試験を行ってから決めてください。
7. 温度ヒューズは下記の特殊環境での使用を考慮した設計はしていません。よって,下記の特殊環境では使用しないで
ください。
1)水,油,薬液,有機溶剤等の液体中での使用。
2)直射日光,屋外暴露,塵埃中での使用。
3)結露等で温度ヒューズが濡れるような場所での使用。
なお,下記の特殊環境下の使用に対しては,貴社にて性能・信頼性をご確認の上ご使用ください。
1)塩風,塩素,硫化水素,アンモニア,硫黄酸化物,塩化水素,亜硫酸ガス等の腐食性ガスの多い場所での使用。
2)静電気や電磁波の強い環境での使用。
8. 温度ヒューズを宇宙機器,航空機器,原子力機器,軍事兵器,生命維持装置,自動車及びそれらに関連する機器に使用
しないでください。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
04
Jan. 2015
温度ヒューズ
取扱い上の注意事項
1. リード線(端子線)加工
1) リード線 ( 端子線 ) を曲げたり切断加工する場合は,温度ヒューズの塗装部 ( 絶縁部 ) より 3 mm 以上離し,塗装
部 ( 絶縁部 ) にストレスが加わらないようにしてください。また薄形タイプ (MU, MP シリーズ ) では,温度ヒュー
ズ本体側の端子線を保持して曲げ,切断加工をしてください。(図 -1 参照)。
2) リード線 ( 端子線 ) や塗装部 ( 絶縁部 ) を道具で傷つけないでください。
3) リード線に 20N(MP シリーズは 5 N,MU シリーズは 10 N)以上の引張り , 5 N 以上の押しの力が加わらない
ようにしてください。また過度のネジリが加わらないようにしてください。
4) 薄形タイプ (MP, MU シリーズ ) では,端子を繰り返し曲げることは避けてください。
リード線 (端子線) 曲げ
> 3 mm
リード線 (端子線) 切断
保持
> 3 mm
> 3 mm
> 3 mm
保持
> 3 mm
> 3 mm
図 -1
2. はんだ付け,溶接及びカシメ
1) はんだ付けの条件は,表 -1 に規定している条件内で,できるだけ低温度,短時間で行なってください。規定外の
条件で行なう場合は,温度ヒューズがはんだ付けによる熱の影響を受けないよう確認試験をしてから条件を設定して
ください(高温,長時間ではんだ付けを行なう場合は,リード線をペンチ等の治具でつかみ放熱させることをお勧め
します)。
2) 予熱及び徐冷はできるだけ避けてください。予熱及び徐冷を行なう場合は,温度ヒューズに影響がないかどうか
確認試験をしてから条件を設定してください。
3) 温度ヒューズはリフローによるはんだ付けはできません。
4) 温度ヒューズの薄形タイプ (MP, MU シリーズ ) をはんだ付けすることは避けてください。
5) はんだ付けの後,フラックス洗浄で水及び溶剤をご使用の場合は性能,信頼性を十分ご確認ください。
6) 温度ヒューズを溶接あるいはカシメによって取り付ける場合は,温度ヒューズ本体の塗装部にストレスを加えないよ
うにして,塗装部 ( 絶縁部 ) より 3 mm 以上離して確実に接続してください。
接続状態が悪いと接触抵抗が高くなり,過度の熱が発生して温度ヒューズの早切れの原因になることがあります。
7) 溶接あるいはカシメ条件は,接続部の接触抵抗及び接続強度を確認してから条件を設定してください。
8) 再はんだ及び再溶接を行なう場合は,温度ヒューズを室温まで冷却してから行なってください。
9) はんだ付け又は溶接後,温度ヒューズが常温になる前にリード線に引っ張り,押し,ネジリなどのストレスを加えま
すと塗装部やリード線が剥がれたりする不良の原因となりますのでしないでください。
表 -1 はんだ付け条件
温度 : 300 °C 時間 : 3 s
リード長 (k)
タイプ No.
30 mm
F101
25 mm
N082, N099
20 mm
N109, N110
15 mm
N127, N134, N143
● はんだ付け場所
E101
H101
l
E115, E134, E138 H115, H134, H138
F115, F134,
F138, F145
E145
H145
l
3. 温度ヒューズのリード線 ( 端子線 ) と電線を接続する場合,リード線 ( 端子線 ) に適当な長さの余裕を持たせ,弾力の
ある電線を機械的に確実に接続してください。
4. 温度ヒューズのリード線を紐等で結びつける場合は,温度ヒューズ本体の塗装部より 10 mm 以上離してください。
5. 品質管理上の注意事項
1) 温度ヒューズを受け入れした時及び貴社製品に取り付けた後の状態を調べるには,リード線 ( 端子線 ) 間の抵抗値
を測定したり,X 線で内部の状態を確認するのが有効な手段です。
6. 保管方法について
1) 温度ヒューズが包装箱又はポリ袋に入った状態で,温度− 10℃ ∼ + 40℃,相対湿度 30% ∼ 75% で,急激な
温湿度変化がなく,直射日光,振動,衝撃等が加わらない場所で保管してください。
2) 塩風,塩素,硫化水素,アンモニア,硫黄酸化物,塩化水素,亜硫酸ガス等の腐食性ガスの多い場所での保管は
しないでください。
3) 温度ヒューズの保管期限は,出荷日より 1 年間とします。
7. 温度ヒューズの修理は不可能です。取替えの場合は同じ品番のものを正確に,同じ様に取りつけてください。
設計 ・ 仕様について予告なく変更する場合があります。ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
04
Jan. 2015
Similar pages