AN-876: アナログ・デバイセズADT75によるナショナルセミコンダクターLM75の置換 (Rev. 0) PDF

AN-876
アプリケーション・ノート
アナログ・デバイセズADT75によるナショナル セミコンダクターLM75の置換
著者:Donal McNamara
はじめに
温度誤差性能
ADT75には、ADT75AとADT75Bという2つのグレードがあり
ます。ADT75Bは高温でも高精度なデバイスです。ADT75Aは、
LM75のセカンド・ソースとして設計されています。ADT75に
は、機能、ピン、パッケージ・レベルでLM75との互換性があ
ります。 LM75 を ADT75 に置き換える際に、ソフトウェアや
温度に対するADT75AとLM75の性能には、完全な互換性があ
ります。 2 つの製品の性能グラフは類似しています(図 3 を参
照)。
さらに高い精度が必要な場合は、ADT75Bを推奨します。
1.0
ハードウェアの変更は不要です。
3
TOP VIEW
GND 4 (Not to Scale)
A0
6
A1
5
A2
ADT75のピン配置
SDA 1
8
+V S
SCL 2
7
A0
O.S. 3
6
A1
GND 4
5
A2
図2.
0.6
0.4
V DD = 3.3V
0.2
V DD = 5V
0
–0.2
–0.4
–0.6
06439-002
図1.
7
–0.8
–1.0
–55
LM75のピン配置
–35
–15
5
25
45
65
85
105
TEMPERATURE (°C)
図3.
125
06439-003
OS/ALERT
V DD
06439-001
ADT75
SCL 2
8
T E MPE RA T URE E RROR ( °C)
0.8
SDA 1
ADT75とLM75 ― 代表的な温度精度
互換性
表1.
ADT75とLM75の機能比較
Feature
ADT75A
2
I C Interface
Yes
Yes
I2C Bus Address
Yes
Yes
Yes
Yes
Identical Register Addresses
Yes
Yes
Identical Register Content
Yes
Yes
8-Lead MSOP and 8-Lead SOIC
1
1
LM75
Identical Temperature Accuracy
Yes
Yes
9-Bit Resolution
Yes
Yes
3.3 V and 5 V Operation
Yes
Yes
Similar AC/DC Parameters
Yes
Yes
Identical OS and Configuration Functions
Yes
Yes
Twos Complement Coding
Yes
Yes
ADT75とLM75のレジスタ値は同じです。ADT75では、ワンショット・モード用のレジスタ・ビット、SMBusアラート・イネーブル・ビット、および特別の温度分解能ビット
が追加されています。これらすべての追加レジスタの値は、LM75のソフトウェアを変更することなく、無視できます。
REV. 0
アナログ・デバイセズ株式会社
本 社/ 〒105-6891 東京都港区海岸1-16-1 ニューピア竹芝サウスタワービル
電話03(5402)8200
大阪営業所/ 〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪MTビル2号
電話06(6350)6868
―1―
AN-876
温度過昇モード
なお、ADT75では、LM75にはない機能が追加されています。
これはSMBusアラート機能です。ADT75でこの機能を使用す
る場合は、設定レジスタのビット7 をイネーブルに設定するこ
とが必要です。
• ADT75は、デフォルトではOSピンとしてパワーアップしま
す。LM75 も同様に、デフォルトではOS ピンとしてパワー
アップします。
• ADT75 と LM75 の両方で、コンパレータ・モードは、デ
フォルトの温度過昇パワーアップ・モードです。
• 両製品では、 OS ピンをアクティブ・ローまたはアクティ
ブ・ハイに設定することができます。両製品は、図4に示す
割込み応答を行います。
TEMPERATURE
82°C
81°C
TOS
80°C
79°C
78°C
77°C
76°C
THYST
75°C
74°C
73°C
OS/ALERT PIN
(COMPARATOR MODE)
POLARITY = ACTIVE LOW
OS/ALERT PIN
(INTERRUPT MODE)
POLARITY = ACTIVE LOW
OS/ALERT PIN
(COMPARATOR MODE)
POLARITY = ACTIVE HIGH
OS/ALERT PIN
(INTERRUPT MODE)
POLARITY = ACTIVE HIGH
TIME
WRITE TO
0x04 REG. 2
READ 1
WRITE TO
0x04 REG. 2
READ 1
WRITE TO
0x04 REG. 2
1READ FROM ANY REGISTER.
2THERE IS A 60ms DELAY BETWEEN WRITING TO THE
ONE-SHOT REGISTER AND THE OS/ALERT PIN GOING
ACTIVE. THIS IS DUE TO THE CONVERSION TIME.
図4.
06439-004
READ 1
OS/アラート出力の温度応答
―2―
REV. 0
AN-876
ADT75とLM75の相違点
ADT75には、ADT75AとADT75Bという2つのグレードがあります。ADT75Bは高温でも高精度なデバイスです。ADT75Aは、LM75
のセカンド・ソースとして設計されています。ADT75AとLM75の違いは小さく、同じソケットでどちらの製品を使用しても、機能に
影響を与えません。ADT75Aの違いとは、表2に示すように、LM75に対する機能拡張です。
表2.
ADT75AとLM75の相違点
LM75
Feature
Comments
Conditions
Comments
Conditions
VDD
3.3 V only and 5 V
only
3.0 V to 5.5 V
Data Sheet Specifications at VDD
3.3 V and 5 V
3 V to 5.5 V
Temperature Range
–55°C to +125°C
Temperature Accuracy
TA = –55°C to +125°C
±3°C maximum
–55°C to +125°C
TA = +100°C to +125°C
4.5 V to 5.5 V, ±2°C
typical
Resolution (Bits)
8, 9
8, 9, 10, 11, 12
Temperature Conversion Time
(Maximum)
100 ms
60 ms
Supply Current (I2C Inactive)
1
ADT75A
LM75B @ 3.3 V and 5 V
500 µA
VDD = 3.3 V
500 µA
LM75C @ 3.3 V and 5 V
1 mA
VDD = 5 V
525 µA
Shutdown Current (3.3 V)
4 µA typical
Typical = 3 µA
8 µA maximum
Shutdown Current (5 V)
6 µA typical
Typical = 5.5 µA
12 µA maximum
78.6 µW typical
One-Shot Register
Not present on LM75
N/A
Present on ADT75;1 current
consumption @ 3.3 V
SMBus Alert
Not present on LM75
N/A
Setting Bit D7 in the configuration register enables SMBus
alert function, if required
消費電力を減らすように、特に設計されています。
表3に示すように、ADT75Bの温度精度仕様はLM75の仕様をはるかに上回ります。
表3.
LM75とADT75Bの温度精度仕様の比較
LM75
ADT75B
Temperature Range
Accuracy
Temperature Range
Accuracy
TA = –25°C to +100°C
±2°C maximum
TA = 0°C to 70°C
±1°C maximum
TA = –55°C to +120°C
±3°C maximum
TA = –25°C to +100°C
±2°C maximum
REV. 0
TA = –55°C to +100°C
±3°C maximum
TA = 100°C to 125°C @ 3 V to 3.6 V VDD
±3°C maximum
―3―
AN-876
ワンショット・レジスタ
ワンショット・モードはADT75の機能であり、LM75では使用
できません。LM75のソフトウェアはこのレジスタに影響を与
えないため、変更する必要はありません。
ワンショット・モードがアクティブになると、次の一連のイベ
ントが発生します。
1. ADT75はパワーダウンされます。
このレジスタは、消費電力を最小限に抑えるように、特に設計
されています。詳細については、 ADT75 のデータシートを参
照してください。
2. アドレス・ポインタ・レジスタに0x04が書き込まれます。
3. 変換が実行されます。
表4.
AN06439-0-11/06(0)-J
4. デバイスはパワーダウン状態に戻ります。
ADT75のレジスタ
Pointer Address
Register Name
Power-On Default
0x00
Temperature Value
0x00
0x01
Configuration
0x00
0x02
THYST
0x4B00 (75°C)
0x03
TOS Setpoint
0x5000 (80°C)
0x04
One Shot
0xXX
© 2006 Analog Devices, Inc. All rights reserved. 商標および登録商標は各社の所有に属します。
―4―
REV. 0
Similar pages