2009年3月期 業績資料 (PDF:24KB)

2009年3月期業績資料
ヤマハ株式会社
2009年4月30日
前期実績
当期予想
当期実績
次期予想
次期中間期予想
(09/3/19発表)
売上高
国内売上高
海外売上高
営業利益
経常利益
当期利益
為替レート(決済レート)
ROE
ROA
1株当たり利益
設備投資
(減価償却費)
研究開発費
08年3月期
09年3月期
09年3月期
10年3月期
10年3月期
5,488億円
4,650億円
4,593億円
4,390億円
2,125億円
2,767億円 (50.4%) 2,372億円 (51.0%) 2,349億円 (51.1%) 2,322億円 (52.9%) 1,127億円 (53.0%)
2,721億円 (49.6%) 2,278億円 (49.0%) 2,244億円 (48.9%) 2,068億円 (47.1%)
998億円 (47.0%)
328億円 (6.0%)
115億円 (2.5%)
138億円 (3.0%)
60億円 (1.4%)
13億円 (0.6%)
326億円 (5.9%)
95億円 (2.0%)
120億円 (2.6%)
30億円 (0.7%)
▲2億円 396億円 (7.2%) ▲230億円 ▲206億円 0億円 ▲19億円 116円/US$
103円/US$
102円/US$
95円/US$
95円/US$
159円/EUR
153円/EUR
153円/EUR
120円/EUR
120円/EUR
11.5%
▲7.6%
▲7.0%
0.0%
▲1.6% (*1)
7.2%
▲4.7%
▲4.3%
0.0%
▲0.9% (*2)
191.8円
▲115.7円
▲103.7円
0円
▲9.1円
244億円
240億円
226億円
183億円
87億円
(203億円)
(181億円)
(179億円)
(152億円)
(70億円)
249億円
242億円
232億円
210億円
110億円
(フリーキャッシュフロー)
営業活動
投資活動
フリーキャッシュフロ−
期末在庫高
372億円
420億円
792億円
763億円
▲105億円
▲261億円
▲366億円
777億円
▲22億円
▲260億円
▲282億円
807億円
279億円
▲180億円
99億円
725億円
71億円
▲109億円
▲38億円
826億円
10,699人
15,843人
26,542人
10,822人
15,806人
26,628人
10,765人
16,038人
26,803人
10,850人
16,150人
27,000人
10,980人
17,430人
28,410人
(▲1,082人)
(179人)
(148人)
(319人)
(324人)
(要員数)
国内
海外
合計
(*3)
(連結範囲変動による増減)
(事業別売上高)
楽器
AV・IT
電子部品 (*4)
電子機器・金属
リビング
レクリェーション
その他 (*5)
3,400億円 (62.0%)
708億円 (12.9%)
-
450億円
455億円
114億円
361億円
(8.2%)
(8.3%)
(2.1%)
(6.5%)
3,085億円 (66.3%)
580億円 (12.5%)
225億円 (4.8%)
-
445億円
(9.6%)
431億円
(6.8%)
308億円
-
315億円
3,066億円 (66.8%)
567億円 (12.3%)
220億円 (4.8%)
2,940億円 (67.0%)
530億円 (12.1%)
220億円 (5.0%)
-
(9.4%)
430億円
(6.7%)
270億円
-
1,454億円 (68.4%)
242億円 (11.4%)
88億円 (4.2%)
-
(9.8%)
213億円 (10.0%)
(6.1%)
128億円
-
(6.0%)
(事業別営業利益)
楽器
AV・IT
電子部品 (*4)
電子機器・金属
リビング
レクリェーション
その他 (*5)
279億円
18億円
-
19億円
6億円
▲11億円
17億円
175億円
▲5億円
▲30億円
-
0億円
-
▲25億円
192億円
▲4億円
▲25億円
90億円
▲5億円
▲10億円
-
-
▲3億円
5億円
-
-
▲20億円
▲21億円
53億円
▲12億円
▲19億円
-
1億円
-
▲10億円
(単独の状況)
売上高
営業利益
経常利益
当期利益
3,156億円
123億円 (3.9%)
179億円 (5.7%)
620億円 (19.6%)
2,746億円
12億円
44億円
▲189億円
(0.5%)
(1.6%)
-
*1, 2 次期中間期予想のROE・ROAは年換算値
*3 要員数=期末正社員在籍数+期中平均正社員外要員在籍数(前年実績は期末在籍数)
*4 電子機器・金属事業は、電子金属事業の譲渡に伴い、2009年3月期より電子部品事業として表示しています。
*5 レクリェーション施設の一部譲渡に伴い、2009年3月期よりその他の事業に同事業を含めています。
当資料の記載内容のうち、将来に関する見通し及び計画に基づいた将来予測には、リスクや不確定な要素などが含まれており、実際
の成果や業績などは、記載の見通しとは異なる可能性があります。
Similar pages