AK1228

[AK1228]
AK1228
10~2000MHz Low Noise Mixer
1.概
要
AK1228 は、低消費電力で高い線形性、低いNoise が必要とされるアプリケーション向けの周波数ミキ
サです。 入出力はシングルエンドの入力と差動の出力の回路から構成され、低電力のシングルエンド
LO入力で動作するミキサです。
入力周波数は10MHz から2000MHz まで、出力周波数は10MHz から1000MHz に対応しています。BIAS 端
子に接続される抵抗により消費電流とアナログ特性の調整が可能です。
2.特








入力周波数:
出力周波数:
消費電流:
アナログ特性:
LO入力電力:
電源電圧:
パッケージ:
動作温度:
長
10MHz to 2000MHz
10MHz to 1000MHz
4.5mA to 10.5mA
消費電流:10.5mA、IIP3:+12dBm、変換利得:4dB、NF:8.5dB
-10 to +5dBm
2.7 to 5.25 V
16pin UQFN(0.5mm pitch、3mm  3mm  0.60mm)
-40 to 85C
3.アプリケーション







業務用無線
防災無線
船舶無線
アマチュア無線
特定小電力トランシーバー
テレメーター、テレコントロール
ワイヤレスマイク
MS1535-J-02
2014/10
-1-
[AK1228]
4.目
次
1.概
要 ............................................................................................................................................................................ 1
2.特
長 ............................................................................................................................................................................ 1
3.アプリケーション ........................................................................................................................................................ 1
4.目
次 ............................................................................................................................................................................ 2
5.ブロック図とピン配置 ................................................................................................................................................ 3
6.端子機能説明 ................................................................................................................................................................ 4
7.絶対最大定格 ................................................................................................................................................................ 4
8.推奨動作条件 ................................................................................................................................................................ 4
9.電気的特性 .................................................................................................................................................................... 5
10.標準特性例 .................................................................................................................................................................. 6
11.標準測定回路 ............................................................................................................................................................ 17
12.LSIインターフェース回路 ...................................................................................................................................... 18
13.アプリケーションノート ........................................................................................................................................ 19
14.外形寸法図 ................................................................................................................................................................ 27
15.マーキング図 ............................................................................................................................................................ 28
MS1535-J-02
2014/10
-2-
[AK1228]
5.ブロック図とピン配置
BIAS
SELECT
15
VSS
16
OUTN
VDD
VDD
9
TOP
VIEW
1
2
3
4
LOINN
14
10
VSS
POWER
DOWN
11
VSS
13
12
IN
VSS
OUTP
Figure 1. ブロック図
8
VDD
7
BIAS2
6
BIAS1
5
LOINP
Figure 2. パッケージ端子配置図
MS1535-J-02
2014/10
-3-
[AK1228]
6.端子機能説明
Table 1. 端子機能
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
端子名
IN
VSS
VSS
LOINN
LOINP
BIAS1
BIAS2
VDD
VDD
VDD
I/O
AI
G
G
AI
AI
AIO
AIO
P
P
P
端子機能
信号入力
グラウンド
グラウンド
LO入力Negative
LO入力Positive
電流調整抵抗接続端子
電流調整抵抗接続端子
電源
電源
電源
11
OUTN
AO
信号出力Negative
12
OUTP
AO
信号出力Positive
13
VSS
POWER
DOWN
BIAS
SELECT
VSS
G
グラウンド
DI
Power Down制御端子
DI
Bias抵抗選択制御端子
G
グラウンド
14
15
16
備考
インダクタを介してグラウンドに接続してください。
対グラウンドに抵抗を接続してください。
対グラウンドに抵抗を接続してください。
オープンドレイン端子
(インダクタを介して電源電圧供給が必要です。)
オープンドレイン端子
(インダクタを介して電源電圧供給が必要です。)
High:Power OFF
Low:Power ON
High:BIAS2端子が有効
Low:BIAS1端子が有効
Note 1. パッケージ裏面中央の露出パッド(Exposed PAD)はグラウンドに接続してください
Note 2. VDDに電源電圧が印可されていない状態で各入力端子に電圧を印可しないでください。
AI:Analog input pin
AO:Analog output pin
AIO:Analog I/O pin
P: Power supply pin
G: Ground pin
DI:Digital input pin
7.絶対最大定格
Table 2. 絶対最大定格
項目
記号
備考
Min. Max. 単位
Vdd
-0.3
5.5
V
電源電圧
INPOW
12
dBm
最大信号入力レベル
LOPOW
12
dBm
最大LO入力レベル
Tstg
-55
125
保存温度
C
これらの値を超えた条件で使用した場合、デバイスを破壊することがあります。また通常の動作は保証され
ません。
8.推奨動作条件
Table 3. 推奨動作条件
項目
記号
備考
Min.
Typ.
Max. 単位
Ta
-40
85
動作温度
C
Vdd
2.7
5
5.25
V
電源電圧
各仕様は推奨動作条件にて指定された電源電圧、動作温度範囲内にて適用されます。
MS1535-J-02
2014/10
-4-
[AK1228]
9.電気的特性
1. アナログ特性
特記なき場合、信号出力周波数 = 50MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、Vdd = 2.7 to 5.25V、Ta = -40 to 85C、
LO入力レベル = -10 to +5dBm。測定回路はFigure 3の通り。
Table 4. アナログ特性
Min.
Typ.
Max.
項目
信号入力周波数
LO入力周波数
信号出力周波数
LO入力電力
電流調整用抵抗
10
10
10
-10
39
消費電流(電流調整抵抗 = 39kΩ)
7.5
消費電流(電流調整抵抗 = 100kΩ)
3
消費電流(POWER DOWN = Vdd)
単位
2000
2000
1000
+5
100
MHz
MHz
MHz
dBm
kΩ
10.5
15
mA
4.5
6.5
mA
1
10
uA
0
備考
VDD,OUTP,OUTN に 流
れる電流の合計値で
す。
IN = 600MHz, LOIN = 550MHz(0dBm), 電流調整抵抗 = 39k, Vdd = 3V
変換利得
SSB 雑音指数 (NF)
IP1dB
IIP3
1.5
4
6
dB
11
-5
8
8.5
-1
12
dB
dBm
dBm
設計保証値
設計保証値
2. デジタルDC特性
POWER DOWN端子、BIAS SELECT端子の特性です。
項目
高レベル入力電圧
低レベル入力電圧
高レベル入力電流
低レベル入力電流
記号
Vih
Vil
Iih
Iil
Table 5. デジタルDC特性
条件
Min.
Typ.
0.8Vdd
Vih = Vdd=5.25V
Vil = 0V, Vdd=5.25V
-1
-1
MS1535-J-02
Max.
0.2Vdd
1
1
単位
V
V
A
A
備考
2014/10
-5-
[AK1228]
10.標準特性例
出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、Vdd = 3V、Ta = 25C、LO入力レベル = 0dBm、電流調整抵抗 = 39k。測定回路
はFigure 3の通り。
項目
変換利得
SSB雑音指数
(NF)
IP1dB
IIP3
Table 6. 標準特性例
周波数
IN = 160MHz, OUT = 70MHz, LOIN = 230MHz
IN = 400MHz, OUT = 70MHz, LOIN = 470MHz
IN = 800MHz, OUT = 11MHz, LOIN = 811MHz
IN = 1500MHz, OUT = 250MHz, LOIN = 1250MHz
IN = 50MHz, OUT = 450MHz, LOIN = 400MHz
IN = 160MHz, OUT = 70MHz, LOIN = 230MHz
IN = 400MHz, OUT = 70MHz, LOIN = 470MHz
IN = 800MHz, OUT = 11MHz, LOIN = 811MHz
IN = 1500MHz, OUT = 250MHz, LOIN = 1250MHz
IN = 50MHz, OUT = 450MHz, LOIN = 400MHz
IN = 160MHz, OUT = 70MHz, LOIN = 230MHz
IN = 400MHz, OUT = 70MHz, LOIN = 470MHz
IN = 800MHz, OUT = 11MHz, LOIN = 811MHz
IN = 1500MHz, OUT = 250MHz, LOIN = 1250MHz
IN = 50MHz, OUT = 450MHz, LOIN = 400MHz
IN = 160MHz, OUT = 70MHz, LOIN = 230MHz
IN = 400MHz, OUT = 70MHz, LOIN = 470MHz
IN = 800MHz, OUT = 11MHz, LOIN = 811MHz
IN = 1500MHz, OUT = 250MHz, LOIN = 1250MHz
IN = 50MHz, OUT = 450MHz, LOIN = 400MHz
MS1535-J-02
Min. Typ. Max.
3.7
3.7
3.3
2.8
2.7
8.5
8.5
9.6
10.3
9.9
2.0
3.1
1.6
1.5
1.5
14.0
13.7
12.0
10.1
13.4
単位
dB
dB
dBm
dBm
2014/10
-6-
[AK1228]
1.電流調整抵抗BIAS特性
AK1228は、BIAS 端子に接続される電流調整抵抗(Rbias)により消費電流とアナログ特性の調整が可能で
す。信号入力周波数 = 600MHz、信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 = 550MHz、出力負荷抵抗 =
2.2kΩ、Vdd = 3V、Ta = 25C、LO入力レベル = 0dBm。
MS1535-J-02
2014/10
-7-
[AK1228]
2.温度特性
信号入力周波数 = 600MHz、信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 = 550MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、
Vdd = 3V、LO入力レベル = 0dBm。
Resistance for current adjustment
39k (10.5mA)
56k (7.5mA)
100k (4.5mA)
MS1535-J-02
2014/10
-8-
[AK1228]
3. 電源電圧特性
信号入力周波数 = 600MHz、信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 = 550MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、
Ta = 25C、LO入力レベル = 0dBm。
Resistance for current adjustment
39k (10.5mA)
56k (7.5mA)
100k (4.5mA)
MS1535-J-02
2014/10
-9-
[AK1228]
4.LO入力レベル特性
信号入力周波数 = 600MHz、信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 = 550MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、
Vdd = 3V、 Ta = 25C 。
Resistance for current adjustment
39k (10.5mA)
56k (7.5mA)
100k (4.5mA)
MS1535-J-02
2014/10
- 10 -
[AK1228]
信号入力周波数 = 2000MHz、信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 = 1950MHz、出力負荷抵抗 =
2.2kΩ、Vdd = 3V、 Ta = 25C 。
高い信号入力周波数では、LO入力レベルを小さくし消費電流を大きくしてご使用下さい。
Resistance for current adjustment
39k (10.5mA)
56k (7.5mA)
100k (4.5mA)
MS1535-J-02
2014/10
- 11 -
[AK1228]
5. 信号入力周波数特性
信号入力周波数 > 600MHz : LO入力周波数 < 信号入力周波数(Lower LO)
信号入力周波数  600MHz : LO入力周波数 > 信号入力周波数(Upper LO)
信号出力周波数 = 50MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、Vdd = 3V、Ta = 25C 、LO入力レベル = 0dBm。
Resistance for current adjustment
39k (10.5mA)
56k (7.5mA)
100k (4.5mA)
MS1535-J-02
2014/10
- 12 -
[AK1228]
6. 信号出力周波数特性
信号出力周波数  150MHz : LO入力周波数 < 信号入力周波数(Lower LO)
信号出力周波数 > 150MHz : LO入力周波数 > 信号入力周波数(Upper LO)
信号入力周波数 = 600MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、Vdd = 3V、Ta = 25C 、LO入力レベル = 0dBm。
Resistance for current adjustment
39k (10.5mA)
56k (7.5mA)
100k (4.5mA)
MS1535-J-02
2014/10
- 13 -
[AK1228]
信号入力周波数 = 140MHz、LO入力周波数 < 信号出力周波数(Lower LO)、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、Vdd
= 3V、Ta = 25C 、LO入力レベル = 0dBm。
Resistance for current adjustment
39k (10.5mA)
56k (7.5mA)
100k (4.5mA)
MS1535-J-02
2014/10
- 14 -
[AK1228]
7. 出力負荷抵抗Rload特性
AK1228はオープンドレイン出力となっており、OUTP、OUTN端子に接続される出力負荷抵抗(Rload)
によりGainの調整が可能です。信号入力周波数 = 600MHz、信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 =
550MHz、Vdd = 3V、Ta = 25C、LO入力レベル = 0dBm。
Resistance for current adjustment
39k (10.5mA)
56k (7.5mA)
100k (4.5mA)
MS1535-J-02
2014/10
- 15 -
[AK1228]
8. Half IF、1/3 IF特性
IF信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 = 550MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、Vdd = 3V、Ta = 25C、
LO入力レベル = 0dBm、電流調整抵抗 = 39k。
RF Signal Input Frequency
RF = 600MHz
LO + IF/2 = 575MHz
LO + IF/3 = 566.7MHz
IF信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 = 1950MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、Vdd = 3V、Ta = 25C、
LO入力レベル = 0dBm、電流調整抵抗 = 39k。
RF Signal Input Frequency
RF = 2000MHz
LO + IF/2 = 1975MHz
LO + IF/3 = 1966.7MHz
9.端子間リーク特性
信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 < 信号入力周波数(Lower LO )、信号入力レベル = -20dBm、
出力負荷抵抗 = 2.2k、Vdd=3V、Ta=25C、 LO入力レベル = 0dBm、電流調整抵抗 = 39k。
項目
IN – LO Leakage
IN – OUT Leakage
LO – IN Leakage
LO – OUT Leakage
Table 7. 端子間リーク特性
Signal Input Frequency
600MHz
2000MHz
600MHz
2000MHz
600MHz
2000MHz
600MHz
2000MHz
MS1535-J-02
Typ. [dBc]
-54
-54
-48
-48
-47
-40
-57
-71
2014/10
- 16 -
[AK1228]
11.標準測定回路
Figure 3. 標準特性評価時の測定回路
Table 8. 標準特性評価時(Downconverting)の外付け部品 (信号入力周波数 = 600MHz、信号出力周波数 = 50MHz)
Ref.
T1
R1
Rload
Rbias
Rbias2
L1
L2
L3
L4
Value
4:1
51
2.2k
39k
100k
15nH
1000nH
1000nH
Size
1005
1005
1005
1005
1005
2012
2012
Part Number
Mini-Circuits ADT4-6T
KOA RK73K1ETP510
KOA RK73K1ETP222
KOA RK73K1ETP393
KOA RK73K1ETP104
Murata LQG15HS15NJ02
Not Mounted
Murata LQW21HN1R2J00
Murata LQW21HN1R2J00
Ref.
C1
C2
C3
C4
C5
C6
C7
C8
Value
8.2pF
10nF
10nF
3.3pF
10uF
10nF
100pF
Size
1005
1005
1005
1005
1608
1005
1005
Part Number
Murata GRM1552C1H8R2DZ01
Murata GRM155B31H103KA88
Murata GRM155B31H103KA88
Murata GRM1553C1H3R3CZ01
Not Mounted
Murata GRM188R60J106ME47
Murata GRM155B31H103KA88
Murata GRM1552C1H101JA01
Table 9. 標準特性評価時(Upconverting)の外付け部品 (信号入力周波数 = 50MHz、信号出力周波数 = 450MHz)
Ref.
T1
R1
Rload
Rbias
Rbias2
L1
L2
L3
L4
Value
4:1
51
2.2k
39k
100k
270nH
68nH
68nH
Size
1005
1005
1005
1005
1005
1608
1608
Part Number
Mini-Circuits JTX4-10T
KOA RK73K1ETP510
KOA RK73K1ETP222
KOA RK73K1ETP393
KOA RK73K1ETP104
Murata LQG15HSR27J02
Not Mounted
Murata LQW18AN68NG00
Murata LQW18AN68NG00
Ref.
C1
C2
C3
C4
C5
C6
C7
C8
MS1535-J-02
Value
120pF
10nF
10nF
2.7pF
10uF
10nF
100pF
Size
1005
1005
1005
1005
1608
1005
1005
Part Number
Murata GRM1552C1H121JA01
Murata GRM155B31H103KA88
Murata GRM155B31H103KA88
Not Mounted
Murata GRM1553C1H2R7CZ01
Murata GRM188R60J106ME47
Murata GRM155B31H103KA88
Murata GRM1552C1H101JA01
2014/10
- 17 -
[AK1228]
12.LSIインターフェース回路
No.
1
端子名
IN
4
5
LOINN
LOINP
6
BIAS1
7
BIAS2
機能
I/O
I 信号入力端子
I
LO入力端子
I/O アナログ入出力端子
300Ω
11
OUTN
12
OUTP
O
信号出力端子
OUTP
OUTN
14
POWER DOWN
15
BIAS SELECT
I
デジタル入力端子
300Ω
MS1535-J-02
2014/10
- 18 -
[AK1228]
13.アプリケーションノート
・信号入力端子整合
信号入力端子は、ハイパスフィルタ構成にて整合を取ることが可能です。50系において、弊社評価
基板を使用した整合回路を以下に示します。
Figure 4. 信号入力端子整合回路
Table 10. 信号入力端子整合回路
Signal Input Frequency [MHz]
C1 [pF]
L1 [nH]
10
470
1500
160
27
82
300
15
47
400
10
22
600
8.2
15
800
5.6
9.1
1300
8.2
5.6
1500
5.6
3.3
2000
3.3
18
L2 [nH]
2.2
・LO入力端子整合
LO入力端子は10MHz < LO入力周波数 < 2000MHzにおいて抵抗整合が可能です。50系において、弊
社評価基板を使用した整合回路を以下に示します。
Figure 5. LO入力端子整合回路
MS1535-J-02
2014/10
- 19 -
[AK1228]
・信号出力端子整合
信号出力端子は、ローパスフィルタ構成とバラン素子にて整合を取ることが可能です。OUTN、OUTP
端子への電源供給はバラン素子のセンタータップを介して行います。50系において、弊社評価基板
を使用した整合回路を以下に示します。
Figure 6. 信号出力端子整合回路
Table 11. 信号出力端子整合回路
Signal Output Frequency [MHz]
L3/L4 [nH]
Rload [k]
11
2.2
4700
20
2.2
2200
50
2.2
1000
70
2.2
680
100
2.2
470
150
2.2
330
250
2.2
180
800
2.2
22
C4 [pF]
18
10
3.3
2.2
1.2
0.4
-
C5 [pF]
0.5
2.2
・LCによる整合素子
Figure 7. LCによる出力整合回路
MS1535-J-02
2014/10
- 20 -
[AK1228]
LCを用いた整合回路をFigure 7に示します。AK1228はオープンドレイン出力構成で、RL1 + RL2が出
力負荷抵抗となります。C11、L11はローパスフィルタを、C12、L12はハイパスフィルタを構成して
おり、C13はDCカット容量、L13はRFチョークです。OUTP、OUTN端子への電源供給は、L11, L12, L13
を介して行います。
L11, C11, L12, C12を適切に選択することによって、OUTP、OUTN端子の差動電圧をシングル電圧に
変換することができます。また、差動間インピーダンスRL1 + RL2は、シングル出力端子の終端抵抗Ro
に変換されます。
L11, C11, L12, C12は、信号出力周波数をfoutとすると以下の式より導出可能です。
C11  C12 
L11  L12 
1
2π * f OUT * RL1  RL2 * RO
RL1  RL2 * RO
2π * f OUT
50系において信号出力周波数 = 50MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kとした場合、計算値は以下のようになり
ます。
C11  C12 
1
 9.6pF
2π * 50 *10^6* 2.2 *10^3* 50
L11  L12 
2.2 *10^3* 50
 1056nH
2π * 50 *10^6
L13, C13はシングル出力側から見た信号出力周波数でのインピーダンスに影響を与えない、大きな値
を使用してください。ただし、L13, C13を用いてインピーダンス整合を調整することも可能です。
50系において信号出力周波数 = 50MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kとした場合、まずL13 = 2200nH、C13=1000pF
を付けます。補正が必要な場合は、L13, C13の値を小さくして調整してください。
これらの計算により導出された値は、部品や実装基板の寄生分などの影響で補正が必要になる場合が
あります。ご使用になる際は十分な評価を実施した上で値を決定してください。
弊社評価基板にてLCによる整合素子を使用したときの特性を以下に示します。測定条件は、信号入
力周波数 = 600MHz、信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 = 550MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、
Vdd = 3V、Ta = 25C、LO入力レベル = 0dBmです。
MS1535-J-02
2014/10
- 21 -
[AK1228]
Table 12. LCによる整合素子を使用したときの特性評価時の外付け部品
Ref.
Value
Size
Part Number
RL1, RL2 1.1k
1005
KOA RK73K1ETP112
L11, L12
1000nH
2012
Murata LQW21HN1R0J00
C11, C12
10pF
1005
Murata GRM1552C1H100JA01
L13
2200nH
2012
Murata LQW21HN2R2J00
C13
150pF
1005
Murata GRM1552C1H151JA01
Table 13. LCによる整合素子を使用したときの特性
電流調整抵抗 Rbias
Min. Typ. Max.
Rbias = 39k (10.5mA)
3.6
変換利得
1.3
Rbias = 100k (4.5mA)
Rbias = 39k (10.5mA)
8.6
SSB雑音指数(NF)
8.5
Rbias = 100k (4.5mA)
Rbias = 39k (10.5mA)
2.1
IP1dB
3.6
Rbias = 100k (4.5mA)
Rbias = 39k (10.5mA)
15.5
IIP3
9.6
Rbias = 100k (4.5mA)
項目
単位
dB
dB
dBm
dBm
LCによる整合素子を使用する場合、信号出力周波数において差動間の位相と振幅のバランスが最適
となるよう素子値を決定します。信号入力周波数及びLO入力周波数が信号出力周波数から離れてい
る場合には、信号入力周波数及びLO入力周波数まで差動間の位相と振幅のバランスが優れたバラン
素子を使用することで低い端子間リークを実現できます。
・負荷抵抗とGain
AK1228はオープンドレイン出力となっており、OUTP、OUTN端子に接続される出力負荷抵抗(Rload)
によりGainの調整が可能です。弊社評価基板を使用した特性を以下に示します。測定条件は、信号入
力周波数 =60010MHz、信号出力周波数 = 5010MHz、LO入力周波数 = 550MHz、Vdd = 3V、Ta = 25C、
LO入力レベル = 0dBm、電流調整抵抗 = 39kです。
MS1535-J-02
2014/10
- 22 -
[AK1228]
・差動LO入力によるアナログ特性の向上
AK1228はシングルエンドLO入力で高い線形性と低いNoiseを実現しておりますが、差動LO入力で使
用することにより、アナログ特性を更に向上することができます。チップ部品点数が4点増加します
が、2次歪みを低減することにより、Gain、NF、HalfIFがより向上します。弊社評価基板を使用した
整合回路例をFigure 8に示します。
Figure 8. 差動LO入力時の整合回路例
C21, L22はローパスフィルタを、C22, L21はハイパスフィルタを構成しており、C2, C3はDCカット容
量です。AK1228のLOINP、LOINN端子はハイインピーダンスなので、R1が差動間入力抵抗となりま
す。
L21, C21, L22, C22を適切に選択することによって、LO入力のシングル電圧をLOINP、LOINN端子の
差動電圧に変換することができます。また、前段の出力抵抗Roは、差動間入力抵抗R1に変換されます。
L21, C21, L22, C22は、LO入力周波数をfLOとすると以下の式より導出可能です。
C21  C22 
1
2π * f LO * R1 * RIN
L21  L22 
R1 * RIN
2π * f LO
50系においてLO入力周波数 = 1250MHz、R1=51とした場合、計算値は以下のようになります。
C21  C22 
1
 2.5pF
2π * 1250 *10^6* 51* 50
L21  L22 
51* 50
 6.4nH
2π * 1250 *10^6
C2, C3はLO入力周波数において差動間入力抵抗R1に影響を与えない、大きな値を使用してください。
MS1535-J-02
2014/10
- 23 -
[AK1228]
これらの計算により導出された値は、部品や実装基板の寄生分などの影響で補正が必要になる場合が
あります。ご使用になる際は十分な評価を実施した上で値を決定してください。
弊社評価基板にて差動LO入力としたときの特性を以下に示します。特記なき場合、信号入力周波数 =
1300MHz、信号出力周波数 = 50MHz、LO入力周波数 = 1250MHz、出力負荷抵抗 = 2.2kΩ、Vdd = 3V、
Ta = 25C、LO入力レベル = 0dBmです。
Table 14. 差動LO入力としたときの特性評価時の外付け部品
Ref.
Value
Size
Part Number
R1
1005
KOA RK73K1ETP510
51
C2, C3
10nF
1005
Murata GRM155B31H103KA88
L21, L22
6.2nH
1005
Murata LQW15AN6N2C00
C21, C22
2.4pF
1005
Murata GJM1553C1H2R4CB01
Gain/NF特性
HalfIF特性 (信号入力周波数 = LO + IF/2 = 1275MHz)
LO Input and Resistance for current adjustment
LO = Diff., Rbias = 39k (10.5mA)
LO = Single, Rbias = 39k (10.5mA)
LO = Diff., Rbias = 100k (4.5mA)
LO = Single, Rbias = 100k (4.5mA)
MS1535-J-02
2014/10
- 24 -
[AK1228]
・評価ボード
Figure 9. AK1224/AK1228用評価ボード(出力整合回路:バラントランス)
Figure 10. AK1224/AK1228用評価ボード(出力整合回路:バラントランス) 回路図
MS1535-J-02
2014/10
- 25 -
[AK1228]
Figure 11. AK1224/AK1228用評価ボード(出力整合回路:LCによる整合素子)
Figure 12. AK1224/AK1228用評価ボード(出力整合回路:LCによる整合素子) 回路図
MS1535-J-02
2014/10
- 26 -
[AK1228]
14.外形寸法図
1 pin marking
(Note 1)
1
4
16
5
13
8
12
9
Figure 13. 外形寸法図
Note 1. 1 ピン表示は、パッケージ上面の1ピンの位置を示すための参考です。
MS1535-J-02
2014/10
- 27 -
[AK1228]
15.マーキング図
(a) 形状
(b) ピン数
(c) 1ピン表示
(d) 品番
(e) 日付コード
:
:
:
:
:
UQFN
16pin
○
1228
YWWL (4桁)
Y : 西暦年下1桁(2013年 → 3、2014年 → 4・・・)
WW : 週
L : 製品毎に同一週ウェハーLOTの区別
 LOT毎にAから付番 (A,B,C・・・)
1228
YWWL
(d)
(e)
●(c)
Figure 14. マーキング図
MS1535-J-02
2014/10
- 28 -
[AK1228]
重要な注意事項
0. 本書に記載された弊社製品(以下、「本製品」といいます。)、および、本製品の仕様につ
きましては、本製品改善のために予告なく変更することがあります。従いまして、ご使用を
検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営業担当、あるいは弊社
特約店営業担当にご確認ください。
1. 本書に記載された情報は、本製品の動作例、応用例を説明するものであり、その使用に際し
て弊社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うも
のではありません。お客様の機器設計において当該情報を使用される場合は、お客様の責任
において行って頂くとともに、当該情報の使用に起因してお客様または第三者に生じた損害
に対し、弊社はその責任を負うものではありません。
2. 本製品は、医療機器、航空宇宙用機器、輸送機器、交通信号機器、燃焼機器、原子力制御用
機器、各種安全装置など、その装置・機器の故障や動作不良が、直接または間接を問わず、
生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて高い信頼性を
要求される用途に使用されることを意図しておらず、保証もされていません。そのため、別
途弊社より書面で許諾された場合を除き、これらの用途に本製品を使用しないでください。
万が一、これらの用途に本製品を使用された場合、弊社は、当該使用から生ずる損害等の責
任を一切負うものではありません。
3. 弊社は品質、信頼性の向上に努めておりますが、電子製品は一般に誤作動または故障する場
合があります。本製品をご使用頂く場合は、本製品の誤作動や故障により、生命、身体、財
産等が侵害されることのないよう、お客様の責任において、本製品を搭載されるお客様の製
品に必要な安全設計を行うことをお願いします。
4. 本製品および本書記載の技術情報を、大量破壊兵器の開発等の目的、軍事利用の目的、ある
いはその他軍事用途の目的で使用しないでください。本製品および本書記載の技術情報を輸
出または非居住者に提供する場合は、「外国為替及び外国貿易法」その他の適用ある輸出関
連法令を遵守し、必要な手続を行ってください。本製品および本書記載の技術情報を国内外
の法令および規則により製造、使用、販売を禁止されている機器・システムに使用しないで
ください。
5. 本製品の環境適合性等の詳細につきましては、製品個別に必ず弊社営業担当までお問合せく
ださい。本製品のご使用に際しては、特定の物質の含有・使用を規制するRoHS指令等、適用
される環境関連法令を十分調査のうえ、かかる法令に適合するようにご使用ください。お客
様がかかる法令を遵守しないことにより生じた損害に関して、弊社は一切の責任を負いかね
ます。
6. お客様の転売等によりこの注意事項に反して本製品が使用され、その使用から損害等が生じ
た場合はお客様にて当該損害をご負担または補償して頂きますのでご了承ください。
7. 本書の全部または一部を、弊社の事前の書面による承諾なしに、転載または複製することを
禁じます。
MS1535-J-02
2014/10
- 29 -
関連製品
Part#
Discription
Mixer
AK1220
100MHz~900MHz 高線形性ダウンコンバージョンミキサー
AK1222
100MHz~900MHz 低消費電流ダウンコンバージョンミキサー
AK1224
100MHz~900MHz 低ノイズ、高線形性ダウンコンバージョンミキサー
AK1228
10MHz~2GHz アップダウンコンバージョンミキサー
AK1221
0.7GHz~3.5GHz 高線形性ダウンコンバージョンミキサー
AK1223
3GHz~8.5GHz 高線形性ダウンコンバージョンミキサー
PLL Synthesizer
AK1541
20MHz~600MHz 低消費電流 Fractional-N 周波数シンセサイザ
AK1542A 20MHz~600MHz 低消費電流 Integer-N 周波数シンセサイザ
AK1543
400MHz~1.3GHz 低消費電流 Fractional-N 周波数シンセサイザ
AK1544
400MHz~1.3GHz 低消費電流 Integer-N 周波数シンセサイザ
AK1590
60MHz~1GHz Fractional-N 周波数シンセサイザ
AK1545
0.5GHz~3.5GHz Integer-N 周波数シンセサイザ
AK1546
0.5GHz~3GHz 低Phase Noise Integer-N 周波数シンセサイザ
AK1547
0.5GHz~4GHz Integer-N 周波数シンセサイザ
AK1548
1GHz~8GHz 低Phase Noise Integer-N 周波数シンセサイザ
IFVGA
AK1291
100~300MHz アナログ制御方式 可変ゲインアンプ
integrated VCO
AK1572
690MHz~4GHz Frac.-N PLL/VCO内蔵ダウンコンバージョンミキサー
AK1575
690MHz~4GHz Frac.-N PLL/VCO内蔵アップコンバージョンミキサー
IF Reciever (2nd Mixer + IF BPF + FM Detector)
AK2364
帯域可変IFBPF内蔵 FM検波LSI
AK2365A 帯域可変IFBPF内蔵 IFIC
Analog BB for PMR/LMR
AK2345C CTCSS用エンコーダ/デコータ
AK2360/
周波数反転方式(3.376kHz/3.020kHz)秘話LSI
AK2360A
AK2363
MSKモデム/DTMFレシーバ搭載LSI
AK2346B 0.3-2.55/3.0kHz アナログ音声フィルタ、
AK2346A エンファシス、コンパンダ、秘話回路、MSKモデム内蔵LSI
AK2347B 0.3-2.55/3.0kHzアナログ音声フィルタ、
AK2347A エンファシス、コンパンダ、秘話回路、CTCSSフィルタ内蔵LSI
Function IC
AK2330
8-bit 8ch 電子ボリューム
AK2331
8-bit 4ch 電子ボリューム
Comments
IIP3:+22dBm
IDD:2.9mA
NF:8.5dB, IIP3:+18dBm
3V動作対応, NF:8.5dB
IIP3:+25dBm
IIP3:+13dB, NF:15dB
IDD:4.6mA
IDD:2.2mA
IDD:5.1mA
IDD:2.8mA
IDD:2.5mA
16-TSSOPパッケージ
規格化位相雑音:-226dBc/Hz
5V動作対応
規格化位相雑音:-226dBc/Hz
ダイナミックレンジ:30dB
IIP3:24dBm, [email protected]
IIP3:24dBm, [email protected]
帯域可変:10kHz ~ 4.5kHz
帯域可変:7.5kHz ~ 2kHz
24-VSOPパッケージ
8-SONパッケージ
24-QFNパッケージ
24-VSOPパッケージ
24-QFNパッケージ
24-VSOPパッケージ
24-QFNパッケージ
各ch毎の基準電圧設定が可能
各ch毎の基準電圧設定が可能
上記情報は、予告なく変更することがあります。ご使用を検討の際には、上記情報が最新のものであることを弊社営業担当、あるいは弊社特約店営業担当
にご確認ください。
2014/10
Similar pages