Diode sg jp

サンケン電気株式会社
製品選択ガ゗ド
ダ゗オード
本書に記載している内容は本書発行時点のものです。
ご使用の際には、最新の情報であることを確認してください。
製品の詳細はデータシートをご確認ください。
http://www.sanken-ele.co.jp
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
P.1
用途別ダイオードの紹介
電源ICの周辺に使用するダ゗オードをご紹介いたします。
ご紹介するダ゗オードは、ラ゗ンゕップの一部です。全ラ゗ンゕップはカタログやホームページ
をご確認ください。
用途
ダ゗オード
非絶縁 降圧/昇降圧回路
ページ
AC/DC Convertor
VAC




小型電源
モーター制御電源
補助電源
LED照明 など
VOUT
小~中電力電源
ゕダプタ
補助電源
LED照明 など
VOUT
2015.11.09
2次側整流ダイオード
・SBD:VRM = 40 V ~ 150 V
・FRD:VRM = 200 V ~ 600 V
P.8
AC/DC
Convertor
スナバ用ダイオード
ブートストラップダイオード
AC/DC
Convertor
REG
二次側整流ダイオード
VOUT
VS
ブートストラップ用ダイオード(FRD)
P.14
PFC用
・バイパスダイオード(大電流許容)
・整流ダイオード(FRD)
P.15
GND
GND
力率改善回路(PFC)
DITOUSE-SGJ
P.6
二次側整流ダイオード
VAC
大電力電源
OA、AV機器
産業機器
LED街路灯 など
 75W以上の電源
 産業機器
 LED照明 など
スナバ用ダイオード(SARS)
VOUT
共振(LLC)回路




P.3
VAC
フライバック回路




フリーホイールダイオード(FRD)
AC/DC Convertor
バイパスダイオード
整流ダイオード
VPFCOUT
VAC
PFC
Control IC
P.2
非絶縁 降圧/昇降圧回路用フリーホイールダイオード
降圧/昇降圧回路のAC/DCコンバータは高周波動作をするため、フリーホ゗ールダ゗オー
ドは高速リカバリー特性が要求されます。
さらに、回路効率を上げるため、できるだけVFの小さなダ゗オードを選択します。
以下にフリーホ゗ールダ゗オードに最適な高速リカバリーダ゗オードをご紹介します。
降圧回路
昇降圧回路
AC/DC Convertor
AC/DC Convertor
VAC
VAC
VOUT
VOUT
フリーホ゗ールダ゗オード
パッケージ
IF
VRM
特長
リンク
面実装タ゗プ(SJP)
1A~3A
200 V ~ 600 V
高速リカバリー
trr ≤ 50 ns
P.4
リード挿入タ゗プ
(Axial, TO220)
1 A ~ 10 A
200 V ~ 600 V
高速リカバリー
trr ≤ 50 ns
P.5
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
P.3
非絶縁 降圧/昇降圧回路用フリーホイールダイオード
高速リカバリーダイオード(面実装タイプ)
パッケージ
 高速リカバリー特性
trr ≤ 50 ns
SJP
 VRM = 200 V~600 V
X/Y/Z
= 4.5 : 2.6 : 2.15
Unit : mm
 IF = 1 A~3 A
VF
VRM
200 V
400 V
500 V
600 V
DITOUSE-SGJ
IF (AVG)
製品名
1.0 A
SJPL-D2
2.0 A
SJPL-H2
3.0 A
SJPL-L2
1.5 A
SJPL-F4
3.0 A
SJPL-L4
1.0 A
SJPD-D5
3.0 A
SJPD-L5
2.0 A
SJPL-H6
2015.11.09
パッケージ
SJP
SJP
SJP
SJP
IFSM
50Hz半波
trr
VF (max.)
IF
IF:IR=1:1
25 A
0.98 V
1.0 A
50 ns
25 A
0.98 V
2.0 A
50 ns
60 A
0.98 V
3.0 A
50 ns
25 A
1.3 V
1.5 A
50 ns
30 A
1.3 V
3.0 A
50 ns
20 A
1.4 V
1.0 A
40 ns
50 A
1.4 V
3.0 A
50 ns
30 A
1.5 V
2.0 A
50 ns
P.4
非絶縁 降圧/昇降圧回路用 フリーホイールダイオード
高速リカバリーダイオード(リード挿入タイプ)
パッケージ
φ2.4
φ2.7
φ4.0
φ6.5
TO220F-2L
Axial
 高速リカバリー特性
trr ≤ 50 ns
TO220F-3L
(Center tap)
 VRM = 200 V~600 V
 IF = 1 A~10 A
VRM
IF (AVG)
200 V
400 V
trr
IFSM
50Hz半波
VF (max.)
IF
IF:IR=1:1
AL01Z
Axial (φ2.4)
25 A
0.98 V
1.0 A
50 ns
2.0 A
RL10Z
Axial (φ4.0)
30 A
0.98 V
2.0 A
50 ns
3.5 A
RL4Z
Axial (φ6.5)
80 A
0.95 V
3.5 A
50 ns
1.0 A
AL01
Axial(φ2.4)
20 A
1.3 V
1.0 A
50 ns
1.5 A
EL1
Axial(φ2.7)
40 A
1.3 V
1.5 A
50 ns
2.0 A
RL2
Axial (φ4.0)
40 A
1.3 V
2.0 A
50 ns
5.0 A
FML-G14S
TO-220F-2L
70 A
1.3 V
5.0 A
50 ns
FML-24S
TO-220F-3L
70 A
1.3 V
5.0 A
50 ns
FMXA-1104S
TO-220F-2L
100 A
1.5 V
10 A
25 ns
1.2 A
RD2A
Axial (φ4.0)
30 A
1.55 V
1.2 A
50 ns
3.0 A
RL4A
Axial (φ6.5)
80 A
1.5 V
3.0 A
50 ns
5.0 A
FML-S16S
TO-220F-2L
50 A
1.7 V
5.0 A
50 ns
TO-220F-2L
100 A
1.7 V
10 A
50 ns
1.98 V
10 A
28 ns
10 A
DITOUSE-SGJ
VF
パッケージ
1.0 A
10 A
600 V
製品名
FMD-G26S
FMXA-1106S
2015.11.09
P.5
SARS スナバ用ダイオード
FRD の場合
SARSの場合
Snubber
Snubber
VAC
VAC
Discharge Loop
SARS
Discharge Loop
Surge Absorb Loop
Surge Absorb Loop
Power Supply
Control IC
Power Supply
Control IC
Controller
Controller
VDS
VDS
MOSFETがターンオフ時、Surge Absorb Loopを通り、コ
ンデンサにサージを吸収します。
コンデンサに充電した電荷はDischarge Loopで放電します。
この場合、この際のエネルギーは2次側に送られず、損失に
なります。
コンデンサを放電する際、ダ゗オードのリカバリー電流が
MOSFETに流れるため、MOSFETにダメージを与えないよ
うに、FRDを使用します。FRDの場合trrが短いため、ダ゗
オードの導通期間が短く、リンギングノ゗ズが発生するた
め、フゖルタの強化が必要です。
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
MOSFETがターンオフ時、Surge Absorb Loopを通りコンデ
ンサにサージを吸収します。SARSを使用した場合、 SARS
のリカバリー期間は、コンデンサに充電した電荷を
Discharge Loopで放電します。このエネルギーは2次側に送
られるため、回路効率が上がります。
コンデンサを放電する際、SARSのリカバリー電流が瞬間的
にMOSFETに流れるため、MOSFETにダメージを与えないよ
うに、SARSと直列に抵抗を追加します。
SARSは比較的長いtrrを有し、リンギングノ゗ズの発生を抑
制するため、MOSFETの破壊防止だけでなく、フゖルタの簡
素化が可能です。(特許取得済)
P.6
低ノイズ、回路効率向上
SARS スナバ用補助スイッチダイオード
パッケージ
SJP
TO-220F-2L
Axial-φ2.7mm/φ0.60mm
 低ノ゗ズ
(MOSFETターンオフ時のリンギング防止)
X/Y/Z
= 4.5 : 2.6 : 2.15
Unit : mm
 省スペース
Axial-φ4.0mm/φ0.78mm
(フゖルタ部の部品点数削減)
 回路効率向上
VF
タ゗プ
外付け抵抗
抵抗内蔵(22Ω)
DITOUSE-SGJ
VRM
IF (AVG)
IFSM
50Hz半波
SARS01
800 V
1.2 A
SARS02
800 V
SARS05
SARS10
製品名
2015.11.09
trr
IF:IR=1:1
パッケージ
1.2 A
2 ~18 μs
Axial
φ2.7 / φ0.60
0.92 V
1.5 A
2 ~18 μs
Axial
φ4.0 / φ0.78
30 A
1.05 V
1.0 A
2 ~ 18 μs
SJP
(SMA:4.5×2.6)
1.5 A
13 V
0.5 A
1 ~ 9 μs
TO220F-2L
VF
(max.)
IF
110 A
0.92 V
1.5 A
100 A
800 V
1.0 A
800 V
0.3 A
P.7
2次側整流用ダイオード
電源回路の2次側整流用ダ゗オードには、2次側のコンデンサを充電するための順方向電流と、リカバリー電
流が流れます。
そこで、回路効率を上げるため、できるだけVFが小さく、かつリカバリー特性の良いダ゗オードを選択します。
 ハーフブリッジタ゗プ
 フラ゗バックタ゗プ
DC input
VAC
2次側整流ダイオード
VOUT
REG
2次側整流ダイオード
LLC control IC
AC/DC convertor IC
VOUT
VS
Cont.
GND
GND
VRM
ダ゗オード
IF(AVG)
40 V、60 V
ショットキー
10 A ~ 30 A
80 V、100 V、150 V
ショットキー
200 V、300 V
trr
リンク
≤ 0.7 V
-
P.9
10 A ~ 30 A
≤ 0.92 V
-
P.10
FRD
10 A ~ 20 A
≤ 1.3 V
17 ns ~ 40 ns
P.11
400 V、600 V
FRD
10 A ~ 20 A
≤ 1.98 V
25 ns ~ 50 ns
P.12
650 V
SiC
10 A ~ 20 A
≤ 1.75 V
-
P.13
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
VF
P.8
2次側整流用ダイオード
ショットキーダイオード VRM ≥ 40 V
TO-220F-3L
 低VF ≤ 0.7 V
TO-3PF-3L
 VRM = 40 V ~ 60 V
VRM
IF (AVG)
パッケージ
5Ax2
40 V
7.5 A x 2
TO-220F-3L
10 A x 2
15 A x 2
TO-3PF-3L
5Ax2
60 V
7.5 A x 2
10 A x 2
15 A x 2
DITOUSE-SGJ
TO-220F-3L
2015.11.09
TO-3PF-3L
製品名
IFSM
50Hz半波
FMW-24L
VF
VF (max.)
IF
100 A
0.55 V
5A
FMW-24H
120 A
0.55 V
7.5 A
FMW-2204
150 A
0.55 V
10 A
FMW-4304
150 A
0.55 V
15 A
FMW-2106
100 A
0.70 V
5A
FMW-2156
100 A
0.70 V
7.5 A
FMW-2206
120 A
0.70 V
10 A
FMW-4306
150 A
0.70 V
15 A
P.9
2次側整流用ダイオード
ショットキーダイオード VRM ≥ 80 V
TO-220F-3L
 低 VF ≤ 0.92 V
TO-3PF-3L
 VRM = 80 V ~ 150 V
VRM
80 V
IF (AVG)
10 A x 2
15 A x 2
パッケージ
TO-220F-3L
5Ax2
7.5 A x 2
100 V
10 A x 2
TO-220F-3L
15 A x 2
15 A x 2
150 V
DITOUSE-SGJ
5Ax2
10 A x 2
2015.11.09
TO-3PF-3L
TO-220F-3L
製品名
IFSM
50Hz半波
FMEN-2208
VF
VF (max.)
IF
120 A
0.76 V
10 A
FMEN-2308
150 A
0.765 V
15 A
FMEN-210A
100 A
0.85 V
5.0 A
FMEN-215A
100 A
0.85 V
7.5 A
FMEN-220A
120 A
0.85 V
10 A
FMEN-230A
150 A
0.85 V
15 A
FMEN-430A
150 A
0.85 V
15 A
FMEN-210B
100 A
0.92 V
5.0 A
FMEN-220B
120 A
0.92 V
10 A
P.10
2次側整流用ダイオード
FRD trr ≤ 40 ns VRM ≥ 200 V
 高速リカバリー特性
trr = 17 ns ~ 40 ns
 低VF ≤ 1.3 V
 VRM = 200 V ~ 300 V
VRM
TO-220F-3L
TO-3PF-3L
VF
製品名
IFSM
50Hz半波
VF (max.)
IF
trr
IF:IR=1:1
FMX-G22S
150 A
0.98 V
10 A
30 ns
FML-G22S
150 A
0.98 V
10 A
40 ns
FMX-12SL
65 A
1.25 V
5A
30 ns
FMXA-2102ST
100 A
1.20 V
5A
25 ns
7.5 A x 2
FMX-22SL
100 A
0.98 V
7.5 A
30 ns
10 A x 2
FMXA-2202S
100 A
1.20 V
10 A
25 ns
FMXS-4202S
150 A
1.05 V
10 A
30 ns
FMX-23S
65 A
1.30 V
5A
30 ns
FMXA-2153S
75 A
1.28 V
7.5 A
17 ns
FMXA-2203S
100 A
1.30 V
10 A
25 ns
FMXA-4203S
100 A
1.30 V
10 A
25 ns
IF (AVG)
パッケージ
10 A
TO-220F-2L
5Ax2
200 V
5Ax2
TO-220F-3L
10 A x 2
TO-3PF-3L
5Ax2
300 V
TO-220F-2L
7.5 A x 2
TO-220F-3L
10 A x 2
10 A x 2
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
TO-3PF-3L
P.11
2次側整流用ダイオード
FRD trr ≤ 50 ns VRM ≥ 400 V
 高速リカバリー特性
trr = 25 ~ 50 ns
 低VF ≤ 1.98 V
TO-220F-2L
 VRM = 400 V ~ 600 V
VRM
400 V
IF (AVG)
パッケージ
製品名
IFSM
50Hz半波
10 A
TO-220F-2L
FMXA-1104S
10 A x 2
TO-220F-3L
10 A
600 V
TO-220F-2L
20 A
10 A x 2
TO-220F-3L
10 A x 2
TO-3PF-3L
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
TO-220F-3L
TO-3PF-3L
VF
VF (max.)
IF
trr
IF:IR=1:1
100 A
1.50 V
10 A
25 ns
FML-24S
70 A
1.30 V
5A
50 ns
FMD-G26S
100 A
1.7 V
10 A
50 ns
FMX-1106S
50 A
1.6 V
10 A
30 ns
FMXA-1106S
100 A
1.98 V
10 A
28 ns
FMXK-1106S
100 A
1.75 V
10 A
27 ns
FMXS-1206S
180 A
1.6 V
20 A
35 ns
FMXS-2206S
100 A
1.6 V
10 A
30 ns
FMXK-2206S
100 A
1.75 V
10 A
27 ns
FMD-4206S
100 A
1.7 V
10 A
50 ns
P.12
2次側整流用ダイオード
SiCダイオード VRM = 650 V
 高圧ショットキーダ゗オード
 低VF ≤ 1.75 V
 VRM = 650 V
VRM
TO-220F-2L
IF (AVG)
パッケージ
製品名
10 A
TO-220F-2L
FMCA-11065
10 A x 2
TO-220F-3L
FMCA-22065
IFSM
50Hz半波
TO-220F-3L
VF
trr
IF:IR=1:1
VF (max.)
IF
40 A
1.75 V
10 A
-
40 A
1.75 V
10 A
-
650 V
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
P.13
ブートストラップダイオード
ブートストラップダ゗オードは、ハ゗サ゗ドの電源供給回路に使用します。
ドラ゗バのス゗ッチング周波数に応じ、高周波でリカバリー電流が流れるため、リカバリー特性(trr)の良いダ゗オードを使用し
ます。ブートストラップダ゗オードは、ブリッジ部の印加電圧と、ハ゗サ゗ド電源に必要な電流を考慮したフゔストリカバリー
ダ゗オードを選択します。
SJP
DC input
ブートストラップダイオード
X/Y/Z
= 4.5 : 2.6 : 2.15(mm)
VB
Axial
Φ2.4mm
/φ0.6mm
Axial
Φ2.7mm
/φ0.78mm
Axial
Φ4.0mm
/φ0.78mm
Axial
Φ4.0mm
/φ0.98mm
X
REG
LLC control IC
Y
VOUT
VS
Z
GND
VRM
600 V
800 V
DITOUSE-SGJ
パッケージ
製品名
IFSM
50Hz半波
VF (max.)
(IF=IF(AV))
trr
IF:IR=1:1
2.0 A
SJP
SJPL-H6
30 A
1.5 V
50 ns
2.0 A
SJP
SJPX-H6
20 A
1.5 V
30 ns
0.5 A
Axial φ2.4/φ0.6
AG01A
15 A
1.8 V
100 ns
0.6 A
Axial φ2.7/φ0.78
EG1A
10 A
2.0 V
100 ns
1.0 A
Axial φ4.0/φ0.78
RG10A
50 A
2.0 V
100 ns
1.2 A
Axial φ4.0/φ0.98
RD2A
30 A
1.55 V
50 ns
0.5 A
Axial φ2.4/φ0.6
AB01B
10 A
2.0 V
200 ns
IF
(AV)
2015.11.09
P.14
PFC用ダイオード
バイパスダイオード
PFC回路にはバ゗パスダ゗オードと整流ダ゗
オードを使用します。
それぞれの用途に応じたダ゗オードを選定す
る必要があります。
VAC
整流ダイオード
PFC
Control IC
バ゗パスダ゗オードの選定ポ゗ント→P.16
整流ダ゗オードの選定ポ゗ント→P.17
動作モード
バ゗パスダ゗オード
GND
ダ゗オード概要
リンク
大電流 IFSM > 50 A
低VF ≤ 0.95 V
P.18
DCM
CRM
低VF ≤ 1.3 V
P.19
CCM
• 高速リカバリー
• SiCダ゗オード
―
VPFCOUT
整流ダ゗オード
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
trr ≤ 50 ns
P.20
P.15
バイパスダイオードの選定ポイント
1. バイパスダイオードの役割
 突入電流対策(MOSFET、整流ダ゗オードの保護)
突入電流によりリゕクトルが飽和すると、整流ダ゗
オードに大電流が流れ、破壊する可能性があります。
また、リゕクトルが飽和した状態でMOSFETがオンす
ると、MOSFETが破壊する可能性があります。
突入電流をバ゗パスダ゗オードに流すことでリゕクト
ルの飽和を抑え、MOSFETと整流ダ゗オードを保護し
ます。
 雷サージ対策(ブリッジダイオードの保護)
雷サージが印加すると、ブリッジダ゗オードが絶縁破
壊する可能性があります。そこで、バ゗パスダ゗オー
ドで雷サージのエネルギーを電解コンデンサにバ゗パ
スし、電解コンデンサで吸収させます。
Bypass Diode
VPFCOUT
VAC
Rectification
Diode
PFC
Control IC
GND
2. バイパスダイオードの特性
突入電流や雷サージによる電流をバ゗パスダ゗オードに流すためには、バ゗パスダ゗オードのVFは整流ダ
゗オードよりも低くする必要があります。PFCの出力電圧が入力電圧よりも高くなれば、バ゗パスダ゗
オードはオフするため、リカバリー特性は考慮する必要はありません。
バ゗パスダ゗オードの特性は、瞬間的な電流特性と、VFを考慮します。
バイパスダイオードには①瞬間的に大電流を流せる、②整流ダイオードよりもVF
の低いダイオードを選定します。 (IFSM > 50A, VF ≤ 0.95V)
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
P.16
PFC整流ダイオードの選定ポイント
PFCの整流ダ゗オードは、PFCの動作モードに合ったダ゗オードを選定します。
不連続モード (DCM)
概要
臨界モード (CRM)
 Lに流れる電流が“0”になる
期間がある(周波数固定)
 Lに流れる電流が一瞬だけ
“0”になる(ON時間固定)
 Lに流れる電流が“0”になら
ない(周波数固定)
 L値:小
 L値:中
 L値:大
IL
IL
 ダ゗オードに流れる電流が“0”のときにMOSFETがターンON
長所
連続モード (CCM)
IL
 MOSFETのピーク電流小
 整流ダ゗オードのリカバリー電流ほとんどなし
 入力電流のリプル小
 ス゗ッチングノ゗ズ小
 ノーマルモードノ゗ズ小
 リカバリー電流はほとんど流れないので、できるだけVFの小
さなダ゗オードを使用した方が高効率
 MOSFETのピーク電流大
 入力電流のリプル大
短所
 ノーマルモードノ゗ズ大
PFCの整流ダイオードには
・DCM, CRM : VFの小さなダイオードを選定(VF ≤ 1.3V)
・CCM
: リカバリー特性(trr)の良いダイオードを選定
(trr ≤ 50 ns)
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
 ダ゗オードに電流が流れて
いるときにMOSFETがター
ンONする
 整流Diにリカバリー電流
が流れ、損失大
 ス゗ッチングノ゗ズ大
 損失を抑えるため、できる
だけVFが小さく、リカバ
リー特性(trr)が良いダ゗
オードを使用
P.17
PFC用バイパスダイオード
VF ≤ 0.95 V, VRM = 600 V
Axial-φ2.7mm/φ0.78mm
φ6.5mm/φ1.4mm
φ4.0mm/φ0.78mm
 低 VF = 0.95 V(max.)
 VRM = 600 V
VRM
600 V
VF
VF
(max.)
IF
IR/H.IR
(VR=VRM)
80 A
0.92 V
1.2 A
10 μA / 50 μA
RM 11A
100 A
0.92 V
1.5 A
10 μA / 50 μA
Axial φ4.0
RM 10A
150 A
0.91 V
1.5 A
10 μA / 50 μA
1.7 A
Axial φ6.5
RM 4A
200 A
0.95 V
3.0 A
10 μA / 50 μA
1.8 A
Axial φ6.5
RM 4AM
350 A
0.92 V
3.5 A
10 μA / 50 μA
IF (AVG)
パッケージ
1.0 A
Axial φ2.7
EM2A
1.2 A
Axial φ4.0
1.2 A
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
製品名
IFSM
50Hz半波
P.18
DCM 、CRMモード PFC用
整流ダイオード
VF ≤ 1.3 V, VRM = 600 V
 DCM 、CRMモード向け
Axial φ6.5
TO-220F-2L TO-220F-3L
TO-3PF-2L
TO-3PF-3L
TO-3P-3L
TO-247-3L
 低VF = 1.30 V(max.)
 VRM = 600 V
 trr ≤ 200 ns
VRM
IF (AVG)
3.0 A
600 V
パッケージ
製品名
VF
VF (max.)
IF
IFSM
50Hz 半波
trr
IF:IR=1:1
Axial (φ6.5/φ1.4)
RY2A
1.15 V
3.0 A
50 A
200 ns
Axial (φ6.5/φ1.4)
RN4A
1.30 V
3.0 A
50 A
100 ns
5.0 A
TO-220F-2L
FMN-1056S
1.30 V
5.0 A
60 A
100 ns
10 A
TO-220F-2L
FMNS-1106S
1.30 V
10 A
100 A
100 ns
15 A
TO-220F-2L
FMN-1156S
1.30 V
15 A
150 A
100 ns
20 A
TO-220F-2L
FMN-1206S
1.30 V
20 A
150 A
150 ns
30 A
TO-3PF-2L
FMN-3306S
1.30 V
30 A
150 A
200 ns
10 A x 2
TO-220F-3L
FMN-2206S
1.30 V
10 A
150 A
100 ns
TO-3PF-3L
FMN-4306S
1.30 V
15 A
150 A
150 ns
TO-3P-3L
CTNS-4306S
1.30 V
15 A
150 A
100 ns
TO-3P-3L
CTNS-4606S
1.30 V
30 A
150 A
150 ns
15 A x 2
30 A x 2
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
P.19
CCM モードPFC用
高速リカバリーダイオード
trr ≤ 50 ns, VRM = 600 V
Axial φ4.0
 CCMモード向け
Axial φ6.5
TO-220F-2L
TO-220F-3L TO-3PF-3L
TO-3P-3L
 高速リカバリーダ゗オード
trr = 50 ns (max.)
VRM = 600 V、IF = 1.2 A~20 A
 SiCダ゗オード
VRM = 650 V , IF = 10 A ~20 A
VRM
600 V
IF (AVG)
パッケージ
1.2 A
Axial (φ4.0/φ0.78)
3.0 A
Axial (φ6.5/φ1.4)
5.0 A
VF
IFSM
50Hz 半波
trr
IF:IR=1:1
VF (max.)
IF
RD2A
1.55 V
1.2 A
30 A
50 ns
RL4A
1.5 V
3.0 A
80 A
50 ns
TO-220F-2L
FMX-G16S
1.5 V
5A
50 A
30 ns
8.0 A
TO-220F-2L
FMXK-1086S
1.75 V
8A
100 A
27 ns
10 A
TO-220F-2L
FMXA-1106S
1.98 V
10 A
100 A
28 ns
FMX-1106S
1.60 V
10 A
100 A
30 ns
20 A
TO-220F-2L
FMXS-1206S
1.60 V
20 A
100 A
35 ns
FMXK-2206S
1.75 V
10 A
100 A
27 ns
FMXS-2206S
1.60 V
10 A
100 A
30 ns
TO-3PF-3L
FMD-4206S
1.70 V
10 A
100 A
50 ns
30 A x 2
TO-3P-3L
CTXS-4606S
1.70 V
30 A
150 A
35 ns
10 A
TO-220F-2L
FMCA-11065
1.75 V
10 A
40 A
- (SiC)
10 A x 2
TO-220F-3L
FMCA-22065
1.75 V
10 A
40 A
- (SiC)
10 A x 2
650 V
製品名
DITOUSE-SGJ
TO-220F-3L
2015.11.09
P.20
注意書き

本書に記載している内容は、改良などにより予告なく変更することがあります。ご使用の際には、最新の情
報であることを確認してください

本書に記載している動作例、回路例および推奨例は、使用上の参考として示したもので、これらに起因する
弊社もしくは第三者の工業所有権、知的所有権、生命権、身体権、財産権、その他一切の権利の侵害問題に
ついて弊社は一切責任を負いません

弊社の合意がない限り、弊社は、本書に含まれる本製品(商品適性および特定目的または特別環境に対する
適合性を含む)ならびに情報(正確性、有用性、信頼性を含む)について、明示的か黙示的かを問わず、い
かなる保証もしておりません

弊社は品質、信頼性の向上に努めていますが、半導体製品では、ある確率での欠陥、故障の発生は避けられ
ません。製品の故障により結果として、人身事故、火災事故、社会的な損害などが発生しないよう、使用者
の責任において、装置やシステム上で十分な安全設計および確認を行ってください

本書に記載している製品は、一般電子機器(家電製品、事務機器、通信端末機器、計測機器など)に使用す
ることを意図しております。高い信頼性を要求する装置(輸送機器とその制御装置、交通信号制御装置、防
災・防火装置、各種安全装置など)への使用を検討、および一般電子機器であっても長寿命を要求する場合
は、必ず弊社販売窓口へ相談してください。極めて高い信頼性を要求する装置(航空宇宙機器、原子力制御、
生命維持のための医療機器など)には、弊社の文書による合意がない限り使用しないでください

本書に記載している製品の使用にあたり、本書に記載している製品に他の製品・部材を組み合わせる場合、
あるいはこれらの製品に物理的、化学的、その他何らかの加工・処理を施す場合には、使用者の責任におい
てそのリスクを検討の上行ってください

本書に記載している製品は耐放射線設計をしておりません

弊社物流網以外での輸送、製品落下などによるトラブルについて、弊社は一切責任を負いません

本書に記載している内容を、文書による弊社の承諾なしに転記・複製することを禁じます
DITOUSE-SGJ
2015.11.09
P.21
Similar pages