AK8111

AKD8141 & AK811x ver.2
AK8141&AK811x評価ボード
AKD8141_811x
AK811x 評価用
概要
AKD8141_8111x評価ボードは、AK8141及び AK8111x製品共通の評価ボードです。
オーダリングガイド

AKD8141_811x_ver.2
◆ 対象製品
1) AK8141
2) AK811x
※PKG type :
6SON (2.0x1.6mm)
6USON (2.0x1.8mm)
6USON (1.4x1.4mm)
ブロック図
AK8141_811x 評価ボード
AKD8141_811x-E-00
Nov-101
AKD8141_811x
各部機能
1. 電源(VDD_OSC=3.3v、VDD=3.3v、VSS=0v)
OSC 用
AK8141
AK811x
AK811x
(6USIN 1.4x1.4mm)
AK8141_811x
(6USIN 2.0x1.8mm
or6SON )
2.クロック入力端子
3. クロック出力端子
図 1. AKD8141_811x 説明図
※回路図は最終ページに添付されています。
Dec-11
AKD8141_811x-E-00
AKD8141_811x
詳細設定
1. 電源
VDD(3.3V; 赤) とVSS (0V; 黒)にそれぞれ配線を接続して使用して下さい。
クロック入力に水晶発振器を使用する場合は、3.3VをVDD_OSC PAD (オレンジ)に接続して下さい。.
2. クロック入力
AK8141_AK811x評価ボードでは、水晶発振器(DIP及びSMDタイプ)、又は外部クロック(SMA-Aコネクタか
ら入力)の使用が可能です。
 水晶発振器
Y1-4:
2520 サイズのSMDタイプ水晶発振器を実
装可能です。
OE1-4:
STANBY 端子によりクロック出力を設定し
ます。(STANBY端子による設定は、ご使用
になる水晶発振器の仕様書に準じます)
U1-4:
8pin DIP IC用ソケットを使用することで、DIP対
応の水晶発振器を使用可能です。
SMA-A コネクタ
水晶発振器
(8pin
DIP ソケット)
水晶発振器
(2520 サイズ
SMD タイプ)
図.2 クロック入力
 外部クロック入力
U5-8:
SMAコネクタによる外部クロック入力が可
能です。外部クロックを入力を使用する場
合、R6.8.10.12 を接続する必要があります。
3. クロック出力
IC output:
AK8141_811xのクロック出力を、スペクト
ラム・アナライザーまたはオシロスコープを
接続して性能を測定する事ができます。
C5, C10, C15, 及びC20:
ダミー負荷容量です。システムで実際に想定
される負荷容量を実装してクロック性能や
消費電流を測定する事ができます。各ICから
のクロック出力はJ1-J4に出力されます。
J1-J4:
ミニチュア・プローブ用シャーシーマウント
テストジャック(テクトニクス製131 – 0258
- 00)用のパターンです。
必要に応じて御利用ください。
AKD8141_811x-E-00
IC
OUTPUT
GND
図.3クロック出力
Dec-11
AKD8141_811x
4. AK811x 設定
・クロック出力イネーブル
”SW0x OE”:
各ICのクロック出力イネーブル設定用スイッチ.
“SW0n OE”=H:ICのクロック出力が可能になります。
“SW0n OE”=L:ICのクロック出力が停止します。
(n= 2, 4, 6)
H : VDD
M : OPEN
L : GND
図.4スイッチ
(SW0x_OE, SW0x_FSEL)
・クロック出力周波数設定
”SW0n FSEL” (n= 3, 5, 7)により、各IC (AK811x)の出力周波数を選択できます。
詳細はAK811xのデータシートを確認して下さい。
例) AK8113:H = 74.17582[MHz] , L = 74.25[MHz]
Dec-11
AKD8141_811x-E-00
1
3
4
5
6
7
8
9
10
AK8141 Evaluation_Board_Ver.2
VDD_OSC_Pad
J
VDD_Pad
Pad1
TP_VSS
TP_VDD
1
TP_OSC
J
VSS_Pad
Pad2
1
1
Pad3
1
AKEMD.
2
TP01
I
VDD_OSC
1
SW_ OE3
VDD_OSC
1
SW_ OE2
VDD_OSC
SW_ OE1
VDD_OSC
1
1
4
3
1
4
1
4
+ C1
22uF
2
3
3
TP01
+ C2
22uF
VDD_OSC
1
2
2
2
3
TP01
I
VDD_OSC
VDD_OSC
SW_ OE4
1
4
VDD_OSC
VDD
1
1
VDD_OSC
STANBY
VDD
R8
MXO-50B
2
5
OUT
R7
50
VDD_OSC
2
3
4
3
1
DIP-8pinSocket
VDD_OSC
DIP-8pinSocket
SW_
1
2
TP01
VDD_OSC
2
3
F
VDD
1
2
3
SW03
4
3
2
1
VDD
1
TP01
SW05
PIC_S1
1
1
SW_
1
811x_CKIN1
1
SW07
1
1
TP01
SW_
8141_CKIN
1
1
SW_
F
811x_CKIN2
811x_FSEL1
2
3
3
IC5
S1
S2
S3
VDD
811x_FSEL2
VDD
G
SW_ PIC_S2
1
811x_FSEL3
811x_CKIN3
PIC_S3
3
CKIN
GND
7
8
6
6
3
2
NC
GND
0.1uf
7
GND3 4
OUT
R9
VDD
5
C6
SW_
1
R6
1
CKIN
50
VDD_OSC
4
7
6
6
3
3
8
1
7
VDD
NC
GND
0.1uf
2
GND3 4
OUT
R11
50
2
5
C11
3 GND2
SMA
0
1
CKIN
U5
FCXO-05
U1
2 GND1
GND
OUTPUT
VDD_OSC
GND4 5
0
DIP-8pinSocket
DIP-8pinSocket
H
Y1
2
3
R10
4
7
8
6
6
3
3
7
2
VDD
1
NC
GND
0.1uf
2
GND3 4
R13
50
GND4 5
5
C16
C7
0.1uf
GND3 4
2
3
2 GND1
U6
SMA
1
CKIN
OUT
MXO-50B
2
0
4
7
8
6
6
3
3
7
VDD
NC
1
2
0.1uf
2
G
VDD_OSC
GND4 5
R12
1
C21
3 GND2
GND
OUTPUT
SMA
0.1uf
MXO-50B
GND4 5
0
U7
U3
VDD_OSC
2
3
SMA
2
3
MXO-50B
2 GND1
U8
U4
VDD_OSC
3 GND2
GND
OUTPUT
H
C12
2 GND1
U2
Y2
3 GND2
FCXO-05
STANBY
VDD
Y3
FCXO-05
GND
OUTPUT
C17
0.1uf
STANBY
VDD
C22
0.1uf
STANBY
VDD
Y4
FCXO-05
C23
811x_OE2
PIC12F683
VDD
SW_
TP01
1
VDD
3
TP01
C13
0.1uf
0.01uf
WR Start
OE
VDD
VSS
C LKO U T
R1
1
1
2
3
3.3k
VDD
C24
1
2
2
D
3
3
TP01
IC2_VSS
TP01
1
0.1uf
C8
IC1_VSS
0.01uf
1
TP01
0.1uf
1
C4
C3
0.1uf
0.01uf
P_SW
1
C
0
R2
0
0
0
C15
0
C10
TP01
IC3_CLKOUT
TP01
VSS_TP3
con1
TP01
VSS_TP2
con1
J4
C5
TP_01
1
1
IC4_CLKOUT1
VSS_TP4
R3
0
1
TP_01
R4
TP_01
1
C20
1
1
1
C9
R5
B
VDD
1
2
3
4
C14
0
0
TP_01
TP_01
AK8141
IC2_CLKOUT
TP01
con1
VSS_TP1
J1
J2
1
1
B
con1
J3
1
TP01
AK8141_CLKOUT
1
C
C L K IN
FSEL
OE
TP01
IC3_VSS
0.01uf
XLAT
1
1 SCLK
TP_01
SDA
1
IC1
3
1
0.1uf
1
C18
1
2
IC2
AK811x
IC1_VDD
1
IC4_VSS
IC2_VDD
E
TP01
SW01
VDD
VSS
C LKO U T
C L K IN
FSEL
OE
TP01
1
C19
VDD
VSS
C LKO U T
IC3_VDD
VDD
1
2
3
IC4_VDD
TP01
VDD
1
2
3
D
IC3
AK811x
SW
1
6
5
4
6
5
4
6
5
4
C L K IN
FSEL
OE
VDD
VSS
C LKO U T
VDD
TP01
AK811x
8141_OE
2
3
IC4
VDD
1
2
3
SW02
5
6
7
8
SW04
C L K IN
XLAT
SC LK
SDATA
SW_
TP01
8
7
6
5
VDD
1
2
1
SW06
1
SW_
TP01
E
1
1
S
S
X
V
811x_OE1
DA
CL
LAT
SS
0.1uf
811x_OE3
Title
AK8141_Evaluation_Board_Ver.2
A
Size
A3
Date:
1
2
3
4
5
6
7
8
A
Document Number
<Doc>
Monday, July 14, 2008
9
Rev
<RevCode>
Sheet
1
of
10
1
Similar pages