AK5703EN

[AKD5703-B]
AKD5703-B
AK5703 評価用ボード Rev.0
概
要
AKD5703-Bは、PLL&MICアンプ内蔵、4チャネル24ビットA/Dコンバータ、AK5703の評価用ボードで
す。このボードはUSBポートを使って、Windows上のGUIで各種設定のコントロールが可能です。当社
D/Aコンバータの評価ボードとのインタフェースを装備しており、手軽に評価可能です。更にディジタ
ルインタフェースにも対応しており、光コネクタを介してディジタルオーディオ機器とインタフェース
可能です。
 オーダリングガイド
AKD5703-B
---
AK5703 評価用ボード
(PCのUSBポートとの接続用ケーブルとコントロールソフトを同梱。Windows
NT上ではコントロールソフトは動作しません)
機
能
2種類のインタフェースを装備
- 当社D/Aコンバータ評価ボードとダイレクトにインタフェース
- DIT, DIRにより、光入出力が可能
 ボード制御用USBポート
REG1
TVDD DVDD AVDD GND1
3.0V
1.8V
3.0V
0V
5V
3.0V
1.8V
LINA+
REG
REG
LINALDO
J1
Mini
Jack
LIN1
(T3)
RIN1
PIC4550
RINA+
RINA-
AK5703
J2
Mini
Jack
LINB+
LINB-
PORT4
(DSP)
PORT1
Opt In
LIN2
AK4118A
(DIT/DIR)
RIN2
RINB+
USB
PORT3
Opt Out
PORT2
RINB-
Figure 1. AKD5703-Bブロック
*回路図、パターン図は文末に添付。
<KM112900>
2013/02
-1-
[AKD5703-B]
Ⅰ. 評価ボードマニュアル
 操作手順
(1)電源の配線
(1-1)レギュレータから電源を供給する場合
JP15
USB5V
電源の接続
名称
REG1
GND1
色
赤
黒
電圧
5V
0V
内訳
レギュレータへの入力
グランド
Table 1. 電源の配線
(1-2) USB5Vから電源を供給する場合(Default)
JP15
USB5V
(2) 評価モード、DIPスイッチ、ジャンパピンの設定(以下参照)
(3) 電源投入
電源投入後、必ず一度リセットを行って下さい。
SW1 (トグルスイッチ)を一度“L”側に倒して、AK5703及びAK4118Aのパワーダウンを行って
から“H”側に戻してパワーダウンを解除した後に、コントロールソフトのDummy Commandボタン
を押して下さい。
 評価モード
AK4118Aを使用してAK5703を評価する場合は、必ずAK5703とAK4118Aのオーディオインタフェース
を一致させて下さい。AK5703のオーディオインタフェースフォーマットに関しては、AK5703のデータ
シート、AK4118AのオーディオインタフェースフォーマットはTable 3 をそれぞれ参照して下さい。
AK4118Aはfs=32kHz以上に対応します。fs=32kHz未満で評価する場合は他のモードをお使い下さい。
また、AK4118AのMCLKは256fs、512fsに対応します。これ以外の条件で評価する場合は他のモードを
お使い下さい。
AK5703のレジスタ設定に関しては、AK5703データシートを参照して下さい。
対応可能な評価モード
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
PLL Master Mode
PLL Slave Mode(PLL Reference ClockがMCKI pinの場合)
PLL Slave Mode(PLL Reference ClockがBICK pinの場合)
EXT Slave Mode(出荷時)
EXT Master Mode
<KM112900>
2013/02
-2-
[AKD5703-B]
(1) PLL Master Mode
*PORT4(DSP)とDSPを接続して下さい。
PORT1(Opt-In)には何も接続しないで下さい。MCKIにマスタクロックを入力し、AK5703内蔵のPLLにより
MCKO, BICK, LRCKを生成し出力します。
AK5703のレジスタをPLL Master Modeに設定し、DSPとClockの設定を合わせて下さい。AK5703の
レジスタ設定に関しては、AK5703データシートを参照して下さい。
PORT4のピン配置は下図の通りです。
PORT4
MCLK
GND
BICK
LRCK
GND
NC
SDTO
NC
VCC
PORT4のSDTO, LRCK, BICKをそれぞれDSPのSDTI, LRCK, BICKに接続します。MCKOをDSPに供給する
場合には、JP9(MCKO)からDSPに接続して下さい。
(1-1) MCKI 部の設定
PORT4のMCLKからマスタクロック11.2896MHz, 12MHz, 12.288MHz, 13MHz, 13.5MHz, 19.2MHz,
24MHz, 26MHzあるいは、27MHzを入力して下さい。
JP11
MCKI
DIR
EXT
(1-2) BICK部の設定
JP13
BICK
DIR
EXT
BICKの出力周波数 (32fs/64fs/128fs)は、AK5703のBCKO1-0 bits にて設定を行ってください。
(1-3) LRCK部の設定
JP12
LRCK
DIR
EXT
(1-4) SDTO部の設定
SDTOから出力するデータを選択して下さい。
JP14
SDTO
SDTOA
SDTOB
JP14
SDTO
SDTOA
SDTOAを出力する場合
SDTOB
SDTOBを出力する場合
<KM112900>
2013/02
-3-
[AKD5703-B]
(2)PLL Slave Mode (PLL Reference ClockがMCKI pinの場合)
*PORT4(DSP)とDSPを接続して下さい。
PORT1(Opt-In)には何も接続しないで下さい。MCKIに入力されるクロックを基準に、AK5703内蔵のPLLによ
りMCKOを生成し出力します。MCKOから分周したLRCK、BICKを入力して下さい。AK5703のレジスタを
PLL Slave Mode(Reference Clock = MCKI)に設定し、DSPとClockの設定を合わせて下さい。AK5703のレジスタ
に関しては、AK5703データシートを参照して下さい。
PORT4のピン配置は下図の通りです。
PORT4
MCLK
GND
BICK
LRCK
GND
NC
SDTO
NC
VCC
MCKOは、JP9(MCKO)から DSPに接続し、また、PORT4のSDTO, LRCK, BICKをそれぞれDSPのSDTI, LRCK,
BICKに接続します。
(2-1) MCKI部の設定
JP11
MCKI
DIR
EXT
(2-2) BICK部の設定
JP13
BICK
DIR
EXT
(2-3) LRCK部の設定
JP12
LRCK
DIR
EXT
(2-4) SDTO部の設定
SDTOから出力するデータを選択して下さい。
JP14
SDTO
SDTOA
JP14
SDTO
SDTOB
SDTOA
SDTOAを出力する場合
SDTOB
SDTOBを出力する場合
<KM112900>
2013/02
-4-
[AKD5703-B]
(3)PLL Slave Mode (PLL Reference ClockがBICK pinの場合)
*PORT4(DSP)とDSPを接続して下さい。
BICKに入力されるクロックを基準に、AK5703内蔵のPLLによりMCKOを生成し出力することができます。
AK5703のレジスタをPLL Slave Mode(Reference Clock = BICK)に設定し、DSPとClockの設定を合わせて下さい。
AK5703のレジスタに関しては、AK5703データシートを参照して下さい。
PORT4のピン配置は下図の通りです。
PORT4
MCLK
GND
BICK
GND
LRCK
NC
SDTO
NC
VCC
PORT4のSDTO, LRCK, BICKをそれぞれDSPのSDTI, LRCK, BICKに接続します。MCKOをDSPに供給する
場合には、JP9(MCKO)からDSPに接続して下さい。
(3-1) MCKI部の設定
JP11
MCKI
DIR
EXT
(3-2) BICK部の設定
JP13
BICK
DIR
EXT
(3-3) LRCK部の設定
JP12
LRCK
DIR
EXT
(3-4) SDTO部の設定
SDTOから出力するデータを選択して下さい。
JP14
SDTO
SDTOA
JP14
SDTO
SDTOB
SDTOA
SDTOAを出力する場合
SDTOB
SDTOBを出力する場合
<KM112900>
2013/02
-5-
[AKD5703-B]
(4) EXT Slave Mode
(4-A) PORT4を使用する場合
*PORT4(DSP)とDSPを接続して下さい。
PORT4からMCKI , BICK, LRCKを供給してください。
AK5703のレジスタをEXT Slave Modeに設定して下さい。AK5703のレジスタに関しては、AK5703
データシートを参照して下さい。
PORT4のピン配置は下図の通りです。
PORT4
MCLK
GND
BICK
LRCK
GND
NC
SDTO
NC
VCC
PORT4のSDTO, MCLK, LRCK, BICKをそれぞれDSPのSDTI, MCLK, LRCK, BICKに接続します。
(4-A-1) MCKI部の設定
JP11
MCKI
DIR
EXT
(4-A-2) BICK部の設定
JP13
BICK
DIR
EXT
(4-A-3) LRCK部の設定
JP12
LRCK
DIR
EXT
(4-A-4) SDTO部の設定
SDTOから出力するデータを選択して下さい。
JP14
SDTO
SDTOA
JP14
SDTO
SDTOB
SDTOA
SDTOAを出力する場合
SDTOB
SDTOBを出力する場合
<KM112900>
2013/02
-6-
[AKD5703-B]
(4-B) AK4118Aを使用する場合(Default)
*このモードでは、BCLK=64fs, LRCK=1fsのみ対応します。
PORT1(Opt-In)を使用します。PORT4(DSP)には何も接続しないで下さい。
X1のX’talを使用し、 AK4118Aから出力されるMCKO, BICK, LRCKがAK5703に入力されます。
(4-B-1) MCKI部の設定
JP11
MCKI
DIR
EXT
(4-B-2) BICK部の設定
JP13
BICK
DIR
EXT
(3-B-3) LRCK部の設定
JP12
LRCK
DIR
EXT
(4-B-4) SDTO部の設定
SDTOから出力するデータを選択して下さい。
JP14
SDTO
SDTOA
JP14
SDTO
SDTOB
SDTOA
SDTOAを出力する場合
SDTOB
SDTOBを出力する場合
(5) EXT Master Mode
*PORT4(DSP)とDSPを接続して下さい。
MCKIにマスタクロックを入力すると、AK5703で分周したBICK, LRCKを出力します。
AK5703のレジスタをEXT Master Modeに設定して下さい。AK5703のレジスタに関しては、AK5703データ
シートを参照して下さい。
PORT4のピン配置は下図の通りです。
PORT4
MCLK
GND
BICK
LRCK
GND
NC
SDTO
NC
VCC
PORT4のSDTO, MCLK, LRCK, BICKをそれぞれDSPのSDTI, MCLK, LRCK, BICKに接続します。
<KM112900>
2013/02
-7-
[AKD5703-B]
(5-1) MCKI部の設定
JP11
MCKI
DIR
EXT
(5-2) BICK部の設定
JP13
BICK
DIR
EXT
(5-3) LRCK部の設定
JP12
LRCK
DIR
EXT
(5-4) SDTO部の設定
SDTOから出力するデータを選択して下さい。
JP14
SDTO
SDTOA
JP14
SDTO
SDTOB
SDTOA
SDTOAを出力する場合
SDTOB
SDTOBを出力する場合
<KM112900>
2013/02
-8-
[AKD5703-B]
 DIPスイッチの設定
[S1] : AK4118Aの評価モードの設定
ONで“H”, OFFで“L”です。
No.
1
2
Mode
DIF1
DIF0
1
2
3
4
0
0
1
1
0
1
0
1
Name
DIF0
DIF1
ON (“H”)
OFF (“L”)
AK4118A Audio Format Setting
Table 4.参照
Table 2. AK4118Aのモード設定
Default
H
L
LRCK
BICK
I/O
I/O
24bit, Left justified
24bit, Left justified
H/L
O
64fs
O
24bit, I2S
24bit, I2S
L/H
O
64fs
O
24bit, Left justified
24bit, Left justified
H/L
I
64 -128fs
I
24bit, I2S
24bit, I2S
L/H
I
64 -128fs
I
Table 3. AK4118Aオーディオインタフェースフォーマット設定
DAUX
SDTO
Default
 ジャンパの設定
JP17 (CCLK/SCL):CCLK/SCL供給の選択。
SHORT : (Default)
 トグルスイッチの動作
上方が“H”、下方が“L”です。
[SW1] (RESET): AK5703, AK4118Aのパワーダウン。動作中は“H”側に倒します。
電源投入後、必ず一度“L”を入力して下さい。
 シリアルコントロール
AKD5703-BはPCのUSBポートを使用してコントロール可能です。USBケーブルでUSBコネクタ
(PORT3)とPCのUSBポートを接続して下さい。
R26
Mode
I2C
3線
CAD=0
CAD=1
R23
JP17
JP10
CDTIO/SD
I2C
CAD0
CCLK/SCL CSN/CAD0
A
CDTIO
Open
Open
Short
CSN
Short
Short
Short
CAD0
SDA
Short
Open
Short
CAD0
SDA
Table 4. コントロールモード設定
Default
JP10の設定
JP10
JP10
SCIF
SCIF
I2C
3WIRE
I2C
3WIRE
3線シリアルの場合
<KM112900>
I2Cバスの場合
2013/02
-9-
[AKD5703-B]
 アナログ入力回路
入力回路について
(1)シングルエンド入力回路(Default)
3
J1
MIC-IN1
RIN1
2
1
LIN1
3
J2
MIC-IN2
RIN2
2
1
LIN2
VSS1
Figure 2. LIN1/RIN1, LIN2/RIN2入力回路
J1からLIN1/RIN1を入力します。J2からLIN2/RIN2を入力します。
JP1
JP2
JP3
JP4
LIN1-single
RIN1-single
LIN2-single
RIN2-single
JP5
JP6
JP7
JP8
MP-LIN1
MP-RIN1
MP-LIN2
MP-RIN2
LIN1/RIN1にMic Powerを供給しない場合は、JP5、JP6をOpenにして下さい。
LIN2/RIN2にMic Powerを供給しない場合は、JP7、JP8をOpenにして下さい。
<KM112900>
2013/02
- 10 -
[AKD5703-B]
(2)差動入力回路
TP3
LINA+
C10
0.1u
TP7
LINB+
LINA+
C8
1n
LINB+
C16
1n
VSS1
TP4
LINA-
C18
0.1u
VSS1
C11
0.1u
TP8
LINB-
C19
0.1u
LINAC9
1n
R6
open
LINB-
JP1
LIN1-single
C17
1n
R10
open
VSS1
TP5
RINA+
VSS1
C14
0.1u
TP9
RINB+
RINA+
C12
1n
C22
0.1u
RINB+
C20
1n
VSS1
TP6
RINA-
JP3
LIN2-single
VSS1
C15
0.1u
TP10
RINB-
C23
0.1u
RINAC13
1n
R8
open
RINB-
JP2
RIN1-single
C21
1n
VSS1
R12
open
JP4
RIN2-single
VSS1
Figure 3. LINA+/RINA-, LINB+/RINB-入力回路
TP3, TP4からLINA+/-を入力します。
TP5, TP6からRINA+/-を入力します。
TP7, TP8からLINB+/-を入力します。
TP9, TP10からRINB+/-を入力します。
JP1
JP2
LIN1-single RIN1-single
(2-1)Mic Powerを使用する場合。
R6, R8, R10, R12に2.2kΩを実装して下さい。
JP5
JP6
MP-LIN1
MP-RIN1
(2-2)Mic Powerを使用しない場合。
R6, R8, R10, R12をOpenにして下さい。
JP5
JP6
MP-LIN1
MP-RIN1
JP3
JP4
LIN2-single
RIN2-single
JP7
JP8
MP-LIN2
MP-RIN2
JP7
JP8
MP-LIN2
MP-RIN2
 当社では回路例の使用によるトラブルについて一切の責任は負いません。
<KM112900>
2013/02
- 11 -
[AKD5703-B]
Ⅱ. コントロールソフトマニュアル
■評価ボードとコントロールソフトの設定
1. 評価ボードを適宜、設定して下さい。
2. 評価ボードとPC をUSB ケーブルで接続して下さい。
3. USBコントロールは、PC 上ではHDD (Human Interface Device)として認識されます。
4. コントロールプログラムを立ち上げて下さい。(Note 1)
左下に”AKDUSBIF-B”と表示されない場合は、PC とUSB ケーブルを再度接続し直して
[Port Reset]ボタンを押して下さい。
5.適宜、操作を行い評価して下さい。
Figure 4. Window of Control Soft
<KM112900>
2013/02
- 12 -
[AKD5703-B]
■操作説明
コントロールソフトでは、ファンクション機能、レジスタマップ操作を行えます。
これらは、上部のタブで切り替えます。
頻繁に使用するレジスタ初期設定ボタン等は、切り替え画面の外側に配置されています。
各ボタンから呼び出されるダイアログの詳細は「各ダイアログ機能の説明」を参照してください。
1. [Port Reset]: メインボード上のUSB ポートにリセットを行います。
ソフト起動後PC とUSB コントロールを接続した場合、このボタンをクリックしてください。
2. [Write Default]: レジスタを初期設定にします。
ハード上のリセット等でデバイスの初期化を行った場合、
このボタンをクリックしてください。
3. [All Write]: 現在表示されているレジスタ値を全て書き込みます。
4. [All Read]: AK5703 の全てのレジスタ値を読み出し、レジスタマップに表示します。
5. [Save]: 現在のレジスタ設定値をファイルに保存します。
6. [Load]: ファイルに保存してあるデータの書き込みを実行します。
7. [All Reg Write]: [All Reg Write] ダイアログを立ち上げます。
8. [Data R/W]: [Data R/W] ダイアログを立ち上げます。
9. [Sequence]: [Sequence] ダイアログを立ち上げます。
10. [Sequence(File)]: [Sequence(File)] ダイアログを立ち上げます。
11.[Read]: 現在のレジスタを読み出して、Register欄に表示します。
[All Read] ボタンとは異なり16進表示のみを行い、レジスタマップへの反映は行いません。
12.[Dummy Command]: ダミーコマンドを書き込みます(Note 1)。
Note 1. 評価ボードに電源を投入し、SW1(トグルスイッチ)を一度“L”側に倒して、AK5703
のパワーダウンを行ってから“H”に戻してパワーダウンを解除した後に必ず一度[Dummy
Command]ボタンを押して、初期化を行って下さい。
但し、以下の処理を実行時にDummy Commandを発行しますので、これらの処理を実行する場合、
[Dummy Command] ボタンの操作を省略可能です。
(1) ソフト起動後の1回目のReadまたはWrite時
(2) [Port Reset] 実行後、1回目のReadまたはWrite時
(3) [Write Default] 実行時
(4) [All Write] 実行時
(5) [All Read] 実行時
<KM112900>
2013/02
- 13 -
[AKD5703-B]
■各タブ機能の説明 (Note 1)
1. [Function] タブ:
ファンクション機能
各ボタンを押すと設定ダイアログが開きます。
(設定ダイアログに関しては「各ダイアログ機能の説明」を参照してください)
Figure 5. [ Function ] Window
[Function] ボタン
: ボタン名の機能のシーケンス処理を実施(1- 1. [Function] ボタン参照)。
設定ダイアログボタン : 設定ダイアログの呼び出し(1-2. 設定ダイアログボタン参照)。
<KM112900>
2013/02
- 14 -
[AKD5703-B]
1- 1. [Function] ボタン
Figure 6. [ Function ] Button
ボタン名の機能のシーケンス処理を実行して、複数のレジスタを更新します。
主にパス設定で使用します。
Function Name
Single_End_MIC_In
Differential_MIC_In
Single_End_MIC_IN
and HPF/ALC
Differential_MIC_In
and HPF/ALC
Single_End_Line_In
Description
シングルエンド入力
(マイク)
差動入力(マイク)
シングルエンド入力
(マイク)
& HPF &ALC
差動入力(マイク)
& HPF & ALC
Input
LIN1(2),
RIN1(2)
LINA(B)+/-,
RINA(B)+/LIN1(2),
RIN1(2)
Output
SDTOA(B)
LINA(B)+/-,
RINA(B)+/-
SDTOA(B)
SDTOA(B)
SDTOA(B)
LIN1(2),
SDTOA(B)
シングルエンド入力
RIN1(2)
(ライン)
Table 5. Sequence Process Setting
Path
LIN1(2),RIN1(2)→MIC-AMP(+30d
B)→ADC→VOL→SDTOA(B)
LINA(B)+/-,RINA(B)+/-→MIC-AM
P(+30dB)→ADC→SDTOA(B)
LIN1(2),RIN1(2)→MIC-AMP(+18d
B)→ADC→VOL/HPF/ALC→SDTO
A(B)
LINA(B)+/-,RINA(B)+/-→MIC-AM
P(+18dB)→ADC→VOL/HPF/ALC
→SDTOA(B)
LIN1(2),RIN1(2)→MIC-AMP(+0dB
)→ADC→VOL→SDTOA(B)
※クロックモード、I/F モードの設定は維持されます。以下はデフォルトの値です。
クロックモード : 外部クロックモード(スレーブ)
I/F モード
: I2S
サンプリングレート : 44.1 kHz
1-2. 設定ダイアログボタン
Figure 7. Setting Dialog button
[Power Management MIC Input] ボタン
[System Clock Audio I/F] ボタン
[Data Output Delay] ボタン
[ALC Setting] ボタン
[Digital Filter Setting] ボタン
: 入力セレクト、マイクゲインおよび感度調整設定ダイアログの
呼び出し
: システムクロックおよびオーディオI/F 設定ダイアログ の呼び出し
: データ出力遅延設定ダイアログの呼び出し
: ALC 設定 ダイアログの 呼び出し
: プログラマブルディジタルフィルタ設定ダイアログの 呼び出し
<KM112900>
2013/02
- 15 -
[AKD5703-B]
2. [REG] タブ: レジスタマップ
レジスタの書込み、読み込みを実施する画面です。
レジスタマップの各ビットは押しボタンとなっています。
マウスにより操作することでレジスタの更新を実施します。
“H”または “1”はボタンDown状態、赤字 (Read Onlyでは濃い赤) 表示、
“L”または “0”はボタンUp状態、青字(Read Onlyではグレー)表示が行われます。
Read Only のレジスタに関してはグレーアウト状態となりマウスによる操作は不可となります。
データシートで定義されていない部分は“---”で表示されます。
Figure 8. [ REG] Window
<KM112900>
2013/02
- 16 -
[AKD5703-B]
2-1.[Write]: データ書き込みダイアログ
同じアドレス上の複数のbitを同時に変更する場合に使用します。
レジスタマップの各レジスタに対応した[Write]ボタンをクリックし、
ダイアログを立ち上げます。
チェックボックスをチェック(点がチェックした印です)すると、データは“H”または“1”になり、
チェックしなければデータは“L”または“0”になります。
各レジスタに対応したダイアログがあります。
入力した値をレジスタに書き込む場合は[OK]ボタンを、書き込まない場合は[Cancel]ボタンを
押して下さい。
Figure 9. [ Register Set ] Window
2-2.[Read]: データ読み込み実施
レジスタマップの各レジスタに対応した[Read]ボタンをクリックすると、
各レジスタの読み込みを実施します。
各レジスタの読み込み完了後、レジスタの状態に合わせて表示の更新が行われます。
“H”または “1”ではボタンDown状態、赤字 (Read Onlyでは濃い赤) 、
“L”または “0”ではボタンUp状態、青字(Read Onlyではグレー)に表示されます。
<KM112900>
2013/02
- 17 -
[AKD5703-B]
■各ダイアログ機能の説明
1. [Save]: [Save Address of Register] ダイアログ
メイン画面で[Save] ボタンを押すと保存アドレス設定ダイアログが開きます。
Figure 10. [ Save ] Window
[ All Address] チェックボタン
: ONのとき、全レジスタアドレスの設定値を保存します。
[Start Address] エディットボックス : [ All Address] がOFF のとき、保存を開始するレジスタアドレスを
指定してください。
[End Address] エディットボックス : [ All Address] がOFF のとき、保存を終了するレジスタアドレスを
指定してください。
[ OK ] ボタン
: 保存するファイルを指定して、レジスタ設定値の保存を実行します。
[ Cancel ] ボタン
: 処理を中止します。
<KM112900>
2013/02
- 18 -
[AKD5703-B]
2. [All Reg Write]: [All Register Write] ダイアログ
メイン画面で[All Reg Write] ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
メイン画面の[ SAVE ] ボタンで作成したレジスタ設定ファイルを複数割り当て、実行することができま
す。
Figure 11. [ All Reg Write ] Window
[ Open (左) ] ボタン
[ Write ] ボタン
[ Help ] ボタン
[ Save ] ボタン
[ Open (右) ] ボタン
[ Close ] ボタン
[All Write]
[ Start ] ボタン
[ Stop ] ボタン
[Interval time]
[Current No]
: レジスタ設定ファイル (*.akr) の選択を実施します。
: 選択したレジスタ設定ファイルの内容でレジスタの書込みを行います。
: 本機能の説明画面を開きます。
: レジスタ設定ファイルの割り当てを保存します。ファイル名は “*.mar”です。
: “*. mar”で保存されたレジスタ設定ファイルの割り当てを読み出します。
: ダイアログを閉じ、処理を終了します。
: 選択したレジスタ設定ファイルの レジスタの書込みをまとめて実施します。
選択ファイルの実行順番は画面上から下の順となります。
: レジスタ書き込みを開始します。
: レジスタ書き込みを中止します。
: 次のレジスタ設定ファイルの書き込みを開始するまでの待ち時間を指定します。
(5msec ~ 10,000msec)
: 現在書き込み中のファイルNo(上側のファイルから 1, 2, 3… 10) を表示します。
<KM112900>
2013/02
- 19 -
[AKD5703-B]
~ 操作上の注意 ~
1. 右側にある[ Save ] と[ OPEN ] で指定するファイルは全て同じフォルダ内に入っている必要が
あります。
2. レジスタの内容をメイン画面 の [ Save ] ボタンで変更した場合、その内容を反映させるために
そのファイルを再度読み出して下さい。
3. [Data R/W]: [Data Read/Write] ダイアログ
メイン画面で[Data R/W] ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
キーボード操作により指定アドレスに対してデータ書き込みを実施します。
Figure 12. [ Data R/W ] Window
[ Address ] ボックス : エディットボックス内にデータを書き込むアドレスを16進数2桁で入力します。
[ Data ] ボックス
: エディットボックス内にデータを16進数2桁で入力します。
[ Mask ] ボックス : エディットボックス内にマスクデータを16進数2桁で入力します。
[ Data ] 入力に対してマスクbit が 1のbit のみデータを変更します。
MASK bit が 0 の bit を維持しますが、レジスタRead は実施せず、ソフト内に保持
しているデータを利用します。 電源再投入や PDN pin で Reset を行った場合、ソ
フトで維持しているレジスタデータとAK5703のレジスタデータが異なりますの
で、 “Write Default” を実施してください。
[ Write ] ボタン
: [ Address] ボックスで指定されたアドレスのレジスタに対して
[ Data ] 入力と[ Mask ] 入力より生成したデータを書込みます(Note 2)。
[ Read ] ボタン
: [ Address] ボックスで指定されたアドレスのレジスタを読み込みます(Note 2)。
表示は[ Read data ] ボックス内に16進数で出力されます。
[ Close ] ボタン
: 処理を終了します。
特にデータ書込みを実施しない場合はこちらで画面を閉じることで
キャンセルを行うことが出来ます。
Note 2. [ Write ] ボタン、[ Read ] ボタンの操作後はレジスタマップの表示が更新されます。
<KM112900>
2013/02
- 20 -
[AKD5703-B]
4. [Sequence]: [Sequence] ダイアログ
メイン画面で[Sequence] ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
レジスタのシーケンスの設定、実行ができます。
Figure 13. [ Sequence ] Window
~ シーケンスの設定 ~
シーケンス設定は以下の手順で設定します。
1.
シーケンス処理内容を選択します。
[Select]コンボボックスから動作させる処理内容を選択します。
処理内容に応じてデータ設定の必要な入力ボックスが有効になります。
< Select選択項目 >
・No_use
・Register
・Reg(Mask)
・Interval
・Stop
・End
: 未使用
: レジスタ書込み
: レジスタ書込み(マスク指定)
: インターバル
: 一時停止
: シーケンス終了
<KM112900>
2013/02
- 21 -
[AKD5703-B]
2.
動作させるシーケンスを入力して下さい。
[ Address ]
[ Data ]
[ Mask ]
[ Interval ]
: アドレス
: データ
: マスク
[ Data ] 入力に対してマスクbit が 1のbit のみデータを変更します。
MASK bit が 0 の bit を維持しますが、レジスタRead は実施せず、ソフト内に保持し
ているデータを利用します。 電源再投入や PDN pin で Reset を行った場合、ソフトで
維持しているレジスタデータとAK5703のレジスタデータが異なりますので、 “Write
Default” を実施してください。
Mask = 0x00のとき、現在値の設定を維持します。
Mask = 0xFFのとき、Dataで設定された8bitデータが書き込まれます。
Mask =0x0Fのとき、Dataで設定された下位4bitデータが書き込まれます。
上位4bitは現在の設定値を維持します。
: インターバル時間
シーケンス処理内容毎の入力項目は次の通りです。
・No_use
: なし
・Register
: [ Address ]、[ Data ]、[ Interval ]
・Reg(Mask)
: [ Address ]、[ Data ]、[ Mask ]、[ Interval ]
・Interval
: [ Interval ]
・Stop
: なし
・End
: なし
~ 操作ボタン説明 ~
操作ボタンの機能は以下の通りです。
[ DEL ] ボタン
: チェックしている1ステップを削除します。
[ INS ] ボタン
: チェックしているステップに前回削除した1ステップを挿入します。
[Start Step] 選択 : 開始するステップを選択します。
No.1 Step
: No.1 ステップから開始します。
Checked Step : チェックしているステップから開始します。
[ Start ] ボタン
: 設定したシーケンスが実行されます。
[ Stop ] ボタン
: 実行中のシーケンスを停止します。
[ Help ] ボタン
: 本機能の説明画面を開きます。
[ Save ] ボタン
: シーケンス設定ファイルを保存します。ファイル名は “*.aks” です。
[ Open ] ボタン : “*.aks”で保存されたシーケンス設定ファイルの割り当てを読み出します。
[ Close ] ボタン : ダイアログを閉じ、処理を終了します。
~ シーケンスの一時停止 ~
シーケンス処理内容にStopが選択されているとき、シーケンスを一時停止します。処理提訴後、[Start
Step] の選択が自動的に“Checked Step” へ変わり、かつ、次の開始ステップがチェックされます。再度
[ Start ]ボタンを押下すると停止した状態から再び動作を開始します。
処理を終わりEND” ステップまで実行させた場合、[Start Step] の選択は自動的に “No.1 Step” に変わりま
す。
<KM112900>
2013/02
- 22 -
[AKD5703-B]
5. [Sequence(File)]: [Sequence by *.aks file] ダイアログ
メイン画面で[Sequence(File)] ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
シーケンス設定画面([Sequence]ダイアログ)の[ SAVE ] ボタンで作成したシーケンス設定ファイルを複
数割り当て、実行することができます。
Figure 14. [ Sequence(File) ] Window
[ Open (左) ] ボタン : シーケンス設定ファイル (*.aks) の選択を実施します。
[ Start ] ボタン
: 選択したシーケンス設定ファイルの内容でシーケンス処理の実行を行います。
[ Start All ] ボタン : 選択したシーケンス設定ファイルのシーケンス処理実行をまとめて実施します。
選択ファイルの実行順番は画面上から下の順となります。
[ Stop ] ボタン
: シーケンス処理を中止します。
[ Help ] ボタン
: 本機能の説明画面を開きます。
[ Save ] ボタン
: レジスタ設定ファイルの割り当てを保存します。ファイル名は "*.mas" です。
[ Open (右) ] ボタン : “*.mas”で保存されたレジスタ設定ファイルの割り当てを読み出します。
[ Close ] ボタン
: ダイアログを閉じ、処理を終了します。
~ 操作上の注意 ~
1. 右側にある[ Save ] と[ OPEN ] で指定するファイルは全て同じフォルダ内に入っている必要が
あります。
2. シーケンス処理内容に Stopが選択されているとき、シーケンスを一時停止します。
一時停止中は以下のようなメッセージを出力します。[ OK ]ボタンを押下すると先に進みます。
<KM112900>
2013/02
- 23 -
[AKD5703-B]
Figure 15. [ Sequence Pause ] Window
6. [Power Management MIC Input]: [Power Management & MIC Input] ダイアログ
メイン画面で[Power Management MIC Input]ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
マイク/ライン入力、ADCの初期化サイクル、マイクゲインおよび感度調整のレジスタ設定を実施
できます。
レジスタマップ上でのレジスタ設定と連動しています。
(レジスタ機能詳細はデータシートを参照してください)
Figure 16. [ Power Management MIC Input ] Window
PMADxL/R を Enable にしたとき、PMVCM bit に“1”が設定されます。PMADxL/Rを Disable にしてもPMVCM
bit は“0”となりませんので、レジスタマップを直接操作してください。
MIXxにチェックをつけたとき、PMADxL/R bitsおよびPMVCM bitに“1”が設定されますが、MIXxのチェッ
クを外してもPMADxL/R bits およびPMVCM bit は“0”となりませんので、こちらも同様にレジスタマップを
直接操作してください 。
<KM112900>
2013/02
- 24 -
[AKD5703-B]
~ Gain 設定での入力操作 ~
スライダの下にある入力ボックスでデータ設定を行うことで任意の設定位置まで移動することが可能で
す。
設定値は入力値を元に設定可能な値が自動的に選択されます。(設定後、入力した値から変更されます。)
設定位置への移動後マウス操作またはキーボードの上下カーソル操作により微調整を実施してください。
設定値に移動
します。
設定可能な値が自動的に
選択されます。
Figure 17. Volume Slider Control
<KM112900>
2013/02
- 25 -
[AKD5703-B]
7. [System Clock Audio I/F]: [System Clock & Audio I/F] ダイアログ
メイン画面で[System Clock Audio I/F]ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
システムクロックおよびオーディオI/Fのレジスタ設定を実施できます。
レジスタマップ上でのレジスタ設定と連動しています。
(レジスタ機能詳細はデータシートを参照してください)
Figure 18. [ System Clock Audio I/F ] Window
<KM112900>
2013/02
- 26 -
[AKD5703-B]
8. [Data Output Delay]: [Programmable Output Delay] ダイアログ
メイン画面で[Data Output Delay]ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
データ出力遅延量のレジスタ設定を実施できます。
レジスタマップ上でのレジスタ設定と連動しています。
(レジスタ機能詳細はデータシートを参照してください)
Figure 19. [Data Output Delay] Window
<KM112900>
2013/02
- 27 -
[AKD5703-B]
9. [ALC Setting]: [ALC Setting] ダイアログ
メイン画面で[ALC Setting]ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
Auto Level Control のレジスタ設定を実施できます。
レジスタマッブ上でのレジスタ設定と連動しています。
(レジスタ機能詳細はデータシートを参照してください)
Figure 20. [ALC Setting] Window
<KM112900>
2013/02
- 28 -
[AKD5703-B]
10. [Digital Filter]: [Filter Setting] ダイアログ
メイン画面で[Digital Filter]ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
各フィルタの係数の計算を実施し、書き込みを実施できます。
(フィルタ機能詳細はデータシートを参照してください)
Figure 21. [Digital Filter] Window
[Register Setting] ボタン
: フィルタ関係のレジスタ設定のダイアログが開きます。
レジスタへのフィルタ係数書き込みも実施します。
[F Response ] ボタン
: [Filter Plot] フィルタ特性ダイアログを表示します。
レジスタへのフィルタ係数書き込みも実施します。
[Coefficient Write] ボタン : 全フィルタの計算、係数書き込みを実施します。
[Reg Map to Fc/Plot] チェックボタン :
ON にするとレジスタマップに書き込まれている係数を逆算してカットオフ
周波数等の各パラメータを表示します。
HPFとLPF の Gain は 1.0 とする必要があります。[Digital Filter Setting]上で
[Coefficient Write]等で係数書き込みを実施するとき、HPFとLPF の Gainは常
に 1.0 で計算します。
[ Close ] ボタン
: ダイアログを閉じ、処理を終了します。
<KM112900>
2013/02
- 29 -
[AKD5703-B]
10-1. パラメータの設定
各フィルタのパラメータを設定して下さい。
項目
内容
Sampling Rate
サンプリング周波数(fs)
HPF
HPF1 Cut Off Frequency
HPF2 Cut Off Frequency
LPF
Cut Off Frequency
High Pass Filter 1 のカットオフ周波数
High Pass Filter 2 のカットオフ周波数
設定範囲
8, 11.025, 12, 16, 22.05, 24, 32,
44.1, 48kHzのいずれか
3.4×fs/44.1 ~219.3×fs/44.1 (kHz)
fc/fs ≧0.0001
Low Pass Filter のカットオフ周波数
Table 6. Parameter Setting of [Filter Setting]
fc/fs ≧0.05
“Filter ON/OFF Control” チェックボタンで Filter の ON/OFF を設定して下さい。チェックした場合に
Filter が ON になります。
Figure 22. Filter ON/OFF Check Box
<KM112900>
2013/02
- 30 -
[AKD5703-B]
10-2. [Register Setting]: [Register Setting for Filter] ダイアログ
[Register Setting] ボタンを押すとレジスタ設定値が表示されます。1つのパラメータでも、設定範囲外
の値が設定されている場合、エラーメッセージが表示されレジスタ設定の計算は実行されません。
Figure 23. [ Register Setting for Filter ] Window
レジスタ設定値が更新されるのは以下の場合です。
1. [Register Setting] ボタンが押されたとき
2. [F Response] ボタンが押されたとき
3. [Coefficient Write] ボタンが押されたとき
4. 周波数特性表示ウィンドウ上の [UpDate] ボタンが押されたとき
5. 各パラメータを設定後、Enter または Tabキーが押されたとき
<KM112900>
2013/02
- 31 -
[AKD5703-B]
10-3. [F Response]: [Filter Plot] ダイアログ
[Filter Setting] ダイアログ画面で[F Response] ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
フィルタの設定値でのフィルタ特性の表示を行います。
Figure 24. [ F Response ] Window
[ Frequency Range ] エディット
[ Update ] ボタン
[ Gain/Phase ] 選択
[ Log View ] チェックボタン
[ Close ] ボタン
: フィルタ特性の表示幅を指定します。
: フィルタ特性グラフを再描画します。
: ゲイン表示/位相表示の切り替えを行います
: リニア表示/ログ表示の切り替えを行います。
: ダイアログを閉じ、処理を終了します。
~ 縦軸の調整 ~
1.[Y-axis Ref] エディット
2.[縦スライド]
3.[横スライド]
:
:
:
縦スライドの中心値を設定します。
中心参考値を移動できます。
縦軸の目盛りを調整できます。(左は縮小、右は拡大)
<KM112900>
2013/02
- 32 -
[AKD5703-B]
測定結果
[測定条件]
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
Measurement unit
MCKI
BICK
fs
Bit
Measurement Mode
Power Supply
Input Frequency
Measurement Frequency
Temperature
: Audio Precision, System two Cascade
: 256fs (11.2896MHz)
: 64fs
: 44.1kHz
: 24bit
: EXT Slave Mode
: AVDD=TVDD= 3.0V, DVDD=1.8V
: 1kHz
: 20 ~ 20kHz
: Room
[測定結果]
Result
Lch
Rch
ADC: LIN1/RIN1 → ADCA → IVOL, IVOL=0dB, ALC=OFF → SDTOA
MGAIN = +30dB
S/(N+D)
fs=44.1kHz, BW=20kHz
80.6
80.4
(-1dBFS)
DR
(-60dBFS, A-Weighted)
84.4
84.4
S/N
(A-weighted)
84.4
84.4
MGAIN = 0dB
S/(N+D)
fs=44.1kHz, BW=20kHz
86.5
86.7
(-1dBFS)
DR
(-60dBFS, A-Weighted)
96.3
96.1
S/N
(A-weighted)
96.3
96.2
<KM112900>
Unit
dB
dB
dB
dB
dB
dB
2013/02
- 33 -
[AKD5703-B]
1. ADC (LIN1/RIN1  ADCA) (+30dB)
AK5703 FFT (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
+0
-20
-40
d
B
F
S
-60
-80
-100
-120
-140
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k 20k
5k
10k 20k
Hz
Figure 25. FFT (Input level= -1dBFS)
AK5703 FFT (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-60dBFS]
+0
-20
-40
d
B
F
S
-60
-80
-100
-120
-140
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 26. FFT (Input level= -60dBFS)
<KM112900>
2013/02
- 34 -
[AKD5703-B]
AK5703 FFT (LIN1/RIN1=>ADCA)
[No Input]
+0
-20
-40
d
B
F
S
-60
-80
-100
-120
-140
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k 20k
Hz
Figure 27. FFT (No Signal)
AK5703 THD+N vs. Input Level (LIN1/RIN1=>ADCA)
[fin=1kHz]
-50
-55
-60
d
B
F
S
-65
-70
-75
-80
-85
-90
-120
-100
-80
-60
-40
-20
+0
dBr
Figure 28. THD+N vs. Input Level
<KM112900>
2013/02
- 35 -
[AKD5703-B]
AK5703 THD+N vs. Input Frequency (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
-50
-55
-60
-65
d
B
F
S
-70
-75
-80
-85
-90
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k 20k
Hz
Figure 29. THD+N vs. Input Frequency (C10 and C14: Ceramic Capacitor)
AKD5703-B 評価ボードではLIN1とRIN1にセラミックコンデンサを使用しています。セラミックコンデンサ
を使用した場合は、低い周波数で特性の劣化が見られます。AK5703の性能についてはFigure 30を参照して
下さい。
AK5703 THD+N vs. Input Frequency (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
-50
-55
-60
d
B
F
S
-65
-70
-75
-80
-85
-90
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k 20k
Hz
Figure 30. THD+N vs. Input Frequency (C10 and C14: Electrolytic Capacitor)
<KM112900>
2013/02
- 36 -
[AKD5703-B]
AK5703 Linearity (LIN1/RIN1=>ADCA)
[fin=1kHz]
+0
T
-20
-40
d
B
F
S
-60
-80
-100
-120
-120
-100
-80
-60
-40
-20
+0
dBr
Figure 31. Linearity
AK5703 Frequency Response (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
+0
-0.5
-1
d
B
F
S
-1.5
-2
-2.5
-3
5k
10k
15k
20k
Hz
Figure 32. Frequency Response
<KM112900>
2013/02
- 37 -
[AKD5703-B]
AK5703 Crosstalk (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
-50
TTTTTTTTTTT
TT
TT
TTTTTTT
TT
TTTTTTTTTTTTTTTTTTTT TTT
T
T
-60
-70
-80
d
B
-90
-100
-110
-120
-130
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k 20k
5k
10k 20k
Hz
Figure 33. Crosstalk
2. ADC (LIN1/RIN1  ADCA) (+0dB)
AK5703 FFT (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
+0
-20
-40
d
B
F
S
-60
-80
-100
-120
-140
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 34. FFT (Input level= -1dBFS)
<KM112900>
2013/02
- 38 -
[AKD5703-B]
AK5703 FFT (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-60dBFS]
+0
-20
-40
d
B
F
S
-60
-80
-100
-120
-140
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k 20k
5k
10k 20k
Hz
Figure 35. FFT (Input level= -60dBFS)
AK5703 FFT (LIN1/RIN1=>ADCA)
[No Input]
+0
-20
-40
d
B
F
S
-60
-80
-100
-120
-140
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 36. FFT (No Signal)
<KM112900>
2013/02
- 39 -
[AKD5703-B]
AK5703 THD+N vs. Input Level (LIN1/RIN1=>ADCA)
[fin=1kHz]
-60
-65
-70
-75
d
B
F
S
-80
-85
-90
-95
-100
-120
-100
-80
-60
-40
-20
+0
dBr
Figure 37. THD+N vs. Input Level
AK5703 THD+N vs. Input Frequency (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k 20k
Hz
Figure 38. THD+N vs. Input Frequency (C10 and C14: Ceramic Capacitor)
AKD5703-B 評価ボードではLIN1とRIN1にセラミックコンデンサを使用しています。セラミックコンデンサ
を使用した場合は、低い周波数で特性の劣化が見られます。AK5703の性能についてはFigure 39を参照して
下さい。
<KM112900>
2013/02
- 40 -
[AKD5703-B]
AK5703 THD+N vs. Input Frequency (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k 20k
Hz
Figure 39. THD+N vs. Input Frequency (C10 and C14: Electrolytic Capacitor)
AK5703 Linearity (LIN1/RIN1=>ADCA)
[fin=1kHz]
+0
T
-20
-40
d
B
F
S
-60
-80
-100
-120
-120
-100
-80
-60
-40
-20
+0
dBr
Figure 40. Linearity
<KM112900>
2013/02
- 41 -
[AKD5703-B]
AK5703 Frequency Response (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
+0
-0.5
-1
d
B
F
S
-1.5
-2
-2.5
-3
5k
10k
15k
20k
Hz
Figure 41. Frequency Response
AK5703 Crosstalk (LIN1/RIN1=>ADCA)
[-1dBFS]
-70
-80
-90
-100
d
B
-110
-120
-130
-140
-150
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k 20k
Hz
Figure 42. Crosstalk
<KM112900>
2013/02
- 42 -
[AKD5703-B]
改訂履歴
Date
13/02/12
Manual
Revision
KM112900
Board
Revision
0
Reason
Contents
初版
重要な注意事項






本書に記載された製品、および、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更すること
があります。従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社
営業担当、あるいは弊社特約店営業担当にご確認ください。
本書に記載された周辺回路、応用回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報は、半導体製品の動
作例、応用例を説明するものです。お客様の機器設計において本書に記載された周辺回路、応用回路、
ソフトウェアおよびこれらに関連する情報を使用される場合は、お客様の責任において行ってください。
本書に記載された周辺回路、応用回路、ソフトウェアおよびこれらに関連する情報の使用に起因してお
客様または第三者に生じた損害に対し、弊社はその責任を負うものではありません。また、当該使用に
起因する、工業所有権その他の第三者の所有する権利に対する侵害につきましても同様です。
本書記載製品が、外国為替および、外国貿易管理法に定める戦略物資(役務を含む)に該当する場合、
輸出する際に同法に基づく輸出許可が必要です。
医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置・機器の故障や動作不良が、
直接または間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極め
て高い信頼性を要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず事前に弊社代表取締役の書面によ
る同意をお取りください。
この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ずる損害等の
責任を一切負うものではありませんのでご了承ください。
お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その使用から損
害等が生じた場合は全てお客様にてご負担または補償して頂きますのでご了承下さい。
<KM112900>
2013/02
- 43 -
5
4
3
2
1
USBGND USB5V
T1
TA48018BF
REG1
IN
+5V
TP1
1.8V
OUT
GND
R1 0
DVDD
C3+
0.1u
C2
0.1u
R4 open
C4
47u
R3 5.1
D
T2
TA48M03F
IN
+
GND1
C1
47u
L1 10u
TP2
3.0V
OUT
GND
C6+
0.1u
C5
0.1u
GND
D
TVDD
VSS2
D3V
R2 0
TP12
VSS1
C7
47u
VSS1
JP1
LIN1-single
C9
1n
VSS1
C30
10u
C11 0.1u
C8
1n
C29
0.1u
VSS1
C20
1n
CCLK/SCL 15
16
CSN/SDA
17
I2C
18
19
VSS1
20
SDTOA
LIN2/LINB+
LINB-
SDTOB
MCKO
VSS1
C24
1u
C21
1n
I2C
CDTIO
3WIRE
JP10
SCIF
C
JP17
CCLK/SCL
C23 0.1u
JP4
RIN2-single
C25
C27
0.1u
0.1u
+
VSS1
VSS1
MCKI
LRCK
R16
51
11
BICK
R15
51
10
SDTOA
9
SDTOB
8
JP9
MCKO
VSS2
R13
51
PDN
C26
10u
C28
10u
TP11
VSS2
TVDD
VSS2
A
B
R14
51
+
C22 0.1u
R12
open
R19
51
TP15
CCLK/SCL
R17
51
12
TVDD
28
BICK
MPWRB
1
JP8
MP-RIN2
R11
2.2k
TP14
CDTIO/CAD0
R18
51
13
7
C19 0.1u
JP3
LIN2-single
C17
1n
VSS1
TP9
RINB+
TP10
RINB-
27
AK5703EN
MRF
VSS2
VSS1
26
C18 0.1u
R10
open
R20
51
CSN
VSS2
LRCK
U1
6
VSS1
25
MPWRA
DVDD
24
C31
1u
5
C16
1n
TP13
CSN/SDA
14
MCKI
PDN
VSS1
RIN1/RINA+
4
VSS1
TP7
LINB+
TP8
LINB-
R9
2.2k
R21
51
R23
open
CDTIO/CAD0
VCOM
C14 0.1u
JP7
MP-LIN2
2
1
23
3
C12
1n
R7
2.2k
3
J2
MIC-IN2
VSS2
C15 0.1u
JP6 MP-RIN1
B
RINA-
LINA-
21
22
RINB-
2
1
VSS1
2
3
J1
MIC-IN1
C13
1n
LIN1/LINA+
JP2
RIN1-single
TP6
RINATP5
RINA+
R22
4.7k
CCLK
JP5 MP-LIN1
R8
open
R24
4.7k
R27
4.7k
AVDD
R5
2.2k
C10 0.1u
RIN2/RINB+
C
R6
open
R25
4.7k
+
TP4
LINATP3
LINA+
TVDD
R26
open
VSS2
A
DVDD
Title
AKD5703-B
Size
- 44 5
4
3
A3
Date:
2
Document Number
Rev
0
AK5703
Thursday, November 29, 2012Sheet
1
1
of
3
5
4
3
2
1
PORT2
DIR
1
D3V
C33
0.1u
JP11
MCKI
MCKI
VCC
IN
EXT
C37
10u
26
DIR
JP13
BICK
27
EXT
28
C38
5p
C40
0.1u
13
14
NC/GP1
15
TX0/GP2
16
TX1/GP3
TVDD
11
10
9
DIF1/RX6
CM1/CDTI/SDA
TEST2
OCKS1/CCLK/SCL
DIF0/RX5
OCKS0/CSN/CAD0
NC
4
3
7
S1
6
H (ON)
SW DIP-2
L(OFF)
1
2
5
4
3
R32
47k
2
R33
47k
B
RX3
1
48
VSS4
47
RX2
46
TEST1
45
44
VSS3
41
RX1
IPS0/RX4
VCOM
INT0
8
C43
0.47u
C41 0.1u
+
2
SW1
RESET
17
CM0/CDTO/CAD1
37
A
VSS1
R31
10k
1
3
H
DIF2/RX7
PDN
INT1
K
36
IPS1/IIC
U2
AK4118A
XTI
40
35
L
12
DIF0
DIF1
XTO
R
34
R30
10k
BOUT/GP4
P/SN
39
33
D1
HSU119
18
DAUX
AVDD
32
B
19
XTL0
38
1
31
PDN
COUT/GP5
DVDD
MCKO2
NC
29
30
X1
11.2896MHz
USB-PDN
UOUT/GP6
20
21
22
VSS2
XTL1
C39
5p
R29 2.2k
VIN/GP0
C
2
JP14
SDTO
C
C34
0.1u
BICK
43
SDTOB
SDTO
RX0
SDTOA
SDTOB
C36
0.1u
42
SDTOA
MCKO1
25
DSP
BICK
23
PORT4
2 GND
4 GND
6
8
10
24
1
3
5
7
9
LRCK
EXT
MCLK
BICK
LRCK
SDTO
+
LRCK
+
DIR
JP12
LRCK
D
OPT-OUT
C35
10u
VOUT/GP7
D
GND
2
3
C42
10u
R28 470
C32
0.1u
PORT1
1
2
3
OUT
GND
VCC
OPT-IN
A
A
Title
AKD5703-B
- 45 -
Size
A3
Date:
5
4
3
2
Document Number
Rev
0
DIR/DIT
Thursday, November 22,
2012Sheet
1
2
of
3
5
4
3
2
1
GND
ID
D+
DVBUS
PORT3
USB Connector
5
4
3
2
1
T3
TA48M03F
JP15
USB5V
USB5V
D
IN
C45
0.1u
OUT
GND
C46
10u
D
+
C44
1u
USBGND
RC7/RX/DT/SDO
C
2
RD4/SPP4
3
4
5
7
34
NC/ICPORTS
35
RD6/SPP6/P1C
OSC1/CLKI
VSS1
U3
PIC18F4550
VDD1
VDD0
RE1/AN6/CK2SPP
RB1/AN10/INT1/SCK/SCL
RE0/AN5/CK1SPP
C53 22p
31
XTO
30
XTI
X2
20MHz
C52 22p
29
C50
0.1u
28
C51
10u
27
26
B
25
24
RA3/AN3/Vref+
23
22
RA1/AN1
20
19
RA4/T0CKI/C1OUT/RCV
32
R35
100k
C49
0.1u
VDD
1
MCLR
2
PGD
3
PGC
4
GND
5
JP16 PIC
A
RA0/AN0
MCLR_N/Vpp/RE3
18
RB7/KBI3/PGD
17
RB6/KBI2/PGC
RB5/KBI1/PGM
R34 4.7k
16
14
12
NC/ICCK/ICPGC
RB3/AN9/CPP2/VPO
15
11
RA5/AN4/SS_N/HLVDIN/C2OUT
RB4/AN11/KBI0/CSSPP
RB2/AN8/INT2/VMO
RA2/AN2/Vref-/CVref
10
RB0/AN12/INT0/FLT0/SDI/SDA
21
9
RE2/AN7/OESPP
NC/ICDT/ICPGD
+
8
B
OSC2/CLKO/RA6
VSS0
33
C
RC0/T1OSO/T13CKI
RD5/SPP5/P1B
13
C47
0.1u
NC/ICRST_N/ICVpp
RD7/SPP7/P1D
6
C48
10u
RC1/T1OSI/CCP2/UOE_N
36
RC2/CCP1/P1A
VUSB
37
38
RD0/SPP0
39
RD1/SPP1
40
RD2/SPP2
41
RD3/SPP3
42
RC4/D-/VM
RC5/D+/VP
43
44
RC6/TX/CK
1
C54
0.47u
R36
0
+
R37
0
A
CCLK
CDTIO
Title
AKD5703-B
CSN
USB-PDN
Size
- 46 5
4
3
A3
Date:
2
Document Number
Rev
0
Control I/F (USB)
Tuesday, November 20,
2012 Sheet
1
3
of
3
AK5703-B Silk Layer1
- 47 -
AK5703-B Silk Layer2
- 48 -
AK5703-B Pattern Layer1
- 49 -
AK5703-B Pattern Layer2
- 50 -
Similar pages