Catalog Download

EX タイプ
スピードコントローラ
□48mm タイプ
17 冷却用ファンモータ
(F)、サーマルプロテクタ
(TP)付モータの配線
1
{
M
黒
TP 青
白
TP
灰
F(黒)
F(黒)
SW B
閉
Ry
TP
TP 青
Ry
閉
ON
閉
小形省スペース
(制御盤パネル加工穴が標準化)
豊富なオプション
(パナソニック電工製推奨部品が使用可能)
● 配線がすっきり。
端子台上で主回路と信号入力を分離している。
8ピンの端子台を使用しているので配線数が少ない。
● 電源電圧がワイドレンジになりました。
(100V→100−120V、200V→200−240V)
閉
動作
ON
復帰
SWA
モメンタリ N.O. 接点
SWB
モメンタリ N.C. 接点
100V電源の場合
AC125V 5A以上 3a接点
200V電源の場合
AC250V 5A以上 3a接点
SD48 タイプ
EX48 タイプ
索
引
Ry
Ry
閉
NFB
定格電圧
を入力
TG
開
ON
SW B
F
TG(桃)
閉
● 他社に先駆けDIN48サイズの採用。
[注]
1. サーマルプロテクタ(TP)は自動復帰形ですので、再起動による危険を防止するため、上図の配線で使用してください。
(電磁接触器にはスパークキラーを接続してください。)
Ry
サーマルプロテクタ(TP)を直接電源には接続しないでください。必ず、スイッチ(SW A、SW B)およびリレー( )を
接続してください。
2. TPが動作すると復帰するまで冷却時間が必要です。
3. 冷却用ファンモータ(F)は電源端子(ピン番号㈰-㈪間)に接続してください。
4. モータ(M)やタコジェネレータ(TG)の配線は、目的に応じ後述の電気配線にもとづき配線してください。
■ 標準仕様
18 電磁ブレーキの配線
S D 4 8タイプ
● 電磁ブレーキ付可変速モータの場合、電磁ブレーキの配線は次図のようにしてください。
品番
スピードコントローラ
特性
SW1
2
1
ピン番号
NFB
定格電圧
定格電圧
を入力
C1
R1
SW9
STOP
RUN
モータ
DVSD
48BL
DVSD
48CL
DVSD
48AY
AC100∼120V
DVSD
48BY
DVSD
48CY
DVEX
48AL
AC200∼240V
DVEX
48BL
DVEX
48CL
DVEX
48AY
AC100∼120V
DVEX
48BY
±10%(定格電圧に対して)
AC125V 5A以上
電源周波数
50/60Hz
50/60Hz
SW9 200V電源の場合
AC250V 5A以上
定格電流
R1+C1
DV0P008 オプション
0.5A
適用モータ出力 ※1
3∼20W
ブレーキ
[注]
1. SW9の切り替えは、他のスイッチのRUN-STOPの切り替えと同時に行ってください。
ブレーキが作動したまま(SW9はSTOP側)で他のスイッチをRUNにするとモータ発熱の原因となります。
2. その他の配線は、目的に応じて対応する電気配線図を参照してください。
変速のみで電気ブレーキを併用しない場合(C-14ページ)は、「小信号での運転/停止」の配線を行ってください。
速度制御範囲
1.0A
2.0A
25∼40W 60∼90W
0.3A
3∼20W
0.5A
1.0A
25∼40W 60∼90W
90∼1400r/min/90∼1700r/min
0.5A
3∼20W
1.0A
DVEX
48CY
AC200∼240V
±10%(定格電圧に対して)
黄
黄
DVSD
48AL
E X 4 8タイプ
使用電圧範囲
SW1 100V電源の場合
2.0A
25∼40W 60∼90W
0.3A
3∼20W
0.5A
1.0A
25∼40W 60∼90W
Aモード
(高安定モード)
:50∼1400r/min/50∼1700r/min
Bモード
(高応答モード)
:90∼1400r/min/90∼1700r/min
※2
速度設定器
内 蔵
外部速度設定器、
アナログ電圧、最高速度調整ボリウム
制動 ※3
標準0.5秒間モータに電気ブレーキ電流を流し制動する
標準5秒間モータに電気ブレーキ電流を流し制動する
但し5秒以内にモータが停止すると電気ブレーキの通電を停止する
並列運転
適用不可
可能
ソフトスタート・ソフトダウン
なし
標準5秒まで可変(0∼最高回転速度まで)
使用周囲温度
−10∼50℃
−10∼50℃
保存温度
−20∼60℃
−20∼60℃
※1. 適用モータは弊社小形ギヤードモータ可変速モータとします。
※2. EX48タイプの出荷設定はAモード(高安定モード)です。
※3. 電気ブレーキには保持力はありません。
保持力が必要な場合は電磁ブレーキ付可変速モータをご選定ください。
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-20
オプション
ピン番号
SW A
SW A
Ry
2
閉
■特長
ブレーキユニット
スピードコントローラ
Ry
スピードコントローラ
スピードコントローラ
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-21
□48mm タイプ
■ 外形寸法図
スピードコントローラ
スピードコントローラ
スピードコントローラ
SD48 タイプ
1 実体配線図(一方向運転の配線例)
□48mmSD48タイプ
□48
69.2
3
4 5 6
0
7
8
1
9
10
信号スイッチ
SD48
オプション
SPEED
CONTROLLER
● 本体上面の速度設定つまみによってモータの回転速度を設定することができます。
● 太い実線は主回路を示します。0.75mm2程度の電線を使用してください。
● 細い実線は信号回路を示します。0.3mm2程度の電線を使用してください。
尚、タコジェネレータ
(TG)の配線が長くなる場合は、2芯のツイストのシールド線を用いて配線してください。
(シールド部は接地しないでください)
□44.5
2
14.5
5.5
ブレーキユニット
8
電源
(別途購入ください。)
□48mmEX48タイプ
□48
83.0
14.5
5.5
MAX SPEED
ADJ
EX48
SPEED
CONTROLLER
RESPONSE
3
速度設定つまみ
START
DOWN
モータの回転速度を設定する
ためのつまみです。
90(r/min)
から
1400/1700(r/min)
(50/60Hz)
まで変速すること
ができます。
□44.5
SOFT
4
A
B
索
引
6
サーキットブレーカ
(NFB)
:5A
<お願い>
電源には漏電遮断器
を必ず設置してくだ
さい。
DIN端子台
パナソニック電工製
ATC180031
(別途購入ください。)
■ 標準価格
□48mmSD48タイプ
□48mmEX48タイプ
品 番
出力(W)
電圧(V)
標準価格(円)
8,505
DVEX48AL
3∼20
100∼120
15,908
200∼240
8,505
DVEX48AY
3∼20
200∼240
15,908
25∼40
100∼120
8,505
DVEX48BL
25∼40
100∼120
15,908
DVSD48BY
25∼40
200∼240
8,505
DVEX48BY
25∼40
200∼240
15,908
DVSD48CL
60∼90
100∼120
9,188
DVEX48CL
60∼90
100∼120
16,065
DVSD48CY
60∼90
200∼240
9,188
DVEX48CY
60∼90
200∼240
16,065
品 番
出力(W)
電圧(V)
DVSD48AL
3∼20
100∼120
DVSD48AY
3∼20
DVSD48BL
標準価格(円)
■ 接続図目次
接続図
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
TG
8 1 2
電源スイッチ
(別途購入ください。)
白
灰
桃
桃
黒
CW
スピードコントローラ
ページ
実体配線図(一方向運転の配線例)
機 能
SD48タイプ
C-23
変速のみ
SD48タイプ
C-24
一方向運転+電気ブレーキ
SD48タイプ
C-25
正逆運転+電気ブレーキ
SD48タイプ
C-26
冷却用ファンモータ、サーマルプロテクタ付モータの配線
SD48タイプ
C-27
電磁ブレーキの配線
SD48タイプ
C-27
実体配線図(一方向運転の配線例)
EX48タイプ
C-28
変速のみ
EX48タイプ
C-29
一方向運転+電気ブレーキ
EX48タイプ
C-30
正逆運転+電気ブレーキ
EX48タイプ
C-31
多段速度設定が必要な場合
EX48タイプ
C-32
アナログ信号による変速
EX48タイプ
C-32
無接点信号による運転
EX48タイプ
C-32
外部速度設定器による並列運転
EX48タイプ
C-33
アナログ信号による並列運転
EX48タイプ
C-33
ソフト運転
EX48タイプ
C-34
冷却ファンモータ、サーマルプロテクタ付モータの配線
EX48タイプ
C-35
電磁ブレーキの配線(40W以下)
EX48タイプ
C-35
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-22
7
モータ
コンデンサ
(モータに付属)
■ 回転方向
CW :軸側より見て時計方向
CCW :軸側より見て反時計方向
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-23
SD48 タイプ
2 変速のみ
3 一方向運転+電気ブレーキ
SW1
2
1
NFB
定格電圧
を入力
運転
モータ
SW1
コンデンサ
SW2
SW2
桃
STOP
桃
6
停止
運転
ON
RUN
STOP
STOP
RUN
2
1
R1 C1
RUN
黒
モータ
コンデンサ
BRAKE
SW3
桃
RUN
桃
制動
TG
6
運転
7
2
NFB
定格電圧
を入力
1
R1 C1
8
CW
灰
黒
モータ
CCW
3
R1
RUN
SW2
STOP
SW1
C1
停止
2
1
逆転
ON
SW2
RUN
SW4
CW
STOP
RUN
STOP
CCW
コンデンサ
SW1:電源スイッチ
SW2:RUN/STOPスイッチ
SW4:正逆切替スイッチ
桃
桃
スピードコントローラ
スピードコントローラ
SW4
白
正転
SW1
R1
C1
RUN
BRAKE
定格電圧
を入力
RUN
STOP
CW
RUN
黒
灰
8
3
4
5
BRAKE
SW1:電源スイッチ
SW3:ブレーキ開始スイッチ
SW5:RUN/STOPスイッチ
NFB
白
R2
モータ
コンデンサ
BRAKE
TG
6
SW5
運転
ON
SW3
SW5
40W以上
SW1
制動
停止
SW1
ピン番号
正逆運転
SW3
桃
RUN
桃
TG
6
7
SW1 100∼120V電源の場合
AC125V 5A以上
SW4 200∼240V電源の場合
AC250V 5A以上
SW2
R1,C1
DC10V 10mA
DV0P008 オプション
[注]
1. インダクションモータで正逆運転をする場合には、必ず停止期間を設け、
モータが停止してからSW4を切り替
えてください。
2. レバーシブルモータで正逆運転をする場合は、停止期間を設ける必要はありません。SW1がONのまま、SW4
にて回転方向を切り替えてください。SW4をリレー接点にて構成する場合には、コンデンサ短絡による故障を
防ぐため、接点間の距離の広いもの(例:パナソニック電工製HGリレー、HPリレー)を使用してください。
3. 冷却用ファンモータ・サーマルプロテクタ付モータの場合は、C-27ページも合わせてご覧ください。
4. 正逆運転の場合、SW4を独立した別のリレー接点で構成する場合には、インターロックをとり、同時に接点
が閉じることがないようにしてください。
5. リレー接点保護のため、R1+C1を必ず接続ください。
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-24
CW
● これらの配線では、モータの回転方向は軸側
より見て時計方向(CW)です。反時計方向
(CCW)にする場合は、黒と灰のリード線を入
れ替えてください。
灰
4
TG
ピン番号
ピン番号
R2
3
5
定格電圧
を入力
白
BRAKE
8
7
4
SW5
NFB
索
引
RUN
反時計方向
SW1
オプション
灰
3
CCW
25W以下
スピードコントローラ
スピードコントローラ
白
黒
時計方向
● この配線では、モータの回転方向は軸側より見て
時計方向(CW)です。反時計方向(CCW)にする場
合は、黒と灰のリード線を入れ替えてください。
CW
8
CW
ブレーキユニット
軸側より見た回転方向
一方向運転
4
スピードコントローラ
スピードコントローラ
7
ピン番号
SW1 100∼120V電源の場合
SW5 200∼240V電源の場合
SW3
AC125V 5A以上
AC250V 5A以上
DC10V 10mA
R1,C1
DV0P008 オプション
R2
DV0P003 オプション
[注]
1. SW3・SW5をRUNからSTOPにすると制動(電気ブレーキ)
が約0.5秒間動作し、
モータが急速停止します。
SW3とSW5は必ず同時に入切してください。どちらか一方のみの入切の場合、異常動作(短時間全速運転)、
モータの異常発熱になりますので、ご注意ください。
2. 起動・停止の頻度は1分間に6回以下としてください。
3. 冷却用ファンモータ・サーマルプロテクタ付モータの場合は、C-27ページも合わせてご覧ください。
4. リレー接点保護のため、R1+C1を必ず接続ください。
5. R2はブレーキ時のコンデンサ短絡による放電電流の制限のためです。
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-25
SD48 タイプ
4 正逆運転+電気ブレーキ
5 冷却用ファンモータ
(F)、サーマルプロテクタ
(TP)付モータの配線
定格電圧
を入力
白
BRAKE
R1
C1
8
制動
CCW
SW5 R2
SW7
CW
R1 C1
CCW
運転
黒
灰
SW6
モータ
5
RUN
RUN
桃
AC125V 5A以上
AC250V 5A以上
NFB
CW
SW3
RUN
SW7
SW6
R1 C1
TP 青
DV0P008 オプション
R2
DV0P003 オプション
黒
灰
閉
閉
ON
動作
閉
ON
復帰
定格電圧
を入力
F
TG
TG(桃)
SWA
モメンタリ N.O. 接点
SWB
モメンタリ N.C. 接点
100∼120V電源の場合
AC125V 5A以上 3a接点
200∼240V電源の場合
AC250V 5A以上 3a接点
[注]
1. サーマルプロテクタ(TP)は自動復帰形ですので、再起動による危険を防止するため、上図の配線で使用し
てください。(電磁接触器にはスパークキラーを接続してください。)
サーマルプロテクタ(TP)を直接電源には接続しないでください。必ず、スイッチ(SW A、SW B)およ
Ry
びリレー( )を接続してください。
2. TPが動作すると復帰するまで冷却時間が必要です。
3. 冷却用ファンモータ(F)は電源端子(ピン番号① - ②間)に接続してください。
4. モータ(M)やタコジェネレータ(TG)の配線は、目的に応じ後述の電気配線にもとづき配線してください。
6 電磁ブレーキの配線
モータ
コンデンサ
● 電磁ブレーキ付可変速モー
タの場合、電磁ブレーキの
配線は次図のようにしてく
ださい。
SW1
2
定格電圧
を入力
C1
R1
SW9
RUN
STOP
モータ
黄
TG
6
7
NFB
1
ピン番号
桃
桃
開
ON
TP
閉
NFB
Ry
スピードコントローラ
スピードコントローラ
CCW
BRAKE
DC10V 10mA
R1,C1
白
RUN
R2 CCW
SW B
Ry
SW6・SW7 200∼240V電源の場合
定格電圧
を入力
BRAKE
SW5
TP
灰
閉
Ry
TP 青
白
Ry
SW1:電源スイッチ
SW3:ブレーキ開始スイッチ
SW5:RUN/STOPスイッチ
SW6,SW7:正逆切替スイッチ
SW3
CW
R1
C1
8
3
4
5
BRAKE
SW1・SW5 100∼120V電源の場合
40W以上
C1
RUN
CW
TG
ピン番号
R1
BRAKE
{
黒
F(黒)
F(黒)
ON
6
7
2
1
運転
M
0.7秒以上
桃
SW1
停止
ピン番号
SW B
CCW
SW3
BRAKE
制動
SW A
Ry
2
閉
索
引
R1 C1
4
SW1
SW3
SW5
SW6
SW7
コンデンサ
CW
3
時計方向
反時計方向
閉
SW A
オプション
スピードコントローラ
RUN
CW
CCW
Ry
1
ブレーキユニット
NFB
SW1
スピードコントローラ
軸側より見た回転方向
25W以下
2
1
スピードコントローラ
スピードコントローラ
黄
ブレーキ
ピン番号
SW1 100∼120V電源の場合
SW9 200∼240V電源の場合
[注]
1. SW3・SW5をRUNからSTOPにすると制動(電気ブレーキ)
が約0.5秒間動作し、モータが急速停止します。
(モータが停止するまでSW6・SW7を操作しないでください)SW3とSW5は必ず同時に入切してください。
どちらか一方のみの入切の場合、異常動作(短時間全速運転)、モータの異常発熱になりますので、ご注意ください。
2. 運転中に正逆の切り替え(SW6・SW7)をしないでください。
3. 起動・停止の頻度は1分間に6回以下としてください。
4. 冷却用ファンモータ・サーマルプロテクタ付モータの場合は、C-27ページも合わせてご覧ください。
5. リレー接点保護のため、R1+C1を必ず接続ください。
6. R2はブレーキ時のコンデンサ短絡による放電電流の制限のためです。
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-26
R1+C1
AC125V 5A以上
AC250V 5A以上
DV0P008 オプション
[注]
1. SW9の切り替えは、他のスイッチのRUN-STOP(BRAKE)の切り替えと同時に行ってください。
ブレーキが作動したまま(SW9はSTOP側)で他のスイッチをRUNにするとモータ発熱の原因となります。
2. その他の配線は、目的に応じて対応する電気配線図を参照してください。
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-27
EX48 タイプ
7 実体配線図(一方向運転の配線例)
8 変速のみ
信号スイッチ
(別途購入ください。)
電源
6
4
■最高速度調整ボリューム
3
外部速度設定器を最大にしたときの
回転速度を調整します。
設定時に必ず50Hz:1400(r/min)
以下、60Hz:1700(r/min)以下に
調整してください。
また外部速度設定が必要ない場合は、
このボリュームだけでも速度設定をする
ことができます。
サーキットブレーカ
(NFB)
:5A
<お願い>
電源には漏電遮断器
を必ず設置してくだ
さい。
(別途購入ください。)
白
4
運転
SW1
桃
ピン番号
SW4 200∼240V電源
AC250V 5A以上
SW2
正逆運転
2
1
NFB
SW1
定格電圧
を入力
R1 C1
SW4
8
白
CW
黒
CCW
3
4
R1 C1
RUN
コンデンサ
3
VR
2
1
桃
桃
R1,C1
DV0P008 オプション
VR
DV0P002 オプション
停止
SW1
モータ
SW2
DC10V 10mA
正転
灰
逆転
ON
SW2
RUN
SW4
CW
STOP
RUN
STOP
CCW
TG
SW1:電源スイッチ
SW2:RUN/STOPスイッチ
SW4:正逆切替スイッチ
ピン番号
最高速度調整ボリュームによる運転
(モータに付属)
[注]
1. インダクションモータで正逆運転をする場合には、必ず
停止期間を設け、モータが停止してからSW2を切り替え
てください。
2. レバーシブルモータで正逆運転をする場合は、停止期間
を設ける必要はありません。SW1がONのまま、SW2に
て回転方向を切り替えてください。SW2をリレー接点に
て構成する場合には、コンデンサ短絡による故障を防ぐ
ため、接点間の距離の広いもの(例:パナソニック電
工製HGリレー、HPリレー)を使用してください。
3. 冷却用ファンモータ・サーマルプロテクタ付モータの場
合は、C-35ページも合わせてご覧ください。
4. 正逆運転の場合、SW2を独立した別のリレー接点で構成
する場合には、インターロックをとり、同時に接点が閉
じることがないようにしてください。
5. リレー接点保護のため、R1+C1を必ず接続ください。
● 外部速度設定器が必要でないときは、最高速度調整ボ
リュームによって速度調整ができます。
スピードコントローラ
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
STOP
RUN
TG
CW
モータ
STOP
RUN
7
桃
運転
ON
SW2
桃
1
停止
AC125V 5A以上
6
桃
モータ
コンデンサ
VR
STOP 2
STOP
黒
3
SW2
RUN
灰
コンデンサ
C-28
黒
3
● この配線では、モータの回転方向は軸側より見て
時計方向(CW)です。反時計方向(CCW)にする
場合は、黒と灰のリード線を入れ替えてください。
SW1 100∼120V電源
スピードコントローラ
7
電源スイッチ
灰
8
時計方向
反時計方向
7
(別途購入ください。)
8 1 2
白
6
DIN端子台
パナソニック電工製
ATC180031
■応答性切り替えスイッチ
CW
CW
CCW
索
引
ソフトスタート・ソフトダウンの時間
が同時に調整できます。
始動・停止時急激な回転速度の変化に
よって負荷に衝撃がかかる場合に使用
します。
ソフト運転しない場合は右いっぱいに
回してください。
定格電圧
を入力
オプション
■ソフトスタート・ダウンボリューム
NFB
SW1
2
1
スピードコントローラ
外部速度設定器
オプション
DV0P002
軸側より見た回転方向
一方向運転
ブレーキユニット
● 太い実線は主回路を示します。0.75mm2程度の電線を使用してください。
● 細い実線は信号回路を示します。0.3mm2程度の電線を使用してください。
尚、タコジェネレータ
(TG)の配線が長くなる場合は、2芯のツイストのシールド線を用いて配線してください。
A:高安定モード
・負荷の増減による回転速度の変動が
少ない。
・速度制御範囲が広い。
・能力制御に適する。
・負荷の急変に対して、回転速度が
不安定になる場合がある。
B:高応答モード
・応答性が早くハンチングが少ない。
・位置決めに適する。
・負荷の増減による回転速度の変動が
大きい。
・速度制御範囲が狭い。
スピードコントローラ
スピードコントローラ
3
4
SW2
RUN
6
7
R3
STOP
20kΩ 1/4W
}
TGへ
ピン番号
[注]
1. 外部速度設定器(VR)の代りに固定抵抗器(R3)を
接続してください。
またR3を使用しなくても(③ - ⑥を開放)、最高速度
調整ボリュームの調整範囲の約半分を使用して速度設
定ができます。
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-29
EX48 タイプ
9 一方向運転+電気ブレーキ
NFB
2
1
定格電圧
を入力
RUN
R2
黒
灰
モータ
3
4
コンデンサ
3
BRAKE
RUN
2
桃
1
6
SW1 100∼120V電源の場合
AC125V 5A以上
SW5 200∼240V電源の場合
AC250V 5A以上
SW3
TG
DC10V 10mA
R1,C1
DV0P008 オプション
7
R2
DV0P003 オプション
ピン番号
VR
DV0P002 オプション
CW
時計方向
CCW
反時計方向
白
RUN
SW5 R2 CCW
CW
R1 C1
BRAKE
R1 C1
CCW
8
SW7
黒
灰
SW6
コンデンサ
CW
3
4
5
モータ
R1 C1
RUN
AC125V 5A以上
SW6・SW7 200∼240V電源の場合
AC250V 5A以上
SW3
3
SW3
BRAKE
SW1・SW5 100∼120V電源の場合
桃
VR
2
桃
1
6
7
TG
DC10V 10mA
R1,C1
DV0P008 オプション
R2
DV0P003 オプション
VR
DV0P002 オプション
索
引
SW3
桃
VR
● これらの配線では、モータの回転方向は軸側
より見て時計方向(CW)です。反時計方向
(CCW)にする場合は、黒と灰のリード線を入
れ替えてください。
定格電圧
を入力
オプション
SW5 BRAKE
8
CW
スピードコントローラ
スピードコントローラ
白
軸側より見た回転方向
NFB
SW1
ブレーキユニット
SW1
R1 C1
5
10 正逆運転+電気ブレーキ
25W以下
25W以下
2
1
スピードコントローラ
スピードコントローラ
ピン番号
40W以上
SW1
2
1
定格電圧
を入力
BRAKE
C1
SW5
白
運転
3
6
VR
2
1
モータ
コンデンサ
SW3
制動
停止
運転
黒
灰
RUN
制動
RUN
R2
BRAKE
CW
SW1
ON
SW3
SW5
RUN
RUN
STOP
SW1:電源スイッチ
SW3:ブレーキ開始スイッチ
SW5:RUN/STOPスイッチ
桃
桃
BRAKE
TG
スピードコントローラ
スピードコントローラ
R1
8
3
4
5
40W以上
NFB
最高速度調整ボリュームによる運転
● 外部速度設定器が必要でないときは、最高速度調整ボ
リュームによって速度調整ができます。
CW
R1
C1
8
3
4
5
5
R3
SW3
BRAKE
6
7
20kΩ 1/4W
RUN
}
TGへ
ピン番号
[注]
1. 外部速度設定器(VR)の代りに固定抵抗器(R3)を
接続してください。
またR3を使用しなくても(③ - ⑥を開放)、最高速度
調整ボリュームの調整範囲の約半分を使用して速度設
定ができます。
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-30
3
4
CCW
CW
6
7
RUN
運転
白
SW1
SW7
SW6
黒
灰
モータ
VR
2
1
制動
停止
運転
ON
SW3
SW5
SW6
SW7
RUN
BRAKE
BRAKE
CCW
SW1:電源スイッチ
SW3:ブレーキ開始スイッチ
SW5:RUN/STOPスイッチ
SW6,SW7:正逆切替スイッチ
桃
桃
RUN
CW
コンデンサ
3 R1 C1
SW3
BRAKE
制動
TG
最高速度調整ボリュームによる運転
ピン番号
[注]
1. SW3・SW5をRUNからSTOPにすると制動(電気ブ
レーキ)がモータが停止するまでもしくは5秒間動作し、
モータが急速停止します。(モータが停止するまで
SW6・SW7を操作しないでください)
SW3とSW5は必ず同時に入切してください。どちらか
一方のみの入切の場合、異常動作
(短時間全速運転)、モー
タの異常発熱になりますので、ご注意ください。
2. 運転中に正逆の切り替え(SW6・SW7)をしないでく
ださい。
3. 起動・停止の頻度は1分間に6回以下としてください。
4. 冷却用ファンモータ・サーマルプロテクタ付モータの場
合は、C-35ページも合わせてご覧ください。
5. リレー接点保護のため、R1+C1を必ず接続ください。
6. R2はブレーキ時のコンデンサ短絡による放電電流の制
限のためです。
● 外部速度設定器が必要でないときは、最高速度調整ボ
リュームによって速度調整ができます。
スピードコントローラ
スピードコントローラ
[注]
1. SW3・SW5をRUNからSTOPにすると制動(電気ブレー
キ)がモータが停止するまでもしくは5秒間動作し、モー
タが急速停止します。
SW3とSW5は必ず同時に入切してください。どちらか一
方のみの入切の場合、異常動作(短時間全速運転)、モータ
の異常発熱になりますので、ご注意ください。
2. 起動・停止の頻度は1分間に6回以下としてください。
3. 冷却用ファンモータ・サーマルプロテクタ付モータの場合
は、C-35ページも合わせてご覧ください。
4. リレー接点保護のため、R1+C1を必ず接続ください。
5. R2はブレーキ時のコンデンサ短絡による放電電流の制限
のためです。
定格電圧
を入力
SW5
R1 BRAKE
RUN
C1
R2 CCW
7
ピン番号
NFB
SW1
2
1
3
4
5
R3
SW3
BRAKE
6
7
20kΩ 1/4W
RUN
}
TGへ
ピン番号
[注]
1. 外部速度設定器(VR)の代りに固定抵抗器(R3)
を接続してください。
またR3を使用しなくても(③-⑥を開放)、最高速度調
整ボリュームの調整範囲の約半分を使用して速度設定
ができます。
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-31
EX48 タイプ
11 多段速度設定が必要な場合
14 外部速度設定器による並列運転
3
RUN
2
6
1
VR2
2
1
VR3
2
1
}
TGへ
7
ピン番号
4
3
5
SW3
BRAKE
3
VR1
2
1
RUN
SW2
2
}
6
7
TGへ
VR2
1
2
DC10V
SW3
3
VR3
1
10mA
SW8
VR1
VR2
DV0P002
VR3
オプション
ピン番号
3
6
7
ピン番号
3
6
7
ピン番号
}
TGへ
TGへ
索
引
emax
R2≧ −1kΩ
3
R1
1kΩ
emax
6
emax :最大アナログ信号電圧
R1 :外部抵抗器1kΩ
R2 :外部抵抗器
6
7
ピン番号
3
6
7
ピン番号
TGへ
}
(r/min)
1700
3
R2
3
}
スピードコントローラ
GND
DC
0∼+3V
GND
スピードコントローラ
MAX DC5V
[注]
コントローラ1台あたりの入力インピーダンスは約22kΩです。
この値をもとに、アナログ信号源の出力インピーダンスを決めて
ください。
その他の注意事項は「外部速度設定器による並列運転」、
「アナログ
信号による変速」の項を参照してください。
スピードコントローラ
[注]
1. ソフト運転の必要な場合は、ソフトスタート・ダウンボリュームによって調
整できます。また、アナログ信号によってもソフト運転ができます。
2. アナログ信号の絶対最大定格は、DC5Vです。
標準値をDC3Vで設計してください。DC3Vを越える場合は、次の回路にて
配線してください。
22kΩ
6
1
15 アナログ信号による並列運転
12 アナログ信号による変速
3
2
}
[注]
1. 外部速度設定器VR1・VR2・VR3により、それぞれの速度を設定して、SW8により切り替えてください。
2. 制動する場合、SW3の切り替えは他のスイッチのRUN-BRAKEの切り替えと同時に行ってください。
3. その他の配線は、目的に応じて対応する電気配線図を参照してください。
3
VR
オプション
STOP
VR1
SW8
スピードコントローラ
SW2
3
3
スピードコントローラ
4
3
スピードコントローラ
スピードコントローラ
SW8
[注]
1. 使用する外部速度設定器(VR)の抵抗値Rsは、モータの台数
をNとすると、
Rs=20/N(kΩ)としてください。
2. 同期運転・比率運転の場合は、それぞれ必要な回転速度に最高
速度調整ボリウムにて調整してください。
また、ソフトスタート・ダウンボリューム、動作切換スイッチ
も同一位置にしてください。
3. 外部速度設定器VRからピン番号③-⑥への配線は、図のように
端子番号を統一してください。
4. 並列運転の台数が増えると誤動作する場合があります。「ノイ
ズ対策」を参考にして、ノイズフィルタを個々に接続するなど
の対策をしてください。
5. その他の配線は、目的に応じて対応する電気配線図を参照して
ください。
ブレーキユニット
制動する場合
制動しない場合
3
スピードコントローラ
スピードコントローラ
TGへ
ピン番号
1400
3. 回転速度「0」の信号は、DC0.1V以下にしてください。
4. アナログ信号の電圧のリップル率は、2%以下にしてください。
5. その他の配線は、目的に応じて対応する電気配線図を参照してください。
1000
500
0
1
2
3(V)
アナログ信号(直流)
13 無接点信号による運転
● SW2・SW3の小信号用リレーの代りにトランジスタが使用できます。
4or5
Tr1
6
7
}
TGへ
ピン番号
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-32
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-33
EX48 タイプ
16 ソフト運転について
17 冷却ファンモータ
(F)、サーマルプロテクタ
(TP)付モータの配線
NFB
SW1
定格電圧
を入力
1
3
SW2
4
RUN
2
3
STOP
1
2
{
M
1
黒
白
TGへ
ON
SW6
RUN
0.5s以上
100∼120V電源の場合
SW1
200∼240V電源の場合
閉
閉
開
閉
ON
TP
閉
閉
閉
ON
動作
閉
ON
復帰
NFB
Ry
定格電圧
を入力
TG
TG(桃)
Ry
SWA モメンタリ
N.O. 接点
SWB モメンタリ
N.C. 接点
100∼120V電源の場合
AC125V 5A以上 3a接点
200∼240V電源の場合
AC250V 5A以上 3a接点
索
引
SW1
VR
SW B
ソフトダウン
速度
SW2
Ry
TP 青
F
SW B
Ry
ソフトスタート
「一方向運転+電気ブレーキ」「正逆運転+電気ブレーキ」の
電気配線と同じにし、ソフトスタート・ダウンボリュームにて
ソフトスタート時間を調整してください。
TP
灰
ピン番号
● ソフトスタート+電気ブレーキ
TP 青
F(黒)
F(黒)
}
6
7
SW A
Ry
ピン番号
VR
SW A
オプション
スピードコントローラ
モータへ
Ry
ブレーキユニット
2
スピードコントローラ
● ソフトスタート・ソフトダウン
[注]
1 電源スイッチSW1投入の時間は、SW6による運転開始信号よ
りも、約0.5秒以上早くしてください。
2. 運転/停止を繰り返す場合は、SW1を「ON」のまま、SW6
にて操作してください。小信号にてモータを制御できます。な
お、長時間休止の場合は、SW1を切ってください。
3. ソフトスタート・ソフトダウンの時間とは、外部速度設定器を
最大に設定したときの停止から最高速度まで立ち上がるのに要
する時間です。
4. ソフトスタート・ダウンボリュームを右一杯にしますと、ソフ
トスタート・ダウンの機能がなくなります。
従って停止の信号がきますと瞬時にモータへの通電を絶ちます
が、回転速度は負荷およびモータの慣性の大きさに従って徐々
に減少しモータはフリーラン停止します。
5. ソフトスタート・ダウンボリュームを左に回すと、最大約5秒
(標準値)までの調整ができます。なお、負荷の慣性が大きす
ぎると設定値を越える場合があります。
6. その他の配線は、目的に応じて対応する電気配線図を参照して
ください。
スピードコントローラ
スピードコントローラ
[注]
1. サーマルプロテクタ(TP)は自動復帰形ですので、再起動による危険を防止するため、上図の配線で使用してください。
(電磁接触器にはスパークキラーを接続してください。)
Ry
サーマルプロテクタ(TP)を直接電源には接続しないでください。必ず、スイッチ(SW A、SW B)およびリレー( )を
接続してください。
2. TPが動作すると復帰するまで冷却時間が必要です。
3. 冷却用ファンモータ(F)は電源端子(ピン番号㈰ - ㈪間)に接続してください。
4. モータ(M)やタコジェネレータ(TG)の配線は、目的に応じ後述の電気配線にもとづき配線してください。
AC125V 5A以上
AC250V 5A以上
DC10V 10mA
DV0P002 オプション
18 電磁ブレーキの配線
● 電磁ブレーキ付可変速モータの場合、電磁ブレーキの配線は次図のようにしてください。
スピードコントローラ
SW1
2
NFB
定格電圧
を入力
1
C1
SW1 100∼120V電源の場合
SW9
ピン番号
R1
STOP
SW9 200∼240V電源の場合
RUN
モータ
R1+C1
AC125V 5A以上
AC250V 5A以上
DV0P008 オプション
黄
黄
ブレーキ
[注]
1. SW9の切り替えは、他のスイッチのRUN-STOPの切り替えと同時に行ってください。
ブレーキが作動したまま(SW9はSTOP側)で他のスイッチをRUNにするとモータ発熱の原因となります。
2. その他の配線は、目的に応じて対応する電気配線図を参照してください。
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-34
※ご使用に際し必ず「取扱説明書」をお読み頂き注意事項を十分ご確認の上、正しくお使いください。
C-35
Similar pages