20091106_sta801.pdf

IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1
検証環境構築ガイド
2009/09/30 第 1 版
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
1
<<目次>>
1.
はじめに.......................................................................................................................4
2.
インストールシナリオ.................................................................................................5
3.
事前準備.......................................................................................................................6
3.1 システム要件........................................................................................................................6
3.2 インストール用コンポーネントの準備................................................................................7
3.3 設定パラメータ.....................................................................................................................8
4.
前提条件コンポーネントのインストール.....................................................................9
4.1 Lotus Sametime Standard のインストール.......................................................................9
4.2 DB2 データベース管理システムのインストール..............................................................10
4.2.1 DB2 Enterprise Server Edition のインストール...........................................................10
4.2.2 DB2 Net Search Extender のインストール...................................................................19
4.2.3 WebSphere Event Broker データベースの作成.............................................................24
4.2.4 Lotus Sametime Advanced データベースの作成...........................................................25
4.2.5 Lotus Sametime Advanced データベースの検索用のテキスト索引の作成..................26
5.
Lotus Sametime Advanced のインストール.............................................................27
5.1 WebSphere MQ アプリケーションのインストール..........................................................27
5.2 WebSphere MQ Fix Pack のインストール........................................................................36
5.3 WebSphere Event Broker アプリケーションのインストール..........................................38
5.4 WebSphere Event Broker の構成......................................................................................42
5.4.1 Windows でのクラスパスへの JAR ファイルの追加.....................................................42
5.4.2 Windows での構成スクリプトの実行.............................................................................45
5.5 Lotus Sametime Advanced 用インストーラの実行..........................................................46
5.6 Lotus Sametime Advanced インストールの確認..............................................................56
6.
デプロイメントの完了................................................................................................58
6.1 IBM HTTP Server アプリケーションのインストール.....................................................58
6.2 HTTP Server と連携するための WebSphere Application Server の構成........................63
6.2 Lotus Sametime Advanced 用の SSO の構成...................................................................67
6.3 Lotus Sametime Standard 用の SSO の構成...................................................................71
6.3 SSO が機能していることの確認........................................................................................74
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
2
6.3 在席確認機能の有効化........................................................................................................75
6.4 Lotus Domino LDAP に対する SSO および在席確認機能の使用可能化.........................77
6.5 クライアントの更新サイトの提供.....................................................................................81
6.6 更新サイト用の Sametime ポリシーの設定......................................................................82
6.7 Sametime Advanced Client 機能のダウンロード.............................................................84
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
3
1. はじめに
(1) 本手順書では、機能検証及びデモ等の目的のために最小構成の IBM Lotus Sametime
Advanced の環境を構築する手順について記述します。
<<注意事項>>
„ 当資料は日本アイ・ビー・エム株式会社の正式なレビューを受けておりません。当資料は
正式なマニュアルをはじめとするドキュメントの補完資料として参照して下さい。
„ 当資料は、製品の特定バージョンを使ってテストをした結果を基に記述しています。今後
の PTF, Fix Pack の適用により動作が当資料に記述された内容とは異なってくる可能性
がありますのでご了承下さい。
„ 当資料は、Windows 2003 Enterprise Edition SP1 でのみ稼働確認を行っており、他の環
境での動作確認は実施しておりません。他のオペレーティング・システムでの手順につき
ましては、マニュアルを参照下さい。
„ 構成を保管する目的で、必要に応じて、バックアップは適宜行って下さい。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
4
2. インストールシナリオ
(1) 本資料では 2 台の Windows 2003 サーバーを用意し、一方に Sametime Advanced サーバー
のコンポーネントを、もう一方に Sametime Standard サーバー及び Lotus Domino のインストー
ルを行う構成を想定しています。それぞれのコンポーネントは下記図を参照ください。
尚 、 ユ ー ザ ー デ ィ レ ク ト リ と し て 、 Lotus Domino の LDAP 機 能 を 利 用 し ま す 。
Sametime Advanced
Websphere
Application Server
HTTP Server
WebSphere Event
Broker
WebSphere MQ
DB2 Net Search
Extender
DB2 Enterprise
Server Edition
stadv8.ibm.com
Sametime Standard
Lotus Domino
ststd8.ibm.com
Sametime Connect
クライアント
インストール手順詳細については下記 Information Center の「インストール」の項を参照してく
ださい。
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/sometime/v8r0/index.jsp?topic=/
com.ibm.help.sametime.advanced.doc/welcome_stadv.html
本資料では Lotus Sametime Standard をインストールするサーバー
をインストールするサーバー(ststd8.ibm.com)
(ststd8.ibm.com)の
の Lotus
Domino、
Domino
、Lotus Sametime Standard 及び Sametime Connect クライアントのインストール手順
は記述いたしません。
製品付属のヘルプもしくは該当製品の Information Center を参考にインストールを行ってくだ
さい。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
5
3. 事前準備
3.1 システム要件
(1) IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 の前提となるシステム要件は下記技術資料を参照してく
ださい。
Detailed system requirements - Sametime 8.0.1
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?&uid=swg27012109
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
6
3.2 インストール用コンポーネントの準備
(1) 本手順書では、以下のコンポーネントを使用します。製品版 CD もしくはモジュールのダウンロ
ードを行って準備してください。
番号
コンポーネント名
C1K38EN
IBM Lotus Domino 8.0.2 32 bit for Windows English
C1ML5JA
IBM Lotus Domino 8.0.2 Language Packs AIX, Solaris, Linux on xSeries, Linux on zSeries
Japanese
C1JY7ML
IBM Lotus Sametime Server 8.0.2 Windows Multilingual
C1H2VML
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 Server Windows, AIX, Solaris, Linux- Multilingual
C14KZML
WebSphere Application Server Network Deployment v6.1.0.13 for IBM Lotus Sametime Advanced
8.0.1 Windows
C88UXML
Edge Components V6.1, Windows 2000 Windows Server 2003, 32-bit support (for WebSphere
Application Svr Network Deployment V6.1) German English International Spanish French Italian
Japanese Korean Portuguese Brazilian Chinese Simplified Chinese Traditional
C95I0ML
WebSphere Event Broker for Windows V6.0 - German, English US, Spanish, French, Italian,
Japanese, Korean, Portuguese Brazilian, Chinese Simplified, Chinese Traditional
C8471ML
WebSphere MQ for Windows V6.0
C92APML
DB2 Enterprise Server Edition and the DB2 Client for Windows on 32-bit AMD and Intel systems
(x86) English, French, German, Spanish, Italian, Br. Port., Danish, Finnish, Norwegian, Swedish,
Russian, Polish, Czech, Japanese, Korean, S. & T. Chinese (V 9.1)
C92JDML
DB2 Net Search Extender V9.1, Windows 2000, 2003 32-bit, Multilingual
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
7
3.3 設定パラメータ
(1) 本件検証環境で設定するパラメータを下記にリストします。インストール時や設定時に対応す
るパラメータの値を確認してください。
また、実際にインストールする環境の必要に応じて変更してください。
No.
パラメータ
設定値
1 Sametime Standard サーバーホスト名
ststd8.ibm.com
2 Sametime Advanced サーバーホスト名
stadv8.ibm.com
3 Windows 管理者ユーザー ID/パスワード
Administrator/passw0rd
4 DB2 インストール・ディレクトリー
C:\IBM\SQLLIB\
5 DB2 管理者ユーザー ID / パスワード
db2admin / password
6 DB2 ポート番号
50001
7 Sametime Advanced データベース名
STADV
8 WebSphere Event Broker データベース名
BRKRDB
9 WAS 管理者ユーザー ID/パスワード
wasadmin/password
10 Lotus Domino 組織名
lotus
11 Lotus Domino LDAP ベース識別名
o=lotus
12 Lotus Domino LDAP ログイン
uid
13 IBM HTTP 管理サーバー認証用ユーザー ID/ httpadmin/password
パスワード
14 IBM HTTP Server Web サーバー定義
stadvhttp
15 LTPA 鍵ファイル/パスワード
c:\temp\sametime.key/password
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
8
4.前提条件コンポーネントのインストール
4.1 Lotus Sametime Standard のインストール
(1) 本資料では Lotus Sametime Standard のインストールの手順は記述いたしません。下記
Information Center を参考にインストールを行ってください。
http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/sametime/v8r0/index.jsp?topic=/
com.ibm.help.sametime.802.doc/Standard/welcome_standard.html
(2) Domino LDAP タスクの起動
本資料で記述する環境ではユーザーディレクトリとして Domino LDAP を使用します。Lotus
Sametime Standard のインストールを行う Lotus Domino 上で Domino LDAP タスクが起動する
ように設定を行ってください。
詳細の設定は Lotus Domino に付属の「Lotus Domino Administrator 8.0 ヘルプ」を参照して
ください。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
9
4.2 DB2 データベース管理システムのインストール
4.2.1 DB2 Enterprise Server Edition のインストール
(1) Sametime Advanced Server 用サーバー(stadv8.ibm.com)に Windows 管理者ユーザー ID で
ログインします。
(2) DB2 Enterprise Server Edition のコンポーネント(C92APML)のインストーラー(setup.exe)を
起動し、「製品のインストール」をクリックします。
(3) 「新規インストール」をクリックします。インストーラーが起動します。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
10
(4) セットアップウィザードが表示されたら「次へ」をクリックします。
(5) 使用許諾契約画面で「使用条件の条項に同意します。」を選択し、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
11
(6) インストール・タイプの選択で「標準」を選択したまま、「次へ」をクリックします。
(7) 「DB2 Enterprise Server Edition をこのコンピューターにインストールする」を選択して、「次へ」
をクリックします。 IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
12
(8) ディレクトリーを下記値に変更して「次へ」をクリックします。
・ディレクトリー: C:\IBM\SQLLIB\
(9) ユーザー情報エリア内で下記の設定を行い、「次へ」をクリックします。
・ドメイン: ありません-ローカル・ユーザー・アカウントを使用します
・ユーザー名: db2admin
・パスワード: password
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
13
(10) デフォルトの設定のまま「次へ」をクリックします。
(11) デフォルトの設定のまま「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
14
(12) 「通知を送信するように DB2 サーバーをセットアップする」のチェックをはずし、「次へ」を
クリックします
(13) デフォルトの設定のまま「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
15
(14) 設定内容を確認後、「インストール」をクリックします。モジュールのインストールが開始
されます。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
16
(15) デフォルトの設定のまま「完了」をクリックします。
(16) DB2 Enterprise Server Edition のコンポーネント(C92APML)の「db2\license」フォルダ内に
あるライセンスファイル(db2ese.lic)を「c:\temp」にコピーします。
(17) コマンドプロンプトを起動し、下記コマンドを入力しして DB2 コマンド・ウィンドウを開きます。
コマンドプロンプト:>db2cmd
(18) 下記コマンドを入力して「c:\temp」に移動します。
DB2 コマンド・ウィンドウ:>cd c:\temp
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
17
(19) 下記コマンドを入力してライセンスの追加を行います。
(19)
下記コマンドを入力してライセンスの追加を行います。
「ライセンスが正常に追加されました。」というメッセージが表示されることを確認します。
DB2
DB2 コマンド・ウィンドウ:
コマンド・ウィンドウ:>db2licm
>db2licm -a db2ese.lic
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
18
4.2.2 DB2 Net Search Extender のインストール
(1) Sametime Advanced Server 用サーバー(stadv8.ibm.com)に Windows 管理者ユーザー ID でロ
グインします。
(2) DB2 Net Search Extender の コ ン ポ ー ネ ン ト (C92JDML) の イ ン ス ト ー ラ ー (windows\install
\setup.exe)を起動し、「設定言語の選択」で「日本語」を選択します。「次へ」をクリックします。
(3) 「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
19
(4) ソフトウェアライセンス情報を確認し、「同意する」をクリックします。
(5) 「DB2COPY1」を選択し、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
20
(6) 「次へ」をクリックします。
(7) ユーザー名とパスワードを下記設定で行い、「次へ」をクリックします。
・ユーザー名: db2admin
・パスワード: password
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
21
(8) 「完了」をクリックします。
(9) コマンドプロンプトを起動し、下記コマンドを入力しして DB2 コマンド・ウィンドウを開きます。
コマンドプロンプト:>db2cmd
(10) 下記コマンドを入力して DB2 Net Search Extender を起動します。
「操作が正常に完了しました。」というメッセージが表示されることを確認します。
DB2 コマンド・ウィンドウ:>dbtext start
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
22
(11) Windows の「サービス」コントロールパネルで DB2 Net Search Extender(表示名:DB2EXT –
DBCOPY1 – DB2-0)が自動起動するように設定を行います。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
23
4.2.3 WebSphere Event Broker データベースの作成
(1) Sametime Advanced Server 用 サ ー バ ー (stadv8.ibm.com) に DB2 管 理 者 ユ ー ザ ー ID
(db2admin)でログインします。
(2) コマンドプロンプトを起動し、下記コマンドを入力しして DB2 コマンド・ウィンドウを開きます。
コマンドプロンプト:>db2cmd
(3) 下記コマンドを入力して DB2 Net Search Extender を起動します。
「操作が正常に完了しました。」というメッセージが表示されることを確認します。
DB2 コマンド・ウィンドウ:
>DB2 CREATE DATABASE BRKRDB USING CODESET UTF-8 TERRITORY US
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
24
4.2.4 Lotus Sametime Advanced データベースの作成
(1) Sametime Advanced Server 用 サ ー バ ー (stadv8.ibm.com) に DB2 管 理 者 ユ ー ザ ー ID
(db2admin)でログインします。
(2) Lotus Sametime Advanced 8.0.1 Server モジュール(C1H2VML)内の「SupportingFiles\DB2image\db2-scripts」フォルダに「createDb.bat」があることを確認します。
(3) コマンドプロンプトを起動し、下記コマンドを入力しして DB2 コマンド・ウィンドウを開きます。
コマンドプロンプト:>db2cmd
(4) Lotus Sametime Advanced 8.0.1 Server モジュール(C1H2VML)内の「SupportingFiles\DB2image\db2-scripts」フォルダに移動します。
(5) 下記コマンドを入力して Lotus Sametime Advanced データベースを作成します。
DB2 コマンド・ウィンドウ:>createdb.bat STADV
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
25
4.2.5 Lotus Sametime Advanced データベースの検索用のテキス
ト索引の作成
(1) (前項の DB2 コマンド・ウィンドウを開いたまま 、)下記コマンドを入力して Lotus Sametime
Advanced データベースのテキスト索引を作成します。
DB2 コマンド・ウィンドウ:>dbtext.bat STADV
(2) 下記メッセージが表示されることを確認してください。
(3) exit コマンドで DB2 コマンド・ウィンドウ、コマンドプロンプトを閉じます。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
26
5.Lotus Sametime Advanced のインストール
5.1 WebSphere MQ アプリケーションのインストール
(1) Sametime Advanced Server 用サーバー(stadv8.ibm.com)に Windows 管理者ユーザー ID で
ログインします。
(2) WebSphere MQ のコンポーネント(C8471ML)のインストーラー(setup.exe)を起動し、「ソフトウェ
ア要件」をクリックします。
(3) OS の用件が「OK」になっていることを確認し、「WebSphere Eclipse Platform バージョン 3.0.1」
の「+」をクリックして開きます。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
27
(4) 「ネットワーク」をクリックします。
(5) 「setup.exe」を起動します。
(6) 「日本語」を選択したまま「OK」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
28
(7) インストール・ウィザード画面で「次へ」をクリックします。
(8) 「使用条件に同意します」を選択し、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
29
(9) デフォルトの設定のまま「次へ」をクリックします。
(10) 「インストール」をクリックします。モジュールのインストールが開始されます。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
30
(11) 正常にインストールされたことを確認して、「完了」をクリックします。
(12) 「リフレッシュ」をクリックし、「WebSphere Eclipse Platform バージョン 3.0.1」がインストールさ
れたことを確認します。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
31
(13) 「WebSphere MQ インストール」をクリックし、表示さた画面の「IBM WebSphere MQ インストー
ラの起動」をクリックします。
(14) 「使用条件に同意します」を選択し、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
32
(15) セットアップ・タイプの選択で、「標準」を選択して「次へ」をクリックします。
(16) 「インストール」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
33
(17) 「完了」をクリックします。「WebSphere MQ 準備ウィザード」が自動起動します。
(18) 「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
34
(19) ご使用の環境に合わせて選択してください。ここでは「いいえ」を選択します。
「次へ」をクリックします。
(20) 必要に応じてオプションを選択し、「完了」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
35
5.2 WebSphere MQ Fix Pack のインストール
(1) Sametime Advanced Server 用サーバー(stadv8.ibm.com)に Windows 管理者ユーザー ID で
ログインします。
(2) Web ブラウザから下記 URL にアクセスし、該当する Windows/日本語版の Fix Pack(6.0.2WS-MQ-WinIA32-FP0005-JaJp.zip )をダウンロードします。
WebSphere MQ V6.0 Fix Pack 6.0.2.
http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?rs=171&uid=swg24017980
(3) ダウンロードしたファイル(6.0.2-WS-MQ-WinIA32-FP0005-JaJp.zip )を解凍し、
「WebSphereMQMDV6.0.2.5JaJp.exe」を起動します。
(4) 起動したウィザード画面で「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
36
(5) デフォルトの設定のまま、「次へ」をクリックします。
(6) 「インストール」をクリックします。
(7) 「完了」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
37
5.3 WebSphere Event Broker アプリケーションのインストール
(1) Sametime Advanced Server 用サーバー(stadv8.ibm.com)に Windows 管理者ユーザー ID で
ログインします。
(2) WebSphere Event Broker のコンポーネント(C95I0ML)のインストーラー(setup.exe)を起動し、
「次へ」をクリックします。
(3) 「使用条件の条項に同意します。」を選択し、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
38
(4) 「標準」のセットアップ・タイプを選択したまま「次へ」をクリックします。
(5) デフォルトのインストール先のまま「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
39
(6) 内容を確認して「次へ」をクリックします。モジュールのインストールが開始されます。
(7) デフォルトの設定のまま「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
40
(8) 「終了」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
41
5.4 WebSphere Event Broker の構成
5.4.1 Windows でのクラスパスへの JAR ファイルの追加
(1) Sametime Advanced Server 用サーバー(stadv8.ibm.com)に Windows 管理者ユーザー ID で
ログインします。
(2) Windows デスクトップ上の「マイコンピュータ」アイコンを右クリックしてプロパティを表示しま
す。
(3) 「詳細設定」タブをクリックします。
(4) 「環境変数」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
42
(5) システム環境変数の「CLASSPATH」を選択して、「編集」をクリックします。
(6) 現在の変数値に下記の値を追加します。それぞれのパラメータをセミコロン(;)で区切って設定
します。「OK」をクリックします。
;C:\Program Files\IBM\MQSI\6.0¥classes¥AddBroker.jar;C:\Program Files\IBM\MQSI\6.0
¥classes¥SametimePlusExits.jar;C:\Program Files\IBM\MQSI\6.0¥classes¥commonscodec-1.3.jar;C:\Program Files\IBM\MQSI\6.0¥classes¥commons-httpclient-3.1.jar;C:
\Program Files\IBM\MQSI\6.0¥classes¥commons-logging-1.1.jar
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
43
(7) 「OK」をクリックします。
(8) サーバーを再起動して変更内容を有効にしてください。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
44
5.4.2 Windows での構成スクリプトの実行
(1) Sametime Advanced Server 用サーバー(stadv8.ibm.com)に Windows 管理者ユーザー ID で
ログインします。
(2) Lotus Sametime Advanced 8.0.1 Server モ ジ ュ ー ル (C1H2VML) 内 の 「 SupportingFiles\EBV60-image」フォルダに「ConfigureEB.bat」があることを確認します。
(3) コマンドプロンプトを起動し、上記フォルダに移動します。下記コマンドを実行します。
(コマンド全体を 1 行で入力してください。)
コマンドプロンプト:
>ConfigureEB.bat -hostname stadv8.ibm.com -userid administrator -userpassword
passw0rd -dbinstallpath "C:\IBM\SQLLIB" -dbusername db2admin -dbpassword
password -dbname BRKRDB -mqsiinstallpath "C:\Program Files\IBM\MQSI\6.0" stadvserver stadv8.ibm.com
(4) 「コマンドが完了しました。」と表示されることを確認します。
(5) Windows の「サービス」コントロールパネルで下記サービスが自動起動するように設定を行い
ます。
・IBM WebSphere Message Broker component BRKR_SCCS
・IBM WebSphere Message Broker component CMGR_SCCS
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
45
5.5 Lotus Sametime Advanced 用インストーラの実行
(1) Sametime Advanced Server 用サーバー(stadv8.ibm.com)に Windows 管理者ユーザー ID で
ログインします。
(2) IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 Server のコンポーネント(C1H2VML)のインストーラー
(install.bat)を起動し、言語の選択で「日本語」選択して「OK」をクリックします。
(3) 「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
46
(4) 「IBM および第三者が提示する条件に同意します。」を選択して、「次へ」をクリックします。
(5) デフォルトの設定のまま、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
47
(6) 「参照」をクリックして WebSphere Application Server Network Deployment v6.1.0.13 コンポー
ネント(C14KZML)のフォルダを選択します。「次へ」をクリックします。
(7) デフォルトのインストール場所の設定のまま、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
48
(8) ユーザー ID とパスワードに下記値を設定し、「同じユーザー ID とパスワードを使用します。」を
チェックします。「次へ」をクリックします。
・ユーザー ID: wasadmin
・パスワード: password
(9) デフォルトの設定のまま、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
49
(10) デフォルトのインストール場所の設定のまま、「次へ」をクリックします。
(11) 下記値(環境に応じて設定を変更してください。)を設定し、「次へ」をクリックします。
・ホスト名: stadv8.ibm.com
・ポート: 50001
・データベース名: STADV
・アプリケーション・ユーザー ID: db2admin
・アプリケーションパスワード: password
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
50
(12) 下記値を設定し、「次へ」をクリックします。
・ホスト名: ststd8.ibm.com
・ポート: 80
(13) デフォルトの設定のまま、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
51
(14) ホスト名に下記値を設定し、「次へ」をクリックします。
・ホスト名: stadv8.ibm.com
(15) デフォルトの「今すぐ LDAP を構成」が選択された状態で「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
52
(16) ホスト名に下記値を設定し、「次へ」をクリックします。
・ホスト名: ststd8.ibm.com
(17) デフォルトの「匿名アクセス」が選択された状態で「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
53
(18) 下記値を設定し、「次へ」をクリックします。
・ベース識別名: o=lotus
・ログイン:uid
(19) 設定内容を確認し、「インストール」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
54
(20) 正常にインストールされたことを確認して、「終了」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
55
5.6 Lotus Sametime Advanced インストールの確認
(1) IBM WebSphere MQ、WebSphere Event Broker、IBM DB2、Lotus Sametime Advanced がす
べて稼働していることを確認することにより、インストールを確認します。
(2) Windows の「サービス」コントロールパネルで下記サービスが起動していることを確認します。
・IBM MQSeries®
・IBM WebSphere Message Broker component BRKR_SCCS
・IBM WebSphere Message Broker component CMGR_SCCS
(3) [スタート] > [プログラム] > [IBM WebSphere MQ] > [WebSphere MQ エクスプローラー] をク
リックして MQ エクスプローラーを開き、キューマネージャー (sccs.queue.manager など) が起
動していることを確認します。
(4) Windows の「サービス」コントロールパネルで下記サービスが起動していることを確認します。
・DB2 - DB2COPY1 – DB2-0
・DB2EXT - DB2COPY1 – DB2-0
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
56
(5) Web ブラウザより下記 URL にアクセスし、正しく表示されることを確認します。
http://stadv8.ibm.com:9080/stadvanced
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
57
6.デプロイメントの完了
6.1 IBM HTTP Server アプリケーションのインストール
(1) Edge Components V6.1 のコンポーネント(C88UXML)のインストーラー(IHS\install.exe)を
起動します。「次へ」をクリックします。
(2) 「IBM および第三者が提示する条件に同意します。」を選択し、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
58
(3) 前提条件に問題ないことを確認して、「次へ」をクリックします。
(4) デフォルトのロケーション設定のまま、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
59
(5) デフォルトのポート設定のまま、「次へ」をクリックします。
(6) 「ローカル・システム・アカウントとしてログインする」を選択します。その他はデフォルトの設定
のまま、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
60
(7) ユーザー ID、パスワードに下記値を設定して、「次へ」をクリックします。
・ユーザー ID: httpadmin
・パスワード: password
(8) Web サーバー定義に下記値を設定し、「次へ」をクリックします。
・Web サーバー定義: stadvhttp
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
61
(9) 設定内容を確認して、「次へ」をクリックします。
(10) 正常にインストールが終了したことを確認して、「終了」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
62
6.2 HTTP Server と連携するための WebSphere Application
Server の構成
(1) IBM Lotus Sametime Advanced が起動していることを確認します。
が起動していることを確認します。Web
Web ブラウザから下記 URL
にアクセスし WAS の管理コンソールを開きます。
http://stadv8.ibm.com:9060/ibm/console
http://stadv8.ibm.com:9060/ibm/console
(2) 下記ユーザー ID/パスワードでログインします。
・ユーザー ID: wasadmin
・パスワード: password
(3) 左のメニューから[サーバー] > [Web サーバー] を選択し、 「新規作成」 をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
63
(4) サーバー名、タイプ、ホスト名に下記値を設定し、「次へ」をクリックします。
・サーバー名: stadvhttp
・タイプ: IBM HTTP Server
・ホスト名: stadv8.ibm.com
(5) デフォルトの設定のまま、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
64
(6) ユーザー名、パスワードを下記値に設定し、その他はデフォルトの設定のまま「次へ」をクリッ
クします。
・ユーザー名: httpadmin
・パスワード: password
(7) 設定内容を確認して、「終了」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
65
(8) 正常にサーバーが作成されたことを確認し、「保管」をクリックします。
(9) 左側のメニューから [サーバー] > [Web サーバー ] を選択し、Web サーバーの状況を確認し
ます。ここから Web サーバーの起動/停止も可能です。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
66
6.2 Lotus Sametime Advanced 用の SSO の構成
(1) IBM Lotus Sametime Advanced が起動していることを確認します。Web ブラウザから下記 URL
にアクセスし WAS の管理コンソールを開きます。
http://stadv8.ibm.com:9060/ibm/console
(2) 下記ユーザー ID/パスワードでログインします。
・ユーザー ID: wasadmin
・パスワード: password
(3)左側メニューの [セキュリティー] > [管理、アプリケーション、およびインフラストラクチャーの保
護] をクリックし、右側「認証」セクションの [Web セキュリティー] > [シングル・サインオン
(SSO)] をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
67
(4) 「ドメイン・ネーム」に下記値を設定し、「適用」をクリックします。
(5) 「保管」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
68
(6) Windows メニューの [スタート] > [すべてのプログラム] > [IBM WebSphere] > [Application
Server Network Deployment V6.1] > [プロファイル] > [ST_Advanced_Profile]> [サーバーの停
止]及び[サーバーの始動]を選択して、サーバーの再起動を行います。
サーバーの停止時には下記の認証画面が表示されるので、下記値を入力して「OK」をクリック
します。
・ユーザー ID: wasadmin
・ユーザー・パスワード: password
(7) サーバーが起動したら再度 WAS の管理コンソールにログインし、左側メニューで[管理、アプ
リケーション、インフラストラクチャーの保護] をクリックし、右側「認証」セクションの [認証メカ
ニズムおよび有効期限] をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
69
(8) 鍵セット・グループに下記値が設定されていることを確認して、「鍵の生成」をクリックします。
・鍵セット・グループ: NodeLTPAKeySetGroup
(9) 「クロス・セル・シングル・サインオン」セクション内で下記のパラメータを設定し、「鍵のエクスポ
ート」をクリックします。
・パスワード: password
・完全修飾鍵ファイル名: c:\temp\sametime.key
(10) 鍵ファイルが正常にエクスポートされたことを確認して、「保管」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
70
6.3 Lotus Sametime Standard 用の SSO の構成
(1) Lotus Sametime Advanced サーバーに作成した鍵ファイルを Lotus Sametime Standard サー
バーに手動でコピーします 。
(2) Lotus Sametime Standard サーバーの Windows にログインし、Lotus Notes クライアントを起
動します。Lotus Domino の管理者 ID でログインします。
(3) ドミノディレクトリ(names.nsf)を開き、[設定] > [Web] > [Web 設定] をクリックします。[* - Web
SSO 設定] を開いて、「Web SSO 設定先 LtpaToken」文書を選択します。
(4) 選択した「Web SSO 設定先 LtpaToken」文書を削除します。
(5) [設定] >[サーバー] > [全てのサーバー文書] をクリックすし、該当するサーバー文書を選択し
ます。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
71
(6) [Web の作成] > [Web SSO 設定の作成] をクリックします。
(7) DNS ドメイン、Domino サーバー名に下記の値を設定し、その他のパラメータはデフォルトのま
まにします。
・DNS ドメイン: ibm.com
・Domino サーバー名: ststd8.ibm.com
(8) [キー] > [WebSphere LTPA キーの取り込み] をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
72
(9) 下記の鍵ファイルの場所を設定し、「OK」をクリックします。
・鍵ファイル: c:\temp\sametime.key
(10) 下記の鍵ファイルのパスワードを入力し、「OK」をクリックします。
・鍵ファイルパスワード: password
(11) 正常にインポートされたことを確認し、「OK」をクリックします。
(12) 「保存して閉じる」をクリックします。
(13) Lotus Domino を再起動します。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
73
6.3 SSO が機能していることの確認
(1) Lotus Sametime Advanced サーバー及び Lotus Sametime サーバーがまだ稼働していない
場合は起動します。
(2) Web ブラウザで下記 URL を開いて Lotus Sametime Advanced に管理者としてログインしま
す。
http://stadv8.ibm.com:9080/stadvanced
・ユーザー ID: wasadmin
・パスワード: password
(3) 下記 URL で Lotus Sametime サーバーのミーティングセンターにアクセスします。
http://ststd8.ibm.com/stcenter.nsf
(4) 「ミーティングに参加する」をクリックします。SSO が機能している場合、認証の要求は出され
ません。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
74
6.3 在席確認機能の有効化
(1) Web ブラウザで下記 URL を開いて Lotus Sametime Advanced に管理者としてログインしま
す。
http://stadv8.ibm.com:9080/stadvanced
・ユーザー ID: wasadmin
・パスワード: password
(2) 「管理」タブをクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
75
(3) 「管理設定」をクリックし、「サーバー統合」タブをクリックします。ホスト名、ポートに下記値を設
定し、「保存」をクリックします。
・ホスト名: ststd8.ibm.com
・ポート: 80
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
76
6.4 Lotus Domino LDAP に対する SSO および在席確認機能の使
用可能化
(1) IBM Lotus Sametime Advanced が起動していることを確認します。Web ブラウザから下記 URL
にアクセスし WAS の管理コンソールを開きます。下記ユーザー ID/パスワードでログインしま
す。
http://stadv8.ibm.com:9060/ibm/console
・ユーザー ID: wasadmin
・パスワード: password
(2) 左側メニューの [セキュリティー] > [管理、アプリケーション、およびインフラストラクチャーの
保護] をクリックし、右側「認証」セクションの [Java 認証・承認サービス] > [システム・ログイ
ン] をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
77
(3) 「RMI_INBOUND」をクリックします。
(4) 「追加プロパティー」 で、「JAAS ログイン・モジュール」をクリックします。
(5) 「新規作成」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
78
(6) 「モジュール・クラス名」に下記値を設定し、「適用」をクリックします。
・モジュール・クラス名: com.ibm.stadv.domino.login.STAdvDominoLogin
(7) 「保管」をクリックします。
(8) 「順序の設定」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
79
(9) 「com.ibm.stadv.domino.login.STAdvDominoLogin」を選択して、「上へ移動」をクリックし、リスト
の一番上になるように設定します。「適用」をクリックします。
(10) 「保管」をクリックします。
(11) (3)から(10)までの手順を 「WEB_INBOUND」 システムログインについて繰り返します。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
80
6.5 クライアントの更新サイトの提供
(1) Lotus Sametime Advanced 8.0.1 Server モジュール(C1H2VML)内のファイル「AdvUpdateSite
\sametime.advanced.update.site.zip」を適当なフォルダに解凍します。
(2) 「C:¥Program Files¥IBM¥HTTPServer¥htdocs¥en_US」フォルダに「updatesite」フォルダを作
成します。
(3) 作成した「C:¥Program Files¥IBM¥HTTPServer¥htdocs¥en_US\updatesite」フォルダに、
「sametime.advanced.update.site.zip」を解凍した下記ファイルをコピーします。
・site.xml
・plugins
・features
(4) HTTP サーバーを始動し、Web ブラウザを使用して下記 URL にアクセスします。site.xml ファ
イルの内容が表示されることを確認してください。
http://stadv8.ibm.com/updatesite/site.xml
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
81
6.6 更新サイト用の Sametime ポリシーの設定
(1) Web ブラウザを使用して下記 URL で Lotus Sametime サーバーにアクセスします。Lotus
Sametime サーバーの管理者 ID でログインします。
http://ststd8.ibm.com/stcenter.nsf
(2) 「サーバーの管理」をクリックします。
(3) 「ポリシー」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
82
(4) 「Sametime のデフォルトポリシー」をクリックします。
(5) 「Sametime の更新サイトの URL」に下記値を設定し、「OK」をクリックします。
http://ststd8.ibm.com/updatesite, http://stadv8.ibm.com/updatesite
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
83
6.7 Sametime Advanced Client 機能のダウンロード
(1) Louts Sametime Connect クライアントを起動し、Lotus Sametime サーバー(ststd8.ibm.com)
へ適当なアカウントでログインします。
(2) 「ツール」>「プラグイン」>「プラグインのインストール」をクリックします。
(3) 「インストールする新しいフィーチャーの検索」を選択し、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
84
(4) 「リモート・ロケーションの追加」をクリックします。
(5) 新しい更新サイト画面で下記値を設定します。
・名前: Sametime Advanced
・URL: http://stadv8.ibm.com/updatesite/site.xml
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
85
(6) 「終了」をクリックします。
(7) 「Sametime Advanced」をチェックし、「次へ」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
86
(8) 「使用条件の条項に同意します」を選択し、「次へ」をクリックします。
(9) 「終了」をクリックします。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
87
(10) モジュールのインストールが終わると、再始動のメッセージが表示されます。「はい」をクリック
します。
(11) 再始動すると Sametime Advanced の機能が追加されています。
(12) 以上で設定は終了です。ヘルプや Infomation Center を参照しながら、機能を確認してくださ
い。
IBM Lotus Sametime Advanced 8.0.1 検証環境構築ガイド
88
Similar pages