AK2300

[AKD2300]
AKD2300
AK2300 評価ボード
ボード機能
AKD2300 は、AK2300 の評価ボードです。オンボードクロック生成機能を搭載し、DIP スイッチの設定を行
うことで容易に評価を開始出来ます。入出力アンプ周辺の外付け素子は抜き差し可能なので、お好みの設定
に変更可能です。
ボードレイアウト
1.電源端子
4.デジ タ ルイ ン タ フ ェ ース
5.ア ナロ グ イ ン タ フ ェ ース
6.入力信号切り 替え ジ ャ ン パー
2.PLD 設定用ス イ ッ チ
3.AK2300 設定用ス イ ッ チ
AKD2300 は主に以下の 6 つの部分から出来ています。
1 : 電源端子
2 : PLD 設定用スイッチ
3 : AK2300 設定用スイッチ
4 : デジタルインタフェース
5 : アナログインタフェース
6 : AK2300 入力信号切り替えジャンパー
<KM103501>
2015/02
1
[AKD2300]
電源端子
電源端子は、ボード上の VDD,VSS,LVDD,LVDDX,VDDX_3.3V,VSSX です。
LVDDとLVDDXには1.7V~3.6Vを、VDDには2.6V~3.6Vを、VDDX_3.3Vには3.3Vを供給してください。但
し、VDD≧LVDDとなるように供給してください。VSSとVSSXにはGNDを接続してください。
また、JP1,JP2,JP3,JP4 を使用することで、それぞれの電源、GND を接続することが出来ます。設定方法
については以下のとおりです。但し、デジタルノイズがアナログ特性に影響する場合は接続せず、ご使用く
ださい。
ジャンパー名
JP1
JP2
JP3
JP4
機
能
LVDD と LVDDX を接続します。
VDD と VDDX_3.3V を接続します。
VDD と LVDD を接続します。
VSS と VSSX を接続します。
PLD 設定用スイッチ
PLD 設定用スイッチは、DSW2,DSW3,DSW4 です。(DSW1 は未使用です)
各スイッチの機能を下記に示します。
DSW2
スイッチ名
機
能
BCLK 周波数選択
オンボードクロック使用時の BCLK 端子に供給されるクロック周波数を指定し
ます。
FRQ2
FRQ1
FRQ0
FRQ2
0
0
0
0
1
1
1
FRQ1
0
0
1
1
0
0
1
周波数
64kHz
128kHz
256kHz
512kHz
1024kHz
2048kH
Don’t care
FRQ0
0
1
0
1
0
1
*
<KM103501>
2015/02
2
[AKD2300]
DSW3
スイッチ名
機
能
フレーム同期信号選択
FS,BCLK にオンボードクロックを使用する場合に、フレーム同期信号をテスト
ピン TP8(RSYNC)と TP9(TSYNC)に出力します。
SYNC1
SYNC0
EXT/INT
SYNC1
SYNC0 出力信号
Figure 1参照
0
0
Figure 1参照
0
1
Figure 1参照
1
0
Figure 1参照
1
1
BCLK,FS クロック供給方法選択
EXT:デジタルインタフェースより外部クロックを供給します。
INT:オンボードクロックを使用します。
<Short Frame>
BCLK
FS
00
01
SYNC[1:0]
10
11
<Long Frame>
BCLK
FS
00
01
SYNC[1:0]
10
11
Figure 1
<KM103501>
2015/02
3
[AKD2300]
DSW4
スイッチ名
機
能
PCM インタフェース設定 1
PCM データインタフェースのフォーマットを選択します。
PCM1
PCM0
SF/LF
PCM1
PCM0 PCM インタフェース
A-Law (DIF0 = L)
0
0
μ-Law (DIF0 = H)
0
1
Linear (DIF0 = FS)
*
1
PCM インタフェース設定 2
INT モード時の FS の長さを選択します。
SF:Short Frame(Figure 1参照)
LF:Long Frame(Figure 1参照)
AK2300 設定用スイッチ
AK2300 設定用スイッチは、SW1,SW2,DSW4 です。各スイッチの機能を下記に示します。
SW1
スイッチ名
機
PCM CODEC 出力選択
PCM CODEC の出力をミュートします。
能
MUTEN
OFF:通常動作
ON:ミュート
SW2
スイッチ名
機
能
パワーダウンモード選択
AK2300 のパワーダウンモードを設定します。
PDN
OFF:通常動作
ON:パワーダウンモード
<KM103501>
2015/02
4
[AKD2300]
DSW4-4
スイッチ名
機
能
PCM インタフェース設定 3
PCM データの入出力タイミングを選択します。
DLY/JST
DLY(DIF1 = L):FSから BCLK1 クロック分遅れて入出力(Figure 2参照)
JST(DIF1 = H):FS同時入出力(Figure 2参照)
<JST>
BCLK
FS
DX
DR
Don't
care
MSB
LSB
MSB
LSB
<DLY>
BCLK
FS
DX
DR
Don't care
MSB
LSB
MSB
LSB
Figure 2
<KM103501>
2015/02
5
[AKD2300]
デジタルインタフェース
デジタルインタフェース用として CN1 が用意されています。
ピン No
1
信号名
DX
3
DR
5
7
9
11
13
15
16
2/4/6/8
10/12/14
BCLK
FS
DIF0
DIF1
MUTEN
PDN
VDD
VSS
機
能
AK2300 の DX 端子が出力するデータを出力します。
AK2300 の DR 端子に入力するデータを印加します。
JP5 をショートすることで、DX に接続されループバックすることができます。
外部クロックを使用する場合、この端子から BCLK を入力します。
外部クロックを使用する場合、この端子から FS を入力します。
外部クロックを使用する場合、この端子から DIF0 を入力します。
DIF1 を外部入力する際に、この端子から入力します。
MUTEN を外部入力する際に、この端子から入力します。
PDN を外部入力する際に、この端子から入力します。
VDD に接続します。
VSS に接続します。
アナログインタフェース
送信アンプ入力用 BNC 端子 VFTN 、受信アンプ出力用 BNC 端子 VR があります。
各アンプの R,C 外付け素子はソケットに挿入しますので、所望の値に容易に設定可能です。
出荷時は、AK2300 データシートの外付け推奨回路例に従った C,R が設定されています。
◆送信アンプ
◆受信アンプ
GST
SP2
VFTN
SP4
SP5
SP3
VFTN
VR
-
SP1
VR
+
Figure 3
<KM103501>
2015/02
6
[AKD2300]
AK2300 入力信号切り替えジャンパー
AK2300 の入力信号(MUTEN,PDN,DIF1)を、SW1,SW2,DSW4 から入力する場合とデジタルインタフェース
(CN1)から入力する場合を、以下のジャンパーで切り替えます。
ジャンパー
JP6
JP7
JP8
状態
Short
Open
Short
Open
Short
Open
機
能
SW1 の設定を MUTEN 端子に入力します。
CN1 の信号を MUTEN 端子に入力します。
SW2 の設定を PDN 端子に入力します。
CN1 の信号を PDN 端子に入力します。
DSW4(DLY-JST 端子)の設定を DIF1 端子に入力します。
CN1 の信号を DIF1 端子に入力します。
AK2300 Exposed Pad 切り替えジャンパー
ジャンパー
JP9
状態
Short
Open
機
能
AK2300 の Exposed Pad を VSS に接続します。
AK2300 の Exposed Pad を Open とします。
<KM103501>
2015/02
7
VSS
VSSX
4
5
6
4
5
6
5
6
7
8
4
5
6
3
2
1
4
3
2
1
3
2
1
2
1
1
3
2
1
1
VSSX
C15
22pF
DSW1
FRQ_SEL
DSW2
PCM I/F
DSW4
DSW3
1M
R4
Y1
1
2
1
10k
2
U4A
2
VDDX_3.3V
RD1 1
3
CLK
44
43
34
36
33
8
12
13
5
6
7
FRQ_SEL2
FRQ_SEL1
FRQ_SEL0
RSV2
RSV1
RSV0
TC4069UBF
U4B
4
VDDX_3.3V
14
18
19
20
21
22
1
1
1
2
0.1uF
0.1uF
C18
2
1
C11
VDDX_3.3V
JP4
I/O/GCK2
I/O/GCK1
I/O/GTS2
I/O/GTS1
I/O/GSR
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
U2
VSSX
SY NC1
SY NC0
INT_EXT
PCM1
PCM0
LF_SF
4 3 2 7 6 5 7 6 5 4 3 2
1 C16
1 C17
0.1uF
2 22pF 2
4.096MHz
2
DLY _JST
R1
10k
VDDX_3.3V
1
RD2
1
10uF
2
C2
15
35
26
2
C19
2
TMS
TDI
TDO
TCK
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O/GCK3
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
0.1uF
1
2
XC9572XL-VQ44
VCC
VCC
VCCIO
JP2
25
17
4
GND
GND
GND
10
9
24
11
29
28
23
27
39
40
41
1
2
3
42
32
31
30
37
38
16
1
TP8
MONI0
MONI1
MONI2
MONI3
I_BCLK
I_FS
I_DIF0
TP9
1
JP3
CN2
6
VDDX_3.3V
HEADER PIN6
VSSX
1
2
3
4
5
TP5
TP4
10uF
TP7
TP6
1
C3
T4
2
VDD
VSS
RSY NC
TSY NC
VSSX
C1
10uF
2
T3
2
2
1
VSS
JP5
JP1
1
VSS
BNC2
1
LVDD
VFTN
T5
2
T2
TP3
TP1
2
2
1
VSS
13
1
19
2
8
6
4
9
15
17
SP4
VSS
1 C6
10uF
2
2
LVDDX
1
1
2
JP7
JP6
2
1
1
1
7
VSS
1
C13
2
0.1uF
C14
0.1uF
JP8
18
12
14
16
11
5
3
DLY _JST 1
TC74VCX244FT
Y6
Y1
Y4
Y3
Y2
A5
Y7
Y8
SP2
2
1
VSS
C12
0.1uF
2
VSS
2
SP3
2
1
2
SW2
R2
10k
LVDDX
1
LVDD 12
DX
11
SW1
R3
10k
DIF1
PDN
TP10
MUTEN
DX
DIF0
FS
BCLK
DR
VFTN
GST
TP11
8
9
4
TP13
AK2300
EXPAD
PLLC
VREF
VSS
VR
VDD
LVDD
U1
TP12
DIF1 5
PDN 2
MUTEN 1
2
1
14
DIF0 13
FS
BCLK 15
DR 16
VFTN 7
GST 6
VDD 3
C5 1 C8
0.1uF
1uF 2 VSS
10
VDD
1
C4 1 C7
1uF 2 0.1uF 2
SP5
2
1
LVDD
LVDDX
A6
1OE
2OE
A1
A4
A3
A2
Y5
A7
A8
U3
2
20
VCC
VDD
14
7
10
GND
VDDX_3.3V
2
T1
2
8
1
<KM103501>
1
2
1
2
TP2
VSS
JP9
I_MUTEN
I_PDN
I_DIF1
O_DX
I_DIF0
I_FS
I_BCLK
I_DR
1
1
BNC1
EXPAD
16
15
14
13
12
11
10
9
VSS
VR
VSS
CN1
HEADER PIN16
13
2
15
4
11
6
1
8
9
10
7
12
5
14
3
16
2
QN1-016050-202
1
2
3
4
5
6
7
8
SO1
C9
0.056uF(+-30%)
MUTEN
PDN
VDD
VR
DIF1
GST
VFTN
VREF
1
EXPAD
2 0.1uF
1 C10
VREF
PLLC
VR
SP1
2
VSSX
VSS
VDD
EXPAD
DR
BCLK
FS
DIF0
LVDD
DX
VSS
PLLC
[AKD2300]
回路図
下記に AKD2300 の回路図を示します。
2015/02
[AKD2300]
改訂履歴
Date
(yy/mm/dd)
10/05/13
15/02/23
Manual
Revision
KM103500
KM103501
Board
Revision
0
0
Reason
Page
初版
更新
10
<KM103501>
Contents
「重要な注意事項」更新。
2015/02
9
[AKD2300]
重要な注意事項
0. 本書に記載された弊社製品(以下、「本製品」といいます。)、および、本製品の仕様
につきましては、本製品改善のために予告なく変更することがあります。従いまして、
ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営業担当、
あるいは弊社特約店営業担当にご確認ください。
1. 本書に記載された情報は、本製品の動作例、応用例を説明するものであり、その使用に
際して弊社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を
行うものではありません。お客様の機器設計において当該情報を使用される場合は、お
客様の責任において行って頂くとともに、当該情報の使用に起因してお客様または第三
者に生じた損害に対し、弊社はその責任を負うものではありません。
2. 本製品は、医療機器、航空宇宙用機器、輸送機器、交通信号機器、燃焼機器、原子力制
御用機器、各種安全装置など、その装置・機器の故障や動作不良が、直接または間接を
問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて
高い信頼性を要求される用途に使用されることを意図しておらず、保証もされていませ
ん。そのため、別途弊社より書面で許諾された場合を除き、これらの用途に本製品を使
用しないでください。万が一、これらの用途に本製品を使用された場合、弊社は、当該
使用から生ずる損害等の責任を一切負うものではありません。
3. 弊社は品質、信頼性の向上に努めておりますが、電子製品は一般に誤作動または故障す
る場合があります。本製品をご使用頂く場合は、本製品の誤作動や故障により、生命、
身体、財産等が侵害されることのないよう、お客様の責任において、本製品を搭載され
るお客様の製品に必要な安全設計を行うことをお願いします。
4. 本製品および本書記載の技術情報を、大量破壊兵器の開発等の目的、軍事利用の目的、
あるいはその他軍事用途の目的で使用しないでください。本製品および本書記載の技術
情報を輸出または非居住者に提供する場合は、「外国為替及び外国貿易法」その他の適
用ある輸出関連法令を遵守し、必要な手続を行ってください。本製品および本書記載の
技術情報を国内外の法令および規則により製造、使用、販売を禁止されている機器・シ
ステムに使用しないでください。
5. 本製品の環境適合性等の詳細につきましては、製品個別に必ず弊社営業担当までお問合
せください。本製品のご使用に際しては、特定の物質の含有・使用を規制する RoHS 指
令等、適用される環境関連法令を十分調査のうえ、かかる法令に適合するようにご使用
ください。お客様がかかる法令を遵守しないことにより生じた損害に関して、弊社は一
切の責任を負いかねます。
6. お客様の転売等によりこの注意事項に反して本製品が使用され、その使用から損害等が
生じた場合はお客様にて当該損害をご負担または補償して頂きますのでご了承ください。
7. 本書の全部または一部を、弊社の事前の書面による承諾なしに、転載または複製するこ
とを禁じます。
<KM103501>
2015/02
10
Similar pages