AK5394AVS

[AKD5394A]
AKD5394A
AK5394A評価ボード Rev.B
概
要
AKD5394Aは、プロオーディオ用 24bit A/Dコンバータ、AK5394Aの評価ボードです。アナログ入力バッフ
ァ回路、クロック発生回路、ディジタルインタフェースを内蔵しているため、光コネクタまたはBNCコネク
タを介してディジタルオーディオ機器とのインタフェースが可能です。また、10線フラットケーブルを介し
て当社のD/Aコンバータ評価ボードとのダイレクトなインタフェースが可能です。
„ オーダリングガイド
AKD5394A
---
AK5394A評価ボード
機
能
• アナログ入力バッファ回路
• クロック発生回路
• 2種類のディジタルインタフェース
- DIT(AK4103A)による光出力またはCOAX出力
- 10線フラットケーブルによる当社D/A評価ボードとのダイレクトなインタフェース
• 外部クロック入力用BNCコネクタ
3.0∼5.25V 4.75∼5.25V
GND
COAX
AK4103A
(DIT)
Opt Out
Lch
Input
Rch
Buffer
AK5394A
D/A Data
10pin Header
Clock
Generator
図1. AKD5394Aブロック図
* 回路図、パターン図は文末に添付。
[KM064804]
2005/05
-1-
[AKD5394A]
評価ボードマニュアル
„ ボードの操作手順
1) 電源の配線
[+15V]
(緑)
[-15V]
(青)
[5394_VA] (赤)
[5394_VD] (オレンジ)
[4103_VD] (赤)
[AGND]
(黒)
[DGND]
(黒)
= +15V
= -15V
= 4.75∼5.25V : AK5394AのVA
= 3.0∼5.25V : AK5394AのVD
= 4.75∼5.25V : AK4103AのVDD
= 0V
: アナロググランド(AK5394AのAGNDとDGNDを含む)
= 0V
: デジタルグランド(ロジック部)
5394_VDを3.0∼4.75Vで動作させるときは必ずJP15(IF/5V)を5394_VD側にショートします。
配線は電源の根本から分けます。
2) 評価モード、ジャンパピン、DIPスイッチの設定(次項参照)
3) 電源投入
電源投入後、必ず一度SW1(PDN)を“L”にしてAK5394AおよびAK4103Aをリセットします。
その後SW1(PDN)を“H”にしてリセットを解除します。
正常動作中はSW1(PDN)は常に“H”にしておきます。
[KM064804]
2005/05
-2-
[AKD5394A]
„ 評価モード
1) DIT(光コネクタまたはBNCコネクタ)使用 <出荷時>
2) 当社D/A評価ボード使用
3) 外部ソースからインタフェース信号:MCLK, SCLK(BICK), LRCKを供給
1) DIT(光コネクタまたはBNCコネクタ)使用 <出荷時>
PORT2(TOTX176)またはJ5(TX)を使用します。光コネクタまたはBNCからA/D変換データを送信できま
す。また、当社D/A評価ボードやディジタルアンプ等と接続可能です。BNCコネクタ(J6)を通して外部ソー
スからMCLKを供給される場合は、JP2(CLK)をBNCに設定し、JP16(XTE)をショートします。JP7, JP9,
JP11, JP12およびJP13の設定はAK5394Aの設定に合わせます。(ジャンパピンの設定の詳細は次項参
照)。
JP2
CLK
JP13
LRCK1
JP11
BICK
12.288M
X’tal
HC74
6.144M
BNC
3.072M
74HC4040
図2. DIT使用時のジャンパピンの設定<出荷時>
2) 当社D/A評価ボード使用
10ピンフラットケーブルを通してPORT3(EXT)に接続することにより、当社D/A評価ボードを評価できます。
MCLK, SCLK(BICK)およびLRCKをD/Aボードに供給する場合は、ジャンパピンの設定は”1)”の場合と同
じです。また、MCLK, SCLK(BICK)およびLRCKをD/Aボードから供給される場合は、ジャンパピンの設定
は”3)”の場合と同じです。
JP2
CLK
JP13
LRCK1
JP11
BICK
12.288M
X’tal
HC74
6.144M
BNC
3.072M
74HC4040
図3. 当社D/A評価ボード使用時のジャンパピンの設定
3) 外部ソースからインタフェース信号:MCLK, SCLK(BICK), LRCKを供給
PORT3(EXT)を使用します。JP11およびJP12はオープンにします。
JP7およびJP9の設定はAK5394Aの設定に合わせます。(ジャンパピンの設定の詳細は次項参照)。
JP2
CLK
JP13
LRCK1
JP11
BICK
12.288M
X’tal
BNC
HC74
6.144M
3.072M
74HC4040
図4. インタフェース信号を供給時のジャンパピンの設定
[KM064804]
2005/05
-3-
[AKD5394A]
„ DIPスイッチの設定
1. DIPスイッチの極性
DIPスイッチの設定をする前に下記の表を必ず参照してください。
(基本的には、ONが “H”で, OFFが “L”です。)
DIPスイッチ : SW2(AK5394A), SW3(AK4103A)の極性
DFS1
H
L
ON
OFF
ON
OFF
DFS0
HPFE
SMODE2 SMODE1
H
H
H
H
L
L
L
L
表1.DIPスイッチ : SW2の極性
V1
H
L
FS0 FS1 FS2 FS3 CKS0 CKS1
H
H
H
H
H
H
L
L
L
L
L
L
表2.DIPスイッチ : SW3の極性
ZCAL
H
L
DIF
H
L
2. DIPスイッチ : SW2(AK5394A), SW3(AK4103A)の設定
(1) DIPスイッチ : SW2(AK5394A)の設定
Sampling Speed
Normal
Double
Quad
OFF
OFF
ON
OFF
ON
OFF
DFS1
(SW2-1)
DFS0
(SW2-2)
LRCK (fs)
SCLK
MCLK
~54kHz ~108kHz ~216kHz
~128fs
~64fs
~64fs
256fs
128fs
64fs
(出荷時)
表3.DFS1, DFS0の設定
(Quad Speedの場合、AK4103AのMCLKは128fsです。)
SMODE2
(SW2-4)
OFF
OFF
ON
ON
オーディオ
フォーマット
SMODE1
(SW2-5)
OFF
Slave Mode
ON
Master Mode
OFF
I2S Slave Mode
ON
I2S Master Mode
表4.SMODE2, SMODE1の設定
(出荷時)
[SW2-6]: キャリブレーションピン
“OFF” :VCOML , VCOMR(出荷時)
“ON”
:アナログ入力ピン(AINL±, AINR±)
[SW2-3]: HPFE
“ON”
: Enable
“OFF” : Disable(出荷時)
[KM064804]
2005/05
-4-
[AKD5394A]
(2) DIPスイッチ : SW3(AK4103A)の設定
CKS1
(SW3-6)
OFF
OFF
DIF0
(SW3-8)
CKS0
(SW3-7)
MCLK
LRCK
ON
128fs 28~216kHz
OFF
256fs 28~108kHz (出荷時)
表5.システムクロックの設定
オーディオ
フォーマット
BICK
OFF
24bit, Left Justified 48~128fs (出荷時)
ON
24bit, I2S
50~128fs
表6.AK4103Aのオーディオフォーマット
[SW3-2,3,4,5] :
チャネルステ−タスのValidityを設定します。(出荷時は“OFF ”)
[SW3-1] :
3.
チャネルステ−タスのサンプリング周波数を設定します。(出荷時はすべて“OFF ”)
クロックの設定
AK5394AとAK4103Aのクロックの設定
LRCK(fs)
MCLK
48kHz
256fs
96kHz
192kHz
128fs
64fs
BICK
128fs
64fs
64fs
64fs
JP9
JP11
JP12
6.144M
48k
12.288M
3.072M
12.288M
6.144M
96k
12.288M 12.288M 192k
表7.システムクロック例
[KM064804]
JP13
HC74
(出荷時)
HC74
HC74
2005/05
-5-
[AKD5394A]
„ ジャンパピンの設定
[JP1] (5394_VA) : AK5394AのVAに供給する電源のソースの選択。
Short : ボード上のレギュレータ(T1)から供給。(出荷時)
(この場合は、“5394_VA”のジャックはオープンにする。)
Open : “5394_VA”のジャックから供給。
[JP2](CLK) : AK5394AおよびAK4103Aに供給するMCLKのソースの選択。
(外部ソースから供給される場合以外は、AK5394AおよびAK4103Aに供給するLRCKとSCLK(BICK)
は、JP2で選択したMCLKを分周することによって生成。)
X’tal : ボード上の水晶振動子(X1)から供給。(出荷時)
(水晶振動子の周波数として、24.5760MHZを使用)
BNC : BNCコネクタ(J6)を使用して外部から供給。
[JP3, JP4, JP5, JP6](BNC) :アナログ入力のコネクタの選択。
Short : BNCコネクタ(J2, J4)を使用。
open : XLR(Cannon)コネクタ(J1, J3)を使用。(出荷時)
[JP7](4103_MCLK) :AK4103Aに供給するMCLKの周波数の選択。(注1)
CLK
:x1
HC4040 : x 1/2 (出荷時)
[JP9] (5394_MCLK) :AK5394Aに供給するMCLKの周波数の選択。(注1)
24.576M (注2) :x 1
12.288M (注2) :x 1/2 (出荷時)
[JP11](BICK) :AK5394AおよびAK4103Aに供給するSCLK(BICK)の周波数の選択。(注1)
12.288M (注2) : x 1/2
6.144M (注2) : x 1/4 (出荷時)
3.072M (注2) : x 1/8
[JP12](LRCK) :AK5394AおよびAK4103Aに供給するLRCKの周波数の選択。(注1)
192k (注2) : x 1/128
96k (注2) : x 1/256
48k (注2) : x 1/512 (出荷時)
[JP13](LRCK1) :AK5394AおよびAK4103Aに供給するLRCKとSCLK(BICK)の位相の調整の選択。
74HC4040 : LRCKとSCLK(BICK)の位相の調整を行わずにLRCKを供給。
74HC74
: 74HC74でLRCKとSCLK(BICK)の位相の調整を行った後でLRCKを供給。(出荷時)
[JP15](IF/5V)
:Digital Logic部に供給する電源のソースの選択。
5394_VD : “5394_VD”のジャックから供給。(出荷時)
(AK5394AのVDを3.3Vで動作させるときには必ずこのジャックを使用。)
4103_VD : “4103_VD”のジャックから供給。
[JP16](XTE) : ボード上の水晶振動子(X1)の選択。
Short : ボード上の水晶振動子(X1)を使用しない。
Open : ボード上の水晶振動子(X1)を使用する。(出荷時)
(注1) (PORT3, J6またはX1)の周波数に対する比率の選択
(注2) (PORT3, J6またはX1)の周波数が24.576MHzのときの値。
[KM064804]
2005/05
-6-
[AKD5394A]
„ トグルスイッチの動作
[SW1](PDN) :電源投入後、一度“L”にすることによって、AK5394AおよびAK4103Aをリセットします。
その後“H” にすることによって、リセットを解除します。
正常動作中は 常に“H”にしておきます。
(上側が“H”で、下側が“L”です。)
„アナログ入力バッファ回路
アナログ入力バッファ回路例(1st order HPF; fc=0.70Hz, 2nd order LPF; fc=320kHz, gain=−14.5dB) を図5に示します。
アナログ信号はXLRまたはBNCコネクタを通して入力することが可能です。 (BNC入力の場合はJumperはショートしま
す。XLR入力の場合はJumperはオープンにします。)。この回路の入力レベルは+/−12.7Vppです(AK5394A:
+/−2.4Vpp typ)。この回路を使用したとき、アナログ特性はfs=48kHzでDR=120dB, S/(N+D)=105dBです。
4.7k
4.7k
Analog In
VP+
Jumper
Vin-
+
12.7Vpp
620
12.7Vpp
1n
68µ
3.3k
Bias
VPXLR
NJM5534
2.4Vpp
91
+
AK5394A AIN+
NJM5534
2.2n
VA+
620
10k
Bias
+
10k
10µ
0.1µ
1n
68µ
Jumper
VA=+5V
3.3k
Vin+
-
91
+
12.7Vpp
NJM5534
Bias
AK5394A AIN2.4Vpp
VP=±15V
図5. アナログ入力バッファ回路例
Fin
1Hz
10Hz
Frequency Response
-1.77dB
-0.02dB
表8. HPFのFrequency Response
Fin
20kHz
40kHz
80kHz 6.144MHz
Frequency Response
0.00dB
0.00dB
0.00dB -51.36dB
表9. LPFのFrequency Response
[KM064804]
2005/05
-7-
[AKD5394A]
„ VREFピンに10µFを越える容量のコンデンサを接続する場合
低周波域の歪は、VREFピンのコンデンサC( 図6)の容量を大きくすることで改善できます。(図 7 参照) 回路図上では
CはC10, C13, C56およびC58です。しかしながら、VREFピンのコンデンサが10µFを越える場合、電源投入直後に
RSTNピンを”H”にしてキャリブレーションを起動すると、内部のVREFのセトリング時間が不足するためキャリブレーシ
ョンが正常に実行されない可能性があります。この場合、VREFがセトリングした後、再度キャリブレーションを起動して
ください。(図 8) コンデンサの容量とVREFのセトリング時間の関係を表 10に示します。
C
C
+
+
VREF+
AK5394A
0.22u
VREF-
図 6. VREF回路例(回路図上ではCはC10, C13, C56およびC58です。)
[KM064804]
2005/05
-8-
[AKD5394A]
[測定例]
Ta=25℃; VA=5.0V; VD=3.3V; AGND,BGND,DGND=0V; fs=48kHz;
24ビット出力; 測定帯域=10Hz∼20kHz; DFS0= “L”, DFS1= “L”, Audio Precision, System Two使用
AKM
AK5394A THD+N vs Frequency
-60
-65
-70
-75
220µF
-80
100µF
-85
d
B
F
S
-90
10µF
-95
-100
-105
-110
-115
-120
-125
1000µF 470µF
-130
10
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
Hz
last.at2c
図 7. THD+N vs Frequency
コンデンサ C
[µF]
1000
470
220
100
セトリング時間
T[s]=0.005 x C
5
2.4
1.1
0.5
表 10. VREF-GND間に接続するコンデサとセトリング時間
VREF セトリング時間 T(s)
0.005 x C
VA, VD
150ns~1ms
tRTW
tRTV
RSTN
tRCF
CAL
tRCR
SDATA
図 8. Reset & Calibration Timing
[KM064804]
2005/05
-9-
[AKD5394A]
MEASUREMENT RESULTS
[Measurement condition]
• Measurement unit : Audio Precision System Two Cascade(AP2C) / ROHDE & SCHWARZ, UPD04 (R&S)
• MCLK
: 12.288MHz
• BICK
: 128fs for 48kHz, 64fs for 96kHz and 192kHz
• fs
: 48kHz, 96kHz, 192kHz
• BW
: 10Hz∼20kHz (fs=48kHz)
• Resolution
: 24bit
• Power Supply
: VA=5V, VD=3.3V
• Interface
: DIT / Serial MUX
• Temperature
: Room
1. VREF cap = 10µF, Measurement Unit = AP2C ; I/F = Optical
Parameter
Input signal
Measurement filter
Fs
48kHz
BW
20kHz
S/(N+D)
1kHz, -1dB
106.0
1kHz, -20dB
98.1
1kHz, -60dB
57.3
DR
1kHz, -60dB
A-weighted
121.0
S/N
no signal
118.7
A-weighted
121.1
Results
96kHz
Fs/2 (=48kHz)
105.6
94.1
54.1
121.0
115.1
121.2
[dB]
2. VREF cap = 10µF, Measurement Unit = R&S ; I/F = Serial MUX
Parameter
Input signal
Measurement filter
Results
Fs
192kHz
BW
80kHz
S/(N+D)
1kHz, -1dB
105.1
1kHz, -20dB
91.0
1kHz, -60dB
54.1
DR
1kHz, -60dB
A-weighted
119.0
S/N
no signal
111.5
A-weighted
120.3
[dB]
3. Example measurement, VREF cap=1000µF, Measurement Unit = AP2C; I/F = Optical,
Parameter
Input signal
Measurement filter
Results
fs
48kHz
BW
20kHz
S/(N+D)
1kHz, -1dB
111.1
DR
1kHz, -60dB
A-weighted
121.6
S/N
No signal
A-weighted
121.4
[dB]
[KM064804]
2005/05
- 10 -
[AKD5394A]
„ Plots
Measurement unit : Audio Precision, System two, Cascade (fs=48kHz,96kHz),
ROHDE & SCHWARZ, UPD04 (fs=192kHz), VREF cap = 10µF
1. AP2C
(FFT : BW=fs/2, point=16384)
1-1. fs=48kHz
Figure 1-1-1. FFT (1kHz, –1dB input)
Figure 1-1-2. FFT (1kHz, –60dB input)
Figure 1-1-3. FFT (off the input)
Figure 1-1-4. THD+N vs Input Frequency (-1dB input)
Figure 1-1-5. THD+N vs Input Level (1kHz input)
Figure 1-1-6. Linearity (fin=1kHz)
Figure 1-1-7. Frequency Response (-1dB input)
Figure 1-1-8. Cross-talk (-1dB input)
1-2. fs=96kHz
Figure 1-2-1. FFT (1kHz, –1dB input)
Figure 1-2-2. FFT (1kHz, –60dB input)
Figure 1-2-3. FFT (off the input)
Figure 1-2-4. THD+N vs Input Frequency (-1dB input)
Figure 1-2-5. THD+N vs Input Level (1kHz input)
Figure 1-2-6. Linearity (fin=1kHz)
Figure 1-2-7. Frequency Response (-1dB input)
Figure 1-2-8. Cross-talk (-1dB input)
2. R&S
(FFT : BW=fs/2, point=8192)
2-1. fs=192kHz
Figure 2-1-1. FFT (1kHz, –1dB input)
Figure 2-1-2. FFT (1kHz, –60dB input)
Figure 2-1-3. FFT (off the input)
Figure 2-1-4. THD+N vs Input Frequency (-1dB input)
Figure 2-1-5. THD+N vs Input Level (1kHz input)
Figure 2-1-6. Linearity (fin=1kHz)
Figure 2-1-7. Frequency Response (-1dB input)
[KM064804]
2005/05
- 11 -
[AKD5394A]
1. AP2C
1-1. fs=48kHz
A KM
FFT plot(A K5394 R ev.B fs=48kHz, -1dB)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
-70
d
B
F
S
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
-170
-180
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
5k
10k
20k
Hz
Figure 1-1-1. FFT (1kHz, –1dB input)
A KM
FFT plot(A K5394 R ev.B fs=48kHz, -60dB )
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
-70
d
B
F
S
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
-170
-180
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 1-1-2. FFT (1kHz, –60dB input)
[KM064804]
2005/05
- 12 -
[AKD5394A]
A KM
FFT plot(A K5394 R ev.B fs=48kHz)
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
-70
d
B
F
S
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-160
-170
-180
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
5k
10k
20k
Hz
Figure 1-1-3. FFT (off the input)
A KM
AK 5394 Rev.B T HD +N vs Frequency
A V=5V , DV =3.3V
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 1-1-4. THD+N vs Input Frequency (-1dB input)
[KM064804]
2005/05
- 13 -
[AKD5394A]
A KM
AK 5394 Rev.B THD +N vs Input Level
A V=5V , DV =3.3V
-90
-95
-100
-105
-110
-115
d
B
F
S
-120
-125
-130
-135
-140
-145
-150
-150
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBr
Figure 1-1-5. THD+N vs Input Level (1kHz input)
A KM
AK 5394 Rev.A Linearity
AV =5V, DV =3.3V
02/23/01 15:08:56
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-150
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBr
Figure 1-1-6. Linearity (fin=1kHz)
[KM064804]
2005/05
- 14 -
[AKD5394A]
A KM
AK 5394 Rev.B Frequency Response
A V=5V , DV =3.3V
-0.9
-0.92
-0.94
-0.96
-0.98
d
B
F
S
-1
-1.02
-1.04
-1.06
-1.08
-1.1
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
10k
20k
Hz
Figure 1-1-7. Frequency Response (-1dB input)
A KM
AK 5394 Rev.A Crosstalk([email protected]: R -->Lch, Lower@ 20Hz:Lch-->Rch
A V=5V , DV =3.3V
-100
-105
-110
-115
-120
-125
-130
d
B
F
S
-135
-140
-145
-150
-155
-160
-165
-170
-175
-180
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
Hz
Figure 1-1-8. Cross-talk (-1dB input)
[KM064804]
2005/05
- 15 -
[AKD5394A]
1-2. fs=96kHz
A KM
FFT plot(A K5394 R ev.A fs=96kHz)
+0
-20
-40
-60
d
B
F
S
-80
-100
-120
-140
-160
-180
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
5k
10k
20k
40k
Hz
Figure 1-2-1. FFT (1kHz, –1dB input)
A KM
FFT plot(A K5394 R ev.A fs=96kHz)
+0
-20
-40
-60
d
B
F
S
-80
-100
-120
-140
-160
-180
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 1-2-2. FFT (1kHz, –60dB input)
[KM064804]
2005/05
- 16 -
[AKD5394A]
A KM
FFT plot(A K5394 R ev.A fs=96kHz)
+0
-20
-40
-60
d
B
F
S
-80
-100
-120
-140
-160
-180
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
5k
10k
20k
40k
Hz
Figure 1-2-3. FFT (1kHz, –60dB input)
A KM
AK 5394 Rev.A THD+N vs F requency, fs=96k
A V=5V , DV =3.3V
-60
-65
-70
-75
-80
-85
-90
d
B
F
S
-95
-100
-105
-110
-115
-120
-125
-130
20
50
100
200
500
1k
2k
Hz
Figure 1-2-4. FFT (off the input)
[KM064804]
2005/05
- 17 -
[AKD5394A]
A KM
AK 5394 Rev.B THD+N vs Input Level, fs=96k
A V=5V , DV =3.3V
-90
-95
-100
-105
-110
-115
d
B
F
S
-120
-125
-130
-135
-140
-145
-150
-150
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBr
Figure 1-2-5. THD+N vs Input Level (1kHz input)
A KM
AK 5394 Rev.B Linearity
AV =5V, DV =3.3V
02/23/01 15:38:31
+0
-10
-20
-30
-40
-50
-60
d
B
F
S
-70
-80
-90
-100
-110
-120
-130
-140
-150
-150
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+0
dBr
Figure 1-2-6. Linearity (fin=1kHz)
[KM064804]
2005/05
- 18 -
[AKD5394A]
A KM
AK 5394 Rev.B Frequency R esponse, fs=96k
A V=5V , DV =3.3V
-0.9
-0.92
-0.94
-0.96
-0.98
d
B
F
S
-1
-1.02
-1.04
-1.06
-1.08
-1.1
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
20k
40k
20k
40k
Hz
Figure 1-2-7. Frequency Response (-1dB input)
A KM
AK 5394 R ev.B Crosstalk([email protected]: R -->Lch, Lower@ 100Hz:Lch-->R ch
A V=5V , DV =3.3V
-100
-105
-110
-115
-120
-125
-130
d
B
F
S
-135
-140
-145
-150
-155
-160
-165
-170
-175
-180
20
50
100
200
500
1k
2k
5k
10k
Hz
Figure 1-2-8. Cross-talk (-1dB input)
[KM064804]
2005/05
- 19 -
[AKD5394A]
2-3. fs=192kHz
Figure 2-1-1. FFT (1kHz, –1dB input)
Figure 2-1-2. FFT (1kHz, –60dB input)
[KM064804]
2005/05
- 20 -
[AKD5394A]
Figure 2-1-3. FFT (off the input)
Figure 2-1-4. THD+N vs Input Frequency (-1dB input)
[KM064804]
2005/05
- 21 -
[AKD5394A]
Figure 2-1-5. THD+N vs Input Level (1kHz input)
Figure 2-1-6. Linearity (fin=1kHz)
[KM064804]
2005/05
- 22 -
[AKD5394A]
Figure 2-1-7. Frequency Response (-1dB input)
[KM064804]
2005/05
- 23 -
[AKD5394A]
改定履歴
Date
Manual
Board
(yy/mm/dd) Revision Revision
01/03/06 KM064800
0
01/12/11
KM064801
0
04/11/16
KM064802
1
05/01/18
KM064803
2
Reason
デバイス名変更
1
ボード名変更
回路図変更
(追記)
1
回路図変更
(信号線の
入れ替え)
誤記訂正
追加説明
KM064804
3
Contents
初版
図の追加
05/05/19
Page
回路図変更
(抵抗値変更)
AK5394ÆAK5394A
AKD5394ÆAKD5394A
26, 28 CMOS-ICの未使用入力ピンÆDGND
U2(74HC14) :
11ピンÆDGND
13ピンÆDGND
U13(74HCU04) : 11ピンÆDGND
13ピンÆDGND
26, 27 アナログ入力
AINL+ ÅÆAINLAINR+ ÅÆAINR6
ジャンパピンの設定 :
出荷時設定 :
[JP1](5394_VA) : openÆshort
[JP11](BICK) : 3.072MÆ6.144M
[JP15](IF/5V)
: 4103_VDÆ5394_VD
ジャンパピンの名称 : [JP16] : (XTI)Æ(XTE)
ボードの操作手順 : 1)電源の配線 :
2
コネクタ名 : [4103]Æ[4103_VD]
DITに使用されているデバイスの名称 :
AK4103ÆAK4103A
7
アナログ入力バッファ回路例
6
ジャンパピンの設定
27
[KM064804]
抵抗: R27, R29 : 4.7K Æ 10K
2005/05
- 24 -
[AKD5394A]
重要な注意事項
• 本書に記載された製品、及び、製品の仕様につきましては、製品改善のために予告なく変更することがあり
ます。従いまして、ご使用を検討の際には、本書に掲載した情報が最新のものであることを弊社営業担当、
あるいは弊社特約店営業担当にご確認下さい。
• 本書に掲載された情報・図面の使用に起因した第三者の所有する特許権、工業所有権、その他の権利に
対する侵害につきましては、当社はその責任を負うものではありませんので、ご了承下さい。
• 本書記載製品が、外国為替及び、外国貿易管理法に定める戦略物資(役務を含む)に該当する場合、輸出
する際に同法に基づく輸出許可が必要です。
• 医療機器、安全装置、航空宇宙用機器、原子力制御用機器など、その装置・機器の故障や動作不良が、
直接または間接を問わず、生命、身体、財産等へ重大な損害を及ぼすことが通常予想されるような極めて
高い信頼性を要求される用途に弊社製品を使用される場合は、必ず事前に弊社代表取締役の書面による
同意をお取り下さい。
• この同意書を得ずにこうした用途に弊社製品を使用された場合、弊社は、その使用から生ずる損害等の責
任を一切負うものではありませんのでご了承下さい。
• お客様の転売等によりこの注意事項の存在を知らずに上記用途に弊社製品が使用され、その使用から損
害等が生じた場合は全てお客様にてご負担または補償して頂きますのでご了承下さい。
[KM064804]
2005/05
- 25 -
3
2
5394_VD
1
5394_VA
5394_VA
5394_VD
C7
C6
0.1u
+
47u
D
C1
0.1u
+
C2
47u
5394_VA
+
1
VL
28
C57
0.22u
2
VREFL-
VREFR-
27
3
VCOMR
26
VCOML
4
AINL+
AINR+
25
AINL+
AINR+
5
AINL-
AINR-
24
AINL-
AINR-
ZCAL
6
ZCAL
VA
23
+
+
C13 10u
0.22u
C79
0.22u
C
5
C14
0.1u
74HC14
C16
10u
VL
+
C17
0.1u
R1
10k
1
SW1
ATE1D-2M3-10
C55
0.22u
+
VREFR+
2
VREFL+
+
6
74HC14
L
D
0.1u
U2C
9
H
C5
0.1u
C56 10u
1
C59
D1
1S2076A
C4
1
IN
2
1
C10 10u
C58 10u
U2D
C3
OUT
U1
(short)
8
3
(short)
L2
4103_RESETN
NJM78M05FA
47u
L1
C
+15V
T1
JP1
HIF3G-50P-2.54DSA (2x1)
GND
4
2
5
U2A
2
74HC14
C18
0.1u
3
U2B
R49
4
100
7
VD
AGND
22
8
DGND
BGND
21
9
CAL
DFS1
20
DFS1
10
RSTN
HPFE
19
HPFE
11
SMODE2
DFS0
18
+
C15
10u
74HC14
SMODE2
PDN
SMODE1
R48
B
100
5394_LRCK
R43
5394_SCLK
100
12
SMODE1
MCLK
17
13
LRCK
FSYNC
16
14
SCLK
SDATA
15
DFS0
R42
100
5394_MCLK
R47 100
B
5394_FSYNC
5394_SDATA
AK5394A
1
2
3
4
5
6
SW2
DSS106
5394_VD
12
11
10
9
8
7
AK5394_SW
A
RP1
M7-1-473 (47kx6)
6
5
4
3
2
1
11
DFS1
DFS0
HPFE
SMODE2
SMODE1
ZCAL
DFS1
DFS0
HPFE
SMODE2
SMODE1
ZCAL
U2E
10
A
74HC14
13
U2F
12
Title
74HC14
-26-
Size
A3
Date:
5
4
3
2
AKD5394A Rev.B
Document Number
Rev
AK5394A
Thursday, May 19, 2005
Sheet
1
1
3
of
3
5
4
3
2
1
R22
620
C11
1n
OP_AMPR11
3.3k
2
+
3
U4
NJM5534D
JP3
HIF3G-50P-2.54DSA (2x1)
BiasL
10k
R3
560
BiasL
OP_AMP+
R21
620
C45
2.2n
J1
XLIN
Bal-(Low) 3
3
1
JP4
HIF3G-50P-2.54DSA (2x1)
10k
U5
3
NJM5534D
J2
BNC-R-PC
LIN
7
+
+
BNC
7
2
6
BiasL
OP_AMP+
R19
4.7k
4
4
-
3
C22
68u
+
R20
3.3k
-
U6
NJM5534D
R16
0.1u
OP_AMP-
2
6
C76
R17
4.7k
GND
OP_AMP-
AINL+
C75
+
10u
C20
(Open)
2 Bal+(High)
2
1
C21
1n
R23
91
D
5394_VA
R14
BNC
7
6
AINL-
C19
68u
+
4
-
R12
91
D
OP_AMP+
C
C
R25
620
C12
1n
OP_AMPR24
3.3k
4
2
+
3
U7
NJM5534D
JP5
HIF3G-50P-2.54DSA (2x1)
5394_VA
BNC
BiasR
OP_AMP+
R4
620
C25
2.2n
R27
R2
560
7
6
AINR-
C23
68u
+
-
R5
91
10k
BiasR
J3
XRIN
Bal-(Low) 3
3
2
2 Bal+(High)
1
C9
1n
1
B
OP_AMP-
10k
OP_AMPR33
3.3k
3
C26
68u
JP6
HIF3G-50P-2.54DSA (2x1)
+
BNC
7
3
6
BiasR
U8
NJM5534D
OP_AMP+
2
R32
4.7k
J4
BNC-R-PC
RIN
7
2
4
4
+
U9
NJM5534D
R29
0.1u
B
+
6
AINR+
C77
R30
4.7k
GND
-
R34
91
C78
+
10u
C24
(Open)
OP_AMP+
-15V
for NJM5534
2
OP_AMPC30
10u
C31
0.1u
+
+
C29
0.1u
C32
10u
C33
0.1u
+
+
+
C27
47u
C28
10u
C60
10u
C61
0.1u
+
L3
(short)
C62
10u
C63
0.1u
+
1
C64
10u
C65
0.1u
A
A
+15V
1
C34 +
47u
L4
for NJM5534
2
OP_AMP+
(short)
+
C35
10u
C36 +
0.1u
C37
10u
C38 +
0.1u
C39
10u
C40 +
0.1u
C66
10u
C67 +
0.1u
C68
10u
C69 +
0.1u
C70
10u
C71
0.1u
Title
-27-
Size
A3
Date:
5
4
3
2
AKD5394A Rev.B
Document Number
Analog Input
Thursday, May 19, 2005
Sheet
1
2
Rev
3
of
3
5
4
3
2
1
TXP
R37
TX
4103_VD
J5
BNC-R-PC
T2
DA02
TXP
C41
0.1u
1k
R36
R38
150
1:1
1
2
3
4
5
6
7
8
240
D
SW3
DSS108
4103_VD
DIF0
TXP
C42
0.1u
C43
10u
5394_SCLK
R44
100
4103_MCLK
24.576M
5394_MCLK
4
11
3
U13B
74HCU04
U12
74HC4040
CLK Q1
Q2
RST Q3
Q4
Q5
Q6
Q7
Q8
Q9
Q10
Q11
Q12
74HC4040
EXT_BICK
JP11
HIF3G-50P-2.54DSA (3x2)
BICK
9
7
6
5
3
2
4
13
12
14
15
1
SMODE1
A
10k
U13E
11
10
18
17
16
15
14
13
12
11
5394_SCLK
5394_LRCK
5394_FSYNC
G
DIR
RP4
M6-1-473 (47kx5)
JP12
HIF3G-50P-2.54DSA (3x2)
LRCK
U15A
RP5
M6-1-473 (47kx5)
5
4
3
2
1
VL
U13C
74HCU04
5
4
3
2
1
B
2
D
3
CLK
Q
5
Q
6
1
10
9
8
7
6
2
74HC74
BNC
J6
BNC-R-PC
R41
51
1
4103_VD
R39
Xtal
1M
U13A
2
1
C53 74HCU04
5p
5394_VD
3
4103_VD
JP16
HIF3G-50P-2.54DSA (2x1)
XTE
C54
5p
1
2
EXT
X1
24.576M
JP2
HIF3G-50P-2.54DSA (3x1)
CLK
EXT_CLK
74HCU04
19
1
U11
74HC245
A1
B1
A2
B2
A3
B3
A4
B4
A5
B5
A6
B6
A7
B7
A8
B8
PORT3
A1-10PA-2.54DSA
MCLK1
BICK 2
LRCk3
SDATA 4
FSYNC 5
VL
R40
LRCK1
U13D
9
8
192k
96k
48k
6
FSYNC
74HC74
74HCU04
R54
100
EXT_LRCK
FSYNC
JP13
HIF3G-50P-2.54DSA (3x1)
HC74
12.288M
6.144M
3.072M
B
100
2
3
4
5
6
7
8
9
EXT_LRCK
5
10
R53
8
C
JP9
HIF3G-50P-2.54DSA (2x2)
5394_MCLK
5394_SDATA
100
Q
4
100
R52
9
4103_MCLK
12.288M
EXT_BICK
CLK
HC4040
5394_LRCK
R45
100
11
U15B
Q
JP7
HIF3G-50P-2.54DSA (2x2)
4103_MCLK
100
R51
D
CKS1
CKS0
CLK
R46
CKS0
CKS1
DIF0
12
4103_VD
AK4103A
C
V1
FS0
FS1
FS2
FS3
CKS0
CKS1
DIF0
13
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
PR
FS0
FS1
FS2
FS3
V1
U1
TRANS
DIF2
RESETN
DIF1
MCLK
DIF0
SDTI
TXP
BICK
TXN
LRCK
DVSS
FS0/CSN DVDD
FS1/CDTI CKS1
FS2/CCLK CKS0
FS3/CDTO BLS
C1
ANS
VL
V1
FS0
FS1
FS2
FS3
CL
4103_RESETN
R50
100
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
+
U10
V1
D
MODE
RP2
M9-1-473 (47kx8)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
4103_VD
16
15
14
13
12
11
10
9
10
4
3
2
1
PR
TX
CL
PORT2
5 5
IN
VCC
IF
6 6 GND
TOTX176
VL
JP15
HIF3G-50P-2.54DSA (3x1)
IF/5V
for 74HC14,74HCU04,
74HC245,74HC74,74HC4040
4103_VD
C73
0.1u
+
C44
47u
C72
0.1u
C74
0.1u
C51
0.1u
C8
0.1u
C47
0.1u
C81
10u
+
A
U13F
13
12
Title
74HCU04
-28-
Size
A3
Date:
5
4
3
2
AKD5394A Rev.B
Document Number
I/F and AK4103A
Thursday, May 19, 2005
Sheet
1
3
of
Rev
3
3
-29-
-30-
-31-
-32-
Similar pages