ATK0000CJ41

ライトタッチスイッチ/EVPAV
2.8 mm҂2.3 mm形横押しエッジマウント
ライトタッチスイッチ
Type:
EVPAV
■ 特 長
● 外形寸法:2.8 mm҂2.3 mm(プッシュ板除く),
高さ 1.95 mm(基板取付面からの高さ:0.975 mm)
● 操作方向のはんだ剥離強度向上
■ 主な用途
● ポータブル電子機器(携帯電話,デジタルカメラ,ビデオ
カメラ,ポータブルオーディオ等)の操作用スイッチ
■ 品番構成
1
2
3
4
5
E
V
P
A
V
品目記号
6
7
8
9
形状
■ 主な仕様
種類
スナップアクション・プッシュオン式単極単投
定格
電気的特性
10 µA 2 V DC∼20 mA 15 V DC(抵抗負荷)
接触抵抗
500 m액 以下
絶縁抵抗
50 M액 以上 (100 V DCにて)
耐電圧
250 V AC (1 分間)
バウンシング
10 ms 以下 (ON, OFF)
作動力
機械的特性
耐久性
1.6 N
ストローク
0.13 mm
操作部強度
50 N (15 秒間)
作動寿命
300000回以上
–40 ℃ ∼ +85 ℃
使用温度範囲
–40 ℃ ∼ +85 ℃ (単品)
–20 ℃ ∼ +60 ℃ (テーピング)
保存温度範囲
最小包装数量
8000 個 エンボステーピング(リール包装)
40000 個
包装箱収納数
設計・仕様について予告なく変更する場合があります。 ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
00
– ES106 –
Oct. 2012
ライトタッチスイッチ/EVPAV
■ 形状寸法 (mm)
普通寸法許容差 : ± 0.1
( ) 寸法は参考寸法とする
✽仕様は変更する可能性があります
1
(1.63)
3
2
4
2.3±0.2
1.95
2.8
0.975±0.200
✽2) 1.00±0.08
A
✽1) 0.975±0.200
回路図
0.9
EVPAVAA1A
プッシュ板
接着剤
0.65
✽1)1.4±0.2
1.93±0.15
0.3
1
✽1 外形からプッシュ板の
センターまでの寸法
✽2 データムAの中心
からの寸法
✽2) 1.00±0.08
φ0.6
(φ0.75)
(注意事項)
本製品は従来の製品より小型化
にした製品の為,フイルムの剥
がれ強度について従来品よりも
弱い傾向がありますので,プッシュ
板への横方向からの荷重が加わ
らない様にして頂くと共にセッ
トへ実装する際にセットノブとプッ
シュ板が当たらない様組み合わ
せ時には十分配慮願います。
2.00±0.15
0.65±0.15
3.20±0.05
0.92±0.05
3
4
プッシュ板側
0.45±0.05
1.42±0.05
(1.88)
(2.8)
0.65±0.05
0.40±0.05
2
0.65
(0.98)
1.50±0.05
推奨はんだ厚 t=0.1±0.02
プリント基板パターン参考図
✽基板取付面からの高さ:0.975mm
■ 推奨リフローソルダリング条件
K
通り丸穴
φG
D
B
230
180
t
8 mmテープ幅(A=8 mm)
ファン冷却
又は自然放置
E
部品装着
くぼみ角穴
F
I
150
H
A
L
C
操作部上面温度(℃)
J
● エンボスキャリア形テーピング
MAX.
260
引出し方向
✽ カバーテープ(シールテープ)剥離強度0.2 ~ 1.0 Nとする。
(剥離角度 165°)
✽ テーピング状態での製品脱落数は,1個以内とする。
但し,1リール当たりの入数は確保する。
✽ キャリアテープの継ぎ合わせは1リール当たり1ヶ所以内とする。
(常温)
90±30
40±10
炉内通過時間(秒)
単位:mm
品番
製品高さ
EVPAV
1.95
A
B
C
8.0±0.3 1.75±0.10 3.5±0.1
● 標準リールの形状寸法 (mm)
D
E
F
G
H
4.0±0.1
4.0±0.1
2.0±0.1
1.5+0.1
0
3.1±0.2
I
J
K
2.8±0.2 1.35±0.20 2.7±0.2
L
t
(6.25)
0.3±0.1
G
寸法
E
A
B
規格 (mm) φ380.0±2.0 φ80.0±1.0
B
C
寸法
F
G
規格 (mm)
9.4±1.0
13.4±1.0
C
D
E
φ13.0±0.5
φ21.0±1.0
2.0±0.5
D
A
F
設計・仕様について予告なく変更する場合があります。 ご購入及びご使用前に当社の技術仕様書などをお求め願い,それらに基づいて購入及び使用していただきますようお願いします。
なお,本製品の安全性について疑義が生じたときは,速やかに当社へご通知をいただき,必ず技術検討をしてください。
00
– ES107 –
Oct. 2012
Similar pages