AK4432VT

ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
AKD4432-SA
AK4432 音質評価ボード Rev.0
概要
AKD4432-SAは、デジタルオーディオ機器に対応した32bit DAC AK4432の音質評価ボードです。3種類のデ
ジタルオーディオインターフェースを使って、簡単に評価をすることができます。
 オーダリングガイド
AKD4432-SA
--- AK4432音質評価ボード
(専用コントロールソフトを同梱)
機能
 3種類のデジタルオーディオインターフェース搭載
- 光入力
- BNC入力
- 外部入力用 7×2ピンヘッダー
 アナログ出力2ch搭載
 ボード制御用USBポート
AGND
+12V
DGND
Reg
12V→3.3V
Reg
12V→3.3V
VSS
D3.3V
LVDD
AVDD
DGND
COAX In
Opt In
DIR
AK4118A
AK4432
7x2pin
Header
(DSP)
L
BICK
LRCK
SDTI
Audio
Signals
R
I2C/SPI
DGND
USB
B-TYPE
PIC
18F4550
D3.3V
Figure 1.AKD4432-SA ブロック図
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
ボード概略図
 概略図
Figure 2.AKD4432-SA 配置図
 説明
(1) 電源コネクタ
+12V、AGND
各電源の詳細はTable1.電源の設定を参照して下さい。
(2) AOUTL、AOUTR
AK4432のアナログ出力用RCAコネクタです。
(3) TORX、COAX
AK4118AにSPDIF信号を入力するコネクタです。
COAXを使用する場合:JP302 COAX側
(Default)
TORXを使用する場合:JP302 OPT側
(4) AK4118A
AK4118Aはデジタルオーディオトランシーバーです。
SPDIF信号を使用してAK4432の評価をする場合に使用します。
(5) PORT303
外部インターフェース用7×2ピンヘッダーです。
MCLK、BICK、LRCK、SDTI
※PORT303を使用する場合:R310=R311=R312=R313= 51Ω
R314= R315= R316=R317=Open(Default)
※AK4118Aを使用する場合:R310=R311=R312=R313=Open (Default)
R314= R315= R316=R317=51Ω
(6) USB
ボード制御用USBポートです。PCと接続し専用コントロールソフトでAK4432を制御します。
(7) PIC18F4550
USBのドライバICです。
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
(8) SW301
AK4118Aの設定スイッチで、上側がHi、下側がLoです。
詳細はTable2.SW301設定を参照して下さい。
(9) SW401
AK4432の設定スイッチで、上側がHi、下側がLoです。
詳細はTable5.SW401設定を参照して下さい。
(10) SW402
AK4432のパワーダウンスイッチで、上側がHi、下側がLoです。
AK4432の動作時は必ずHiにして下さい。
(11) SW403
AK4432のミュートスイッチです。押すと出力がミュートされます。
(12) SW404
AK4118Aのパワーダウンスイッチで、上側がHi、下側がLoです。
AK4118Aの動作時は必ずHiにして下さい。
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
操作手順
[1] 電源の設定
名称
+12V
GND
色
赤
黒
電圧
+12V
0V
内訳
レギュレーター用
アナログ用グランド
Table 1. 電源の設定
備考
必ず接続します。
必ず接続します。
[2] スイッチ設定
(1). SW301の設定
No.
1
2
3
4
5
Switch Name
DIF2
DIF1
DIF0
OCKS1
OCKS0
DIF2 pin
(SW1-1)
DIF2 bit
Mode
Function
AK4118AのDIF2-pin
AK4118AのDIF1-pin
AK4118AのDIF0-pin
AK4118AのOCKS1-pin
AK4118AのOCKS0-pin
Table 2. SW301 設定
DIF1 pin
(SW1-2)
DIF1 bit
0
0
0
1
0
0
2
0
1
3
0
1
4
1
0
5
1
0
6
1
1
7
1
1
DIF0 pin
(SW1-3)
DIF0 bit
SDTO
LRCK
OCKS0 pin
(SW1-5)
OCKS0 bit
0
0
1
1
0
1
0
1
(X’tal)
BICK
I/O
24bit, Left
16bit, Right
0
H/L
justified
justified
24bit, Left
18bit, Right
1
H/L
justified
justified
24bit, Left
20bit, Right
0
H/L
justified
justified
24bit, Left
24bit, Right
1
H/L
justified
justified
24bit, Left
24bit, Left
0
H/L
justified
justified
2
2
1
24bit, I S
24bit, I S
L/H
24bit, Left
24bit, Left
0
H/L
justified
justified
2
2
1
24bit, I S
24bit, I S
L/H
Table 3. AK4118A オーディオフォーマット
OCKS1 pin
(SW1-4)
OCKS1 bit
[KM119000]
DAUX
default
Hi
Lo
Lo
Hi
Lo
MCKO1
MCKO2
256fs
256fs
256fs
256fs
256fs
128fs
512fs
512fs
256fs
128fs
128fs
64fs
Table 4. AK4118A MCLK設定
I/O
O
64fs
O
O
64fs
O
O
64fs
O
O
64fs
O
O
64fs
O
O
64fs
O
I
64-128fs
I
I
64-128fs
I
default
fs (max)
96 kHz
96 kHz
48 kHz
192 kHz
default
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
(2). SW401の設定
No.
Switch Name
1
I2C
2
PS
3
I2CFIL
4
ACKS
5
DIF
6
Open
Function
AK4432のI2Cピンの設定
H:I2Cモード
L:SPIモード
AK4432のPSピンの設定
H:パラレルモード
L:シリアルモード
AK4432のI2CFILピンの設定
H:ファストモードプラス(1MHz)
L:ファストモード(400kHz)
AK4432のACKSピンの設定
H:オートセッティングモード
L:マニュアルセッティングモード
AK4432のDIFピンの設定(パラレルモード時のみ有効)
H:32bit I2S互換
L:32bit 前詰め
使用できません
Table 5.SW401の設定
default
Hi
Hi
Lo
Hi
Lo
-
(3). SW402/SW403/SW404の設定
SW402
AK4432-PDN
SW403
MUTE
SW404
AK4118-PDN
[KM119000]
AK4432のパワーダウンピン
電源投入後、必ず一度リセットして下さい。
動作中は必ず“H”にして下さい。
AK4432のMUTEピン(パラレルモード時のみ有効)
Push:ミュート
AK4418のパワーダウンピン
電源投入後、必ず一度リセットして下さい。
動作中は必ず“H”にして下さい。
Table 6. SW402/SW403/SW404の設定
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
1. コントロールソフトマニュアル
■評価ボードとコントロールソフトの設定
1. 評価ボードを適宜、設定して下さい。
2. 評価ボードと PCを USBケーブルで接続して下さい。
3. USBコントロールは PC上では、HID(Human Interface Device)として認識されます。もし、正常に認識さ
れない場合は、再度接続し直して下さい。
4. コントロールプログラムを立ち上げて下さい。
5. 適宜、操作を行い評価して下さい。
[対応OS]
Windows XP/ Vista / 7
Figure 3.Control Software Window
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
■ 操作説明
コントロールソフトでは、ファンクション機能、レジスタマップの操作を行えます。
これらは、上部のタブで切り替えます。
頻繁に使用するレジスタ初期設定ボタン等は、切り替え画面の外側に配置されています。
各ボタンから呼び出されるダイアログの詳細は「各ダイアログ機能の説明」を参照してください。
1.
[Port Reset]: USB I/Fボード(AKDUSBIF-B)接続時に使用します。
ソフト起動後 USB I/Fボード(AKDUSBIF-B)を接続した場合、
このボタンをクリックしてください。
2.
[Write Default]: レジスタを初期設定にします。
ハード上のリセット等でデバイスの初期化を行った場合、
このボタンをクリックしてください。
3.
[All Write]: 現在表示されているレジスタ値を全て書き込みます。
4.
[All Read]: 現在表示されているレジスタ値を全て読み込みます。
5.
[Save]: 現在のレジスタ設定値をファイルに保存します。
6.
[Load]: ファイルに保存してあるデータの書き込みを実行します。
7.
[All Req Write]: [All Req Write] ダイアログを立ち上げます。
8.
[Data R/W]: [Data R/W] ダイアログを立ち上げます。
9.
[Sequence]: [Sequence] ダイアログを立ち上げます。
10.
[Sequence(File)]: [Sequence(File)] ダイアログを立ち上げます。
11.
[Read]: 現在のレジスタを読み出して、Register欄に表示します。
[All Read] ボタンとは異なり16進表示のみを行い
レジスタマップへの反映は行いません。
Note 1. [All Read]ボタンはRegister Control Interface Mode設定が”I2Cバスコントロールモード”の時のみ有効
です。
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
■各タブ機能の説明
1.[Function]タブ:ファンクションマップ
ファンクション機能およびボリューム操作を実施する画面です。
[Function]ボタン(画面左側ボタン)を押下すると各機能の動作を実施します。
Figure 4.Function Window
[Function] タブ 機能一覧
・Audio I/F Setting : オーディオインタフェース機能のセッティングを行います。
・DAC Setting Cotrol : DAC機能の設定を行います。
・Digital Volume Control : デジタルボリューム機能の設定を行います。
1-1.[Audio I/F Setting]: オーディオインタフェース設定
1. [Auto Setting]:チェックの有無によりクロック自動認識モードを切り替えます。
チェックなし: ACKS無効, Manual Setting Mode (default)
チェック有り: ACKS有効, Auto Setting Mode
2. [Sampling Speed Mode(DFS1-0 bits)]: ACKS無効時にサンプリングスピードモードの設定を行います。
Normal Speed Mode
32kHz~48kHz
Double Speed Mode
64kHz~96kHz
Quad Speed Mode
128kHz~192kHz
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
3. [TDM Mode Select(TDM1-0 bits)]: TDMフォーマットの選択を行います。
Normal mode (default)
TDM128 mode (Quad Speed Mode)
TDM256 mode (Double Speed Mode)
4. [Audio I/F Format(DIF1-0 bits)]: オーディオインタフェースフォーマットの選択を行います。
16-bit 後詰め
20-bit 後詰め
24-bit 前詰め
24-bit I2S 互換
24-bit 後詰め
32-bit 後詰め
32-bit 前詰め (default)
32-bit I2S 互換
1-2.[DAC Setting_Control]:
DAC設定
1. [DAC Power Up/Down]: ボタンの押下によりDACのパワーマネジメント機能を切り替えます。
DAC Power Up: RMDA無効, 通常動作 (default)
DAC Power Down: RMDA有効, パワーダウン
2. [Sync Enable(SYNCE bit)]: チェックの有無によりクロック同期化機能を切り替えます。
クロック同期化機能についてはAK4432データシートP.35をご参照願
います。
チェックなし: 同期化無効
チェック有り: 同期化有効 (default)
3. [Digital Filter(DASD bit_DASL bit)]: デジタルフィルタ機能の設定を行います。
Sharp roll-off filter (default)
Slow roll-off filter
Short delay Sharp roll-off filter
Short delay Slow roll-off filter
1-3.[Digital Volume Control]:
ボリューム設定
1. [Lch(ATTL7-0 bits)]: スライドによりLchのボリューム設定を行います。
+12.0dB,
0dB (default)
~-115dB,
Mute
2. [Rch(ATTR7-0 bits)]: スライドによりRchのボリューム設定を行います。
+12.0dB,
0dB (default)
~-115dB,
Mute
3. [ATT Speed]: デジタルボリュームの遷移時間設定を行います。
1020/fs (default)
4080/fs
4. [Soft Mute]: チェックの有無によりソフトミュート機能の設定を行います。
チェックなし: 通常動作 (default)
チェック有り: 全DAC出力がソフトミュートされます
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
2. [REG] タブ:
[AKD4432-SA]
レジスタマップ
レジスタの書込み、読み込みを実施する画面です。
レジスタマップの各ビットは押しボタンとなっています。
マウスにより操作することでレジスタの更新を実施します。
“H”または “1”はボタンDown状態、赤字 (Read Onlyでは濃い赤) 表示、
“L”または “0”はボタンUp状態、青字(Read Onlyではグレー)表示が行われます。
Read Only のレジスタに関してはグレーアウト状態となりマウスによる操作は不可となります。
データシートで定義されていない部分は“---”で表示されます。
Figure 5.REG Window
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
2-1.[Write]: データ書き込みダイアログ
同じアドレス上の複数のbitを同時に変更する場合に使用します。
レジスタマップの各レジスタに対応した[Write]ボタンをクリックし、
ダイアログを立ち上げます。
チェックボックスをチェック(点がチェックした印です)すると、データは“H”または“1”にな
り、チェックしなければデータは“L”または“0”になります。
各レジスタに対応したダイアログがあります。
入力した値をレジスタに書き込む場合は[OK]ボタンを、書き込まない場合は[Cancel]ボタンを
押して下さい。
Figure 6.Register Set Window
2-2.[Read]: データ読み込み実施 (I2Cバスコントロールモードのみ)
レジスタマップの各レジスタに対応した[Read]ボタンをクリックすると、
各レジスタの読み込みを実施します。
各レジスタの読み込み完了後、レジスタの状態に合わせて表示の更新が行われます。
“H”または “1”ではボタンDown 状態、赤字 (Read Only では濃い赤) 、
“L”または “0”ではボタンUp 状態、青字(Read Only ではグレー)に表示されます。
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
■各ダイアログ機能の説明
1. [All Reg Write]: [All Register Write] ダイアログ
メイン画面で[All Reg Write] ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
メイン画面の[ Save ] ボタンで作成したレジスタ設定ファイルを複数割り当て、実行することができま
す。
Figure 7.All Reg Write Window
[ Open (左) ] ボタン
[ Write ] ボタン
[ Write All ] ボタン
: レジスタ設定ファイル (*.akr) の選択を実施します。
: 選択したレジスタ設定ファイルの内容でレジスタの書込みを行います。
: 選択したレジスタ設定ファイルの レジスタの書込みをまとめて実施します。
選択ファイルの実行順番は画面上から下の順となります。
[ Help ] ボタン
: 本機能の説明画面を開きます。
[ Save ] ボタン
: レジスタ設定ファイルの割り当てを保存します。ファイル名は “*.mar”です。
[ Open (右) ] ボタン
:“*. mar”で保存されたレジスタ設定ファイルの割り当てを読み出します。
[ Close ] ボタン
: ダイアログを閉じ、処理を終了します。
[ Close ] ボタン
: ダイアログを閉じ、処理を終了します。
[ All Write ]
: 選択したレジスタ設定ファイルの レジスタの書込みをまとめて実施します。
選択ファイルの実行順番は画面上から下の順となります。
[ Start ] ボタン : 全てのファイルのレジスタ書込みを上側から実行します。
[ Stop ] ボタン : レジスタ書込みを中止します。
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
[ Interval time ] : 次のレジスタ設定ファイルの書き込みを開始するまでの待ち時間を指定
します。(5msec ~ 10,000msec)
[Current No]
: 現在書き込み中のファイルNo(上側のファイルから 1, 2, 3… 10) を表示します。
~ 操作上の注意 ~
1. 右側にある[ Save ] と[ Open ] で指定するファイルは
全て同じフォルダ内に入っている必要があります。
2. レジスタの内容をメイン画面 の [ Save ] ボタンで変更した場合、
その内容を反映させるためにそのファイルを再度読み出して下さい。
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
2.[Sequence]: [Sequence] ダイアログ
メイン画面で[Sequence]ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
レジスタのシーケンスの設定、実行ができます。
Figure 8. Window of [Sequence ]
~ シーケンスの設定 ~
シーケンス設定は以下の手順で設定します。
1. シーケンス処理内容を選択します。
[Select]コンボボックスから動作させる処理内容を選択します。
処理内容に応じてデータ設定の必要な入力ボックスが有効になります。
< Select選択項目 >
・No_use
: 未使用
・Register
: レジスタ書込み
・Reg_Mask : レジスタ書込み(マスク指定)
・Interval
: インターバル
・Stop
: 一時停止
・End
: シーケンス終了
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
2. 動作させるシーケンスを入力して下さい。
[ Address ] : アドレス
[ Data ]
: データ
[ Mask ] : マスク
[ Data ] と[ Mask ]のAND処理を実施したものが書込みデータとなります。
Mask = 0x00のとき、現在値の設定を維持します。
Mask = 0xFFのとき、Dataで設定された8bitデータが書き込まれます。
Mask =0x0Fのとき、Dataで設定された下位4bitデータが書き込まれます。
上位4bitは現在の設定値を維持します。
[ Interval ] : インターバル時間
シーケンス処理内容毎の入力項目は次の通りです。
・No_use
: なし
・Register
: [ Address ]、[ Data ]、[ Interval ]
・Reg(Mask) : [ Address ]、[ Data ]、[ Mask ]、[ Interval ]
・Interval
: [ Interval ]
・Stop
: なし
・End
: なし
~ 操作ボタン説明 ~
操作ボタンの機能は以下の通りです。
[ DEL ] ボタン
: チェックしている1ステップを削除します。
[ INS ] ボタン
: チェックしているステップに前回削除した1ステップを挿入します。
[ Start Step ] 選択 : 開始するステップを選択します。
No.1 Step
: No.1 ステップから開始します。
Checked Step : チェックしているステップから開始します。
[ Start ] ボタン
: 設定したシーケンスが実行されます。
[ Stop ] ボタン
: 実行中のシーケンスを停止します。
[ Help ] ボタン
: 本機能の説明画面を開きます。
[ Save ] ボタン
: シーケンス設定ファイルを保存します。ファイル名は “*.aks” です。
[ Open ] ボタン : “*.aks” で保存されたシーケンス設定ファイルの割り当てを読み出します。
[ Close ] ボタン : ダイアログを閉じ、処理を終了します。
~ シーケンスの一時停止~
シーケンス処理内容にStopが選択されているとき、シーケンスを一時停止します。
再度[ Start ]ボタンを押下すると停止した状態から再び動作を開始します。
再開時のステップは[ Start Step ]のボックスに表示されます。
処理の終わりまで実行させた場合[ Start Step ]は “1”に戻ります。
[ Start Step ]ボックスに任意のステップを入力することで途中から実行することが可能です。
処理の途中で最初から再実行を行いたい場合は[ Start Step ]に ”1”を入力し
[ Start ]ボタンを押下して実行してください。
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
3.[Sequence]: [Sequence] ダイアログ
メイン画面で[Sequence(File)]ボタンを押すと下記のようなダイアログが開きます。
シーケンス設定画面([Sequence]ダイアログ)の[ Save]で作成した
シーケンス設定ファイルを複数割り当て、実行することができます。
Figure 9. Window of [ Sequence(File) ]
[ Open (左) ] ボタン: シーケンス設定ファイル (*.aks) の選択を実施します。
[ Start ] ボタン
: 選択したシーケンス設定ファイルの内容でシーケンス処理の実行を行います。
[ Start All ] ボタン : 選択したシーケンス設定ファイルのシーケンス処理実行をまとめて実施します。
選択ファイルの実行順番は画面上から下の順となります。
[ Help ] ボタン
: 本機能の説明画面を開きます。
[ Save ] ボタン
: レジスタ設定ファイルの割り当てを保存します。ファイル名は "*.mas" です。
[ Open (右) ] ボタン: "*.mas"で保存されたレジスタ設定ファイルの割り当てを読み出します。
[ Close ] ボタン : ダイアログを閉じ、処理を終了します。
~ 操作上の注意 ~
1. 右側にある[ Save ] と[ Open ] で指定するファイルは全て同じフォルダ内に入っている必要があります。
2. シーケンス処理内容に Stopが選択されているとき、シーケンスを一時停止します。
一時停止中は以下のようなメッセージを出力します。[ OK ]ボタンを押下すると先に進みます。
Figure 10. Window of [ Sequence Pause ]
[KM119000]
2015/01
ASAHI KASEI
[AKD4432-SA]
改版履歴
Date
(yy/mm/dd)
15/01/09
Manual
Revision
KM119000
Board
Revision
0
Reason
Page
Contents
初版
重要な注意事項
0. 本書に記載された弊社製品(以下、「本製品」といいます。)、および、本製品の仕様につきまし
ては、本製品改善のために予告なく変更することがあります。従いまして、ご使用を検討の際に
は、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営業担当、あるいは弊社特約店営業担
当にご確認ください。
1. 本書に記載された情報は、本製品の動作例、応用例を説明するものであり、その使用に際して
弊社および第三者の知的財産権その他の権利に対する保証または実施権の許諾を行うもので
はありません。お客様の機器設計において当該情報を使用される場合は、お客様の責任にお
いて行って頂くとともに、当該情報の使用に起因してお客様または第三者に生じた損害に対
し、弊社はその責任を負うものではありません。
2. 本製品は、医療機器、航空宇宙用機器、輸送機器、交通信号機器、燃焼機器、原子力制御用
機器、各種安全装置など、その装置・機器の故障や動作不良が、直接または間接を問わず、
生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて高い信頼性を要
求される用途に使用されることを意図しておらず、保証もされていません。そのため、別途弊社
より書面で許諾された場合を除き、これらの用途に本製品を使用しないでください。万が一、こ
れらの用途に本製品を使用された場合、弊社は、当該使用から生ずる損害等の責任を一切負
うものではありません。
3. 弊社は品質、信頼性の向上に努めておりますが、電子製品は一般に誤作動または故障する場
合があります。本製品をご使用頂く場合は、本製品の誤作動や故障により、生命、身体、財産
等が侵害されることのないよう、お客様の責任において、本製品を搭載されるお客様の製品に
必要な安全設計を行うことをお願いします。
4. 本製品および本書記載の技術情報を、大量破壊兵器の開発等の目的、軍事利用の目的、ある
いはその他軍事用途の目的で使用しないでください。本製品および本書記載の技術情報を輸
出または非居住者に提供する場合は、「外国為替及び外国貿易法」その他の適用ある輸出関
連法令を遵守し、必要な手続を行ってください。本製品および本書記載の技術情報を国内外
の法令および規則により製造、使用、販売を禁止されている機器・システムに使用しないでくだ
さい。
5. 本製品の環境適合性等の詳細につきましては、製品個別に必ず弊社営業担当までお問合せく
ださい。本製品のご使用に際しては、特定の物質の含有・使用を規制するRoHS指令等、適用さ
れる環境関連法令を十分調査のうえ、かかる法令に適合するようにご使用ください。お客様が
かかる法令を遵守しないことにより生じた損害に関して、弊社は一切の責任を負いかねます。
6. お客様の転売等によりこの注意事項に反して本製品が使用され、その使用から損害等が生じ
た場合はお客様にて当該損害をご負担または補償して頂きますのでご了承ください。
7. 本書の全部または一部を、弊社の事前の書面による承諾なしに、転載または複製することを禁
じます。
[KM119000]
2015/01
5
4
3
2
1
D
D
U101
MCLK
1
BICK
2
MCLK
LDOO
BICK
LVDD
16
C101
1u
VSS
LVDD
3
SDTI
AK4432
SDTI
AVDD
15
+
C102
0.01u(F)
AVDD
14
+
C104
0.01u(F)
C
LRCK
4
PDN
5
SMUTE/CSN/I2CFIL
6
ACKS/CCLK/SCL
7
DIF/CDTI/SDA
8
LRCK
VSS
PDN
VCOM
SMUT/CSN/I2CFIL
AOUTL
ACKS/CCLK/SCL
AOUTR
DIF/CDTI/SDA
P/S
C103
10u(A)
13
12
R101
1M
C105
10u(A)
C
VSS
C106
2.2u
11
AOUTL
10
AOUTR
9
PS
B
B
A
A
Title
Size
A4
Date:
5
4
3
2
<AKD4432-SA>
Document Number
AK4432
Wednesday, July 30, 2014
Rev
0
Sheet
1
1
of
6
5
4
3
2
1
D
D
J201
C201
1
1u(A)
+
AOUTR
AOUTR
2
3
4
5
R201
10k(DIP)
AGND
C
C
AGND
J202
C202
1
1u(A)
+
AOUTL
AOUTL
2
3
4
5
R202
10k(DIP)
AGND
AGND
B
B
A
A
Title
Size
A4
Date:
5
4
3
2
<AKD4432-SA>
Document Number
Analog Out
Tuesday, August 05, 2014
Rev
0
Sheet
2
1
of
6
5
4
3
2
1
COAX PORT301
2
3
4
5
1
C301
0.01u(F)
R301
75
D
R302
0
R303
Open
D
D3.3V
L301
D3.3V
DGND
10uH(DIP)
+
C302
OPT
PORT302
VCC
GND
OUT
3
2
1
10u(A)
C303
R304
470
+
C304
0.01u(F)
C305
10u(A)
0.01u(F)
R305
10k
C306
0.01u(F)
MCLK
RX3
VSS4
RX2
TEST1
RX1
NC
RX0
VSS3
VCOM
R
AVDD
INT1
48
47
46
45
44
43
42
41
40
39
38
37
DGND
D3.3V
DIF0
DIF1
IPS0
NC
DIF0
TEST2
DIF1
VSS1
DIF2
IPS1
P/SN
XTL0
XTL1
VIN
U301
AK4118A
C307 0.01u(F)
B
C
INT0
OCKS0
OCKS1
CM1
CM0
PDN
XTI
XTO
DAUX
MCKO2
BICK
SDTO
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
DIF2
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
36
35
34
33
32
31
30
29
28
27
26
25
BICK
INT0
OCKS0
OCKS1
4118-PDN
R306
R307
51
51
R308
R309
51
51
LRCK
SDTI
TVDD
NC
TX0
TX1
BOUT
COUT
UOUT
VOUT
DVDD
VSS2
MCKO1
LRCK
C
AK4118A
C308 0.01u(F)
C309 10u(A)
C310
B
+
Open
Open
Open
Open
+
10u(A)
R314
R315
R316
R317
10k
10k
10k
10k
10k
2:GND
4:GND
6:GND
8:GND
10:GND
DGND
A
1:MCLK
3:BICK
5:LRCK
7:SDTI
9:NC
R318
R319
R320
R321
R322
A
HEADER 5X2
10
8
6
4
2
PORT303
OCKS0
OCKS1
DIF0
DIF1
DIF2
9
7
5
3
1
10k
10k
10k
10k
DIF2
DIF1
DIF0
OCKS1
OCKS0
D3.3V
SW DIP-5
D3.3V
SW 301
L
1
2
3
4
5
H
R310
R311
R312
R313
10
9
8
7
6
D3.3V
Title
<AKD4432-SA>
Size
A3
Date:
5
4
3
2
Document Number
DIR
W ednesday, July 30, 2014
Rev
0
Sheet
1
3
of
6
5
4
3
2
1
S=L : A=B1
S=H : A=B2
D
1
2
3
5
6
11
10
14
13
I2C
CSN
I2CFIL
S=L : A=B1
S=H : A=B2
D
U401
S
1B1
1B2
2B1
2B2
3B1
3B2
4B1
4B2
15
8
OE
GND
4
1A
R401
51
PS
4432-CSN/I2CFIL
SMUTE
CCLK/SCL
ACKS
CDTI/SDA
DIF
7
2A
9
3A
12
4A
16
VCC
1
2
3
5
6
11
10
14
13
U402
S
1B1
1B2
2B1
2B2
3B1
3B2
4B1
4B2
15
8
D3.3V
OE
GND
TC7MBL3257
C401
0.01u(F)
1A
2A
3A
4A
4
R402
51
7
R403
51
9
R404
51
12
R405
51
SMUTE/CSN/I2CFIL
ACKS/CCLK/SCL
DIF/CDTI/SDA
PS
16
VCC
D3.3V
TC7MBL3257
C402
0.01u(F)
D3.3V
12
11
10
9
8
7
D3.3V
A
K
D401
C
R406
10k
1
U403
1A
1Y
R407
10k
D402
6
C
1
1
2
3
4
5
6
SW DIP-6
A
K
D3.3V
SW 401
1
C403
0.01u(F)
3
2Y
5
D3.3V
4
ON : MUTE
OFF : UNMUTE
SN74LVC2G14
SW 403
MUTE
3
1A
GND
2A
1Y
VCC
2Y
6
SMUTE
5
D3.3V
4
SN74LVC2G14
C406
0.01u(F)
1
C405
0.01u(F)
2
C404
0.01u(F)
PDN
R408
1k
2
10k
10k
10k
10k
10k
10k
2A
VCC
2
SW 402
PDN
GND
3
H
1
L
3
2
I2C
PS
I2CFIL
ACKS
DIF
U404
2
R409
R410
R411
R412
R413
R414
LE401
PDN
INT0
1
D3.3V
K
2
R416
10k
A
D403
1
B
1
L
3
2
H
C408
0.01u(F)
3
SW 404
4118-PDN
U406
1A
GND
2A
1Y
VCC
2Y
3
6
U405
1A
GND
2A
1Y
VCC
2Y
6
5
2
LE402
1
R415
1k
D3.3V
INT0
4
SN74LVC2G14
5
C407
0.01u(F)
D3.3V
4
B
4118-PDN
SN74LVC2G14
C409
0.01u(F)
1
2
R418
1k
2
LE404
4118-PDN
A
A
Title
<AKD4432-SA>
Size
A3
Date:
5
4
3
2
Document Number
LOGIC
W ednesday, July 30, 2014
Rev
0
Sheet
1
4
of
6
5
4
3
2
1
D
D3.3V
D
R501
100k
C501
10k
10k
10k
PCA9306DP1
7
R506
R505
R504
R503
8
SCL
6
SDA
5
C
17
16
15
14
11
10
9
8
38
39
40
41
2
3
4
5
B
C506
0.1u
32
35
36
PORT501
VUSB
DD+
GND
1
2
3
4
R519
R520
0
0
42
43
44
1
PIC18F4550
TQFP 44-PIN
U502
RC0/T1OSO/T13CKI
RC1/T1OSI/CCP2/UOE_N
RC2/CCP1/P1A
RC4/D-/VM
RC5/D+/VP
RC6/TX/CK
RC7/RX/DT/SDO
VREF2
VREF1
SCL2
SCL1
SDA2
SDA1
R507
10k
1
R508
10k
C502
0.01u(F)
2
3
R509
51
4
R510
51
CCLK/SCL
CDTI/SDA
C
MCLR_N/Vpp/RE3
NC/ICCK/ICPGC
NC/ICDT/ICPGD
NC/ICRST_N/ICVpp
NC/ICPORTS
OSC1/CLKI
OSC2/CLKO/RA6
RE0/AN5/CK1SPP
RE1/AN6/CK2SPP
RE2/AN7/OESPP
VUSB
RA0/AN0
RA1/AN1
RA2/AN2/Vref-/CVref
RA3/AN3/Vref+
RA4/T0CKI/C1OUT/RCV
RA5/AN4/SS_N/HLVDIN/C2OUT
18
R511
100k
USB-RST
C507
0.1u
12
13
33
34
R512
100k
C508
PCA9306DP1
8
C509 22p
30
31
D3.3V
VDD0
6
VSS0
VDD1
RB7/KBI3/PGD
RB6/KBI2/PGC
RB5/KBI1/PGM
RB4/AN11/KBI0/CSSPP
RB3/AN9/CPP2/VPO
RB2/AN8/INT2/VMO
RB1/AN10/INT1/SCK/SCL
RB0/AN12/INT0/FLT0/SDI/SDA
RD0/SPP0
RD1/SPP1
RD2/SPP2
RD3/SPP3
RD4/SPP4
RD5/SPP5/P1B
RD6/SPP6/P1C
RD7/SPP7/P1D
U501
GND
7
C505
0.1u
28
C504
10u(A)
29
C503
10u(A)
VSS1
1
2
3
4
5
SILK-SCREEN
1:VDD
2:MCLR
3:PGD
4:PGC
5:GND
EN
+
+
JP501
0.01u(F)
4.7k
10k
R502
XTI
XTO
25
26
27
X501
20MHz
7
C511 22p
6
C512 0.47u
19
20
21
22
23
24
R516
R517
R518
51
51
51
VREF2
U503
GND
VREF1
R513
10k
1
R514
10k
C510
0.01u(F)
2
B
5
37
EN
0.01u(F)
SCL2
SCL1
SDA2
SDA1
3
R515
51
CSN
4
CSN
CCLK/SCL
CDTI/SDA
USB(B type)
PIC18F4550
A
A
Title
<AKD4432-SA>
Size
A3
Date:
5
4
3
2
Document Number
PC-IF
W ednesday, July 30, 2014
Rev
0
Sheet
1
5
of
6
5
4
3
2
1
J601
+12V
J602
AGND
1
D
1
D
VSS
DGND
+
C601
470u(A)
C
C
AGND
AGND
R602
0(DIP)
R601
0(DIP)
AVDD
1
IN
C603
0.01u(F)
OUT
3
C604
0.01u(F)
2
C602
47u(A)
+
GND
+12V-->+3.3V
T601 uPC29M33HF
LVDD
+
C605
47u(A)
VSS
+
C610
47u(A)
C611
0.01u(F)
IN
OUT
2
1
B
GND
+12V-->+3.3V
T603 uPC29M33HF
3
R603
C612
0.01u(F)
0(DIP)
D3.3V
B
+C613
47u(A)
A
A
Title
<AKD4432-SA>
Size
A3
Date:
5
4
3
2
Document Number
Power
Monday, August 04, 2014
Rev
0
Sheet
1
6
of
6
Similar pages